日本語

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

日本
日本語
日本語
Nihongo.svg
日本語の漢字日本語(「日本語」)
発音/nihoNɡo/[ɲihoŋɡo]
原産の日本
民族性日本人 大和
ネイティブスピーカー
〜1億2800万(2020)[1]
初期の形態
日本語署名
公式ステータス
公用語
 日本事実上パラオアンガウル島
 
言語コード
ISO 639-1ja
ISO 639-2jpn
ISO 639-3jpn
Glottolognucl1643八条  を除く
Linguasphere45-CAA-a
この記事には、IPA音声記号が含まれています。適切なレンダリングサポートがないと、 Unicode文字の代わりに疑問符、ボックス、またはその他の記号が表示される場合がありますIPA記号の入門ガイドについては、Help:IPAを参照してください。

日本語日本語日本語 [ɲihoŋɡo] 聞くオーディオスピーカーアイコン、主に日本東アジアの言語であり、国語です。日琉(または日本語琉球)語族のメンバーであり他の言語との関係は不明です。日琉語族は、アイヌ語オーストロアジア韓国語、そして今では信用されてアルタイ諸語などの他の言語族とグループ化されていますが、これらの提案はどれも広く受け入れられていません。

この言語の先史時代、または日本で最初に登場した時期についてはほとんど知られていません。紀元3世紀の中国語の文書にはいくつかの日本語の単語が記録されていましたが、実質的なテキストは8世紀まで登場しませんでした。日本の平安時代(794年から1185年)には、中国語上代日本語の語彙音韻論にかなりの影響を及ぼしました中世後期(1185–1600)には、現代語に近づける機能の変更と、ヨーロッパの外来語の最初の出現が含まれていました。標準方言は南の関西地方から江戸地方(現代東京近世日本時代(17世紀初頭〜19世紀半ば)。1853年に日本の自主的な孤立が終わった後、ヨーロッパ言語からの外来語の流れは大幅に増加しました。特に英語の外来語が多くなり、英語のルーツからの日本語が急増しています。

日本語は、比較的単純な音素配列論、純粋な母音システム、音素母音子音の長さ、および語彙的に重要な高低アクセントを備えた、凝集性モーラタイミング言語です。語順は通常、単語文法機能を示す粒子を含む主語-目的語-動詞あり、文型はトピック-コメントです。文末の粒子は、感情的または強調的な影響を追加したり、質問をしたりするために使用されます。名詞には文法的な数性別はなく、記事動詞は、主に時制声のために結合されますが、人は結合されませ日本語の形容詞も活用されています。日本語には複雑な敬語体系があり、話し手、聞き手、言及された人の相対的な状態を示す動詞の形と語彙があります。

日本語は中国語との明白な遺伝的関係はありませんが[2]その書面では漢字として知られる漢字を一般的に使用しておりその語彙の大部分は中国語から借用されています。日本語の書記体系でも、ひらがな(ひらがなまたは平仮名カタカナ(カタカナまたは片仮名2つの音節(またはモーラ)文字が使用されますがラテン文字は限定された方法で使用されます(インポートされた頭字語など)。記数法は主にアラビア数字を使用しますが、繁体字中国語の数字も使用ます。

歴史

先史時代

日琉祖語は、紀元前4世紀初頭から中期(弥生時代)に朝鮮半島からやってきた入植者によって、日本語と琉祖語の共通の祖先であり、現代のアイヌ語の祖先を含む、元の縄文[3]この時代の日本人についてはほとんど知られていません。中国からの書物はまだ紹介されていないため、直接的な証拠はなく、この時期について識別できるものはすべて、古日本人の再建に基づいている必要があります。

古い日本人

万葉集のページ
日本の古典詩の最古のアンソロジーである万葉集のページ

上代日本語は、日本語の最も古い証明された段階です。仏教の普及により、漢字体系が日本に輸入されました。日本で最初に見つかったテキストは漢文で書かれていますが、漢文訓読法によって日本語として読まれることを意図していた可能性がありますこれらの中国語のテキストのいくつかは、語順(たとえば、オブジェクトの後に動詞を配置する)などの日本語の文法の影響を示しています。これらのハイブリッドテキストでは、漢字が助詞を表すために音声的に使用されることもあります最古のテキスト、古事記、8世紀初頭にさかのぼり、完全に漢字で書かれていました。上代日本語の終わりは、794年の奈良時代の終わりと一致します。上代日本語は、音と意味の値に漢字を使用する万葉仮名の書記体系を使用します。万葉仮名システムに基づいて、88の異なる音節を持つものとして上代日本語を再構築することができます。万葉仮名で書かれたテキストは、(ki)、(hi)、(mi)、(ke)、(he)、(me)、(ko )と発音される音節ごとに2つの異なる漢字を使用します)、(そう)、(to)、(no)、 mo)、(yo)、(ro)。[4]古事記は88ですが、それ以降のテキストはすべて87です。mo1とmo 2の区別は、その構成の直後に失われたようです。)この音節のセットは、初期中期日本語では67に縮小しましたが、一部は中国の影響。

これらの余分な音節のために、上代日本語の母音システムは現代日本語の母音システムよりも大きいと仮定されています–おそらく最大8つの母音が含まれていました。橋本進吉によると、万葉仮名の余分な音節は、問題の音節の母音の違いに由来します。[5]これらの違いは、後の日本人の5つの母音とは対照的に、古い日本人は8つの母音システムを持っていたことを示します。母音システムは、これらのテキストとかなひらがなカタカナ)の発明の間にしばらくの間縮小しなければならなかったでしょう。)9世紀初頭。この見方によれば、古代日本語の8母音システムは、ウラル語族とアルタイ語族のシステムに似ています。[7]しかし、音節間の交代が必ずしも子音ではなく母音の違いを反映していることは完全には定かではありません。現時点で唯一の議論の余地のない事実は、それらが異なる音節であるということです。古代日本語の新しい再構成は、東南アジアの言語、特にオーストロネシア語族との著しい類似性を示しています。[8]

古い日本語には/ h /はありませんが以前の* / p /に再構築された/ ɸ /(現代のfu/ɸɯ/に保存されています)があります。万葉仮名には/ je /の記号もあり、期間が終了する前に / e /と結合します。

現代語には、古い日本語の文法要素のいくつかの化石が残っています。属格助詞tsu (現代のnoに取って代わられました)は、松毛(「まつげ」、点灯。「目の髪」)などの単語で保存されます。現代のミエル(「見える」)とキコエル(「聞こえる」)は、中動態の接尾辞であったかもしれないものを保持します-yu (ru)kikoyukikoyuru(属性形式。平安時代)>キコエル(現代日本語のすべてのシモニダン動詞がそうであったように)); と属格助詞ga意図的に古語的なスピーチのままです。

初期中期日本人

源氏物語絵巻巻物
11世紀の源氏物語の12世紀絵巻巻物

初期中期日本人は、794年から1185年までの平安時代の日本人です。それは、20世紀初頭まで一般的に使用されていた 古典日本語の文体標準の基礎を形成しました。

この間、日本人は多くの音韻論的発展を遂げ、多くの場合、中国語の外来語の流入によって引き起こされましたこれらには、子音母音の両方の音長の区別、口蓋子音(例:kya)と唇音クラスター(例:kwa)、および閉じた音節が含まれていました。[9] [10]これは、日本語をモーラタイミングの言語に変える効果がありました。[9]

中世後期日本人

中世後期の日本人は1185年から1600年までをカバーし、通常は2つのセクションに分けられ、それぞれ鎌倉時代室町時代にほぼ相当します。中世後期日本語の後者の形式は、非ネイティブの情報源、この場合はイエズス会フランシスコ会の宣教師によって最初に説明されました。したがって、以前の形式(たとえば、Arte da Lingoa de Iapam)よりも中世後期の日本語の音韻論の文書化が優れています。他の音変化の中でも、/oː/とは対照的に、シーケンス/ au /は/ɔː/にマージされます。/ p /は中国語から再導入されました。および/ we // je /とマージします。現代の日本語話者にかなり馴染みのある形が現れ始めます–連用形-teは動詞に還元され始め(例えば、以前のヨミテの場合はyonde)、形容詞の最後の音節の-k-は脱落します(以前のshirokiの場合はshiroi) ; 現代の標準的な日本語が以前の形式を保持しているいくつかの形式が存在します(たとえば、現代の日本人がちょうどハヤクを持っている場合、ハヤク>ハヤウ>hayɔɔ、代替形式標準な挨拶o-hayōgozaimasu「おはよう」に保持されます。このエンディングはでも見られるo-medetō「おめでとう」、medetakuから)。

中世後期の日本語には、ヨーロッパ言語からの最初の外来語があります。この時期に日本語に借用される一般的な単語には、ポルトガル語のパン(「パン」)とタバコ(「タバコ」、現在は「タバコ」)があります。

現代日本人

現代日本人は江戸時代(1603年から1867年まで)から始まると考えられています。上代日本語以来、デファクトスタンダードの日本語は関西弁、特に京都方言でした。しかし、江戸時代には、江戸(現在の東京)が日本最大の都市に発展し、江戸方言が標準的な日本人になりました。1853年に日本の自主的な孤立が終わって以来、ヨーロッパ言語からの外来語の流れは大幅に増加しました。1945年以降、ドイツ語、ポルトガル語、英語などの他の言語から多くの単語が借用されてきました。[11]多くの英語の外来語は、特にテクノロジーに関連しています。たとえば、pasokon(「パーソナルコンピュータ」の略)、intānetto(「インターネット」)、およびkamera(「カメラ」)。英語の外来語が多いため、現代日本語では[tɕi][ti][dʑi][di]の区別があり、後者は各ペアで外来語にのみ見られます。[12]

地理的分布

日本語はほとんど日本でしか話されていませんが、外で話されています。第二次世界大戦前と第二次世界大戦中、台湾韓国の日本の併合、および中国フィリピン、およびさまざまな太平洋の島々の部分的な占領を通じて[13] 、これらの国の地元の人々は帝国の言語として日本語を学びました。その結果、これらの国の多くの高齢者はまだ日本語を話すことができます。

日本の移民コミュニティ(最大のものはブラジルで発見され[14] 、ブラジルのIBGEデータによると、140万から150万人の日本人移民と子孫、米国の120万人以上[15])が時々雇用している第一言語としての日本語。ハワイの住民の約12%が日本語を話し[16]、2008年の日本人の祖先の人口の推定12.6%。日本人移民は、ペルーアルゼンチンオーストラリア(特に東部の州)、カナダ(特に人口の1.4%が日本の祖先を持っているバンクーバー[17])、米国(特に人口の16.7%が日本の祖先を持っているハワイ[18]カリフォルニア)、そしてフィリピン(特にダバオ地方ラグナ州) )。[19] [20] [21]

公式ステータス

日本語は日本では公的な地位を持っていませんが[22] 、国の事実上 の国語です。標準と見なされる言語には、「標準日本語」を意味するhyōjungo 標準 、または「共通言語」を意味するkyōtsūgo (共通語)の形式があります。2つの用語の意味はほとんど同じです。ひょうじゅんごきょうつごは方言に相当する概念です。この規範的な言語は、明治維新明治維新明治維新、1868年)の後に生まれました。東京の高級地域で話されている言語から(山注を参照)。ひょうじゅんごは学校で教えられ、テレビや公式のコミュニケーションで使われています。[23]これはこの記事で説明されている日本語のバージョンです。

以前は、標準的な日本語の書き方文語文語、「文語」)は口語口語こうごとは異なっていました。2つのシステムには、文法の規則が異なり、語彙に多少の違いがあります。1900年頃までは文豪が主な日本語の書き方でした。それ以来、古吾は徐々にその影響力を拡大し、1940年代まで2つの方法が両方とも書面で使用されていました。文化はまだ歴史家、文学者、弁護士との関連性があります(第二次世界大戦を生き延びた多くの日本の法律はまだ文化で書かれています、彼らの言語を近代化するための継続的な努力がありますが)。現代日本語では文語の文法や語彙が効果的に使われることがありますが 、今日では古吾が日本語の話し方と書き方の両方で主流となっています。

1982年のパラオ州アンガウルの州憲法では、州の公用語として、パラオ語と英語とともに日本語を指定しています。[24]しかし、2005年の国勢調査の結果によると、2005年4月には、自宅で日本語を話す5歳以上のアンガウルの通常または合法的な居住者はまったくいなかった。[25]

方言と相互理解可能性

日本語の方言と日琉語族の地図

日本語の方言は、通常、高低アクセント、語形変化語彙および助詞の使用法の点で異なります。これはまれですが 、母音子音の在庫が異なるものもあります。

相互理解の観点から、1967年の調査では、大東京の学生にとって最も理解しにくい方言(琉球諸語東北方言を除く)は、木曽方言(長野県の深山)、氷見方言(戸山県)であることがわかりました。 )、薩隅方言真庭方言(岡山県)。[26]この調査は、12〜20秒の長さ、135〜244の音素の録音に基づいており、42人の学生が単語ごとに聞いて翻訳しました。リスナーは全員関東地方で育った慶應義塾大学生。[26]

東京と関東地方の学生への了解度(日付:1967)[26]
方言 大阪市 京都市 愛知県立田村 長野県木曽 氷見、富山 岡山県真庭 大方町 金城町 熊本市 鹿児島市
パーセンテージ 26.4% 67.1% 44.5% 13.3% 4.1% 24.7% 45.5% 24.8% 38.6% 17.6%

山間の村や八丈島のような孤立した島々には、古日本語の東方言の子孫である言語島がいくつかあります関西方言は多くの日本人に話されているか知られていますが、特に大阪方言は喜劇と関係があります(関西方言を参照)。東北と北関東の方言は典型的な農民と関係があります。

沖縄奄美諸島(鹿児島の政治的一部)で話されている琉球諸語は、日琉族別の支部と見なされるほど明確ですそれぞれの言語は日本語を話す人には理解できないだけでなく、他の琉球諸語を話す人にはほとんど理解できません。しかし、言語学者とは対照的に、多くの普通の日本人は琉球諸語を日本語の方言と見なす傾向があります。宮廷も当時の日本人の珍しい変種を話していたようです。[27]おそらく、古典日本語の話し言葉であり、平安時代ですが、明治後期に衰退し始めました[28]琉球諸語は高齢者の数が減少しているため、ユネスコ2050年までに絶滅する可能性があるため、絶滅危惧種に分類しました。若者は主に日本語を使用し、琉球諸語を理解できません。沖縄語は、琉球諸語の影響を受けた標準日本語の変形です。琉球諸島の若者の間で話されている主要な方言です。[29]

現代の日本人は、教育マスメディア、日本国内の移動性の向上、そして経済統合 により、全国(琉球諸島を含む)に普及しています。

分類

日本語は日琉語族の一員であり、琉球諸島で話されている琉球諸語も含まれています。これらの密接に関連する言語は一般に同じ言語の方言として扱われるため、日本語はしばしば言語分離と呼ばれます。[30]

Martine Irma Robbeetsによると、日本人は世界の他のどの言語よりも他の言語との関係を示すために多くの試みを受けてきました。[31]日本人は19世紀後半に最初に言語学者の考慮を得て以来、アイヌ語韓国語中国語チベット・バーマン語、ウラルアルタイ語(またはウラル・アルタイ語)などの言語または言語族との遺伝的関係を示す試みがなされてきた。 Altaic)、Mon–KhmerおよびMalayo-Polynesian周辺では、一部の言語学者がインド・ヨーロッパ語族へのリンクを提案しています、ギリシャ語を含む、およびレプチャ語へ。現代の主な理論は、日本語を韓国語や提案されているより大きなアルタイ諸語のような北アジアの言語、またはさまざまな東南アジアの言語、特にオーストロネシア語にリンクしようとしています。これらの提案はどれも広く受け入れられていません(そしてアルタイ諸語の家族自体は現在物議を醸していると考えられています)。[32] [33] [34]現状では、琉球へのリンクだけが広く支持されています。[35]

他の理論では、日本語を、少なくとも2つの異なる言語グループからの入力によって形成された初期のクレオール言語、または隣接する言語からさまざまな側面を吸収した独自の異なる言語と見なしています。[36] [37] [38]

音韻論

日本語を話す

母音

母音チャート上の標準日本語の母音岡田(1999:117)から改作。
フロント セントラル 戻る
選ぶ u
ミッド e o
開ける a

日本語には5つの母音があり、母音の長さは音素であり、それぞれに短いバージョンと長いバージョンの両方があります。細長い母音は通常、ローマ字の母音(マクロンひらがなの繰り返し母音文字、またはカタカナの母音に続く長音符の上に線で表されます。/ u / listen、突き出ているのではなく圧縮されているか、単に丸められていません。 オーディオスピーカーアイコン

子音

両唇音 歯茎 歯茎
硬口蓋
口蓋 ヴェラール 口蓋垂 声門
m n ɲ ŋ ɴ
やめる p   b t   d   _
破擦音 t͡s)(d͡z t͡ɕ)(d͡ʑ
摩擦音 ɸ s   z ɕ)(ʑ ç h
液体 r
半母音 j w
特別なモラ / N / / Q /

一部の日本語の子音にはいくつかの音があり、音の在庫が多いという印象を与える可能性があります。ただし、これらの異音の一部はその後音素になりました。たとえば、20世紀前半までの日本語では、音素シーケンス/ ti /口蓋化され、音素的に[tɕi]、ほぼchi listenオーディオスピーカーアイコンとして実現されていましたしかし、[tiː]「洋茶」やchii [tɕii]「社会的地位」 などの言葉からも明らかなように、現在[ti][tɕi]は区別されています。

日本語の「r」は特に興味深いもので、先端の 中央 タップ側面の近似音の間にあります。「g」も注目に値します。文を始めない限り、関東の威信方言や他の東方言で [ ŋ ]と発音されることがあります。

日本語の音素配列は比較的単純です。音節構造は(C)(G)V(C)[39]です。つまり、オプションの開始子音、グライド/ j / 、および長子音の最初の部分/、 Q)またはコーダのモーラ鼻音/、Nとして表される)として表されます。

鼻音はその音韻環境に敏感であり、[ɴ、m、n、ɲ、ŋ、ɰ̃]を含む発音で次の音素に同化します。オンセットグライドクラスターは音節の開始時にのみ発生しますが、2つの子音がモーラ鼻音とそれに続く同器官子音である限り、音節全体のクラスターが許可されます。

日本語には、音節文字では表されない高低アクセントも含まれています。たとえば、 [ haꜜ.ɕi ](「箸」)と[ha.ɕiꜜ] 橋」)はどちらも「はし」と綴られており、音色の輪郭によってのみ区別されます。[40]

文法

文の構造

日本語の語順は、主語-目的語-動詞に分類されます。多くのインド・ヨーロッパ語族とは異な​​り、語順の唯一の厳密な規則は、動詞を文の終わりに配置する必要があることです(おそらく文末の助詞が後に続きます)。これは、日本語の文の要素が、その文法機能を識別する 助詞でマークされているためです。

基本的な文型は主題と題述です。例えば、こちらは田中さんですkochira( "this")は文のトピックであり、助詞waで示されます。動詞dearudesuはその丁寧な形de arimasuの短縮形です)はコピュラであり、一般に「tobe」または「itis」と翻訳されます(ただし、「tobe」と翻訳できる動詞は他にもあります)。技術的には意味がなく、「礼儀正しさ」という文を与えるために使用されます。一言で言えば、田中さんですコメントです。この文は文字通り「この人は(それは)田中Mxです」と訳されています。したがって、日本語は、他の多くのアジア言語と同様に、しばしば主題優勢言語と呼ばれます。これは、主題とは別に主題を示す傾向が強く、2つが常に一致するとは限らないことを意味します。象は鼻が長いという文は文字通り「象は鼻が長い」という意味です。テーマはゾウ「象」、テーマはハナ「鼻」。

日本語では、文脈から明らかな場合、文の主語や目的語を述べる必要はありません。この文法的な寛容さの結果として、簡潔さに引き寄せられる傾向があります。日本語を話す人は、前の文から推測される理論の代名詞を省略する傾向があるため、理解されます。上記の例では、「はながい」は「鼻が長い」という意味であり、ながい自体は「長い」という意味です。単一の動詞は完全な文にすることができます:Yatta!やった!)「[私/私たち/彼ら/など]は[それ]をしました!」。さらに、形容詞は日本語の文(下記)で述語を形成できるため、単一の形容詞は完全な文になる可能性があります。羨ましい!)「[私は]嫉妬している!」。

この言語には、通常代名詞として翻訳される単語がいくつかありますが、これらは一部のインド・ヨーロッパ語族の代名詞ほど頻繁には使用されず、機能も異なります。場合によっては、日本語は特別な動詞の形と助動詞に依存して、行動の利益の方向を示します。「下」は、グループ外がグループ内に利益をもたらすことを示します。グループ内がグループ外に利益をもたらすことを示す「上」。ここで、グループ内には話者が含まれ、グループ外には含まれず、それらの境界はコンテキストによって異なります。たとえば、oshiete moratta 教えているらった)(文字通り、グループ外からグループ内への利益を伴う「説明」)は、「[彼/彼女/彼ら]が[それ]を[私/私たち]に説明した」という意味です。 "。同様に、)(文字通り、グループ内からグループ外への利益を伴う「説明」)は、「[私/私たち]が[彼/彼女/彼ら]に説明した」ことを意味します。したがって、このような受益者の助動詞は、インド・ヨーロッパ語族の代名詞や前置詞に匹敵する機能を果たし、俳優と行動の受け手を示します。

日本語の「代名詞」は、他の名詞と同じように修飾語をとることができるという点で、ほとんどの現代のインド・ヨーロッパ語族の代名詞(およびより名詞のようなもの)とは機能が異なります。たとえば、英語では次のようには言いません。

彼が通りを駆け下りたのには驚いた。(代名詞の文法的に正しくない挿入)

しかし、文法的には日本語で本質的に同じことを言う ことができます。

驚いた彼は道を走しました。
音訳:おどろいたかれはみちおはしっていた。(文法的に正しい)

これは、これらの単語が、キミ「あなた」(「主」)、アナタ「あなた」(あなた「その側、向こう側」)、ボク「私」(「使用人」)などの通常の名詞から進化したためです。これが、一部の言語学者が日本語の「代名詞」を代名詞として分類せず、スペイン語の使用済みvuestra Merced 、「your [(flatting majesticplural ] grace」)、ポルトガル語o senhorのように、参照名詞として分類する理由です。

代名詞として使用される単語の選択は、話者の性別とそれらが話される社会的状況と相関しています。正式な状況での男性と女性は、一般に、自分自身をワタシ「プライベート」)またはワタクシも)と呼びます。 )、大まかな会話や親密な会話をしている男性は、鉱石「自分」、「自分」)または「ぼく」という言葉を使う可能性がはるかに高くなります同様に、anatakimiomaeお前、より正式には御前)などの異なる単語「私の前のもの」)は、リスナーの相対的な社会的位置および話者とリスナーの間の親しみやすさの程度に応じて、リスナーを指す場合があります。異なる社会的関係で使用される場合、同じ単語は肯定的(親密または敬意を表する)または否定的(遠いまたは無礼)な意味を持つ場合があります。

日本語では、代名詞が英語で使用される場所で言及されている人物の肩書きをよく使用します。たとえば、先生と話すときは先生先生、先生)を使うのが適切ですが、アナタを使うのは不適切です。これは、アナタは同等以下の地位の人々を指すために使用され、自分の教師はより高い地位を持っているためです。

語尾変化と活用

日本語の名詞には、文法的な数、性別、冠詞の側面はありません。名詞hon)は、1冊の本または複数の本を指す場合があります。ひと)は「人」または「人」を意味し、)は「木」または「木」を意味します。数が重要な場合は、数量を指定するか(多くの場合、カウンターワードを使用)、(まれに)接尾辞を追加するか、場合によっては重複して示すことができます(たとえば、人人ひとびと、通常は踊り字で書かれます人々のための言葉は通常、単数として理解されます。したがって、田中さんは通常Mx田中を意味します人や動物を指す単語は、 -tachiなどの集合的な接尾辞(グループを示す名詞の接尾辞)を追加することで、個人のグループを示すことができますが、これは真の複数形ではありません。意味はより近いです。英語のフレーズ「andcompany」に。田中さん立と呼ばれるグループには、田中という名前ではない人が含まれる場合があります。日本語の名詞の中には、ひとびと「人」や陶器「私たち/私たち」など、事実上複数形であるものもありますが、友だち「友達」という単語は、形は複数形ですが、単数形と見なされます。

動詞は時制を示すために結合されます。時制には、現在と未来に使用される過去と現在(または非過去)の2つがあります。進行中のプロセスを表す動詞の場合、-te iru形式は、英語の接尾辞ingと同様に、継続的(または進行的)な側面を示します。状態変化を表す他の場合、-teiru形式は完了形を示します。たとえば、凧イルは「彼は来た(そしてまだここにいる)」を意味しますが、タベテイルは「彼は食べている」を意味します。

質問(疑問代名詞とイエス/ノー質問の両方)は、肯定文と同じ構造ですが、最後にイントネーションが上がります。正式な登録簿には、不変化詞-kaが追加されています。たとえば、ii desuいいです) "It is OK"は、ii desu-kaいいされる。) "Is it OK?"になります。より非公式な口調で、話者の個人的な興味を示すために、代わりに助詞-no)が追加されることがあります:Dōshitekonai-no?「なぜ(あなたは)来ないのですか?」いくつかの簡単なクエリは、聞き手の注意を喚起するために質問的なイントネーションでトピックに言及するだけで形成されます。"(これはどうですか?"; おなまえは?お名前は?)「(あなたの)名前は?」

否定形は、動詞を活用することによって形成されます。例えば、パンを食べます。)「パンを食べます」または「パンを食べます」は、パンを食べないパンを食べません」または「パンを食べません」になります。 単純な否定形はi形容詞(下記参照)であり、そのように活用されます。たとえば、Pan o tabenakatta(パンを食べてた。)「私はパンを食べませんでした」。

いわゆる-te動詞形式は、さまざまな目的で使用されます。進行形または完了形(上記を参照)。動詞を時系列で組み合わせる(朝ごはんを食べてすぐに帰る」)、簡単なコマンド、条件文、許可(デカケテもい「出かけてもいい?」)など。

da(プレーン)、desu(ポライト)という単語はコピュラ動詞です。これは英語のbeにほぼ対応しますが、動詞が過去形のdatta(プレーン)、deshita(丁寧)に結合されると、時制のマーカーなど、他の役割を担うことがよくあります。日本語で時制をとることができるのはi形容詞と動詞だけなので、これが使われるようになります。2つの追加の一般的な動詞は、存在(「ある」)、または一部のコンテキストでは、プロパティを示すために使用されます。それぞれ、無生物と生物の場合、aru(負のnai)とiru(負のinai )です。例えば、ねこがいる「猫がいる」、いいかんがえがない「いい考えがない」。

動詞「する」(する、丁寧な形の島須)は、名詞(料理する「料理する」、弁行する「勉強する」など)から動詞を作るためによく使われ、現代の俗語を作るのに生産的です。日本語には、動詞と副詞の助詞を使って英語で記述された概念を表現する複合動詞もたくさんあります(例:とびだす「飛び出す、逃げる」、とぶ「飛ぶ、ジャンプする」+だす「置く」アウト、放出する」)。

形容詞には3つのタイプがあります(日本語の形容詞を参照)。

  1. 形容詞keiyōshiまたはi形容詞。活用形容詞i(暑いあつい「暑い」などは過去形(暑か八ツ勝「暑かった」)、または否定暑賢 ツクナイ」暑くない」)。nai形容詞であり、過去形になる可能性があることに注意してください暑く増殖たあつくなかっ「暑くなかった」)。
    暑い日 ついこんにちは「暑い日」。
  2. 形容動詞keiyōdōshiまたはna形容詞、その後にコピュラ、通常はnaます。たとえば、(奇妙な)
    変なひと 「見知らぬ人」。
  3. 連体詞rentaishi ano「that」 などの真の形容詞とも呼ばれます
    あの山 野山「あの山」。

keiyōshikeiyōdōshiどちらも文を述語にすることができます。例えば、

ご飯 が尽。ごはがあつい。「ご飯は暑いです。」
彼は変だ 「彼は奇妙だ。」

どちらも活用しますが、真の動詞に見られる活用の全範囲を示しているわけではありません。現代日本語の連体詞は数が少なく、他の言葉とは異なり、名詞を直接修飾することに限定されています。彼らは決して文を述語しません。例としては、オキナ「ビッグ」、コノ「ディス」、イワユル「いわゆる」、タイシタ「アメージング」などがあります。

keiyōdōshikeiyōshiの両方が副詞を形成します。keiyōdōshiの場合はniが続きます

変なる 鶏になる「おかしくなる」、

keiyōshiの場合はikuに変更します。

熱さ れたくなる「熱くなる」。

名詞の文法機能は、助詞とも呼ばれる後置詞によって示されます。これらには、たとえば次のものが含まれます。

  • 主格
彼がやった。カレがはそれをしました。」
  • 与格
田中さんにあげてます。 田中さんにください田中。」

また、ある場所への動きを示す、 相対的な場合にも使用されます。

日本に行きたい。 日本にたい日本に行きたい。」
  • ただし、より一般的には、lativeの場合に使用されます
パーティーへ行ませんか。pātīeikanaika「パーティーに行ってみませんか?」
私のカメラ。 わたしカメラ私のカメラ」
スキーに行くが好きです。 スキーに行くのが好きです。 「(私は)好きです。」
  • 対格 場合
何を食べますか。 なにたべますか?を食べますか?」
  • はわわ _ 上記のケースマーカーと共存でき、gaおよび(ほとんどの場合)o
私は 寿司がいいです(文字通り)「はお寿司が美味しいです。」ワタシの主格gaはwaの下に隠されています。

注:日本語の「は」と「」の微妙な違いは、英語自体からは導き出せません。これは、文のトピックと主題が区別されていないためですwaは、文の残りの部分で説明または作用するトピックを示しますが、waで示される主題は一意ではないか、より大きなグループの一部である可能性があることを意味ます

池田さんよんじゅうにさいだ。「池田さんは42歳です。」グループの他の人もその年齢である可能性があります。

waがないということ、主語が文 の焦点であることを意味することがよくあります。

池田さんよんじゅうにさいだ。「42歳の池田さんです。」これは、「このグループの誰が42歳ですか?」などの暗黙的または明示的な質問への回答です。

礼儀正しさ

日本語には、礼儀正しさと形式を表現するための広範な文法システムがあります。これは、日本社会の階層的な性質を反映しています。[41]

日本語は社会的地位のさまざまなレベルを表現することができます。社会的地位の違いは、仕事、年齢、経験、さらには心理的状態を含むさまざまな要因によって決定されます(たとえば、恩恵を求める人は丁寧にそうする傾向があります)。低い位置にいる人は丁寧な話し方をすることが期待されますが、他の人はもっとわかりやすい話し方をするかもしれません。見知らぬ人も丁寧にお互いに話します。日本の子供たちは、10代になるまで丁寧な話し方をすることはめったにありません。10代になると、より大人っぽく話し始めることが期待されます。ウチとソトを参照してください

テイネイゴ(丁寧)は一般に語形変化ですが、ソンケイゴ尊敬語)(敬意の言葉)とケンジョウゴ謙礼語(謙虚な言葉)は、多くの特別な敬語と謙虚な代替動詞を使用することがよくあります丁寧な形のいきますが、敬語ではイラシャルに謙虚な言葉では ウカガウマイルに置き換えられます。

敬語と謙虚なスピーチの違いは、特に日本語で顕著です。謙虚な言葉は自分自身や自分のグループ(会社、家族)について話すために使用されますが、敬語は主に対話者とそのグループを説明するときに使用されます。たとえば、-san接尾辞(「Mr」「Mrs。」または「Miss」)は敬語の例です。会社は話者のグループ内であるため、自分自身について話したり、会社から外部の人に話したりする場合には使用されません。日本人は、会社で上司に直接話すときや、会社内の他の従業員と上司について話すとき、敬語の語彙や語彙を使って、グループ内の上司とそのスピーチや行動を参照します。ただし、他の会社の人(つまり、グループ外のメンバー)と話す場合、日本人は、グループ内の上司のスピーチや行動を参照するために、平易なまたは謙虚なレジスターを使用します。要するに、人、スピーチ、

日本語のほとんどの名詞は、接頭辞としてo-またはgo-を追加することで丁寧にすることができます。o-は一般的に日本語由来の単語に使用されますが、go-は中国語由来の単語に接辞が付けられます。場合によっては、接頭辞が単語の固定部分になり、悟飯の炊き込みご飯などの通常のスピーチにも含まれます。お食事。' このような構造は、多くの場合、アイテムの所有者またはオブジェクト自体への敬意を示します。たとえば、友だちの「友達」という言葉は、お友だちになりますステータスの高い人の友人を指す場合(ただし、母親はこのフォームを使用して子供の友人を指すことがよくあります)。一方、礼儀正しい話し手は、礼儀正しさを示すために、水「水」をo-mizu呼ぶことがあります。

ほとんどの日本人は、親しみの欠如を示すために礼儀正しさを採用しています。つまり、彼らは新しい知人のために丁寧な形を使用しますが、関係がより親密になると、彼らはもはやそれらを使用しなくなります。これは、年齢、社会階級、または性別に関係なく発生します。

単語

日本語の主な語源は、大和言葉大和言葉)または大和言葉和語) 、漢語漢語)、外来語(外来語)の3つです。[42]

日本の原語、または少なくとも歴史的および現在の日本国のかなりの部分の祖先であった特定の人口の原語は、いわゆる大和言葉またはまれに大和言葉、すなわち大和言葉」でした。 ")、これは学術的な文脈では大和言葉言葉またはめったに倭語、すなわち「言語」)と呼ばれることもあります。この元の言語からの単語に加えて、現在の日本語には、中国語から借用された、または中国語のパターンに従って中国語のルーツから構築された多くの単語が含まれています。カンゴとして知られているこれらの言葉漢語)は、5世紀以降、中国文化との接触を介して言語を入力しました。新選国語辞典新選国語辞典によると、語彙全体の49.1%がカンゴ33.8 %が和吾 8.8%が他の外国語や外来8.8%、残りの8.3%が混成語彙です。複数の言語から要素を引き出す単語またはkonshugo混種語)。[43]

また、日本語には模倣語がたくさんあり、日本語には、物理​​的な音のオノマトペとより抽象的な単語の両方の音象徴の豊富なコレクションがあります。アイヌ語から日本語に出てきた単語はごくわずかですトナカイトナカイ)、ラッコラッコ)、シシャモの一種)は、アイヌ語由来の有名な言葉の例です。

起源の異なる単語は、日本語で異なるレジスターを占めます。英語のラテン語由来の単語と同様に、カンゴ語は通常、同等のヤマト語と比較して、いくぶん形式的または学術的であると認識されます。確かに、ラテン語/フランス語のルーツから派生した英語の単語は、通常、日本語の日中の単語に対応すると言うのが一般的ですが、より単純なアングロサクソン語の単語は、大和の同等の単語によって最もよく翻訳されます。

ヨーロッパの言語からの語彙を取り入れた外来語は、16世紀のポルトガル語からの借用から始まり江戸時代の日本の長い孤立の間にオランダ語からの言葉が続きました。明治維新と19世紀の日本の再開に伴い、ドイツ語フランス語英語からの借用が発生しました。今日、ほとんどの借用は英語からのものです。

明治時代には、日本人はまた、ヨーロッパの概念を翻訳するために中国のルーツと形態を使用して多くの造語を作り出しました。[要出典]これらは和製漢語として知られていますこれらの多くは、19世紀後半から20世紀初頭に、漢字を介して中国、韓国、ベトナムに輸入されました。[要出典]たとえば、seiji政治、「政治」)kagaku(化学「化学」)は、日本人が最初に作成して使用した中国語のルーツに由来する単語であり、後に中国語やその他の東アジア言語に借用されました。その結果、日本語、中国語、韓国語、ベトナム語は、多くのギリシャ語とラテン語から派生した単語(ヨーロッパ言語に継承または借用されたもの、またはギリシャ語またはラテン語のルーツからの現代の造語)と同じように、語彙の大きな共通コーパスを共有します。現代ヨーロッパ言語間で共有–古典的な複合語を参照してください。[要出典]

過去数十年の間に、和製英語(「日本製英語」)は顕著な現象になりました。wanpatānワンラップ < one + pattern、 "to be in a rut"、 "to have a one-track mind")やsukinshippuトレーニング シップ(< skin + -ship、 "physical contact")などの単語。英語のルーツを合成することは、ほとんどの外国語の文脈では無意味です。ただし、韓国語などの近くの言語には例外があり、日本語と同じようにスキンシップリモコン(リモコン)などの単語を使用することがよくあります。

多くの日本の文化的輸出品の人気により、風通ハイク柔道神風カラオケ空手忍者折り紙人力車(人力車人力車)、さよなら須徳 相撲寿司など、英語で親しみやすい日本語がいくつかあります。 、津波大物詳細については、日本語由来の英語の単語のリストを参照してください。

書記体系

歴史

識字能力は、5世紀以前に百済を経由して漢字体系の形で日本に導入されました。[44]この言語を使用して、日本の武王は西暦478年に劉宋の順帝に請願書を提出した。日本の天皇は中国の学者に公式の地位を与え(続守言/薩弘格/ [b] [c]袁晋卿[d])、7世紀から8世紀に漢字の使用を広めました。

かなの表(拗音を含む):ひらがなの上、中央にカタカナ、下にローマ字の同等物

当初、日本人は漢文で書き、日本の名前は音ではなく意味に使われる文字で表されていました。その後、西暦7世紀に、純粋な日本の詩や散文を書くために中国語の音素原理が使用されましたが、一部の日本語の単語は、元の中国語の音ではなく、意味を表す文字で書かれていました。これは、書き言葉としての日本語の歴史がそれ自体で始まる時です。この時までに、日本語はすでに琉球諸語とは非常に異なっていました[45]

この混合スタイルの例は、AD712で書かれた古事記です]その後、漢字を使用して万葉仮名と呼ばれるスタイルで日本語を書き始めました。これは、日本語の音声の音節の単語を音節ごとに書き写すために、音に漢字を使用した音節スクリプトです。

時間の経過とともに、書記体系は進化しました。漢字漢字)は、中国語から借用した単語、または同じまたは類似した意味を持つ日本語の単語を書くために使用されました。漢字は文法要素の記述にも使用され、簡略化され、最終的には万葉仮名に基づいて開発されたひらがなカタカナの2つの音節文字になりました。万葉仮名は百済に由来すると主張する学者もいますが、この仮説は日本の主流の学者によって否定されています。[46] [47]

小林義典とアレキサンダー・ボヴィンは、日本のカタカナは新羅王朝の口訣書記体系に由来すると主張した。[48]

ひらがなとカタカナは漢字から最初に簡略化され、ひらがなは9世紀頃に出現し[49] 、主に女性によって使用されました。ひらがなは非公式な言語と見なされていましたが、カタカナと漢字はより正式であると見なされ、通常は男性や公的な場で使用されていました。しかし、ひらがなのアクセシビリティのおかげで、ますます多くの人々がひらがなを使い始めました。やがて、10世紀までにひらがなはみんなに使われるようになりました。[50]

現代日本語は、3つの主要なシステムの混合で書かれています。漢字、中国語の外来語を日本語に表現するために使用される中国語起源の文字と、いくつかのネイティブの日本語の形態素と2つの音節文字ひらがなカタカナラテン文字(または日本語のローマ字)は、インポートされた頭字語や日本語の名前を転記する場合など、ある程度使用されます。また、外国人の話者が単語の発音方法を知る必要がある場合(「ramen」など)レストラン)。アラビア数字は、数え上げに使用される場合、漢字よりもはるかに一般的ですが、漢字は、統一東通などの複合語で引き続き使用されます ("統一")。

歴史的に、使用される漢字の数を制限する試みは19世紀半ばに始まりましたが、第二次世界大戦での日本の敗北後まで政府の介入の問題にはなりませんでした。戦後の占領期(そして一部の米国当局者の見解の影響を受けた)には、漢字の完全廃止やローマ字の独占使用など、さまざまな計画が検討されました。常用漢字( 「常用漢字」、元々は当用漢字と呼ばれていました)スキームは、妥協案として生まれました。

日本人学生は小学校1年生から漢字を学び始めます。文部科学省が作成したガイドラインである「教育漢字」は、常用漢字のサブセットであり 6年生の終わりまでに子供が習得する1,006字の簡単な文字を指定しています中学校では、常用漢字2,136字をカバーする1,130文字の学習を続けています。常用漢字の公式リストは何度か改訂されましたが、公式に認可されたキャラクターの総数はほとんど変わりませんでした。

個人名の漢字はやや複雑です。常用漢字人名用漢字(名前の追加文字の付録)は、個人名の登録が承認されています。未承認の文字を含む名前は登録を拒否されます。しかし、常用漢字のリストと同様に、含める基準は恣意的であることが多く、多くの一般的で人気のあるキャラクターの使用が不承認になりました。一般的な圧力の下で、一般的な文字の除外を違法とする裁判所の決定に続いて、人名用漢字のリスト1951年(最初に布告された年)の92から2004年には983に大幅に延長されました。さらに、これらのリストに名前がない家族は、古いフォームを引き続き使用することが許可されました。

ひらがな

ひらがなは、漢字が表現されていない単語、漢字で書かれなくなった単語、および漢字に続いて共役語尾を示すために使用されます。日本語の動詞(および形容詞)の活用方法により、漢字は意味を失うことなく書かれたときに変化することができないため、漢字だけでは日本の時制や気分を完全に伝えることはできません。このため、漢字にひらがなを付けて動詞と形容詞の活用を示します。このように使われるひらがなは、送りがなと呼ばれます。ひらがなは、漢字の上または横にふりがなと呼ばれる上付き文字で書いて、正しい読み方を示すこともできますこれは、学習を容易にするため、および特に古いまたはあいまいな(または時には発明された)読みを明確にするために行われます。

カタカナ

カタカナは、ひらがなと同様に音節文字を構成します。カタカナは、主に外国語、植物、動物の名前を書くために、そして強調するために使用されます。たとえば、「オーストラリア」はŌsutoraria)に、「スーパーマーケット」はsūpā(スーパー)に短縮まし

アレキサンダー・ボヴィンは、日本のカタカナは新羅王朝の口訣書記体系に由来すると主張した。[48]

広島大学の小林よしのりは、カタカナは口訣に由来するという仮説を主張した。

非在来研究

世界中の多くの主要大学が日本語コースを提供しており、世界中の多くの中学校や小学校でさえ日本語コースを提供しています。これは第二次世界大戦前からの大幅な増加です。1940年には、日系人ではない65人のアメリカ人だけが言語を読み、書き、理解することができました。[51]

日本語への国際的な関心は19世紀にさかのぼりますが、1980年代の日本の経済バブルと、1990年代以降の日本の大衆文化アニメビデオゲームなど)の世界的な人気を受けて、ますます普及してきました。2015年の時点で、360万人以上が世界中で、主に東アジアと東南アジアでこの言語を勉強しました。[52]ほぼ100万人の中国人、745,000人のインドネシア人、556,000人の韓国人、357,000人のオーストラリア人が、低等教育機関と高等教育機関で日本語を勉強しました。[52] 2012年から2015年の間に、学習者のかなりの成長はオーストラリア(20.5%)、タイ(34.1%)、ベトナムで始まりました。(38.7%)とフィリピン(54.4%)。[52]

日本政府は、第二言語学習者のために、日本語の話し言葉と書き言葉の理解度を測定するための標準化されたテストを提供しています。最も有名なのは、5つのレベルの試験を特徴とする日本語能力試験(JLPT)です。JLPTは年2回提供されています。

テキストの例

日本語 の世界人権宣言の第1条:

[ 53 ]

サンプルテキストの日本語へ 転記:

平等院は、うまれながらにしてじゆであり、かつ、松苑とけんりとにつて平等院だる。ニンゲンは、リセイとリョウシンとオサズケラレテオリ、タガイニドホノセイシンオモットコドシナケレバナラナイ。

英語での世界人権宣言の第1条

すべての人間は自由に生まれ、尊厳と権利において平等です。彼らは理性と良心に恵まれており、兄弟愛の精神でお互いに向かって行動する必要があります。[54]

も参照してください

ノート

  1. ^ 順帝昇明二年、倭王武遣使上表曰:封國偏遠、作藩在外、自表祖禰、躬擐甲冑、跋★山川、不遑寧處。東昇毛人五十國、西服商夷六十六國、渡平海北九十五國、王道融泰、廓土遐駒、紫葉朝宗、不愆在年。臣雖下愚、忝胤先緒、驅率所統、歸崇天極、道逕百濟、裝治船舫、比較驪無道、圖利見吞、掠抄邊隸、虔劉不已、行死稽滯、以死良風。不。臣亡考濟實忿寇讎、壅塞天路、余弦百萬、義聲感激、方欲大舉、奄にあ父兄、使垂一之功、不為一簣。居在諒闇、不動兵甲、是以偃息未捷。至臨欲持甲治兵、申父兄之志、義士虎賁、文武効率功、白刃交前、亦所不顧。 、無越前功。 、倭國王。
  2. ^ 日本書紀第30章:持統五年九月己巳朔壬申。贈音博士大唐続守言。薩弘恪。書博士百済末士善信、銀人二十両。
  3. ^ 日本書紀第30章:持統六年十二月辛酉朔甲戌。上音博士続守言。薩弘恪水田人四町。
  4. ^ 続日本 紀宝亀九年十二月庚寅。玄蕃頭従五位上袁晋卿昇姓清村宿禰。晋卿唐人也。天平七年入我朝使帰朝。時年十八九。学得文待爾雅音。為大学音博士。

参考文献

引用

  1. ^ 「Världens100störstaspråk2010」(2010年の世界最大の言語100)、 Nationalencyklopedin
  2. ^ ディール、ウィリアムE.(2005)。中世および近世日本での生活へのハンドブックインフォベース出版。p。242. ISBN 978-0-8160-7485-3日本人は中国語と遺伝的関係はありませんが、他の言語との明確な関係もありません。
  3. ^ ウェイド、ニコラス(2011年5月4日)。「方言を見つけることは日本人の起源に新たな光を投げかける」ニューヨークタイムズ2022-01-03にオリジナルからアーカイブされました2011年5月7日取得
  4. ^ 橋本進吉(1918年2月3日)「国語仮名遣い研究史上進―石塚龍麿の仮名遣さ山路協議」 『帝国文学』 26–11(1949) 『文字名進吉伝集集3冊) 』(岩波書店)。
  5. ^ 大野晋(1953)。 『上代仮名遣い研究』岩波書店。p。126。
  6. ^ 大野晋(1982)。 『仮名遣い上代語』岩波書店。p。65。
  7. ^ 有坂秀世(1931)「国語臨音入襲の母音交替堂」 『国音調査』第4輯(1957年の 『国語音話史の研究増補新版』(三省堂)
  8. ^ アレキサンダー、ボビン(2008)。「アクセントシステムを超えた日琉祖語」Frellesvigでは、Bjarne; ホイットマン、ジョン(編)。日琉祖語:問題と展望言語理論の現在の問題。ジョンベンジャミンズ。pp。141–156。ISBN 978-90-272-4809-1
  9. ^ a b Frellesvig、Bjarke(2010)。日本語の歴史ケンブリッジ大学出版局。p。184. ISBN 9781139488808
  10. ^ Labrune、ローレンス(2012)。日本語の音韻論世界の言語の音韻論。オックスフォード大学出版局。pp。89–91。土井10.1093 / acprof:oso /9780199545834.003.0003ISBN 978-0-19-954583-4
  11. ^ 三浦昭、日本語の英語、ウェザーヒル、1998年。
  12. ^ ホール、キャスリーンカリー(2013)。「音韻変化の文書化:2つの日本語の音素分割の比較」(PDF)羅では、シャン(編)。カナダ言語学会の2013年年次会議の議事録
  13. ^ 日本語は、パラオのアンガウルの公用語の1つとしてリストされています民族学者 CIA World Factbook)。しかし、 2005年の国勢調査では、日本語を話す人はほとんど記録されていません
  14. ^ 「IBGEtraçaperfildosimigrantes–Imigração– MadeinJapan」Madeinjapan.uol.com.br。2008-06-21。2012年11月19日にオリジナルからアーカイブされました2012年11月20日取得
  15. ^ 「アメリカのFactFinder」Factfinder.census.gov。2020-02-12にオリジナルからアーカイブされました2013年2月1日取得
  16. ^ 「日本語–国勢調査2000、要約ファイル3、STP258」Mla.org 2012年11月20日取得
  17. ^ 「カナダの民族文化の肖像–データ表」2.statcan.ca。2010-06-10 2012年11月20日取得
  18. ^ 「国勢調査2000要約ファイル1(SF 1)100パーセントデータ」アメリカ合衆国国勢調査局2018年7月8日取得
  19. ^ 植民地時代の東南アジアの日本人-GoogleブックスBooks.google.com。2014年6月7日に取得。
  20. ^ [1] 2014年10月19日、 WaybackMachineでアーカイブ
  21. ^ [2] 2012年7月1日、 WaybackMachineでアーカイブ
  22. ^ 法制執務部集「法と国語・日本語」(日本語で)。参議院の立法局2012年11月9日取得
  23. ^ パルバース、ロジャー(2006-05-23)。「違いへの開放:方言弁証法」ジャパンタイムズ2020年6月17日取得
  24. ^ 「アンガウル州の憲法」パシフィックデジタルライブラリ。記事XII 2014年8月4日取得伝統的なパラオ語、特にアンガウル州の人々が話す方言は、アンガウル州の言語でなければなりません。パラオ語、英語、日本語が公用語となります。
  25. ^ 「2005年の人口と住宅の国勢調査」(PDF)予算計画局2014年8月4日取得
  26. ^ a b c 山木和、ジョセフK.(1967)。「日本の方言了解度について」。人類学言語学9(1):4、5、18。
  27. ^ スタッキー、ナタリー京子のジョージ木崎のコメントを参照してください(2015年8月8日)。「独占:抑留キャンプからマッカーサーの日本再建補佐官まで」デイリービースト2015年10月4日取得
  28. ^ Coulmas、Florian(1989)。言語適応ケンブリッジ大学のプレスシンジケート。pp。106  _ ISBN 978-0-521-36255-9
  29. ^ パトリックハインリッヒ(2014年8月25日)。「それらを使用するか、それらを失う:琉球の舌を復活させることには、言語よりも危機に瀕している」ジャパンタイムズ。2019-01-07にオリジナルからアーカイブされました2019年10月24日取得
  30. ^ 金田一春彦(2011-12-20)。日本語:多くの便利な日本語文法のポイントとともに、言語の魅力的な歴史と進化を学びましょうタトルパブリッシング。ISBN 9781462902668
  31. ^ Robbeets 2005、p。20。
  32. ^ ロベーツ2005
  33. ^ Vovin、Alexander。「アクセントシステムを超えた日琉祖語」言語理論の現在の問題:141–156。
  34. ^ Vovin、Alexander(2010)。韓国-ジャポニカ:共通の遺伝的起源の再評価ハワイ大学出版会。ISBN 9780824832780
  35. ^ Kindaichi&Hirano 1978、pp。30–31。
  36. ^ 柴谷(1990)
  37. ^ 「日本人におけるオーストロネシア語族の影響とトランスユーラシア人の祖先:農業/言語分散の事例」ResearchGate 2019-03-28を取得
  38. ^ 「日本人はオーストロネシア語族の地層を持っていますか?-アン・クマール(1996)」(PDF)
  39. ^ 「漢字と同音異義語パートI-日本語の音が少なすぎませんか?」桑井日本人2017年1月8日2021年5月28日取得
  40. ^ ブロック、ベン。「日本語のアクセントとは?」ベンブロック2017年7月17日取得
  41. ^ 宮川繁。「日本語」マサチューセッツ工科大学2011年1月16日取得
  42. ^ Koichi(2011年9月13日)。「大和言葉:本当の日本語」トフグ2016年3月26日取得
  43. ^ 金田一京助編 (2001)。 新選国語薬小学館。ISBN 4-09-501407-5
  44. ^ ウェイバックマシンで2016年3月3日にアーカイブされた韓国と日本の仏教美術 」、アジア社会博物館; 漢字」、JapanGuide.com; PotteryArchived2009-10-31 at WebCite 、MSN Encarta; 日本の歴史」、JapanVisitor.com。2009年10月31日アーカイブ
  45. ^ ハインリッヒ、パトリック。「痕跡を残したものはもはや汚れてはならない:琉球諸島における漸進的な消去と言語シフト活動の逆転」 、鹿児島大学、太平洋諸島センターでの第1回国際小島嶼文化会議、服部四郎を引用(1954)年代学と語彙統計学の方法について』、 『日本言語学会誌 Vols26/27。
  46. ^ 水野俊平編 (2002)。朝人の日本偽史―日本人はビックリ!(日本語で)。小学館。ISBN 978-4-09-402716-7
  47. ^ 水野俊平編 (2007)。韓vs日「偽史ワールド」(日本語で)。小学館。ISBN 978-4-09-387703-9
  48. ^ a b Vovin、Alexander。「日本のカタカナは韓国のクウキエルから派生したものですか?」–www.academia.edu経由。 {{cite journal}}Cite journal requires |journal= (help)
  49. ^ バーロック、ベン(2017)。「カタカナとひらがなはどのようにして生まれたのですか?」sci.lang.japan 2017年7月26日取得
  50. ^ Ager、Simon(2017)。「日本のひらがな」オムニグロット2017年7月26日取得
  51. ^ 2011年5月14日、ミルズ大学でのベアテシロタゴードンの開会の挨拶。 「ソトマヨール、デンゼルワシントン、GE CEOが卒業生に語る」、 2011年6月23日にウェイバックマシンC-SPAN(米国)でアーカイブ。2011年5月30日; 取得2011-05-30
  52. ^ a b c 「海外日本語教育調査報告書」(PDF)国際交流基金。2015 2019年1月6日取得
  53. ^ 「世界人権宣言」ohchr.org
  54. ^ 「世界人権宣言」un.org

引用された作品

  • バーナード・ブロック(1946)口語日本語の研究I:語尾変化。アメリカンオリエンタルソサエティジャーナル、 66、97〜130ページ
  • バーナード・ブロック(1946)口語日本語の研究II:構文。言語22、200〜248ページ。
  • Chafe、William L.(1976)。ギブネス、コントラスト、明確さ、主題、トピック、および視点。C. Li(Ed。)、主題とトピック(pp。25–56)。ニューヨーク:アカデミックプレス。ISBN0-12-447350-4_ 
  • ダルビー、アンドリュー。(2004)。言語辞書の「日本語」:400以上の言語への決定的な参照。ニューヨーク:コロンビア大学出版。ISBN 978-0-231-11568-1、978-0-231-11569-8 ; _ _ OCLC 474656178  
  • Frellesvig、Bjarke(2010)。日本語の歴史ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-0-521-65320-6
  • 金田一春彦; 平野梅代(1978)。日本語タトルパブリッシングISBN 978-0-8048-1579-6
  • 久野暲夢(1973)。日本語の構造マサチューセッツ州ケンブリッジ:MIT Press ISBN0-262-11049-0_ 
  • 久野暲武。(1976)。「主題、テーマ、および話者の共感:相対化現象の再検討」、チャールズN.リー(編)、主題とトピック(pp。417–444)。ニューヨーク:アカデミックプレス。ISBN0-12-447350-4_ 
  • マーティン、サミュエルE.(1975)。日本語の参照文法ニューヘブン:エール大学プレス。ISBN 0-300-01813-4
  • マクレーン、松岡陽子。(1981)。現代日本語文法ハンドブック:口語日本口語便 [ KōgoNihonbumpo ]。東京:北星堂プレス。ISBN 4-590-00570-0、0-89346-149-0_ _ 
  • ミラー、ロイ(1967)。日本語シカゴ:シカゴ大学出版局。
  • ミラー、ロイ(1980)。日本語の起源:1977年から78年の学年度中の日本での講義シアトル:ワシントン大学出版局。ISBN0-295-95766-2_ 
  • 水谷修; &水谷信子(1987)。日本語で礼儀正しくする方法: 日本語の敬語[日本語の敬語]。東京:ジャパンタイムズISBN4-7890-0338-8_ 
  • ロベーツ、マーティン・イルマ(2005)。日本語は韓国語、ツングース語、モンゴル語、チュルク語と関係がありますか?オットーハラソヴィッツヴェルラグ。ISBN 978-3-447-05247-4
  • 岡田秀夫(1999)。"日本"。国際音声学会ハンドブックケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。pp。117–119。
  • 芝本、ジャネットS.(1985)。日本の女性の言語ニューヨーク:アカデミックプレス。ISBN0-12-640030 -X卒業レベル 
  • 柴谷方良(1990)。日本の言語ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 0-521-36070-6 ISBN  0-521-36918-5(pbk)。
  • 辻村奈津子(1996)。日本語学入門マサチューセッツ州ケンブリッジ:Blackwell Publishers ISBN 0-631-19855-5(hbk); ISBN 0-631-19856-3(pbk)。上位レベルの教科書  
  • 辻村奈津子(編)(1999)。日本語学ハンドブックマサチューセッツ州モールデン:ブラックウェル出版社。ISBN0-631-20504-7_ リーディング/アンソロジー 
  • ボビン、アレキサンダー(2010)。韓国-ジャポニカ:共通の遺伝的起源の再評価ハワイ大学出版会ISBN 978-0-8248-3278-0
  • ———(2017)。「日本語の起源」。言語学のオックスフォード研究百科事典オックスフォード大学出版局。土井10.1093 / acrefore /9780199384655.013.277ISBN 9780199384655

参考文献

外部リンク