韓国語のスピーチレベル

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

韓国語には7つの動詞パラダイムまたはスピーチレベルがあり、各レベルには、状況の形式のレベルを示すために使用される独自の動詞の語尾のセットがあります。文中で言及されている人に敬意を表すために使用される敬語とは異なり、スピーチレベルは、話者または作家の聴衆に敬意を表すため、または状況の形式的または非形式的に反映するために使用されます。それらは、敬語の称号とは異なり、文法システムとしての用語の言語学的使用における 敬語のシステムを表しています。

7つのレベルの名前は、各レベルの動詞hada하다 ; "to do")の非敬語命令形に加えて、 「スタイル」を意味する接尾辞che체 )に由来します。各韓国語のスピーチレベルは、敬語または非敬語の名詞および動詞の形式と組み合わせることができます。まとめると、14の組み合わせがあります。

最近、これらのスピーチレベルのいくつかは日常生活での使用から姿を消しています。昔の映画やドラマでしか使われていないハソソチェは、現代の韓国人にはほとんど使われておらず、ハゲチェはほとんど小説にしか存在しません。

より高いレベル

ハソソチェ

名前 ハソソチェ
하소서체
形式 とても高い
礼儀正しさ 高い
通貨 アルカイック

非常に正式に礼儀正しい
王、女王、または高官に宛てたときに伝統的に使用されます。現在、聖書、コーラン、仏典などの歴史的なドラマや宗教的なテキストでのみ使用されています。
インフィックスop / saopjaop(옵;母語の後/사옵、자옵;子孫の後)またはsap / jap( 삽/잡 )またはsao / jao(사오/자오)を挿入すると、礼儀度も非常に高くなります。hanaida하나이다)はhaomnaida하옵나이다 ;非敬語の現在の宣言は非常に形式的に非常に礼儀正しい)、hasinaida하시나이다)はhasiomnaida하시옵나이다 ;敬語の現在の宣言は非常に形式的に非常に礼儀正しい)になります。命令形hasoseo하소서)もhaopsoseo하옵소서 ;非敬語命令非常に形式的に非常に礼儀正しい)とhasiopsoseo하시옵소서 ;敬語命令非常に形式的に非常に礼儀正しい)になります。

現在 敬語プレゼント 一人称 二人称
ハナイダ
하나이다
hasinaida
하시나이다
ジェオ
(저)
タイトル、例:
imgeum(임금)

Hasipsio-che

名前 Hasipsio-che
하십시오체
形式 高い
礼儀正しさ 高い
通貨 一般

正式に礼儀正しい
この会話スタイルは、一般に「正式な」または「正式な礼儀正しい」と呼ばれます。これの別名はhapsyo-cheまたは합쇼체です。これは一般的な話し方です。見知らぬ人との会話は、一般的にこのスタイルで始まり、次第に頻繁なヘヨチェへと消えていきます。使用されます

  • 会話の開始時に見知らぬ人の間
  • より正式な設定で同僚の間で
  • テレビアナウンサーによる
  • 顧客に
  • 만나서반갑습니다 mannaseobangapseumnidaのような特定の固定表現で「はじめまして」
現在 敬語プレゼント 一人称 二人称
hamnida
합니다
hasimnida
하십니다
ジェオ
(저)
タイトル、例:seonsaengnim
(선생님)

中級レベル

中間レベルは、会話の一方または両方の参加者の社会的地位について何らかの対立または不確実性がある場合に使用されます。hage -chehao-cheは、haeyo-cheに置き換えられるか、haeyo-cheとマージされます。

ヘヨチェ

名前 ヘヨチェ
해요체
形式 低い
礼儀正しさ 高い
通貨 一般

さりげなく礼儀正しい
このスピーチスタイルは、英語では「礼儀正しい」スタイルと呼ばれます。해체ヘチェのようにそれはほとんどの予想される形に対して屈折を示しません。他のスピーチスタイルとは異なり、イントネーションとコンテキスト、または他の追加の接尾辞に応じて、宣言型、質問型、および命令型の基本的な活用は同じです。外国人向けのほとんどの韓国語のフレーズブックは、そのシンプルさと適切な礼儀正しさのために、このスピーチスタイルに従います。二人称代名詞は、礼儀正しいスピーチスタイルでは一般的に省略されます。韓国語の代名詞を参照してください。)使用されます:

  • 外国人のための韓国語のフレーズ集。
  • 見知らぬ人、特に年配の人や同い年の人の間。
  • 同僚間
  • hao-cheのあまり古風ではない代替手段としての若いスピーカーによる
  • hasipsio-cheのあまり正式ではない代替手段としてのソウルの男性と女性による
現在 敬語プレゼント 一人称 二人称
haeyo
해요
haseyo
하세요)(共通)、
hasyeoyo
(하셔요)(まれ)
ジェオ
(저)

ハオチェ

名前 ハオチェ
하오체
形式 高い
礼儀正しさ 中性
通貨 珍しい

正式には礼儀正しくも失礼でもない
この会話スタイルは、英語では「セミフォーマル」、「ミドル」、「フォーマルラテラル」、または「権威主義」スタイルと呼ばれます。ソウルでは、쇼 -syoエンディングはしばしば수 suと発音されます。하십시오체 Hasipsio-cheに似ています、しかし謙虚さを示すために自分自身を下げることはありません。基本的には「自分のステータスはあなたと同じくらい高いので謙虚にはなりませんが、それでもあなたのステータスを尊重し、気分を害したくない」という意味です。リスナーを喜ばせるために。 (たとえば、中世では、異なる国の2人の王が会議を開く場合、両方がこのスピーチスタイルを使用します。王はこのスピーチスタイルを廷臣に使用して、最低限の礼儀を示すことができ、廷臣は王を考えるでしょう。もともとは、曖昧な社会情勢の中で人々が訴えた洗練された詩的なスタイルでしたが、韓国の独裁時代に権威者が乱用したため、それは権力と官僚主義に関連するようになり、否定的な意味合いを獲得しました。その結果、民主化後に成熟した韓国人の世代は、それを使用することを著しく避けています。使用されます:

  • 時折、高齢者の間では、公務員、警察官、中間管理職、中年の人々、および通常は上司と見なされるものに対して一時的な権限を持っている中年の社会的地位の人々によって
  • 時代劇では、それが対話にもっと古風な音を与えます。
  • 東北方言などの特定の方言の話し言葉
現在 敬語プレゼント 一人称 二人称
hao
하오
hasyo
하쇼)、
hasio
하시오
na
(나)
ダンシン
(당신)

ハゲチェ

名前 ハゲチェ
하게체
形式 中性
礼儀正しさ 中性
通貨 古い
世代

フォーマルでもカジュアルでも、礼儀正しくも失礼でもない
この会話スタイルは「なじみのある」と呼ばれます。ヘヨチェヘチェの礼儀正しさの中間 です。子供に対処するために使用されることはなく、血縁者に対処するために使用されることもありません。使用されるのは次の場合のみです。

  • 友好的な方法で若い人や特に義理の人に話しかけるとき、何人かの年配の人によって。
  • 大人の男性の友達の間で、時々。
  • 小説で
現在 敬語プレゼント 一人称 二人称
はね
하네
hasine
하시네
na
(나)
ジェーン
(자네)

下位レベル

hae- cheスタイルとhaera -cheスタイルは同じ会話で頻繁に混ざり合うため、どの動詞の語尾がどのスタイルに属しているかを判断するのは難しい場合があります。どちらのスタイルでも使用できるエンディングは次のとおりです。

  • 質問:-니?/-냐?/-느냐?
  • 命題:-자。(これは英語の「let's」とほぼ同じです)
  • カジュアルステートメント:-zippy。(これは「私が思う」とほぼ同等です)
  • カジュアルな質問:-zippy?。(これは英語の「だろうか」とほぼ同じです)
  • 感嘆:-구나!-다!

ヘラチェ

名前 ヘラチェ
해라체
形式 高い
礼儀正しさ 低い
通貨 一般

正式に失礼な
この会話スタイルは、一般に「プレーン」スタイルと呼ばれます。文章や引用では、プレーンなスタイルは第三者に相当します。他の文章のスタイルは一人称のアカウントのように感じます(つまり、他の何かは主人公自身の声で語られているように見えます)。使用されます:

  • 同年代の親しい友人や親戚、そして大人から子供まで。
  • 非人称的な文章(本、新聞、雑誌)と間接的な引用(「彼女はそれを言った...」)。
  • 文法書では、例を挙げます。
  • いくつかの感嘆符で。
現在 敬語プレゼント 一人称 二人称
ハンダ
한다
hasinda
하신다
na
(나)
ネオ
(너)

ヘチェ

名前 ヘチェ
해체
形式 低い
礼儀正しさ 低い
通貨 一般

さりげなく失礼な
この会話スタイルは、英語では「親密」と呼ばれます。해요체 Haeyo-cheのように、ほとんどの予想される形に変化はありません。イントネーションや文脈、またはその他の追加の接尾辞に応じて、宣言型、質問型、命令型の基本的な活用形は同じです。使用されます:

  • 親しい友人と親戚の間。
  • 子供と話すとき。
非敬語プレゼント 敬語プレゼント 一人称 二人称
hae(
(スピーチ)、
hayeo(하여
(書面)
hasyeo(하셔
na
(나)
ネオ
(너)

も参照してください

参照

  • 문체법 [1]、(국어국문학자료사전、1998、한국사전연구사)。