MVS

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

複数仮想ストレージ(MVS)
IBMロゴ.svg
デベロッパーIBM
で書かれているアセンブラ(XF)PL / S
OSファミリーOS / 360
初回リリース1974 ; 47年前 (1974
マーケティング目標IBMメインフレームコンピューター
で利用可能英語
プラットフォームシステム/ 370システム/ 390
に影響を受けたTSS
ライセンス独自仕様の
最初は無料
前任者OS / 360 MVTOS / VS2(SVS)
成功MVS / SE、MVS / SPMVS / XAMVS / ESAOS / 390z / OS

複数の仮想ストレージ(より一般的にはMVSと呼ばれます)は、System / 370およびSystem / 390IBM メインフレームコンピューターで最も一般的に使用されているオペレーティングシステムでした。IBMは、OS / 360の後継として、OS / VS1およびSVSとともにMVSを開発しましたこれは、IBMの他のメインフレームオペレーティングシステムライン(VSEVMTPFなど)とは無関係です。

概要

1974年に最初にリリースされたMVSは、新しい名前のプログラム製品によって何度も拡張されました。

  • 最初にMVS / SE(MVS / System Extensions)、[NB 1]
  • MVS / SP(MVS /システム製品)バージョン1の隣
  • MVS / XA(MVS / eXtended Architecture)の隣、
  • MVS / ESA(MVS /エンタープライズシステムアーキテクチャ)の隣、
  • 次にOS / 390
  • 最終的にz / OSの64ビットのサポートをを加えのzSeriesモデル)。 IBMは、MVS / SP V4.3にUNIXサポート(元々はOpenEdition MVSと呼ばれていました)を追加しIEEEX / Open、およびThe OpenGroupからいくつかの異なるレベルでPOSIXおよびUNIX™認定を取得しました。 MVSコアは基本的に同じオペレーティングシステムのままです。設計上、MVS用に作成されたプログラムは、変更なしでz / OS上で実行されます。

当初、IBMはMVSを単にOS / VS2の新しいリリースとして説明していましたが、実際には大幅な書き直しでした。 OS / VS2リリース1は、元のコードのほとんどを保持するOS / 360 MVTのアップグレードであり、MVTと同様に、主にアセンブリ言語で記述されていました。 MVSコアはほぼ完全にアセンブラーXFで記述されていますが、いくつかのモジュールはPL / S記述されていますが、パフォーマンスに敏感なモジュール、特に入出力スーパーバイザー(IOSでは記述されていません。 IBMによる「OS / VS2」の使用は、上方互換性を強調しました。MVTで実行されたアプリケーション・プログラムは、MVSで実行するために再コンパイルする必要さえありませんでした。同じジョブ制御言語ファイルは変更せずに使用できます。ユーティリティやTSOのような他の非中核施設は変更なしで稼働しました。IBMとユーザーは、最初からほぼ満場一致で新しいシステムMVSを呼び出し、IBMは、MVS / XAなどの後のメジャーバージョンの命名にMVSという用語を引き続き使用しました

MVSの進化

OS / 360 MFT(タスク数が固定されたマルチタスク)はマルチタスクを提供しました。オペレーティングシステムのインストール時とオペレーターによる再定義時に、それぞれ固定サイズの複数のメモリパーティションがセットアップされました。たとえば、小さなパーティション、2つの中程度のパーティション、および大きなパーティションが存在する可能性があります。実行する準備ができている2つの大きなプログラムがある場合、一方はもう一方が終了して大きなパーティションを空にするまで待つ必要があります。

OS / 360 MVT(可変数のタスクを使用するマルチタスク)は、メモリ使用量をさらに改善する拡張機能でした。固定サイズのメモリパーティションを使用する代わりに、MVTは、十分な連続した物理メモリが利用可能であれば、必要に応じてジョブステップの領域メモリを割り当てました。これはMFTのメモリ管理を大幅に上回りましたが、いくつかの弱点がありました。ジョブがメモリを動的に割り当てた場合(ほとんどのソートプログラムやデータベース管理システムと同様)、プログラマはジョブの最大メモリ要件を見積もり、MVT用に事前定義する必要がありました。 。小さなプログラムと大きなプログラムが混在するジョブステップでは、小さなプログラムの実行中にメモリが無駄になりました。最も真剣に、記憶は 断片化、つまり、現在のジョブで使用されていないメモリは、現在のジョブで使用されている領域間で無駄に小さなチャンクに分割される可能性があり、唯一の解決策は、現在のジョブが終了するまで待ってから新しいジョブを開始することでした。

1970年代初頭、IBMは、プログラムが物理メモリーよりも大きいアドレス・スペースを要求できるようにする仮想メモリー(IBMは「仮想ストレージ」と呼んでいます)を導入することにより、これらの問題を軽減しようとしました元の実装には、すべてのジョブで共有される単一の仮想アドレス空間がありました。OS / VS1は、単一の仮想アドレス空間内のOS / 360MFTでした。OS / VS2 SVSは、単一の仮想アドレス空間内のOS / 360MVTでした。そのため、OS / VS1とSVSには、原則としてMFTとMVTと同じ欠点がありましたが、ジョブがはるかに大きなアドレススペースを要求でき、物理ストレージが小さくても要求が16 MBプールから送信されたため、影響はそれほど深刻ではありませんでした。

MVSアドレス・スペース-グローバル・ビュー
MVS(すべてのアドレス・スペースの共有部分)
アプリ1 アプリ2 アプリ3
共有仮想領域(MVSによって制御)
1つのアプリケーションのビュー
MVS
アプリ1
共有仮想エリア

1970年代半ばに、IBMはMVSを導入しました。これは、使用可能な実ストレージよりも大きい仮想ストレージをサポートするだけでなく、[NB 2]SVSと同様ですが、さまざまなアドレス空間で無数のアプリケーションを実行することもできました。 2つの並行プログラムが同じ仮想メモリアドレスにアクセスしようとする場合がありますが、仮想メモリシステムはこれらの要求を物理メモリの異なる領域にリダイレクトしました。これらの各アドレス空間は、オペレーティングシステム(すべてのジョブで共有される1つのインスタンス)、各アプリケーションに固有のアプリケーション領域、およびジョブ間通信などのさまざまな目的で使用される共有仮想領域の3つの領域で構成されていました。 IBMは、アプリケーション領域が常に少なくとも8MBになることを約束しました。これにより、MVSは、より多くのアプリケーションを実行する必要性から生じたビジネス上の問題に対する完璧なソリューションになりました。

MVSは、マルチプログラミングおよびマルチプロセッシング機能を提供することにより、処理の可能性を最大化しましたMVTおよびOS / VS2 SVSの前身同様に、MVSはマルチプログラミングをサポートしていました; プログラム命令と関連データは、制御プログラムによってスケジュールされ、処理サイクルが与えられます。単一プログラミングオペレーティングシステムとは異なり、これらのシステムは、同時に実行されているいくつかの異なるプログラムに関連付けられた命令間で処理サイクルを分割することにより、処理能力を最大限に活用します。このように、制御プログラムは、続行する前にI / O操作が完了するのを待つ必要はありません。複数のプログラムの命令を実行することにより、コンピュータはアクティブなプログラムと非アクティブなプログラムを切り替えることができます。

MVSの初期エディション(1970年代半ば)は、マルチプロセッサー構成をサポートするIBM OSシリーズの最初のエディションの1つでしたが、360モデル65および67で実行されるOS / 360のM65MPバリアントは限定的なマルチプロセッサーサポートを提供していました。 360モデル67は、マルチプロセッサ対応のTSS / 360MTS、およびCP-67オペレーティングシステムもホストしていました。マルチプロセッシングシステムが同時に命令を実行することができるので、それらは大きい提供明確化が必要単一の処理システムよりも処理能力を。その結果、MVSは、大量のデータを処理する必要性によって引き起こされるビジネス上の問題に対処することができました。

マルチプロセッシングシステムは、各コンピューターが共通のワークロードにアクセスできることを意味する疎結合、またはコンピューターが同じ実ストレージ共有しオペレーティングシステムの単一コピーによって制御されることを意味する密結合のいずれかです明確化は、必要に応じ] MVSは保持両方疎結合マルチプロセッシング取り付けられた支持プロセッサ(ASP)[NB 3]と密結合のマルチプロセッシングOS / 360モデル65マルチプロセッシング。密結合システムでは、2つのCPUが同じメモリ(およびオペレーティングシステムのコピー)と周辺機器への同時アクセスを共有し、1つのCPUに障害が発生した場合に、より高い処理能力とある程度の正常な劣化を提供します。疎結合構成では、プロセッサのグループ(単一および/または密結合)のそれぞれに独自のメモリとオペレーティングシステムがありましたが、共有周辺機器とオペレーティングシステムコンポーネントJES3により、1つのコンソールからグループ全体を管理できました。これにより、復元力が向上し、中央のジョブキューからどのプロセッサがどのジョブを実行するかをオペレータが決定できるようになりました。 MVS JES3は、ユーザーにネットワーク構築する機会を与えました共有ディスクとチャネル間アダプタ(CTCA)を介して2つ以上のデータ処理システムを一緒に。この機能は、最終的にJES2ユーザーがMulti-Access SPOOL(MAS)として使用できるようになりました。[要出典]

MVSは元々24ビットアドレス指定(つまり、最大16 MB)をサポートしていました。基盤となるハードウェアが進歩するにつれて、31ビット(XAおよびESA、最大2048 MB)をサポートし、現在(z / OSとして)64ビットアドレス指定をサポートしていました。 31ビットアドレッシングへの迅速なアップグレードの最も重要な動機は、単一のアドレス空間で実行される、主にCICSによって制御される大規模なトランザクション処理ネットワークの成長でし。DB2 リレーショナルデータベース管理システムには、8MBを超えるアプリケーションが必要でした。効率的に実行するためのアドレス空間。 (初期のバージョンは、共有仮想領域を介して通信する2つのアドレス空間に構成されていましたが、そのような通信はすべてオペレーティングシステムを介して送信されていたため、これにより大きなオーバーヘッドが発生しました。)

MVSへの主なユーザーインターフェイスは次のとおりです。ジョブ制御言語(JCL)は、もともとバッチ処理用に設計されましたが、1970年代以降CICSなどの長時間実行される対話型ジョブの開始と割り当てにも使用されました。そしてTSO(タイム・シェアリング・オプション)、インタラクティブな時分割主な開発ツールといくつかのエンドユーザーの情報システムを実行するために使用されたインターフェース、。ISPFは、3270ファミリ端末(および後でVMでも)のユーザー向けのTSOアプリケーションであり、ユーザーはTSOのコマンド行と同じタスクを実行できます。 ただし、メニューとフォーム指向の方法で、フルスクリーンエディタとファイルブラウザを使用します。TSOの基本的なインターフェイスはコマンドラインですが、フォーム駆動型インターフェイス用の機能が後で追加されました。

MVSは、IBMがソフトウェア・リカバリーと呼んだ、以前のSTAE機能に基づいて構築されたフォールトトレランスにおいて大きな一歩を踏み出しました。。 IBMは、ビジネスの世界でMVTを実際に使用した長年の経験を経て、これを行うことを決定しました。システム障害は現在、顧客のビジネスに大きな影響を及ぼしており、IBMは、最高のソフトウェア開発およびテスト手法にもかかわらず、「問題が発生する」と想定して、設計を大幅に拡大することを決定しました。この深い仮定は、システムにフォールトトレランスコードの大部分を追加する上で極めて重要であり、ソフトウェアとハ​​ードウェアの障害を許容するシステムの成功に貢献した可能性があります。これらの設計機能の価値を証明するための統計情報を入手するのは困難ですが(「防止された」または「回復された」問題をどのように測定できますか?)、IBMは多くの面で、これらのフォールトトレラントなソフトウェア回復と迅速な問題解決を強化しました。機能、時間の経過とともに。

この設計では、機能回復ルーチンと呼ばれるシステム(カーネル/「特権」)モードと「ESTAE」(拡張指定タスク」と呼ばれるユーザー(「タスク」または「問題プログラム」)モードで、エラー処理プログラムの階層を指定しました。システムがエラー(ハードウェアプロセッサまたはストレージエラー、またはソフトウェアエラー)を検出した場合に呼び出された異常終了ルーチン)。各リカバリルーチンは、「メインライン」関数を再起動可能にし、原因となる問題をデバッグするのに十分なエラー診断データをキャプチャし、「再試行」(メインラインを再起動)または「パーコレート」(階層内の次のリカバリルーチンにエラー処理をエスカレート)しました。

したがって、エラーが発生するたびに、システムは診断データを取得し、修復を実行してシステムを稼働させようとしました。考えられる最悪のことは、修復されていないエラーの場合にユーザーアドレス空間(「ジョブ」)を削除することでした。これは最初の設計ポイントでしたが、最新のMVSバージョン(z / OS)までは、リカバリー・プログラムが独自のリカバリー・ルーチンを保証されただけでなく、各リカバリー・ルーチンに独自のリカバリー・ルーチンがありました。この回復構造は基本的なMVS制御プログラムに組み込まれており、プログラミング機能はアプリケーションプログラム開発者とサードパーティ開発者が利用および使用できます。

実際には、MVSソフトウェアの回復により、問題のデバッグがより簡単になり、より困難になりました。ソフトウェアの回復では、プログラムが現在の場所と実行内容の「トラック」を残す必要があるため、デバッグが容易になりますが、エラーにもかかわらず処理が進行するという事実により、トラックが上書きされる可能性があります。エラー時の早期のデータキャプチャはデバッグを最大化し、リカバリルーチン(タスクモードとシステムモードの両方)がこれを行うための機能が存在します。

IBMには、IBMサービスを必要とする主要なソフトウェアの問題に関する追加の基準が含まれていました。メインラインコンポーネントがソフトウェアリカバリの開始に失敗した場合、それは有効な報告可能な障害と見なされました。また、リカバリー・ルーチンが重要な診断データを収集できず、元の問題がそのリカバリー・ルーチンによって収集されたデータによって解決可能である場合、IBM標準は、この障害は報告可能であり、修復が必要であると定めています。したがって、IBM標準は、厳密に適用された場合、継続的な改善を奨励しました。

IBMは、OS / VS1およびOS / VS2リリース1で導入された主要な保守可能性ツールDynamicSupport System [1](DSS)を引き続きサポートしました。この対話機能を呼び出して、診断手順を作成するセッションを開始するか、すでに呼び出すことができます。 -ストアドプロシージャ。プロシージャは、プログラムのロード、デバイスI / O、システムプロシージャの呼び出しなどの特別なイベントをトラップし、以前に定義されたプロシージャのアクティブ化をトリガーしました。これらのプロシージャは再帰的に呼び出すことができ、データの読み取りと書き込み、および命令フローの変更を可能にしました。プログラムイベント記録ハードウェアが使用されました。

IBMは、プログラム製品OS / VS2 MVS / System Extensions(MVS / SE)、プログラム番号5740-XElに必要なOS / VS2リリース3.7への更新であるSelectableUnit 7(SU7)を使用したDSSのサポートを終了しました。ユーザー・グループSHAREは、IBMがDSSを復元するという要件を通過し、IBMは、MVS / SEのインストール後にDSSの使用を許可するPTF提供しました

IBMは、MVS / SEのリリース2で必要とされるOS / VS2リリース3.8への更新であるSU64を使用したDSSのサポートを再び中止しました。

プログラムイベント記録(PER)の活用は、SU 64/65(1978)でのPERサポート(SLIP / Per)の導入による診断SLIPコマンドの拡張によって実行されました。

MVS(または他のIBMオペレーティングシステム)の複数のコピーは、そのマシンがVM / 370によって制御されている場合、同じマシンを共有できます。この場合、VM / 370が実際のオペレーティングシステムであり、「ゲスト」オペレーティングシステムを異常に高い特権を持つアプリケーションと見なしていました。その後のハードウェア拡張の結果として、オペレーティングシステムの1つのインスタンス(MVS、ゲスト付きVM、またはその他)が、物理システム全体ではなく論理パーティション(LPAR)を占有する可能性もあります。

1990年9月に導入されシステムコンプレックスまたはシスプレックスと呼ばれる構造で、複数のMVSインスタンスを編成し、まとめて管理できます。インスタンスは、クロスシステムカップリングファシリティ(XCF)と呼ばれるソフトウェアコンポーネントとハードウェアカップリングファシリティと呼ばれるハードウェアコンポーネントを介して相互運用します。(同じメインフレームハードウェア上に同じ場所に配置されている場合は、CFまたは統合カップリングファシリティ、ICF)。複数のシスプレックスは、IBM独自のSystems Network Architecture(SNA)などの標準ネットワークプロトコルを介して、または最近ではTCP / IPを介して参加できます。 z / OSオペレーティング・システム(MVSの最新の子孫)も、POSIXおよび単一のUNIX仕様アプリケーション。サポートはMVS / SP V4R3から始まり、IBMはz / OSV1R2以降のUNIX95認定を取得しています。[2]

このシステムは通常、ビジネスや銀行で使用され、アプリケーションは多くの場合COBOLで記述されてます。 COBOLプログラムは、従来、IMSCICSなどのトランザクション処理システムで使用されていました。 CICSで実行されているプログラムの場合、特別なEXECCICSステートメントがCOBOLソースコードに挿入されます。ない完全とは異なり-プリプロセッサ(翻訳者)は、プログラムがコンパイルされる前に、CICSを呼び出すために、適切なCOBOLコードを持つものEXEC CICS文を置き換えるSQLを呼び出すために使用されるDB2を。アプリケーションは、CC ++Javaアセンブリ言語FORTRANなどの他の言語で作成することもできますBASICRPG、およびREXX。言語サポートは、「言語環境」または「LE」と呼ばれる共通コンポーネントとしてパッケージ化されており、統一されたデバッグ、トレース、プロファイリング、およびその他の言語に依存しない機能を可能にします。

MVSシステムは、従来、3270端末または3270エミュレーターを実行しているPCからアクセスされます。ただし、最近の多くのメインフレームアプリケーションには、カスタムWebまたはGUIインターフェイスがあります。 z / OSオペレーティング・システムには、TCP / IPのサポートが組み込まれています。以前は3270端末で行われていたシステム管理は、現在、ハードウェア管理コンソール(HMC)を介して行われ、ますますWebインターフェースを介して行われるようになっています。オペレーターコンソールは2074エミュレーターを介して提供されるため、実際の3270が接続されたS / 390またはzSeriesプロセッサーを目にすることはほとんどありません。

MVSとその周辺機器のネイティブ文字エンコード方式EBCDICですが、TR命令により、他の7ビットおよび8ビットコードへの変換が容易になりました。時間の経過とともに、IBMは、より大きなコードとの間の変換を実行するハードウェア高速化サービス、Unicode変換用のハードウェア固有のサービス、およびASCIIISO / IEC 8859UTF-8UTF-16UTF-32などのソフトウェアサポートを追加しました。ソフトウェア翻訳サービスは、ソースコードページと宛先コードページを入力として受け取ります。

MVSファイルシステム

Unixファイル以外のファイル、MVSでは適切にデータセットと呼ばれます。これらのファイルの名前はで編成されたカタログですVSAMのファイルそのもの。

データセット名(DSN、ファイル名のメインフレーム用語)は、レベルがドットで区切られた階層に編成されています(例:「DEPT01.SYSTEM01.FILE01」)。階層の各レベルの長さは最大8文字です。ファイル名の全長は、ドットを含めて最大44文字です。慣例により、ドットで区切られたコンポーネントは、他のオペレーティングシステムのディレクトリ同様にファイルを整理するために使用されます。たとえば、Windowsエクスプローラーと同様の機能を実行するユーティリティプログラムがありました(ただし、GUIはなく、通常はバッチ処理で実行されます)。モード)-新しい要素を追加、名前変更、または削除し、指定された要素のすべてのコンテンツを報告します。ただし、他の多くのシステムとは異なり、これらのレベルは通常[NB 4]の実際のディレクトリではなく、単なる命名規則です(フォルダ階層がFinderによって維持される幻想であった元のMacintoshファイルシステムのように)。TSOは、ファイルのデフォルトプレフィックス(「現在のディレクトリ」の概念と同様)をサポートしRACFは、他のプラットフォームのディレクトリのアクセス制御と同様に、ファイル名パターンに基づくアクセス制御の設定をサポートします。

OSファミリーの他のメンバーと同様に、MVSのデータセットはレコード指向でした。MVSは、その前身から3つの主要なタイプを継承しました。

  • シーケンシャルデータセットは通常、最初から最後まで一度に1レコードずつ読み取られました。
  • BDAM(ダイレクトアクセス)データ・セット、アプリケーション・プログラムは、(通常はデータセットの先頭からのオフセットを指定することで)それがアクセスしたかったデータの物理的な場所を指定する必要がありました。
  • ではISAMのデータセットの各レコードの指定されたセクションは、特定のレコードを検索するためのキーとして使用することができ、キーとして定義しました。キーは多くの場合、複数のフィールドで構成されていましたが、これらは連続していて正しい順序である必要がありました。キー値は一意である必要がありました。したがって、IBM ISAMファイルには、リレーショナルデータベーステーブルの主キー相当するキーを1つだけ含めることができます。ISAMは外部キーをサポートできませんでした

シーケンシャルおよびISAMデータセットは、固定長または可変長のレコードを格納でき、すべてのタイプが複数のディスクボリュームを占有する可能性があります。

これらはすべて、VTOCディスク構造に基づいています。

初期のIBMデータベース管理システムは、ISAMデータセットとBDAMデータセットのさまざまな組み合わせを使用していました。通常、実際のデータストレージにはBDAMを使用し、インデックスにはISAMを使用していました。

1970年代初頭、IBMの仮想メモリオペレーティングシステムは、同様の機能を提供する新しいファイル管理コンポーネントVSAMを導入しました

  • Entry-Sequenced Datasets(ESDS)は、最初から最後まで、または最初からのオフセットを指定することによって直接読み取ることができるため、シーケンシャルデータセットとBDAMデータセットの両方と同様の機能を提供しました。
  • キーシーケンスデータセット(KSDS)は、ISAMからのメジャーアップグレードでした。これらは、一意でない値を持つセカンダリキーと、連続していないフィールドを任意の順序で連結することによって形成されたキーを許可しました。ISAMのオーバーフローレコードによって引き起こされるパフォーマンスの問題を大幅に軽減しました。また、インデックスの更新中にソフトウェアまたはハードウェアに障害が発生すると、インデックスが破損するリスクが大幅に軽減されました。

これらのVSAM形式は、IBMのデータベース管理システムであるIMS / VSおよびDB2の基礎となりました。通常は実際のデータストレージ用のESDSと、インデックス用のKSDSです。

VSAMには、ユーザーカタログおよびMVSのマスターカタログに使用されるカタログコンポーネントも含まれていました。

パーティション化されたデータセット(PDS)は、「メンバー」に細分されたシーケンシャルデータセットであり、それぞれがそれ自体でシーケンシャルファイルとして処理できます(階層ファイルシステムのフォルダーのように)。 PDSの最も重要な用途は、プログラムライブラリでした。システム管理者は、プロジェクトにディスク領域を割り当てる方法としてメインPDSを使用し、プロジェクトチームがメンバーを作成および編集しました。 PDSの他の用途は、頻繁に使用されるジョブ制御手順(PROC)のライブラリー、およびいくつかのプログラムで使用されるレコード定義などのプログラミング言語ステートメントの「コピーブック」でした。

世代データグループ(GDG)は、同じ名前のデータセットのグループであり、絶対世代番号または最新世代からのオフセットによって参照できます。これらは元々、祖父-父-息子のバックアップ手順をサポートするように設計されていました。ファイルが変更された場合、変更されたバージョンは新しい「息子」になり、前の「息子」は「父」になり、前の「父」は「祖父」になりました。 」と前の「祖父」が削除されました。しかし、3世代を超えるGDGをセットアップすることもでき、一部のアプリケーションはGDGを使用して複数のソースからデータを収集し、その情報を1つのプログラムにフィードしました。各収集プログラムは新しい世代のファイルを作成し、最終的なプログラムはグループ全体を単一の順次ファイル( JCLで世代を指定しないことによる)。

最新バージョンのMVS(z / OSなど)は、データセットをUnixファイルシステムのコンテナーとして使用し、それらを部分的に統合する機能も備えています。つまり、fopen()を使用するUnixプログラムはMVSデータセットにアクセスでき、ユーザーはUnixファイルをデータセットであるかのように割り当てることができますが、いくつかの[NB5]制限があります。階層ファイル・システム(HFS)は(Appleのと混同しないように階層ファイルシステムの新しいz / OSのファイルシステム(ZFS)(Sunのと混同しないが)、データセットのユニークなタイプを使用してZFSが)VSAM線形データを使用していますセット(LDS)。

ネットワーク接続されたコンピューター(IBM AS / 400など)で実行されるプログラムは、ローカルデータ管理インターフェイスを使用して、分散データ管理アーキテクチャ(DDM)に従って実装されたクライアントサーバー製品を使用して、VSAMレコード指向ファイルを透過的に作成、管理、およびアクセスできます。)。DDMはまた、MVSのための基本アーキテクチャであるDB2の実装、そのサーバー分散リレーショナル・データベース・アーキテクチャ(DRDA)。

MVSへのアップグレード

IBMがOS / VS2のリリースおよびサブリリースで追加した新機能に加えて、IBMは、多数の無料の増分変更リリース(ICR)および選択可能ユニット(SU)と、IBMが最終的にバンドルした有料プログラム製品およびフィールド開発プログラムを提供しました。 z / OSの一部。これらには以下が含まれます:

  • ACF / TCAM(5735-RCl)
  • ACF / VTAM(5746-RC3、5735-RC2)
  • データファシリティ/デバイスサポート(DF / DS)、5740-AM7
  • データファシリティ拡張機能(DF / EF)、5740-XYQ
  • データファシリティ/データセットサービス(DF / DSS)、5740-UT3。
  • データファシリティソート、5740-SM1
  • OS / VS2 MVSシーケンシャルアクセス方式-拡張(SAM-E)、5740-AM3
  • MVS / 370データファシリティ製品(DFP)、5665-295、置換
    • 5740-AM7データファシリティデバイスサポート(DFDS)
    • 5740-XYQデータ機能拡張機能(DFEF)
    • 5740-AM3シーケンシャルアクセス方式拡張(SAM-E)
    • 5740-AM8アクセス方法サービス暗号化オプション
    • 5748-UT2オフライン3800ユーティリティ
  • MVS / XAデータ機能製品バージョン1リリース1、5665-284
  • MVS / XAデータファシリティ製品バージョン2リリース1、5665-XA2
  • MVS / ESAデータファシリティ製品バージョン3、5665-XA3
  • データファシリティストレージ管理サブシステム(DFSMS)、5695-DF1は
    DFP、DF / DSS、およびDF / HSMを置き換えます
  • OS / VS2 MVS TSOコマンドパッケージ(5740-XT6)
  • TSOコマンドプロセッサ-FDP5798-AYF(PRINTコマンド)
  • TSO / VS2プログラミング制御機能-FDP5798-BBJ
  • TSOプログラミング制御機能-II(PCF II)、FDP 5798-CLW、
  • TSO拡張機能は
    、TSOコマンドパッケージ、TSOコマンドプロセッサ、およびPCFを置き換えます
    • MVS / 370の場合は5665-285
    • MVS / XAの場合は5665-293
    • MVS / XAの場合は5685-025REXXを使用した
      最初のバージョン
  • OS / VS2 MVS /システム拡張、5740-XEl
  • MVS /システム製品
    • JES3バージョン15740-XYN
    • JES2バージョン15740-XYS
    • MVS /システム製品-JES2バージョン2、5740-XC6
    • MVS /システム製品-JES3バージョン2、5665-291
    • MVS /システム製品-JES2バージョン3、5685-001
    • MVS /システム製品-JES3バージョン3、5685-002
    • MVS / ESAシステム製品:JES2バージョン4、5695-047
    • MVS / ESAシステム製品:JES3バージョン4、5695-048
    • MVS / ESAシステム製品:JES2バージョン5、5655-068
    • MVS / ESAシステム製品:JES3バージョン5、5655-069

データファシリティ製品(DFP)

70年代後半から80年代前半に、IBMは次のことを発表しました。

  • 5740-AM7データファシリティデバイスサポート(DF / DS)
  • 5740-XYQデータ機能拡張機能(DF / EF)
  • 5740-AM3シーケンシャルアクセス方式拡張(SAM-E)
  • 5740-AM8アクセス方法サービス暗号化オプション
  • 5748-UT2オフライン3800ユーティリティ

DF / DSは新しいデバイスサポートを追加し、IBMはフリーベースにデバイスサポートを追加しないことを発表しました。 DF / EFは、VSAMカタログおよびコントロールボリューム(CVOL)の代わりに改良カタログ構造(ICF)を追加しましたが、信頼性の問題がたくさんありました。

IBMがMVS / SPバージョン2(MVS / XA)を発表したとき、上記の他の5つの製品の代替およびアップグレードとしてData FacilityProduct™(DFP™)も発表しました。 、1984。1983年6月7日に発表されたDFP / 370リリース1(プログラム番号5665-295)は、MVS / SPバージョン1、MVS / SEおよびOS / VS2 R3.8用であり、オプションでしたが、MVS /拡張アーキテクチャーデータ機能製品(5665-284)は、MVS / SPバージョン2(MVS / XA)の相互前提条件でした。データ管理機能の強化に加えて、DFPはリンケージエディターとユーティリティの無料バージョンを置き換えました。

最新のMVS

Herculesエミュレーターで実行されているMVS

MVSはz / OSに進化しました。古いMVSリリースはIBMによってサポートされなくなり、2007年以降、64ビットのz / OSリリースのみがサポートされます。z / OSは、新しい64ビットアプリケーションと一緒に古い24ビットおよび31ビットMVSアプリケーションの実行をサポートします。

3.8jまでのMVSリリース(24ビット、1981年にリリース)は無料で入手でき、メインフレームエミュレーターでMVS3.8jリリースを無料で実行できるようになりました。[3]

MVS / 370

MVS / 370は、MVS / XAより前のMVSオペレーティングシステムのすべてのバージョンの総称です。[注6] MVSがリリースされた時点でSystem / 370アーキテクチャは、24ビット仮想アドレスのみをサポートしていたため、MVS / 370オペレーティングシステムアーキテクチャは24ビットアドレスに基づいています。この24ビットのアドレス長のため、MVS / 370で実行されているプログラムには、それぞれ16MBの連続した仮想ストレージが与えられます。

MVS / XA

MVS / XA、またはMultiple Virtual Storage / Extended Architectureは、アドレスを24ビットから31ビットに拡張し、2ギガバイトのアドレス可能なメモリ領域を提供する370-XAアーキテクチャ をサポートするMVSのバージョンでした[4]また、古い24ビットアプリケーション(つまり、32ビットワードの下位24ビットに24ビットアドレスを格納し、そのワードの上位8ビットを使用するアプリケーション)の24ビットレガシーアドレス指定モードもサポートしていました。他の目的)。

MVS / ESA

MVS / ESA: MVSエンタープライズシステムアーキテクチャ。MVSのバージョン。1988年2月にMVS / SPバージョン3として最初に導入されました。1995年後半にOS / 390に置き換えられ、その後z / OSに名前が変更されました

MVS / ESA OpenEdition: 1993年2月に発表されたMVS / ESAのバージョン4リリース3へのアップグレードで、POSIXおよびその他の標準をサポートします。[5] [6] [7]最初のリリースでは連邦情報処理標準(FIPS)151に準拠し米国国立標準技術研究所(NIST)の認証しかありませんでしたが、その後のリリースは、より高いレベルで、Xなどの他の組織によって認証されました。 / Openとその後継であるTheOpenGroup。これには、APIシェル、ユーティリティ、および拡張ユーザーインターフェイスを提供する約100万行の新しいコードが含まれていました。 DFSMS(Data Facility System Managed Storage)によって提供される階層ファイルシステムで動作します。シェルとユーティリティはに基づいていますMorticeKernsのInterOpen製品。独立した専門家は、ほとんどのUnixシステムよりも80%以上がオープンシステムに準拠していると推定しています。DCE2サポートは1994年2月に発表され、多くのアプリケーション開発ツールは1995年3月に発表されました。1995年半ばから、すべてのオープン機能がバニラMVS / ESA SPバージョン5リリース1の標準部分になったため、IBMはOpenEditionとオペレーティングシステムの区別をやめました。下ではOS / 390 V2R6にはなったUNIXシステム・サービス[8] [9]と下にその名前を維持してきたのz / OS

OS / 390

1995年後半、IBMはMVSをいくつかのプログラム製品にバンドルし、名前をMVS / ESAからOS / 390に変更しました。

z / OS

MVSの現在のレベルは、z / OSとして販売されています。

密接に関連するオペレーティングシステム

日本のメインフレームメーカーである富士通日立は、20世紀で最も有名な産業スパイ事件の1つで、IBMのMVSソースコードと内部文書を繰り返し違法に入手しました[10]富士通は、MSPメインフレームオペレーティングシステムでIBMのコードに大きく依存しており、同様に日立はVOS3オペレーティングシステムでも同じことを行いました。 MSPとVOS3は日本で大量に販売されており、メインフレームのインストールベースのかなりのシェアを保持していますが、他の国、特にオーストラリアでもある程度は保持されています。 IBMのバグやドキュメントのスペルミスでさえ、忠実にコピーされました。 IBMは米国と協力しました連邦捜査局刺す操作は、しぶしぶシニア企業経営者、さらにいくつかの日本の政府関係者が関与し、1980年代初頭、調査で最高潮に達する複数年の調査の過程で独自のMVSとメインフレームのハードウェア技術と富士通、日立を供給します。ただし、アムダールは、富士通によるIBMの知的財産の盗難には関与していませんでした。アムダールから富士通への通信はすべて、IBMIPまたはIBMのIPへの参照が綿密に削除された「アムダールのみの仕様」を介して行われました。

調査の結果、IBMは富士通と日立の両方と数百万ドルの和解に達し、長年にわたって両社の利益のかなりの部分を集めました。信頼できる報告によると、和解は5億米ドルを超えました。[要出典] [10] [NB 7]

三社は長い間、多くの合弁事業に友好的に合意してきました。たとえば、2000年にIBMと日立はIBMz900メインフレームモデルの開発に協力しました。

この歴史的なコピーにより、MSPおよびVOS3はMVSの「フォーク」として適切に分類され、MVS互換製品を使用する多くのサードパーティソフトウェアベンダーは、ほとんどまたはまったく変更を加えることなくMSPおよびVOS3互換バージョンを作成できました。[11] [12] [13]

IBMが2000年に64ビットz / Architectureメインフレームを発表したとき、IBMは、OS / 390およびMVSの直接の後継である64ビットz / OSオペレーティングシステムも発表しました。富士通と日立は、IBMのz / Architectureの準MVSオペレーティングシステムとハードウェアシステムのライセンスを取得しないことを選択しました。そのため、MSPとVOS3は、ベンダーによって名目上サポートされていますが、MVSの1980年代のアーキテクチャ上の制限のほとんどを現在まで維持しています。z / OSは引き続きMVS時代のアプリケーションとテクノロジーをサポートしているため(z / OSにはMVSのコードのほとんどが含まれていますが、数十年の進化で大幅に強化および改善されています)、MSPおよびVOS3で実行されるアプリケーション(および操​​作手順)はz / OSに移行できます。他のオペレーティングシステムよりもはるかに簡単です。

も参照してください

注意事項

  1. ^ 一部の印刷メディアは、単数のMVS / System Extension:Computerworld、1980年12月15日-5ページを使用しました。1978年6月26日-8ページ
  2. ^ 一部のプロセッサは、単一のアドレススペースのサイズよりも多くの物理ストレージを使用できますが、それでも一般的なワークロードの仮想ストレージの合計サイズよりもはるかに小さくなります。
  3. ^ ジョブエントリサブシステム3(JES3)経由
  4. ^ 例外は主に、データセット名の先頭にあるCVOLおよびユーザーカタログのエイリアス名です。
  5. ^ たとえば、IBMはPDSとUnixディレクトリの連結の使用をサポートしていません。
  6. ^ OS / VS2リリース2から3.8、MVS / SEおよびMVS / SPバージョン1
  7. ^ 議会の証言は、終わり近くに、「日立は、IBMの秘密が新製品の開発に使用されたことをまだ認めておらず、訴訟の解決に伴う莫大な費用をIBMに補償していない」と述べているだけです。

参考文献

  • Bob DuCharme:「オペレーティングシステムハンドブック、パート06:MVS」(ここからオンライン入手可能
  • OS / VS2 MVSの概要 (PDF)初版。IBM。1978年6月。GC28-0984-0。2011年3月16日にオリジナル (PDF)からアーカイブされまし
  1. ^ OS / VS動的サポートシステム(PDF)(第2版)。IBM。1973年11月。GC28-0640-1。
  2. ^ 「IBMCorporation-UNIX95」オープングループ検索された10月7日に2015
  3. ^ MVS 3.8j Tur(n)key4-システム
  4. ^ ホスキンズ、ジム; フランク、ボブ(2003)。IBM eServerzSeriesおよびS / 390サーバーの探索:IBMの再設計されたメインフレーム・コンピューター・ファミリーがこれまで以上に人気を博している理由をご覧ください。マキシマムプレス(FL)。pp。210–290。ISBN 1-885068-91-3
  5. ^ OpenEditionMVSの紹介初版。IBM。1993年12月。GC23-3010-00。
  6. ^ OpenEdition MVSPOSIX.1適合文書初版。IBM。1993年2月。GC23-3011-00。
  7. ^ OpenEdition MVSPOSIX.2適合文書初版。IBM。1993年12月。GC23-3012-00。
  8. ^ 「IBMOS / 390バージョン2リリース5の可用性およびリリース6」ソフトウェアの発表IBM。1998年2月24日。298-049。UNIXシステムサービス
  9. ^ 「1.3.9OS / 390V2R6-1998」。UNIXシステムサービスz / OSバージョン1リリース7の実装(PDF)レッドブック(第2版)。IBM。2006年3月。p。26.SG24-7035-01。名前がOpenEditionからOS / 390UNIXシステムサービスに変更されました
  10. ^ a b https://fas.org/irp/congress/1989_cr/h890712-japan.htmIBMに対する日本の産業スパイに関する議会公聴会からの1時間分の「分」
  11. ^ アレクサンダー、チャールズ; ブデリ、ボブ(1982年7月5日)。「さて、FBIから:Japanscam」時間2010年10月15日にオリジナルからアーカイブされまし
  12. ^ マローン、マイケルS.(1983年5月16日)。「日立-FBIテープがリリースされました」ニューヨークタイムズ
  13. ^ マリー・アンチョルドギー、「日本を再プログラミングする:共産主義資本主義の下でのハイテク危機」、p。159。

外部リンク