Linuxディストリビューション

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

最も人気のあるデスクトップLinuxディストリビューションの1つであるUbuntu

Linuxディストリビューション(多くの場合、 distroと略されます)は、 Linuxカーネルと、多くの場合、パッケージ管理システムを含むソフトウェアコレクションから作成されたオペレーティングシステムです。Linuxユーザーは通常、Linuxディストリビューションの1つをダウンロードしてオペレーティングシステムを入手します。このディストリビューションは、組み込みデバイスOpenWrtなど)やパーソナルコンピューターLinux Mintなど)から強力なスーパーコンピューター(たとえば、Rocks Cluster Distribution)。

典型的なLinuxディストリビューションは、Linuxカーネル、GNUツールとライブラリ、追加のソフトウェア、ドキュメント、ウィンドウシステム(最も一般的なのはX Window System、または最近ではWayland)、ウィンドウマネージャー、およびデスクトップ環境で構成されています。

含まれているソフトウェアのほとんどは無料でオープンソースのソフトウェアであり、コンパイルされたバイナリとソースコード形式の両方で利用できるため、元のソフトウェアを変更できます。通常、Linuxディストリビューションには、一部のデバイスドライバーに必要なバイナリブロブなど、ソースコード形式では利用できない独自のソフトウェアがオプションで含まれています。[1]

Linuxディストリビューションは、その機能が多くのユーザーのニーズを満たすようにLinuxカーネルと一緒にパッケージ化された特定のアプリケーションおよびユーティリティソフトウェア(たとえば、さまざまなGNUツールおよびライブラリ)として説明することもできます。[2]ソフトウェアは通常、ディストリビューションに適合され、ディストリビューションのメンテナによってソフトウェアパッケージにパッケージ化されます。ソフトウェアパッケージは、通常世界中に分散している保管場所であるリポジトリでオンラインで入手できます。[3] [4]ディストリビューションインストーラー( Debian-InstallerAnacondaなど)などの接着剤コンポーネントのほかに)またはパッケージ管理システムでは、Linuxディストリビューションのメンテナによって最初から作成されたパッケージはごくわずかです。

ほぼ1,000のLinuxディストリビューションが存在します。[5] [6]ソフトウェアの可用性が非常に高いため、ディストリビューションは、デスクトップ、サーバー、ラップトップ、ネットブック、携帯電話、タブレットでの使用に適したものを含め、さまざまな形をとっています[ 7] [8]。通常、組み込みシステムで使用するための最小限の環境として。[9] [10] Fedora LinuxRed Hat)、openSUSESUSE)、UbuntuCanonical Ltd. )などの商業的に支援されたディストリビューションと、 Debianなどの完全にコミュニティ主導のディストリビューションがありますSlackwareGentooArchLinuxほとんどのディストリビューションはすぐに使用でき、特定の命令セット用にプリコンパイルされていますが、一部のディストリビューション(Gentooなど)は主にソースコード形式で配布され、インストール中にローカルでコンパイルされます。[11]

歴史

主なLinuxディストリビューションの開発のタイムライン[12]

Linus TorvaldsはLinuxカーネルを開発し、1991年に最初のバージョン0.01を配布しました。Linuxは当初ソースコードとしてのみ配布され、後にダウンロード可能なフロッピーディスクイメージのペアとして配布されました。1つは起動可能でLinuxカーネル自体を含み、もう1つはファイルシステムをセットアップするためGNUユーティリティとツールのセット。インストール手順が複雑だったため、特に利用可能なソフトウェアの量が増えているため、これを簡素化するためにディストリビューションが登場しました。[13]

初期の配布には次のものが含まれていました。

  • HJ Luの「Boot-root」、前述のカーネルとのディスクイメージのペア、および開始するための最小限のツール、1991年後半[14]
  • MCC Interim Linuxは、1992年2月にダウンロード可能になりました。
  • 1992年にリリースされたSoftlandingLinux System(SLS)は、X WindowSystemを含む短期間の最も包括的なディストリビューションでした。
  • Yggdrasil Linux / GNU / X、1992年12月に最初にリリースされた商用ディストリビューション

2つの最も古く、現在もアクティブな配布プロジェクトは1993年に開始されました。SLS配布は十分に維持されていなかったため、1993年7月に、Slackwareと呼ばれるSLSに基づく新しい配布がPatrickVolkerdingによってリリースされました。[15]また、SLSに不満を持っていたイアン・マードックは、1993年12月に最初のリリースを行ったDebianを設立することにより、無料のディストリビューションを作成しようと試みました。 [16]

ユーザーは、IBMPC互換コンピューター上のDOSおよびMicrosoftWindowsオペレーティングシステム、 AppleMacintosh上のMacOS、および独自バージョンのUnixの代替としてLinuxディストリビューションに惹かれましたほとんどのアーリーアダプターは、職場や学校でUnixに精通していました。彼らは、低コスト(もしあれば)と、含まれているソフトウェアのほとんどまたはすべての ソースコードの可用性のためにLinuxディストリビューションを採用しました。

2017年の時点で、Linuxはデスクトップ市場よりもサーバーおよび組み込みデバイス市場で人気が高まっています。たとえば、LinuxはWebサーバーの50%以上で使用されていますが[17]、デスクトップの市場シェアは約3.7%です。[18]

コンポーネント

Linuxディストリビューションは通常、パッケージ管理システムを中心に構築されています。パッケージ管理システムは、 Linuxカーネル、フリーおよびオープンソースソフトウェア、場合によってはいくつかのプロプライエタリソフトウェアをまとめたものです。

多くのLinuxディストリビューションは、他の最新のオペレーティングシステムで提供されているものと同様のインストールシステムを提供します。一方、Gentoo Linuxを含む一部のディストリビューションは、基本的なカーネル、コンパイルツール、およびインストーラーのバイナリのみを提供します。インストーラーは、これらのツールと提供されたソースコードを使用して、ユーザーのコンピューターの 特定のアーキテクチャー用に要求されたすべてのソフトウェアをコンパイルします。

パッケージ管理

ディストリビューションは通常、パッケージにセグメント化されます。各パッケージには、特定のアプリケーションまたはサービスが含まれています。パッケージの例としては、PNG画像形式を処理するためのライブラリ、フォントのコレクション、またはWebブラウザがあります。

パッケージは通常、コンパイルされたコードとして提供され、パッケージのインストールと削除は、単純なファイルアーカイバではなくパッケージ管理システム(PMS)によって処理されます。このようなPMSを対象とした各パッケージには、パッケージの説明、バージョン、「依存関係」などのメタ情報が含まれています。パッケージ管理システムは、このメタ情報を評価して、パッケージ検索を可能にし、新しいバージョンへの自動アップグレードを実行し、パッケージのすべての依存関係が満たされていることを確認し、および/またはそれらを自動的に満たすことができます。

Linuxディストリビューションには通常、プロプライエタリオペレーティングシステムよりもはるかに多くのソフトウェアが含まれていますが、ローカル管理者がディストリビューションに含まれていないソフトウェアもインストールするのは通常のことです。例としては、ディストリビューションで提供されているものよりも新しいバージョンのソフトウェアアプリケーション、またはディストリビューションで選択されたものの代替バージョン(たとえば、GNOMEではなくKDE Plasma Workspaces )があります。またはその逆(ユーザーインターフェイスレイヤーの場合)。追加のソフトウェアがソースのみの形式で配布されている場合、このアプローチではローカルコンパイルが必要です。ただし、追加のソフトウェアがローカルに追加された場合、ローカルシステムの「状態」がパッケージマネージャーのデータベースの状態と同期しなくなる可能性があります。その場合、ローカル管理者は、システム全体を最新の状態に保つために追加の対策を講じる必要があります。パッケージマネージャーは、これを自動的に実行できなくなる可能性があります。

ほとんどのディストリビューションは、カーネルやその他のコアオペレーティングシステムコンポーネントを含むパッケージを、事前に定義された構成でインストールします。現在、最初のインストール時に構成の調整を必要とする、または許可するものはほとんどありません。これにより、特に新規ユーザーにとって、インストールはそれほど難しくありませんが、常に受け入れられるとは限りません。特定の要件については、多くのソフトウェアを、有用である、他のソフトウェアと正しく動作する、または安全であるように注意深く構成する必要があり、ローカル管理者は、さまざまなソフトウェアのレビューと再構成に時間を費やす必要があります。

一部のディストリビューションは、ディストリビューションに含まれるソフトウェアのほとんどまたはすべてを具体的に調整およびカスタマイズするためにかなりの長さになります。すべてがそうするわけではありません。一部のディストリビューションは、このプロセスを支援する構成ツールを提供します。

ディストリビューションで提供されるすべてのものを置き換えることにより、管理者は「ディストリビューションのない」状態に達する可能性があります。つまり、すべてがローカルで取得、コンパイル、構成、およびインストールされます。このようなシステムをゼロから構築し、配布を完全に回避することができます。システムがセルフホスティングになるまで、最初のバイナリを生成する方法が必要です。これは、目的のターゲットのバイナリを構築できる別のシステムでのコンパイルを介して実行できます(おそらくクロスコンパイルによって)。たとえば、Linux FromScratchを参照してください。

タイプとトレンド

大まかに言えば、Linuxディストリビューションは次のようになります。

  • 商業的または非商業的
  • エンタープライズユーザー、パワーユーザー、またはホームユーザー向けに設計されています
  • プラットフォームベンダーによる認定の範囲内であっても、複数のタイプのハードウェア、またはプラットフォーム固有でサポートされます
  • サーバー、デスクトップ、または組み込みデバイス向けに設計されています
  • 汎用または特定のマシン機能(ファイアウォール、ネットワークルーター、コンピュータークラスターなど)に高度に特化したもの
  • 言語の国際化とローカリゼーション、または多くの音楽制作科学計算パッケージの組み込みなど、特定のユーザーグループを対象としています
  • 主にセキュリティ使いやすさ、移植性、または包括性のために構築されています
  • 標準リリースまたはローリングリリース。以下を参照してください。

Linuxディストリビューションの多様性は、ベンダーとユーザーの間の技術的、組織的、および哲学的な違いによるものです。自由ソフトウェアのパーミッシブライセンスは、十分な知識と関心を持つユーザーが既存のディストリビューションをカスタマイズしたり、自分のニーズに合わせてディストリビューションを設計したりできることを意味します。

ローリングディストリビューション

ローリングLinuxディストリビューションは、小規模で頻繁な更新を使用して更新され続けます部分的にローリングおよび部分的にローリング(同義語のセミローリングおよびハーフローリングとともに)、完全にローリング真にローリング、およびオプションでローリングという用語は、ソフトウェア開発者およびユーザーによって使用されることがあります。[19] [20] [21] [22] [23] [24]

ローリングディストリビューションのリポジトリには通常、ごく最近のソフトウェアリリースが含まれてい ます。多くの場合、最新の安定したソフトウェアリリースが利用可能です。[要出典]インストールイメージのリリース時のソフトウェアディストリビューションのスナップショットである疑似リリースとインストールメディアがあります。通常、古いインストールメディアからインストールされたローリングリリースオペレーティングシステムは、インストール後に現在の状態に完全に更新できます。[要出典]

ユースケースに応じて、標準リリースとローリングリリースの両方のソフトウェア開発方法論に賛否両論があります[25]

ソフトウェア開発プロセスに関しては、標準リリースでは、バグ修正を最新のブランチに伝播するため、最新の開発ブランチに重点を置くのではなく、古いバージョンを最新の状態に保つために多大な開発努力を費やす必要がありますまた、ローリングリリースとは異なり、標準リリースでは複数のコードブランチを開発および保守する必要があります。これにより、ソフトウェア開発者およびソフトウェア保守者のソフトウェア開発およびソフトウェア保守のワークロードが増加します。

一方、ソフトウェア機能とテクノロジ計画は、次のバージョンでの今後の機能についての理解が深まるため、標準リリースでは簡単になります。ソフトウェアリリースサイクルは、デスクトップ環境などの主要なアップストリームソフトウェアプロジェクトのリリースサイクルと同期させることもできます

ユーザーエクスペリエンスに関しては、ソフトウェア開発サイクル中にソフトウェアの競合に簡単に対処でき、ソフトウェアスタックをより徹底的にテストおよび評価できるため、標準リリースはより安定していてバグがないと見なされることがよくあります。[25] [26]このため、エンタープライズ環境やミッションクリティカルなタスクでは、これらの選択肢が好まれる傾向があります。[25]

ただし、ローリングリリースでは、より新しいソフトウェアが提供され、安定性が向上し、ソフトウェアのバグが少なくなるとともに、新機能、機能の向上、実行速度の高速化、システムとアプリケーションのセキュリティの向上などの利点があります。ソフトウェアセキュリティに関しては、ローリングリリースモデルは、タイムリーなセキュリティ更新、システムまたはアプリケーションのセキュリティバグ脆弱性の修正に利点があり、標準リリースは次のリリースまで待たなければならないか、さまざまなバージョンにパッチを当てる必要があります。ユーザーが非常に動的なシステムとして実行することを選択したローリングリリースディストリビューションでは、ソフトウェアパッケージの絶え間ない変化により、意図しない新しい脆弱性が発生する可能性があります。[25]

インストール不要のディストリビューション(ライブCD / USB)

「ライブ」ディストリビューションは、ハードディスクドライブにインストールして起動する代わりに、光ディスクUSBフラッシュドライブなどのリムーバブルストレージメディアから起動できるLinuxディストリビューションですインストール不要のディストリビューションの移植性により、デモンストレーション、他人のコンピューターの借用、レスキュー操作などのアプリケーション、または標準ディストリビューションのインストールメディアとして有利になります。

オペレーティングシステムをCDやDVDなどの読み取り専用メディアから起動する場合、セッション間で保持する必要のあるユーザーデータは起動デバイスに保存できませんが、USBフラッシュなどの別のストレージデバイスに書き込む必要があります。ドライブまたはハードディスクドライブ。[27]

多くのLinuxディストリビューションは、従来の形式に加えて「ライブ」形式を提供します。これは、インストールのみに使用することを目的としたネットワークベースまたはリムーバブルメディアイメージです。このようなディストリビューションには、SUSEUbuntuLinux MintMEPISFedoraLinuxが含まれます。KnoppixPuppy Linux、Devil-Linux、SuperGamerSliTaz GNU / Linuxdyne:bolicなどの一部のディストリビューションは、主にライブで使用するように設計されています。さらに、一部の最小限のディストリビューションは、システムのハードディスクドライブの内容を変更することなく、1枚のフロッピーディスクと同じくらい小さなスペースから直接実行できます。[28]

WebサイトDistroWatchには、多くのLinuxディストリビューションがリストされており、サイトで最もWebトラフィックが多いディストリビューションの一部が表示されます。ウィキメディア財団は、2015年までにWMF Webサイトへの訪問者のブラウザーユーザーエージェントの分析をリリースしました。これには、一部のLinuxディストリビューションを含む最も人気のあるオペレーティングシステム識別子の詳細が含まれています。[29]人気のあるディストリビューションの多くを以下に示します。

広く使用されているGNUベースまたはGNU互換のディストリビューション

  • Debianは、非営利のディストリビューションであり、最も初期のディストリビューションの1つであり、ボランティアの開発者コミュニティによって維持されており、自由ソフトウェアの原則と民主的なプロジェクト管理に強いコミットメントを持っています。
  • Fedora Linuxは、アメリカの会社Red Hatが後援し、会社の以前の製品であるRed HatLinuxの後継あるコミュニティディストリビューションです。これは、Red Hatの商用Linux製品のテクノロジーテストベッドとなることを目的としており、Red Hat Enterprise Linuxに成熟する前に、新しいオープンソースソフトウェアが共同環境でプロトタイプ化、開発、およびテストされます。
    • FedoraLinuxの派生物であるRedHat Enterprise Linux(RHEL)は、Red Hatによって保守され、商業的にサポートされています。テスト済みで安全かつ安定したLinuxサーバーとワークステーションのサポートを企業に提供することを目指しています。
      • CentOSは、 Red Hatで使用されているものと同じソースから派生したディストリビューションであり、100%Red Hat互換バージョンと、必ずしも100%アップストリーム互換ではないアップグレードバージョンの両方を備えた開発者の専用ボランティアコミュニティによって維持されています。
      • Red Hat EnterpriseLinuxの派生物であるOracleLinuxは、Oracleによって保守され、商業的にサポートされています
  • Mandriva Linuxは、同じ名前のフランスの会社に支えられて、ヨーロッパのいくつかの国とブラジルで人気のあるRed HatLinuxの派生物でした。会社が倒産した後、OpenMandrivaLxに取って代わられました[30] [31]が、現在では多くの派生物のユーザーベースが大きくなっています。
    • Mageia、2010年に作成されたMandrivaLinuxのコミュニティフォーク[31]
    • PCLinuxOS、Mandrivaの派生物であり、パッケージのグループからコミュニティが生み出したデスクトップディストリビューションに成長しました
  • openSUSEは、主にドイツの企業SUSEがスポンサーとなっているコミュニティディストリビューションです。
  • Arch Linuxは、経験豊富なLinuxユーザーを対象とし、ボランティアコミュニティによって保守されているローリングリリースディストリビューションであり、公式のバイナリパッケージと、ユーザーが提出したさまざまな非公式のソースパッケージを提供しています。パッケージは通常、単一のPKGBUILDテキストファイルによって定義されます。
    • Manjaro Linuxは、Arch Linuxの派生物であり、経験の浅いLinuxユーザー向けのグラフィカルインストーラーやその他の使いやすい機能が含まれています。
  • パワーユーザーを対象としたディストリビューションであるGentooは、ソースコードからアプリケーションをコンパイルするためのFreeBSDポートのような自動システムで知られています。
  • 1993年に作成されたSlackwareは、最初のLinuxディストリビューションの1つであり、現在も維持されている最も初期のディストリビューションの1つであり、Unixライクであり、エンドユーザーが簡単に変更できるようにすることを約束しています[32] [非プライマリソースが必要]

Linuxカーネルベースのオペレーティングシステム

上記のオペレーティングシステムが「Linuxディストリビューション」としてカウントされるかどうかは、物議を醸すトピックです。彼らはLinuxカーネルを使用しているため、Linux Foundation [33]とGoogleのオープンソースチーフであるChrisDiBona [34]は、AndroidがLinuxディストリビューションであることに同意しています。GoogleのエンジニアであるPatrickBradyなどの他の人は、glibcを含むAndroidの多くのGNUツールがサポートされていないことに反対しています。[35]

他のLinuxカーネルベースのオペレーティングシステムには、Cyanogenmod、そのフォークLineageOSAndroid-x86、そして最近ではTizenMer / Sailfish OSKaiOSが含まれます。

軽量ディストリビューション

軽量Linuxディストリビューションは、古いハードウェアのサポートを念頭に置いて設計されたディストリビューションであり、古いハードウェアを引き続き生産的に使用できるようにします。または、アプリケーションで使用できるリソースを増やすことで、新しいハードウェアで可能な限り最高の速度を実現します。例としては、Tiny Core LinuxPuppy LinuxSlitazなどがあります。

ニッチなディストリビューション

他のディストリビューションは、次のような特定のニッチを対象としています。

相互配布の問題

Free Standards Groupは、さまざまなディストリビューション間の相互運用性を向上させることを目的とした、主要なソフトウェアおよびハードウェアベンダーによって形成された組織です。提案されている標準の中には、 Linuxの一般的なABIとパッケージングシステムを定義するLinux Standard Baseと、標準のファイル命名チャート、特にLinuxファイルシステムのツリーのルートにある基本的なディレクトリ名を推奨するFilesystem HierarchyStandardがあります。ただし、これらの標準は、組織のメンバーによって開発されたディストリビューションの中でも、使用が制限されています。[要出典]

Linuxディストリビューションの多様性は、必要なライブラリやその他のシステム属性によっては、すべてのソフトウェアがすべてのディストリビューションで実行されるわけではないことを意味します。パッケージ化されたソフトウェアとソフトウェアリポジトリは通常、特定のディストリビューションに固有ですが、密接に関連するディストリビューションではクロスインストールが可能な場合があります。[要出典]

ディストリビューションを選択するためのツール

ディストリビューションを絶えず切り替えるプロセスは、「ディストリビューションホッピング」と呼ばれることがよくあります。[37] VirtualBoxVMwareWorkstationなどの仮想マシンはハードウェアを仮想化し、ユーザーが仮想マシンでライブメディアをテストできるようにします。DistroWatchなどの一部のWebサイトでは、ディストリビューションのリストが提供されており、さまざまなディストリビューションの第一印象を得る方法として、オペレーティングシステムのスクリーンショットにリンクしています。

Linuxディストリビューションチューザーのいくつかのバージョン[38]や、ユニバーサルパッケージ検索ツールなど、人々が適切なディストリビューションを選択するのに役立つツールがあります[39] 1つを決定する前にいくつかのLinuxディストリビューションを試す簡単な方法があります。MultiDistroは、9つの省スペースディストリビューションを含むLiveCDです。[40]

インストール

Linuxディストリビューションをインストールするにはいくつかの方法があります。Linuxをインストールする最も一般的な方法は、ライブUSBメモリスティックから起動することです。これは、USBイメージライターアプリケーションと、さまざまなLinuxディストリビューションWebサイトからダウンロードできるISOイメージを使用して作成できます。DVDディスク、CDディスク、ネットワークインストール、およびその他のハードドライブも「インストールメディア」として使用できます。[41]

1990年代にLinuxディストリビューションはフロッピーのセットを使用してインストールされましたが、これはすべての主要なディストリビューションによって放棄されました。2000年代までに、多くのディストリビューションが最初のディスクに重要なパッケージを、それ以降のディスクにはそれほど重要でないパッケージを含むCDおよびDVDセットを提供していました。Debianなどの一部のディストリビューションでは、フロッピーのセットまたは少量のデータしか含まれていないCDから起動した後、ネットワーク経由でのインストールも可能になりました。[42]

新規ユーザーは、以前にインストールしたオペレーティングシステムを維持するために、ハードドライブをパーティション分割することから始める傾向があります。Linuxディストリビューションは、以前に保存されたデータに影響を与えることなく、独自の個別のパーティションにインストールできます。[43]

Live CDセットアップでは、コンピューターは、最初にコンピューターのハードディスクにインストールせずに、CDからオペレーティングシステム全体を起動します。多くのディストリビューションにはLiveCDインストーラーがあり、コンピューターはディスクからオペレーティングシステムを起動し、コンピューターのハードディスクにインストールして、CDから実行されているOSからハードディスクから実行されているOSへのシームレスな移行を提供します。 。

Linuxがすでにインストールされているサーバーとパーソナルコンピューターはどちらも、 Hewlett-PackardDellSystem76などのベンダーから入手できます。

組み込みデバイスでは、Linuxは通常、デバイスのファームウェアに保持されており、コンシューマーがアクセスできる場合とできない場合があります。

最も人気のあるインストーラーの1つであるAnacondaは、 Red Hat Enterprise LinuxFedoraFedora Media Writerを使用)、およびその他のディストリビューションで使用され、インストールプロセスを簡素化します。Debian、Ubuntu、その他多くの人がDebian-Installerを使用しています。

既存のオペレーティングシステムを介したインストール

一部のディストリビューションでは、 WinLinuxcoLinuxなど、ユーザーが現在のシステムの上にLinuxをインストールできますLinuxはWindowsハードディスクパーティションにインストールされ、Windows自体の内部から起動できます。

仮想マシンVirtualBoxVMwareなど)を使用すると、Linuxを別のOS内で実行することもできます。VMソフトウェアは、Linuxシステムがインストールされている別のコンピューターをシミュレートします。インストール後、仮想マシンは独立したコンピューターであるかのように起動できます。

CDなしで既存のプラットフォームから完全なデュアルブートインストールを実行するためのさまざまなツールも利用できます。特に、次のよう なものがあります。

  • (現在は非推奨の)Wubiインストーラー。Windowsユーザーは、インストールCDなしでUbuntuまたはその派生物をFAT32またはNTFSパーティションにダウンロードしてインストールでき、データを失うことなく、同じハードドライブ上のいずれかのオペレーティングシステム間で簡単にデュアルブートできます。 。ユビキタスに置き換えられました
  • Win32ローダーは公式のDebianCD / DVDに統合されており、WindowsユーザーはCDなしでDebianをインストールできますが、ネットワークインストールを実行するため、パーティションを再作成する必要があります[44]。
  • UNetbootinは、WindowsおよびLinuxユーザーがさまざまなLinuxディストリビューションに対して同様のCDなしネットワークインストールを実行できるようにし、さらにライブUSB作成サポートを提供します

プロプライエタリソフトウェア

一部の特定のプロプライエタリソフトウェア製品は、Linuxではどのような形式でも利用できません。2015年9月の時点で、SteamゲームサービスではLinuxで1,500のゲームを利用できますが、Macでは2,323のゲーム、Windowsでは6,500のゲームが利用できます。[45] [46] [47] WineCrossOverなどのエミュレーションおよびAPI変換プロジェクトでは、独自のオペレーティングシステムをエミュレートするか、独自のAPI呼び出しを翻訳することにより、Linuxシステム上で非Linuxベースのソフトウェアを実行できます(例: MicrosoftのWin32またはDirectXAPIへの呼び出し)をネイティブLinuxAPI呼び出しに。仮想マシンLinux上でプロプライエタリOS(Microsoft Windowsなど)を実行するためにも使用できます。

OEM契約

コンピュータハードウェアは通常、相手先ブランド供給(OEM)によってすでにインストールされているLinux以外のオペレーティングシステムで販売されています。IBM PC互換機の場合、OSは通常MicrosoftWindowsです。Apple Macintoshコンピュータの場合、これは常にAppleのOSのバージョンであり、現在はmacOSです。Sun Microsystemsは、 SolarisがインストールされたSPARCハードウェアを販売しました。XboxPlayStationWiiなどのビデオゲーム機それぞれに独自のOSがあります。これにより、Linuxの市場シェアが制限されます。消費者は代替手段が存在することに気づかず、別のオペレーティングシステムを使用するように意識的に努力する必要があり、実際のインストールを自分で実行するか、友人、親戚、またはコンピューターの専門家からのサポートに依存する必要があります。 。

ただし、Linuxがすでにインストールされているハードウェアを購入することは可能です。LenovoHewlett-PackardDell、Affordy、[48] PurismPine64、およびSystem76はすべて、汎用Linuxラップトップを販売しています。[49]カスタムオーダーのPCメーカーもLinuxシステムを構築しますが、キーボードのWindowsキーを使用する可能性があります。Fixstars Solutions (以前のTerra Soft)は、 Yellow DogLinuxがインストールされたMacintoshコンピューターとPlayStation3コンソールを販売しています。

Linksys NSLU2 NASデバイス、TiVoのパーソナルビデオレコーダー、Linuxベースの携帯電話(Androidスマートフォンを含む)、PDA、ポータブルなど、メーカーがサポートするデフォルトのOSとしてLinuxで販売されている組み込みデバイスを見つけるのが一般的です。音楽プレーヤー。

現在のMicrosoftWindowsライセンスでは、製造元が返金ポリシーを決定できます。[50]以前のバージョンのWindowsでは、製造業者が小額裁判所での訴訟によって払い戻しを提供しなかった場合に、払い戻しを受けることができました。[51] 1999年2月15日、カリフォルニア州オレンジカウンティのLinuxユーザーのグループは、マイクロソフトに払い戻しを行うよう圧力をかけようとして、「Windows払い戻しの日」の抗議を行った。[52]フランスでは、LinuxfrenchおよびAFUL(フランス語を話すLibre Software Users'Association)組織が、自由ソフトウェア活動家のRoberto DiCosmoとともに「WindowsDetax」運動を開始しました[53]。これにより、2006年に39,415の署名者とフランス政府のDGCCRF支部がバンドルされたソフトウェアに対していくつかの苦情を申し立てた「racketiciels」(翻訳: Racketware )に対する請願が行われました。2014年3月24日、AvaazプラットフォームでAFULによって新しい国際請願が開始され[54]、いくつかの言語に翻訳され、世界中の多くの組織によってサポートされました。

統計

Linuxディストリビューションの 人気、採用、ダウンロード、インストールベースに関する公式の数字はありません。

多くのユーザーがLinuxディストリビューションをダウンロードするため、Linuxを実行しているPCの数を定量化するのが難しいこともあり(デスクトップLinuxの採用を参照)、 Linuxシステムの総数の公式の数値もありません[55] [56]したがって、Linuxシステムと商用Linuxディストリビューションの売上高は、Linuxシステムの数とLinuxの採用レベルが実際よりもはるかに少ないことを示しています。これは主に、Linuxが無料でオープンソースソフトウェアであり、無料でダウンロードできるためです。[55] [57] Linux Counter Projectは、実行中の推測を追跡していましたLinuxシステムの数の、しかしローリングリリースと標準リリースのディストリビューションを区別しませんでした。2018年10月までにいくつかの関連ブログ投稿が作成されましたが、2018年8月に運用を停止しました。[58]

特定のLinuxディストリビューションのデスクトップ使用統計レポートは、Linuxハードウェアプロジェクトによって 2014年7月[59]から収集され、公開されています。

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「他のシステムを推奨しない理由の説明」gnu.org2014年6月30日。2011年4月24日のオリジナルからアーカイブ2015年1月5日取得
  2. ^ 「Linuxオペレーティングシステム:ディストリビューション」swift.siphos.be2014年11月27日。2018年10月3日のオリジナルからアーカイブ2015年1月8日取得
  3. ^ クリスホフマン(2012年6月27日)。「HTGの説明:ソフトウェアのインストールとパッケージマネージャーがLinuxでどのように機能するか」howtogeek.com2015年2月10日にオリジナルからアーカイブされました2015年1月15日取得
  4. ^ 「CentOSミラーのステータス」centos.org2015年1月15日。2014年12月31日のオリジナルからアーカイブ2015年1月15日取得
  5. ^ 「LWN.netLinuxディストリビューションリスト」LWN.net2015年3月15日にオリジナルからアーカイブされました2015年9月11日取得
  6. ^ "DistroWatch.com:楽しみをコンピューティングに戻します。Linux、BSDを使用してください"distrowatch.com2020年11月11日にオリジナルからアーカイブされました2020年11月26日取得
  7. ^ ジムマーティン。「Android携帯またはタブレットにUbuntuTouchをインストールする方法」PCアドバイザー2015年10月27日にオリジナルからアーカイブされました2015年10月29日取得
  8. ^ デビッドヘイワード。「x86タブレットにLinuxをインストールする:5つのディストリビューションから選択」TechRadar2019年4月13日にオリジナルからアーカイブされました2015年10月29日取得
  9. ^ ブライアンプロフィット(2010年2月3日)。「あなたのためのトップ7のベストLinuxディストリビューション」linux.com2015年1月5日にオリジナルからアーカイブされました2015年1月11日取得
  10. ^ エリックブラウン(2014年11月4日)。「モバイルLinuxディストリビューションはモーフィングを続けます」linux.com2015年2月13日にオリジナルからアーカイブされました2015年1月11日取得
  11. ^ 「Debianおよびその他のディストリビューション」debian.org2013年12月7日。2015年1月14日のオリジナルからアーカイブ2015年1月5日取得
  12. ^ 「Linuxディストリビューションのタイムライン」FabioLolix。2020年11月12日にオリジナルからアーカイブされました2020年12月23日取得
  13. ^ Berlich、Ruediger(2001年4月)。「Linuxの初期の歴史、パート2、Re:配布について知っておくべきこと」(PDF)LinuxUser2012年7月28日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2013年5月4日取得
  14. ^ 「Linuxディストリビューションの短い歴史[LWN.net]」lwn.net2018年6月23日にオリジナルからアーカイブされました2018年9月30日取得
  15. ^ 「SlackwareLinuxプロジェクト:Slackwareリリースのお知らせ」Slackware.com。1993年7月16日。2011年8月21日のオリジナルからアーカイブ2011年7月29日取得
  16. ^ 「Debianの簡単な歴史-Debianリリース」debian.org2013年5月4日。2011年8月17日のオリジナルからアーカイブ2014年7月19日取得
  17. ^ 「ウェブサイトのためのUnixの使用統計および市場占有率」w3techs.org2016年11月5日2016年11月5日取得
  18. ^ 「ブラウザとプラットフォームの市場シェア2017年1月」w3counter.com2017年1月31日。2017年2月22日のオリジナルからアーカイブ2017年2月21日取得
  19. ^ チャクラプロジェクト。「ハーフローリング開発モデル」chakra-project-org。2011年10月11日にオリジナルからアーカイブされました2019年5月18日取得
  20. ^ チャクラプロジェクト。「チャクラプロジェクトWiki:よくある質問」chakra-project-org。2011年8月27日にオリジナルからアーカイブされました。
  21. ^ 「Fedoraリリースライフサイクル提案」fedoraproject.org。2019年5月18日にオリジナルからアーカイブされました2019年5月18日取得
  22. ^ 「Fedora開発メーリングリスト」fedoraproject.org。2020年8月3日にオリジナルからアーカイブされました2019年5月18日取得
  23. ^ Rev. 「Linux認定–準備」Walkingwithzen.com。2011年9月14日にオリジナルからアーカイブされました2019年5月18日取得
  24. ^ 「なぜopenSUSE」opensuse.org。2019年5月18日にオリジナルからアーカイブされました2019年5月18日取得
  25. ^ a b c d Chad Perrin(2010年8月2日)、ポイントリリースとローリングリリース:開発者、ユーザー、セキュリティに関する考慮事項、techrepublic.com、2012年9月28日にオリジナルからアーカイブ、 2011年9月6日取得
  26. ^ K.Mandla(2007年3月9日)。「ローリングリリースの長所と短所」kmandla.wordpress.com。2010年11月12日にオリジナルからアーカイブされました2012年1月26日取得
  27. ^ Jonathan Corbet(2011年6月15日)。「overlayfsの討論」LWN.net2015年7月24日にオリジナルからアーカイブされました2015年1月5日取得
  28. ^ 「PiTuX–マイクロシリアル端末ディストリビューション」asashi.net2015年2月2日にオリジナルからアーカイブされました2015年1月6日取得
  29. ^ 「ウィキメディアトラフィック分析レポート-オペレーティングシステム」stats.wikimedia.org2017年2月2日にオリジナルからアーカイブされました2018年7月23日取得
  30. ^ 「MandrivaLinuxはコミュニティに戻ります」mandriva.com2015年5月23日にオリジナルからアーカイブされました2015年1月14日取得
  31. ^ a b "LWN.netLinuxディストリビューションリスト"LWN.net2015年3月15日にオリジナルからアーカイブされました2015年1月15日取得
  32. ^ 「SlackwareLinuxの基本、第2章」(PDF)rlworkman.net2020年4月13日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2018年7月23日取得
  33. ^ ACに尋ねる:Android Linuxですか?「ACに尋ねる:Android Linuxですか?」Androidセントラル。2017年4月8日にオリジナルからアーカイブされました2013年3月14日取得
  34. ^ derStandard.at。「Google:「AndroidはLinuxデスクトップの夢が叶う」-Suchmaschinen-derStandard.at「Web」。Derstandard.at。2013年4月22日にオリジナルからアーカイブ。20133月14日取得
  35. ^ ポール、ライアン(2009年2月24日)。「Dream(sheep ++):開発者によるGoogleAndroidの紹介」ArsTechnica2017年7月4日にオリジナルからアーカイブされました2013年4月22日取得
  36. ^ Dieguez Castro、Jose(2016)。Linuxディストリビューションの紹介押してください。pp。49、345。ISBN _ 978-1-4842-1393-3
  37. ^ 「ディストリビューションホッピングを停止した方法」LinuxToday2016年9月19日にオリジナルからアーカイブされました2016年7月10日取得
  38. ^ 「ディストリビューションセレクター」デスクトップLinuxアットホーム。2011年7月22日にオリジナルからアーカイブされました2011年7月29日取得
  39. ^ 「フィリップのホームページ:whohas」Philippwesche.org。2010年2月11日。2011年7月27日のオリジナルからアーカイブ2011年7月29日取得
  40. ^ 「マルチディストリビューションは1枚のCD-RでLinux×9です」Linux.com 2011年7月29日取得
  41. ^ 「2.4。インストールメディア」www.debian.org2018年7月24日にオリジナルからアーカイブされました2018年7月23日取得
  42. ^ 「最小限のCDからのネットワークインストール」Debian。2011年7月28日にオリジナルからアーカイブされました2011年7月29日取得
  43. ^ 「WindowsDualBoot」ubuntu.com2015年6月29日。2020年3月2日のオリジナルからアーカイブ2021年12月12日取得
  44. ^ Debian Webmaster、webmaster @ debian.org。「Debian-Lennyのパッケージwin32-loaderの詳細」Packagings.debian.org。2011年6月5日にオリジナルからアーカイブされました2011年7月29日取得
  45. ^ Jared Newman(2015年9月21日)。「SteamforLinuxは、ValveのSteam Machinesの発売が近づくにつれ、1,500ゲームを突破しました」PCWorld2015年11月19日にオリジナルからアーカイブされました2015年11月18日取得
  46. ^ 「蒸気の居間のハードウェアの電撃は泥だらけのスタートに降りる」ArsTechnica2015年10月15日。2017年1月11日のオリジナルからアーカイブ2017年6月14日取得
  47. ^ 「SteamOS時代のLinuxゲームの状態」ArsTechnica2015年2月26日。2017年5月8日のオリジナルからアーカイブ2017年6月14日取得
  48. ^ 「手頃な価格-TITANコンピュータ」Shop.affordy.com。2009年5月29日にオリジナルからアーカイブされました2011年7月29日取得
  49. ^ 「Linuxがプリインストールされたラップトップ/ノートブック」Mcelrath.org。2010年6月10日。2011年8月20日のオリジナルからアーカイブ2011年7月29日取得
  50. ^ 「Microsoftソフトウェアライセンス条項:Windows 7 Professional」(PDF)2012年3月11日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2012年1月23日取得
  51. ^ 「カリフォルニアの小額裁判所でWindowsの払い戻しを受ける」Linuxjournal.com。2011年7月21日にオリジナルからアーカイブされました2011年7月29日取得
  52. ^ 「Windows払い戻しの日」Marc.merlins.org。1999年2月15日。2011年7月27日のオリジナルからアーカイブ2011年7月29日取得
  53. ^ Detaxe.org 2007年3月24日、 Wayback Machineでアーカイブ (フランス語)バンドルされたソフトウェアにノーと言う-情報に通じた消費者にイエスと言う
  54. ^ AM、最終更新日:2014年4月29日01:10。「国際請願| AFUL」no.more.racketware.info2021年1月26日にオリジナルからアーカイブされました2020年11月26日取得
  55. ^ a b Prashanth Venkataram(2010年9月10日)。「カウンター-1%の神話を暴く」dasublogbyprashanth.blogspot.com。2010年9月15日にオリジナルからアーカイブされました2011年10月1日取得
  56. ^ Schestowitz、ロイ(2007年7月)。「Linuxの導入を正確に測定することはできますか?」2012年2月7日にオリジナルからアーカイブされました2008年5月23日取得
  57. ^ ケイトリンマーティン(2010年9月7日)。「1%の神話を暴く」oreilly.com。2011年2月27日にオリジナルからアーカイブされました2011年10月1日取得
  58. ^ C。ローナー。「Linuxcounterプロジェクトは終了しました!」2019年8月31日にオリジナルからアーカイブされました2019年8月28日取得
  59. ^ A。ポノマレンコ。「Linuxハードウェアトレンド」2020年9月20日にオリジナルからアーカイブされました2020年3月11日取得

外部リンク