韓国音楽著作権協会

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

韓国音楽著作権協会
Komcalogo.jpg
略語KOMCA
形成1964年 (1964)
タイプ非営利
本部ソウル、韓国
Webサイトkomca .or .kr
韓国音楽著作権協会
ハングル
한국음악저작권협회
漢字
韓國音樂著作權協會
改訂されたローマ字Hanguk Eumak Jeojakgwon Hyeophoe
マッキューン・ライシャワーHankukŬmakChŏchakkwŏnHyŏphoe

韓国音楽著作権協会KOMCA )は、音楽作品、公演および放映権、機械的録音および複製権を管理する韓国の非営利著作権団体です。1964年に設立され、日本音楽著作権協会に次ぐ、アジアで2番目の音楽作品の集団的権利管理団体です。また、2万人以上の会員を擁するアジア最大級の企業です。[1] [2] 2015年には、ライセンス料として1,430億ウォン(1億2,300万米ドル)を徴収し、会員に1,370億ウォン(1億1,800万米ドル)のロイヤルティを分配しました。[2]

著者、作曲家、アレンジャー、音楽出版社などの著作権所有者は、準会員としてKOMCAに参加できます。「充実した音楽制作に携わった」アソシエイトメンバーは、理事会により正会員に昇格します。これらのメンバーは、年次総会に出席して投票することができ、取締役会に選出することができます。取締役会は21名のメンバーで構成され、3年間の任期で選出されます。[1]

歴史

KOMCAは、ソングライターのための自主的な組織である韓国音楽著作権協会のメンバーによって設立されました。1961年12月、 5月16日のクーデター後に政府によって設立された韓国芸術文化団体連盟 [ ko ]のメンバーとして韓国娯楽協会が結成されました。その後、政府は韓国レコードライター協会を新しい協会のクリエイティブ部門に統合しました。合併後、旧韓国著作権管理団体の会員は、自分たちの権利が守られていないと感じ、1957年の著作権法に基づく著作権管理団体の設立を目指した。KOMCAは1964年3月に設立され、1964年6月19日に文部省によって承認されました。[3]

KOMCAは1979年に世界知的所有権機関(WIPO)のメンバーになり、1987年に準会員としてCISACに加わり、1995年に正会員になりました。[4] [5] 2004年、KOMCAはソウルで第44回CISAC世界会議を主催しました。 。[6] [7]

JASRACとの合意

2007年12月、KOMCAは、日本音楽著作権協会(JASRAC)と相互代表協定を締結しました。これにより、「いずれかの学会が、他方の学会のレパートリーの使用を独自に管理(ライセンス供与、収集、配布)することができます。他の社会を代表する国」。[8] [9]これは、1999年まで韓国で日本の音楽が完全に禁止され、2004年まで日本の歌詞の音楽が許可されなかったため、「日韓音楽関係のマイルストーン」と呼ばれた。 [9] [10] [ 11] 2012年、韓国ポップ音楽は、日本から110億ウォン(1,000万米ドル)のロイヤルティを獲得しました。これは、同じ年に韓国で獲得したものの約10パーセントです。これに対して、香港では1億3,700万ウォン(126,000米ドル)、台湾では1億3,000万ウォン(120,000米ドル)、シンガポールでは1億ウォン(92,000米ドル)、米国では5,800万ウォン(53,000米ドル)の収益がありました。[12]

KOSCAPの設立

2014年10月、文化体育観光部(MCST)は、「競争を生み出し、[音楽]クリエイター」。これまで、KOMCAは50年間音楽の著作権管理を独占していた。[13] 2つの協会の主な違いは、KOSCAPの「選択システム」です。これにより、音楽制作者は、送信、放送、再生の権利など、協会に委託する権利を選択できます。対照的に、KOMCAメンバーは、すべての権利をKOMCAに委ねる必要があります。[13]

2015年4月、MCSTは、すべての種類の音楽を平等に扱うKOSCAPの新しい著作権使用料配布システムを承認しました。KOMCAでは、放送局が支払うライセンス料は音楽の種類によって異なるため、K-POP曲のように、歌詞付きの音楽よりも身元音楽の使用料がはるかに安くなります。これにより、競合する2つの組織間で競合が発生しました。これは、両者が他方の配信システムがソングライターにとって不公平であると感じていたためです。[14]

韓国音楽著作権賞

2011年12月4日、KOMCAはソウルのオリンピックホールで初の韓国音楽著作権賞を開催しました。この賞は、音楽業界の舞台裏で働いている個人(作曲家、編集者、作詞家など)を表彰するために作成されました。ソングライターのチョ・ヨンスは、最も多くの使用料を獲得したことで最初に大賞を受賞しました。ポップスのジャンル賞(バラード、ダンス、ロック、ヒップホップ、トロット)のほか、韓国のクラシック音楽や子供向けの歌の賞も授与されました。[15] 2022年の式典の時点で、ボーイグループBTSの長年のプロデューサー兼作曲家であるPdoggは、このカテゴリーで最も受賞歴のあるソングライターであり、2019年以来4年連続で大賞を受賞しています。[16]

参照

  1. ^ a b Ang Kwee Tiang(2006年5月30日)。「アジアにおける集合的管理」。Gervaisでは、Daniel(ed。)著作権および関連する権利の集合的管理クルーワーローインターナショナル。pp。407–408。ISBN 978-9041123589
  2. ^ a b "회원및업무현황" [メンバーと勤務状況](韓国語)。韓国音楽著作権協会2016年7月7日取得
  3. ^ 「KOMCAとは:背景」韓国音楽著作権協会2016年7月5日取得
  4. ^ 「メンバーディレクトリ:KOMCA(大韓民国)」CISAC 2016年7月5日取得
  5. ^ Oh Seo-yoon(2014年11月5日)。「[피플]㈔한국음악저작권협회윤명선회장」 [[人]韓国音楽著作権協会会長ユン・ミョンソン]。グクジェニュース(韓国語)2016年7月7日取得
  6. ^ 「著者の社会はソウルのCISAC世界会議に集まる」BMI。2004年10月21日2016年7月5日取得
  7. ^ Brandle、Lars(2004年3月16日)。「クリエイターの権利に取り組むCISAC世界会議」ビルボード2016年7月5日取得
  8. ^ 「JASRACはKOMCAとの相互代表契約を締結します」JASRAC。2007年12月10日2016年7月4日取得
  9. ^ a b "JASRAC、KOMCA署名著作権取引"ビルボード2007年12月11日2016年7月4日取得
  10. ^ キム、エリサ(2000年7月22日)。「日本のポップカルチャーに対する韓国のルーセン禁止」ビルボード112、いいえ。30.p。68 2016年7月7日取得
  11. ^ ラッセル、マーク(2004年1月24日)。「韓国が開く:日本のレパートリー流入のための市場セット」ビルボード116、いいえ。4.p。39 2016年7月7日取得
  12. ^ 「K-Popは日本から100億ウォン以上のロイヤルティを獲得しています」朝鮮日報2013年2月25日2016年7月5日取得
  13. ^ a b Yim Seung-hye(2014年10月6日)。「新しい著作権団体は音楽クリエイターにとって対立を引き起こします」韓国ジュンアンデイリー2016年7月5日取得
  14. ^ イムスンヘ(2015年7月28日)。「分割された使用料はミュージシャンを激怒させる」韓国ジュンアンデイリー2016年7月4日取得
  15. ^ Sunwoo、Carla(2011年12月5日)。「音楽賞は舞台裏で働く人々を称えるものです」韓国ジュンアンデイリー2016年7月6日取得
  16. ^ チェ、ボユン(2022年2月23日)。BTS프✧듀서피독、'저작권대상'대중작사작곡분야4년연속대상[防弾少年団プロデューサーPdoggが4年連続で人気の作詞作曲と作曲の分野で「著作権大賞」を受賞]。朝鮮日報(韓国語)。2022年2月23日にオリジナルからアーカイブされました2022年2月22日取得

外部リンク