需要の法則

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
青で示されている需要曲線は、価格と需要量が反比例しているため、左から右に下向きに傾斜しています。この関係は、特定の条件が一定のままであることを条件としています。オレンジ色で示されている供給曲線は、価格(Pe)= 80および数量(Qe)= 120で需要曲線と交差します。Pe= 80は、需要量が供給量と等しくなる均衡価格です。同様に、Qe = 120は、需要と供給の量が均衡価格になる均衡量です。したがって、需要と供給の曲線の交点は、経済における商品の効率的な配分を提供します。

ミクロ経済学では、需要法則は、価格と需要量の間に反比例の関係があることを示す基本原則です。言い換えれば、「他のすべてが等しいことを条件として、の価格が上がると(↑)、需要量は減少します(↓) ;逆に、財の価格が下がると(↓)、需要量は増加します(↑ ) "。[1] アルフレッド・マーシャルこれは次のように表現されています。「その人の何かに対する需要が高まると言うとき、私たちは彼が以前よりも多くを同じ価格で購入し、以前と同じくらい多くをより高い価格で購入することを意味します"。[2]しかし、需要の法則は、需要量の変化の方向を説明し、変化の大きさを説明しないという意味で、定性的なステートメントを作成するだけです。

需要の法則は、需要曲線と呼ばれるグラフで表され、x軸に需要量、y軸に価格が示されます。需要曲線は、需要の法則の定義により下向きに傾斜しています。需要の法則は供給の法則とも連携して機能し、経済における資源の効率的な配分、つまり均衡価格と量を提供します。

収入と他の商品の価格が一定である場合、需要量は価格に反比例して変化するというケテリスパリブスの条件に準拠している限り、価格と需要量の関係が成り立つことに注意することが重要です。[3]他のすべてが平等に保たれていなければ、需要の法則は必ずしも成り立たないかもしれません。[4]現実の世界では、他の商品の価格、消費者の収入、好みなど、価格以外の需要の決定要因がたくさんあります。[ 5]ギッフェン商品や完全に弾力性のない商品。

概要

経済学者のアルフレッド・マーシャルは、需要の法則の図解を提供しました。[2]この図解は、経済学における他のさまざまな概念や理論を定義および説明するために今日でも使用されています。需要の法則の簡単な説明は、他のすべてが等しく、より高い価格で、消費者はより少ない量の財を要求し、逆もまた同様であるということです。需要の法則は、さまざまな組織およびビジネスの状況に適用されます。価格決定、政府の政策形成などがその例です。[6]供給の法則とともに、需要の法則は私たちに均衡価格と数量を提供します。さらに、需要と供給の法則は、商品がそのレベルで価格設定される理由を説明しています。また、低価格(または高価格)の商品や資産を販売すると思われるものを購入する機会を特定するのにも役立ちます。[7]

需要の法則から理解する重要な概念は、需要と需要量の違いです。需要とは、需要曲線を指します。需要の変化は、需要曲線の変化によって示されます。一方、需要量とは、特定の価格に対応する需要曲線上の特定のポイントを指します。したがって、需要量の変化は、既存の需要曲線に沿った動きを指します。ただし、需要の法則にはいくつかの例外があります。たとえば、たばこの価格が上がっても、その需要は減りません。需要の法則の例外は、通常、以下でさらに説明するギッフェン商品とヴェブレン商品に適しています。

需要の弾力性の4つの主要なタイプは、需要の価格弾力性、需要の交差弾力性、需要の所得弾力性、および需要の広告弾力性です。[8]

歴史

有名な需要の法則は、チャールズ・ダヴェナント(1656-1714)のエッセイ、「貿易収支で人々を獲得するための考えられる方法(1699)」で最初に述べられました。[9]しかし、ジョージ・キング(1648-1712)が需要の法則のデモンストレーションを行ったとき、その理解と使用の例がずっと以前にありました。彼は、小麦の価格と収穫量の関係を表しており、結果は、収穫量が50%減少すると、価格が500%上昇することを示唆しています。このデモンストレーションは、需要の法則とその弾力性を示しています。[10]

1890年までスキップして、経済学者のアルフレッドマーシャルは、需要の法則の図解を文書化しました。[2]経済学の原則(1890)、アルフレッド・マーシャルは需要と供給を単一の分析フレームワークに調整しました。需要曲線の定式化は効用理論によって提供され、供給曲線はコストによって決定されました。この需要と供給の曲線の考え方は、市場の均衡を発展させ、他のさまざまな経済理論や概念をサポートするために今日でも使用されているものです。観察との一般的な合意により、経済学者はほとんどの状況で法律の有効性を受け入れるようになりました。エコノミストはまた、アルフレッドマーシャルを、標準的な需要と供給の図と、福祉アプリケーションや消費者余剰を含む経済分析でのそれらの使用のパイオニアと見なしています。[10]

製品価格以外の購入決定に影響を与えるものはすべて、需要曲線をシフトさせます。住宅ローン金利の例を考えてみましょう。住宅ローンの利率が高くなると、需要曲線はD0からD1に左にシフトします。これは、あらゆる価格で住宅市場の需要が少ないことを意味します。一方、住宅ローン金利が低くなると、需要曲線はD0からD2に右にシフトします。これは、すべての価格で住宅市場に対する需要が増えることを意味します。

数学的説明

関数を考えてみましょう、 どこ財に要求される量です需要関数であり、財の価格であり、価格以外のパラメータのリストです。

需要の法則は次のように述べていますここ偏微分演算子です[1]

上記の式は、要求された量でプロットされた場合(-軸と価格(-axisは、需要曲線を示します。これは、需要スケジュールとも呼ばれます。需要曲線は下向きに傾斜しており、需要量と価格の逆の関係を示しています。したがって、下向きに傾斜した需要曲線には、需要の法則が組み込まれています。

より具体的な方法で:

Qdx = f(Px、I、Py、T)[11]

これは機能的な関係です。

Qdx:一定期間に消費者が要求した数量

f =等式の両側の変数間に存在する依存関係を示す記号。

Px =良いxの価格

I =消費者の金銭的収入

Py =他の商品の価格、または商品の価格y。

T =消費者の味

用語:需要と需要量

需要と需要量の違いを理解することは非常に重要です。これらは、経済用語で異なることを意味するために使用されるためです。

一方では、需要は需要曲線を指します。需要の変化は、需要曲線が左または右にシフトすることによってグラフィカルに表されます。[1]需要曲線の変化は通常、5つの主要な要因、すなわち、購入者の数、消費者の収入、好みまたは好み、関連商品の価格、および将来の期待によって引き起こされます。

需要量の変化は、既存の需要曲線に沿った動きによって示されます。P1から開始することにより、関連する購入意欲または需要量はQ1になります。現在、価格がP2まで上がると、購入意欲が低下します。つまり、需要量はQ2です。P1Q1とP2Q2の両方の組み合わせがすでに既存の需要曲線の一部であったため、需要曲線自体は変化しませんでした。

一方、需要量とは、特定の価格に対応する需要曲線上の特定のポイントを指します。したがって、需要量は、他の決定要因を条件として、特定の価格で消費者が要求する商品またはサービスの正確な量を表します。需要量の変化は、価格の変化によってのみ引き起こされる既存の需要曲線に沿った動きによって示すことができます。

たとえば、住宅市場を例にとってみましょう。住宅価格の増減は需要曲線をシフトさせるのではなく、住宅の需要曲線に沿った動き、つまり需要量の変化を引き起こします。しかし、住宅ローンの利率(価格以外の要因)を見ると、住宅価格が変わらなくても、住宅ローンの利率が上がると、すべての価格で購入意欲が低下し、需要曲線が左にシフトします。価格は同じですが、消費者は購入額が少なくなります。[12]一方、住宅ローンの利率が低いと、すべての価格で購入する意欲が高まり、最終的には需要曲線が右にシフトします。[13]価格がまったく変わっていなくても、消費者は今やもっと買うでしょう。[12]

需要の法則の例外

一般に、財の需要量は財の価格が下がると増加し、逆もまた同様です。場合によっては、これが当てはまらないことがあります。需要の法則に従わない商品もあります。これらには、ギッフェン財ヴェブレン財、基本的または必要な財、および将来の価格変動の予想が含まれます。さらなる例外と詳細は、以下のセクションに記載されています。

ギッフェン財

ロバート・ギッフェン卿によって最初に提案されたエコノミストは、市場にギッフェン財が存在することに同意していません。ギッフェン財は、価格が上がると製品の需要が増える劣等財を表します。一例として、19世紀のアイルランドの大飢饉の間、ジャガイモはギッフェン財と見なされていました。ジャガイモはアイルランドの主食の最大の主食だったので、価格が上がると収入に大きな影響を与えました。人々は肉や野菜などの高級品を切り取って対応し、代わりにもっとジャガイモを購入しました。したがって、ジャガイモの価格が上がるにつれて、要求される量も増えました。[14]これにより、需要の基本法則に反して、需要曲線が上向きに傾斜します。[15]

ギッフェン財は、代替効果を支配する所得効果のために需要の法則に違反しますこれは、財の自己価格の変化に対する スルツキー方程式で説明できます。

右側の最初の項は置換効果であり、これは常に負です。右側の第2項は所得効果であり、正または負の場合があります。劣等財の場合、これは負であるため、これを差し引くと、正の絶対値が加算されます。所得効果の非派生的要素は、消費者の既存の財需要の尺度です。つまり、消費者が劣等財に大量の収入を費やす場合、価格の上昇により、所得効果が優勢になる可能性があります。代替効果。これは、価格に関して財の需要の正の偏導関数につながり、需要の法則に違反します。

商品価格の変動への期待

商品価格の上昇により、家計が商品価格のさらなる上昇を期待する場合、現在上昇している価格であっても、より多くの商品を購入し始める可能性があります。[6] 同様に、家計が商品の価格が下がると予想する場合、購入を延期する可能性があります。したがって、そのような場合には需要の法則に違反していると主張する人もいます。この場合、需要曲線は左から右に下がることはありません。代わりに、右上から左下への後方傾斜を示します。この曲線は、例外的な需要曲線として知られています。

基本または必要な商品

どんなに値段が高くても人々が必要とする商品は、基本的または必要な商品です。保険の対象となる薬が良い例です。そのような商品の価格の増減は、要求されるその量に影響を与えません。

株取引の特定のシナリオ

ホットハンドの誤謬に従って行動する株式購入者は、株価が上昇傾向にあるときに購入を増やすでしょう。[16]高価格株を購入する他の理由は、価格を入札した以前の購入者が問題の品質の証拠である、または逆に、問題の低価格が実行可能性の問題の証拠である可能性があるということです。同様に、ショートスクイズ中のショートトレーダー間の需要は、価格が上昇するにつれて増加する可能性があります。

例外としてのヴェブレン財の誤解

アメリカの経済学者ソースタイン・ヴェブレンにちなんで名付けられたヴェブレンの商品は、贅沢品です。それらはステータスシンボルとして認識され、ダイヤモンドや高級車が含まれます。[17]

劣った商品であるギッフェン商品とは異なり、ヴェブレン商品は一般的に高品質の商品です。ヴェブレン財の需要は、価格の上昇とともに増加します。ヴェブレン財の例としては、ダイヤモンド、金、貴石、世界的に有名な絵画、骨董品などの豪華な品物がほとんどです。[6]ヴェブレン財は、価格が贅沢で高価な製品の数が増えると、平均的な消費者にとってはさらに手の届かないものになるため、ステータスに敏感なグループをさらに引き付ける可能性があります。ソースタイン・ヴェブレンは、この種の消費を、追加の効用や機能を示さないが、ステータスを提供し、社会経済的地位を明らかにする商品の購入と呼びました。[18]簡単に言えば、これらの商品は満足のために購入されるのではなく、「スノッブアピール」または「誇示」のために購入されます。[18]したがって、これらすべての要因は、特定の価格帯に沿ったヴェブレン財の需要曲線の上昇にもつながります。

ただし、需要の法則に違反しているように見えますが、ヴェブレン財の需要曲線が上向きに傾斜していることは、実際には需要の法則に違反していません。これは、財の社会的価値自体が価格に依存しているためです。言い換えれば、価格が変化すると、商品自体も変化します。[19]これは、社会的財(その価値が他者の消費に依存する財)に対する社会的需要の派生物を価格に関して見たときに示されます。

また

言い換えれば、価格の上昇は財に対する社会的需要を増加させ、個人が他の財をより多く要求するので、左側全体が正であり、右側が正であることを意味します。RHSは、一般的に、価格が高くなるほど、人々はより多くの社会的利益を要求することを意味します(ただし、必ずしもすべての個人がそうするわけではありません)。価格自体が社会的財の価値の変化につながるため、需要の増加につながる純粋な価格効果とは対照的に、これは需要の法則違反を構成しません。

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b c ニコルソン、ウォルター; スナイダー、クリストファー(2012)。ミクロ経済理論:基本原則と拡張(11版)。オハイオ州メイソン:南西部。pp。27、154。ISBN _ 978-111-1-52553-8
  2. ^ a b c マーシャル・アビシェク、アルフレッド(1892)。産業の経済学の要素ロンドン:マクミラン。pp。77、79。
  3. ^ 「需要の法則:それが何であるか、定義、例」Mundanopedia2021-12-31 2022-01-01を取得
  4. ^ 「需要の法則|ビジネス入門[非推奨]」コース.lumenlearning.com 2021-04-20を取得
  5. ^ http://www.investopedia.com/terms/l/lawofdemand.asp ; Investopedia、2013年9月9日取得
  6. ^ a b c 「需要の法則:ステートメント、説明、および例外」ファクトファクター2019-03-04 2021-04-24を取得
  7. ^ ヘイズ、アダム。「需要の法則の定義」Investopedia 2021-04-21を取得
  8. ^ 「需要の法則:それが何であるか、定義、例」Mundanopedia2021-12-31 2022-01-01を取得
  9. ^ クリーディ、ジョン(1986)。「需要の王-ダヴェナント「法」について1」政治経済学のスコットランドジャーナル33(3):193–212。土井10.1111 /j.1467-9485.1986.tb00826.xISSN1467-9485_ 
  10. ^ ab 「需要と供給の非常に簡単な歴史価値のあるカナダのイニシアチブ2021-04-21を取得
  11. ^ 「需要の法則:それが何であるか、定義、例」Mundanopedia2021-12-31 2022-01-01を取得
  12. ^ ab 「需要と供給の変化|ミクロ経済学コース.lumenlearning.com 2021-04-25を取得
  13. ^ 「ビデオ:需要の変化と需要量の変化|ビジネスの紹介」コース.lumenlearning.com 2021-04-24を取得
  14. ^ マンキュー、グレゴリー(2007)。経済学の原則南西センゲージラーニング。p。470. ISBN 978-0-324-22472-6
  15. ^ アンドリュー・ブルーメンタール。「ギッフェン財に親しむ」Investopedia 2021-04-22を取得
  16. ^ ジョンソン、ジョセフ; テリス、GJ; Macinnis、DJ(2005)。「敗者、勝者、および偏った取引」。消費者研究ジャーナル2(32):324–329。土井10.1086 / 432241S2CID145211986_  
  17. ^ IsEqualTo。「IsEqualTo-学生のための完全な教育アプリ」isequalto.com 2021-04-24を取得
  18. ^ a b Currid-Halkett、エリザベス; 李孝貞; 画家、ゲイリーD.(2019)。「ヴェブレン財と都市の区別:誇示的消費の経済地理学」地域科学ジャーナル59(1):83–117。土井10.1111 /jors.12399ISSN1467-9787_ 
  19. ^ Becker、GS&Murphy、KM(2000)。社会経済学:社会環境における市場行動、ハーバード大学出版局、2000-01-08、8〜15ページ、ISBN 978-0-674-00337-8