イスラエルとパレスチナの紛争

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

イスラエルとパレスチナの紛争
アラブ-イスラエル紛争およびイラン-イスラエル代理戦争の一部
Occupied Palestinian Territories.jpg
中央イスラエルエリアC(青)、2011年にイスラエルの完全な管理下にある西岸
の一部(より最新のインタラクティブマップについては、こちらを参照)。
日にち20世紀半ば[7] –現在
メインフェーズ:1964–1993
位置
スターテス

進行中

イスラエルとパレスチナの和平プロセス、主にイスラエルとガザの間の
低レベルの戦闘
領土
の変更
ガザ地区におけるパレスチナ政権 の樹立と解散(1948–1959)ヨルダン川西岸
の併合(1948–1967)1967年のイスラエルによる
ヨルダン川西岸とガザの占領イスラエル民政局から
「A」および「B」地域への移行1994年から1995年のパレスチナ自治政府2005年のガザからのイスラエルの撤退
交戦者
 イスラエル

Flag of Palestine.svg パレスチナの状態


ハマス(1987年–現在)イスラム聖戦(1987年–現在)
による支援:
による支援:

イスラエルとパレスチナの紛争、世界で最も永続的な紛争の1つであり、イスラエルによるヨルダン川西岸ガザ地区の占領が続いています。54年間の紛争。[7]イスラエルとパレスチナの和平プロセスの一環として、紛争を解決するためにさまざまな試みがなされてきました[8] [9] [10] [11]

1897年のシオニスト会議や1917年のバルフォア宣言など、パレスチナのユダヤ人の祖国に対する主張の公の宣言は、この地域に初期の緊張を生み出しました。当時、この地域には少数派のユダヤ人人口が少なかったが、これはかなりのユダヤ人移民によって増加していた。「ユダヤ人のための国民の家のパレスチナでの設立」のための英国政府に対する拘束力のある義務を含むパレスチナの委任の実施に続いて、緊張はユダヤ人とアラブ人の間の宗派間の対立に発展しました。[12] [13]1947年のパレスチナ分割決議計画と1947年から1949年のパレスチナ戦争で頂点に達した初期の紛争を解決する試みは、より広範なアラブとイスラエルの紛争の始まりを示しています。現在のイスラエルとパレスチナの現状は、1967年の第三次中東戦争におけるイスラエルによるパレスチナ領土の軍事占領に続いて始まりました

長期的な和平プロセスにもかかわらず、イスラエル人とパレスチナ人は最終的な和平合意に達することができませんでした。1993年から1995年のオスロ合意で二国家解決に向けて進展が見られましたが、今日でもパレスチナ人はガザ地区とヨルダン川西岸の165の「島」でイスラエルの軍事占領の対象となっています。さらなる進歩を停滞させている重要な問題は、安全保障、国境、水利権、エルサレムの支配、イスラエルの入植地[14]パレスチナ人の移動の自由[15]およびパレスチナ人の帰還権です。 世界中に歴史的、文化的、宗教的関心のある場所が豊富な地域での紛争の暴力は、歴史的権利、安全保障問題、人権を扱う数多くの国際会議の対象となっており、観光全般を妨げる要因となっています。激しく争われている地域へのアクセス。[16]イスラエル国家と並んで独立したパレスチナ国家を創設することを含む、二国家解決を仲介する多くの試みがなされてきた(1948年のイスラエルの設立後)。多数の世論調査によると、2007年には、イスラエル人とパレスチナ人の両方の大多数が、紛争を解決する手段として、他のどの解決策よりも2国家解決策を好んだ。[17]

イスラエルとパレスチナの社会の中で、紛争は多種多様な見解と意見を生み出します。これは、イスラエル人とパレスチナ人の間だけでなく、各社会の中に存在する深い分裂を浮き彫りにします。紛争の特徴は、事実上その全期間にわたって目撃された暴力のレベルでした。戦闘は、正規軍、準軍組織、テロセル、および個人によって行われてきました。死傷者は軍隊に限定されておらず、両側に多数の民間人死傷者が出ています。紛争に関与している著名な国際的関係者がいます。ユダヤ人の過半数パレスチナ人の独立国家への要求を正当なものと見なし、イスラエルはそのような国家の設立に同意できると考えてください。[18]ヨルダン川西岸地区とガザ地区のパレスチナ人とイスラエル人の大多数は、二国家解決を好むと表明している。[19] [20]相互の不信と重大な意見の不一致は、最終的な合意における義務を守るという相手側のコミットメントに対する相互の懐疑論と同様に、基本的な問題に深く関わっています。[21]

現在直接交渉を行っている2つの政党は、ナフタリ・ベネットが率いるイスラエル政府と、マフムード・アッバースが率いるパレスチナ解放機構(PLO)です。公式交渉は、米国、ロシア、欧州連合、および国連で構成される特別使節によって代表される中東カルテット(カルテット)として知られる国際的な派遣団によって仲介されます。アラブ連盟は、代替の平和計画を提案しているもう1つの重要な関係者ですアラブ連盟の創設メンバーであるエジプトは、歴史的に主要な参加者でしたヨルダン川西岸への主張を1988年に放棄し、エルサレムのイスラム教の神社で 特別な役割を果たしたヨルダン川も重要な参加者でした。

2006年以来、パレスチナ側は2つの主要な派閥間の対立によって崩壊しました。ファタハは伝統的に支配的な政党であり、後に選挙の挑戦者であるハマスは過激派組織としても活動しています。2006年のハマスの選挙での勝利後、カルテットは、非暴力への将来の政府のコミットメント、イスラエル国の承認、および以前の合意の受け入れについて、パレスチナ自治政府(PA)への将来の対外援助を条件付けました。ハマスはこれらの要求を拒否し[22]、その結果、カルテットは対外援助プログラムを停止し、イスラエル人による経済制裁を課した。[23] 1年後、 2007年6月にハマスがガザ地区を押収した後、PAとして公式に認められた領土は、ヨルダン川西岸のファタハとガザ地区のハマスに分割された当事者間の統治の分割は、事実上、PAの超党派統治の崩壊をもたらした。しかし、2014年に、ファタハとハマスの両方で構成されるパレスチナ統一政府が結成されました。最新の和平交渉は2013年7月に始まり、2014年に中断された。

2021年5月、緊張が高まる中、2021年のイスラエル-パレスチナ危機は、ガザからのロケット攻撃とイスラエルによる空爆にエスカレートした抗議行動から始まりました。

バックグラウンド

パレスチナのアラブ人キリスト教徒が所有するファラスティン新聞は、1936年6月18日版の似顔絵を特集し、パレスチナのアラブ人に「恐れることはありません!!!私はあなたを平和的に飲み込みます... "。[24]

イスラエルとパレスチナの紛争は、19世紀後半から20世紀初頭にルーツがあり、ユダヤ人アラブ人の間で主要なナショナリスト運動が誕生しました。どちらも中東の人々の主権を獲得することを目的としています。[25]バルフォア宣言は、第一次世界大戦中に1917年に英国政府が発表した、パレスチナでの「ユダヤ人のための国民の家」の設立への支持を発表した公式声明でした。[26] 1920年代のフランス・シリア戦争後のパレスチナ・ナショナリズムの出現によるレバント南部でのこれら2つの運動の衝突は1930年代と1940年代の委任統治領パレスチナでの宗派間の紛争は、その後、より広範なアラブとイスラエルの紛争に拡大しました。[27]

ハジ・アミン・アル・フセイニの新たなリーダーシップの下で、ダマスカスから委任統治領パレスチナへの数人の強硬なパレスチナのアラブ民族主義者の復帰は、パレスチナのアラブ人のための国民の家の設立に向けたパレスチナのアラブ民族主義者の闘争の始まりを示しました[28]パレスチナのアラブ国民運動の建築家であるアミーン・フサイニーは、ユダヤ人の国民運動パレスチナへのユダヤ人の移民を彼の大義の唯一の敵として即座にマークし、[29]早くも1920年にユダヤ人に対する大規模な暴動を開始した。エルサレムと1921年にヤッファで暴力の結果の中には、ユダヤ人の準軍組織ハガナーの設立がありました。1929年、一連の暴力的な反ユダヤ主義の暴動がアラブの指導者によって開始されました。暴動は、ヘブロンセーフドでユダヤ人の大規模な死傷者を出し、ヘブロンとガザからのユダヤ人の避難をもたらしました。[25]

パレスチナでの1936年から1939年のアラブの反乱は、ユダヤ人の大量移民への反対に動機付けられました。

1930年代初頭、パレスチナでのアラブ民族闘争は、ブラックハンド過激派グループを設立し、1936年のアラブ反乱の根拠を準備したシリアのシェイク・イザディン・アルカサムなど、中東全域から多くのアラブ民族主義過激派を引き付けました。 1935年後半にイギリス軍の手でアルカサムが死んだ後、1​​936年にアラブのゼネストと一般的なボイコットに緊張が高まった。ストライキはすぐに暴力に悪化し、1936年から1939年にかけてパレスチナでイギリスとユダヤ人に対するアラブの反乱が血なまぐさい抑圧されました。[27]1937年初頭まで続いた組織的暴力の最初の波では、アラブのグループのほとんどがイギリス軍に敗北し、アラブの指導者の多くが強制的に追放されました。反乱は、その後パレスチナのアラブ人によって拒否されたものの、パレスチナの分割に向けたピール委員会の設立につながりました。2人の主要なユダヤ人指導者であるChaimWeizmannとDavidBen -Gurionは勧告を受け入れましたが、一部の二次ユダヤ人指導者はそれを好まなかった。[30] [31] [32]

第二次世界大戦が始まるまで散発的に続いた新たな暴力は、主にアラブ側からの約5,000人の死傷者で終わった。第二次世界大戦の噴火により、委任統治領パレスチナの状況は落ち着きました。それは、ナシャシビ一族のリーダーシップの下で、そしてユダヤ人とアラブのパレスチナ連隊の設立でさえ、パレスチナのアラブ人の間でより穏やかなスタンスへの移行を可能にしましたイギリスの指揮下で、北アフリカでドイツ人と戦った。しかし、アル・フセイニのより過激な追放された派閥は、ナチス・ドイツと協力する傾向があり、アラブ世界全体での親ナチスのプロパガンダ機の設立に参加した。イラクでのアラブ民族主義者の敗北とその後のナチス占領下のヨーロッパへのアルフセイニの移転は、イタリア人とドイツ人がテルアビブを爆撃することを定期的に要求したものの、パレスチナでの野外活動に関して彼の手を結びました。第二次世界大戦の終わりまでに、ヨーロッパからのホロコースト生還者の運命をめぐる危機は、イシューブ間の新たな緊張をもたらしましたそしてパレスチナのアラブのリーダーシップ。移民の割り当てはイギリス人によって確立されましたが、一方で不法移民とシオニストのイギリス人に対する反乱は増加していました。[25]

明るい色合いの土地は、1948年の戦争の終結時のイスラエルの国境内の領土を表しています。この土地はイスラエルに属するものとして国際的に認められています。

1947年11月29日、国連総会は決議181(II)[33]を採択し、パレスチナをアラブ国家、ユダヤ人国家、エルサレム市に分割する計画の採択と実施を勧告しました。[34]翌日、パレスチナはすでに暴力に襲われた。4か月間、継続的なアラブの挑発と攻撃の下で、イシューブは通常、時折報復しながら防御的でした。[35]アラブ連盟は、アブドゥル・カーディル・アル・フサイニの指導の下、ボランティアベースのアラブ解放軍を結成し、パレスチナの聖戦アラブ軍を支援することで、アラブ闘争を支援した。ハサンサラマユダヤ人側では、内戦は主要な地下民兵であるハガナー、イルグン、リーハイによって管理され、世界大戦の多くのユダヤ人ベテランと外国人ボランティアによって強化されました。1948年の春までに、アラブ軍が完全な崩壊に近づいていることはすでに明らかでしたが、イシューブ軍はますます領土を獲得し、パレスチナのアラブ人の大規模な難民問題を引き起こしました。[25]アラブ世界全体でのパレスチナ人アラブ人への人気のある支援は、中東と北アフリカのユダヤ人コミュニティに対する散発的な暴力につながり、反対の難民の波を生み出した。

パレスチナの現代の進化
1916年から1922年の提案第一次世界大戦後のパレスチナ政権に対する3つの提案。赤い線は1916年のサイクス・ピコ協定で提案された「国際行政」であり、青い破線はパリ講和会議での1919年のシオニスト組織の提案であり、細い青い線は1923年から48年の委任統治領の最終境界線を示しています。パレスチナ
1937年の提案: 1937年にピール委員会によって発行されたパーティションの最初の公式提案「エルサレムベツレヘムの神聖さ」を、エルサレムからヤッファまで、リダラムルを含む飛び地の形で維持するために、進行中の英国委任統治領が提案されました
1947年(提案)1948年のアラブ・イスラエル戦争前の、パレスチナ分割決議案(国連総会決議181(II)、1947年)による提案提案には、エルサレムのコーパスセパラタム、隣接していない地域間の領土外の交差点、アラブの飛び地としてのヤッファが含まれていました。
1947年(実際)委任統治領パレスチナ。1947年現在のパレスチナのユダヤ人所有地域を青色で示しており、総面積の6%を占めており、その半分以上がJNFPICAによって所有されています。ホワイトは、関連する宗教信託を含むアラブ・パレスチナ人が所有する土地または公有地のいずれかです。ユダヤ人の人口は、1922年の83,790人から1946年には608,000人に増加しました。
1949年から1967年(実際)1948年のアラブ・イスラエル戦争後のヨルダン付属の西岸地区(薄緑色)とエジプト占領下のガザ地区(濃い緑色) 。 1949年の停戦線を示しています。
1967年から1994年:6日間の戦争中イスラエルは西岸、ガザ地区、ゴラン高原をシナイ半島(後に第四次中東戦争後に平和と交換された)とともに占領しました。1980年から81年にかけて、イスラエルは東エルサレムゴラン高原を併合しましたイスラエルの併合も東エルサレムに対するパレスチナの主張も国際的に認められていません。
1994年から2005年オスロ合意の下で、パレスチナ自治政府は、ヨルダン川西岸とガザ地区の内部にある167のパレスチナの飛び地または「島」に市民政府を提供するために設立されました。
2005年–現在イスラエルがガザから撤退しハマスの選挙で勝利した後、パレスチナの2つの主要政党が衝突した後、2つの別々の執行政府がヨルダン川西岸とガザのパレスチナの飛び地を支配しました。
現在イスラエル、ヨルダン川西岸、ガザの人口統計地図

歴史

1948年5月14日にイスラエル国家の樹立が宣言された後、アラブ連盟はパレスチナのアラブ人に代わって介入することを決定し、1948年のアラブ・イスラエル戦争の主要段階を開始しました。[34]全体的な戦闘により、約15,000人の死傷者が出て、1949年の停戦と停戦協定が結ばれ、イスラエルは旧マンデート領土の多くを占領し、ヨルダンはヨルダン川西岸を占領し、後にエジプトがガザ地区を占領した。全パレスチナ政府が1948年9月22日にアラブ連盟によって宣言された場所。[27]

1950年代を通じて、ヨルダンとエジプトはパレスチナのフィダーイー過激派によるイスラエルへの国境を越えた攻撃を支援し、イスラエルは受入国で報復作戦を実施しました。1956年のスエズ危機は、ガザ地区の短期間のイスラエルによる占領と全パレスチナ政府の追放をもたらしましたが、後にイスラエルの撤退により回復しました。全パレスチナ政府は1959年にエジプトによって完全に放棄され、パレスチナ国民運動を犠牲にして、正式にアラブ連合共和国に統合されました。ガザ地区その後、エジプトの軍事管理者の権限下に置かれ、事実上の軍事占領になりました。しかし、1964年に、新しい組織であるパレスチナ解放機構(PLO)がYasserArafatによって設立されました。[34]それはすぐにほとんどのアラブ連盟政府の支持を獲得し、アラブ連盟の議席を与えられた

イスラエルがヨルダンからヨルダン川西岸とエジプトからガザ地区の軍事的支配を獲得したため、1967年の第三次中東戦争はパレスチナナショナリズムに大きな影響を及ぼしました。その結果、PLOは地上での統制を確立できず、数十万人のパレスチナ人が住むヨルダンに本部を設立し、カラメの戦いを含む消耗戦争中にヨルダン軍を支援しました。しかし、ヨルダンのパレスチナ人基地は1970年のヨルダンとパレスチナの内戦で崩壊しました。ヨルダン人によるPLOの敗北により、パレスチナの過激派のほとんどが南レバノンに移住し、すぐに広い地域を占領し、いわゆる「ファタランド」。

南レバノンでのパレスチナ人の反乱は1970年代初頭にピークに達しました。これは、レバノンがイスラエル北部への攻撃と世界中の飛行機ハイジャックキャンペーンを開始するための基地として使用され、イスラエルの報復を引き起こしたためです。レバノン内戦中パレスチナの過激派はレバノン内の敵と戦っている間、イスラエルに対して攻撃を開始し続けました。1978年、沿岸道路の虐殺は、リタニ作戦として知られるイスラエルの本格的な侵略につながりましたしかし、イスラエル軍はすぐにレバノンから撤退し、イスラエルに対する攻撃が再開されました。1982年、パレスチナ人による外交官の1人に対する暗殺の試みに続いて、イスラエル政府はレバノン内戦と1982年のレバノン戦争に参加することを決定しました。開始しました。イスラエルの最初の結果は成功しました。ほとんどのパレスチナ過激派は数週間以内に敗北し、ベイルートは捕らえられ、PLO本部は6月にヤーセルアラファトの決定によりチュニジアに避難した。[27]しかしながら、内戦へのイスラエルの介入はまた、イスラエルとシリアの間の小規模な紛争を含む、予期せぬ結果をもたらした。1985年までに、イスラエルは10 kmに撤退し、南レバノンの一帯を占領しましたが、シーア派の過激派との低強度紛争はエスカレートしました。[25]これらのイラン支援のシーア派グループは徐々にヒズボラとアマルに統合され、イスラエルに対して活動し、1980年代後半までガリラヤへの攻撃を開始するためにパレスチナ組織の残党と同盟を結びました。1990年代までに、レバノンのパレスチナ人組織はほとんど活動していませんでした。[要出典]

最初のパレスチナ人の蜂起は、激化する攻撃と果てしない占領への対応として1987年に始まりました。1990年代初頭までに、1982年のエジプト・イスラエル平和条約の成功に照らして、紛争を解決するための国際的な取り組みが始まりました。最終的に、イスラエル・パレスチナ和平プロセスは1993年のオスロ合意につながり、PLOの移転を可能にしました。チュニジアから、西岸ガザストリップに着陸し、パレスチナ国家機関を設立和平プロセスはまた、イスラエル人を標的とした攻撃キャンペーンを直ちに開始したハマスやパレスチナイスラム聖戦など、パレスチナ社会の過激なイスラム要素の間で大きな反対を示した。数百人の犠牲者と過激な反政府宣伝の波に続いて、イスラエルのラビン首相は、和平イニシアチブに反対したイスラエルの狂信者によって暗殺されました。これは和平プロセスに深刻な打撃を与え、1996年に新たに選出されたイスラエル政府はそれから撤退した。[25]

数年間の交渉の失敗の後、紛争は2000年9月に第2次インティファーダとして再燃した。 [27]暴力は、パレスチナ国家治安部隊イスラエル国防軍の間の開かれた紛争にエスカレートし、 2004/2005年まで続き、約130人の死者に。2005年、イスラエルのシャロン首相は、ガザからのイスラエル人入植者と兵士の連れ去りを命じました。イスラエルとその最高裁判所は、ガザで「起こったことを効果的に管理できなかった」と述べ、占領の終了を正式に宣言した。[36]しかし、国連ヒューマン・ライツ・ウォッチイスラエルはガザ地区の空域、領海を管理し、空路または海路によるガザ内外の人や物の移動を管理しているため、他の多くの国際機関やNGOは、イスラエルをガザ地区の占領国と見なし続けています。[36] [37] [38]

2006年、ハマスはパレスチナ議会選挙で複数の44%を獲得しました。イスラエルは、ハマスが以前のイスラエルとパレスチナの合意を受け入れ、暴力を放棄し、ハマスが拒否したイスラエルの存在権を認めない限り、経済制裁を開始すると答えた。[39]ファタハとハマスの間のパレスチナ内部の政治的闘争がガザの戦い(2007年)に勃発した後、ハマスはその地域を完全に支配した。[40] 2007年、イスラエルはガザ地区に海軍封鎖を課し、エジプトとの協力によりエジプト国境の地上封鎖が可能になった。

イスラエルとハマスの間の緊張は、イスラエルがガザにキャストリード作戦を開始した2008年後半までエスカレートし、数千人の民間人死傷者と数十億ドルの損害をもたらしました。2009年2月までに、停戦は当事者間の国際調停で署名されたが、占領と小規模で散発的な暴力の噴火は続いた。[41]

2011年、完全な主権国家が失敗したため、パレスチナ自治政府は国連加盟国を獲得しようとしました。ハマスが支配するガザでは、イスラエルへの散発的なロケット攻撃とイスラエルの空襲が依然として行われています。[42] [43] [44] [45] 2012年11月、国連におけるパレスチナの代表は非加盟国に格上げされ、その任務のタイトルは「パレスチナ(PLOによって代表される)」から「州」に変更された。パレスチナの」。

和平プロセス

オスロ合意(1993)

1993年、イツハク・ラビン率いるイスラエル当局者とヤセル・アラファト率いるパレスチナ解放機構のパレスチナ人指導者は、オスロ和平プロセスとして知られるようになったものを通じて平和的な解決策を見つけるために努力しました。このプロセスにおける重要なマイルストーンは、イスラエルの存在権に関するアラファトの承認書でした。1993年、オスロ合意は、将来のイスラエルとパレスチナの関係の枠組みとして最終決定されました。オスロ合意の核心は、イスラエルが平和と引き換えにパレスチナ人にパレスチナ領土の支配を徐々に譲ることでした。オスロプロセスは繊細で、適合と開始が進んでいました。このプロセスは、イツハク・ラビンの暗殺でターニングポイントを迎えました。2000年7月にアラファトとエフードバラクがキャンプデービッドで合意に達しなかったとき、ついに解明された。アラブ・イスラエル問題のビル・クリントン米国大統領の特別補佐官であるロバート・マレーは、バラクがアラファトに正式な書面による申し出をしなかったことを確認した。イスラエル側によって検討されたがアラファトによって答えられなかった平和のための概念を提示した「パレスチナ人の主な失敗は、キャンプデービッドサミットの初めから、彼らはアメリカの考えに賛成することも、説得力のあることを提示することもできなかったということですそして彼ら自身の特定の反対提案」。[46]したがって、検討された提案にはさまざまな説明があります。[47] [48] [49]

キャンプデービッドサミット(2000)

1993年9月13日のオスロ合意中のイツハク・ラビンビル・クリントン、およびヤーセル・アラファト。

2000年7月、米国のビルクリントン大統領は、パレスチナのヤセルアラファト大統領とイスラエルのエフードバラック首相との間で和平サミットを開催しました。伝えられるところによると、バラクは、米国を経由してパレスチナ大統領に「交渉の拠点」として以下を提唱した。非軍事化されたパレスチナ国家は、東エルサレムの一部のみを含む西岸の87〜92%[注1]とガザ地区全体を含む3〜4の部分に分割された[50] [51]。ユダヤ人入植地(ヨルダン川西岸のユダヤ人入植者の85%を占める)はイスラエルに譲渡され、イスラエルに戻る権利はなく、テンプルマウントまたは東エルサレムの中心的な地域に対する主権はなく、イスラエルによるヨルダン渓谷の支配が続いた。[52] [53]

アラファトはこの申し出を拒否しました。[50] [54] [55] [56] [57] [58]パレスチナの交渉担当者によると、この申し出は、土地、安全保障、居住地、エルサレムに関するイスラエルの占領の要素の多くを削除しなかった。[59]伝えられるところによると、クリントン大統領はアラファトに反対提案をするよう要求したが、彼は何も提案しなかった。交渉の日記をつけていた元イスラエル外相のシュロモ・ベン・アミ氏は、2001年のインタビューで、パレスチナ人が反対提案をしたかどうか尋ねられたとき、「いいえ。それが問題の核心です。決して、私たちとパレスチナ人は、パレスチナ人の反対提案がありました。」[60]2006年の別のインタビューで、ベン・アミは、彼がパレスチナ人だったら、キャンプ・デービッドの申し出を拒否したであろうと述べた。[61]

米国の激しい圧力の下でさえ、イスラエルとパレスチナの両方の要求を満たすような持続可能な解決策は作られていませんでした。クリントンは、サミットの崩壊についてアラファトを長い間非難してきました。[62]サミット後の数ヶ月で、クリントンは元米国上院議員ジョージJ.ミッチェルを任命し、和平プロセスを回復するための戦略を特定することを目的とした事実調査委員会を率いた。委員会の調査結果は2001年に発表され、既存のイスラエル人入植地の解体と過激派活動に対するパレスチナ人の取り締まりが1つの戦略でした。[63]

キャンプデービッドに続く開発

サミットが失敗した後、パレスチナとイスラエルの交渉担当者は、2000年8月から9月まで小グループで会合を続け、それぞれの立場の間のギャップを埋めようとしました。米国は、未解決の問題を解決するための独自の計画を作成しました。クリントンによる米国の提案の発表は、 9月末の第2次インティファーダの出現により遅れた。[59]

クリントンの計画は最終的に2000年12月23日に提示され、ガザ地区にパレスチナの主権国家を設立し、西岸の94〜96%に加えて、1967年以前のイスラエルの土地交換で西岸の1〜3%に相当するものを設立することを提案しました。 。エルサレムについては、「一般原則は、アラブ地域はパレスチナ人であり、ユダヤ人地域はイスラエル人である」と述べた。聖地は、パレスチナ人がテンプルマウント/ノーブルサンクチュアリの主権を持ち、イスラエル人が嘆きの壁の主権を持つことに基づいて分割されました。難民に関しては、計画は、金銭的補償、パレスチナ国家への帰還権、1948年にパレスチナ人に引き起こされた苦しみのイスラエルの承認を含む多くの提案を提案しました。安全保障提案は「非軍事化」に言及しました パレスチナ国家、そして国境警備のための国際部隊。双方はクリントンの計画を受け入れた[59] [64] [65]そしてそれは翌年1月のタバ平和サミットでの交渉の基礎となった。[59]

タバサミット(2001)

イスラエルの交渉チームは、 2001年1月にエジプトのタバで開催されたタバサミットで新しい地図を提示しました。提案は「一時的にイスラエルが支配する」地域を削除し、パレスチナ側はこれをさらなる交渉の基礎として受け入れました。イスラエルの選挙が迫っており、交渉は合意なしに終了したが、双方は、彼らが成し遂げた進展を証明する共同声明を発表した。イスラエルの選挙後の交渉再開でギャップを埋めることができるだろう」と語った。翌月、リクード党の候補者アリエル・シャロンイスラエルの選挙でエフード・バラクを破り、2001年2月7日にイスラエルの首相に選出された。シャロンの新政府はハイレベル協議を再開しないことを選択した。[59]

平和のためのロードマップ

2002年9月17日に欧州連合、ロシア、国連、米国のカルテットによって提示された1つの平和提案は、平和のためのロードマップでした。この計画は、エルサレムの運命やイスラエル人入植地などの難しい問題を解決しようとはしていませんでしたが、プロセスの後の段階で交渉する必要がありました。この提案は、イスラエルの入植地建設とイスラエルとパレスチナの暴力の両方を阻止することを目標とした第1段階を超えることはありませんでした。2015年11月の時点では、どちらの目標も達成されていません。[66] [67] [68]

アラブ和平イニシアティブ

アラブ和平イニシアティブ(アラビア語مبادرةالسلامالعربيةMubādiratas -Salāmal-ʿArabīyyah )は、ベイルートサミット(2002)でサウジアラビア皇太子アブドゥッラーによって最初に提案されました。和平イニシアチブは、全体としてのアラブ・イスラエル紛争、特にイスラエル・パレスチナ紛争に対する提案された解決策です。[69]

このイニシアチブは、2002年3月28日のベイルートサミットで最初に発表され、2007年にリヤドサミットで再び合意されました

平和のためのロードマップとは異なり、1967年の第三次中東戦争前に確立された国連の国境に明確に基づいた「最終解決」の国境を詳しく説明しましたヨルダン川西岸とガザ地区で「東エルサレムを首都とする独立したパレスチナ国家」を認めるために、ゴラン高原を含むすべての占領地からの軍隊の撤退と引き換えに、イスラエルとの関係の完全な正常化を提供しました。また、パレスチナ難民のための「ただの解決策」でもあります。[70]

多くのイスラエル当局者は、支持と批判の両方でこのイニシアチブに応えてきました。イスラエル政府は、パレスチナ難民問題、国土安全保障省の懸念、エルサレムの性質などの問題である「レッドライン」について留保を表明しています。[71]しかしながら、アラブ連盟は可能な解決策としてそれを提起し続けており、アラブ連盟とイスラエルの間で会合が開かれている。[72]

現状

和平プロセスはこれまで「二国家解決」を前提としてきたが、紛争を終わらせるという双方の決意に向けて疑問が投げかけられている。[73] 2013年3月にAtlantic誌のウェブサイトに掲載された、米国の起業家であり、米国ワシントンの中東平和センターの創設者であるS. Daniel Abrahamによる記事は、次の統計を引用しています。イスラエル、ヨルダン川西岸、ガザに住むユダヤ人とアラブ人の総数は1,200万人弱です。現在、人口の50%未満がユダヤ人です。」[74]

イスラエルの和解政策

ヨルダン川西岸のヘブロンに住むイスラエル人

イスラエルは、パレスチナ自治区での和解の成長と政策を、二国家解決の実行可能性をますます弱体化させ、交渉を再開するというイスラエルの公約に反して実行しているとして、欧州連合から厳しく批判されてきました。[75] [76] 2011年12月、国連安全保障理事会のすべての地域グループは、継続的な入植地建設と入植者の暴力を交渉の再開を妨害するものとして挙げ、ロシアはこの呼びかけを「歴史的一歩」と見なした。[77] [78] [79]2012年4月、国際的な怒りはイスラエルの措置に従い、東エルサレムを含む西岸のユダヤ人入植地をさらに定着させました。これには、入植者の家の入札の公開や入植者の前哨基地の合法化の計画が含まれていました。英国は、この動きは、1967年以降に占領された土地のすべての入植地拡大を凍結するというロードマップの下でのイスラエルの公約の違反であると述べた。 2つの状態のソリューションの実行可能性」。[80] 2012年5月、欧州連合 の27人の外相は、イスラエルの入植者による暴力と煽動の継続を非難する声明を発表した。[81]同様の動きで、カルテットは「西岸で進行中の入植者の暴力と煽動に対する懸念を表明し」、イスラエルに「そのような行為の加害者を裁判にかけることを含む効果的な措置をとること」を求めた。[82]パレスチナのマアン通信社は、この問題に関するPA内閣の声明は、東エルサレムを含む西側が「占領軍からの明確な保護を受けて、国民に対する煽動と開拓者の暴力の激化を見ている」と述べたと報告した。最後は、東エルサレムでの何千人もの入植者の行進であり、暴力を殺し、憎み、支持することを扇動するスローガンが含まれていました。[83]

イスラエル憲兵

2014年2月に発行された、2011年から2013年の3年間のインシデントを対象としたレポートでは、アムネスティインターナショナルイスラエル軍はヨルダン川西岸で無謀な暴力を振るい、場合によっては戦争犯罪に等しい意図的な殺害に従事しているように見えると主張した。多数の死者に加えて、アムネスティは、67人の子供を含む少なくとも261人のパレスチナ人がイスラエルの実弾の使用によって重傷を負ったと述べた。この同じ時期に、6人の子供を含む45人のパレスチナ人が殺されました。アムネスティによる25人の民間人の死亡に関するレビューでは、パレスチナ人が差し迫った脅威をもたらしているという証拠はなかったと結論付けています。同時に、8000人以上のパレスチナ人がゴムでコーティングされた金属弾を含む他の手段で重傷を負いました。イスラエルに入国しようとしたパレスチナ人を不法に殺害したIDF兵士1人だけが有罪判決を受けた。兵士は降格され、5か月の停職で1年の刑が言い渡されました。[84] [85]

煽動

致命傷を負ったイスラエルの男子生徒、2011年

摩擦を抑えるために規制機関を設立することになっていたオスロ合意に続いて、イスラエル、ユダヤ人、シオニズムに対するパレスチナの扇動は、イスラエルがパレスチナ領土での定住を追求したのと並行して続いた[86]が、アブ・マゼンの下では減少したと伝えられている。大幅。[87]煽動の容疑は相反するものであり、[88] [89]双方は、パレスチナとイスラエルの報道機関のメディア声明を煽動を構成していると解釈している。[87]イスラエルの用法では、この用語は、パレスチナの教科書でイスラエルの文化と歴史に言及していないこともカバーしています。[90] イスラエル人であろうとパレスチナ人であろうと、殺人攻撃の加害者は、政治家からのさまざまなレベルの非難にもかかわらず、彼らのコミュニティのセクションからの強力な声の支持をしばしば見つけます。[91] [92] [93]

紛争の両当事者は、地域との歴史的なつながりを軽視したり、プロパガンダの地図を教えたり、子供たちにいつか軍隊に加わるように教えたりすることで子供たちに煽動を教えたとして、第三者から批判されてきました。[94] [95]

国連とパレスチナ国家

PLOは、国連のパレスチナ州の正会員の地位と1967年の国境での承認を求めてキャンペーンを行ってきました。二国間交渉を回避したとして米国とイスラエルから批判されているが、広く支持されているキャンペーン[96] [97] 。[98] [99]ネタニヤフはパレスチナ人が直接会談を迂回しようとしていると批判しているが[100]、アッバスはイスラエルとユダヤ人入植地の継続的な建設が二国家解決の「現実的な可能性を損なう」と主張している。[101]パレスチナは国連安全保障理事会によって正会員の地位を否定されているが[102]2012年後半、国連総会は、非加盟国の地位を付与することにより、パレスチナの主権の事実上の承認を圧倒的に承認しました。[103]

公的支援

世論調査のデータは、二国家解決に対するパレスチナ人の支持のレベルに関してさまざまな結果を生み出しました。世論調査は2011年にヘブライ大学によって実施されました。それは、イスラエル人とパレスチナ人の両方の間で二国家解決への支持が高まっていることを示していました。世論調査では、イスラエル人の58%とパレスチナ人の50%が、クリントンパラメータに基づく二国家解決を支持していることがわかりました。世論調査では、両方の人口の増加する割合が暴力の終焉を支持していることもわかりました。パレスチナ人の63%とイスラエル人の70%が暴力の終焉を支持し、イスラエル人は2%、パレスチナ人は5%増加しました。年。[104]

係争中の問題

以下に概説する立場は、両当事者の公式の立場です。ただし、どちらの側も単一の位置を保持していないことに注意することが重要です。イスラエル側とパレスチナ側の両方に、穏健派と過激派の両方の団体、およびハト派タカ派の団体が含まれています。

イスラエルとパレスチナの紛争を解決する上での主な障害の1つは、参加者間の根深い不信感の高まりです。一方的な戦略と強硬派の政治的派閥のレトリックは、お互いに対する民間人による暴力と煽動と相まって、相互の敵意と敵意、そして和平プロセスへの信頼の喪失を助長しました。パレスチナ人のハマスへの支持はかなりのものであり、そのメンバーは一貫してイスラエルの破壊を求めており、暴力は依然として脅威であるため、多くのイスラエル人にとって安全が最大の関心事になっています。イスラエル人入植地の拡大ヨルダン川西岸では、パレスチナ人の大多数が、イスラエルが合意に達することを約束しているのではなく、その安全を提供するためにこの領土に対する恒久的な支配を確立することを追求していると信じるようになりました。[105]

エルサレム

グレーターエルサレム、2006年5月。CIAが入植地と見なすものに加えて、難民キャンプ、柵、壁を示すCIA リモートセンシングマップ

エルサレムの支配は特にデリケートな問題であり、それぞれの側が都市に対する主張を主張しています。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つの最大のアブラハムの宗教は、エルサレムを彼らの宗教的および歴史的物語の重要な舞台として保持しています。エルサレムはユダヤ教にとって最も神聖な都市であり、神殿の山にあるユダヤ人の寺院のかつての場所であり、古代イスラエル王国の首都でした。イスラム教徒にとって、エルサレムは3番目に神聖な場所であり、イスラーとミラージのイベント、およびアルアクサモスクの場所です。キリスト教徒にとって、エルサレムはイエスのはりつけ聖墳墓教会の場所です。

クネセト最高裁判所含むイスラエル政府は、西エルサレムの「新しい都市」に位置し、1948年のイスラエルの創設以来続いています。イスラエルが6日間の戦争でヨルダンの支配下にあった東エルサレムを占領した後、完全なものと見なされました。東エルサレムの行政管理。1980年、イスラエルは「完全で統一されたエルサレムはイスラエルの首都である」と宣言するエルサレム法を可決しました。[106]

米国[107]とロシアを除いて、多くの国はエルサレムをイスラエルの首都として認識していません。[108]国連加盟国の大多数とほとんどの国際機関は、1967年の第三次中東戦争後に起こった東エルサレムに対するイスラエルの主張も、1980年のエルサレム法の宣言も認めていない。[109]国際司法裁判所は、「占領されたパレスチナ領土における壁の建設の法的結果」に関する2004年の勧告的意見において、東エルサレムを「占領されたパレスチナ領土」と表現した。[110]

2005年の時点で、エルサレムには719,000人以上が住んでいます。465,000人はユダヤ人(主に西エルサレムに住んでいる)であり、232,000人はイスラム教徒(主に東エルサレムに住んでいる)でした。[111]

2000年から2001年のキャンプデービッドとタバサミットで、米国は、エルサレムのアラブの部分が提案されたパレスチナ国家に与えられ、エルサレムのユダヤの部分がイスラエルに与えられるという計画を提案しました。テンプルマウントの下でのすべての考古学的作業は、イスラエル政府とパレスチナ政府によって共同で管理されます。双方は原則として提案を受け入れたが、首脳会談は最終的に失敗した。[112]

イスラエルは、エルサレムの近隣がパレスチナ人の支配下に置かれる場合、その住民の安全に懸念を表明します。エルサレムは、1967年以来、民間人の標的に対する過激派グループによる攻撃の主要な標的となっています。多くのユダヤ人の近隣地域がアラブ地域から発砲されています。これらの地域がパレスチナ国家の境界にあるとすれば、アラブ地域の近接性は、ユダヤ人居住者の安全を脅かすほど近くなるでしょう。[113]

聖地

イスラエルは、パレスチナ人の支配下にある可能性のあるユダヤ人の聖地の福祉について懸念を抱いています。エルサレムがヨルダンの支配下にあったとき、ユダヤ人は嘆きの壁や他のユダヤ人の聖地を訪れることを許されず、オリーブ山のユダヤ人墓地は冒涜されました。[112] 1975年以来、イスラエルは、ユダヤ人とイスラム教徒の両方によって神聖であると見なされている神社であるジョセフの墓でイスラム教徒が崇拝することを禁止している。入植者はイェシーバーを設立し、トーラーの巻物を設置し、ミフラーブを覆いました。第2次インティファーダの期間中、サイトは略奪され、焼失しました。[114] [115]イスラエルの治安機関は、攻撃を計画しているユダヤ人の過激派を定期的に監視して逮捕していますが、多くの重大な事件がまだ発生しています。[116]イスラエルは、テンプルマウントに対するイスラム教徒の信頼(ワクフ)のほぼ完全な自治を許可した。[112]

パレスチナ人は、イスラエルの支配下にあるキリスト教徒とイスラム教徒の聖地の福祉について懸念を表明しています。[117]さらに、一部のパレスチナ人擁護者は、モスクの崩壊を引き起こすことを意図して西壁トンネルが再開されたと主張する声明を出した。[118]イスラエル外務省は、1996年の国連への演説でこの主張を否定し[119]、この声明を「レトリックのエスカレーション」と特徴づけた。[120]

パレスチナ難民

パレスチナ難民、1948年

パレスチナ難民は、1948年のアラブとイスラエルの紛争[121]と1967年の第三次中東戦争の結果として家と生計手段の両方を失った人々です[122]イスラエルの創設後に逃亡または追放されたパレスチナ人の数は、1949年に711,000人と推定された。[123]これらの元のパレスチナ難民の子孫は、国連救援活動機関が提供する登録およびサービスの資格もある。近東のパレスチナ難民(UNRWA)、2010年の時点で470万人。[124] 1967年のアラブ・イスラエル戦争中に、35万人から40万人のパレスチナ人が追放された。[122]難民の3分の1は、ヨルダン、レバノン、シリア、ヨルダン川西岸ガザ地区にある公認の難民キャンプに住んでいます。残りは、これらの受入国の都市や町とその周辺に住んでいます。[121]

これらの人々のほとんどはイスラエル国外で生まれましたが、元々のパレスチナ難民の子孫です。[121]ヤーセル・アラファトなどのパレスチナの交渉担当者[ 125]は、これまでのところ、難民は1948年と1967年以前に住んでいた場所に戻る権利があると公に主張しており、1949年停戦線内のものも含まれてます証拠としての人権国連総会決議194 。しかし、イスラエルとの私的和平交渉の報告によると、彼らは和平合意の一環として、わずか10,000人の難民とその家族がイスラエルに帰還したことを認めている。マフムード・アッバース、現在の会長パレスチナ解放機構は、個人的な議論の中で、「イスラエルに500万、実際には100万を奪うよう求めるのは非論理的だ。それはイスラエルの終焉を意味する」と述べたと報じられた。[126]さらなるインタビューで、アッバスは、1935年に生まれたガリラヤ北部のツファットに戻る自動的な権利はもはやないと述べた。彼は後に、その発言は彼の個人的な意見であり、公式の方針ではないことを明らかにした。[127]

2002年のアラブ和平イニシアティブは、難民問題の「公正な解決」の妥協案を提案したと宣言した。[128]

パレスチナ人および国際的な作家は、いくつかの理由でパレスチナ難民の帰還権を正当化した:[129] [130] [131]

  • より広い新しい歴史家に含まれる何人かの学者は、パレスチナ難民がシオニスト準軍組織であるハガナー、リーハイイルグン行動によって追い出されたり追放されたりしたと主張している。[132] [133]多くの人が、これを民族浄化として特徴づけています。[134] [135] [136] [137]新しい歴史家は、パレスチナのアラブ人が置かれたままでいることを望んでいるアラブの指導者たちの兆候を引用している[138]

Shlaim(2000)は、1948年4月から、イスラエルになる予定の軍隊が、アラブの村の破壊と民間人の強制退去を含む新しい攻撃戦略に着手したと述べています。

2002年の第2次インティファーダで取り壊されたバラタ 難民キャンプの家
  • 世界中のどこからでもユダヤ人に市民権を与えるイスラエルの帰還法は、非ユダヤ人、特にそのような市民権を申請したり、コース中に追放または逃亡した地域に戻ることができないパレスチナ人に対する差別と見なされる人もいます。 1948年の戦争の。[139] [140] [141]
  • 1948年に採択された国連決議194によれば、「家に帰り、隣人と平和に暮らすことを望む難民は、実行可能な最も早い日にそうすることを許可されるべきであり、その補償はそれらの財産に対して支払われるべきである。国際法の原則の下で、または公平に、責任のある政府または当局によって改善されるべきである財産の損失または損害のために、返還しないことを選択する。」[142] 国連決議3236は、「パレスチナ人が避難して根こそぎにされた家や財産に戻るという不可侵の権利も再確認し、彼らの帰還を要求している」。[143] 国連決議242「難民問題の公正な解決を達成する」必要性を確認する。しかし、決議242は、「公正な和解」が文字通りのパレスチナ難民の帰還権の形でなければならない、またはそうあるべきであるとは規定していません。[144]

反対意見の最も一般的な議論は次のとおりです。

  • イスラエル政府は、アラブ難民問題の大部分は、ヨルダンを除くすべてのアラブ政府が、これらの国の国境内に居住するパレスチナ人アラブ人に市民権を与えることを拒否したことによって引き起こされていると主張しています。MFAの文書によると、これは難民の貧困と経済問題の多くを生み出しました。[145]
  • パレスチナ難民問題は、他の難民を扱う当局とは別の当局によって取り扱われています。つまり、 UNHCRではなくUNRWAによって取り扱われています。パレスチナ難民であると自認している人々のほとんどは、そうでなければ現在の居住国に同化され、別の組織がなければ難民の状態を維持しなかったでしょう。[146]
  • パレスチナ難民の起源に関して、イスラエル政府の公式版は、1948年の戦争中に、アラブ高等委員会とアラブ諸国が、ユダヤ人国家の敗走を容易にするためにパレスチナ人に逃亡することを奨励したか、恐れによって戦いから逃れる。[145]パレスチナの物語は、戦争前から確立された計画に従って、難民がユダヤ人民兵とイスラエル軍によって追放され、処分されたというものである。[要出典]歴史家は、1948年のパレスチナ人の脱出の原因についてまだ議論しています。
  • アラブ世界で反ユダヤ主義の暴力から逃れた90万人のユダヤ人難民は、かつての居住国から補償も帰国もされなかったため、アラブの指導者の側に異議を唱えることなく、それが責任であるという前例が設定されました。難民を受け入れて彼らを同化させる国。[147] [148] [149]
  • イスラエルは、パレスチナのディアスポラが新しいパレスチナ国家に戻る権利を認めていますが、イスラエルは、現在のイスラエル国家に戻ることは、ユダヤ人国家の安定にとって大きな危険であると主張しています。パレスチナ難民の流入はイスラエル国家の破壊につながるでしょう。[150] [151]
  • 歴史家のベニー・モリスは、パレスチナの70万人の難民のほとんどが「戦争のフレイル」のために逃げ、アラブの侵略が成功した直後に帰国すると予想していると述べています。彼は、アラブの指導者がハイファで起こったようにコミュニティ全体の避難を助言した事例を記録している。しかし、彼の学術研究において、彼は、実行された追放があったと結論付けています。[152] [153]モリスは、追放はアラブ人自身によって引き起こされた国内紛争の結果であると考えている。[153]ハアレツとの2004年のインタビューで、彼は出エジプトは主にベングリオンによって促進され、軍の指導者によって理解された移籍の雰囲気から生じたものであると述べた。彼はまた、「民族浄化を正当化する歴史上の状況がある」と主張した。[154]彼は、政治学者のノーマン・フィンケルスタインから、歴史的理由ではなく政治的理由で彼の見解を変えたように見えると批判されてきた。[155]
  • Karshによれば、パレスチナ人は1948年から1949年の戦争で、近隣の民族コミュニティを「浄化」しようとした侵略者でした。1947年11月29日の国連決議でパレスチナの分割がアラブ世界によって強制的に破壊されなかったとすれば、そもそも難民問題はなかっただろう。彼は、幻滅と経済的貧困のために、1948年の戦争が勃発する前でさえ多くのパレスチナ難民が去ったと報告している。英国委任統治領パレスチナ長官は、「パレスチナでのアラブの士気の崩壊」について、「彼らを国外に導くべき人々の増加傾向」とアラブのエフェンディ階級のかなりの避難に部分的に起因していると述べた。[156]

イスラエルの安全保障上の懸念

2011年のイスラエル南部の国境を越えた攻撃の余波で自爆テロ犯に襲われたエゲッドバスの残骸8人が死亡し、約40人が負傷した。

紛争中、パレスチナ人の暴力はイスラエル人にとって懸念事項でした。イスラエル[157]は、米国[158]および欧州連合とともに、パレスチナの過激派によるイスラエルの民間人および軍隊に対する暴力をテロリズムと呼んでいます。イスラエルの民間人に対するパレスチナ人の暴力の背後にある動機は多く、すべての暴力的なパレスチナ人グループが詳細について互いに同意しているわけではありません。それにもかかわらず、共通の動機は、イスラエルを破壊し、それをパレスチナのアラブ国家に置き換えたいという願望です。[159]ハマスパレスチナのイスラム聖戦などの最も著名なイスラム教徒グループは、イスラエルとパレスチナの紛争を宗教的なジハードと見なしている。[160]

ハマス、イスラム聖戦、アルアクサ殉教者旅団などのパレスチナ組織では自爆テロが戦術として使用されており、特定の自爆攻撃はパレスチナ人の間で84%もの支持を受けています。[161] [162]イスラエルでは、パレスチナの自爆テロ犯が民間のバス、レストラン、ショッピングモール、ホテル、市場を標的にしています。[163] 1993年から2003年にかけて、303人のパレスチナ人の自爆テロ犯がイスラエルを攻撃した。

イスラエル政府は、2003年7月に多数の自爆テロとテロ攻撃を受けて、セキュリティバリアの建設を開始しました。イスラエルの連合政府は、イスラエルと西岸の間のグリーンラインの北部にあるセキュリティバリアを承認しました。IDFによると、柵の建設以来、テロ行為は約90%減少しました。[164]

2001年以来、パレスチナの領土からイスラエルに発射されたカッサームロケットの脅威は、イスラエルの防衛当局にとって引き続き大きな懸念事項となっています。[165]イスラエルがガザ地区から撤退した翌年の2006年、イスラエル政府はそのような発射を1,726回記録し、2005年に発射されたロケットの総数の4倍以上になりました。[157] 2009年1月の時点で、8,600発以上のロケットが発射されました[166] [167]広範囲にわたる心理的トラウマと日常生活の混乱を引き起こしている。[168] 2010年1月から9月に500発以上のロケットと迫撃砲がイスラエルを攻撃し、2012年1月から11月1,947発以上のロケットがイスラエルを攻撃した

ベエルシェバ市で発射されたハマスグラッドロケットで負傷したイスラエルの子供が病院に運ばれる

ハイファ大学が実施した調査によると、イスラエル人の5人に1人が、パレスチナ人のテロ攻撃で親戚や友人を失いました。[169]

イスラエル国内では、国の安全保障上の懸念にどのように対処するかについて重要な議論があります。オプションには、軍事行動(標的を絞った殺害とテロ工作員の家屋の取り壊しを含む)、外交、平和への一方的なジェスチャー、およびチェックポイント、障害物、セキュリティバリアなどのセキュリティ対策の強化が含まれています。上記のすべての戦術の合法性と知恵は、さまざまなコメンテーターによって疑問視されてきました。[20] [信頼できない情報源?]

2007年6月中旬以降、ヨルダン川西岸における治安上の懸念に対処するイスラエルの主な手段は、パレスチナ自治政府の治安部隊への米国が後援する訓練、装備、資金提供に協力し、許可することでした。ハマスの西岸支持者を鎮圧する。[170]

イスラエル国外でのパレスチナ人の暴力

一部のパレスチナ人は、イスラエルとの闘いを口実に世界中で暴力行為を行っています。アメリカ人[171]やヨーロッパ人[172]を含む多くの外国人が、パレスチナの過激派によって殺害され、負傷しました。オスロ合意に署名して以来、少なくとも53人のアメリカ人がパレスチナ人の暴力によって殺され、83人が負傷しました[173] [信頼できない情報源?]

1960年代後半、PLOは国際テロの使用でますます悪名高くなりました。1969年だけでも、PLOは82機の飛行機のハイジャックを担当していました。エルアル航空は定期的なハイジャックの標的になりました。[174] [175]パレスチナ解放人民戦線によるエールフランス139便のハイジャックは、イスラエルの特殊部隊が人質の大部分を首尾よく救出し た人質救出作戦中に最高潮に達した。

しかし、最も有名で悪名高いテロ行為の1つは1972年のオリンピックでの11人のイスラエル人アスリートの捕獲と最終的な殺害でした。[176]

他のパレスチナ人に対するパレスチナ人の暴力

ライバルのパレスチナとアラブの運動の間で戦うことは、パレスチナの過激派に対するイスラエルの安全保障政策を形作る上で、そしてパレスチナの指導者自身の政策において重要な役割を果たしてきました。[要出典] 1930年代のパレスチナでの反乱では、アラブ軍はシオニストや英国軍と小競り合いをしながら互いに戦い、現在まで内戦が続いています。レバノン内戦中パレスチナ人のバースチナ人はパレスチナ解放機構から離脱し、シーア派アマル運動と同盟を結び、数千人のパレスチナ人を殺害した血なまぐさい内戦と戦った。[177][178]

1次インティファーダでは、パレスチナ解放機構がイスラエルの治安部隊の情報提供者や協力者の容疑者を取り締まるために開始したキャンペーンで、1,000人以上のパレスチナ人が殺害されました。パレスチナ自治政府は、申し立てられた協力者の扱いについて強く批判され、権利団体は、これらのラベルの付いた協力者が公正な裁判を拒否されたと不満を述べた。パレスチナ人権監視グループが発表した報告によると、殺害された人々の45パーセント未満が実際にイスラエルに情報を提供したことで有罪となった。[179]

疑わしい協力者に対する方針は、パレスチナの指導者によって署名された合意に違反しています。Oslo II協定の第XVI(2)条は、次のように述べています。[180]

「イスラエル当局との接触を維持しているパレスチナ人は、嫌がらせ、暴力、報復、または起訴の対象にはなりません。」

この規定は、パレスチナの指導者が、ヨルダン川西岸とガザ地区の占領中にイスラエルのために働いていた仲間のパレスチナ人に報復を課すことを防ぐために設計されました。

ガザ地区では、ハマスの当局者が、彼らの支配に反対する何千人ものファタハのメンバーや他のパレスチナ人を拷問し、殺害しました。ガザの戦いの間に、150人以上のパレスチナ人が4日間で亡くなりました。[181]パレスチナ人の間の暴力は、一部の評論家によって内戦として説明された。2007年までに、600人以上のパレスチナ人がハマスとファタハの間の闘争の間に亡くなりました。[182]

国際的な地位

2011年12月、オスロ合意に基づいてイスラエルが管理する青と赤のエリアC

イスラエルに関する限り、パレスチナ自治区の管轄は、PLOと署名したオスロ合意に由来します。この合意の下で、パレスチナ自治区(エリアA)の都市の支配権を獲得し、周辺の田園地帯はイスラエルの治安下にあり、パレスチナ自治区(エリアB)または完全なイスラエル民政局(エリアC)。イスラエルは、イスラエル人がエリアAのパレスチナの都市に入ることなくエリアを横断できるように追加の高速道路を建設しました。パレスチナ自治政府の管理下にある最初のエリアは多様で隣接していません。地域は、オスロIIワイリバーシャルムエルシェイクなどのその後の交渉によって時間とともに変化してきました。パレスチナ人によると、分離された地域は、実行可能な国を作ることを不可能にし、パレスチナの安全保障の必要性に対処することができません。イスラエルは、一部のエリアBからの撤退に同意しなかったため、パレスチナのエリアの分割は減少せず、イスラエルのチェックポイントなしで、これらのエリア間のセーフパスシステムが確立されました。

オスロ合意の下で、安全対策として、イスラエルはパレスチナ自治区へのすべての陸、海、空の国境通過に対する管理と、輸出入管理を設定する権利を主張しました。これは、イスラエルが軍事的に重要な資料や潜在的に危険な人物の領土への入国を管理できるようにするためです。

パレスチナ国家の国際的承認に関するPLOの目的は、イスラエルによって、オスロ合意と矛盾する挑発的な「一方的な」行為であると見なされています。

水資源

中東では、水資源は大きな政治的関心事です。イスラエルは、グリーンラインの下に続く2つの大きな地下帯水層から多くの水を受け取っているため、この水の使用はイスラエルとパレスチナの紛争で論争を呼んでいます。イスラエルはこれらの地域からほとんどの水を汲み上げていますが、ヨルダン川西岸にも年間約4,000万立方メートルの水を供給しており、ヨルダン川西岸のパレスチナ人の給水量の77%に貢献しています。[183]

イスラエルがヨルダン川西岸を占領し始めて以来、この水の消費量は減少していますが、それでもその大部分を消費しています。1950年代に、イスラエルは西帯水層の水生産量の95%を消費し、北東帯水層。この水は1967年以前の国境のイスラエル側に完全に引き込まれましたが、それでも水源はヨルダン川西岸とイスラエルの両方の下にある共有地下水盆地からのものです。[184]

オスロII合意では、双方は「資源からの既存の利用量」を維持することに合意した。そうすることで、パレスチナ自治政府は、合同水委員会(JWC)を条件として、ヨルダン川西岸でのイスラエルの水生産の合法性を確立しました。さらに、イスラエルはこの協定において、パレスチナの生産を補うために水を提供することを義務付け、さらに、同じく合同水委員会の対象となる東部帯水層での追加のパレスチナ掘削を許可することに合意した。[185]多くのパレスチナ人は、オスロII協定は一時的な決議であることが意図されており、10年以上後も効力を維持することを意図していないと反論している。

1999年、イスラエルの外務省は、暫定合意に基づく義務を引き続き尊重すると述べた。[186]イスラエルが受け取る水は、主にヨルダン川の水系、ガリラヤ湖、および2つの地下水源から供給されます。2003年のBBCの記事によると、パレスチナ人はヨルダン川システムへのアクセスを欠いています。[187]

国連食糧農業機関による2008年の報告によると、ゴアのイスラエル人入植地の利益のために水資源が没収されました。ヨルダン川のパレスチナ人灌漑ポンプは、1967年の戦争後に破壊または没収され、パレスチナ人はヨルダン川水系からの水を使用することを許可されませんでした。さらに、当局は、パレスチナの農民による新しい灌漑用井戸の掘削を許可しなかったが、西岸地区とガザ地区のユダヤ人入植地での淡水と灌漑用の井戸の掘削を許可した。[188]

報告書は2012年8月に国連によって発表され、占領されたパレスチナ領土の国連居住者および人道コーディネーターであるマックス・ゲイラードは、出版物の発表時に次のように説明しました。その結果、ガザの人々は十分な飲料水と電気を手に入れたり、子供たちを学校に行かせたりするのにさらに苦労するでしょう。」ゲイラードは、国連児童基金(UNICEF)のジャン・ゴフ、および近東のパレスチナ難民のための国連救援活動機関(UNRWA)のロバート・ターナーと一緒に出席しました。報告書は、ガザの人口が2020年に160万人から210万人に増加し、1平方キロメートルあたり5,800人以上の密度になると予測しています。[189]

将来と資金調達

多くの外国や国際機関が、パレスチナおよびイスラエルの水当局と二国間協定を結んでいます。2003年から2015年までの計画期間には、ヨルダン川西岸に約11億米ドル、8億米ドル[明確化が必要]の将来の投資が必要であると推定されています。 [190]

パレスチナ自治区の水セクターを支援し改善するために、多くの二国間および多国間機関が多くの異なる水と衛生プログラムを支援してきました。

イスラエルには3つの大規模な海水淡水化プラントがあり、2014年までにさらに2つがオープンする予定です。4番目のプラントが稼働すると、イスラエルの水の65%が淡水化プラントから供給されると財務大臣のYuvalSteinitz博士は述べています。[191]

2012年後半、オランダ政府から2,160万ドルの寄付が発表されました。オランダ政府は、特定の利益のために、国連パレスチナ難民救済事業庁(UNRWA)に資金を提供すると発表しました。パレスチナの子供たちの。国連ニュースのウェブサイトに掲載された記事は次のように述べています。「2,160万ドルのうち、5.7ドルが占領されたパレスチナ領土に対するUNRWAの2012年緊急アピールに割り当てられます。彼らが直面している悪化する状況の難民。」[189]

ヨルダン川西岸のイスラエル軍による占領

2011年ビルインで開催された土地の没収に抗議

占領下のパレスチナ自治区は、東エルサレム[192]やガザ地区を含む西岸を指すために国連が使用する用語です。ガザ地区は1967年の第三次中東戦争中にイスラエルによって占領され、以前はエジプトによって支配されていました。とヨルダン。[193]イスラエル政府は、紛争地域という用語を使用して、一部の地域は占領とは言えない。これは、明確な権利を持っている国がなく、イスラエルが1967年6月に領土を取得したときに外交上の取り決めがなかったためであると主張している。[194] [195]

1980年、イスラエルは東エルサレムを併合しました。[196]イスラエルは、東エルサレムまたはガザ地区を除いて、ヨルダン川西岸を併合したことはなく、国連は、「すべての主張または好戦的な状態の根絶と、主権、領土保全の尊重および承認を要求した。地域内のすべての国家の政治的独立と、脅威や力の行為のない安全で認められた境界内で平和に暮らす権利」、そしてイスラエル軍が「最近の紛争で占領された領土から」撤退すること-その意味と意図後者のフレーズは争われています。解釈を参照してください

ヨルダン川西岸の最もアラブ人が住む地域(主要なユダヤ人入植地を除く)、およびガザ地区全体は、最終的には独立したパレスチナ国家の一部でなければならないというのがイスラエルの立場でした。ただし、この状態の正確な境界は問題です。たとえば、キャンプデービッドでは、当時イスラエルのエフードバラック首相がアラファトに非軍事化されたパレスチナ国家を樹立する機会を提供しました。提案された州は、西岸の77%が2つまたは3つの領域に分割され、その後に次のようになります。6〜21年後に西岸の86〜91%が増加。自治権はあるが、イスラエルの領土に囲まれた東エルサレムのアラブ地区の一部の主権ではない。ガザ地区全体。そしてほとんどの集落の解体。[53]アラファトは、反対の申し出を提供せずに提案を拒否しました。

クリントン大統領によって提案されたその後の和解は、西岸の94から96パーセント以上のパレスチナの主権を提供しましたが、52の反対で同様に拒否されました。[52] [197] [198] [199] [200]アラブ連盟は、1967年6月の国境に基づいて交渉された2つの州の和解の一環として、マイナーで相互に合意された土地交換の原則に同意した。[201]米国の公式政策は、1967年の国境を最終的な和平合意の基礎として使用するという理想も反映している。[202] [203]

一部のパレスチナ人は、ヨルダン川西岸、ガザ地区、東エルサレムのすべてに権利があると主張しています。イスラエルは、安全上の懸念から、また当時の有効な外交協定の欠如はこの土地の所有権と境界が議論の余地があることを意味するため、この土地すべてを譲渡しないことは正当であると言います。[125]パレスチナ人は、この主張の削減は彼らの権利の深刻な剥奪であると主張しています。交渉において、彼らは、この土地の境界を減らすためのいかなる動きも、彼らの主要な利益に反する敵対的な動きであると主張している。イスラエルはこの土地が紛争中であると考えており、交渉の目的は最終的な国境がどうなるかを定義することであると感じています。ハマスのような他のパレスチナ人グループは、過去に、パレスチナ人はヨルダン川西岸、ガザ地区、東エルサレムだけでなく、イスラエル全体を支配しなければならないと主張してきました。このため、ハマスは和平プロセスを「宗教的に禁じられており、政治的に考えられない」と見なしている。[160]

ヨルダン川西岸のイスラエル人入植地

アリエル大学の本拠地、アリエルの近所

アリゾナ州緊急軍事局(DEMA)によると、「6日間の戦争後の数年間、特に和平プロセス中の1990年代に、イスラエルは1929年と1948年に破壊されたコミュニティを再建し、多数のヨルダン川西岸の新しい入植地。」[204]これらの集落は、2009年の時点で、約301,000人が住んでいます。[205] DEMAは、「集落のほとんどは西岸の西部にあり、他の集落はパレスチナの領土の奥深くにあり、パレスチナの都市を見下ろしている。これらの集落は多くの地域間紛争の場所であった」と付け加えた。[204]ヨルダン川西岸、そして2005年まではガザ地区におけるイスラエル人入植地の問題は、英国によって説明されてきた。[206]そして和平プロセスへの障害としてのWEU [207] 。国連と欧州連合はまた、和解を「国際法の下で違法」と呼んでいます。[208] [209]

しかし、イスラエルはこれに異議を唱えています。[210]何人かの学者と評論家は、彼らの議論を裏付ける最近の歴史的傾向を引用して、和解が違法であるという評価に反対している。[211] [212]和解の合法性を正当化する人々は、ジュネーブ第4条約の第2条と第49条、および国連安全保障理事会決議242に基づく議論を使用します[213]実用的なレベルでは、パレスチナ人が表明したいくつかの反対意見は、集落が耕作可能な土地、水、その他の資源など、パレスチナの町が必要とする資源を転用することです。そして、その入植地は、安全上の配慮のために、パレスチナ人が地方道路を自由に移動する能力を低下させます。

2005年には、イスラエルのアリエル・シャロン首相が提唱した提案であるイスラエルの一方的な撤退計画が制定されました。ガザ地区のユダヤ人入植地のすべての居住者は避難し、すべての住宅は取り壊されました。[214]

さまざまな調停者とさまざまな提案された合意は、現在西岸に存在する和解の一部を保持しているイスラエルに対してある程度の開放性を示しています。この開放性は、イスラエルとパレスチナの領土主張の間の真の妥協点を見つけたいという願望など、さまざまな考慮事項に基づいています。[215] [216]

将来の侵略に備えて、西岸の土地と集落の一部を緩衝材として保持する必要があるというイスラエルの立場[217]と、一部の集落は、運用上の外交協定がなかったときに形成されたため、合法であるというイスラエルの立場。いかなる合意にも違反しない。[194] [195]

元米国大統領のジョージ・W・ブッシュは、「地上の新しい現実」のために、イスラエルが1949年の休戦協定に完全に戻ることを期待していないと述べた。[218]クリントン政権によって提示された主要な妥協案の1つは、イスラエルが西岸にいくつかの入植地、特に1967年以前のイスラエルの国境近くの大きなブロックにあった入植地を維持することを可能にしたであろう。その見返りに、パレスチナ人は国の他の地域で土地の譲歩を受けていただろう。[215]オバマ政権は、ヨルダン川西岸の集落での建設の完全な凍結を平和への重要な一歩と見なした。2009年5月と6月、バラク・オバマ大統領は「米国はイスラエル人入植地の継続の正当性を受け入れていない」と述べた。[219]と国務長官のヒラリー・クリントンは、大統領は「入植地の停止を望んでいる。一部の入植地、前哨基地、「自然成長」の例外ではない」と述べた。[220]しかし、オバマはその後、パレスチナ自治政府との和平交渉を継続するための前提条件として、米国がイスラエルにヨルダン川西岸の和解建設を停止するよう圧力をかけることはないと宣言した。[221]

ガザ封鎖

2009年のイスラエルのガザ攻撃

イスラエル政府は、安全上の理由から敵に封鎖を課すことは国際法の下で正当化されると述べています。海上封鎖を課す権限は、慣習国際法と武力紛争法の下で確立されており、国連委員会は、イスラエルの封鎖は「合法かつ適切」であると裁定しました。[222] [223]国連人道問題調整事務所によると、イスラエル政府による継続的な陸、海、空の封鎖は、国民の集団的処罰に等しい。[224]イスラエルの軍事擁護総長は、この政策について多くの理由を述べてきた。

「イスラエル国は、ガザ地区で活動しているテロ組織との継続的な武力紛争に関与している。この武力紛争は、2007年6月にハマスがガザを激しく乗っ取り、事実上の支配下にある領土を発進に変えた後、激化した。イスラエル南部のイスラエルの町や村に対する迫撃砲とロケット攻撃のパッド。」[225]

オックスファムによると、2007年にガザに輸出入禁止が課されたため、ガザの産業活動の95%が停止されました。2005年6月に3,900の工場で雇用された35,000人のうち、2007年6月に195の工場で雇用されたのはわずか1,750人でした。[226] 2010年までに、ガザの失業率は40%に上昇し、人口の80%が2ドル未満で生活しています。 1日。[227]

2008年1月、イスラエル政府は、ガザ地区での人道的危機を防ぐために必要な1人あたりのカロリー数を計算し、ガザ地区の「文化と経験」を調整するために8%を差し引きました。計算の詳細は、イスラエルの人権団体Gishaが高等裁判所に申請した後に発表されました。計画を起草したイスラエルの領土における政府活動のコーディネーターは、計画が正式に採用されたことはなく、これはギシャによって受け入れられなかったと述べた。[228] [229] [230]

2008年2月7日以降、イスラエル政府はガザに直接販売する電力を削減しました。これは、ガザに供給される工業用燃料の量に関して、「私たちが行った明確化は、冬のガザ地区への工業用ディーゼル燃料の供給を示している」というイスラエルの高等裁判所の判決に続くものです。昨年の数か月は、回答者が現在ガザ地区に許可することを約束している金額に匹敵しました。この事実は、その金額がガザ地区の重要な人道的ニーズを満たすのに合理的かつ十分であることも示しています。」パレスチナの過激派は、ナハルオズの燃料貯蔵所に燃料を届ける過程で2人のイスラエル人を殺害しました。[231]

イスラエルの計画に関して、裁判所は、「イスラエルからガザ地区に電力を供給する10本の電力線のうち3本の電力供給の5%を、2本の電力で13.5メガワットのレベルに削減することを求めている。私たち[裁判所]は、この削減は、イスラエルとガザを支配するハマス組織との間で行われている武力紛争の枠組みの中でイスラエル国に課せられた人道的義務に違反しないと確信しました。ストリップ私たちの結論は、一部、回答者のアフィダビットに基づいており、関連するパレスチナ当局は、電力線に制限が課せられた場合に負荷を軽減できると述べ、過去にこの機能を使用したことがあると述べています。」

2010年6月20日、イスラエルの安全保障内閣は、事実上すべての非軍事的または二重使用の品目がガザ地区に入ることを許可する封鎖を管理する新しいシステムを承認しました。内閣の声明によると、イスラエルは「学校、保健機関、水、衛生設備などを含むパレスチナ自治政府によって承認されたプロジェクト、および国際的な監督下にある(プロジェクト)のために指定された建設資材の移転を拡大するだろう。 。」[232]土地封鎖が緩和されたにもかかわらず、イスラエルはアシュドッド港でガザ行きの海上輸送されたすべての物品を引き続き検査する[233]

2013年4月に予定されているガザ訪問に先立ち、トルコのレジェップタイップエルドアン首相はトルコの新聞Hürriyetに、トルコとイスラエルの間の友好関係を再開するにはイスラエルによる3つの条件の履行が必要であると説明しました。襲撃(ネタニヤフ首相は2013年3月22日に電話でエルドアン首相に謝罪した)、襲撃の影響を受けた家族への補償の授与、イスラエルによるガザ封鎖の解除。トルコの首相はまた、2013年4月のガザ訪問に関連して、ヒュッリイェトのインタビューで、「約束が守られているかどうかを確認するために状況を監視する」と説明した。[234]同時に、ネタニヤフは、イスラエルがその地域で平和(「静かな」)が達成された場合にのみ、ガザ封鎖の撤廃を検討することを検討すると断言した。[235]

農業

イスラエルとパレスチナの紛争が始まって以来、紛争は土地に関するものでした。[236] 1948年の戦争後にイスラエルが州になったとき、パレスチナの土地の77%が州の創造に使用された。[要出典]当時パレスチナに住んでいた人々の大多数は他の国の難民になり、この最初の土地危機はイスラエルとパレスチナの紛争の根源になりました。[237]紛争の根源は土地にあるので、イスラエルとパレスチナの間の紛争はパレスチナの農業でよく表れている。

パレスチナでは、農業が経済の中心です。農産物の生産は、人口の栄養需要を支え、パレスチナの輸出経済を活性化させます。[238]欧州パレスチナ関係評議会によると、農業部門は正式には人口の13.4%を雇用し、非公式には人口の90%を雇用している。[238]過去10年間で、パレスチナの失業率は上昇し、農業部門はパレスチナで最も貧しい部門になりました。失業率は、ガザで41%に達した2008年にピークに達しました。[239]

パレスチナの農業は、農場や農民に対するイスラエルの軍事的および民間の攻撃、農産物の輸出と必要な投入物の輸入の妨害、自然保護区のための土地の広範な没収、軍事および入植者の使用、井戸の没収と破壊など、多くの問題に苦しんでいます。西岸内の物理的障壁。[240]

ヨルダン川西岸の障壁

イスラエルとパレスチナの間の障壁とイスラエルが管理するチェックポイントの1つの例

分離壁の建設により、イスラエル国家は地域を越えた自由な移動を約束しました。ただし、国境の閉鎖、夜間外出禁止令、およびチェックポイントにより、パレスチナ人の移動は大幅に制限されています。[241] 2012年には、99の固定チェックポイントと310の飛行チェックポイントがあった。[242]国境制限はパレスチナの輸出入に影響を与え、ヨルダン川西岸とガザでのイスラエルの絶え間ない支配のために産業と農業部門を弱体化させた。[243]パレスチナ経済が繁栄するためには、パレスチナの土地に対する制限を取り除く必要があります。[240]ガーディアン世界銀行の報告によると、パレスチナ経済は、ヨルダン川西岸だけでイスラエルの規制により34億ドル(年間GDPの35%)を失いました。[244]

ボイコット

ガザでは、農業市場は、イスラエルによる経済的ボイコットと国境閉鎖および制限に苦しんでいます。[要出典] PAの農業大臣は、これらの安全対策のために2006年9月に約12億米ドルが失われたと推定しています。また、ハマス主導のパレスチナに対する西側の経済制裁が開始され、パレスチナからの輸出入量が減少しました。[要出典]この禁輸措置は、イスラエルの国家権を認めることをハマスが拒否したことによってもたらされました。その結果、PAの16万人の従業員は1年以上給与を受け取っていません。[245]

紛争の安定化に向けた行動

In response to a weakening trend in Palestinian violence and growing economic and security cooperation between Israel and the Palestinian Authority, the Israeli military has removed over 120 check points in 2010 and plans on disengaging from major Palestinian population areas. According to the IDF, terrorist activity in the West Bank decreased by 97% compared to violence in 2002.[246]

PA–Israel efforts in the West Bank have "significantly increased investor confidence", and the Palestinian economy grew 6.8% in 2009.[247][248][249][250][251]

Bank of Palestine

Since the Second Intifada, Israel has banned Jewish Israelis from entering Palestinian cities. However, Israeli Arabs are allowed to enter West Bank cities on weekends.

The Palestinian Authority has petitioned the Israeli military to allow Jewish tourists to visit West Bank cities as "part of an effort" to improve the Palestinian economy. Israeli general Avi Mizrahi spoke with Palestinian security officers while touring malls and soccer fields in the West Bank. Mizrahi gave permission to allow Israeli tour guides into Bethlehem, a move intended to "contribute to the Palestinian and Israeli economies."[252]

Mutual recognition

Beginning in 1993 with the Oslo peace process, Israel recognizes "the PLO as the representative of the Palestinian people", though Israel does not recognize the State of Palestine.[253] In return, it was agreed that Palestinians would promote peaceful co-existence, renounce violence and promote recognition of Israel among their own people. Despite Yasser Arafat's official renunciation of terrorism and recognition of Israel, some Palestinian groups continue to practice and advocate violence against civilians and do not recognize Israel as a legitimate political entity.[25][254][unreliable source?] Palestinians state that their ability to spread acceptance of Israel was greatly hampered by Israeli restrictions on Palestinian political freedoms, economic freedoms, civil liberties, and quality of life.

It is widely felt among Israelis that Palestinians did not in fact promote acceptance of Israel's right to exist.[255][256] One of Israel's major reservations in regards to recognizing Palestinian sovereignty is its concern that there is not genuine public support by Palestinians for co-existence and elimination of militantism and incitement.[255][256][257] Some Palestinian groups, including Fatah, the political party founded by PLO leaders, state they are willing to foster co-existence depending on the Palestinians being steadily given more political rights and autonomy.

President of Palestine, Mahmoud Abbas has in recent years refused to recognize Israel as a Jewish state citing concerns for Israeli Arabs and a possible future right to return for Palestinian refugees, though Palestine continues to recognize Israel as a state.[258][259] The leader of al-Aqsa Martyrs' Brigades, which is Fatah's official military wing, has stated that any peace agreement must include the right of return of Palestinian refugees into lands now part of Israel, which some Israeli commenters view as "destroying the Jewish state".[260] In 2006, Hamas won a majority in the Palestinian Legislative Council, where it remains the majority party. Hamas' charter openly states they seek Israel's destruction, though Hamas leaders have spoken of long-term truces with Israel in exchange for an end to the occupation of Palestinian territory.[254][261]

Government

The Palestinian Authority is considered corrupt by a wide variety of sources, including some Palestinians.[262][263][264] Some Israelis argue that it provides tacit support for militants via its relationship with Hamas and other Islamic militant movements, and that therefore it is unsuitable for governing any putative Palestinian state or (especially according to the right wing of Israeli politics), even negotiating about the character of such a state.[125] Because of that, a number of organizations, including the previously ruling Likud party, declared they would not accept a Palestinian state based on the current PA.

Societal attitudes

Societal attitudes in both Israel and Palestine are a source of concern to those promoting dispute resolution.

According to a May 2011 poll carried out by the Palestinian Center For Public Opinion that asked Palestinians from the Gaza Strip and the West Bank including East Jerusalem, "which of the following means is the best to end the occupation and lead to the establishment of an independent Palestinian state", 5.0% supported "military operations", 25.0% supported non-violent popular resistance, 32.1% favored negotiations until an agreement could be reached, 23.1% preferred holding an international conference that would impose a solution on all parties, 12.4% supported seeking a solution through the United Nations, and 2.4% otherwise. Approximately three-quarters of Palestinians surveyed believed that a military escalation in the Gaza Strip would be in Israel's interest and 18.9% said it would be in Hamas's interest. Regarding the resumption of launching Al-Qassam missiles from Gaza into Israel, 42.5% said "strongly oppose", 27.1% "somewhat oppose", 16.0% "somewhat support", 13.8% "strongly support", and 0.2% expressed no opinion.[265]

The Israel Ministry of Foreign Affairs has expressed concerns that Hamas promote incitement against and overall non-acceptance of Israel, including promotion of violence against Israel.[255][256]

Palestinian army

The Israeli Cabinet issued a statement[when?] expressing that it does not wish the Palestinians to build up an army capable of offensive operations, considering that the only party against which such an army could be turned in the near future is Israel itself. However, Israel has already allowed for the creation of a Palestinian police that can conduct police operations and also carry out limited-scale warfare. Palestinians[vague] have argued that the Israel Defense Forces, a large and modern armed force, poses a direct and pressing threat to the sovereignty of any future Palestinian state, making a defensive force for a Palestinian state a matter of necessity. To this, Israelis claim that signing a treaty while building an army is a show of bad intentions.

Since 2006, the United States has been training, equipping, and funding the Palestinian Authority's security forces, which have been cooperating with Israel at unprecedented levels in the West Bank to quell supporters of Hamas, the main Palestinian Islamist group that opposes direct negotiations with Israel.[170] The United States government has spent over 500 million building and training the Palestinian National Security Forces and Presidential Guard.[170] The IDF maintains that the US-trained forces will soon be capable of "overrunning small IDF outposts and isolated Israeli communities" in the event of a conflict.[266]

Fatalities

Bar chart showing Israeli and Palestinian deaths from September 2000 to July 2014

According to the United Nations Office for the Coordination of Human Affairs database, as of 25 October 2020, there have been 5,587 Palestinian and 249 Israeli fatalities since 1 January 2008.[267] A variety of studies provide differing casualty data for the Israeli–Palestinian conflict. According to the Stockholm International Peace Research Institute, 13,000 Israelis and Palestinians were killed in conflict with each other between 1948 and 1997.[268] Other estimations give 14,500 killed between 1948 and 2009.[268][269] Palestinian fatalities during the 1982 Lebanon War were 2,000 PLO combatants killed in armed conflict with Israel.[270]

Civilian casualty figures for the Israeli–Palestinian conflict from B'tselem and Israel Ministry of Foreign Affairs between 1987 and 2010[271][272]
(numbers in parentheses represent casualties under the age of 18)
Year Deaths
Palestinians Israelis
2011 118 (13) 11 (5)
2010 81 (9) 8 (0)
2009 1,034 (314) 9 (1)
2008 887 (128) 35 (4)
2007 385 (52) 13 (0)
2006 665 (140) 23 (1)
2005 190 (49) 51 (6)
2004 832 (181) 108 (8)
2003 588 (119) 185 (21)
2002 1,032 (160) 419 (47)
2001 469 (80) 192 (36)
2000 282 (86) 41 (0)
1999 9 (0) 4 (0)
1998 28 (3) 12 (0)
1997 21 (5) 29 (3)
1996 74 (11) 75 (8)
1995 45 (5) 46 (0)
1994 152 (24) 74 (2)
1993 180 (41) 61 (0)
1992 138 (23) 34 (1)
1991 104 (27) 19 (0)
1990 145 (25) 22 (0)
1989 305 (83) 31 (1)
1988 310 (50) 12 (3)
1987 22 (5) 0 (0)
Total 7,978 (1,620) 1,503 (142)

Note: Figures includes 1,593 Palestinian fatalities attributed to intra-Palestinian violence. Figures do not include the 600 Palestinians killed by other Palestinians in the Gaza Strip since 2006.[182]

Demographic percentages for the Israeli–Palestinian conflict according to Office for the Coordination of Humanitarian Affairs from September 2000 until the end of July 2007.[273]
Belligerent Combatant Civilian Male Female Children Children male Children female
Palestinian 41% 59% 94% 6% 20% 87% 13%
Israeli 31% 69% 69% 31% 12% Not available Not available
Partial casualty figures for the Israeli–Palestinian conflict from the OCHAoPt[274]
(numbers in parentheses represent casualties under age 18)
Year Deaths Injuries
Palestinians Israelis Palestinians Israelis
2008[275] 464 (87) 31 (4)
2007 396 (43) 13 (0) 1,843 (265) 322 (3)
2006 678 (127) 25 (2) 3,194 (470) 377 (7)
2005 216 (52) 48 (6) 1,260 (129) 484 (4)
Total 1,754 (309) 117 (12) 6,297 (864) 1,183 (14)

All numbers refer to casualties of direct conflict between Israelis and Palestinians including in IDF military operations, artillery shelling, search and arrest campaigns, Barrier demonstrations, targeted killings, settler violence etc. The figures do not include events indirectly related to the conflict such as casualties from unexploded ordnance, etc., or events when the circumstances remain unclear or are in dispute. The figures include all reported casualties of all ages and both genders.[274]

Figures include both Israeli civilians and security forces casualties in West Bank, Gaza and Israel.

Criticism of casualty statistics

As reported by the Israeli human rights group B'Tselem, since 29 September 2000 a total of 7,454 Palestinian and Israeli individuals were killed due to the conflict. According to the report, 1,317 of the 6,371 Palestinians were minors, and at least 2,996 did not participate in fighting at the time of death. Palestinians killed 1,083 Israelis, including 741 civilians. 124 of those killed were minors.[276]

The Israeli-based International Policy Institute for Counter-Terrorism criticized the methodology of Israeli and Palestinian rights groups, including B'tselem, and questioned their accuracy in classifying civilian/combatant ratios.[277][278][279]

In a study published by Scholars for Peace in the Middle East, Elihu D. Richter and Dr. Yael Stein examined B'Tselem's methods in calculating casualties during Operation Cast Lead. They argue that B'Tselem's report contains "errors of omission, commission and classification bias which result in overestimates of the ratio of non-combatants to combatants."[280] Stein and Richter claim the high male/female ratios among Palestinians, including those in their mid-to-late teens, "suggests that the IDF classifications are combatant and non-combatant status are probably far more accurate than those of B'Tselem."[280]

In a study on behalf of the International Policy Institute for Counter-Terrorism, Don Radlauer suggested that "almost all Palestinians killed in this conflict have been male—and absent any other reasonable explanation for such a non-random pattern of fatalities—this suggests that large numbers of Palestinian men and teenaged boys made a choice to confront Israeli forces, even after many of their compatriots had been killed in such confrontations."[281]

Land mine and explosive remnants of war casualties

A comprehensive collection mechanism to gather land mine and explosive remnants of war (ERW) casualty data does not exist for the Palestinian territories.[282] In 2009, the United Nations Mine Action Centre reported that more than 2,500 mine and explosive remnants of war casualties occurred between 1967 and 1998, at least 794 casualties (127 killed, 654 injured and 13 unknown) occurred between 1999 and 2008 and that 12 people had been killed and 27 injured since the Gaza War.[282] The UN Mine Action Centre identified the main risks as coming from "ERW left behind by Israeli aerial and artillery weapon systems, or from militant caches targeted by the Israeli forces."[282] There are at least 15 confirmed minefields in the West Bank on the border with Jordan. The Palestinian National Security Forces do not have maps or records of the minefields.[282]

See also

Notes

  1. ^ Three factors made Israel's territorial offer less forthcoming than it initially appeared. First, the 91 percent land offer was based on the Israeli definition of the West Bank, but this differs by approximately 5 percentage points from the Palestinian definition. Palestinians use a total area of 5,854 square kilometers. Israel, however, omits the area known as No Man's Land (50 km2 near Latrun), post-1967 East Jerusalem (71 km2), and the territorial waters of the Dead Sea (195 km2), which reduces the total to 5,538 km2. Thus, an Israeli offer of 91 percent (of 5,538 km2 of the West Bank translates into only 86 percent from the Palestinian perspective.
    Jeremy Pressman, International Security, vol 28, no. 2, Fall 2003, "Visions in Collision: What Happened at Camp David and Taba?". On [1]. See pp. 16–17

References

  1. ^ Pollack, Kenneth, M., Arabs at War: Military Effectiveness, University of Nebraska Press, (2002), pp. 93–94, 96.
  2. ^ Sachs, Natan (24 January 2019). "Iran's revolution, 40 years on: Israel's reverse periphery doctrine". Brookings. Retrieved 1 June 2021.
  3. ^ Hafezi, Parisa (22 May 2020). "Iran lauds arms supply to Palestinians against 'tumor' Israel". Reuters. Retrieved 1 June 2021.
  4. ^ Mushahid Hussain, "How Pakistan Views Israel and the Palestinians", Middle East International, September 1988, 21; P. R. Kumaraswamy, Beyond the Veil: Israel–Pakistan Relations (Tel Aviv: Jaffee Center for Strategic Studies, Tel Aviv University, 2000), 34
  5. ^ "Pakistan's paroxysm over Palestine-Israel conflict".{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  6. ^ Monty G. Marshall. Major Episodes of Political Violence 1946–2012. SystemicPeace.org. "Ethnic War with Arab Palestinians / PLO 1965–2013". Updated 12 June 2013 "Archived copy". Archived from the original on 21 January 2014. Retrieved 14 November 2013.{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link)
  7. ^ a b "A History of Conflict: Introduction". A History of Conflict. BBC News.
  8. ^ Eran, Oded. "Arab-Israel Peacemaking." The Continuum Political Encyclopedia of the Middle East. Ed. Avraham Sela. New York: Continuum, 2002, p. 121.
  9. ^ Chris Rice Archived 6 February 2016 at the Wayback Machine, quoted in Munayer Salim J, Loden Lisa, Through My Enemy's Eyes: Envisioning Reconciliation in Israel-Palestine, quote: "The Palestinian-Israeli divide may be the most intractable conflict of our time."
  10. ^ Virginia Page Fortna Archived 31 January 2016 at the Wayback Machine, Peace Time: Cease-fire Agreements and the Durability of Peace, page 67, "Britain's contradictory promises to Arabs and Jews during World War I sowed the seeds of what would become the international community's most intractable conflict later in the century."
  11. ^ Avner Falk, Fratricide in the Holy Land: A Psychoanalytic View of the Arab–Israeli Conflict, Chapter 1, page 8, "Most experts agree that the Arab–Israeli conflict is the most intractable conflict in our world, yet very few scholars have produced any psychological explanation—let alone a satisfactory one—of this conflict's intractability"
  12. ^ "The Roots of the Israeli-Palestinian Conflict: 1882–1914".
  13. ^ The Editors of Encyclopaedia Britannica (26 October 2020). "Balfour Declaration | History & Impact | Britannica". Encyclopædia Britannica. Chicago: Encyclopædia Britannica, Inc. Retrieved 28 May 2021. {{cite encyclopedia}}: |author= has generic name (help)
  14. ^ "Canadian Policy on Key Issues in the Israeli-Palestinian Conflict". Government of Canada. Archived from the original on 18 February 2018. Retrieved 13 March 2010.
  15. ^ "Movement and Access Restrictions in the West Bank: Uncertainty and Inefficiency in the Palestinian Economy" (PDF). World Bank. 9 May 2007. Archived from the original (PDF) on 10 April 2010. Retrieved 29 March 2010. Currently, freedom of movement and access for Palestinians within the West Bank is the exception rather than the norm contrary to the commitments undertaken in a number of Agreements between GOI and the PA. In particular, both the Oslo Accords and the Road Map were based on the principle that normal Palestinian economic and social life would be unimpeded by restrictions
  16. ^ Edward Wright, 'Tourism Curbed in Palestinians Areas,' Los Angeles Times, 28 May 2000.
  17. ^ Yaar, Ephraim; Hermann, Tamar (11 December 2007). "Just another forgotten peace summit". Haaretz.
  18. ^ Kurtzer, Daniel; Lasensky, Scott; Organization (2008). Negotiating Arab-Israeli Peace: American Leadership in the Middle East. United States Institute of Peace Press. p. 79. ISBN 978-1601270306.
  19. ^ Lev Luis Grinberg, Politics and Violence in Israel/Palestine: Democracy Versus Military Rule,, Routledge 2009 p. 214
  20. ^ a b Dershowitz, Alan. The Case for Peace: How the Arab–Israeli Conflict Can Be Resolved. Hoboken: John Wiley & Sons, Inc., 2005
  21. ^ Yaar & Hermann 2007: "The source of the Jewish public's skepticism – and even pessimism – is apparently the widespread belief that a peace agreement based on the 'two states for two peoples' formula would not lead the Palestinians to end their conflict with Israel."
  22. ^ CRS Report for Congress, 27 June 2006, U.S. Foreign Aid to the Palestinians
  23. ^ Spangler, Eve (2015). Understanding Israel/Palestine Race, Nation, and Human Rights in the Conflict. Springer. pp. 161–162. doi:10.1007/978-94-6300-088-8. ISBN 978-94-6300-088-8.
  24. ^ Sufian, Sandy (1 January 2008). "Anatomy of the 1936–39 Revolt: Images of the Body in Political Cartoons of Mandatory Palestine". Journal of Palestine Studies. University of California Press. 37 (2): 23–42. doi:10.1525/jps.2008.37.2.23. eISSN 1533-8614. ISSN 0377-919X. JSTOR 10.1525/jps.2008.37.2.23. S2CID 154107901. Retrieved 14 January 2008.
  25. ^ a b c d e f g Sela 2002, pp. 58–121, "Arab-Israel Conflict"
  26. ^ Gelvin, James (2014) [2002]. The Israel-Palestine Conflict: One Hundred Years of War (3 ed.). Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-85289-0.
  27. ^ a b c d e "History of the Israeli-Palestinian Conflict" (PDF). PBS. December 2001. Retrieved 14 March 2013.
  28. ^ Sela, Avraham, ed. (2002). "Palestine Arabs". The Continuum Political Encyclopedia of the Middle East. New York: Continuum. pp. 664–673. ISBN 978-0826414137.
  29. ^ Sela 2002, p. 361, "al-Husseini, Hajj (Muhammad) Amin"

    "He [Husseini] incited and headed anti-Jewish riots in April 1920. ... He promoted the Muslim character of Jerusalem and ... injected a religious character into the struggle against Zionism. This was the backdrop to his agitation concerning Jewish rights at the Western (Wailing) Wall that led to the bloody riots of August 1929...[H]e was the chief organizer of the riots of 1936 and the rebellion from 1937, as well as of the mounting internal terror against Arab opponents."

  30. ^ Louis, William Roger (2006). Ends of British Imperialism: The Scramble for Empire, Suez, and Decolonization. I.B. Tauris. p. 391. ISBN 978-1845113476.
  31. ^ Morris, Benny (2009). One State, Two States: Resolving the Israel/Palestine Conflict. Yale University Press. p. 66. ISBN 978-0300156041.
  32. ^ Morris, Benny (2004). The Birth of the Palestinian Refugee Problem Revisited. Cambridge University Press. p. 48. ISBN 978-0521009676.
  33. ^ "A/RES/181(II) of 29 November 1947". United Nations. Archived from the original on 24 May 2012. Retrieved 28 May 2013.
  34. ^ a b c Baum, Noa. "Historical Time Line for Israel/Palestine." Archived 19 December 2013 at the Wayback Machine UMass Amherst. 5 April 2005. 14 March 2013.
  35. ^ Morris, Benny (2008). 1948: a history of the first Arab-Israeli war. Yale University Press. p. 79.
  36. ^ a b Levs, Josh (6 January 2009). "Is Gaza 'occupied' territory?". CNN. Retrieved 30 May 2009.
  37. ^ "Israel/Occupied Palestinian Territories: The conflict in Gaza: A briefing on applicable law, investigations and accountability". Amnesty International. 19 January 2009. Retrieved 5 June 2009.
  38. ^ "Human Rights Council Special Session on the Occupied Palestinian Territories" Archived 15 October 2008 at the Wayback Machine 6 July 2006; Human Rights Watch considers Gaza still occupied.
  39. ^ Steven Erlanger, Hamas Leader Faults Israeli Sanction Plan, New York Times, 18 February 2006
  40. ^ Oren, Michael B. (2007). Power, Faith, and Fantasy: America in the Middle East, 1776 to the Present. W.W. Norton & Company. p. 607. ISBN 978-0393058260.
  41. ^ "Operation Cast Lead – Gaza Facts". Israel Ministry of Foreign Affairs. Archived from the original on 21 April 2013. Retrieved 19 March 2013.
  42. ^ Bohn, Lauren E. "Hamas: Rockets will stop when Gaza borders are opened." USA Today. 19 November 2012. 14 March 2013.
  43. ^ "Abbas: No justification for Gaza rocket attacks". Jerusalem Post. 2 November 2012. Archived from the original on 16 March 2013. Retrieved 14 March 2013.
  44. ^ "Gaza: Palestinian Rockets Unlawfully Targeted Israeli Civilians." Human Rights Watch. 24 December 2012. 14 March 2013.
  45. ^ Goldberg, Jeffrey. "Seven Truths About Israel, Hamas and Violence." Bloomberg. 19 November 2012. 14 March 2012.
  46. ^ Malley, Robert and Hussein Agha. "Camp David: The Tragedy of Errors." The New York Review of Books. 9 August 2001.
  47. ^ de Jong, Jan and Philippe Rekacewicz. "Propositions israéliennes, de Camp David (2000) à Taba (2001)." Le Monde Diplomatique. September 2001. 22 April 2007.
  48. ^ Agha, Hussein and Robert Malley. "Camp David and After: An Exchange (2. A Reply to Ehud Barak)." The New York Review of Books. 13 June 2002.
  49. ^ Morris, Benny and Ehud Barak. "Camp David and After – Continued." The New York Review of Books. 27 June 2002.
  50. ^ a b Karsh, Efraim. Arafat's War: The Man and His Battle for Israeli Conquest. New York: Grove Press, 2003. p. 168. "Arafat rejected the proposal" (emphasis added).
  51. ^ Morris, Benny. "Camp David and After: An Exchange (1. An Interview with Ehud Barak)." The New York Review of Books. 13 June 2002. 1 June 2012.

    "The proposals included the establishment of a demilitarized Palestinian state on some 92 percent of the West Bank and 100 percent of the Gaza Strip, with some territorial compensation for the Palestinians from pre-1967 Israeli territory; the dismantling of most of the settlements and the concentration of the bulk of the settlers inside the 8 percent of the West Bank to be annexed by Israel; the establishment of the Palestinian capital in East Jerusalem, in which some Arab neighborhoods would become sovereign Palestinian territory and others would enjoy 'functional autonomy'; Palestinian sovereignty over half the Old City of Jerusalem (the Muslim and Christian quarters) and 'custodianship,' though not sovereignty, over the Temple Mount; a return of refugees to the prospective Palestinian state though with no 'right of return' to Israel proper; and the organization by the international community of a massive aid program to facilitate the refugees' rehabilitation."

  52. ^ a b Robert Malley and Hussein Agha (9 August 2001). "Camp David: The Tragedy of Errors". New York Review of Books. Retrieved 5 September 2018.
  53. ^ a b Jeremy Pressman, International Security, vol 28, no. 2, Fall 2003, "Visions in Collision: What Happened at Camp David and Taba?". On [2]. See pp. 7, 15–19
  54. ^ Ginosaur, Yossi. "The Camp David Summit – What Went Wrong?: Americans, Israelis, and..." Google Books. 15 June 2012. "Another interesting point that I heard from [US Ambassador Martin] Indyk is that he was not at all surprised when Yasser Arafat rejected the proposals made at Camp David" (emphasis added).
  55. ^ Wright, Robert. "Was Arafat the Problem?" Slate. 18 April 2002. 12 June 2012. "One thing nearly all pundits seem to agree on is that Yasser Arafat's rejection of the land-for-peace offer made by Ehud Barak at Camp David in the summer of 2000 was indefensible" (emphasis added).
  56. ^ Bennet, James. "Clinton criticizes Arafat actions." Chicago Tribune. 21 January 2002. 14 January 2012. "'Chairman Arafat missed a golden opportunity,' [President Bill] Clinton said in a speech Sunday night, referring to Arafat's rejection of a peace proposal made at Camp David in 2000" (emphasis added).
  57. ^ Rubin, Barry M. and Judith Colp Rubin. "Chronologies of Modern Terrorism." Google Books. 15 June 2012. "Negotiations collapse when Arafat rejects the American-mediated Israeli offer of an independent state in all of the Gaza Strip and most of the West Bank and East Jerusalem in addition to financial compensation for Palestinian refugees" (emphasis added).
  58. ^ Rabinovich, Itamar. "The Lingering Conflict: Israel, the Arabs, and the Middle East, 1948–2011." Google Books. 15 June 2012. "[US President Bill] Clinton did present a compromise formula on 23 December [2000] that Arafat rejected" (emphasis added).
  59. ^ a b c d e Pressman, Jeremy (Fall 2003). "Visions in Collision – What Happened at Camp David and Taba". International Security. 28 (2): 6. doi:10.1162/016228803322761955. S2CID 57564925.
  60. ^ Ben-Ami, Shlomo. Interview with Ari Shavit. "End of a journey." Haaretz. 13 September 2001.
  61. ^ Ben Ami, Shlomo. "Fmr. Israeli Foreign Minister: "If I were a Palestinian, I Would Have Rejected Camp David"". Democracy Now!. Retrieved 24 June 2014.
  62. ^ Birnbaum, Ben "Arafat changed mind on peace deal." Washington Times. 10 October 2011.
  63. ^ Altman, Alex (22 January 2009). "Middle East Envoy George Mitchell". Time. Retrieved 3 December 2015.
  64. ^ "Excerpts: State Dept; Spokesman on Mideast Peace Prospects (Both sides accept Clinton's parameters with reservations)". Embassy of the United States, Israel. Archived from the original on 21 July 2011. Retrieved 3 June 2012.
  65. ^ Wren, Christopher (3 January 2001). "Renewed Hope for Peace Talks as Arafat Returns to Mideast". New York Times. Retrieved 3 June 2012.
  66. ^ Levinson, Chaim (9 November 2015). "Israel moves to green light 2,200 new settlement units, recognizes outposts". Haaretz. Retrieved 3 December 2015.
  67. ^ "UN: Israeli-Palestinian violence nears 'catastrophe'". Al Jazeera. Retrieved 3 December 2015.
  68. ^ "Mapping the dead in latest Israeli-Palestinian violence". Al Jazeera. Retrieved 3 December 2015.
  69. ^ "Saudi Prince al-Faisal tells Haaretz: Desire for peace exists both in Gaza and Ramallah – Israel Conference on Peace TLV". Haaretz. 12 November 2015. Retrieved 3 December 2015.
  70. ^ "The Saudi Arabia peace initiative." Ynetnews. 23 March 2009. 21 September 2010.
  71. ^ "Response of FM Peres to the decisions of the Arab Summit in Beirut.". Israel Ministry of Foreign Affairs. 28 March 2002.
  72. ^ "Arab leaders relaunch peace plan." BBC News, 28 March 2007.
  73. ^ Richard Horowitz (18 June 2013). "Palestinian Chief Negotiator, Saeb Erekat, on Israel's Legal Obligations". World Policy Review. Retrieved 18 October 2014.
  74. ^ S. Daniel Abraham (8 March 2013). "Israel's Dreaded Tipping Point Has Finally Arrived". The Atlantic. Retrieved 10 March 2013.
  75. ^ Harriet Sherwood (18 January 2012). "EU report calls for action over Israeli settlement growth". The Guardian. London. Retrieved 11 February 2012.
  76. ^ See the following:
  77. ^ "Security Council members line up to criticize Israel". Jerusalem Post. 20 December 2011. Archived from the original on 19 January 2012. Retrieved 12 February 2012.
  78. ^ "Israel condemned at UN over settlements". Al Jazeera. 22 December 2011. Retrieved 12 February 2012.
  79. ^ "UN groupings criticise Israeli settlement activities". BBC. 20 December 2011. Retrieved 20 December 2012.
  80. ^ Blomfield, Adrian (5 April 2012). "Israeli architect of Oslo accords says Middle East peace process is over". The Telegraph. Archived from the original on 11 January 2022. Retrieved 23 May 2012.
  81. ^ Ravid, Barak (14 May 2012). "EU: Israel's policies in the West Bank endanger two-state solution". Haaretz. Retrieved 23 May 2012.
  82. ^ Ravid, Barack (11 April 2012). "Mideast Quartet criticizes Israeli settler violence, incitement in West Bank". Haaretz. Retrieved 1 June 2012.
  83. ^ "PA welcomes South Africa settlements decision". Ma'an News Agency. 24 May 2012. Retrieved 1 June 2012.
  84. ^ Crispian Balmer,'Amnesty says some Israeli West Bank killings may be war crimes,' Reuters 26 February 2014.
  85. ^ 'Trigger-happy:Israel's use of excessive force in the West Bank,' Amnesty International, February 2014 p. 10.
  86. ^ Gilead Sher, The Israeli–Palestinian Peace Negotiations, 1999–2001: Within Reach, Taylor & Francis, 2006 p. 19.
  87. ^ a b Ben Sales, 'Some experts question extent of Palestinian incitement,' in The Times of Israel, 10 October 2013.
  88. ^ Jesper Svartvik, Jakob Wirén (eds.), Religious Stereotyping and Interreligious Relations, Palgrave Macmillan 2013, pp. 12, 222–224.
  89. ^ Tanya Reinhart, Israel/Palestine: How to End the War of 1948, Seven Stories Press, 2011 p. 107.
  90. ^ Rapahael Israeli,The Oslo Idea: The Euphoria of Failure, Transaction Books, p. 178.
  91. ^ "PA TV glorifies murderers of Fogel family". Jerusalem Post. 30 January 2012. Retrieved 28 March 2012.
  92. ^ "In Israel, an ugly tide sweeps over Palestinians". The National. 25 April 2016.
  93. ^ Cohen, Gili (22 April 2016). "Israeli Soldier Indicted for Shooting Wounded Palestinian Assailant Released for Passover". Haaretz.
  94. ^ "When Israelis Teach Their Kids To Hate". Forward.
  95. ^ "Gaza kindergartners want to 'blow up Zionists'". Ynet. Retrieved 17 June 2012.
  96. ^ Staff writers (18 July 2011). "Israeli minister says Palestinians losing UN bid". Almasry Alyoum. Archived from the original on 10 December 2012. Retrieved 1 September 2011.
  97. ^ Ravid, Barak (28 August 2011). "UN envoy Prosor: Israel has no chance of stopping recognition of Palestinian state". Haaretz. Retrieved 31 August 2011.
  98. ^ "US to 'adamantly object' PA's UN bid". ynetnetws.com. 13 September 2011. Retrieved 15 September 2018.
  99. ^ Horn, Jordana. "Obama at UN declares 'no shortcuts' to peace". The Jerusalem Post. Retrieved 24 June 2014.
  100. ^ "Netanyahu: PA attempt to become a permanent UN member will fail". Ynet News. 18 September 2011. Retrieved 18 September 2011.
  101. ^ McGreal, Chris (23 September 2011). "Abbas defies US with formal call for Palestinian recognition by UN". The Guardian. London. Retrieved 23 September 2011.
  102. ^ "Security Council rejects Palestinian statehood resolution". CNN. 31 December 2014. Retrieved 14 November 2018.
  103. ^ "Palestinians win implicit U.N. recognition of sovereign state". Reuters. 29 November 2012. Retrieved 29 November 2012.
  104. ^ Lidman, Melanie (28 December 2011). "Support growing for two-state solution". Jerusalem Post. Archived from the original on 3 September 2012. Retrieved 10 February 2012.
  105. ^ "Overview of the conflict between Israel and the Palestinians". News Basics. Archived from the original on 24 April 2012. Retrieved 13 February 2012.
  106. ^ "Basic Law: Jerusalem, Capital of Israel." Jewish Virtual Library. 9 April 2008.
  107. ^ Diamond, Jeremy; Labott, Elise (6 December 2017). "Trump recognizes Jerusalem as Israel's capital". CNN. Retrieved 7 December 2017.
  108. ^ Ahren, Raphael (6 April 2017). "In curious twist, Russia recognizes West Jerusalem as Israel's capital". The Times of Israel. Jerusalem. Retrieved 7 December 2017.
  109. ^ "UN security Council Resolution 478". unispal.un.org. Retrieved 23 August 2017.
  110. ^ Lapidoth, Ruth. "Jerusalem – Some Legal Issues" (PDF). The Jerusalem Institute for Israel Studies. pp. 21–26. Archived from the original (PDF) on 5 June 2014. Retrieved 7 April 2013Reprinted from: Rüdiger Wolfrum (Ed.), The Max Planck Encyclopedia of Public International Law (Oxford University Press, online 2008–, print 2011){{cite web}}: CS1 maint: postscript (link)
  111. ^ Zaritzky, Suzanna. "Press Release." Archived 14 June 2007 at the Wayback Machine Central Bureau of Statistics. 24 May 2006. 9 April 2006.
  112. ^ a b c Sela 2002, pp. 491–498, "Jerusalem"
  113. ^ Nadav Shragai states this idea in his study for the Jerusalem Center for Public Affairs, "An Israeli security body that was tasked in March 2000 with examining the possibility of transferring three Arab villages just outside Jerusalem – Abu Dis, Al Azaria, and a-Ram – to Palestinian security control, assessed at the time that: 'Terrorists will be able to exploit the short distances, sometimes involving no more than crossing a street, to cause damage to people or property. A terrorist will be able to stand on the other side of the road, shoot at an Israeli or throw a bomb, and it may be impossible to do anything about it. The road will constitute the border.' If that is the case for neighborhoods outside Jerusalem's municipal boundaries, how much more so for Arab neighborhoods within those boundaries.Shragai, Nadav (October 2008). "JCPA ME Diplomacy-Jerusalem: The Dangers of Division" (PDF). Jerusalem Center for Public Affairs. Retrieved 5 January 2009.
  114. ^ Gold. The Fight for Jerusalem: Radical Islam, the West, and the Future of the Holy City. Washington, DC: Regnery Publishing, Inc., 2007. pp. 5–6.
  115. ^ Golden, Jonathan (2004). "Targeting Heritage: The Abuse of Symbolic Sites in Modern Conflicts". In Rowan, Yorke M.; Baram, Uzi (eds.). Marketing heritage: archaeology and the consumption of the past. Rowman Altamira. pp. 183–202. ISBN 978-0-7591-0342-9.
  116. ^ Stern, Jessica. "Frontline: Israel's next war?" PBS. 5 April 2005. 22 June 2010.
  117. ^ Peled, Alisa Rubin (2001). Debating Islam in the Jewish State: The Development of Policy toward Islamic Institutions in Israel. State University of New York Press. p. 96. OCLC 929622466. In general, Israeli policy towards holy places can be considered a success with regard to its primary goal: facilitating Israel's acceptance into the international community of nations. However, the repeated failure of the Muslim Affairs Department to fulfill its mandate of protecting the Muslim holy places in Israel has been a largely forgotten chapter in Israeli history that deserves reexamination
  118. ^ "Secret tunnel under Al-Aqsa Mosque exposed." Al Arabiya. 27 March 2008.
  119. ^ "FM Levy- Address to the UN Security Council." Israel Ministry of Foreign Affairs. 27 September 1997.
  120. ^
  121. ^ a b c Sela 2002, pp. 724–29, Efrat, Moshe. "Refugees."
  122. ^ a b Peters, Joel; Dajani Daoudi, Mohammed (2011). The Israel–Palestine Conflict Parallel discourses. Routledge. pp. 26, 37. ISBN 978-0-203-83939-3.
  123. ^ "General Progress Report and Supplementary Report of the United Nations Conciliation Commission for Palestine, Covering the Period from 11 December 1949 to 23 October 1950". United Nations Conciliation Commission for Palestine. 1950. Archived from the original on 11 October 2007. Retrieved 20 November 2007.
  124. ^ "UNRWA-Palestinian refugees." UNRWA, 3 October 2010.
  125. ^ a b c Sela 2002, pp. 121–147, Eran, Oded. "Arab-Israel Peacemaking"
  126. ^ Black, Ian; Milne, Seumas (24 January 2011). "Papers reveal how Palestinian leaders gave up fight over refugees". The Guardian. London. Retrieved 24 January 2011.
  127. ^ "Mahmoud Abbas: Right to return quote was 'personal view". Independent. 5 November 2012. Retrieved 19 March 2013.
  128. ^ Muasher, Marwan. "The Arab Peace Initiative." Archived 7 January 2008 at the Wayback Machine Embassy of Jordan – Washington, D.C. 16 January 2008. The text of the Arab Peace Initiative is at the bottom of the page.
  129. ^ McGeown, Kate and Martin Asser. "Right of return: Palestinian dream?" BBC News. 18 February 2003. 15 July 2007.
  130. ^ Flapan, Simha (Summer 1987). "The Palestinian Exodus of 1948". Journal of Palestine Studies. 16 (4): 3–26. doi:10.2307/2536718. JSTOR 2536718.
  131. ^ Khalidi, Rashid I. (Winter 1992). "Observations on the Right of Return". Journal of Palestine Studies. 21 (2): 29–40. doi:10.2307/2537217. JSTOR 2537217.
  132. ^ Morris, Benny (2001). Righteous Victims: A History of the Zionist–Arab conflict, 1881–2001 (1st Vintage Books ed.). New York: Vintage Books. pp. 252–258. ISBN 978-0-679-74475-7.
  133. ^ Masalha, Nur (1992). Expulsion of the Palestinians: The Concept of "Transfer" in Zionist Political Thought, 1882–1948 (4. print. ed.). Washington, DC: Inst. for Palestine Studies. pp. 175. ISBN 978-0-88728-235-5.
  134. ^ Michael Mann (2005). The Dark Side of Democracy: Explaining Ethnic Cleansing. Cambridge University Press. pp. 109, 519. ISBN 978-0-521-83130-7.
  135. ^ Benny Morris. "Arab-Israeli War". The Crimes of War Education Project. Archived from the original on 29 January 2014. Retrieved 14 March 2014.
  136. ^ Rosemarie Esber (2009). Under the Cover of War: The Zionist Expulsion of the Palestinians. p. 23. ISBN 978-0-9815131-3-3.
  137. ^ Pappé, Ilan (2007). The Ethnic Cleansing of Palestine (Repr. ed.). Oxford: Oneworld Publications. pp. 2–3. ISBN 978-1-85168-467-0.
  138. ^ See for example, Masalha, Nur-eldeen (1988). "On Recent Hebrew and Israeli Sources for the Palestinian Exodus, 1947–49". Journal of Palestine Studies. 18 (1): 121–137. doi:10.2307/2537599. JSTOR 2537599. And Childers, Irskine (12 May 1961). "The Other Exodus". The Spectator. London.
  139. ^ Honig-Parnass, Tikva (2011). The False Prophets of Peace: Liberal Zionism and the Struggle for Palestine. Haymarket Books. p. 5. ISBN 978-1608461301. Makdisi rightly argues that almost every law of South African Apartheid has its equivalent in Israel today.18 A significant example is the Law of Return (1950), which even Kretzmer claims is explicitly discriminatory against Palestinian citizens.... The Law of Return, which determines the second-class citizenship of Palestinians, is recognized as a fundamental principle in Israel and "is possibly even its very raison d'etre as a Jewish state."19
  140. ^ Schmidt, Yvonne (2008). Foundations of Civil and Political Rights in Israel and the Occupied Territories. GRIN Verlag oHG. pp. 245–246. ISBN 978-3638944502. In any case has the Law of Return, 1950 discriminatory effect for Palestinian Arab people since it allows any Jew to immigrate to Israel, while – at the same time – it deprives all native Palestinian Arab refugees residing outside the borders of the state of Israel of their fundamental right to return to their homes and villages from which they were expelled or took flight in the course of the 1948 war that broke out because of the establishment of Israel.
  141. ^ Kassim, Anis F. (2002). The Palestine Yearbook of International Law 2001–2002: Vol. 11. Brill. p. 150. ISBN 978-3638944502. Under the heading of "Discrimination", the Committee cited Israel's Law of Return as discriminatory against Palestinian refugees because of Israel's refusal to readmit them. The committee said: "The Committee notes with concern that the Law of Return which permits any Jew from anywhere in the world to immigrate and thereby virtually automatically enjoy residence and obtain citizenship in Israel, discriminates against Palestinians in the Diaspora upon whom the Government of Israel has imposed restrictive requirements that make it almost impossible to return to their land of birth."
  142. ^ "A/RES/181(II) of 29 November 1947". United Nations. Archived from the original on 25 October 2014. Retrieved 19 October 2014.
  143. ^ "A/RES/181(II) of 29 November 1947". United Nations. Archived from the original on 20 October 2014. Retrieved 19 October 2014.
  144. ^ Radley, K. René (1978). "The Palestinian Refugees: The Right to Return in International Law". American Journal of International Law. 72 (3): 586–614. doi:10.2307/2200460. JSTOR 2200460.
  145. ^ a b "Frequently Asked Questions About Israel;" "Who is Responsible for the Palestinian refugee problem?" Israel Ministry of Foreign Affairs. 1 November 2001. 16 January 2008.
  146. ^ Miller, Elhanan (June 2012). "Palestinian Refugees and the Israeli-Palestinian Peace Negotiations" (PDF). International Centre for the Study of Radicalisation and Political Violence. Archived from the original (PDF) on 7 February 2016. To use a trite image, while UNHCR strives to give its refugees fishing rods, UNRWA is busy distributing fish
  147. ^ "Israel and the Palestine right of return." World Association of International Studies. 8 April 2008.
  148. ^ Alwaya, Semha. "The vanishing Jews of the Arab world / Baghdad native tells the story of being a Middle East refugee." San Francisco Chronicle. 6 March 2005. 19 January 2009.
  149. ^ Greenberg, Eric J. "The Case for Jewish Exiles." United Jewish Communities. 7 November 2003. 19 January 2009.
  150. ^ Do Palestinian Refugees Have a Right to Return to Israel? by Ruth Lapidoth, MFA website, 15 January 2001. (See section labeled "Conclusions.")
  151. ^ Erlanger, Steven. "Olmert Rejects Right of Return for Palestinians." The New York Times. 31 March 2007. 9 May 2008.
  152. ^ Morris, Benny (2001). Righteous victims : a history of the Zionist-Arab conflict, 1881–2001 (1st Vintage Books ed.). New York: Vintage Books. pp. 252–258. ISBN 978-0-679-74475-7.
  153. ^ a b "Israel and the Palestinians". The Irish Times. 2 February 2008. Retrieved 5 August 2012.
  154. ^ Shavit, Ari (8 January 2004). "Survival of the Fittest". Haaretz. Retrieved 7 January 2015.
  155. ^ Finkelstein, Norman G. (2012). Knowing Too Much: Why the American Jewish Romance with Israel is Coming to an End. New York: OR Books. pp. Chapter 10. ISBN 978-1-935928-77-5.
  156. ^ Karsh, Efraim (1 May 2001). "The Palestinians and the 'Right of Return'". Commentary. Vol. 111, no. 5. p. 25.
  157. ^ a b "Victims of Palestinian Violence and Terrorism since September 2000". Israeli Ministry of Internal Affairs. Archived from the original on 3 April 2007. Retrieved 10 April 2007.
  158. ^ "Palestinian Anti-Terrorism Act of 2006." Archived 28 November 2007 at the Wayback Machine Global Legal Information Network. 26 December 2006. 30 May 2009.
  159. ^ Sela 2002, pp. 822–36, "Terrorism"
  160. ^ a b Sela 2002, pp. 335–342, "Hamas"

    "The PLO's agreement to support the participation of a Palestinian delegation from the West Bank and Gaza Strip in the Madrid Peace Conferences in late October 1991 further fueled the tension between Fatah and Hamas, which embarked on an intensive campaign against the very idea of territorial compromise and peacemaking with the Jews, as religiously forbidden and politically inconceivable" (339).

  161. ^ Palestinian Public Opinion Poll No (27) Archived 3 January 2013 at the Wayback Machine, PSR – Survey Research Unit, 24 March 2008
  162. ^ Asser, Martin (28 June 2002). "Palestinian support for suicide bombers". BBC News. Retrieved 28 June 2002.
  163. ^ "Analysis: Palestinian suicide attacks." BBC News. 29 January 2007.
  164. ^ "The Security Barrier (Fence)". IDF Military Advocate General.
  165. ^ Harel, Amos. "Defense officials concerned as Hamas upgrades Qassam arsenal." Haaretz. 7 December 2007. 30 March 2009.
  166. ^ "Q&A: Gaza conflict." BBC News. 18 January 2009.
  167. ^ "Gaza's rocket threat to Israel." BBC News. 21 January 2008.
  168. ^ Patience, Martin. "Playing cat and mouse with Gaza rockets." BBC News. 28 February 2008.
  169. ^ Kober, Avi (2009). Israel's Wars of Attrition: Attrition Challenges to Democratic States. Routledge. p. 88. ISBN 978-0415492430.
  170. ^ a b c Nathan Thrall (14 October 2010). "Our Man in Palestine". The New York Review of Books. Retrieved 30 September 2010.
  171. ^ "Terror Blast Kills 7, Including 5 Americans, at Jerusalem University." Fox News. 1 August 2002.
  172. ^ Reeves, Phil. "Mystery surrounds 'suicide' of Abu Nidal, once a ruthless killer and face of terror." The Independent. 20 August 2002.
  173. ^ Taillandier, Caroline, et al., eds. "American Victims of Mideast Terrorist Attacks." Jewish Virtual Library.
  174. ^ "Attempt to carry explosives device on El Al flight foiled." Jerusalem Post. 28 September 2010.
  175. ^ Encyclopedia of the developing world, Volume 3 pg. 1228
  176. ^ Encyclopedia of the Developing World, Volume 3. M. Leonard, Thomas
  177. ^ Syria: A Country Study, Federal Research Division
  178. ^ Shiloaḥ le-ḥeḳer ha-Mizraḥ ha-tikhon ṿe-Afriḳah, Mekhon. Middle East contemporary survey, Volume 11. Google Books.
  179. ^ Taylor, Catherine. "How Israel builds its fifth column." The Christian Science Monitor. 22 May 2002.
  180. ^ "The Israeli–Palestinian Interim Agreement." Israel Ministry of Foreign Affairs. 28 September 1995.
  181. ^ "PCHR Publishes 'Black Days in the Absence of Justice: Report on Bloody Fighting in the Gaza Strip from 7 to 14 June 2007.'" Palestinian Center for Human Rights. 9 October 2007
  182. ^ a b "Over 600 Palestinians killed in internal clashes since 2006." Ynetnews. 6 June 2007.
  183. ^ Hasson, Nir (30 June 2013). "How many Palestinians actually live in the West Bank?". Haaretz. Retrieved 18 October 2014.
  184. ^ Messerschmid, Clemens (2002). "Till the Last Drop: The Palestinian Water Crisis in the West Bank, Hydrogeology and Hydropolitics of a Regional Conflict" (PDF). Archived from the original (PDF) on 17 December 2008. Retrieved 29 November 2008.
  185. ^ Annex III: Protocol Concerning Civil Affairs, Article 40 and SCHEDULE 8. On the Knesset website
  186. ^ "The Water Issue in the West Bank and Gaza." Israel Ministry of Foreign Affairs. June 1999.
  187. ^ "Water war leaves Palestinians thirsty". BBC News. 16 June 2003.
  188. ^ "Israel". Aquastat. Food and Agriculture Organization of the United Nations. 2008. Archived from the original on 16 January 2013. Retrieved 25 February 2013.
  189. ^ a b "Lack of sufficient services in Gaza could get worse without urgent action, UN warns". UN News Centre. 27 August 2012. Retrieved 22 January 2013.
  190. ^ Heinrich Böll Foundation (2004). "Water as a human right: The understanding of water in the Arab countries of the Middle East – A four country analysis". Retrieved 23 April 2014. {{cite journal}}: Cite journal requires |journal= (help)
  191. ^ "One of the biggest desalination plants to be built in Sorek".
  192. ^ "Israeli practices affecting the human rights of the Palestinian people in the Occupied Palestinian Territory, including East Jerusalem : report of the Secretary-General". United Nations. 5 November 2008. Archived from the original on 22 May 2012. Retrieved 16 April 2009.
  193. ^ "Disputed Territories – Forgotten Facts About the..." Israel Ministry of Foreign Affairs. 1 February 2003. Accessed 11 October 2010.
  194. ^ a b "Israeli Settlements and International Law." Israel Ministry of Foreign Affairs. 20 May 2001. 18 December 2007. Scroll down to paragraph which begins "Politically, the West Bank and Gaza Strip is best regarded as...."
  195. ^ a b Gold, Dore. "From 'Occupied Territories' to 'Disputed Territories,' by Dore Gold." Jerusalem Center for Public Affairs. 16 January 2002. 29 September 2005.
  196. ^ "Israel & the Palestinians: Key Maps." BBC News. 10 April 2007.
  197. ^ Shamir, Shimon. "The Camp David Summit – What Went Wrong?: Americans, Israelis, And...." Google Books. 17 December 2012.
  198. ^ "Arafat leads, misery follows." Chicago Tribune. 6 June 2001. 2 June 2012.
  199. ^ Reich, Walter. "Arafat Speaks Out of Both Sides of His Mouth." Los Angeles Times. 7 December 2001. 2 June 2012.
  200. ^ "Arafat at root of ongoing problem." Archived 13 May 2013 at the Wayback Machine AJC. 2 June 2012.
  201. ^ Somfalvi, Attila. "Livni on Arab initiative: They realized border must change." Ynetnews. 30 April 2013. 30 April 2013.
  202. ^ Benhorin, Yitzhak. "Arabs soften stance on Israel's final borders." Ynetnews. 30 April 2013. 30 April 2013.
  203. ^ "Arab states back Israel-Palestine land swaps". Al Jazeera. 30 April 2013. Retrieved 30 April 2013.
  204. ^ a b "Palestinian-Israeli Conflict" (PDF). azdema.gov. Arizona Department of Emergency and Military Affairs. Archived from the original (PDF) on 28 March 2016. Retrieved 1 May 2016.
  205. ^ Garcia-Navarro, Lourdes. "Israeli Military Order Targets West Bank 'Infiltrators.'" NPR. 11 May 2010. 13 October 2010.
  206. ^ "House of Commons – International Development – Second Report." United Kingdom Parliament. 2004.
  207. ^ "The Middle East and security in Europe." Archived 28 September 2007 at the Wayback Machine Assembly of WEU'. 15 May 2001.
  208. ^ "SC/6332 : Israel Should Rescind Decision to Build Settlement in East Jerusalem, Say Speakers in Security Council." United Nations. 6 March 1997.
  209. ^ "EU-Settlements' Watch." Archived 14 June 2007 at the Wayback Machine 1 February – 31 July 2002. p. 1. PDF.
  210. ^ "Israel confirms settlement growth." BBC News. 21 March 2005.
  211. ^ Ettinger, Yoram. "Six reasons to settle." Ynetnews. 18 June 2005.
  212. ^ Dershowitz. The Case for Israel. Hoboken: John Wiley & Sons, Inc., 2003. pp. 176–177
  213. ^ Jacob, Aaron. "Historical, Legal, and Political Aspects of Israeli Settlement Policy." Archived 22 November 2010 at the Wayback Machine American Jewish Committee. 18 June 2009. 13 October 2010.
  214. ^ "Disengagement – August 2005." Israel Ministry of Foreign Affairs. 15 August 2005.
  215. ^ a b
  216. ^ "Prime Minister Affirms 'Total Resolve and Determination' to Supporting Iraq." British Foreign & Commonwealth Office. 16 April 2004. Web. 7 December 2007. Archived 23 March 2008 at the Wayback Machine
  217. ^ Gold. "'What Happened to Secure Borders for Israel? The U.S., Israel, and the Strategic Jordan Valley' by Dore Gold." Jerusalem Center for Public Affairs. 23 June 2000.
  218. ^ "Israel 'to keep some settlements.'" BBC News. 12 April 2005.
  219. ^ Obama, Barack. "Remarks by the President at Cairo University, 6–04–09." Archived 11 March 2010 at the Wayback Machine The White House. 4 June 2009. Web. 15 October 2010.
  220. ^ Landler, Mark and Isabel Kershner. "Israeli Settlement Growth Must Stop, Clinton Says." The New York Times. 27 May 2009.
  221. ^ Delaney, Paul (20 December 2010). "President Obama, West Bank Settlement Expansion and the Peace Process". The Root. Archived from the original on 9 March 2012. Retrieved 2 January 2012.
  222. ^ "Court extends remand of Israelis aboard Gaza ship". Jerusalem Post. Retrieved 4 November 2012.
  223. ^ "Position paper on the naval blockade on Gaza." Archived 16 January 2012 at the Wayback Machine 8 September 2010.
  224. ^ The United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs The Humanitarian Monitor. December Overview, 2011 Archived 14 August 2014 at the Wayback Machine, OCHA 31 December 2011
  225. ^ "Interception of the Gaza flotilla-Legal aspects". Mag.idf.il. Retrieved 2 January 2012.
  226. ^ "The Gaza Strip: A Humanitarian Implosion" (PDF). Oxfam. Archived from the original (PDF) on 23 January 2009. Retrieved 24 September 2010.
  227. ^ Kenyon, Peter. "As World Focuses On Gaza, Grim Lives Go On." NPR. 4 June 2010.
  228. ^ Hass, Amira. "2,279 calories per person: How Israel made sure Gaza didn't starve." Haaretz, 17 October 2012.
  229. ^ "Israel used 'calorie count' to limit Gaza food during blockade, critics claim". The Guardian. Associated Press. 17 October 2012. Retrieved 18 October 2014.
  230. ^ "Israel set calorie limit during Gaza blockade". Al Jazeera. Retrieved 18 October 2014.
  231. ^ "Murder at the border." Archived 16 September 2011 at the Wayback Machine Jerusalem Post. 9 April 2008. 17 April 2008.
  232. ^ Benhorin, Yitzhak; Associated Press (20 June 2010). "Cabinet: All non-military items can enter Gaza freely". Ynet news. Retrieved 21 June 2010.
  233. ^ Oster, Marcy (21 June 2010). "Reaction mixed to Israeli announcement on easing of Gaza blockade". Jewish Telegraphic Agency. Archived from the original on 6 August 2011. Retrieved 21 June 2010.
  234. ^ John Lyons (28 March 2013). "Israel 'agrees' to Gaza easing". The Australian. Retrieved 28 March 2013.
  235. ^ Robert Tait (24 March 2013). "Israel flotilla apology 'did not include promise to lift Gaza siege'". The Telegraph. Archived from the original on 11 January 2022. Retrieved 28 March 2013.
  236. ^ Gelvin, James L. (2005). The Israeli-Palestinian Conflict: 100 Years of War. New York: Cambridge University Press.
  237. ^ Sa'id & Abu-Lughod, Ahmad & Lila (2007). Nakba: Palestine, 1948, and the Claims of Memory. New York: Columbia University Press.
  238. ^ a b "Agriculture in Palestine: a post-Oslo Analysis" (PDF). 2012. Archived from the original (PDF) on 4 September 2015. Retrieved 24 April 2014.
  239. ^ "Poverty and the Labor Market: A Sheer Lack of Jobs?" (PDF). Coping with Conflict: Poverty and Inclusion in the West Bank and Gaza. pp. 37–61. Retrieved 28 April 2014.
  240. ^ a b "Palestinians lose billions to Israeli land bans, says World Bank report". The National. 8 October 2013. Retrieved 13 April 2014.
  241. ^ Stein, Rebecca (2008). Itineraries in Conflict. Durham: Duke University Press. p. 9.
  242. ^ Davis, Rochelle (2013). Palestine and the Palestinians in the 21st century. Indianapolis: Indiana University Press.
  243. ^ France-Presse, Agence (12 July 2013). "Palestinian Economic Recovery Plan Takes Shape". The National. Retrieved 14 April 2014.
  244. ^ Chalabi, Mona (14 October 2013). "How Does Palestine's Economy Work?". The Guardian. Retrieved 30 April 2014.
  245. ^ Patience, Martin (19 June 2007). "Q&A: Palestinian Embargo". BBC Jerusalem. Retrieved 30 April 2014.
  246. ^ "2009 W.Bank terror activity down by 97% compared to 2002." Jerusalem Post. 10 July 2010.
  247. ^ "PA security forces seize 17 bombs, transfer them to IDF." Jerusalem Post. 4 November 2010.
  248. ^ Lazaroff. "Route 443 opens to Palestinians." Jerusalem Post. 28 May 2010.
  249. ^ "UN: Israel has dismantled 20 percent of West Bank checkpoint." Jerusalem Post. 16 June 2010.
  250. ^ Katz, Yaakov. "Israel sets up trial program to expedite PA export process." Jerusalem Post. 10 March 2010.
  251. ^ "World Bank report: PA economy needs more private investment." Archived 6 February 2011 at the Wayback Machine Jerusalem Post. 13 April 2010.
  252. ^ Katz. "IDF mulls entry to West Bank cities by Jewish Israelis." Jerusalem Post. 14 July 2010.
  253. ^ Facts About Israel. Jerusalem: Israel Ministry of Foreign Affairs, 2010. p. 52.
  254. ^ a b Dershowitz. The Case for Israel. p. 3.
  255. ^ a b c "Hamas' Mickey Mouse teaches children to hate and kill." Israel Ministry of Foreign Affairs. 10 May 2007. Retrieved 12 February 2007
  256. ^ a b c "Palestinian Incitement of Suicide Bombings." Israel Ministry of Foreign Affairs. 18 May 2001.
  257. ^ Livni, Tzipi. "Address by FM Livni to the Paris Donors Conference." Israel Ministry of Foreign Affairs. 17 December 2007. Scroll down to paragraph beginning, "This is neither..."
  258. ^ "Abbas says there is 'no way' he'll recognize Israel as Jewish state". 7 March 2014.
  259. ^ Associated, The (11 May 1949). "Report: Abbas reiterates refusal to recognize Israel as 'Jewish state'". Haaretz. Retrieved 2 January 2012.
  260. ^ Klein, Aaron (4 October 2006). "Fatah member: Abbas recognition of Israel political". YNet. Retrieved 24 September 2011.
  261. ^ "Hamas's charter uncompromisingly seeks Israel's destruction." "Palestinian Rivals: Fatah & Hamas." BBC News. 17 June 2007.
  262. ^ Sela 2002, pp. 673–679, "Palestinian Authority"
  263. ^ Bard. Will Israel Survive? New York: Palgrave Macmillan, 2007.
  264. ^ Massad, Joseph. "The (Anti-) Palestinian Authority." Archived 25 July 2008 at the Wayback Machine Al Ahram Weekly. 15–21 June 2006. 8 May 2008.
  265. ^ "Poll No. 176". Palestinian Center For Public Opinion. 14 May 2011. Archived from the original on 27 October 2011. Retrieved 7 July 2011.
  266. ^ Glick, Caroline B. "Column One: Israel's American-made foes." Jerusalem Post. 8 June 2010.
  267. ^ "Data on casualties".
  268. ^ a b Twentieth Century Atlas – Death Tolls." RCN D.C. Metro. December 2005.
  269. ^ "All wars in the 20th century." The Polynational War Memorial.
  270. ^ White, Matthew. "WebCite query result." WebCite. 2005.
  271. ^ Data tabulated from "B'Tselem – Statistics – Fatalities in the first Intifada." B'Tselem.
  272. ^ "Fatal Terrorist Attacks in Israel Since the DOP (Sept 1993)." Israel Ministry of Foreign Affairs. 24 September 2000.
  273. ^ "Israeli-Palestinian Fatalities Since 2000 – Key Trends." Archived 3 July 2010 at the Wayback Machine United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs. August 2007. PDF.
  274. ^ a b "The Humanitarian Monitor." Archived 16 February 2008 at the Wayback Machine United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs. December 2007. PDF. Tables on pages 5 and 7, all numbers refer to casualties of the direct conflict as defined therein (page 23).
  275. ^ Data tabulated from "B'Tselem – Statistics – Fatalities." Archived 2 December 2010 at the Wayback Machine B'Tselem. Note that the data may change due to ongoing research, which produces new information about the events.
  276. ^ "B'Tselem: Since 2000, 7,454 Israelis, Palestinians killed." Jerusalem Post. 27 September 2010.
  277. ^ Mor, Avi, et al. "Casualties in Operation Cast Lead: A closer look." Interdisciplinary Center Herzliya. 2009. PDF.
  278. ^ "Targeted Killings: Evaluating the Effectiveness of a Counterterrorism Policy" (PDF). January 2005. Retrieved 9 August 2010.
  279. ^ "B'Tselem: 773 of Palestinians killed in Cast Lead were civilians." Ynetnews. 9 September 2009.
  280. ^ a b Richter, Elihu D. and Yael Stein. "Comments on B'Tselem's Civilian Casualty Estimates in Operation Cast Lead." Scholars for Peace in the Middle East. 13 September 2009.
  281. ^ Radlauer, Don. "An Engineered Tragedy: Statistical Analysis of Casualties in the Palestinian-Israeli Conflict, September 2000 – June 2002." International Policy Institute for Counter-Terrorism. 29 November 2002. Retrieved 8 March 2013.
  282. ^ a b c d "Country Overviews – Occupied Palestinian Territory". United Nations Mine Action Service. 2009. Archived from the original on 26 September 2010. Retrieved 2 February 2010.

External links

United Nations
Academic, news, and similar sites (excluding Israeli or Palestinian sources)
Conflict resolution groups
Human rights groups
Jewish and Israeli academic, news, and similar sites
Jewish and Israeli "peace movement" news and advocacy sites

Other sites: