カマラハリス

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

カマラハリス
Kamala Harris Vice Presidential Portrait.jpg
公式の肖像画、2021年
米国の第49副大統領

2021年1月20日就任
大統領ジョー・バイデン
前任者マイクペンス
米国上院議員
からカリフォルニア
オフィスで
2017年1月3日- 2021年1月18日
前任者バーバラボクサー
成功アレックスパディーラ
カリフォルニア州司法長官第32代
在職
中2011年1月3日– 2017年1月3日
知事ジェリーブラウン
前任者ジェリーブラウン
成功ザビエルベセラ
サンフランシスコ第27地方検事
オフィスで
2004年1月8日- 2011年1月3日
前任者テレンス・ハリナン
成功ジョージ・ガスコン
個人情報
生まれ
カマラ・デビ・ハリス[a]

(1964-10-20) 1964年10月20日(57歳)米国
カリフォルニア州オークランド
政治団体民主主義
配偶者たち)
M。 2014
両親)
親族カマラハリスの家族
住居ナンバーワンオブザーバトリーサークル
教育
職業
  • 政治家
  • 弁護士
  • 著者
サイン
Webサイト

カマラデヴィハリス[A] / K ɑː M ə L ə D V I / 聞くAbout this sound KAH -mə-lə DAYの-VEE ; [2] [3] 1964年10月20日生まれ)は、アメリカの政治家であると49番目で現在の米国副大統領である弁護士。彼女は最初の女性副大統領であり、米国史上最高位の女性役員であり、最初のアフリカ系アメリカ人と最初のアジア系アメリカ人の副大統領でもあります。[4] [5]民主党 のメンバーであり、2011年から2017年までカリフォルニア州司法長官を務め、2017年から2021年までカリフォルニア州代表する米国上院議員を務めました。ハリスは2021年1月にジョー・バイデン大統領とともに就任2020年の選挙では、現職の大統領であるドナルド・トランプと副大統領であるマイク・ペンス

カリフォルニア州オークランドで生まれたハリスは、ハワード大学カリフォルニア大学ヘイスティングス大学法学部を卒業しました。彼女はアラメダ郡地方検事局でキャリアを開始し、その後サンフランシスコ地方検事局に採用され、後にサンフランシスコ市検事に採用されました。 2003年、彼女はサンフランシスコの地方検事に選出されました。彼女2010年にカリフォルニア州司法長官に選出され、2014年に再選されました。ハリスはを務めジュニアハリスは敗北2017年から2021年までカリフォルニアから米国の上院議員ロレッタ・サンチェスを2016年の上院選挙第二アフリカ系アメリカ人の女性と最初になるための南アジア系アメリカ人の米国上院で奉仕します。[6] [7]上院議員として、彼女はヘルスケア改革、大麻の連邦スケジュール解除文書化されていない移民の市民権への道、DREAM法攻撃兵器の禁止累進課税改革を提唱した。彼女は彼女の尖った尋問のための国家プロファイル獲得トランプ管理トランプの二含め、上院の公聴会の間に職員を最高裁判所の指名ブルット・カバノーでした、性的暴行で告発された[8]

ハリスは2020年の民主党大統領候補の指名を求めた、予備選挙の前に選挙から撤退したバイデンは2020年8月に彼女を彼のランニングメイトとして選び、彼らのチケットは11月の総選挙勝ちました彼女は2021年1月20日に米国の副大統領に就任しました。

幼少期、家族および教育(1964–1990)

カマラデヴィ・ハリスは、オークランド、カリフォルニア州で生まれた[9] 10月20日、1964年に[10]彼女の母親、Shyamalaゴパランタミル語 、インドの 生物学者 の仕事上のプロゲステロン受容体遺伝子の進歩に刺激乳がん、研究を[11]でした米国に到着したインドの栄養と19歳の大学院生として1958年に内分泌学では、カリフォルニア大学バークレー校[12] [13]ゴパランは、1964年に博士号を取得しました。[14]ハリスの父、ドナルドJ.ハリススタンフォード大学から米国に到着した経済学の名誉教授、イギリスのジャマイカ1966年に経済学の博士号を受けたUCバークレー校大学院の研究のために1961年に、[15] [16]アフロジャマイカ降下、ドナルド・ハリスは彼に会いました市民権運動を通じて将来の妻ShyamalaGopalan。[17] [18]

バークレーのバンクロフトウェイにあるハリスの子供時代の家

ハリスと妹のマヤは、両親の勉強中と勉強の後、カリフォルニア州バークレーに住んでいました[19] [20]彼らはバークレー中心部のミルビア・ストリートに一時滞在し、その後、かなりの黒人人口を抱える「フラットランド[21]呼ばれることが多いウェストバークレーのバンクロフトウェイのデュプレックス滞在した[22]ハリスが幼稚園を始めたとき、彼女はバークレーの包括的な分離プログラムの一環として、バークレー北部のより繁栄した地域にある公立学校であるサウザンドオークス小学校バスで運ばれた[21]。以前は95%が白でしたが、分離計画が実施された後、40%が黒になりました。[22]

近所の人が定期的にハリスの女の子をオークランドのアフリカ系アメリカ人教会に連れて行き、そこで子供たちの合唱団で歌いました[23] [24]。女の子と母親も近くのアフリカ系アメリカ人文化センターを頻繁に訪れました[25]彼らの母親は彼らにヒンドゥー教紹介し、近くのヒンドゥー寺院に連れて行き、そこで時々歌った。[26]子供の頃、彼女と彼女の妹はマドラス(現在のチェンナイ)にある母親の家族を数回訪れた[27]彼女は、母方の祖父PVGopalanの影響を強く受けていると述べています。、民主主義と女性の権利に関する進歩的な見方が彼女に感銘を与えた、引退したインドの公務員。ハリスは、成人してからずっとインド人の叔母や叔父と連絡を取り合っています。[28]ハリスはジャマイカの父親の家族も訪問した。[29]

彼女の両親は彼女が7歳のときに離婚した。ハリスは、彼女と彼女の妹が週末パロアルトの父親を訪ねたとき、近所の他の子供たちは彼らが黒人だったので彼らと遊ぶことを許されなかったと言いました。[27] 彼女が12歳のとき、ハリスと彼女の妹は母親と一緒ケベック州モントリオールに引っ越しました。そこでは、シャマラマギル大学付属のユダヤ人総合病院で研究と教育の職に就いていました[30]ハリスはフランス語を話す小学校、ノートルダムデネージュ通い[31]次にFACEスクールに通い[32]そして最後にウエストマウントハイスクール[B]ウエストマウント、ケベック1981年に卒業し、[34]ワンダケーガン、ハリスの高校の友人、後に語ったCBCニュースをハリスは彼女の親友だったことを2020年に、彼女は彼女が持っていたことをハリスに打ち明け方法を説明しました彼女の継父に痴漢された。[35]彼女は、ハリスが母親に言ったと言った。母親はその後、高校の最終学年の残りの期間、ケイガンが彼らと一緒に暮らすようになると主張した。ケイガン氏によると、ハリス氏は最近、彼らの友情とケイガン氏の搾取に対抗する役割を果たしたことで、ハリス氏が検察官として女性と子供を保護するというコミットメントを形成するのに役立ったと語った。高校卒業後、1982年にハリスはハワード大学通いました。歴史的に黒い大学ワシントンD.C.はハワードの間に、彼女はカリフォルニア州上院議員のための郵便室の事務員として抑留アラン・クランストン、経済社会の議長を務め、ディベートのチームを率いて、入社アルファカッパアルファくらぶを。[36] [37]ハリスは1986年にハワードを卒業し、政治学経済学の学位を取得した[38]

その後、ハリスはカリフォルニアに戻り、カリフォルニア大学ヘイスティングス法科大学の法学教育機会プログラム(LEOP)を通じて法科大学院に通いました。[39] UCヘイスティングスにいる間、彼女は黒人法学生協会の支部の会長を務めた[40]彼女は1989年に法務博士を卒業し[41]、1990年6月にカリフォルニアバーに入院した。[42]

初期のキャリア(1990–2004)

1990年、ハリスは、副として雇われた地方検事アラメダ郡、カリフォルニア州彼女は、「アップ途中ででき検察官」と説明しました。[43] 1994年、当時ハリスと付き合っていたカリフォルニア州議会議長の ウィリー・ブラウンは、彼女を州の失業保険控訴委員会に任命し、後にカリフォルニア医療支援委員会に任命した。[43]ハリスは1994年に職務から6か月の休職を取り、その後、彼女が取締役会に座っていた数年間に検察官として再開しました。ブラウンとのハリスの関係は、委員会の有利な立場に「友人と忠実な政治兵士」を任命するカリフォルニアの政治指導者のパターンの一部としてメディア報道で注目されました。ハリスは彼女の仕事を擁護しました。[43] [44] [45]

1998年2月、サンフランシスコ地方検事の テレンスハリナンは、ハリスを地方検事補として採用しました。[46]そこで、彼女はキャリア刑事課長になり、他の5人の弁護士を監督し、殺人強盗強盗性的暴行の事件、特に三振法の事件を起訴した。 2000年、ハリスはハリナンの助手であるダレル・サロモンと衝突し[47]提案 21をめぐって、検察官に少年裁判所ではなく上級裁判所で少年被告を裁判にかける選択肢を与えたと伝えられている[48]ハリスは、可決された法案に反対するキャンペーンを行った。サロモンは、プロップ 21に関するメディアの問い合わせをハリスに向けることに反対し事実上の降格である彼女を再割り当てしましたハリスはサロモンに対して苦情を申し立てて辞めた。[49]

2000年8月、ハリスはサンフランシスコ市庁舎に就職し、市の弁護士 ルイーズレンヌに勤務しました[50]ハリスは、児童虐待とネグレクト事件を代表する家族および子供サービス部門を運営したRenneは、DAキャンペーン中にHarrisを承認しました。[51]

2001年に、彼女はモンテルウィリアムスと簡単にデートしましたウィリアムズは2020年にこの関係についてツイートし、「カマラ・ハリスと私は約20年前、私たちが独身だったときに簡単にデートしました。それで、何ですか?ハリス上院議員に大きな敬意を表します」。[52]

サンフランシスコ地方検事(2004–2011)

2004年にカリフォルニア州議会議員ナンシーペロシとハリス

2002年、ハリスは、ハリナン(現職)とビルファジオに対してサンフランシスコ地方検事に立候補する準備をしました[53] ハリスは3人の候補者の中で最も知られていない[54]が、中央委員会にハリナンからの承認を差し控えるように説得した[51]ハリスとハリナンはそれぞれ33パーセントと37パーセントの投票で総選挙の決選投票に進んだ[55]

流出では、ハリスは死刑を決して求めず、暴力的な重罪の場合にのみ三振犯罪者を起訴することを約束した[56]ハリスは、ウィリー・ブラウン前市長、ダイアン・ファインスタイン上院議員、作家兼漫画家のアーロン・マッグルーダー、コメディアンのエディ・グリフィンクリス・ロックの支援を受けて、「強力な」キャンペーンを実施した[57] [58]ハリスは自分のパフォーマンスを攻撃することで、ハリナンとの差別化を図った。[59]彼女は、州全体の平均有罪判決率が83%であるにもかかわらず、重大な犯罪に対する彼の52%の有罪判決率を強調し、技術的に無能だったために彼の事務所を去ったと主張した[60]ハリスは、特にベイビューテンダーロインのような貧しい地域で、彼の事務所が市の銃による暴力を食い止めるのに十分なことをしていない非難し家庭内暴力の場合に司法取引を受け入れる意欲を攻撃した[61] [62]ハリスが最初になってきて、投票の56%を獲得した色の人サンフランシスコの地方検事として選出されました。[63]

ハリスは2007年に2期目も反対せずに走った。[64]

公安

非暴力犯罪

サンフランシスコ地方検事としてのハリス

2005年の夏、ハリスは環境犯罪ユニットを設立しました。[65]

2007年、ハリスと市の弁護士であるデニスヘレーラは、サンフランシスコの監督者であるエドジューを、監督者の地位を維持するために必要な居住要件に違反したとして調査しました[66]ハリスはユダヤ人を9人の重罪で起訴し、彼が第4地区の監督者に立候補するために必要なサンセット地区のに住んでいるように見せるために宣誓と偽造文書の下で嘘をついたと主張した[67]ユダヤ人は、2008年10月に、無関係の連邦汚職容疑(郵便詐欺、賄賂の勧誘、および恐喝)に対して有罪を認めた[67]。 翌月、州裁判所で、他の州の告発が取り下げられ、ユダヤ人がカリフォルニアで選出された役職を二度と保持しないことに同意した司法取引の一環として、指名書に彼の住所について嘘をついたとして偽証罪で有罪を認めた。[68]ハリスは、この事件を「私たちの民主主義の中核の一部である私たちの政治的プロセスの完全性を保護することについて」と説明した。[68] 彼の連邦犯罪のために、ユダヤ人は連邦刑務所で64ヶ月の刑と1万ドルの罰金を宣告された。[69]州の偽証罪の有罪判決で、ユダヤ人は郡刑務所で1年、保護観察期間で3年、罰金で約2,000ドルの刑を宣告された。[70]

ハリスの下で、DAの事務所は、マリファナ犯罪とより深刻な犯罪で同時に有罪判決を受けた人を含むマリファナ犯罪で1,900件以上の有罪判決を受けました。[71]ハリスの事務所がマリファナ犯罪を起訴した率はハリナンの下での率よりも高かったが、そのような犯罪で州刑務所に刑を宣告された被告の数はかなり少なかった。[71] ハリスの下では、低レベルのマリファナ犯罪の起訴はまれであり、彼女の事務所はマリファナ所持犯罪の刑務所の時間を追求しないという方針を持っていた。[71] ハリスの後継者であるジョージ・ガスコンは、1975年に遡るサンフランシスコのマリファナ犯罪をすべて抹消した。[71]

暴力犯罪

2000年代初頭、サンフランシスコの1人当たりの殺人率は全国平均を上回りました。ハリスは就任後最初の6か月以内に、司法取引で14件を解決し、11件を裁判にかけることで、未処理の殺人事件74件のうち27件をクリアしました。これらの裁判のうち、9件は有罪判決で終わり、2件は評決不能陪審で終わった。彼女は49件の暴力犯罪事件を裁判にかけ、36件の有罪判決を下しました。[72] 2004年から2006年にかけて、ハリスは殺人で87%の有罪判決率を達成し、すべての重罪犯で90%の有罪判決率を達成した。[73]

ハリスはまた、銃関連の犯罪に関与した刑事被告に対してより高い保釈金を要求し、歴史的に低い保釈金は部外者がサンフランシスコで犯罪を犯すことを奨励したと主張した。サンフランシスコ市警の警官は、被告が過去に使用した抜け穴を引き締めたことでハリスの功績を認めた[74]銃犯罪ユニットの創設に加えて、ハリスは、銃犯罪で逮捕された場合、被告人を自覚して釈放することに反対し、隠蔽または装填された武器の所持について最低90日間の刑を求め、すべての攻撃兵器所持事件を次のように起訴した。重罪は、彼女が攻撃兵器を所持または使用した犯罪者のために刑期を求め、銃関連の犯罪に対して最大の罰則を求めるだろうと付け加えた。[75]

ハリスは、学校のLGBTの子供や10代の若者に対するヘイトクライムに焦点を当てて、ヘイトクライムユニットを設立しました[76] 2006年初頭、17歳のアメリカ人ラティーナトランスジェンダーのティーンエイジャーであるグウェンアラウージョは、2度目の殺人で有罪判決を受ける前に後に「ゲイパニックディフェンス」を使用した2人の男性によって殺害された。ハリスは、アラウージョの母親シルビア・ゲレロとともに、そのような法的防御に対抗するための戦略を議論するために、全国で少なくとも200人の検察官と法執行官の2日間の会議を招集しました。[77]その後、ハリスはAB 1160、グウェンアラウージョ被害者法を支持し、カリフォルニア州の刑法には、決定を下す際の偏見、同情、偏見、または世論を無視する陪審の指示が含まれることを提唱し、カリフォルニア州の地方検事局に検察官の教育を義務付けました。パニック戦略とバイアスが試験結果に影響を与えるのを防ぐ方法について。[78] 2006年9月、カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーはAB1160に署名しました。法律は、被告が無罪か、有罪判決を受けされるの公共政策にそれが逆宣言として記録にカリフォルニアを置くあまり含ま犯「社会的バイアス」へのアピールに基づいて。[78] [79]

2007年8月、州議会議員のマークレノは、カウパレスでの銃のショーを禁止する法律を導入し、ハリス、警察署長のヘザーフォン、市長のギャビンニューサムが加わりました。市の指導者たちは、ショーがサンフランシスコでの違法な銃の拡散と殺人率の急上昇に直接貢献していると主張した。 (その月の初めに、ニューサムは市と郡の財産での銃のショーを禁止する法律に署名しました。)レノは、商人が近くの公営住宅開発を通り抜け、住民に武器を違法に販売したと主張しました。[80]法案は行き詰まりますが、ショーに対する地元の反対は、2019年にカウパレスの取締役会が将来のすべてのガンショーを禁止する声明を承認することを投票するまで続きました。[81]

改革の取り組み

死刑

ハリスは仮釈放なしの終身刑がより良く、よりコスト効率の罰であると述べている死刑[82] 得られるコスト削減だけではサンフランシスコで千追加の警察官のために支払うことができると推定しています。[82]

彼女のキャンペーンの間、ハリスは死刑を決して求めないことを約束しました。[56] の後、サンフランシスコ市警の役員、アイザック・エスピノーザ、米国の上院議員(および旧サンフランシスコ市長)2004年に射殺されたダイアン・ファインスタイン[83]米上院議員バーバラ・ボクサーオークランド 市長 ジェリー・ブラウン、そしてサンフランシスコ警察官協会はハリスにその立場を逆転させるよう圧力をかけたが、彼女はそうしなかった。[84] 投票有権者の70%が、ハリスの決定を支持していることが分かった。)[85]ときエドウィン・ラモス不法移民と主張しましたMS-13ギャングのメンバーは、2009年に男性とその2人の息子を殺害したとして告発された[86]。ハリスは仮釈放なしで終身刑を求めた、とギャビンニューサム市長は支持した。[87]

再犯と再入国イニシアチブ

2004年、ハリスは公民権活動家のラティーファ・サイモンを採用してサンフランシスコ再入国課を設立しました。[88]フラッグシッププログラムは、18〜30歳の初めての非暴力犯罪者のための初めての再入国プログラムであるBack onTrackイニシアチブでした。[89]犯罪が武器またはギャングに関連していないイニシアチブの参加者は、12か月から18か月の期間にわたる判決の延期および裁判官への定期的な出頭と引き換えに有罪を認める。プログラムは厳格な卒業要件を維持し、最大220時間のコミュニティサービスの完了を義務付け、高校相当の卒業証書を取得しました、安定した雇用を維持し、子育てのクラスを受講し、薬物検査に合格します。卒業時に、裁判所は事件を却下し、卒業生の記録を抹消します。[90] 6年間で、プログラムを卒業した200人の再犯率は10%未満でしたが、カリフォルニアの麻薬犯罪者の53%は釈放後2年以内に刑務所に戻りました。 Back on Trackは、再入国プログラムのモデルとして米国司法省から認められました。 DOJは、参加者1人あたりの納税者の費用は、訴訟の裁定(10,000ドル)および低レベルの犯罪者の収容費用(50,000ドル)よりも著しく低い(5,000ドル)ことを発見しました。[91]2009年に、州法(Back on Track Reentry Act、AB 750)が制定され、他のカリフォルニア州の郡が同様のプログラムを開始することを奨励しました。[92] [93] 全国地方検事協会によってモデルとして採用された、ボルチモア、フィラデルフィア、およびアトランタの検察庁は、独自のプログラムのテンプレートとしてBack onTrackを使用しました。[94] [95] [96]

不登校イニシアチブ

2006年、市の急増する殺人率を減らすためのイニシアチブの一環として、ハリスはサンフランシスコの危険にさらされている小学校の若者の不登校と戦うために市全体の取り組みを主導しました[97]慢性的な不登校を公共の安全の問題と宣言し、刑務所の受刑者と殺人の犠牲者の大多数が中退者または常習的な不登校であることを指摘し、ハリスの事務所は高リスクの学校で何千人もの親と会い、秋学期の初めに不登校の法的結果、彼女は慢性的に不登校の小学生の両親を起訴すると付け加えた。罰則には、2,500ドルの罰金と最高1年の懲役が含まれていました。[98]このプログラムは、導入されたときに物議を醸した。

2008年、ハリスは、サンフランシスコが学生の不登校で初めて成人を起訴した、子供が少なくとも50日間の学校を欠席した6人の親に対して引用を発行しました。サンフランシスコの学校長であるCarlosGarcia氏は、不登校から起訴までの道のりは長く、学区は通常、電話、リマインダーレター、プライベートミーティング、学校出席審査委員会でのヒアリング、支援の申し出を通じて、保護者を励ますために数か月を費やしていると述べました。市の機関や社会サービスから。 6人の親のうち2人は罪状認否をしませんでしたが、DAの事務所や社会福祉機関と協力して、子供を定期的に学校に通わせるのに役立つ「親責任計画」を作成すると述べました。[99]2009年4月、1330人の小学生は2008年の1730から23%ダウン、常習的または慢性truantsたし、ダウン2007年の2,517からと2006年には2856から[100]ハリスのオフィスどれも投獄されていないと、3年間で7人の両親を起訴。[100]

カリフォルニア州司法長官(2011–2017)

選挙

2010年

2010年の選挙のほぼ2年前に、ハリスは彼女が走ることを計画していると発表しました。[101]彼女はまた、当時の司法長官ジェリー・ブラウンがその役職の再選を求めなかった場合にのみ出馬すると述べた。[102]ブラウンは代わりに知事に立候補することを選択し、ハリスは著名なカリフォルニア州民主党からの支持を強化した。[103]カリフォルニアの上院議員、ダイアン・ファインスタインバーバラ・ボクサー、ハウススピーカーのナンシー・ペロシ労働組合の共同創設者ドロレス・ウエルタ、ロサンゼルス市長のアントニオ・ビジャライゴサはすべて、民主党の初等協会で彼女を支持した。[103]2010年6月8日の初等協会で、彼女は投票の33.6%にノミネートされ、アルベルト・トリコクリス・ケリーを破りました[104]

総選挙で、彼女はレースの大部分を率いた共和党のロサンゼルス郡地方検事スティーブ・クーリーに直面した[105] [106]クーリーは無党派として走り、共和党の知事候補メグ・ホイットマンの選挙運動から距離を置いた[要出典]選挙は11月 2日に行われたが、郵送と暫定投票のカウントが長引いた後、クーリーは11月25日に認めた。[107]ハリスは2011年1月3日に宣誓した。彼女は最初の女性、最初のアフリカ系アメリカ人、そして最初の南アジア系アメリカ人です州の歴史の中で司法長官の役職を務めること。[108]

2014年

ハリスは2014年2月に再選挙に立候補する意思を発表し、2月12上で実行するための書類を提出し、[109] サクラメント・ビー[110] ロサンゼルスデイリーニュース[111]ロサンゼルス・タイムズは、再選のために彼女を承認しました。[112]

2014年11月4日、ハリスは共和党のロナルドゴールドに対して再選され、投票の57.5%を獲得して42.5%になりました。[113]

消費者保護

詐欺、浪費、虐待

ハリスは2011年に差し押さえの犠牲者に会います。

2011年、ハリスは2010年の米国の差し押さえ危機を受けて、住宅ローン詐欺ストライクフォースの創設を発表しました[114] $ 241 -同じ年、ハリスはカリフォルニア州の虚偽請求取締法の歴史の中で最大規模の回収の2を得たこと から、百万クエスト・ダイアグノスティクス、その後$ 323  SCANヘルスケアネットワークから百万-過剰な状態上のMedi-CALおよび連邦政府のメディケアの支払い。[115] [116]

2012年、ハリスはカリフォルニアの経済的影響力を活用して、米国の5大住宅ローンサービサーであるJPモルガンチェースバンクオブアメリカウェルズファーゴシティグループアリーバンクに対して全国住宅ローン決済より良い条件を獲得しました[117]住宅ローン会社は、住宅所有者を不法に差し押さえたとして非難された。カリフォルニア州民への救済のための最初の20〜40ドルの申し出を却下した後、ハリスは交渉から撤退した。オファーは最終的に、カリフォルニアの住宅所有者のための債務救済で184億ドル、その他の財政支援で20億ドルに増額されました[118] [119]   

ハリスはで働いていた国会スピーカージョン・ペレスと上院の大統領プロTEM ダレル・スタインバーグ積極的な差し押さえの戦術に対する全国最強の防御の一つと考えられて権利の自家所有者法案を導入する2013年に。[120]住宅所有者の権利章典は、「二重追跡」(変更と差し押さえを同時に処理する)とロボ署名の慣行を禁止し、住宅所有者に貸付機関での単一の連絡窓口を提供しました。[121]ハリスは、主にロボ署名とデュアルトラックの乱用、およびローン処理者が住宅ローンの支払い、誤った計算された金利、および請求された借り手に不適切な料金を迅速に貸し付けなかった事例を起訴するために、法案の下でカリフォルニアの住宅所有者のために複数の9桁の和解を達成しました。ハリスは Ocwen Financial Corporationからの2億6800 万ドル、HSBCからの4億7000万ドル SunTrust Banksからの5億5000万ドルを含む、数億ドルの救済を確保しました[122] [123] [124]

2013年から2015年にかけて、ハリスはカリフォルニアの公務員年金と教師年金、CalPERSCalSTRSの金融回収を住宅ローン担保証券の不実表示理由にさまざまな金融大手に対して追求しました。彼女は国営年金のために複数の9桁の回収を確保し シティグループから約1億9,300ドル S&Pから2億1,000ドル JPモルガンチェースから3ドル、バンクオブアメリカから5億ドル以上を回収しました[125] [126] [127] [128]

2013年、ハリスは、カリフォルニア州の差し押さえ法の「広範囲にわたる違反」について、将来の米国財務長官スティーブン・ムニューシン(当時は民間人)が率いる投資グループが所有するワンウエスト銀行を非難した州の調査官によって起草された民事訴訟の承認を拒否しました[129] 2016年の選挙中、ハリスはムニューシンから寄付を受け取った唯一の民主党上院議員候補でした。ムニューシンがワンウエスト銀行を通じてサブプライム住宅ローン危機から利益を得たとされているため、ハリスは寄付を受け入れたとして批判された[130] 彼女はその後、2017年2月に財務長官としての彼の確認に反対票を投じました。2019年、ハリスのキャンペーンは、起訴を追求しないという決定は、州がワンウエストを召喚できないことにかかっていると述べました。彼女のスポークスマンは、「OneWestが略奪的貸付を行ったことは疑いの余地がなく、ハリス上院議員は彼らが罰せられるべきだと信じている。残念ながら、法律は彼らの側に正直であり、彼らは連邦銀行であるため州の召喚状から守られていた」と述べた。[131]

2014年、ハリスは、誤った延滞料金、期日までに契約を完済した顧客への過大請求、およびプライバシー侵害の申し立てについて彼女が所有する賃貸小売業者Aaron's、Inc。に対して提起した請求を解決しました。和解では、小売業者 はカリフォルニアの顧客に2840ドルを返金し、340 ドルの民事罰を支払いました。[132]

2015年、ハリスは、脆弱な低所得の学生を対象とした虚偽の広告と欺瞞的なマーケティング、および学生、投資家、認定機関への就職率の不実表示について、営利目的の高等教育機関であるコリンシアンカレッジに対して12億ドルの判決を下しました[133]裁判所は、コリント式に8 億2000万ドルの賠償金と、さらに3 億5000万ドルの民事罰金を支払うよう命じた。[134]その同じ年、ハリスはまた、違法な債権回収の申し立てを解決するために JPモルガンチェースとの6000万ドルの和解を確保したクレジットカードの顧客に関しては、銀行はまた、誤った金額を収集し、不良なクレジットカードの債務を売却し、最初に審査せずに裁判所の文書に「ロボ署名」した債権回収工場を運営することにより、カリフォルニアの消費者保護法に違反する慣行を変更することに同意します。判決と賃金の飾りを得るために急いでファイル。和解の一環として、銀行は528,000を超える顧客アカウントの収集を停止する必要がありました。[135]

2015年、ハリスは、サンオノフレ原子力発電所の閉鎖に関して、料金支払者擁護局、サンディエゴガスアンドエレクトリック、およびサザンカリフォルニアエジソンの調査を開始しましたカリフォルニア州の研究者らは、カリフォルニア・ユーティリティ・レギュレータマイケルPeeveyの自宅を捜索し、伝えられるところでは、彼は2が$ 3.3サンディエゴの納税者を残し、サンOnofreの和解条件を交渉していたポーランド、中エジソンの幹部と会っていた示した手書きのメモ見つかっ 億円工場の閉鎖のために支払う請求書。調査は、ハリスが2016年に米国上院議員に立候補する中、終了しました。[136] [137]

プライバシー権

2012年2月、ハリスはAppleAmazonGoogleHewlett-PackardMicrosoftResearch in Motionとの間で、店舗で販売されているアプリに、どの個人情報を誰と共有しているかを知らせる優れたプライバシーポリシーを表示することを義務付ける契約を発表しました。 。[138] Facebookは後に合意に加わった。その夏、ハリスは、サイバープライバシー、個人情報の盗難、およびデータ侵害に関連する法律を施行するためのプライバシー施行および保護ユニットの創設を発表しました[139]同じ年の後半、ハリスは100人のモバイルアプリ開発者に州のプライバシー法に違反していることを通知し、カリフォルニアの居住者が非準拠のアプリをダウンロードするたびにプライバシーポリシーを作成するか、2,500ドルの罰金を科すように依頼しました。[140]

2015年、ハリスはComcastとの2つの和解を確保しました。1つ は、非公開のVoice over Internet Protocol(VOIP)電話サービスの料金を支払った数万人の顧客の名前、電話番号、住所をオンラインで投稿したという申し立てに対して合計3,300万ドル、もう1つは26ドルです。 最初に個人の顧客情報を省略または編集せずに紙の記録を破棄したという申し立てを解決するための百万の和解。[141] [142]ハリスはまた、同社が顧客や従業員に通知せずに電話を録音したという申し立てについて、Houzzと和解した。 Houzzは175,000ドルを支払い、録音された通話を破棄し、最高プライバシー責任者を雇うことを余儀なくされました、このような規定がカリフォルニア州司法省との和解に初めて含まれた。[143]

刑事司法改革

再犯削減と再入国の部門の立ち上げ

2013年11月、ハリスは、サンディエゴロサンゼルスアラメダ郡の地方検事局と協力してカリフォルニア州司法省の再犯削減および再入国部門を立ち上げました[144] 2015年3月、ハリスはロサンゼルス郡保安局と連携して「Back onTrackLA」と呼ばれるパイロットプログラムの作成を発表した。 Back on Trackと同様に、初めて、非暴力、非性的、18〜30歳の犯罪者[検証に失敗] – 90人の男性が24〜30か月間パイロットプログラムに参加しました。ケースマネージャーに任命された参加者は、ロサンゼルスコミュニティカレッジ地区および職業訓練サービス。[145]

冤罪と刑務所の過密

司法長官としての不法な有罪判決事件に関するハリスの記録は、学者や活動家からの批判を引き起こしました。[146]法学教授のララ・バゼロンは、ハリスは「新しい裁判を許可するのではなく、不当に有罪判決を受けた人々を法廷の後ろに置くために技術を武器にした」と主張している。[146]ブラウン対プラタでの2011年の合衆国最高裁判所の判決の後、カリフォルニアの刑務所は過密残酷で異常な刑罰を科したと宣言した後、ハリスは連邦の監督と戦い、「私にはクライアントがいて、クライアントを選ぶことができない。 。」[147]ハリスは刑事判決改革イニシアチブのいかなる立場を取ることも拒否した提案 36(2012年)およびプロップ 47(2014)、彼女のオフィスは、投票用紙の小冊子を準備しているため、それは不適切だろうと主張。[147] 司法長官の前任者であるジョン・ヴァン・デ・カンプは、その論理的根拠に公然と反対した。[147]

2014年9月、ハリスの事務所は、囚人の早期釈放に反対する裁判所の申立てで、受刑者の消防労働の必要性を理由に不成功に終わったと主張した。メモが見出しを引き起こしたとき、ハリスは彼女のオフィスがメモを作成したことに気づいていないと言ってそれに反対しました。[148] 1940年代以降、資格のあるカリフォルニア州の受刑者は、刑期の短縮とより快適な刑務所の収容と引き換えにCalFireから包括的な訓練を受けることを志願するオプションを持っている刑務所の消防士は1日あたり約2ドルを受け取り、火事と戦うときはさらに1ドルを受け取ります。[149]

LGBTの権利

反対の提案8

2008年、カリフォルニア州の有権者は、「男性と女性の間」の結婚のみが有効であると規定する州憲法改正案である提案 8を可決しました。法的な異議申し立ては、承認後すぐに反対者によって行われペリー対シュワルツェネッガー(後のホリングスワース対ペリーの場合、同性カップルのペアが連邦裁判所イニシアチブに対して訴訟を起こしました。 2010年のキャンペーンでは、カリフォルニア州司法長官のジェリー・ブラウンとハリスの両方が提案8を擁護しないことを約束しました[150] 

選出された後、ハリスは彼女の事務所が結婚禁止を擁護しないと宣言し、 提案8の支持者に任務を任せました[151] 2013年2月、ハリスはアミカスキュリエの概要書面を提出し、提案 8は違憲であり、イニシアチブのスポンサーは連邦裁判所で法律を擁護することによってカリフォルニアの利益を代表する法的地位持っていなかったと主張した[152] 2013年6月、最高裁判所は5–4の判決を下し、 提案8の支持者は連邦裁判所でそれを擁護する立場に欠けていた。[153]翌日、ハリスはロサンゼルスのダウンタウンでスピーチを行い、第9巡回区控訴裁判所に同性結婚を禁止する滞在をできるだけ早く解除するよう求めた。[154]滞在は2日後に解除されました。[155]

ゲイパニックディフェンスとトランスパニックディフェンスの禁止

2014年、カマラ・ハリス司法長官は、法廷でゲイパニックディフェンスとトランスパニックディフェンスを禁止する法律を共同で後援し[156]、カリフォルニアはそのような法律を制定した最初の州になりました。[157]

ミシェル・ラエル・B・ノーズワーシー対ジェフリー・ビアード他

2014年2月、カリフォルニア州ミュールクリーク州立刑務所トランスジェンダー受刑者であるミシェルラエルノーズワーシーはカリフォルニア州矯正リハビリテーション局が医学的に必要な性別適合手術(SRS )。[158] 2015年4月、連邦判事は州にSRSを提供するように州に命じ、刑務官は「彼女の深刻な医療ニーズに故意に無関心であった」と認定した[159] [160] CDCRを代表するハリスは、第9巡回控訴裁判所に命令を上訴した[161]。心理療法[162]と、ノーズワージーが過去14年間に性別違和のために受けていホルモン療法は、十分な治療であり[163]、「ノーズワージーが深刻な、即時の身体的または感情的な危険」。[163]ハリスは法廷での州の立場を擁護したが、彼女は最終的にカリフォルニア州矯正・リハビリテーション局に彼らの政策を変更するように促したと述べた。[164] 2015年8月、州の控訴が保留されている間、Norsworthyは仮釈放され、囚人医療を提供する州の義務を免除され[165]、事件は無意味になった。[166] 2019年、ハリスは、彼女の事務所がNorsworthyの事件で提出したブリーフや、トランスジェンダーの受刑者の性別適合手術へのアクセスを含むその他のブリーフに対して「全責任」を負ったと述べた。[167]

公安

不登校防止の取り組み

2010年にピーターソン中学校(サンタクララ統一学区)を訪問

2011年、ハリスはサンフランシスコ地方検事と同じように、正直な子供たちの親に刑事罰を科すよう求め、親が子供を学校に戻すための調停期間に同意した場合、裁判所が判決を延期できるようにしました。批評家は、彼女の指令を実行している地元の検察官が彼らの執行に熱心であり、ハリスの政策が家族に悪影響を及ぼしたと非難した。[168] 2013年、ハリスは「In School + On Track」というタイトルのレポートを発行しました。このレポートによると、州内の25万人以上の小学生が「慢性的に欠席」しており、2012〜2013年の学校の小学生の州全体の不登校率がわかりました。 資金は出席率に基づいているため、年間はほぼ30%で、学区に約14ドルの費用がかかりました[169]

環境を守ること

ハリスは司法長官として環境保護を優先し、最初に4,400 万ドルの和解金を確保して、コンテナ船がサンフランシスコ-オークランドベイブリッジに衝突し 50,000ガロンのバンカー燃料流出させたコスコブサンの油流出関連するすべての損害と費用を解決しました。サンフランシスコ湾[170]カリフォルニア州サンタバーバラ沖に約14万ガロンの原油が堆積した2015年のレフジオ油流出事故の余波で、ハリスは海岸線を視察し、刑事違反の可能性を調査するよう事務所のリソースと弁護士に指示した。[171]  その後、オペレーターのプレーンズ・オール・アメリカン・パイプラインは流出に関連した46件の刑事告発で起訴され、1人の従業員は3件の刑事告発で起訴されました。[172] 2019年、サンタバーバラの陪審員は、プレーンズがパイプラインを適切に維持できなかったことと、さらに8件の軽罪で有罪となったという評決を下した。彼らは300 ドル以上の罰金と査定を支払うように宣告されました[173]

2015年から2016年にかけて、ハリスは燃料サービス会社のシェブロンBPARCOフィリップス66コノコフィリップス複数の数百万ドルの和解を確保し、ガソリンの貯蔵に使用される地下貯蔵タンク内の有害物質を適切に監視できなかったという申し立てを解決しました。何百ものカリフォルニアのガソリンスタンドでの小売販売。[174] [175] [176] 2016年夏、自動車メーカーのフォルクスワーゲンAGは、排出ガス基準の不正行為に使用さ れるいわゆるディフィートデバイスに関連する多数の請求を解決するために最大147ドルを支払うことに合意しました。州法および連邦法で許可されている有害な窒素酸化物のレベルの最大40倍を実際に排出しながら、ディーゼル車に搭載されています。[177]ハリスとの椅子カリフォルニア州大気資源委員会メアリーD.ニコルズは、カリフォルニア州は$ 1.18受けると発表した 億だけでなく、別の$ 86 民事罰でカリフォルニア州に支払わ万人を。[177]

法執行機関

カリフォルニア州の提案69(2004)は、重罪で逮捕された成人および特定の犯罪で逮捕された個人からDNAサンプルを収集することを法執行機関に要求しました。 2012年、ハリスは、カリフォルニア州司法省がDNA検査機能を改善し、州の犯罪研究所に保管されているサンプルを30日以内に4倍速く分析できるようにしたと発表しました。したがって、ハリスは、法医学サービス局内のRapid DNA Service TeamがカリフォルニアのDNAバックログを初めてクリアしたと報告しました)。[178]ハリスの事務所は後に、未テストのレイプキットの未処理分をなくすというマンハッタン地方検事のイニシアチブ から160万ドルの助成金を授与された[179]

2015年、ハリスは、警察と警察による致命的な力の使用における暗黙のバイアスについて90日間のレビューを実施しました。 2015年4月、ハリスは、スタンフォード大学の心理学者でジェニファー・エバーハート教授と共同で設計された、この種の最初の「原則的ポリシング:手続き的公正と暗黙のバイアス」トレーニングを導入しました。、法執行官が中立的な警察への障壁を克服し、法執行官と地域社会の間の信頼を再構築するのを助けるため。すべてのコマンドレベルのスタッフがトレーニングを受けました。このトレーニングは、カリフォルニア州司法省内で導入された一連の改革の一部でした。これには、多様な特別捜査官の採用と雇用を増やすために配備された追加のリソース、警察官関連の銃撃捜査と地域警察を調査する部門の役割の拡大も含まれていました。 。[180]同じ年、ハリスのカリフォルニア州司法省は、すべての警察官にボディカメラの着用を義務付ける国内初の州全体の機関となった[181]ハリスはまた、カリフォルニア州のすべての法執行機関に、州全体の警察官によって射殺、重傷、または殺害された人の数に関する拡張統計を収集、報告、公開することを義務付ける新しい州法を発表しました。[182]

ハリスとLAPDのチーフチャーリーベックは、1964年の公民権法の署名の50周年を祝います。

その年の後半、ハリスは、共和党のDAトニー・ラッカウカスによる違法行為の申し立てを理由に、有名な大量殺人事件の起訴を引き継ぎ、250人の検察官全員をオレンジ郡地方検事局から追放するという裁判官の命令を訴えました。ラッカウカスは、刑務所の情報提供者を不法に雇用し、証拠を隠したとされた。[183]ハリスは、250人の検察官全員がこの事件に取り組むことを禁止する必要はなかったと述べた。直接関与したのはごくわずかであり、後に、より狭い犯罪捜査を約束した。米国司法省は、 2016年12月におけるRackauckas調査を始めたが、彼は再選されていませんでした。[184]

2016年、ハリスは、カリフォルニア州カーン郡の2つの最大の法執行機関ベーカーズフィールド警察署カーン郡保安官による、公民権侵害とされる人物の権利侵害と過度の力の行使に関する調査のパターンと慣行を発表しました[185] 5部構成のガーディアンエクスポーズで「アメリカで最も致命的な警察署」とラベル付けされ、ACLUによって委託され、カリフォルニア州司法省に提出された別の調査は、過度の力を使用した警察の報告を裏付けた[186]

計画された親子関係

2016年、ハリスの事務所は、秘密の録音を行った反虐待活動家のアパートからビデオやその他の情報を押収し、計画れた親の医師が胎児組織を違法に販売したと非難しましたハリスは、2015年の夏に彼女の事務所が活動家を調査すると発表しました。彼女は、計画された親子関係が活動家に対して訴訟を起こすまでに公の行動を取らなかったという批判の高まりに直面していました。[187] [188]

性犯罪

2011年、ハリスは有罪答弁とから4年の実刑判決を得ストーカー使用のFacebookソーシャルエンジニアリングの違法ソーシャルメディア彼はハイジャックアカウント女性のプライベート写真にアクセスするためのテクニックを。ハリスは、インターネットが「犯罪の新たなフロンティアを開いた」とコメントした。[189]その年の後半、ハリスはカリフォルニア州司法省内にテクノロジー犯罪を対象とした20人の弁護士ユニットであるeCrimeユニットを設立した。[190] 2015年、カリフォルニアに本拠を置くいわゆるリベンジポルノサイトの数人の提供者が逮捕され、重罪で起訴され、長期の禁固刑を宣告された。[191] [192]米国でのこの種の最初の起訴で、Kevin Bollaertは、21件の個人情報の盗難と6件の恐喝で有罪判決を受け、18年の懲役を宣告されました。[193]ハリスは、カリフォルニア州下院議員のケイティ・ヒルが彼女の元夫による同様のサイバー搾取の標的にされ、2019年後半に辞任を余儀なくされたときにこれらの事件を提起した[194]

2016年、ハリスはの逮捕を発表しましたBackpageの重罪容疑でCEOのカール・フェレール売春マイナー、売春、および売春をコミットする陰謀を。令状Backpageの収益の99パーセントが18歳未満の子供を含む性的人身売買の多くの関与の犠牲者売春関連の広告、に直接起因したと主張した[195]フェラーに対する売春電荷がでカリフォルニア州の裁判所によって棄却されました2016年はCommunicationsDecency Actセクション230に基づいていますが、2018年に、Ferrerはカリフォルニアで金銭的人身売買の罪を認め、Backpageの元共同所有者に対して証拠を提出することに同意しました。[196]フェラーは同時に、テキサス州裁判所とアリゾナ連邦裁判所での売春を促進するためのマネーロンダリングと陰謀の罪で有罪を認めました。[196] [197]圧力を受けて、Backpageは米国のすべてのサイトからアダルトセクションを削除すると発表しました。[198]ハリスはこの動きを歓迎し、「彼らが完全に閉鎖するのを楽しみにしている」と述べた。[199]彼女が上院議員になった後も調査は続けられ、2018年4月、Backpageと関連サイトは連邦法執行機関によって押収された。[197]

国境を越えた犯罪組織

AGハリスはカリフォルニア州ロスバノスで101人のギャングメンバーを逮捕したと発表しました

司法長官としての任期中、ハリスの事務所は、暴力犯罪、詐欺計画、麻薬密売、密輸に関与した多国籍犯罪組織を対象とした主要な調査と起訴を監督しました。ハリスの下で(武器、麻薬、現金、およびその他の資産の)重要な逮捕と発作対象とティファナ・カルテル(2011)、[200]ヌエストラファミリアNorteños、およびVagosのモーターサイクル・クラブ(2011)、[201] [202] [203] Norteños(2015)、[204] [205]クリップス(2015)、[206]メキシコマフィア(2016)、[207]およびロサンゼルスファッションディストリクトの企業は、メキシコの麻薬密売人のための主要なマネーロンダリングハブを運営していると非難されました(2014)。[208]

2012年夏には、ハリスはに従って署名したメキシコの司法長官マリスラモラレスを越え、人間の販売および輸送に従事国境を越えたギャングのターゲット法執行資源の連携向上させるために、サン・イシドロ国境を。この合意は、オフィス間の調査とベストプラクティスの共有に関するより緊密な統合を求めていました。[209] 2012年、ジェリーブラウン知事は人身売買と闘うためにハリスによって進められた2つの法案に署名した。[210] 11月、ハリスは、米国労働長官の ヒルダ・ソリス出席したシンポジウムで、「カリフォルニア州の人身売買の現状2012」というタイトルの報告書を発表した。モラレス司法長官は、州内での人身売買の蔓延の高まりを概説し、その実践における多国籍ギャングの関与を強調しています。[211] [212]

、:2014年初頭では、ハリスは、「カリフォルニア州と国境を越える犯罪との戦いギャング国境を越えて」と題した報告書を発行した[213]様々で使用する薬剤、武器、人身売買、マネーロンダリング、および技術犯罪の重要な役割のアドレッシング薬をカルテルからメキシコアルメニアパワー18番街のギャング、およびMS-13州および地方の法執行機関のための製品の推奨事項は、犯罪行為に対抗します。[214]その年の後半、ハリスはの超党派代表団主導の州司法長官メキシコシティメキシコの検察当局との国境を越えた犯罪を議論します。[215]その後、ハリスは、米国、メキシコ、エルサルバドルの州および連邦当局と、国境を越えた組織犯罪と戦うためのテクノロジーの使用に焦点を当てたサミットを開催しました[216]

米国上院(2017–2021)

選挙

上院キャンペーンのロゴ、2016年

カリフォルニアからの米国上院議員として20年以上経った後、バーバラボクサー上院議員は2015年1月に、2016年に再選に立候補しないことを発表しました。[217]ハリスは翌週上院議員の立候補を発表しました。[217]ハリスはキャンペーンの最初からトップ候補だった。[218]

2016年のカリフォルニア州上院選挙では、カリフォルニア州の新しい予備選挙の上位2つの形式が使用され、予備選挙の上位2名の候補者が政党に関係なく総選挙に進みました。[218] 2016年2月、ハリスは党大会でカリフォルニア州民主党の投票の78%を獲得し、ハリスの選挙運動が党から財政的支援を受けることを可能にした。[219] 3か月後、ジェリー・ブラウン知事は彼女を承認した。[220] 6月7日の初等協会では、ハリスが最初に投票の40%を獲得し、ほとんどの郡で複数の票を獲得した。[221]ハリスは総選挙で下院議員であり、民主党員のロレッタ・サンチェスと対峙した[222]カリフォルニアが1914年に上院議員を直接選出し始めて以来、共和党が上院の総選挙に出馬しなかったのはこれが初めてだった。[223]

7月19日、バラク・オバマ大統領ジョー・バイデン副大統領がハリスを支持した。[224]2016年11月の選挙、ハリスはすべてが、4郡を運んで、投票の60%以上を捕捉し、サンチェスを破りました。[225]勝利後、彼女はドナルド・トランプ大統領の政策から移民を保護することを約束し、2016年末まで司法長官であり続ける意向を発表した。[226] [227]

在職期間と政治的立場

ハリスの公式上院の肖像画

2017年

ハリスは、2017年1月3日に当時のバイデン副大統領によって上院に宣誓されました

1月28日、トランプが大統領命令13769署名し、イスラム教徒が多数を占めるいくつかの国の市民が90日間米国に入国することを禁じた後、彼女はこの命令を非難し、「イスラム教徒の禁止」と表現した多くの人の1人でした。[228]彼女はホワイトハウスの首席補佐官 ジョン・F・ケリーを自宅に呼び、情報を収集し、大統領命令に反対した。[229]

2月には、ハリスは、トランプのキャビネットのピックに反対で話したベッツィー・デボスのための教育の長官[230]ジェフ・セッションズのためのアメリカ合衆国司法長官[231] 3月初旬、セッションがロシア駐米大使 セルゲイ・キスリャクと2回話し合ったことが報告された後、彼女はセッションに辞任を求めた[232]

4月、ハリスはニール・ゴーサッチ合衆国最高裁判所への承認に反対票を投じました[233]その後、その月、ハリスはに駐留カリフォルニア軍訪問し、中東に初の外国旅行を彼女を取ったイラクザータリ難民キャンプヨルダン、シリア難民のための最大のキャンプを。[234]

6月には、ハリスは彼女の尋問のためにメディアの注目を集めロッドローゼンシュタイン副検事総長彼が果たした役割上、2017年5月発火ジェームス・コメイ連邦捜査局のディレクター[235]彼女の尋問の検察的性質により、インテリジェンス委員会の職権上のメンバーであるジョン・マケイン上院議員委員会委員長であるリチャード・バー上院議員は彼女を妨害し、証人をもっと尊重するよう要求した。 1週間後、彼女は同じトピックについて司法長官のジェフ・セッションズに質問しました。[236]セッションは彼女の質問が「私を緊張させる」と言った。[237]ハリスからのバーの単一化は、彼の行動が性差別的であるというニュースメディアの提案を引き起こし、コメンテーターは、バーが上院の男性の同僚を同様の方法で扱うことはないと主張した。[238]

12月、ハリスはアル・フランケン上院議員の辞任を求め、ツイッターで「セクハラや違法行為は誰にも許可されるべきではなく、どこでも発生してはならない」と主張した。[239]

2018年

ハリスの2018年記念行事で、(中央)血の日曜日セルマ彼女はで話すように招待された、ジョン・ルイス(右)[240]

1月、ハリスはアルフランケンの辞任後、上院司法委員会に任命されました[241]その月の後半、ハリスは国土安全保障長官の キルステン・ニールセンに、ノルウェーの移民を他の移民よりも支持し、ノルウェーが主に白人の国であることを知らないと主張したことについて質問した[242] [243]

5月、ハリスはニールセン長官にトランプ政権の家族分離政策について熱心に質問した。この政策では、両親が米国に不法入国したために拘留されたときに子供が家族から分離された[244]。サンディエゴの国境、[245]ハリスはニールセンの辞任を要求した最初の上院議員になった。[246]

9月と10月のブレット・カバノー最高裁判所の確認聴聞会で、ハリスはブレット・カバノーに、大統領の個人弁護士であるマーク・カソウィッツによって設立された法律事務所であるカソウィッツ・ベンソン・トーレスのメンバーとのミューラー調査に関して行った可能性のある会議について質問しましたカバノーは答えることができず、繰り返し偏向した。[247]ハリスはまた、性的暴行の申し立てに関するカバノーに関する調査のFBI長官の限られた範囲の質問に参加した。[248]彼女は彼の確認に反対票を投じた。

ハリスは、2018年10月の米国の郵便爆撃の試みの標的でした[249]

12月、上院は、ハリスが後援するリンチ法の犠牲者のため司法(S. 3178)を可決しました[250]下院で死んだ法案は、私刑を連邦のヘイトクライムにしたであろう。[251]

2019年

SFプライドパレード2019でのハリス

2019年3月、特別顧問のロバート・ミューラー2016年の選挙ロシアの干渉に関する報告を提出し、ハリスは米国司法長官のウィリアム・バーに透明性の利益のために議会の前で証言するよう求めました。[252] 2日後、バーは編集されたミューラー報告書の4ページの「要約」を発表した。これはその結論の意図的な誤解として批判された。[253]その月の後半、ハリスは、メイジー・ヒロノが率いる手紙に署名した12人の民主党上院議員の1人であった。「大統領の行動は司法妨害にはならないという彼自身の結論」を提示するというバーの決定に疑問を呈し、バーのミューラー報告の要約と記者会見での彼の発言が誤解を招くものであったかどうかの調査を求めた。[254]

2019年5月1日、バーは上院司法委員会の前で証言しました[255]公聴会の間、バーは完全な報告に先立って彼が発表した4ページの要約の不実表示について反抗し続けた。[256]ハリスから、大統領を司法妨害で起訴しないことを決定する前に根本的な証拠を検討したかどうか尋ねられたとき、バーは、彼、ロッド・ローゼンスタイン、または彼の事務所の誰も、起訴する前に報告を裏付ける証拠を検討しなかったことを認めた。決断。[257]ハリスは後にバーに辞任を求め、偽証罪に問われる可能性があるため、彼女の質問に答えることを拒否したとして彼を非難した。、そして彼の回答を述べることは彼が米国司法長官を務める資格を失った。[258] [259] 2日後、ハリスは司法省の監察官マイケルE.ホロウィッツに、バー司法長官がトランプの政敵を調査するようホワイトハウスからの圧力に応じたかどうかを調査するよう再度要求した[260]

2019年5月5日、ハリス氏は、「投票者の抑圧」により、民主党のステイシーエイブラムスアンドリューギラムジョージア州フロリダ州での2018年知事選挙に勝利することができなくなったと述べました。エイブラムスは55,000票、ギラムは32,000票を失った。選挙法の専門家であるリチャード・L・ハーセンよれば、「厳格な投票法と登録法の抑制効果がジョージア州とフロリダ州の知事選挙の結果に影響を与えたという良い証拠は見たことがない」。[261]

7月、ハリスはカーステンギリブランド協力してトランプ政権中国共産党によるウイグル人虐殺の申し立てを調査するよう要請したこの質問では、彼女は同僚のマルコ・ルビオが加わった[262]

11月、ハリスは、トランスジェンダーの女性であり、ICEの管理下で亡くなった移民であるRoxsanaHernándezの死について調査するよう求めました[263] [264]

12月、南部貧困法センター発行した電子メールブライトバートのウェブサイト編集者白人至上主義文学の頻繁な宣伝を明らかにした後、ハリスは民主党の上院議員と公民権団体のグループを率いてホワイトハウスの上級顧問スティーブンミラーの解任を要求した[265]

2020

2020年1月16日にドナルド・トランプの弾劾裁判が始まる前に、ハリスは上院の床で、アメリカの司法制度の完全性と現職の大統領を含む誰も上にいないという原則についての彼女の見解を述べた。法律。ハリスは後に、グラハムが黙認した弾劾裁判の間、すべての司法指名を停止するよう上院司法委員長のリンジー・グラハムに要請した。[266] [267]ハリスは、権力の乱用と議会の妨害の罪で大統領を有罪にすることに投票した。[268]

ハリスは上院議員との保釈改革法案を含む共和党の共同スポンサーと超党派の法案、に取り組んできましたランド・ポール[269]上院議員と選挙セキュリティ法案ジェームズ・ランクフォード[270]および上院議員と職場のハラスメント法案リーサ・マーカウスキー[271]

2021年

米国副大統領に選出された後、ハリスは2021年1月18日に辞任し[272]、2021年1月20日に就任し、カリフォルニア州務長官の アレックスパディーラに代わった[273]

委員会の任務

上院にいる間、ハリスは次の委員会のメンバーでした:[274]

党員集会の会員

2020年大統領選挙(2019–2020)

大統領選挙

ハリスは、2019年1月27日に、民主党の大統領指名に立候補することを正式に発表しました

ハリスは、2020年の民主党大統領候補指名のトップ候補であり、潜在的な最有力候補と見なされていました[278] 2018年6月、彼女は「それを排除しない」と言われた。[279] 2018年7月、彼女は回想録を出版することが発表された。これは実行の可能性の兆候である。[280] 2019年1月21日には、ハリスは正式に彼女に発表の立候補のための米国の大統領2020年アメリカ合衆国大統領選挙[281] 立候補発表後の最初の24時間で、彼女は発表の翌日に集められた最も多くの寄付について、2016年にバーニーサンダースによって設定された記録を結びました[要出典]警察の推定によると、1月27日に彼女の故郷であるカリフォルニア州オークランドで行われた正式なキャンペーン開​​始イベントには2万人以上が参加しました。[282]

2019年6月の最初の民主党大統領討論会で、ハリスは元副大統領のジョー・バイデンを「痛ましい」発言で叱り、1970年代の統合努力に反対し、強制的な学校のバスに反対するために彼らと協力した上院議員について愛情を込めて話しました。[283]ハリスの支持は、その議論に続く世論調査で6から9ポイント上昇した。[284] 8月の2回目の討論で、ハリスは司法長官としての彼女の記録をめぐってバイデンと下院議員のトゥルシー・ギャバードに直面した[285]サンノゼマーキュリーニュースギャバードとバイデンの告発のいくつかは、死刑囚のDNA鑑定を阻止するなど、適切であると評価したが、他の告発は精査に耐えられなかった。直後に、ハリスはその議論に続いて世論調査に落ちました。[286] [287]次の数ヶ月で、彼女の投票数は一桁台前半に落ちた。[288]リベラル派が刑事司法制度の行き過ぎをますます懸念するようになったとき、ハリスはカリフォルニア州司法長官時代に追求した厳しい犯罪政策に対する改革者からの批判に直面した。たとえば、2014年に、彼女はカリフォルニア州の死刑を法廷で弁護することを決定しました。[289]

彼女の大統領選挙の前と最中に、ハッシュタグ#KHiveを使用したオンラインの非公式組織が、彼女の立候補を支援し、人種差別的および性差別的な攻撃から彼女を守るために結成されました。[290] [291] [292] [293]デイリー・ドットによるとジョイ・リードは2017年8月のツイートで、「@ Dr JasonJohnson @ ZerlinaMaxwellと私は会議を開き、K-Hiveと呼ばれることにしました。 「」[294]

2019年12月3日、ハリスは資金不足を理由に、2020年の民主党の指名を求めることをやめました。[295] 2020年3月、ハリスはジョー・バイデンを大統領に推薦した。[296]

副大統領キャンペーン

Biden–Harrisチケットのキャンペーンロゴ

2019年5月、議会ブラックコーカスの上級メンバーはバイデン-ハリスチケットのアイデアを承認しました。[297] 2月下旬、バイデンは2020年のサウスカロライナ州民主党のプライマリーで、ハウスホイップのジム・クライバーンの支持を得て地滑りの勝利を収め、スーパーチューズデーでさらに勝利を収めた。 3月初旬、クライバーンはバイデンが黒人女性をランニングメイトとして選ぶことを提案し、「アフリカ系アメリカ人の女性は彼らの忠誠心に対して報われる必要がある」とコメントした。[298] 3月、バイデンは走っている仲間に女性を選ぶことを約束した。[299]

2020年4月17日、ハリスはメディアの憶測に応え、バイデンのランニングメイトになることを「光栄に思う」と述べました。[300] 5月下旬、ジョージ・フロイド殺害それに続く抗議とデモに関連して、バイデンは、ハリスとバル・デミングズの法執行機関の資格を強調し、黒人女性を彼のランニングメイトとして選ぶという新たな呼びかけに直面した[301]

6月12日、ニューヨークタイムズ紙は、ハリスが副大統領に典型的な政治経験を持つ唯一のアフリカ系アメリカ人女性であったため、バイデンのランニングメイトのフロントランナーとして浮上していると報告しました。[302] 6月26日、CNNは、バイデンの検索プロセスに近い12人以上が、エリザベスウォーレンバルデミングズケイシャランスボトムスとともに、ハリスをバイデンの上位4人の候補の1人と見なしたと報告しました[303]

2020年8月11日、バイデンはハリスを選んだと発表しました。彼女は最初のアフリカ系アメリカ人、最初のインド系アメリカ人、そしてジェラルディン・フェラーロサラ・ペイリン次ぐ3番目の女性であり、主要政党のチケットの副大統領候補に選ばれました。[304]

ハリスは、2020年の米国大統領選挙でバイデン-ハリスのチケットが勝利した後副大統領に選出されました[305]主要なネットワークがバイデン/ハリスの選挙を呼びかけた後、カマラ・ハリスがバイデンに電話をかけ、「やった!やった、ジョー。あなたは次のアメリカ合衆国大統領になるだろう」と言ったことが記録された。引用は2020年のトップ10ツイートの1つになりました。[306]

副大統領(2021年–現在)

ハリスは2021年1月20日に副大統領に就任しました

2020年の選挙でジョー・バイデンが米国大統領に選出された後、ハリスは2021年1月20日に米国の副大統領に就任しました。[307]彼女は米国初の女性副大統領であり、選出された最高位の女性です。米国の歴史の中で公式であり、最初のアフリカ系アメリカ人と最初のアジア系アメリカ人の副大統領。[308] [309]彼女はまた、第二での色の人が前にポストを保持するために、チャールズ・カーティスネイティブアメリカンとのメンバーKAW国家の下で務め、ハーバート・フーバー1933年に1929年から[310]彼女は、カーティスと元大統領バラク・オバマに続いて、行政機関の最高のオフィスの1つに到達するためにヨーロッパ以外の祖先が認められた3人目の人物です。

ハリスは2日、彼女が前に、2021年1月18日に彼女の上院座席を辞職宣誓-に副社長として。副社長として彼女の最初の行為をされた宣誓-に彼女の交換アレックス・パディーヤジョージアの上院議員ラファエルワーノックジョンOssoffに選出された、2021年ジョージア流出選挙[311]

ハリスは、2021年6月に副大統領として初めての海外旅行中にグアテマラに到着しました。

2021年1月20日以降、現在の第117議会上院は、共和党民主党の間で50〜50に分割されています。[312]これは、ハリスがタイブレーク票を投じるために頻繁に呼び出されなければならなかったことを意味しました。ハリスは2021年2月5日に2回のタイブレーク投票のうち最初の投票を行いました。2月と3月、上院議長としてのハリスのタイブレーク投票は、大統領が提案した2021年米国救済計画法の刺激策を可決する上で極めて重要でした。上院の共和党員がパッケージに投票しなかったので、バイデン。[313] [314] 2021年7月20日、ハリスはマイク・ペンスを破った。副大統領の初年度のタイブレーク投票の記録[315]で、彼女は最初の6か月で7回目のタイブレーク投票を行いました。[316] 2021年11月の時点で、ハリスは就任1年目に13のタイブレーク票を投じました。これは、1790年に12票を投じたジョンアダムズを上回り、米国史上1年間で最も多くのタイブレーク票を投じました。[316] [317]

2021年4月のニューヨークポストによる暴かれた話では、ハリスの子供向けの本「みんなスーパーヒーローはどこにでもいる」が、カリフォルニア州ロングビーチの避難所で移民の子供たちに与えられる「ウェルカムキット」を通じてまとめて配布されていたと主張されました。[318]実際には、この本の1部だけが一般の人々から寄贈されていた。元の物語の作者であるローラ・イタリアーノは、彼女が自分の意志に反して物語を書くことを余儀なくされたと主張し、その結果、彼女はニューヨークポストを辞任した[319]

2021年4月、ハリスは、バイデン大統領がすべての米軍をアフガニスタンから排除することを決定する前に、彼女が部屋の最後の人物であったことを示し、大統領は「並外れた勇気」と「彼の行動に基づいて決定を下す」とコメントした。本当に信じているのは...正しいことだ」と語った。[320]

ハリスは2021年6月に副大統領として初めての海外旅行を行い、中米から米国への移住の増加の根本原因に対処するためにグアテマラとメキシコを訪問しました[321]彼女の訪問中、グアテマラ大統領アレハンドロ・ジャマテイとの共同記者会見で、ハリスは潜在的な移民に訴えを出し、「米国への危険なトレッキングを考えている地域の人々に明確にしたいと思います。 -メキシコ国境:来ないでください。来ないでください。」[322]就任後10か月近くになると、大統領と副大統領の承認率はそれぞれ38%と28%であった。[323]

2021年11月19日、ハリスは東部標準時午前10時10分から午前11時35分まで大統領代行を務め、バイデン大統領は大腸内視鏡検査を受けました[324]彼女は、憲法修正第25条第3条に基づく米国大統領の権限と義務を引き受ける最初の女性となり、全体として3人目の人物となった[325] [326]

賞と栄誉

2017年にハワード大学ハリス

2005年、全米黒人検察協会はハリスにサーグッドマーシャル賞を授与しました。その年、彼女は「アメリカで最も強力な女性の20人」をプロファイリングするニューズウィークのレポートで他の19人の女性と一緒に取り上げられました[327]その年の後半に発表された2008年のニューヨークタイムズの記事はまた、彼女を米国大統領になる可能性のある女性として特定し、「タフな戦闘機」としての彼女の評判を強調した。[328]

2013年、Timeはハリスを「世界で最も影響力のある100人」の1人に指名しました。[329] 2016年、20/20超党派正義センターはハリスに超党派正義賞をティムスコット上院議員とともに授与した[330]

バイデンとハリスは共同で2020年のタイムパーソンオブザイヤーに選ばれました。[331]

ハリスは2021年のフォーブス50オーバー50に選ばれました50歳以上の起業家、リーダー、科学者、クリエイターで構成されています。[332]

名誉学位
位置 日にち 学校 程度 卒業式のスピーチをしました
 カリフォルニア 2015年5月15日 南カリフォルニア大学 法学博士(LL.D。)[333] [334] 番号
 コロンビア特別区 2017年5月13日 ハワード大学 人文学博士号(DHL)[335] [336] はい[337]

私生活

2021年のハリスと彼女の夫である第二紳士ダグエムホフの副大統領府の肖像画

ハリスは彼女の夫、弁護士会ったダグEmhoffを2013年に盲目の日にハリスとEmhoffを設定する共通の友人を通じて、[338] Emhoffは、パートナー・イン・充電時になったエンターテインメント弁護士だったVENABLE LLPのロサンゼルス事務所。[338] [339]ハリスとエムホフは2014年8月22日、カリフォルニア州サンタバーバラで結婚した[340]ハリスは、映画プロデューサーのカースティン・エムホフとの以前の結婚から、エムホフの2人の子供、コールとエラの継母である[341] 2019年8月の時点で、ハリスと彼女の夫の推定純資産は580ドルでした[342] 

ハリスは多民族のアメリカ人[308]であり、バプテストであり、アメリカのアメリカバプテスト教会の会衆であるサンフランシスコのサードバプテスト教会の会員です[343] [344] [345] [346]彼女の妹、マヤは弁護士であり、MSNBCの政治アナリストです。彼女の義理の兄弟であるトニー・ウェストユーバーの顧問弁護士あり、元米国司法省の高官です。[347]彼女の姪、ミーナは、Phenomenal Women Action Campaignの創設者であり、Uberの元戦略およびリーダーシップの責任者です。[348]

ハリスは真珠のネックレスを身に着けていることでよく知られてます。2020年の大統領選挙で、ハワード大学のソロリティ[349] [350] [351]、または発行時に独特の首輪を着用したことで知られる最高裁判所副裁判官ルース・ベイダー・ギンズバーグへのオマージュとしてそれらを着用し始めたという憶測が浮上しました。法廷での異議申し立て[350]は、2019年の伝記「真実を私たちが抱くハリス」で、母親のメンターであるハワードから真珠のネックレスを贈られた後、そうし始めたと説明しました。[352]

出版物

ハリスは2冊のノンフィクション本と1冊の子供向けの本を書いています。

  • ハリス、カマラ; O'Cハミルトン、ジョアン(2009)。Smart on Crime:私たちをより安全にするための検察官の計画カリフォルニア州サンフランシスコ:クロニクルブックスISBN 978-0-8118-6528-9
  • ハリス、カマラ(2019)。スーパーヒーローはどこにでもいます。ロンドン:ペンギンヤングリーダーズグループISBN 978-1-984837-49-3
  • ハリス、カマラ(2019)。私たちが抱く真実:アメリカの旅ロンドン:ペンギン。ISBN 978-1-984886-22-4

も参照してください

ノート

  1. ^ a b 彼女は元々、両親からカマラ・アイアー・ハリスと名付けられました。両親は2週間後に宣誓供述書に記入し、ミドルネームをデビに変更しました。[1]
  2. ^ ハリスは彼女がフランス語の没頭を理解するのに苦労したと言ったので、彼女の母親は彼女を高校の英語を話す学校に送りました。翌年、ケベックで英語教育を受けていなかったすべての移民に、子供をフランス語を話す学校に入学させることを義務付ける法律可決されとき、これはもはや不可能でした[33]

参考文献

  1. ^ Debolt、David(2020年8月18日)。「これがカマラ・ハリスの出生証明書です。学者たちは副大統領の資格についての議論はないと言っています」マーキュリーニュースカリフォルニア州サンノゼ2021年11月27日取得
  2. ^ トーマス、ケン(2013年2月15日)。「あなたは 『Ka-MILLA;』と言います。私は「KUH-ma-la」と言います。どちらも間違っている」ウォールストリートジャーナル:1。
  3. ^ ウッドサム、ケイト。「意見|カマラ・ハリスが好きである必要はありません。しかし、彼女の名前を正しく言うべきです」ワシントンポスト2021年10月27日にオリジナルからアーカイブされまし2021年1月22日–YouTube経由で取得
  4. ^ Kalita、S。Mitra(2020年8月12日)。「カマラハリスのインドのルーツとそれらが重要である理由」CNN2020年2月27日取得
  5. ^ Sudeep、Theres(2020年11月21日)。「世界中のインド出身の政治家」デカンヘラルド2020年2月27日取得
  6. ^ 「カマラD.ハリス:カリフォルニアからの米国上院議員」アメリカ合衆国上院。2020年10月14日にオリジナルからアーカイブされまし2020年7月29日取得2017年、カマラD.ハリスは、カリフォルニアの米国上院議員、2番目のアフリカ系アメリカ人女性、そして歴史上最初の南アジア系アメリカ人上院議員として宣誓しました。
  7. ^ ワインバーグ、テッサ; パラニアパン、スルティ(2019年12月3日)。「カマラ・ハリス:2020年の大統領候補について知っておくべきことすべて」ABCニュース2020年8月10日取得ハリスは、インド人の母親とジャマイカ人の父親の娘であり、歴史上2番目のアフリカ系アメリカ人女性であり、最初の南アジア系アメリカ人上院議員です。
  8. ^ Viser、Matt(2019年1月21日)。「カマラハリスは2020年大統領選挙に入る」ワシントンポスト2019年1月22日取得
  9. ^ キム、キャサリン; スタントン、ザック(2020年8月11日)。「カマラハリスについて知っておくべき55のこと」ポリティコ2020年8月23日取得
  10. ^ アメリカ合衆国議会。"カマラハリス(id:H001075)"アメリカ合衆国議会の経歴ディレクトリ2020年5月20日取得
  11. ^ 「追悼:ShyamalaG.Harris博士」乳がんの行動2009年6月21日2019年1月23日取得
  12. ^ Travernise、サブリナ(2020年8月15日)。「移民の娘、カマラ・ハリスはアメリカの人口転換の顔です」ニューヨークタイムズ2020年8月24日取得カマラハリスの母親が1958年にインドを離れてカリフォルニアに向かったとき、移民であったアメリカ人の割合は1世紀以上で最低点にありました。...若い大学院生としてバークレーに到着...  
  13. ^ ベンガル語、シャシャンク;メイソン、メラニー(2019年10月25日)。「カマラハリスに影響を与えた進歩的なインドの祖父」ロサンゼルスタイムズ2020年4月24日取得1958年、彼女は、彼らが聞いたことのないキャンパスであるカリフォルニア大学バークレー校で修士課程に応募することで、彼らを驚かせました。彼女は19歳で、4人の子供の長男であり、インド国外に足を踏み入れたことはありませんでした。彼女の両親は、最初の1年間の授業料と生活費を支払うために、ゴパランの退職後の貯蓄を掘り下げました。...バークレー校で栄養学と内分泌学を研究するために残され、最終的に博士号を取得しました。 
  14. ^ Biswas、Soutik(2020年8月11日)。「バイデンの副社長の選択:カマラ・ハリスが彼女の異人種間のルーツを受け入れる理由」BBC 2020年8月24日取得ゴパランは、ハリス女史が生まれた同じ年の1964年に25歳で博士号を取得しました。
  15. ^ 「PMゴールディングは、ジャマイカの娘であるカマラ・ハリスを祝福します–カリフォルニアの最初の女性司法長官に任命されました」ジャマイカ情報サービス。2010年12月2日。2012年1月15日のオリジナルからアーカイブ2011年2月2日取得
  16. ^ 「スタンフォード大学–経済学部」web.stanford.edu 2020年5月19日取得
  17. ^ バリー、エレン(2020年9月13日)。「カマラハリスの移民の両親が黒人研究会で家を見つけ、お互いを見つけた方法」ニューヨークタイムズ2021年3月23日取得
  18. ^ クラーク、シェバズ(2020年8月14日)。「カマラハリスの家族を知る」CBSニュース2020年8月19日取得
  19. ^ Horwitz、Sari(2012年2月27日)。「司法省の弁護士トニー・ウェストが司法次官代理を引き継ぐ」ワシントンポスト2020年8月23日取得
  20. ^ マルチネス、マイケル(2010年10月23日)。「「女性のオバマ」はカリフォルニア州司法長官のポストを求めています」CNN 2014年1月22日取得
  21. ^ a b Orenstein、Natalie(2019年1月24日)。「カマラ・ハリスのバークレーの子供時代は大統領の希望を形作ったのか?彼女が2020年の大統領候補になるずっと前に、カマラ・ハリスはバークレーのアパートの住人であり、サウザンド・オークスの学生だった」バークレーサイド2020年8月12日取得
  22. ^ a b デール、ダニエル(2019年6月29日)。「ファクトチェック:カマラハリスはバークレーでの統合に関して正しかった、学区は確認します」CNN。
  23. ^ ブルーニウス、ハリー(2020年8月19日)。「カマラハリスの豊かな質感の背景に、今日のアメリカの肖像画」クリスチャンサイエンスモニター2020年8月21日取得
  24. ^ シムロン、ヨナト(2020年8月12日)。「バイデンの副大統領の選択カマラハリスについての5つの信仰の事実–ヒンドゥー教の家族を持つ黒人バプテスト」ナショナルカトリックレポーター。宗教ニュースサービス2020年8月21日取得しかし、彼女の両親は7歳のときに離婚したため、オークランドとバークレーで育ち、主に黒人教会に通いました。彼女の階下の隣人であるレジーナ・シェルトンは、しばしばカマラと彼女の妹のマヤをオークランドのオークランドの23番街の神の教会に連れて行きました。ハリスは今、自分自身を黒人バプテストと見なしています。
  25. ^ リッサッハー、テッサ; スコット・ソール(2020年9月14日)。「カマラ・ハリスの政治的想像力が形成された場所」スレート2020年11月27日取得
  26. ^ ゲットルマン、ジェフリー; Raj、Suhasini(2020年8月16日)、「インドのカマラ・ハリスの家族が彼女の価値観を形作るのにどのように役立ったか」ニューヨーク・タイムズ 2020年8月17日検索
  27. ^ a b Finnegan、Michael(2015年9月30日)。「人種が上院議員候補カマラ・ハリスの政治を形作るのにどのように役立ったか」ロサンゼルスタイムズ2018年12月1日取得 引用:「インドの文化に浸り、ハリスと彼女の妹のマヤは、現在公民権弁護士であり、ヒラリー・ロダム・クリントンの上級政策顧問であり、時々マドラスの家族を訪ねました。」
  28. ^ ゲットルマン、ジェフリー; ラージ、スハシーニ(2020年8月16日)。「インドのカマラハリスの家族が彼女の価値観を形作るのをどのように助けたか」ニューヨークタイムズ2020年8月18日取得
  29. ^ Dolan、Casey(2019年2月10日)。「カマラ・ハリスの移民の両親が彼女の人生をどのように形作ったか、そして彼女の政治的見通し」マーキュリーニュース2020年8月14日取得カマラはまた、成長するにつれてインドとジャマイカの遠く離れた家族を訪問し、より広い世界を初めて味わいました。
  30. ^ ホワイティング、サム(2009年5月14日)。「カマラ・ハリスは弁護士を偶像化して育ちました」サンフランシスコクロニクル2014年1月11日取得
  31. ^ ロビン・ジヴハン(2019年9月16日)。「カマラ・ハリスはほとんど白い世界で育ちました。それから彼女は黒い都市の黒い大学に行きました」ワシントンポスト2020年8月15日取得
  32. ^ Dunlevy、T'Cha(2020年11月20日)。「Dunlevy:Westmount Highの前に、KamalaHarrisはFACEに行きました」モントリオールガゼット
  33. ^ ブラック、ピーター(2020年8月20日)。「カマラハリスのモントリオール体験」Press-Republican
  34. ^ デール、ダニエル(2018年12月29日)。「彼女のカナダの高校からの米国上院議員カマラハリスのクラスメートは、大統領のための彼女の潜在的な実行を応援します」トロントスター2019年7月1日取得
  35. ^ 「カマラハリスの友人は彼女の歴史的な勝利に反応しますCBCニュース2020年11月7日。2020年11月7日のオリジナルからアーカイブ2020年11月7日取得ワンダ・ケーガンは、副大統領エレクトのカマラ・ハリスを40年近く知っています。ケイガンは、最近の会話で、ハリスは彼女のキャリアパスを刺激したことで彼女の功績を認めたと言います。
  36. ^ オーエンス、ドナ(2016年11月8日)。「米国上院議員に選出された2番目の黒人女性、カマラ・ハリスに会いましょう」NBCニュース2017年2月18日取得
  37. ^ 「ハワード同窓生はカリフォルニア州司法長官として選出された最初の女性になる」(プレスリリース)。ハワード大学。2010年12月17日。2011年1月12日のオリジナルからアーカイブ2014年11月14日取得
  38. ^ Costley、Drew(2017年7月4日)。「政治的な脚光を浴びているカマラ・ハリスの人生と、彼女が歴史を作ったすべての時間」SFGATE2020年12月27日取得
  39. ^ 「LEOP:約束の学生のための扉を開く」UCヘイスティングスマガジン2018年8月14日2020年8月13日取得
  40. ^ 「UCヘイスティングスはカマラハリス'89を祝福します:カリフォルニアの次の米国上院議員」UCヘイスティングス法サンフランシスコ。2016年11月9日。
  41. ^ 「カマラハリス'89はカリフォルニア州司法長官のためのレースに勝ちますUCヘイスティングスニュースルーム。2010年11月24日。2010年11月30日のオリジナルからアーカイブ2011年2月2日取得
  42. ^ 「弁護士ライセンシープロフィール、カマラデビハリス#146672」カリフォルニア州立バー2020年8月1日取得
  43. ^ a b c Morain、Dan(1994年11月29日)。「さらに2人のブラウンアソシエイトが高給のポストを獲得:政府:スピーカーは、彼自身の強力な地位の保持が衰えるにつれて、彼の頻繁な仲間と長年の友人を州議会に任命しますロサンゼルスタイムズ2020年7月4日取得
  44. ^ バーン、ピーター(2003年9月24日)。「カマラのカルマ」SFウィークリー2020年8月23日取得
  45. ^ カールセン、ウィリアム; ライター、クロニクルスタッフ(2002年3月10日)。「国会議員は、プラムの仕事にクローンを置きます/大きな支払い、3つの州のパネルに数時間」SFGate
  46. ^ 「DAはキャリア犯罪ユニットの新しいヘッドを指名しますサンフランシスコ・エグザミナー1998年2月3日。2020年4月22日のオリジナルからアーカイブ
  47. ^ Hartlaub、Peter(2000年8月21日)。「DAのトップ補佐官は混乱(ペイウォール)の中でやめますサンフランシスコ・エグザミナー2020年8月25日取得
  48. ^ フレッド、庭師(2019年2月13日)。「カマラvs.カヨ(2003)」アンダーソンバレーの広告主カリフォルニア州ブーンビル:編集者兼出版社のブルース・アンダーソン。
  49. ^ ガードナー、フレッド(2020年6月24日)。「カヨ&カマラ」アンダーソンバレーの広告主2020年8月12日取得
  50. ^ 「女性のラジオ:このDAは女性のために違いを生む」Womensradio.com。2010年12月19日にオリジナルからアーカイブされまし2010年11月18日取得
  51. ^ a b Byrne, Peter (September 24, 2003). "Kamala's Karma". San Francisco Weekly. Retrieved July 4, 2020.
  52. ^ "Kamala Harris Once Dated Talk Show Host Montel Williams". Inside Edition. Retrieved August 8, 2020.
  53. ^ Kruse, Michael (August 9, 2019). "How San Francisco's Wealthiest Families Launched Kamala Harris". Politico.
  54. ^ Martin, Nina (August 2007). "Why Kamala Matters". San Francisco Magazine. Archived from the original on February 15, 2015. Retrieved May 12, 2015.
  55. ^ Soltau, Alison; Fletcher, Ethan (December 10, 2003). "Harris ousts veteran Hallinan". The San Francisco Examiner.
  56. ^ a b VanDerbeken, Jaxson (January 9, 2004). "New D.A. promises to be 'smart on crime' / Harris speaks well of Hallinan, will continue some of his policies". SFGate.
  57. ^ Hampton, Adriel (July 28, 2003). "Harris stumps in the Sunset". The San Francisco Examiner.
  58. ^ Dineen, J.K.; Hampton, Adriel (December 9, 2003). "Clinton Tops List of Celebrity Supporters". The San Francisco Examiner.
  59. ^ Bulwa, Demian (December 6, 2003). "Harris puts D.A. on trial / Performance, not philosophy, an issue". San Francisco Chronicle.
  60. ^ Bulwa, Demian (December 10, 2003). "Harris defeats Hallinan after bitter campaign". San Francisco Chronicle.
  61. ^ Bulwa, Demian (November 12, 2003). "Harris slams Hallinan on city's gun violence / D.A. candidate points to bus shooting victim". San Francisco Chronicle.
  62. ^ Bulwa, Demian (December 5, 2003). "No-holds-barred debate in D.A. race". San Francisco Chronicle.
  63. ^ Zernike, Kate (February 11, 2019). "'Progressive Prosecutor': Can Kamala Harris Square the Circle?". New York Times.
  64. ^ Knight, Heather (November 7, 2007). "Kamala Harris celebrates unopposed bid for district attorney". San Francisco Chronicle. Retrieved February 2, 2011.
  65. ^ Johnson, Jason B. (June 1, 2005). "D.A. creates environmental unit: 3-staff team takes on crime mostly affecting the poor". San Francisco Chronicle. Retrieved May 4, 2020.
  66. ^ "Ed Jew surrenders for felony arrest, out on bail". San Francisco Chronicle. June 13, 2007. Retrieved May 2, 2020.
  67. ^ a b Buchanan, Wyatt (October 11, 2008). "Former S.F. supervisor pleads guilty to federal extortion, bribery, plans to accuse others". San Francisco Chronicle.
  68. ^ a b Coté, John (November 19, 2008). "Ex-Supe Ed Jew guilty of lying about residence". San Francisco Chronicle.
  69. ^ Coté, John (April 4, 2009). "Former S.F. supervisor sentenced to prison: Ed Jew dealt 64 months in prison for shakedown". San Francisco Chronicle.
  70. ^ "More Jail Time for Ed Jew". NBC Bay Area. April 22, 2009. Retrieved September 21, 2020.
  71. ^ a b c d Tolan, Casey (September 11, 2019). "Campaign fact check: Here's how Kamala Harris really prosecuted marijuana cases". San Jose Mercury News.
  72. ^ Soltau, Alison (July 21, 2004). "New DA claims higher success rate vs. violent felons". San Francisco Examiner. p. 4. Retrieved May 20, 2020.
  73. ^ Eslinger, Bonnie (September 15, 2006). "SF's Felony conviction rate improves". San Francisco Examiner. p. 4. Retrieved May 20, 2020.
  74. ^ Van Derbeken, Jaxon (March 20, 2006). "Trials and tribulations of Kamala Harris, D.A. / 2 years into term, prosecutor, police have their differences". San Francisco Chronicle. Retrieved March 9, 2019.
  75. ^ Garofoli, Joe (May 29, 2004). "D.A. vows to go after gun law violators / Harris takes tough approach, pledges maximum penalties". San Francisco Chronicle. Retrieved May 2, 2020.
  76. ^ "Marriage Equality". Kamalaharris.org. Archived from the original on November 25, 2010. Retrieved November 18, 2010.
  77. ^ "Harris challenges 'gay panic' strategy". The San Francisco Examiner. July 5, 2006. p. 4.
  78. ^ a b "Gwen Araujo Justice for Victims Act". California Legislative Information. September 28, 2006. Retrieved June 23, 2015.
  79. ^ Hemmelgarn, Seth; Laird, Cynthia (October 4, 2012). "Ten years later, Araujo's murder resonates". The Bay Area Reporter. Retrieved June 23, 2015.
  80. ^ Lagos, Marisa (August 9, 2007). "Measure would ban gun shows at Cow Palace". San Francisco Chronicle.
  81. ^ Pereira, Alyssa (April 16, 2019). "Cow Palace to stop hosting gun shows beginning in 2020". San Francisco Chronicle.
  82. ^ a b "San Francisco District Attorney Kamala Harris". Californiascapitol.com. April 15, 2009. Retrieved November 18, 2010.
  83. ^ Matier, Phillip; Ross, Andrew (April 21, 2004). "Feinstein's surprise call for death penalty puts D.A. on spot". San Francisco Chronicle. Retrieved May 3, 2020.
  84. ^ Matier, Phillip; Ross, Andrew (May 5, 2004). "Sen. Boxer joins throng calling for death in killing of cop". San Francisco Chronicle. Retrieved May 3, 2020.
  85. ^ Matier, Phillip; Ross, Andrew (May 19, 2004). "D.A.'s death penalty no-go gets a thumbs-up in S.F. poll". San Francisco Chronicle. Retrieved May 3, 2020.
  86. ^ Van Derbeken, Jaxon (September 11, 2009). "Edwin Ramos won't face death penalty". San Francisco Chronicle. Retrieved April 22, 2020.
  87. ^ Knight, Heather; Lagos, Marisa (September 16, 2009). "Newsom backs Harris' decision". San Francisco Chronicle. Retrieved October 20, 2009.
  88. ^ Ho, Vivian (January 21, 2019). "'Nobody works harder': insiders recall Kamala Harris's meteoric rise". The Guardian. Retrieved August 12, 2020.
  89. ^ Solis, Niki. "Public defender: I worked with Kamala Harris. She was the most progressive DA in California". USA TODAY. Retrieved November 15, 2020.
  90. ^ Fraley, Malaika (October 26, 2009). "Book 'em, Kamala – S.F. District Attorney Harris adds author to list of credits". East Bay Times. Walnut Creek, California: Bay Area News Group.
  91. ^ "Back on Track: A Problem-Solving Reentry Court" (PDF). U.S. Department of Justice, Bureau of Justice Assistance. September 2009. Retrieved May 3, 2020.
  92. ^ Harris, Kamala (November 9, 2009). "Kamala Harris: Finding the Path Back on Track". HuffPost. New York City. Retrieved November 18, 2010.
  93. ^ Begin, Brent (October 14, 2009). "District Attorney program is now statewide example". San Francisco Examiner.
  94. ^ Knezevich, Alison (May 14, 2015). "Mosby: New program gives nonviolent offenders a second chance". The Baltimore Sun.
  95. ^ "Preventing Future Crime and Preserving Judicial Resources Through Non-Traditional Prosecution" (PDF). Philadelphia District Attorney's Office. September 2016. Retrieved May 3, 2020.
  96. ^ "Jail to jobs, Mayor Bottoms announces new reentry program". WGCL-TV. CBS. April 11, 2018. Retrieved May 3, 2020.
  97. ^ Knight, Heather (October 19, 2004). "City opens campaign to cut truancy by thousands of students". San Francisco Chronicle. Retrieved May 1, 2020.
  98. ^ Knight, Heather (September 14, 2006). "City trying to get worst truants to school. Help for students, criminal prosecution part of crackdown". San Francisco Chronicle. Retrieved May 1, 2020.
  99. ^ Asimov, Nanette (June 11, 2008). "Citations go to parents of truant kids". San Francisco Chronicle. Retrieved May 2, 2020.
  100. ^ a b "Fighting truancy yields big dividends". San Francisco Chronicle. June 14, 2009. Retrieved May 2, 2020.
  101. ^ "Kamala Harris, an early Barack Obama backer, begins her ascent". LA Times Blogs – Top of the Ticket. November 12, 2008. Retrieved November 18, 2020.
  102. ^ Marinucci, Carla (November 12, 2008). "D.A. Harris plans run for attorney general". SFGATE. Retrieved November 18, 2020. Harris said she will run [for attorney general] only if Brown, who was governor before term limits were imposed, makes another run for governor. "I will not run against Jerry Brown," Harris told The Chronicle on Tuesday.
  103. ^ a b Rizo, Chris (April 16, 2010). "Villaraigosa eschews local candidates, backs Harris for Calif. attorney general". Legal Newsline. Archived from the original on July 23, 2011. Retrieved August 20, 2010.
  104. ^ "Statement of Vote June 8, 2010, Direct Primary Election" (PDF). California Secretary of State. Archived (PDF) from the original on July 31, 2019. Retrieved April 22, 2020.
  105. ^ "With L.A.'s help, Cooley leads in attorney general's race, Times/USC poll finds". LA Times Blogs – PolitiCal. October 22, 2010. Retrieved November 8, 2020.
  106. ^ Lagos, Marisa (October 27, 2010). "Harris leads in at least one poll, Cooley supporters think Democrats will claim gov's office". SF Gate. Retrieved November 8, 2020.
  107. ^ Leonard, Jack (November 24, 2010). "Kamala Harris wins attorney general's race as Steve Cooley concedes". Los Angeles Times. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  108. ^ Bacerra, Xavier (January 3, 2011), Kamala D. Harris Takes Oath as California Attorney General, State of California Department of Justice, Office of the Attorney General, retrieved August 31, 2020, Harris is the first woman, and the first African American and the first South Asian American, to hold the office of Attorney General in the history of California
  109. ^ Chitnis, Deepak (February 14, 2014). "As Kamala Harris announces bid for re-election, GOP scratching their heads for a candidate to face her". The American Bazaar. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  110. ^ Reilly, Mollie (August 25, 2014). "Endorsement: Attorney General Kamala Harris, all but unchallenged, deserves a second term". The Sacramento Bee. Archived from the original on May 20, 2020. Retrieved April 25, 2020.
  111. ^ "Re-elect Kamala Harris as attorney general – but demand more: Endorsement". Los Angeles Daily News. October 3, 2014. Archived from the original on August 12, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  112. ^ "For attorney general, Kamala Harris". Los Angeles Times. September 23, 2014. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  113. ^ "Kamala Harris Re-Elected As California Attorney General". HuffPost. November 5, 2014. Archived from the original on May 25, 2017. Retrieved August 19, 2020.
  114. ^ Veiga, Alex (May 23, 2011). "Calif. creates task force to probe mortgage fraud". San Diego Union Tribune. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  115. ^ "Quest Diagnostics settles Medi-Cal whistleblower suit". Los Angeles Times. May 20, 2011. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 11, 2020.
  116. ^ "Harris: $323M SCAN settlement record recovery for Calif. program". Legal Newsline. May 20, 2011. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 11, 2020.
  117. ^ Parker, Barbara; Kaplan, Rebecca (March 5, 2012). "Kamala Harris' foreclosure deal a win for state". San Francisco Chronicle. Archived from the original on November 6, 2012. Retrieved June 18, 2012.
  118. ^ Lazo, Alejandro (May 12, 2012). "Mortgage deal cash is divvied". Los Angeles Times. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved June 18, 2012.
  119. ^ Willon, Phil (October 16, 2016). "$25-billion foreclosure settlement was a victory for Kamala Harris in California, but it wasn't perfect". Los Angeles Times. Archived from the original on July 12, 2020. Retrieved July 11, 2020.
  120. ^ "Calif. attorney general Kamala Harris fights for struggling homeowners". CBS News. July 30, 2012. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved June 18, 2012.
  121. ^ "Gov. Brown signs Homeowner Bill of Rights". ABC 7 News. July 12, 2012. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 11, 2020.
  122. ^ Sangree, Hudson (December 19, 2013). "Sacramento homeowners to receive $20 million under settlement with Ocwen Financial". The Sacramento Bee. Archived from the original on August 12, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  123. ^ Smythe, Christie (February 5, 2016). "HSBC Reaches $470 Million Accord Over Foreclosure Abuses". Bloomberg. Archived from the original on February 6, 2016. Retrieved June 18, 2012.
  124. ^ Reckard, E. Scott (July 30, 2012). "SunTrust to pay nearly $1 billion to settle mortgage-abuse allegations". CBS News. Archived from the original on June 19, 2014. Retrieved June 18, 2012.
  125. ^ Vigil, Jennifer (July 14, 2014). "California to Receive $200 Million in Citibank $7 Billion Mortgage Settlement". Times of San Diego. Archived from the original on June 11, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  126. ^ Starkman, Dean (February 3, 2015). "S&P to pay $1.4 billion in claims it misled investors with rosy ratings". Los Angeles Times. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  127. ^ "Public Employee Pensions Gets $299M In JPMorgan Chase Settlement". CBS San Francisco. November 19, 2013. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  128. ^ "California To Receive Hundreds Of Millions in Bank Of America Settlement". CBS San Francisco. August 22, 2014. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  129. ^ Fitzpatrick, David (January 4, 2017). "California investigators wanted to sue Mnuchin bank over foreclosures". CNN. Archived from the original on September 24, 2019. Retrieved July 4, 2020.
  130. ^ Chappell, Carmin (January 26, 2019). "Kamala Harris' complicated history with Wall Street will come under scrutiny in the 2020 race". CNBC. Archived from the original on June 12, 2020. Retrieved July 2, 2020.
  131. ^ Marinucci, Carla (October 22, 2019). "New book whacks Kamala Harris' AG record during housing crisis". Politico. Retrieved December 5, 2020.
  132. ^ Armental, Maria (October 13, 2014). "Aaron's to Settle Spyware Allegations in California". The Wall Street Journal. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved November 17, 2020.
  133. ^ "California lawsuit claims for-profit colleges misled students, investors". The Sacramento Bee. October 10, 2013. Archived from the original on November 15, 2019. Retrieved April 28, 2020.
  134. ^ "Corinthian Colleges must pay nearly $1.2 billion for false advertising and lending practices". Los Angeles Times. March 23, 2016. Archived from the original on June 9, 2020. Retrieved April 28, 2020.
  135. ^ Thompson, Don (November 2, 2015). "California settles debt collection suit with JPMorgan Chase". Associated Press. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 26, 2020.
  136. ^ Anderson, Erik (November 20, 2014). "San Onofre Settlement Puts Ratepayers On Hook For $3.3B". KPBS Public Media. Archived from the original on February 28, 2017. Retrieved February 28, 2017.
  137. ^ Sharma, Amita (April 5, 2016). "Critics Unhappy With Kamala Harris' Approach To San Onofre Probe". KPBS Public Media. Archived from the original on February 28, 2017. Retrieved February 28, 2017.
  138. ^ Guynn, Jessica; Olivarez-Giles, Nathan (February 22, 2012). "Atty. Gen. Kamala Harris, tech giants agree on mobile app privacy". Los Angeles Times. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  139. ^ Elinor, Mills (July 19, 2012). "California beefing up privacy-protection enforcement". CNet. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  140. ^ Thomson, Iain (October 31, 2012). "California begins crackdown on mobile app developers". The Register. Archived from the original on July 1, 2018. Retrieved August 19, 2020.
  141. ^ "Comcast agrees to pay $33 million in California privacy breach". Los Angeles Times. September 18, 2015. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  142. ^ "California reaches $26 million settlement with Comcast over electronic waste". Los Angeles Times. December 15, 2015. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  143. ^ Paresh, Dave (October 2, 2015). "Why Kamala Harris is making start-up Houzz hire a "chief privacy officer"". Los Angeles Times. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  144. ^ Palta, Rina (November 20, 2013). "Calif. Attorney General Kamala Harris announces new division to stop ex-prisoners from committing new crimes". Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 22, 2020.
  145. ^ Veiga, Alex (March 11, 2015). "Sheriff, AG Harris Unveil Program to Curb Recidivism". SCV News. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  146. ^ a b Bazelon, Lara (December 4, 2019). "Kamala Harris's Criminal Justice Record Killed Her Presidential Run". The Appeal. Archived from the original on August 17, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  147. ^ a b c Bazelon, Emily (May 25, 2016). "Kamala Harris, a 'Top Cop' in the era of Black Lives Matter". The New York Times Magazine. Archived from the original on March 1, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  148. ^ Tolan, Casey (August 1, 2019). "Democratic debate: Fact-checking the attacks on Kamala Harris' criminal justice record". Mercury News. Archived from the original on August 15, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  149. ^ Singh, Lakshmi (November 18, 2018). "Serving Time And Fighting California Wildfires". NPR.org. NPR. Archived from the original on August 18, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  150. ^ Egelko, Bob (November 8, 2010). "Kamala Harris-Steve Cooley race could affect Prop. 8". San Francisco Chronicle. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved April 29, 2020.
  151. ^ Baume, Matt (December 2, 2010). "Kamala Harris Vows to Abandon Prop 8". NBC Bay Area. San Francisco, California: NBC News. Archived from the original on April 26, 2020. Retrieved April 29, 2020.
  152. ^ "Attorney General Kamala D. Harris Files U.S. Supreme Court Brief in Support of Marriage Equality". Office of the California Attorney General. February 27, 2013. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  153. ^ Savage, David G. (June 26, 2013). "Prop. 8: Supreme Court clears way for gay marriage in California". Los Angeles Times. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved December 3, 2013.
  154. ^ Almendrala, Anna (June 27, 2013). "Kamala Harris On Prop 8 Decision: Same-Sex Marriages In California Should Begin Immediately". HuffPost. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  155. ^ Dolan, Maura (June 28, 2013). "Prop 8: Gay marriages can resume in California, court rules". Los Angeles Times. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved December 3, 2013.
  156. ^ "California On Track To Become First State To Ban 'Gay Panic' Defense in Courtrooms". September 5, 2014.
  157. ^ Chokshi, Niraj. "California could become the first state to ban the 'gay panic' defense". Washington Post. Retrieved March 11, 2021.
  158. ^ "Jeffrey B. Norsworthy (a/k/a Michelle-Lael B. Norsworthy), Plaintiff, v. Jeffrey Beard, et al., Defendants". United States District Court, N.D. California, Case No. 14-cv-00695-JST. November 18, 2014. Archived from the original on October 5, 2018. Retrieved August 2, 2017.
  159. ^ Egelko, Bob (February 10, 2017). "Parolee has sex-reassignment surgery after years of battling state". San Francisco Chronicle. Archived from the original on August 3, 2017. Retrieved August 2, 2017.
  160. ^ "Norswrthy v. Beard et al 14-cv-00695-". Transgender Law Center. Archived from the original on October 12, 2017. Retrieved October 12, 2017.
  161. ^ St. John, Paige (May 21, 2015). "Inmate who won order for sex reassignment surgery recommended for parole". Los Angeles Times. Archived from the original on July 31, 2017. Retrieved August 2, 2017.
  162. ^ Strangio, Chase (February 5, 2019). "Op-ed: I'm Not Ready to Trust Kamala Harris on LGBTQ+ Issues". Out. Archived from the original on August 15, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  163. ^ a b Johnson, Chris (April 10, 2015). "Harris appeals order granting gender reassignment to trans inmate". Washington Blade. Archived from the original on October 13, 2017. Retrieved October 12, 2017.
  164. ^ Gilchrist, Tracy E. (September 20, 2019). "Kamala Harris on Denying Gender Affirmation Surgery to Trans Inmates". Advocate. Archived from the original on December 6, 2019. Retrieved August 19, 2020.
  165. ^ Barmann, Jay (March 21, 2016). "Former Trans Inmate Michelle-Lael Norsworthy Speaks Out About Her New Transition, To Civilian Life". SFist. San Francisco, California: Gothamist. Archived from the original on November 5, 2017. Retrieved August 2, 2017.
  166. ^ Brown, Annie (May 17, 2016). "Michelle's Case". The California Sunday Magazine. San Francisco, California: Emerson Collective. Archived from the original on August 3, 2017. Retrieved August 2, 2017.
  167. ^ Johnson, Chris (January 21, 2019). "Harris takes 'full responsibility' for briefs against surgery for trans inmates". Washington Blade. Retrieved December 24, 2020.
  168. ^ Redden, Molly (March 29, 2019). "The Human Costs Of Kamala Harris' War On Truancy". HuffPost. Archived from the original on May 25, 2020. Retrieved May 25, 2020.
  169. ^ "In School + On Track: Attorney General's 2013 Report on California's Elementary School Truancy and Absenteeism Crisis" (PDF). California Attorney General. Archived (PDF) from the original on April 22, 2020. Retrieved May 25, 2020.
  170. ^ Fimrite, Peter (September 19, 2011). "$44 million settles Cosco Busan oil spill in bay". SFGate. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 8, 2020.
  171. ^ White, Randol; Bell, Jordan; Osborn, Lisa (June 4, 2015). "State Attorney General investigates whether oil spill was result of criminal activity". KCBXfm. Archived from the original on November 10, 2018. Retrieved November 9, 2018.
  172. ^ Smith, Doug; Mejia, Brittny (May 17, 2016). "Pipeline company indicted in 2015 Santa Barbara County oil spill". Los Angeles Times. Archived from the original on November 10, 2018. Retrieved November 9, 2018.
  173. ^ Gorman, Steve; McWilliams, Garry (September 8, 2018). "Plains All American Pipeline convicted in 2015 California oil spill". Reuters. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 11, 2020.
  174. ^ Veklerov, Kimberley (September 16, 2011). "Chevron settlement helps Sacramento Co. district attorney avoid job cuts". Sacramento Business Journal. Archived from the original on March 17, 2012. Retrieved May 31, 2020.
  175. ^ Veklerov, Kimberley (November 17, 2016). "BP, Arco to pay $14 million in suit over gas tanks in California". San Francisco Chronicle. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 11, 2020.
  176. ^ Siciliano, Stephen (May 10, 2015). "ConocoPhillips, Phillips 66 to Spend $11.5 Million in California Tank Settlement". Bloomberg Law. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 11, 2020.
  177. ^ a b Egelko, Bob (September 1, 2016). "Judge approves Volkswagen-state settlement over diesel cheating". San Francisco Chronicle. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved April 28, 2020.
  178. ^ Megerian, Chris (January 25, 2012). "California attorney general says DNA backlog is gone". Los Angeles Times. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  179. ^ "Grant awarded to test rape kits". Turlock Journal. September 17, 2015. Archived from the original on June 29, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  180. ^ "California Attorney General Launches Top-Down Policing Reforms". KQED. April 17, 2015. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 29, 2020.
  181. ^ "Harris on requiring police to wear body cameras". The Washington Post. June 27, 2019. Archived from the original on June 14, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  182. ^ "State to Improve Police Use-of-Force Data Next Year Under New Law". KQED. December 30, 2015. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  183. ^ Powell, Sidney (October 17, 2016). "California AG Appeals Booting Of Orange County DA From Mass Murder Case Over Misconduct Allegations". HuffPost. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved May 1, 2020.
  184. ^ Saavedra, Tony (February 25, 2019). "New Orange County DA willing to undergo federal probation to end 'snitch' investigation". Orange County Register. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 1, 2020.
  185. ^ Laughland, Oliver; Swaine, Jon (December 22, 2016). "Two 'deadliest' police departments in US to be investigated in California". The Guardian. Archived from the original on May 30, 2020. Retrieved May 29, 2020.
  186. ^ Laughland, Oliver; Swaine, Jon (November 9, 2017). "ACLU says violence at Kern County police departments violated rights". The Guardian. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 29, 2020.
  187. ^ St John, Paige (April 6, 2016). "State attorney general seizes videos behind Planned Parenthood sting". Los Angeles Times. Archived from the original on October 22, 2020. Retrieved October 22, 2020.
  188. ^ Breningstall, Jeremy (March 30, 2018). "How anti-abortion activists used undercover Planned Parenthood videos to further a political cause". Los Angeles Times. Retrieved October 22, 2020.
  189. ^ Mandell, Nina (July 24, 2011). "Facebook stalker turned email hacker sentenced to four years in prison; sent nude photos of victims". Daily News. Archived from the original on August 11, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  190. ^ Margie, Shafer (December 11, 2011). "California Attorney General Creates eCrime Unit". San Jose: KPIX. Archived from the original on August 12, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  191. ^ O'Brien, Sara Ashley (July 2, 2015). "Revenge porn hacker pleads gulty, faces 7 years". New York: CNN. Archived from the original on August 11, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  192. ^ Larry, Gordon (February 2, 2014). "Oklahoma man arrested in alleged 'revenge porn' extortion". Los Angeles Times. Archived from the original on August 11, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  193. ^ Littlefield, Dana (April 3, 2015). "Revenge porn site operator gets 18 years". The San Diego Union-Tribune. Archived from the original on August 11, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  194. ^ Clancy, Molly Hensley (October 28, 2019). "Let's Also Speak the Truth": Kamala Harris Said Katie Hill is a Victim of "Cyber-Exploitation". Buzzfeed News. BuzzFeed. Archived from the original on August 11, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  195. ^ "California attorney general pursues new pimping charges against Backpage site". The Guardian. Associated Press. December 23, 2016. Archived from the original on April 18, 2020. Retrieved May 12, 2020.
  196. ^ a b Jackman, Tom (April 13, 2018). "Backpage CEO Carl Ferrer pleads guilty in three states, agrees to testify against other website officials". The Washington Post. Archived from the original on February 22, 2020. Retrieved April 22, 2020.
  197. ^ a b Thompson, Don (April 12, 2018). "Backpage.com CEO pleads guilty to California money charges". Business Insider. Associated Press. Archived from the original on April 25, 2018. Retrieved April 13, 2018.
  198. ^ Hawkins, Derek (January 10, 2017). "Backpage.com shuts down adult services ads after relentless pressure from authorities". The Washington Post. Archived from the original on January 10, 2017. Retrieved January 11, 2017.
  199. ^ Wire, Sarah D. (January 10, 2017). "Sen. Kamala Harris praises closure of Backpage.com adult section". Los Angeles Times. Archived from the original on April 21, 2020. Retrieved April 22, 2020.
  200. ^ Dean, Monica (February 18, 2011). "Murder-for-Hire Plot Tied to Cartel: Feds". NBC San Diego. NBC News. Archived from the original on August 12, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  201. ^ "17 Charged in East Bay Meth, Weapons Bust". CBS Bay Area. May 4, 2011. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  202. ^ McKinley, Jesse (June 8, 2011). "California Raids Net Dozens Suspected of Being Gang Members". The New York Times. Archived from the original on July 31, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  203. ^ "Vagos gang crackdown nets arrests, weapons, drugs'". The San Bernardino Sun. Digital First Media. October 6, 2011. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  204. ^ "52 arrested in Tulare County Norteño gang sweep". KFSN-TV. October 1, 2015. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  205. ^ "75 arrests, guns and drugs seized in Merced gang take down". Merced Sun-Star. May 28, 2015. Archived from the original on August 12, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  206. ^ "32 Gang Members, Associates Indicted In $14.3M ID Theft, Tax Fraud Scheme". CBS. August 10, 2015. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  207. ^ "Attorney General Kamala D. Harris Announces Bust of Corona Varrio Locos and La Eme Gangs Operating in Riverside County". Highland Community News. June 9, 2016. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  208. ^ Gorman, Steve (September 10, 2014). "Los Angeles Fashion District raided in drug money-laundering probe". Reuters. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  209. ^ "Porous Mexican Border Allows Alarming Trend in Human Trafficking into US". Fox News. October 1, 2012. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 11, 2020.
  210. ^ "Gov. Jerry Brown signs bills targeting human trafficking". Los Angeles Times. September 24, 2012. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 11, 2020.
  211. ^ Harris, Kamala. "The State of Human Trafficking in California 2012" (PDF). California Department of Justice. Archived (PDF) from the original on July 19, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  212. ^ Simmonds, Yussuf (November 21, 2012). "Attorney General Harris takes on Human Trafficking". Los Angeles Sentinel. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved April 28, 2020.
  213. ^ Harris, Kamala (March 2014). "Gangs Beyond Borders: California and the Fight Against Transnational Organized Crime" (PDF). California Department of Justice. Archived (PDF) from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  214. ^ White, Jeremy (March 20, 2014). "California Attorney General Kamala Harris targets transnational organized crime". The Sacramento Bee. Archived from the original on August 16, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  215. ^ Mason, Melanie (February 19, 2014). "Atty. Gen. Harris announces trip to Mexico to address gang issue". Los Angeles Times. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  216. ^ "States' Attorneys General to Powwow with Mexican Counterparts". SCV News. March 17, 2014. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  217. ^ a b Mehta, Seema (January 13, 2015). "Kamala Harris launches U.S. Senate bid, begins raising money". Los Angeles Times. Archived from the original on January 13, 2015. Retrieved January 13, 2015.
  218. ^ a b Kane, Will (November 7, 2016). "Why Is the Most Groundbreaking Senate Race Ever So Uninspiring?". POLITICO Magazine. Retrieved November 19, 2020.
  219. ^ Cadelago, Christopher (February 27, 2016). "Kamala Harris receives California Democratic Party endorsement". The Sacramento Bee. Archived from the original on February 15, 2019. Retrieved August 19, 2020.
  220. ^ Willon, Phil (May 23, 2016). "California Gov. Jerry Brown backs Kamala Harris for U.S. Senate". Archived from the original on April 5, 2019. Retrieved August 19, 2020.
  221. ^ "United States Senator (primary results)" (PDF). California Secretary of State. July 2016. Archived (PDF) from the original on August 26, 2019. Retrieved August 19, 2020.
  222. ^ "Kamala Harris wins U.S. Senate primary". Los Angeles Times. June 7, 2016. Archived from the original on March 4, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  223. ^ Myers, John (June 8, 2016). "Two Democrats will face off for California's U.S. Senate seat, marking first time a Republican will not be in contention". Los Angeles Times. Archived from the original on March 4, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  224. ^ Willon, Phil (July 19, 2016). "Obama, Biden endorse Kamala Harris for U.S. Senate". Los Angeles Times. Archived from the original on July 19, 2016. Retrieved July 19, 2016.
  225. ^ "Live California election results". Los Angeles Times. Archived from the original on November 9, 2016. Retrieved November 9, 2016.
  226. ^ Willon, Phil (November 10, 2016). "Newly elected Kamala Harris vows to defy Trump on immigration". Los Angeles Times. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  227. ^ Willon, Phil (December 1, 2016). "Essential Politics November archives". Los Angeles Times. ISSN 0458-3035. Archived from the original on December 17, 2016. Retrieved December 20, 2016.
  228. ^ Merica, Dan (January 30, 2017). "Trump signs executive order to keep out 'radical Islamic terrorists'". Archived from the original on August 4, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  229. ^ Ting, Eric (January 8, 2019). "Kamala Harris says John Kelly got mad when she called him at home during the travel ban". San Francisco Chronicle. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  230. ^ "Sen. Kamala Harris speaks out against Betsy DeVos as part of Democrats' 24-hour blitz on Senate floor". Los Angeles Times. February 6, 2017. Archived from the original on August 15, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  231. ^ "Sen. Kamala Harris: 'You Deserve An Attorney General Who Recognizes The Full Human Quality Of All People'". newsone.com. February 8, 2017. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved April 22, 2020.
  232. ^ Cockerham, Sean (March 2, 2017). "Kamala Harris calls on attorney general to resign over contacts with the Russians". Sacramento Bee. Archived from the original on August 12, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  233. ^ Adam Liptak; Matt Flegenheimer (April 8, 2017). "Neil Gorsuch Confirmed by Senate as Supreme Court Justice". The New York Times. p. A1. Archived from the original on April 29, 2019. Retrieved April 15, 2017.
  234. ^ "Sen. Kamala Harris visits troops, refugee camp in Middle East". ABC News. April 17, 2017. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 16, 2019.
  235. ^ Jalonick, Mary Clare (June 7, 2017). "Harris Reminded to Be Respectful During Intel Hearing". U.S. News & World Report. Washington, D.C. Associated Press. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  236. ^ Finnegan, Michael (June 14, 2017). "Sen. Kamala Harris leaves Sessions 'nervous' in interrogation over his refusal to disclose conversations with Trump". Los Angeles Times. Archived from the original on July 4, 2019. Retrieved August 19, 2020.
  237. ^ Agence France-Presse (November 7, 2020). "Kamala Harris: America's first woman vice president". France 24. Retrieved December 5, 2020.
  238. ^ Ansari, M. K. (June 8, 2017). "The Silencing Of Kamala Harris During The Senate Hearing Was Sexist: Why do people take issue when a woman asks direct questions?". HuffPost. New York. Archived from the original on October 12, 2017. Retrieved August 19, 2020.
  239. ^ Tolan, Casey (December 6, 2017). "Harris, Feinstein call on Al Franken to resign after sexual harassment allegations". San Jose Mercury News. Archived from the original on August 16, 2020.
  240. ^ "Lawmakers reflect on Selma beyond Bloody Sunday". WCBI. CBS News. March 7, 2018. Retrieved December 23, 2020.
  241. ^ Weigel, David (January 9, 2018). "Democrats add Harris, Booker to Senate Judiciary Committee". The Washington Post. Archived from the original on June 11, 2020. Retrieved May 12, 2020.
  242. ^ Campoy, Ana (January 16, 2018). "Trump's DHS chief perfectly recalls his praise for Norway—but not "shithole"". Quartz.
  243. ^ Richardson, Davis (January 16, 2018). "Cory Booker and Kamala Harris Grill Kirstjen Nielsen Over Trump's Racial Remarks". The New York Observer.
  244. ^ Bacon, John (May 16, 2018). "Homeland Security chief defends policy that separates families entering U.S. illegally". USA Today. Archived from the original on June 9, 2020. Retrieved July 4, 2020.
  245. ^ Sloss, Jason (June 22, 2018). "'Utter despair': Sen. Harris visits migrant mothers separated from children in San Diego". Fox 5 San Diego. Archived from the original on November 10, 2018. Retrieved November 9, 2018.
  246. ^ Byrne, Trapper (June 18, 2018). "Kamala Harris says DHS chief should resign over immigrant family separations". Advocate. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 8, 2020.
  247. ^ Zhou, Li (September 6, 2018). "Kamala Harris's mysterious Kasowitz question during the Kavanaugh hearings, explained". Vox. Archived from the original on June 8, 2020. Retrieved May 4, 2020.
  248. ^ Ring, Trudy (October 10, 2018). "FBI Head Stonewalls as Kamala Harris Grills Him on Kavanaugh Probe". Advocate. Archived from the original on November 10, 2018. Retrieved November 9, 2018.
  249. ^ Stanton, Sam; McGough, Mike; Yoon-Hendricks, Alex (October 26, 2018). "Suspicious package in Sacramento addressed to Sen. Kamala Harris, sources say". The Sacramento Bee. Archived from the original on June 30, 2020. Retrieved May 15, 2020.
  250. ^ Zaveri, Mihir (December 20, 2018). "Senate Unanimously Passes Bill Making Lynching a Federal Crime". The New York Times. ISSN 0362-4331. Archived from the original on December 20, 2018. Retrieved February 6, 2018.
  251. ^ "S.3178 – Justice for Victims of Lynching Act of 2018, 115th Congress (2017–2018)". Congress.gov. Archived from the original on March 11, 2020.
  252. ^ Clark, Dartunorro (March 22, 2019). "'Release the report. Release the report. Release the report.' 2020 Dems demand Mueller report be made public". NBC News. Archived from the original on May 20, 2019. Retrieved July 4, 2020.
  253. ^ Sullivan, Margaret (November 10, 2019). "Media beware: Impeachment hearings will be the trickiest test of covering Trump". The Washington Post. Archived from the original on November 10, 2019. Retrieved November 11, 2019.
  254. ^ Levine, Marianne (April 30, 2019). "Senate Dems call on DOJ watchdog to investigate Barr". Politico. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  255. ^ Barrett, Devlin; Zapotosky, Matt (April 30, 2019). "Mueller complained that Barr's letter did not capture 'context' of Trump probe". The Washington Post. Archived from the original on April 30, 2019. Retrieved May 16, 2020.
  256. ^ Jarrett, Laura (May 2, 2019). "Barr defiant amid furor over his handling of Mueller report". CNN. Archived from the original on August 9, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  257. ^ Levin, Bess (May 1, 2019). "Kamala Harris Guts Barr Like a Fish, Leaves Him Flopping on the Deck". Vanity Fair. Archived from the original on June 6, 2019. Retrieved August 19, 2020.
  258. ^ Stracqualursi, Veronica (May 2, 2019). "Kamala Harris accuses Barr of not answering her question to avoid exposure to perjury". CNN. Archived from the original on July 30, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  259. ^ Shabad, Rebecca (May 1, 2019). "Barr defends himself amid calls for resignation, slights Mueller's 'snitty' letter". NBC News. Archived from the original on June 24, 2020. Retrieved July 4, 2020.
  260. ^ Levine, Marianne (May 3, 2019). "Harris urges DOJ watchdog to probe whether Trump asked Barr to investigate 'enemies'". Politico. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  261. ^ Sherman, Amy (May 1, 2019). "Kamala Harris says voter suppression kept Stacey Abrams, Andrew Gillum out of office. Really?". PolitiFact. Retrieved September 20, 2021.
  262. ^ "Calls for UN probe of China forced birth control on Uighurs". The Associated Press. June 30, 2020. Retrieved July 1, 2020.
  263. ^ "Harris and Blumenthal Demand Special Counsel to Investigate Failure to Preserve Evidence Within DHS and ICE" (Press release). U.S. Senator Kamala Harris of California. November 1, 2019. Archived from the original on December 18, 2020. Retrieved August 21, 2020.
  264. ^ Davis, Georgia (August 11, 2020). "Joe Biden announces Kamala Harris as his running mate. Here is where she stands on LGBTQ issues". GLAAD.
  265. ^ Mathias, Christopher (December 9, 2019). "Kamala Harris Leads Senators in Demanding 'Immediate Removal' Of Stephen Miller". HuffPost. Archived from the original on August 2, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  266. ^ Adler, Madison (January 15, 2020). "Senate Judiciary Pauses Nominations for Impeachment Trial (1)". Bloomberg Law. Archived from the original on August 3, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  267. ^ Weiss, Debra Cassens (January 16, 2020). "Sen. Kamala Harris calls for halt to advancement of judicial nominees; is it happening?". ABA Journal. Archived from the original on July 5, 2020. Retrieved July 4, 2020.
  268. ^ "How senators voted on Trump's impeachment". Politico. February 5, 2020. Archived from the original on February 5, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  269. ^ Hamilton, Dawchelle. "Rand Paul and Kamala Harris Team Up to Reform Bail Practices". NBC News. Archived from the original on March 23, 2019. Retrieved April 27, 2019.
  270. ^ Matishak, Martin (March 22, 2018). "Lawmakers gather behind election security bill – at last". Politico. Archived from the original on March 26, 2019. Retrieved April 27, 2019.
  271. ^ Hensley-Clancy, Molly (June 5, 2018). "Two Women Senators Will Introduce A New Bill About Workplace Harassment". BuzzFeedNews. Archived from the original on April 21, 2019. Retrieved April 27, 2019.
  272. ^ Harris, Kamala (January 18, 2021). "Thank you, California". Medium.com. Retrieved December 22, 2020.
  273. ^ Ronayne, Kathleen (December 22, 2020). "Newsom taps California election chief Padilla for US Senate". Associated Press. Retrieved December 22, 2020.
  274. ^ Myers, John (December 19, 2016). "Kamala Harris nabs national security, environment assignments in the U.S. Senate". Los Angeles Times. Archived from the original on May 14, 2020. Retrieved April 22, 2020.
  275. ^ "Schumer Announces Updated Senate Democratic Committee Memberships for the 115th Congress, 2nd Session". democrats.senate.gov. Archived from the original on January 10, 2018. Retrieved January 10, 2018.
  276. ^ "Members". Congressional Asian Pacific American Caucus. Archived from the original on May 14, 2018. Retrieved May 17, 2018.
  277. ^ "Membership". Congressional Black Caucus. Archived from the original on April 27, 2019. Retrieved March 7, 2018.
  278. ^ Beckett, Lois (July 22, 2017). "Kamala Harris: young, black, female – and the Democrats' best bet for 2020?". The Guardian. Archived from the original on September 21, 2020. Retrieved July 10, 2018.
  279. ^ Hunt, Kasie (June 24, 2018). "Sen. Kamala Harris not ruling out 2020 White House run". NBC News. Archived from the original on August 31, 2020. Retrieved July 4, 2020.
  280. ^ Bradner, Eric. "Kamala Harris signs book deal amid 2020 speculation". Archived from the original on October 8, 2020. Retrieved October 12, 2018.
  281. ^ Reston, Maeve (January 21, 2019). "Kamala Harris to run for president in 2020". CNN. Archived from the original on January 21, 2019. Retrieved January 21, 2019.
  282. ^ Beckett, Lois (January 27, 2019). "Kamala Harris kicks off 2020 campaign with hometown Oakland rally". The Guardian. Archived from the original on October 5, 2020. Retrieved July 4, 2019.
  283. ^ Flegenheimer, Matt; Burns, Alexander (June 27, 2019). "Kamala Harris Makes the Case That Joe Biden Should Pass That Torch to Her". The New York Times. Archived from the original on October 8, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  284. ^ Agiesta, Jennifer (July 1, 2019). "CNN Poll: Harris and Warren rise and Biden slides after first Democratic debates". CNN. Archived from the original on October 10, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  285. ^ Vagianos, Alanna (July 31, 2019). "Tulsi Gabbard Takes Kamala Harris To Task On Marijuana Prosecution Record". HuffPost. Archived from the original on October 8, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  286. ^ Tolan, Casey (August 1, 2019). "Democratic debate: Fact-checking the attacks on Kamala Harris' criminal justice record". San Jose Mercury News. Archived from the original on October 5, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  287. ^ Silver, Nate (August 7, 2019). "Polls Since The Second Debate Show Kamala Harris Slipping". FiveThirtyEight. Archived from the original on October 10, 2020. Retrieved August 25, 2019.
  288. ^ Bacon Jr., Perry (October 8, 2019). "What Happened to the Kamala Harris Campaign?". FiveThirtyEight. Archived from the original on October 8, 2020. Retrieved December 3, 2019.
  289. ^ Dolan, Maura (August 21, 2014). "California AG Kamala Harris to appeal ruling against death penalty". Los Angeles Times. Archived from the original on October 14, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  290. ^ "Analysis | The Technology 202: Kamala Harris is already facing online attacks in her bid for the vice presidency". Washington Post. Archived from the original on October 5, 2020. Retrieved August 16, 2020.
  291. ^ Zakrzewski, Cat (August 13, 2020). "Kamala Harris is already facing online attacks in her bid for the vice presidency". Washington Post. Archived from the original on October 5, 2020. Retrieved August 15, 2020.
  292. ^ Zhou, Li (July 25, 2019). "The #KHive, Kamala Harris's most devoted online supporters, explained". Vox. Archived from the original on October 14, 2020. Retrieved August 15, 2020.
  293. ^ Bixby, Scott (August 12, 2020). "Kamala Harris Built a 'Digital Army' – Now She Gets to Use It". The Daily Beast. Archived from the original on October 9, 2020. Retrieved August 15, 2020.
  294. ^ Thomas, Alex (August 12, 2020). "What Is the K-Hive, Kamala Harris' Online Twitter Support?". The Daily Dot. Archived from the original on October 5, 2020. Retrieved August 16, 2020.
  295. ^ Harris, Kamala. "I am suspending my campaign today". Medium. Archived from the original on October 10, 2020. Retrieved December 4, 2019.
  296. ^ Wootson Jr., Cleve R. "Sen. Kamala D. Harris endorses Joe Biden for president". The Washington Post. Archived from the original on October 8, 2020. Retrieved March 9, 2020.
  297. ^ Caygle, Heather (May 12, 2019). "'A dream ticket': Black lawmakers pitch Biden-Harris to beat Trump". Politico. Archived from the original on October 8, 2020. Retrieved May 3, 2020.
  298. ^ Timm, Jane C.; Gregorian, Dareh (March 10, 2020). "Clyburn calls for Democrats to 'shut this primary down' if Biden has big night". NBC News. Archived from the original on July 30, 2020. Retrieved July 4, 2020.
  299. ^ "Joe Biden commits to picking a woman as his running mate". Axios. March 16, 2020. Archived from the original on October 8, 2020. Retrieved May 3, 2020.
  300. ^ Garofoli, Joe; Kopan, Tal (April 17, 2020). "Kamala Harris 'would be honored' to be Joe Biden's running mate". San Francisco Chronicle. Archived from the original on October 8, 2020. Retrieved May 3, 2020.
  301. ^ Caputo, Marc; Korecki, Natasha (May 31, 2020). "Minneapolis unrest shakes up VP shortlist". Politico. Archived from the original on October 5, 2020. Retrieved May 31, 2020.
  302. ^ Leonhardt, David (June 12, 2020). "Kamala Harris, Front-runner (Again)". The New York Times. Archived from the original on October 12, 2020. Retrieved June 12, 2020.
  303. ^ Zeleny, Jeff; Merica, Dan; Lee, MJ (June 26, 2020). "Nation's reckoning on race looms large over final month of Biden's running mate search". CNN. Archived from the original on October 9, 2020. Retrieved June 27, 2020.
  304. ^ "Biden VP pick: Kamala Harris chosen as running mate". BBC News. August 11, 2020. Archived from the original on October 10, 2020. Retrieved August 11, 2020.
  305. ^ Blood, Michael R.; Riccardi, Nicholas (December 5, 2020). "Biden officially secures enough electors to become president". AP News. Retrieved December 22, 2020.
  306. ^ Chowdhury, Shatabdi (December 16, 2020). ""We Did It, Joe": Top 10 Tweets Of 2020". NDTV. Retrieved December 16, 2020.
  307. ^ Tensley, Brandon; Wright, Jasmine (November 7, 2020). "Harris bursts through another barrier, becoming the first female, first Black and first South Asian vice president-elect". CNN. Archived from the original on November 7, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  308. ^ a b Horowitz, Juliana Menasce; Budiman, Abby (August 18, 2020). "Key findings about multiracial identity in the U.S. as Harris becomes vice presidential nominee". Pew Research Center. Retrieved November 8, 2020.
  309. ^ McEvoy, Jemima (November 7, 2020). "Kamala Harris Makes History As First Female, Black, Asian American Vice President". Forbes. Retrieved November 13, 2020.
  310. ^ Solender, Andrew (August 12, 2020). "Here Are The 'Firsts' Kamala Harris Represents With VP Candidacy". Forbes. Archived from the original on September 2, 2020. Retrieved November 8, 2020. Harris would not be the first person of color to serve as vice president. That honor belongs to Charles Curtis, President Herbert Hoover's No. 2.
  311. ^ Hayes, Christal (January 20, 2021). "Democrats officially take control of Senate after Harris swears in Ossoff, Warnock and Padilla". USA Today. Retrieved January 21, 2021.
  312. ^ Pramuk, Jacob (January 20, 2021). "Democrats take Senate majority, sealing control of the White House and Congress". CNBC.
  313. ^ Segers, Grace (February 5, 2021). "Senate passes $1.9 trillion COVID relief resolution after all-night 'vote-a-rama'". CBS News.
  314. ^ Singh, Maanvi; Greve, Joan E.; Belam, Martin; McKernan, Bethan; Levine, Sam (March 5, 2021). "Kamala Harris breaks Senate tie to begin Covid relief package debate – as it happened". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved March 5, 2021.
  315. ^ Cohn, Alicia. "Pence became ultimate tie-breaker in 2017". The Hill. Retrieved October 25, 2021.
  316. ^ a b "Votes to Break Ties in the Senate". senate.gov. Retrieved October 25, 2021.
  317. ^ "Senate.gov: VPTies.pdf" (PDF). Archived (PDF) from the original on May 2, 2017. Retrieved February 5, 2018.
  318. ^ Dale, Daniel (April 28, 2021). "New York Post temporarily deletes, then edits false story that claimed Harris' book was given out in migrant 'welcome kits'". CNN. Retrieved April 30, 2021.
  319. ^ Waterson, Jim (April 28, 2021). "New York Post reporter quits citing pressure to write incorrect story about Kamala Harris". The Guardian. Retrieved April 30, 2021.
  320. ^ Allie Bice (April 25, 2021). "Harris says she had key role in Biden's Afghanistan withdrawal decision". Politico. Retrieved August 20, 2021.
  321. ^ Egan, Lauren (June 7, 2021). "Harris takes first steps onto world stage, into migration spotlight". NBC News.
  322. ^ Rodriguez, Sabrina (June 7, 2021). "Harris' blunt message in Guatemala: 'Do not come' to U.S." POLITICO.
  323. ^ Tracy, Abigail (November 18, 2021). "Top Kamala Harris aid heads for the exit". Vanity Fair. Retrieved November 18, 2021.
  324. ^ Miller, Zeke (November 19, 2021). "Biden to have routine colonoscopy, transfer power to Harris". Associated Press News. Bethesda: Associated Press. Retrieved November 19, 2021.
  325. ^ Feinberg, Andrew (November 19, 2021). "'First woman president': Kamala Harris makes history when she briefly assumes powers of presidency during Biden procedure". The Independent. Washington, D.C. Retrieved November 19, 2021.
  326. ^ Pengelly, Martin (November 19, 2021). "Kamala Harris takes on presidential role – briefly – as Biden has colonoscopy". the Guardian.
  327. ^ Reber, Deborah (2015). In Their Shoes: Extraordinary Women Describe Their Amazing Careers. New York City: Simon Pulse. p. 37. ISBN 978-1-4814-2812-5. Archived from the original on October 23, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  328. ^ Zernike, Kate (May 18, 2008). "She Just Might Be President Someday". The New York Times. Archived from the original on April 6, 2017. Retrieved November 16, 2018.
  329. ^ Pelosi, Nancy (April 18, 2013). "Kamala Harris Jurist to watch, 48". Time. Archived from the original on April 20, 2013. Retrieved April 18, 2013.
  330. ^ "20/20 Award Winners". 2020 Club. Archived from the original on October 8, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  331. ^ "Joe Biden and Kamala Harris Are TIME's 2020 Person of the Year". Time. Retrieved December 11, 2020.
  332. ^ Gross, Elana Lyn; Voytko, Lisette; McGrath, Maggie (June 2, 2021). "The New Golden Age". Forbes. Retrieved June 2, 2021.
  333. ^ "Speakers, Honorary Degree Recipients: 2000 to present | USC". Archived from the original on September 21, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  334. ^ "Past Recipients · Honorary Degrees". honorarydegrees.usc.edu. Archived from the original on October 5, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  335. ^ Dalton, Autumn (May 3, 2017). "Howard University Commencement Honors Groundbreaking Women". Howard University News Service. Archived from the original on July 7, 2020. Retrieved May 26, 2020.
  336. ^ "Recipients of Honorary Degrees (By Year) – Office of the Secretary". Howard University. Archived from the original on April 27, 2019. Retrieved August 12, 2020.
  337. ^ "Senator Kamala Harris Challenges Howard University Graduates to Forge a Way Forward". Howard Newsroom. May 13, 2017. Archived from the original on October 5, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  338. ^ a b Wright, Jasmine; Stracqualursi, Veronica (January 15, 2021). "Harris and Emhoff recall first date: 'It felt like we had known each other forever'". CNN. Retrieved January 18, 2021.
  339. ^ "Douglas C. Emhoff". Venable LLP. Archived from the original on July 6, 2017. Retrieved May 28, 2014.
  340. ^ Siders, David (August 25, 2014). "Kamala Harris married in Santa Barbara ceremony". The Sacramento Bee. Archived from the original on August 17, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  341. ^ Harris, Kamala (May 10, 2019). "Sen. Kamala Harris on Being 'Momala'". ELLE. Archived from the original on August 12, 2020. Retrieved May 11, 2019.
  342. ^ "The Net Worth Of Every 2020 Presidential Candidate". Forbes. August 14, 2019. Archived from the original on August 23, 2019. Retrieved August 24, 2019.
  343. ^ Mwaura, Maina (October 28, 2020). "Kamala Harris talks about her own faith and how it might influence a Biden-Harris White House". Religion News Service. Retrieved November 9, 2020.
  344. ^ Schor, Elana (August 12, 2020). "Harris brings Baptist, interfaith roots to Democratic ticket". Washington post. Retrieved August 13, 2020.
  345. ^ "5 faith facts about Biden's veep pick, Kamala Harris – a Baptist with Hindu family". The Salt Lake Tribune. Archived from the original on August 12, 2020. Retrieved August 13, 2020.
  346. ^ "Find A Church". ABCUSA. Archived from the original on August 6, 2020. Retrieved August 13, 2020.
  347. ^ Shaban, Hamza (October 27, 2017). "Uber hires PepsiCo's Tony West as general counsel". The Washington Post. Archived from the original on October 28, 2017.
  348. ^ Kratofil, Colleen (June 17, 2020). "Meet Meena Harris, the Designer and Activist Behind the Viral 'Phenomenally Black' T-Shirt". PEOPLE.com. Archived from the original on November 6, 2020. Retrieved November 8, 2020.
  349. ^ Shaw-Ellis, Daisy (August 17, 2020). "Kamala Harris's Pearl Necklace Has Deep Symbolism That Goes Way Beyond Politics". Vanity Fair. Retrieved June 20, 2021.
  350. ^ a b Copeland, Shelby (October 8, 2020). "The Real Meaning Behind Kamala Harris' Pearl Necklaces". Oprah Daily. Retrieved June 20, 2021.
  351. ^ Newman, Jill (January 20, 2021). "The Poignant Meaning Behind Kamala Harris's Inauguration Jewelry". Town & Country. Retrieved June 20, 2021.
  352. ^ Harris, Kamala (2019). The Truths We Hold: An American Journey. Penguin Books. p. 10. ISBN 978-1-984886-22-4. Retrieved June 20, 2021. We were also close with my mother's mentor, Howard, a brilliant endocrinologist who took her under his wing. When I was a girl, he gave me a pearl necklace that he'd brought back from a trip to Japan. (Pearls have been one of my favorite forms of jewelry ever since!)
<