MITコンピューター科学人工知能研究所

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
MITコンピューター科学人工知能研究所
CSAIL Logo.png
Stata Center1.jpg
設立1963年7月1日; 58年前(プロジェクトMACとして)2003年7月1日(CSAILとして) (1963-07-01)
研究分野
コンピュータサイエンス
監督ダニエラ・L・ルス
住所スタタセンター(32号館)
32 Vassar Street
Cambridge、Massachusetts 02139
USA
位置マサチューセッツ州ケンブリッジ
ニックネームCSAIL
運営機関
マサチューセッツ工科大学
Webサイトwww .csail .mit .edu

MITコンピューター科学人工知能研究所CSAIL)は、2003年にコンピューター科学研究所(LCS)と人工知能研究所(AIラボ)が合併して設立されマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究所です。レイアンドマリアスタタセンター内にあるCSAILは、研究範囲とメンバーシップで測定した場合、キャンパス内で最大の研究所です。これはシュヴァルツマンコンピューティング大学[1]の一部ですが、MITの研究担当副学長によっても監督されています。[2]

研究活動

CSAILの研究活動は、それぞれが1人以上の教授または研究科学者によって率いられているいくつかの半自律的な研究グループを中心に組織されています。これらのグループは、7つの一般的な研究分野に分けられます。

さらに、CSAILはWorld Wide Webコンソーシアム(W3C)をホストしています。[さらに説明が必要]

歴史

MITでのコンピューティング研究は、1930年代のVannevar Bush微分分析器ClaudeShannonの電子ブール代数、戦時中のMIT放射線研究所、戦後のProject Whirlwind and Research Laboratory of Electronics(RLE)、およびMITから始まりました。 1950年代初頭のリンカーン研究所SAGE 。MITでは、人工知能の分野での研究が1950年代後半に始まりました。[3]

プロジェクトMAC

1963年7月1日、Project MAC(数学と計算に関するプロジェクト、後にマルチアクセスコンピュータ、機械支援認知、または人間とコンピュータに後戻り)が、国防高等研究計画局(DARPA)から200万ドルの助成金を受けて開始されました。Project MACの元のディレクターは、MITの電子工学研究所(RLE)のRobertFanoでしたファノは、MITの内部政治上の理由から、MACを「研究所」ではなく「プロジェクト」と呼ぶことにしました。MACが研究所と呼ばれていたとしたら、他のMIT部門を研究スタッフに襲撃することはより困難でした。DARPA助成金を担当したプログラムマネージャーはJCRリックライダーでした、以前はMITでRLEの研究を行っていましたが、後にProjectMACのディレクターとしてFanoを引き継ぎます。

Project MACは、オペレーティングシステム人工知能計算理論の画期的な研究で有名になります。その同時代の人々にはバークレーのProject Genieスタンフォード人工知能研究所、そして(やや後に)南カリフォルニア大学(USC)の情報科学研究所が含まれていました。

マービンミンスキー(ディレクター)、ジョンマッカーシー( Lispの発明者)、およびコンピュータープログラマーの才能あるコミュニティを含む「AIグループ」がProjectMACに組み込まれました。彼らは主に、視覚、機械の動きと操作、言語の問題に興味を持っていました。これらは、よりインテリジェントな機械の鍵と見なされています。1960年代と1970年代に、AIグループはPDP-6以降のPDP-10コンピューターで動作するIncompatible Timesharing System(ITS)と呼ばれるタイムシェアリングオペレーティングシステムを開発しました。[4]

初期のProjectMACコミュニティには、Fano、Minsky、Licklider、Fernando J.Corbató 、および元同僚のJohnMcCarthyからインスピレーションを得たコンピュータープログラマーや愛好家のコミュニティが含まれていました。これらの創設者は、計算能力が電気事業者と同じくらい信頼できるコンピュータ事業者の創設を構想しました。この目的のために、Corbatóは最初のコンピュータータイムシェアリングシステムであるCompatible Time-Sharing System(CTSS)をMIT Computation Centerから持ち込み、DARPAの資金を使って研究用のIBM7094を購入しました。Project MACの初期の焦点の1つは、CTSSの後継であるMulticsの開発です。は、最初の高可用性コンピュータシステムであり、 GeneralElectricBellLaboratoriesなどの業界コンソーシアムの一部として開発されました

1966年、Scientific Americanは、コンピュータサイエンスをテーマにした9月のテーマ別号でProject MACを取り上げ、[5]後に本の形で出版されました。当時、このシステムには約100台のTTY端末があり、ほとんどがキャンパスにありますが、個人の家にいくつかあると説明されていました。同時にログインできるのは30人のユーザーのみでした。このプロジェクトでは、開発中のマルチアクセスコンピューティングソフトウェアのテストとして、問題解決、シミュレーション、およびマルチ端末通信で端末を同時に使用するために、さまざまなクラスの学生を参加させました。

AIラボとLCS

1960年代後半、ミンスキーの人工知能グループはより多くのスペースを求めていましたが、プロジェクトディレクターのリックライダーから満足を得ることができませんでした。ミンスキーは、単一のエンティティとしてのProject MACは必要な追加のスペースを取得できませんでしたが、分割して独自のラボを形成し、さらに多くのオフィススペースを利用できることを発見しました。その結果、MIT AIラボは1970年に設立され、ミンスキーのAI同僚の多くは、プロジェクトMACを離れて新しいラボに参加し、残りのメンバーのほとんどはコンピューターサイエンス研究所を設立しました。TECOを使用してEMACSを開発したRichardStallmanなどの才能あるプログラマーは、この時期にAIラボで活躍しました。

小規模なAIラボに参加しなかった研究者は、コンピュータサイエンス研究所を設立し、オペレーティングシステムプログラミング言語分散システム、および計算理論の研究を続けました。ハル・アベルソンジェラルド・ジェイ・サスマンの2人の教授は、中立を維持することを選択しました。彼らのグループは、今後30年間、スイスとプロジェクトMACとさまざまに呼ばれていました。[要出典]

とりわけ、AIラボはLispマシンの発明と、1980年代にSymbolicsLispMachinesIncの2つの会社による商業化の試みにつながりましたこれにより、AIラボが「キャンプ」に分割され、才能のあるプログラマーの多くが採用されました。この事件は、リチャード・ストールマンのその後のGNUプロジェクトに関する研究に影響を与えました。「AIラボのハッカーグループが一掃されるとは誰も想像していませんでしたが、そうだったのです。」...「それが、自由ソフトウェア運動の基礎であり、私が経験したこと、MIT AIラボで過ごした人生は、人間の知識に取り組み、他の人のさらなる使用の邪魔にならないようにすることです。そしてさらに人間の知識を広める」。

CSAIL

プロジェクトMACの設立40周年、2003年7月1日、LCSはAIラボと統合され、MITコンピューター科学人工知能研究所(CSAIL)を形成しました。この合併により、MITキャンパスに最大の研究所(600人以上)が作成され[要出典]、プロジェクトMACの多様な要素の再統合と見なされました。[誰によると?]

2018年、CSAILはIFlytekとの5年間のコラボレーションプログラムを開始しました。IFlytekは、新疆ウイグル自治区での監視と人権侵害に自社の技術を使用したとして、翌年に認可されました[7] [8] [9] [10] 2019年10月、MITは、iFlyTekやSenseTimeなどの認可された企業とのパートナーシップを検討すると発表しました。[11] 2020年4月、iFlyTekとの契約は終了しました。[12]

CSAILは、 2020年2月までに工学部から新しく設立されたシュヴァルツマンコンピューティング大学に移動しました。[1]

オフィス

1963年から2004年まで、Project MAC、LCS、AIラボ、およびCSAILは、545テクノロジースクエアにオフィスを構え、長年にわたって建物のフロアをますます引き継いでいました。2004年、CSAILは新しいレイアンドマリアスタタセンターに移転しました。このセンターは、CSAILと他の部門を収容するために特別に建設されました。

アウトリーチ活動

IMARA(スワヒリ語で「力」を意味する)グループは、グローバルなデジタルデバイドを埋めるさまざまなアウトリーチプログラムを後援しています。その目的は、国内および国際社会への教育技術とリソースの利用可能性を高める、長期的で持続可能なソリューションを見つけて実装することです。これらのプロジェクトはCSAILの支援の下で運営されており、MITのボランティアがスタッフを配置し、ボストン、マサチューセッツケニアアメリカ南西部のネイティブアメリカンインディアン 居留地ナバホネイション中東など)でコンピューターのセットアップをトレーニング、インストール、寄付しています。とフィジー諸島CommuniTechプロジェクトは、持続可能な技術と教育を通じてサービスの行き届いていないコミュニティに力を与えることを目指しており、MITのUsed Computer Factory(UCF)を通じて、サービスの行き届いていない家族に再生コンピューターを提供し、Families Accessing Computer Technology(FACT)クラスを通じてこれを行っています。それらの家族がコンピューター技術に精通し、快適になるように訓練します。[13] [14] [15]

著名な研究者

(CSAILの前身の研究所のメンバーと卒業生を含む)

著名な卒業生

監督

プロジェクトMACのディレクター
人工知能研究所の所長
コンピュータサイエンス研究所所長
CSAILのディレクター

も参照してください

参照

  1. ^ a b テリーパーク(2020年2月4日)。「コンピューティング時代の大学」MITニュース。
  2. ^ 「研究担当副社長-MIT組織図」2021年1月19日取得
  3. ^ マービンミンスキー。「参考文献」2018年6月20日にオリジナルからアーカイブされまし2018年6月18日取得
  4. ^ イーストレイク、ドナルドE.(1969)。ITSリファレンスマニュアル、バージョン1.5(PDF(大))MITAIラボラトリー。
  5. ^ ファノ、RM; コルバト、FJ(1966年)。「コンピュータのタイムシェアリング」サイエンティフィックアメリカン215(3):128–143。ISSN0036-8733 _ 2022年3月13日取得 
  6. ^ 2002年10月28日にWaybackMachineでアーカイブされたRichardStallmanのスピーチのトランスクリプト、 gnu.orgからのInternational Lisp Conference、2012年9月にアクセス
  7. ^ Conner-Simons、Adam(2018年6月15日)。「CSAILはiFlyTekとの新しい5年間のコラボレーションを開始します」MITニュース2019年9月28日にオリジナルからアーカイブされました2019年11月9日取得
  8. ^ ハーニー、アレクサンドラ(2019年6月13日)。「危険なパートナー:米国のトップ大学は、新疆ウイグル自治区のセキュリティに関連する中国企業から資金を調達しました」ロイター2019年11月9日にオリジナルからアーカイブされました2019年11月9日取得
  9. ^ 「米国は新疆ウイグル自治区の虐待における役割について8つの中国の技術会社を制裁します」日経ロイター2019年10月8日。2019年11月9日のオリジナルからアーカイブ2019年11月9日取得
  10. ^ Strumpf、ダン; 久保田陽子(2019年10月8日)。「拡大された米国の貿易ブラックリストは北京の人工知能の野心に当たる」ウォールストリートジャーナル2019年11月8日にオリジナルからアーカイブされました2019年11月9日取得
  11. ^ 「MITはブラックリストに載っている中国の技術会社とのパートナーシップをレビューします」AP通信2019年10月11日。2019年11月9日のオリジナルからアーカイブ2019年11月9日取得
  12. ^ ナイト、ウィル(2020-04-21)。「MITは人権問題の中で中国のAI企業との関係を断ち切る」有線ISSN1059-1028_ 2020-04-21にオリジナルからアーカイブされました2020年4月22日取得 
  13. ^ ウェイバックマシンでのCSAILアーカイブ2010-06-02でのアウトリーチ活動 -CSAILホームページ、MIT。
  14. ^ 「MITのIMARAプロジェクト」2010年6月7日にオリジナルからアーカイブされました2010年8月19日取得
  15. ^ フィズ、ロビン; Mansur、Karla(2008-06-04)、「MITの隣人が「デジタルデバイド」を越えるのを助ける" (PDF)MIT Tech Talk、ケンブリッジ:MIT、p。3、2011-02-06のオリジナルからアーカイブ (PDF) 、 2010-08-19を取得

さらに読む

外部リンク