クンビサレー

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
クンビサレー
中世の町の遺跡
KoumbiSalehはモーリタニアにあります
クンビサレー
クンビサレー
モーリタニア内の場所
座標:15°45′56″ N 7°58′07″ W / 15.76556°N7.96861°W / 15.76556; -7.96861座標15°45′56″ N 7°58′07″ W  / 15.76556°N7.96861°W / 15.76556; -7.96861
 モーリタニア

クンビサレー、時にはクンビサレーは、ガーナ帝国の首都であった可能性のあるモーリタニア南東部の廃墟となった中世の町の場所です

9世紀から、アラブの作家はサハラ交易に関連してガーナ帝国に言及しています。11世紀に書いたアルバクリは、ガーナの首都を10 km(6マイル)離れた2つの町で構成され、1つはイスラム教徒の商人が住み、もう1つはガーナの王が住んでいたと説明しました。1913年に発見された、17世紀のアフリカの年代記は、クンビとして首都の名前を与え、フランスの考古学者をクンビサレーの遺跡に導きました。発掘調査により、石造りの家屋と会衆のモスクがある大きなイスラム教徒の町の遺跡が明らかになりましたが、ガーナの首都であると明確に特定するための碑文はありません。アル・バクリが描いた王の町の遺跡は見つかりませんでした。放射性炭素年代測定この場所は9世紀後半から14世紀の間に占領されていたことを示唆しています。

アラビア語の情報源とガーナ帝国の首都

ガーナに言及した最初の著者は、ペルシャの天文学者イブラーヒーム・アル・ファザーリであり、8世紀の終わりに、「金の国であるガーナの領土」について言及しています。[1]ガーナ帝国は西アフリカの金鉱区の北にあるサヘル地域にあり、サハラ交易の金取引を管理することで利益を得ることができました。ガーナの初期の歴史は不明ですが、7世紀半ばにアラブが征服する前に、北アフリカが西アフリカから金を輸入し始めたという証拠があります。[2]

中世のアラビア語の情報源では、「ガーナ」という言葉は、王室の称号、首都または王国の名前を指すことがあります。[3]町としてのガーナへの最初の言及は、西暦846年頃に亡くなったアルクワリズミによるものです。[4] [5] 2世紀後、町の詳細な説明は、 1068年頃に完成したルートとレルムの本でアルバクリによって提供されています。アルバクリはこの地域を訪れたことはありませんが、以前の作家から情報を入手しました。彼が生まれ故郷のスペインで出会った情報提供者から:

ガーナの街は、平野にある2つの町で構成されています。イスラム教徒が住むこれらの町の1つは大きく、12のモスクがあり、そのうちの1つは金曜日の祈りのために集まっています。...周囲には甘い水が入った井戸があり、そこから飲んだり野菜を育てたりしています。王の町はこの町から6マイル[10km]離れており、アルガーバの名前が付けられています。これらの2つの町の間には、継続的な居住地があります。住民の家は石とアカシアの木でできています。王には宮殿といくつかのドーム型の住居があり、すべて市壁のような囲いに囲まれています。王の町には、彼の法廷からそう遠くないところに、彼の法廷に到着したイスラム教徒が祈るモスクがあります。王の町の周りには、これらの人々の魔術師がいるドーム型の建物や木立、茂みがあります。[6]

初期のアラブ人の作者によって提供された説明は、町の正確な場所を正確に特定するのに十分な詳細を欠いています。実際、情報源は、アルイドリースィーがニジェール川の両側に町を配置していることと矛盾しているように見えます。[4] [7] [8]これは、ある時点で首都がニジェール川に南に移動した可能性があるという示唆につながった。[9]ずっと後の17世紀のアフリカの年代記、タリク・アル・ファタッシュは、マリ帝国の前にクンビと呼ばれる町に首都を持っていたカヤマグナ王朝があったと述べています。[10]年代記はガーナという言葉を使用していません。他の重要な17世紀の年代記、タリク・アル・スーダンは、マリ帝国はガーナの都市に首都を持っていたカヤマガの王朝の後に来たと述べています。[11]「カヤマグナ」または「カヤマガ」王朝が、初期のアラビア語の情報源で言及されたガーナ帝国を支配したと考えられています。[12]

1913年に出版されたタリク・アルファタッシュのフランス語訳では、オクターブ・ウダスとモーリスドゥラフォッセが脚注を含み、地元の伝統はカヤマグナの最初の首都がクンビにあり、町がワガドゥグー地域にあることも示唆しているとコメントしています。グンブーからネマとオウアラタに通じる道路のグンブーの北東[13]

ソニンケ・ワンガラ塩をバンブクの金と交換しましたが、金の出所はイスラム教徒の商人から秘密にされ、彼らと金を衣類やその他のマグリブの商品と交換しました。王は、北から輸入されたサハーン塩の積荷ごとに1ディナールの金を受け取り、南に輸出された積荷ごとに2ディナールを受け取り、各金塊を自分のために保管しました。イスラム教徒の秘書は、課税対象の取引の記録を保持するために雇われました。しかし、11世紀と12世紀には、ブレの金鉱が開発されたため、12世紀の終わりまでに、ガーナはもはや金の貿易を支配しなくなりました。その後、ソニンケの農民と商人は13世紀初頭にさらに南と西に定住しました。[14] [15]

遺跡

西サハラ砂漠の交易路c。1000〜1500。ゴールドフィールドは、明るい茶色の陰影で示されます:BambukBureLobi、およびAkan

クンビサレーの広大な遺跡は、1914年にアルベールボネルデメジエールによって最初に報告されました。[16]この場所は、マリ国境の北30 km、ティンベドラの南南東57 km、北西98kmのモーリタニア南部のサヘル地域にあります。マリの奈良の町の。植生は、とげのある低木と時折アカシアの木がある低い草です。雨季(7月〜9月)には、限られた雨が多くの窪地を満たしますが、それ以外の期間は雨も地表水もありません。

1914年のボネル・ド・メジエールを皮切りに、この場所はフランスの考古学者の歴代のチームによって発掘されてきました。ポール・トーマスシーとレイモンド・モーニーは1949年から1951年の間に発掘し、[17] [18] 1975-76年にはセルジュ・ロバート、1980-81年にはソフィー・ベルティエが発掘した。[19]

ヌアクショット国立博物館で公開された宗教的な公式と幾何学的な装飾が施されたクンビサレーの碑文頁岩プレート

町の主要なセクションは、現在、周囲の平野から約15mの高さにある小さな丘の上にありました。現在の高さの一部は蓄積された廃墟の結果であるため、丘はもともと低くなっていたでしょう。[20]家は、モルタルではなくバンコを使用して地元の石(片岩)から建設されました。[21]がれきの量から、いくつかの建物には複数の階があった可能性があります。[22]おそらく天井を支える長い垂木を提供する大きな木がなかったため、部屋はかなり狭かった。[23]家々は密集していて、狭い通りで区切られていました。対照的に、幅12 mまでの広い通りは、町を東西方向に走っていました。西端には、おそらく市場として使用されていたオープンサイトがありました。[24]メインモスクは通りの中央に配置されていた。それは東西に約46m、南北に23mの大きさでした。西端はおそらく空に向かって開いていた。ミフラーブは真東に面していた[25]町の上部は700m×700mの面積をカバーしていた。南西には、あまり永続的ではない構造物と時折石造りの建物で占められていたであろうより低い領域(500 m x 700 m)がありました。[26]町の外に2つの大きな墓地があり、この場所が長期間にわたって占領されていたことを示唆しています。モスク近くの家からの炭片の放射性炭素年代測定は、9世紀後半から14世紀の範囲の日付を与えています。[27]フランスの考古学者レイモンド・マウニーは、町には15,000人から20,000人の住民が収容されていたと推定した。[24] [28]マウニー自身は、これが非常に限られた水の供給があるサハラの町にとって膨大な人口であることを認めた(「Chiffreénormepourune villesaharienne」)。[24]

考古学的な証拠は、クンビサレーがマグレブとの強いつながりを持つイスラム教徒の町であったことを示唆しています。遺跡と、アルバクリが描いたイスラム教徒の首都ガーナを明確に結び付ける碑文は見つかりませんでした。また、王の町アルガバの遺跡は発見されていません。[29]これにより、一部の歴史家は、ガーナの首都としてのクンビサレーの特定を疑うようになりました。[30] [31]

世界遺産の状況

遺跡は2001年6月14日に文化部門でユネスコ 世界遺産暫定リストに追加されました。[32]

メモ

  1. ^ Mauny 1954、p。201。
  2. ^ Garrard 1982、p。450。
  3. ^ Masonen 2000、p。516。
  4. ^ a b Mauny 1954、p。205。
  5. ^ Levtzion&Hopkins 2000、p。7。
  6. ^ Levtzion&Hopkins 2000、79〜80ページ。フランス語への翻訳はオンラインで入手できます: El-Bekri 1913、p。 328
  7. ^ Levtzion&Hopkins 2000、pp。109、390注8。
  8. ^ Masonen 2000、p。355。
  9. ^ Levtzion 1973、pp。46–47。
  10. ^ Houdas&Delafosse 1913、  pp。75-76
  11. ^ Hunwick 2003、p。13.13。
  12. ^ Hunwick 2003、p。13注1。
  13. ^ Houdas&Delafosse 1913、p。 76注2
  14. ^ メレディス、マーティン(2014)。アフリカの幸運ニューヨーク:広報。p。71,75。ISBN 9781610396356
  15. ^ シリントン、ケビン(2012)。アフリカの歴史ロンドン:パルグレイブマクミラン。pp。89、92–93。ISBN 9780230308473
  16. ^ BonneldeMézière1914
  17. ^ Thomassey&Mauny1951
  18. ^ Thomassey&Mauny1956
  19. ^ ベルティエ1997
  20. ^ Thomassey&Mauny 1951、p。439。
  21. ^ Thomassey&Mauny 1951、pp。440 note 4、449。
  22. ^ Thomassey&Mauny 1951、p。447。
  23. ^ Thomassey&Mauny 1951、p。449注1。
  24. ^ a b c Mauny 1961、p。482。
  25. ^ Mauny 1961、pp。472–473。
  26. ^ Mauny 1961、p。481。
  27. ^ Berthier 1997、p。21。
  28. ^ Levtzion 1973、pp。23–24。
  29. ^ Mauny 1954、p。207。
  30. ^ Masonen 2000、p。523。
  31. ^ Insoll 1999、p。84。
  32. ^ サイト考古学デクンビサレー(フランス語)、ユネスコ–世界遺産条約、2001年6月14日、 2011年10月8日検索

参照

  • Berthier、Sophie(1997)、Recherchesarchéologiquessurla Capitale de l'empire de Ghana:Etude d'un secteur、d'habitatàKoumbiSaleh、Mauritanie:Campagnes II-III-IV-V(1975–1976)-(1980 –1981)、British Archaeological Reports 680、Cambridge Monographs in African Archeology 41(フランス語)、Oxford:Archaeopress、ISBN 0-86054-868-6
  • BonneldeMézière、Albert(1914)、「Notesursesrécentesdécouvertes、d'aprèsuntélégrammeadresséparlui、le 23 mars 1914、àM。le gouverneur Clozel」Comptes-rendusdesséancesdel'AcadémiedesInscriptionset Belles-Lettres(フランス語)、58(3):253–257、doi10.3406 / crai.1914.73397
  • El-Bekri(1913)[1859]、Description de l'Afrique septentrionale(フランス語)、Mac Guckin de Slane、trans。and ed。、Algers:A. Jourdan
  • ガラード、ティモシーF.(1982)、「神話と計測学:初期のサハラ交易の金取引」、Journal of African History23(4):443–461、doi10.1017 / s0021853700021290JSTOR  182035
  • Houdas、オクターブ; デラフォッセ、モーリス、編 (1913)、Tarikhel-fettachparMahmoūdKātietl'undespetit fils(2 Vols。)、Paris:Ernest Leroux第1巻はアラビア語のテキスト、第2巻はフランス語への翻訳です。1964年と1981年にMaisonneuveによって再版されました。フランス語のテキストもAlukaから入手できますが、サブスクリプションが必要です。
  • ハンウィック、ジョンO.(2003)、ティンブクトゥとソンヘイ帝国:1613年までのアルサディのタリクアルスーダンおよびその他の現代文書、ライデン:ブリル、ISBN 90-04-12560-41999年にISBN90-04-11207-3として最初に公開されまし 
  • Insoll、Timothy(1999)、 "Review of:RecherchesArchéologiquessurla Capitale de l'Empire de Ghana by Sophie Berthier"、African Archaeological Review16(1):83–85、JSTOR  25115527
  • Levtzion、ネヘミア(1973)、古代ガーナとマリ、ロンドン:メシューエン、ISBN 0-8419-0431-61980年にHolmes&Meierによって再版されました。
  • Levtzion、ネヘミア; ホプキンス、ジョンFP、編 (2000)、西アフリカの初期アラビア語ソースのコーパス、ニューヨーク、ニューヨーク:マーカスワイナープレス、ISBN 1-55876-241-81981年に最初に発行されました。
  • Masonen、Pekka(2000)、The Negroland revisited:Discovery and Inventor of the Sudanese Middleages、Helsinki:Finnish Academy of Science and Letters、ISBN 951-41-0886-8
  • Mauny、RA(1954)、「ガーナの質問」、Journal of the International African Institute24(3):200–213、JSTOR  1156424
  • Mauny、Raymond(1961)、Tableaugéographiquedel'ouest africain au moyen age、d'aprèslessourcesécrites、latradition etl'archéologie(フランス語)、ダカール:Institutfrançaisd'AfriqueNoire480ページの図95に、遺跡の詳細な計画が含まれています。
  • トーマスシー、ポール; Mauny、Raymond(1951)、 "CampagnedefouillesàKoumbiSaleh" 、 Bulletin del'InstitutFrançaisdel'AfriqueNoire (B)(in French)、13:438–462、2011-07-のオリジナルからアーカイブ26
  • トーマスシー、ポール; Mauny、Raymond(1956)、 "Campagne de fouilles de1950àKoumbiSaleh(Ghana?)"、Bulletin del'InstitutFrançaisdel'AfriqueNoire(B)(in French)、18:117–140

さらに読む

  • Burkhalter、Sheryl L.(1992)、「ムラービト朝の歴史における沈黙を聞く:「決してなかった征服」の別の読み物"、アフリカの歴史19:103–131、JSTOR  3171996
  • van Doosselaere、Barbara(2014)、Le Roi et le Potier:Étudetechnologiquedel'assemblagecéramiquedeKoumbiSaleh、Mauritanie(5e / 6e-17esièclesAD)、Reports in African Archeology 5(in French)、Frankfurt am Main:アフリカMagnaVerlag、ISBN 978-3-937248-43-1
  • コンラッド、デビッドC .; フィッシャー、ハンフリーJ.(1982)、「かつてなかった征服:ガーナとムラービト朝、1076年。I。外部アラビア語の情報源」、アフリカの歴史9:21–59、JSTOR  3171598
  • コンラッド、デビッドC .; フィッシャー、ハンフリーJ.(1983)、「かつてなかった征服:ガーナとムラービト朝、1076年。II。地元の口頭資料」、アフリカの歴史10:53–78、JSTOR  3171690
  • デラフォッセ、モーリス(1916)、「ガーナの質問とミッションボネルデメジエール」、コミテデチュードの歴史と科学者の歴史:40–61
  • Masonen、Pekka; フィッシャー、ハンフリーJ.(1966)、「波からの金星ではない:西アフリカの現代史学におけるガーナのアルモラヴィッド征服」 (PDF)アフリカの歴史23:197–232、doi10.2307 / 3171941JSTOR  3171941
  • フィッシャー、ハンフリーJ.(1982)、「初期のアラビア語の情報源とガーナのアルモラヴィッド征服」、Journal of African History23:549–560、doi10.1017 / s0021853700021356JSTOR  182041
  • ロバート、D .; Robert、S.(1972)、「Douzeannéesderecherchesarchéologiqueenrépubliqueislamiquede Mauritanie」、Annalesdelafacultédelettreset sciences humaines(UniversitédeDakar)(フランス語)、2:195–214

外部リンク