K-POP

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

K-POP韓国語:  케이팝 ; RR:  keipap )、韓国のポピュラー音楽の略で[1]は韓国文化の一部として韓国で生まれたポピュラー音楽の形式です[2]ポップヒップホップR&Bエクスペリメンタルロックジャズゴスペルレゲエエレクトロニックダンスフォークなど、 世界中のスタイルやジャンルが含まれます。その伝統的な韓国音楽のルーツに加えて、カントリーディスコクラシック。[3]「K-POP」という用語は2000年代に普及しました。以前、韓国のポップミュージックはgayo韓国語:  가요 ;漢字: 歌謠)と呼ばれていました。[4] [5] 「K-POP」は韓国のすべてのポピュラー音楽または韓国のポップミュージック の総称ですが、韓国の音楽やエンターテインメントに関連するアーティストにとっては、狭義の言葉でよく使用されます。アイドル業界ジャンルに関係なく、国で。

1992年にヒップホップのボーイバンド、 ソテジワアイドゥルとボーイズが結成されたことで、このジャンルのより現代的な形が生まれました。さまざまなスタイルやジャンルの音楽を試し、外国の音楽要素を統合することで、韓国の現代音楽シーンを再構築し、近代化することができました。[6]

現代のK-POP「アイドル」文化は1990年代に始まり、K-POPアイドル音楽は、ティーンエイジャーやヤングアダルトの巨大なファンダムを集めたサブカルチャーに成長しました。[7] [8]初期のアイドル音楽の低迷の後、2003年から東方神起とBoAは新世代のK-POPアイドルを開始し、音楽ジャンルを隣接する日本市場に押し込み、今日もK-POPを国際的に普及させ続けています[9] [10]オンラインソーシャルネットワーキングサービス韓国のテレビ番組の出現により、韓国の波として知られるK-popと韓国のエンターテインメントの現在の普及東アジア東南アジアだけでなく、パキスタンバングラデシュインドラテンアメリカ北アフリカ南部アフリカ東アフリカ中東、そして西欧諸国でも、国際的な聴衆を獲得しています。

2018年、K-popは大幅な成長を遂げ、「パワープレーヤー」となり、収益が17.9%増加しました。2019年現在、韓国のポピュラー音楽は、国際フォノグラフィック産業連盟の「Global Music Report 2019」によると、世界の音楽市場のトップ10の中で6位にランクされており、 BTSBlackpinkが市場の成長をリードしているアーティストとして挙げられています。[11] 2020年、K-popは44.8%の成長を遂げ、その年の最も急成長している主要市場としての地位を確立した記録的な年を経験しました。[12]

語源

K-POPという用語の最初の既知の使用法は、1999年10月9日版のビルボードで、当時韓国の通信員だったチョ・ヒョンジンによる「韓国が日本のライブ行為を許可する」というタイトルの記事の最後にありました。韓国のポップミュージックの広義の用語として使用された雑誌。しかし、チョー自身は、「K-POP」という言葉は、個人的に聞いたことがないにもかかわらず、音楽業界のインサイダーによってすでに使用されていると述べている記事があるため、彼がこの用語を作り出したかどうかはわかりません。[13]

特徴

視聴覚コンテンツ

K-POPは一般的に韓国のポピュラー音楽とそれに関連する業界を指しますが、幅広い音楽的要素と視覚的要素を示す包括的なジャンルであると考える人もいます。[14] [信頼できない情報源?]フランス国立視聴覚研究所は、K-popを「シンセサイザー音楽、鋭いダンスルーチン、ファッショナブルでカラフルな衣装の融合」と定義しています。[15]曲は通常、ポップロックヒップホップR&B、および電子音楽のジャンル の1つまたは混合で構成されます。

アーティストの体系的なトレーニング

韓国の管理機関は、時には若い年齢で、潜在的なアーティストに拘束力のある契約を提供しています。研修生は規制された環境で一緒に暮らし、デビューに備えて歌ったり、踊ったり、外国語を話したり、その他のスキルを習得したりする方法を1日何時間も学びます。この「ロボット的な」トレーニングシステムは、欧米のメディアから批判されることがよくあります。[16] 2012年、ウォールストリートジャーナルは、 SMエンターテインメントの下で1人の韓国アイドルを訓練する費用が平均300万米ドルであると報告しました。[17]

ハイブリッドジャンルと国境を越えた価値観

Googleトレンドによる、2008年から2012年の期間のK-popの検索ボリューム

K-POPは、「厳密に商業的価値を超える価値、アイデンティティ、意味」を特徴とする文化的製品です。[18]現代の西洋の音とアフリカ系アメリカ人の影響(ヒップホップ、R&B、ジャズ、ブラックポップ、ソウル、ファンク、テクノ、ディスコ、ハウス、アフロビートの音を含む)と韓国の側面が混ざり合っているのが特徴です。パフォーマンスの(同期されたダンスの動き、フォーメーションの変更、およびフッキングと反復的なキーの動きからなるいわゆる「ポイントコレオグラフィー」を含む)。韓国のポップカルチャーには「近代化のビジョン」が内在していると言われています。[19]一部の人にとって、K-popの国境を越えた価値はその成功に責任があります。カリフォルニア大学サンディエゴ校のコメンテーター「現代の韓国のポップカルチャーは、国境を越えて、国境を越えて、そして国境を越えて、国境を越えて起こっている...国境を越えた流れの上に構築されている」と述べています。[20]さまざまな民族的、国家的、宗教的背景を持つ人々にアピールする可能性のあるK-POPに固有の国境を越えた価値観の例には、高品質の出力とアイドルのプレゼンテーションへの献身、および彼らの労働倫理と礼儀正しい社会が含まれます訓練期間によって可能になった態度。[21]

英語のフレーズの使用

A woman and a man holding microphones. The man is gesturing to one side.
ヒップホップアーティストのユン・ミレと彼女の夫であるドランクンタイガーのラッパー、タイガーJK、韓国でアメリカンスタイルのヒップホップを普及させたとされています。[22]
Five men singing, wearing black and white suits.
2015年「IAmKorea」コンサートの

現代のK-POPは、英語のフレーズを使用していることが特徴です。ポピュラーミュージックアンドソサエティのジンダルヨン氏は、「米国に留学した韓国系アメリカ人や韓国人は、英語の流暢さと文化的資源を最大限に活用しているため、その使用法は影響を受ける可能性がある」と述べています。韓国で育ち、教育を受けました。」[23]フライ・トゥ・ザ・スカイゴッド、リッチ、ユ・スンジュンドランケン・タイガーなどの韓国系アメリカ人の歌手やグループによる韓国のポップミュージックは、アメリカンスタイルと英語の歌詞の両方を持っています。これらの韓国系アメリカ人歌手の音楽は、若者の興味を引く一般的な韓国音楽とは異なるスタイルを持っています。[23]ますます、外国のソングライターやプロデューサーが、 will.i.amSeanGarrettなどのK-popアイドルの曲に取り組むために採用されています。[24] AkonKanye WestLudacrisSnoopDoggなどのラッパーを含む外国人ミュージシャンもK-popの曲に出演しています。[25] [26]

エンターテインメント企業は、さまざまな方法でK-popを世界の他の地域に拡大するのに役立ちます。企業はアジアの他の地域の市場を占領したいと考えているため、歌手は英語を使用する必要があります。これにより、最終的には西洋市場を開拓することができます。ほとんどのK-pop歌手は、音楽の世界で一般的な言語であるため英語を学びますが、一部の歌手は、日本語などの他の外国語を学び、日本市場にアプローチします。[23]同様に、韓国の名前ではなく英語の名前を使用するK-popバンドの数が増えています。これにより、曲やアーティストを世界中のより多くの聴衆に売り込むことができます。[23]

ただし、英語の使用は、北米市場でのK-popの人気を保証するものではありません。一部のコメンテーターにとって、この理由は、このジャンルが西洋音楽の蒸留版と見なされる可能性があり、K-popがこれらの市場で受け入れられるのを困難にしているためです。[23]さらに、西洋の聴衆は音楽の信憑性と個人的な表現を強調する傾向があり、それはアイドルシステムが抑制していると見なすことができます。[16]ハイブリッド性 にもかかわらず、ElaineW.Chunの調査によるとK-POPに登場することが多くなり、新鮮で新しくて面白いため、ファンにK-POPスターをもっと賞賛させることもあります。純粋な言語学の完璧な理想を信じる人を変えるのは、難しいことです。これは、言語の元の形式を変更するのがまだ難しいことを意味します。[27]

アーティスト名、曲名、歌詞は、英語の単語の使用が大幅に増加しています。1990年の上位50のチャートには、名前に英語が含まれている歌手はいませんでした。韓国の音楽業界で働いていた人々は、韓国の名前を標準として使用していると見なしていました。1995年、キム・ゴンモ、パク・ミギョン、パク・ジンヨン、イ・スンチョル、ビョン・ジンソブなどの最も人気のある歌手はでも韓国名前使用していましたが、上位50人の歌手とグループのうち14人が使用しましたDJ DOC015B、Piano、Solidなどの英語名1997年の金融危機後、政府は英語の歌詞の検閲をやめ、韓国は英語でブームを起こし始めました。1990年代後半以降、歌手の名前、曲のタイトル、歌詞での英語の使用は急速に増加しました。上位50のチャートの17人の歌手は2000年に英語の名前を使用し、31人は2005年に使用しました。2010年には、41人の歌手が上位50曲の中で英語の名前を使用しましたが、通常、3〜4人の歌手とグループはチャート上の1つまたは2つの曲を同時に。韓国の名前(ペク・ジヨン・イニョン、ホ・ガクなど)はあまり見られず、多くのK-POP歌手は英語の名前(IUシスターT-araGD&TOPなど)を持っていますビースト、および放課後)。特に、1990年代初頭まで、英語の名前を持つミュージシャンはそれらをハングルに音訳していましたが、現在、歌手はローマ字で書かれた英語の名前を使用していました。[23] 1995年、上位50のチャートで英語を使用した曲のタイトルの割合は8%でした。これは2000年に30%、2005年に18%、2010年に44%の間で変動しました。英語の歌詞の割合が高い韓国の歌の例は、両方の韓国で同時にリリースされたKaraの「Jumping 」です。そして日本は大成功を収めました。[23]

ハイブリッドアイデンティティへの批判

韓国では、その登場以来、このジャンルのアイデンティティに関して批判的な反応がありました。この地域の著名な音楽評論家の中には、K-POPを「最初から世界市場でナショナルブランドを宣伝することを主な目的とした産業レーベル」と批判し、「ポップカルチャーとして自発的に形成されたのではなく、政府が主導する商業的配慮を持った組織的な計画」であるが、実際には「このジャンルは韓国の伝統的なアイデンティティとは実質的に関係がない」。ジャンルの名前はJ-popに由来しているという見方もあります。[28] [29]

K-POPは、音楽が定型的で独創的ではないと認識しているジャーナリストからの批判に直面することがあります。[30] [31] [32] [33]一部のK-Popグループは、他の音楽行為と同様に西洋の音楽行為を盗用したとして非難されています。[34]さらに、K-popは英語のフレーズに依存していると批判されており、批評家はタイトルでの英語の使用を「無意味」と呼んでいます。[35]

K-POPグループは、特にアイドルグループのステージ上のスタイリングでコーンロウやバンダナを頻繁に使用しているため、アフリカ系アメリカ人の文化などの文化の盗用で定期的に非難されてきました。[36] K-Popグループは、ネイティブアメリカンを流用したとしても非難されています[37] [信頼できない情報源?]そしてインドの文化。[38]しかし、韓国以外の文化からの文化的要素の借用が実際に文化の盗用を構成するのか、それともこの文化の盗用がまったく否定的であるのかについては議論があります。Scholar Crystal S. Andersonは、「文化の要素を元のコンテキストから外し、まったく異なる方法で使用することによって文化の要素を流用しても、自動的に否定的な文化の盗用を構成することはありません」と書いています。[39]

マーケティング

多くのエージェンシーは、ラジオではなくオンラインマーケティングとテレビ放送のプロモーションで構成される「デビューショーケース」を通じて、新しいアイドルグループを視聴者に紹介しています。[40]グループには、マーケティングフックとともに名前と「コンセプト」が与えられます。これらのコンセプトは、アイドルグループがデビューまたはカムバック中に利用する視覚的および音楽的なテーマのタイプです。[41]コンセプトはデビュー間で変わる可能性があり、ファンはしばしばボーイグループのコンセプトとガールグループのコンセプトを区別します。コンセプトは、一般的なコンセプトと、かわいいやファンタジーなどのテーマのコンセプトに分けることもできます。新しいアイドルグループは、デビューを成功させるために、市場でよく知られているコンセプトでデビューすることがよくあります。サブユニットまたはサブグループが既存のメンバー間で形成される場合があります。2つのサブグループの例は次のとおりです。スーパージュニアのメンバーであるキュヒョン、リョウク、イェソンで構成されるスーパージュニア-KRY中国で最も売れているK-POPサブグループの1つとなったスーパージュニア-M 。[42]

オンラインマーケティングには、世界中の視聴者にリーチするためにYouTubeに投稿されたミュージックビデオが含まれます。[40]実際のビデオの前に、グループはティーザー写真と予告編をリリースします。後続のシングルのプロモーションサイクルは 、問題のミュージシャンまたはグループが休止していなくても、カムバックと呼ばれます。[43]

ダンス

ノワールのエレクトロニックダンストラック「ギャングスタ」のダンスには、ポイント振り付けが含まれています。[44]

ダンスはK-POPの不可欠な部分です。複数の歌手を組み合わせる場合、歌手はしばしば、「フォーメーションチェンジ」と呼ばれる戦略である「フォーメーションチェンジ」(韓国語:  자리바꿈 ; RR:  jaribakkum)と呼ばれる戦略を同期して迅速に動かすことにより、歌と踊りの間に位置を切り替えます。[45] K-POPの振り付け(韓国語:  안무 ;ハンジャ: 按舞; RR: アンム)には、いわゆる「ポイントダンス」(韓国語:  포인트안무 ; RR:  pointeu anmu )が含まれることがよくあります。)、歌の歌詞の特徴に一致する振り付け内のフックと反復的な動きで構成されるダンスを指します。[46] [47]スーパージュニアの「SorrySorry」とブラウンアイドガールズの「Abracadabra」は、注目すべき「ポイント」の振り付けを備えた曲の例です。曲のダンスを振り付けするには、作家がテンポを考慮に入れる必要があります。[48]ロサンゼルスのダンサー兼振付師であるエレン・キムによれば、同じステップを実行するファンの能力も考慮しなければなりません。その結果、K-POP振付師は動きを単純化する必要があります。[48]

Seven young men performing synchronised dance moves, wearing casual clothing. Some of them have dyed hair.
練習スタジオで振り付けを行う24K

K-POPアイドルが業界で成功し、ダンスを成功させるために必要なトレーニングと準備は激しいものです。ソウルのデフダンススクールのようなトレーニングセンターは、彼らにアイドルになるためのショットを与えるために、若者のダンススキルを開発します。[49]生徒のスケジュールの多くはダンスと運動に基づいているため、体力トレーニングは学校で最大の焦点の1つです。[49]エンターテインメントのラベルは非常に選択的であるため、有名になるものはほとんどありません。学校の生徒は、K-POPグループが行う活発なルーチンに備えるために、ダンスの習得に人生を捧げる必要があります。もちろん、これは、署名されている場合はトレーニングを継続する必要があることを意味します。企業は、選ばれた人々のためにはるかに大きなトレーニングセンターを収容しています。[49]

K-POP振付師の仲宗根梨乃さんへのインタビューで、ルーティンの制作過程を知ることができます。中曽根によると、彼女の焦点は、ダンサーにとってお世辞であると同時に音楽を補完するダンスルーチンを作ることです。[50]彼女のアイデアは、プロのダンサーによって行われたビデオ録画としてエンターテインメント会社に提出されます。[50]中曽根は、会社とK-popアーティスト自身が曲の振り付けについて意見を述べていると述べています。[50]振付師のメイ・J・リーは別の見方をしており、彼女の振付は歌詞の感情や意味を表現することから始まることが多いと語っています。[51]小さな動きが完全なダンスに変わり、歌のメッセージをよりよく表現できるようになることから始まります。[51]

ファッション

1992年のソテジワアイドゥルとボーイズの登場は、現代のK-POPグループの発展への道を開いた。[52]このグループは、ラップやアメリカのヒップホップの慣習を音楽に取り入れることで、韓国の音楽シーンに革命をもたらした。[53]この西洋スタイルの採用は、ボーイバンドが着用するファッションにまで及んだ。メンバーはヒップホップの美学を採用した。[54] 「 IKnow」(韓国語:  난알아요 ; RR:  Nan Arayo )のプロモーションサイクルのソとバンドメイトの衣装には、特大のTシャツやスウェットシャツなどの活気のあるストリートウェアが含まれていました。ウインドブレーカー、ストラップ1つで着用したオーバーオール、パンツの脚を1つ丸めたオーバーオール、アメリカのスポーツチームのジャージ。要出典付属品には、後ろ向きに着用した野球帽、バケットハットドラグなどがあります[要出典]

K-POPは「ソテジワアイドゥル後のトレンドから生まれた」[54]ため、ソテジワアイドゥルとボーイズに続く多くのアクトは同じファッションスタイルを採用しました。DeuxDJDOCは、たるんだバギーパンツ、スポーツウェア、バンダナなどの流行のヒップホップファッションをパフォーマンスで着用しているのも見られます。[要出典]韓国の人気音楽が若者中心のメディアに変貌する中、1990年代半ばから後半にかけて製造された10代のアイドルグループがデビューし始め[52]、当時の若者の間で人気のあったファッショントレンドを反映したコーディネートされた衣装を着た[55] 。90年代後半に最も人気のあるスタイルと考えられていたヒップホップファッション[56]アイドルグループのHOTSechsKiesがデビュー曲のスタイルを身につけたままでした。アクセサリーを使用することで、アイドルのスタイルを日常のファッションからパフォーマンスコスチュームにまで高めました。たとえば、スキーゴーグル(頭または首に装着)、首に装着するヘッドホン、振り付けの動きを強調するために着用する特大の手袋などです。[引用が必要] HOTの1996年のヒット曲「キャンディ」は、各メンバーが指定された色を着用し、フェイスペイント、ファジーな特大のミトン、バイザー、バケットハット、イヤーマフを着用し、詰め物を使用したため、アイドルの衣装を考慮した調整のレベルを示しています。小道具としての動物、バックパック、メッセンジャーバッグ。

Two women dancing, wearing colourful, trendy clothing and with exposed midriffs
2004年に演奏するBabyVoxのメンバー

男性アイドルグループのコスチュームは、似たような配色、生地、スタイルで作られていますが、各メンバーが着ている衣装は依然として個性を保っています。[57]一方、90年代の女性アイドルグループは、多くの場合同じスタイルの均質な衣装を着ていた。[57]初期の昇進中の女性アイドルの衣装は、多くの場合、無垢で若々しいイメージを描くことに焦点を当てていました。[58] SESの1997年のデビュー作「I'mYourGirl」、そしてBabyVoxの1998年のセカンドアルバム「YaYaYa」は、フィンの白い衣装を着た女の子たち「ToMyBoyfriend」をフィーチャー。 KLピンクの女子高生の衣装を着たアイドルを示し、チャクラの「One」と「End」はヒンドゥーとアフリカのスタイルの衣装を提示しました。自然でややサッカリンのイメージを表現するために、アクセサリーは大きな弓、ポンポンの髪飾り、ヘアバンドに限定されていました。1990年代後半に女性アイドルグループが成熟し、バブルガムポップが削除されたことで、女性アイドルグループのセットは当時のファッショントレンドを追うことに焦点を当て、その多くは作品を明らかにしていました。ガールグループBabyVoxとJewelryの最新のプロモーションは、ホットパンツ、マイクロミニスカート、クロップトップ、農民のブラウス、透明な衣服、胴体上部のブラウスのこれらのトレンドを例示しています。[要出典]

K-POPが2000年代後半から西洋とアジアの文化の現代的なハイブリッドになるにつれて、[59] K-POP内のファッショントレンドは多様性と区別も反映しました。2000年代後半から2010年代初頭までのファッショントレンドは、大きく次のように分類できます。[60]

  • ストリート:個性に焦点を当てています。鮮やかな色、ミックスアンドマッチのスタイリング、グラフィックプリント、アディダスやリーボックなどのスポーツブランドが特徴です。
  • レトロ:1960年代から1980年代にかけての「郷愁」を取り戻すことを目的としています。ドットプリントと詳細なパターンが特徴です。一般的な衣料品には、デニムジャケット、ブーツカットパンツ、ワイドパンツ、ヘアバンド、スカーフ、サングラスなどがあります。
  • セクシー:女性らしさと男性らしさを強調します。サテン、レース、毛皮、革で作られた衣装を明らかにする機能。一般的な衣料品には、ミニスカート、コルセット、ネットストッキング、ハイヒール、ノースリーブのベスト、シースルーシャツなどがあります。
  • ブラック&ホワイト:モダンでシックを強調し、エレガンスとカリスマ性を象徴し、主にフォーマルウェアに適用されます。
  • 未来派:一般的にエレクトロニックやヒップホップのジャンルで着用されます。ポップなカラーアイテム、メタリックなディテール、プリントが特徴です。未来的な展望を促進します。
Four women wearing colourful, mismatched casual clothing and trendy sneakers
2NE1が「IDon'tCare 」を実行—ストリートスタイルのインスタンス
Five women with beehive hairstyles wearing matching golden sheath dresses and elbow-length gloves
「誰も」を演じるワンダーガールズ—レトロなスタイルのインスタンス
Six men wearing form-fitting black sleeveless shirts, leather pants, and combat boots. They have prominent eye makeup and each has a different gelled hairstyle.
2PMの宣伝ショット—セクシーなスタイルのインスタンス
Five men with bowl haircuts and eyeliner wearing close-fitting, shiny suits—some black with white embellishment, others white with black embellishment.
「Y」を実行するMBLAQ—白黒スタイルのインスタンス

K-POPはアジアのファッションに大きな影響を与えており、アイドルが始めたトレンドに若いオーディエンスが続いています。[61] G-Dragon [62]、ファッションデザイナーのジェレミー・スコットと繰り返し仕事をしてきたCLなど、一部のアイドルはファッションアイコンとしての地位を確立しており、彼の「ミューズ」と呼ばれています。[63] [64]

ああ教授によると、「K-POPは、男性または女性の歌手であるかどうかに関係なく、思春期の、または時には非常にかわいい表情で、薄くて背が高く、女性らしい外観を強調します。」[65]

政府の支援

韓国銀行は、1997年以降の文化的輸出の急増はK-popの世界的な人気の高まりに起因していると考えています。[66]

韓国政府は、韓国の波の結果として国の輸出部門への利益を認めました2011年には、文化製品の輸出が100米ドル増加すると、食品を含む他の消費財の輸出が412米ドル増加したと推定されました。 、衣服、化粧品、IT製品[67])、したがって、特定の取り組みに助成金を支給しています。[68] K-POPの人気を拡大するための政府のイニシアチブは、韓国文化センターの世界的な設立を担当する文化体育観光部によって主に行われています。韓国の大使館と領事館も国外でK-POPコンサートを開催しました[69]。外務省は定期的に海外のK-POPファンを韓国で毎年開催されるK-POPワールドフェスティバルに招待しています。[70]

韓国政府は、K-POPの人気から経済的利益を享受することに加えて、外交におけるK-POPの影響を利用してきました。大衆コミュニケーションの時代において、ソフトパワー(文化的および思想的権力を使用して利害関係者を説得することによって自分の目標を追求する)は、従来の外交戦略ハードパワー(直接の脅迫を通じて利害関係者から望むものを得る)よりも効果的で実用的な外交戦術と見なされています軍事的脅威および経済的制裁として)。[71] K-POPによる文化外交は、ソフトパワーの一形態です。[72]

K-POPを通じた外交における韓国政府の取り組みの例は、K-POP音楽賞の授賞式であるMnet Asian Music Awards(MAMA)です。朴槿恵(パク・グンヘ)(当時の韓国大統領)は、香港で開催され、韓国中小企業庁(SMBA)が後援した2014年のMAMAで冒頭陳述を行った。このイベントは、韓国政府が韓国の国際的な評判と政治的影響力を強化するために韓国の文化産業を支援するための意図的な努力と見なされました。[72]

文化外交のもう一つの例は、北朝鮮でのK-POPパフォーマンスです。2005年以前は、韓国のポップシンガーが北朝鮮で公演を行うことがありました。[73] 10年以上の間隔を経て、有名なミュージシャンのレッドベルベットイ・ソニチョ・ヨンピルユン・ドヒョンを含む約190人の韓国人パフォーマーが北朝鮮の平壌で上演した。 2018年3月31日と4月3日。キム・ジョンウンが聴衆の中にいました。[74]

歴史

韓国のポップミュージックの起源

韓国のポップミュージックの歴史は、アメリカの宣教師ヘンリー・アペンツェラーが学校でアメリカとイギリスのフォークソングを教え始めた1885年にさかのぼることができます。これらの歌はチャンガ韓国語:  창가 ;漢字: 唱歌)と呼ばれ、通常、韓国語の歌詞で歌われる人気のある西洋のメロディーに基づいていました。たとえば、「いとしのクレメンタイン」という曲は、沈清歌韓国語:  심청가 ;漢字: 沈淸歌)として知られるようになりました。【注1】日本統治時代1910〜1945)、チャンガの人気韓国人が音楽を通して日本の抑圧に対する感情を表現するにつれて、歌は上昇した。最も人気のある曲の1つはHuimangga韓国語:  희망가 ;漢字: 希望歌)でした。日本人は既存のチャンガコレクションを没収し、独自の歌詞本を出版しました。[75] [サードパーティのソースが必要]

K-POPは初期にはHOTに代表されていましたが、ほとんどが狂信的で派手で、感情的な面で若者の反抗的な心理を示していました。ほとんどの曲は比較的ペースが速く、リズム感が強く、ダンスに適しています。彼らは演奏するときに歌ったり踊ったりすることが多く、振り付けの都会性は人気の非常に重要な要素です。[76]最初に知られている韓国のポップアルバムはIPungjinSewol韓国語:  이풍진세월 ;漢字:  -風疹歲月;点灯)でした。 この激動の時代)、1925年のパク・チェソンとイ・リュウセクによる、日本語から翻訳されたポピュラー曲が含まれていました。韓国の作曲家が最初に書いたポップソングは 、1929年にイ・ジュンソクが歌ったナクワユス韓国語:  낙화유수 ;漢字: 落花流水;点灯。流水に落ちた花)であると考えられています。 [75] 1920年代半ば、日本の作曲家古賀正夫は、1870年代にアメリカの福音伝道者が紹介した福音音楽と韓国の伝統音楽を混ぜ合わせました。このタイプの音楽は、日本では演歌として知られるようになり、後に韓国ではトロット韓国語: 트✧트 ; RR: テウロテウ; MR:  t'ŭrot'ŭ)。[77] [78]

1940年代から1960年代:西洋文化の到来

Marilyn Monroe poses as a crowd of soldiers photograph her
マリリン・モンローが1954年に在韓米軍を楽しませた

1945年に日本の占領から解放された後、朝鮮半​​島が南北に分割された後西洋文化が韓国に小規模に導入され、いくつかの西洋スタイルのバーやクラブが西洋音楽を演奏しました。朝鮮戦争後1950〜1953年)、米軍は韓国に留まり、アメリカと世界の文化が韓国に広まり、西洋の音楽が徐々に受け入れられるようになりました。[79]ナット・キング・コールマリリン・モンロールイ・アームストロングのようなアメリカの娯楽の著名人は、アメリカ陸軍のために韓国でUSOショーを開催しました。[80]これらの訪問は韓国国民からの注目を促した。1957年、在韓米軍のラジオが放送を開始し、西洋音楽の人気を広めました。ペンタトニーが徐々にヘプタコード置き換えられ、ポピュラー曲がアメリカの曲をモデルにし始めたため、アメリカの音楽が韓国の音楽に影響を与え始めました。[81]

1960年代には、LPレコードの開発と録音技術の向上により、多様な声のトーンが追求されました。[82]米陸軍クラブで演奏するミュージシャンを募集するために、公開オーディションも開催された。朝鮮戦争後、韓国は貧困に陥っていたため、熟練した韓国の歌手は、米軍のために演奏することをお金を稼ぐための良い手段と見なしていました。多くの歌手がアメリカ軍のために、通常は専用のクラブで歌い、その数は264に増えました。彼らはカントリーミュージック、ブルース、ジャズ、ロックンロールなどのさまざまなジャンルを演奏しました。韓国経済は開花し始め、ポピュラー音楽は最初の商業ラジオ局によって広まった傾向に従いました。韓国映画また、発展し始め、韓国のミュージシャンはより多くの聴衆に演奏し始めました。[80]

ビートルマニアが韓国の海岸に到着したとき、最初の地元のロックバンドが現れました。その最初のものは、1962年に設立されたバンドであるAdd4と言われています。 [83]ソウルでのロックバンドの最初のタレントコンテストは1968年に開催されました。

一部の韓国の歌手は国際的な人気を得ました。1959年、キム・シスターズはラスベガスに行き、米国のポップマーケットでアルバムをリリースした最初の韓国人アーティストになりました。彼らの「チャーリー・ブラウン」の表紙は、ビルボードシングルチャートで7位になりました。キム・シスターズはテレビ番組やラジオ番組にも出演し、アメリカとヨーロッパでツアーを開催しました。彼らはエドサリバンショーに25回出演しました。これは、パティペイジやルイアームストロング(それぞれ18回出演)などのアメリカのスターを上回っています。[80] キム・シスターズ、ユン・ボクヒパティ・キムベトナムやアメリカなどでデビューした最初の歌手でした。キム・シスターズは、米国でアルバムをリリースした最初の韓国のグループになりました。彼らはラスベガスでも演奏しました。[84] 韓明淑 [ ko ]の1961年の歌「TheBoyinthe Yellow Shirt」は、フランスの歌手イベット・ジローによってカバーされ、日本でも人気がありました。[81]

1960年代には、シン・ジュンヒョンパールシスターズ [ ko ]、以前に米軍クラブで演奏したパティ・キムなどの韓国の芸術家が韓国の人々に手を差し伸べました。1960年代半ば、伝説的な英国のグループであるビートルズの影響により、韓国ではAdd4やKeyBoys[ko]などの「グループサウンド」が台頭 まし韓国初のロックグループであるAdd4は、1962年にシン・ジュンヒョンによって結成され、初期のビートルズを彷彿とさせる軽快なロックの形である韓国初のロックソング「The WomanintheRain」をプロデュースしました。シン・ジュンヒョンは韓国のロック音楽の発展に多大な貢献をしたため、韓国では「韓国のロックのゴッドファーザー」と見なされています。

この時期、西洋のポップミュージックや韓国のロックミュージックの台頭により、韓国ではトロットが支配的ではなくなりました。しかし、李美子のようなトロット歌手は 「 カメリアレディ韓国:  동백

1950年代から60年代にかけて、韓国では西洋のポップミュージック、韓国のロックミュージック、トロットが共存していました。[80]

1960年代後半と1970年代:ヒッピーとフォークの影響

1960年代の終わりに、韓国のポップミュージックは別の変化を遂げました。ますます多くのミュージシャンが大学生や卒業生であり、アメリカの文化やライフスタイル(1960年代のヒッピー運動を含む)に大きく影響され、戦争や日本の抑圧に影響された前任者とは異なり、気楽な音楽を作りました。[82]若い世代はアメリカのヒッピーと同じようにベトナム戦争に反対し、その結果、韓国政府はよりリベラルな歌詞の歌を禁止した。それにもかかわらず、フォークの影響を受けたポップは若者の間で人気があり、地元のテレビチャンネルMBCは1977年に大学生のための音楽コンテストを開催しました。これはいくつかの現代音楽フェスティバルの基礎でした。[85] 1950年代以降に生まれた若い世代は、米国の影響下で育ち、米国のライフスタイルを好み、長い髪、ジーンズ、アコースティックギター、フォークミュージックを通じて表現された「若者文化」を生み出しました。当時の民謡は、ギターを1、2本伴奏して歌うメロディーで構成されています。当時のフォークミュージックの大部分は、エリート大学生と一流の学校を卒業した人々によって始められました。米国の学生運動の活動家のように、彼らは権威主義政府に対してデモを行った政治化された若者の好みの音楽としてフォークミュージックに目を向けました。次に、政府は、学生の反政府運動との関連を理由にフォークミュージックを禁止しました。1970年代、朴正煕政府は、アメリカのポップミュージックと韓国のロックミュージックを性別や麻薬との関連で禁止しました。「韓国のロック音楽のゴッドファーザー」であるシン・ジュンヒョンは、マリファナのスキャンダルで1975年に投獄された。政府はまた、反日的な信任を強化するために、日本の演歌がトロットに影響を与えていることから、その「和風」(韓国語:  왜색 ;漢字: 倭色; RR: 倭色)を理由にトロット曲を禁止しました。しかし、朴大統領は実際にトロットを受け入れました。

当時の主役の一人は、アメリカで育ち、ボブ・ディランレナード・コーエンジョン・レノンの影響を受けた韓大洙でした。ハンの歌Muljomjuso韓国語:  물좀 주소 ; lit.  Give me water)は、韓国の若者の間で象徴的になりました。彼の大胆な演奏と独特の歌唱スタイルはしばしば大衆に衝撃を与え、後に彼は韓国での演奏を禁止された。ハンはニューヨークに移り、そこで音楽のキャリアを追求しましたが、1990年代に母国に戻っただけです。[85]この時代の他の注目すべき歌手には、Song Chang-sik趙英男楊姫銀[80] [検証に失敗しました]

1970年代には、DJも人気を博し始めました。[82]

1980年代:バラードの時代

1980年代には、イ・グァンジョ [ ko ]の1985年のアルバム「You'reToo Far Away to Get Close to」(韓国語:  가까이하기엔너무먼당신 ; RR:  gakkai hagien neomu meon dangsin)が販売された後、バラード歌手が台頭しました。 300,000部以上。他の人気のバラード歌手には、「バラードの王子」の愛称で呼ばれるイ・ムンセ(이문세)とピョン・ジンソブ(변진섭)が含まれていました。当時最も人気のあったバラード作曲家の1人はイ・ヨンフン(이영훈)で、その曲は2011年に光化門ヨ​​ンガ韓国語: 광화문연가 ; 点灯。 光化門ソナタ)。[86]

アジア音楽フォーラムは1980年に発足し、アジアの5か国の代表者がこのイベントに参加しました。韓国の歌手チョ・ヨンピルが1位を獲得し、香港と日本で活躍し、成功を収めました。彼のファーストアルバムChangbakkuiyeoja韓国語:  창밖의여자 ; lit.窓の外の女性)はヒットし、ニューヨークのカーネギーホールで ステージに上がった最初の韓国の歌手になりました。チョーの音楽レパートリーには、ロック、ダンス、トロット、フォークポップが含まれていました。[86]ロックバンドのエレクトリックギタリストとしてロックミュージックとの初期の関係にもかかわらず、チョーヨンピルの最初の人気は韓国と日本の両方で人気のある彼のトロットソングから来ました。たとえば、1976年には、彼のトロットソング「プサン港に戻ってください」(韓国語:  돌아와요부산항에 ; RR: ドラワヨ釜山港へ帰国)が大ヒットしました。1977年のマリファナ事件への関与による一時的な後退にもかかわらず、彼は1980年に100万の記録的な売上高に達した「窓の外の女」の歌でなんとか跳ね返った。1988年に、彼は「ソウル」を歌った。 1988年のソウルオリンピックを祝うために3つの言語(韓国語、英語、日本語)で「ソウルソウル」。[80]

1990年代:現代のK-POPの開発

Three men performing on stage with upraised arms, wearing matching neon-orange shorts and polo shirts
1990年代の人気ヒップホップトリオの1つであるDJDOC [ 87]

1990年代、韓国のポップミュージシャンは、部分的にユーロポップを取り入れほとんどがヒップホップロックジャズエレクトロニックダンスなどのアメリカのポピュラーミュージックスタイルを音楽に取り入れました。[88] 1992年、ソテジワアイドゥルの登場K-POPの歴史に革命的な瞬間をもたらしました。このトリオはMBCのタレントショーで彼らの曲「IKnow」(韓国語:  난알아요 ; RR:  Nan Arayo)でデビューし、審査員から最低の評価を得ました。[89]しかし、同じ名前の曲とアルバムは非常に成功したため、同じ形式の他の曲への道が開かれました。この曲の成功は、ニュージャックスウィングにインスパイアされたビートと印象的なコーラス、そして韓国社会の問題に対処した革新的な歌詞に起因していました。彼らの足跡は、ユ・スンジュンジンセアンソリッドドゥ1TYMドランクンタイガーなどの成功したヒップホップやR&Bアーティストの波に続いた[89]

1995年、アメリカで教育を受け、アメリカの音楽のトレンドに触れた韓国のレコードプロデューサー、イ・スマンがエンターテインメント会社SMエンターテインメントを設立した。元ソテジワアイドゥルのメンバーであるヤン・ヒョンソクは1996年にYGエンターテインメントを設立し、パク・ジンヨンは1997年に JYPエンターテインメントを設立した。

10代の若者の間でソテジワアイドゥルが絶大な人気を博したことで、韓国の音楽業界の焦点は10代を中心としたポップミュージックに移りました。若い男の子または女の子のアイドルバンドは、成長する10代の聴衆に応えるために結成されました。[89] HOTは最初のアイドルボーイバンドの1つであり、歌と踊りのスキルだけでなく、エチケット、態度、言語、メディアへの対応能力などの厳格なトレーニングを経て、1996年にデビューしました。[80] 歌「キャンディ「HOTが歌うポップミュージックは、元気で陽気なメロディーとエネルギッシュなダンスのステップを伴った、より柔らかく穏やかな形を示しました。これは、その後の多くのアイドルグループで採用された公式です。グループは大成功を収め、ファンはグループのヘアスタイルとファッションをコピーしました。商品キャンディーから香水までのグループに所属するグループも販売され、Sechs KiesSESFin.KLNRGBaby VoxDivaShinhwagodなどの若い男の子と女の子のアイドルグループが成功しました。若い世代の間で人気が出た。[80] [90]

90年代後半、タレントエージェンシーはJ-popで使用されるアイドルビジネスモデルを実装することでK-popスターの販売を開始しました[91][92] [93] [94]彼らは、身体的および言語的訓練(虐待と呼ばれることもあるプログラム)を含む広範囲で集中的なプロセスを介して訓練され、高さも選択され、平均して日本の対応者よりもはるかに背が高い。社会学のオ・インギュ教授によると、ルックスに関しては、「K-POPは、男性または女性の歌手であるかどうかに関係なく、思春期の、または時には非常にかわいい表情で、薄くて背が高く、フェミニンなルックスを強調します」。[93]時が経つにつれて、韓国系アメリカ人の芸術家は彼らの流暢さのために成功しました。[95]これらの努力は、K-POPの市場性を高めると同時に、公式政策の重要な部分となっている韓国のソフトパワーを高めています。[96]

1990年代には、違法なアンダーグラウンドミュージッククラブやCrying Nutなどのパンクロックバンドの台頭により、主流の大衆文化に対する反動運動が見られました[89] 1997年のアジア金融危機により、韓国の芸能人は新しい市場を探すようになりました。HOTは北京語のアルバムをリリースし[89]ディーバは台湾で英語のアルバムをリリースしました。[92]

21世紀:韓流の台頭

K-POPの人気の高まりは、韓流、つまり韓流一部を形成しています。他の国での韓国文化の人気です。[97] K-popは、ビルボードなどの西洋のチャートにますます登場しています。[98] [99]オンラインソーシャルメディアの開発は、韓国の音楽業界がより多くの聴衆にリーチするための重要なツールでした。[100]韓流の一部として、K-popは韓国政府によって、韓国のソフトパワーを海外、特に海外の若者に向けて投影するためのツールとして受け入れられてきました。[101] [102] 2014年8月、著名な英国のニュースマガジンThe Economist韓国のポップカルチャーを「アジアの第一人者」と呼んだ。[103]

21世紀の初めまでに、K-POP市場は低迷し、90年代に成功を収めていた初期のK-POPアイドルグループは衰退していました。HOTは2001年に解散しましたが、Sechs Kies、SES、Fin.KL、Shinhwa、godなどの他のグループは2005年までに非アクティブになりました。BoAやRainなどのソロ歌手成功収めました。しかし、2003年のデビュー後のボーイバンド東方神起の成功は、韓国のエンターテインメントへのアイドルグループの復活と韓流の一部としてのK-POPの成長を示しました。第二世代のK-POPの誕生に続いて、SS501(2005)、スーパージュニア(2005)、ビッグバン(2006)、ワンダーガールズのデビューが成功しました。(2007)、少女時代(2007)、​​ラ(2007)、シャイニー(2008)、2NE1(2009)、4Minute(2009)、T-ara(2009)、f(x)(2009)、放課後( 2009)。

21世紀初頭、K-POPアイドルはアジアの他の場所で成功を収め始めました。2002年、Baby Voxのシングル「Coincidence」(韓国語:  우연 ; RR:  uyeon)は、リリースされて宣伝された後、多くのアジア諸国で人気を博しました。韓国ワールドカップ。BoAは日本のオリコン 音楽チャートで1位に到達した最初のK-pop歌手になり[104]、その直後、Rainは北京で4万人のファンの聴衆に売り切れのコンサートを行いました。[105] 2003年、Baby Voxは、3枚目のアルバム「 Devotion」の中国のシングル「I'mStillLovingYou」で中国の音楽チャートを上回りました。、そうする最初のアイドルグループは、中国で巨大なファンベースを作成しました。彼らはまた、タイのさまざまな音楽チャートでチャートを作成しました。東方神起は、日本でのK-POPボーイバンドの台頭を示しました。2008年、彼らのシングル「パープルライン」は東方神起をBoAに次ぐ最初の外国人ボーイバンドと2番目の韓国人アーティストにしてオリコンの音楽チャートでトップになりました。

2000年代半ば以降、東アジアの音楽市場の大部分はK-popによって支配されてきました。[106] 2008年、韓国の文化的輸出(テレビドラマやコンピューターゲームを含む)は20億米ドルに増加し、年間成長率は10%を超えました。[107]その年、日本はK-POPの全輸出収入のほぼ68%を占め、中国(11.2%)と米国(2.1%)を上回った。[108]コンサートチケットの販売は儲かるビジネスであることが証明された。東方神起の日本での東方神起ライブツアーは、85万枚以上のチケットを1枚あたり平均109米ドルで販売し、合計で9,260万米ドルの収益を上げました。[109]

世界の他の場所では、このジャンルは急速に成功を収めており[110] 、特にPsyの「GangnamStyleミュージックビデオが10億回の再生回数に達した最初のYouTubeビデオであり、主流メディアで広く報道された後です。[111] [112] 2020年12月の時点で、この動画の再生回数は39億回です。[113] BoA、Wonder Girls、Girls'Generation、CLなど、エンターテインメント企業が英語市場に参入しようとして失敗した試みがいくつかあります。[114] [115] [116] BTSは2017ビルボードミュージックアワードでトップソーシャルアーティストを獲得しました2017年には、BBMAを獲得した最初のK-popグループになりました。[117] K-POPグループによる最初のAMAパフォーマンスであるアメリカンミュージックアワードでの曲「DNA」の演奏も、ビルボードホット100の67番でピークに達した。 [118]翌年、 BTSは、 Love Yourself:TearでBillboard200の1位に到達した最初のK-popグループになりました[119]

業界

エージェンシー

K-popは、音楽制作会社、イベント管理会社、音楽配信業者、その他の商品やサービスプロバイダーを含む業界全体を生み出しました。売上高と収益の面で最大の3つの企業は、SMエンターテインメントYGエンターテインメントJYPエンターテインメントであり、「ビッグスリー」と呼ばれることもあります。[120]これらのレコードレーベルは代表機関としても機能します彼らの芸術家のために。彼らは、新しいアーティストの募集、資金調達、トレーニング、マーケティング、および音楽活動と広報の管理を担当しています。現在、最大の市場シェアを持つエージェンシーはSMエンターテインメントです。[120] 2011年、スターJエンタテインメント、AMエンターテインメント、キーイーストとともに、ビッグスリー企業は共同管理会社ユナイテッドアジアマネジメントを設立しました。[121] [122] [123]

K-POPレコードレーベルの総収益(百万米ドル)

設立
レコードレーベル 2008年 2010年 2011 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020 ソース
1995年 SMエンターテインメント 42.5 87.1 129 241 268 286.9 290 314 329 551 592 521 [124]
1996年 YGエンターテインメント 16.5 51.8 70.3 96.9 116.6 156.3 170 286.4 321.5 242 228 229 [125]
1997年 JYPエンターテインメント 3.1 9.1 17.8 13.5 21.4 48.5 50.56 69.5 94 111 139 129 [126]

売上高と市場価値

2009年、DFSBKollectiveはiTunesでのK-popの最初のディストリビューターになりました[127]

2011年には韓国で1,100枚のアルバムがリリースされました。ヒップホップのジャンルが最も多く、アルバム全体の3分の2を占めていました。[128]アルバムの3分の1は、ロック、モダンフォーク、クロスオーバーなど、他のさまざまなジャンルのものでした。[128]

2012年、韓国でK-popの曲を入手するための平均コストは、1回のダウンロードで0.10米ドル、オンラインでストリーミングした場合は0.002米ドルでした。[129]ビルボードによると、2012年上半期、韓国の音楽産業は34億米ドル近く(前年比27.8%増)の収益を上げ、タイム誌によって「韓国最大の輸出」として認められました。[130] [131]

韓国の音楽業界の売上高が21億増加したことについては、以下の表を参照してください。2014年から2018年まで。[132]

2014年から2018年までの韓国の音楽産業の売上高(10億米ドル)
2014年 4.1
2015年 4.5
2016年 4.75
2017年 5.2
2018年 5.5
株式市場の概要(5年間)(年の初めの概要)レコードレーベル(KRW)
レコードレーベル 2017年 2018年 2019年 2020 2021年 ソース
SMエンターテインメント 26,000ウォン 33,700ウォン 52,200ウォン 37,200ウォン 29,900ウォン [133]
JYPエンターテインメント 4,880ウォン 13,350ウォン 30,250ウォン 24,200ウォン 37,800ウォン [134]
YGエンターテインメント 28,400ウォン 27,600ウォン 48,900ウォン 28,400ウォン 45,100ウォン [135]

チャートを記録する

韓国のレコードチャートには、GaonDigitalChartBillboardK - popHot100が含まれます。いくつかのK-popレコードは、日本のオリコンアルバムチャートと米国 のビルボードホット100に登場しています。

2009年、歌手のファンボはシングルR2songをリリースしたときに短期間ヨーロッパの音楽業界に参入し、世界最大のダンスミュージックサイトJunoDowloadで1位になり、イギリス、ヨーロッパ、韓国で成功を収めました。それを達成した最初のアジアの芸術家になります。

2014年5月、Exoは2NE1続く3番目のK-POPアクトとなり、その年にビルボード200に登場しました。少女時代ワンダーガールズは、ビルボード200でチャートを作成した最初のK-POPアクトでした。[136]

2016年10月、防弾少年団のアルバムWingsは、英国のアルバムチャートでチャートを作成した最初の韓国のアルバムになり、#62 [137]に達し、ビルボード200で最も人気があり最も売れているK-popアルバムになりました[138] 2017年2月、防弾少年団は4枚目のアルバムYou Never Walk Aloneをビルボード200の#61に上陸させました。[139] 2017年9月、防弾少年団は新しいアルバムLove Yourself:HerでUKアルバムチャートの#14に上陸しました。 。[140] Love Yourself:Tearは、135,000枚のアルバム相当単位でUSBillboard200のナンバーワンでデビューしました(10万枚の純粋なアルバムの売り上げを含む)、BTSの米国で最高のチャートと最初のナンバーワンのアルバム、米国のアルバムチャートでトップの最初のK-popアルバム、そしてアジアの行為による最高のチャートのアルバムになりました。[141]「FakeLove」は同じ週にBillboardHot100の10位でピークに達し、チャートでバンドの最も到達度の高い曲になり、トップ10の最初の曲になりました。全体として、英語以外の曲は20曲だけがトップ10に到達し、「FakeLove」はK-Popグループの最初の曲です。シングルはビルボードストリーミングソングで7位でデビューしました5月24日までの週に2,740万のストリームを獲得したチャートで、BTSはチャートの最初のトップ10になり、「Fake Love」は、Psyの「二日酔い」の偉業以来最初のK-pop曲でトップ10にランクインしました。2014年にSnoopDogg。2020年8月、彼らの曲「Dynamite 」は最初の週にBillboard Hot 100を上回り、米国でグループ初のナンバーワンシングルとなり、4番目のトップ10エントリーになりました。防弾少年団は、Hot 100の歴史上、ナンバーワンでデビューした最初のK-POPアクトになりました。[142]

2018年6月、YGエンターテインメントのガールグループBlackpinkは、Billboard200アルバムチャートのトップ50に入る最初のK-popガールグループになりました。彼らの最初のミニアルバムSQUAREUPは40位でデビューしました。彼らのタイトル曲「DduDuDduDu」は、Billboard Hot 100チャートの55位でチャート化され、最高のチャート曲であり、 K-POPガールグループ。[143]それ以来、彼らはビルボードホット100の#13でピークに達する アイスクリームで彼ら自身の記録を破りました。

研修生制度

現代のK-POPの慣例により、研修生はデビュー前に不確定な時間、厳格なトレーニングシステムを通過します。この方法は、SMエンターテインメントの創設者である李秀満[144]によって、「文化技術」という概念の一部として普及しました。[145] ヴァージは、これを芸術家管理の「極端な」システムとして説明した。[146]ユニバーサルミュージックの東南アジア支部のCEOによると、韓国のアイドル研修生制度は世界でもユニークです。[147]

研修期間は何年にもわたって続く可能性があり、かなりの量の投資機関が研修生に向けて投資しているため、業界は新しいアーティストの立ち上げに非常に真剣に取り組んでいます。研修生はオーディションやスカウトで代理店に入ることができ、採用されると、デビューの準備中に宿泊施設とクラス(通常は歌、踊り、ラップ、マンダリン、英語、日本語などの外国語)が与えられます。若い研修生は時々同時に学校に通います。研修生になるための年齢制限はなく、研修生として過ごすことができる期間にも制限はありません。[148] [149] [150]

テレビ

11人のメンバーの一時的なガールグループIOIは、リアリティテレビ番組のプロデュース101を通じて集められました。[151]

韓国の音楽業界は、スーパースターKK-POPスターなどのタレント番組、スペシャリストラップコンペティションShow Me theMoneyとその女性のカウンターパートであるUnprettyRapstarそして一般的に研修生をピットインする多くの「サバイバル」番組など、関連するリアリティ番組を数多く生み出しています。新しいアイドルグループを形成するためにお互いに対して。サバイバルショーの例としては、ボーイグループVIXXを結成したJellyfishEntertainmentMyDOLがあります。[152] [153] YGエンターテインメントWIN:Who Is Nextは、ボーイグループの勝者を形成しました。 iKonを形成したMIX&MATCH ; ガールズグループTwiceを結成したJYPエンターテインメント16ボーイグループMonstaXを結成したスターシップエンターテインメントNo.Mercyボーイバンドペンタゴンを結成したキューブエンターテインメントペンタゴンメーカーMnetプロデュース101は、ガールグループIOIIz * One、ボーイグループWanna OneX1(バンド)を形成しました。[154] [155] [156] ガールグループMomolandを結成したDubleKickEntertainmentFindingMomoLand ; ガールグループFromis9を結成したMnetアイドルスクールEnhypenを形成したBeliftLabのI-Land ; そして最近では、MBCのMy Teenage Girlが、ガールグループClassyを結成しました。これらのショーの増加は、多くの場合、大規模な機関が小規模な機関の研修生をプロジェクトグループに契約し、収益の大部分を占めることを伴い、前者が業界を独占していることに対する批判につながっています。[157] [158]

業界慣行に対する批判

腐敗

2002年、タイム誌は、ファン・ヨンウやキム・ジョンジンなどの韓国のテレビプロデューサーが、「システムの腐敗」に取り組むために「意欲的な歌手やミュージシャンにテレビ出演を保証するテーブルの下での支払いを受け入れた」として逮捕されたと報じた。韓国の音楽ビジネスで」調査した企業には、SidusHQSMエンターテインメントが含まれていました。[90]

搾取と劣悪な生活条件

K-POPの管理会社は、 BBCのレポートで「奴隷契約と記載されている、過労や制限的な契約によるアイドルの搾取についても批判されています。[159]ハリウッド・リポーターによると、「韓国のエンターテインメント事業は即興で規制されていないことで有名です。需要の高いK-POPスター(多くは10代の「アイドル」)は、睡眠なしでリハーサルとパフォーマンスを行うことが知られています。」[160]

2009年7月、SMエンターテインメントは東方神起スーパージュニアのメンバーによって法廷に持ち込まれました。彼らは彼らの労働条件が健康への悪影響につながったと主張しました。[161] [162]東方神起訴訟の裁判所の判決により、SMエンターテインメントとの契約は無効であると判断され、その結果、公正取引委員会は業界の状況を規制する契約テンプレートをリリースしました。[159]

2014年、韓国は音楽業界を規制する法律を可決し、19歳未満のアイドルを不健康な労働慣行や露骨に性的なパフォーマンスから保護し[163]、「学び、休息し、眠る基本的権利」を保証しました。[160]これらの規制に従わない場合、10,000米ドル相当の罰金が科せられる可能性があります。[160]

SMエンターテインメントのキム・ヨンミンCEOなどの業界専門家は、システム内で訓練を受けた個人は「大学入学試験のために放課後プログラムに行く典型的な中学生や高校生と何ら変わりはない」と主張して、システムを擁護している。キム氏はまた、「施設、設備、衣装、そして実質的に研修生が必要とするすべてのもの」を含む、研修生期間中に会社が負担した費用を考慮する必要があると主張した。[164]

2017年3月7日、韓国公正取引委員会(KFTC)は、研修生のアイドルを不公正な条件や労働条件から保護するために新しい規則を可決しました。これらの規制以前は、8つのアイドルエージェンシーの研修生アイドルは、トレーニング中に他のエージェンシーに契約を求めることは許可されていませんでした。さらに、代理店は、理由を問わず、いつでも研修生の契約を終了することができました。公正取引委員会は、これらの変更により、「研修生と代理店の間で、エンターテインメント業界内でより公正な契約文化がもたらされる」と信じていると述べています。文化省は、2018年を通じてこれらの規制をすべての既存の機関に適用しました。[165]

これらの規制に関してアイドルエージェンシーが提起した懸念のいくつかには、あるエージェンシーの研修生が別のエージェンシーに潜入して他のエージェンシーとのトレーニングを受けるリスクが含まれます。これは、アイドルエージェンシーが新しいアイドルを訓練する際に取らなければならないさらなるリスクをもたらします。研修生は平均3年間トレーニングを行い、この期間中、代理店はさまざまな研修プログラムでこれらの研修生をサポートします。その結果、各研修生は代理店にとって非常に大きな投資になります。[166]

性化と性的搾取

業界は、男性と女性の両方のアイドルの性化について批判されており、特に未成年者の性化が懸念されています。[167]韓国のポップカルチャーブログTheGrandNarrativeのJamesTurnbullなどの批評家は、若い女性アイドルは特に露出度の高い服を着たり挑発的に踊ったりするプレッシャーに敏感であると主張しています。[167] しかし、西洋のポピュラー音楽と比較して、K-popはセックス、麻薬、または攻撃的な行動がほとんどなく、はるかに親に優しいブランドを持っています。[168]

メンタルヘルス

一部のK-POPアーティストは、エンターテイナーとしての仕事の不確実性とプレッシャーがメンタルヘルスに悪影響を与える可能性があることを示唆しています。ブロックBのミュージシャン、パク・キョンよると、「まだ自己意識を持たずにデビューした人が多く、後になって、すべての動きや言葉が守られていることに気づき、用心深く自由を失う」とのこと。[169]聯合ニュースのインタビューで、防弾少年団は自分のメンタルヘルスについて語り、「不安と孤独は一生私にあるようだ…感情は状況や瞬間によって大きく異なるので、苦しむと思う一瞬一瞬が人生です。」[169]著名なK-POPミュージシャンの自殺は、業界の圧力に注目を集めています。[170] 1996年、ソ・ジウォン [ ko ]としても知られる歌手のチャールズ・パークは、セカンドアルバムがリリースされる前に19歳で自殺した。[170] [171] 以前はうつ病の病歴についてオープンだったキム・ジョンヒョンも、2017年12月に自殺した。[170] 2018年の春、多くの著名な韓国のミュージシャンが無料のコンサートシリーズに参加した。自殺予防の意識を高める。[169] 2019年、明らかな自殺でSulliが死亡し、続いてGooHaraが死亡した。、ネットいじめにさらされた両方の人は、改革の呼びかけに追加されました。[172] [173] [174]

文化

K-POPアーティストはしばしばアイドルまたはアイドルグループと呼ばれます。[175]グループには通常、リーダーがいます。リーダーは、多くの場合、最年長または最も経験豊富なメンバーであり、グループの代弁者です。最年少のグループメンバーはmaknae韓国語:  막내 ; RR:  mannnae)と呼ばれます。[176]日本でこの用語が広く使われているのは、2007年に日本で活動を拡大した少年グループSS501の影響を受けた。その日本語訳のman'ne(マンネは、グループの最年少メンバーであるキム・ヒョンジュンの名前によく使われた。同じような名前とつづりのリーダーであるキム・ヒョンジュンと彼を区別するために[177]

業界固有の表現

韓国語 ローマ字化 意味
대상
漢字大賞
デサン 音楽賞では、芸術家は優れた音楽の成果に対してボンサンを受け取ることがあります。その後、ボンサンの受賞者の1人に、デサン「大賞」が授与されます。[178]
본상
漢字本賞
ボンサン
オールキル(AK) チャートの位置を参照します。インスティズオールキル(「AK」)は、個々の曲が韓国の主要な音楽チャートすべてを同時にスイープし、リアルタイムチャートで最初に配置されるときに発生します。[179] [180] [信頼できない情報源?]
認定オールキル(CAK) Instiz認定のオールキルは、曲がリアルタイムと毎日の両方ですべてのチャートを上回り、Instizリアルタイムチャートの最初にあるときに発生します。[要出典]
パーフェクトオールキル(PAK) インスティズパーフェクトオールキルは、個々の曲が認定されたオールキルを持ち、同時にインスティズウィークリーチャートで最初に配置されたときに発生します。[要出典]
ミニアルバム EPとほぼ同等で、複数のトラックが含まれていますが、フルアルバムよりも短くなっています。[181] [信頼できない情報源?]
タイトルトラック 「シングル」に相当するタイトルトラックは、ミュージックビデオでリリースされ、テレビ放映された音楽番組でのライブパフォーマンスを通じて宣伝されたアルバムのメイントラックです。[181] [信頼できない情報源?]
プレリリースシングル 「リードシングル」に相当するプレリリースシングルは、実際のアルバムリリースの前にリリースされたアルバムのトラックです。ミュージックビデオや、放映された音楽番組でのライブパフォーマンスがある場合とない場合があります。[要出典]
昇進 タイトルトラックがリリースされたときに行われます。アーティストはテレビの音楽番組やインタビューに出演します。テレビ番組でのプロモーションは通常1か月続き、新人向けの「デビューステージ」、常連向けの「カムバックステージ」、サイクルの最後の「さようならステージ」があります。[181] [信頼できない情報源?]
戻ってくる アーティストの新しい音楽のリリースと、それに伴うプロモーション活動を指します。これには通常、テレビのパフォーマンスやテレビ番組への参加が含まれます。[43]
シングルアルバム アルバムのように宣伝されるシングルは、通常、マキシシングルと同じコンテンツを持っています。[要出典]
デジタルシングル プロモーションシングル[要出典]

アピールとファンベース

Big Bangファン(VIP)は、コンサート中に冠状のライトスティックを保持します。これはファンクラブのシンボルです。

すべてのK-popファンが若い女性というわけではありません。[182] 2018年、Metroマガジンは、さまざまな国籍の男性の成人K-popファンにインタビューしました。彼らは、男性のポップグループをフォローし、ファンダムの一員であることが、自分自身と男性性の概念をよりよく理解するのにどのように役立ったかについて話しました。[183]

多くのファンがツアーでアイドルを見るために海外に旅行し、観光客は一般的に日本と中国から韓国を訪れてK-popコンサートを見ます。[184]日本のK-popツアーグループは、2012年に7,000人以上のファンがソウルに飛んでボーイバンドJYJに会いました[185]。2011年にバルセロナで開催されたJYJのコンサートでは、世界の多くの地域のファンが一晩キャンプして獲得しました。入口。[186]韓国文化情報院が実施した2011年の調査によると、韓流ファンクラブには300万人以上のアクティブメンバーがいた。[187]

ウォールストリートジャーナルの記事によると、K-POPの将来の持続力は、オンライン活動が「マイクロビジネス」に進化したファンによって形作られるでしょう。[188] K-POPグループは通常、総称で、時には色が割り当てられた専用のファンクラブを持っています[189] [190]。これに商品をリリースします。たとえば、東方神起のファンは「カシオペア」と呼ばれ、公式の色は「パールレッド」です。より人気のあるグループのいくつかは、コンサートで使用するためにパーソナライズされたライトスティックを持っています。たとえば、BigBangのファンは黄色い王冠の形をしたライトスティックを持っています。[191]

韓国のボーイバンドExoの米花輪

ファンクラブは、アイドルを支援するためにチャリティーイベントに参加し、支援を示すために「ファンライス」のバッグを購入することがあります。お米袋は困っている人に寄付されます。[192]タイムによれば、ビッグバンのショーの1つとして、世界中の50のファンクラブから12.7トンの米が寄付されました。韓国には農家から会場への米の出荷を専門とする企業があります。[193]ファンクラブが彼らの献身を示すもう一つの方法は、彼らのスケジュールの間に偶像に昼食を送ることであり、韓国にはこの目的のために特別にケータリング会社があります。[194]

K-POPファンダムのユニークな特徴は「ファンチャント」です。アイドルグループが新曲をリリースすると、通常はグループメンバーの名前で構成されるチャントが、曲の非歌唱部分でライブコンサートの聴衆によって演奏されます。[181]

執着

一部のアイドルやアイドルグループは、ストーカー行為や侵襲的な行動にふける熱狂的なファンからの問題に直面しています。これらのファンは、「私生活」を意味する韓国語から、アイドルやアイドルグループのメンバーのプライバシーを侵害することを暗示するサセンファン韓国語:  사생팬 ;漢字: 私生- ; RR: サセンペン)として知られています。 。アイドルの注目を集めようとしているファンからの極端な行動の報告があります。[195]韓国の公務員は、これを独特であるが深刻な懸念として認識している。[196]

一部のアイドルは、反発を受けたサセンファンに対して怒って反応しました。JYJのメンバー、スーパージュニアメンバーのキム・ヒチョルチャン・グンソクを含む。[195] [197] [198]

この問題に対応して、2016年2月に韓国で導入された新法では、ストーカー行為に対する罰則が約17,000米ドルに引き上げられ、2年の懲役が科せられる可能性がありました。[199]

イベント

国際ツアー

コンベンションや音楽祭

ソーシャルメディア

YouTubeTwitterFacebookなどのソーシャルメディアサイトを使用すると、K-popアーティストは世界中の視聴者にリーチし、ファンと簡単にコミュニケーションをとることができます。[200]ソーシャルメディアによって2009年から2014年にかけて世界のオンライン音楽市場の収益が19%増加したため、世界中の音楽消費者がK-popにさらされる可能性が高くなっています。[201]K-POPアイドルグループは、ダンスやファッションなどの視覚的要素がパフォーマンスの重要な要素であるため、YouTubeなどのビデオベースのソーシャルメディアの恩恵を受けています。YouTubeでの「K-pop」の検索数は2004年から2014年にかけて33倍に増加しました。ソーシャルメディア広告を通じて、韓国のエンターテインメント企業は文化的ギャップを狭め、K-popが世界市場に参入して海外の消費者に認知されるようにしました。 。K-POPの輸出は2007年から2011年の間に1390万ドルから2億400万ドルに劇的に増加した。[201]ソーシャルメディアはまた、K-POP音楽の消費パターンを変えます。デジタル時代以前は、人々は個人ベースで音楽製品を購入して消費していました。現在、消費者は音楽製品の共有やお気に入りのアーティストの宣伝に積極的に参加しています。これはK-popにとって有利です。

YouTube

2012年12月に「江南スタイル」のミュージックビデオがYouTubeで10億回以上再生された最初の動画となったPsy [ 202]

K-POPが韓国以外に業界を広め始めて以来、K-POPアーティストはYouTubeで注目に値する記録を打ち立てました。2011年の世界のK-popYouTube視聴回数22億8000万回のうち、2億4000万回は米国からのもので、2010年の2倍以上(9400万回)です。[要出典] 2011年12月、K-popは、YouTubeでホームページを取得した最初の国別の音楽ジャンルになりました。[200] 2012年12月、Psyの「江南スタイル」のミュージックビデオは、10億回再生された最初のYouTube動画になりました。[203] 2016年、TWICEの曲「TT」のミュージックビデオは、 4億回以上のYouTube視聴回数を記録した韓国の女性俳優による最初のビデオになりました[204]2019年1月21日、ガールグループBlackpinkの「Ddu-Du-Ddu-Du」のミュージックビデオは、YouTubeで最も視聴されたK-popグループのミュージックビデオになりました。[205] 2019年4月12日、BTSの「Boywith Luv 」のミュージックビデオは、最初の24時間で最も視聴されたオンラインミュージックビデオの記録を樹立し、7,400万回以上の視聴を獲得しました。[206]

ツイッター

Twitterは、K-POPスターがつながりやプロモーションを獲得するための重要なソーシャルメディアプラットフォームでもあります。[207]バイラルソング「江南スタイル」は、著名なツイッターユーザーの言及から人気を博した。[207] BTSのプロデューサーであるBangSiHyukは、ファンベースの急速な成長をTwitterなどのソーシャルメディアに部分的に起因させました。[208] 2017年11月13日、BTSは、Twitterで1,000万人のフォロワーに到達した最初の韓国の行為となりました。[209] [210] 2017年、BTSは米国と世界の両方で最もツイートされたアーティストでした。セブンティーンモンスタXなどの他のK-POPグループ、世界のトップ10にも登場しました。韓国のボーイバンドであるExoは、2017年にTwitterに参加した最も人気のある有名人でした。[211] 2017、2018、2019 Billboard Music Awardsで、BTSはファンによるTwitterの投票に基づいてトップソーシャルメディアアーティストの賞を受賞しました。[212] [213] [214] TwitterKoreaのCEOであるSinChangSeobによると、K-popアーティストによるTwitterの使用は、韓国人の間でTwitterの人気を高めています。[215]

フェイスブック

多くの韓国のエンターテインメント企業は、ソーシャルメディアプラットフォーム、特にFacebookを使用して、グローバルオーディションを宣伝および伝達しています。[200] K-popグループは、Facebookページを使用して、音楽やその他のコンテンツを多数のファンに宣伝しています。[216] K-popファンは、Facebookを使用して、献身を表現し、K-popコミュニティの他のメンバーとコミュニケーションを取り、K-popコンテンツを消費します。[217]

チクタク

複数のエンターテインメント企業がTikTokを使用して、アーティストの音楽を売り込み、宣伝しています。多くのK-pop曲がTikTokで話題になり、一部のK-popアーティストとそのレーベルはコラボレーションの可能性について連絡を受けました。ラッパーのジコによる「AnySong」ダンスチャレンジは、2か月足らずで4億回再生され、そのサウンドをフィーチャーした約83万本の動画がアップロードされました。[218]

人気と影響

東アジア

日本

1990年代後半に韓国と日本の間の交換と貿易に課された第二次世界大戦時代の制限が解除された後、初代ガールグループSESは1998年後半に日本でデビューした最初の韓国人アーティストになり、1999年に彼らのファーストアルバムリーチアウトになりました。若いKポップスターのBoAは、韓国でのデビュー前に日本語のトレーニングを受けていました。2002年に日本でデビューしたとき、彼女の韓国のアイデンティティは不可欠でした。彼女の音楽スタイルと流暢な日本語により、彼女はJ-popの一部と見なされるようになりました。[219] 2002年にリリースされたBoAのデビューアルバム「ListentoMyHeart」は、韓国の歌手が日本のオリコンチャートのトップにデビューし、日本でRIAJ認定の「ミリオンセラー」になった最初のアルバムでした。[220]彼女の日本のデビュー以来、BoAはいくつかのアルバムをリリースし、それらのすべてがオリコンチャートを上回っています。[221]

BoAの日本でのデビューに成功した後、K-POPグループの東方神起(동방신기、日本​​では東方神起)は、BoAと同様の手順で2005年に日本でデビューしました。東方神起は彼らが韓国人であることを宣伝せず、彼らのバラードスタイルの曲はJ-popの典型的なサウンドによく合います。日本でリリースされた東方神起のファーストアルバムとセカンドアルバムはマイナーな成功であり、オリコンチャートでそれぞれ25と10でピークに達しました。[222] [循環参照]しかし、2008年1月16日、東方神起は16枚目の日本のシングル「パープルライン」でオリコンチャートのトップに到達しました。これは彼らを日本でナンバーワンのシングルを持った最初の韓国の男性グループにしました。[223] [224]それ以来、彼らはカムバックで目覚ましい成功を収めています。2018年には、120万人を超える人々をコンサートに集め、伝説的な日本のバンドB'zを打ち負かしました。[225]韓流の開始以来、日本市場ではSS501[226] SHINee[227] Super Junior[228] Big Bang[229] KARA andGirls 'などの韓国のポップアクトが流入しています。世代[230] 2011年、日本でのK-popアーティストの総売上高は2010年から2011年の間に22.3%増加したと報告された。一部の韓国人アーティストは、日本で今年最も売れたアーティストのトップ10に入っていました。[231]

2019年現在、 ExoBTSGot7SeventeeniKonGFriendAstroPentagonTwiceMonsta XFT IslandNCT 127Blackpinkなど、他のいくつかのK-popグループが日本市場でデビューしています。[232] [信頼できない情報源?]これらのグループの多くは、最近の韓国語リリースの日本語バージョンでデビューし、その後、オリジナルの日本語曲をリリースします。NCT 127、Twice、Pentagonなどの多くのグループには、日本でオーディションを受けて韓国に連れてこられた、またはK-pop歌手になるために韓国に来た日本人メンバーも含まれています。

韓国と日本の間の緊張は依然として残っており、韓国の大衆文化の輸入は、「反韓流」の形で、さまざまな形の抵抗に直面している。約500人の参加者がいる韓流に反対する1つのデモが、日本のフジテレビで12万人以上のインターネット視聴者に放送されました。しかし、国家ブランド委員会の議長は、この抵抗を「韓流がいかに成功したか」の証拠として引用している。[233]韓流はまた、K-POPスターになるために韓国に行く若い日本人の増加によって示されるように、日本人の夢と目標に影響を与えました。[234]

中国

後にK-POPガールグループSunnyDaysのメンバーとなった中国の歌手ZhangBiChenは、2012年のK-POPワールドフェスティバルで演奏します。

1990年代には、 HOTSechs Kiesなどのグループを通じて中国でK-POPが台頭し、韓国のエンターテインメント業界への中国の投資が活発化しました。それ以来、K-POPアーティストは中国でかなりの成功を収めています。2005年、Rainは北京で40,000人が参加するコンサートを開催しました。[105] 2010年、ワンダーガールズは第5回チャイナモバイルワイヤレスミュージックアワードで、500万回のデジタルダウンロードで外国人アーティストの最高のデジタル売上高賞を受賞しました。[235]ごく最近、中国は韓国の娯楽産業の最大の輸出市場となった。[236] SMエンターテインメントの12%の2015年の売上高は中国に向けられ、この数は2016年半ばまでに14.4%に上昇しました。[237]中国は、K-popが有益な投資であることを発見しました。[238]韓国経済研究所のコミュニケーションディレクター、ジェナ・ギブソンによると、あるシャンプーブランドの売り上げは、スーパージュニアが中国のリアリティ番組で承認した後、630%増加しました。[238] K-popの人気により、中国のeコマース企業Alibabaは、オンライン音楽業界への拡大を支援するために、2016年に約3,000万ドル相当のSMエンターテインメントの株式を購入しました。[239] Legend Capital Chinaは、BTSのレーベルBigHitEntertainmentにも投資しています。[238]2017年の初めの時点で、中国は韓国の主要なエンターテインメント企業の総売上高の約8〜20%を占めています。[237]中国のエンターテインメント企業も業界への出資を主張しており、EXIDT-araなどのグループを部分的に監督したり、 UniqWJSNなどの中国と韓国のメンバーを含むグループを代表したりしています[238]

K-POPグループに中国人のメンバーがいることは、韓国のエンターテインメント企業がK-POPを中国でより市場性があり魅力的なものにする1つの方法です。その他の戦略としては、韓国のメンバーに中国語の名前を付ける、中国語で曲やアルバム全体をリリースする、SMエンターテインメントのExo-MSuperJunior - Mなどの北京語を主に話すメンバーでサブグループを作成するなどがあります。クアンナンレコードとCCR。[240]

K-POP業界のアイドルの制作方法は、中国のエンターテインメント企業の慣行に影響を与えています。これらの中国企業は、中国のエンターテイナーがグローバルに競争力を高めることができるように、K-POPアイドルの成功を独自のスターで再現することを目指しています。これを達成するために、中国のエンターテインメント企業はK-pop業界の専門家を採用し、これらのインサイダーの一部は、市場の需要に対するK-popの影響力の高まりを利用するために、中国の音楽業界に積極的に参入し始めました。中国のリアリティ番組であるアイドルプロデューサーは、K-POPが中国のエンターテインメントシーンに与える影響をさらに強調しています。韓国のプロデュース101を忠実に反映しています。[238]

Yeouidoでのファンサイン会でのGot7の香港歌手ジャクソン・ワン

Super Junior-Mの韓庚やExo-Mのクリスルハンタオなど、多くの中国のK-POPアイドルが、中国でのソロキャリアを追求するためにそれぞれのK-POPグループを去りました。しかし、最近、韓国のエンターテインメント企業は、中国のK-popアイドルが中国でソロ作品を追求する際の自由度を高めています。[238] たとえば、 Got7ジャクソンワンは中国で彼自身の曲のいくつかをリリースし、2017年に中国の音楽チャートでナンバーワンに達しました。[241]

さらに、K-popの台頭により、韓国の中国人観光客の数が増加しました。国際団体連合によると、2016年には2015年よりも380万人多くの中国人が韓国を旅行しました[242] K-popはまた、中国の若者に韓国の文化を「かっこいい」と感じさせ[243]、K-popは韓国と中国の間の理解を深めるのに役立った。[244]

北朝鮮

北朝鮮の伝統的に厳格な孤立主義にもかかわらず、K-popは北朝鮮の聴衆に到達することに成功しました。韓国の娯楽の消費は北朝鮮での死によって罰せられるが[245]、過去数十年にわたる技術の世界的な台頭と地下密輸ネットワークの実施により、それはますます利用可能になっている。[246] K-popとK- dramasを含む人気のあるフラッシュドライブ技術は、そのようなコンテンツで焼かれたDVDの使用によって先行されました。北朝鮮の法執行機関は、DVDからメディアを消費している人々を捕まえる方法を考え出したため、K-popやK-dramasにアクセスした人はほとんどいませんでした。[247]多くの北朝鮮人はリスクが大きすぎると考えていたので、フラッシュドライブメディアタイプが普及するまで、K-POP番組を見ることが一般家庭に打撃を与えませんでした。ますます洗練された密輸ネットワークを利用して、K-popとK-dramasを含む数千のUSBドライブとSDカードが、ケアパッケージと闇市場を通じて配布および販売されています。[248]一部の韓国の人道主義者は、メディアをよりアクセスしやすくするために、これらのフラッシュドライブを搭載したドローンと気球も配備しました。[249]実際、USBドライブとSDカードへのアクセスは、主に技術の進歩により、2010年から2014年にかけて26%から81%に指数関数的に増加し、その大部分は韓国の音楽とドラマを含んでいます。[250]技術機能の拡大により、北朝鮮のより多くの聴衆がフラッシュドライブにアクセスできるようになりました。以前は50ドル以上の費用がかかっていたフラッシュドライブが、今では10ドル未満で購入できるようになり、より手頃な価格で北朝鮮への発送が容易になりました。[247]これらのUSBドライブとSDカードのコンテンツは、デバイスを小型のポータブルメディアプレーヤーであるNotelに接続することで表示されます。[248]この慣行はもともと禁止された本と単純なラジオから始まったが、今では韓流の文化的現象に続いて韓国のメディアに対する需要がさらに高まっている

フラッシュドライブから禁止されたメディアから離れることを選択する国境近くの人々は、しばしばそれを逃れることができません。1950年代以来、両国はDMZ全体で独自のプロパガンダを爆発させてきました。北朝鮮は反南プロパガンダを放送し、韓国は韓国と世界のニュース、そしてK-popを放送しています。[249]2004年、両国は放送を終了することに合意した。2015年の事件後、韓国は、北朝鮮が水素爆弾をテストして以来放送を続けた後、2016年と同様に4日間反北朝鮮ニュースの放送を再開した。2018年4月、北朝鮮の金正恩首相と南の文在寅首相との会談の準備と敬意を表して、韓国のスピーカーは放送を中止した。これらの11個のスピーカーは、北朝鮮の領土まで6マイル(10 km)まで聞こえます。これにより、放送は国境近くに留まる可能性のある脱北者に影響を与えるだけでなく、北朝鮮の兵士が逃げることができない厄介な宣伝を作成することができます。[249]

K-POPと韓国のメディアの普及は、北朝鮮の現実を市民に提示する上で極めて重要でした。韓国のメディアは、韓国の基本的な生活条件を詳しく説明し、外国のイデオロギーを紹介することで、北朝鮮内外の生活条件の格差について、市民とエリートの両方に市民の不安を引き起こしました。[248]亡命者は、2012年に逃亡したとき、フラッシュドライブとそれらを使用する技術のコストが非常に高かったため、裕福な家族だけが韓国のメディアを消費したと説明しています。ほとんどの若者はドライブを買う余裕がなかったため、2012年以前の韓国メディアのほとんどの消費者は、より伝統的な行動のためにK-popよりもK-dramasを好む中年のエリートでした。[251]現在、北朝鮮人の約70%が自宅で外国メディアを消費しているため、韓国メディアに対する現在の高い需要は高まり続けており[248]、これは今日の韓国メディアの若者の支持率が高いことを示しています。統一研究院のある研究者は、韓国に入る前に外国のメディアを見たり聞いたりしたことのない脱北者に会ったことは一度もないと主張している。それでも専門家は、メディアのために文化的な蜂起が起こることを警戒し続けています。韓国のメディアを消費することは、楽しみや教育など、北朝鮮人にとって多くの目的を果たしますが、K-POPやK-ドラマを通じて経験した文化のために、全体主義体制を根絶することを検討している人はほとんどいません。[252]

北朝鮮の指導者である金正恩でさえ、K-POP音楽が好きだということを示しています。2018年、キムは、歌手のチョー・ヨンピルや人気のガールバンド、レッドベルベットなどの韓国のパフォーマーをフィーチャーした平壌での2時間のコンサートに参加した後、「感動した」と述べた[253]この歴史的なコンサートは、北朝鮮の指導者が平壌で出席した韓国の芸術家による最初の公演である。1500人以上の韓国人アーティストをフィーチャーしたコンサート。1500人の北朝鮮のエリートが参加した[254]。また、北と南の間の関係の拡大を示しています。北朝鮮の伝統主義者から、出演者の曲のラインナップ、歌詞、ダンスの動きの変更を求められることはありませんでした。このK-POPのジャンルとその内容の受け入れは、金正恩の歴史的に厳しい外国メディアに対する政策とはまったく対照的です。翌週、韓国のアーティストも北朝鮮の著名なアーティストと共演しました。両方の公演の録音は韓国人に公開されましたが、北朝鮮の一般公開についての報告はありません。[255]金正恩はこれまでのすべての出来事にもかかわらず、2021年以来、K-POPを「悪質なガン」と呼び、北朝鮮社会への脅威と見なすことで、K-POPに対する姿勢を変えてきた。[256]

台湾

同様の過去を共有したにもかかわらず、台湾人は、韓国が中国本土との外交関係を追求するために台湾との外交関係を断ち切った1992年以降、韓国に対して前向きな感情を抱いていませんでした。韓流の文化的分散が台湾人の間で韓国のイメージの再構築に貢献したので、これは2000年代の初めに変わりました。この変化は、外交の崩壊後、両国間の親善を促進することを望んでいた韓国政府によって部分的に促されました。現在、多くの台湾人は、韓国のポピュラー音楽と韓国ドラマが韓国との新たな関心とより健全な関係を育むのに役立ったと述べています。[257]

東南アジア

シンガポール

シンガポールにはK-POPファンが盛んで、2NE1BTS少女時代Got7Exoなどのアイドルグループがコンサートツアーの日程を頻繁に開催しています。[258] [259]韓国ドラマと並んでK-POPの人気は、シンガポール人の美的イメージに影響を与えました。韓国風の「ストレートアイブロウ」は、シンガポール人の多くの女性と中国人、マレー人、インド人の男性の間で非常に人気があります。[260]シンガポールの美容院では、近年、韓国式の「ストレートアイブロウ」や韓国式のヘアカットに関心を持つ顧客が増えています。[261]2017年8月5日、シンガポールは、韓国の放送局KBSによる人気の毎週の音楽番組であるミュージックバンクのコンサートスピンオフである第10回ミュージックバンクワールドツアーを主催しました。このイベントは、シンガポールでの韓流の絶大な人気を証明しました。[262]

マレーシア

マレーシアでは、マレー語中国人インド人の3つの主要な民族グループの中で、多くの人が自国語で音楽を聴くことを好みますが、K-POPや韓国の映画やテレビシリーズは、マレーシアの企業が持つ3つの民族グループすべてで人気があります。を利用しました。[263] K-POPの人気はまた、若い有権者を引き付けるために政治家がK-POPアイドルを国に連れてくる結果となった。[264]

インドネシア

K-POPは、韓国のTVシリーズや映画とともに、特にインドネシアの若い世代の間で大衆文化になりました。この傾向は、国内のどの主要都市でも見られます。K-POPはインドネシアの音楽にも影響を与えています。[265]インドネシアでは、東アジアの大衆文化ブームを皮切りに、2000年代初頭から韓国文化の人気が継続的に高まっている。[266]

フィリピン

マニラでの記者会見での2NE1

韓国のテレノベラは2003年からフィリピンで地元で放映され、韓流の波がさらに拡大しました。[267] K-popは追いつくのに時間がかかりました。それはインターネットを通して、そしてサンダラパークのような韓国の駐在員の有名人を通して人気を得ました。[要出典]スーパージュニアは2010年にフィリピンでコンサートを開催しました。[268]

ベトナム

ベトナムは過去にすでに韓国と多くの接触を持っており、同様の政治的状況、特に両国の半分での分離さえ共有していました。ベトナム戦争の悲劇にもかかわらず、国は現在、ベトナムの人口に対する韓国の影響を歓迎し続けています。[269] V-popとして知られるベトナムのポップミュージックは、音楽制作とミュージックビデオの点でK-popの影響を強く受けています。

2015年、ハノイの北部の首都でミュージックバンクワールドツアーが開催されました。[270] 2018年、VLiveとRBWEntertainment Vietnamは、「V Heartbeat Live」と呼ばれる特別な月例ミニコンサートを開始し、V-popとK-popの両方のスター(WinnerMomolandIKon、 Sunmiなど)を招待しました。 、 もっと。同年、パク・ジヨンはベトナムの歌手スビン・ホアン・ソンとコラボレーションし、シングル「BetweenUs」のベトナム語版と韓国語版をリリースした。[271] K-POP、そして一般的に韓国の文化は、主にベトナムの若者のために人気を博した。[269]

韓国のエンターテインメント企業はベトナムに投資し、才能を探しています。たとえば、SMエンターテインメントは、韓国の少年グループNCTのベトナムのサブユニット(エグゼクティブプロデューサーの李秀満が「NCT-V」と呼んだ)がV-popをグローバルに宣伝する計画を発表しました。李氏はまた、ベトナムの文化は韓国の文化と非常に似ており、世界的な拡大という点で両国にとって有利であると述べた。[272] 2018年、SMエンターテインメントはハノイとホーチミン市で初めてグローバルオーディションを開催しました。[273] キューブエンターテインメントは2018年にオーディションセッションを開催しました。[274] 2019年1月11〜13日、ビッグヒットエンターテインメントはエンターテインメント会社との合弁会社を設立しました。CJ E&Mが「2019BeliftGlobalAudition」と呼ばれるオーディションを主催します。[275] SBSはまた、人気のバラエティ番組「ランニングマン」がベトナム語版を入手すると発表した。これらは、韓流とベトナムでのK-popの人気の高まりの代表的な例です

南アジア

バングラデシュ

バングラデシュの若者、特に10代の若者は、韓国のポップミュージックに大きな魅力を示しており、そのような曲は気分が良くなると説明しています。[276]バングラデシュは、2015年から、韓国放送公社(KBS)と協力して大韓民国外務省が2011年に開始したK-POPワールドミュージックフェスティバルと呼ばれる毎年恒例のイベントに参加し始めました。このイベントの目的は、世界中の韓流ファンを韓国に呼び込むだけでなく、文化の名の下にさまざまな国の人々を集めることです。[277]

インド

分離主義者がボリウッド映画を禁止している北東インドのマニプール州では、消費者は娯楽の必要性のために韓国の大衆文化に目を向けています。BBC特派員SanjoyMajumderは、韓国のエンターテインメント製品は、ほとんどが近隣のビルマから密輸された無認可のコピーであり、一般的に地元住民に好評であると報告しました。これにより、マニプールの若者の間で一般的な用語で韓国語のフレーズが使用されるようになりました。[278] [279] [280]

マニプールでのK-POPの人気を利用するために、多くの美容院がK-POPボーイバンドのヘアスタイルに基づいた「韓国スタイル」のカットを提供しています。[278] [279]この韓国の大衆文化の波は、現在マニプールから隣接するナガランド州に広がっています。K-POPは国の他のさまざまな州で追いついており、K-POPのフェスティバルやコンテストには何千人ものファンが集まっています。[281] [282]

ネパール

ネパールでは、韓国ドラマや映画とともにK-POPが人気を博しました。K-popはネパールの音楽業界に影響力を持っており、K-popの音楽ビデオはYouTubeでネパールの音楽の伴奏としてよく使用されます。[要出典]

北米

シャルコー・マリー・トゥース病と診断されたアメリカのK-POPファンであるドニカ・スターリングは、韓国で彼女のお気に入りのアイドルに会うために後援されました。[283] [284]

2006年、Rainは、 Rain's Coming World Tourの一環として、ニューヨークとラスベガスで完売したコンサートを開催しました

2009年、ワンダーガールズはビルボードホット100シングルチャートでデビューした最初のK-POPアーティストになりました。[285]彼らはジョナスブラザーズワールドツアー2009にジョナスブラザーズに参加しました。2010年には、米国、カナダ、メキシコの20の都市をツアーし、 6月にハウスオブブルースの「今月のアーティスト」に選ばれました。[286]

2010年、SMエンターテインメントはロサンゼルス、パリ、東京、ニューヨークで開催されたSMTownLive'10ワールドツアーを開催しました。同じ年、第8回韓国音楽祭の期間中、K-POPアーティストがハリウッドボウルに初登場しました[287]

2011年の米国での注目すべきK-popコンサートには、ニューヨークコリアフェスティバルでのKBSコンサート、ラスベガスでのK-Popマスターコンサート、マウンテンにあるGoogle本社で開催されたGoogleでの韓国音楽ウェーブが含まれます。ビュー、カリフォルニア[288]

2012年は北米でのK-popにとって画期的な年でした。[289] [290]少女時代は、今年の初めに、英語版の「ザ・ボーイズ」を深夜のトークショー「デイビッド・レターマンとレイトショー」と昼間のトークショー「ライブ! 」で上演しました。ケリーと一緒に、これらの番組で演奏する最初の韓国のミュージカル行為になり、米国でシンジケートテレビで演奏する最初の韓国の行為になりました。[291]同じ年に、グループは、メンバーのテヨンティファニー、およびソヒョンで構成される、少女時代-TTS、または単に「TTS」と題された最初のサブユニットを形成しましたサブグループのデビューEPであるTwinkleは、Billboard 200の#126でピークに達しました。[292] 5月、SMTownアナハイムでのSMTown Live WorldTourIIIで再びカリフォルニアに戻りました8月、ニューエボリューショングローバルツアーの一環として、2NE1はニュージャージー州ニューアークのプルデンシャルセンターニューヨークメトロポリタンエリア最初のアメリカコンサートを開催しました[293] 11月、アライブツアーの一環として、ビッグバンはアメリカで最初のソロコンサートを開催し、ロサンゼルスのホンダセンターとプルデンシャルセンターを訪れました。ニューアークで。チケットはわずか数時間で完売し、追加の日付が追加されました。[294] 11月13日、アメリカのシンガーソングライターのマドンナとバックアップダンサーは、ニューヨーク市のマディソンスクエアガーデンでのコンサート中に、サイと一緒に「江南スタイル」を演奏しました。サイは後に記者団に、マドンナとのギグは「彼の業績リストを上回った」と語った。[295]

2013年1月29日、アメリカで最も人気のある音楽雑誌の1つであるBillboardは、 K-popニュース、アーティスト、コンサート、チャート情報を取り上げたWebサイトのオンラインコラムであるBillboardK-Townを立ち上げました。[296] [297] [298]

その年の3月、f(x)は、テキサス州オースティンのSXSWで開催されたK-Pop Night Outで韓国のロックを代表するTheGeeksと一緒に演奏しました。f(x)は、SXSWで演奏した最初のK-popグループでした。[299] Mnetは、2016年7月にニューヨークとLAでKconイベントを主催しました。[300] [301]

2017年、BTSは2017 BillboardMusicAwardsのTopSocialArtistAwardにノミネートされました彼らの受賞は、韓国のグループがビルボード賞を受賞したのは初めてであり、韓国のアーティストが2013年にPsyを受賞した後、2度目の受賞を果たしました。[302] [303] BTSは2017年に賞を受賞しました。 2018年と2019年のビルボードミュージックアワード、および2019年のトップデュオ/グループ[304]彼らは2017アメリカンミュージックアワードと2018ビルボードミュージックアワードに出演し、どちらの賞にも出演した最初の韓国グループの1つになりました。見せる。[305] [306]防弾少年団のアルバム「ラブユアセルフ:ティア」ビルボード200で1位になり、韓国で初めての行為となりました。[307]さらに、防弾少年団のシングル「フェイクラブ」はビルボードホット100の#10でデビューし、トップ10に入る2番目の韓国人アーティストになりました。[308]

2020年8月21日、BTSの曲DynamiteがBillboard Hot 100の1位でデビューし、Billboardチャートのトップに立つ初のシングルになりました。彼らの次のシングル、Life Goes Onも、2020年11月20日のリリース時に チャートのトップに立つことができました。

ラテンアメリカ

多くのアイドルグループはラテンアメリカに忠実なファンベースを持っています。[309] [310] [311] 2009年以来、チリペルーでそれぞれ20,000人以上と8,000人以上のアクティブメンバーを持つ約260のファンクラブが結成されました。[312] [313]

2011年、ブラジルで第1回K-Popカバーダンスフェスティバルの第2ラウンドが開催された直後に、MBLAQを審査員として、ユナイテッドキューブコンサートがサンパウロで開催されました。[314]

2012年3月、JYJはチリとペルーで公演を行いました。グループがJYJワールドツアーコンサートのためにペルーのホルヘチャベス国際空港に到着したとき、彼らは多くのファン(3,000人以上)に関する安全上の理由から、専用の出口から空港の警備員に付き添われました。[315]リマのエクスプラナダ・スール・デル・エスタディオ・モニュメンタルでは、何人かのファンがJYJを見るために何日もキャンプに出かけました。[316] 4月、CaracolTVArirangTVは、コロンビアでK-popリアリティ番組を共同で放映しました[317] 9月、ジュンス2009年にモンテレーで開催されたワンダーガールズに続き、ブラジルとメキシコでソロを演じた最初のK-POPアイドルになりました。 [318]コンサートはかなり前に完売しました。[318]その年、メキシコには70のK-popファンクラブがあり、合計で少なくとも60,000人のメンバーがいました。[319]

2014年1月、キム・ヒョンジュンはペルー、チリ、ボリビアで公演し、ボリビアで初のK-POPアイドルになりました。[320]ツアーは、ファンとメディアの両方が彼が行くところすべてで彼を追いかけ、安全を維持するために道路と警察の交通を呼びかけたので、大陸で彼の人気を証明した。[321]ファンはまた、実際のコンサートの数日前にコンサート会場の外でテントを張っているのが見られた。[322] [323]

メキシコ

メキシコのアルトゥーロモンティエルロハス知事が韓国を訪問した後、メキシコの韓国メディアは2002年に急増しました。[324]彼の旅行から、彼は韓国のシリーズ、映画、および他の番組をメキシコ州の放送チャンネルに持ってきた:[325] TelevisiónMexiquense(チャンネル34)。韓国ドラマは、メキシコ国民を韓国製品にさらし、韓国文化の他の側面への関心を刺激しました。K-POPは、音楽に伴うシリーズのおかげでメキシコで定着し始めました。ファンは特に放送された韓国ドラマに対応したサウンドトラックの音楽を探し求めました。

しかし、K-popがメキシコに到着したのは、メキシコでの日本のメディアの影響とPIUPump It Up)の導入にも起因しています。コミコン「ラ・モール」は、日本の漫画や音楽の販売を開始し、その後、K-POPの販売を開始しました。PIUはゲームとダンスを組み合わせ、メキシコの若者に韓国のゲームソフトウェアを紹介し、韓国の音楽への関心を高めました。[326]

メキシコシティのKCON

メキシコでのK-POPの存在は、国内での韓国の音楽活動の増加によって概説することができます。近年、メキシコでのK-POPコンサートの数は増加し、国の他の地域に分岐しています。ビッグバンやNU'ESTなどのアイドルグループがそれぞれのワールドツアーでメキシコを訪れました。JYJのキム・ジュンスは、韓国で初めてソロを演じたスターになりました。メキシコシティで開催された彼のコンサートは事前に売り切れました。[327]ミュージックバンクワールドツアーはまた、メキシコ国民にさまざまな行為をもたらした。それらのグループの多くは、ExoのSabor A Miのカバーなど、広く知られている曲をカバーしていました。

2017年、メキシコはKCONをホストする最初のラテンアメリカの国にもなりました。3月17〜18日に開催された2日間の大会では、33,000人を超えるファンがArenaCiudaddeMéxicoに集まりまし[328]ミュージックバンク時代の芸術家のように、偶像はスペインの歌をカバーした。

強さと多数のファンクラブは、全国でK-popの宣伝とサポートを継続的に支援してきました。メキシコには韓国音楽を専門とする70以上のファンクラブがあり、約3万人のファンが集まっています。[329]多くのファンクラブは2003年頃に設立されたが、韓国の元大統領盧武鉉がメキシコの元大統領ビセンテフォックスケサダとの会談のためにメキシコを訪れた2005年に公の存在を達成した約30の韓流ファンクラブが盧武鉉(チャン・ドンゴン)アン・ジェウク(アン・ジェウク)を自国に連れてくるよう求める「集会」を開いた。[330]

デモは近年も続いています。2013年5月13日、メキシコシティのゾカロで大規模な行進が行われました。KPOP:Massive March K-Pop Mexico IIと呼ばれるこの行進は、何百人もの熱心なK-Popファンが集まった2回目の大規模な行進でした。[331]

ただし、メキシコの大規模なファンクラブ組織は、韓国の文化プログラムから間接的または直接的な支援を受けています。KOFICE(韓国国際文化交流財団)[332]メキシコシティの韓国文化センターは、ファンクラブと協力して活動することがよくあります。これらの大規模な組織には、その構造内に複数のファンクラブが含まれています。最大の3つは、MexiCorea、Hallyu Mexican Lovers、およびHallyuMxです。MexiCoreaとHallyuMexicanLoversはどちらもKOFICEによってサポートされていますが、HallyuMxは以前に韓国文化センターとメキシコ共和国大使館で働いていました。[326]

ヨーロッパ

2010年には、SMTownLive'10ワールドツアーとスーパージュニアスーパーショー4ツアーの両方がパリで開催されました。

ワルシャワのK-POPファンが韓国とポーランドの旗とさまざまなボーイバンドのバナーを持っています

2011年2月、TeenTopはバルセロナのSalaApoloコンサートホールで演奏しました。5月、レインはドレスデン音楽祭の期間中、ドイツで演奏する最初のK-popアーティストになりました。[333] JYJはベルリンとバルセロナの両方で演奏した。ビッグバンはベルファストに飛び、北アイルランドで開催された2011年のMTVEMAでベストワールドワイドアクトを獲得しました[334]ポーランドでは、K-POPスター展がワルシャワ韓国文化センターで開催されました。

ベルリンのビューティフルショーで演奏するビースト

2012年2月、ビーストはベルリンでビューティフルショーを開催しました。ベルリーナーツァイトゥングによると、参加したファンの多くはドイツだけでなく、フランスやスイスなどの近隣諸国からも参加していました。[335]また、2月には、ミュージックバンクワールドツアーが10,000人以上のファンをパリオムニスポーツデパリ-ベルシーパレに引き寄せました。[336]その年、ビーストや4Minuteなどのアーティストがロンドンで開催されたユナイテッドキューブコンサートで演奏し、MBC韓国文化祭も開催されました。[337]シャイニーがロンドン・ヒースロー空港に到着し、コンサートのために同じ年のオデオンウエストエンドでは、空港の一部が熱狂的なファンに一時的に襲われました。オデオンウエストエンドの予約システムは、コンサートが予想外に大きな反響を呼んだため、チケット販売開始から1分後に初めてクラッシュしました。[338]この時、シャイニーはアビーロードスタジオでも30分間の公演を行った。この公演のチケット需要は非常に高かったため、ファッション雑誌のエルは宝くじで40枚のチケットを配りました。また、公演は6つの異なるチャネルを通じて日本でも放映されました。[233]また、2012年には、BigBangがイタリアのTRL賞のベストファン部門を受賞しました[339]

2022年3月、KPOP.FLEXはドイツのフランクフルトにあるDeutsche BankParkStadiumで開催されました。80カ国以上から65,000人以上のファンが参加しました。[340]

ロシア

K-POPもロシアで人気が急上昇しました。2011年9月6日、57のダンスチームがK-popカバーダンスフェスティバルに参加しました。[341]大会の第2ラウンド中に、シャイニーは裁判官としてモスクワに飛び、ロシアのファンにも出演した。[342]翌年、ロシアの若者は韓国の文化雑誌であるK-Plusを創刊し、ロシアのK-popファンの数は50,000人と報告された。[343]

2014年2月3日、パク・ジョンミンはモスクワでソロコンサートを開催した初めての韓国の歌手になりました。[344] [345]クラブモスクワホール600の場所で、ツアー「パクジョンミンレベルソツアー」があります。

BAPは、アドレナリンスタジアムでのツアー「LiveOn Earth 2016 World Tour」と、YotaSpaceでのツアー「2017World Tour'Party Baby!'」でコンサートを開催しました。[346] [347]

2018年6月6日、Got7はモスクワのコンサートホールアドレナリンスタジアムでコンサートツアー「EyesonYou」のために演奏しました。[348]

2018年10月7日、モスクワのクラブГЛАВCLUBグリーンコンサートで行われたコンサートツアー「KingOftheZungle」でのZico [349]

2018年12月8日、MTVロシアチャンネルで、モバイルオペレーターMTSのプロジェクトであるMTCampが開始されました(会社名と単語ampの頭字語であり、同時にMTV Trainee Camp)[350]半年はk-popスタイルの5人のメンバーからなるジュニアチームになるはずです。[351]ショーは、Exoの韓国語バージョンであるExo-Kのファンであるフィギュアスケート選手のエフゲニア・メドベデワが主催しています。このショーは、制作会社のAvexTraxと協力しています。

7月15日、ロシアで開催された2018ワールドカップ決勝戦でExoの「Power」とBTSの「FakeLove」が演奏されました。[352]

2022年に、「Kポップ」という用語がフランス語の辞書Larousseに含まれました。[353]

中東

K-POPは、特に若いファンの間で、近年中東全体でますます人気が高まっています。[354] [355] [356] 2011年7月、イスラエルのファンは韓国のイスラエル大使であるMa Young-samに会い、ヨーロッパでのSMTownLive'10ワールドツアーのためにパリを訪れました。[357]エルサレムのヘブライ大学の東アジア研究の教授であるニッシム・アトマズギン博士によると、「多くの若者は、K-POPを文化の首都と見なしている。それが彼らを群衆から際立たせている」。2012年の時点で、イスラエルには5,000人以上のK-popファンがおり、パレスチナの領土には3,000人以上のファンがいます。[358]イスラエルとパレスチナの熱心なファンの中には、自分たちを「文化的宣教師」と見なし、K-POPを友人や親戚に積極的に紹介し、コミュニティ内で韓流の波をさらに広めている人もいます。[359]

2012年、トルコのファン数は10万人を超え、2013年には15万人に達しました。[354] [360] ZE:Aは、ドバイでのファンの握手会とアブダビでのコンサートに出演しました。[361] [362]カイロでは、何百人ものファンがマーディ図書館の舞台劇場に行き、韓国大使館が主催するK-POP韓国歌謡祭の最終ラウンドを見に行った。[363] [364] 2018年1月、少年グループExoは、ドバイファウンテンショーのためにアラブ首長国連邦のドバイ招待されました。彼らのシングル「パワー」は、ファウンテンショーで演奏された最初のK-POPソングでした。[365] In 2019, boy band BTS was invited to perform at King Fahd International Stadium by Crown Prince Mohammed Bin Salman. They are the first boy band to play a solo stadium tour in Saudi Arabia.[366]

Oceania

The K-pop Wave has led to the creation of a number of dance groups that perform dance covers of K-pop music and teach K-pop choreography. In the K-Pop World Festival competition, AO Crew has represented Australia three times—in 2013, 2014, and 2016.[367] Also, another dance cover group, IMI Dance, was the opening show for the RapBeat Show in 2017.[367] Several dance studios provide classes that are based on K-pop choreography. Dance group Crave NV teaches a K-pop class every Saturday at their dance studio in New Zealand.[368] A Sydney-based agency, The academy, began offering K-pop boot camps and other programs in 2016.[369][370]

A number of K-pop idols have hailed from Oceania. Australian-Korean artists include Blackpink's Rosé, ZE:A's Kevin Kim, One Way's Peter Hyun, C-Clown's Rome, Stray Kids' Bang Chan and Felix, EvoL's Hayana, and LEDapple's Hanbyul.[371][367][372]

In 2011, the K-Pop Music Festival at the ANZ Stadium was held in Sydney, featuring Girls' Generation, TVXQ, Beast, Shinee, 4minute, Miss A, 2AM, and MBLAQ.[373] There was also demand for concerts from New Zealand.[374]

In August 2012, NU'EST visited Sydney Harbour and the University of New South Wales, as judges of a K-pop contest being held there. The following year, 4Minute were judges at the same contest in Sydney.[375] In October, Psy toured Australia after his single "Gangnam Style" reached number one in Australia on the ARIA charts.[376]

In May 2016, B.A.P held a concert in Auckland, becoming the first K-Pop group to perform in New Zealand.[377][378]

KCON, an annual K-pop music and cultural convention, was launched for the first time in Australia in September 2017. They are the seventh country to host KCON since 2012.[379] It was held at Qudos Bank Arena, Sydney. The lineup for the event was Pentagon, Wanna One, Girl's Day, Cosmic Girls (WJSN), Exo, SF9, Victon, Monsta X, and UP10TION.[380]

Foreign relations

On May 25, 2010, South Korea responded to the alleged North Korean sinking of a navy ship by broadcasting 4Minute's single "HuH" across the DMZ.[381] In response, North Korea affirmed its decision to "destroy" any speakers set up along the border.[382] That year, The Chosun Ilbo reported that the Ministry of National Defense had considered setting up large TV screens across the border to broadcast music videos by several popular K-pop girl groups such as Girls' Generation, Wonder Girls, After School, Kara and 4Minute as part of "psychological warfare" against North Korea.[383] In September 2012, North Korea uploaded a video with a manipulated image of South Korean president Park Geun-hye performing the dance moves of "Gangnam Style." The video labeled her as a "devoted" admirer of the Yusin system of autocratic rule set up by her father, Park Chung-hee.[384][385]

On May 7, 2013, U.S. President Barack Obama cited Psy's "Gangnam Style" as an example of how people around the world are being "swept up by Korean culture—the Korean Wave."[386]

Since the early 2010s, several political leaders have acknowledged the global rise of Korean pop culture, most notably U.S. President Barack Obama, who made an official visit to South Korea in 2012 and mentioned the strong influences of social media networks, adding that it was "no wonder so many people around the world have caught the Korean wave, Hallyu."[387] A few months later, U.N. Secretary-General Ban Ki-moon delivered a speech in front of the National Assembly of South Korea, where he noted South Korea's "great global success" in the fields of culture, sports and the arts, before pointing out that the Korean Wave was "making its mark on the world."[388] This occurred a few days after U.S. State Department spokeswoman Victoria Nuland remarked in a daily press briefing that her daughter "loves Korean pop,"[389] which sparked a media frenzy in South Korea after a journalist from the country's publicly funded Yonhap News Agency arranged an interview with Nuland and described Nuland's teenage daughter as "crazy about Korean music and dance."[390]

In November 2012, the British Minister of State for the Foreign Office, Hugo Swire, addressed a group of South Korean diplomats at the House of Lords, where he emphasized the close ties and mutual cooperation shaping South Korea–United Kingdom relations and added: "As 'Gangnam Style' has demonstrated, your music is global too."[391] In February 2013, the Vice President of Peru, Marisol Espinoza, gave an interview with South Korea's Yonhap News Agency, where she voiced her desire for more South Korean companies to invest in her country and named K-pop as "one of the main factors that made Peruvian people wanting to get to know South Korea more."[392]

According to an article published by the international relations magazine Foreign Policy, the spread of Korean popular culture across Southeast Asia, parts of South America, and parts of the Middle East are illustrating how the gradual cessation of European colonialism is giving way and making room for unexpected soft power outside of the Western world.[393] On the other hand, an article published by The Quietus magazine expressed concern that discussions about Hallyu as a form of soft power seems to bear a whiff of the "old Victorian fear of Yellow Peril."[394]

In August 2016, it was reported that China planned to ban Korean media broadcasts and K-pop idol promotions within the country in opposition to South Korea's defensive deployment of THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) missiles.[395][396] The reportage of these planned regulatory measures caused an immediate negative impact on shares in Korean talent agencies, although stock prices later recovered.[395]

On April 1, 2018, North Korean leader Kim Jong-Un watched a K-pop concert in Pyongyang.[397]

See also

Notes

  1. ^ Not to be confused with the pansori story of the same name.

References

  1. ^ "케이팝" (in Korean). Retrieved January 13, 2022.
  2. ^ Hartong, Jan Laurens (2006). Musical terms worldwide: a companion for the musical explorer. Semar Publishers. p. 15. ISBN 978-88-7778-090-4. Retrieved December 5, 2011. Since the 1990s, popular genres like rap, rock and techno house have been incorporated into Korean popular music, setting the trend for the present generation of K-pop, which often emulates American models.
  3. ^ Laurie, Timothy (2016), "Toward a Gendered Aesthetics of K-Pop", Global Glam and Popular Music : Style and Spectacle from the 1970s to the 2000s: 214–231
  4. ^ "케이팝". terms.naver.com.
  5. ^ "정보길잡이 상세보기 | 국립중앙도서관". www.nl.go.kr. Archived from the original on June 2, 2017. Retrieved November 3, 2018.
  6. ^ Cho, Chung-un (March 23, 2012). "K-pop still feels impact of Seo Taiji & Boys". The Korea Herald. Retrieved April 12, 2016.
  7. ^ "The Root of K-Pop: The Influences of Today's Biggest Acts". Billboard. Retrieved July 16, 2017.
  8. ^ "South Korea's pop-cultural exports: Hallyu, yeah!". The Economist. January 25, 2010. Retrieved March 23, 2019.
  9. ^ Choi, JungBong (2014). K-pop - The International Rise of the Korean Music Industry. Maliangkay, Roald. Hoboken: Taylor and Francis. pp. 66–80. ISBN 9781317681809. OCLC 890981690.
  10. ^ Song, Cheol-min (2016). K-pop Beyond Asia. Korea: 길잡이미디어. pp. 37–46. ISBN 9788973755981.
  11. ^ Kelley, Caitlin (April 3, 2019). "K-Pop Is More Global Than Ever, Helping South Korea's Music Market Grow Into A 'Power Player'". Forbes. Retrieved August 24, 2020.
  12. ^ "2021 State of the Industry" (PDF). International Federation of the Phonographic Industry. March 23, 2021. Retrieved March 23, 2021.
  13. ^ "20 Years of K-Pop at Billboard". Billboard. October 11, 2019. Retrieved April 18, 2020.
  14. ^ "K-pop Music: For the Eyes or For the Ears?". Seoulbeats. October 1, 2011. Retrieved March 27, 2012.
  15. ^ Rousee-Marquet, Jennifer (November 29, 2012). "K-pop : the story of the well-oiled industry of standardized catchy tunes". Institut national de l'audiovisuel. Archived from the original on November 3, 2013. Retrieved January 25, 2013. K-pop is a fusion of synthesized music, sharp dance routines and fashionable and colorful outfits.
  16. ^ a b "NYT Draws Attention to K-Pop Idol-Making Factories". Chosun Ilbo. Retrieved December 28, 2012.
  17. ^ Yang, Jeff. "Can Girls' Generation Break Through in America?". The Wall Street Journal. Retrieved January 25, 2013. The management firms pay for everything; leading talent house S.M. Entertainment has pegged the cost of rearing a single idol at around $3 million, which for Girls' Generation would be multiplied by nine.
  18. ^ Choi, JungBong and Roald Maliangkay (2015). K-pop – The International Rise of the Korean Music Industry. New York: Routledge. ISBN 9781138775961.
  19. ^ Doboo Shim (2005). "Hybridity and the rise of Korean popular culture in Asia". National University of Singapore. 28: 25–44. CiteSeerX 10.1.1.489.921. doi:10.1177/0163443706059278. S2CID 204327176.
  20. ^ Eun-Young Jung (2009). "Transnational Korea: A Critical Assessment of the Korean Wave in Asia and the United States" (PDF). Southeast Review of Asian Studies. University of California, San Diego. 31: 69–80. CiteSeerX 10.1.1.458.9491. ISSN 1083-074X. Archived from the original (PDF) on April 13, 2014. Retrieved April 13, 2014.
  21. ^ Lyan, Irina. "Hallyu across the Desert: K-pop Fandom in Israel and Palestine". Cross-Currents: East Asian History and Culture Review. Retrieved January 19, 2015.
  22. ^ Park, T. K.; Kim, Youngdae (January 15, 2019). "A Brief History of Korean Hip-hop". Vulture. Retrieved February 25, 2019.
  23. ^ a b c d e f g Jin, Dal Yong; Ryoo, Woongjae (December 13, 2012). "Critical Interpretation of Hybrid K-Pop: The Global-Local Paradigm of English Mixing in Lyrics". Popular Music and Society. 37 (2): 113–131. doi:10.1080/03007766.2012.731721. ISSN 0300-7766. S2CID 143689845.
  24. ^ Lindvall, Helienne (April 20, 2011). "Behind the music: What is K-Pop and why are the Swedish getting involved?". The Guardian. London. Retrieved March 27, 2012.
  25. ^ Xu, Tina. "The K-Pop/U.S. Music Connections You Never Knew Existed". Fuse. Retrieved March 7, 2013.
  26. ^ Hampp, Andrew (March 16, 2012). "Secrets Behind K-Pop's Global Success Explored at SXSW Panel". Billboard. Retrieved March 28, 2013. The American hip-hop community's recent interest in K-pop has helped open a lot of doors for other artists and managers Stateside, too.
  27. ^ Chun, Elaine W. (February 2017). "How to drop a name: Hybridity, purity, and the K-pop fan". Language in Society. 46 (1): 57–76. doi:10.1017/S0047404516000828. ISSN 0047-4045.
  28. ^ "[레드 기획]케이팝, 진단이 필요해". h21.hani.co.kr.
  29. ^ Shin, Hyun-joon. 가요, 케이팝 그리고 너머.
  30. ^ "K-pop grows on disposable 'fast music'". The Korea Times. April 12, 2011. Retrieved March 27, 2012.
  31. ^ Wang, Amy X. (July 30, 2016). "Hallyu, K-pop! Inside the weirdest, most lucrative global frenzy in music". QUARTZ. Retrieved April 11, 2018.
  32. ^ Lhatoo, Yonden (December 30, 2017). "K-pop is an infectious disease, not a cultural export to be proud of". South China Morning Post. Retrieved April 10, 2018.
  33. ^ Seabrook, John (October 8, 2012). "Factory Girls". The New Yorker. Retrieved April 11, 2018.
  34. ^ "Star producer Teddy's plagiarism controversies drag on". www.koreaherald.com. January 19, 2018. Retrieved April 25, 2021.
  35. ^ Lindvall, Helienne. "Behind the music: What is K-Pop and why are the Swedish getting involved?".
  36. ^ Tucci, Sherry (April 2, 2016). "When K-pop culturally appropriates". The Daily Dot. Retrieved April 10, 2018.
  37. ^ "K-pop and Cultural Appropriation: "Cool" Culture". Seoulbeats. August 24, 2012. Retrieved April 10, 2018.
  38. ^ Dahir, Ikran (July 21, 2016). "This K-Pop Girl Group Is Being Accused Of Appropriating Indian Culture". Buzzfeed. Retrieved April 10, 2018.
  39. ^ Anderson, Crystal (January 12, 2013). "Of Misconceptions About Cultural Appropriation in K-pop". High Yellow. Retrieved April 10, 2018.
  40. ^ a b Chace, Zoe (October 12, 2012). "Gangnam Style: Three Reasons K-Pop Is Taking Over The World". NPR. Retrieved December 26, 2012.
  41. ^ "12 Concepts and Styles in K-Pop". The Odyssey Online. February 8, 2016. Retrieved November 15, 2018.
  42. ^ Kallen, Stuart A. (2014). K-Pop: Korea's Musical Explosion. Twenty-First Century Books. p. 37–38. ISBN 9781467720427.
  43. ^ a b Ramstad, Evan. "Korea Counts Down Not Just To New Year, But to New Girls' Album". The Wall Street Journal. Archived from the original on June 6, 2013. Retrieved January 5, 2013. K-pop news sites for the past couple of weeks have seemed to have some new video or bit of Girls-related gossip to chew over once or twice a day. There's been a "drama" teaser and a "dance" teaser (that's the one above) and countdown videos from each of the group's nine members... One of the unique things about album releases by K-pop artists is that they are routinely called 'comebacks' even when there's been no evidence that the musician or group went away or, in the conventional sports usage of the term, experienced a setback or loss.
  44. ^ 정, 준화 (April 9, 2018). "[SC현장] "롤모델은 방탄소년단"...느와르, 벌써 '핫' 한 9인조 (종합)". 스포츠조선 (in Korean). Retrieved March 9, 2019.
  45. ^ "유튜브 센세이션, 그루브네이션(Groove Nation)과 인터뷰". Archived from the original on December 28, 2017. Retrieved December 27, 2017.
  46. ^ "K-pop's second wave". Retrieved December 27, 2017.
  47. ^ "K-Pop success for easy choreography". Retrieved December 27, 2017.
  48. ^ a b "K-Pop takes America: how South Korea's music machine is conquering the world". The Verge. October 18, 2012. Retrieved December 27, 2017.
  49. ^ a b c "Inside the Intense Training Centers Where Young Girls Compete to Be K-Pop Stars". Broadly. October 5, 2016. Retrieved October 15, 2018.
  50. ^ a b c "Behind the Scenes in K-pop: Interview with SM Choreographer Rino Nakasone - Beyond Hallyu". Beyond Hallyu. April 26, 2013. Retrieved October 15, 2018.
  51. ^ a b "[Video] Exploring the art of K-pop dance". January 30, 2018. Retrieved October 17, 2018.
  52. ^ a b Jin, Dal Yong (April 20, 2017). Critical Discourse of K-pop within Globalization. Vol. 1. University of Illinois Press. doi:10.5406/illinois/9780252039973.003.0006. ISBN 9780252098147.
  53. ^ Lie, John (2012). "What Is the K in K-pop? South Korean Popular Music, the Culture Industry, and National Identity". Korea Observer. 43: 339–63.
  54. ^ a b Lie, John (November 24, 2014). K-pop : popular music, cultural amnesia, and economic innovation in South Korea. Oakland, California. ISBN 9780520958944. OCLC 893686334.
  55. ^ "[Herald Interview] Girls' Generation's stylist caps K-pop fashion industry over years". October 18, 2017. Retrieved May 7, 2018.
  56. ^ "1990s Fashion: Styles, Trends, History & Pictures". www.retrowaste.com. Retrieved May 7, 2018.
  57. ^ a b Kwak, Nojin; Ryu, Youngju (2015). Lee, Sangjoon; Nornes, Abé Mark (eds.). Hallyu 2.0: The Korean Wave in the Age of Social Media. University of Michigan Press. doi:10.3998/mpub.7651262. ISBN 9780472072521. JSTOR 10.3998/mpub.7651262.
  58. ^ Shim, Doobo (2006). "Hybridity and the Rise of Korean Popular Culture in Asia". Media, Culture & Society. 28: 29. doi:10.1177/0163443706059278. S2CID 204327176.
  59. ^ Jin, Dal Yong (2016). "Critical Discourse of K-pop within Globalization". In Jin, Dal Yong (ed.). New Korean Wave. Transnational Cultural Power in the Age of Social Media. University of Illinois Press. pp. 111–130. doi:10.5406/illinois/9780252039973.001.0001. ISBN 9780252039973. JSTOR 10.5406/j.ctt18j8wkv.9.
  60. ^ Kim, Yun (Spring 2012). "K-pop 스타의 패션에 관한 연구" (PDF). Journal of the Korean Society of Fashion Design. 12 (2): 17–37.
  61. ^ "K-pop's slick productions win fans across Asia". Inquirer. September 21, 2011. Retrieved April 2, 2012.
  62. ^ "G-Dragon Voted Best-Dressed Celebrity of the Year". The Chosun Ilbo. December 25, 2012. Retrieved March 2, 2017.
  63. ^ "Jeremy Scott and CL On Moschino, Pop Culture and the Power Of Girls". Papermag. August 26, 2015. Retrieved April 12, 2016.
  64. ^ "Bow Down To The Ultimate Besties Jeremy Scott And CL In 'Paper' Mag". MTV News. Retrieved April 12, 2016.
  65. ^ Oh, Ingyu. "The Globalization of K-pop: Korea's Place in the Global Music Industry": 402. Retrieved January 15, 2020. {{cite journal}}: Cite journal requires |journal= (help)
  66. ^ "K-Pop Leads Record Earnings from Cultural Exports". The Chosun Ilbo. Retrieved January 26, 2013. A BOK official said the increase "is related to a surge in exports of cultural products amid the rising popularity of K-pop in Europe and the U.S. as well as in Asia."
  67. ^ "Korean Wave Gives Exports a Boost". The Chosun Ilbo. Retrieved January 26, 2013. But for every $100 increase in exports of cultural products themselves, outbound shipments of processed food, clothes, cosmetics and IT products also grew $412 on average.
  68. ^ Rousee-Marquet, Jennifer (November 29, 2012). "K-pop : the story of the well-oiled industry of standardized catchy tunes". Institut national de l'audiovisuel. Archived from the original on November 3, 2013. Retrieved January 25, 2013. The government then identified the cultural industry as the next growth driver. Numerous state research agencies were created and some projects were subsidised in an attempt to boost the nation's cultural industry.
  69. ^ "'Hallyu' to highlight Korea-Indonesia ties in March". Jakarta Post. Retrieved January 26, 2013.
  70. ^ "K-POP World Festival (케이팝월드페스티벌)". Visit Korea. Korean Tourism Organization. Retrieved March 2, 2017.
  71. ^ Wagner, Jan-Philipp (May 14, 2014). "The Effectiveness of Soft & Hard Power in Contemporary International Relations". E-International Relations. E-International Relations. Retrieved May 14, 2014.
  72. ^ a b Kim, Tae Young; Jin, Dal Young (2016). "Cultural Policy in the Korean Wave: An Analysis of Cultural Diplomacy Embedded in Presidential Speeches" (PDF). International Journal of Communication. 10: 5514–5534.
  73. ^ "Red Velvet Perform for North Korean Leader Kim Jong-Un in Rare Pyongyang Concert". Billboard. Associated Press. April 2, 2018. Retrieved April 2, 2018.
  74. ^ Baynes, Chris (April 2018). "South Korean pop stars perform first concert in North Korea for more than a decade". The Independent. Independent. Retrieved April 1, 2018.
  75. ^ a b K-Pop: A New Force in Pop Music, pp. 47–79
  76. ^ Shin, Solee I.; Kim, Lanu (December 1, 2013). "Organizing K-Pop: Emergence and Market Making of Large Korean Entertainment Houses, 1980–2010". East Asia. 30 (4): 255–272. doi:10.1007/s12140-013-9200-0. ISSN 1874-6284. S2CID 153779858.
  77. ^ "JPNews 일본이 보인다! 일본뉴스포털!". Jpnews.kr. December 30, 2010. Retrieved January 13, 2012.
  78. ^ "고가마사오". Doosan Encyclopedia. Retrieved January 13, 2012.
  79. ^ "The History Of K-Pop Has A Lot To Do With Politics". NPR News. July 10, 2021. Retrieved July 10, 2021.
  80. ^ a b c d e f g h "A brief history of K-Pop". A.Side. Retrieved November 6, 2018.
  81. ^ a b K-Pop: A New Force in Pop Music, pp. 50–54
  82. ^ a b c 대중가요. Encyclopedia of Korean Culture (in Korean). Academy of Korean Studies. Retrieved December 7, 2012.
  83. ^ "ADD4 & KOREAN PSYCH-ROCK & FOLK-POP reissues : ADD 4". psychemusic.org. Archived from the original on July 28, 2013. Retrieved February 27, 2012.
  84. ^ ""Csomagolhattok és mehettek vissza Szöulba." Mia Kim a Quartnak" (in Hungarian). Quart.hu. September 12, 2011. Archived from the original on March 8, 2012. Retrieved February 27, 2012.
  85. ^ a b K-Pop: A New Force in Pop Music, pp. 54–57
  86. ^ a b K-Pop: A New Force in Pop Music, pp. 60–61
  87. ^ "DJ DOC". KBS World. Retrieved December 10, 2012.
  88. ^ Hartong, Jan Laurens (2006). Musical terms worldwide: a companion for the musical explorer. Semar Publishers. p. 15. ISBN 978-88-7778-090-4. Since the 1990s, popular genres like rap, rock and techno house have been incorporated into Korean popular music... which often emulates American models.
  89. ^ a b c d e K-Pop: A New Force in Pop Music, pp. 63–66
  90. ^ a b MacIntyre, Donald (July 29, 2002). "Flying Too High?". Time. Archived from the original on July 28, 2002. Retrieved July 3, 2012.
  91. ^ Gingold, Naomi (January 8, 2019). "Why The Blueprint For K-Pop Actually Came From Japan". National Public Radio. Retrieved March 22, 2020.
  92. ^ a b Shim, Doobo. "Hybridity and the rise of Korean popular culture in Asia". Media, Culture & Society: 29.
  93. ^ a b Oh, Ingyu (2013). "The Globalization of K-pop: Korea's Place in the Global Music Industry". Korea Observer. 44 (3): 389–409.
  94. ^ "Critical Interpretation of Hybrid K-Pop: The Global-Local Paradigm of English Mixing in Lyrics". Popular Music & Society. 37: 120.
  95. ^ "Critical Interpretation of Hybrid K-Pop: The Global-Local Paradigm of English Mixing in Lyrics". Popular Music & Society. 37: 119.
  96. ^ Walsh, John. Korean Wave. pp. 20–21.
  97. ^ Ryoo, Woongjae (2009). "Globalization, or the logic of cultural hybridization: The case of the Korean wave". Asian Journal of Communication. 19 (2): 139. doi:10.1080/01292980902826427. S2CID 144161463.
  98. ^ "Breaking & Entering: The Wonder Girls". Billboard. November 20, 2009. Retrieved April 12, 2016.
  99. ^ "K-Pop Hot 100: BIGBANG Is Unstoppable". Billboard. March 14, 2012. Retrieved April 12, 2016.
  100. ^ Oliver, Christopher (February 10, 2012). "South Korea's K-pop takes off in the west". Financial Times. Retrieved October 11, 2012.
  101. ^ Constant, Linda (September 23, 2012). "K-Pop Soft Power for the SK Government". Huffington Post.
  102. ^ "South Korea pushes its pop culture abroad". BBC. November 8, 2011. Retrieved September 7, 2012.
  103. ^ South Korea’s soft power: Soap, sparkle and pop The Economist (August 9, 2014). Retrieved on August 12, 2014.
  104. ^ "The first video on MTV K: BoA "My Name"". MTV K. June 26, 2006. Archived from the original on July 5, 2006. Retrieved September 29, 2008.
  105. ^ a b K-Pop: A New Force in Pop Music, pp. 67–71
  106. ^ "K-pop : the story of the well-oiled industry of standardized catchy tunes". INA Global. Retrieved May 2, 2013.
  107. ^ "South Korea's K-pop craze lures fans and makes profits". BBC. April 26, 2011. Retrieved May 2, 2013. According to South Korea's Trade and Investment Agency, income from cultural exports like pop music and TV shows has been rising by about 10% a year. In 2008, it was worth almost $2bn.
  108. ^ "K-pop : the story of the well-oiled industry of standardized catchy tunes". INA Global. Retrieved May 2, 2013. It accounts for most of K-pop albums’ overseas sales. As of 2008, Japan accounted for 68 percent of Korea’s total music industry exports in 2008, while the Chinese and U.S. markets accounted for only 11.2 percent and 2.1 percent, respectively.
  109. ^ "TVXQ rakes in over $92 million in overseas concert revenues". Allkpop. Retrieved May 3, 2013.
  110. ^ "How Korean culture stormed the world". South China Morning Post.
  111. ^ "Gangnam Style hits one billion views on YouTube". BBC News. December 21, 2012. Retrieved April 12, 2016.
  112. ^ "Gangnam Style statue built in South Korea's Seoul". BBC News. November 6, 2015. Retrieved April 12, 2016.
  113. ^ Psy – Gangam Style (강남스타일) M/V, July 15, 2012, retrieved December 20, 2020
  114. ^ CHOE SANG-HUN; MARK RUSSELL (March 4, 2012). "Bringing K-Pop to the West". The New York Times. Retrieved September 12, 2012.
  115. ^ "K-Pop Idols And The Formidable American Debut - KultScene". KultScene. October 22, 2014. Retrieved April 12, 2016.
  116. ^ Benjamin, Jeff (March 6, 2015). "Will a K-Pop Girl Group Take Over the U.S. Soon (Or Ever)?". Billboard. Retrieved July 20, 2018.
  117. ^ Liu, Marian. "K-pop band BTS beats US stars to win Billboard Music Award". CNN. Retrieved September 13, 2017.
  118. ^ Gore, Sydney. "Watch BTS make their official U.S. television debut at the American Music Awards". The FADER. Retrieved March 10, 2018.
  119. ^ "On the Charts: BTS Become First K-Pop Act to Reach Number One". Rolling Stone. May 27, 2018.
  120. ^ a b "The big 3 of Korean pop music and entertainment". The Dong-A Ilbo. July 26, 2011. Retrieved February 5, 2012.
  121. ^ "United Asia Management to hold a 'talent meeting' at the 16th 'Busan International Film Festival'". Allkpop. September 8, 2011. Retrieved March 1, 2012.
  122. ^ "Global Star Agency, United Asia Management". Hancinema. May 6, 2011. Retrieved March 1, 2012.
  123. ^ "UAM -United Asia Management". uam.asia. Archived from the original on March 13, 2016. Retrieved April 12, 2016.
  124. ^ "S.M. Entertainment (041510:KOSDAQ): Financial Statements". Bloomberg Businessweek. Archived from the original on March 2, 2010. Retrieved March 29, 2013.
  125. ^ "YG Entertainment (122870:KOSDAQ): Financial Statements". Bloomberg Businessweek. Archived from the original on July 23, 2013. Retrieved March 29, 2013.
  126. ^ "JYP Entertainment Corp (035900:KOSDAQ): Financial Statements". Bloomberg Businessweek. Archived from the original on July 23, 2013. Retrieved March 29, 2013.
  127. ^ "Korean Pop, with Online Help, Goes Global". Time. August 26, 2010. Archived from the original on August 29, 2010. Retrieved April 3, 2013. DFSB Kollective was the first company to begin direct distribution of Korean music acts on iTunes, in 2009. It began with more than 50 Korean artists in the alternative, hip-hop and electronica genres; now there are hundreds of Korean artists available in the online music store.
  128. ^ a b 이, 동연 (January 11, 2012). "케이팝에 왜 열광하지?"…케이팝의 두 얼굴. PRESSian (in Korean). Retrieved March 11, 2012.
  129. ^ "PSY's riches from 'Gangnam Style' not made at home". Associated Press. Archived from the original on January 13, 2013. Retrieved December 30, 2012. South Koreans pay less than $10 a month for a subscription to a music service that allows them to download hundreds of songs or have unlimited access to a music streaming service. That makes the cost of a downloaded song about 10 cents on average. The average price for streaming a song is 0.2 cents.
  130. ^ "South Korea's Greatest Export: How K-Pop's Rocking the World". Time. March 7, 2012. Retrieved April 28, 2013.
  131. ^ Kwak, Donnie. "PSY's 'Gangnam Style': The Billboard Cover Story". Billboard. Retrieved November 2, 2012. The Korean music industry grossed nearly $3.4 billion in the first half of 2012, according to Billboard estimates, a 27.8% increase from the same period last year.
  132. ^ "industry revenue Statements".
  133. ^ "S.M. Entertainment (041510:KOSDAQ): Financial Statements".
  134. ^ "JYP Entertainment (041510:KOSDAQ): Financial Statements".
  135. ^ "YG Entertainment (041510:KOSDAQ): Financial Statements".
  136. ^ "EXO-K's 'Overdose' EP Enters Billboard 200". Billboard. Retrieved June 4, 2014.
  137. ^ "BTS make history as they become the first Korean band to enter the Official Albums Chart with Wings". Official Charts. The Official UK Charts Company. October 18, 2016. Retrieved February 3, 2017.
  138. ^ Benjamin, Jeff. "BTS' 'Wings' Sets New U.S. Record for Highest-Charting, Best-Selling K-Pop Album". Billboard.
  139. ^ "BTS' "Spring Day," "Not Today" Reach Top 20 On US iTunes Sales Chart; "You Never Walk Alone" Also Rising". Headline Planet. February 12, 2017. Retrieved March 25, 2017.
  140. ^ Copsey, Rob. "Foo Fighters secure their fourth Number 1 on the Official Albums Chart with Concrete and Gold".
  141. ^ Thomas, C. (2018). BTS: The K-Pop Group That Finally Won America Over. Forbes.Com, 5.
  142. ^ Trust, Gary (August 31, 2020). "BTS' 'Dynamite' Blasts in at No. 1 on Billboard Hot 100, Becoming the Group's First Leader". Billboard. Archived from the original on September 1, 2020. Retrieved September 4, 2020.
  143. ^ Zellner, Xander (June 25, 2018). "Blackpink Makes K-Pop History on Hot 100, Billboard 200 & More With 'DDU-DU DDU-DU'". Billboard. Retrieved August 8, 2018.
  144. ^ "Lee Soo Man: Taking Korean Pop Culture Global". Stanford Graduate School of Business. Retrieved April 12, 2016.
  145. ^ Seabrook, John (October 8, 2012). "Factory Girls". The New Yorker. ISSN 0028-792X. Retrieved April 12, 2016.
  146. ^ Flatley, Joseph (October 18, 2012). "K-Pop takes America: how South Korea's music machine is conquering the world". The Verge. Retrieved October 19, 2012.
  147. ^ K-Pop: A New Force in Pop Music, p. 39
  148. ^ Leong, Melissa (August 2, 2014). "How Korea became the world's coolest brand". Financial Post. Retrieved January 18, 2015.
  149. ^ Woo, Jaeyeon (May 3, 2012). "Journey to K-Pop Star, 'I Am.' – Korea Real Time". The Wall Street Journal. Retrieved September 17, 2012.
  150. ^ "KPop's Frontiers: How Does the Big 3 Teach Foreign Languages to Their Trainees?". Kpopstarz.com. February 7, 2012. Retrieved March 1, 2012.
  151. ^ Herman, Tamar (May 7, 2018). "Temporary K-Pop Acts Like Wanna One, JBJ & I.O.I Are the New Norm". Billboard. Retrieved March 9, 2019.
  152. ^ "Sung Si Kyung to feature debut process of idol stars through 'Mydol'". Retrieved March 28, 2012.
  153. ^ "Jellyfish Male Trainees Revealed Ahead of ′My Dol′ Premiere". CJ E&M enewsWorld. Archived from the original on March 29, 2016. Retrieved March 19, 2016.
  154. ^ Sung, So-young. "TV competition aims to form a K-pop supergroup". Korea JoongAng Daily. Retrieved January 25, 2016.
  155. ^ Kim, Ji-young. "Produce 101' girl group to be named 'IOI'". Kpop Herald. Retrieved April 2, 2016.
  156. ^ Ko, Dong-hwan (April 4, 2016). "101 girls down to 'I.O.I'". Korea Times. The Korea Times. Retrieved April 7, 2016.
  157. ^ Herman, Tamar (December 11, 2017). "K-Pop Audition Shows Produce Big Results, But Cause Concerns Over Industry's Future". Billboard. Retrieved July 20, 2018.
  158. ^ Hong, Dam-young (October 25, 2017). "Yet another idol competition show 'The Unit' unveiled". The Korea Herald. Retrieved July 20, 2018.
  159. ^ a b "The dark side of South Korean pop music". BBC. June 14, 2011. Retrieved January 6, 2012.
  160. ^ a b c "South Korean Law to Protect Young K-Pop Stars From Sexualization, Overwork". The Hollywood Reporter. July 8, 2014. Retrieved April 13, 2016.
  161. ^ "Will TVXQ Stay Together?". KBS World. October 28, 2009. Archived from the original on March 22, 2012. Retrieved October 28, 2009.
  162. ^ "한경 "SM, 非정상적 활동강요" Star News. December 22, 2009. Retrieved May 1, 2012 (in Korean)
  163. ^ South Korea Passes Law Regulating K-Pop Industry Archived August 4, 2014, at the Wayback Machine WonderingSound.com (July 8, 2014). Retrieved on August 3, 2014.
  164. ^ Park, Gil-Sung (2013). "Manufacturing Creativity: Production, Performance". Korea Journal. 53 (4): 14–33. doi:10.25024/kj.2013.53.4.14.
  165. ^ "New contractual changes cause concern within music industry". Korea Boo. March 9, 2017.
  166. ^ "South Korea Passes new regulations for unfair trainee contracts". Korea Boo. March 7, 2017.
  167. ^ a b Power, John (July 20, 2011). "Should a law ban sexualizing of K-pop teens?". Korea Herald. Retrieved April 10, 2018.
  168. ^ Oakeley, Lucas (April 24, 2018). "How K-pop became a propaganda tool". The Outline. Retrieved April 25, 2018.
  169. ^ a b c Herman, Tamar (April 23, 2018). "2018 Sees K-pop Stars Addressing Mental Health Stressors in Industry". Billboard. Retrieved December 5, 2019.
  170. ^ a b c Kil, Sonia (December 19, 2017). "Jonghyun Suicide Note Points to Brutal Pressure of Korean Spotlight". Variety. Retrieved January 27, 2019.
  171. ^ "History of K-pop: 1992-1995, The Beginning". seoulbeats. January 10, 2016. Retrieved January 27, 2019.
  172. ^ Park, Ju-won (November 28, 2019). "Singer Goo Hara's Death Shines Light on the Dark Side of K-Pop". Time. Archived from the original on November 28, 2019. Retrieved December 5, 2019.
  173. ^ Kwon, Jake (December 2, 2019). "After another K-pop death, spotlight turns to difficulties faced by industry's 'perfect' stars". CNN. Retrieved December 5, 2019.
  174. ^ "Are Jonghyun, Sulli and Goo Hara victims of the K-pop industry?". South China Morning Post. December 18, 2019. Retrieved February 24, 2021.
  175. ^ "A Korean Idol's Life: Sweat and Sleepless Nights". Korean JoongAng Daily. February 18, 2010. Archived from the original on January 11, 2013. Retrieved February 2, 2012.
  176. ^ "K-pop dictionary: maknae". MTV Korea. Archived from the original on August 18, 2011. Retrieved January 30, 2012.
  177. ^ "ソロでの活躍がめざましい各グループのマンネたち"Hwaiting! Hallyu News & Magazine. Retrieved February 23, 2013
  178. ^ "Winners from the 21st Seoul Music Awards". Allkpop. January 19, 2012. Retrieved January 1, 2013.
  179. ^ "Big Bang first to achieve 'Perfect All Kill' in 2012". Allkpop. February 26, 2012. Retrieved February 26, 2012.
  180. ^ "IU achieves a certified all-kill with 'The Red Shoes'". Allkpop. October 9, 2013. An Instiz certified all-kill ("AK") occurs when an individual song sweeps all of South Korea's major music charts simultaneously, placing first on both the real-time and daily charts.
  181. ^ a b c d "K-Pop Culture Glossary". Soompi. 2012. Archived from the original on January 11, 2013. Retrieved January 31, 2012.
  182. ^ "K-pop drives hallyu craze: survey". June 13, 2011. Retrieved September 18, 2017.
  183. ^ "The rise of the K-Pop fanboy: Why more men are challenging ideals of masculinity to stan male idols". Metro. August 1, 2018. Retrieved January 30, 2020.
  184. ^ Mahr, Krista (March 7, 2012). "K-Pop: How South Korea's Great Export Is Rocking the World". Time. Retrieved September 17, 2012.
  185. ^ "Latest K-Pop Invasion: The Fans". The Wall Street Journal. June 15, 2012. Retrieved December 19, 2012.
  186. ^ "JYJ First K-Pop Band to Perform Solo in Europe". The Chosun Ilbo. October 13, 2011. Retrieved December 19, 2012.
  187. ^ Mukasa, Edwina (December 15, 2011). "Bored by Cowell pop? Try K-pop". The Guardian. London. Retrieved January 25, 2013. The result, according to a survey conducted by the Korean Culture and Information Service, is that there are an estimated 460,000 Korean-wave fans across Europe, concentrated in Britain and France, with 182 Hallyu fan clubs worldwide boasting a total of 3.3m members.
  188. ^ Ramstad, Evan. "Behind K-pop's Pop: The Work of Fans". The Wall Street Journal. Retrieved January 26, 2013. Others handle things like publishing lyrics, translations of lyrics or spreading news about K-pop groups and stars. To get a feel for this micro-business, we asked the operators of a K-pop lyrics translation site called pop!gasa.com to provide a glimpse of their role in the Korean Wave. Our takeaway: it’s as competitive as any business.
  189. ^ "What's Your Name?: A Compendium of K-pop Fandoms". seoulbeats. May 19, 2014. Retrieved April 12, 2016.
  190. ^ "Official Fan Clubs and Fan Colors". Kpop Lists. Retrieved April 12, 2016.
  191. ^ 아이돌 팬 '응원 풍선 색깔찾기 전쟁' (in Korean). Hani.co.kr. June 13, 2011. Retrieved June 25, 2012.
  192. ^ "'Rice wreaths' indicate that K-Pop fandoms are becoming more mature". Allkpop. August 16, 2011. Retrieved January 30, 2012.
  193. ^ Mahr, Krista (March 7, 2012). "South Korea's Greatest Export: How K-pop's Rocking the World". Time. Retrieved September 13, 2012.
  194. ^ "Video: Treating Your Idol to Lunch Is the True Test of Fandom". The Wall Street Journal. February 24, 2012. Archived from the original on August 25, 2019. Retrieved December 19, 2012.
  195. ^ a b "'Sasaeng Stalkers' (Part 1): K-pop fans turn to blood, poison for attention". Yahoo! Singapore. August 2, 2012. Retrieved December 19, 2012.
  196. ^ "When an autograph isn't enough". Korea JoongAnd Daily. April 13, 2012. Archived from the original on January 3, 2013. Retrieved December 19, 2012.
  197. ^ "JYJ apologises over rough treatment of obsessive "sasaeng" fans". Channel NewsAsia. March 9, 2012. Archived from the original on March 11, 2012. Retrieved December 19, 2012.
  198. ^ "JYJ's Sasaeng fan at the center of the recorded audio clip speaks up". Allkpop. March 10, 2012. Retrieved March 15, 2012.
  199. ^ "Stalkers to face harsher punishment". koreatimes. January 28, 2016. Retrieved April 21, 2016.
  200. ^ a b c Ahn, JoongHo; Oh, Sehwan; Kim, Hyunjung (July 1, 2013). Korean pop takes off! Social media strategy of Korean entertainment industry. pp. 774–777. doi:10.1109/ICSSSM.2013.6602528. ISBN 9781467344340. S2CID 24783136.
  201. ^ a b Cha, Hyunhee. "A Study on K-POP Strategy: Focused on Digital Music Environment and Social Media". International Information Institute. 17: 911–917.
  202. ^ Anthony Wing Kosner (December 21, 2012). "Out Of This World! Gangnam Style Hits One Billion Views And Now Even NASA's In PSY's Orbit". Forbes. Retrieved December 21, 2012.
  203. ^ Park, Bun-soon (2015). "12. Riding the Wave: Korea's Economic Growth and Asia in the Modern Development Era". Asia Inside Out: Connected Places. Harvard University Press. p. 366. ISBN 9780674967687.
  204. ^ 심선아 (September 17, 2018). "TWICE's 'TT' music video tops record 400 mln YouTube views". Yonhap News Agency. Retrieved November 7, 2018.
  205. ^ "Blackpink's 'Ddu-Du Ddu-Du' Becomes Most-Viewed Music Video From a K-Pop Group on YouTube". Billboard. January 23, 2019.
  206. ^ Kelley, Caitlin. "BTS's 'Boy With Luv' Smashes YouTube's Record For Most Views In 24 Hours". Forbes. Retrieved June 14, 2019.
  207. ^ a b Choi, Seong Cheol; Meza, Xanat Vargas; Park, Han Woo (February 21, 2014). "South Korean Culture Goes Latin America: Social network analysis of Kpop Tweets in Mexico". International Journal of Contents. 10 (1): 36–42. doi:10.5392/IJoC.2014.10.1.036. ISSN 2072-1439 – via KoreaScience.
  208. ^ Han, Eun-hwa (January 7, 2018). "BTS 만든 방시혁 대표 "말 없이 어깨 기댈 수 있는 영웅 필요"". 중앙일보 (in Korean). Retrieved May 5, 2021.
  209. ^ Ming, Cheang (December 29, 2017). "How K-pop made a breakthrough in the US in 2017". CNBC. Retrieved October 14, 2018.
  210. ^ "BTS Hits 10 Million Followers on Twitter, Earning Their Third Emoji on Twitter". Billboard. Retrieved October 14, 2018.
  211. ^ Aniftos, Rania (December 5, 2017). "BTS Is the Most Tweeted-About Artist of 2017, Plus More Twitter Year-End Data". Billboard. Retrieved October 10, 2018.
  212. ^ "BTS Thanks Fans For Top Social Artist Win at Billboard Music Awards 2017: Watch". Billboard. Retrieved October 14, 2018.
  213. ^ "BTS Wins Top Social Artist Award at the 2018 Billboard Music Awards". Billboard. Retrieved October 14, 2018.
  214. ^ "BTS_official on Twitter". Twitter. Retrieved October 14, 2018.
  215. ^ Jo, Jae-hee (May 3, 2018). "[Tech & BIZ] "스타 인터뷰 생중계하자 전 세계 팬 몰려들어… K팝 덕에 트위터 부활"". biz.chosun.com (in Korean). Retrieved May 5, 2021.
  216. ^ "Facebook stats of popular Celebrities pages in South Korea". Socialbakers.com. Archived from the original on August 26, 2019. Retrieved November 7, 2018.
  217. ^ Jung, Sun (November 15, 2011). "View of K-pop, Indonesian fandom, and social media". Transformative Works and Cultures. 8. doi:10.3983/twc.2011.0289. Retrieved November 7, 2018.
  218. ^ "Why TikTok is becoming go-to platform for K-pop". The Jakarta Post. Retrieved June 9, 2022.
  219. ^ Lie, John (2014). "Why Didn't "Gangnam Style" Go Viral in Japan?: Gender Divide and Subcultural Heterogeneity in Contemporary Japan". Cross-Currents: East Asian History and Culture Review. 3 (3): 6–31. doi:10.1353/ach.2014.0005. ISSN 2158-9674.
  220. ^ "RIAJ 2002 million-seller list by year". RIAJ.
  221. ^ "BoA Again Tops Oricon Chart". world.kbs.co.kr. Retrieved June 6, 2019.
  222. ^ en:TVXQ_albums_discography, oldid 897076606
  223. ^ "東方神起-リリース-Oricon Style ミュージック" (in Japanese). Oricon. Archived from the original on November 10, 2007. Retrieved December 19, 2012.
  224. ^ 동방신기 오리콘 위클리 1위 아시아-남성가수 최초 (in Korean). Newsen. January 22, 2008. Retrieved December 19, 2012.
  225. ^ "TVXQ draws more than legendary home acts in Japan". www.koreaherald.com. November 5, 2018. Retrieved June 6, 2019.
  226. ^ "The 22nd Japan Gold Disc Award 2008". Recording Industry Association of Japan. Retrieved January 26, 2014. SS501 released their first Japanese single Kokoro in 2007, debuting at the 5th spot on the Oricon chart, and moved to 3rd spot the next day. It was also chosen as an ending theme song for an anime entitled Blue Dragon. The next year in 2008, the group received the "Newcomer Award" by Japan Gold Disc Award marking the first time for Korean artists to receive this award.
  227. ^ "SHINee Ranks #2 on Oricon Upon Release". May 17, 2012. Archived from the original on January 29, 2013. Retrieved December 19, 2012.
  228. ^ "CDシングル 月間ランキング-Oricon Style ランキング" (in Japanese). Oricon. Retrieved December 19, 2012.
  229. ^ "BIGBANG Major Debut in Japan" (in Japanese). Oricon. Retrieved December 19, 2012.
  230. ^ "How Korean Pop Conquered Japan". The Atlantic. September 13, 2011. Retrieved December 19, 2012.
  231. ^ 지은, 백 (February 17, 2012). "韓가수, 지난해 日서 3490억 벌었다! "소시-카라, 견인차 역할"". Sports Joseon. Retrieved March 10, 2012.
  232. ^ "KPop on Oricon Monthly Charts". KPopper's Guide. September 16, 2018. Retrieved June 6, 2019.
  233. ^ a b Kim, Yeojin. "A Possibility of the Korean Wave Renaissance Construction Through K-Pop: Sustainable Development of the Korean Wave as a Cultural Industry". Hastings Communications and Entertainment Law Journal. Archived from the original on January 7, 2016. Retrieved December 7, 2015.
  234. ^ Park, Ju-min (May 7, 2019). "K-Pop stardom lures young Japanese hopefuls to South Korea despite diplomatic chill". The Japan Times. Retrieved June 6, 2019.
  235. ^ Mendoza, Jaime (December 31, 2009). "Wonder Girls to Invade China in 2010". Asia Pacific Arts. Archived from the original on December 15, 2013. Retrieved March 21, 2012.
  236. ^ Qin, Amy; Sang-Hun, Choe (August 7, 2016). "South Korean Missile Defense Deal Appears to Sour China's Taste for K-Pop". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved March 16, 2018.
  237. ^ a b "K-Pop Industry Relies More on Japan Than China". January 26, 2017. Retrieved March 16, 2018.
  238. ^ a b c d e f Herman, Tamar. "Korean Entertainment Thrives On Beneficial But Tense Relationship With Chinese Investments". Forbes. Retrieved March 16, 2018.
  239. ^ a b Kang, John. "Why Alibaba Bought $30M Stake In K-Pop Giant SM Entertainment, Home To EXO And Girls' Generation". Forbes. Retrieved March 16, 2018.
  240. ^ "슈퍼주니어M, 중국 가요계 완전 싹쓸이". Newsis. March 8, 2011.
  241. ^ "China V Chart". Billboard. Retrieved April 7, 2018.
  242. ^ Emiko Jozuka; Sol Han. "Why South Korean companies, entertainers are getting cold shoulder in China". CNN. Retrieved April 7, 2018.
  243. ^ "The surprising reason why China is blocking South Korean music videos and TV". Vox. Retrieved April 7, 2018.
  244. ^ "China's ban on hallyu". koreatimes. November 23, 2016. Retrieved April 7, 2018.
  245. ^ "North Korea conducts public executions for theft, watching South Korea media: report". The Japan Times Online. July 19, 2017.
  246. ^ Hajek, Danny (July 5, 2017). "Watching Foreign Movies Is Illegal In North Korea, But Some Do It Anyway". www.npr.org.
  247. ^ a b Hsu, Jeremy (April 6, 2018). "How the USB Taught North Korea to Love K-Pop". Lovesick Cyborg. Retrieved October 17, 2018.
  248. ^ a b c d Baek, Jieun. North Korea's Hidden Revolution.
  249. ^ a b c Oakeley, Lucas (April 24, 2018). "How K-pop became a propaganda tool". The Outline. Retrieved October 17, 2018.
  250. ^ Kretchun, Lee, Tuohy. "Compromising Connectivity- Information Dynamics Between the State and Society in a Digitizing North Korea" (PDF). Www.intermedia.org – via Intermedia.{{cite journal}}: CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  251. ^ Lee, Je Son (June 17, 2015). "Do North Koreans like K-pop?". NK News – North Korea News. Retrieved October 17, 2018.
  252. ^ Kim, Mikyoung (August 1, 2018). "North Korea's Hidden Revolution: How the Information Underground Is Transforming a Closed Society. By Jieun Baek. New Haven, Conn.: Yale University Press, 2016. xxvi, 282 pp. ISBN: 9780300217810 (cloth, also available as e-book and audiobook)". The Journal of Asian Studies. 77 (3): 816–817. doi:10.1017/S0021911818000694. ISSN 0021-9118. S2CID 165556415.
  253. ^ "Kim Jong Un likes K-pop music, banned in North Korea. That could be a diplomatic breakthrough". USA Today. Retrieved May 11, 2018.
  254. ^ "K-pop stars to perform in North Korea for first time since 2005". The Guardian. Reuters in. March 20, 2018. Archived from the original on March 20, 2018. Retrieved October 17, 2018.
  255. ^ Sang-Hun, Choe (April 1, 2018). "Onstage, South Korean K-Pop Stars. In the Balcony, Kim Jong-un, Clapping". Retrieved October 17, 2018.
  256. ^ "Kim Jong-un Calls K-Pop a 'Vicious Cancer' in the New Culture War". The New York times. Archived from the original on December 28, 2021.
  257. ^ Sang-Yeon Sung (July 2010). "Constructing a New Image. Hallyu in Taiwan". JSTOR 23615262.
  258. ^ "GOT7 To Hold Their First Solo Concert in Singapore". KpopStarz. April 10, 2016. Retrieved April 13, 2016.
  259. ^ "EXO to hold two nights of concert in Singapore in January 2016". HallyuSG. December 11, 2015. Retrieved April 13, 2016.
  260. ^ "Brows are big in the beauty business". July 28, 2016.
  261. ^ "Eyebrows in spotlight as brow-grooming services and products rise in popularity". Archived from the original on October 22, 2016. Retrieved August 10, 2016.
  262. ^ Ng, Gwendolyn (August 7, 2017). "K-pop extravaganza Music Bank In Singapore is a music buffet feast". The Straits Times. Retrieved October 21, 2017.
  263. ^ "Malaysian firms tap into K-Pop power". BBC. Kuala Lumpur. July 3, 2012. Retrieved December 8, 2015.
  264. ^ "Asians worry about 'hallyu effect'". The Korea Times. Bangkok. November 20, 2014. Retrieved February 28, 2016.
  265. ^ "Music, fashion, drama: Indonesians 'falling in love' with South Korea". ABC News. October 3, 2016. Retrieved April 2, 2018.
  266. ^ "Hallyu, the Korean wave". The Jakarta Post. Retrieved April 2, 2018.
  267. ^ Santamaria, Carlos (September 19, 2012). "Korean 'Hallyu' and the Pinoy invasion". Rappler.
  268. ^ Perez, Analyn (June 26, 2014). "KPop fans and stans: A deeper look into the Pinoy Hallyu fandom". GMA News Online. Retrieved March 10, 2019.
  269. ^ a b Hanssen, Ulv (February 19, 2015). "Vietnam catches the Korean wave". East Asia Forum. Retrieved January 9, 2019.
  270. ^ "'Music Bank' to restart its world tour starting in August". allkpop. Retrieved January 9, 2019.
  271. ^ "Jiyeon (T-ara) chủ động diễn cảnh tình cảm với Soobin Hoàng Sơn". News.zing.vn. July 27, 2018. Retrieved January 8, 2019.
  272. ^ Lee, Seungrok (September 12, 2018). "이수만 "NCT베트남팀 만들겠다"…한·베트남 비즈니스 협력 세미나 발언". entertain.naver.com (in Korean). My Daily. Retrieved May 5, 2021.
  273. ^ "S.M. Entertainment to hold K-pop auditions in 10 countries". The Jakarta Post. Retrieved January 9, 2019.
  274. ^ "2018 Cube Star World Audition in Vietnam 베트남어ver". www.cubeent.co.kr (in Korean). September 11, 2018. Retrieved January 9, 2019.
  275. ^ Trẻ, Phuong Thao/Thế Giới. "Công ty của BTS – Big Hit Entertainment sẽ tổ chức tuyển thực tập sinh tại Việt Nam". thegioitre.vn (in Vietnamese). Archived from the original on January 9, 2019. Retrieved January 9, 2019.
  276. ^ "Youths in BD attracted to K-pop". bangladeshpost.net. Retrieved April 7, 2021.
  277. ^ "K-Pop in Bangladesh 상세보기|Bilateral RelationsEmbassy of the Republic of Korea in People's Republic of Bangladesh". overseas.mofa.go.kr. Retrieved April 7, 2021.
  278. ^ a b Kember, Findlay. "Remote Indian state hooked on Korean pop culture". Agence France-Presse. Archived from the original on March 7, 2014. Retrieved February 24, 2013.
  279. ^ a b "A little corner of Korea in India". BBC. October 17, 2010. Retrieved August 30, 2012.
  280. ^ Chitransh, Anugya (June 3, 2012). "'Korean Wave' takes Indian kids in its sway". The Times of India. Archived from the original on July 4, 2013. Retrieved January 9, 2014.
  281. ^ "K-pop goes India! Riding the Korean musical wave". July 17, 2016.
  282. ^ Sugathan, Priya (May 23, 2011). "South Korean films inundate Manipur market". Daily News and Analysis. Retrieved February 24, 2013.
  283. ^ American teenager with illness meets K-pop idols, Associated Press
  284. ^ Super Junior and SHINee meet a young American girl Archived April 11, 2013, at archive.today, Korea.com
  285. ^ "South Korean Pop Sensation Wonder Girls Hits The States". Access Hollywood. Retrieved January 13, 2012.
  286. ^ "Featured artist at House of Blues". House of Blues. Archived from the original on March 20, 2012. Retrieved August 30, 2012.
  287. ^ "Upcoming K-Pop Concerts In The US". Soompi. Retrieved August 30, 2012.
  288. ^ Hong, Grace Danbi. "K-Pop Stars to Take Over Google Headquarters". Mnet. Archived from the original on January 29, 2013. Retrieved August 30, 2012.
  289. ^ Brown, August (April 29, 2012). "K-pop enters American pop consciousness". Los Angeles Times. Archived from the original on May 1, 2012. Retrieved March 24, 2013. K-pop fans in America are largely in major immigrant hubs like Los Angeles and New York, where, with a crop of rising K-pop acts including BoA and Super Junior, Girls' Generation sold-out Madison Square Garden.
  290. ^ Seabrook, John. "Cultural technology and the making of K-pop". The New Yorker. Retrieved March 4, 2013. The crowd was older than I’d expected, and the ambience felt more like a video-game convention than like a pop concert. About three out of four people were Asian-American, but there were also Caucasians of all ages and a number of black women.
  291. ^ McCurry, Justin (September 28, 2012). "K-pop stars: the lowdown on South Korean pop". The Guardian. London. Retrieved December 19, 2012.
  292. ^ "Girls' Generation Splinter Group Enters Billboard 200". Billboard. May 4, 2012. Retrieved December 19, 2012.
  293. ^ "2NE1 Holds First Concert In The US". Manila Bulletin. August 20, 2012. Retrieved September 12, 2012.
  294. ^ "Big Bang adds two additional tour dates for the U.S". Allkpop. September 29, 2012. Retrieved December 19, 2012.
  295. ^ Kaufman, Gil. "Madonna Goes 'Gangnam Style' With Psy". MTV. Retrieved November 15, 2012.
  296. ^ Bae, Soo-min (January 31, 2013). "Billboard launches K-pop column with INFINITE". The Korea Herald. Retrieved October 9, 2014.
  297. ^ Benjamin, Jeff (January 29, 2013). "Billboard & Girls' Generation Welcome You to K-Town!". Billboard. Retrieved October 9, 2014.
  298. ^ Carr, David (January 7, 2014). "New Leader at Billboard Sees Future in Visuals". The New York Times. Retrieved October 9, 2014.
  299. ^ "f(x) Schedule at SXSW". SXSW. March 1, 2013. Archived from the original on December 3, 2013. Retrieved November 27, 2013.
  300. ^ "A Look Back At A First Timer's KCON NY 2016 – Day 1". July 8, 2016.
  301. ^ "KCON LA 2016: BTS, Monsta X, Davichi & More Close Out Fest". Billboard.
  302. ^ Ye-eun, Jie (May 22, 2017). "BTS becomes first K-pop group to win at Billboard Music Awards". Korea Herald. Retrieved May 29, 2021.
  303. ^ "Billboard Music Awards 2013: The Complete Winners List". MTV. Retrieved May 29, 2018.
  304. ^ Cirisano, Tatiana. "BTS Wins Top Social Artist Award at the 2018 Billboard Music Awards". Billboard. Retrieved May 29, 2018.
  305. ^ Wang, Mary (November 20, 2017). "BTS's Much-Hyped AMAs Performance Fulfilled All Your K-Pop Dreams". Vogue. Retrieved May 29, 2018.
  306. ^ Weatherby, Taylor. "BTS Put on Epic Performance of 'Fake Love' at the 2018 Billboard Music Awards: Watch". Billboard. Retrieved May 29, 2018.
  307. ^ Chiu, Allyson. "South Korean boy band BTS makes history: First K-pop group to top U.S. Billboard 200 chart". Washington Post. Retrieved May 28, 2018.
  308. ^ Trust, Gary. "BTS Scores First Hot 100 Top 10 for a K-Pop Group & Its First No. 1 on Digital Song Sales Chart With 'Fake Love'". Billboard. Retrieved May 29, 2018.
  309. ^ Trivedi, Anjani (August 1, 2013). "Forget Politics, Let's Dance: Why K-Pop Is a Latin American Smash". Time. Retrieved January 9, 2014.
  310. ^ Bishop, Marlon (December 15, 2013). "Meet Latin America's Teenage Korean Pop Fanatics". NPR. Retrieved January 9, 2014.
  311. ^ "South Korea's K-pop spreads to Latin America". Agence France-Presse. Archived from the original on March 2, 2013. Retrieved March 28, 2013.
  312. ^ Oh, Seok-min. "(Yonhap Feature) K-pop fever takes hold in Latin America". Yonhap News Agency. Retrieved December 16, 2012.
  313. ^ Shin, Hyon-hee (January 27, 2013). "K-pop craze boosts Korea's public diplomacy". The Korea Herald. Retrieved January 28, 2013. In Chile alone, there are about 20,000 members of 200 clubs also for Big Bang, 2PM, CNBLUE, Shinee, MBLAQ and other artists. Peru is another K-pop stronghold, with nearly 8,000 people participating in 60 groups.
  314. ^ "'2011 K-POP Cover Dance Festival to Celebrate the Visit Korea Year Campaign', The Second Round Contest Held Successfully in Russia and Brazil". Archived from the original on April 8, 2014. Retrieved April 7, 2014.
  315. ^ "Over 3,000 Peruvian fans gather to greet JYJ in Peru". Allkpop. Retrieved August 30, 2012.
  316. ^ "AFP: South Korea's K-pop spreads to Latin America". June 19, 2012. Retrieved September 17, 2012.
  317. ^ "Colombia Getting into K-Pop Groove with Reality TV Shows". The Chosun Ilbo. Retrieved August 30, 2012.
  318. ^ a b "JYJ Charts New Territory for K-Pop Solo Act in Mexico". The Chosun Ilbo. Retrieved September 11, 2012.
  319. ^ Cave, Damien (September 21, 2013). "For Migrants, New Land of Opportunity Is Mexico". The New York Times. Retrieved September 23, 2013. there are now 70 fan clubs for Korean pop music in Mexico, with at least 60,000 members.
  320. ^ "Kim Hyung Jun completes his South American concert tour on a successful note". Yahoo!. January 22, 2014. Archived from the original on January 26, 2014. Retrieved January 26, 2014.
  321. ^ "Kim Hyung Jun Is Greeted By Huge Kpop Fan Base In Bolivia". YouTube. Retrieved January 26, 2014.
  322. ^ "Kim Hyung Jun Gathers Crowds of Fans Everywhere in Peru" Archived February 2, 2014, at the Wayback Machine. Mwave. Retrieved January 26, 2014.
  323. ^ (in Korean)"김형준 남미 인기 이 정도? 페루공항 마비 포착". Naver. Retrieved January 26, 2014.
  324. ^ "Inicia Montiel gira por Asia, para atraer inversiones". www.cronica.com.mx (in Mexican Spanish). Retrieved March 11, 2018.
  325. ^ "Ministerio de Cultura busca convertir a Surcorea en líder de la industria cultural del mundo". world.kbs.co.kr (in Spanish). Retrieved April 1, 2018.
  326. ^ a b Lopez Rocha, Nayelli. "Hallyu in Mexico and the role of Korean pop idols' fan clubs". The Journal of Foreign Studies. 24: 615–637.
  327. ^ "JYJ Charts New Territory for K-Pop Solo Act in Mexico". Retrieved April 1, 2018.
  328. ^ "Inaugural KCON Mexico draws over 33,000 fans plus another 200,000 live stream viewers!". Hello Asia!. March 20, 2017. Retrieved April 1, 2018.
  329. ^ Cave, Damien (September 21, 2013). "For Migrants, New Land of Opportunity Is Mexico". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved April 1, 2018.
  330. ^ "Mexican fans ask President Roh to send hallyu stars". HanCinema. Retrieved April 1, 2018.
  331. ^ "KPOP: Marcha Masiva K-Pop Mexico II". g-dragon-is-vip.blogspot.kr (in Spanish). May 23, 2013. Retrieved April 1, 2018.
  332. ^ "Korea Foundation for International Culture Exchange". eng.kofice.or.kr. Retrieved February 24, 2021.
  333. ^ "German press praises Rain at the Dresden Music Festival". Allkpop. Retrieved August 30, 2012.
  334. ^ Mukasa, Edwina (December 15, 2011). "Bored of Cowell pop? Try K-pop". The Guardian. London. Retrieved September 17, 2012.
  335. ^ "Schön frisiert und wohlerzogen". Berliner Zeitung (in German). February 10, 2012. Retrieved December 19, 2012.
  336. ^ Kleinman, Jacob. "KPop 'Music Bank' World Tour: Korean Star Groups Pack Paris Stadium". International Business Times. Retrieved August 30, 2012.
  337. ^ "'MBC Korean Culture Festival in London 2012′ gathers 2,500 fans". Allkpop. Retrieved August 30, 2012.
  338. ^ "SHINee's London Concert Causes a Stir". The Chosun Ilbo. Retrieved August 30, 2012.
  339. ^ "Big Bang Wins 'Best Fan' MTV TRL Award In Italy". MTV. Archived from the original on September 10, 2012. Retrieved August 30, 2012.
  340. ^ "Europe's First Mega K-Pop Fest: All the Moments You Missed". Teen Vogue. May 17, 2022. Retrieved June 9, 2022.
  341. ^ "К-РОР Cover Dance Фестиваль". Muz TV. Archived from the original on November 7, 2011. Retrieved August 30, 2012.
  342. ^ "SHINee in Russia on first episode of 2011 Cover Dance Festival 'K-Pop Road Show 40120′". Allkpop. Retrieved August 30, 2012.
  343. ^ "K-pop magazine published in Russia". korea.net. October 15, 2012. Retrieved January 17, 2015.
  344. ^ "Park Jung Min to Hold Solo Concert in Russia". Mwave. Archived from the original on August 31, 2014. Retrieved July 30, 2014.
  345. ^ "Концерт Пак Чон Мина (Park Jung Min)". KudaGo.com.
  346. ^ "B.A.P. в Москве, билеты на 17 мая 2016". ModernRock.ru.
  347. ^ "B.A.P в Москве, билеты на 9 мая 2017". ModernRock.ru.
  348. ^ "GOT7 впервые выступят в Москве". www.intermedia.ru. February 21, 2018.
  349. ^ "Zico". glavclub.com.
  350. ^ "K-POP MTCamp – твой код доступа в Корею". www.mtv.ru.
  351. ^ "K-Pop РЕАЛИТИ-ШОУ!". www.mtv.ru.
  352. ^ "BTS' 'Fake Love' and EXO's 'Power' played at the '2018 Russia World Cup' final match". allkpop.
  353. ^ "Larousse 2023 : Covid long, wokisme, grossophobie... Les nouveaux mots qui entrent dans le dictionnaire" (in French).
  354. ^ a b "K-pop fan base continues to grow". korea.net. Retrieved January 20, 2013.
  355. ^ "Middle East: Korean pop 'brings hope for peace'". BBC. August 7, 2013.
  356. ^ Long, Natalie (December 7, 2013). "Infinite lead K-Pop invasion in Dubai". Gulf News. Retrieved January 9, 2014.
  357. ^ "Israeli fans latch on to ever-mobile K-pop wave". JoongAng Daily. Archived from the original on January 27, 2013. Retrieved August 31, 2012.
  358. ^ "Middle East: Korean pop 'brings hope for peace'". BBC. August 7, 2013. Retrieved August 7, 2013.
  359. ^ Nissim Otmazgin; Irina Lyan (December 2013). "Hallyu across the Desert: K-pop Fandom in Israel and Palestine" (PDF). Hebrew University of Jerusalem. Retrieved January 17, 2015.
  360. ^ "K-POP İstanbul'u sallayacak!". Milliyet (in Turkish). Archived from the original on December 14, 2013. Retrieved June 25, 2013. Türkiye’de kayıtlı 150.000 K-POP fanı bulunuyor.
  361. ^ "K-pop invasion". Gulf News. Archived from the original on May 12, 2012. Retrieved August 30, 2012.
  362. ^ Tusing, David. "Korean pop phenomenon ZE:A in Dubai". Gulf News. Archived from the original on August 29, 2012. Retrieved August 30, 2012.
  363. ^ "Egyptian-Korean ties endorsed through pop idol competition". Egypt Independent. July 30, 2011. Retrieved September 9, 2012.
  364. ^ "Korean pop culture spreads in Cairo". Egypt Independent. July 19, 2011. Retrieved April 14, 2013.
  365. ^ Chowdhury, Farhana. "EXO conquer iconic Dubai Fountain". www.khaleejtimes.com.
  366. ^ "K-pop stars BTS perform in Saudi Arabia". BBC News. October 11, 2019. Retrieved October 28, 2021.
  367. ^ a b c "From Rain to BTS: The Korean Wave in Australia". SBS PopAsia. June 5, 2017. Retrieved October 16, 2018.
  368. ^ "K-pop dance classes are booming in New Zealand". SBS PopAsia. August 24, 2017. Retrieved October 16, 2018.
  369. ^ "So you wanna be a k-pop idol". The Standard | Journalism@Swinburne. June 11, 2017. Retrieved October 16, 2018.
  370. ^ "The Academy Australia | Kpop Boot Camp | Team mates". The Academy Australia | Kpop Boot Camp | Idol Training. Retrieved October 16, 2018.
  371. ^ "Australian idols of the K-pop world". The Sydney Morning Herald. December 6, 2013. Retrieved October 16, 2018.
  372. ^ "5 times Stray Kids' Felix & Bang Chan's Aussie accents were super relatable". SBS PopAsia. June 26, 2018. Retrieved October 16, 2018.
  373. ^ "2011 K-Pop Music Fest". Azn stadium. Archived from the original on September 24, 2011. Retrieved August 30, 2012.
  374. ^ "Tidal wave of K-pop heads our way". The New Zealand Herald. April 26, 2012. Retrieved August 30, 2012.
  375. ^ "NU'EST to judge K-pop contest in Sydney". DKpopnews. Retrieved December 19, 2012.
  376. ^ "Gangnam Style's Psy on way to Australia". news.com.au. October 2, 2012. Archived from the original on December 20, 2012. Retrieved December 19, 2012.
  377. ^ "Dates announced for B.A.P Australian and New Zealand 2016 Tour". helloasia. February 29, 2016. Retrieved June 26, 2016.
  378. ^ "B.A.P. first K-Pop group to perform in NZ". NZ Herald. nzherald. March 23, 2016. Retrieved June 26, 2016.
  379. ^ "The Citizen". Retrieved October 16, 2018.
  380. ^ "Mwave | K-pop makes one". www.mwave.me. Retrieved October 17, 2018.
  381. ^ "South Korea blasts pop music, propaganda over the border". Daily News. New York. Retrieved March 5, 2013.
  382. ^ "South Korean Propaganda Blasts". Time. June 7, 2010. Archived from the original on June 10, 2010. Retrieved March 5, 2013.
  383. ^ "Girl Bands to Assist in 'Psychological Warfare'". The Chosun Ilbo. Retrieved March 5, 2013.
  384. ^ "N. Korea takes 'Gangnam Style' shot at South politician". The Straits Times. Singapore Press Holdings. August 20, 2012. Retrieved September 20, 2012.
  385. ^ Kwon, K. J.; Mullen, Jethro (September 20, 2012). "North Korean video evokes 'Gangnam Style' to taunt South Korean candidate". CNN. Retrieved September 25, 2012.
  386. ^ "Remarks by President Obama and President Park of South Korea in a Joint Press Conference". White House. May 7, 2013. Retrieved May 7, 2013. And of course, around the world, people are being swept up by Korean culture—the Korean Wave. And as I mentioned to President Park, my daughters have taught me a pretty good Gangnam Style.
  387. ^