ITU-TVシリーズの推奨事項のリスト

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

電話ネットワークを介したデータ通信に関するITU-TVシリーズの推奨事項は、承認されたモデム通信規格とインターフェイスを管理するプロトコルを指定しています。[1]

注:bisterの接尾辞は、標準の連続する反復のITU-T標準指定子です( bisterは、ラテン語で「2回」と「3回」を意味します)。

一般的な基準

V.1〜V.9に適用

  • V.1は、2つの条件の記号と2つの条件のコードの重要な条件との間の同等性と題されたITU-T勧告です。
  • V.2は、1988年11月に承認されたITU-T勧告であり、電話回線を介したデータ伝送の電力レベルと題されています。
  • V.4は、1988年11月に承認されたITU-T勧告であり、公衆電話網を介した文字指向のデータ伝送のための国際アルファベットNo.5コードの信号の一般的な構造と題されています。
  • V.5は、1988年11月に承認されたITU-T勧告であり、「一般的な公衆交換電話網における同期データ伝送のデータ信号速度の標準化」と題されています。それ以来撤回されました。
  • V.6は、1988年11月に承認されたITU-T勧告であり、「リースされた電話タイプの回線での同期データ伝送のデータ信号速度の標準化」と題されています。それ以来撤回されました。
  • V.7は、1988年11月に承認されたITU-T勧告であり、電話ネットワークを介したデータ通信に関する用語の定義と題されています。
  • V.8は、1994年9月に最初に承認されたITU-T勧告であり、公衆交換電話網を介したデータ送信のセッションを開始するための手順と題されています。それは3回取って代わられました。現在のバージョンは2000年11月に承認されました。
  • V.8bisは、1996年8月に最初に承認されたITU-T勧告であり、公衆交換電話を介したデータ回線終端装置(DCE)間およびデータ端末装置(DTE)間の共通動作モードの識別と選択の手順と題されています。ネットワークおよびリースされたポイントツーポイント電話タイプの回線。2回置き換えられました。現在のバージョンは2000年11月に承認されました。

インターフェイスと音声帯域モデム

V.10〜V.34に適用

  • V.10は、最大100 kbit / sのデータ通信用の不平衡電気回路について、1976年に最初に合意されたITU-T勧告です。12ボルトを超える信号にさらされない限り、V.28と相互作用できます。37ピンISO4902コネクタと一緒に使用すると、EIARS -423と互換性があります。
  • V.11は、最大10 Mbit / sのデータ通信用の平衡電気回路について、1976年に最初に合意されたITU-T勧告です。37ピンISO4902コネクタ(「DC-37 」)と併用し、 EIA-422と互換性があります。データネットワークインターフェイスには、 15ピンISO 4903コネクタ(「DA-15 」)をお勧めします。
  • V.17は、 12および14.4 kbit / sでTCM変調を使用するファックスモデムのITU-T推奨事項です
  • V.21は、 300ボーでオーディオ周波数シフトキーイング変調を使用して300ビット/秒でデジタルデータを伝送する、2つのアナログダイヤルアップモデム間の全二重通信に関するITU-T推奨事項ですこれは、元のBell103変調フォーマットの変形です。
  • V.22は、 600ボーのPSK変調を使用して1200または600ビット/秒のデータを伝送する2つのアナログダイヤルアップモデム間の全二重通信に関するITU-T推奨事項ですこれは、Bell212A変調フォーマットの変形です。
  • V.22bisは、 2400または1200ビット/秒のデジタルデータを伝送するために600ボーのQAMを使用して、V.22をより高速に拡張するITU-T推奨事項です。1200ビット/秒モードはV.22と互換性があります。
  • V.23は、最大600または1200ボーのFSK変調を使用最大600または1200ビット/秒のデジタルデータを伝送する、2つのアナログダイヤルアップモデム間の半二重通信に関するITU-T推奨事項ですオプションの75ボーリバースチャネルは75ビット/秒を伝送します。
  • V.24は、V.28も含むRS-232として参照されます。
  • V.250(V.25terとも呼ばれます)は、拡張データモデムのITU-T推奨です。[2]
  • V.27terは、 2400および4800ビット/秒(PSK変調)を可能にする半二重 モデムのITU-T推奨です。
  • V.28は、不平衡二重電流交換回路の電気的特性を定義するITU-T勧告です。
  • V.29は、 モデムのITU-T推奨であり、4.8 kbit / s、7.2 kbit / s、および9.6 kbit / sの転送モード(PSKおよびQAM変調)を許可します。
  • V.32(11/88)は、4線式回路では全二重、2線式回路では半二重として動作するモデムのITU-T推奨であり、9.6 kbit / sの双方向データ転送を可能にします。または、V.22規格の600ボーではなく、 2,400ボーのシンボルレートで4.8 kbit / s 。[3]
    • V.32bis(02/91)は、モデム用のITU-T推奨であり、最大14.4 kbit / sの双方向データ転送を可能にします。その他の追加の定義済みデータ転送速度は、12.0 kbit / s、9.6 kbit / s、7.2 kbit / s、および4.8 kbit / sです。[4]この規格は、19.2 kbit / sの双方向データ転送速度を可能にするためにいくつかのモデムメーカーによって拡張されましたが、V.32ter規格として承認されることはありませんでしこれらの非ITU-T標準モデムは、「V.32terbo」モデムと呼ばれることがよくありました。[5]
  • V.33は、 4線式ポイントツーポイント専用回線で全二重として動作するモデムに対するITU-Tの推奨事項であり、14.4 kbit / sの双方向データ転送を可能にします。
  • V.34(09/94)は、モデム用のITU-T推奨(置き換え)であり、TCM 変調を使用して最大28.8 kbit / sの双方向データ転送を可能にします。その他の追加の定義済みデータ転送速度は、24.0 kbit / sおよび19.2kbit / sと、許可されているすべてのV.32およびV.32bis速度です。さらに、V.34モデムは、送信電力を削減するためのシェーピングコードとしてシェルマッピングを採用しています。[6]
    • V.34(10/96)は、モデム用の更新されたITU-T推奨事項であり、V.34標準に基づいていますが、最大33.6 kbit / sの双方向データ転送が可能です。その他の追加の定義済みデータ転送速度は、31.2 kbit / sであり、許可されているすべてのV.34速度です。この標準を実装するモデムは、多くの場合、 V.34 +というモニカで販売されていました[7]
    • 一般にV.34bisとしてレンダリングされるV.34(02/98)は、元の1996年のドキュメントの一部の正誤表を修正したV.34のさらなるアップデートです。[8]

アドホック標準

先発者の優位性を獲得するために、多くのモデム企業は、最終的な承認に達する前に、今後のVシリーズ標準に基づくモデルを導入しました。他のケースでは、企業は非標準のシステムを導入しましたが、それらにITUのような名前を付けました。

  • V.32terbo、または略してV.32terは、 AT& TParadyneによって導入された19.2kbit / s標準でしたこれはV.32bisに基づいており、データレートを上げる以外はほとんど何もしませんでした。V.32terは、14.4 kbit / s以下の速度でV.32bisと互換性がありますが、19.2のV.34とは互換性がありません。
  • V.FCは、V.Fast Classの略で、 V.FASTと呼ばれることもあり、 HayesRockwellによって開発され、28.8 kbit / sの標準を導入し、V.34の取り組みは長引きました。V.FCはV.34と互換性がありませんでしたが、ほとんどのV.34モデムは、特にRockwellチップセットを使用するV.FCをサポートできました。[9]
  • K56flexは、V.90規格の進行中に、ロックウェルとルーセントによって開発されました。両社の実装間の互換性の問題が懸念され、標準はすぐに姿を消しました。
  • X2はK56flexに対するUSRoboticsの答えであり、同様にV.90の導入により急速に姿を消しました。

広帯域モデム

V.35〜V.39に適用

  • V.35は、 OSIモデルのレイヤー1にあるITU-T標準です最大速度は2Mbit / sです。広帯域回線での48kbit / sデータ伝送に関するITU-T勧告を撤回しました。このインターフェースの物理的および電気的特性は、ITU-T勧告V.11で指定されています。
  • V.36は、 OSIモデルのレイヤー2にあるITU-T規格であり、60〜108kHzのグループ帯域回路を使用した同期データ伝送用のモデムと呼ばれます。

エラー制御とデータ圧縮

V.40〜V.49に適用

  • V.41は、コードに依存しないエラー制御システムです。ITU-T標準CRC-16多項式をx16 + x 12 + x 5 +1として定義します
  • V.42はエラー訂正プロトコルです。その機能は、受信者が失われたデータパケットの再送信をすぐに要求できるようにすることです。ただし、エラーのないデータが受信側に配信される速度を保証するものではありません。V.42は通常、ダイヤルアップモデムに含まれています。また、ITU-T標準CRC-32多項式をx 32 + x 26 + x 23 + x 22 + x 16 + x 12 + x 11 + x 10 + x 8 + x 7 + x 5 + x 4 + x2として定義します+ x + 1であり、LAPMフレーミングプロトコルが含まれています。
  • 適応型データ圧縮標準でもあるV.42bisは、 Lempel Ziv動的辞書アプローチに基づいており、データが非圧縮で送信される「透過モード」に移行する場合があります。具体的なアルゴリズムは「BTLZ」(British Telecom Lempel Ziv)で、これはAlan Clark(当時はBT)によって開発されました。
  • V.44はLZJHに基づいています(Lempel-Ziv-Jeff-Heath)Hughes ElectronicsがDirecPC衛星インターネット用に開発し、v.92ダイヤルアップモデム標準に組み込まれた適応型データ圧縮。V.44は、特定のタイプのデータに対してV.42bis標準よりもいくらか優れた圧縮パフォーマンスを提供し、平均して15%高いスループットを可能にします。たとえば、V.44との53.3 kbit / s接続では、純粋なテキストを使用して最大53.3×6 = 320 kbit / sを送信できます。実際には、全体的なデータレートが3:1の圧縮(〜150 kbit / s)を超えることはめったにありません。圧縮は、回線上のノイズのため、またはすでに圧縮されたファイル(ZIPファイル、JPEG画像、MP3オーディオ、MPEGビデオ)の転送のために、時間の経過とともに良くなったり悪くなったりする傾向があります。ある時点で、モデムは圧縮ファイルを53 kbit / sで、非圧縮ファイルを160 kbit / sで、純粋なテキストを320 kbit / sで、またはその間の任意の値で送信します。[10] [11]

データとその他の信号の同時送信

V.60〜V.99に適用

  • V.61アナログ同時音声およびデータ(ASVD)
  • V.70デジタル同時音声およびデータ(DSVD)
  • V.80ビデオ会議通常、通常の電話回線を介したH.324標準のポイントツーポイントビデオテレフォニーと互換性があります。
  • V.90は、モデムのITU-T推奨であり、56 kbit / sのデジタルダウンロードと33.6kbit / sのアナログアップロードを可能にします。これは、2つのベンダー標準(K56flexX2)に取って代わり、以前の両方の標準のモデムをフラッシュアップグレードしてサポートできるように設計されています。1995年1月から1995年9月の間に開発されました。開発されるPOTS回線のチャネル容量の近くで動作するモデムの最後の標準であると予想されたため、 V.Lastとしても知られています。V.90は通常、V.42bis圧縮規格と組み合わせて使用​​されます。後続の標準であるV.92は、V.90に代わるものとして1996年後半に開発されました。
  • V.91最大64 000ビット/秒のデータ信号速度で動作するデジタルモデム。4線式回線交換接続およびリースされたポイントツーポイント4線式デジタル回路で使用できます。1999年に公開されました。
  • V.92、「勧告V.90の拡張」というタイトルのITU-T勧告であり、 56 kbit / sのダウンロード、48 kbit / sのアップロード速度、および新しいV.44圧縮方式を可能にするモデム標準を確立しV.92は、1996年1月に最初に発表されました。これは、V.90標準を継承することを目的としています。V.92では、 PCMはアップストリーム接続とダウンストリーム接続の両方に使用されます。以前の56Kモデムは、ダウンストリームデータにPCMのみを使用していました。

他のネットワークとの相互作用

V.100〜V.199に適用

  • V.110は、Vシリーズに準拠したインターフェイスを持つ端末をISDNに接続するためのターミナルアダプタ機能を使用するためのITU-T推奨事項です
  • V.120は、LAPDプロトコルに基づくV.110の代替です。
  • V.150.1は、 IPネットワーク上でモデムを使用するためのITU-T推奨事項です。
  • V.152は、Voice-Band Data overIPネットワークを使用するためのITU-T推奨事項です。

データ通信のインターフェース層仕様

V.200〜V.249に適用

  • V.230は、1988年11月に承認された「一般的なデータ通信インターフェイスのレイヤ1仕様」というタイトルのITU-T勧告です。


デジタル回路モデム

V.400〜V.499に適用

  • V.300は、1997年1月に最初に承認されたITU-T勧告であり、デジタルポイントツーポイント専用回線での使用が標準化されたA 128(144)kbit / sデータ回線終端装置と題されています。

も参照してください

参考文献

  1. ^ ITU-T(2006-09-29)。「電話ネットワークを介したデータ通信」ITU 2008年3月2日取得
  2. ^ 推奨事項V.25terの補足(04/95)-シリアル非同期自動ダイヤルおよび制御
  3. ^ 「V.32:一般的な交換電話網およびリース電話タイプの回線で使用するための最大9600ビット/秒のデータ信号速度で動作する2線式デュプレックスモデムのファミリ」www.itu.int 2020年8月20日取得
  4. ^ 「V.32bis:一般的な交換電話網およびリースされたポイントツーポイント2線式電話タイプの回線で使用するための最大14400ビット/秒のデータ信号速度で動作するデュプレックスモデム」www.itu.int 2020年8月20日取得
  5. ^ 高速モデム方式を中心に集結するベンダー
  6. ^ 「V.34:一般的な交換電話網およびリースされたポイントツーポイント2線式電話タイプの回線で使用するための最大28800ビット/秒のデータ信号速度で動作するモデム」www.itu.int 2020年7月5日取得
  7. ^ 「V.34:一般的な交換電話網およびリースされたポイントツーポイント2線式電話タイプの回線で使用するための最大33600ビット/秒のデータ信号速度で動作するモデム」www.itu.int 2020年7月5日取得
  8. ^ 「V.34:一般的な交換電話網およびリースされたポイントツーポイント2線式電話タイプの回線で使用するための最大33600ビット/秒のデータ信号速度で動作するモデム」www.itu.int 2020年7月5日取得
  9. ^ 「V.FC」
  10. ^ ウィルディグ、カール; パトリック・チェン(1994年8月)。「モデムについて知っておくべきこと」2007年1月4日にオリジナルからアーカイブされました2008年3月2日取得
  11. ^ Mitronov、Pavel(2001-06-29)。「モデム圧縮:V.42bisに対するV.44」Pricenfees.com。2017-02-02にオリジナルからアーカイブされました2008年3月2日取得

外部リンク