レナード・ブルームフィールド

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
レナード・ブルームフィールド
生まれ1887-04-011887年4月1日
死亡しました1949年4月18日(1949-04-18)(62歳)
国籍アメリカン
母校ハーバード大学ウィスコンシン大学、シカゴ大学、ライプツィヒ大学、ゲッティンゲン大学
配偶者たち)アリスセイヤーズ
科学的キャリア
田畑言語学民族言語学
機関シンシナティ大学、イリノイ大学、オハイオ州立大学シカゴ大学イェール大学
影響アウグスト・レスキーンカール・ブルークマン、ヘルマン・オルデンベルクヤーコプ・ヴァッカーナゲル、パーニーニジョン・B・ワトソン[1]
影響を受けチャールズ・ホケットゼリグ・ハリス[2]

レナード・ブルームフィールド(1887年4月1日– 1949年4月18日)は、1930年代から1940年代にかけて、米国の構造言語学の発展を主導したアメリカの言語学者でした彼はアメリカの分布主義の父であると考えられています[3] [4] 1933年に出版された彼の影響力のある教科書Languageは、アメリカの構造言語学の包括的な説明を提示しました。[5]彼は、インド・ヨーロッパ語族の歴史言語学オーストロネシア語族の言語の説明、およびアルゴンキン語族の言語の説明に多大な貢献をしました

ブルームフィールドの言語学へのアプローチは、言語学の科学的根拠に重点を置き、言語データの分析のための正式な手順に重点を置いていることを特徴としていました。[要出典]ノーム・チョムスキーによって開発された生成文法の理論が支配的に なるにつれて、ブルームフィールドの構造言語学の影響は1950年代後半から1960年代に減少しました。

初期の生活と教育

ブルームフィールドは、1887年4月1日イリノイ州シカゴでユダヤ人の両親(シグムンド・ブルームフィールドとキャロラ・ブーバー・ブルームフィールド)に生まれました。彼の父は1868年に子供として米国に移住しました。元の家系の名前Blumenfeldは、到着後にBloomfieldに変更されました。[6] 1896年に彼の家族はウィスコンシン州エルクハートレイクに移り、そこで小学校に通ったが、中等学校のためにシカゴに戻った。[7]彼の叔父のモーリス・ブルームフィールドはジョンズ・ホプキンス大学著名な言語学者であり[8] [9]そして彼の叔父のファニー・ブルームフィールド・ザイスラー有名なコンサートピアニストでした。[8]

ブルームフィールドは、出席したハーバード大学で卒業、1903年から1906年までのAB程度。[9] 彼はその後で、大学院の仕事を始めたウィスコンシン大学でコースを取って、ドイツやゲルマン言語学その他のインド・ヨーロッパ言語のコースに加えて、。[10]ウィスコンシン大学の教員である印欧語学者のエドゥアルド・プロコッシュとの会談は、ブルームフィールドに言語学のキャリアを追求するよう説得した。[9] 1908年、ブルームフィールドはシカゴ大学に移り、フランシスA.ウッドとインドヨーロッパ語族でドイツ語とインドヨーロッパ語族のコースを受講しました。カールダーリングバックゲルマンの歴史言語学における彼の博士論文、ゲルマンの二次的母音交替における意味論的分化は、ウッドによって監督され、彼は1909年に卒業しました。

彼は1913年と1914年にライプツィヒ大学とゲッティンゲン大学で、主要なインドヨーロッパ人のアウグスト・レスキーンカール・ブルークマン、そしてヴェーダ語サンスクリットの専門家であるヘルマン・オルデンベルクとともにさらなる研究を行いました。ブルームフィールドはまた、ゲッティンゲンでサンスクリット語の専門家であるヤコブヴァッカーナゲルに師事し、ワッカーナゲルとサンスクリット語の文法的伝統であるパーニーニに関連する厳密な文法分析の両方を、彼の歴史的および記述的研究の両方に重要な影響を与えたと考えました。[11] [12]ヨーロッパでのさらなる訓練は、イリノイ大学のインストラクターから助教のランクまで。[13]

キャリア

ブルームフィールドは、1909年から1910年にシンシナティ大学でドイツ語のインストラクターを務めました。イリノイ大学アーバナシャンペーン校のドイツ語講師、1910年から1913年。比較言語学およびドイツ語の助教授、イリノイ大学、1913年から1921年。オハイオ州立大学のドイツ語および言語学の教授、1921年から1927年。シカゴ大学のゲルマン学教授、1927年から1940年。イェール大学の言語学のスターリング教授、1940〜 1949年。 1925年の夏、ブルームフィールドはカナダ鉱山局でカナダ地質調査部の民族学者補佐として働き、プレーンズクリー言語フィールドワーク;この役職は、当時カナダ地質調査部、カナダ地質調査部、ビクトリア博物館、人類学部長を務めていたエドワード・サピアによって手配されました[14] [15] 1946年5月、彼は衰弱性脳卒中を患い、それが彼のキャリアを終わらせた。[16]

ブルームフィールドは、アメリカ言語学会の創設メンバーの1人でした。 1924年、ジョージM.ボリング(オハイオ州立大学)およびエドガースターテバント(イェール大学)とともに、彼は協会の創設を組織する委員会を結成し、協会の設立の呼びかけを起草しました。[17] [18]彼は、協会のジャーナル言語創刊号に主要な記事を寄稿し[19]、1935年に協会の会長を務めた。[20]彼は、1938年から1941年に協会の夏の言語研究所で教鞭を執った。 1938年から1940年にかけてミシガン州アナーバーで開催された研究所、および1941年にノースカロライナ州チャペルヒル[21]

インド・ヨーロッパ語族

ブルームフィールドの初期の研究は、彼の論文から始まり、インド・ヨーロッパ語族とゲルマン語の音韻論と形態論に関する多くの論文を続けて、歴史的なゲルマン研究にありました。[22] [23] ドイツでの彼のポスドク研究は、インド・ヨーロッパ語族の歴史研究を依然として支配していた青年文法学派の伝統に関する彼の専門知識をさらに強化した。[24]ブルームフィールドは彼のキャリアを通して、特に彼の初期のキャリアの間に、歴史言語学の基本的な概念として定期的な音の変化の青年文法学派の原則を強調した。[19] [25]

ブルームフィールドの論文を超えたインドヨーロッパでの研究は、多くの書評に加えて、サンスクリット語の口蓋音に関する記事[26]と、サンスクリット語の文法的伝統に関する1つの記事[27]に限定されていました。ブルームフィールドは、彼の教科書、言語入門(1914)と彼の独創的な言語(1933)の両方で歴史的および比較の原則を説明するために、インド・ヨーロッパ語族の資料を広範に利用しました。 [28]彼の教科書では、音変化の規則性に関する主要な青年文法学派の仮説を支持するインド・ヨーロッパ語族の例を選択し、比較研究で成功するために不可欠な一連のステップを強調しました。分析しました。(b)比較方法の適用; (c)プロトタイプの再構築。[28]彼はさらに、必要に応じて方言研究の重要性を強調し、名声などの社会学的要因の重要性と意味の影響に注目した。[29]定期的な言語の変化に加えて、ブルームフィールドは借用類推も可能にしました[30]

ブルームフィールドのインド・ヨーロッパ語族の研究には、「インド・ヨーロッパ語族の理論的根拠を明確に述べた」と「インド・ヨーロッパ語族の研究を一般言語学の範囲内でしっかりと確立した」という2つの広い意味があったと主張されています。[31]

サンスクリット語の研究

ブルームフィールドは、1913年と1914年にドイツの主要なインドヨーロッパ人との訓練の一環として、紀元前5世紀または4世紀にインド北西部に住んでいたパーニニに端を発するサンスクリット語の文法的伝統を研究しました。 [32]パーニニの文法は、サンスクリット語の言語形式を説明する際のその極端な徹底性と明確さ、およびその複雑な文脈依存のルールベースの生成構造によって特徴付けられます。 Bloomfieldは、「Pāṇiniは、音の変化(アクセントを含む)と意味の正確なステートメントを使用して、すべての語形変化、複合語、または派生語の形成を提供します」と述べています。[33]ブルームフィールドは、アルゴンキアニストのトルーマン・マイケルソンへの手紙の中で、「私のモデルはパニーニであり、私の教師であるバーゼルのワッカーナゲル教授がインド・ヨーロッパ語族で行った仕事のようなものです」と述べています。[34]

Pāṇiniの体系的な分析アプローチには、(a)文法規則の形成、(b)音の目録、(c)サブリストに編成された言語ルートのリスト、および(d)モーフのクラスのリストのコンポーネントが含まれます。[35]ブルームフィールドの教科書言語における主要な言語的アイデアへのアプローチは、言語形式自由形式などの基本概念の取り扱いにおけるパーニニの影響を反映しています。同様に、パーニニは、複合語を説明するために使用されるエキソセントリックおよびエンドセントリックという用語をブルームフィールドが使用するため情報です[36] [37] Pāṇiniの概念は東オタワ語に見られます、1958年に死後に出版された、特に形態素ゼロの概念の彼の使用、明白な認識を持たない形態素。[38] Pāṇiniの影響は、1962年に死後に出版された東部オジブワ語と後のメノミニー語の両方で品詞を決定するブルームフィールドのアプローチにも存在します(ブルームフィールドは「フォームクラス」という用語を使用します) 。 [39]

オーストロネシア語族

イリノイ大学にいる間、ブルームフィールドはフィリピンで話されているオーストロネシア語族タガログの研究に着手しました。彼は、1914年から1917年まで大学の工学部の学生だったアルフレドビオラサンティアゴと言語フィールドワークを実施しました。結果は、広範な文法に加えて、サンティアゴによって口述された一連のテキストを含む、文法分析付きのタガログテキストとして公開されました。テキスト内のすべての単語の説明と分析。[40]フィールド調査の開始から出版まで、タガログ語に関するブルームフィールドの作業は2年以内でした。[41]彼のタガログ語の研究は、「オーストロネシア語族の最良の扱い...その結果は、完全性、正確性、および豊富な例証でこれまでにないタガログ語の記述です」と説明されています。[42]

オーストロネシア語に関するブルームフィールドの他の唯一の出版物は、イェール大学の学生であったイロカノ語の母国語話者で行われた研究に基づいた、イロカノ語の構文に関する記事でした。この記事は、「Ilocanoの分類学的構文全体を7ページ未満でカバーしているため、tourdeforce」と説明されています。[43] [44]

アルゴンキン言語学

アルゴンキン語に関するブルームフィールドの研究には、記述的要素と比較要素の両方がありました。彼は、 FoxCreeMenomineeOjibweの4つのアルゴンキン語を幅広く出版し、文法、辞書、テキストコレクションを出版しました。ブルームフィールドは、彼の記述的研究で収集された資料を使用して、プロトアルゴンキアンの再構築につながる比較研究を行い、初期の研究ではプロトアルゴンキアンの音響システムを再構築しました[45]。その後、彼の音韻分析を改良し、アルゴンキン語の文法の一般的な特徴に関する広範な歴史的情報を追加した、より広範な論文。[46]

Bloomfieldは、Cree、Menominee、およびOjibweのフィールド調査を実施し、以前に公開されたFoxテキストコレクションの資料を分析しました。彼の最初のアルゴンキン研究は、1919年頃に始まり、ウィリアム・ジョーンズトルーマン・マイケルソンによって出版されたフォックス語のテキストコレクションの研究を含みました[47] [48]これらのコレクションのテキストを調べて、ブルームフィールドは文法情報を抜粋して、フォックスの文法スケッチを作成しました。[49]彼の抜粋された資料に基づくフォックスの語彙は死後に出版された。[50]

ブルームフィールドは1920年と1921年の夏にメノミニーのフィールド調査を実施し、1939年9月にさらに簡単なフィールド調査を行い、1930年代後半にシカゴのメノミニースピーカーから断続的に訪問しました。[51] 1937年と1938年にモリス・スワデシュ によって収集された資料は、多くの場合ブルームフィールドからの特定の質問に応えて、彼の情報を補足した。[52]重要な出版物には、メノミニー族の音韻交替に関する理論的に重要な記事に加えて、テキストのコレクション[53]文法と語彙目録(両方とも死後に出版された)[54] [55]が含まれます。 [56]

ブルームフィールドは、1925年にサスカチュワン州スイートグラス保護区とスターブランケット保護区のプレーンズクリーの講演者の間でフィールド調査を実施し、2巻のテキストと死後の語彙集を作成しました。[57] [58] [59]彼はまた、マニトバ州ザパスでスワンピークリーの簡単フィールドワークを行った。スワンピークリーに関するブルームフィールドの研究は、例外のない音韻変化の仮説の予測力をサポートするためのデータを提供しました。[25]

ブルームフィールドのオジブワに関する最初の研究は、19世紀の文法と辞書に加えて、ウィリアム・ジョーンズによって収集されたテキストの研究によるものでした。[60] [61] 1938年にミシガン州アナーバーのミシガン大学で開催されたアメリカ言語学会でミシガンサギノーで生まれたオタワ語の話者であるアンドリュー・メドラーとフィールドメソッドのクラスを教えた。、しかし彼の人生のほとんどをオンタリオ州ウォルポール島で過ごしました。結果として得られた文法的な説明、転写された文、テキスト、および語彙は、死後、単一のボリュームで公開されました。[62]1941年、ブルームフィールドはノースカロライナ州チャペルヒルにあるノースカロライナ大学で開催された1941年言語学研究所で、オタワ語の方言話者であるアンジェリンウィリアムズと協力し、死後出版された大量のテキストを作成しました。[63]

選択した出版物

  • ブルームフィールド、レナード。1909/1910。「ゲルマンの二次母音におけるセマシオロジカルな分化」。現代文献学7:245–288; 345〜382。
  • ブルームフィールド、レナード(1911年)。「サンスクリット語のインド・ヨーロッパ語族」。American Journal ofPhilology32(1):36–57。土井10.2307 / 288802hdl2027 / uiuo.ark:/ 13960 / t0mt16d4tJSTOR288802 _
  • ブルームフィールド、レナード。1914.言語研究入門ニューヨーク:ヘンリーホルト。1983年に転載、ジョン・ベンジャミンズ。2009年4月19日取得。ISBN90-272-1892-7 
  • ブルームフィールド、レナード(1914a)。「文と言葉」。アメリカ言語学協会の取引と議事録45:65–75。土井10.2307 / 282688JSTOR282688 _
  • ブルームフィールド、レナード(1916年)。「主語と述語」。アメリカ言語学協会の取引と議事録47:13–22。土井10.2307 / 282823JSTOR282823 _
  • ブルームフィールド、レナード。1917.文法分析によるタガログ語テキストイリノイ大学の言語と文学の研究、3.2-4。イリノイ州アーバナ。
  • ブルームフィールド、レナード(1925)。「なぜ言語社会なのか?」言語1(1):1–5。JSTOR409544 _
  • ブルームフィールド、レナード(1925a)。「中央アルゴンキン語群のサウンドシステムについて」。言語1(4):130–156。土井10.2307 / 409540JSTOR409540 _
  • ブルームフィールド、レナード。1925-1927。「フォックス語に関する注記」International Journal of American Linguistics 3:219-232; 4:181-219
  • ブルームフィールド、レナード(1926)。「言語科学のための一連の仮定」 (PDF)言語2(3):153–164。土井10.2307 / 408741hdl11858 / 00-001M-0000-002A-5F51-4JSTOR408741 _(転載:Martin Joos編、Readings in Linguistics I、シカゴおよびロンドン:シカゴ大学出版局1957、26-31)。
  • ブルームフィールド、レナード(1927)。「Pāṇiniのいくつかのルールについて」。アメリカンオリエンタルソサエティジャーナル47:61–70。土井10.2307 / 593241JSTOR593241 _
  • ブルームフィールド、レナード(1927a)。「読み書きのできないスピーチ」アメリカンスピーチ2(10):432–441。土井10.2307 / 451863JSTOR451863 _ S2CID147012813 _
  • ブルームフィールド、レナード。1928年。メノミニー族のテキスト。アメリカ民族学会の出版物12.ニューヨーク:GE Stechert、エージェント。[1974年に転載。ニューヨーク:AMS Press] ISBN 0-404-58162-5 
  • ブルームフィールド、レナード(1928a)。「音の変化についてのメモ」。言語4(2):99–100。土井10.2307 / 408791JSTOR408791 _
  • ブルームフィールド、レオンダード。1929. Bruno Liebich、1928、KonkordanzPāṇini-Candra、Breslau:M.&H。Marcusのレビュー。言語5:267–276。チャールズ・ホケットで転載。1970年、219〜226ページ。
  • ブルームフィールド、レナード。1930年。スウィートグラスクリーの神聖な物語カナダ国立博物館会報、60(人類学シリーズ11)。オタワ。[1993年に再版、サスカトゥーン、SK:フィフスハウス]。ISBN 1-895618-27-4 
  • ブルームフィールド、レナード。1933年。言語ニューヨーク:ヘンリーホルト。ISBN 0-226-06067-5ISBN 90-272-1892-7  
  • ブルームフィールド、レナード。1934年。プレーンズクリーのテキストAmerican Ethnological Society Publications16。ニューヨーク。[1974年に再版、ニューヨーク:AMS Press]
  • ブルームフィールド、レナード。1935年。「科学の言語学的側面」。科学哲学2/4:499–517。
  • ブルームフィールド、レナード。1939年。「メノミニ形態音韻論」。EtudesphonologiquesdédiéesàlamémoiredeM.leprince NS Trubetzkoy、105–115。Travaux du Cercle Linguistiquedeプラハ8.プラハ。
  • ブルームフィールド、レナード。1939a。科学の言語学的側面シカゴ:シカゴ大学出版局。ISBN 0-226-57579-9 
  • ブルームフィールド、レナード(1942年)。「イロカノ構文の概要」。言語18(3):193–200。土井10.2307 / 409552JSTOR409552 _
  • ブルームフィールド、レナード。1942a。外国語の実践的な学習のための概要ガイド。ボルチモア:アメリカ言語学会。
  • ブルームフィールド、レナード。1946年。「アルゴンキン」。ハリー・ホイヤー他編、ネイティブ・アメリカンの言語構造、 85〜129ページ。人類学におけるバイキング基金の出版物6.ニューヨーク:ウェナーグレン財団。
  • ブルームフィールド、レナード。1958年。東オタワ。エド。チャールズF.ホケット。アンアーバー:ミシガン大学出版局。
  • ブルームフィールド、レナード。1962年。メノミニー語。エド。チャールズF.ホケット。ニューヘブン:エール大学プレス。
  • ブルームフィールド、レナード。1975年。メノミニレキシコン。エド。チャールズF.ホケット。人類学と歴史におけるミルウォーキー公立博物館の出版物。ミルウォーキー:ミルウォーキー公立博物館。
  • ブルームフィールド、レナード。1984年。クリー語-英語の語彙集。エド。チャールズF.ホケット。ニューヘブン:ヒューマンリレーションズエリアファイル。ISBN 99954-923-9-3 
  • ブルームフィールド、レナード。1984b。Fox-英語の語彙集。エド。チャールズF.ホケット。ニューヘブン:ヒューマンリレーションズエリアファイル。ISBN 99954-923-7-7 

メモ

  1. ^ 戦った、ジョンG.、1999a、p。233。
  2. ^ ハリス、ランディアレン、1995年、、 p。27。
  3. ^ フラック、パトリック(2016)。「ロマーン・ヤーコブソンとドイツ思想の構造主義パラダイムへの移行」土井10.17613 / M6BX9Z {{cite journal}}引用ジャーナルには|journal=ヘルプ)が必要です
  4. ^ 「ハリスの分布主義は通常、言語学から意味を排除するための「ブルームフィールズ」の主張された努力の主要な模範として表されます実際、それは発話の形式とそれが伝える意味が同じものの2つの側面であるというレナードブルームフィールドの主張を説明します。それは、ハリスを彼の知的相続人と見なしたエドワード・サピアによって例示された言語データの構成とパターンの検索と深い関係があります。」ゼリグ・ハリス、説明
  5. ^ ブルームフィールド、レナード、1933年
  6. ^ Depres、レオン、1987年、p。11、Fn。1
  7. ^ Hall、Robert、1990、pp。5–6
  8. ^ a b Despres、Leon、1987、p。4
  9. ^ a b c Bloch、Bernard、1949、p。87
  10. ^ Hall、Robert、1990年、7〜8ページ
  11. ^ Hall、Robert、1990、p。16
  12. ^ Rogers、David、1987
  13. ^ Hall、Robert、1990年、13〜14ページ
  14. ^ Bloch、Bernard、1949、p。88
  15. ^ ホケット、チャールズ、1987年、p。40
  16. ^ 生まれ、レナーテ(2005)、「ブルームフィールド、レナード」、ストラージュニー、フィリップ(編)、「言語学百科事典」、ニューヨーク:フィッツロイディアボーン
  17. ^ 匿名、1925年
  18. ^ Hall、Robert、1990、p。27
  19. ^ a b ブルームフィールド、レナード、1925年
  20. ^ ホケット、チャールズ、1970、323
  21. ^ Blochは1938–40のみをリストしますが、Hallは1938–1941をリストします。ブロッホ、ベルナール、1949、88; ホール、ロバート、1990年、p。52
  22. ^ ブルームフィールド、レナード、1909/1910
  23. ^ ブロッホ、ベルナール、1949、88
  24. ^ Lehman、Winfred、1987年、163〜164ページ
  25. ^ a b ブルームフィールド、レナード、1928a
  26. ^ ブルームフィールド、レナード、1911年
  27. ^ ブルームフィールド、レナード、1927年
  28. ^ a b Lehmann、Winfred、1987、pp。164–165
  29. ^ レーマン、ウィンフレッド、1987、165
  30. ^ リーマン、ウィンフレッド、1987、167
  31. ^ レーマン、ウィンフレッド、1987年、167〜168ページ
  32. ^ カルドナ、ジョージ(1997)。Pāṇini:調査の調査デリー:MotilalBanarsidass。ISBN 8120814940OCLC1014545991 _
  33. ^ ブルームフィールド、レナード、1929、274; Rogers、David、1987、p。88
  34. ^ ホケット、チャールズ、1987年、p。41
  35. ^ Rogers、David、1987、90
  36. ^ Wujastyk、Dominik(1982)。「ブルームフィールドとサンスクリット語の「エキソセントリック」および「エンドセントリック」という用語の由来" 。HistoriographiaLinguistica。9 1–2 179–184。doi10.1075 / hl.9.1-2.19wuj。ISSN0302-5160 
  37. ^ Rogers、David、1987年、103〜114ページ
  38. ^ Rogers、David、1987年、120〜122ページ
  39. ^ Rogers、David、1987年、126〜128ページ
  40. ^ ホケット、チャールズF.、1970年、78〜79ページ
  41. ^ Wolff、John、1987、p。174
  42. ^ Wolff、John、1987、p。173
  43. ^ Wolff、John、1987、p。176
  44. ^ ブルームフィールド、レナード、1942年
  45. ^ ブルームフィールド、レナード、1925a
  46. ^ ブルームフィールド、レナード、1946年
  47. ^ ジョーンズ、ウィリアム、1907
  48. ^ マイケルソン、トルーマン、1921年
  49. ^ ブルームフィールド、レナード、1925年から1927年
  50. ^ ブルームフィールド、レナード、1984b
  51. ^ ゴダード、アイブス、1987年、179ページ、187〜188ページ
  52. ^ ゴダード、アイブス、1987年、179〜180ページ
  53. ^ ブルームフィールド、レナード、1928
  54. ^ ブルームフィールド、レナード、1962年
  55. ^ ブルームフィールド、レナード、1975年
  56. ^ ブルームフィールド、レナード、1939年
  57. ^ ブルームフィールド、レナード、1930年
  58. ^ ブルームフィールド、レナード、1934年
  59. ^ ブルームフィールド、レナード、1984年
  60. ^ ジョーンズ、ウィリアム、1917年、1919年
  61. ^ ゴダード、アイブス、1987年
  62. ^ ブルームフィールド、レナード、1958年
  63. ^ ニコルズ、ジョンとレナードブルームフィールド編、1991年

参考文献

  • 匿名(1925)。「組織会議の呼びかけ」。言語1(1):6–7。JSTOR409545 _
  • ベルナール・ブロック(1949)「レナードブルームフィールド」。言語25(2):87–89。JSTOR  409937
  • デスプレ、レオンM. 1987年。「レナードブルームフィールドの私の思い出」。ロバート・A・ホール・ジュニア編、レナード・ブルームフィールド:彼の人生と仕事に関するエッセイ、 pp。3–14。フィラデルフィア:ジョンベンジャミンズ。ISBN 90-272-4530-4 
  • 戦った、ジョンG.1999a。レナードブルームフィールド:伝記スケッチテイラーアンドフランシス。
  • 戦った、ジョンG.1999b。「レナード・ブルームフィールドの言語的遺産:後でいくつかの技術的機能を使用する」。Historiographica linguistica 26/3:313–332。[1] [永久リンク切れ]
  • ゴダード、アイブス。1987年。「レナード・ブルームフィールドによるアルゴンキンの記述的および比較研究」。ロバート・A・ホール・ジュニア編、レナード・ブルームフィールド:彼の人生と仕事に関するエッセイ、 179〜217ページ。フィラデルフィア:ジョンベンジャミンズ。ISBN 90-272-4530-4 
  • ホール、ロバートA.ジュニア1987年。レナードブルームフィールド:彼の人生と仕事についてのエッセイアムステルダム:ベンジャミン。ISBN 90-272-4530-4 
  • ホール、ロバートA. 1987年。「ブルームフィールドとセマンティクス」。Robert A. Hall、Jr.、ed。、Leonard Bloomfield:Essays on his life and work、pp。155–160。フィラデルフィア:ジョンベンジャミンズ。ISBN 90-272-4530-4 
  • ホール、ロバートA.ジュニア1990年。言語のための生活:レナードブルームフィールドの伝記の回顧録。フィラデルフィア:ジョンベンジャミンズ。ISBN 1-55619-350-5 
  • ホケット、チャールズF.編、1970年。レナードブルームフィールドアンソロジー。ブルーミントン:インディアナ大学プレス。ISBN 0-226-06071-3 
  • ハリス、ランディアレン。1995年。言語学戦争ニューヨーク:オックスフォード大学出版局。
  • ホケット、チャールズF. 1987年。「ブルームフィールドからミシェルソンとサピルへの手紙。」ロバート・A・ホール・ジュニア編、レナード・ブルームフィールド:彼の人生と仕事に関するエッセイ、 39〜60ページ。フィラデルフィア:ジョンベンジャミンズ。ISBN 90-272-4530-4 
  • ホケット、チャールズF. 1999年。「レナードブルームフィールド:50年後。」Historiographica linguistica 26/3:295-311。[2] [永久リンク切れ]
  • Hoenigswald、HenryM.1987。「ブルームフィールドと歴史言語学」。Robert A. Hall、Jr.、ed。、Leonard Bloomfield:Essays on his life and work、 pp。73–88。フィラデルフィア:ジョンベンジャミンズ。ISBN 90-272-4530-4 
  • ジョーンズ、ウィリアム1907年。「フォックステキスト」。American Ethnological Society Publications1。ライデン。[1974年に再版、ニューヨーク:AMS Press]
  • ジョーンズ、ウィリアム。1911.「アルゴンキン(フォックス)」。[死後、トルーマン・マイケルソンが編集]フランツ・ボアズ編、アメリカ・インディアン言語ハンドブック、パートI、735〜873ページ。アメリカ民族学局紀要40。ワシントン:スミソニアン協会。
  • ジョーンズ、ウィリアム。1917年。Ojibwaテキスト。第1巻トルーマンマイケルソン。Leiden:American Ethnological Society Publications 7.1(Vol.1)。
  • ジョーンズ、ウィリアム。1919.Ojibwaテキスト。第2巻トルーマンマイケルソン。ニューヨーク:G.Stechert。
  • リーマン、ウィンフレッドP. 1987年。「インドヨーロッパ人としてのブルームフィールド」。ロバート・A・ホール・ジュニア編、レナード・ブルームフィールド:彼の人生と仕事に関するエッセイ、 163〜172ページ。フィラデルフィア:ジョンベンジャミンズ。ISBN 90-272-4530-4 
  • マナスターラマー、アレクシス1992〜 1993年。「ブルームフィールド以来」。で:言語学者の国際会議の議事録15/1:308–310。[3] [永久リンク切れ]
  • マイケルソン、トルーマン1921年。「フォックスインディアンのフクロウの神聖なパック」。アメリカ民族学局紀要72ワシントン:スミソニアン協会。
  • マイケルソン、トルーマン。1925年。「付随する論文」。アメリカ民族学局年次報告書40:21–658。ワシントン:スミソニアン協会。
  • ニコルズ、ジョンD.およびレナードブルームフィールド編。1991年。犬の子供たち。アンジェリン・ウィリアムズが語ったアニシナアベ族のテキストウィニペグ:マニトバ大学のAlgonquian TextSocietyの出版物。ISBN 0-88755-148-3 
  • ロビンズ、RH「レナード・ブルームフィールド:男と科学の男」。言語学協会のトランザクション86:63–87。
  • Rogers、David E.1987。「LeonardBloomfieldに対するPāṇiniの影響」。ロバート・A・ホール・ジュニア編、レナード・ブルームフィールド:彼の人生と仕事に関するエッセイ、 89〜138ページ。フィラデルフィア:ジョンベンジャミンズ。ISBN 90-272-4530-4 
  • セイヤーズ、フランシスクラーク。1987年。「レナードブルームフィールドの小さな神話」。ロバート・A・ホール・ジュニア編、レナード・ブルームフィールド:彼の人生と仕事に関するエッセイ、 16〜21ページ。フィラデルフィア:ジョンベンジャミンズ。ISBN 90-272-4530-4 
  • Wolff、John U.1987。「オーストロニアニストとしてのブルームフィールド」。ロバート・A・ホール・ジュニア編、レナード・ブルームフィールド:彼の人生と仕事に関するエッセイ、 173〜178ページ。フィラデルフィア:ジョンベンジャミンズ。ISBN 90-272-4530-4 

外部リンク