AUTOEXEC.BAT

AUTOEXEC.BATは、もともとDOSタイプのオペレーティング システムにあったシステム ファイルです。これは、ブート デバイスルート ディレクトリにあるプレーンテキストのバッチ ファイルです。ファイル名は「自動実行」の略称で、システム起動時にコマンドを自動的に実行する機能を表しています。このファイル名は、 FATファイル システム ファミリの8.3 ファイル名の制限に応じて造られたものです

使用法

AUTOEXEC.BATWindows 95およびWindows 98で使用されている MS-DOS バージョン 7.x を含む、すべてのバージョンの DOS によって起動時に読み取られますWindows ME は、従来の依存関係を削減する試みの一環としてのみ環境変数を解析します[1]が、これは回避できます。[2]

このファイル名は、旧東ドイツのVEB Robotronによる MS-DOS 派生プログラムであるディスク制御プログラム [de] (DCP)でも使用されていました[3]

韓国語バージョンの MS-DOS/PC DOS 4.01 以降 (PC DOS 7 および 2000 を除く) では、現在の国コードが 82 (韓国の場合) に設定されており、no/P:filenameが指定され、デフォルトが見つからない場合AUTOEXEC.BAT、ファイルが適切に設定されていなくてもDBCSフロントエンド ドライバーが確実に読み込まれるようにするために、代わりにCOMMAND.COMこのファイルが名前付けされています[4]KAUTOEXE.BATCONFIG.SYSAUTOEXEC.BAT

COMMAND.COMDOS では、オペレーティング システムが起動してCONFIG.SYSファイル処理が完了すると、ファイルはコマンド ライン プロセッサ (通常は ) のプライマリ コピーによって実行されます。 DOS 自体には、処理のためバッチ ファイル パラメータを渡す手段がありませんが、代替コマンドライン プロセッサ4DOS は、そのようなパラメータを定義するためのディレクティブと起動オプションをサポートしています。 [5]同時 DOSマルチユーザー DOSおよびREAL/32では、3 つの初期パラメータが対応する(存在する場合) または汎用スタートアップ ファイルに渡され、仮想コンソール番号、[6] 2 桁の端末番号が保持されます。 (xx) (00 はメイン コンソール) と1 桁のセッション番号 (y)。[7]COMMAND.COMAUTOEXEC.BAT4DOS.INI AutoExecParams//AutoExecParams=STARTxxy.BATAUTOEXEC.BAT%1 %2%3

Windows NTとその子孫であるWindows XPおよびWindows Vista はAUTOEXEC.BAT、ユーザーのログオン時に解析を行います。 Windows ME と同様に、環境変数の設定以外は無視されます。[8]とは異なりCONFIG.SYS、 のコマンドは対話型コマンド ライン インタープリタAUTOEXEC.BATで入力できます。これらは、コンピュータ オペレータがコンピュータを起動するたびに自動的に実行したい標準コマンドにすぎず、他のバッチ ファイルを含めることもできます。

AUTOEXEC.BATキーボード、サウンドカード、プリンター、一時ファイルの場所などの環境変数を設定するために最もよく使用されます。また、次のような低レベルのシステム ユーティリティを開始するためにも使用されます。

  • ウイルススキャナー
  • ディスクキャッシュソフトウェア
  • マウスドライバー
  • キーボードドライバー
  • CDドライバー
  • その他のその他のドライバー

DOS の初期のバージョンでは、AUTOEXEC.BATデフォルトでは非常に単純でした。初期のPCおよびXTクラスのマシンにはデフォルトで バッテリでバックアップされたリアルタイム クロックが搭載されていなかったため、DATEおよびコマンドTIMEが必要でした。

@エコーオフCLS
日時
バージョン

米国以外の環境では、キーボード ドライバー (KEYB FRフランス語キーボードなど) も含まれています。後のバージョンでは、多数のサードパーティ製デバイス ドライバーを使用して大幅に拡張されることがよくありました。以下は、基本的な DOS 5 タイプのAUTOEXEC.BAT設定であり、必須のコマンドのみで構成されています。

@エコーオフ
プロンプト$P$G
パスC:\DOS;C:\WINDOWS
 SET  TEMP = C:\TEMP
 SET  BLASTER = A220 I7 D1 T2
LH SMARTDRV.EXE
LH ドスキー
LH MOUSE.COM /Y

この構成では、共通の環境変数を設定し、ディスク キャッシュをロードし、共通のディレクトリをデフォルトのPATHに配置し、DOS マウス/キーボード ドライバを初期化します。このPROMPTコマンドは、プロンプトを単に「C>」(デフォルトのプロンプト。作業ドライブ内のディレクトリではなく作業ドライブのみを示す) ではなく、「C:\>」(作業ディレクトリが C ドライブのルートの場合) に設定します。

一般に、デバイス ドライバーは にロードされCONFIG.SYS、プログラムはAUTOEXEC.BATファイルにロードされます。マウスなどの一部のデバイスは、製造元に応じて、 のデバイス ドライバとしてCONFIG.SYS、またはTSRとしてロードできます。 [9]AUTOEXEC.BAT

MS-DOS 6.0以降では、DOS ブート メニューを構成できます。これは、DOS ゲームや Windows など、さまざまなプログラムのブート構成を最適化したいユーザーにとって非常に役立ちます。

@エコーオフ
プロンプト$P$G
パスC:\DOS;C:\WINDOWS
 SET  TEMP = C:\TEMP
 SET  BLASTER = A220 I7 D1 T2
 GOTO  %CONFIG% 
: WIN
LH SMARTDRV.EXE
LH MOUSE.COM /Y
勝つ
後藤 終了
XMS
LH SMARTDRV.EXE
LH ドスキー
後藤 終了
:終了

このGOTO %CONFIG%行は、 内で定義されたメニュー エントリを検索するように DOS に通知しますCONFIG.SYS。次に、これらのプロファイルに名前が付けられ、必要な特定のドライバーとユーティリティで構成されます。それぞれの特定の設定の目的の終了時に、コマンドによって DOS がそのセクションGOTOにリダイレクトされます。:END以降の行は:ENDすべてのプロファイルで使用されます。

DOS と Windows 9x のデュアルブート

既存の DOS/Windows インストールの上にWindows 95をインストールするとCONFIG.SYSAUTOEXEC.BATは と に名前変更されます。これは、Windows 9x と DOS 間のデュアル ブートを容易にすることを目的としています。 DOS を起動すると、一時的に名前が変更されますWindows 9x バージョンのバックアップはファイルとして作成されます。 CONFIG.DOSAUTOEXEC.DOSCONFIG.SYSAUTOEXEC.BAT.W40

Windows 9x はMSDOS.SYS、設定ファイルもインストールします。このファイルは、パラメータがロードされている場合は Windows 95/98 を起動せず、代わりに DOS プロンプトが画面に表示されます (Windows は、コマンド (ファイル WIN.COM) をBOOTGUI=0呼び出すことでロードできます。これは、WINこのファイルには、システムの起動方法を指定するいくつかのスイッチが含まれており、その 1 つは、システムが自動的に Windows に入るかどうかを制御します。これを行うには、この「BootGUI」オプションを「0」に設定する必要があります。の場合、システムの操作は基本的に、以前の Windows バージョンと同様に DOS/Windows のペアリングとなり、WINDOS プロンプトに入力することで Windows を起動できます。

Caldera DR-DOS 7.02 以降をインストールする場合、Windows バージョンは という名前を維持しますAUTOEXEC.BATが、DR-DOS で使用されるファイルはCOMMAND.COMという名前で、 SHELLディレクティブのAUTODOS7.BAT起動パラメータによって参照されます。また、名前を使用してファイルを区別します[10] [11] [12]/P:filename.extCONFIG.SYSDCONFIG.SYS

OS/2

OS/2AUTOEXEC.BAT相当するのはOS/2ファイルです。 OS/2 でブートされた正規の DOS セッションは引き続き を使用しますSTARTUP.CMDAUTOEXEC.BAT

Windows NT

Windows NTおよびその派生製品であるWindows 2000Windows Server 2003、およびWindows XPでは、同等のファイルが呼び出されAUTOEXEC.NT、ディレクトリに配置されます%SystemRoot%\system32。このファイルは、オペレーティング システムの起動プロセス中には使用されません。これは、MS-DOS 環境の開始時に実行されます。これは、DOS アプリケーションがロードされたときに発生します。

このAUTOEXEC.BATファイルは、Windows NT のブート ドライブのルート ディレクトリにあることがよくあります。 Windows は、すべてのユーザーに対してグローバルな環境変数を定義するために、それに含まれるSETおよびステートメントのみを考慮します。たとえば、MS-DOS もこのドライブから起動する場合 (これにはドライブがFATフォーマットされている必要があります)、または再インストール後も変数を保持する場合、このファイルを介して環境変数を設定すると興味深い場合があります。これは今日では珍しい使用法であるため、通常、ファイルは空のままです。Microsoft PowerToysコレクションの Tweak UI アプレットを使用するとこの機能を制御できます (ログオン時に AUTOEXEC.BAT を解析する)。 PATH

こちらも参照

参考文献

  1. ^ 「Windows Millennium Edition の Autoexec.bat ファイルで「Subst」コマンドが機能しない」。リビジョン 1.3。マイクロソフト。 2007 年 1 月 31 日。 KB288997。 Q288997。 2011 年 5 月 24 日にオリジナルからアーカイブされました2007 年 7 月 4 日に取得
  2. ^ アシュモフ、V. (2017) [2007]。 「MS-DOS 8.0 のいくつかの機能」。 2010 年 10 月 22 日にオリジナルからアーカイブされました2010 年 11 月 21 日に取得
  3. ^ クルト、リュディガー;グロス、マーティン。ハンガー、ヘンリー (2016-11-29) [2007]。 「Betriebssystem DCP」。www.robotrontechnik.de (ドイツ語)。 2019年4月3日のオリジナルからアーカイブ2019年4月28日に取得
  4. ^ ポール、マティアス R. (2001-10-25)。 「システムファイル設定」。ニュースグループ: comp.os.msdos.programmer。 2017-09-10 のオリジナルからアーカイブ2014 年 8 月 6 日に取得[…] [W]KAUTOEXE.BAT って何ですか? […] これは韓国の MS-DOS/PC DOS 4.01 以降の特殊なケースです。 MS-DOS 7.10 (Windows 98SE、8.0 別名 ME についてはわかりません) にはまだ存在しますが、PC DOS 7/2000 では消えてしまいました。現在の国コードが 82 […] および […] /P:filename が指定されておらず、*かつ* デフォルトの AUTOEXEC.BAT ファイルが見つからない場合、COMMAND.COM は代わりに KAUTOEXE.BAT という名前のファイルが存在する場合はそれを実行します。おそらく、これは、CONFIG.SYS または AUTOEXEC.BAT ファイルが適切に設定されていなくても、DBCS フロントエンド ドライバーが確実にロードされるようにするために使用されます。 […]
  5. ^ 兄弟、ハーディン;トム・ローソン;レックス・C・コン;ポール、マティアス R.ダイ、チャールズ E.ゲオルギエフ、ルチェザール I. (2002-02-27)。4DOS 8.00 オンライン ヘルプ
  6. ^ 同時実行 DOS マルチユーザー/マルチタスク オペレーティング システム - プリント スプーラー ユーザー ガイド(PDF)デジタルリサーチ。 1989 年 2 月 1 日。2016 年 11 月 5 日にオリジナルからアーカイブ(PDF)されました2014 年 8 月 12 日に取得
  7. ^ 「参考 - CSPOOL の構成」。ノベル。 1992 年 12 月 29 日。参考までに、1901 年。 2016-11-05 のオリジナルからアーカイブ2014 年 8 月 12 日に取得
  8. ^ 「情報: AUTOEXEC.BAT の解析の構成」 (第 1 版)。マイクロソフト。 2007-03-20 [2002-06-11]。 Q124551。 2019年4月21日のオリジナルからアーカイブ2017-09-10 に取得
  9. ^ “マウスが MS-DOS シェルで動作しない”.マイクロソフト。 2007年[1994年]。 KB96706。 Q96706。 2007 年 3 月 11 日にオリジナルからアーカイブされました2006 年 10 月 15 日に取得
  10. ^ "第 1 章: DR-DOS の概要". Caldera DR-DOS 7.02 ユーザー ガイドカルデラ社、 1998 [1993、1997]。 2016-11-05 のオリジナルからアーカイブ2013 年 8 月 10 日に取得
  11. ^ Caldera DR-DOS 7.02 ユーザー ガイド。カルデラ社、 1998 [1993、1997]。 2016-11-05 のオリジナルからアーカイブ2013 年 8 月 10 日に取得
  12. ^ "参考 - 複数のオペレーティング システムをブートするための LOADER.COM の構成 - NEC DOS 3.3 パーティションへの DR DOS のインストール".ノベル。 1993 年 1 月 5 日。参考までに、1909 年。 2016-11-05 のオリジナルからアーカイブ2014 年 8 月 12 日に取得
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=AUTOEXEC.BAT&oldid=1192269468#KAUTOEXE.BAT」から取得