ジョン・マケイン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ジョン・マケイン
John McCain's official Senate portrait, taken in 2009
2009年の公式ポートレート
アリゾナ州上院
議員
1987年
1月3日〜2018年8月25日
前任者バリーゴールドウォーター
成功ジョン・キル
のメンバー米国下院
アリゾナ第1地区から
1983年
1月3日–1987年1月3日
前任者ジョン・ジェイコブ・ロードス
成功ジョンジェイコブロードスIII
上院軍事委員会の委員長
在職
中2015年1月3日–2018年8月25日[a]
前任者カール・レビン
成功ジム・インハーフ
上院インディアン問題委員会の委員長
2005年
1月3日から2007年1月3日まで
前任者ベンナイトホースキャンベル
成功バイロン・ドーガン
1995年
1月3日から1997年1月3日まで
前任者ダニエル・イノウエ
成功ベンナイトホースキャンベル
上院通商委員会の委員長
2003年
1月3日から2005年1月3日まで
前任者フリッツ・ホリングス
成功テッド・スティーブンス
2001年
1月20日から2001年6月3日まで
前任者フリッツ・ホリングス
成功フリッツ・ホリングス
1997年
1月3日から2001年1月3日まで
前任者ラリー・プレスラー
成功フリッツ・ホリングス
個人情報
生まれる
ジョン・シドニー・マケインIII

(1936-08-29)1936年8月29日
ココソロパナマ運河地帯、米国
死亡しました2018年8月25日(2018-08-25)(81歳)米国
アリゾナ州コーンビル
休憩所アメリカ合衆国海軍アカデミー墓地
政治団体共和党
配偶者たち)
m。1965  ; div。1980 _  _
m。1980  _
子供7、メーガンを含む
両親)
親族ジョー・マケイン(兄)
教育アメリカ合衆国海軍兵学校BS
サイン
Webサイト上院のウェブサイト
ニックネームジョン・ウェイン
ミリタリーサービス
ブランチ/サービスアメリカ海軍
勤続年数1958–1981
ランクキャプテン
戦い/戦争

ジョン・シドニー・マケインIII(1936年8月29日– 2018年8月25日)は、1987年から2018年に亡くなるまで、アリゾナを代表する米国上院議員を務めた米国の政治家、政治家、および米国海軍の将校でした。アメリカ合衆国上院議員であり2008年の選挙でアメリカ合衆国大統領の共和党候補に選ばれ、バラク・オバマに敗れた

マケインは1958年に米国海軍兵学校を卒業し、米国海軍で委員会を受け取りました彼は海軍飛行士になり、空母から地上攻撃機を飛ばしましたベトナム戦争中マケインは1967年のUSSフォレスタル火災でほぼ死亡しました。1967年10月のハノイでのローリングサンダー作戦中に爆撃任務に就いていたとき、彼は撃墜され、重傷を負い、北ベトナム人に捕らえられました。マケインは1973年まで捕虜でした。彼は拷問のエピソードを経験しましたシーケンス外の早期リリースを拒否しました。戦争中、マケインは傷を負い、生涯にわたる身体障害を残しました。彼は1981年に海軍を船長として引退し、アリゾナに移りました。

1982年、マケインは米国下院に選出され、2期務めました。彼は1986年に米国上院議員に選出され、1964年の共和党大統領候補であり、保守的なアイコンであるバリーゴールドウォーターが引退した後も後任となりました。マケインは簡単に5回再選に勝ちました。マケインは一般的に保守的な原則を堅持している一方で、LGBTの権利銃規制選挙資金改革など、彼のスタンスが党の基地。マッケインは、1980年代の政治的影響スキャンダルで調査され、大部分が免罪されました。キーティングファイブ; その後、彼は政治キャンペーンの資金調達を規制することを彼の署名の関心事の1つとし、最終的に2002年にマケイン-フィーゴルド法を可決しました。彼はまた、1990年代にベトナムとの外交関係回復するための彼の仕事でも知られていましたマケインは1997年から2001年までと2003年から2005年まで上院通商委員会の議長を務め、そこで彼は利益誘導の支出と目印に反対しました。彼は超党派の「14人のギャング」に所属し、司法指名をめぐる危機を緩和する上で重要な役割を果たしました。

マケインは2000年に共和党の大統領指名候補に出馬したが、テキサス州のジョージWブッシュ知事との予備選挙で白熱したコンテストに敗れた。彼はバラク・オバマの総選挙に敗れたものの、2008年に共和党の大統領候補に指名され、ミット・ロムニーマイク・ハッカビーを破った。マケインはその後、特に外交政策の問題に関して、より正統な保守的な態度と態度を採用し、オバマ政権の行動に大きく反対した。2015年に、彼は上院軍事委員会の委員長になりました彼は2016年に当時の共和党大統領候補のドナルド・トランプを支持することを拒否した。マケインは同じ年に6期目と最終期に再選されましたマケインはトランプ政権の声の批評家でした。マケインはオバマ時代の医療保険制度改革法(ACA)に反対しましたが、2017年のACAを廃止したアメリカンヘルスケア法に反対票を投じました。[2] 2017年に脳腫瘍と診断された後、彼は治療に集中するために上院での役割を減らしました。彼は2018年に81歳で亡くなりました。彼の死後、マケインはアリゾナ州議会議事堂のロタンダに、次にアメリカ合衆国議会議事堂のロタンダに遺体の一般公開を行いました。彼の葬式はワシントン大聖堂から放映され、元大統領のジョージW.ブッシュとバラクオバマが賛辞を送りました。[3] [4]

初期の人生と軍のキャリア(1936–1981)

初期の人生と教育

ジョンシドニーマケインIIIは、1936年8月29日、パナマ運河地帯のココソロ海軍航空基地で海軍士官ジョンS.マケインジュニアロバータ(ライト)マケインに生まれました。彼には姉のサンディと弟のジョーがいました。[5]当時、パナマ運河は米国の支配下にあった。[6]

マケインの家系図には、スコットランド系アイルランド人と英国人の祖先が含まれています。[7]彼の曽祖父母は、ノースカロライナ州ロッキンガム郡のプランテーションであるハイロックファームを所有していた。[8] 彼の父と父方の祖父、ジョンS.マケインシニア海軍兵学校の卒業生であり、どちらもアメリカ海軍で4つ星の提督になりました[9]マッケイン一家は、アメリカと太平洋でさまざまな海軍の駐屯地を占領したため、父親と一緒に引っ越した。[5] [10]

その結果、若いマケインは合計約20の学校に通いました。[11] 1951年、家族はバージニア州北部に定住し、マケインはアレクサンドリアの私立寄宿学校であるエピスコパル高校に通った。[ 12] [ 13]彼はレスリングに秀でており 1954年に卒業した[16]

Formal portrait of young, dark-haired man in white naval uniform
海軍兵学校のマケイン、1954年

父と祖父の足跡をたどって、マケインは米国海軍兵学校に入学し、そこで彼はクラスメートの多くの友人であり非公式の指導者であり[17] 、時にはいじめの標的に立ち向かった[9]彼はまた軽量ボクサーとして戦った。[18]彼は「異性との態度と人気のために」、「ジョン・ウェイン」というニックネームを獲得した。[19]マッケインは、文学歴史など、彼に興味のある学問分野ではうまくいったが、数学など、彼に困難を与えた学問分野を通過するのに十分なだけ勉強した[9] [20]彼は高位の職員と衝突し、常に規則に従わなかった。「彼が集めたのは、一部の人々が切手を集める方法のデメリットです。」[19]彼のクラスランク(899の894)は彼の知性も彼のIQも示していませんでした。[17] [21]マケインは1958年に卒業した。[17]

海軍訓練、初婚、ベトナム戦争の任務

マッケインは少尉として任命されたときに初期の軍事的キャリアを開始し、ペンサコーラで海軍飛行士になるために2年半の訓練を開始しました。[22]そこにいる間、彼はパーティーをした男としての評判を得た。[11]彼は1960年に飛行学校を修了し、地上攻撃機の海軍パイロットになりました。彼はカリブ海地中海の空母USS イントレピッドUSS エンタープライズ[24]乗ってA-1スカイレイダー飛行隊[23]に配属されました[25] マッケインは、時には不注意で無謀だったサブパーフライヤー[25]として始まりました。[26] 1960年代初頭から中期にかけて、彼の飛行任務のうち2つが墜落し、3つ目の任務が送電線と衝突したが、彼は大きな怪我を負わなかった。[26]彼の航空技術は時間とともに向上し[25] 、彼は飛行中に「封筒を押す」傾向があったにもかかわらず、優れたパイロットと見なされていた[26]

Four military pilots posed in, on, or in front of, silver jet with United States markings
マッケイン中尉(右前)と彼の戦隊とT-2バックアイトレーナー、1965年

1965年7月3日、マケインは滑走路のモデル兼秘書として働いていたキャロル・シェップと結婚したとき、28歳でした。[27]マケインは彼女の2人の幼い子供、ダグラスとアンドリューを養子にした。[24] [28]その後、彼とキャロルには、シドニーと名付けた娘がいた。[29] [30]同じ年、彼はゲーム番組Jeopardyの1日のチャンピオンでした![31]

マッケインは戦闘任務を要求し[32]、空母USS フォレスタル飛行A-4スカイホークスに配属された。[33] 彼の戦闘任務は、ベトナム戦争中にフォレスタルが爆撃作戦、ローリングサンダー作戦に割り当てられた1967年半ばに30歳のときに始まった[27] [34]トンキン湾に駐屯していたマッケインと彼の仲間のパイロットは、ワシントンからのマイクロマネジメントに不満を感じ、後に彼は次のように書いた。戦争に勝つために何が必要かという概念。」[34] [35]

1967年7月29日、マケインはUSSフォレスタルの火の中心近くにいたときに少佐でした。彼は燃えているジェット機から脱出し、爆弾が爆発したときに別のパイロットが脱出するのを助けようとしていました。[36]マッケインは足と胸を破片で打たれた。[37]その後の火災により、134人の船員が死亡し、制御に24時間かかった。[38] [39]フォレスタル任務を終えたため、マッケインはローリングサンダー作戦で採用された別の空母であるUSS オリスカニーへの配属を志願した。[40]そこで、彼は授与されました北ベトナム上空を飛行したミッションのための海軍表彰メダルとブ​​ロンズスターメダル。[41]

捕虜

マケインは1967年10月26日に捕虜になりました。彼のA-4Eスカイホークがハノイ上空でミサイルに撃墜されたとき、彼は北ベトナム上空で23回目の爆撃任務を遂行していました[42] [43]マッケインは航空機から飛び出したときに腕と脚の両方を骨折し[44] 、チュックバック湖にパラシュートで降下した後、ほぼ溺死した一部の北ベトナム人は彼を上陸させ、他の人はライフルの尻で彼の肩を押しつぶし、彼を銃撃した。[42]その後、マッケインは「ハノイヒルトン」と呼ばれるハノイの主要なHỏaLò刑務所に移送された。[43]

マケインは重傷を負いましたが、捕虜は彼の治療を拒否しました。彼らは彼を殴打して情報を得るために尋問しました、そして彼は北ベトナム人が彼の父が提督であることを発見したときだけ医療を受けました。[45]捕虜(POW)としての彼の地位は、主要なアメリカの新聞の表紙を作った。[46] [47]

マケインは病院で6週間過ごし、そこでわずかなケアを受けました。彼は50ポンド(23 kg)を失い、胸を張っていて、白髪が白くなっていました。[42]マッケインはハノイ郊外の別のキャンプに送られた。[48] 1967年12月、マッケインは他の2人のアメリカ人と一緒に独房に入れられたが、彼らは彼が1週間以上生きることを期待していなかった。[49] 1968年3月、マッケインは独房に入れられ、そこで2年間滞在した。[50]

1968年半ば、彼の父ジョンS.マケインジュニアはベトナム劇場の全米軍の指揮官に指名され、北ベトナム人はプロパガンダの目的で慈悲深く見えたかったのでマケインの早期解放を申し出た[ 52]。また、エリート捕虜が優先的に扱われることをいとわないことを他の捕虜に示すこと。[51]マッケインは、彼の前に連れて行かれたすべての人も解放されない限り、本国送還を拒否した。このような早期釈放は、捕虜による軍事行動規範の解釈によって禁止されていました。この行動規範は、第3条に「私は、敵からの仮釈放も特別な恩恵も受け入れません」と述べています。[53]敵がプロパガンダのために囚人を使用するのを防ぐために、将校は彼らが捕らえられた順序で解放されることに同意することになっていました。[42]

1968年8月から、マケインは激しい拷問のプログラムにさらされました。[54]彼は2時間ごとに拘束され殴打された。この罰は、彼が熱疲労と赤痢に苦しんでいるのと同時に起こりました[42] [54]さらなる怪我により、マケインは「自殺の危機に瀕した」が、彼の準備は警備員によって中断された。最終的に、マケインは反米プロパガンダを「自白」させた。[42]彼はいつも彼の発言は不名誉だと感じていたが、後に彼が書いたように、「私はそこで学んだことをすべて学んだ。すべての人が彼の限界点を持っている。私は私のところに到達した」。[55] [56]多くの米国捕虜は、「自白」とプロパガンダ声明を引き出すために拷問され虐待されました。[57]事実上、彼ら全員が最終的に彼らの捕虜に何かをもたらした。[58]マッケインは、追加の声明に署名することを引き続き拒否したため、毎週2〜3回の殴打を受けた。[59]

マケインは、ハノイで平和を求めるさまざまな反戦グループに会うことを拒否し、彼らも北ベトナム人もプロパガンダの勝利を与えたくなかった。[60] 1969年後半から、マッケインと他の多くの捕虜の扱いはより許容できるようになり[61]、マッケインは収容所当局に抵抗し続けた。[62]マケインと他の囚人たちは、1972年12月の米国の「クリスマス爆撃」キャンペーンを応援し、それを北ベトナムを条件に追いやる強力な手段と見なした。[56] [63]

マッケインは、1973年3月14日に釈放されるまで、5年半の間、北ベトナムで捕虜であり、他の108人の捕虜もいました。[64]戦時中の怪我により、彼は永久に腕を頭上に上げることができなくなった。戦後、マッケインは家族と二番目の妻シンディを伴って、捕虜の間にそこで起こったことを理解しようと努力して、何度か現場に戻った。[66]

指揮官、上院への連絡、および再婚

マケインは米国に戻ったときに家族と再会しました。妻のキャロルは1969年12月の自動車事故で重傷を負いました。その後、車椅子や松葉杖で4インチ短くなり、最後に会ったときよりもかなり重くなりました。帰国した捕虜として、彼はある種の有名人になりました。[67]

White-haired man in thirties sitting in a chair, pack of cigarettes readily available
1973年4月にベトナムから帰国した後、インタビューを受けているマケイン中尉
1973年5月、ニクソン大統領に挨拶するマケイン中尉

マケインは、数ヶ月の理学療法を含む彼の怪我の治療を受けました。[68] 1973年から1974年にかけて、ワシントンDCのフォートマクネアにある国立戦争大学通った。[69]彼は1974年後半までにリハビリされ、彼の飛行状態は回復した。1976年、彼はフロリダに駐屯していた訓練飛行隊の指揮官になりました。[67] [70]彼は部隊の飛行準備と安全記録を改善し[71] 、部隊勲章を初めて受賞した。[70]フロリダでのこの期間中、彼は婚外交渉をし、彼の結婚は衰え始めました、それについて彼は後で言いました:「責任は完全に私のものでした」。[72] [73]

マケインは1977年から海軍の​​米国上院への連絡役を務めた。 [74]振り返ってみると、これは彼の「政治の世界への本当の参入であり、公務員としての私の2番目のキャリアの始まり」であると述べた。[67]彼の重要な舞台裏の役割は、カーター政権の意向に反して、新しいスーパーキャリアのために議会の資金を獲得した。[68] [75]

1979年4月、[68]マケインは、アリゾナ州フェニックスの教師であるシンディ・ルー・ヘンズリーに会いました。彼の父親は、大規模なビール販売店を設立しました[73]彼らは交際を始め、彼は妻のキャロルに離婚を許可するように促した。彼女は1980年2月に離婚した。争われていない離婚は1980年4月に発効した。[28] [68]和解には2軒の家が含まれ、1969年の自動車事故による彼女の継続的な治療に対する財政的支援。彼らは良好な状態を保った。[73]マッケインとヘンズリーは1980年5月17日に結婚し、ウィリアム・コーエン上院議員とゲイリー・ハートが次のように出席した。花婿付け添人[27] [73]マケインの子供たちは出席せず、和解するまでに数年が経過した。[30] [68]ジョンとシンディ・マケインは婚前契約を結び、家族の資産のほとんどを彼女の名前で保持した。彼らは財政を別々に保ち、別々の所得税申告書を提出しました。[76]

アリゾナ州フェニックスのジョンとシンディマケインの住居

マケインは海軍を去ることに決めた。彼は年次健康診断が貧弱で制海権を与えられていなかったので、彼が完全な提督の階級に昇進するかどうかは疑わしかった。[77]海軍少将に昇進する可能性は高かったが、彼はすでに議会に立候補する計画を立てており、「そこでもっと良いことをすることができる」と述べたため、その見通しを断った。[78] [79]

マケインは1981年4月1日に海軍を船長として引退した。[41] [80]彼は障害者に指定され、障害年金を授与された[81]軍隊を去ると、彼はアリゾナに移った。彼の数多くの軍の装飾と賞には、シルバースター、功績の2つの軍団殊勲飛行十字章、ブロンズスターメダル3つパープルハート2つ、海軍と海兵隊の表彰メダル2つ、戦争捕虜章が含まれます。[41]

下院および上院の選挙と経歴(1982年から2000年)

米国下院議員

マケインは、現在の出来事に興味を持ち、新たな挑戦の準備ができており、上院の連絡係としての彼の時代に政治的野心を育てていたので、代表になることを目指しました。[73] [82] [83]フェニックスに住んでいた彼は、新しい義父のジム・ヘンズリーの大規模なアンハイザー・ブッシュビールの販売代理店であるヘンズリー・アンド・カンパニーに勤めました。[73]ディストリビューターシップの広報担当副社長として、彼は地元の経済界の間で政治的支持を得て、銀行家のチャールズ・キーティング・ジュニア、不動産開発者のファイフ・サイミントンIIIなどの強力な人物に会いました。(後のアリゾナ州知事)と新聞社のDarrow"Duke"Tully[74] 1982年、マケインはアリゾナ州の第1議会地区で共和党員として立候補し、 30年の現職の共和党員ジョン・ジェイコブ・ロードスによって空席となった[84]州の新参者であるマッケインは、カーペットバッガーであるという容疑で殴打された[73]マッケインは、フェニックス・ガゼットのコラムニストが後に「私が今まで聞いた中で潜在的に厄介な政治問題に対する最も壊滅的な反応」と述べたものでその罪を犯した有権者に応えた

聞いて、仲間。私は22年間海軍で過ごしました。私の父は海軍にいました。私の祖父は海軍にいました。私たち兵役はよく動く傾向があります。私たちは国のすべての地域、世界のすべての地域に住んでいなければなりません。あなたのように、アリゾナの第一地区のような素敵な場所で育ち、生活し、一生を過ごすという贅沢があればよかったのですが、私は他のことをしていました。実は今考えてみると、人生で一番長生きしたのはハノイでした。[73] [85]

マケインは、地元の政治的支持、ワシントンとのつながり、妻がキャンペーンに貸したお金の助けを借りて、激しく争われた予備選挙で勝利しました。[73] [74]その後、彼は共和党の多い地区での総選挙に簡単に勝った。[73]

1983年、衆議院での最初の任期中のマケイン

1983年、マケインは共和党代表の次期グループを率いるために選出され[73] 、下院内務委員会に配属されたまた、その年、彼は連邦のマーティンルーサーキングジュニアデーの創設に反対しましたが、2008年に認めました。[86] [87]

この時点で、マケインの政治は主にロナルドレーガン大統領の政治と一致していた。これにはレーガノミクスのサポートが含まれ、彼はインディアン局の法案に積極的でした。[88]彼は、ソビエト連邦に対する強硬派の姿勢ニカラグアのコントラを支持するなど、中央アメリカの紛争に対する政策を含む、レーガン政権の外交政策のほとんどの側面を支持した。[88]マッケインは、達成不可能な目的を理由に、米海兵隊をレバノンに配備し続けることに反対し、その後、レーガン大統領が軍隊を撤退させるのが遅すぎると批判した。暫定的に、1983年ベイルート兵舎の爆撃で数百人が死亡した。[73] [89]マッケインは、1984年に下院への再選を容易に勝ち取り[73] 、下院外交委員会の座を獲得した[90] 1985年に、彼はベトナムへの最初の帰国旅行を行い[91]、またチリに旅行し、そこで軍の軍事政権の支配者であるアウグスト・ピノチェト将軍と会った[92] [93] [94]

成長する家族

1984年、マケインとシンディには最初の子供である娘のメガンが生まれ、 2年後には息子のジョン4世、1988年には息子のジェームズが生まれました。[95] 1991年、シンディはマザーテレサが運営するバングラデシュの孤児院から、治療を必要としている放棄された生後3か月の少女を米国に連れてきた[96]マケインは彼女を養子にすることを決心し、彼女はブリジットと名付けられた。[97]

米国上院の最初の2つの用語

マケインの上院でのキャリアは、1986年の選挙で民主党の反対者であった元州議会議員のリチャードキンボールを20パーセントポイント敗北させた後、1987年1月に始まりました。[74] [98]マケインはアリゾナ出身の保守的なアイコンを引き継ぎ、1964年の共和党大統領候補のバリーゴールドウォーターは、ゴールドウォーターがアリゾナから米国上院議員として30年間引退した。[98] 1988年1月、マケインは1987年公民権回復法に賛成票を投じ[ 99 ]、翌年3月にレーガン大統領の拒否権を無効にすることを決議した。[100]

White-haired man in suit greets dark-haired man in suit in formal setting, as gaunt, well-coiffed woman looks on
1987年3月、ナンシー・レーガン大統領夫人が見守る中、ロナルド・レーガン大統領がマッケインに挨拶

マケイン上院議員は、以前に海軍の連絡業務を行っていた軍隊委員会のメンバーになりました。彼はまた、商務委員会インド問題委員会に参加しました。[98]彼はネイティブアメリカンの議題を支持し続けた。[101]最初は下院議員、次に上院議員として、そしてギャンブル業界と密接な関係を持つ生涯のギャンブラーとして[102] 、マケインは1988年のインディアン賭博規制法主要な著者の1人でした[103] [104]ネイティブアメリカンのギャンブル企業に関する規則を体系化したもの[105]マッケインはまた、財政赤字の場合に自動支出削減を強制するグラム・ラドマン法。[106]

マケインはすぐに全国的な認知度を獲得しました。彼は1988年の共和党全国大会で好評を博し、共和党の候補者であるジョージHWブッシュの副大統領候補としてマスコミに取り上げられ、ブッシュの退役軍人の議長に任命されました。[98] [107]

キーティングファイブ

マッケインは、いわゆるキーティングファイブを構成する5人の米国上院議員の1人として、1980年代にスキャンダルに巻き込まれました。[108] 1982年から1987年の間に、マッケインは1989年にチャールズキーティングジュニアリンカーン貯蓄貸付組合の仲間から合法的な[109]政治献金を受け取り、マッケインが遅れて返済したキーティングのジェット機[108]への旅行も行った。 [ 110] 1987年、マケインはキーティングがリンカーンの政府による押収を防ぐために連絡した5人の上院議員の1人であり、マケインは連邦規制当局と2回会い、政府によるリンカーンの調査について話し合った。[108]1999年、マケインは次のように述べています。やるべきこと」[111]結局、マケインは上院倫理委員会によって不適切に行動したか、法律または上院の規則に違反したとして認められたが、「判断力の低下」を行使したことで軽度に非難された。[109] [111] [112]

1992年の再選の入札では、キーティングファイブ事件は大きな問題ではなく[113] 、彼は手軽に勝利し、民主主義コミュニティと公民権活動家のクレアサージェントと独立した元知事のエヴァンメシャムを破る投票の56%を獲得しました[114]

ジョージHWブッシュ大統領マケインと会談、1990年

政治的独立

マケインは1990年代に独立の評判を築きました[115]彼は党の指導力と確立力に挑戦することに誇りを持っており、政治的に分類することが難しくなった。[115]

White-haired man, elderly white-haired woman, young boy, young girl, short-haired woman holding roses, all in front of sign showing a ship's silhouette
バス鉄工所でのUSS ジョンS.マケインの1992年の洗礼式、母親のロベルタ、息子のジャック、娘のメガン、妻のシンディ

マケインは、ベトナム戦争のベテランで民主党員のジョン・ケリーが議長を務める、1991年から1993年の捕虜/ MIA問題に関する上院選考委員会のメンバーとして、ベトナム戦争のPOW / MIA問題を調査し、行方不明としてリストされた米国のサービス要員の運命を決定しました。ベトナム戦争中に作戦行動中行。[116]委員会の全会一致の報告は、「東南アジアでアメリカ人が捕らえられたまま生きていることを証明する説得力のある証拠はなかった」と述べた。[117]マッケインの努力に助けられて、1995年に米国はベトナムとの外交関係を正常化した。[118]マケインは、委員会の全会一致の報告にもかかわらず、多くのアメリカ人が依然として東南アジアで彼らの意志に反して拘束されていると信じていた捕虜/MIA活動家によって非難された。[118] [119] [120] 1993年1月から彼の死まで、マケインは、世界的な政治的民主主義の出現を支援する米国政府によって部分的に資金提供された組織である共和党国際研究所の議長を務めた。[121]

1993年と1994年に、マケインはクリントン大統領の候補者であるスティーブン・ブレイヤールース・ベイダー・ギンズバーグを確認するために投票しました彼は後に、「私たちの憲法の下では、それは大統領の呼びかけである」と説明した。[122]マッケインはまた、ロバート・ボーククラレンス・トーマスを含むロナルド・レーガン大統領とジョージ・H・W・ブッシュ大統領の候補者を確認するために投票した[123]

選挙資金改革

マケインは、企業、労働組合、他の組織、裕福な個人からの大規模な政治献金の腐敗した影響として彼が見たものを攻撃し、これを彼の署名問題にしました。[124] 1994年から、彼はウィスコンシン州民主党の上院議員ラス・ファインゴールド選挙資金改革に取り組んだ。彼らのマケイン-ファインゴールド法案は、「ソフトマネー」に制限を課そうとしました。[124]マッケインとファインゴールドの努力は、対象となる金銭的利益の一部、両党の現職者、自由な政治演説に影響を与える支出制限を感じ、違憲かもしれないと感じた人々、そして釣り合いを取りたい人々によって反対された。彼らがメディアバイアスとして見たものの力[124] [125]マスコミで同情的な報道があ​​ったにもかかわらず、マケイン-フィーゴルド法初期版は議事妨害され、投票に至らなかった。[126]

「異端者共和党」という用語は、マケインに頻繁に適用されるラベルになり、彼自身もそれを使用しました。[124] [127] [128] 1993年、マケインはソマリアでの軍事作戦に反対した。[129]彼の別の目標は議会による利益誘導支出であり、彼は1996年のラインアイテム拒否法を積極的に支持し大統領に個々の支出アイテムを拒否する権限を与えた[124]が、1998年に最高裁判所によって違憲と裁定された。 [130]

1996年の大統領選挙では、マケインは再び共和党の候補者であるボブドールの副大統領候補の候補リストに含まれていました。[113] [131]翌年、タイム誌はマケインを「アメリカで最も影響力のある25人」の1人に指名した。[132]

1997年、マケインは強力な上院通商委員会の委員長になりました。彼は委員会の権限の下で企業や企業から資金を受け入れることで批判されたが、それに応じて彼が受け取ったわずかな寄付は選挙資金問題の大金の性質の一部ではなかったと述べた。[124]マケインは1998年にたばこ事業に参入し、禁煙キャンペーンに資金を提供し、10代の喫煙者を思いとどまらせ、健康調査研究のための資金を増やし、州が喫煙関連の医療費を支払うのを助けるためにたばこ税を引き上げる法律を提案した。 。[124] [133]クリントン政権によって支持されたが、業界とほとんどの共和党員によって反対され、法案はクローチャーを獲得することができなかった[133]

米国上院での第3期の開始

1998年11月、マケインは上院の3期目の再選に勝利しました。彼は民主主義の反対者である環境弁護士のエド・レンジャーをめぐる地滑りで勝った。[124]ビル・クリントンの弾劾後の1999年2月の上院裁判、マケインは、クリントンが就任宣誓に違反したとして、偽証罪司法妨害の両方で大統領を有罪とすることを決議した。[134] 1999年3月、マケインはユーゴスラビア連邦共和国に対するNATO爆撃作戦を承認することを決議し、コソボ戦争の進行中の大量虐殺を止めなければならないと述べ、クリントン政権の不作為を批判した。[135]1999年の後半、マッケインは選挙資金改革を実行しようとした彼らの仕事に対して、勇気のプロフィール賞をファインゴールドと共有しました[136]が、法案はまだクローチャーを獲得するための繰り返しの試みに失敗していました。[126]

two men in uniform
1945年の第二次世界大戦の終わり頃、東京湾米国の船に乗ったマッケインの祖父と父

1999年8月、マーク・ソルターと共著したマケインの回想録「私の父の信仰」が出版されました。[137]評論家は、その外観は「展開する大統領選挙に合わせられたようだ」と述べた。[138]彼の著作の中で最も成功した、それは肯定的なレビューを受け、[139]はベストセラーになり、[140]そして後にテレビ映画になりました[141]この本は、マケインの家族の背景と子供時代をたどり、アナポリスでの彼の時間とベトナム戦争の前と最中の彼の奉仕をカバーし、1973年の捕虜からの解放で締めくくられています。かろうじて想像してみてください。それは注目に値する軍の家族の魅力的な歴史です。」[142]

2000年大統領選挙

マケインは1999年9月27日、ニューハンプシャー州ナシュアで大統領候補を発表し、「政府を電力ブローカーや特別利益から取り戻し、国民と高貴な自由の大義に戻すための戦いを繰り広げている」と述べた。奉仕するために作られました」。[137] [143]共和党の指名の最有力候補は、ほとんどの党設立の政治的および財政的支援を受けたテキサス州知事 ジョージW.ブッシュであったが、マケインは多くの穏健な共和党員と一部の保守的な共和党員によって支持された。[144]

マケインはニューハンプシャー州の予備選挙に焦点を当て、彼のメッセージは無所属に訴えました。[145]彼はストレートトークエクスプレスと呼ばれるキャンペーンバスで旅行した。[137]彼は多くのタウンホールミーティングを開催し、有権者が尋ねたすべての質問に答え、「小売政治」の成功例で、資金不足を補うために無料のメディアを使用した。[137]ある記者は後に、「マッケインはストレートトークエクスプレスバスで記者と一日中話していた。彼はあまりにも多くのことを話していたので、時々彼は持ってはいけないことを言った。それがメディアが彼を愛した理由だ」と語った。[146]2000年2月1日、彼はニューハンプシャーのプライマリーを獲得し、ブッシュの30%に対する投票の49%を獲得しました。ブッシュキャンペーンと共和党の確立は、重要なサウスカロライナ州の予備選挙でのマッケインの勝利が彼のキャンペーンに止められない勢いを与えるかもしれないことを恐れました。[137] [147]

Chart with three data lines
マケインのギャラップポールの好意的/不利な評価、1999年から2009年。[148]
  承認
  不承認
  異議なし

アリゾナリパブリックは、サウスカロライナでのマケイン-ブッシュの主要なコンテストが「大統領選挙の最低水準点として国の政治的伝承に入った」と書いたが、ニューヨークタイムズはそれを「アメリカの政治の残忍さの痛ましい象徴」と呼んだ。[137] [149] [150]過去にマケインが挑戦したさまざまな分科会は、ネガティブ広告を掲載しました。[137] [151]ブッシュはマケインの以前の改革の言葉を借りて[152] 、捕虜/MIAとエージェントオレンジの問題でマケインを(ブッシュの前で)「退役軍人を捨てた」と非難した退役軍人活動家から離れることを拒否した[137] [153]

激怒した[153]マッケインは、ブッシュが嘘をついていると非難し、知事をビル・クリントンと比較した広告を掲載した。[137]匿名のスミアキャンペーンがマケインに対して始まり、プッシュ投票、ファックス、電子メール、チラシ、および聴衆の植物によって配信されました。[137] [154]塗抹標本は、マケインが嫡出から黒人の子供をもうけた(マケインの浅黒い肌の娘はバングラデシュから養子にされた)、妻のシンディは麻薬中毒者であり、同性愛者であり、彼は「満州の候補者」であり、北ベトナムのPOW時代から裏切り者であるか精神的に不安定でした。[137] [149]ブッシュキャンペーンは、攻撃への関与を強く否定した。[149] [155]

マケインは2月19日にサウスカロライナを失い、ブッシュの53%への投票の42%[156]で、ブッシュが州の福音派の有権者を動員し[137] [157]、マケインを使い果たしたためである。[158]勝利により、ブッシュは失われた勢いを取り戻すことができた。[156]マッケインは噂の拡散者について、「そのような人々にとって地獄には特別な場所があると信じている」と述べた。[97]ある知人によると、サウスカロライナの経験は彼を「非常に暗い場所」に残した。[149]

マッケインのキャンペーンは、サウスカロライナでの敗北から完全に回復することはありませんでしたが、数日後にアリゾナミシガンで勝利したことで部分的にリバウンドしました。[159]彼はバージニアビーチでスピーチを行い、パット・ロバートソンジェリー・ファルウェルを含むキリスト教の指導者を分裂的な保守派として批判し、[149]「...私たちは宗教的保守派コミュニティの立派なメンバーを受け入れる。しかしそれは意味しない私たちは彼らの自己任命された指導者たちに蹂躙するだろうと。」[160]マッケインは2月29日[161]と3月にバージニアプライマリーを失った 7人はスーパーチューズデーで13の予備選挙のうち9つをブッシュに失った。マケインはブッシュの代表首位を克服する望みはほとんどなく、2000年3月9日にレースから撤退した。[ 163]彼は2か月後にブッシュを支持し[164]、総選挙キャンペーン中にテキサス州知事に時折出馬した。[137]

上院での経歴(2000–2008)

上院第3期の残り

マケインは2001年に、 HM​​O改革、気候変動、銃規制法など、多くの問題についてジョージWブッシュ新政権を破ることから始めました。マケイン-ファインゴールドはブッシュにも反対された。[126] [165] 2001年5月、マケインはブッシュ減税に反対票を投じた2人の上院共和党員のうちの1人でした。[165] [166]イデオロギー的な理由でのブッシュとの違いに加えて、前年度のキャンペーンから残っている2つの間にかなりの対立があった。[167] [168]その後、共和党の上院議員、ジム・ジェフォーズが、独立し、それによって上院の支配権を民主党に投げかけ、マッケインは「党の忠誠心の自己任命された執行者」に対してジェファーズを擁護した。[165]確かに、当時、そしてそれ以来、マケイン自身が共和党を去ることについての憶測があったが、マケインは彼がそうすることを考えたことを常に断固として否定していた。[165] [169] [170] 2001年以降、マケインは大統領選挙で得た政治的資本を利用し、立法スキルと他の議員との関係を改善して、上院で最も影響力のある議員の1人になった。[171]

2001年9月11日の同時多発テロの後、マケインはブッシュとアフガニスタンでの米国主導の戦争を支持しました。[165] [172]彼と民主党の上院議員ジョー・リーバーマンは、9.11委員会を創設した法律を作成し[173]、彼と民主党上院議員のフリッツ・ホリングスは、空港のセキュリティを連邦化する航空および運輸安全法を共催した[174]

2002年3月、2002年の超党派キャンペーン改革法として正式に知られているマケイン-ファインゴールドは、両方の議会で可決され、ブッシュ大統領によって法に署名されました。[126] [165]作成から7年、それはマケインの最大の立法上の成果でした。[165] [175]

Red rocks landscape of Arizona with McCain image added, on uppper half; cartoon illustration of pigs inside brown barrels on lower half
2003年から2006年までのマケインの上院のウェブサイトは、利益誘導の支出に関する彼の懸念を示しています[124]

一方、イラクに対する米国の行動案をめぐる議論では、マケインはブッシュ政権の立場を強力に支持していた。[165]彼は、イラクは「アメリカ合衆国にとって明白かつ現在の危険」であると述べ、2002年10月のイラク戦争決議に応じて投票した。 [165]彼は、米軍が大規模な解放者として扱われるだろうと予測した。イラク人の数。[176] 2003年5月、マケインはブッシュ減税の第2ラウンドに反対票を投じ、戦争時には賢明ではなかったと述べた。[166] 2003年11月までに、イラクへの旅行の後、彼は国防長官ドナルド・ラムズフェルドに公に質問していた。、より多くの米軍が必要であると言った。翌年、マケインはラムズフェルドへの信頼を失ったと発表しました。[177] [178]

2003年10月、マケインとリーバーマンは、温室効果ガス排出量を2000レベルに戻すことを目的としたキャップアンドトレードシステムを導入する気候スチュワードシップ法を共同で後援しました。法案は上院で55票対43票で敗北した。[179]彼らは、とりわけバラク・オバマの共催による2007年1月の最後の時期に、法の修正版をさらに2回再導入した。[180]

ジョージ・W・ブッシュ米国大統領とマケイン上院議員、2004年12月4日

2004年の米国大統領選挙キャンペーンでは、マケインが副大統領選挙で再び頻繁に言及されましたが、今回は、候補者のジョン・ケリーの下での民主党のチケットの一部としてのみ言及されました。[181] [182] [183]​​マッケインは、ケリーが正式に彼にその地位を提供したことは一度もなく、もし彼がそれを受け入れなかったであろうと言った。[182] [183]​​ [184] 2004年の共和党全国大会で、マケインはブッシュの再選を支持し、 9月11日の攻撃以来のブッシュの対テロ戦争の管理を称賛した。[185]同時に、彼はケリーのベトナム戦争の記録を擁護した。[186] 2004年8月までに、マッケインはどの国の政治家の中でも最高の好意から不利の評価(55パーセントから19パーセント)を持っていた。[185]彼は、4年前よりもはるかに多くのブッシュのためにキャンペーンを行ったが、2人は友人ではなく状況に応じた同盟国のままだった。[167]

マケインはまた、2004年に上院議員として再選される予定でした。彼は、あまり知られていない民主主義の学校教師であるスチュアートスターキーを最大の勝利マージンで破り、投票の77%を獲得しました。[187]

上院第4期の開始

2005年5月、マケインは上院でいわゆる14人のギャングを率いて、議事妨害の司法候補者に対する上院議員の能力を維持する妥協案を確立しましたが、それは「異常な状況」においてのみでした。[188]妥協は議事妨害運動から勢いを取り除いたが、一部の共和党員は、妥協がすべての状況で議事妨害を排除しなかったことに失望したままだった。[189]マケインはその後、ジョン・ロバーツサミュエル・アリートに賛成して最高裁判所の確認票を投じ、 「合衆国最高裁判所にこれまでに任命された最高の裁判官の2人」と呼んだ。[123]

マケインは上院のフロアで、2007年2月のイヤーマーキングに反対して発言

マケインは2001年と2003年の投票を破り、2006年5月のブッシュ減税の延長を支持しました。そうしないと増税につながると述べました。[166]民主党の上院議員であるテッド・ケネディと協力して、マケインは、合法化、ゲスト労働者プログラム、および国境執行の要素を含む包括的な移民改革の強力な支持者でした。安全なアメリカと秩序ある移民法は2005年に決して投票されませんでしたが、2006年の包括的移民改革法は2006年5月に上院を通過しましたが、下院で失敗しました。[178] 2007年6月、ブッシュ大統領、マケイン、その他はそのような法案をこれまでで最も強力に推し進めた。2007年の包括的移民改革法だが、それはトークラジオの聴取者やその他の人々の間で激しい草の根の反対を引き起こし、その一部はこの提案を「恩赦」プログラムとして猛烈に特徴づけた[190][191]

2000年代半ば(10年)までに、マッケインがもたらしたインドのゲームの増加は、230億ドルの産業でした。[104]彼は、1995年から1997年と2005年から2007年に2回上院インディアン問題委員会の委員長を務め、彼の委員会はジャック・エイブラモフのインドのロビー活動スキャンダルの暴露を支援した。[192] [193] 2005年と2006年までに、マケインはインディアン賭博規制法の改正を推進していました。これにより、居留地外のカジノの作成が制限され[104]、カジノを建設するための州境を越えた部族の移動も制限されました。[194]

捕虜としての彼の時間のおかげで、マケインは対テロ戦争での拘留と被拘禁者の尋問に対する彼の敏感さで認められました。グアンタナモ湾での裁判なしでのブッシュ政権の拷問と拘留の使用の反対者は、次のように述べています。事件 ...アドルフ・アイヒマンでさえ裁判にかけられた」。[195] 2005年10月、マケインは2005年の防衛予算法案にマケイン被拘禁者修正案を導入し、上院は修正案を支持するために90-9票を投じた。[196]それは、軍の尋問を米陸軍野戦マニュアルの技術に限定することにより、グアンタナモの囚人を含む囚人の非人道的な扱いを禁止しているブッシュ大統領は、マケインの修正案が含まれている場合、法案を拒否すると脅迫していたが[197]、大統領は2005年12月に、マケインの条件を受け入れ、「この政府は拷問を行わず、国際社会を遵守することを世界に明らかにする」と発表した。国内であろうと海外であろうと、拷問の慣習」。[198]このスタンスは、とりわけ、マケインが2006年にタイム誌によってアメリカの10人の上院議員の1人に選ばれることにつながった。[199]マケインは2008年2月に禁止を含む法案に反対票を投じたウォーターボーディング[200]は、後にブッシュによって狭く通過し拒否されました。しかし、問題の法案には、マケインが反対した他の条項が含まれており、彼のスポークスマンは、「これはウォーターボーディングに関する投票ではありませんでした。これは、[陸軍]フィールドマニュアルの基準をCIA職員に適用することに関する投票でした」と述べました。[200]

その間、マケインはイラク戦争の進展について疑問を呈し続けた。2005年9月、彼は統合参謀本部議長の リチャード・マイヤーズの戦争の進行に関する楽観的な見通しについて次のように述べた。[201] 2006年8月、彼は、反乱の有効性を絶えず過小評価しているとして、政権を批判した。[178]当初から、マケインは2007年のイラク軍の急増を強く支持した[202]戦略の反対者はそれを「マッケインの計画」と名付けた[203]そしてバージニア大学の政治学教授ラリー・サバトは、「マケインは現在のブッシュと同じようにイラクを所有している」と述べた。[178]マッケインの大統領選挙運動が進行中であったため、共和党内でさえ、一年のほとんどの間、急増と戦争は人気がなかった[204] 。その結果に直面して、マケインは頻繁に「戦争よりもキャンペーンに負けたほうがいい」と答えた。[205] 2008年3月、マケインは、戦争が始まって以来8回目のイラクへの旅行を行ったため、イラクでの暴力を減らすことで急増戦略を認めた。[206]

2008年大統領選挙

White-haired man speaking at podium, with group of people behind him, some holding blue "McCain" signs
マケインは、2007年にニューハンプシャー州ポーツマスで大統領候補に就任したことを正式に発表しました。

マケインは、2007年4月25日、ニューハンプシャー州ポーツマスでアメリカ合衆国大統領に立候補する意向を正式に発表しました[207]彼は次のように述べた:「私は大統領が誰かになるために走っているのではなく、何かをするために。簡単で不必要なことではなく、難しいが必要なことをするために。」[208]

マケインの2008年の大統領候補としてのよく引用される強みには、国の名前の認知、主要なロビー活動と選挙資金改革イニシアチブの支援、通路を越えて到達する能力、POWとしての彼の有名な軍事サービスと経験、 2000年の大統領選挙、そして彼がブッシュのトップの募金活動を捕らえることへの期待。[209] 2006年の選挙サイクル中、マケインは346のイベントに参加し[65]、共和党の候補者に代わって1,050万ドル以上の資金調達を支援しました。マケインはまた、そのような寄付が彼が行う公式の決定に影響を与えないことを維持しながら、キャンペーンの寄付を企業や業界に求めることをより積極的にしました。[210]2007年が始まったとき、評論家による指名の最有力候補と見なされていたにもかかわらず[211]マッケインは、年が進むにつれて、 全国共和党の世論調査ニューヨーク市の ルディ・ジュリアーニ前市長に次ぐ2位でした。

マケインは、共和党の有権者の間で人気がなかった2007年の包括的移民改革法への支持もあって、2007年前半に資金調達の問題を抱えていました。[212] [213] 7月初旬に大規模なキャンペーンスタッフのダウンサイジングが行われたが、マケインはレースから中退することを考えていないと述べた。[213]その月の後半、候補者のキャンペーンマネージャーとキャンペーンチーフストラテジストの両方が出発した。[214]マッケインは全国世論調査でひどく落ち込み、15パーセント以下の支持でしばしば3番目か4番目に走った。

White-haired man in dark suit looks on as gray-haired man in dark suit holds hand and greets blonde-haired woman in medium-colored suit, all in front of a white building.
ブッシュ大統領は、2008年3月5日、シンディ・マケインが夫を大統領に推薦する際に手を握っています。

アリゾナ上院議員はその後、政治的弱者としての彼の馴染みのある地位を再開し[215]、ストレートトークエクスプレスに乗り、討論や後援されたイベントなどの無料メディアを利用した。[216] 2007年12月までに、共和党のレースは不安定になり、一流の候補者は誰もレースを支配せず、それらすべてが共和党の基本選挙区のさまざまな要素を持つ主要な脆弱性を持っていた。[217]マッケインは、特にニューハンプシャーでの新たな力で復活を見せていた-彼の2000年の勝利の場面-そしてボストングローブニューハンプシャーユニオンリーダー、および他のほぼ20の州の新聞の支持によってさらに支えられた[218]リーバーマン上院議員(現在は独立民主党)から。[219] [220]マッケインは、2008年1月3日、アーカンソー州知事マイク・ハッカビーが勝利したアイオワ州の党員集会で、大幅な選挙運動を行わないことを決定した。

マッケインのカムバック計画は、1月8日にニューハンプシャー州予備選挙で勝利し、マサチューセッツ州知事の ミットロムニーを緊密なコンテストで破り、再びレースの最有力候補の1人になりました。[221] 1月中旬、マッケインはサウスカロライナ州の予備選挙で1位になり、マイク・ハッカビーをわずかに破った。[222]評論家は、サウスカロライナ州のハッカビーから票を集め、テネシー州の元米国上院議員フレッド・トンプソンを3位に入賞させ、マケインにわずかな勝利をもたらした。[223] 1週間後、マッケインはフロリダ州の予備選挙で勝利した[224]。緊密なコンテストで再びロムニーを破った。その後、ジュリアーニは脱落し、マッケインを支持しました。[225]

2月5日、マケインはスーパーチューズデーの共和党予備選挙で過半数の州と代表の両方を獲得し共和党指名に向けて圧倒的なリードを与えました。ロムニーは2月7日にレースを去った。 [226] 3月4日の予備選挙でのマケインの勝利は代表の過半数を締めくくり、彼は推定上の共和党候補になった。[227]   

もし彼が選出されていたら、彼は米国外で生まれた最初の大統領になっていただろう。合衆国憲法は大統領が合衆国の生まれつきの市民であることを要求しているので、これは潜在的な法的問題を提起しました超党派の法的レビュー[228]と、全会一致であるが拘束力のない上院決議[229]はどちらも、彼は生まれながらの市民であると結論付けました。2009年に72歳144日で就任した場合、彼は大統領になる最年長の人物だったでしょう。[230]

マケインは、彼の年齢と過去の健康問題に関する懸念に対処し、2005年に彼の健康は「優れている」と述べました。[231]彼は黒色腫の治療を受けており、2000年にその状態で手術を受けたため、顔の左側に目立った痕跡が残った。[232]独立した専門家によると、マッケインの予後は良好に見えた。特に、彼はすでに7年以上再発することなく生き残っていたからである。[232] 2008年5月、マケインのキャンペーンはマスコミに彼の医療記録を簡単にレビューさせ、彼は癌がなく、心臓が強く、一般的に健康であると説明された。[233]

マケインは指名のために十分な代議員をクリンチし、彼の焦点は総選挙に移り、バラク・オバマヒラリー・クリントンは民主党の指名のために長期にわたる戦いを戦った[234]マケインはさまざまな政策提案を紹介し、彼の資金調達を改善しようとした。[235] [236]推定純資産1億ドルで夫婦の富の大部分を占めたシンディ・マケイン[76]は、5月に彼女の確定申告の一部を公表した。[237]スタッフのロビイストについての批判に直面した後、マケインキャンペーンは2008年5月に利害の衝突を避けるために新しい規則を発行した、5人のトップ補佐官を去らせます。[238] [239]

6月初旬にオバマが民主党の推定候補者になったとき、マケインは合同のタウンホールミーティングを提案したが、代わりにオバマは秋に向けてより伝統的な議論を要求した。[240] 7月、スタッフの交代により、スティーブ・シュミットがマケインキャンペーンの完全な運用管理下に置かれた。[241] リック・デイビスはキャンペーンマネージャーとして残ったが、役割は減った。デイビスはまた、マッケインの2000年大統領選挙を管理していました。2005年と2006年に、米国の諜報機関は、マッケインの上院議員にデイビスのロシアとのつながりについて警告しましたが、それ以上の警告はしませんでした。[242] [243] [244] [245]

2008年の夏を通して、オバマは通常、全国世論調査でマケインを1桁の差でリードし[246]、いくつかの主要なスイングステートでもリードしました。[247]マッケインは、共和党が選挙の年に直面した全体的な課題に少なくとも部分的に起因していた、彼のよく知られた弱者の役割を再演した。[215] [247]マケインは総選挙キャンペーンのための公的資金調達とそれに伴う制限を受け入れたが、システムが1976年に実施されました。[248] [249]共和党の幅広いキャンペーンのテーマは、オバマと比較して、彼の経験と指導力に焦点を当てていました。[250]

Todd Palin, Sarah Palin (behind a podium), Cindy McCain, John McCain together on an outdoor stage during daytime, crowd holding blue-and-white "McCain Palin" signs around them
9月10日の2008年共和党全国大会に続く、バージニア州フェアファックスでのPalinsandMcCainsキャンペーン

2008年8月29日、マケインはアラスカ州知事の サラペイリンをランニングメイトのサプライズチョイスとして明らかにしました。[251]マッケインは、(ジェラルディン・フェラーロを選んだウォルター・モンデールに次ぐ)2番目の米国の主要政党の大統領候補であり、女性を彼のランニングメイトとして選び、共和党員としては初めてのことだった。2008年9月3日、マケインとペイリンは、ミネソタ州セントポールで開催された2008年共和党全国大会で共和党の大統領および副大統領候補になりましたマッケインは、以前は彼を警戒していた共和党の有権者の中核をペイリンが選んだため、大会後の全国世論調査でオバマに先んじて急上昇した。[252]しかし、キャンペーン自体のその後の承認により、ペイリンの全国メディアへの展開はうまくいかず[253]、特に無党派や彼女の資格を懸念する他の有権者の間で、ペイリンに対する有権者の反応はますます否定的になりました。[254]

彼のランニングメイトとしてサラペイリンを選ぶというマケインの決定は批判されました。ニューヨークタイムズのジャーナリスト、デイビッド・ブルックスは、「彼は共和党を駆け巡る病気、つまり反知性主義、事実の軽視を取り、それを党の中心に置いた」と述べた。[255] VoxのLauraMcGannは、マケインが「現実のテレビ政治」とティーパーティー運動にもっと政治的な正当性を与えただけでなく、「不条理と言う候補者との共和党の慰めを固めた ...政治スタイルとティーパーティー運動を活気づけ、トランプ大統領の基礎を築いた価値観システム。」[256]マッケインは後に、独立した上院議員ジョー・リーバーマン(以前は2000年にアル・ゴアのランニングメイトであったが、まだ民主党に選出されていた)を副大統領候補として選ばなかったことに遺憾の意を表明したが、彼は一貫して彼のイベントでペイリンのパフォーマンスを擁護した。[257]

9月24日、マケインはキャンペーン活動を一時的に中断し、オバマに参加するよう呼びかけ、議会の前に提案された米国の金融システムの救済に取り組むために、オバマとの最初の総選挙の議論を延期することを提案した。サブプライムローン危機と2007年から2008年の金融危機に対処することを目的としています。[258] [259]マケインの介入は、不満を持った共和党議員に、他の点では合意に近い計画の変更を提案する機会を与えるのに役立った。[260] [261]オバマがマケインの停職提案を拒否した後、マケインは9月26日に討論を進めた。[262]10月1日、マケインは改訂された7,000億ドルの救助計画に賛成票を投じました。[263]別の討論が10月7日に開催された。最初のもののように、その後の世論調査はオバマがそれを勝ち取ったことを示唆しました。[264]大統領選挙討論会は、10月15日に行われた。[265]一気に、マッケインはオバマに4対1の差で支出された。[266]

最終討論の最中とその後、マケインはオバマの提案した政策を社会主義と比較し、オバマ大統領によって妨害されるであろうアメリカの中小企業の夢の象徴として「配管工のジョー」をしばしば呼びました。[267] [268]彼はオバマに対する広告でジェレマイア・ライトの論争を使用することを禁じた[269]が、キャンペーンはビル・アイヤーズとの彼の意図された関係に関してオバマを頻繁に批判した。[270]彼の集会はますます活発になり、[271]出席者はオバマを軽蔑し、反イスラム教徒と反アフリカ系アメリカ人の感情を高めた。[272]ミネソタでのキャンペーン集会で、マケインの支持者であるゲイル・クインネルは、「彼はアラブ人だ」という理由でオバマを信頼していないと彼に語った。[273]マケインは、「いいえ、奥様。彼はまともな家族の人であり、市民であり、私はたまたま根本的な問題について意見の相違がある」と答えた。[272]マッケインの反応は、キャンペーンのより良い瞬間の1つと見なされ、特にドナルド・トランプ大統領の反イスラム教徒および反移民のアニムスに照らして、数年後もアメリカの政治における礼儀正しさのマーカーと見なされていた。 。[271] [274]メーガン・マケインは、「誰かがその瞬間を持ち出さずに一日を過ごすことはできない」と述べ、当時は「 ...あなたはイスラム教徒です、あなたはそのアメリカ人の側面ではありません」と彼女の父親は拒否しました。かなり怒っている共和党」と述べた。[275]

大統領選挙の結果

選挙は11月4日に行われ、バラク・オバマは東部標準時の午後11時頃に勝者となる予定であると宣言されました。マケインは約20分後にアリゾナ州フェニックスで譲歩演説を行いました。[276]その中で、彼はオバマが国の最初のアフリカ系アメリカ人大統領に選出されたことの歴史的で特別な重要性を指摘した。[276]結局、マッケインはオバマの365に対して173の選挙人票を獲得した。[277]マッケインはほとんどの戦場の州に勝つことができず、いくつかの伝統的な共和党の州を失った。[278]マッケインは、オバマの53パーセントと比較して、全国的な人気投票の46パーセントを獲得した。[278]

2008年以降の上院でのキャリア

上院第4期の残り

彼の敗北に続いて、マケインは彼がそこで果たすかもしれない役割についてのさまざまな見解の中で上院に戻った。[279] 2008年11月中旬、彼はオバマ大統領と会談し、2人は共通点のある問題について話し合った。[280]ほぼ同時に、マッケインは2010年に上院議席に再選されるために立候補するつもりであると述べた。[281]就任式が近づくと、オバマは次期大統領と敗北したライバルの間ではめったに見られない程度まで、さまざまな問題についてマケインと協議し[282]、オバマ大統領の就任演説にはマケインのテーマである自分よりも大きな目的。[283]

Barack Obama speaking in foreground at an indoor event with an American flag in background; John McCain behind him, somewhat of focus
2009年3月の記者会見での米国大統領バラクオバマとマケイン

それにもかかわらず、マッケインは、2009年のオバマ経済刺激策に対する共和党の反対派のリーダーとして浮上し、短期的な雇用創出とは関係のない連邦政策の変更を取り入れ、増大する連邦予算の赤字を拡大すると述べた。[284]マケインはまた、オバマのソニアソトマイヨール最高裁判所の指名に反対票を投じた。彼の上院議員としてのキャリアにおいて、これまでになく緊密に分割された票で党。[286]マケインは、アフガニスタンでの戦争は勝利可能であると再主張した[287]。そして、オバマ氏は、そこに追加の米軍を派遣するかどうかを決定するプロセスが遅いと批判した。[288]

マケインはまた、ポーランドでの米国のミサイル防衛施設の建設を廃止したことでオバマを厳しく批判し、彼が過去に提案したものと同様の気候変動法案に関する交渉に参加することを拒否し、オバマの医療計画に強く反対した。[288] [289]マッケインは、同性愛者に対する軍の「尋ねない、言わない」政策の廃止を可能にする措置の議事妨害を成功させた。[290]マケインの新しい方向性に関係する要因には、上院議員の辞任、国の債務水準と連邦政府の範囲に対する新たな懸念、2010年の保守党による共和党の予備選挙の可能性、マケインの選挙運動の端が衰えるのが遅いことが含まれます。[288] [289]ある長年のマケイン顧問が言ったように、「私を含む多くの人々は、彼がオバマ政権への共和党の建設橋かもしれないと思った。しかし彼は橋を爆破する男のようだった」。[288]

Man in office with old-style furnishings
2010年11月、元老院事務所のマケイン

2010年初頭、ラジオトークショーの主催者で元米国下院議員のJDヘイワースからの主要な挑戦が、アリゾナでの2010年米国上院選挙で実現し、ティーパーティー運動のすべてではないが一部の要素から支持を得ました[291] [292]ヘイワースがキャンペーンスローガン「一貫した保守的」を使用して、マケインは言った-何度もこの用語を使用したにもかかわらず[292] [293] -「私は自分自身を異端者だとは思っていなかった。私は自分の能力を最大限に発揮してアリゾナの人々に奉仕する人だと考えてください。」[294]主な課題は、マケインが銀行の救済、グアンタナモ湾収容所の閉鎖、選挙資金の制限、軍隊での同性愛者などのいくつかの問題について彼の立場を逆転または沈黙させることと一致しました。[291]

現在患者保護と手頃な価格のケア法と呼ばれているヘルスケア計画が議会を通過し、2010年3月に法制化されたとき、マケインはそのメリットだけでなく、議会での処理方法についても画期的な法律に強く反対しました。その結果、彼は議会の共和党員が他のことについて民主党員と協力しないだろうと警告した。 「」[295]マケインは、2010年4月の厳しい反不法移民州法であるアリゾナSB 1070の声の擁護者となり、連邦政府が国境を管理できないことから州は行動を起こすことを余儀なくされたと述べ、国家論争を引き起こした。[292] [296] 8月24日の初等協会で、マッケインはヘイワースを56から32パーセントの差で破った。[297]マッケインは総選挙で民主的なツーソン市議会議員ロドニー・グラスマンを簡単に打ち負かした。[298]

第111議会のレームダック会議で、マケインは2010年の妥協税の軽減、失業保険の再承認、雇用創出法[299]に賛成票を投じましたDREAM(彼がかつて後援していた)と新戦略兵器削減条約に反対しました[300]最も顕著なのは、彼は「尋ねないで、言わないで」の廃止に対して最終的に敗北した戦いを主導し続けた。[301]彼の反対で、彼は時々上院の階で怒りや敵意に陥り、その通過を「非常に悲しい日」と呼び、軍の戦闘効果を危うくした。[300] [301]

上院第5期

第112議会で衆議院の支配権が共和党に移った間、上院は民主主義を維持し、マケインは上院軍事委員会のランキングメンバーであり続けましたアラブの春舞台に立つと、マケインは、困惑したエジプトの大統領ホスニー・ムバラクが辞任するよう促し、宗教的過激派が権力を握るという関連するリスクにもかかわらず、米国はこの地域の民主的改革を推進すべきだと考えた。[302]マケインは、 2011年のリビアへの軍事介入を特に声高に支持したその年の4月に彼は反カダフィ勢力国民評議会を訪問したベンガジは、そうするための最高位のアメリカ人であり、反乱軍は「私の英雄」であると言った。[303] 6月、彼はケリー上院議員と協力して軍事介入を承認する決議案を提出し、「この問題に関するアメリカ国民の選出された代表に対する政権の無視は厄介で逆効果であった」と述べた。[304] [305] 8月、マケインは米国の債務上限危機を解決した2011年の予算管理法に投票した[306] 11月、マッケインと上院議員のカール・レビンは、2012会計年度の国防権限法では、テロの容疑者は、どこで捕らえられたとしても、米軍とその法廷制度によって拘留される可能性があります。市民的リバタリアン、一部の民主党員、およびホワイトハウスによる反対に続いて、マケインとレビンは、法案が米国市民に関係しないことを明確にする文言に同意した。[307] [308]

2012年の共和党大統領予備選挙で、マケインは元2008年のライバルであるミットロムニーを支持し、彼のためにキャンペーンを行いましたが、その引き出された性質とすべての候補者に損害を与える大規模なスーパーPAC資金による攻撃広告により、コンテストをギリシャ悲劇と比較しました。[309]彼は、最高裁判所の2010年シチズンズユナイテッド対連邦選挙委員会の決定を「情報がなく、傲慢で、ナイーブ」とラベル付けし、その影響とそれがもたらすと考えた将来のスキャンダルを非難し、裁判所の「最悪」と見なされると述べた。決定...21世紀に」。[310] マケインは、2011年の予算管理法によってもたらされた国防費の隔離に反対することで主導権を握り、ムスリム同胞団と関係があるという数人の共和党議員による告発に対して国務省の補佐官フーマ・アベディンを擁護することで注目を集めました。[311]

A group of about ten men walking along a road
2011年7月にアフガニスタン東部のクナル州を歩いている「3人のアミーゴ」 :マケイン(左から2番目)、リンジーグラハム(右から2番目)、ジョーリーバーマン(右前)[312]

マケインは、日曜日の朝のニューストークショーで最も頻繁に登場するゲストの1人であり続けました。[311]彼は、オバマ政権が2012年9月11日、ベンガジでの米国外交使節団への攻撃を 処理したことについて最も声高な批評家の1人になり、「大規模な隠蔽または無能」のいずれかを特徴とする「大失敗」であったと述べた。それは受け入れられない」そしてそれはウォーターゲート事件よりも悪かった。[313]この強い反対の結果として、彼と他の数人の上院議員は、ヒラリー・ロダム・クリントンを米国国務長官として引き継ぐための国連スーザン・ライス大使の計画された指名を阻止することに成功した。代わりに、マケインの友人で同僚のジョン・ケリーが指名されました。[314]

2011年に始まったシリア内戦について、マケインは米国が反政府勢力側の紛争に軍事的に介入することを繰り返し主張した。彼は2013年5月にシリア国内の反政府勢力を訪問しました。これは最初の上院議員であり、自由シリア軍に重火器を装備し、国中に飛行禁止区域を設けることを求めました。マケインは、写真を撮るためにポーズをとった2人が、前年に11人のレバノンのシーア派巡礼者を誘拐したとの報告を受けて、一方の身分証明書に異議を唱え、もう一方の身分証明書と直接会っていないと述べた。[315] 2013年のグータ化学兵器攻撃に続いて、マケインはシリア大統領バシャールアルアサドの政府に対する強力なアメリカの軍事行動を再び主張し、2013年9月にオバマの議会への軍事的対応を承認する要求に賛成して外交委員会の投票を行った。[316]マッケインは、共和党内で拡大している非介入運動を批判する上で主導権を握った。これは、ランドポール上院議員とテッドクルーズ上院議員およびジャスティンアマッシュ議員が「ワッコ鳥」であるという2013年3月のコメントに例示されている。[317]

2015年1月、リヤドのサウジアラビアの新しいサルマン王に挨拶した後、サウジ王室のメンバーと一緒にケリー(左端)とマケイン(左から3番目)

2013年、マケインは超党派の上院議員グループ「ギャングオブエイト」のメンバーであり、包括的な移民改革の再試行の原則を発表しました。[318]結果として生じた2013年の国境警備、経済的機会、および移民近代化法は、上院を68-32の差で可決したが、下院では不確実な将来に直面した。[319] 2013年7月、マケインは、民主党がそのような議事妨害を完全に禁止する「核オプション」に訴えることなく、オバマ政権の幹部候補に対して議事妨害を取り下げるという上院議員間の合意の最前線にいた。[320] [321]しかし、オプションはとにかく年の後半に上院議員の不快感に課されるでしょう。[322]これらの進展と他のいくつかの交渉は、マケインが大統領自身を含むオバマ政権、および民主党上院多数党指導者ハリー・リードとの関係を改善し、彼がさもなければひどく党派的な環境で取引を切るための上院。[323] [324] [325]彼らはまた、一部のオブザーバーに「異端者」のマッケインが戻ってきたと結論付けるように導いた。[321] [325]

マケインは、手頃な価格のケア法を払い戻すか遅らせるために、2013年の米国連邦政府の閉鎖と2013年米国の債務上限危機を引き起こした共和党の戦略について公に懐疑的でした。2013年10月、彼は2014年の継続的歳出法に賛成票を投じ、これを解決し、「共和党は、数週間前に予測したように、私たちがこの戦いに敗れたことを理解する必要があります。達成できなかった何か。」[326]同様に、彼は年末に2013年の超党派予算法に投票した9人の共和党上院議員の1人であった。[327] 2014年の初めまでに、マッケインの背教は十分でした。アリゾナ共和党は、「悲惨で有害」だったリベラルな記録として彼らが見たものを持っていることで彼を正式に非難した。[328]マケインは、オバマの外交政策の多くの側面に強く反対し続けたが、2014年6月、イラクのイスラム国と2014年の北部イラク攻勢のレバントによる大きな利益に続いて、彼が米国の失敗と見なしたことを非難した。イラクでの過去の利益を保護し、大統領の国家安全保障チーム全体に辞任を求めた。マケインは、「これはすべて避けられたのだろうか?...答えは絶対にイエスだ。私が怒っているように聞こえるなら、それは私が怒っているからだ」と語った。[329] 

マケインは、ウクライナのキーウで反政府反対派の抗議者たちに演説し、2013年12月15日、彼らの大義に対する支持を誓った。

マケインは、ウクライナのヴィクトル・ヤヌコビッチ大統領と彼の政府に対するユーロマイダンの抗議の支持者であり、201312キーウ独立広場に現れロシアに対して課せられた制裁は十分ではなかったと言って、ウクライナの軍隊に武器を提供することについて。[331] 2014年、マッケインはコリーン・ベルノア・マメットジョージ・ツニスの任命に反対を主導した。ハンガリー、アルゼンチン、ノルウェーの大使館にそれぞれ、彼らは彼らの政治的資金調達に対して報われる資格のない任命者であると主張しました。[332]多くの共和党員とは異なり、マケインは2014年12月のCIA拷問に関する上院情報委員会の報告書の発表と内容を支持し、 「真実は時には飲み込むのが難しい薬である。それは内外で私たちに困難をもたらすことがある。それは敵が私たちを傷つけようとして使用することもありますが、それでもアメリカ人はその権利を持っています。」[333]彼は、9月11日の攻撃後のCIAの慣行は、「多くの害とほとんど実用的な利益」を行わずに「私たちの国の名誉を汚した」と付け加え、「私たちの敵は良心なしに行動する。[334]彼は、キューバとの関係を正常化するというオバマ政権の2014年12月の決定に反対し[335]

2015年1月に第114回米国議会が開かれ、共和党が上院を支配しました。マケインは、軍務委員会の委員長に就任したとき、長年の目標の1つを達成しました。[336]この立場で、彼は、主要な兵器システムの取得の責任を個々の軍隊とその秘書に戻し、取得技術兵站長官[337]議長として、マケインは超党派のアプローチを維持しようとし、ランキングメンバーとの良好な関係を築いた。ジャックリード[336] 2015年4月、マケインはアリゾナ州の上院選挙で6期目に出馬すると発表した[338]彼に対する保守的でお茶会の怒りはまだあったが、彼らが彼に対して効果的な予備選挙を行うかどうかは不明であった。[339] 2015年、マケインは、イランの核計画に関するオバマ政権の提案された包括的合意(後に包括的共同行動計画(JCPOA)として最終決定)に強く反対し、ケリー国務長官は「妄想的」かつ「与えた」と述べた。 ]イランとの交渉で店を離れて」。[340]マケインは、イエメンへのサウジアラビア主導の軍事介入を支持したシーア派の フーシに反対し、アリ・アブドラ・サレハ前大統領に忠実な勢力[341]は、「民間人は戦争で死ぬと確信している。フーシが処刑したほど多くはない」と述べた。[342]

台湾の蔡英文大統領が2016年6月に米国上院代表団のリーダーであるマケインと会談

マケインは、オバマ大統領がオーランドのナイトクラブでの銃乱射事件に「直接責任を負っている」と非難した[343] [344]

2016年の再選キャンペーン中に、アリゾナメサでロムニー前知事とキャンペーンを行ったマケイン

2016年の共和党予備選挙で、マケインは、トランプとの個人的な意見の相違にもかかわらず、 ドナルド・トランプであっても共和党の候補者を支持すると述べました。

しかし、ミット・ロムニーの2016年の反トランプ演説に続いて、マケインはその演説で表明された感情を支持し、トランプの「国家安全保障問題に関する無知で実際に危険な発言」について深刻な懸念を抱いたと述べた。[345]マケインがトランプ支持者でいっぱいの部屋を「クレイジー」と呼んだとき、トランプの2016年大統領選挙の初期から、2人の関係は途方に暮れていた。そして、不動産王はマケインについて次のように述べた。その部屋のみんなを侮辱しました ...彼は捕らえられたので戦争の英雄です。私は捕らえられなかった人々が好き です...多分彼は戦争の英雄でした、しかし今彼は多くのことについて多くの非常に悪いことを言いました人の。"これは共和党の多くから広く非難され、マルコ・ルビオ上院議員はトランプのコメントを「攻撃的な暴言」と呼び、コメンテーターのリック・サントラムは「@SenJohnMcCainはアメリカの英雄、時代だ」とツイートし、スコット・ウォーカー知事はコメントをスーシティでのキャンペーンイベントでのトランプの非難の根拠[347]マケインはまた、1996年にトランプがマンハッタンのウェストサイドで検討していた開発プロジェクトに対する連邦ローン保証に声を上げて反対した。そして彼はトランプを支持するでしょう。[349]

マケイン自身は、熱心なトランプ支持者であるケリー・ウォードからの主要な挑戦に直面し、その後、総選挙で民主党議員のアン・カークパトリックからの潜在的に強い挑戦に直面することが予想されました。[350]上院議員は、ヒスパニック系有権者の間でのトランプの不人気が彼自身のチャンスに与える可能性がある影響について懸念を個人的に表明したが、より保守的な親トランプ有権者にも懸念を示した。したがって、彼はトランプの支持を維持しましたが、彼らの意見の相違を考慮して、彼についてできるだけ話そうとしませんでした。[351] [352] [353]しかし、マケインは予備選挙でウォードを2桁のパーセンテージポイントの差で破り、総選挙の投票でカークパトリックに対して同様のリードを獲得しました。ドナルドトランプアクセスハリウッドの論争 が起こったとき、彼は10月8日にトランプの支持を撤回するのに十分な安心感を感じました。[350]マケインは、トランプの「女性についての卑劣なコメントと性的暴行についての彼の自慢」は「条件付きの支援さえ提供し続けることは不可能」であり、ヒラリー・クリントンに投票せず、代わりに「名前を書く」と付け加えた。大統領になる資格のある保守的な共和党員のことだ」と語った。[354] [355]マッケインは80歳で、カークパトリックを破り、アリゾナ州の上院議員として6期目を確保しました。[356]

2016年11月、マケインは、クリストファー・スティールが編集したトランプ大統領選挙のロシアとのつながりに関する書類の存在を知りました。マケインは、より多くの情報を収集するために代表者を派遣し、その代表者は書類のコピーを入手しました。[357] 2016年12月、マケインは1対1の会議でFBIのジェームズコミー長官に書類を渡した。マケインは後に、書類の「申し立ては邪魔だった」と感じたが、自分では確認できないと書いたので、FBIに調査させた。[358]

2016年12月31日ジョージア州トビリシで、マケインは米国がロシアに対する制裁を強化すべきであると述べました。[359] 1年後の2017年12月23日、国務省は、米国がウクライナに「強化された防御能力」を提供すると発表した。[360]

上院の6番目で最後の任期

2018年8月のNRAに関する全国行進。NRAはジョンマケインを支援するために774万ドルを費やしました。[361]

マケインは2017年1月5日、上院軍事委員会の議長を務め、共和党および民主党の上院議員と、国家情報長官のジェームズR.クラッパージュニア国家安全保障局の長官であるマイケルS.ロジャースを含む諜報員が出席しました。米国サイバー軍は、「ロシア政府が大統領選挙に影響を与えようとしてハッキングとリークを使用したという結論を強く再確認した」「統一戦線」を提示した。[362]

2017年6月、マケインはサウジアラビアとのトランプ大統領の物議を醸す武器取引を支持することに投票しました。[363] [364]

オバマケア(患者保護と手頃な価格のケア法)の廃止と交換は、マケインの2016年の再選キャンペーンの目玉であり[365]、2017年7月、彼は次のように述べています。国内で最も高い保険料の値上げのいくつかがあり、アリゾナ州の15の郡のうち14の郡に、今年の取引所でのプロバイダーオプションは1つだけでした。」彼は手頃な価格で質の高い医療を支持していると付け加えたが、保留中の上院法案はアリゾナのメディケイドシステムを保護するのに十分ではなかったと反対した。[366]

マケイン氏は、政府の拘留中に臓器不全で亡くなった中国の ノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏の死に応えて、「これは、中国共産党による人権、民主主義、自由への攻撃の最新の例にすぎない」と述べた。[367]

2017年9月、ミャンマーのロヒンギャ危機がロヒンギャの少数民族の民族浄化となったため、マケインはミャンマーとの将来の軍事協力を廃止する動きを発表しました。[368]

2017年10月、マケインは、オバマ時代の政策は「イランがもたらす多面的な脅威に対応できなかった」と述べ、米国をまだ合意から撤回せずに、イランのイラン核合意(JCPOA)への準拠を無効にするというトランプ大統領の決定を賞賛しました。今日のスピーチで発表されたトランプ大統領は、長く延期された変化を歓迎している」と語った。[369]

脳腫瘍の診断と手術

マケインは、癌の診断を受けて初めて上院に戻り、アメリカンヘルスケア法に批判的な票を投じた後、2017年7月25日に発言します。

2017年7月14日、マケインはアリゾナ州フェニックスのメイヨークリニック病院で、左目の上の血栓を取り除くために低侵襲開頭術を受けました。彼の不在により、上院多数党の指導者ミッチ・マコーネルは、ベターケア和解法への投票を延期することになった[370] 5日後、メイヨークリニックの医師は、手術の結果、非常に侵攻性の癌性脳腫瘍である膠芽腫の存在が確認されたと発表した。[371] この腫瘍の標準的な治療選択肢には化学療法と放射線療法がありますが、治療を行っても平均生存期間は約14か月です。[371]マッケインは、黒色腫を含む以前の癌の生存者であった。[232] [372]

ドナルド・トランプ大統領は、オバマ前大統領を含む他の多くの人々と同様に、マケイン上院議員を公に望んでいた[373] 。[374] 7月19日、マケインの上院議員は、「過去数日間に受けた支援の溢れに感謝している。彼はアリゾナの家族と一緒に家で回復し続けているので元気である。彼はメイヨークリニックの医師とスタッフの卓越したケアに感謝し、将来の治療が効果的であると確信しています。」7月24日、マケインはツイッターで翌日米国上院に戻ると発表した。[375]

上院に戻る

マケインは、親指を下に向けて医療保険制度改革法を廃止することに反対票を投じました。

マケインは、脳外科手術から2週間も経たないうちに、7月25日に上院に戻った。彼は、上院が医療保険制度改革に代わる法案の検討を開始することを許可する決定票を投じました。その投票とともに、彼は共和党と民主党が最初に医療保険制度改革法を可決する際に使用した党派の投票プロセスを批判する演説を行い、マケインはまた、通常の委員会のヒアリングと審議。[376] [377] [378] 7月28日、彼はその月の共和党の最終提案、いわゆる「スキニー廃止」オプションに反対票を投じたが、49-51で失敗した。[379]マケインは、2017年の減税および雇用法の成立を支持した

マケインは2017年12月以降上院で投票せず、代わりにアリゾナに残り、癌治療を受けました。2018年4月15日、憩室炎に関連する感染症の手術を受け、翌日は安定した状態であると報告されました。[380]

委員会の任務

2016年にシンガポールで開催された国際戦略研究所アジア安全保障サミットに出席した米国国防長官のアシュ・カーターと上院議員のジョニ・アーンストダニエル・サリバン、ジョン・マケイン、トム・コットンリンジー・グラハムコリー・ガードナー

党員集会の会員

死と葬式

アリゾナ上院議員ジョン・S・マケインの追悼式

2018年8月24日、マケインの家族は、彼が癌の治療を受けなくなると発表しました。[383]彼は翌日、アリゾナ州コーンビル自宅で、妻と家族とともに午後4時28分(協定世界時23時28)に亡くなりました。[384] [385]

ジョンマケインは、アリゾナ州議会議事堂のロタンダにある州にあります。
ワシントン国立大聖堂にあるジョン・マケインの棺に軍隊のメンバーが注目を集めています。

マケイン8月29日、フェニックスアリゾナ州議会議事堂に遺体の一般公開を行いました。これは彼の82歳の誕生日でした。その後、8月30日にノースフェニックスバプテスト教会で奉仕が行われました。その後、彼の遺体はワシントンDCに移され、8月31日にアメリカ合衆国議会議事堂[ 386]の遺体の一般公開が行われ、その後、 9月1日のワシントン国立大聖堂。彼は「生涯のエピスコパリアン」であり、少なくとも17年間、南部バプテスト教会に出席しましたが、参加しませんでした。追悼式は両方の宗派で予定されていました。[387] [388]マケインは死ぬ前に、ジョージW.ブッシュ前大統領 バラクオバマ大統領が葬式で賛辞を送るように要請し、ドナルドトランプ大統領と元アラスカ州知事、そして2008年の副大統領候補であるサラペイリンの両方にいかなる礼拝にも出席しないよう要請した。[389] [390]マッケイン自身が葬儀の手配を計画し、ワシントンでの奉仕のために棺側添人を選んだ。棺側添人には、元副大統領のジョー・バイデン、元ウィスコンシン上院議員のラス・ファインゴールド、元国防長官のウィリアム・コーエン、俳優が含まれていました ウォーレン・ベイティ、そしてロシアの反体制派ウラジミール・カラ・ムルザ[391]

マケインの奉仕には複数の外国人指導者が出席した: NATOイェンス・ストルテンベルク事務総長 ウクライナ・ペトロ・ポロシェンコ大統領台湾議会議長、ス・ジアチュアンカナダ国防相ハルジットサジャンジュリ・ルイク国防相、エストニア外相スヴェン・ミクサー、外国人ラトビア・エドガーズ・リンケビッチス大臣、リトアニア・リナス・アンタナス・リンケビチウス外務大臣、サウジアラビア・アデル・アル・ジュベイル外務大臣。[392] [393] [394]

ワシントン国立大聖堂のメモリアルサービスで賛辞を送った高官には、バラクオバマジョージW.ブッシュヘンリーキッシンジャージョーリーバーマン、および彼の娘メーガンマケインが含まれていました。ニューヨーカーは、このサービスを大統領時代の反トランプの人物の最大の会合であると説明しました。[395]

多くのアメリカの政治家が葬式に敬意を表した。出席したのは、オバマ元米国大統領、ブッシュ大統領、クリントン大統領、カーター大統領でした。ファーストレディミシェル、ローラ、ヒラリー、ロザリン; バイデン、チェイニー、ゴア、クエールの元副大統領。元大統領ジョージHWブッシュ(マケインの3か月5日後に亡くなりました)は病気で礼拝に出席できず、トランプ大統領は招待されませんでした。現在と過去の両方、および両方の政党からの政治生活からの多くの人物が出席しました。フィギュアには、ジョン・F・ケリージム・マティスボブ・ドールマデレーン・オルブライトジョン・ケリーミッチ・マコーネルポール・ライアンナンシー・ペロシチャック・シューマーミット・ロムニーリンジー・グラハムジェフ・フレークエリザベス・ウォーレンジョン・ハンツマントランプ大統領の娘であり、義理の息子であるイヴァンカ・トランプジャレッド・クシュナーは、メーガン・マケインの不快感に立ち会った[396]ジャーナリストのカール・バーンスタイントム・ブロコウチャーリー・ローズ、俳優のウォーレン・ベイティアネット・ベニング、コメディアンのジェイ・レノジョイ・ベハー。葬式にも出席した。[397]

米国海軍アカデミー墓地で彼の海軍アカデミーのクラスメートであるチャールズR.ラーソンの隣にあるジョンマケインIIIの墓

9月2日、葬列はワシントンDCからメリーランド州アナポリスを通り、見物人の群れが立ち並ぶ海軍兵学校に向かいました。[398]士官候補生とマケインの同級生の旅団が出席して、海軍兵学校の礼拝堂で私的な奉仕が行われた。礼拝堂の礼拝の後、マケインは海軍兵学校の同級生で生涯の友人であるチャールズR.ラーソン提督の隣にある米国海軍兵学校墓地に埋葬されました。[399]

多くの有名人がツイッターで故上院議員に敬意を表したそれらには、トム・ハンクスウーピー・ゴールドバーグエレン・デジェネレスリース・ウィザースプーンジミー・キンメルクロエ・カーダシアンが含まれていました。[400]

アリゾナ州知事のダグ・デューシーは、2020年に特別選挙が行われるまでマケインの暫定交代を任命する権限を与えられ、マケインの残りの任期を誰が務めるかを決定しました。欠員。[401] [402]アリゾナ州法の下では、任命された後任者は共和党員のマケインと同じ党員でなければならない。[403]潜在的な任命者に関する新聞の憶測には、マケインの未亡人シンディ、元上院議員のジョン・カイル、元議員のマット・サーモンジョン・シャデッグが含まれている。[404][405]デューシーは、マッケインの最後の葬式と埋葬が終わるまで正式な任命はしないと述べた。マケインが埋葬されてから2日後の9月4日、デューシーはマッケインの席を埋めるためにキルを任命した。[406] [407] 2018年末にキルが辞任した後、デューシーは元ツーソン議会議員のマーサ・マクサリーを空席に任命し、最終的には2020年の特別選挙で マーク・ケリーに敗れた。

賛辞

マケインは、議会の同僚、ジミー・カータージョージHWブッシュビルクリントンジョージWブッシュバラクオバマ、将来の大統領ジョーバイデン、マイクペンス副大統領、大統領など、多くの賛辞と哀悼の意を表した。リチャードニクソンの娘トリシアニクソンコックスジュリーニクソンアイゼンハワー[408] [409] [410] [411]フランスのエマニュエル・マクロン大統領、台湾の蔡英文大統領、ウクライナの大統領ペトロ・ポロシェンコヴォロディミール・グロイスマン首相、前日に就任したばかりのオーストラリアのスコット・モリソン首相、マルコム・ターンブル前首相、テレサ・メイ英国首相、デビッド・キャメロン 前首相、カナダのジャスティン・トルドー首相、元首相スティーブン・ハーパー大臣、ドイツのアンジェラ・メルケル首相、外相のヘイコ・マース、イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相、インドのナレンドラ・モディ首相、アフガニスタンのアブドラ・アブドラ首相、パキスタンの外務大臣Shah Mehmood Qureshi、第14代ダライ・ラマ法王、およびワシントン・グエン・コック・クンの元ベトナム大使もお悔やみを送りました。[412] [413] [414] [415] [416] [417]

マケインの娘メガンは、アリゾナ州議会議事堂で遺体の一般公開をしているときに喪に服している

マッケインが拘束されたときにハ・ロ刑務所を運営していたトラン・トラン・デュイット大佐は、次のように述べています。ベトナムと米国の関係を促進するために貢献したので、私は彼がとても好きでした。今朝早く彼の死を知ったとき、私はとても悲しくなります。彼の家族に哀悼の意を表したいと思います。」[418]テレビのインタビューで、リンゼー・グラハム上院議員は、マケインの彼への最後の言葉は「私はあなたを愛している、私はだまされていない」と言った。[419]彼の娘、メーガン・マケインは彼女の悲しみを共有し、彼が死んだ瞬間に彼女がいたと述べた。[420]

70回プライムタイムエミー賞で、マケインはアレサフランクリンの直前の「インメモリアム」セグメントで表彰されました多くのファンは、彼がテレビで知られていないので、セグメントにマケインが含まれていることに疑問を呈しました。しかし、彼はサタデーナイトライブでのホスティングやいくつかのカメオ出演など、さまざまなテレビプロジェクトに出演していました彼はまた、パークスアンドレクリエーション24に出演しました。[421]

上院の少数派指導者 チャック・シューマー(D-NY)は、マッケインにちなんでラッセル上院事務所ビルの名前を変更する決議を導入すると発表した。[422]マッケインを追悼するグランサイア・ケーターズ四分の一の皮は、彼の死の翌日、ワシントン国立大聖堂の鐘楼によって鳴らされた。[423]別の記念クォーターピールが9月6日にワシントン旧郵便局の議会の鐘で鳴らされた。[424] 

ドナルド・トランプの反応

アメリカの国旗は、ジョン・マケイン上院議員のホワイトハウスの半旗で飛んでいます–ボイスオブアメリカからのビデオ。

トランプ大統領は、マケインの生涯を称賛する声明を発表するホワイトハウスの計画を拒否したと伝えられており、彼は当初、マケインの家族に哀悼の意を表したツイートで、マケイン自身について何も述べていませんでした。[425]さらに、マケインの死の日(8月25日)に半旗に下げられていたホワイトハウスの旗は、8月27日の午前12時1分にフルスタッフに戻された。[426]伝えられるところによると、トランプは、マケインが大統領ではなかったことを考えると、マケインの死に関するメディア報道は過度であると感じた。[427]ホワイトハウスの最初の決定とは対照的に、民主党と共和党の両方の多くの知事は、マケインの埋葬まで半旗で飛ぶように州の旗と上院の指導者に命じた。ミッチ・マコーネルチャック・シューマーは国防総省に支援を要請し、すべての政府の建物の半旗に旗が掲げられるようにしました。[428] [429]アメリカ在郷軍人会とAMVETSからの反発を受けて、トランプは8月27日の後半にホワイトハウスの旗を半旗に戻すように命令した。海軍アカデミー墓地でのマケインの介入まで半旗で飛ばされるように旗を命じる宣言に署名した。[430] [431]

マケインの死から7か月後の2019年3月、トランプは5日間で少なくとも4回マケインを批判する一連の公式声明を発表しました。[432]トランプはまた、彼がマッケインの葬式を承認したと主張したが、それについては感謝されなかった。しかし、ワシントン国立大聖堂は、マケインが元大統領ではなかったため、マケインの葬式に政府や大統領の承認は必要ないと答えた。マケインの遺体の一般公開は上院によって承認され、トランプはマケインの遺体の輸送を承認しました。[433] [434] [435]トランプはまた、退役軍人選択法で「仕事を成し遂げた」と述べた。マケインが同じ問題で失敗したと主張しながら。しかし、マケインは実際には、バラク・オバマ大統領が2014年に法に署名した法案の2人の主要な著者の1人でした。トランプは2018年の退役軍人省法に署名しました(S. 2372 Pub.L.  115–182(テキスト) (PDF ))、その完全なタイトルにマケインの名前を含むマケインによって取り組んだその法律の拡張。トランプはまた、マッケインは実際には最後から5番目でしたが、マッケインは「彼のクラスの最後」を卒業したと主張しました。[436] [437]

政治的立場

Chart, with jagged orange and blue lines
American Conservative Union(オレンジ色の線; 100が最も保守的)およびAmericans for Democratic Action(青色の線; 100が最もリベラル)からのMcCainの議会投票スコア[438]

さまざまな擁護団体が、マケインの投票が各グループの立場とどの程度一致しているかについて、マケインのスコアまたは評点を与えています。[439]クラウドパックは、行われた寄付と受け取った寄付に基づいて政治家を評価し、マケイン上院議員に4.3Cのスコアを与え、10Cが最も保守的で、10Lが最もリベラルでした。[440]

無党派のナショナルジャーナルは、上院議員の投票を、上院議員の何パーセントが彼または彼女よりも自由に投票し、何パーセントが経済、社会、および外国の3つの政策分野でより保守的に投票したかによって評価します。2005年から2006年(2008年のアメリカ政治アルマナックで報告された)のマケインの平均評価は次のとおりでした。経済政策:59%が保守的、41%がリベラル。社会政策:54%が保守的で38%がリベラル。外交政策:56%が保守的で43%がリベラル。[441] 2012年、ナショナルジャーナルは、マッケインに73%の保守的および27%のリベラルな総合スコアを与えました[442]。2013年に彼は60パーセント保守的と40パーセントリベラルの複合スコアを受け取りました。[443]

ロバート・ロブやマシュー・コンティネッティなどのコラムニストは、ウィリアム・F・バックリー・ジュニアが考案した定式化を使用して、マッケインを「保守的」ではなく「保守的」と表現しました。現代アメリカの保守主義の哲学的信条」。[444] [445] 2008年の大統領選挙での敗北後、マケインはより正統な保守的な見方を採用し始めた。雑誌NationalJournalは、マッケインとその同僚7人を2010年の「最も保守的な」上院議員として評価し[446]、その年の米国保守連合からの最初の100%の評価を達成しました。[438]バラク・オバマ大統領の任期中、マッケインは、重要な票でオバマの立場で投票する可能性が最も高い共和党の上位5人の1人でした。マケインは、2013年の半分以上の時間でそのような投票でオバマの立場に投票し、「いわゆる「リベラルな」投票記録のためにアリゾナ共和党によって非難された」。[447]

1990年代後半から2008年まで、マケインは1986年の上院議員であるリチャードキンボールによって設立されたプロジェクト投票スマートの取締役でした。[448]このプロジェクトは、マケイン[449]およびその他の公職候補者の政治的立場に関する無党派の情報を提供します。さらに、マケインは上院のウェブサイトを使用して彼の政治的立場を説明しました。[450]

2008年のCPACへのスピーチで、マケインは「小さな政府、財政規律、低税、強力な弁護、法を執行するが制定しない裁判官、私たちの強さの真の源である社会的価値」を信じていると述べた。そして、一般的に、生命、自由、そして幸福の追求に対する私たちの権利の堅実な擁護は、私が生まれた者と生まれていない者に与えられた神としての私のキャリア全体を擁護してきました。」

2018年の回想録TheRestlessWaveで、マケインは彼の見解を次のように説明しています。共和党員。トークラジオやフォックスニュース共和党員ではありません。孤立主義者、保護主義者、移民バッシング、スケープゴート、何も役に立たない共和党員ではありません。 、名前だけの共和党員。私はレーガン共和党員であり、低税、政府、自由市場、自由貿易、防衛準備、民主的国際主義の支持者です。」

文化的および政治的イメージ

White-haired man standing at podium and speaking and gesturing with outstretched arm and an outdoor venue
マッケインは、2008年のメモリアルデーに、ニューメキシコ州アルバカーキでパープルハートを身に着け話します
Four people in a room
マケインと彼の妻シンディは、2011年に、息子のジミーが息子のエンサインジョンシドニーマケインIVに飛行士の翼を固定しているのを見ています。
ジョン・マケインの世論[451]

マケインの個人的な性格は、彼のパブリックイメージの支配的な特徴でした。[452]この画像には、彼自身と彼の家族の両方の兵役、[453]彼の最初の結婚の終わりと2番目の結婚の始まりを取り巻く状況と緊張、[30]彼の異端の政治的ペルソナ、[124]彼の気性、[ 454]時折見過ごされた発言の彼の認められた問題[98]と彼の両方の結婚からの彼の子供たちとの彼の緊密な関係。[30]

マケインの政治的魅力は、他の多くの国の政治家と比較して、より無党派でイデオロギー的ではありませんでした。[455]彼の身長と評判は、ベトナム戦争での彼の奉仕に部分的に由来していた。[456]彼はまた、彼の黒色腫手術と同様に、彼の戦争の傷の物理的な痕跡を持っていた。[457]キャンペーンの際、彼は「私は土より年上で、フランケンシュタインよりも傷跡が多い」と言った。[458]

作家はしばしば、戦争だけでなく政治においても彼の勇気を称賛し、彼について同情的に書いた。[65] [452] [456] [459]異端者のレーベルの自己否認を含む、2008年の大統領選挙中および特に2008年の大統領選挙後のマケインの政治的立場と態度の変化は、多くの作家に悲しみを表明し、何が起こったのか疑問に思った。マケイン彼らは彼らが知っていたと思った。[460] [461] [462] [463] 2013年までに、古いマケインのいくつかの側面が戻ってきて、彼のイメージは、共和党の名前だけ、または彼の「裏切り者」としてなど、矛盾する傾向の万華鏡のイメージになりました。パーティー[464]そして、ある作家が挙げたように、「異端者、元異端者、呪術師、橋の建設者、戦争の英雄は、自分よりも大きな目的に奉仕するために利己心の呼びかけを超越することに傾倒しました。ライオン、ゆるい大砲、幸せな戦士、年長の政治家、冬のライオン。」[322]

彼自身の推定では、マケインは率直で直接的でしたが、せっかちでした。[465]彼の他の特徴には、幸運な魅力への嗜好、[466]ハイキングへの愛着、[467]ユーモアのセンスが含まれ、1998年にクリントンについて冗談を言ったときのように、見事に裏目に出た。新聞に印刷するのに適しています:「チェルシークリントンがなぜそんなに醜いのか知っていますか?–ジャネットレノが彼女の父親だからです。」[468] [469]マッケインはその後、ひどく謝罪し[470]、クリントンホワイトハウスは彼の謝罪を受け入れた。[471]マッケインは彼の欠点に取り組むことを躊躇しなかった、そして彼はそれらについて謝罪した。[98] [472]彼は時々、上院の同僚と厄介で[473]熱心である[474]ことで知られていたが、彼自身の上院のスタッフとの関係はより誠実であり、彼への忠誠心を刺激した。[475] [476]彼は、ホーキーな外交政策と海外旅行をめぐって、ジョー・リーバーマンリンジー・グラハムの上院議員と強い絆を築き、彼らは「スリー・アミーゴス」と呼ばれるようになった。[312]

マッケインは、過去何年にもわたって不穏なことを言ったことを認めたが[477]、多くの話は誇張されているとも述べた。[478]ある精神分析の比較は、マッケインが気性を持った最初の大統領候補ではなかったことを示唆し[479]、文化批評家のジュリア・ケラーは、有権者は情熱的で、熱心で、熱狂的で、勇敢な指導者を望んでいると主張した。[454]マッケインは冒とく的な表現[480]と時々叫ぶことの両方を採用したが、そのような事件は何年にもわたって頻度が少なくなった。[481] [482]リーバーマンはこの観察を行った:「コントロールの喪失であるのは一種の怒りではない。彼は非常にコントロールされた人である。」[481]何十年もの間マケインを知っていて、目印をめぐって彼と戦ってきたサッドコクラン上院議員[483] [484]は、マケイン大統領について懸念を表明した。 「」[481]それでも、コクランはマケインが指名に勝つことが明らかだったとき、大統領のためにマケインを支持した。[485]シカゴ・トリビューン編集委員会はマケインを愛国者と呼んだ。彼は時々間違っていたが恐れを知らず、彼は歴史上数少ない米国上院議員の中で考えられるに値する。[486]

マケインの家族全員が彼と仲良くしており[30]、彼は彼の知名度の高い政治的ライフスタイルの悪影響のいくつかから彼らを擁護した。[487] [488]彼の家族の軍事的伝統は最新世代にまで及んでいます。息子のジョン・シドニーIV(「ジャック」)は2009年に米国海軍兵学校を卒業し、4代目のジョンS.マケインになりました。これはヘリコプターです。パイロット; 息子のジェームズは、イラク戦争で海兵隊と2回のツアーに参加しました息子のダグは海軍でジェット機を飛ばしました。[30] [489] [490]彼の娘メガンブログツイッターになりました2008年の選挙後の共和党の将来についての討論に参加し、彼の異端的な傾向のいくつかを示しました。[491] [492] 2017年、メーガンは人気のABCトークショーTheViewのキャストに共同ホストとして参加しました。[493]マケイン上院議員自身もプログラムのゲストとして登場した。[494]

マケインは上院議員であったときに、いくつかのテレビ番組や映画に出演しました。彼はWeddingCrashers24にクレジットなしのカメオ出演をし、 ParksandRecreationに2つのクレジットなしのカメオ出演をしましたマケインは2002年にサタデーナイトライブも主催し、2008年には2つのエピソードに出演しました。[495]

賞と栄誉

2010年1月、ジョージア州のミハイルサアカシュビリ大統領バトゥミのマケインにジョージア州の国民的英雄の命令を授与ました

彼の軍の名誉と装飾に加えて、マケインは多くの民間の賞と名誉を与えられました。

1997年、タイム誌はマケインを「アメリカで最も影響力のある25人」の1人に指名しました。[132] 1999年、マッケインは選挙資金改革に向けた取り組みに対して、勇気賞のプロフィールをラス・ファインゴールド上院議員と共有した。[136]翌年、同じペアが政府の倫理のためのポールH.ダグラス賞を共有した。[496] 2005年、アイゼンハワー研究所はマケインにアイゼンハワーリーダーシップ賞を授与した。[497]この賞は、生涯の業績がドワイト・D・アイゼンハワーを反映している個人を表彰するものです。の誠実さとリーダーシップの遺産。2006年、ブルースF.ベントパブリックサービスアワードは、国立公園トラストからマッケインに授与されました。[498]同じ年、マケインは、ヘンリーM. "スクープ"ジャクソン上院議員に敬意を表して、国防問題ユダヤ人研究所からヘンリーM.ジャクソン功労賞を授与された[499] 2007年、世界リーダーシップフォーラムはマケインに年間最優秀政策立案者賞を授与しました。これは、「重要な政策や法律を作成、刺激、または強く影響を与えた」人に国際的に与えられます。[500] 2010年、ジョージア州のミハイル・サアカシュビリ大統領マケインに国民的英雄の命令、これまで非グルジア人に与えられたことのない賞。[501] 2015年、キーウ総主教庁はマケインに聖ウラジーミル勲章の独自のバージョンを授与しました[502] 2016年、アレゲニーカレッジは、マケインを副学長のジョーバイデンとともに、公的生活における礼儀正しさの賞を授与しました。[503] 2016年8月、ウクライナ大統領のペトロポロシェンコは、マッケインに外国人のための最高の賞である自由勲章を授与しました。[504] 2017年、ハシム・サチコソボの大統領は、コソボの自由と独立への貢献に対してマケインに「UrdhëriLirisë」(自由の秩序)メダルを授与し、米国とのパートナーシップ[505]マケインは、国立憲法センターからリバティメダルも受け取りました。 2017. [506] 2018年の春、マケインは「二国間関係を強化し、日米間の友情を促進する」ために、日本の皇帝から昇る太陽の騎士団のグランドコルドンで飾られました。[507]

マケインは、米国内および国際的な大学からいくつかの名誉学位を取得しました。これらには、コルゲート大学LL.D 2000)、[508] シタデルDPA 2002)、[509] ウェイクフォレスト大学LL.D 2002年5月20日)、[510] [511]南カリフォルニア大学のものが含まれます。 DHL 2004年5月)、[512] ノースウェスタン大学LL.D 2005年6月17日)、[513] [514] リバティー大学(2006)、[515] New School(2006)、[516]およびRoyal Military College of CanadaD.MSc 2013年6月27日)。[517] [518] [519]彼はまた、2005年にダブリンのトリニティカレッジ大学哲学学会の名誉パトロンに任命された。 [520]

2018年7月11日、元々上院議員の父と祖父に敬意を表して名付けられたUSS ジョンS.マケインは、上院議員の名前でも再献身されました。[521] [522]

2017年11月29日、フェニックス市議会は、2018年8月に亡くなった後、2019年1月7日に開港した上院議員に敬意を表してフェニックススカイハーバー国際空港のターミナル3に全会一致で名前を付けることに投票しました。 [523]

2019年4月4日、キーウ市議会は、以前はNKVDエージェントのIvanKudriaにちなんで名付けられていた通りの名前を「JohnMcCainStreet」に変更しました。[524] [525] [526]

2022年5月、 2022年のロシアによるウクライナ侵攻の際の米国のウクライナ支援に応えて、ロシアはマケインを含む3人の亡くなった米国上院議員と960人の他のアメリカ人のロシアへの入国を公式に禁止した。[527]

選挙史

作品

  • ジョン・マケイン、マーク・ソルターによる私の父の信仰(ランダムハウス、1999年) ISBN  0-375-50191-6(後に2005年のテレビ映画「私の父の信仰」になりました)
  • ジョン・マケイン、マーク・ソルターによる戦いに値する(ランダムハウス、2002年9月) ISBN 0-375-50542-3 
  • 勇気が重要な理由:ジョン・マケイン、マーク・ソルターによる勇敢な生活への道(ランダムハウス、2004年) ISBN 1-4000-6030-3 
  • キャラクターは運命です:すべての若者が知っておくべき、そしてすべての大人が覚えておくべき感動的な物語ジョン・マケイン、マーク・ソルター(​​ランダムハウス、2005) ISBN 1-4000-6412-0 
  • ハードコール:偉大な決断とそれを成し遂げた並外れた人々ジョン・マケイン、マーク・ソルター(​​Hachette、2007) ISBN 0-446-58040-6 
  • 13人の兵士:ジョン・マケイン、マーク・ソルターによる戦争でのアメリカ人の個人的な歴史(Simon&Schuster、2014) ISBN 1-4767-5965-0 
  • The Restless Wave:Good Times、Just Causes、Great Fights、and Other Appreciations by John McCain、Mark Salter(Simon&Schuster、2018) ISBN 978-1501178009 

記事と序文

も参照してください

ノート

  1. ^ ジム・インハーフは、マッケインが2017年12月から2018年9月6日まで休暇を取っている間、議長代理を務めました。 [1]

参考文献

  1. ^ ケイン、ポール(2017年12月16日)。「これまでで最も古い上院がワシントンの事業にどのように犠牲を払っているのか」ワシントンポスト2020年9月26日取得
  2. ^ デイビス、スーザン; モンタナロ、ドメニコ(2017年7月27日)。「マケインは反対票を投じ、共和党の医療活動に死の打撃を与える」NPR2021年12月24日取得
  3. ^ 「ジョンマケインのためのジョージW.ブッシュのユーロジー」大西洋2018年9月2021年12月24日取得
  4. ^ 「見る:ジョン・マケインに対するバラク・オバマの完全な賛辞」PBS2018年9月2021年12月24日取得
  5. ^ a b Timberg、Robert(1999)。「パンク」ジョンマケイン、アメリカのオデッセイサイモン&シュスター。ISBN 978-0-684-86794-62015年8月4日–ニューヨークタイムズ経由で取得。
  6. ^ モリソン、サミュエル・エリオット(2007)。二海戦争:第二次世界大戦におけるアメリカ海軍の短い歴史海軍協会プレスp。119。
  7. ^ ロバーツ、ゲイリー(2008年4月1日)。「祖先、王室の降下、および上院議員ジョン・シドニー・マケインIVの英語とアメリカの注目すべき親族について」ニューイングランド歴史家系図学会2008年9月15日にオリジナルからアーカイブされました2008年5月19日取得
  8. ^ ブリット、メアリー(2016年10月16日)。 「ロッキンガム郡の歴史家ボブ・カーターは、裁量と奨学金を組み合わせています。」 ニュース&レコード(Greensboro.com)。2020年4月29日取得。
  9. ^ a b c Nowicki、DanおよびMuller、Bill「ジョンマケインレポート:海軍兵学校で」アリゾナリパブリック (2007年3月1日)。2007年11月10日取得。「伝記がどのようにまとめられたか」アリゾナリパブリック(2007年3月1日)。2008年6月18日取得。(「[海軍兵学校での]マケインの成績は、文学や歴史など、彼が楽しんだ科目で良かった。ガンボアは、マケインは数学の宿題をするよりも歴史の本を読むほうがいいと言った。刺激的だとは思わなかったクラスに合格する。「彼はクラスで低く立っていた」とガンボアは言った。
  10. ^ アレクサンダー、人の男、p。19。
  11. ^ a b ウッドワード、カルバン。「マッケインの大量破壊兵器はやめられない口です」AP通信USAトゥデイ(2007年11月4日)。2007年11月10日取得。
  12. ^ アレクサンダー、人の男、p。22。
  13. ^ マケインは洗礼を受け、聖公会で育ちました。ニコルズ、ハンスを参照してください。「マケインは教会でそしてキャンペーンで彼自身への彼の信仰を保ちます」[デッドリンク]、ブルームバーグ(2008年4月25日)。その後、彼は成人としてバプテスマを受けておらず、彼が通った教会の公式会員ではありませんでしたが、バプテストとして識別されました。ワーナー、グレッグを参照してください。「マケインの信仰:牧師は上院議員を敬虔であるが控えめであると説明している」 Associated Baptist Press(2008年4月8日)。2008年9月6日取得。Hornick、Edも参照してください。「マケインとオバマは道徳的失敗を引用している」 2008年8月18日 CNNのウェイバックマシンでアーカイブ(2008年8月16日):「聖公会で育ち、現在はバプテスト教徒であると認めているマケインは、彼の信仰についてめったに話しません。」2008年8月16日取得。Reston、MaeveおよびMehta、Seemaも参照してください。「バラクオバマとジョンマケインがサドルバック教会で会う」ロサンゼルスタイムズ、(2008年8月16日)。2008年9月12日のオリジナルからアーカイブ:「マケインはフェニックスのバプテスト教会に通う聖公会 です...」2008年8月16日閲覧。
  14. ^ アレクサンダー、人の男、p。28。
  15. ^ 「聖公会は好きな息子を祝う」アレクサンドリアタイムズ2007年6月12日2012年3月19日取得
  16. ^ スミス、ブルース(2007年9月17日)。「マケインは彼が何年もの間バプテストであったと言います」ワシントンポストAP通信ISSN0190-8286 _ 2018年8月8日取得 
  17. ^ a b c ティムバーグ、ロバート(1996年9月11日)。ナイチンゲールの歌サイモン&シュスター。pp。31–35。ISBN 978-0-684-82673-8
  18. ^ ベイリー、ホリー(2007年5月14日)。「ジョン・マケイン:「私はハードブローをとる方法を学びました」"ニューズウィーク。 2007年12月19日取得
  19. ^ a b Zurcher、Anthony(2018年8月26日)。「ジョン・マケインの人生の重要な瞬間」BBCニュース2021年8月24日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月24日取得
  20. ^ マケイン、私の父の信仰、p。134。
  21. ^ アレクサンダー、人の男、207。マケインはIQテストで128、次に133を獲得しました。
  22. ^ アレクサンダー、人の男、p。32。
  23. ^ マケイン、私の父の信仰、p。156。
  24. ^ a b ファインバーグ、バーバラ。ジョンマケイン:彼の国に仕える、p。18(Millbrook Press2000)。ISBN0-7613-1974-3_ 
  25. ^ a b c Timberg、American Odyssey、66〜68ページ。
  26. ^ a b c バルタベディアン、ラルフとセラーノ、リチャードA. 「ミシャップスはジョンマケインの記録を海軍飛行士としてマーク」 2008年10月21日、ロサンゼルスタイムズのウェイバックマシンでアーカイブ(2008年10月6日)。2008年10月6日取得。
  27. ^ a b c "ジョンマケイン"アイオワ州党員集会'08デモインレジスター2007年11月8日取得。
  28. ^ a b アレクサンダー、人の男、p。92
  29. ^ アレクサンダー、人の男、p。33
  30. ^ a b c d e f スタインハウアー、ジェニファー。「40年の架け橋、大規模な緊密な仲間」ニューヨークタイムズ(2007年12月27日)。2007年12月27日取得。
  31. ^ Fouhy、Beth(2008年6月30日)。「マッケインはジェパディの敗北を思い出します!USAトゥデイ2013年6月3日取得
  32. ^ マケイン、私の父の信仰、 pp。167–68。
  33. ^ マケイン、私の父の信仰、 pp。172–73。
  34. ^ a b McCain、私の父の信仰、 pp。185–86。
  35. ^ カラアガック、ジョン。ジョン・マケイン:軍事および政治史のエッセイ、 81〜82ページ(Lexington Books2000)。ISBN0-7391-0171-4 _ 
  36. ^ ワインラウブ、バーナード。「悲劇の始まり:パイロットは飛行機をチェックするときに爆風を聞く」ニューヨークタイムズ(1967年7月31日)。2008年3月28日取得。
  37. ^ Timberg、 American Odyssey、72〜74ページ。
  38. ^ マケイン、私の父の信仰、 pp。177–79。
  39. ^ アメリカ海軍の戦闘船の米国海軍2008年3月20日、ウェイバックマシンでアーカイブされたフォレスタル LCDRフレッドD.ホワイトによって操縦された航空機No.405またはLCDRジョンマケインによって操縦されたNo.416のいずれかがズニ人に襲われたと述べています。
  40. ^ Timberg、 American Odyssey、75。
  41. ^ a b c Kuhnhenn、ジム。「海軍はマッケインの軍事記録を発表する」AP通信ボストングローブ(2008年5月7日)。2008年5月25日取得。
  42. ^ a b c d e f Nowicki、Dan&Muller、Bill。「ジョン・マケイン報告:捕虜」アリゾナ・リパブリック(2007年3月1日)。2007年11月10日取得。
  43. ^ a b Hubbell、POW、p。363
  44. ^ ドブス、マイケル。「捕虜としての試練の中で、性格は形作られた」ワシントンポスト(2008年10月5日)
  45. ^ Hubbell、 POW、p。364
  46. ^ アップルジュニア、RW 「マッケイン提督の息子、フォレスタルサバイバーは襲撃で行方不明になっている」ニューヨークタイムズ(1967年10月28日)。2007年11月11日取得。
  47. ^ 「ハノイ襲撃で捕らえられた提督の息子」 2013年8月8日、AP通信のウェイバックマシンでアーカイブされました。ワシントンポスト(1967年10月28日)。2008年2月9日取得(全文には料金が必要)。
  48. ^ ティンバーグ、アメリカンオデッセイ、p。83
  49. ^ アレクサンダー、人の男、54。
  50. ^ ティンバーグ、アメリカンオデッセイ、p。89
  51. ^ a b Hubbell, P.O.W., pp. 450–51
  52. ^ Rochester and Kiley, Honor Bound, p. 363
  53. ^ "Executive Orders". National Archives. August 15, 2016. Retrieved October 24, 2017.
  54. ^ a b Hubbell, P.O.W., pp. 452–54
  55. ^ Timberg, American Odyssey, pp. 95, 118
  56. ^ a b McCain, John. "How the POW's Fought Back" Archived October 13, 2008, at the Wayback Machine, U.S. News & World Report (May 14, 1973), reposted in 2008 under title "John McCain, Prisoner of War: A First-Person Account". Retrieved January 29, 2008. Reprinted in Reporting Vietnam, Part Two: American Journalism 1969–1975, pp. 434–63 (The Library of America 1998). ISBN 1-883011-59-0.
  57. ^ Hubbell, P.O.W., pp. 288–306.
  58. ^ Hubbell, P.O.W., pp. 548–49
  59. ^ Alexander, Man of the People, p. 60
  60. ^ Alexander, Man of the People, p. 64
  61. ^ Rochester and Kiley, Honor Bound, pp. 489–91
  62. ^ Rochester and Kiley, Honor Bound, pp. 510, 537
  63. ^ Timberg, American Odyssey, pp. 106–07
  64. ^ Sterba, James. "P.O.W. Commander Among 108 Freed", The New York Times (March 15, 1973). Retrieved March 28, 2008.
  65. ^ a b c Purdum, Todd. "Prisoner of Conscience" Archived January 20, 2015, at the Wayback Machine, Vanity Fair, February 2007. Retrieved January 19, 2008.
  66. ^ "McCain, in Vietnam, Finds the Past isn't Really the Past". The New York Times. Archived from the original on May 27, 2015. Retrieved July 31, 2018.
  67. ^ a b c Nowicki, Dan; Muller, Bill (March 1, 2007). "Back in the U.S.A.". John McCain Report. The Arizona Republic. Retrieved November 10, 2007.
  68. ^ a b c d e Kristof, Nicholas (February 27, 2000). "P.O.W. to Power Broker, A Chapter Most Telling". The New York Times. Archived from the original on December 18, 2009. Retrieved April 22, 2007.
  69. ^ Alexander, Man of the People, 81.
  70. ^ a b Dictionary of American Naval Aviation Squadrons Archived March 8, 2008, at the Wayback Machine, Volume 1, Naval Historical Center. Retrieved May 19, 2008.
  71. ^ Vartabedian, Ralph. "McCain has long relied on his grit", Los Angeles Times (April 14, 2008). Retrieved September 2, 2008.
  72. ^ Timberg, American Odyssey, pp. 123–24
  73. ^ a b c d e f g h i j k l m n Nowicki, Dan and Muller, Bill. "John McCain Report: Arizona, the early years", The Arizona Republic (March 1, 2007). Regarding his first marriage, McCain said that he "had not shown the same determination to rebuild (his) personal life" as he had shown in his military career, and that "marriages can be hard to recover after great time and distance have separated a husband and wife. We are different people when we reunite ... But my marriage's collapse was attributable to my own selfishness and immaturity more than it was to Vietnam, and I cannot escape blame by pointing a finger at the war. The blame was entirely mine." Retrieved November 21, 2007.
  74. ^ a b c d Frantz, Douglas, "The 2000 Campaign: The Arizona Ties; A Beer Baron and a Powerful Publisher Put McCain on a Political Path", The New York Times, A14 (February 21, 2000). Retrieved November 29, 2006. Frantz, Douglas (February 21, 2000). "The 2000 Campaign: The Arizona Ties; A Beer Baron and a Powerful Publisher Put McCain on a Political Path". The New York Times. Archived from the original on October 14, 2007. Retrieved November 6, 2008.{{cite news}}: CS1 maint: bot: original URL status unknown (link)
  75. ^ Timberg, American Odyssey, pp. 132–34
  76. ^ a b "McCain Releases His Tax Returns" Archived April 21, 2008, at the Wayback Machine, Associated Press for CBS News (April 18, 2008). Retrieved April 24, 2008.
  77. ^ Timberg, American Odyssey, p. 135
  78. ^ Kirkpatrick, David. "Senate's Power and Allure Drew McCain From Military ", The New York Times (May 29, 2008). Retrieved May 29, 2008.
  79. ^ Leahy, Michael. "Seeing White House From a Cell in Hanoi", The Washington Post (October 13, 2008). Retrieved October 17, 2008.
  80. ^ Alexander, Man of the People, p. 93
  81. ^ Vartabedian, Ralph. "John McCain gets tax-free disability pension", Los Angeles Times (April 22, 2008).
  82. ^ Gilbertson, Dawn. "McCain, his wealth tied to wife's family beer business", The Arizona Republic (January 23, 2007). Retrieved May 10, 2008.
  83. ^ Timberg, American Odyssey, p. 139
  84. ^ Thornton, Mary. "Arizona 1st District John McCain" Archived August 8, 2013, at the Wayback Machine, The Washington Post (December 16, 1982). Retrieved May 10, 2008.
  85. ^ Timberg, American Odyssey, pp. 143–44.
  86. ^ "McCain, Clinton Head to Memphis for MLK Anniversary", Washington Wire (blog), The Wall Street Journal (April 3, 2008). Retrieved April 17, 2008.
  87. ^ "McCain Remarks on Dr. King and Civil Rights", The Washington Post (April 4, 2008): "We can be slow as well to give greatness its due, a mistake I made myself long ago when I voted against a federal holiday in memory of Dr. King. I was wrong and eventually realized that, in time to give full support for a state holiday in Arizona." Retrieved May 10, 2008.
  88. ^ a b Alexander, Man of the People, pp. 98–99, 104
  89. ^ Alexander, Man of the People, p. 100
  90. ^ Alexander, Man of the People, pp. 100–01
  91. ^ Tapper, Jake. "McCain returns to the past" Archived December 3, 2007, at the Wayback Machine, Salon (April 27, 2000). Retrieved November 21, 2007.
  92. ^ Reinhard, Beth. "Blog: McCain met with Pinochet" Archived October 9, 2009, at the Wayback Machine, Naked Politics, Miami Herald (October 24, 2008). Retrieved November 1, 2008.
  93. ^ Dinges, John (October 24, 2008). "La desconocida cita entre John McCain y Pinochet" (in Spanish). Centro de Investigación e Información Periodística. Archived from the original on October 27, 2008. Retrieved October 27, 2008.
  94. ^ "Revelan inédita cita entre McCain y Pinochet en 1985". Los Tiempos (in Spanish). October 25, 2008. Archived from the original on May 30, 2013. Retrieved May 30, 2013.
  95. ^ "John McCain", The New York Times. Retrieved October 8, 2008.
  96. ^ Alexander, Man of the People, p. 147
  97. ^ a b Strong, Morgan. "Senator John McCain talks about the challenges of fatherhood" Archived December 21, 2007, at the Wayback Machine, Dadmag.com (June 4, 2000). Retrieved December 19, 2007.
  98. ^ a b c d e f Nowicki, Dan and Muller, Bill. "John McCain Report: The Senate calls", The Arizona Republic (March 1, 2007). Retrieved November 23, 2007.
  99. ^ "TO PASS S 557, CIVIL RIGHTS RESTORATION ACT, A BILL ... -- Senate Vote #432 -- Jan 28, 1988". GovTrack.us.
  100. ^ "TO ADOPT, OVER THE PRESIDENT'S VETO OF S 557, CIVIL ... -- Senate Vote #487 -- Mar 22, 1988". GovTrack.us.
  101. ^ Barone, Michael; Ujifusa, Grant; Cohen, Richard E. The Almanac of American Politics, 2000, p. 112 (National Journal 1999). ISBN 0-8129-3194-7.
  102. ^ Becker, Jo; Van Natta, Don. "For McCain and Team, a Host of Ties to Gambling", The New York Times (September 27, 2008). Retrieved September 29, 2008.
  103. ^ Johnson, Tadd. "Regulatory Issues and Impacts of Gaming in Indian Country", Increasing Understanding of Public Problems and Policies: Proceedings of the 1998 National Public Policy Education Conference, pp. 140–44 (September 1998)
  104. ^ a b c Sweeney, James. "New rules on Indian gaming face longer odds" Archived September 17, 2008, at the Wayback Machine, The San Diego Union-Tribune (September 11, 2006). Retrieved July 1, 2008.
  105. ^ Mason, W. Dale. Indian Gaming: Tribal Sovereignty and American Politics, pp. 60–64 (University of Oklahoma Press 2000). ISBN 0-8061-3260-4
  106. ^ Alexander, Man of the People, p. 112
  107. ^ Alexander, Man of the People, pp. 115–20
  108. ^ a b c Abramson, Jill; Mitchell, Alison. "Senate Inquiry In Keating Case Tested McCain", The New York Times (November 21, 1999). Retrieved May 10, 2008.
  109. ^ a b "Excerpts of Statement By Senate Ethics Panel", The New York Times (February 28, 1991). Retrieved April 19, 2008.
  110. ^ Rasky, Susan. "To Senator McCain, the Savings and Loan Affair Is Now a Personal Demon", The New York Times (December 22, 1989). Retrieved April 19, 2008.
  111. ^ a b Nowicki, Dan and Muller, Bill. "John McCain Report: The Keating Five", The Arizona Republic (March 1, 2007). Retrieval date November 23, 2007.
  112. ^ "Sen. John McCain, Former Senator for Arizona". govtrack.us.
  113. ^ a b Nowicki, Dan and Muller, Bill. "John McCain Report: Overcoming scandal, moving on", The Arizona Republic (March 1, 2007). Retrieved November 23, 2007.
  114. ^ Alexander, Man of the People, pp. 150–51
  115. ^ a b Balz, Dan (July 5, 1998). "McCain Weighs Options Amid Setbacks". The Washington Post. Retrieved May 10, 2008.
  116. ^ Alexander, Man of the People, pp. 152–54
  117. ^ Report of the Select Committee on POW/MIA Affairs, U.S. Senate (January 13, 1993). Retrieved January 3, 2008.
  118. ^ a b Walsh, James. "Good Morning, Vietnam", Time (July 24, 1995). Retrieved January 5, 2008.
  119. ^ Alexander, Man of the People, pp. 170–71
  120. ^ Farrell, John. "At the center of power, seeking the summit", Boston Globe (June 21, 2003). Retrieved January 5, 2008.
  121. ^ McIntire, Mike. "Democracy Group Gives Donors Access to McCain", The New York Times (July 28, 2008). Retrieved August 16, 2008.
  122. ^ Eilperin, Juliet. "McCain Sees Roberts, Alito as Examples" Archived May 11, 2008, at the Wayback Machine, The Trail; A Daily Diary of Campaign 2008, via washingtonpost.com (May 6, 2008). Retrieved July 26, 2008.
  123. ^ a b Curry, Tom. "McCain takes grim message to South Carolina", NBC News (April 26, 2007). Retrieved December 27, 2007.
  124. ^ a b c d e f g h i j Nowicki, Dan and Muller, Bill. "John McCain Report: McCain becomes the 'maverick'", The Arizona Republic (March 1, 2007). Retrieved December 19, 2007.
  125. ^ Timberg, American Odyssey, p. 190
  126. ^ a b c d Maisel, Louis and Buckley, Kara. Parties and Elections in America: The Electoral Process, pp. 163–66 (Rowman & Littlefield 2004). ISBN 0-7425-2670-4
  127. ^ Barone, Michael; Cohen, Richard E. The Almanac of American Politics, 2006, pp. 93–98 (National Journal 2005). ISBN 0-89234-112-2.
  128. ^ McCain, Worth the Fighting For, p. 327
  129. ^ Jackson, David. "McCain: Life shaped judgment on use of force", USA Today (March 25, 2008).
  130. ^ Clinton v. City of New York, 524 U.S. 417 (1998)
  131. ^ Alexander, Man of the People, pp. 176–80
  132. ^ a b "Bio: Sen. John McCain" Archived April 13, 2008, at the Wayback Machine, Fox News (January 23, 2003). Retrieved August 11, 2008.
  133. ^ a b Alexander, Man of the People, pp. 184–87
  134. ^ Timberg, American Odyssey, pp. 194–95
  135. ^ McDonald, Greg (March 24, 1999). "NATO trains sights on Serb targets: Senate OKs use of force in Balkans". Houston Chronicle. Archived from the original on May 12, 2012. Retrieved March 5, 2008.
  136. ^ a b "U.S. Senators John McCain and Russell Feingold Share 10th John F. Kennedy Profile in Courage Award". John F. Kennedy Library Foundation. May 24, 1999. Archived from the original on May 6, 2008. Retrieved December 27, 2007.
  137. ^ a b c d e f g h i j k l m Nowicki, Dan and Muller, Bill. "John McCain Report: The 'maverick' runs", The Arizona Republic (March 1, 2007). Archived from the original on December 6, 2012.
  138. ^ Bernstein, Richard. "Books of the Times; Standing Humbly Before a Noble Family Tradition", The New York Times (October 1, 1999). Retrieved August 11, 2008.
  139. ^ Alexander, Man of the People, pp. 194–95
  140. ^ "Faith of My Fathers (1999)" (IE only), Books and Authors. Retrieved May 26, 2008.
  141. ^ Ressner, Jeffrey; Vogel, Kenneth P. (July 3, 2008). "McCain's TV biopic, reconsidered". The Politico. Retrieved August 26, 2018.
  142. ^ Knickerbocker, Brad. "From a Vietnam Prison to the United States Senate", The Christian Science Monitor (September 16, 1999). Retrieved May 27, 2008.
  143. ^ "McCain formally kicks off campaign", CNN (September 27, 1999). Retrieved December 27, 2007
  144. ^ Bruni, Frank. "Quayle, Outspent by Bush, Will Quit Race, Aide Says", The New York Times (September 27, 2000). Retrieved December 27, 2007
  145. ^ Alexander, Man of the People, pp. 188–89
  146. ^ Harpaz, Beth. The Girls in the Van: Covering Hillary, p. 86 (St. Martin's Press 2001). ISBN 0-312-30271-1
  147. ^ Corn, David. "The McCain Insurgency", The Nation (February 10, 2000). Retrieved January 1, 2008
  148. ^ Data for table is from "Favorability: People in the News: John McCain", The Gallup Organization, 2010. Retrieved May 25, 2010
  149. ^ a b c d e Steinhauer, Jennifer. "Confronting Ghosts of 2000 in South Carolina", The New York Times (October 19, 2007). Retrieved January 7, 2008
  150. ^ "Dirty Politics 2008", NOW, PBS (January 4, 2008). Retrieved January 6, 2008
  151. ^ Alexander, Man of the People, pp. 254–55, 262–63
  152. ^ Mitchell, Alison. "Bush and McCain Exchange Sharp Words Over Fund-Raising", The New York Times (February 10, 2000). Retrieved January 7, 2008
  153. ^ a b Alexander, Man of the People, pp. 250–51
  154. ^ Alexander, Man of the People, pp. 263–66
  155. ^ Gooding, Richard. "The Trashing of John McCain", Vanity Fair (November 2004). Retrieved July 21, 2015
  156. ^ a b Knowlton, Brian. "McCain Licks Wounds After South Carolina Rejects His Candidacy", International Herald Tribune (February 21, 2000). Retrieved January 1, 2008
  157. ^ Barone, Michael and Cohen, Richard. The Almanac of American Politics, 2008, p. 96 (National Journal 2008). ISBN 0-89234-117-3
  158. ^ Mitchell, Alison. "McCain Catches Mud, Then Parades It", The New York Times (February 16, 2000). Retrieved January 1, 2008.
  159. ^ McCaleb, Ian Christopher. "McCain recovers from South Carolina disappointment, wins in Arizona, Michigan", CNN (February 22, 2000). Retrieved December 30, 2007
  160. ^ "Excerpt From McCain's Speech on Religious Conservatives", The New York Times (February 29, 2000). Retrieved December 30, 2007.
  161. ^ Rothernberg, Stuart. "Stuart Rothernberg: Bush Roars Back; McCain's Hopes Dim", CNN (March 1, 2000). Retrieved December 30, 2007.
  162. ^ McCaleb, Ian Christopher. "Gore, Bush post impressive Super Tuesday victories", CNN (March 8, 2000). Retrieved December 30, 2007.
  163. ^ McCaleb, Ian Christopher. "Bradley, McCain bow out of party races" Archived January 25, 2008, at the Wayback Machine, CNN (March 9, 2000). Retrieved December 30, 2007.
  164. ^ Marks, Peter. "A Ringing Endorsement for Bush", The New York Times (May 14, 2000). Retrieved March 1, 2008.
  165. ^ a b c d e f g h i Nowicki, Dan and Muller, Bill. "John McCain Report: The 'maverick' and President Bush", The Arizona Republic (March 1, 2007). Retrieved December 27, 2007.
  166. ^ a b c Holan, Angie. "McCain switched on tax cuts", Politifact, St. Petersburg Times. Retrieved December 27, 2007.
  167. ^ a b Carney, James. "Frenemies: The McCain-Bush Dance", Time (July 16, 2008). Retrieved August 11, 2008.
  168. ^ Drew, Citizen McCain, 5.
  169. ^ Edsall, Thomas and Milbank, Dana. "McCain Is Considering Leaving GOP: Arizona Senator Might Launch a Third-Party Challenge to Bush in 2004", The Washington Post (June 2, 2001). Retrieved May 10, 2008. Archived March 8, 2008, at the Wayback Machine
  170. ^ Cusack, Bob. "Democrats say McCain nearly abandoned GOP", The Hill (March 28, 2007). Retrieved January 17, 2008.
  171. ^ Kirkpatrick, David D. "After 2000 Run, McCain Learned to Work Levers of Power", The New York Times (July 21, 2008). Retrieved August 11, 2008.
  172. ^ McCain, John. "No Substitute for Victory: War is hell. Let's get on with it", The Wall Street Journal (October 26, 2001). Retrieved January 17, 2008.
  173. ^ "Senate bill would implement 9/11 panel proposals", CNN (September 8, 2004). Retrieved January 17, 2008.
  174. ^ "Senate Approves Aviation Security, Anti-Terrorism Bills", Online NewsHour, PBS (October 12, 2001). Retrieved January 17, 2008.
  175. ^ Alexander, Man of the People, p. 168
  176. ^ "Sen. McCain's Interview With Chris Matthews", Hardball with Chris Matthews, MSNBC (March 12, 2003). Via McCain's Senate website and archive.org. Retrieved April 7, 2008.
  177. ^ "Newsmaker: Sen. McCain" Archived January 19, 2014, at the Wayback Machine, PBS, NewsHour (November 6, 2003). Retrieved January 17, 2008.
  178. ^ a b c d Nowicki, Dan and Muller, Bill. "John McCain Report: The 'maverick' goes establishment", The Arizona Republic (March 1, 2007). Retrieved December 23, 2007.
  179. ^ "Summary of the Lieberman-McCain Climate Stewardship Act" Archived April 11, 2008, at the Wayback Machine, Pew Center on Global Climate Change. Retrieved April 24, 2008.
  180. ^ "Lieberman, McCain Reintroduce Climate Stewardship and Innovation Act" Archived March 22, 2012, at the Wayback Machine, Lieberman Senate website (January 12, 2007). Retrieved April 24, 2008.
  181. ^ "McCain: I'd 'entertain' Democratic VP slot", Associated Press for USA Today (March 10, 2004). Retrieved May 6, 2008.
  182. ^ a b Halbfinger, David. "McCain Is Said To Tell Kerry He Won't Join", The New York Times (June 12, 2004). Retrieved January 3, 2008.
  183. ^ a b Balz, Dan and VandeHei, Jim. "McCain's Resistance Doesn't Stop Talk of Kerry Dream Ticket", The Washington Post (June 12, 2004). Retrieved January 18, 2008.
  184. ^ "Kerry wants to boost child-care credit", Associated Press. NBC News (June 16, 2004). Retrieved March 8, 2008.
  185. ^ a b Loughlin, Sean. "McCain praises Bush as 'tested'", CNN (August 30, 2004). Retrieved November 14, 2007.
  186. ^ Coile, Zachary. "Vets group attacks Kerry; McCain defends Democrat", San Francisco Chronicle (August 6, 2004). Retrieved August 15, 2006.
  187. ^ "Election 2004: U.S. Senate – Arizona – Exit Poll", CNN. Retrieved December 23, 2007.
  188. ^ "Senators compromise on filibusters; Bipartisan group agrees to vote to end debate on three nominees", CNN (May 24, 2005). Retrieved March 16, 2008.
  189. ^ Hulse, Carl. "Distrust of McCain Lingers Over '05 Deal on Judges", The New York Times (February 25, 2008). Retrieved March 16, 2008.
  190. ^ Preston, Julia. "Grass Roots Roared and Immigration Plan Collapsed", The New York Times (July 10, 2007). Retrieved July 27, 2008.
  191. ^ "Why the Senate Immigration Bill Failed", Rasmussen Reports (June 8, 2007). Retrieved May 10, 2008.
  192. ^ Schmidt, Susan; Grimaldi, James. "Panel Says Abramoff Laundered Tribal Funds; McCain Cites Possible Fraud by Lobbyist", The Washington Post (June 23, 2005). Retrieved May 10, 2008.
  193. ^ Anderson, John. Follow the Money (Simon and Schuster 2007), p. 254. ISBN 0-7432-8643-X.
  194. ^ Butterfield, Fox. "Indians' Wish List: Big-City Sites for Casinos", The New York Times (April 8, 2005).
  195. ^ Frick, Ali (June 25, 2008). "In 2005, McCain Said Even The 'Scum Of Humanity' Deserve To Have 'Some Adjudication Of Their Cases'". ThinkProgress. Retrieved August 28, 2018.
  196. ^ "Roll Call Votes 109th Congress – 1st Session on the Amendment (McCain Amdt. No. 1977)", United States Senate (October 5, 2005). Retrieved August 15, 2006.
  197. ^ "Senate ignores veto threat in limiting detainee treatment", CNN (October 6, 2005). Retrieved January 2, 2008.
  198. ^ "McCain, Bush agree on torture ban", CNN (December 15, 2005). Retrieved August 16, 2006.
  199. ^ Calabresi, Massimo and Bacon Jr., Perry. "America's 10 Best Senators", "John McCain: The Mainstreamer", Time (April 16, 2006). Retrieved August 14, 2008.
  200. ^ a b Eggen, Dan and Shear, Michael. "Vote Against Waterboarding Bill Called Consistent", The Washington Post (February 16, 2008): "[T]he aide said, there are noncoercive interrogation techniques not used by the Army that could be useful to the CIA." Retrieved June 9, 2008.
  201. ^ Ricks, Thomas. Fiasco: The American Military Adventure in Iraq p. 412 (Penguin Press 2006). ISBN 1-59420-103-X.
  202. ^ Baldor, Lolita C. "McCain Defends Bush's Iraq strategy", Associated Press. The Arizona Republic (January 12, 2007). Retrieved July 19, 2012.
  203. ^ Giroux, Greg. "'Move On' Takes Aim at McCain's Iraq Stance", The New York Times (January 17, 2007). Retrieved January 18, 2008.
  204. ^ Carney, James. "The Resurrection of John McCain", Time (January 23, 2008). Retrieved February 1, 2008.
  205. ^ Crawford, Jamie. "Iraq won't change McCain" Archived July 19, 2008, at the Wayback Machine, CNN (July 28, 2007). Retrieved January 18, 2008.
  206. ^ "McCain arrives in Baghdad", CNN (March 16, 2008). Retrieved March 16, 2008.
  207. ^ "McCain launches White House bid", BBC News (April 25, 2007). Retrieved May 15, 2008.
  208. ^ "Remarks as Prepared for Delivery: Senator McCain's Announcement Speech" Archived March 7, 2012, at the Wayback Machine, USA Today (April 25, 2007). Retrieved May 18, 2008.
  209. ^ Balz, Dan. "For Possible '08 Run, McCain Is Courting Bush Loyalists", The Washington Post (February 12, 2006). Retrieved August 15, 2006.
  210. ^ Birnbaum, Jeffrey and Solomon, John. "McCain's Unlikely Ties to K Street", The Washington Post (December 31, 2007). Retrieved January 3, 2008.
  211. ^ Kirkpatrick, David D. and Pilhofer, Aron. "McCain Lags in Income, but Excels in Spending", The New York Times (April 15, 2007). Retrieved August 11, 2008.
  212. ^ "McCain lags in fundraising, cuts staff" Archived January 19, 2008, at the Wayback Machine, CNN (July 2, 2007). Retrieved July 6, 2007.
  213. ^ a b "Lagging in Fundraising, McCain Reorganizes Staff", NPR (July 2, 2007). Retrieved July 6, 2007.
  214. ^ Sidoti, Liz. "McCain Campaign Suffers Key Shakeups", The Oklahoman (July 10, 2007). Retrieved February 9, 2017.
  215. ^ a b Boshart, Rod. "McCain says he's underdog in Iowa during State Fair visit", The Gazette (August 8, 2008). Retrieved August 11, 2008.
  216. ^ Martin, Jonathan. "McCain's comeback plan", Politico (July 19, 2007). Retrieved December 12, 2007.
  217. ^ Witosky, Tom. "McCain sees resurgence in his run for president" Archived May 24, 2012, at archive.today, The Des Moines Register (December 17, 2007). Retrieved December 29, 2007.
  218. ^ Sinderbrand, Rebecca. "McCain, Clinton win Concord Monitor endorsements" Archived January 2, 2008, at the Wayback Machine, CNN (December 29, 2007). Retrieved December 29, 2007.
  219. ^ "Lieberman: McCain can reunite our country", CNN (December 17, 2007). Retrieved June 26, 2008.
  220. ^ Lieberman, Joseph. "Joe Lieberman: McCain for President" Archived May 9, 2008, at the Wayback Machine, New York Post (February 3, 2008): "Joe Lieberman is an independent Democratic senator from Connecticut." Retrieved June 26, 2008.
  221. ^ "CNN: McCain wins New Hampshire GOP primary", CNN (January 8, 2008). Retrieved January 8, 2008.
  222. ^ Jones, Tim; Anderson, Lisa. "Moderates flock to McCain in S.C.; 2nd-place finish deals blow for Huckabee", Chicago Tribune (January 20, 2008). Retrieved November 2, 2008.
  223. ^ "Thompson Quits US Presidential Race", Reuters (January 22, 2008). Retrieved June 2, 2008.
  224. ^ "McCain wins Florida, Giuliani expected to drop out", CNN (January 29, 2008). Retrieved January 29, 2008.
  225. ^ Holland, Steve. "Giuliani, Edwards quit White House Race", Reuters (January 30, 2008). Retrieved January 30, 2008.
  226. ^ Sidoti, Liz. "Romney Suspends Presidential Campaign", Associated Press (February 7, 2008). Retrieved February 22, 2017.
  227. ^ "McCain wins key primaries, CNN projects; McCain clinches nod", CNN (March 4, 2008). Retrieved March 4, 2008.
  228. ^ "Lawyers Conclude McCain Is "Natural Born" Archived August 8, 2013, at the Wayback Machine, Associated Press. CBS News (March 28, 2008). Retrieved May 23, 2008.
  229. ^ Dobbs, Michael. "McCain's Birth Abroad Stirs Legal Debate", The Washington Post (May 2, 2008). Retrieved October 24, 2008.
  230. ^ Bash, Dana. "With McCain, 72 is the new ... 69?", CNN (September 4, 2006). Retrieved May 10, 2008.
  231. ^ McCain, John. Interview transcript. Meet the Press via NBC News (June 19, 2005). Retrieved November 14, 2006.
  232. ^ a b c Altman, Lawrence. "On the Campaign Trail, Few Mentions of McCain's Bout With Melanoma", The New York Times (March 9, 2008). Retrieved May 10, 2008.
  233. ^ "Medical records show McCain is in good health". International Herald Tribune (May 23, 2008). Retrieved May 23, 2008.
  234. ^ Page, Susan. "McCain runs strong as Democrats battle on" USA Today (April 28, 2008). Retrieved May 10, 2008.
  235. ^ "McCain tells his story to voters" CNN (March 31, 2008). Retrieved May 10, 2008.
  236. ^ Luo, Michael and Palmer, Griff. "McCain Faces Test in Wooing Elite Donors", The New York Times (March 31, 2008). Retrieved May 10, 2008.
  237. ^ Kuhnhenn, Jim. "Cindy McCain had $6 million income in 2006", Associated Press. USA Today (May 24, 2008). Retrieved May 24, 2008.
  238. ^ Shear, Michael. "A Fifth Top Aide To McCain Resigns", The Washington Post (May 19, 2008). Retrieved June 4, 2008.
  239. ^ Kammer, Jerry. "Lobbyists on John McCain's Team Facing Some New Rules", The Arizona Republic (May 26, 2008). Retrieved June 4, 2008.
  240. ^ Pickler, Nedra. "Obama, McCain Fail To Agree On Town Halls" Archived May 9, 2013, at the Wayback Machine, Associated Press. CBS News (June 13, 2008). Retrieved July 19, 2012.
  241. ^ Balz, Dan and Shear, Michael D. "McCain Puts New Strategist Atop Campaign", The Washington Post (July 3, 2008). Retrieved August 11, 2008.
  242. ^ Birnbaum, Jeffrey and Solomon, John. "Aide Helped Controversial Russian Meet McCain", The Washington Post (January 25, 2008).
  243. ^ Carter, Sara. "Grassley gets backlash from McCain camp after asking FBI if Trump's campaign was warned about Russia", Circa News (September 22, 2017).
  244. ^ King, John and Raju, Manu. "Grassley asks FBI if it warned Trump about Manafort", CNN (September 22, 2017).
  245. ^ Ames, Mark and Berman, Ari. "McCain's Kremlin Ties" Archived January 15, 2020, at the Wayback Machine, The Nation (October 1, 2008).
  246. ^ "General Election: McCain vs. Obama", Real Clear Politics. Retrieved August 11, 2008.
  247. ^ a b "McCain Predicts 'Underdog' Win in Final 48 Hours" Archived August 3, 2008, at the Wayback Machine, Fox News (June 27, 2008). Retrieved August 11, 2008.
  248. ^ Wayne, Leslie. "McCain Raised $27 Million in July", The New York Times (August 15, 2008). Retrieved August 16, 2008.
  249. ^ Barr, Andy. "Obama passes two million donors", The Hill (August 14, 2008). Retrieved August 16, 2008.
  250. ^ Kuhnhenn, Jim. "Analysis: McCain tries to sow doubts about Obama", Associated Press for USA Today (July 31, 2008). Retrieved August 11, 2008.
  251. ^ "McCain taps Alaska Gov. Palin as vice president pick", CNN (August 29, 2008). Retrieved August 29, 2008.
  252. ^ Berman, Russell. "McCain-Palin Surging in the Polls", The New York Sun (September 9, 2008). Retrieved December 31, 2008.
  253. ^ Nagourney, Adam. "In Election's Wake, Campaigns Offer a Peek at What Really Happened", The New York Times (December 9, 2008). Retrieved December 31, 2008.
  254. ^ Cohen, Jon and Agiesta, Jennifer. "Perceptions of Palin Grow Increasingly Negative, Poll Says", The Washington Post (October 25, 2008). Retrieved December 31, 2008.
  255. ^ Smith, David (August 26, 2018). "John McCain opened Pandora's box – Sarah Palin came out, but Trump was right behind her". The Guardian. Retrieved August 28, 2018.
  256. ^ McGann, Laura (August 27, 2018). "John McCain, Sarah Palin, and the rise of reality TV politics". Vox. Retrieved August 28, 2018.
  257. ^ Martin, Jonathan (May 5, 2018). "At His Ranch, John McCain Shares Memories and Regrets With Friends". The New York Times. Archived from the original on May 5, 2018. Retrieved August 29, 2018.
  258. ^ Fouhy, Beth. "Obama rejects McCain's call to delay debate", Associated Press. South Florida Times (September 24, 2008). Retrieved July 19, 2012.
  259. ^ "John McCain Statement: 'Suspending' His Campaign", ABC News (September 24, 2008).
  260. ^ Weisman, Jonathan. "How McCain Stirred a Simmering Pot", The Washington Post (September 27, 2008). Retrieved September 27, 2008. "In truth, McCain's dramatic announcement Wednesday that he would suspend his campaign and come to Washington for the bailout talks had wide repercussions."
  261. ^ Stolberg, Cheryl Gay and Bumiller, Elisabeth. "A Balancing Act as McCain Faces a Divided Party and a Skeptical Public", The New York Times (September 26, 2008). Retrieved September 27, 2008. "His greatest contribution," Mr. Bachus said, "was returning to Washington and standing up for Republicans who were refusing to be stampeded."
  262. ^ "McCain To Attend Debate, Resume Campaign" Archived September 27, 2008, at the Wayback Machine, RTTNews (September 26, 2008). Retrieved September 26, 2008.
  263. ^ "Senate Passes Economic Rescue Package" Archived April 1, 2016, at the Wayback Machine, NY1 News (October 2, 2008). Retrieved April 10, 2016.
  264. ^ Steinhauser, Paul. "Obama picks up second debate win, poll says", CNN (October 8, 2008). Retrieved October 12, 2008.
  265. ^ Daniel, Douglass. "Obama backs away from McCain's debate challenge", Associated Press. Houston Chronicle (August 2, 2008). Retrieved August 11, 2008.
  266. ^ Rutenberg, Jim. "Nearing Record, Obama's Ad Effort Swamps McCain", The New York Times (October 17, 2008). Retrieved December 30, 2008.
  267. ^ Drogin, Bob and Barabak, Mark Z. "McCain Says Obama Wants Socialism", Los Angeles Times (October 18, 2008). Retrieved December 31, 2008.
  268. ^ Bumiller, Elisabeth. "In Ohio, McCain Is Everywhere Even if Joe the Plumber Isn't", The New York Times (October 30, 2008). Retrieved December 31, 2008.
  269. ^ Smith, Ben. "McCain pollster: Wright wouldn't have worked", Politico (December 11, 2008). Retrieved December 30, 2008.
  270. ^ Johnson, Alex. "McCain hammers Obama on Ayers ties", NBC News (October 23, 2008). Retrieved January 1, 2009.
  271. ^ a b "Romney backer sees treason, Obama's campaign cries foul" Archived September 24, 2015, at the Wayback Machine, Reuters (May 7, 2012).
  272. ^ a b "McCain Responds to 'Arab' Epithet at Rally: 'Obama a Decent Family Man'", HuffPost (October 10, 2008).
  273. ^ "Where Are They Now?: Gayle Quinnell". The Washington Times. October 1, 2012. Retrieved February 10, 2018.
  274. ^ Bai, Matt, "A Turning Point in the Discourse, but in Which Direction?" The New York Times (January 8, 2011).
  275. ^ King, Alexandra (February 10, 2018). "Meghan McCain sees 'a lot of gray' with Trump voters and their views". CNN. Retrieved February 10, 2018.
  276. ^ a b "Transcript: McCain concedes presidency", CNN (November 4, 2008).
  277. ^ Franke-Ruta, Garance. "McCain Takes Missouri", The Washington Post (November 19, 2008). Retrieved November 19, 2008.
  278. ^ a b "President – Election Center 2008", CNN. Retrieved November 19, 2008.
  279. ^ Mooney, Alexander. "McCain may face bumpy shift from White House run", CNN (November 18, 2008). Retrieved November 21, 2008.
  280. ^ Tapper, Jake. "Obama, McCain Meet While Bill Speaks About Hillary", ABC News (November 17, 2008). Retrieved November 21, 2008.
  281. ^ Cillizza, Chris. "McCain's Next Step: Re-Election in 2010", The Washington Post (November 19, 2008). Retrieved November 21, 2008.
  282. ^ Kirkpatrick, David D. "Obama Reaches Out for McCain's Counsel", The New York Times (January 19, 2009). Retrieved January 20, 2009.
  283. ^ Brune, Tom. "Obama speech strong but anti-climatic" (sic), Newsday (January 20, 2009). Retrieved January 20, 2009.
  284. ^ Hulse, Carl and Herszenhorn, David M. "Senators Reach Deal on Stimulus Plan as Jobs Vanish", The New York Times (February 6, 2009). Retrieved February 7, 2009.
  285. ^ O'Donnell, Kelly and Montanaro, Domenico. "McCain to vote against Sotomayor", NBC News (August 3, 2009). Retrieved August 22, 2009.
  286. ^ Giroux, Greg. "McCain: Maverick No More?", CQ Politics (August 19, 2009). Retrieved August 22, 2009.
  287. ^ McCain, John and others. "Only Decisive Force Can Prevail in Afghanistan", The Wall Street Journal (September 13, 2009). Retrieved November 17, 2009.
  288. ^ a b c d Newton-Small, Jay. "John McCain: Can He Mend Fences with the Right?", Time (October 8, 2009). Retrieved November 20, 2009. In print magazine as "Voice in the Wilderness", October 19, 2009.
  289. ^ a b Lerer, Lisa. "John McCain slams 'horrendous' climate bill", Politico (November 19, 2009). Retrieved November 20, 2009.
  290. ^ Shane, Leo, III, "'Don't ask, don't tell' reversal measure falters in Senate", Stars and Stripes, September 21, 2010. Retrieved September 21, 2010.
  291. ^ a b Steinhauer, Jennifer. "From Right of Radio Dial, Challenge to McCain", The New York Times (February 9, 2010). Retrieved February 13, 2010.
  292. ^ a b c Slevin, Peter. "Hard line on immigration marks GOP race in Arizona", The Washington Post (May 22, 2010). Retrieved May 22, 2010.
  293. ^ Jacobson, Louis. "McCain's ultimate maverick move, denial", PolitiFact (April 6, 2010). Retrieved October 31, 2014.
  294. ^ Margolick, David. "The McCain Mutiny", Newsweek (April 3, 2010). Retrieved April 6, 2010.
  295. ^ O'Brien, Michael. "McCain: Don't expect GOP cooperation on legislation for the rest of this year", The Hill (March 22, 2010). Retrieved March 28, 2010.
  296. ^ Good, Chris. "McCain Defends Arizona's Immigration Law", The Atlantic (April 26, 2010). Retrieved May 22, 2010.
  297. ^ "The 2010 Results Map – Senate – 2010 – AZ", Politico (August 25, 2010). Retrieved August 25, 2010.
  298. ^ "McCain, Republicans sweep statewides", Phoenix Business Journal (November 3, 2010). Retrieved November 3, 2010.
  299. ^ Potts, Tracie (December 14, 2010). "Lawmakers compromise on tax deal, nobody completely happy". WCBD-TV. Archived from the original on March 11, 2012. Retrieved November 15, 2012.
  300. ^ a b Walshe, Shushannah. "John McCain's Lasting Anger", The Daily Beast (December 21, 2010). Retrieved November 15, 2012.
  301. ^ a b Milbank, Dana. "John McCain at his fieriest before 'don't ask, don't tell' vote", The Washington Post (December 18, 2010). Retrieved December 26, 2010.
  302. ^ "McCain Says the Time for Mubarak to Leave Has Come", Associated Press, ABC News (February 3, 2011). Retrieved May 22, 2011.
  303. ^ "McCain: Libyan rebels are 'my heroes'" Archived August 8, 2013, at the Wayback Machine, CBS News (April 22, 2011). Retrieved May 11, 2011.
  304. ^ Steinhauer, Jennifer. "Kerry and McCain Introduce Libya Resolution", The New York Times (June 21, 2011). Retrieved February 21, 2016.
  305. ^ "Boehner: House not with McCain on Libya campaign", CNN (June 22, 2011). Retrieved February 21, 2016.
  306. ^ "McCain says he'll 'swallow hard' and vote for debt deal", Associated Press, Daily Herald (August 1, 2011). Retrieved August 7, 2011.
  307. ^ Barett, Ted. "Senate passes defense bill with detainee policy compromise", CNN (December 2, 2011). Retrieved December 3, 2011.
  308. ^ Gerstein, Josh. "Defense bill revised in bid to avoid veto", Politico (December 12, 2011). Retrieved December 26, 2011.
  309. ^ Chabot, Hillary. "John McCain: Close curtain on GOP 'Greek tragedy'", Boston Herald (February 28, 2012). Retrieved March 7, 2012.
  310. ^ Gilbert, Holly. "McCain on campaign finance: 'The system is broken'" Archived July 5, 2012, at the Wayback Machine, CNN (June 17, 2012). Retrieved July 7, 2012.
  311. ^ a b Steinhauer, Jennifer. "Once a Rebel, McCain Now Walks the Party Line", The New York Times (July 27, 2012). Retrieved July 31, 2012.
  312. ^ a b Steinhauer, Jennifer. "Foreign Policy's Bipartisan Trio Becomes Republican Duo", The New York Times (November 26, 2012). Retrieved December 20, 2014.
  313. ^ Eldridge, David. "McCain slams Obama on Libya: 'Nobody died in Watergate'", The Washington Times (October 28, 2012). Retrieved November 16, 2012.
  314. ^ Ioffe, Julia. "John Kerry's Quiet Campaign Pays Off", The New Republic (December 22, 2012). Retrieved December 23, 2012.
  315. ^ Cassata, Donna (May 31, 2013). "McCain: Syrian rebels need heavy weapons". The Guardian. Associated Press. Retrieved April 3, 2014.
  316. ^ "Senate panel votes to authorize Syria strike", Fox News (September 4, 2013). Retrieved September 11, 2013.
  317. ^ Weiner, Rachel. "McCain calls Paul, Cruz, Amash 'wacko birds'", The Washington Post (March 8, 2013). Retrieved September 11, 2013.
  318. ^ Deruy, Emily. "Gang of Eight Accelerates Immigration Reform Pace", ABC News (January 30, 2013). Retrieved February 2, 2013.
  319. ^ "McCain: Immigration-reform backers 'not winning'", United Press International (July 19, 2013). Retrieved July 31, 2013.
  320. ^ Condon, Stephanie. "Senate reaches deal to avert 'nuclear option'" Archived November 19, 2013, at the Wayback Machine, CBS News (July 16, 2013). Retrieved July 31, 2013.
  321. ^ a b Kane, Paul. "John McCain helps avert Senate showdown" Archived October 20, 2013, at the Wayback Machine, The Washington Post (July 16, 2013). Retrieved August 1, 2013.
  322. ^ a b Leibovich, Mark. "How John McCain Turned His Clichés Into Meaning", The New York Times Magazine (December 18, 2013). Retrieved December 24, 2013.
  323. ^ Allen, Mike; Vandehei, Jim (July 23, 2013). "The new power triangle". Politico. Retrieved July 31, 2013.
  324. ^ Pace, Julie. "Once heated White House rivals, Obama and McCain becoming bipartisan partners in second term", Associated Press, Star Tribune (July 27, 2013). Retrieved July 31, 2013.
  325. ^ a b Hunt, Albert R. "McCain a maverick again", Miami Herald (July 29, 2013). Retrieved August 1, 2013.
  326. ^ Weisman, Jonathan. "Senators Restart Talks as Default Looms", The New York Times (October 15, 2013). Retrieved October 19, 2013.
  327. ^ Barrett, Ted and Cohen, Tom. "Senate approves budget, sends to Obama", CNN (December 18, 2013). Retrieved December 20, 2013.
  328. ^ Sanchez, Yvonne Wingett. "Arizona GOP censures McCain for 'disastrous' record", The Arizona Republic (January 25, 2014). Retrieved January 26, 2014.
  329. ^ Baron, Kevin. "McCain Calls for Obama's National Security Team to Resign Over Iraq", National Journal (June 12, 2014). Retrieved June 14, 2014.
  330. ^ Walsh, Nick Paton and Capelouto, Susanna. "Ukrainian protesters get visit from Sen. John McCain", CNN (December 15, 2013). Retrieved December 17, 2014.
  331. ^ Wong, Kristina. "McCain, Graham call for US to arm Ukrainians", The Hill (November 18, 2014). Retrieved December 17, 2014.
  332. ^ John, Arit. "John McCain Fights, Loses Good Fight Against Bundler-Ambassadors", Bloomberg News (December 2, 2014). Retrieved December 4, 2014.
  333. ^ Everett, Burgess. "Torture report divides Republicans", Politico (December 9, 2014). Retrieved December 10, 2014.
  334. ^ Jaffe, Alexandra. "McCain makes passionate defense for torture report's release", CNN (December 10, 2014). Retrieved December 20, 2014.
  335. ^ Bolton, Alexander. "GOP senators slam Obama's Cuba moves", The Hill (December 17, 2014). Retrieved December 20, 2014.
  336. ^ a b Steinhauer, Jennifer. "With Chairmanship, McCain Seizes Chance to Reshape Pentagon Agenda", The New York Times (June 9, 2015). Retrieved June 10, 2015.
  337. ^ "McCain Would Let Services Out of 'Penalty Box'", Defense News (May 22, 2015). Retrieved May 23, 2015.
  338. ^ Cheney, Kyle. "John McCain announces reelection bid", Politico (April 7, 2015). Retrieved April 9, 2015.
  339. ^ Raju, Manu and Cheney, Kyle. "Is the tea party afraid of John McCain?", Politico (April 15, 2015). Retrieved April 15, 2015.
  340. ^ Crowley, Michael (May 13, 2015). "John Kerry and John McCain: Once friends, now foes". Politico. Retrieved May 13, 2015.
  341. ^ Perry, Mark. "US generals: Saudi intervention in Yemen 'a bad idea'", Al Jazeera (April 17, 2015). Retrieved June 20, 2015
  342. ^ "U.S. Senators Hem and Haw on Saudi Arabia's Human Rights Abuses". The Intercept. October 1, 2015.
  343. ^ "John McCain: Obama is 'directly responsible' for Orlando attack". The Washington Post. June 16, 2016. Retrieved June 18, 2016.
  344. ^ "John McCain blamed Obama for the Orlando shooting. That's some pretzel logic". The Guardian. June 17, 2016. Retrieved June 18, 2016.
  345. ^ a b Dumcius, Gintautas. "Sen. John McCain backs up Mitt Romney, says Donald Trump's comments 'uninformed and indeed dangerous'", The Republican (March 3, 2016). Retrieved March 3, 2016.
  346. ^ Hains, Tim (July 19, 2015). "Trump On McCain: "He Is A War Hero Because He Was Captured ... I Like People Who Weren't Captured"". Real Clear Politics.
  347. ^ Schreckinger, Ben. "Trump attacks McCain: 'I like people who weren't captured'". POLITICO. Retrieved July 1, 2021.
  348. ^ Baker, Peter; Haberman, Maggie (September 4, 2020). "Trump Faces Uproar Over Reported Remarks Disparaging Fallen Soldiers". The New York Times. Archived from the original on September 4, 2020.
  349. ^ Raju, Manu. "Flake, McCain split over backing Trump", CNN (May 5, 2016). Retrieved May 7, 2016.
  350. ^ a b Everett, Burgess. "How McCain finally decided he couldn't stomach Trump anymore", Politico (October 8, 2016). Retrieved October 8, 2016.
  351. ^ Everett, Burgess and Kim, Seung Min. "McCain on tape: Trump damages my reelection hopes", Politico (May 5, 2016). Retrieved May 7, 2016.
  352. ^ Barabak, Mark Z. "As John McCain fights for reelection, the Trump problem cuts two ways – both against him", Los Angeles Times (August 24, 2016). Retrieved August 24, 2016.
  353. ^ Fuller, Matt (October 8, 2016). "John McCain Unendorses Donald Trump". Huffington Post.
  354. ^ Siddiqui, Sabrina; Jacobs, Ben; Helmore, Edward. "John McCain withdraws support for Donald Trump over groping boasts", The Guardian (October 8, 2016). Retrieved October 8, 2016.
  355. ^ Blake, Aaron (October 9, 2016). "Three dozen Republicans have now called for Donald Trump to drop out". The Washington Post.
  356. ^ Santos, Fernanda (November 8, 2016). "John McCain Wins Arizona Senate Race". The New York Times.
  357. ^ Borger, Julian (January 12, 2017). "How the Trump dossier came to light: secret sources, a retired spy and John McCain". The Guardian. Retrieved August 26, 2018.
  358. ^ Resnick, Gideon (May 9, 2018). "McCain Defends Giving Trump Dossier to Comey: Duty Demanded I Do It". The Daily Beast. Retrieved May 12, 2018.
  359. ^ "Senator McCain says U.S. 'must stand up to Vladimir Putin'". Reuters. December 31, 2016. Retrieved August 25, 2018.
  360. ^ "U.S. says it would provide Ukraine with 'defensive' aid". Reuters. December 23, 2017. Retrieved January 31, 2018.
  361. ^ "The 10 Politicians Who Have Benefited the Most From NRA Funding". Forbes. February 15, 2018.
  362. ^ Flegenheimer, Matt; Shane, Scott (January 5, 2017). "Countering Trump, Bipartisan Voices Strongly Affirm Findings on Russian Hacking". The New York Times. Archived from the original on January 5, 2017. Retrieved January 6, 2017.
  363. ^ Carney, Jordain (June 13, 2017). "Senate rejects effort to block Saudi arms sale". The Hill.
  364. ^ Cooper, Helene (June 13, 2017). "Senate Narrowly Backs Trump Weapons Sale to Saudi Arabia". The New York Times. Archived from the original on June 13, 2017.
  365. ^ Gautreaux, R (2016). "Framing the Patient Protection and Affordable Care Act:A Content Analysis of Democratic and Republican Twitter Feeds". Archived from the original on November 20, 2020. Retrieved March 26, 2020.
  366. ^ Nowicki, Dan. "McCain is not happy with the new Senate health bill. Here's what he wants", The Arizona Republic (July 14, 2017).
  367. ^ "Trump praises Xi soon after death of Chinese dissident". CNBC. July 13, 2017.
  368. ^ Ferrechio, Susan (September 12, 2017). "John McCain to punish Myanmar in defense bill". Washington Examiner.
  369. ^ Delk, Josh (October 13, 2017). "McCain: Iran has 'literally been getting away with murder'". The Hill. Retrieved September 1, 2018.
  370. ^ Mattingly, Phil; Raju, Manu; Almasy, Steve (July 17, 2017). "McConnell delays health care vote while McCain recovers from surgery". CNN. Retrieved July 19, 2017.
  371. ^ a b Scutti, Susan (July 19, 2017). "Sen. John McCain has brain cancer, aggressive tumor surgically removed". CNN.
  372. ^ "McCain Recovering After Cancer Surgery". ABC News. August 21, 2000. Retrieved July 20, 2017.
  373. ^ Caplan, David. "Sen. John McCain diagnosed with brain tumor after blood clot removed", ABC News (July 19, 2017).
  374. ^ Obama, Barack (July 19, 2017). "John McCain is an American hero & one of the bravest fighters I've ever known. Cancer doesn't know what it's up against. Give it hell, John". Twitter. Retrieved July 23, 2017.[better source needed]
  375. ^ Sullivan, Sean (July 24, 2017). "McCain's return to Senate injects momentum into GOP health-care battle". The Washington Post. Retrieved July 25, 2017.
  376. ^ Werner, Erica (July 28, 2017). "McCain, fighting cancer, turns on GOP and kills health bill". ABC News. Archived from the original on July 29, 2017.
  377. ^ Cowan, Richard; Oliphant, James (July 25, 2017). "In hero's return, McCain blasts Congress, tells senators to stand up to Trump". Reuters.
  378. ^ Alonso-Zaldivar, Ricardo (July 25, 2017). "Cheers for McCain, then a speech like impassioned prophet". The Washington Post. Archived from the original on July 25, 2017. Obama and the Democrats shouldn't have pushed the Affordable Care Act through on party-line votes when they controlled Washington back in 2010, McCain said, 'and we shouldn't do the same with ours. ...' The same Associated Press article was published at: "McCain Delivers a Key Health Care Vote, Scolding Message". The New York Times. July 26, 2017. Archived from the original on July 28, 2017. Retrieved July 28, 2017.
  379. ^ Fox, Lauren (July 28, 2017). "John McCain's maverick moment". CNN. Retrieved July 28, 2017.
  380. ^ Samuels, Brett (April 16, 2018). "McCain recovering after surgery for infection". The Hill. Retrieved April 16, 2018.
  381. ^ "Portman and Durbin Launch Senate Ukraine Caucus" Archived February 11, 2015, at the Wayback Machine, web site of "Rob Portman United States Senator for Ohio" (February 9, 2015). Retrieved February 11, 2015.
  382. ^ "Members". Republican Main Street Partnership. Archived from the original on August 26, 2018. Retrieved October 4, 2017.
  383. ^ Fandos, Nicholas; Martin, Johnathan (August 24, 2018). "John McCain Will No Longer Be Treated for Brain Cancer, Family Says". The New York Times. Archived from the original on August 24, 2018. Retrieved August 24, 2018.
  384. ^ Nowicki, Dan (August 25, 2018). "Sen. John McCain, American 'maverick' and Arizona political giant, dies at age 81". The Arizona Republic. Retrieved December 1, 2018.
  385. ^ McFadden, Robert (August 25, 2018). "John McCain, War Hero, Senator, Presidential Contender, Dies at 81". The New York Times. Retrieved August 25, 2018.
  386. ^ "Lying in State or in Honor". US Architect of the Capitol (AOC). Retrieved September 1, 2018.
  387. ^ "Lifelong Episcopalian Senator John McCain Remembered as 'Hero' Who Stood Quietly for His Faith". Christian Post. Retrieved August 27, 2018.
  388. ^ "McCain's faith: Pastor describes senator as devout, but low-key (updated)". baptistnews.com. Baptist News Global. April 9, 2008. Retrieved August 27, 2018.
  389. ^ "McCain requested Obama and George W. Bush deliver eulogies at funeral". CBS News. Retrieved August 26, 2018.
  390. ^ "McCain didn't want Trump at funeral service". CNN. Retrieved August 26, 2018.
  391. ^ "McCain's choice of Russian dissident as pallbearer is final dig at Putin, Trump". Politico. Retrieved August 29, 2018.
  392. ^ "Here's Who is Attending McCain Memorial at National Cathedral". Roll Call. September 1, 2018.
  393. ^ "Speaker to attend McCain service on nation's behalf". Taipei Times. August 31, 2018.
  394. ^ "Legislative Speaker Su attends John McCain's memorial service". Focus Taiwan. September 2, 2018.
  395. ^ Glasser, Susan B. (September 1, 2018). "John McCain's Funeral Was the Biggest Resistance Meeting Yet" – via www.newyorker.com.
  396. ^ "Meghan McCain slams first family to Stephen Colbert: 'The Trumps are unwelcome around me'". USA TODAY.
  397. ^ "John McCain funeral: Jay Leno, Renee Fleming and more celebrities who attended". USA TODAY.
  398. ^ Britto, Brittany (September 2, 2018). "Hundreds line sidewalks as Sen. John McCain arrives in Annapolis for burial at Naval Academy". Baltimore Sun. Retrieved May 31, 2019.
  399. ^ "McCain to lie in state at Capitol". Politico. Retrieved August 26, 2018.
  400. ^ Henderson, Cydney (August 26, 2018). "'True American Hero': Whoopi Goldberg, Tom Hanks and other celebs pay tribute to John McCain". USA Today. Retrieved August 26, 2021.
  401. ^ "Jon Kyl, Former Senator, Will Replace McCain in Arizona". The New York Times. Archived from the original on September 5, 2018. Retrieved September 24, 2018.
  402. ^