ジャックケンプ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ジャックケンプ
Jack Kemp official portrait.jpg
公式の肖像画、c。 1989–1993
米国住宅都市開発長官第9代
在職
中1989年2月13日– 1993年1月20日
大統領ジョージHWブッシュ
前任者サミュエル・ピアス
成功ヘンリー・シスネロス
ハウス共和党会議の議長

1981年1月3日から1987年6月4日まで
リーダーロバートH.ミシェル
前任者サミュエル・L・ディバイン
成功ディック・チェイニー
ニューヨーク
米国下院
議員
在職
中1971年1月3日– 1989年1月3日
前任者リチャード・D・マッカーシー
成功ビル・パクソン
構成員39区(1971–1973)
38区(1973–1983)
31区(1983–1989)
個人情報
生まれ
ジャック・フレンチ・ケンプ

(1935-07-13)1935年7月13日
米国カリフォルニア州ロサンゼルス
死亡しました2009年5月2日(2009-05-02)(73歳)米国
メリーランド州ベセスダ
政治団体共和党
配偶者たち)
ジョアンメイン
m。1958 
子供達4、ジェフジミーを含む
教育オクシデンタル大学BA
ミリタリーサービス
忠誠 アメリカ
支店/サービス アメリカ合衆国陸軍
勤続年数1958–1962
ランクプライベート
単位米陸軍予備軍

サッカーのキャリア
15号
位置:クォーターバック
個人情報
高さ:6フィート1インチ(1.85 m)
重さ:201ポンド(91 kg)
キャリア情報
高校:ロサンゼルス(CA)Fairfax
カレッジ:オクシデンタル
NFLドラフト:1957  /ラウンド:17 /ピック:203
職歴
 *オフシーズンおよび/または練習チームのメンバーのみ
キャリアのハイライトと賞
キャリアAFL / NFL統計
パスの試行:3,073
パスの完了:1,436
パーセンテージ:46.7
TDINT114〜183
通過ヤード:21,218
パサーレイティング57.3
NFL.comのプレーヤー統計 ・ PFR

ジャック・フレンチ・ケンプ(1935年7月13日– 2009年5月2日)は、アメリカの政治家であり、プロのグリッドアイアンフットボール選手でした。ニューヨーク共和党員であり、1989年から1993年までジョージHWブッシュ大統領の政権で住宅長官を務め、1971年から1989年まで米国下院で9期務めた。 1996年の選挙で副大統領候補になり、ボブドールのランニングメイトとして彼らは現職のビル・クリントン大統領とアル・ゴア副大統領に敗れたケンプは以前、 1988年の共和党予備選挙で大統領指名を争っていた

政治に入る前、ケンプは13年間プロのクォーターバックでした。彼はナショナルフットボールリーグ(NFL)とカナディアンフットボールリーグ(CFL)で簡単にプレーしましたが、アメリカンフットボールリーグ(AFL)ではスターになりました。彼はサンディエゴチャージャーズバッファロービルズの両方のキャプテンを務め、ビルズを2回連続のチャンピオンシップに導いた後、1965年にAFL最優秀選手賞を受賞しまし彼はその存在のすべての10年間AFLでプレーし、そのオールスターゲームに登場しました7回、チャンピオンシップゲームで5回プレーし、リーグのキャリアパス記録の多くを記録しました。ケンプはまた、 AFLプレーヤー協会を共同設立し、そのために5期にわたって会長を務めました。彼のサッカーのキャリアの初期の部分では、彼は米国陸軍保護区で奉仕しました。

経済的保守派として、ケンプは彼の政治的キャリアの間に低税と供給側の政策を提唱しました。彼の立場は、彼の保守的な反対から中絶、そして移民改革を提唱する彼のより自由主義的な立場に至るまで、社会的範囲に及んだ。シカゴの学校とサプライサイド経済学の両方の支持者として、彼はレーガン議題とケンプロス減税として知られている1981年の経済回復税法の設計者への影響として注目に値します。

ケンプは政権に就いた後も、政治の擁護者および評論家として活動を続けました。彼は企業および非営利組織の役員を務めました。彼はまた、いくつかの本を執筆、共著、編集しました。彼はアメリカンフットボールを宣伝し、引退したプロサッカー選手を擁護しました。ケンプは死後、2009年にバラクオバマ大統領から大統領自由勲章を授与されました。[1]

若いころ

若者

ロサンゼルス生まれ、[2]育ち、教育を受けた[3]ケンプは、フランシスエリザベス(旧教皇)とポールロバートケンプシニアの4人の息子の3番目でした[4] [5] [6]ポールはバイク便を回しまし1台から14台に成長したトラック会社へのサービス。[7] [8]フランシスは、十分な教育を受けたソーシャルワーカーであり、スペイン語の教師でした。[4] [8]ケンプは、ロサンゼルス西部のユダヤ人のウィルシャー地区で育ちましたが[5] [9]、彼の緊密な中流階級の家族は、科学者であるキリスト教会に出席しました。[4] [5]若い頃、スポーツはケンプを消費しました。ケンプはかつて重要な発明に関する学校のエッセイの主題としてフォワードパスを選択しましたが、母親はピアノのレッスンとハリウッドボウルへの旅行で視野を広げようとしました。[4]

ケンプはメルローズアベニューフェアファックス高校に通い[3]、当時はユダヤ人の学生と有名人の子供たちの両方が集中していることで知られていました。ケンプのクラスメートの95%以上がユダヤ人であり、後に彼はユダヤ人の大義の支持者になりました。[3]彼のクラスメートには、ミュージシャンのハーブ・アルパート、野球のピッチャーのラリー・シェリー、そしてアカデミックなジュディス・A・ライスマンが含まれていました。[10] [11]ケンプは高校時代、ロサンゼルスのダウンタウンにある父親の運送会社で兄弟たちと一緒に働いていました。余暇には、彼は厳密な読者であり、歴史と哲学の本を好みました。[3]

カレッジ

1953年に高校を卒業した後、[12]彼は、 NCAAディビジョンIII南カリフォルニア大学間運動会議の創設メンバーであるオクシデンタル大学に通いました[13]ケンプは、フットボールチームがプロのフォーメーションとプレーを使用したため、オクシデンタルを選択しました。これは、彼がプロのクォーターバックになるのに役立つことを望んでいました。[5] 5フィート10インチ(178 cm)および175ポンド(79 kg)で、彼は自分が小さすぎて、南カリフォルニアの主要な大学フットボールプログラムであるUSCトロージャンズUCLAブルーインズでプレーできないと考えていました。[14]

オクシデンタルでは、ケンプは記録的なジャベリンハーラーであり、フットボールチームで、クォーターバック、ディフェンシブバックキッカーパンターなどのいくつかの役職を演じました。[14]彼は近視眼的だったが、ケンプはフィールドで粘り強い。[14]クォーターバックを開始した彼の年の間に、1955年と1956年のオクシデンタルチームは6–2と3–6の記録を投稿しました。ケンプは1年間、リトルオールアメリカプレーヤーに指名され、1,100ヤード以上投げました。[14]その年、彼は全国の小さな大学を率いて通過した。[15]彼と親友のジム・モラ後にNFLのヘッドコーチになった、はアルファタウオメガの仲間のメンバーでした。[14]大学の別のチームメイトはロンボッチャンであり[16]、長年NFLの審判を務めていた(5つのスーパーボウルを記録)。[17]ケンプは学生自治会に参加することを拒否した。[14]体育の学位を取得してオクシデンタルを卒業した後、彼はサンディエゴのロングビーチ州立大学カリフォルニアウエスタン大学で経済学の大学院研究を追求し、1958年から1962年まで軍に勤めた。 [5] [14]

結婚、家族、そして信仰

ケンプは1957年にオクシデンタルを卒業し、1958年にオクシデンタルを卒業した後、大学の恋人であるジョアン・メインと結婚しました。 [ 5]メインはカリフォルニア州フィルモアで育ちベンチュラ郡のフィルモア高校に通いました[18]ケンプの聖書文学教授、キース・ビーベが結婚式を主宰した。[14]ケンプには2人の息子がいた。どちらもプロフットボールのクォーターバックでした。ジェフケンプ(1959年生まれ)は1981年から1991年までNFLでプレーし[19]ジミーケンプは(1971年生まれ)1994年から2002年までCFLでプレーしました。彼の厳しいスケジュールを持つ男性にとって、ジャックは子供として、または大学で彼らのゲームの1つを見逃すことはありませんでした。[20]彼らには、ジェニファー・ケンプ・アンドリュース(1961年生まれ)とジュディス・ケンプ(1963年生まれ)の2人の娘もいました。[21]

1976年、C。エベレットクープは、中絶、子殺し、安楽死についての彼自身の懸念を述べ、生きる権利、死ぬ権利を書きました。[22]クープはまた、1978年にキリスト教弁証学者のフランク・シェーファーと父親のフランシス・シェーファーと一緒に、「人類に何が起こったのか」というタイトル の一連の映画を作るために、外科手術から少し時間を取った。シェーファー長老が以前に書いた同じタイトルの本に基づいています。[22]フランク・シェーファーと彼の仲間であるジム・ブッフフューラーは、人類に何が起こったのかについて、5時間のプライベートスクリーニングを提供しました。フランク・シェーファーの著書 『クレイジー・フォー・ゴッド』の深夜と早朝の出来事についての説明によれば、ジャック・ケンプと妻のジョアンは、シェーファーとクープの両方が「...共和党の全員にアクセスできるようになった」と述べています。 "。[23]

ジョアン・ケンプはかつて流産に苦しんでいましたが、ケンプは後に彼に人間の生命の神聖さを再評価させ、中絶への反対を確認したと言いました。[24]

結婚式の後、ケンプは妻の長老派教会の信仰に改宗しました。[5] [25]彼は新生クリスチャンであると特定しました。[26] [27]

ケンプは、北フリーメーソン管轄の33度のフリーメーソンでした。[28] [29]

サッカーのキャリア

1961年のケンプ

1957年のNFLドラフトの第17ラウンドでデトロイトライオンズに選ばれた後、ケンプは1957年のNFLシーズンが始まる前にチームから切り離されました。[14] [30]彼は、1957年にピッツバーグスティーラーズと過ごし、 1958年にサンフランシスコフォーティナイナーズとニューヨークジャイアンツタクシー隊で過ごした。ジャイアンツは、「史上最高のゲーム」として知られるNFLチャンピオンシップゲームと、最初の延長戦NFLプレーオフゲームを主催しました[31] [32] [33]しかし、タクシー隊の第3ストリングのクォーターバックのメンバーとして、ケンプはフィールドを取りませんでした。[4]

NFLで過ごした後、ケンプは米国陸軍保護区で1年間プライベートを務めました[5]勤務中、彼はカナディアンフットボールリーグのカルガリースタンピーダーズで1試合をプレーしたため、1959年にNFLの資格を失いました。兄のトムによると、両親は彼をカリフォルニアからアルバータ州カルガリーまで運転しました。彼がカットするのを見てください。[4]この時までに、ケンプは5つのプロチーム(ライオンズ、スティーラーズ、ジャイアンツ、49ers、スタンピーダーズ)から切り離されていた[14][4]

1960年2月9日と11日、新しく結成されたAFLは、各リーグの選手を保護するために、それぞれNFLとCFLの「改ざん禁止」ポリシーに合意しました。適度なNFLの経験を持つケンプのような選手は、当時AFLによって署名されていました。[34]ケンプはAFLのロサンゼルスチャージャーズとフリーエージェントとして署名した。

シド・ジルマン時代(1960–1962)

1960、ケンプはチャージャーズを10–4の記録で西部地区選手権に導きました。[35]彼は、パスの試み、完了、およびヤードでフランク・トリプカ次ぐリーグで2位に終わった(彼とトリプカをリーグの最初の3,000ヤードの通行人にした)[36]完了あたりのヤード数で、AFLをリードし、解任された。リーグリードに届かない急いでのタッチダウン。[37]ケンプの下では、チャージャーズの攻撃は過去4試合で平均46ポイント、過去9試合のうち5試合で41ポイント以上を獲得した。[38] AFLチャンピオンシップゲームでは、彼はチームをフィールドゴールに導いた最初の2つの所有物でしたが、ヒューストンオイラーズが第2四半期に7-6のリードでタッチダウンを投稿した後、チャージャーズは決して回復しませんでした。[39]

1961年サンディエゴユニオンの編集者ジャックマーフィーは、バロンヒルトンにチャージャーズをロサンゼルスからサンディエゴに移すよう説得しました。[40]ケンプは移籍したチームを12–2の記録に導き、西部地区選手権を繰り返した。[41]彼は再びパスヤードで2位に終わった(今回はジョージブランダに)。[42]チャージャーズは、オイラーズとのAFLチャンピオンシップゲームの再戦を獲得したしかし、今回のチャージャーズは、第4四半期のフィールドゴールまで10–3の負けで得点することができませんでした。[41] [43]

ベルリンの壁は1961年8月に建てられました。1961年10月15日、ジョンF.ケネディ大統領は、それに応じてケンプのサンディエゴに本拠を置く977番目の運輸会社の予備部隊を活性化しました。9月、右利きのケンプはサッカーをしているときに左肩を負傷しました。検死官は腫れと筋肉のけいれんを発見し、彼の自発的な可動域を80%と説明しました。米国陸軍医務総監によって検討され支持された決定において、陸軍の医師は彼が現役にふさわしくないことを発見しました。その年、彼はチャージャーズをディビジョンタイトルに導き、2,686ヤードと15回のタッチダウンをパスしました。数年後、ケンプの1961年のチャージャーズのルームメイト、ロン・ミックス、ケンプは各ゲームの前に鎮痛剤の「10程度」のショットが必要だったことを思い出し、「それは奇妙に聞こえますが、彼はサッカーをすることができ、軍隊で奉仕するのに適していない」とコメントしました。[44]

1962年ケンプは中指をシーズンに2試合破り、プレーできなくなりました。彼は医者に彼の壊れた指をフットボールの周りに置くように説得しました、それで彼のグリップは指が治ったら影響を受けないでしょう。チャージャーズのシド・ジルマン監督はケンプを「隠す」ために免除した。バッファロービルズのルー・セイバン監督は、ケンプが利用可能であることに気づき、1962年9月25日に100ドルの免除料を請求した[46 ] [ 30]ダラステキサンズデンバーブロンコスケンプも主張しようとしたが、彼はAFLコミッショナーのジョーフォスからバッファローに授与された[47]

ルー・セイバン時代(1962–1965)

ビリー・ショーによると、ケンプの買収はビルズのクォーターバック問題を解決した[30]が、ケンプはバッファローに来ることに興奮していなかった。ヴァンミラーによると、「ジャックはスキーヤーで、デンバーに行ってブロンコスでプレーしたかった。彼はバッファローに来ることを嫌っていた」と語った。[48]バッファローでは、ヘンリー・ソローの本を含む幅広い本を読むことを愛することで知られるようになり、それがサバンからの叱責につながった。[3]

指の骨折を含む負傷[46]により、ケンプは1962年のほとんどの期間プレーできなかった。そのシーズン、ケンプはベトナム戦争での徴兵通知を受け取ったが、膝の問題のため徴兵免除が認められた。負傷者は治癒し、ケンプは1962年11月18日に、オークランドレイダースに10-6で勝利した唯一のタッチダウンドライブを指揮することで、バッファローにデビューしました[46]彼は1962年にバッファローのために4試合しかプレーしなかったが、AFLオールスターチームを作った。[46]ビルズは、過去4試合のうち3試合で勝利し、7–6–1で終了しました。[49]

1962年12月14日、ビルズはノートルダムクォーターバックのダリルラモニカのグリーンベイパッカーズを上回りました[46] 1963年4シーズンのクォーターバックの戦いが始まり、ラモニカがレイダースに向けて出発するまで続いた。ラモニカは、「...クォーターバックについてジャックから多くのことを学んだ。そして、私たちはビルズのポジションで素晴らしいワンツーパンチだったと本当に信じている」と感じた。[30] 1963年、ケンプはビルズをスロースタートからAFLイースタンディビジョンのリードに7–6–1の記録で引き分けた。[50]ケンプは、パスの試み、完了、ヤードで再び2位になり、チームメイトのCookieGilchristに次ぐ2位でフィニッシュしました。急いでタッチダウンします。[51]ビルズは、 12月28日にニューヨーク州バッファローのウォーメモリアルスタジアム、10°F(-12°C)の天候でディビジョンタイトルを決定するために、イースタンディビジョンプレーオフゲームでボストンペイトリオッツをプレーした。ゲーム中、バッファローは16–0に遅れをとった後、ケンプをラモニカに置き換えましたが、それでも26–8を失いました。[52]

ケンプは、紛争の調停における彼の役割のために、法案の「クラブハウス弁護士」であると言われました。[30] 1964年彼は演劇が呼ばれていないときにフィールドを離れたギルクリストや、翌週ギルクリストを切り倒さなかったサバンなどの人格を管理した。[30]彼はまた、ビルズの最初の7試合で4回の勝利タッチダウンドライブを設計したラモニカとのクォーターバックの戦いの政治を管理した。[53]ケンプは、1964年のカンザスシティチーフスとのシーズン開幕戦の第1四半期に、3回のタッチダウンに合格した最初で唯一のプロサッカー選手でした、記録が結ばれるが破られないまで、47年後の2011年アーロン・ロジャースによって。[54] [55] 1964年のチームは最初の9試合で勝利し、レギュラーシーズンで12対2で勝利し、フェンウェイパークでのペイトリオッツに対する最終試合の勝利で東部地区に勝利しました。ケンプは1回の試みでリーグをヤードでリードし、ギルクリストとシド・ブランクスが共有したリーグリードの手前で1回の急いでタッチダウンを終えました。[56] AFLチャンピオンシップゲームでは、彼は20-7の勝利で残り9分強で最後のタッチダウンを記録しました。[57]

ラモニカによると、1965年のチームは新たな重点を置いていました。「64年には、私たちを運ぶためにギルクリストとランニングアタックに大きく依存していました。デンバーブロンコスに。それで、今シーズンよりもパス指向のゲームに行きました。レシーバーだけでなく、ランニングバックにもたくさん投げました。そして、それが最高のものをもたらしたと本当に思います。その年のジャックで。」[30] 1965年ビルズは10–3–1の記録で終了しました。[58]ケンプはパスコンプリートでリーグ2位でシーズンを終えた。[59] 1965年のAFLチャンピオンシップゲーム、バッファローはチャージャーズを23–0で破った。ケンプにとって、勝利は彼の前のチームに対して起こったので特別でした。[60]ギルクリストなしでビルをリピートチャンピオンシップに導き、スターレシーバーのエルバートデュベニオンがたった3試合しかプレーしなかったケンプの役割は、彼が元チャージャーのチームメイトであるポールロウと分けたAFLMVP賞シェアを獲得した。[56] [61]ケンプはAP通信賞とチャンピオンシップゲーム最優秀選手賞も受賞した。[62] [63]

ジョー・コリアーとジョン・ローチの時代(1966–1969)

チャンピオンシップゲームに続いて、サバンはメリーランド大学のコーチを辞任し、ディフェンシブコーディネーターの ジョーコリアーは1966年 シーズンのヘッドコーチに昇進しました。[64]ケンプはビルズを9–4–1の記録で3年連続のディビジョンタイトルに導いた。しかし、スーパーボウルIでAFLを代表する権利のために行われたAFLチャンピオンシップゲームでは、ビルズはカンザスシティチーフス31–7に敗れました。[65]ケンプは6年連続でAFLオールスターに選ばれた。[a] [66] 1967年のビルズは1967年のAFLシーズン4-10に耐えました、ケンプは彼のAFLキャリアで初めてオールスターゲームに指名されませんでした。[66] [67]

1968年8月23日、ビルズはヒューストンオイラーズにシーズン前の爆発的な損失を被りました8月26日、コリアーはビルを40プレイのスクリメージにかけました。スクリメージ中に、ロン・マクドールはケンプの右膝に倒れて怪我をし、ケンプは1968年のシーズン全体を席巻することを余儀なくされました[68]ビルズはケンプなしで1–12–1になりました。[69]

ケンプが怪我から復帰し、OJシンプソンのランニングバックが到着したにもかかわらず、ビルズは1969年のシーズン中にジョンローチ新監督の下で4-10の記録をまとめただけでした[70]ケンプは1969年にリーグの10年間で7度目のAFLオールスターに選ばれた。[66]彼はリーグの承認を主張し、その昨年の1969年に、ピート・ロゼールにAFLチームにそれを称えるためにAFLパッチを着用させるよう働きかけた。1969年、エリー郡 共和党は米国議会への立候補について彼に近づきました[30]1970年1月17日のAFLオールスターゲームの後、ケンプは家に戻り、妻と話をした後、政治に参加することを決定しました。[71]ケンプは、「当時、ビルズとは4年間のノーカット契約を結んでいた。……負けたらいつでも戻ってプレーできると思った。しかし、ファンの意見があり、私は議会に選出された。」[30]

略歴

ケンプはバッファローを4年連続(1963-1966)のAFLプレーオフ、3回連続のイースタンディビジョンタイトル(1964-1966)、2回連続のAFLチャンピオンシップ(1964-1965)に導きました。[9]彼は、キャリアパスの試み、完了、およびヤードの獲得でリーグをリードしました。[36]彼は、AFLの10回のチャンピオンシップゲームのうち5回に出場し、チャンピオンシップで同じキャリア記録(パスの試み、完了、およびヤード数)を保持しています。彼は、キャリアやシングルゲームのパサーレイティングなど、他の多くのチャンピオンシップゲームカテゴリで2番目です。[36]彼は、スティーブ・ヤングの52歳とオットー・グレアムの44歳に次ぐ、NFLまたはAFLのクォーターバックによるタッチダウンの急増で40位にランクインしています。[72] A1960年と1965年のクォーターバックでのスポーティングニュース オールリーグセレクション、および1965年のAFL MVP。彼は、リーグの存在の10年間すべてのスターターとしてリストされた唯一のAFLクォーターバックであり、10人すべてにサービスを提供したわずか20人のプレーヤーの1人でした。それらの年。彼の15番は1984年にビルズによって引退した。 [73] 2012年、プロフットボール研究者協会はケンプを2012年の非常に良いクラスのPRFAホールに指名した[74]。

しかし、彼の成功と重要なAFLの記録にもかかわらず、彼は、ゲームのほとんどのクォーターバックサックの元記録保持者としての地位を含め、あまりお世辞のない業績でNFLの記録簿に最も目立つように記載されています。[75] [76]ケンプの多くの記録にもかかわらず、ジョー・ネイマスレン・ドーソンがオールタイムAFLチームのクォーターバックとして選ばれました。[36]ケンプは、グレーターバッファロースポーツの殿堂とバッファロービルズの殿堂のメンバーです。

ケンプはボストンペイトリオッツのトムアディソンとAFLプレーヤー協会を共同設立し、その会長に5回選出されました。[77]プレーヤーの組合の設立と関与は、彼のキャリアの後半で労働問題について民主党と頻繁に共謀することに貢献した。[3]

NCAA最高の栄誉であるセオドア・ルーズベルト賞[78]は、1992年にケンプに贈られ[79]、2006年には協会で最も影響力のある100人の学生アスリートの1人に選ばれました。[80]

キャリア統計

レギュラーシーズン

伝説
AFLチャンピオンシップゲームで優勝
リーグを主導
はげ キャリアハイ
チーム ゲーム 記録 通過 急いで
GP GS コンプ Att パーセント ヤード 平均 TD Int Rtg Att Yds 平均 TD
1957年 ピット 4 0 8 18 44.4 88 4.9 0 2 19.9 3 -1 -0.3 0
1960年 LAC 14 12 9–3 211 406 52.0 3,018 7.4 20 25 67.1 54 238 4.4 8
1961年 SD 14 14 12–2 165 364 45.3 2,686 7.4 15 22 59.2 43 105 2.4 6
1962年 SD / BUF 6 5 3–2 64 139 46.0 928 6.7 5 6 62.3 20 84 4.2 2
1963年 BUF 14 12 5–6–1 193 384 50.3 2,910 7.6 13 20 65.1 50 239 4.8 8
1964年 BUF 14 13 11–2 119 269 44.2 2,285 8.5 13 26 50.9 37 124 3.43.4 5
1965年 BUF 14 13 9–3–1 179 391 45.8 2,368 6.1 10 18 54.8 36 49 1.4 4
1966年 BUF 14 14 9–4–1 166 389 42.7 2,451 6.3 11 16 56.2 40 130 3.3 5
1967年 BUF 14 11 3–8 161 369 43.6 2,503 6.8 14 26 50.0 36 58 1.6 2
1969年 BUF 14 11 4–7 170 344 49.4 1,981 5.8 13 22 53.2 37 124 3.43.4 0
キャリア 122 105 65–37–3 1,436 3,073 46.7 21,218 6.9 114 183 57.3 356 1,150 3.2 40

ポストシーズン統計

チーム ゲーム 記録 通過 急いで
GP GS コンプ Att パーセント ヤード 平均 TD Int Rtg Att Yds 平均 TD
1960年 LAC 1 1 0–1 21 41 51.2 171 4.2 0 2 41.8 3 19 6.3 0
1961年 SD 1 1 0–1 17 32 53.1 226 7.1 0 4 36.2 4 5 1.3 0
1963年 BUF 1 1 0–1 10 21 47.6 133 6.3 0 1 48.3 2 -4 -2.0 0
1964年 BUF 1 1 1–0 10 20 50.0 188 9.4 0 0 82.9 5 16 3.2 1
1965年 BUF 1 1 1–0 8 19 42.1 155 8.2 1 1 66.8 - - - -
1966年 BUF 1 1 0–1 12 27 44.4 253 9.4 1 2 59.6 1 3 3.0 0
キャリア 6 6 2–4 78 160 48.8 1,126 7.0 2 10 50.2 15 39 2.62.6 1

政治的キャリア

「プロサッカーは私に良い視点を与えてくれました。私が政治の場に入ったとき、私はすでにブーイング、歓声、カット、販売、取引、そしてエフィジーにぶら下がっていました。」

—ジャック・ケンプ[81]

ケンプの政治的キャリアは、1970年のキャンペーンのずっと前に始まりました。1960年と1961年、ケンプはサンディエゴユニオンの編集者の編集アシスタントであり、将来のリチャードニクソンの 補佐官である ハーブクラインでした。[3]その後、ケンプはバリーゴールドウォーター1964年大統領選挙ロナルドレーガンの1966年カリフォルニア州知事選挙の成功の両方でボランティアになりました1967年のサッカーのオフシーズンに、ケンプはサクラメントでレーガンのスタッフに働き​​かけました。1969年、彼は共和党全国委員会委員長の特別補佐官を務めました。[5]

ケンプは貪欲な読者であり、彼の政治的信念は、ゴールドウォーターの「保守派の良心」 、アイン・ランドの小説「水源」、フリードリヒ・フォン・ハイエクの「自由の条件」の初期の読書に基づいていました。[ 82]ケンプ言ったように、彼はまた、彼のサッカーのキャリアから、黒人のチームメイトとサッカーをすることから生まれた人種的平等への信念をもたらしまし。そして、私は私たちが何をする必要があるかについて屋上から怒鳴ります。」[5]ケンプのサッカーの同僚はこの影響を確認しました:John Mackeyは、「ハドルは色覚異常です」と説明しました。[83]

下院(1971–1989)

議会の肖像画コレクションの画像(1975年頃)

自称「ブリーディングハート保守派」として[8]ケンプは、 1971年から1989年までアメリカ合衆国下院でサウスタウン(伝統的に民主主義に投票した)として知られるバッファロー郊外地域の一部を代表した。 [84] [ 85]彼は、初期のジョンF.ケネディのカリスマ性を持っていると説明されました[8] [86]デビッド・ローゼンバウムはケンプを独立した政治家として説明し、しばしば委員会の管轄外で立法し、党の綱領よりも理想と原則を支持して発言した。[5] サプライサイドとして、彼はバランスの取れた予算編成の支持者ではなく、経済目標としての成長について語りながら、それを些細なものにしました。[5] [87]

ニューヨーク州エリー郡共和党員は、現職の議員リチャードD.マッカーシーがアメリカ合衆国上院に立候補することを決定した後、ケンプを起草した[5]彼の最初のキャンペーンの間、彼の地区は経済的倦怠感にあり、ニューヨークタイムズは彼を家族の価値観、愛国心、スポーツ、そして防衛でキャンペーンしたジョンF.ケネディの先祖返りとして説明しました。[7] 62人の新入生のクラスで議会に選出されたとき、彼は6人の新参者の1人でした。ロナルド・デルムスベラ・アプツーグ、ルイーズ・デイ・ヒックスロバート・ドリナンピートデュポン—時間で議論されました記事では、彼を米国大統領リチャード・ニクソンのようなフットボールのファンであり、ホワイトハウスの顧問であるロバート・フィンチと元ケンプのボスであるニクソンのコミュニケーションディレクターであるハーブ・クラインからのアドバイスを受けたと説明しています。ニクソンの補佐官は、ケンプが軍のタカからの支援を強化するために、カンボジアの侵略を支持し、ニクソンの戦争政策に対する批判に反対することをケンプに奨励した。[88]

ケンプは、経済成長、自​​由市場自由貿易税の簡素化、雇用と投資収入の両方に対する税率の引き下げなど、シカゴの学校サプライサイド経済学のいくつかの問題を擁護しました。[89]彼はフラットタックスの長年の支持者でした[90]彼はまた、中央アメリカでの反共産主義の反対勢力の使用を擁護し、 [91]金本位制を支持し、公民権法を支持し、中絶に反対し、企業ゾーンを普及させた最初の立法者であった [5]は、起業家精神と雇用創出を促進し、公営住宅の入居者の持家を拡大するために支援しました。[89] [92]彼のキャリアの間、彼は時々自由民主党のように聞こえた。[7]彼はアファーマティブアクション[93] [94]と不法移民の権利を支持した。[95] ニューヨークタイムズ紙は、ケンプをロバートF.ケネディ以来の貧困との戦いで最も積極的な戦闘員と表現した[96]彼はロックフェラー・リパブリカンズやリンドン・ジョンソンなどの初期の戦闘員とは異なっていた従来の社会的プログラムの代わりにインセンティブベースのシステムをサポートすることによって。[7]共和党内からの都心部の懸念への彼のコミットメントのために、デビッド・ガーゲンは彼を「荒野での勇気ある声」として予告した。[97]彼は多くの社会問題についてリベラルであり、同性愛者の市民的自由を支持したが、学校で教える権利などの特定のゲイの権利に反対した。[24]ケンプは時々、彼の役割は「自由奔放で、起業家精神にあふれ、ワイルドキャッターのバックベンチャー」であると感じていた。[98]

Timeは、1974年の「Facesfor the Future」特集で、38歳の第2期下院議員ケンプを将来のリーダーとして特定しました。[99]別の初期のキャリアの注目すべき雑誌の登場は、エスクァイアの1978年号にありました。[14]この記事は、1967年のロナルドレーガンのサクラメント事務所の職員の間での同性愛活動の申し立てを説明した。ケンプは関係していませんでした。[4]ケンプは1980年に米国上院に立候補することを検討し、ヒュー・シディ1980年の大統領選挙でジミー・カーターの席を外す候補として彼に言及し[86] 、 1980年の共和党全国大会副大統領の最有力候補となった。[5] [100]ジョージ・H・W・ブッシュの保守的な批判者から43票を獲得した。彼が1980年に6期目に再選された後、彼の共和党の仲間は彼を党の指導的地位に選出し[101]、彼は7年間共和党議員会議の議長を務めた。[3]この昇進は、ケンプとデビッド・ストックマンが覚書でレーガンに最初の100日間を議会との経済パッケージに取り組むように促した直後に[102] [103]ケンプは1982年にニューヨーク州知事に立候補することを検討したが、最終的には下院にとどまることにした。1984年までに、多くの人がケンプをレーガンの相続人と見なしていました。[4]

ジャック、ジョアン、ジュディス・ケンプ
ケンプと海軍の将校
1980年10月25日

ケンプは1976年に、ウォールストリートジャーナルジュードワニスキー議会のオフィスで彼にインタビューしたときに、サプライサイド経済学との最初の出会いをしました。ケンプは一日中(深夜まで、メリーランド州のケンプのベセスダで)ワニスキーに質問し、最終的に南カリフォルニア大学のアーサー・ラッファー教授の供給側の規律に転向しました。[5] [104]その後、ケンプはサプライサイド経済学を自由に支持し、1978年に彼とデラウェア州のウィリアム・ロス上院議員は減税法を提案した。[5]ケンプは、レーガン大統領の経済計画にサプライサイド経済学が含まれていることに責任があるとされている[105] [106]が、ロバート・マンデルノーベル経済学賞の承認時に、一部はマンデル、ラッファーにクレジットの多くを帰した。 、Robert Bartley、およびWanniski。[107] 1979年、ケンプはアメリカン・ルネサンスISBN  0-06-012283-8)を書き、「潮の満ち引き​​がすべての船を持ち上げる」というメッセージを伝えました。[108] 1980年代初頭の減税の実現はレーガンに起因しているが、1981年のケンプロス減税を通じてケンプとロスによって開始された。立法。[5]この法律に基づくレーガンの予算は、米国下院の道と手段に関する委員会ダン・ロステンコウスキー委員長の反対を通過した。[109] [110]

レーガン時代、ケンプと彼の追随者たちは、減税と経済成長を促進しながら、予算の均衡を無視していました。[111] [112]これらの減税は、1983年から1990年までの経済成長のために保守派によって認められており[113]、1996年までにアメリカの歴史の中で最も長い拡大の1つとなった。[114]ケンプ氏は、連邦準備銀行のポール・ボルカー議長 がインフレ抑制に成功したことと、良好な規制環境も主要な要因であると述べています。[115]批判者たちは、ゲーム、刑務所、医療、クレジットカードの使用などの望ましくないセクターによって拡大が促進されたと述べています。[114]

初期のケンプ税制改革の試みは、1979年に失敗した、生活費の変動に対する税率の指標の提案であり[116]、レーガンの1980年のパッケージに組み込まれました。[104]ケンプは、1980年に企業ゾーンでの立法の試みを共催した。[117]レーガンが減税を取り消し、増税を促進することを決定した1982年に、下院議員としてのケンプのより困難な時期の1つが訪れた。逆転は物議を醸し、ケンプによる反対を刺激した。それにもかかわらず、改正税は可決されました。[118] [119] 1983年、ケンプはボルカー会長の政策に何度も反対した。討論には、国内の金融関与と国際通貨基金への資金提供における役割が含まれていました。[120] [121]

ケンプはいくつかの共和党全国大会で演説を行った彼は7月15日にミシガン州デトロイトで開催された1980年の共和党全国大会で、8月21日にテキサス州ダラスで開催された1984年の共和党全国大会で演説した。[122] 1984年の大会では、トレント・ロットが共和党綱領委員会の委員長を務め、ケンプ議員とニュート・ギングリッチ議員は、共和党上院議員のボブ・ドールハワード・ベイカーの驚愕に党綱領の支配権を主張した[85]ケンプの公式の役割は、外交政策に関するプラットフォーム小委員会の委員長としてでした。しかし、彼が提案した3つの綱領には、増税、金本位制、FRBの役割が含まれていました。[123]ケンプの公式の役割にもかかわらず、著者としての彼の本当の影響は、増税における板の文法構造にありました。[124] [125] 1985年までに、ケンプは1988年の大統領指名の有力候補となった。[126]彼はまた、テキサス州ヒューストンで開催された1992年の共和党全国大会自由企業ゾーンについて発言した。[127]ケンプは、政治的領域を拡大するための努力と検討にもかかわらず、議会での8期目になるまで、郊外の西ニューヨーク地区の外で募金活動を行うことはありませんでした。[128]

ケンプは、米国ではサッカーとして知られているアソシエーションサッカーの批評家でした。[129] 1986年、米国が1994 FIFAワールドカップを主催すべきかどうかをめぐるハウスフロアの討論で、ケンプは次のように宣言しました。サッカーは民主資本主義であるのに対し、サッカーはヨーロッパの社会主義スポーツであるということを区別する必要があります。」[130] [131]ケンプは彼の演説をジョージカーリンと比較した野球とアメリカンフットボールの違いに関する1984年のコメディールーチンで、スピーチをするときに彼の「舌は頬にしっかりと植えられていた」と書いています。[132]演説の妥当性にもかかわらず、それはかなりの反発を集めた。[130] [131]しかし、彼はサッカーの主な問題は「クォーターバックがない」ことだと主張し続けた。[132]ケンプは、孫の約半数が組織化されたサッカーをプレーしているか、プレーしたことがあり、サッカーでの彼の立場を「変えた」と主張したと述べた。彼は1994年のFIFAワールドカップに長年のサッカーファンであるヘンリーキッシンジャーと一緒に参加しましたが、2006年のFIFAワールドカップではサッカーを見るのは面白いかもしれませんが、それでも「

大統領入札(1988)

ケンプは、1987年10月3日にサウスカロライナ州ユニオンのカウンティスタジアムで1988年の共和党大統領候補のために候補者集会を去る。ウィリアム・ダロフはケンプの左肩のすぐ後ろに立っている。

1988年にケンプがアメリカ合衆国大統領選挙で勝利した場合[5] 、ジェームズ・ガーフィールド以来、ケンプはアメリカ合衆国下院からホワイトハウスに移った最初の人物となったでしょう[133]彼が調査委員会を結成したとき、彼は顧問としてレーガンの1984年の再選政治ディレクターであるエド・ロリンズに署名した。[134]当初から、ケンプはブッシュ副大統領の主要な代替案として自分自身を位置付けることができなかった。[82]選ばれた少数の認識を除いて、[135]ケンプは成功したアイデアの人であったが、一般大衆はケンプのリーダーシップ能力を認めなかった。[82] [136]実際、共和党の有権者のほとんどは、選挙運動の早い段階でケンプに不慣れであることに気づきました。[135]しかしながら、政治評論家は彼を先見の明のある思想家として認めた。[137]さらに、彼はすぐに、聴衆との接触を失うこともある冗長な話者として認識された。ケンプは保守派に訴えようとしたが、寛容と個人の権利に関する彼のリバタリアン哲学と、少数派、女性、ブルーカラー労働者、組織化された労働者を支援するという彼のコミットメントは、保守派の有権者の社会的および宗教的価値と衝突した。[82]民主党にとって、ケンプの自由市場哲学は自由放任主義の一形態であったアナーキー。[138]しかしながら、ケンプは政府の役割を最小限に抑えたかったのと同じくらい、より自由放任主義のシステムへの動きはよく考えられるべきであることを認めた。[139]

1987年5月のゲイリーハートドナライススキャンダルの後、ニューヨークタイムズによるアンケートでは、精神医学の記録や14人の大統領候補全員からのFBIファイルへのアクセスなどが要求されました。各党の候補者は個人のプライバシー問題の両側について意見を表明し、ケンプはタイムズの調査を「大統領候補の尊厳の下にある」として拒否した。[140] [141]彼のキャンペーンは、ニューハンプシャーで多くの重要な初期の支持を得て、初期の前向きな方向に進んでいたが、ブッシュはニューヨークの共和党の確立の多くの支持を保持した。[4]彼はさまざまな支持者を抱えていましたが、ケンプのキャンペーンは、すぐに赤字に陥ったため、予想される連邦政府のマッチングファンドに対して借り入れを開始しました[4][142]ケンプは社会的に穏健な立場を相殺するために、中絶への反対、戦略防衛構想(SDI)への支持、国務長官ジョージ・シュルツが支持するよりも強力な軍隊への支持を明らかにした。[4] [82]レーガンの後継者としての地位を確立するために、ケンプはシュルツが無視したという主張に基づいてシュルツの辞任を求めた。アフガニスタンニカラグアの自由戦闘機、SDIにワッフルしていました。[143]レーガン時代の主要な外交政策イニシアチブに対する彼の立場を強調するために、ケンプは1987年9月にコスタリカ、ホンジュラス、エルサルバドルを訪れ、アリア平和計画に反対してこれらの国の大統領に働きかけた。中央アメリカの共産主義者にはあまりにも和解的です。彼は50人以上の米国の保守的な指導者が旅行に同行しました。[144]

あらゆる政治的主題を網羅するプラットフォームにもかかわらず、ケンプの主要なキャンペーンの武器は減税に基づく財政政策でした。彼の財政政策の一環として、彼は社会保障給付の凍結に反対し、政府支出の凍結を承認した。[145]一部の人々は、ケンプの供給側のスタンスを国家予算の赤字を無視する試みと見なした1987年後半、政治評論家は、ケンプが非社会問題について極右から支持を得る必要があると考えました。[146]ケンプは、ソビエト連邦ミハイル・ゴルバチョフとのレーガンのINF条約協定に反対する共和党候補の大多数の1人でした。共和党の一般投票者による条約の承認にもかかわらず。右翼の有権者からの支持を熱望して、指名に対する世論調査の支持のレベルが低いすべての候補者は、これと同じ「サーベルガラガラ」の立場を取りました。[147] [148] 1988年初頭までに、穏健派(ブッシュとドール)は明らかに最有力候補であり、ケンプは穏健派の保守的な代替案としてパット・ロバートソンと戦っていた。[149]

彼はややネガティブな広告キャンペーンを使用しましたが、それは彼を深刻な論争に追いやるという意図された最初の効果を持っているようでした。[150]彼の1988年のキャンペーンは、サプライサイド経済学と都市内企業ゾーンのプラットフォームに基づいていた。[8]ベアナックルズとバックルーム:アメリカの政治における私の人生でキャンペーン委員長のロリンズはケンプを愚か者の候補者として説明した。[151]ケンプのキャンペーンマネージャーは、彼は手に負えないと言っている。彼はスピーチのタイマーを無視し、寄稿者に電話することを拒否し、討論のために練習することを拒否した。彼の39人の代表者の合計が最終的な候補者とブッシュ大統領、そしてドールとパット・ロバートソンの両方よりも少なかった謙虚なスーパーチューズデーは、彼のキャンペーンを終了しました。[5][8]レースから撤退した後も、彼は副大統領指名の候補と見なされていた。[152] 1989年、ケンプは公邸をニューヨーク州ハンバーグからメリーランド州ベセスダに切り替えた[153][9] 1994年、ケンプの1988年のキャンペーンは、とりわけ、過度の寄付、不適切な直接の企業寄付、報道機関の過剰請求、支出の超過に対する1988年のキャンペーン選挙法違反に対する民事罰として12万ドルを支払うことに合意することにより、連邦選挙委員会との和解に達しました。アイオワ州ニューハンプシャー州の制限、および航空輸送を提供するための企業への払い戻しの失敗。[154]

内閣(1989–1993)

フロリダA&M大学の学部長であるSybilMobleyとのHUD長官ケンプ

いわゆる「ブリーディングハート保守派」として、ケンプは住宅都市開発長官としてのブッシュにとって論理的な選択であり[155]、その仕事は公営住宅の需要を満たすための公共部門民間部門の方法を育成することでした。 。[156]しかし、レーガンの住宅都市開発長官サミュエル・ピアスのスキャンダルと大統領の怠慢は当初から障害であり、ケンプは彼の主要なイニシアチブのいずれかで失敗しました:エンタープライズゾーンの制定と公営住宅のテナント所有権の促進。[157] これら2つの計画の目標は、公営住宅をテナント所有の住宅に変更し、連邦政府のインセンティブで産業とビジネスを都心部に誘致することでした。[158]ケンプはHUDの局長として多くの政策に影響を与えなかったが、HUDの評判を一掃し[157] [159] 、連邦住宅都市開発省を救済する計画を立てた[160]彼は特定のプログラムを停止または刷新し、麻薬対策攻撃を開発しました[161] [162]。これにより、彼は国家麻薬取締政策局長の ビル・ベネットと協力することができました[163]彼は、公営住宅での銃器所持を禁止するための「クリーンスイープ作戦」および同様の運動を支持した。[162] [164]

ケンプはブッシュに、公営住宅の入居者が自分のアパートを購入することを奨励する40億ドルの住宅プログラムを支援するように説得したが、民主党議会はこの計画に3億6,100万ドルしか割り当てなかった。[8]議会での反対に加えて、ケンプはホワイトハウス予算局長の リチャード・ダーマンと戦った。彼はケンプのペットプロジェクトHOPE(どこでも人々のための住宅所有と機会)に反対した。このプロジェクトでは、公営住宅をテナントに売却しました。ダーマンはまた、ケンプが提案した政府のオフセットの福祉調整に反対した。[96] HOPEは、ホワイトハウスの首席補佐官ジョン・スヌヌに最初に提案された。1989年6月、エンタープライズゾーンの作成、低所得者向けの補助金の増額、ホームレスや高齢者向けの社会サービスの拡大、初めての住宅購入者を支援するための税制改正を実施しました。[96]スヌヌは当初、ほとんどの内閣と同様に反対したが、1990年8月、スヌヌは米国司法長官の ディック・ソーンバーグに促されて、ブッシュ大統領にケンプの経済的エンパワーメントタスクフォースを支持するよう促した。しかし、ペルシャ湾岸戦争と予算交渉はケンプの新しいプロジェクトに影を落としました。[96]ダーマンは、ケンプと、ギングリッチ、ジェームズ・ピンカートンビン・ウェーバーなどの同盟国と戦った。[96]予算は彼に彼の計画のために2億5600万ドルを残しました、そしてそれはケンプがいくつかの歳出の戦いの間に増加しました。[96]クレイトン・キースがホワイトハウスの首席補佐官に任命された直後、ケンプの経済的エンパワーメントタスクフォースは廃止された。[96]

ブッシュ大統領は連邦の貧困問題を回避し[165]、代わりにケンプを使って政権の優先度の低い保守的な活動家の議題について話しました。[166] [167]ブッシュの都市アジェンダへの貢献は、彼の「光の点」テーマによるボランティア活動であり[168]、ケンプは大統領候補のビル・クリントンから彼のアイデアに対するより強力な支持を受けた。[169] 1992年のロサンゼルス暴動の時までに、ブッシュは企業ゾーン、テナントの所有権および福祉改革を支援するのに少し遅れていた:[8]モート・ズッカーマン 人種問題に関するブッシュのビジョンを、鉄道車両で後方に乗っている男性のビジョンと比較しました。[170]それにもかかわらず、最初はケンプが見過ごされていたにもかかわらず、暴動によりケンプは政権の焦点となった[171] [172] 。[173]しかし、チャールズE.シューマーは、1989年にケンプの成功の見通しを最もよく要約していたと思われます。「お金のある良いアイデアは、多くのことを行うことができます。お金のない良いアイデアは、おそらく全体を行うことはありません。たくさん」そしてここでの問題はケンプのアイデアに資金を提供しないという決定でした。[108]ケンプは彼のビジョンのためにお金を調達することができなかったが、彼は一流のビジネスジェットの政権の主要なユーザーの一人でした。 [174]彼は、住宅長官として政府の費用でファーストクラスを飛行しなければならなかった理由として、膝の怪我による長引く影響を挙げた。[44]

一般的に、住宅秘書としての彼の時間は失敗したと見なされていました。[5]しかし、彼は在任中に通過したエンパワーメントゾーンのための連邦資金を得ることができなかったが、1992年までに38の州がエンパワーメントゾーンを作成し[175]、1994年にクリントン大統領の下で35億ドルが承認された。[176]しかしながら、住宅所有者が過度の官僚主義なしに賃貸単位を作成する目的で彼らの家を細分化することを可能にする自由市場ケンプイニシアチブは、クリントン政権の下で実行されなかった。[177] 1992年、H。ロスペローが手ごわいキャンペーンを開始したことで、ケンプは再び副大統領候補と見なされた。[178] [179]

ケンプは、内閣の他の部分とうまくやっていないために、彼の主要な目標のいずれも達成しなかったことに部分的に責任がありました。[96]ある時点で、ケンプはホワイトハウスの首席補佐官であるジェームズ・ベイカーに、ブッシュが再選に勝つための最良のチャンスは彼の経済諮問委員会を劇的な方法で捨てることであると語った。[180] 1992年の共和党全国大会の前に、ケンプと6人の著名な共和党保守派は、ブッシュに彼の経済政策を修正するように促す物議を醸すメモを作成した。[181]同時に、ウィリアム・F・バックリー・ジュニアジョージ・ウィルなどのメディアやメディアで保守的な共和党員がダン・クエールを感じたケンプを支持して追放されるべきである。[182]これは、1992年の一般教書演説の後、ケンプが大統領の経済政策の一部を「仕掛け」として言及した後のことであるケンプはブッシュに反対したことで党内で尊敬され[ 184]、ブッシュ政権の終焉に向けてインサイダーは彼の価値を認めた。[185] 1991年後半、166人の共和党議員のうち81人がカート・ウェルドンダン・バートンが共同執筆した手紙に署名し、ブッシュが「国内政策皇帝」としてケンプに国内の権威を譲ることを要求した。[184]ケンプの「エネルギー、熱意、国民的影響力」を強調した手紙は、ブッシュを侮辱した。ケンプは大統領職の期間中ブッシュ内閣にとどまることに少し驚きました[187]そして彼は厳しい立場を取る数少ないブッシュ政権のメンバーの一人として説明されました。[188]共和党員が1992年に再選された場合、ケンプは留まるとは予想していなかった[189]。一部の評論家は彼に同意した。[185]

HUD後の年(1993–1996)

ケンプは、住宅長官としての彼の時代と彼の副大統領の指名の間で、1人あたり35,000ドルで演説をしました。1994年までに、ケンプは、1996年の大統領選挙のために3500万ドルを調達し、1988年の選挙債務を返済するために、241回の資金調達ディナーに着手しました。[8]ケンプは、住宅都市開発長官の189,000ドルの仕事を辞任した後、主に地元の共和党候補者に代わって発言したことで、今後3年間で個人的に690万ドルを稼ぎました。[95] [190]スーパーボウルXXVIIIの祭典の間、ケンプは注目すべき募金活動シリーズを主催しました。[191]

ケンプは1992年の共和党全国大会のスターと見なされていました[192] 1992年と1993年に、ケンプは1996年の大統領指名のお気に入りまたは共同お気に入りと見なされた。[193] [194] [195] 1994年の中間選挙の時点で、ケンプは1996年の立候補を発表することが広く期待されていた[196]。彼の支持者たちは年末までに正式な発表を望んでいた。[197] 1995年1月、ケンプが1996年の共和党予備選挙に参加しなかった理由は、彼の個人的な信念が現代の共和党の政治情勢とバランスが取れていなかったためである。ケンプは任期制限に反対した。、彼は常にバランスの取れた予算修正に似たものよりも減税を好み、ほとんどの共和党員とは異なり、都市の貧困と戦うための連邦政府のインセンティブを支持しました。[198] [199] 1995年、グロリア・ボーガーはケンプが1994年のアメリカとの契約と歩調を合わせていなかったと述べた。[200]ケンプはまた、大統領選挙運動に必要な莫大な資金調達に対する嫌悪感を指摘した。[201]ゲルゲンは、1996年までに選出プロセスが非常に高価で、意地悪で、個人的に侵略的であったため、数人のトップ共和党員が走ることを思いとどまらせたと述べた。[202] 1995年、世界がコリン・パウエルによるキャンペーン決定の発表を待っている間、ケンプはそのようなキャンペーンの見通しについて前向きな考えを持っていました。[203]

上院多数党の指導者であるドールとギングリッチは、税法が複雑になりすぎたという有権者の懸念に応えて、ケンプを税制改革委員会(ケンプ委員会)の長に任命しました。[204]ケンプは、彼が任命された後に正式に提案したフラットタックス[90]を含む多くの問題を擁護した。[205] [206] [207]提案には、住宅ローンの利子など、政治的に人気のある所得税控除が含まれていました[208]が、かなり一般的なままでした。[209] 1996年の共和党候補の中で、スティーブ・フォーブスフィル・グラムの両方フラットタックスを提案した。[207] [210]

キャンペーン中、ケンプの支持は非常に切望されていました。[211] [212]フォーブスは1996年のキャンペーンでケンプを走らせようとしたが、ドールが指名に近づいたとき、そしてドールが元候補のラマー・アレクサンダーリチャード・ルガー[8] [213]支持の主な理由は、フラットタックスの考えやその他の供給側の見解を生かし続けることであると感じる人もいます。[214] [215]多くの人がケンプが支持を得て彼自身の政治的未来を破壊したと考え、ケンプはドールの選挙事務所に深く謝罪した。[8]ドールがノミネートされることが明らかになった後、ケンプはフェリックス・ロハティンと超党派のセミナーを開催し、両当事者が承認できる財政計画を作成しようとしました。[216]

ケンプはこの頃、移民についても率直に発言しました。ケンプとベネットが支持する科学的指標の解釈によると、「移民は呪いではなく、祝福です」。[217] 1994年、ケンプとベネットは、不法移民が公共サービスを受けることを禁じる措置であるカリフォルニア州の投票提案187に反対し、再選に立候補した支持者の1人である共和党の第一期カリフォルニア州知事ピートウィルソンに直接反対した。[218] [219]共和党上院議員候補のマイケル・ハフィントンもこの提案を支持していた。[220]ケンプは不法移民の権利を支持し、ラマー・スミスアラン・シンプソンが提案した不法移民の制限。[221]

副大統領指名(1996年)

ボブ・ドールとケンプはタイムの表紙に登場しましたが、火星についての話(表紙に挿入)によってほとんど置き換えられました

ケンプは最も有名な進歩党の共和党員としての評判がありました。ドールが全米黒人地位向上協会への招待を辞退したとき、ケンプが副大統領候補になる前から、彼はケンプを代理として提案した。[222] 1996年8月5日、ドールはフォーブスキャンペーンとケンプの税制改革委員会の両方に対応して、全面的な15%の減税を発表した。ドールの他のキャンペーンのアイデアのいくつかは、ジーン・カークパトリック、ウェーバー、フォーブス、アレクサンダーを校長としたケンプとビル・ベネットのエンパワーアメリカから生まれました。たとえば、ドールはカークパトリックの厳しい外交政策、ベネットの「正しい行動」、さらにはアレクサンダーを借りました。[223]

ベネットはドールのランニングメイトになるという申し出を断ったが、ケンプを提案した[224][225] 1996年8月16日、[226]共和党はケンプを副大統領候補として選び、元上院議員ドールと並んでいた。ケンプは、厳しい指名に挑戦するフォーブスやパット・ブキャナンのような保守的でリバタリアン志向の有権者を引き付ける手段と見なされていました[227]ケンプは、コニー・マックジョン・マケインキャロル・キャンベルよりも選ばれた[228]。これは、ケンプがドールの上級顧問として影響力のある地位にあった元スタッフが何人かいたことが一因であると考えられます。ドールは党の予算均衡派を代表してきた長い歴史があり、ケンプは減税支持者を代表してきた長い歴史があり[230] ケンプの減税財政実績はチケットにぴったりです。ケンプが1996年にドールのランニングメイトになったとき、彼らはタイム1996年8月19日号の表紙に登場したが[232]火星での地球外生命の発見についての話はほとんどなかった。、それはカバーストーリーに非常に近いので、タイムはそれをカバーに挿入し、決定がどれほど難しいかについて書いた。[233]

二人の政治家は、別の視点と目的に由来する名高い歴史を持っていました。ドールはジョン・F・ケネディの減税に反対票を投じた長年の保守的な赤字のタカであり、ケンプは率直なサプライサイドでした。デビッド・ストックマンによれば、1980年代初頭、ケンプはレーガンを説得して、 1980年の大統領選挙の中心的な機能である全面的な減税を30%削減しましたレーガンが選出されると、ドールは上院財務委員会になりましたケンプが主張する会長は、あらゆる段階で計画に抵抗した。ドールは1981年の計画について留保を表明したことを認めている。大きな対立は、税制が承認された後、そしてドールがその後改革と呼んだ増税を提案した後に起こった。ケンプは改革に反対する声を上げ、ニューヨークタイムズ論説記事を執筆し、ドールを激怒させた。レーガンはドールの要請で改革を支持し、ケンプに同盟国を召集して法案を停止させ、最終的には1982年に可決された。[234]1984年の共和党全国大会で、ケンプは、ギングリッチやロットなどの同盟国とともに、レーガン大統領を増税の除外として記録に残す綱領に板を追加しました。ギングリッチはこの行動をプラットフォームを「ドールプルーフ」と呼び、板はドールの反対を通過した。その後、1985年に、ドールは、虫垂切除患者のピート・ウィルソンが同点票を投じ、ブッシュ副大統領が決定票を投じて、上院でかろうじて可決された厳格な予算を提案しました。ドールを除外した大統領との会議で、ケンプは重要な社会保障を除外するために予算を作り直しました削減。これはドールの最も破滅的な政治的敗北であり、共和党が上院の支配権を失う一因となったと言われています。1988年の大統領選挙では、2人は互いに敵対しました。ブッシュが勝利し、ケンプが内閣に向けて議会を去った後、ケンプが3月のニューヨーク初等協会の前夜にドールの対戦相手フォーブスを承認した1996年まで、2人は実際に再び道を渡ることはありませんでした。[234]

ドールはケンプの経済理論を軽蔑したが[93]、ケンプのような減税が選挙での成功の最高のチャンスであると感じた。[235]ケンプは、彼の側でも譲歩しなければならなかった。彼は、提案187に対する長年の反対にもかかわらず、不法移民の子供たちを公立学校から追放し、カリフォルニアでのアファーマティブアクションプログラムを廃止することへの反対を黙らせなければならなかった。[226] [236]ケンプの妥協を嘲笑し、彼を「詐欺師」と呼んだ人もいた。[237]キャンペーンの当初から、ドールケンプは引きずり[238]、党内からでも懐疑論者に直面した。[239]しかし、ケンプはその指名を利用して、クリントンの部分的な中絶禁止拒否権への反対を促進することができました。[240]キャンペーン中、ケンプとフォーブスは、ドールが使用したよりも減税に対する強い立場を主張した。[241] [242]しかし、一般的に、ケンプはビル・クリントンを捕まえるチケットのチャンスに役立ったという意見であり[243] [244] [245]、ケンプの擁護はおそらく税制改革の明確な絵を与えたキャンペーンが成功した場合に発生します。[246]ケンプは、いくつかのタイプのスウィング有権者、特に彼の生まれ故郷のカリフォルニア州の有権者に影響を与える可能性が高いと見られていた[230]。民主党員でさえ、ケンプが有権者を誘惑するのではないかと恐れていました。[237]

ノミネートを受けた後、ケンプはマイノリティと都心部のチケットのスポークスマンになりました。[247] [248] [249]ルイス・ファラカーンがミリオンマン・マーチを含む多くのフォーラムで承認した自助政策に関する合意により、ケンプはある意味でファラカーンと一致した。[250] [251]しかし、ファラカーンは反ユダヤ主義者であると認識され[251]、ケンプは共和党のユダヤ人の同盟国と見なされていた。[252]この問題は、いくらかの政治的回避を必要とした。[251]ノミニーとして、ケンプは時々ドールに影を落とした。[240]実際、ケンプは大統領候補であるかのように何度も説明されていました。[240] [253]チケットが使用したネガティブな広告キャンペーンにもかかわらず、ドールに影を落としたことに加えて、ケンプはサッカー関連の比喩と誇張に満ちたペプラリータイプのキャンペーンツアーに依存した非常にポジティブなランニングメイトでした。[254]ケンプのスタイルを楽しんだ人もいましたが、彼を善き羊飼いと呼んでいましたが[254] US News& WorldReportのライターあるスティーブンV.法案を通過した話を語る[255]キャンペーン中、ケンプは共和党の指導者たちが心をこめてチケットの後ろに立っていなかったという意見を表明した。[256]少数派の問題に関するケンプの声にもかかわらず、黒人の約30%が学校の祈り学校のバウチャー刑事司法などの問題について保守的であると示したコリン・パウエルの支持と投票にもかかわらず、共和党はアフリカ系アメリカ人の有権者。[257]

アル・ゴアとケンプの両方が大統領の願望を持っていたため、より高い次元での議論の追求が引き起こされました。[258]さらに、ゴアとケンプは、ゴアと彼の前の副大統領の反対者であるダン・クエールとは異なり、長年の友人であったしたがって、討論者として、彼らは個人的な攻撃を避けました。[259]しかし、ケンプが実質的な攻撃に対抗できなかったと感じる人もいた。[260] 1996年10月9日の最後のアル・ゴアに対する副大統領討論会(全国世論調査でドール・ケンプのチケットがひどく引きずられたために開催された)で、ケンプは激しく殴打され[261] [262]、アル・ゴアのパフォーマンスは1つと見なされる最高の現代の討論パフォーマンスの。[263]討論のトピックは、中絶や外交政策などの通常のものから、ボルチモア・オリオールズ二塁手であるロベルト・アロマーが審判に呪いをかけ、吐き出した当時の野球のプレーオフに先立つ事件などの珍しいものまで多岐にわたりました[264] [265]メキシコの政策論争は、批判的なレビューにとってより興味深いトピックの1つでした。[266]ケンプは以前の遭遇でゴアに勝っていたので、ゴアの勝利は驚きではなかった[94]そしてゴアは経験豊富で自慢の討論者としての評判を持っていた。[267]

後期のキャリア

1993年、ケンプ、ベネット、カークパトリック、そして財政支援者のセオドア・フォルストマンは、自由市場 擁護団体 EmpowerAmerica共同設立し[89] [268]、後に市民と合併して自由経済を形成しましたエンパワーアメリカは党のポピュリストの翼を代表しました:中絶や同性愛者の権利などの分裂的な問題を避けながら、それは予算の均衡と赤字の削減よりも自由市場と成長を促進しました。[269] [270]連邦捜査局(FBI)がサミル・ヴィンセントとの関係について質問した後、彼は2005年3月にフリーダムワークスの共同議長を辞任した。バージニア州北部の石油トレーダーは、サダム・フセインのイラク政府未登録ロビイストとして不法に行動したことを含む、4つの刑事告発に対して有罪を認めた国連の石油食料交換プログラムに関与しました[271]ケンプについての証言は、裁判で目立つようになった。[272]また、FBIの情報提供者であるリチャード・フィノは、1996年の選挙のわずか数週間前にケンプをジェームズ・コセンティーノと結びつけた。[273]

1996年までに、ケンプは6つの企業取締役会の取締役に任命されました。彼は、ホークコーポレーション、IDTコーポレーション、CNLホテルズアンドリゾーツ、インフォニックサイリックスコーポレーション、アメリカンバンカーズインシュアランスグループのディレクターを務めていました。[274] [275]ケンプは、1996年にCEOが友人のラリー・エリソン[276]であったオラクル・コーポレーションの取締役を一時的に務めたが、副社長に立候補したときに辞任した。彼は2005年12月にシックスフラッグス社の取締役会に指名された。 [277]ケンプは2006年にIDTの取締役会に再選されることを支持しないことを選択した。[278]彼はまた、Habitat forHumanityの取締役会[279]を務め、アトランタを拠点とするソフトウェアメーカーのEzGovInc。[280]の取締役も務めました。KempはElection.com [281]の取締役も務めました。インターネット上で世界初の選挙を実施した民間企業(アル・ゴアが勝利)、2000年のアリゾナ民主党の初等協会。ケンプはまた、エリートプライベートスキーおよびゴルフイエローストーンクラブのメンバーシップを促進するエドラおよびティムブリクセスとのビジネスパートナーでもありました。ケンプはまた、テレビ放送信号でアルカイダからの秘密のメッセージを検出すると不正に主張したソフトウェアの契約で2,000万ドルから連邦政府を「拘束」したとして調査された、失敗したテロ対策ソフトウェアベンチャーであるBlxwareでBlixsethsと提携しました。[282]ケンプは、クライアントがビジネスと公共政策の両方の目標を達成するのを支援する戦略的コンサルティング会社であるケンプパートナーズの創設者兼会長でした。

ケンプは、企業の取締役会に加えて、 UCLA公共政策諮問委​​員会、トヨタ多様性諮問委員会、ハワード大学評議員会などのいくつかの諮問委員会に参加し、1993年から務めています。[279 ] 2003年3月25日、ケンプは、 National Football League(NFL)とNFL PlayersAssociationによって設立されたアマチュアサッカーの全国的な擁護団体であるUSAFootballの理事会の議長に選ばれました組織は、ポップワーナーアメリカンユースフットボールボーイズアンドガールズクラブオブアメリカ国立レクリエーション公園協会警察運動連盟YMCA、およびアマチュア運動連合[9]彼はNFLチャリティーの副社長でもありました。

1990年代後半、ケンプは政治問題について率直に発言し続けました。彼は、クリントンの韓国に対する国際通貨基金の緩い政策に批判的でした。[283] 1998年初頭、彼は2000年アメリカ合衆国大統領選挙の真剣な候補だったが、彼の選挙運動の可能性は衰え[284]、代わりに彼は最終的な勝者であるジョージW.ブッシュを支持した。ケンプは、税制、社会保障、教育の改革を政治的に支持し続けました。[9] 1997年の財政黒字が債務返済に充てられたとき、ケンプは減税を支持して計画に反対した。[285]ジョン・アシュクロフトアラン・クルーガーとともに、彼は二重課税を排除するための給与税[286]ケンプは財政および経済政策に加えて、議会が無傷の拡張と摘出を禁止する法案を検討しているときに中絶に反対することを提唱した[287]彼はまた、心血管スクリーニング、生活支援、障害者手当、2007年の関節置換プログラムなどの問題について、引退したNFL退役軍人を擁護した。[288]彼は移民法の改革を支持すると主張した。[289] 1990年代後半、ケンプはアフリカの自由市場改革の支持者でもあり、アフリカ大陸は経済成長の可能性が非常に高いと主張した。独裁的国家主義的な政府の政策。[290]

1997年、ギングリッチがハウス倫理論争に巻き込まれたとき、ケンプは共和党の指導者を救うためにドールとギングリッチの間の仲介役を務めました。[291]その後、2002年にロットがストロム・サーモンドについて苛性の発言をしたとき、ケンプは動揺し、ロットの謝罪を支持し、「すべての症状の分離を拒否する」ように勧めたと述べた。[292]ケンプは、中央情報局の情報の公開に関する事件で偽証罪司法妨害の罪で起訴されたとき、2005年にスクーターリビーの弁護のために資金を調達することを約束した著名な指導者の一人でした[293]

2004年6月、ケンプは、「パットブキャナン共和党員として」実行するというロビンソンの選択を引用して、移民法に関するヴァーノンロビンソンの見解を理由に、議会に対するヴァーノンロビンソンの支持を撤回しました。[294] [295]

2006年、ケンプは2004年の副大統領候補であるジョン・エドワーズとともに、ロシアの外交問題評議会タスクフォースの共同議長を務め[296]、「ロシアの間違った方向性:米国ができることとすべきこと」と呼ばれる文書を作成した。[297]タスクフォースの役割が終了した後、ペアはさまざまなフォーラムでアメリカの貧困に対する解決策を提唱した。[298]

2008年1月6日、ケンプはニューハンプシャー州予備選挙の直前の2008年共和党予備選挙でマケインを支持しました。これは保守的な共和党予備選挙を驚かせました。[299]しかし、マケインが公式の指名に近づくにつれて、マスコミはマケインをケンプとますます関連付けた。[300]ケンプは、ショーン・ハニティーラッシュ・リンボーローラ・イングラム、その他の保守的なトークショーの主催者に、マケインに代わって彼らの不満を鎮めるための公開書簡を作成した。[301] [302] [303]さらに、ケンプとフィル・グラムはマケインに経済政策について助言した。[304]

彼はシンジケート新聞のコラムニストでした。[305]

2008年2月、ケンプは下院で失敗した電子監視法案を提唱していた「民主主義防衛財団」と呼ばれるグループに所属していました。グループのテレビ広告は、シューマーやドナ・ブラジルを含むその顧問の何人かが辞任するほどの論争を引き起こしました。[306]

彼は共産主義犠牲者記念財団の諮問委員会のメンバーであり[307] 、エイブラハムリンカーン生誕200周年記念委員会内閣の共同議長を務めました。[308]

彼は、プロフットボール殿堂入りのディフェンシブバックであるロニー・ロットにちなんで名付けられたLott IMPACT Trophyの役員であり、毎年、カレッジフットボールのディフェンシブIMPACTプレーヤーオブザイヤーに授与されています。[309]

病気と死

2007年のケンプ

2009年1月7日、ケンプの事務所は彼が癌にかかったことを発表した声明を発表しました。がんの種類と予想される治療法は発表されていません。彼の診断予後は決して公表されませんでした。しかし、彼はワシントンに本拠を置くケンプパートナーズのコンサルティング会社の会長を務め続け、死ぬまで慈善活動や政治活動に関与し続けました。[310] [311]

2009年5月2日、ケンプはメリーランド州ベセスダ自宅で73歳で癌で亡くなりました。ケンプは「レーガン革命への多大な貢献と、公務員としての長く卓越したキャリアの中での保守的な原則への確固たる献身により、記憶に残るだろう」と語った。[313]

遺産

ケンプは2006年にナショナルプレスクラブで講演します。

ケンプの遺産には、1980年代のケンプロス減税が含まれます。これは、2つの「レーガン減税」の最初のものとしても知られています。これらは、レーガノミクスとして知られるサプライサイド経済学の基盤として機能しました多くの共和党員は、減税が経済成長を促進し、赤字を減らすことができるというこのラッファー曲線の見解を支持しています。ジョージHWブッシュはこの哲学をブードゥー経済学と呼んだが、ジョージW.ブッシュと彼の財務長官であるジョンW.スノーは信者だった。[314]ケンプは、ジョージ・ウォレスウィリアム・ジェニングス・ブライアンと並んで記憶されています。敗北にもかかわらず大統領選挙の方向を変えることによって歴史に影響を与えたことに対して。[315]

21世紀初頭、ケンプはレーガンとともに、供給側の減税の実施に最も責任のある政治家として、そしてスティーブ・フォーブスとともに、政治思想の市場での彼らの継続的な地位に最も責任のある政治家として考えられ続けました。[316]彼は経済的保守主義の標識であり、彼の都市の議題の英雄であると言われている。[317] [318]今日でも、彼は、自由市場と低税が政府の官僚機構よりもうまく機能すると信じている財政保守主義者の英雄として説明され続けています。[106] [301]ケンプは、社会的に保守的であるが避けている進歩的な保守主義者のリーダーと見なされていた保護貿易主義の財政および貿易政策。[319]

ロスに加えて、彼には多くの政党連合がありました。時々、彼は規制緩和と減税についてギングリッチとロットと協力し[5] [320]減税と支出制限についてマケインとフィル・グラムと協力し[321]ジョセフ・リーバーマン法制化してキャンペーンを行い[322]そして戦ったジェームズ・ピンカートンとの貧困[96] ピート・デュ・ポンは進歩的保守主義の同盟国でした。[319]議会を引退し、内閣に仕えた後、ケンプはギングリッチ、ロット、ウェーバー、マックの近くに留まった。[8] [200] [323]ケンプは、マーティンルーサーキングジュニアデー国民の祝日として宣伝する連邦委員会のメンバーでした[243]進歩的な有権者として、彼にはベンジャミン・フックスアンドリュー・ヤングコレッタ・スコット・キングなどの公民権指導者と、グレン・C・ロウリーやロバート・L・ウッドソンなどの保守的な黒人知識人が支持者や友人としていた。[108]彼は、ウィリアムH.グレイIIIチャールズB.ランゲルロバートガルシアなどの民主党の友人がいることを自慢していた。[7]ケン・ブラックウェルはケンプの下で国務副長官だった。 [324]レーガン大統領時代、ケンプが減税を実施することができたとき、米国上院の減税の主要な支持者は、元バスケットボールのスターであった民主党のビル・ブラッドリーだった。[325]スティーブ・ラージェント [326] JCワッツ [327]ヒース・シュラーなど、数人のアメリカンフットボール選手がケンプを追って議会に出席した。[328]

ポール・ライアン下院議員はケンプをメンターとして引用し、2012年の共和党副大統領候補としての彼の受諾演説で彼に言及した。 [329]

アーレン・スペクター上院議員は、ケンプが癌で亡くなった翌日、連邦政府が癌研究に資金を提供するより良い仕事をしていれば、ケンプはまだ生きているだろうと述べた。[330]

ケンプの死後、息子のジミーケンプは、父親の遺産を継続するためにジャックケンプ財団を設立しました。[331] 501(c)(3)慈善団体である財団の使命は、「アメリカのアイデアを擁護する優れたリーダーを育成し、関与させ、認めること」です。財団はワシントンDCにあり、成長、自由、民主主義、希望というアメリカの思想の普遍的な価値観を推進することに尽力しています。[332]

オクシデンタル大学のサッカースタジアムは彼にちなんで名付けられました。[333]

選挙の歴史

ケンプは国会議員として重要な法律を執筆することに加えて、いくつかの本を執筆または共同執筆しました。

ケンプはまた、いくつかの本に序文を書いた:

  • Reaganomics:Supply Side Economics in ActionISBN 0-87000-505-7、Westport、Conn。:Arlington House、1981)by Bruce R Bartlett with Arthur Laffer 
  • ラウル・ワレンバーグ:ハーベイ・ローゼンフェルドによる救助の天使( ISBN 0879751770、プロメテウス・ブックス、1982年) 
  • 今年のベストエディトリアル漫画:1986年版チャールズブルックス(編)(ISBN 9780882896052、Pelican Publishing Company、Incorporated、1986) 
  • リーダーシップはハーマンケインによる常識です( ISBN 9781930819023、Tapestry Press、2001) 
  • Whole World's Watching:マーティン・ターナーとブライアン・オコンネルによる経済の脱炭素化と世界の救済(ISBN 9780471499817、Wiley、John&Sons、Incorporated、2001) 

論文

も参照してください

説明の脚注

  1. ^ 1960年のオールスターゲームはありませんでした。

引用

  1. ^ 「大統領自由勲章の受賞者に名前を付ける」 2009年12月15日、ホワイトハウス報道官室のウェイバックマシンで、2009年7月30日にアーカイブ
  2. ^ カリフォルニア州によると。カリフォルニア出生指数、1905年から1995年カリフォルニア州サクラメントのカリフォルニア州保健サービス局の健康統計センター。http://www.familytreelegends.com/records/39461で検索可能
  3. ^ a b c d e f g h Payton、Melissa(1997年5月5日)。「第114回卒業式のスピーチおよび名誉学位取得者の法学博士、HonorisCausa」USCニュース南カリフォルニア大学2011年5月25日にオリジナルからアーカイブされました2008年4月1日取得
  4. ^ a b c d e f g h i j k l Dowd、Maureen(1987年6月28日)。「ジャック・ケンプさんは正しいですか?」ニューヨークタイムズ2008年3月8日取得
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Rosenbaum、David E.(1996年8月11日)。「アイデアへの情熱:ジャック・フレンチ・ケンプ」ニューヨークタイムズ2008年3月2日取得
  6. ^ ショーガン、ロバート(1987年4月7日)。「ケンプは'88レースに参加し、強力な防御を促します」ロサンゼルスタイムズ2009年5月3日取得
  7. ^ a b c d e May、Clifford D.(1988年12月20日)。「ニュースの男;心のある理論家;ジャック・フレンチ・ケンプ」ニューヨークタイムズ2008年3月15日取得
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m Stengel、Richard(1996年8月19日)。「ジャック・ビー・ニンブル」時間2010年10月29日にオリジナルからアーカイブされました2008年3月2日取得
  9. ^ a b c de 「USAフットボールの議長を務めるジャック ケンプ Green Bay Packers、Inc . 2005年11月10日のオリジナルからアーカイブ2008年2月23日取得
  10. ^ ムーア、ジム(2008年1月19日)。「Go2Guy:フランクリンをテストするLA現象」SeattlePI.comシアトルポストインテリジェンサー2008年4月1日取得
  11. ^ 「フェアファックスの事実」公共放送サービス。2006年8月30日にオリジナルからアーカイブされました2008年4月1日取得
  12. ^ 「米国の副大統領:ジャックケンプ、共和党」アラスカ選挙部門。1996年。 2008年6月2日のオリジナルからアーカイブ2008年5月1日取得
  13. ^ 「SCIACについて」南カリフォルニア大学間運動会議2008年3月31日取得
  14. ^ a b c d e f g h i j k Martinez、Michael(1996年9月8日)。「ケンプの成功はオキシで始まった」ロサンゼルスデイリーニュースFarlex、Inc 2008年3月31日取得
  15. ^ 「ジャックケンプ」ボルティモアサン2009年5月4日取得
  16. ^ 「OccidentalPlayers / Alumni-Pro-Football-Reference.com」Pro-Football-Reference.com
  17. ^ サム・ファーマー、「フットボールのアンパイアは火の線にある」、ロサンゼルスタイムズ、2008年11月11日、2008年12月8日改訂
  18. ^ バージニア州ゴンザレス(1996年8月11日)。「ケンプの妻は役割の準備をしている、ママは言う」ロサンゼルスデイリーニュースFarlex、Inc 2008年3月31日取得
  19. ^ 「オールタイムプレーヤー:ジェフケンプ」NFL EnterprisesLLC 2008年3月31日取得
  20. ^ ブリューワー、ジェリー(2009年6月21日)。「大切にする時間」。シアトルタイムズpp。33、36。
  21. ^ 「ジャックケンプの伝記」pbs.orgMacNeil / LehrerProductions。2007年12月27日にオリジナルからアーカイブされました2008年2月24日取得
  22. ^ a b https://profiles.nlm.nih.gov/ps/retrieve/Narrative/QQ/p-nid/84 C. Everett Koop Papers
  23. ^ シェーファー、フランク。神に夢中:私がエレクトの一人として成長し、宗教右派を見つけるのを助け、そのすべて(またはほとんどすべて)を取り戻すために生きた方法Carrol&Graf Publishers、2007年、284〜285ページ。
  24. ^ a b 「彼自身の言葉で:ジャックケンプと問題」ニューヨークタイムズ1996年8月11日2008年3月8日取得
  25. ^ ファーンズワース、エリザベス(1996年8月15日)。「セカンドレディホープフル」MacNeil / LehrerProductions。2008年6月13日にオリジナルからアーカイブされました2008年9月3日取得
  26. ^ 「確かに、彼はむしろ大統領になりたいが、保守的なジャック・ケンプはハッドにふさわしい人物かもしれない」PEOPLE.com
  27. ^ ローゼンバウム、デビッドE.(1996年8月11日)。「アイデアへの情熱:ジャック・フレンチ・ケンプ」ニューヨークタイムズ
  28. ^ 部族、Ivan M。、「Gerald R. Ford Jr。:最新のフリーメーソン大統領」 2016年3月3日、 Wayback Machine The Scottish Rite Journal of Freemasonry、Southern Jurisdiction、2003年9月
  29. ^ Hodapp、Christopher L。、「Brother Jack Kemp、33°RIP」、2009年5月4日月曜日
  30. ^ a b c d e f g h i Schultz、Randy(2003)。バッファロービルズの伝説スポーツパブリッシングLLC。ISBN 1-58261-687-6
  31. ^ 「史上最高のゲーム」プロフットボール殿堂2008年12月26日取得
  32. ^ Mosse、David(2007年2月1日)。「コルツジャイアンツの試合がそれほど古典的ではなかったとしたら?」ESPNインターネットベンチャーズ2008年12月26日取得
  33. ^ Kemp, Jack (January 27, 2001). "A Giant in '58". The New York Times. Retrieved March 6, 2008.
  34. ^ Gruver, p. 44.
  35. ^ Gruver, p. 55.
  36. ^ a b c d Rosenthal, Harold (compiled by the Elias Sports Bureau), ed. (1970). Official History American Football League – 1960–1969. The Sporting News. pp. 68–69.
  37. ^ "1960 AFL Leaders and Leaderboards". Pro-Football-Reference.com. Sports Reference, LLC. Retrieved March 31, 2008.
  38. ^ Gruver, p. 56.
  39. ^ Gruver, pp. 58–59.
  40. ^ Gruver, p. 61.
  41. ^ a b Gruver, p. 71.
  42. ^ "1961 AFL Leaders and Leaderboards". Pro-Football-Reference.com. Sports Reference, LLC. Retrieved March 31, 2008.
  43. ^ Gruver, p. 266.
  44. ^ a b Frantz, Douglas (August 18, 1996). "Army Allowed Kemp to Skip Army Call-Up For an Injury". The New York Times. Retrieved March 3, 2008.
  45. ^ Gruver, pp. 82–83.
  46. ^ a b c d e Maiorana (1994), p. 86.
  47. ^ Gruver, p. 83.
  48. ^ Gruver, Ed (1997). The American Football League: A Year-by-Year History, 1960–1969. McFarland & Company, Inc., Publishers.
  49. ^ Maiorana (1994), p. 93–94.
  50. ^ Maiorana (1994), p. 104.
  51. ^ "1963 AFL Leaders and Leaderboards". Pro-Football-Reference.com. Sports Reference, LLC. Retrieved March 31, 2008.
  52. ^ Gruver, p. 115.
  53. ^ "Any Time, Any Place". Time. November 6, 1964. Archived from the original on January 27, 2010. Retrieved March 21, 2008.
  54. ^ Reeves, Jeremy (September 9, 2011). "Aaron Rodgers got off to sizzling start for Green Bay Packers". The Times-Picayune. Nola.com. Retrieved September 11, 2011.
  55. ^ "NFL: Super Start for Green Bay". Sport360.com. September 10, 2011. Archived from the original on March 28, 2012. Retrieved September 11, 2011.
  56. ^ a b "1964 AFL Leaders and Leaderboards". Pro-Football-Reference.com. Sports Reference, LLC. Retrieved March 31, 2008.
  57. ^ Maiorana (1994), p. 116.
  58. ^ Maiorana (1994), p. 125.
  59. ^ "1965 AFL Leaders and Leaderboards". Pro-Football-Reference.com. Sports Reference, LLC. Retrieved March 31, 2008.
  60. ^ "The Game Nobody Saw". Time. January 7, 1966. Archived from the original on June 23, 2008. Retrieved March 21, 2008.
  61. ^ "1965 Buffalo Bills". Pro-Football-Reference.com. Sports Reference, LLC. Retrieved March 31, 2008.
  62. ^ Maiorana (1994), p. 126.
  63. ^ Gruver, p. 151.
  64. ^ Maiorana (1994), p. 127.
  65. ^ Maiorana (1994), pp. 136–37.
  66. ^ a b c "Jack Kemp". Pro-Football-Reference.com. Sports Reference, LLC. Retrieved March 31, 2008.
  67. ^ Maiorana (1994), p. 147.
  68. ^ Maiorana (1994), p. 148.
  69. ^ Maiorana (1994), p. 157.
  70. ^ Maiorana (1994), pp. 158–66.
  71. ^ Maiorana (2000), p. 174.
  72. ^ Gaughan, Mark (July 16, 2012). "Jack Kemp records you may not know". The Buffalo News. Archived from the original on May 11, 2013. Note that this source lists Young with 43 rushing touchdowns; it does not include the nine accrued during Young's time in the USFL.
  73. ^ Garcia, Guy D. (December 3, 1984). "untitled". Time. Archived from the original on October 29, 2010. Retrieved March 21, 2008.
  74. ^ "Hall of Very Good Class of 2012". Archived from the original on September 13, 2016. Retrieved November 21, 2016.
  75. ^ "Individual Records: Passing". NFL Record & Fact Book. NFL Enterprises LLC. Archived from the original on May 13, 2008. Retrieved February 23, 2008.
  76. ^ "Individual Records: Fumbles". NFL Record & Fact Book. NFL Enterprises LLC. Archived from the original on November 5, 2018. Retrieved February 23, 2008.
  77. ^ "Q&A With Jack Kemp". NFL Players. October 23, 2008. Retrieved November 5, 2008.
  78. ^ "Theodore Roosevelt Award (NCAA)". AwardsAndHonors.com. Archived from the original on July 7, 2011. Retrieved May 7, 2009.
  79. ^ "NCAA Theodore Roosevelt Award Recipients". NCAA. Archived from the original on January 8, 2010. Retrieved May 7, 2009.
  80. ^ "The NCAA News: Teddy winner Jack Kemp dies at age 73". NCAA. May 4, 2009. Retrieved May 7, 2009.[dead link]
  81. ^ Berkow, Ira (August 11, 1996). "A Quarterback Who Doesn't Like Warming the Bench". The New York Times. Retrieved April 1, 2008.
  82. ^ a b c d e f Stanley, Alessandra (April 13, 1987). "Campaign Portrait". Time. Archived from the original on December 7, 2008. Retrieved March 17, 2008.
  83. ^ Waldman, Steven (November 30, 1997). "Sweating to the Oldies: Toiling together will do as much for race relations as talking together". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 13, 2008.
  84. ^ May, Clifford D. (December 20, 1988). "Man in the News; Theorist With a Heart; Jack French Kemp". The New York Times. Retrieved April 8, 2009.
  85. ^ a b Thomas, Evan (September 3, 1984). "Struggling for a Party's Soul". Time. Archived from the original on October 29, 2010. Retrieved March 19, 2008.
  86. ^ a b Sidey, Hugh (May 29, 1978). "Roses with a Touch of Ragweed". Time. Archived from the original on October 14, 2010. Retrieved March 21, 2008.
  87. ^ Greider, William (December 1981). "The Education of David Stockman". Atlantic Monthly. The Atlantic.com. Retrieved April 15, 2008.
  88. ^ "Newcomers in the House". Time. November 16, 1970. Archived from the original on October 23, 2012. Retrieved March 21, 2008.
  89. ^ a b c "Jack Kemp". kemppartners.com. Archived from the original on May 13, 2008. Retrieved February 24, 2008.
  90. ^ a b "The New 12 Steps to Recovery". Time. January 17, 1996. Archived from the original on November 6, 2010. Retrieved March 4, 2008.
  91. ^ May, Clifford (September 9, 1987). "Kemp, in Honduras, Assails Latin Peace Plan". The New York Times. Retrieved January 10, 2009.
  92. ^ "Babbitt: Think Small". Time. August 26, 1996. Archived from the original on February 14, 2004. Retrieved March 1, 2008.
  93. ^ a b Trillin, Calvin (November 18, 1996). "The Endless Campaign". Time. Archived from the original on April 8, 2008. Retrieved March 1, 2008.
  94. ^ a b Kramer, Michael (September 23, 1996). "Campaign 2000". Time. Archived from the original on December 1, 2008. Retrieved March 1, 2008.
  95. ^ a b Kramer, Michael (August 19, 1996). "In From the Cold". Time. Archived from the original on December 1, 2008. Retrieved March 2, 2008.
  96. ^ a b c d e f g h i Deparle, Jason (February 28, 1993). "How Jack Kemp Lost the War on Poverty". The New York Times. Retrieved March 2, 2008.
  97. ^ Gergen, David (September 1, 1996). "A Bridge to Nowhere". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  98. ^ Borger, Gloria; Michael Barone (August 18, 1996). "'Born for the Job': The Kemp interview". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  99. ^ Collins, James (December 5, 1994). "Where Are They Now?". Time. Archived from the original on March 6, 2008. Retrieved March 4, 2008.
  100. ^ "Where Did He Get Those Figures?". Time. April 14, 1980. Archived from the original on November 25, 2010. Retrieved March 21, 2008.
  101. ^ "Final Payments". Time. December 22, 1980. Archived from the original on December 9, 2007. Retrieved March 21, 2008.
  102. ^ Church, George J. (December 22, 1980). "Eight for the Cabinet". Time. Archived from the original on December 9, 2007. Retrieved March 21, 2008.
  103. ^ Byron, Christopher (December 29, 1980). "Outlook '81: Recession". Time. Archived from the original on November 20, 2009. Retrieved March 22, 2008.
  104. ^ a b Church, George J. (September 22, 1980). "Conservative Conservatism". Time. Archived from the original on November 25, 2010. Retrieved March 21, 2008.
  105. ^ Lowenstein, Roger (September 23, 2007). "Deep Voodoo". The New York Times. Retrieved March 1, 2008.
  106. ^ a b Barone, Michael (December 1, 1996). "Divided Against Itself: The Republican Party: Can its five factions ever find happiness again?". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  107. ^ Egan, Jack (October 17, 1999). "Supply-Side Godfather: The influential and controversial Robert Mundell wins the Nobel in economics". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 13, 2008.
  108. ^ a b c Traub, James (May 9, 1989). "Jack Kemp Faces Reality". The New York Times. Retrieved March 8, 2008.
  109. ^ Isaacson, Walter (June 1, 1981). "A Less Than Perfect "10–10–10"". Time. Archived from the original on January 16, 2005. Retrieved March 22, 2008.
  110. ^ Wallis, Claudia (May 25, 1981). "Act II, Scene 1, Form 1040". Time. Archived from the original on April 8, 2008. Retrieved March 22, 2008.
  111. ^ Rauch, Jonathan (February 1989). "Is the Deficit Really So Bad?". Atlantic Monthly. The Atlantic.com. Archived from the original on August 16, 2004. Retrieved April 15, 2008.
  112. ^ Schneider, William (January 1987). "The New Shape of American Politics". Atlantic Monthly. The Atlantic.com. Archived from the original on May 9, 2008. Retrieved April 15, 2008.
  113. ^ Mitchell, Daniel J. (July 19, 1996). "The Historical Lessons of Lower Tax Rates". The Heritage Foundation. Retrieved April 4, 2008.
  114. ^ a b Rowe, Jonathan (October 13, 1996). "Major Growing Pains: The economy's rosy, but people aren't. So what's going on here?". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  115. ^ Pethokoukis, James (December 21, 2007). "A Chat With Jack Kemp". U.S. News & World Report. Archived from the original on March 2, 2008. Retrieved April 13, 2008.
  116. ^ "Budget Battle". Time. May 21, 1979. Archived from the original on October 22, 2010. Retrieved March 21, 2008.
  117. ^ "Free Enterprise Oases". Time. July 14, 1980. Archived from the original on April 12, 2008. Retrieved March 21, 2008.
  118. ^ Andersen, Kurt (August 16, 1982). "Thunder on the Right". Time. Archived from the original on October 15, 2010. Retrieved March 21, 2008.
  119. ^ Isaacson, Walter (August 30, 1982). "Scoring on a Reverse". Time. Archived from the original on October 15, 2010. Retrieved March 21, 2008.
  120. ^ Greenwald, John (July 25, 1983). "Paul Volcker Superstar". Time. Archived from the original on October 23, 2007. Retrieved March 21, 2008.
  121. ^ "Short of Cash". Time. August 8, 1983. Archived from the original on December 22, 2008. Retrieved March 21, 2008.
  122. ^ Kemp, Jack, An American Idea: Ending Limits to Growth, Goodrich, 1985
  123. ^ Tifft, Susan (August 20, 1984). "Coronation in Prime Time". Time. Archived from the original on May 10, 2009. Retrieved March 21, 2008.
  124. ^ "Rallying Round a Comma Cause". Time. August 27, 1984. Archived from the original on May 10, 2009. Retrieved March 21, 2008.
  125. ^ Doemer, William (August 27, 1984). "Party Time in Dallas". Time. Archived from the original on October 29, 2010. Retrieved March 21, 2008.
  126. ^ Kelly, James (July 15, 1985). "Already Jockeying for Position". Time. Archived from the original on October 29, 2010. Retrieved March 19, 2008.
  127. ^ "In Their Own Words; Excerpts From the Remarks By Housing Secretary Kemp". The New York Times. August 19, 1992. Retrieved March 15, 2008.
  128. ^ Scardino, Albert; Alan Finder (November 3, 1985). "The Region; Jack Kemp's War Chest Grows". The New York Times. Retrieved March 8, 2008.
  129. ^ Prabhakar, Rahul (September 5, 2006). "Jack Kemp, Ten Years Later". Harvard Political Review. Archived from the original on October 17, 2007. Retrieved March 27, 2008.
  130. ^ a b Waters, David (July 12, 2006). "Jack Kemp is wrong; soccer is very democratic". Scripps Howard News Service. Archived from the original on October 18, 2006. Retrieved March 27, 2008.
  131. ^ a b Gross, Daniel (June 30, 2004). "The Capitalism of Soccer". Slate. Washington Post. Newsweek Interactive Co. LLC. Retrieved March 27, 2008.
  132. ^ a b c Kemp, Jack (June 19, 2006). "What I really think about soccer". Townhall.com. Salem Web Network. Archived from the original on October 11, 2008. Retrieved February 24, 2008.
  133. ^ Demott, John S. (March 9, 1987). "The High Jumper from St. Louis Missouri". Time. Archived from the original on April 8, 2008. Retrieved March 17, 2008.
  134. ^ "American Notes". Time. December 15, 1986. Archived from the original on December 21, 2008. Retrieved March 17, 2008.
  135. ^ a b "Iranscam's". Time. January 19, 1987. Archived from the original on October 22, 2010. Retrieved March 17, 2008.
  136. ^ Barrett, Laurence I. (January 19, 1987). "Rushing to An Early Kickoff". Time. Archived from the original on October 22, 2010. Retrieved March 17, 2008.
  137. ^ Schneider, William (July 1987). "The Republicans in '88". Atlantic Monthly. Atlantic Online. pp. 58–82. Archived from the original on August 12, 2004. Retrieved April 15, 2008.
  138. ^ Schneider, William (April 1987). "The Democrats in '88". Atlantic Monthly. Atlantic Online. Archived from the original on August 4, 2004. Retrieved April 15, 2008.
  139. ^ Clift, Eleanor (June 4, 1990). "The Right's War on Poverty: Conservatives Offer New Solutions To Old Problems". Newsweek. Retrieved April 15, 2008.
  140. ^ Zuckerman, Laurence (June 22, 1987). "Full Disclosure, Semi-Outrage". Time. Archived from the original on October 22, 2010. Retrieved March 17, 2008.
  141. ^ Barrett, Laurence I. (May 25, 1987). "Sounds of the Righteous Brothers". Time. Archived from the original on December 17, 2007. Retrieved March 17, 2008.
  142. ^ Barrett, Laurence I. (July 20, 1987). "But Mike's Raking in Money". Time. Archived from the original on April 8, 2008. Retrieved March 16, 2008.
  143. ^ Barrett, Laurence I. (March 2, 1987). "Tacking Further to the Right". Time. Archived from the original on March 8, 2008. Retrieved March 17, 2008.
  144. ^ May, Clifford (September 9, 1987). "Kemp, in Honduras, Assails Latin Peace Plan". The New York Times. Retrieved October 11, 2011.
  145. ^ Shapiro, Walter (August 8, 1988). "Yes, There Are Issues". Time. Archived from the original on December 3, 2008. Retrieved March 11, 2008.
  146. ^ Shapiro, Walter (September 14, 1987). "The Unreal Campaign". Time. Archived from the original on October 23, 2010. Retrieved March 14, 2008.
  147. ^ Griffith, Thomas (December 14, 1987). "An Offer They Can Refuse". Time. Archived from the original on May 10, 2009. Retrieved March 14, 2008.
  148. ^ Shapiro, Walter (November 9, 1987). "Yapping From The Right". Time. Archived from the original on February 20, 2008. Retrieved March 14, 2008.
  149. ^ May, Clifford D. (February 16, 1988). "Three Candidates in 2 Parties Bracing for the Battle of Their Political Lives; Jack F. Kemp: The Congressman Has to Finish Third to Remain Credible". The New York Times. Retrieved March 15, 2008.
  150. ^ Stanley, Alessandra (August 8, 1988). "Campaign Journal". Time. Archived from the original on December 3, 2008. Retrieved March 11, 2008.
  151. ^ Bruni, Frank (September 3, 1996). "Kemp Tries to Rein in His Words". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  152. ^ Lamar, Jacob V. (August 8, 1988). "The Great G.O.P. Veepstakes Scoreboard". Time. Archived from the original on September 30, 2007. Retrieved March 11, 2008.
  153. ^ Firestone, David (August 13, 1996). "Of Knishes, Soulfulness and Kemp". The New York Times. Retrieved March 3, 2008.
  154. ^ "Kemp Agrees to Pay Campaign Penalties". The New York Times. June 22, 1994. Retrieved March 8, 2008.
  155. ^ Lamar, Jacob V. (December 26, 1988). "A Clean Bill of Health". Time. Archived from the original on May 14, 2008. Retrieved March 10, 2008.
  156. ^ "New Supply Side for Jack Kemp". The New York Times. December 21, 1988. Retrieved March 10, 2008.
  157. ^ a b Holmes, Steven A. (August 20, 1996). "Kemp's Legacy as Housing Secretary: One of Ideas, Not Accomplishments". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  158. ^ Kramer, Michael (May 11, 1992). "The Political Interest". Time. Archived from the original on March 9, 2008. Retrieved March 5, 2008.
  159. ^ Magnuson, Ed (July 24, 1989). "Jack Be Nimble, Jack Be Quick". Time. Archived from the original on July 11, 2009. Retrieved March 6, 2008.
  160. ^ "Business Notes Mortgage Insurance". Time. June 18, 1990. Archived from the original on December 15, 2008. Retrieved March 6, 2008.
  161. ^ "American Notes Housing". Time. May 22, 1989. Archived from the original on October 22, 2010. Retrieved March 10, 2008.
  162. ^ a b Prudhomme, Alex (May 1, 1989). "Evicting The Drug Dealers". Time. Archived from the original on May 25, 2007. Retrieved March 10, 2008.
  163. ^ Sidey, Hugh (January 23, 1989). "Back in the Bully Pulpit". Time. Archived from the original on October 22, 2010. Retrieved March 10, 2008.
  164. ^ Prudhomme, Alex (June 17, 1991). "Firearms: Chicago's Uphill Battle". Time. Archived from the original on November 22, 2010. Retrieved March 6, 2008.
  165. ^ Goodgame, Dan (May 18, 1992). "Bleeding-Heart Conservatives". Time. Archived from the original on November 21, 2007. Retrieved March 5, 2008.
  166. ^ "Smoldering Embers, Scared Politicians". Time. May 18, 1992. Archived from the original on November 21, 2007. Retrieved March 5, 2008.
  167. ^ "Decoding Bush". Newsweek. February 10, 1992. Archived from the original on May 20, 2011. Retrieved April 15, 2008.
  168. ^ Walsh, Kenneth T.; Joseph P. Shapiro (May 10, 1992). "'They Are Not Our Issues': White House maneuvers". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 15, 2008.
  169. ^ "Tough Love From The Dems: Looking For A New Way To Stress Family Values". Newsweek. December 23, 1991. Retrieved April 15, 2008.
  170. ^ Zuckerman, Mortimer B. (May 17, 1992). "The New Realism". U.S. News & World Report. Archived from the original on January 12, 2012. Retrieved April 15, 2008.
  171. ^ Deparle, Jason (May 7, 1992). "After The Riots; As Los Angeles Smoke Lifts, Bush Can See Kemp Clearly". The New York Times. Retrieved March 8, 2008.
  172. ^ Fineman, Howard (May 18, 1992). "Filling The Political Void". Newsweek. Retrieved April 15, 2008.
  173. ^ Fenyvesi, Charles (May 3, 1992). "Kemp Followers; Don't Move; The Third Man; Sure Thing; Together Again; Blackballed: Kemp should have been sent on L.A. riot duty, friends say; Pero is almost certain to be in on fall presidential debates; Carl Sagan snubbed by prestigious science organization". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 15, 2008.
  174. ^ Alter, Jonathan (July 8, 1991). "Addicted To Perks: How America's Elites Rationalize Their Problem". Newsweek. Retrieved April 15, 2008.
  175. ^ Rainie, Harrison; Matthew Cooper; Joseph P. Shapiro; Scott Minerbrook; Paul Glastris; Jeannye Thornton; Dorian Friedman (May 10, 1992). "Requiem for the Cities?: A new fight over urban policy has begun. The key will be to focus on the right problems and to avoid overselling chances for success". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 15, 2008.
  176. ^ "Clinton . . . $3.5 Billion for Empowerment Zones". Time. December 21, 1994. Archived from the original on January 22, 2011. Retrieved March 4, 2008.
  177. ^ Maass, Peter (December 22, 1996). "20 Silver Bullets: 7. How to Make Housing Affordable: Let People Subdivide Their Homes". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  178. ^ Shapiro, Walter (July 6, 1992). "Spelling Out The Job Specs". Time. Archived from the original on August 12, 2010. Retrieved March 4, 2008.
  179. ^ Fenyvesi, Charles (July 12, 1992). "Waiting Game; Charmed By Perot; Under the Volcano; Sigh of Relief; One and the Same; Out of Time: Perot will name veep choice after GOP convention; Cheney says Pentagon still probing 109 POW sightings; Worst taste of the year: sending Ice-T's album in body bag". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 15, 2008.
  180. ^ Fenyvesi, Charles (October 11, 1992). "Darmanophobia; Travel Plans; In the Middle; Ego Tripped; Safe Deposit; Amazing Grace: Darman role in debate strategy angers GOP conservatives; Gates mission to Moscow mystifies Kremlin leadership; Storm over Norm: Does Schwarzkopf take too much credit?". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  181. ^ Fenyvesi, Charles (August 9, 1992). "Take a Memo; Home, Sweet Home; All's Not Lost; Lost Cause; Wrong Numbers: Kemp and allies to challenge Bush on economy at convention; Nixon to the president: There is still hope for your campaign; 'Pro-choice' Republicans give up fight over platform plank". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 15, 2008.
  182. ^ Morganthau, Tom; Ann McDaniel (August 3, 1992). "The Quayle Question". Newsweek. Retrieved April 15, 2008.
  183. ^ "Kemp Says Parts of Bush's Plan for the Economy Are Gimmicks". The New York Times. February 2, 1992. Retrieved April 15, 2008.
  184. ^ a b Dowd, Maureen (November 26, 1991). "Washington Memo; For Bush, the Kemp Thing Reappears". The New York Times. Retrieved April 15, 2008.
  185. ^ a b Zeman, Ned; Lucy Howard (November 25, 1991). "Does Kemp Want Out?". Newsweek. Retrieved April 15, 2008.
  186. ^ Will, George F. (December 16, 1991). "No Happy Warriors Here". Newsweek. Archived from the original on May 20, 2011. Retrieved April 15, 2008.
  187. ^ Ellis, David (November 5, 1990). "Who's Next Out the Door?". Time. Archived from the original on November 13, 2007. Retrieved March 6, 2008.
  188. ^ Shannon, Elaine (August 7, 1989). "A Loose Cannon's Parting Shot". Time. Archived from the original on October 22, 2010. Retrieved March 6, 2008.
  189. ^ Fenyvesi, Charles (August 16, 1992). "Ultimatum to Iraq; The Doctor Is Back; Moving On; Turnaround; Debating the Debates; Roger Redux: Saddam Hussein will be probable target of U.S. move in Iraq; Baker: The master of spin control is back at the old game; Ailes may rejoin the Bush campaign". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 7, 2009. Retrieved April 15, 2008.
  190. ^ Fritsch, Jane (September 6, 1996). "Kemp Earned $6.9 Million, Mostly as Speaker, Since '92". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  191. ^ Fenyvesi, Charles (January 30, 1994). "Back to Strength; Thinking the Unthinkable; Kemp Followers; The Wrong Fields; Past Prime Time; Backing Up Bill: Saddam Hussein's military is almost back to prewar potency; Rostenkowski could lose March 15 primary, insiders say; Clinton's speech insurance: Seven floppy disks, two paper copies". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  192. ^ Roberts, Steven V. (August 23, 1992). "The GOP: Four Years from Now". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 15, 2008.
  193. ^ Fenyvesi, Charles (July 11, 1993). "Refuge for Abdel Rahman?; Double Standard; Still No. 1; Second Thoughts; Getting the Jump; Clinton's Bush League: Shiek Abdel Rahman secretly offered asylum by Afghanistan; First lady to keep administration health reform portfolio; Clinton foreign policy getting Bush-like look". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  194. ^ Fenyvesi, Charles (May 2, 1993). "Surveying the Field; Picking Up Speed; Getting Out; Co-Portraits: As Clinton slips, Republicans savor prospects for 1996; Bosnians blame foreign Muslim volunteers for atrocities; Official presidential photo becomes double exposure". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  195. ^ Fenyvesi, Charles (November 1, 1992). "Early Line; Promises, Promises; On Its Way; The Real Hillary?; Poor Perot: Kemp rates as early favorite in '96 GOP sweepstakes; North Korea sends another Scud cargo to Iran, Syria; Perot's campaign: Is his $60 million ad blitz tax deductible?". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  196. ^ Stanglin, Douglas; Gordon Witkin; David Fischer; Gary Cohen; Kathryn Bushkin; Steven V. Roberts; Charles Fenyvesi; Tim Zimmermann (October 30, 1994). "Rising Specter?; Political Capital; Central Casting; Peace – At Last; Price War; FBI to Congress: Just Say No". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  197. ^ Fenyvesi, Charles (July 24, 1994). "Hot Footprints; How Washington Works; Snubbing Harvard; Kemp's Followers; Beating Bush; Taking Ames: Pentagon traces mystery plutonium to Russian atomic ministry; Democrats gave seed money to new group battling religious right; Jim Baker tops Bush in Texas fund-raising league". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  198. ^ "Kemp . . . Not Republican Enough". Time. January 30, 1995. Archived from the original on October 8, 2010. Retrieved March 4, 2008.
  199. ^ Kramer, Michael (February 13, 1995). "Eyes on the Prize". Time. Archived from the original on October 8, 2010. Retrieved March 4, 2008.
  200. ^ a b Borger, Gloria (January 22, 1995). "The Repository of Reagan Optimism". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  201. ^ Lewis, Neil A. (January 31, 1995). "Kemp Rejects Presidential Bid, Citing Dislike of Fund Raising". The New York Times. Retrieved March 8, 2008.
  202. ^ Gergen, David (February 25, 1996). "Republican Wreckage". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  203. ^ Birnbaum, Jeffrey H. (September 25, 1995). "Can He Stay on the Pedestal?". Time. Archived from the original on January 14, 2005. Retrieved March 4, 2008.
  204. ^ Hage, David; David Fischer (April 9, 1995). "Sweating the Details: The House passes tax cuts, but trimming deficits will be a tougher exercise". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  205. ^ "Back in the Pocket". Time. April 3, 1995. Archived from the original on October 8, 2010. Retrieved March 4, 2008.
  206. ^ "Quayle in Dole Country". Time. September 21, 1995. Archived from the original on October 8, 2010. Retrieved March 4, 2008.
  207. ^ a b Birnbaum, Jeffrey H. (January 8, 1996). "Secrets of the Kemp Commission". Time. Archived from the original on November 6, 2010. Retrieved March 4, 2008.
  208. ^ Dentzer, Susan (February 4, 1996). "Arrest Him, He Stole My Flat Tax!". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  209. ^ Marks, John; Michael Barone (January 21, 1996). "Unfriendly Fire on the Rising Star: As he climbs in the polls, Steve Forbes is accused of violating a cardinal rule of his trade". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  210. ^ "Who's the Flattest of Them All?". Time. January 16, 1996. Archived from the original on October 29, 2010. Retrieved March 4, 2008.
  211. ^ Berke, Richard L. (January 31, 1996). "Politics: The Endorsements;Hopefuls Go a-Courtin' And Kemp Is the Prize". The New York Times. Retrieved March 8, 2008.
  212. ^ "Politics;Kemp Keeps His Neutrality". The New York Times. February 1, 1996. Retrieved March 8, 2008.
  213. ^ "Kemp Backs Forbes". Time. March 6, 1996. Archived from the original on October 29, 2010. Retrieved March 4, 2008.
  214. ^ Marks, John (March 10, 1996). "What, Exactly, Does Forbes Want?". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  215. ^ Tollerson, Ernest (March 7, 1996). "Politics: Endorsement;Kemp Supports Forbes in Bid to Salvage Flat-Tax Plan as an Issue in the Campaign". The New York Times. Retrieved March 8, 2008.
  216. ^ Stanglin, Douglas; David Makovsky; David Fischer; Tim Zimmermann; Richard J. Newman; Jim Impoco; Ted Gest; Josh Chetwynd; Gary Cohen (July 7, 1996). "Can the Middle East Bank on Bibi?; The Name Game; Unkindest Cuts; Joining Forces; Speaking Out; Star Search". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  217. ^ Miles, Jack (April 1995). "The Coming Immigration Debate". Atlantic Monthly. The Atlantic.com. Archived from the original on August 12, 2004. Retrieved April 15, 2008.
  218. ^ Adams, Kathleen; et al. (October 31, 1994). "The Week October 16–22". Time. Archived from the original on February 4, 2013. Retrieved March 4, 2008.
  219. ^ Carlson, Margaret (October 31, 1994). "Public Eye Alienable Rights". Time. Archived from the original on January 22, 2011. Retrieved March 4, 2008.
  220. ^ Roberts, Steven V.; Kenneth T. Walsh; Dorian Friedman (November 6, 1994). "Revenge of the Centrists: As voters tire of partisan squabbles, moderates in both parties seek to lead from the middle". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  221. ^ Bowermaster, David (September 15, 1995). "Closing the Golden Door: The immigration battle". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  222. ^ "How about Never?". Time. July 9, 1996. Archived from the original on March 7, 2005. Retrieved March 4, 2008.
  223. ^ Barone, Michael (August 18, 1996). "A Conservatism of the Head". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  224. ^ Goodgame, Dan (September 16, 1996). "The Chairman of Virtue". Time. Archived from the original on October 30, 2010. Retrieved March 1, 2008.
  225. ^ Lacayo, Richard; Michael Duffy (August 19, 1996). "Punching Up The Ticket". Time. Archived from the original on October 17, 2007. Retrieved March 2, 2008.
  226. ^ a b Nagourney, Adam (August 16, 1996). "Kemp Gives Early Look at Strategy". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  227. ^ Ayers, B. Drummond Jr. (August 15, 1996). "In New Role, Kemp Fights With His Past Over Ideology". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  228. ^ "Gipper Junior on Deck?". Time. August 8, 1996. Archived from the original on February 3, 2011. Retrieved March 4, 2008.
  229. ^ Nagourney, Adam (August 11, 1996). "Kemp Will See Familiar Faces in the Dole Camp". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  230. ^ a b Borger, Gloria; Steven V. Roberts; Bruce B. Auster; Michael Barone; Kathryn Bushkin; Cornelia Carter; Jerelyn Eddings; Mel Elfin; David Fischer; Barbrara Ray; Kenneth T. Walsh; Warren Cohen (August 18, 1996). "Off to the Races: The GOP's long-distance runner isn't lonely any more. But can he catch Bill Clinton?". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  231. ^ Stevenson, Richard W. (August 11, 1996). "Kemp Fiscal Views Win Party's Heart". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  232. ^ "Bob Dole, Jack Kemp / Time Cover". Time Covers. August 19, 1996. Archived from the original on October 17, 2007. Retrieved February 24, 2008.
  233. ^ Issacson, Walter (August 19, 1996). "To Our Readers". Time. Archived from the original on December 1, 2008. Retrieved March 2, 2008.
  234. ^ a b Kolbert, Elizabeth (September 29, 1996). "Dole, in Choosing Kemp, Buried A Bitter Past Rooted in Doctrine". The New York Times. Retrieved March 2, 2008.
  235. ^ Gibbs, Nancy; Michael Duffy (August 26, 1996). "A Spoonful of Sugar Helps the Medicine Go Down". Time. Archived from the original on October 29, 2010. Retrieved March 2, 2008.
  236. ^ "The Jack Kemp Reverse". The New York Times. August 15, 1996. Retrieved March 2, 2008.
  237. ^ a b Roberts, Steven V.; Michael Barone; Gloria Borger; Cornelia Carter; Warren Cohen; Jerelyn Eddings; David Fischer; Linda Kulman; Kenneth T. Walsh (September 1, 1996). "Lookin' Good: Ahead in the polls, Clinton and Gore try building a bridge to re-election". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  238. ^ "On The Road Again". Time. August 16, 1996. Archived from the original on October 29, 2010. Retrieved March 2, 2008.
  239. ^ "Dole Tries To Pep Up Terrified Troops". Time. September 11, 1996. Archived from the original on October 30, 2010. Retrieved March 1, 2008.
  240. ^ a b c Nagourney, Adam (August 19, 1996). "Kemp Attacks Clinton's Abortion Veto". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  241. ^ Lacayo, Richard (November 18, 1996). "The Next Act". Time. Archived from the original on April 8, 2008. Retrieved March 1, 2008.
  242. ^ Dentzer, Susan (August 4, 1996). "Bob Dole in the Carnival of Tax Cuts". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  243. ^ a b Winerip, Michael (August 12, 1996). "Kemp Brings Sense of Relief And Hope for Ohio's G.O.P." The New York Times. Retrieved March 2, 2008.
  244. ^ "Dole, Kemp and the G.O.P." Time. September 9, 1996. Archived from the original on November 6, 2010. Retrieved March 2, 2008.
  245. ^ "The Odd Couple". Time. August 12, 1996. Archived from the original on October 29, 2010. Retrieved March 2, 2008.
  246. ^ Barone, Michael (September 15, 1996). "What a New Crew Might Do". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  247. ^ Bruni, Frank (August 29, 1996). "Kemp Stumps For the Votes of Minorities". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  248. ^ Gray, Jerry (September 7, 1996). "Kemp Courts Harlem Voters With Open Arms, Little Hope". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  249. ^ Gray, Jerry (September 4, 1996). "In Inner-City Chicago, Kemp Makes Pitch for Black Votes". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  250. ^ Rosenthal, A. M. (October 15, 1996). "Kemp and Farrakhan". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  251. ^ a b c Gray, Jerry (September 11, 1996). "Kemp Lines Up Solidly Behind Netanyahu". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  252. ^ Dorf, Matthew (August 16, 1996). "Can GOP ticket overcome rightist platform? Kemp seen as ally on Jewish causes". J. the Jewish news weekly of Northern California. San Francisco Jewish Community Publications Inc. Retrieved April 1, 2008.
  253. ^ Firestone, David (October 18, 1996). "Gore, Kemp and No Politics for Dinner". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  254. ^ a b Borger, Gloria (October 6, 1996). "On the Good Shepherd's Trail". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  255. ^ Roberts, Steven V. (August 25, 1996). "Training an Ear to the Sounds of Silence". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  256. ^ Gray, Jerry (October 26, 1996). "Kemp Hits Back at Republicans Who Despair". The New York Times. Retrieved March 8, 2008.
  257. ^ Eddings, Jerelyn; Jeannye Thornton; Dorian Friedman; Josh Chetwynd; Kevin Whitelaw; Victoria Pope (October 27, 1996). "Voices from the Gallery: Fearful and eager, voters are talking up a storm of worries and wishes". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  258. ^ Stanglin, Douglas; Bruce B. Auster; Tim Zimmermann; David Makovsky; Paul Glastris; Kenneth T. Walsh (October 6, 1996). "Clintonomics: Going Once, Going Twice; Tough Talks; Last-Minute Squeals; Eyes on the Prize?; Body Fake?". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  259. ^ Gray, Jerry (October 9, 1996). "Gore and Kemp Practice Jabs for Tonight's Encounter". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  260. ^ Borger, Gloria; David Fischer; Linda Kulman; Kenneth T. Walsh; Jason Vest (October 27, 1996). "Should Dole Swing Away?: Allies urge him to hammer Clinton, but Dole hates the idea and isn't very good at it, anyway". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  261. ^ Carlson, Margaret (October 28, 1996). "A Case of Mud Lust". Time. Archived from the original on August 15, 2009. Retrieved March 1, 2008.
  262. ^ Goodgame, Dan (October 21, 1996). "From Savior to Scapegoat". Time. Archived from the original on August 18, 2009. Retrieved March 1, 2008.
  263. ^ "President of the Debate Team". Newsweek. November 23, 2007. Retrieved April 13, 2008.
  264. ^ Clines, Francis X. (October 10, 1996). "Economy Dominates Kemp-Gore Debate". The New York Times. Retrieved March 2, 2008.
  265. ^ "Excerpts From Debate Between Vice President Gore and Jack Kemp". The New York Times. October 10, 1996. Retrieved March 2, 2008.
  266. ^ DePalma, Anthony (October 11, 1996). "Both Kemp and Gore Erred in Debate Over Policy on Mexico". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  267. ^ Berke, Richard L. (August 27, 2000). "The Nation; Surprise! Debates May Matter. And Help Bush". The New York Times. Retrieved March 15, 2008.
  268. ^ Frantz, Douglas (September 1, 1996). "Influential Group Brought into Campaign by Kemp". The New York Times. Retrieved March 4, 2008.
  269. ^ Borger, Gloria (January 24, 1993). "The Republican Wilderness: They still like their message. They just want Reagan II". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  270. ^ "Good Help Is Hard to Find; No Rest for the Weary". U.S. News & World Report. January 17, 1993. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  271. ^ Hesnball, Mark; Isikoff, Michael (April 25, 2005). "Oil-For-Food: How Much Did Boutros-Ghali Hear?". Newsweek. Retrieved February 24, 2008.
  272. ^ Feuer, Alan (September 20, 2007). "Of Many Characters Mentioned at Oil-for-Food Trial, the Most Prominent Is Dead". The New York Times. Retrieved March 1, 2008.
  273. ^ Novak, Viveca (September 30, 1996). "Singing Another Tune". Time. Archived from the original on November 6, 2010. Retrieved March 1, 2008.
  274. ^ "Six Flags Ends Sale Process; Appoints Mark Shapiro CEO; Jack Kemp, Harvey Weinstein and Michael Kassan Join Board". Business Wire. CNET Networks, Inc. December 14, 2005. Archived from the original on March 22, 2012. Retrieved February 24, 2008.
  275. ^ Norris, Floyd (August 18, 1996). "Jack Kemp: A Director With No Shares". The New York Times. Retrieved March 8, 2008.
  276. ^ Ramo, Joshua Cooper; Jackson, David S. (May 12, 1997). "The Prince of San Mateo". Time. Archived from the original on October 27, 2010. Retrieved March 1, 2008.
  277. ^ "Six Flags no longer for sale; Kemp a director". Buffalo BusinessFirst. American City Business Journals, Inc. December 14, 2005. Retrieved March 4, 2008.
  278. ^ Siklos, Richard (November 5, 2006). "Openers: Suits; Culling the Board". The New York Times. Retrieved March 1, 2008.
  279. ^ a b "Trustees' Biographies". Howard University. Archived from the original on March 30, 2008. Retrieved April 3, 2008.
  280. ^ Sherrid, Pamela (February 18, 2001). "A Killer App for Bureaucrats: It's called E-government, and it works. Is your city hall wired yet?". U.S. News & World Report. Archived from the original on October 5, 2009. Retrieved April 13, 2008.
  281. ^ "Jack Kemp Joins election.com Board of Directors; Former US Cabinet Secretary and Republican Party Vice Presidential Nominee Joins election.com Board". Business Wire. January 30, 2001. Archived from the original on October 18, 2012. Retrieved May 17, 2009.
  282. ^ Geek cons US out of $20M with bogus software to stop Alqaeda, Sydney Morning Herald, February 22, 2011.
  283. ^ Butler, Steven; Thomas Omestad; Kenneth T. Walsh; Jack Egan (January 4, 1998). "The Year of The IMF: As Seoul struggles with reforms, Capitol Hill takes aim". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 13, 2008.
  284. ^ Brownstein, Ronald (March 8, 1998). "Hurry! Only 974 Days Left to Campaign: Why the presidential race has begun so early". U.S. News & World Report. Archived from the original on October 17, 2008. Retrieved April 13, 2008.
  285. ^ Jenkins Jr., Kent (August 3, 1997). "A Quixotic Drive to Pay Back the National Debt: The deficit fades, a new political fad arrives". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  286. ^ Miller, Matthew (July 27, 1997). "A Tax None Will Touch: Why politicians in Washington still protect the tax that economists call job-killing, deceptive, and unfair". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  287. ^ Provost, Taran (May 5, 1997). "Round Two". Time. Archived from the original on December 22, 2008. Retrieved March 1, 2008.
  288. ^ Litsky, Frank (December 11, 2007). "Rehab Plan Announced for N.F.L.'s Ex-Players". The New York Times. Retrieved March 1, 2008.
  289. ^ Greenhouse, Steven (May 16, 2000). "Coalition Urges Easing of Immigration Laws". The New York Times. Retrieved March 8, 2008.
  290. ^ "Adti – Fast, Quality & Trust". Adti. Archived from the original on June 15, 2011. Retrieved April 26, 2020.
  291. ^ Berger, Gloria (February 18, 2001). "Dole: Still in the Game". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  292. ^ Borger, Gloria (December 15, 2002). "A bad good ol' boy". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 13, 2008.
  293. ^ Lichtblau, Eric (November 19, 2005). "Top Names Aid Fund for Libby". The New York Times. Retrieved March 2, 2008.
  294. ^ "Kemp switches endorsement over immigration". UPI. June 25, 2004.
  295. ^ Gizzi, John (July 26, 2004). "Black Conservative Tops North Carolina Primary". Human Events. Vol. 60, no. 25. p. 6.
  296. ^ Darman, Jonathan (January 9, 2006). "Candidates: Crisscrossing Paths". Newsweek. Retrieved March 18, 2008.
  297. ^ Edwards, John; Kemp, Jack (2006). "Russia's Wrong Direction: What The United States Can And Should Do" (PDF). Council on Foreign Relations, Inc. Archived from the original (PDF) on March 6, 2008. Retrieved March 3, 2008.
  298. ^ Darman, Johnathan (January 9, 2006). "Candidates: Crisscrossing Paths". Newsweek. Retrieved April 13, 2008.
  299. ^ "Tax cutter cuts a choice". The Washington Times, LLC. January 10, 2008. Retrieved February 24, 2008.
  300. ^ Romano, Andrew (April 3, 2008). "Expertinent: The 'Authenticity' Election". Newsweek. Archived from the original on April 7, 2008. Retrieved April 13, 2008.
  301. ^ a b Conant, Eve; Holly Bailey; Michael Hirsh (February 18, 2008). "So Much for a Warm Welcome". Newsweek. Retrieved April 13, 2008.
  302. ^ Meacham, Jon (February 18, 2008). "The Editor's Desk". Newsweek. Retrieved April 13, 2008.
  303. ^ "McCain's Lead Ignites War of Words Between Pundits, Creating Apparent Rift Among Conservatives". Newsweek. February 10, 2008. Archived from the original on May 31, 2008. Retrieved April 13, 2008.
  304. ^ "Campaign News". U.S. News & World Report. February 8, 2008. Archived from the original on April 2, 2008. Retrieved April 13, 2008.
  305. ^ Carlson, Michael (May 3, 2009). "Obituary: Jack Kemp" – via www.theguardian.com.
  306. ^ Novak, Viveca (February 28, 2008). "Fear and False Claims". Newsweek. Retrieved April 13, 2008.
  307. ^ "National Advisory Council". Victims of Communism Memorial Foundation. Archived from the original on June 10, 2011. Retrieved May 20, 2011.
  308. ^ "Co-Chair Lincoln Bicentennial Cabinet". Abraham Lincoln Bicentennial Commission. Archived from the original on July 5, 2010. Retrieved May 2, 2007.
  309. ^ "IMPACT Foundation Mourns The Passing of Jack Kemp". LottImpactTrophy.com. May 3, 2009. Archived from the original on May 27, 2012. Retrieved December 19, 2011.
  310. ^ "Former Buffalo Bills Quarterback Jack Kemp Battling Cancer". ESPN.com. ESPN Internet Ventures. January 7, 2009. Retrieved January 8, 2009.
  311. ^ "Jack Kemp Battles Cancer". MSNBC. Microsoft. January 8, 2009. Retrieved January 8, 2009.[dead link]
  312. ^ Clymer, Adam (May 2, 2009). "Jack Kemp, Star on Field and in Politics, Dies at 73". The New York Times. Retrieved December 15, 2021.
  313. ^ "Jack Kemp dies after lengthy illness". ESPNews. May 2, 2009. Retrieved December 15, 2021.
  314. ^ Rosenbaum, David E. (May 18, 2003). "Economic View; Name That Tune About Tax Cuts". The New York Times. Retrieved March 17, 2008.
  315. ^ Fallows, James (November 1997). "A Democrat Who Admits It". Atlantic Monthly. The Atlantic.com. Retrieved April 15, 2008.
  316. ^ Leonhardt, David (April 10, 2001). "Back in Business; Supply-Side Economists Regain Influence Under Bush". The New York Times. Retrieved March 15, 2008.
  317. ^ "Jack Kemp; Henry Foster Jr.; Eileen Collins; Donald Pleasence; Alexander the Great". U.S. News & World Report. February 5, 1995. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  318. ^ "The Great Scott Syndrome: Were Our Leaders Really Dumbstruck By The Existence Of A Crisis In Our Cities? C'mon". Newsweek. May 25, 1992. Retrieved April 15, 2008.
  319. ^ a b Duffy, Michael (November 16, 1992). "Divided They Fall (page 2)". Time. Archived from the original on October 23, 2012. Retrieved March 4, 2008.
  320. ^ Goldstein, Andrew (November 20, 2000). "The Prickly Pragmatist". Time. Archived from the original on November 22, 2010. Retrieved March 1, 2008.
  321. ^ Leonhardt, David (January 26, 2008). "McCain's Fiscal Mantra Becomes Less Is More". The New York Times. Retrieved March 1, 2008.
  322. ^ Medina, Jennifer (August 30, 2006). "Lieberman Gains G.O.P. Ally But Loses a Democratic One". The New York Times. Retrieved March 2, 2008.
  323. ^ Borger, Gloria (November 5, 1995). "Powell and the 900-Pound Guerrilla". U.S. News & World Report. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved April 14, 2008.
  324. ^ "Rising Republicans". Time. August 19, 1996. Archived from the original on October 29, 2010. Retrieved March 2, 2008.
  325. ^ "Comparing Tax Wish Lists". Time. December 10, 1984. Archived from the original on October 29, 2010. Retrieved March 20, 2008.
  326. ^ "Largent, Steve". Oklahoma Department of Libraries. Archived from the original on February 8, 2007. Retrieved April 27, 2008.
  327. ^ "Watts, J.C." Oklahoma Department of Libraries. Archived from the original on February 14, 2008. Retrieved April 27, 2008.
  328. ^ "Rep. Heath Shuler (D-NC 11th)". Capitol Advantage LLC. Archived from the original on May 17, 2008. Retrieved April 27, 2008.
  329. ^ Khimm, Suzy (August 31, 2012). "What Paul Ryan learned from Jack Kemp". The Washington Post. Archived from the original on September 1, 2012. Retrieved September 5, 2012.
  330. ^ "Specter Claims Kemp Would Be Alive if Congress Better Funded Medical Research". Fox News. May 4, 2009. Archived from the original on October 16, 2015. Retrieved April 11, 2014.
  331. ^ "Our Staff". Jack Kemp Foundation. Retrieved November 17, 2020.
  332. ^ "To develop, engage and recognize exceptional leaders who champion the American Idea". Jack Kemp Foundation. Retrieved July 23, 2015.
  333. ^ "Occidental College Names Football Stadium After Jack Kemp". April 29, 2011. Retrieved January 12, 2020.

References

  • Clinton, Bill (2005). My Life. Vintage. ISBN 1-4000-3003-X.
  • Foer, Franklin (2004). How Soccer Explains the World. Harper.
  • Gruver, Ed (1997). The American Football League: A Year-by-Year History, 1960–1969, McFarland & Company, ISBN 0-7864-0399-3.
  • Lodge, George (2000). "The Reagan Plan". Harvard Business School 9-381-173. OCLC 14056546.
  • Maiorana, Sal (1994). Relentless: The Hard-hitting History of Buffalo Bills Football, Quality Sports Publications, ISBN 1-885758-00-6.
  • Maiorana, Sal (2000). Relentless: The Hard-hitting History of Buffalo Bills Football, Volume II, Quality Sports Publications, ISBN 1-885758-17-0.

External links

0.25578212738037