レイラ・アブデルラヒム

レイラ・アブデルラヒム
2006 年 5 月、セヴァストポリのアブデルラヒム
生まれる
国籍ロシア人、スーダン人[2]
母校
職業

レイラ・アブデルラヒムは比較主義 人類学者であり無政府原始主義者の作家であり、文明荒野の物語に関する作品は人類学文学および文化研究比較文学哲学動物研究環境哲学社会学無政府原始主義思想アナキズム認識論、文明批判テクノロジー教育[3] [4]彼女は、生物システムの多様性の崩壊と環境劣化は、単一文化主義と、人間中心主義的な功利主義的機能の観点から存在を説明する文明化された存在論のせいだと考えています[5]

彼女の著書『Children's Literature,domestication,and Social Foundation:Narratives of Civilization and Wilderness』 ( Routledge 2015)および『Wild Children –domesticated Dreams:Civilization and the Birth of Education [6] 』 ( Fernwood 2013)は、児童文学の理論と批評に貢献しています。子どもを飼いならすという文明の必要性に根ざした教育。[7]

教育

アブデルラヒムはブリンマー大学で学士号を取得し、1993 年の卒業時にトーマス J. ワトソン奨学金を受け取り、ヨーロッパで人類学プロジェクトを推進しました。彼女は 1993 年から 1994 年にかけて社会科学高等研究院( École des hautes études en Sciences sociales ) または l'EHESS で卒業研究を行い、ストックホルム大学で社会科学の修士課程を修了し、その後同学部の客員研究員として働きました。社会人類学彼女は博士号を取得しました。モントリオール大学比較文学科にて。彼女の論文のタイトルは、『秩序と混沌の文学的表現: 知識、文化、社会基盤としての児童文学』では、存在論的前提が人間の自己認識 (人類学) に及ぼす影響と、そのような知識が世界の生命システムと多様性の人為的破壊に及ぼす影響を考察します。 [8]

考え

アブデルラヒムは、すべての抑圧の根源を、食物連鎖の階層における消費と共存の観点から生物と無生物の存在意義を定義する家畜化の存在論的前提にまで遡らせます。[9]古生物学の研究、動物行動学生物人類学を利用して、彼女は人間を捕食者および消費者として構築する人類学の物語の教訓に挑戦します。この批判は、文明化された経済文化と社会政治文化、そしてそれらが教育子育てのシステムだけでなく環境に及ぼす影響にも及びます。[10] [11] [12][13]文明的な物語と野生の物語に関する彼女の考察は、科学哲学進化論人類学社会学文化研究環境経済学教育文学理論など、さまざまな領域や分野に関連しています

メディア出演

アブデルラヒムは、トーマス・トイヴォネンによるドキュメンタリー映画「AnOther Story of Progress 」で、世界を代表する現代無政府原始主義哲学者の一人として紹介されています[14]

入選作品

  • アブデルラヒム、レイラ (2015)。児童文学、家畜化、社会基盤:文明と荒野の物語ニューヨーク:ラウトリッジ。ISBN 978-0-415-66110-2
  • 野生の子供たち – 飼いならされた夢: 文明と教育の誕生ハリファックス:シダウッド。2013.ISBN _ 978-1-552-66548-0

記事

  • アブデルラヒム、レイラ(2008 年 5 月)。「象徴を超えて崩壊へ」。アナーキスト図書館2012 年9 月 16 日に取得
  • アブデルラヒム、レイラ(2009 年 6 月)。「物体、愛、そして物体化について」。ポーリンコンパス2012 年9 月 16 日に取得
  • アブデルラヒム、レイラ(2009 年 11 月)。「精神破壊の本質」。ポーリンコンパス2012 年9 月 16 日に取得
  • アブデルラヒム、レイラ(2009 年 12 月)。「アバター:世界史のアナルコ原始主義的描写」。アナーキスト図書館2012 年9 月 16 日に取得
  • アブデルラヒム、レイラ(2010 年 7 月)。「子どもたちの物語における荒野と家畜化の系譜:アイデンティティのもつれを解く中での創世記と遺伝学を理解する」。ポーリンコンパス2012 年9 月 16 日に取得
  • アブデルラヒム、レイラ(2014 年 5 月)。「内なる空間の家畜化としての教育」。フィフス・エステート(391) 2015 年4 月 3 日に取得

参考文献

  1. ^ ジャンドリック、ペタル。「アナキズムのポストヒューマンの未来」(PDF)アナーキスト研究26 (1): 117 2020 年7 月 25 日に取得
  2. ^ “注目の著者レイラ・アブデルラヒム”. ラウトレッジ2020 年7 月 25 日に取得アブデルラヒムはモスクワで、多人種、多大陸、多言語を話す家族の中で生まれました。彼女は子供の頃にスーダンに移住しました。
  3. ^ ラウトレッジ。『児童文学、家畜化、社会基盤:文明と荒野の物語(ハードカバー)』。ラウトレッジ2012 年 10 月 1 日に取得
  4. ^ “「原始主義」101”. ディープグリーンフィラデルフィア。2011-05-05 2012 年 10 月 1 日に取得
  5. ^ “レイラ・アブデルラヒムとのインタビュー”. 生者の国にて2012 年 10 月 1 日に取得
  6. ^ La Déferle での「La journée contre la Civilisation」中の本の発売 (2013 年 5 月 19 日) http://www.mediarechercheaction.info/?p=602 2014 年 4 月 19 日にウェイバック マシンでアーカイブ
  7. ^ ラウトレッジ。『児童文学、家畜化、社会基盤:文明と荒野の物語(ハードカバー)』。ラウトレッジ2012 年 10 月 1 日に取得
  8. ^ アブデルラヒム、レイラ (2011-11-03)。「パピルス - モントリオール大学: 秩序と混沌の文学的表現: 知識、秩序、社会基盤としての児童文学」。パピルス.bib.umontreal.ca 2012 年 10 月 1 日に取得
  9. ^ ミルツォヴォルグ。「レイラ・アブデルラヒム - イワン・ザ・フールはいかにして文明化された教育学を打ち破ったか」。ユーチューブ2012 年 10 月 1 日に取得
  10. ^ “Coop Media de Montréal | Journalisme indépendant”. Montreal.mediacoop.ca 2012 年 10 月 1 日に取得
  11. ^ “アバター: 世界史のアナルコ原始主義的描写 (レイラ・アブデルラヒム)”. アナーキスト図書館。2010-01-21 2012 年 10 月 1 日に取得
  12. ^ 「象徴を超えて崩壊へ (レイラ・アブデルラヒム)」. アナーキスト図書館。2009-08-18 2012 年 10 月 1 日に取得
  13. ^ “家畜化、疎外、そして文明 (レイラ・アブデルラヒム)”. Montreal.mediacoop.ca 2012 年 10 月 1 日に取得
  14. ^ “もうひとつの進歩の物語 | ドキュメンタリーをオンラインで無料で視聴”. ドキュメンタリー天国2012 年 10 月 1 日に取得

外部リンク

  • レイラ・アブデルラヒムのウェブサイト
  • レイラ・アブデルラヒムのFacebook