イヴァー・ヤコブソン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
イヴァー・ヤコブソン
イヴァー・ヤコブソン(4759834031).jpg
生まれ1939-09-021939年9月2日(82歳)
国籍スウェーデン語アメリカ人
母校ヨーテボリチャルマース工科大学、ストックホルム王立工科大学
で知られているコンポーネントとコンポーネントアーキテクチャ、ユースケースとユースケース駆動開発、SDL 、 UMLの主要な貢献者、Objectory、RUP、アスペクト指向ソフトウェア開発、SEMAT、Essence
科学的キャリア
田畑電気工学コンピュータサイエンスソフトウェア工学
機関Ericsson、Objective Systems、Rational SoftwareIBMIvar Jacobson International
影響GöranHemdahl、DinesBjørnerGrady BoochJames Rumbaugh
影響を受けるグラディ・ブーチジェームズ・ランボー

Ivar Hjalmar Jacobson(1939年生まれ)は、スウェーデンの コンピューターサイエンティストソフトウェアエンジニアであり、 UMLObjectoryRational Unified Process(RUP)、アスペクト指向のソフトウェア開発、およびEssence の主要な貢献者として知られています。

伝記

Ivar Jacobsonは、1939年9月2日にスウェーデンのイスタードで生まれました。彼は、1962年ヨーテボリのチャルマース工科大学電気工学の修士号を取得しました。彼の博士号 1985年にストックホルム王立工科大学で大規模リアルタイムシステムの論文言語構成に関する論文を発表しました。[要出典]

修士号を取得した後、ジェイコブソンはエリクソンに入社し、コンピューター化された交換システムAKE [1]およびPLEXを含むAXの研究開発に従事しました。1987年4月に博士論文を取得した後、エリクソンを主要顧客としてObjectiveSystemsを開始しました。同社の過半数の株式は1991年にエリクソンに買収され、同社はObjectoryABに改名されました。Jacobsonは、1992年に公開されたソフトウェアメソッドObject-Oriented Software Engineering(OOSE)を開発しました。これは、商用ソフトウェアプロセスObjectory(Object Factoryの略)の簡略版です。

1995年10月、エリクソンはObjectoryをRational Software [2]に売却し、ジェイコブソンは、まとめてスリーアミーゴとして知られる GradyBoochJamesRumbaughとの協力を開始しました。

IBMが2003年にRationalを買収したとき、ジェイコブソンは2004年5月までエグゼクティブ技術コンサルタントとして滞在した後、辞任することを決定しました。

2003年半ば、ジェイコブソンはIvar Jacobson International(IJI)[3]を設立し、英国米国スウェーデンスイス中国シンガポールにオフィスを構え、3大陸で事業を展開しています。

仕事

エリクソン

1967年にエリクソンで、ジェイコブソンはエリクソンが開発していた新世代のソフトウェア制御電話交換機でのソフトウェアコンポーネントの使用を提案しました。これを行う際に、彼はシーケンス図を発明し、コラボレーション図を開発しました。彼はまた、状態遷移図を使用して、コンポーネント間のメッセージフローを説明しました。[要出典]

Jacobsonは、ソフトウェア開発の青写真の必要性を認識しました。彼は、仕様および設計言語(SDL)の最初の開発者の1人でした。[4] 1976年、SDLは電気通信業界の標準となりました。[5]

Objectoryでは、機能的なソフトウェア要件を指定する方法としてユースケースも考案しました。[6] [7]

Rationalソフトウェア

Rationalでは、Jacobsonと彼の友人であるGradyBoochJamesRumbaughがUMLを設計し、彼のObjectory Processは、PhilippeKruchtenのリーダーシップの下でRationalUnifiedProcessに進化しました。[7]

エッセンシャルユニファイドプロセス

2005年11月、ジェイコブソンはEssentialUnifiedProcessまたは略して「EssUP」を発表しました。EssUPは、確立されたソフトウェア開発プラクティスから派生した、新しい「プラクティス」中心の[明確化が必要な]ソフトウェア開発プロセスでした。これは、統合プロセスキャンプ、アジャイルソフトウェア開発キャンプ、プロセス改善キャンプの3つの異なるプロセスキャンプから供給されたプラクティスを統合しました。それらのそれぞれが、構造、敏捷性、プロセスの改善など、さまざまな機能に貢献しました。

Ivarは、EssUPを「超軽量で機敏な」RUPと表現しています。[要出典] IJI [誰?] EssUPをMicrosoftVisualStudioTeamSystem およびEclipseに統合しました。[要出典]

EssWork

EssUP Ivarと彼のチーム、特にIanSpenceとPanWei Ngの経験に基づいて、2006年からEssWorkを開発しました。EssWorkはメソッドを操作するためのフレームワークです。これは、ソフトウェア開発の取り組みで常に普及している普遍的な要素のカーネルに基づいています。カーネルに加えて、15のプラクティスが定義されています。チームは、プラクティスを作成することにより、独自のメソッドを作成できます。

SEMATとエッセンス

2009年11月、Jacobson、Bertrand MeyerRichard Soley( "Troika")は、SEMAT(Software Engineering Method and Theory)と呼ばれるイニシアチブを開始し、ソフトウェアエンジニアリングの実践の厳密で理論的な基盤を開発し、産業界と学界。SEMATはIJIでの作業に触発されましたが、新たなスタートを切りました。その結果、2014年11月からOMG標準であるEssenceが生まれました。 [8] Essenceは、メソッドをソフトウェアエンジニアリングと開発手法の組み合わせと見なしています。これは、メソッドからプラクティスを抽象化できるようにすることを目的としているため、ニーズに最適なメソッドを調整するための再利用と組み合わせが容易になります。[9]

出版物

ジェイコブソンはいくつかの本や記事を発表しました[10]

  • 1992.オブジェクト指向のソフトウェアエンジニアリング: Magnus Christerson、Patrik Jonsson、Gunnar Overgaardによるユースケースドリブンアプローチ(ACM Press)。Addison-Wesley、1992、ISBN  0-201-54435-0
  • 1994.オブジェクトの利点:オブジェクトテクノロジを使用したビジネスプロセスリエンジニアリング(ACM Press)M.エリクソン&A。ジェイコブソンと。Addison-Wesley、ISBN 0-201-42289-1 
  • 1997.ソフトウェアの再利用:ビジネスの成功のためのアーキテクチャ、プロセス、および組織(ACM Press)マーティン・グリス&パトリック・ジョンソンと。Addison-Wesley、1997、ISBN 0-201-92476-5 
  • 1999年。統合ソフトウェア開発プロセスグラディ・ブーチジェームズ・ランボーAddison-Wesley Professional、1999、ISBN 0-201-57169-2 
  • 2004.統一モデリング言語リファレンスマニュアル(第2版)グラディ・ブーチジェームズ・ランボーAddison-Wesley Professional、2004、ISBN 0-321-24562-8 
  • 2004.ユースケースを使用したアスペクト指向ソフトウェア開発(Addison-Wesley Object Technology Series)パンウェインと。Addison-Wesley、ISBN 0-321-26888-1 
  • 2005.統一モデリング言語ユーザーガイド(第2版)グラディ・ブーチジェームズ・ランボーAddison-Wesley Professional、2005、ISBN 0-321-26797-4 
  • 2013.ソフトウェアエンジニアリングの本質-SEMATカーネルの適用Pan-Wei NgPaul Mc MahonIan SpenceSvanteLidmanと一緒にAddison-Wesley、2013、ISBN ISBN 978-0321885951 
  • 2019.現代のソフトウェアエンジニアリングの要点-メソッド刑務所から実践を解放します。ハロルド・ "バッド"・ローソン、パン・ウェイ・ン、ポール・マッカートニー、マイケル・ゲディケと。ACM Books&Morgan&Claypoolパブリッシャー、2019、ISBN 978-1-947487-24-6 

参照

  1. ^ 「エリクソンの物語-エリクソン」
  2. ^ DBMSインタビュー-1996年10月 WaybackMachineで2008-05-09にアーカイブ
  3. ^ [1]
  4. ^ Møller-Pedersen、Birger(2010-10-18)。「オブジェクト指向モデリング言語へのスカンジナビアの貢献」北欧コンピューティングの歴史3IFIPは情報通信技術の進歩。AICT-350。スプリンガー。pp。339–349。土井10.1007/978-3-642-23315-9_38ISBN 978-3-642-23314-2
  5. ^ ロックストローム、A .; Saracco、R.(1982)。「SDL--CCITT仕様および記述言語」通信に関するIEEEトランザクション30(6):1310–1318。土井10.1109/TCOM.1982.1095599ISSN0096-2244_ S2CID14451600_  
  6. ^ 「産業環境におけるオブジェクト指向開発|オブジェクト指向プログラミングシステム、言語およびアプリケーションに関する会議議事録」dl.acm.org土井10.1145/38807.38824 2020年8月10日取得
  7. ^ ab統一され ソフトウェア開発プロセスJacobson、Ivar。、Booch、Grady。、Rumbaugh、Jim。マサチューセッツ州レディング:アディソン-ウェスリー。1999. pp。xx–xxvi。ISBN 0-201-57169-2OCLC636807532 _{{cite book}}:CS1 maint:その他(リンク
  8. ^ 「エッセンス仕様バージョン1.2について」www.omg.org 2020年8月10日取得
  9. ^ Ivar Jacobson International; ジェイコブソン、イヴァー; ローソン、ハロルド「バッド」; Ng、Pan-Wei; マクマホン、ポールE .; ゲディケ、マイケル(2019)。現代のソフトウェアエンジニアリングの要点:メソッド刑務所から実践を解放してください!コンピューティングマシナリー協会。pp。31–81。土井10.1145/3277669.3277694ISBN 978-1-947487-27-7S2CID243575665 _
  10. ^ DBLPBibliographyServerIvarJacobson _ウィキデータでこれを編集する

外部リンク