ラッセ・ノルドランド

ラッセ・ノルドランド 2016年夏

ラッセ・ノルドランド(1965年生まれ)は、フィンランドの田舎で完全に自給自足の生活を送り、衣服や道具を自ら作り、自分の小さな農場や周辺地域から集めた作物で食料を栽培するという実験を行ったことで知られる、フィンランドの社会思想家です。

歴史

フィンランド人の父とドイツ人の母のもとヘルシンキで生まれた[1]ノルドランドは、ドイツで典型的な青春時代を過ごし、物理学を学ぶことに興味を持っていました。しかし、彼は従来の生活の実現可能性と意味に疑問を抱き始め、自給自足のライフスタイルを試してみることにしました。

ノードランド氏の実験の背景には、自給自足の生活だけが長期的に物質的に持続可能であるという彼の信念がある。

実験

ノルドランド氏は、プロジェクトを始めた当初は松モミの木の区別がつかなかったと自ら認めているが、本を勉強し、実験して商品を生産し、食料を手に入れようとした。最終的に、1992年から2004年まで、フィンランドの北カレリア地方にあるヴァルティモで完全な自給自足の生活 を送ることができた。

ノルドランド氏によると、1人が追加の食料を買わずに生活するには、約5アール(500平方メートル)の農地が必要である。彼にとって最も重要な食用作物は、フィンランドの一般的な主食であるルタバガである。自給自足の経済の中で、ノルドランド氏は年間200kgのキノコと、添加物や砂糖なしで保存された同量のベリーを消費している。彼が家畜を飼わなくなったのは、維持(例えば、動物の餌)に時間がかかりすぎて意味がないと判断したためである。ただし、ウールや革は綿布よりも長持ちする便利な衣料用素材であるため、彼は畜産の価値を認めている。多くの人は塩が命を脅かすものだと考えているが、ノルドランド氏は塩のない生活に慣れた。彼は、最初は塩を入れなかったために健康上の問題があったが、何年も塩なしで生活できていると主張する。トイレットペーパーの代わりに、彼は乾燥したミズゴケを使用している。自立した当初、ノルドランドの日々は仕事でいっぱいだったが、やがて彼はリラックスして、フルート演奏や方程式の解法といった若いころからの趣味に取り組むことができた。

最近の

彼は持続可能性に関するテーマの著者であり講演者でもあります。

現在、彼は家族とともに、依然としてほぼ自給自足の生活を送っています。

2008 年、パラディウム ブックスは、ラッセ ノードランドとマリア ドルフによる著書「私たちの生活の基礎、自給自足の観点から見た人間の労働、お金、エネルギーについての考察」を出版しました。

参照

参考文献

  1. ^ 「あなたは、この素晴らしい世界に祝福を! 1 億人の勇敢な勇者になれ。」 . Suomenkuvalehti.fi(フィンランド語)。 2014年10月18日2017年11月26日閲覧

外部リンク

  • 参考文献付きのフィンランド語のオリジナルページテキスト。
  • オンラインで英語で出版された小冊子「私たちの人生の基礎」
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Lasse_Nordlund&oldid=1219355701」から取得