個人主義

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

個人主義は、個人の本質的な価値を強調する道徳的スタンス、政治哲学イデオロギー、社会的展望です。[1] [2] 個人主義者は、自分の目標と欲求の行使を促進し、自立と自立を尊重し[3] 、外部からの干渉に対抗しながら、個人の利益が国家または社会集団よりも優先されるべきであると主張します[3]社会政府などの機関による自分の利益に基づいて。[3]個人主義は、全体主義集団主義、およびより多くの企業の社会的形態とは対照的に定義されることがよくあります。[4] [5]

個人主義は個人をその焦点とし[1]、「解放のための闘いにおいて人間の個人が最も重要であるという基本的な前提から」始まります。[6] アナキズム実存主義自由主義、自由主義は、分析の中心的な単位として人間の個人をとる運動の例です。[6]個人主義には、「自由と自己実現に対する個人の権利」が含まれます。[7]

個人主義は、「個人であることの質、個性」、[3]「個人の特徴、」を所有することに関連する用語として使用されてきました。[3]個人主義はまた、ヒューマニストの哲学的立場や倫理など、伝統や一般的な大衆の意見や行動とは対照的に、自己創造や実験に向かう傾向がある芸術的自由奔放な興味やライフスタイルと関連しています。[9] [10]

語源

英語では、個人主義という言葉は、1830年代後半にオーウェナイトなどの空想的社会主義者によって蔑称として最初に導入されましたが、サンシモン主義の影響を受けたのか、それとも独立して考案されたのかは不明です[11]英国でのこの用語のより積極的な使用は、千年王国でキリスト教のイスラエル人であったジェームズ・エリシャマ・スミスの著作で使用されるようになりました。ロバート・オーエンの初期の信者ですが、彼は最終的に財産の集合的な考えを拒否し、個人主義の中に「元の天才」の発展を可能にする「普遍主義」を見つけました。個人主義がなければ、スミスは個人が自分の幸せを増すために財産を蓄積することはできないと主張した。[11] 別のユニテリアン説教者であり、おそらくスミスの知人であるウィリアム・マコールは、ジョン・スチュアート・ミルトーマス・カーライルドイツのロマン主義の影響を受けたものの、1847年の作品「個人主義の要素」で同じ肯定的な結論に達した。[12]

個人

個人とは、コレクション内の個人または特定のオブジェクトです。15世紀以前、そして今日でも統計学形而上学の分野では、個人は「不可分」を意味し、通常は数値的に特異なものを表しますが、「固有名詞の問題」のように「人」を意味することもあります。17世紀以降、個人主義のように、個人は分離を示します。[13]個性とは、個性的な存在であるという状態または質です。他の人と比較して自分のニーズ、目標、欲求を持っていることによって、ユニークな性格ですべてから分離された人。[14]

個性化の原則

個別化の原則、または原則の個別化[ 15 ]は、あるものが他のものと区別されるように識別される方法を説明します。[16]カール・ユングにとって、個性化は変容のプロセスであり、それによって個人的および集合的無意識が意識に持ち込まれ(夢、能動的想像法、または例を挙げれば自由連想法によって)、人格全体に同化されます。それは精神の統合が起こるために必要な完全に自然なプロセスです。[17]ユングは、個性化が人間の発達の中心的なプロセスであると考えました。[18]L'individuation psychique et collectiveGilbert Simondonは、個々の主体が原因ではなく、個性化の効果と見なされる、個性的および集合的個性化の理論を開発しました。したがって、個々の原子は、終わりのない個性化の存在論的プロセスに置き換えられます。個人化は常に不完全なプロセスであり、常に「個人以前」を残し、それ自体が将来の個人化を可能にします。[19]ベルナール・スティグラーの哲学は、個性化に関するジルベール・シモンドンの業績と、フリードリヒ・ニーチェジークムント・フロイトの同様の思想を利用し、修正しているStieglerの場合、「は、精神的な個人として、集合的な個人である私たちとの関係でのみ考えることができます。Iは、それが継承し、複数のIが互いの存在を認める集合的伝統を採用することで構成されています[ 20]

個人主義と社会

個人主義は、社会に参加している人は、社会構造の利益を推測することなく、自分の利益が個人ベースで何であるかを学び、発見しようとする(個人主義者はエゴイストである必要はない)と考えています。個人主義者は必ずしも1つの特定の哲学に従うとは限りません。彼は、彼が使用する特定の側面における個人的な興味に基づいて、多くの哲学の要素の融合を作成する可能性があります。社会的レベルでは、個人主義者は個人的に構造化された政治的および道徳的根拠に参加します。独立した思考と意見は、個人主義者の必要な特性です。ジャン=ジャック・ルソーは、彼の一般意志の概念は社会契約論にあると主張しているは個人の意志の単純な集まりではなく、それが個人の利益を促進することです(法の尊重の欠如は必然的にルソーの目には無知形を伴うので、法の制約自体は個人にとって有益です理性の好ましい自律性代わりに自分の情熱への服従)。

個人主義と集団主義は、異文化間研究における一般的な二分法です。世界的な比較研究によると、世界の文化は、個人の自律性、自由、イニシアチブ(個人主義的特性)、それぞれグループの規範への準拠、グループ内の権威への伝統と従順(集団主義的特性)を強調する程度が異なることがわかっています。個人主義と集団主義の文化の違いは、種類ではなく程度の違いです。[21]文化的個人主義は、一人当たりのGDPと強く相関しています。[22]オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国などの経済的に発展した地域の文化、[23] [24] [25]北アメリカと西ヨーロッパは、世界で最も個人主義的です。東ヨーロッパ、南アメリカ、東アジア本土などの中所得地域には、個人主義的でも集団主義的でもない文化があります。世界で最も集団主義的な文化は、中東と北アフリカ、サハラ以南のアフリカ、南アジアと東南アジア、中央アジア、中央アメリカなどの経済的に発展している地域からのものです。[26] [27] [28]

ルース・ベネディクトの著書「菊と刀」の初期の分析によると、社会やグループは、主に「自己尊重」(個人主義的、および/または自己利益的)行動に基づく程度が異なる可能性があると述べています。 「その他のこと」(グループ指向、グループ、または社会志向)の行動。ルース・ベネディクトは、この文脈に関連して、「内部参照基準」を備えた罪悪感社会(例:中世ヨーロッパ)と「外部参照基準」を備えた恥社会(例:日本、「祖先に恥をもたらす」)を区別しました。[29]

個人主義はしばしば全体主義または集団主義と対比されますが[5]、高度に個人主義的な社会から混合社会、集団主義に至るまで、社会レベルでの行動のスペクトルがあります。[30] [31]

競争的個人主義

オックスフォード辞書によると、社会学における「競争的個人主義」とは、「達成と非達成はメリットに依存するという見方です。努力と能力は成功の前提条件と見なされます。競争は、限られたリソースと報酬を分配するための許容可能な手段と見なされます。 。

方法論的個人主義

方法論的個人主義は、現象が個々のエージェントの動機と行動からどのように生じるかを調べることによってのみ理解できるという見方です。[32]経済学では、人々の行動は、価格と収入によって制約されるように、合理的な選択の観点から説明されます。エコノミストは、個人の好みを与えられたものとして受け入れます。ベッカースティグラーは、この見解の強力な声明を提供しています。

伝統的な見方では、人や時代の好みの違いに達する経済現象の説明は議論の終わりです:問題はこの時点で味を研究して説明する人(心理学者?人類学者?骨相学者?社会生物学者?)に放棄されます。私たちの好ましい解釈では、この行き詰まりに達することは決してありません。エコノミストは、行動の違いや変化を説明するために、価格や収入の違いを探し続けます。[33]

政治的個人主義

「私有財産の廃止により、私たちは真の、美しく、健康的な個人主義を持ちます。誰もが物事の蓄積と物事の象徴に彼の人生を無駄にすることはありません。人は生きます。生きることは世界で最もまれなことです。ほとんど人々は存在します、それがすべてです。」

オスカー・ワイルド社会主義下の人間の魂、1891年

個人主義者は主に、社会制度によって課せられる義務(国家や宗教的道徳など)から個人の自治を保護することに関心を持っています。L.スーザンブラウンにとって、「自由主義とアナキズムは、基本的に個人の自由に関係しているが、非常に異なる方法で互いに異なる2つの政治哲学です。自由主義とは、自由主義の競争的財産関係を拒否しながら、個人の自由への根本的なコミットメントを共有しています。」[6]

市民的リバタリアニズムは、市民的自由を支持する、またはあらゆる種類の権威(とりわけ、国家企業、仲間からの圧力によって課せられる社会規範など)に対する個人の権利個人の自由の優位性を強調する政治思想の系統です。[34]市民的リバタリアニズムは完全なイデオロギーではありません。むしろ、それは市民の自由市民の権利の特定の問題に関する見解の集まりですこのため、市民的リバタリアンの見通しは他の多くの政治哲学と両立し、市民的リバタリアニズムは両方に見られます。現代の政治では左。[35]学者エレン・メイクシンズ・ウッドにとって、「ロックの個人主義に反対する個人主義の教義があり[...]そして非ロックの個人主義は社会主義を包含するかもしれない」。[36]

エミリー・ロビンソン、カミラ・スコフィールド、フローレンス・サトクリフ・ブレイスウェイト、ナタリー・トムリンソンなどの英国の歴史家は、英国人は1970年代までに個人の権利、アイデンティティ、視点を定義し主張することに熱心であり、個人の自主性と自己決定を高め、外部からの統制を減らすことを要求していると主張しています。 、施設がそれを差し控えていたと怒って不平を言った。歴史家は、この懸念の変化がサッチャリズムを引き起こすのに役立ち、サッチャリズムの魅力に組み込まれたと主張しています。[37]

アナキズム

アナキズムの中で、個人主義的アナキズムは、アナキスト運動内のいくつかの思考の伝統を表しており、グループ、社会、伝統、イデオロギーシステムなどのあらゆる種類の外部決定要因に対する個人とその意志を強調しています。[38] [39]個人主義的アナキズムは単一の哲学ではなく、時には対立する個人主義的哲学のグループを指す。

1793年、最初のアナキストとしてしばしば引用された[40]ウィリアム・ゴドウィンは、アナキズムの最初の表現であると考える政治的正義を書いた。[41] [42]哲学的アナキストであるゴッドウィンは、合理主義的で功利主義的な立場から、革命的行動に反対し、知識の漸進的な広がりによってますます無関係で無力になる現在の「必要悪」として最小限の状態を見た。[41] [43]ゴッドウィンは個人主義を提唱し、これが一般的な利益を最も助長するという前提で、労働におけるすべての協力を排除することを提案した。[44][45]

エゴイズム[46]またはエゴイストアナキズムと呼ばれる個人主義的アナキズムの影響力のある形態は、個人主義的アナキズムの最も初期の最も有名な支持者の一人であるドイツのマックス・シュティルナーによって説明された。[47] 1844年に出版されたシュティルナーの自我とその所有者は、哲学の創設テキストです。[47]シュティルナーによれば、個人の権利に対する唯一の制限は、神、国家、または道徳に関係なく、彼らが望むものを手に入れる力である[48] 。[49]シュティルナーにとって、権利は頭の中で不気味であり、彼は社会は存在しないが「個人はその現実である」と主張した。[50]シュティルナーは自己主張を提唱し、エゴイストの組合を予見しました。非体系的な団体は、意志の行動を通じてすべての当事者の支援によって継続的に更新されました[51]。シュティルナーは国家の代わりに組織の一形態として提案しました。[52]エゴイストのアナキストは、エゴイズムが個人間の本物の自発的な結合を促進すると主張している。[53]利己的アナキズムは、シュティルナーの哲学の多くの解釈に影響を与えた。それは、ドイツの哲学的アナキストでありLGBTの活動家であるジョンヘンリーマッケイによって再発見され、促進されました

ジョサイア・ウォーレンは最初のアメリカのアナキストと広く見なされており[54]1833年に彼が編集した4ページの週刊紙である平和革命家は最初のアナキスト定期刊行物でした。[55]アメリカのアナキストの歴史家、ユーニス・ミネット・シュスターにとって、「プラウドニアのアナキズムは少なくとも1848年には米国で発見され、その親和性を意識していなかったことは明らかである。ジョサイア・ウォーレンとスティーブン・パール・アンドリュースの個人主義的アナキズム。[...]ウィリアム・B・グリーンは、この誇り高き相互主義を最も純粋で最も体系的な形で提示した。[56] ヘンリー・デイヴィッド・ソローアメリカとヨーロッパの個人主義的アナキスト思想における重要な初期の影響でした。ソローはアメリカ人の作家、詩人、自然主義者、納税拒否者、開発評論家、測量士、歴史家、哲学者、そして一流の超絶主義者であり、彼の著書「ウォールデン」、自然環境でのシンプルな生活についての考察、そして彼のエッセイ「市民」で最もよく知られています。不服従、不当な国家に対する道徳的反対における市民の反抗に対する個人の抵抗に対する議論。その後、ベンジャミン・タッカーは、彼の折衷的な影響力のある出版物リバティで、シュティルナーのエゴイズムをウォーレンとプルードンの経済学と融合させました

これらの初期の影響から、アナキズム、特に個人主義的アナキズムは、愛とセックスの問題に関連していた。さまざまな国で、これはボヘミアンの芸術家知識小さい多様支持引き付け まし]自由思想反聖職者の活動家[64]だけでなく、イリーガリズム個人主義として知られるようになった若いアナキストの無法者 [65] [66]特にヨーロッパの個人主義的アナキズムとフランスの個人主義的アナキズムの中でこれらの作家や活動家には、オスカーワイルドエミールアルマンハンライナーアンリジスリーレンゾノヴァトーレミゲルギメネスイグアラダ、アドルフブラントレブチェルニーなどが含まれます。彼の重要なエッセイで社会主義の下の人間の魂1891年から、ワイルドは個人主義を保証する方法として社会主義を擁護し、「私有財産の廃止により、私たちは真の、美しく、健康的な個人主義を持つことになります。誰も彼の人生を物事の蓄積に浪費することはありません。物事のシンボル。人は生きる。生きることは世界で最もまれなことです。ほとんどの人が存在します。それだけです。」[67]アナキストの歴史家ジョージ・ウッドコックにとって、「社会主義下の人間の魂におけるウィルドの目的は、芸術家にとって最も有利な社会を探すことである。[...]ワイルド芸術は、それ自体に啓蒙と再生を含む最高の目的である。社会の他のすべてが従属しなければならない。[...]ワイルドはアナキストをエステとして表現している。[68]ウッドコックは、「1890年代の文学アナキズムへの最も野心的な貢献は間違いなくオスカーワイルド社会主義下の人間の魂であった」ことを発見し、それが主にウィリアムゴドウィンの思想に影響されていることを発見した[68]

自閉症

自閉主義は、個人主義の原則、個人の自由と自立の道徳的イデオロギーを促進する一方で、強制的な政府を拒否し、他人による支配を排除するために自分自身を支配することを支持して政府の排除を支援します。無政府資本主義者マレー・ロスバードによって無政府主義として認められたロバート・ルフェーヴル[69]は、無政府主義と無政府状態区別しまし[70]

自由主義

自由主義は、個人の自由の重要性に対する信念です。この信念は、米国、ヨーロッパ、オーストラリア、およびその他の西側諸国で広く受け入れられており、特に啓蒙主義以来、歴史を通じて多くの西側の哲学者によって重要な価値として認識されていました道教徒は個人主義者であり、個人主義者であることが知られていますが、それは文明社会の集産主義者、アブラハムまたは儒教者によってしばしば拒絶されます。[71]ローマ皇帝マルクスアウレリウス「平等な権利と平等な言論の自由に関して管理された政体の考え、および被治者のすべての自由のほとんどを尊重する王政の考え」を称賛して書いた。[72]

自由主義は啓蒙時代にそのルーツを持っており、王権神授説、遺伝的地位、確立された宗教など、政府のほとんどの初期の理論を支配していた多くの基本的な仮定を拒否します。ジョン・ロックは、古典的自由主義の哲学的基盤、より広範な自由主義運動に触発された政治的イデオロギーでしばしば信じられています。彼は「彼の人生、健康、自由、または所有物において誰も他人を傷つけてはならない」と書いた。[73]

17世紀になると、リベラルな考えがオランダ、スイス、イングランド、ポーランドなどの国のヨーロッパ政府に影響を及ぼし始めましたが、絶対君主制を支持し、宗教を確立した人々から、しばしば武力によって強く反対されました。18世紀に、最初の近代的な自由主義国家は、アメリカで君主や遺伝的貴族なしで設立されました。[74]アメリカ独立宣言には、ロックに反響する言葉が含まれている。「すべての人間は平等に創造されている。彼らは創造主から特定の不可侵の権利を授けられている。これらの中には生命、自由、そして幸福の追求がある。これらの権利を保証し、政府は男性の間に設立され、彼らの正当な力を被治者の同意。」[75]

自由主義にはさまざまな形があります。ジョン・N・グレイによれば、自由主義の本質は、何が良い人生を構成するかについての異なる信念と異なる考えの寛容です。[76]

哲学的個人主義

エゴイストアナキズム

エゴイストの哲学者マックス・シュティルナーは実存主義の哲学者と呼ばれ、同時に個人主義的アナキズムの中心的な理論家でもあります

エゴイストアナキズムは、19世紀のヘーゲル哲学者であるマックスシュティルナーの哲学に端を発したアナキスト思想の学校であり、その名前は、個人主義的アナキズムの最も初期の最も有名な指数の1つとして、歴史的に方向付けられたアナキスト思想の調査でよく知られている規則性で現れます。。」[47]シュティルナーによれば、個人の権利に対する唯一の制限は、神、国家、または道徳に関係なく、彼らが望むものを手に入れる力である[48] 。[49]シュティルナーは自己主張を提唱し、エゴイストの組合を予見した、非体系的な協会は、シュティルナーが国家の代わりに組織の一形態として提案した意志の行為[51]を通じて、すべての当事者の支援によって継続的に更新されました。[52]

エゴイストのアナキストは、エゴイズムは個人間の本物の自発的な結合を促進すると主張している。[53]エゴイズムは、シュティルナーの哲学の多くの解釈に影響を与えたが、アナキズムの範囲内でシュティルナーを超えた。それは、ドイツの哲学的アナキストでありLGBTの活動家であるジョンヘンリーマッケイによって再発見され、促進されましたジョン・ビバリー・ロビンソンは「エゴイズム」と呼ばれるエッセイを書き、「シュティルナーニーチェによって提唱され、イプセンショーによって説明された現代のエゴイズム」と述べています。その他、これらすべてです。しかしそれ以上です。それは彼らが個人であるという個人による認識です。[77]反対にもかかわらずアナキズムに影響及ぼしたシュティルナーとニーチェは、フランスの「文学アナキスト」によって頻繁に比較され、ニーチェの考えのアナキストの解釈は[78]エゴイズムに固執したアナキストには、ベンジャミン・タッカーエミール・アルマンジョン・ビバリー・ロビンソンアドルフ・ブランドスティーブン・T・バイトンが含まれる。Renzo NovatoreJames L. WalkerEnrico ArrigoniBiofilo PanclastaJun TsujiAndréArru 、およびHakim BeyBob BlackWolfiLandstreicherなどの現代的なもの

倫理的エゴイズム

単にエゴイズムとも呼ばれる倫理的エゴイズム[79]は、道徳的エージェントが自分の利益のために行うべき規範的な倫理的立場ですそれは、人々自分の利益のためにのみ行動すると主張する心理的エゴイズムとは異なります。倫理的エゴイズムはまた、自分の利益のために行動することが合理的であるということだけを保持する合理的エゴイズムとは異なります。ただし、これらの教義は、倫理的エゴイズムと組み合わされる場合があります。

倫理的エゴイズムは、道徳的エージェントが他者を助け、奉仕する義務があると考える倫理的利他主義とは対照的です。利己主義と利他主義はどちらも倫理的功利主義とは対照的であり、道徳的代理人は自分自身(主題としても知られている)を他人よりも高く評価することなく(利己主義のように、自己利益と「自己」を高めることによって)扱うべきであると考えます他人に与えられていない状態に)、しかしそれはまた、自分の利益(すなわち、自分の欲望または幸福)である限り、他人の利益を助けるために自分の利益を犠牲にするべきではありません(利他主義がそうであるように))他の人の利益と幸福と実質的に同等です。エゴイズム、功利主義、および利他主義はすべて結果主義の形態ですが、エゴイズムと利他主義はどちらもエージェントに焦点を当てた結果主義の形態(すなわち、主題に焦点を当てたまたは主観的)であるという点で、功利主義とは対照的ですが、功利主義はエージェント中立と呼ばれます(つまり、客観的公平な)対象者(つまり、自己、つまり道徳的な「エージェント」)自身の利益を、同じ利益、欲求、または幸福が他の誰かのものである場合よりも多かれ少なかれ重要であるとして扱わないためです。

倫理的エゴイズムは、道徳的審議を行うときに他人の利益と幸福を害することを道徳的代理人に要求しません。たとえば、代理人の自己利益にあるものは、他人への影響において偶然に有害、有益、または中立である可能性があります。個人主義は、選択されたものがエージェントの自己利益を満たすのに効果的である限り、他人の利益と幸福を無視するか、無視することを可能にします。また、倫理的エゴイズム、自己利益を追求する際に、自分がやりたいことを常に行うべきであるということを必ずしも必要としません。たとえば、長期的には、短期的な欲求の実現が自己に有害であることが判明する場合があります。つかの間の喜び​​は、その後、長引く幸福に後部座席を取りますジェームズレイチェルズの言葉で、「[e]倫理的エゴイズム[...]は利己主義を支持しますが、愚かさを支持しません。」[80]

倫理的エゴイズムはマックス・シュティルナーのように、リバタリアニズム個人主義的アナキズムを支持するための哲学的根拠となることがありますが、これらは利他的な動機に基づくこともできます。[81]これらは、個人が他者が行動の自由を行使することを強制的に阻止してはならないという信念に部分的に基づく政治的立場である。

実存主義

実存主義は、19世紀と20世紀の多くの哲学者の作品に適用される用語であり、教義上の大きな違いにもかかわらず[82] [83]、哲学的思考の焦点は、個人とその感情、行動、責任、思考。[84] [85]実存主義の父と死後見なされた、19世紀初頭の哲学者セーレン・キェルケゴール[86] [87]は、個人には自分の人生に意味を与え、その人生を情熱的かつ誠実に生きる責任があると主張した。 [88] [89]絶望不安不条理疎外感退屈など、多くの実存的な障害や気晴らしにもかかわらず[90]

その後の実存哲学者は個人に重点を置いていますが、達成方法と充実した人生を構成するもの、克服しなければならない障害、存在の潜在的な結果を含む、関与する外的および内的要因についてはさまざまな程度で異なります[91 ] [92]またはの存在しない。[93] [94]多くの実存主義者はまた、スタイルと内容の両方における伝統的な体系的または学術的哲学を、抽象的すぎて具体的な人間の経験からかけ離れていると見なしている。[95] [96]実存主義は、第二次世界大戦後、人間の個性と自由の重要性を再確認する方法として流行しました。[97]

自由思想

自由思想は、個人が知識と理性に頼ることなく真実として提案されたアイデアを受け入れるべきではないと考えています。したがって、自由思想家は、論理的誤りや権威の知的制限効果、確証バイアス認知バイアス常識大衆文化偏見宗派主義伝統とは無関係に、事実科学的調査論理的原則に基づいて意見を構築しようと努めています。都市の伝説と他のすべてのドグマ宗教に関して、自由思想家は、超自然現象の存在を科学的に検証するには証拠が不十分であると考えています。[98]

ヒューマニズム

ヒューマニズムは、人間の尊厳、懸念、能力、特に合理性を重視する幅広い倫理的立場に共通する視点です。この言葉には多くの意味がありますが、超自然的なものや権威に訴えるものと対比すると、その意味に焦点が当てられます。[99] [100] 19世紀以来、ヒューマニズムは18世紀の啓蒙主義の哲学から受け継がれた反聖職者主義と関連付けられてきました21世紀のヒューマニズムは、生殖の権利ジェンダーの平等社会正義政教分離などの人権を強く支持する傾向があります用語はカバーします組織化された非有神論的宗教世俗的ヒューマニズム、そしてヒューマニスティックな人生観。[101]

快楽主義

哲学的快楽主義は、快楽が唯一の内在的善であり、痛みが唯一の内在的悪であると主張する価値のメタ倫理理論です。[102]快楽主義的思考の背後にある基本的な考え方は、快楽(本質的に好感の持てるすべての感情の総称)は、それ自体で、またはその性質上、唯一良いものであるということです。これは、それが生み出す喜びがそれに伴う痛みを超える程度に応じて、性格や行動の道徳的価値を評価することを意味します。

リバティニズム

リベルタンは、不必要または望ましくないと見なされるほとんどの道徳的制約を欠いているものであり、特に、より大きな社会によって聖化された受け入れられた道徳および行動の形態を無視するか、さらには拍車をかけるものです。[103] [104]リバティーンズは、肉体的な快楽、つまり感覚を通して経験した快楽を重視しています。哲学として、自由主義は17世紀、18世紀、19世紀に、特にフランスイギリスで新たに発見された支持者を獲得しました。これらの中で注目に値するのは、ロチェスターの第2伯爵であるジョンウィルモットとマルキドサドでした。フランスバロック時代には、自由な発想がありました。総称してlibertinageéruditとして知られ、 GabrielNaudéÉlieDiodatiFrançoisdeLa Mothe LeVayerを含む哲学者と知識人の輪[105] [106]批評家のヴィヴィアン・デ・ソラ・ピントは、ロチェスターの第二伯爵の自由主義であるジョン・ウィルモットホッブズの 唯物論に結びつけた。[107]

客観主義

オブジェクティビズムは、哲学者で小説家のアイン・ランドによって作成された哲学のシステムであり、現実は意識とは無関係に存在すると考えています。人間は、概念形成と帰納的および演繹的論理のプロセスを通じて、知覚から合理的に知識を獲得します。自分の人生の道徳的目的は、自分自身の幸福または合理的な自己利益の追求です。[108]ランドは、この道徳と一致する唯一の社会システムは、純粋な自由放任 資本主義に具現化された個人の権利の完全な尊重であると考えている。芸術の役割人間の生活の中で、現実を選択的に再現することによって、人間の最も広い形而上学的な考えを、彼が理解でき、感情的に反応できる物理的な形、つまり芸術作品に変換することです。客観主義は、人間を彼自身の英雄として、「彼自身の幸福を彼の人生の道徳的目的として、生産的な成果を彼の最も崇高な活動として、そして理性を彼の唯一の絶対的なものとして」祝います。[109]

哲学的アナキズム

哲学的アナキズムはアナキスト学派であり[111] 、国家は道徳的正当性を欠いていると主張している革命的アナキズムとは対照的に、哲学的アナキズムはそれを排除するために暴力的な革命を提唱するのではなく、それを支配するために平和的進化を提唱します。[112]哲学的アナキズムは必ずしも国家の排除に対する行動や欲求を意味するものではないが、哲学的アナキストは彼らが国家に従う義務や義務を持っているとは信じておらず、逆に国家が命令する権利を持っているとは信じていない。

哲学的アナキズムは、特に個人主義的アナキズムの構成要素です。[113]歴史的著名な哲学的アナキストには、モハンダスガンジーウィリアムゴドウィンピエールジョセフプルードンマックスシュティルナー[114] ベンジャミンタッカー[115]ヘンリーデイビッドソローが含まれます。[116]現代の哲学的アナキストには、A。ジョンシモンズロバートポールウルフが含まれる。

主観主義

主観主義は、すべての測定と法の基本としての主観的経験に優位性を与える哲学的信条です。独我論のような極端な形では、すべての物体の性質と存在は、誰かの主観的な認識にのみ依存していると考えるかもしれません。Tractatus Logico-Philosophicusの命題5.632でルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインは次のように書いています。「主題は世界に属していませんが、それは世界の限界です」。形而上学的主観主義は、現実は私たちが現実であると知覚するものであり、知覚とは独立して存在する根本的な真の現実は存在しないという理論です。現実であるのは知覚ではなく意識であると考えることもできます(主観的イデオロギー)。確率、主観主義は、確率は特定の命題における合理的エージェントによる単なる信念であり、それ自体には客観的な現実がないという信念を表しています。

倫理的主観主義は、道徳的命題が人間の意見とは無関係に客観的事実を参照していると主張する道徳的実在論に反対している。エラー理論。これは、道徳的命題があらゆる意味で真実であることを否定します。そして、道徳的な文が命題を表現することをまったく否定する非認知主義に。倫理的主観主義の最も一般的な形態は、道徳的相対主義の形態でもあり、道徳的基準は、各文化または社会、すなわち文化相対主義、あるいはすべての個人に関連すると考えられています。プロタゴラスによって提唱された後者の見解は、世界の主題と同じくらい多くの明確な善と悪のスケールがあると考えています。道徳的主観主義は、道徳的価値を個々の主体に相対化する道徳的相対主義の種です。

Horst Matthai Quelleは、マックス・シュティルナー の影響を受けたスペイン語のドイツのアナキスト哲学者でした。[117]クエルは、個人が世界に形を与えるので、彼はそれらの物体であり、他のものであり、宇宙全体であると主張した。[117]彼の主な見解の1つは、ソクラテス以前の哲学者によって開発された「無限世界の理論」でした[117]

独我論

独我論は、自分のだけが必ず存在するという哲学的な考えです。この用語はラテン語のsolus(「単独」)とipse(「自己」)に由来します。認識論的立場としての独我論は、自分の心の外にあるものについての知識は不確かであると考えています。外界他の心を知ることはできず、心の外に存在しない可能性があります。形而上学的な立場として、独我論はさらに、世界や他の心は存在しないという結論に達します。独我論は、それ自体の仮説によって、両方とも反駁できない唯一の認識論的立場です。 それでも同じように弁護できません。独我論を真摯に支持する個人の数は少ないが、ある哲学者が、ある種の帰謬法において、独我論を望ましくない結果として伴うという他の哲学者の主張を非難することは珍しくない哲学の歴史において、独我論は懐疑的な仮説として役立ってきました。

経済的個人主義

経済的個人主義の教義は、コミュニティ、企業、または国家によって行われる決定とは対照的に、各個人が自分自身の経済的決定を行う際に 自律性を認められるべきであると考えています。

古典的自由主義

自由主義は、19世紀に南北アメリカ、イギリス、西ヨーロッパで発展した政治的イデオロギーです。それは、個人の自由と人気のある政府へのコミットメントにおいて以前の形態の自由主義に従ったが、古典派経済学自由市場へのコミットメントにおいて以前の形態の自由主義とは異なっていた[118]

19世紀の著名なリベラル派には、ジャン=バティスト・セイトーマス・マルサスデヴィッド・リカードが含まれます。古典的自由主義は、20世紀以前のあらゆる形態の自由主義を指すラベルとしても使用され、20世紀にルートヴィヒ・フォン・ミーゼスフリードリヒ・ハイエクによって復活し、ミルトン・フリードマンロバート・ノージックローレン・ロマスキーヤン・ナーベソンによってさらに発展しました[119]

リバタリアニズム

リバタリアニズムは、自由を核となる原則として支持しています。[120]自由連想法は、自由連想法、選択の自由、個人主義および自発的連想法を強調し、自律性政治的自由を最大化しようと努めている[121]リバタリアニズムは権威国家権力に対する懐疑論を共有しているが、リバタリアンは既存の経済的および政治的システムに対する反対の範囲で分岐しているリバータリアン思想のさまざまな学校は、国家と私的権力の合法的な機能に関してさまざまな見解を提供しています、しばしば強制的な社会制度の制限または解散を要求するさまざまな形態のリバタリアニズムを区別するために、さまざまな分類が使用されてきました。[122] [123]これは、財産資本の性質に関するリバータリアンの見解を区別するために行われ、通常は-または社会主義-資本主義の線に沿っています。[124]

左派リバタリアニズム

左派リバタリアニズムは、政治、社会、文化、政治的および社会的理論へのいくつかの関連しているが明確なアプローチを表しており、社会的正義とともに個人的および政治的自由の両方を強調しています。右派リバタリアンとは異なり、左派リバタリアンは、自分の労働力を主張したり、天然資源と混合したりすることは、完全な私有財産を生み出すのに十分ではなく[125] [126]、天然資源(土地、石油、金、樹木)が所有されていないか、集合的に所有されているかのいずれかで、何らかの右派的な方法で開催されます。[126]財産を支持する左派リバタリアンは、異なる財産規範[127] [128] [129] [130]と理論、[131] [132] [133]の下で、または補償が地方または世界に提供されるという条件の下でそうします。コミュニティ[126]

関連用語には、エガリタリアンリバタリアニズム[134] [135] 左翼リバタリアニズム[136] リバタリアニズム[137] リバタリアニズム[138] [139] 社会リバタリアニズム[140]社会主義リバタリアニズムが含まれます。[141]左派リバタリアニズムは、一般的に、これらの関連し重複する思想の流派を指すことができます。

右派リバタリアニズム

右派リバタリアニズムは、非集産主義的な形態のリバタリアニズム[147]か、学者がリバタリアニズムの右側にラベルを付けるさまざまな異なるリバタリアニズムの見解[148] [149]のいずれかを表します。[150]関連用語には、保守的なリバタリアニズム[151] [152] [153]リバタリアン資本主義[154]、および右派リバタリアニズムが含まれます。[141] [155] [156] 20世紀半ば、無政府資本主義最小国家主義などの右派リバタリアンのイデオロギー 自由放任資本主義と土地、インフラ、天然資源などの強力な私有財産権を擁護するために、リバタリアンという用語を採用した[157] [158] 。[159]後者は、米国におけるリバタリアニズムの支配的な形態であり、[141]市民の自由を擁護し[160]自然法[161]自由市場資本主義[162] [163]、そして現代福祉国家[164]

スタンフォード哲学百科事典ピーター・ヴァレンタインそれを正しいリバタリアニズムと呼びますが、彼はさらに次のように述べています。「リバタリアニズムはしばしば「右翼」の教義と考えられています。しかし、これは少なくとも2つの理由で誤解されています。 「左翼」であること。成人間の合意に基づく私的な性的関係を制限する法律(例、ゲイのセックス、非婚姻のセックス、逸脱したセックス)、薬物の使用を制限する法律、個人に宗教的見解や慣習を課す法律に反対します。第二に、リバタリアニズムのよりよく知られているバージョンである右派リバタリアニズムに加えて、「左派リバタリアニズム」として知られているバージョンもあります。どちらも完全な自己所有権を支持していますが、電力エージェントは、不適切な天然資源(土地、空気、水など)を適切に使用する必要があります。)。」 [165]

社会主義

個人主義的アナキズムなどの個人主義社会主義学校内の経済問題に関しては、相利共生の支持者がいますピエール・ジョセフ・プルードンエミール・アルマン、初期のベンジャミン・タッカー)。自然の権利の地位(初期のベンジャミン・タッカー、ライサンダー・スプーナージョサイア・ウォーレン); そして私有財産や市場などの「幽霊」に対する利己的な軽蔑(マックス・シュティルナー、ジョン・ヘンリー・マッケイレブ・チェルニー、後にベンジャミン・タッカー、レンゾ・ノヴァトーレリーガリズム)。現代の個人主義的アナキストケビン・カーソンはアメリカの個人主義的アナキズムを特徴づけ、「他の社会主義運動と同様に、個人主義的アナキストは自由市場での労働の自然な賃金はその産物であり、経済的搾取は資本家と地主が国家の力を彼らの利益のために利用した。したがって、個人主義的アナキズムは、主流の社会主義運動の増加する統計と、大企業の力に対する単なる謝罪に向かって動いていた古典的な自由運動の両方に代わるものだった。」[166]

自由主義的社会主義

リバタリアン社会主義、時には左リバタリアニズム[167] [168]および社会主義リバタリアニズムと呼ばれる[169]は、社会主義運動における反権威主義反統計主義および自由主義[170]の伝統であり、社会主義国家社会主義概念国家が経済の集中管理を維持する統計形式[171] [172]自由主義的社会主義者は、職場内の賃金奴隷関係を批判している [173]労働者の職場の自己管理[172]政治組織の分散型構造を強調する[174] [175] [176]

自由主義的社会主義は、自由と正義に基づく社会は、特定の生産手段を管理し、大多数を所有階級または政治的および経済的エリートに従属させる権威ある制度を廃止することによって達成できると主張している[177]自由主義的社会主義者は、直接民主主義と、自由主義的自治体主義市民集会労働組合労働者評議会などの連邦または連邦連合に基づく分散型構造を提唱している。[178] [179]

これらすべては、一般的に、人間の生活のあらゆる側面における非嫡出権威の特定、批判、および実際的な解体を通じて、自由[180] [181]および自由連想法[182]の一般的な呼びかけの中で行われます。[183]​​ [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190]より大きな社会主義運動の中で、自由主義的社会主義はレーニン主義社会民主主義との差別化を図っている[191] [192]

一般にリバータリアン社会主義と呼ばれる過去と現在の流れと動きには、アナキズムが含まれる(特に、アナキズム共産主義アナルコサンディカリズム[193] 集団主義アナキズムグリーンアナキズム個人主義アナキズム[194] [195] [196] [197] 相互主義[198]および社会的アナキズム)、ならびに共同体主義、ある種の民主的社会主義ギルド社会主義[199]リバタリアンマルクス主義[200]オートノミズム評議会共産主義[201] 左翼共産主義ルクセンブルグ主義など)、[202] [203] 参加主義、革命的シンジカリズム、および空想的社会主義のいくつかのバージョン[204]

相利共生

相利共生はアナキスト学派であり、ピエール・ジョセフ・プルードンの著作にさかのぼることができます。ピエール・ジョセフ・プルードンは、各人が個別にまたは集合的に生産手段を持ち、貿易は自由市場で同等の労働量を表す社会主義社会を構想しました。[205]スキームに不可欠なのは、管理費を賄うのに十分なだけ高い最低金利で生産者に貸し出す相互信用銀行の設立でした。[206]相利共生は、労働価値説に基づいていますこれは、労働力またはその製品が販売されるとき、「まったく同じで同等の効用の物品を生産するために必要な労働力の量」を具体化する代わりに商品またはサービスを受け取るべきであり、それ以下のものを受け取ることは搾取、盗難と見なされると考えています。労働、または高利貸し[207]

批判

プラトンは、個人が自分たちの生活への国家の干渉を制限または拒否する権利を個人に与えることを拒否する一方で、個人は法律を遵守し、義務を遂行しなければならないことを強調した。[208]

ファシストは、個人の自由を自由に強調することで国家の分裂が生まれると信じています。[209]

その他のビュー

クリエイティブなインディペンデントライフスタイルとして

アナキスト[210]の作家であり自由奔放な オスカー・ワイルドは、彼の有名なエッセイ「社会主義下の人間の魂」で、「芸術は個人主義であり、個人主義は邪魔で崩壊する力です。その計り知れない価値があります。それが求めるのは単調さを乱すことです。タイプの、習慣の奴隷制、習慣の専制政治、そして機械のレベルへの人間の縮小。」[67]アナキストの歴史家ジョージ・ウッドコックにとって、「社会主義下の人間の魂におけるワイルドの狙い芸術家にとって最も有利な社会を探すことです。[...]ワイルドアートは最高の目的であり、それ自体の中に啓蒙と再生が含まれており、社会の他のすべてのものに従属する必要があります。[...]ワイルドはアナキストを耽美主義者として表現している。」[68]このように、個人主義は、伝統や一般的な大衆の意見や行動とは対照的に、自己創造と実験に強い傾向がある人格を表すために使用されてきた。 3] [8]

アナキスト作家のマレイ・ブクチンは、多くの個人主義的アナキストを、「特に、ニューヨーク、パリ、ロンドンの世紀末の文化的ゲットーにおける燃えるような道、とんでもない行動、異常なライフスタイルにおいて、独自の個人的な形で反対を表明した人々」と説明しています。信条である個人主義的アナキズムは、主に自由奔放なライフスタイルであり、性的自由(「自由な愛」)の要求で最も顕著であり、芸術、行動、衣服の革新に夢中になっています。」[58]

この個性の見方に関連して、フランスの個人主義アナキストのエミール・アルマンドは、アナキズムを生活と実践の方法として強調して以来、社会的慣習とドグマをエゴイスティックに否定し、日常生活の中で自分のやり方と欲望に従って生きることを提唱した。このように、彼は「アナキストの個人主義者は自分自身を複製し、彼の見解を共有し、権威主義が追放された状況を確立することを可能にする他の個人に彼の精神を永続させる傾向がある。この願望は、生きるだけでなく、自分自身を再現することにもなります。これを「活動」と呼びます。[ 211]

不完全な庭:ヒューマニズムの遺産』の中で、ヒューマニストの哲学者ツヴェタン・トドロフは、個人主義を現代における社会政治思想の重要な流れとして特定し、その例として、ミシェル・ド・モンテーニュフランソワ・デ・ラ・ロシュフーカウルドマルキ・ド・サドシャルルに言及しています。ボードレール[212] La Rochefoucauldで、彼はストア派に似た傾向を特定している。「正直な人は、大理石のブロックの中にある形の解放を探す彫刻家のように自分の存在を動かし、その真実を抽出する。案件。" [212]ボードレールで、彼は「自分の中にある美という考え、感じたり考えたりする情熱を満足させるという考え」を育むために探求するダンディな特徴。[212]

ロシア系アメリカ人の詩人ヨシフ・ブロツキーはかつて、「悪に対する最も確実な防御は、極端な個人主義、思考の独創性、気まぐれさ、さらには奇行である。つまり、偽造、偽造、模倣された;ベテランの詐欺師でさえ満足できない何か。」[213] ラルフ・ワルド・エマーソンは、「[w]人は非国教徒でなければならない」と有名に宣言しました。これは、ヘンリー・デイヴィッド・ソローの生涯と仕事の両方で長く発展した視点ですウォルト・ホイットマンにも同様に記憶に残り、影響力がある「愚かな一貫性は小さな心のホブゴブリンであり、小さな政治家や哲学者や神々に愛されている」というエマーソンの考えです。エマーソンは、原則として、市民的および宗教的社会構造への依存に反対しました。なぜなら、それらを通して、個人は、別の時代からの天才のかつての元々の経験によって媒介され、神の中古に近づくからです。エマーソンによれば、「[機関は一人の男の長い影である」。この元々の関係を達成するために、エマーソンは、関係が二次的なものである場合、接続が失われるため、「自分自身に固執し、決して模倣しない」必要があると述べました。[214]

宗教

西洋諸国の人々は、共同体主義よりも個人主義的である傾向があります。ある研究の著者[215]は、この違いは中世のカトリック教会の影響に一部起因していると提案しました。彼らは特に、近親相姦いとこ婚養子縁組再婚の禁止、そして拡大家族に対する核家族の促進を指摘した[216]

カトリック教会は、「私たちが私たちの父に心から祈るなら、私たちは個人主義を置き去りにします。私たちが受ける愛は私たちを解放するからです...私たちの分裂と反対は克服されなければなりません」[217]

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b "個人主義|定義、歴史、哲学、例、および事実|ブリタニカ"www.britannica.com 2021年12月25日取得
  2. ^ エレンメイクシンズウッド心と政治:自由社会主義の個人主義の意味へのアプローチカリフォルニア大学出版1972。ISBN0-520-02029-4p。6 
  3. ^ a b c d e f g "「無料辞書の「個人主義」」。2019-05-17のオリジナルからアーカイブ。2009年12月21日閲覧。
  4. ^ ビドル、クレイグ(2012年2月20日)。「個人主義対集団主義:私たちの未来、私たちの選択」客観的基準7(1)。
  5. ^ a b ハイエク、FA(1994)。Serfdomへの道アメリカ合衆国:シカゴプレス大学。pp。17、37–48。ISBN 0-226-32061-8
  6. ^ a b cL 。スーザンブラウン個人主義の政治学:リベラル主義、リベラルフェミニズム、アナキズムブラックローズブックス株式会社1993
  7. ^ エレンメイクシンズウッド心と政治:自由社会主義の個人主義の意味へのアプローチカリフォルニア大学出版1972 。ISBN0-520-02029-4pp。6–7 _ 
  8. ^ a b Snyderman、George S。; ジョセフ、ウィリアム(1939)。「ボヘミア:芸術の冥界」。社会的勢力18(2):187–199。土井10.2307 / 2570771ISSN0037-7732_ JSTOR2570771_  
  9. ^ 「この時代の主要な知的特徴は、ギリシャとローマの世俗的で人道的な哲学のある程度の回復でした。無視できないもう1つのヒューマニストの傾向は、ギリシャとローマによって発展した個人主義の復活でした。ローマ帝国後期のカースト制度の台頭、教会、中世の封建制によって、かなりの程度が抑制されていた。「歴史ガイド:現代ヨーロッパの知的歴史に関する講義」
  10. ^ 「人類中心主義と個人主義...ヒューマニズムとイタリアの芸術は、日常の即時性とその正または負の両極端の両方で、人間の経験に最も重要な注意を払うという点で似ていました...さらに、ルネサンス芸術の人間中心性は単なるものではありませんでした地球の経験の一般化された支持。ヒューマニストのように、イタリアの芸術家は個人の自律性と尊厳を強調しました。」ブリタニカ百科事典の「ヒューマニズム」
  11. ^ a b Claeys、Gregory(1986)。「」「個人主義」、「社会主義」、および「社会科学」:概念形成のプロセスに関するさらなる注記、1800–1850。。アイデアの歴史のジャーナル。ペンシルベニア大学出版物。47(1):81–93。doi 10.2307 / 2709596。JSTOR2709596 _
  12. ^ Swart、Koenraad W.(1962)「」「19世紀半ば(1826–1860)の「個人主義」」。アイデアの歴史のジャーナルペンシルベニア大学出版局。23 1):77–90。doi10.2307/ 2708058。JSTOR2708058 
  13. ^ Abbs 1986、Klein 2005、26〜27ページで引用
  14. ^ ジェラルドN.イゼンバーグ(1992年6月3日)。不可能な個性:ロマン主義、革命、そして現代の自己の起源、1787-1802プリンストン大学出版局。pp.18 +。ISBN 1-4008-2066-9
  15. ^ リース、ウィリアムL.(1980)。哲学と宗教の辞書(第1版)。ニュージャージー州アトランティックハイランズ:Humanities Press p。 251ISBN 0-391-00688-6
  16. ^ アウディ、ロバート、編 (1999)。ケンブリッジ哲学辞典(第2版)。ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。p。424. ISBN 0-521-63136-X
  17. ^ ユング、CG(1962)。変容の象徴:統合失調症の症例への前奏曲の分析(第2巻、RFCハル、トランス)。ニューヨーク:ハーパー&ブラザーズ。
  18. ^ ユングの個性化プロセス2009-2-20に取得
  19. ^ ジルベール・シモンドンL'individuation psychique et collective(Paris、Aubier、1989; 2007年にベルナール・スティグラーによる序文で転載)
  20. ^ ベルナール・スティグラー(2004年5月13日)。「ベルナール・スティグラー:文化と技術」テート・モダン。ウェイバックマシンで2015年10月15日にアーカイブされました。2020年9月26日取得。
  21. ^ ミンコフ、マイケル; ダット、ピナキ; Schachner、Michael; モラレス、オズワルド; サンチェス、カルロス; Jandosova、Janar; Khassenbekov、Yerlan; マッド、ベン(2017)。「ホフステデの個人主義-集団主義の次元の改訂」。異文化および戦略的管理24(3):3。doi10.1108 / ccsm-11-2016-0197ISSN2059-5794_ 
  22. ^ イングルハート、ロナルドF.(2018)。「第3章グローバル文化パターン」。文化的進化ケンブリッジ大学出版局。p。40. doi10.1017 / 9781108613880ISBN 978-1-108-61388-0
  23. ^ 高野、陽太郎; 大阪栄光(1999)。「支持されていない共通の見解:個人主義/集団主義に関する日米の比較」。社会心理学のアジアジャーナル2(3):311–341。土井10.1111 /1467-839x.00043ISSN1367-2223_ 
  24. ^ 高野、陽太郎; Sogon、Shunya(2008)。「日本人はアメリカ人より集団主義的ですか?」異文化心理学ジャーナル39(3):237–250。土井10.1177 / 0022022107313902ISSN0022-0221_ S2CID145125365_  
  25. ^ 高野、陽太郎; 大阪栄光(2018)。「個人主義/集団主義に関する日米の比較:フォローアップレビュー」。社会心理学のアジアジャーナル21(4):301–316。土井10.1111 /ajsp.12322ISSN1367-2223_ S2CID149676839_  
  26. ^ Minkov, Michael; Dutt, Pinaki; Schachner, Michael; Morales, Oswaldo; Sanchez, Carlos; Jandosova, Janar; Khassenbekov, Yerlan; Mudd, Ben (2017). "A revision of Hofstede's individualism-collectivism dimension". Cross Cultural & Strategic Management. 24 (3): 29. doi:10.1108/ccsm-11-2016-0197. ISSN 2059-5794.
  27. ^ Welzel, Christian (2013). "Chapter 2. Mapping Differences". Freedom Rising. New York: Cambridge University Press. p. 87. doi:10.1017/cbo9781139540919. ISBN 978-1-139-54091-9.
  28. ^ Beugelsdijk, Sjoerd; Welzel, Chris (2018). "Dimensions and Dynamics of National Culture: Synthesizing Hofstede With Inglehart". Journal of Cross-Cultural Psychology. 49 (10): 1485. doi:10.1177/0022022118798505. ISSN 0022-0221. PMC 6191680. PMID 30369633.
  29. ^ Benedict, Ruth; "The Chrysanthemum and the Sword: Patterns of Japanese Culture." Rutland, VT and Tokyo, Japan: Charles E. Tuttle Co. 1954 orig. 1946.
  30. ^ AFS-USA (2019-10-30). "Individualism & Collectivism". AFS-USA. Retrieved 2021-07-08.
  31. ^ "Individualism vs. Collectivism: Our Future, Our Choice - The Objective Standard". The Objective Standard. 2012-02-20. Retrieved 2021-07-08.
  32. ^ Heath, Joseph (1 January 2015). Zalta, Edward N. (ed.). The Stanford Encyclopedia of Philosophy. Metaphysics Research Lab, Stanford University – via Stanford Encyclopedia of Philosophy.
  33. ^ Stigler, George; Gary Becker (Mar 1977). "De gustibus non est disputandum". American Economic Review. 67 (2): 76. JSTOR 1807222.
  34. ^ "the definition of civil libertarian".
  35. ^ Compass, The Political. "The Political Compass".
  36. ^ Ellen Meiksins Wood. Mind and Politics: An Approach to the Meaning of Liberal and Socialist Individualism. University of California Press. 1972. ISBN 0-520-02029-4. p. 7
  37. ^ Emily Robinson, et al. "Telling stories about post-war Britain: popular individualism and the 'crisis' of the 1970s." Twentieth Century British History 28.2 (2017): 268-304.
  38. ^ "What do I mean by individualism? I mean by individualism the moral doctrine which, relying on no dogma, no tradition, no external determination, appeals only to the individual conscience."Mini-Manual of Individualism by Han Ryner
  39. ^ "I do not admit anything except the existence of the individual, as a condition of his sovereignty. To say that the sovereignty of the individual is conditioned by Liberty is simply another way of saying that it is conditioned by itself." "Anarchism and the State" in Individual Liberty
  40. ^ Everhart, Robert B. The Public School Monopoly: A Critical Analysis of Education and the State in American Society. Pacific Institute for Public Policy Research, 1982. p. 115.
  41. ^ a b Philip, Mark (2006-05-20). "William Godwin". In Zalta, Edward N. (ed.). Stanford Encyclopedia of Philosophy.
  42. ^ Adams, Ian. Political Ideology Today. Manchester University Press, 2001. p. 116.
  43. ^ Godwin, William (1796) [1793]. Enquiry Concerning Political Justice and its Influence on Modern Morals and Manners. G.G. and J. Robinson. OCLC 2340417.
  44. ^ Britannica Concise Encyclopedia. Retrieved 7 December 2006, from Encyclopædia Britannica Online.
  45. ^ Paul McLaughlin. Anarchism and Authority: A Philosophical Introduction to Classical Anarchism. Ashgate Publishing, Ltd., 2007. p. 119.
  46. ^ Goodway, David. Anarchist Seeds Beneath the Snow. Liverpool University Press, 2006, p. 99.
  47. ^ a b c Leopold, David (2006-08-04). "Max Stirner". In Zalta, Edward N. (ed.). Stanford Encyclopedia of Philosophy.
  48. ^ a b The Encyclopedia Americana: A Library of Universal Knowledge. Encyclopedia Corporation. p. 176.
  49. ^ a b Miller, David. "Anarchism." 1987. The Blackwell Encyclopaedia of Political Thought. Blackwell Publishing. p. 11.
  50. ^ "What my might reaches is my property; and let me claim as property everything I feel myself strong enough to attain, and let me extend my actual property as fas as I entitle, that is, empower myself to take..." In Ossar, Michael. 1980. Anarchism in the Dramas of Ernst Toller. SUNY Press. p. 27.
  51. ^ a b Nyberg, Svein Olav. "The union of egoists" (PDF). Non Serviam. Oslo, Norway: Svein Olav Nyberg. 1: 13–14. OCLC 47758413. Archived from the original (PDF) on 7 December 2010. Retrieved 1 September 2012.
  52. ^ a b Thomas, Paul (1985). Karl Marx and the Anarchists. London: Routledge/Kegan Paul. p. 142. ISBN 0-7102-0685-2.
  53. ^ a b Carlson, Andrew (1972). "Philosophical Egoism: German Antecedents". Anarchism in Germany. Metuchen: Scarecrow Press. ISBN 0-8108-0484-0. Archived from the original on 2008-12-10. Retrieved 2008-12-04.
  54. ^ Palmer, Brian (2010-12-29) What do anarchists want from us?, Slate.com
  55. ^ William Bailie, "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on February 4, 2012. Retrieved June 17, 2013.{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link) Josiah Warren: The First American Anarchist — A Sociological Study, Boston: Small, Maynard & Co., 1906, p. 20
  56. ^ Native American Anarchism: A Study of Left-Wing American Individualism by Eunice Minette Schuster Archived February 13, 2016, at the Wayback Machine
  57. ^ "Paralelamente, al otro lado del atlántico, en el diferente contexto de una nación a medio hacer, los Estados Unidos, otros filósofos elaboraron un pensamiento individualista similar, aunque con sus propias especificidades. Henry David Thoreau (1817–1862), uno de los escritores próximos al movimiento de la filosofía trascendentalista, es uno de los más conocidos. Su obra más representativa es Walden, aparecida en 1854, aunque redactada entre 1845 y 1847, cuando Thoreau decide instalarse en el aislamiento de una cabaña en el bosque, y vivir en íntimo contacto con la naturaleza, en una vida de soledad y sobriedad. De esta experiencia, su filosofía trata de transmitirnos la idea que resulta necesario un retorno respetuoso a la naturaleza, y que la felicidad es sobre todo fruto de la riqueza interior y de la armonía de los individuos con el entorno natural. Muchos han visto en Thoreau a uno de los precursores del ecologismo y del anarquismo primitivista representado en la actualidad por Jonh Zerzan. Para George Woodcock, esta actitud puede estar también motivada por una cierta idea de resistencia al progreso y de rechazo al materialismo creciente que caracteriza la sociedad norteamericana de mediados de siglo XIX.""Voluntary non-submission. Spanish individualist anarchism during dictatorship and the second republic (1923–1938)" Archived July 23, 2011, at the Wayback Machine
  58. ^ a b "2. Individualist Anarchism and Reaction".
  59. ^ "The Free Love Movement and Radical Individualism, By Wendy McElroy".
  60. ^ "La insumisión voluntaria: El anarquismo individualista español durante la Dictadura y la Segunda República (1923–1938)" by Xavier Díez Archived July 23, 2011, at the Wayback Machine
  61. ^ "Los anarco-individualistas, G.I.A...Una escisión de la FAI producida en el IX Congreso (Carrara, 1965) se pr odujo cuando un sector de anarquistas de tendencia humanista rechazan la interpretación que ellos juzgan disciplinaria del pacto asociativo" clásico, y crean los GIA (Gruppi di Iniziativa Anarchica) . Esta pequeña federación de grupos, hoy nutrida sobre todo de veteranos anarco-individualistas de orientación pacifista, naturista, etcétera defiende la autonomía personal y rechaza a rajatabla toda forma de intervención en los procesos del sistema, como sería por ejemplo el sindicalismo. Su portavoz es L'Internazionale con sede en Ancona. La escisión de los GIA prefiguraba, en sentido contrario, el gran debate que pronto había de comenzar en el seno del movimiento""El movimiento libertario en Italia" by Bicicleta. REVISTA DE COMUNICACIONES LIBERTARIAS Year 1 No. Noviembre, 1 1977 Archived October 12, 2013, at the Wayback Machine
  62. ^ "Proliferarán así diversos grupos que practicarán el excursionismo, el naturismo, el nudismo, la emancipación sexual o el esperantismo, alrededor de asociaciones informales vinculadas de una manera o de otra al anarquismo. Precisamente las limitaciones a las asociaciones obreras impuestas desde la legislación especial de la Dictadura potenciarán indirectamente esta especie de asociacionismo informal en que confluirá el movimiento anarquista con esta heterogeneidad de prácticas y tendencias. Uno de los grupos más destacados, que será el impulsor de la revista individualista Ética será el Ateneo Naturista Ecléctico, con sede en Barcelona, con sus diferentes secciones la más destacada de las cuales será el grupo excursionista Sol y Vida.""La insumisión voluntaria: El anarquismo individualista español durante la Dictadura y la Segunda República (1923–1938)" by Xavier Díez Archived July 23, 2011, at the Wayback Machine
  63. ^ "Les anarchistes individualistes du début du siècle l'avaient bien compris, et intégraient le naturisme dans leurs préoccupations. Il est vraiment dommage que ce discours se soit peu à peu effacé, d'antan plus que nous assistons, en ce moment, à un retour en force du puritanisme (conservateur par essence).""Anarchisme et naturisme, aujourd'hui." by Cathy Ytak Archived February 25, 2009, at the Wayback Machine
  64. ^ anne (30 July 2014). "Culture of Individualist Anarchism in Late 19th Century America" (PDF).
  65. ^ The "Illegalists" Archived September 8, 2015, at the Wayback Machine, by Doug Imrie (published by Anarchy: A Journal of Desire Armed)
  66. ^ Parry, Richard. The Bonnot Gang. Rebel Press, 1987. p. 15
  67. ^ a b "Oscar Wilde essay The soul of man under Socialism". Archived from the original on 2013-09-14.
  68. ^ a b c George Woodcock. Anarchism: A History of Libertarian Ideas and Movements. 1962. (p. 447)
  69. ^ Rothbard, Murray N. (2007). The Betrayal of the American Right, Ludwig von Mises Institute, p. 187. ISBN 978-1-933550-13-8
  70. ^ "Autarchy vs Anarchy" by Robert LeFevre. Rampart Journal of Individualist Thought Vol. 1, No. 4 (Winter, 1965): 30–49
  71. ^ The Ancient Chinese Super State of Primary Societies: Taoist Philosophy for the 21st Century, You-Sheng Li, June 2010, p. 300
  72. ^ Marcus Aurelius, Meditations, Oxford University Press, 2008, ISBN 978-0-19-954059-4.
  73. ^ Locke, John (1690). Two Treatises of Government (10th ed.). Project Gutenberg. Retrieved January 21, 2009.
  74. ^ Paul E. Sigmund, editor, The Selected Political Writings of John Locke, Norton, 2003, ISBN 0-393-96451-5 p. iv "(Locke's thoughts) underlie many of the fundamental political ideas of American liberal constitutional democracy...", "At the time Locke wrote, his principles were accepted in theory by a few and in practice by none."
  75. ^ Thomas Jefferson, Declaration of Independence, July 4, 1776.
  76. ^ John Gray, Two Faces of Liberalism, The New Press, 2008, ISBN 978-1-56584-678-4
  77. ^ "Egoism - The Anarchist Library".
  78. ^ O. Ewald, "German Philosophy in 1907", in The Philosophical Review, Vol. 17, No. 4, Jul., 1908, pp. 400–26; T. A. Riley, "Anti-Statism in German Literature, as Exemplified by the Work of John Henry Mackay", in PMLA, Vol. 62, No. 3, Sep. 1947, pp. 828–43; C. E. Forth, "Nietzsche, Decadence, and Regeneration in France, 1891–95", in Journal of the History of Ideas, Vol. 54, No. 1, Jan., 1993, pp. 97–117; see also Robert C. Holub's Nietzsche: Socialist, Anarchist, Feminist, an essay available online at the University of California, Berkeley website.
  79. ^ Sanders, Steven M. Is egoism morally defensible? Philosophia. Springer Netherlands. Volume 18, Numbers 2–3 / July 1988
  80. ^ Rachels 2008, p. 534.
  81. ^ Ridgely, D. A. (August 24, 2008). "Selfishness, Egoism and Altruistic Libertarianism". Archived from the original on December 2, 2008. Retrieved August 24, 2008.
  82. ^ Macquarrie, John. Existentialism, New York (1972), pp. 18–21.
  83. ^ Oxford Companion to Philosophy, ed. Ted Honderich, New York (1995), p. 259.
  84. ^ Macquarrie. Existentialism, pp. 14–15.
  85. ^ Cooper, D. E. Existentialism: A Reconstruction (Basil Blackwell, 1999, p. 8)
  86. ^ Marino, Gordon. Basic Writings of Existentialism (Modern Library, 2004, pp. ix, 3).
  87. ^ Stanford Encyclopedia of Philosophy http://plato.stanford.edu/entries/kierkegaard/
  88. ^ Watts, Michael. Kierkegaard (Oneworld, 2003, pp. 4–6).
  89. ^ Lowrie, Walter. Kierkegaard's attack upon "Christendom" (Princeton, 1968, pp. 37–40)
  90. ^ Corrigan, John. The Oxford handbook of religion and emotion (Oxford, 2008, pp. 387–88)
  91. ^ Livingston, James et al. Modern Christian Thought: The Twentieth Century (Fortress Press, 2006, Chapter 5: Christian Existentialism).
  92. ^ Martin, Clancy. Religious Existentialism in Companion to Phenomenology and Existentialism (Blackwell, 2006, pp. 188–205)
  93. ^ Robert C. Solomon, Existentialism (McGraw-Hill, 1974, pp. 1–2)
  94. ^ D.E. Cooper Existentialism: A Reconstruction (Basil Blackwell, 1999, p. 8).
  95. ^ Ernst Breisach, Introduction to Modern Existentialism, New York (1962), p. 5
  96. ^ Walter Kaufmann, Existentialism: From Dostoevesky to Sartre, New York (1956), p. 12
  97. ^ Guignon, Charles B. and Derk Pereboom. Existentialism: basic writings (Hackett Publishing, 2001, p. xiii)
  98. ^ Hastings, James. Encyclopedia of Religion
  99. ^ Compact Oxford English Dictionary. Oxford University Press. 2007. humanism n. 1 a rationalistic system of thought attaching prime importance to human rather than divine or supernatural matters. 2 a Renaissance cultural movement that turned away from medieval scholasticism and revived interest in ancient Greek and Roman thought. Typically, abridgments of this definition omit all senses except #1, such as in the Cambridge Advanced Learner's Dictionary, Collins Essential English Dictionary, and Webster's Concise Dictionary. New York: RHR Press. 2001. p. 177. ISBN 9780375425745.
  100. ^ "Definitions of humanism (subsection)". Institute for Humanist Studies. Archived from the original on 2007-01-18. Retrieved 16 Jan 2007.
  101. ^ Edwords, Fred (1989). "What Is Humanism?". American Humanist Association. Archived from the original on 30 January 2010. Retrieved 19 August 2009. Secular and Religious Humanists both share the same worldview and the same basic principles... From the standpoint of philosophy alone, there is no difference between the two. It is only in the definition of religion and in the practice of the philosophy that Religious and Secular Humanists effectively disagree.
  102. ^ Moore, Andrew (1 January 2013). Zalta, Edward N. (ed.). The Stanford Encyclopedia of Philosophy. Metaphysics Research Lab, Stanford University – via Stanford Encyclopedia of Philosophy.
  103. ^ "libertine" – via The Free Dictionary.
  104. ^ "WordNet Search - 3.1".
  105. ^ René Pintard (2000). Le Libertinage érudit dans la première moitié du XVIIe siècle. Slatkine. p. 11. ISBN 978-2-05-101818-0. Retrieved 24 July 2012.
  106. ^ Amesbury, Richard (1 January 2016). Zalta, Edward N. (ed.). The Stanford Encyclopedia of Philosophy. Metaphysics Research Lab, Stanford University – via Stanford Encyclopedia of Philosophy.
  107. ^ A Martyr to Sin
  108. ^ "What Is Objectivism? - The Objective Standard". theobjectivestandard.com. Retrieved 2021-07-08.
  109. ^ "About the Author" in Rand 1992, pp. 1170–71
  110. ^ Tucker said, "the fact that one class of men are dependent for their living upon the sale of their labour, while another class of men are relieved of the necessity of labour by being legally privileged to sell something that is not labour. . . . And to such a state of things I am as much opposed as any one. But the minute you remove privilege. . . every man will be a labourer exchanging with fellow-labourers . . . What Anarchistic-Socialism aims to abolish is usury . . . it wants to deprive capital of its reward."Benjamin Tucker. Instead of a Book, p. 404
  111. ^ Wayne Gabardi, review of Anarchism by David Miller, published in American Political Science Review Vol. 80, No. 1. (Mar., 1986), pp. 300—02.
  112. ^ According to scholar Allan Antliff, Benjamin Tucker coined the term "philosophical anarchism," to distinguish peaceful evolutionary anarchism from revolutionary variants. Antliff, Allan. 2001. Anarchist Modernism: Art, Politics, and the First American Avant-Garde. University of Chicago Press. p. 4
  113. ^ Outhwaite, William & Tourain, Alain (Eds.). (2003). Anarchism. The Blackwell Dictionary of Modern Social Thought (2nd Edition, p. 12). Blackwell Publishing
  114. ^ Michael Freeden identifies four broad types of individualist anarchism. He says the first is the type associated with William Godwin that advocates self-government with a "progressive rationalism that included benevolence to others." The second type is the amoral self-serving rationality of Egoism, as most associated with Max Stirner. The third type is "found in Herbert Spencer's early predictions, and in that of some of his disciples such as Donisthorpe, foreseeing the redundancy of the state in the source of social evolution." The fourth type retains a moderated form of Egoism and accounts for social cooperation through the advocacy of market. Freeden, Michael. Ideologies and Political Theory: A Conceptual Approach. Oxford University Press. ISBN 0-19-829414-X. pp. 313–14.
  115. ^ Tucker, Benjamin R., Instead of a Book, by a Man too Busy to Write One: A Fragmentary Exposition of Philosophical Anarchism (1897, New York)
  116. ^ Broderick, John C. Thoreau's Proposals for Legislation. American Quarterly, Vol. 7, No. 3 (Autumn, 1955). p. 285
  117. ^ a b c Horst Matthai Quelle. Textos Filosóficos (1989-1999). p. 15
  118. ^ Hudelson, Richard (1 January 1999). Modern Political Philosophy. M.E. Sharpe. ISBN 9780765600219 – via Google Books.
  119. ^ David Conway. Classical Liberalism: The Unvanquished Ideal. Palgrave Macmillan. 1998. ISBN 978-0-312-21932-1 p. 8
  120. ^ Boaz, David (30 January 2009). "Libertarianism". Encyclopædia Britannica. Retrieved 21 February 2017. [L]ibertarianism, political philosophy that takes individual liberty to be the primary political value.
  121. ^ Woodcock, George (2004) [1962]. Anarchism: A History of Libertarian Ideas and Movements. Peterborough: Broadview Press. p. 16. ISBN 9781551116297. [F]or the very nature of the libertarian attitude—its rejection of dogma, its deliberate avoidance of rigidly systematic theory, and, above all, its stress on extreme freedom of choice and on the primacy of the individual judgement [sic].
  122. ^ Long, Joseph. W (1996). "Toward a Libertarian Theory of Class". Social Philosophy and Policy. 15 (2): 310. "When I speak of 'libertarianism' [...] I mean all three of these very different movements. It might be protested that LibCap [libertarian capitalism], LibSoc [libertarian socialism] and LibPop [libertarian populism] are too different from one another to be treated as aspects of a single point of view. But they do share a common—or at least an overlapping—intellectual ancestry."
  123. ^ Carlson, Jennifer D. (2012). "Libertarianism". In Miller, Wilburn R., ed. The Social History of Crime and Punishment in America. London: SAGE Publications. p. 1006. ISBN 978-1412988766. "There exist three major camps in libertarian thought: right-libertarianism, socialist libertariaism, and left-lbertarianism; the extent to which these represent distinct ideologies as opposed to variations on a theme is contrasted by scholars. Regardless, these factions differ most pronouncedly with respect to private property."
  124. ^ Francis, Mark (December 1983). "Human Rights and Libertarians". Australian Journal of Politics & History. 29 (3): 462–472. doi:10.1111/j.1467-8497.1983.tb00212.x. ISSN 0004-9522.
  125. ^ Vallentyne, Peter; Steiner, Hillel; Otsuka, Michael (2005). "Why Left-Libertarianism Is Not Incoherent, Indeterminate, or Irrelevant: A Reply to Fried" (PDF). Philosophy and Public Affairs. Blackwell Publishing, Inc. 33 (2): 201–215. doi:10.1111/j.1088-4963.2005.00030.x. Archived from the original (PDF) on 2012-11-03. Retrieved 2013-07-23.
  126. ^ a b c Narveson, Jan; Trenchard, David (2008). "Left Libertarianism". In Hamowy, Ronald (ed.). The Encyclopedia of Libertarianism. Thousand Oaks, CA: SAGE; Cato Institute. pp. 288–89. doi:10.4135/9781412965811.n174. ISBN 978-1-4129-6580-4. LCCN 2008009151. OCLC 750831024.
  127. ^ Schnack, William (13 November 2015). "Panarchy Flourishes Under Geo-Mutualism". Center for a Stateless Society. Archived 10 August 2018 at the Wayback Machine. Retrieved 10 August 2018.
  128. ^ Byas, Jason Lee (25 November 2015). "The Moral Irrelevance of Rent". Center for a Stateless Society. Retrieved 21 March 2020.
  129. ^ Carson, Kevin (8 November 2015). "Are We All Mutualists?" Center for a Stateless Society. Retrieved 21 March 2020.
  130. ^ Gillis, William (29 November 2015). "The Organic Emergence of Property from Reputation". Center for a Stateless Society. Retrieved 8 April 2020.
  131. ^ Bylund, Per (2005). Man and Matter: A Philosophical Inquiry into the Justification of Ownership in Land from the Basis of Self-Ownership (PDF). LUP Student Papers (master's thesis). Lund University. Retrieved 12 July 2020.
  132. ^ Long, Roderick T. (2006). "Land-locked: A Critique of Carson on Property Rights" (PDF). Journal of Libertarian Studies. 20 (1): 87–95.
  133. ^ Verhaegh, Marcus (2006). "Rothbard as a Political Philosopher" (PDF). Journal of Libertarian Studies. 20 (4): 3.
  134. ^ Sundstrom, William A. (16 May 2002). "An Egalitarian-Libertarian Manifesto". Archived 29 October 2013 at the Wayback Machine.
  135. ^ Sullivan, Mark A. (July 2003). "Why the Georgist Movement Has Not Succeeded: A Personal Response to the Question Raised by Warren J. Samuels". American Journal of Economics and Sociology. 62 (3): 612.
  136. ^ Spitz, Jean-Fabien (March 2006). "Left-wing libertarianism: equality based on self-ownership". Cairn-int.info. Retrieved 28 November 2019.
  137. ^ Bookchin, Murray (January 1986). "The Greening of Politics: Toward a New Kind of Political Practice". Green Perspectives: Newsletter of the Green Program Project (1).
  138. ^ a b Bookchin, Murray; Biehl, Janet (1997). The Murray Bookchin Reader. New York: Cassell. p. 170.
  139. ^ a b Long, Roderick T. (2012). "The Rise of Social Anarchism". In Gaus, Gerald F.; D'Agostino, Fred, eds. The Routledge Companion to Social and Political Philosophy. p. 223.
  140. ^ Grunberg, Gérard; Schweisguth, Etienne; Boy, Daniel; Mayer, Nonna, eds. (1993). The French Voter Decides. "Social Libertarianism and Economic Liberalism". University of Michigan Press. p. 45. ISBN 978-0-472-10438-3
  141. ^ a b c Carlson, Jennifer D. (2012). "Libertarianism". In Miller, Wilbur R. The Social History of Crime and Punishment in America: An Encyclopedia. SAGE Publications. pp. 1006–1007.
  142. ^ Foldvart, Fred E. "Geoism and Libertarianism". The Progress Report. Progress.org. Archived from the original on 4 November 2012. Retrieved 26 March 2013.
  143. ^ DeCoster, Karen (19 April 2006). "Henry George and the Tariff Question". LewRockwell.com. Retrieved 23 September 2020.
  144. ^ Sheldon Richman (3 February 2011). "Libertarian Left: Free-market anti-capitalism, the unknown ideal". The American Conservative. Archived 10 June 2019 at the Wayback Machine. Retrieved 5 March 2012.
  145. ^ Chartier, Gary; Johnson, Charles W. (2011). Markets Not Capitalism: Individualist Anarchism Against Bosses, Inequality, Corporate Power, and Structural Poverty. Brooklyn: Minor Compositions/Autonomedia. pp. 1–11. ISBN 978-1570272424.
  146. ^ Will Kymlicka (2005). "libertarianism, left-". In Ted Honderich (ed.). The Oxford Companion to Philosophy. New York City: Oxford University Press.
  147. ^ Olsaretti, Serena (2004). Liberty, Desert and the Market: A Philosophical Study. Cambridge University Press. pp. 14, 88, 100.
  148. ^ Graham, Paul; Hoffman, John (September 13, 2003). An Introduction to Political Theory. Routledge. p. 93. ISBN 978-1-3178-6342-7. A distinction is made between right libertarianism and left libertarianism. Self-ownership is the starting point for all libertarians, but right and left libertarians divide over the implications for the ownership of external things from the self-ownership premise.
  149. ^ Vallentyne, Peter (February 12, 2007). "Libertarianism and the State". In Frankel Paul, Ellen; Miller Jr., Fred; Paul, Jeffrey (eds.). Liberalism: Old and New. Vol. 24. Cambridge University Press. pp. 187–205. ISBN 978-0-521-70305-5. The best known form of libertarianism—right-libertarianism—is a version of classical liberalism, but there is also a form of libertarianism—left-libertarianism—that combines classical liberalism's concern for individual liberty with contemporary liberalism's robust concern for material equality.
  150. ^ Heywood, Andrew (2015). Key Concepts in Politics and International Relations: Palgrave Key Concepts. Macmillan International Higher Education. p. 37. ISBN 978-1-1374-9477-1.
  151. ^ Graber, Mark A. (1991). Transforming Free Speech: The Ambiguous Legacy of Civil Libertarianism. Berkeley, California: University of California Press. p. 18. ISBN 9780520913134.
  152. ^ Narveson, Jan (2001). The Libertarian Idea (revised ed.). Peterborough, Ontario: Broadview Press. p. 8. ISBN 9781551114217.
  153. ^ Passavent, Paul (2003). No Escape: Freedom of Speech and the Paradox of Rights. New York City, New York: New York University Press. p. 49. ISBN 9780814766965.
  154. ^ Reiman, Jeffrey H. (2005). "The Fallacy of Libertarian Capitalism". Ethics. 10 (1): 85–95. doi:10.1086/292300. JSTOR 2380706. S2CID 170927490.
  155. ^ Goodway, David (2006). Anarchist Seeds Beneath the Snow: Left-Libertarian Thought and British Writers from William Morris to Colin Ward. Liverpool: Liverpool University Press. p. 4. "'Libertarian' and 'libertarianism' are frequently employed by anarchists as synonyms for 'anarchist' and 'anarchism', largely as an attempt to distance themselves from the negative connotations of 'anarchy' and its derivatives. The situation has been vastly complicated in recent decades with the rise of anarcho-capitalism, 'minimal statism' and an extreme right-wing laissez-faire philosophy advocated by such theorists as Rothbard and Nozick and their adoption of the words 'libertarian' and 'libertarianism'. It has therefore now become necessary to distinguish between their right libertarianism and the left libertarianism of the anarchist tradition".
  156. ^ Marshall, Peter (2008). Demanding the Impossible: A History of Anarchism. London: Harper Perennial. p. 565. "The problem with the term 'libertarian' is that it is now also used by the Right. [...] In its moderate form, right libertarianism embraces laissez-faire liberals like Robert Nozick who call for a minimal State, and in its extreme form, anarcho-capitalists like Murray Rothbard and David Friedman who entirely repudiate the role of the State and look to the market as a means of ensuring social order".
  157. ^ Fernandez, Frank (2001). Cuban Anarchism. The History of a Movement. Sharp Press. p. 9. "Thus, in the United States, the once exceedingly useful term 'libertarian' has been hijacked by egotists who are in fact enemies of liberty in the full sense of the word."
  158. ^ Rothbard, Murray (2009) [2007]. The Betrayal of the American Right (PDF). Mises Institute. p. 83. ISBN 978-1610165013. One gratifying aspect of our rise to some prominence is that, for the first time in my memory, we, 'our side,' had captured a crucial word from the enemy. 'Libertarians' had long been simply a polite word for left-wing anarchists, that is for anti-private property anarchists, either of the communist or syndicalist variety. But now we had taken it over.
  159. ^ Hussain, Syed B. (2004). Encyclopedia of Capitalism, Volume 2. New York: Facts on File Inc. p. 492. ISBN 0816052247. In the modern world, political ideologies are largely defined by their attitude towards capitalism. Marxists want to overthrow it, liberals to curtail it extensively, conservatives to curtail it moderately. Those who maintain that capitalism is an excellent economic system, unfairly maligned, with little or no need for corrective government policy, are generally known as libertarians.
  160. ^ Rothbard, Murray (1 March 1971). "The Left and Right Within Libertarianism". WIN: Peace and Freedom Through Nonviolent Action. 7 (4): 6–10. Retrieved 14 January 2020.
  161. ^ Miller, Fred (15 August 2008). "Natural Law". The Encyclopedia of Libertarianism. Retrieved 31 July 2019.
  162. ^ Boaz, David (12 April 2019). "Key Concepts of Libertarianism". Cato Institute. Retrieved 20 December 2019.
  163. ^ "What Is Libertarian". Institute for Humane Studies. Retrieved 20 December 2019.
  164. ^ Baradat, Leon P. (2015). Political Ideologies. Routledge. p. 31. ISBN 978-1317345558.
  165. ^ Vallentyne, Peter (24 July 2006). "Libertarianism". Stanford Encyclopedia of Philosophy. Stanford University. Retrieved 23 September 2020.
  166. ^ Kevin Carson. Organization Theory: A Libertarian Perspective. BOOKSURGE. 2008. p. 1
  167. ^ Bookchin, Murray and Janet Biehl. The Murray Bookchin Reader. Cassell, 1997. p. 170 ISBN 0-304-33873-7
  168. ^ Hicks, Steven V. and Daniel E. Shannon. The American journal of economics and sociology. Blackwell Pub, 2003. p. 612
  169. ^ Miller, Wilbur R. (2012). The social history of crime and punishment in America. An encyclopedia. 5 vols. London: Sage Publications. p. 1007. ISBN 1412988764. "There exist three major camps in libertarian thought: right-libertarianism, socialist libertarianism, and ..."
  170. ^ "It implies a classless and anti-authoritarian (i.e. libertarian) society in which people manage their own affairs" I.1 Isn't libertarian socialism an oxymoron? Archived 2017-11-16 at the Wayback Machine at An Anarchist FAQ
  171. ^ "unlike other socialists, they tend to see (to various different degrees, depending on the thinker) to be skeptical of centralized state intervention as the solution to capitalist exploitation..." Roderick T. Long. "Toward a libertarian theory of class." Social Philosophy and Policy. Volume 15. Issue 02. Summer 1998. Pg. 305
  172. ^ a b "So, libertarian socialism rejects the idea of state ownership and control of the economy, along with the state as such. Through workers' self-management it proposes to bring an end to authority, exploitation, and hierarchy in production." "I1. Isn't libertarian socialism an oxymoron" in Archived 2017-11-16 at the Wayback Machine An Anarchist FAQ
  173. ^ "Therefore, rather than being an oxymoron, "libertarian socialism" indicates that true socialism must be libertarian and that a libertarian who is not a socialist is a phoney. As true socialists oppose wage labour, they must also oppose the state for the same reasons. Similarly, libertarians must oppose wage labour for the same reasons they must oppose the state." "I1. Isn't libertarian socialism an oxymoron" in Archived 2017-11-16 at the Wayback Machine An Anarchist FAQ
  174. ^ "Their analysis treats libertarian socialism as a form of anti-parliamentary, democratic, antibureaucratic grass roots socialist organisation, strongly linked to working class activism." Alex Prichard, Ruth Kinna, Saku Pinta and Dave Berry (eds) Libertarian Socialism: Politics in Black and Red. Palgrave Macmillan, December 2012. pg. 13
  175. ^ " ...preferringa system of popular self governance via networks of decentralized, local voluntary, participatory, cooperative associations. Roderick T. Long. "Toward a libertarian theory of class." Social Philosophy and Policy. Volume 15. Issue 02. Summer 1998. Pg. 305
  176. ^ "What is of particular interest here, however, is the appeal to a form of emancipation grounded in decentralized, cooperative and democratic forms of political and economic governance which most libertarian socialist visions, including Cole's, tend to share." Charles Masquelier. Critical theory and libertarian socialism: Realizing the political potential of critical social theory. Bloombury. New York-London. 2014. pg. 189
  177. ^ Mendes, Silva. Socialismo Libertário ou Anarchismo Vol. 1 (1896): "Society should be free through mankind's spontaneous federative affiliation to life, based on the community of land and tools of the trade; meaning: Anarchy will be equality by abolition of private property (while retaining respect for personal property) and liberty by abolition of authority".
  178. ^ "...preferring a system of popular self governance via networks of decentralized, local, voluntary, participatory, cooperative associations-sometimes as a complement to and check on state power..."
  179. ^ Rocker, Rudolf (2004). Anarcho-Syndicalism: Theory and Practice. AK Press. p. 65. ISBN 978-1-902593-92-0.
  180. ^ "LibSoc share with LibCap an aversion to any interference to freedom of thought, expression or choice of lifestyle." Roderick T. Long. "Toward a libertarian theory of class." Social Philosophy and Policy. Volume 15. Issue 02. Summer 1998. pp 305
  181. ^ "...what categorizes libertarian socialism is a focus on forms of social organization to further the freedom of the individual combined with an advocacy of non-state means for achieving this." Matt Dawson. Late modernity, individualization and socialism: An Associational Critique of Neoliberalism. Palgrave MacMillan. 2013. pg. 64
  182. ^ "What is implied by the term 'libertarian socialism'?: The idea that socialism is first and foremost about freedom and therefore about overcoming the domination, repression, and alienation that block the free flow of human creativity, thought, and action...An approach to socialism that incorporates cultural revolution, women's and children's liberation, and the critique and transformation of daily life, as well as the more traditional concerns of socialist politics. A politics that is completely revolutionary because it seeks to transform all of reality. We do not think that capturing the economy and the state lead automatically to the transformation of the rest of social being, nor do we equate liberation with changing our life-styles and our heads. Capitalism is a total system that invades all areas of life: socialism must be the overcoming of capitalist reality in its entirety, or it is nothing." "What is Libertarian Socialism?" by Ulli Diemer. Volume 2, Number 1 (Summer 1997 issue) of The Red Menace.
  183. ^ "The IAF - IFA fights for : the abolition of all forms of authority whether economical, political, social, religious, cultural or sexual.""Principles of The International of Anarchist Federations" Archived January 5, 2012, at the Wayback Machine
  184. ^ Ward, Colin (1966). "Anarchism as a Theory of Organization". Archived from the original on 25 March 2010. Retrieved 1 March 2010.
  185. ^ "The Soviet Union Versus Socialism". chomsky.info. Retrieved 2015-11-22. Libertarian socialism, furthermore, does not limit its aims to democratic control by producers over production, but seeks to abolish all forms of domination and hierarchy in every aspect of social and personal life, an unending struggle, since progress in achieving a more just society will lead to new insight and understanding of forms of oppression that may be concealed in traditional practice and consciousness.
  186. ^ "Authority is defined in terms of the right to exercise social control (as explored in the "sociology of power") and the correlative duty to obey (as explred in the "philosophy of practical reason"). Anarchism is distinguished, philosophically, by its scepticism towards such moral relations – by its questioning of the claims made for such normative power – and, practically, by its challenge to those "authoritative" powers which cannot justify their claims and which are therefore deemed illegitimate or without moral foundation."Anarchism and Authority: A Philosophical Introduction to Classical Anarchism by Paul McLaughlin. AshGate. 2007. p. 1
  187. ^ "Anarchism, then, really stands for the liberation of the human mind from the dominion of religion; the liberation of the human body from the dominion of property; liberation from the shackles and restraint of government. Anarchism stands for a social order based on the free grouping of individuals for the purpose of producing real social wealth; an order that will guarantee to every human being free access to the earth and full enjoyment of the necessities of life, according to individual desires, tastes, and inclinations." Emma Goldman. "What it Really Stands for Anarchy" in Anarchism and Other Essays.
  188. ^ Individualist anarchist Benjamin Tucker defined anarchism as opposition to authority as follows "They found that they must turn either to the right or to the left, — follow either the path of Authority or the path of Liberty. Marx went one way; Warren and Proudhon the other. Thus were born State Socialism and Anarchism...Authority, takes many shapes, but, broadly speaking, her enemies divide themselves into three classes: first, those who abhor her both as a means and as an end of progress, opposing her openly, avowedly, sincerely, consistently, universally; second, those who profess to believe in her as a means of progress, but who accept her only so far as they think she will subserve their own selfish interests, denying her and her blessings to the rest of the world; third, those who distrust her as a means of progress, believing in her only as an end to be obtained by first trampling upon, violating, and outraging her. These three phases of opposition to Liberty are met in almost every sphere of thought and human activity. Good representatives of the first are seen in the Catholic Church and the Russian autocracy; of the second, in the Protestant Church and the Manchester school of politics and political economy; of the third, in the atheism of Gambetta and the socialism of Karl Marx." Benjamin Tucker. Individual Liberty.
  189. ^ Anarchist historian George Woodcock report of Mikhail Bakunin's anti-authoritarianism and shows opposition to both state and non-state forms of authority as follows: "All anarchists deny authority; many of them fight against it." (p. 9)...Bakunin did not convert the League's central committee to his full program, but he did persuade them to accept a remarkably radical recommendation to the Berne Congress of September 1868, demanding economic equality and implicitly attacking authority in both Church and State."
  190. ^ Brown, L. Susan (2002). "Anarchism as a Political Philosophy of Existential Individualism: Implications for Feminism". The Politics of Individualism: Liberalism, Liberal Feminism and Anarchism. Black Rose Books Ltd. Publishing. p. 106.
  191. ^ "It is forgotten that the early defenders of commercial society like (Adam) Smith were as much concerned with criticising the associational blocks to mobile labour represented by guilds as they were to the activities of the state. The history of socialist thought includes a long associational and anti-statist tradition prior to the political victory of the Bolshevism in the east and varieties of Fabianism in the west. John O'Neil." The Market: Ethics, knowledge and politics. Routledge. 1998. Pg. 3
  192. ^ "In some ways, it is perhaps fair to say that if Left communism is an intellectual- political formation, it is so, first and foremost, negatively – as opposed to other socialist traditions. I have labelled this negative pole 'socialist orthodoxy', composed of both Leninists and social democrats...What I suggested was that these Left communist thinkers differentiated their own understandings of communism from a strand of socialism that came to follow a largely electoral road in the West, pursuing a kind of social capitalism, and a path to socialism that predominated in the peripheral and semi- peripheral countries, which sought revolutionary conquest of power and led to something like state capitalism. Generally, the Left communist thinkers were to find these paths locked within the horizons of capitalism (the law of value, money, private property, class, the state), and they were to characterize these solutions as statist, substitutionist and authoritarian." Chamsy el- Ojeili. Beyond post-socialism. Dialogues with the far-left. Palgrave Macmillan. 2015. pg 8
  193. ^ Sims, Franwa (2006). The Anacostia Diaries As It Is. Lulu Press. p. 160.
  194. ^ An Anarchist FAQ. "(Benjamin) Tucker referred to himself many times as a socialist and considered his philosophy to be "Anarchistic socialism."
  195. ^ Armand, Émile (1907). "Anarchist Individualism as a Life and Activity". French individualist anarchist Émile Armand shows clearly opposition to capitalism and centralized economies when he said that the individualist anarchist "inwardly he remains refractory – fatally refractory – morally, intellectually, economically (The capitalist economy and the directed economy, the speculators and the fabricators of single are equally repugnant to him.)"
  196. ^ Sabatini, Peter (1994–1995). "Libertarianism: Bogus Anarchy". Anarchist Peter Sabatini reports that in the United States "of early to mid-19th century, there appeared an array of communal and "utopian" counterculture groups (including the so-called free love movement). William Godwin's anarchism exerted an ideological influence on some of this, but more so the socialism of Robert Owen and Charles Fourier. After success of his British venture, Owen himself established a cooperative community within the United States at New Harmony, Indiana during 1825. One member of this commune was Josiah Warren (1798–1874), considered to be the first individualist anarchist."
  197. ^ Chartier, Gary; Johnson, Charles W. (2011). Markets Not Capitalism: Individualist Anarchism Against Bosses, Inequality, Corporate Power, and Structural Poverty. Brooklyn: Minor Compositions/Autonomedia. Back cover. "It introduces an eye-opening approach to radical social thought, rooted equally in libertarian socialism and market anarchism."
  198. ^ "A Mutualist FAQ: A.4. Are Mutualists Socialists?" Archived 9 June 2009 at the Wayback Machine.
  199. ^ Masquelier, Charles (2014). Critical Theory and Libertarian Socialism: Realizing the Political Potential of Critical Social Theory. New York and London: Bloombury. p. 190. "It is by meeting such a twofold requirement that the libertarian socialism of G.D.H. Cole could be said to offer timely and sustainable avenues for the institutionalization of the liberal value of autonomy [...]."
  200. ^ Prichard, Alex; Kinna, Ruth; Pinta, Saku; Berry, Dave, eds. (December 2012). Libertarian Socialism: Politics in Black and Red. Palgrave Macmillan. p. 13. "Locating libertarian socialism in a grey area between anarchist and Marxist extremes, they argue that the multiple experiences of historical convergence remain inspirational and that, through these examples, the hope of socialist transformation survives."
  201. ^ Boraman, Toby (December 2012). "Carnival and Class: Anarchism and Councilism in Australasia during the 1970s". In Prichard, Alex; Kinna, Ruth; Pinta, Saku; Berry, Dave, eds. Libertarian Socialism: Politics in Black and Red. Palgrave Macmillan. p. 268. "Councilism and anarchism loosely merged into 'libertarian socialism', offering a non-dogmatic path by which both council communism and anarchism could be updated for the changed conditions of the time, and for the new forms of proletarian resistance to these new conditions."
  202. ^ Bookchin, Murray (1992). "The Ghost of Anarcho-Syndicalism".
  203. ^ Graham, Robert. "The General Idea of Proudhon's Revolution".
  204. ^ Bromley, Kent (1906). "Preface". In Kropotkin, Peter. The Conquest of Bread. London and New York City: G. P. Putnam's Sons.
  205. ^ Mutualist.org Introduction
  206. ^ Miller, David. 1987. "Mutualism." The Blackwell Encyclopedia of Political Thought. Blackwell Publishing. p. 11
  207. ^ Tandy, Francis D., 1896, Voluntary Socialism, chapter 6, paragraph 15.
  208. ^ Sharma, R.N. (1991). Plato: An Inter-disciplinary Perspective. New Delhi, India: Atlantic Publishers and Distributors. pp. 131–132.
  209. ^ Marvin Perry, Myrna Chase, Margaret Jacob, James R. Jacob. Western Civilization: Ideas, Politics, and Society – From 1600, Volume 2. 9th ed. Boston, Massaschussetts: Houghton Mifflin Harcourt Publishing Company, 2009 pp. 760
  210. ^ "The most ambitious contribution to literary anarchism during the 1890s was undoubtedly Oscar Wilde The Soul of Man under Socialism. Wilde, as we have seen, declared himself an anarchist on at least one occasion during the 1890s, and he greatly admired Peter Kropotkin, whom he had met. Later, in De Profundis, he described Kropotkin's life as one "of the most perfect lives I have come across in my own experience" and talked of him as "a man with a soul of that beautiful white Christ that seems coming out of Russia." But in The Soul of Man under Socialism, which appeared in 1890, it is Godwin rather than Kropotkin whose influence seems dominant." George Woodcock. Anarchism: A History of Libertarian Ideas and Movements. 1962. (p. 447).
  211. ^ _wlo:dek. "Emil Armand "Anarchist Individualism as a Life and Activity"".
  212. ^ a b c Imperfect garden : the legacy of humanism. Princeton University Press. 2002.
  213. ^ "Dictionary.com - The world's favorite online dictionary!". Archived from the original on 2010-11-19.
  214. ^ "Emerson, Ralph Waldo - Internet Encyclopedia of Philosophy".
  215. ^ How the early Christian church gave birth to today’s WEIRD Europeans
  216. ^ Western Individualism May Have Roots In The Medieval Church's Obsession With Incest
  217. ^ "Catechism of the Catholic Church 2792".

Further reading