ジャラナ・ジャロチャ

ジャラナ・ジャロチャ。

ジャラナ・ハロチャは、メキシコベラクルス州南部地域に伝わる、ギターの形をしたフレット弦楽器です通常は 5 コースの 8 本の弦が張られ、外側の 2 本のシングル ストリングと間に 3 つのダブル コースが配置されます。弦は通常ナイロンですが、以前はガットでした。16世紀のスパニッシュ・バロック・ギター直系のため、ボディはギターより若干細めです。ウクレレと間違われることもある、ジャラナ・ジャロチャには少なくとも 5 つのサイズがあり、最も小さいのはソプラノ ウクレレよりも若干小さいチャキステです。それからソプラノウクレレほどの大きさの蚊。コンサートウクレレほどの大きさの「プリメーラ」。「セグンダ」はテナーウクレレとバリトンウクレレの間の長さです。そしてバリトンウクレレより若干長い「テルセラ」。一部の弦楽器製作者は「テルセロラ」または「ジャラナ クアルタ」と名付けたサイズのジャラナを製作していますが、これらが明確なサイズを表しているのか、それとも標準的なテルセラの特に大きなバリエーションにすぎないのかについては議論があります。[1]

ジャラナは伝統的に特異なタイプの構造を特徴としています。ボディは無垢材(伝統的にスペイン産の杉)から削り出され、くり抜かれ、別々の響板と指板が貼り付けられます。スペインの楽器から派生した他のメキシコや南米のフォークギター、特にボリビアのチャランゴもこの方法で作られています

そのサウンドは独特で、ウクレレにもギターにも似ていません。演奏方法はほとんど打楽器のようで、アクセントのダウンストロークとダブルアップストロークのパターンがあり、ダンサーのサパテアードのステップをほぼ模倣しています。音は使用する木材や楽器の大きさによって異なります。ジャラナはメーカーが違うと同じ木材でも製法などにより音色が異なる傾向があります。

ハラナ プリメーラは高くて鋭い声を持つ傾向がありますが、セグンダはよりテノールできらめく声を持っています。テルセラは深く朗々とした声を持ち、小さなチャキステやカはしばしば甲高い声を出します。

ハラナは、「アルパ・ハロチャ」やベラクルス民族のハープ、「ギター・デ・ソン」などの他の楽器と組み合わせて非常に効果的に使用されます。これはハラナとほぼ同じですが、長く弾かれる4本の弦があるという点が異なります。バチは通常カウホーンで作られており(したがってリズム楽器ではなくメロディック楽器になります)、声楽のリード楽器として使用されるためです。

ジャラーナは通常 8 本の弦が 5 つのコース (シングル コース、その後 3 つのダブル コース、次にもう 1 つのシングル コース) に配置されていますが、現在では多くのジャラーナが 4 つのダブル コースで生産されており、多くの場合 GG CC EE AA にチューニングされています。ソン・デ・バロ・グループのレオナルド・ゼンデハスは、ボトムG線がないことで、これらの楽器では伝統的な5コースのハラナよりもコードの形や指板の登りがはるかに簡単になるとコメントしています。弦楽器製作者でグループ Mono Blanco の創設者である Gilberto Gutierrez Silva は、独自のバリエーションを作成しました。GGG CCC EEE (キューバのトレスと同じチューニング) にチューニングされた 3 コースの 3 重弦のハラナです。彼はこのバリエーションを「トレセラ」と名付けました。

参考文献

  1. ^ 「弦楽器データベース: 索引」. stringedinstrumentdatabase.aornis.com

情報源

  • David Whitmer、2005、CD、メキシコの伝統音楽: Son Jarocho de Tlacotalpan (ARCMusic EUCD1966)