Joos Maternal Dynasty

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
Joos Maternal Dynasty
五芒星Lined.svg
ユニールの星セレールの宗教宇宙進化論における宇宙のシンボルまた、Sineのセレール族を象徴ています。O xoorpaÿ)。
親家SineのSerer王女LingeerFatimBeyeの子孫
シヌ王国、現在のセネガルの一部 
設立c。1367年(ワーロ[1]ですが、セレール族の国ラマニック時代)ではかなり古いです。[2]
創設者Lingeer Fatim Beye of Sineは、SineのLingeerNdoyeDembaによってワーロに設立されました
最終定規Brak Kharfi Khari Daaro(1837年から1840年に統治)[3] [4]
タイトルBrakLingeer
解散1855年–BrakMöMbojMaalik Mboj (最後のBrak)の後のWaaloの解散、およびフランス人によるLingeer NdatehYallaMboojと彼女の夫MorossoTasseJobeの敗北

Joos Maternal Dynastyセレール語:Joos Fadiou / Fadioudj 、その他のバリエーション:Dioss Fahou / Fadiou[5] Dyoss[6] DieussDihosouDiouss[7] [8] Dyoos [9]またはDjeus [10]14世紀にセレールの植民地時代以前のシヌ王国から始まり、ウォロフ王国のワーロに広がったセレールの母方の王朝でした。[1] [6] [ 9]家長またはこの母方の王朝の創設者は、シヌ王国出身の王女であり女王であるリンジャー・ファティム・ベイでした。[6] [11] [12]ワーロでは、SineのLingeerNdoyeDemba王女によって設立されました[10] Lingeer Ndoye Dembaは、LingeerFatimBeyeの母方の孫娘でした。彼らは両方ともセレール民族グループから来ました。[11]植民地時代以前のシネとワーロの王国は現在、現代のセネガルの一部を形成していますが、植民地時代以前のセネガンビアでは、現在のガンビアはセネガルと国境を接しており、同じ歴史的および文化的遺産を共有しています両国の境界は、植民地時代の過去のために純粋に地理的であり、英国はガンビアに植民地化し、フランスはセネガルに植民地化しています。これらのイベントの背景については、セネガル歴史、ガンビアの歴史セネガンビアセレールの歴史のタイムラインを参照してください。

cから。1367年、[1]この母方の王朝は、王室の称号「ブラック」で支配するワーロの多くの王を提供しましたブラックスはワーロラマネス後継者であり[13] [14]、14世紀から1855年まで国を統治し、ワーロがフランスに転落した年に君主制が廃止された。

起源

マトリクランとしてのJoosの起源は不明です。知られているのは、それはラマネスの時代に存在していた多くのセレール族のマトリクラン[15]の1つにすぎないということです[2] Lamanesは古いSererの王でした。このマトリクランが最初にセレール国で悪評を獲得したセレール暦内の正確な期間は推測の問題です。ラマネスの時代に存在していたことを除けば、ラマニック時代のどの部分が最初に目立つようになったのかについてはほとんどわかっていません。いくつかの情報源によると、それは14世紀の前半までに顕著でした。これは、ラマン時代の崩壊に対応しています(ラマンジャガンジョーフも参照)JoofファミリーGuelowar)。[16] [17]彼らの一族の名前(Joos Fadiou)は、FadiouのJoosFadiouth)を意味します。

歴史

Joos Maternal Dynastyは、植民地時代以前のセネガンビアのセレール王朝とセネガンビア王朝の1つでした王女LingeerNdoyeDemba(ワーロのこの王朝の創設者)は元々はシヌ王国とセレール民族グループのメンバーの両方から、この王朝の家長であるLingeerFatimBeye母系の子孫でした。[5] [6] Lingeer Fatim Beyeは、NdoyeDembaの母方の祖母[5] [6]であり、彼女の後に続くすべてのJoosの祖先です。[6] [18]いくつかの情報源では、彼女はJoos王朝の創設者として引用されています。[18] [19]

Fatim Bey[Beye]がDioss[Joos]の創設者と呼ばれていることは、NdoyeDembaがDiossの祖先であるという見解と矛盾しません。Fatim /FatimataBeyeは初期の祖先でした。[18]

ジョロフ帝国のおそらく神話上の創設者であるNdiadianeNdiaye [18]の同時代人であったLingeerFatimBeyeも、ある時点でMaad a Sinig Maysa Wali Jaxateh Manneh(var:Manyeasa Wali Dione [6]と結婚したと報告されています。 [6] Maysa Waliは、Ñaancosによって彼の家族(Guelowars)に深刻な敗北を負わせた後、Sineまたはセレール王国のいずれかで支配したGuelowar王朝の最初メンバーでしÑaancosは、1865年(カンサラの戦い)まで数世紀にわたって、Kaabu(現在のギニアビサウ)の支配的で強力な母方の王朝でした。)。彼らはTroubangの戦いでGuelowarsを打ち負かしました。これは、GuelowarとÑaancosの王家の間の王朝戦争とされています。実際、「トルバンの戦い」はありませんでした。この伝統を報告する際に、ヘンリー・グラヴランドは、これが実際には1867年(または1865年)のカンサラの戦いの説明であることに気づきませんでしたが、ゲロワールの出発はおそらく戦争または継承の対立によって説明できます。[20]彼らの生まれた国であるKaabuを脱出した後、彼らは LingeerFatimBeyeの家族が所属していたSerer貴族[21]から亡命を許可された。[6]セレール族とゲロワール社会の上層部の間の結婚は、セレール族とゲロワル族の間の結合を封印しました。[21] 1350年、メイサ・ワリは、彼と彼の家族の亡命を許可した貴族の法律顧問を務めた後、サインの人々によってマード・ア・シニグサインの王)に指名され、選出された。[17] [21]彼は1350年から1370年まで統治した。[17]

ワーロのウォロフ王国におけるシネのJoosマトリクランの侵入は、LingeerNdoyeDembaを介して行われました。ワーロ王国は、王室の称号であるブラク(ワーロの王の称号)を持っていたムブージの父方の家族[22]によって統治されていました。この父系の継承モードと同様に、Brakは、王位を継承する資格を得る前に、主要な3つの王室のマトリクランの1つに属していなければなりませんでした。これらの3つの母方の氏族はワーロの統治する母方の王朝であり、次のものが含ままし他の情報源はメンデ起源[24])とログガームーア起源[9])を示唆していますが。ウォロフ語では、マトリクランはmeenまたはmèneと呼ばれ[ 6 ]セレールではtimと呼ばれます。[15] 継承は、父系(セレール語でkurcala 父系の継承を意味する[25]またはsimanGolは父系[26]を意味する)および母系(ƭeenyaay [25]またはden yaay )でした。[15]セレール語)。Lingeer Ndoye Demba(Sineの王女)は、彼がSineを訪れたときに、Waaloの王(Brak Caaka Mbooj)と結婚して与えられました。王室の結婚式シネで行われ、結婚後、王女は夫と一緒に彼の国(ワーロ)に行きました。Joos Maternal Dynastyは、Sineで長い間確立されていましたが、多くのセレール族の1人であり[15]中世の母方の王朝に新たに加わったものです。ワーロの他の母方の王朝(TedyekとLoggar)はすでに確立されていました。Brak Caaka Mbodjの母親はLoggarであり、彼の最初の妻(Lingeer Isa Tanor)はTedyekでした。Isa Tanorは、Guet May Beut(Tedyeksの家長)の母系の子孫でした。[10] 1855年にワーロが解散してから600年間、これら3つの母方の王朝の王子は、王位継承を確保するために王朝の内戦に従事しました。18世紀には、当時Joos王朝の長であった王子MöMbôdyKumbaKhedy Mbooj(後の–BrakMöMbôdyKumbaKhedy Mbooj、1734年から1735年頃に君臨しました[27])が支持を活性化しました。彼の母方の一族のそして他の母方の王朝の虐殺を導いたワーロ、特にJoosの最大のライバルであるTedyeksの Tedyek氏族の多くの著名なメンバーは、当時の王であるBrak Yerim Ndateh Boubou(Tedyek)[28] とその家族を含め、Joosによって殺害されました。[29]この歴史的な出来事は、セネガンビアの人々によってより一般的にタラータ・イ・ンディアと呼ばれるンデルの戦いを引き起こした。「Talaata-i-Ndeer」 (またはTalaata i Ndeer / Nder)というフレーズは「火曜日のNdeer」を意味し、火曜日に当時の首都ワーロ(NdeerまたはNder)でイベントが行われたことを意味します。[28] [29] [30]

他の情報源は、Joos家がNderの戦いを引き起こさなかったか(いくつかの[30]の中でTalaataÑ'Deer)、またはNderの2つの歴史的な戦いがあったことを示しているようです(1つはBrak YerimNdatehBoubouとBrakMöの治世中MbôdyKumbaKhedy [28]またはBrakNjaakKumba Xuri Yaayの治世中[30])。ある人によると、戦いは、ブラク・ニャク・クンバ・シュリ・ヤアイワーロの王)[31]ンダールセントルイス、セネガル)。[30]しかし、一般的なコンセンサスは、歴史的な「Talaata-i-Ndeer」(「The Battle of Nder」)は、JoosとTedyek家の間で起こった戦いだけだったということです。[28] [29]この混乱は、ワーロ(ブラック)の王の治世の年が誤って記載されていたアマドゥ・ウェイドのクロニク・デュ・ワロの年代順の誤りによるものです。[32]この混乱のもう一つの理由は、Joosによって引き起こされた最初の戦い[28]が、数年間(いくつかの[29]または29年[28] [33]によると20年)続く内戦を引き起こしたことです。)その内戦は、Brak YerimNdatehBoubouとBrakMöMbôdyKumbaKhedyのずっと後に君臨したBrakNjaakKumbaXuriYaayの治世まで続いた可能性があります。[34]ふたなりのアルマミーによって、ワーロでブラク・ニャク・クンバ・シュリ・ヤアイの首都(ンデル)に対して開始された奇襲攻撃は、特にジョロフとカジョールでの彼の多くのジハード遠征の1つにすぎなかった。彼はついにカジョールダメルに敗北した(1790年から1809年に君臨したアマリ・ンゴネ・ンデラまたはアマリン・ゴネ・ンデラ[35])。

リーダーのMöMbôdyKumbaKhedyが率いる「JoosWars」に続いて、Waaloの王位は、それを維持するために長い間戦争を行っていたJoos家によって確保されました。[29]しかし、BrakMöMbôdyKumbaKhedyの死後ずっと、選帝侯評議会(Sek akBaor[36]またはSebakBaor [37]によって、王位は正当に選出された王(Tedyek)平和引き渡さた。] [38])。BrakMöMbojMaalikMboj Loggar )は、1855年にLingeer Ndateh Yalla Mbooj(Tedyek)の下で君主が崩壊する直前のWaaloの最後のBrakでした)と彼女の夫であるモロッソ・タッセ・ジョベ(カジョールの王子)、ワーロの政治シーンは、600年近くの間、ジョースとテディエック王朝によって支配されていました。[40] Joosに対する最大の脅威は、より多くのWaaloの王を提供したTedyeksでした。[33]Loggarsは、Mboojの父方の王朝の初期に目立っていましたが、後で支配を失いました。18世紀、彼らは権力を獲得して王位を継承するために、Joosと同盟を結ぶことを試みました。Joos – Loggarの同盟は、この時期のWaaloの政治シーンを支配していました。それはまた、国の政治情勢と内戦を悪化させた。すべての母方の家族が自分たちの目的を推進しようとしたこの時期に、同盟が形成され、崩壊しました(以下の王のリスト「Brak Yerim Kode FaraMbune」を参照)。[41]

これらの母方の王朝の力は非常に現実的でした。[6]彼らはNderの戦いのように軍隊を育てることができた。氏族メンバーの加入を確保するための財政的能力と支援がありました。即位したLingeer -NjombotMbooj [42] Ndateh Yallaの全血の姉妹であり、Brak Amar Fatim Borso Mbooj(Joos)の娘は、JawdinSharluという名前で選挙人評議会の著名なメンバーに賄賂を贈ったと報告されています[ 43](var。Dyawdin Sharlu [37] [38] )彼女の優先候補者の選挙を確保するためだけに合計1500フランスフランと金で。[37] [38]この賄賂は、彼女が評議員とランデヴをした3日間(金を含めて1日500フラン)に行われたと報告されています。[37] [38] Njombot Mbooj(1800年生まれ、[44] 1846年9月に死亡[45])と彼女の妹(Ndateh Yalla)は、19世紀前半のセネガンビアで最も強力な女性の2人でした。[44] [46] [47]彼らの前には、セネガンビア王朝史上最も強力で影響力のある2人の女性であるLingeer Yassin(19世紀初頭)とLingeer Mbarika Mbooj(17世紀)がいた。どちらもJoosマトリクラン出身でした。Lingeer Mbarika Mbooj(var。MborikaまたはMbarika Mbodje[29])は、Joosの17人の王子の頭であるBrak YerimKodeNgoneの母親でした。[29]ジョロフ帝国はダンキの戦いの後、1549年に崩壊したが、ジョロフ(ブルバ)の何人かの王は古い帝国を若返らせようとした。彼女の息子の法廷の評議員として、Brak Yerim Kode Ngoneは、ジョロフの前進を撃退し、ジョロフのくびきからワーロを解放しようとして、彼の治世の長年を過ごしました。彼はジョロフとの最後の戦争で亡くなったと報告されています。彼は、ジョロフの支配から解放されて、ワーロの独立を達成するという彼の役割で、ワーロの最も尊敬されている王の一人です。ワーロは、彼の死後数年でジョロフの影響から完全に解放されました。[48]

王のリスト

以下は、 JoosMaternalDynastyに参加しているWaaloのBrakのリストです。彼らの名前はMboojです

  • Brak Yerim Mbanyik Ndoye Demba Mboojvar.YérimMbanyikNdoy Demba)、おそらくcから統治しました。 1403から1410 [1] [49] (または[ 49 ]によると1445–1457 )。LingeerNdoyeDembaとBrakCaakaMbaarの息子。ジョーとゲイの家族が彼を敗北させるために彼との戦争を開始しようとしたとき、彼は彼の軍隊で彼らを打ち負かし、セネガルの現在のフタトロに避難することを彼ら強制まし[50]
  • Brak Kiou Kouli(var。Kioukouli [3][51]
  • ブラク市長アイッサ[52]
  • Brak Fara Koy Jon(var。Fara Koy DyonまたはFaraKodiègue)、[3]統治c。1676 – 1679 [53]
  • Brak Fara Koy Jobe(var。FaraKoyDyôpまたはFara Kouri Kodiop[3]
  • Brak Fara Ko Ndaama(var。Fara Ko Ndama)、[3]統治c。1670 – 1683 [53]
  • Brak Naatago Khari Daaro(var。Natagou Khary Daro)[3]
  • Brak Yerim Kode Ngone Mbooj(var。Yerim Kode N'Dyureane [48])、統治c。1673 – 1676 ?. [53]ジョロフとの戦いで死亡したと報告されている彼はJoosの17人の王子の頭であり、Waaloの最も尊敬されているBraksの1人でした。[29] [48] [53]
  • Brak Fara Kumba、統治c。1665 – 1673(最初)、c。1664 – 1676(秒)。[53]ある人によると、彼は1676年に彼に対して開始されたマラブー戦争(イスラム教徒によって開始されたセネガンビアのジハード)の間に死亡した。[53]
  • BrakMöMbôdyKumbaKhedyMbooj、統治c。1734 –1735。[27]間違った理由ではあるが、ワーロの最も有名なブラックの1つ。Nderの戦いでJoosを扇動し、主導しました。Joosは勝利しました。現役のBrak– Yerim Ndateh Boubou(Tedyek)が殺害された後、BrakMöMbôdyKumbaKhedyは彼自身の父方の叔母– Lingeer Condama(var.KôNdama、Tedyek)の住居に入り、彼女を暗殺しました。Lingeer Condamaは、彼女の父方の甥(BrakMöMbôdyKumbaKhedy)に対して、彼女自身の母方の甥(Brak Yerim Ndateh Bubou)を支持し、Joosの大義に有害なWaaloの政治問題に関与したとして非難されました。[28]アマドゥ・ウェイドによれば、彼は戴冠式の日に暗殺された。[27]任務を遂行するために、ソロモノという名前のトラザールのプロの暗殺者が雇われたことが進んでいます。[54]
  • Brak Yerim Kode Fara Mbune Mbooj(var.YérimKodéMbunè [55]またはYérimKodéFaraMbouma [3])、彼はマトリクラン(Joos)とLoggars、特にNdyak Xuri(var。Njaak)と同盟を結び、権力を握りました。 Xuri)。彼の前任者であるYerimMbanyikAnta(Tedyek)は、数人のTedyek王子と共に殺害されました。彼のLoggarの同盟国(Ndyak Xuri)は、Tedyekの死後、王位を継承することを望んでいましたが、彼は王位を継承しませんでした。彼らの勝利の後、Yerim Kode Fara Mbuneは王位を継承し、彼のLoggar同盟国はJolofに追放されました。彼の治世から約2年後(一部によると)、Loggar氏族を率いるNdyak Xuriは、Lamtoroと同盟を結んだ。Yerim Kode Fara Mbuneを倒すために、FutaToroとEmirofTrazarの ムブデンの戦いで、イェリム・コーデ・ファラは、ジョース家の多くのメンバーと共に殺されました。[41]
  • Brak Maboje Kumba(var。Mabodje Coumba [ 3])は、1775年11月6日から1776年5月5日まで統治しました。国の政治で。[56]
  • Brak SaayodoYaasinMbôdyMbooj [3]var。SaayodoYassinModiまたはSayodoYacineMbodje [3])、統治c。1801 – 1806 [4]または1805–1810 [53]
  • Brak Amar Fatim Borso Mbooj(var。AmarFaatimBorsôまたはAmar Faty Mborso [3])、1812年から1823年に君臨[4](おそらく、1826年1月に亡くなったと報告されているため、1825年または1826年まで君臨した[57]。)。彼の反イスラム的見解で知られています。彼は、ブラックがイスラム教に改宗してはならないと言ったと言われています。それはアルマミーの後だったFuta Toro(Almamy Biran)は、ジョロフやカジョールなどの他のセネガンビアの州の中で彼の国でジハードを開始し、ジョロフの王とBrak Fara Penda Tigereleh(TedyekでBrak Amar Fatim Borsoの前任者)を改宗させました。アマール・ファティムと他の氏族メンバーが率いるジョースは、ファラ・ペンダがアルマニーに立ち向かうのではなく、恐れを通して回心するには弱すぎると見なしました。ファラ・ペンダは彼の回心は誠実であると述べましたが、彼は信じられませんでした。Amar Fatimは、Lingeer Ndateh YallaとNjombout(両方ともTedyeks、母親のLingeer Awo Fatim Yamar Khuri Yaye Mbooj)の父親でもあります。[3]
  • Kharfi Khari Daaro(var。Khirfi Khary Daro)、1837年から1840年に君臨[3] [4]

女王のリスト

このリストは、この母方の王朝に属する著名な女王または女王母の一部を示しています。彼らは王室の称号Lingeervar。linger [38])で行きます

も参照してください

参照

  1. ^ a b c d Caaka Mbaarの治世(var。Tyaaka Mbar)[in] Barry(1985)、p 328 (フランス語)[1]彼の息子の最も可能性の高い日付については、327ページを参照してください– Yerim Mbanyik Ndoye Dembaの治世(var.YérimMbanyikNdoy Demba(フランス語)[2](2012年7月21日閲覧)
  2. ^ a b BIFAN(1955)、pp 313–326
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m Barry(1985)pp 312–30
  4. ^ a b c d Zaghi、Carlo、 "L'Africa nella coscienza europea e l'imperialismo italiano"、Guida(1973)、p 288
  5. ^ abc速報 _ セリエB:科学人間科学/ Institut fondamental d'Afrique noire、Volume 41. p 234、(1979)
  6. ^ a b c d e f g h i j kInstitutfrançaisd'Afriquenoire 、Bulletin del'Institutfrançaisd'Afriquenoire:Sciences humaines、Volume 17. IFAN、(1955)、p 317 (フランス語)
  7. ^ モンテイル、p 36、
  8. ^ 速報。セリエB:科学人間科学/ Institut fondamental d'Afrique noire、Volume 41. p 225(1979)
  9. ^ a b c d e Barry、Boubacar、 "Le Royaume du Waalo:leSénégalavantlaconquête"、KARTHALA Editions(1985)、p 73、ISBN  2865371417 (フランス語)
  10. ^ a b c Brigaud、Félix、 "HistoireduSénégal:Des originesauxtraitésdeprotectorat"、Clair-afrique(1964)、p 16 (フランス語)
  11. ^ a b c 多くのバリエーション:Fatimata Beye(BIFAN、1979、pp 225、233を参照)、Fatim / Fatimata Beye(BIFAN、1979、p 234を参照)、Fatime Bey(BIFAN、1979、p 234)など セネガルでのフランス語の綴りに続く、名前BeyeまたはBèyeもセレールマトリクランです。セレール語でのファティム(適切:ファティムは、「...の母系」を意味します。セレールの母系性の詳細については、Jean-MarcGastellu«'Petittraitédematrilinaritéを参照してください。L'accumulationdansdeuxsociétésruralesd'Afriquedel'Ouest'、Cahiers ORSTOM、sérieSciencesHumaines(1985)» (フランス語)、Jean-Marc Gastellu著、「西アフリカの母性、経済グループ、差別化」:メモ(ORSTO.M)
  12. ^ Bulletin de l'Institut fondamental d'Afrique noire:Sciences humaines、Volume 41(1979)、p 225
  13. ^ Boulègue、Jean、「Le Grand Jolof」、(XVIII e  – XVIeSiècle)。(パリ、エディションファサード)、カルタラ(1987)、30ページ(フランス語)
  14. ^ Dyao、Yoro、 "Légendesetcoutumessénégalaises"、Cahiers de Yoro Dyao:publiésetcommentésparHenriGaden。(E. Leroux、1912)(フランス語)
  15. ^ a b c d Dupire 、MargueriteSagesse sereer:Essaissurlapenséesereerndut、KARTHALA Editions(1994)(フランス語)timdenyaayについては(p.116を参照)。この本はまた、セレール族の母系と母系を通じた継承の手段について深く扱っています。38、95-99、104、119–20、123、160、172–4ページも参照してください[3] ISBN 2865374874(2012年7月9日閲覧) 
  16. ^ Diouf、「Chronique du Royaume du Sine」、705ページ(3ページ)
  17. ^ a b c Sarr、AliouneHistoire du Sine-Saloum(セネガル)。はじめに、参考文献とノートはチャールズ・ベッカーによるものです。バージョンlégèrementremaniéeparrapportàcellequiestparueen1986-87。p 19 (フランス語)
  18. ^ a b c d BIFAN(1979)、p 234
  19. ^ Dyao、Yoro(1912)
  20. ^ Sarr、Alioune Histoire du Sine-Saloum(セネガル)はじめに、チャールズ・ベッカーの参考文献とメモ。1986–87、19ページ
  21. ^ a bc «  BabacarSédikhDiouf  »inNgom、BiramLa質問Gelwaaret l'histoire du Siin、ダカール、Universitéde Dakar(1987)、p 69 (フランス語)
  22. ^ バリエーション: Mbodj Mbojなど。
  23. ^ 多くのバリエーション: Tédiek(Brigaudを参照)またはTeedyekk(Barryを参照)
  24. ^ «AmadouWade、 Chronique、commentépar Vincent Monteil、1966»[in] Sall、Ibrahima Abou、 Mauritanie du Sud:conquêtesetadministration Colonialesfrançaises、1890-1945、KARTHALA Editions(2007)、p 49、note 20. ISBN 2845868650  
    " Logar(mot qui serait d'origineberbére)、Joos(mot qui serait d'origine seereer)etTeejëk(mot qui serait d'origine mannde)"
    翻訳:ロガール(ベルベル人の言葉[すなわちムーア人])、ジョース(セレール語の言葉)、ティージェク(マンデ人の言葉)。[4](2012年7月9日閲覧)(フランス語)
  25. ^ a b Becker、Charles: "Vestiges historiques、trémoinsmatérielsdupasséclansles pays sereer"、Dakar(1993)、CNRS – ORS TO M. [5](2012年7月9日閲覧)(フランス語)
  26. ^ Kalis、Simone、「Médecinetraditionnellereligion et divination chez les Seereer Sine du Senegal」、 La connaissance de la nuit、L'Harmattan(1997)、299ページ、 ISBN 2-7384-5196-9 (フランス語) 
  27. ^ a b c Amadou Wadeによると、MöMbôdyKumbaKhedyは1734年から1735年まで統治し、戴冠式の日に暗殺されました。«AmadouWade、 "Chronique du Walo"、in Barry(1985)、p312を参照してください。
  28. ^ a b c d e f g バリエーション:BrakYêrimNdatèBubu; Talaata-i-Ndeerについても、BIFAN 1964: "Institut fondamental d'Afrique noire"、Bulletin、Volumes 26-27、IFAN(1964);を参照してください。Monteil、Esquissessénégalaises
  29. ^ a b c d e f g h i j «Dyaw、Yoro»in Barry(1985)、pp 184–6 [6](7月21日閲覧)(フランス語)
  30. ^ abcdダカール大学 _ DépartementdelanguesetCivilizations Germaniques、Étudesgermano-africaines:revueannuelledepartement de langues etCivilizationsgermaniquesdelaFacultédeslettresetsciences humaines del'UniversitédeDakar(Sénégal)、Issue 6、LeDépartement(1988)、p
  31. ^ バリエーション:Brak Ndaak Kumba Xuri Yaay(UniversitédeDakarを参照してください。セネガル)、第6号、LeDépartement(1988)、51ページ)
  32. ^ AmadouWadeのChroniqueduWaaloでは、Ndiadiane Ndiaye(Brak Barka Mbooj / Mbodjの母方の異母兄弟– Mbooj父朝の祖先であり、この家族の最初のBrak)は、12世紀後半(1186年、また[ in] Barry 1985、pp 311–12)。しかし、これは誤りであり、Ndiadiane Ndiaye( var。Ndyaadyaan Ndyay、Barry、1985、p。41を参照)は11世紀のムラービト朝の指導者( Abu Bakr ibn Umar1087年11月(アマールゴドマットの同時代人またはAmaGôdôMaat、Ndiadianeではありません)。ただし、以前に保持されていた仮定は破棄されました。一般的なコンセンサスは、Ndiadiane Ndiayeの治世(したがって彼の現代の母方の異父母兄弟)は、 Sineの王Maysa Waliの治世から10年後の14世紀の後半(1360)に置かれるというものです。AmadouWaadのChroniqueduWaaloのレビューと分析については、Barry(1985、特に41、147ページ)と1972を参照してください。Ndiadianeの治世については、Fage、John、D。、&Oliver、RolandThe Cambridge history of Africa:From c。1600からc。1790、p 486 ISBN0521209811Maysa Waliの治世については、Sarr、Aliouneを参照してください。 's、Histoire du Sine-Saloum(Sénégal)(introduction、bibliographie et notes par Charles Becker)'、 Bulletin de l'IFAN 、vol。46、シリーズB、nos 3-4、1986–1987、p 19、(フランス語)
    この家族の系図を含むLingeerNdoyeDembaも参照してください。
  33. ^ a b Ogot、Bethwell A.、16世紀から18世紀のアフリカ、(編集者:Bethwell A. Ogot、ユネスコ。アフリカの一般史の起草のための国際科学委員会;寄稿者:Bethwell A. Ogot、ユネスコ。アフリカの一般的な歴史の起草のための国際科学委員会、カリフォルニア大学出版(1992)、p 281、ISBN 0435948113 「Joos」(2012年7月11日閲覧) 
  34. ^ ワーロの王については、バリー(1985)を参照してください。
  35. ^ Diop、Papa Samba、 Glossaire duromansénégalais、L'Harmattan、Paris(2010)、pp 142–143、(フランス語) ISBN 978-2-296-11508-8 
  36. ^ Seb ak Baorまたは適切なもの: Seb ak Baorは、ワーロの王室から王( Brak )を選出する責任がある高貴な評議会
  37. ^ a b c d Institut fondamental d'Afrique noire、Bulletin de l'Institut fondamental d'Afrique noire:Sciences humaines、Volume 31、IFAN(1969)、pp 409–410 (フランス語)
  38. ^ a b c d e Barry、Boubacar、Le royaume du waalo、leSénégalavantlaconquête、 F.Maspéro(1972)、p 286 (フランス語)
  39. ^ バリー、(1985)、41ページ
  40. ^ Barry(1972&1985);を参照してください。とウェイド
  41. ^ a b Barry、(1985)、pp 185–6
  42. ^ 多くのバリエーション:Ndieumbeutt Mbodj、Barry(1985)を参照、またはNdyômbôt、BIFAN 1969、その他の変種を参照。ジャンボット。
  43. ^ Jawdin (ガンビアでの英語のスペルに続くのスペルには多くのバリエーションがあります。たとえば、 Dyawdin (セネガルでのフランス語のスペル)などです。JawdinSharluは選挙人評議会( Sek ak Baor 、または"seb ak baor」は、Barry 1972、p286;およびBIFAN1969、p409を参照してください。彼の名前はシャルルです。ジョーディンという名前は、ワーロの貴族の称号です。貴族評議会は、3つの貴族グループで構成されていました: Jawdin(セレール族とフラ族)、 MaaloまたはMalo(通常はセレール族)、 JogomayまたはDyogomay (通常はフラ)。この評議会は、事前に定義された基準に従ってワーロの王を選出しました。詳細については、Maad a Sinig Kumba NdoffeneFamakJoofの戴冠式を参照してください。Wadeも参照してください。とバリー1972&1985
  44. ^ a b シェルドン、キャスリーンE.、サハラ以南のアフリカの女性の歴史的辞書、vol。1、Scarecrow Press(2005)、p 148 ISBN 0810853310 
  45. ^ スペルト小麦のNdieumbeuttMbodj、Sheldon、Kathleen E.、サハラ以南のアフリカの女性の歴史的辞書、vol。1、 Scarecrow Press(2005)p 148、 ISBN 0810853310 
  46. ^ Sonko-Godwin、Patienceセネガンビアの民族グループ:簡単な歴史、Sunrise Publishers(1988)、29〜31ページISBN 9983860007 
  47. ^ Wade、Amadou、«Chronique duWaloSénégalais(1186–1855)»、B.Cissétrans。、V。Monteil、編集者、 Bulletin de l'IFAN、sérieB、vol。26、民数記3/4(1941、1964)(フランス語)
  48. ^ a b c «Gaden、Henry、1912、p6»[in]Barry(1985)、p 50
  49. ^ a b Barry(1985)p 327 [7](2012年7月21日閲覧)(フランス語)
  50. ^ モンテイル、39〜40ページ
  51. ^ «Azan、(1861)、FaraPendaによって提供されたBrakのリスト。»[in]バリー(1985)、315ページ
  52. ^ «Azan、(1861)、DembaN'Diayeによって提供されたBrakのリスト。»[in]バリー(1985)、315ページ
  53. ^ a b c d e f g h Barr、(1985)、pp 320–28
  54. ^ これについて詳しくは、Wadeを参照してください。Barry1985も参照してください。
  55. ^ バリー(1985)、185ページ
  56. ^ バリー(1985)pp 185–7
  57. ^ バリー、(1972)、261ページ

参考文献

  • Sarr、Alioune、「Histoire du Sine-Saloum」(セネガル)。はじめに、参考文献とノートはチャールズ・ベッカーによるものです。バージョンlégèrementremaniéeparrapportàcellequiestparue en 1986–87。p 19
  • ベッカー、チャールズ、「Vestiges historiques、trémoinsmatérielsdupasséclansles pays sereer」、Dakar(1993)、CNRS – ORS TO M. (フランス語) [8](2012年7月9日閲覧)
  • グラヴランド、ヘンリー「ラ文明sereer」、 vol。私、Cosaan:lesorigines。Nouvelleséditionsafricaines、ダカール、1983年
  • モンテイル、ヴァンサン、「Esquissessénégalaises」、Institut Fondamental d'Afrique Noire、1966年。
  • ウェイド、アマドゥ、「Chronique duWaloSénégalais(1186–1855)」、B.Cissétrans。、V。Monteil、編集者、Bulletin de l'IFAN、sérieB、vol。26、Nos 3/4(1941、1964)
  • バリー、ブバカル"Le royaume du Waalo ": leSénégalavantlaconquête 、 Karthala、1985、ISBN 2865371417 (フランス語)"Dyoos"(2012年7月8日閲覧) 
  • バリー、ブバカル、「Le royaume du waalo、leSénégalavantlaconquête」、F.Maspéro(1972)、261&286ページ
  • 修道院、MTロザリーAkouele。「アフリカの慣習法と奴隷制」、Trafford Publishing、(2011)、ISBN 978-1-4269-7117-4 
  • 会報。セリエB:科学人間科学/ Institut fondamental d'Afrique noire、Volume 41.(1979)
  • Institutfrançaisd'Afriquenoire。Bulletin del'Institutfrançaisd'Afriquenoire:Sciences humaines、Volume 17. IFAN、(1955)
  • Ndiaye Leyti、Oumar、"Le Djoloff et ses Bourba"、Les Nouvelles editions africaines(1981)。ISBN 2723608174 
  • Institut fondamental d'Afrique noire、Bulletin de l'Institut fondamental d'Afrique noire:Sciences humaines、Volume 31、IFAN(1969)、pp 409–410
  • Ogot、Bethwell A.、 "Africa from the 16th to 18th Century"、(Editors:Bethwell A. Ogot、Unesco。International Scientific Committee for the Drafting of a General History of Africa ;寄稿者:Bethwell A. Ogot、Unesco。Internationalアフリカの一般的な歴史の起草のための科学委員会、カリフォルニア大学出版(1992)、p 281、ISBN 0435948113 「Joos」(2012年7月11日閲覧) 
  • Gastellu、Jean-Marc、「Petittraitédematrilinarité」、L'accumulationdansdeuxsociétésruralesd'Afriquede l'Ouest'、Cahiers ORSTOM、sérieSciences Humaines(1985)
  • Gastellu、Jean-Marc、「西アフリカの母性、経済グループおよび差別化」:メモ(ORSTO.M)
  • ソンコゴドウィン、ペイシェンス、「セネガンビアの民族グループ:簡単な歴史」、Sunrise Publishers(1988)、p。29–31 ISBN 9983860007 
  • Kalis、Simone、「Médecinetraditionnellereligion et divination chez les Seereer Sine du Senegal」、La connaissance de la nuit、L'Harmattan(1997)、299ページ、ISBN 2-7384-5196-9 
  • Boulègue、Jean、「Le Grand Jolof」、(XVIII e  – XVIesiècle)。(パリ、エディションファサード)、カルタラ(1987)、p 30
  • Dyao、Yoro、 "Légendesetcoutumessénégalaises"、Cahiers de Yoro Dyao:publiésetcommentésparHenriGaden。(E. Leroux、1912年)
  • Dupire 、Marguerite、 "Sagesse sereer:Essaissurlapenséesereerndut、KARTHALA Editions(1994)、ISBN 2865374874 (フランス語)[9](2012年7月9日閲覧) 
  • シェルドン、キャスリーンE.、「サハラ以南のアフリカの女性の歴史的辞書」、vol。1、Scarecrow Press(2005)、p 148 ISBN 0810853310 
  • «AmadouWade、 "Chronique"、commentéparVincent Monteil、1966»[in] Sall、Ibrahima Abou、 "Mauritanie du Sud:conquêtesetadministration Colonialesfrançaises、1890–1945"、KARTHALA Editions(2007)、p 49、note 20 .ISBN 2845868650 (フランス語「Logar」、「Joos」、「Teejëk」 
  • ダカール大学。DépartementdelanguesetCivilizations Germaniques、 "Étudesgermano-africaines:revueannuelledelangues et CivilizationsgermaniquesdelaFacultédeslettresetsciences humaines del'UniversitédeDakar(Sénégal)。、Issue 6"、LeDépartement(1988) 、p 51
  • Fage、John、D。、&Oliver、Roland、 "The Cambridge history of Africa:Fromc。1600to c。1790"、p 486、ISBN 0521209811 
  • Zaghi、Carlo、「L'Africa nella coscienza europea e l'imperialismo italiano」、Guida(1973)、288ページ