本質的価値(動物倫理)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

人間や他の知覚力のある動物の本質的な価値は、それ自体の内にある価値であり、それ自体が目的として自分自身の生きた経験を望んでいることによってそれ自体に与える価値です。本質的価値は、自己評価する存在が存在するところならどこにでも存在します。[1]

内在的価値は自己帰属であるため、器械的価値や外在的価値とは異なり、すべての動物がそれを持っています。器械的価値とは、資源(例えば、財産、労働、食物、繊維、「生態系サービス」など)として、または感情的、娯楽的、美的または精神的な満足。内在的価値は動物の内部から与えられるため、経済学者が直接測定することはできませんが、外在的価値は外部から与えられ、原則として経済的に測定することができます。

「内在的価値」(しばしば内在的価値と同義語として使用される)というフレーズは、動物の権利擁護者によって採用されています。オランダの動物健康福祉法は1981年にそれを参照しました:「動物の本質的な価値の承認は、動物がそれ自体で価値を持ち、その結果、彼らの利益がもはや自動的に人間の利益に従属しないことを意味します。」[2]この承認は、畜産動物繁殖、生体解剖動物実験、およびバイオテクノロジーの文脈でそれが何を伴うのかについての議論を巻き起こしました。また、環境保護の擁護者や法律で、生態系に内在的価値の全体を包括的に網羅するために使用されています。たとえば、ニュージーランドの資源管理法(RMA)の第7条(d)は、「生態系の本質的価値」に特に注意を払うことを要求しています。[3]

動物の道徳的地位の歴史(1880–1980)

西部の動物に対する道徳的態度(公の議論や法律で表現されているように)は、時間の経過とともにかなり変化しました。英国の最初の動物虐待防止法は、1835年動物への虐待法で導入されました。これに続いて、他の多くの国でも、特に20世紀の後半に同様の法律が制定されました。これらの法律は、他の動物が人間の使用のための資源であるという考えに異議を唱えず、(a)経済的または社会的影響がほとんどなかった残酷な行為を制限しただけでした。(b)人間の感性(いわゆる違反の原則)に対して攻撃的であるか、人間の尊厳と対立していた。これらの規制は人間中心主義でした性格上、彼らは一般に、農業、釣り、ブラッドスポーツなどの人間の経済的および娯楽的利益を与え、動物の苦しみよりも優先しました。つまり、彼らは本来の価値よりも動物の道具的価値を好みました。

20世紀後半には、牛の飼育の強化、豚と鶏の工場畜産の成長、有害な実験室での動物の使用の増加が激しい議論を引き起こし、動物自体への悪影響が問題になりました。特に1960年代から1970年代にかけて、圧力団体は実験室や農場で飼育されている動物の利益を代表して議論を始めました。彼らは、特定の状況での個人の残虐行為の選択された行為のみを禁止する一方で、動物搾取産業の制度的残虐行為を保護する法律に不満を表明した。彼らは、人間中心主義ではない理由 で動物を保護する新しい形の法律を求めました。

(動物の福祉の道徳的関連性に関する)これらの議論には、2つの重要な問題が含まれていました。そもそも、動物を保護するための道徳的基盤は、犯罪の原則ではなく、危害の原則でなければなりませ第二に、動物における意識と自己認識の存在に関して科学者によって表明された懐疑論に関して、彼らはいわゆる類推の仮定を採用することによって疑いの利益を与えられるべきです。飼育下での動物の行動に適用された動物行動学的研究は、動物の集中的な使用が動物の健康と幸福に悪影響を及ぼしたことを明らかにしました。それにもかかわらず、動物の幸福への懸念は擬人化から一掃されなければなりませんでした感傷この見方は、例えば、家畜の福祉問題に関するEECのオランダ獣医師連盟による報告(FVE、1978)で取り上げられています。このドキュメントには次のように記載されています。

動物の利益はしばしば社会の要求と対立しますが、社会は関係する動物の福祉に責任を負っています。動物福祉に関する考慮事項は、獣医、科学、動物行動学の規範に基づくべきであり、感情に基づくべきではありません。動物には基本的な権利はありませんが、人間には動物に対して一定の道徳的義務があります。

本質的価値と動物倫理(1980–2000)

1970年代から1980年代にかけて、家畜や実験動物の生活状況に対する批判は、他の社会的議論、特に(自然)環境の保護に関する議論や新しい繁殖技術の開発に関する議論と混同されました。この問題の拡大により、科学的または経済的理由による動物の使用に対する他の反対意見が浮上した。動物の器械的使用は、それらの固有の(または固有の)価値と調和させるのは難しいと言われています。1981年にオランダ政府は本質的な価値を含めました-動物の保護に関する声明の議論(CRM、1981)。現在、場合によっては、動物の利益が科学や産業の利益よりも優先される可能性を考慮した原則が策定されました。動物の利益は、人間の使用への適合性に関する考慮事項とは無関係に、動物自身が経験する健康と幸福に関係していました。現在、動物には本質的な価値があり、それは彼ら自身の善であり、彼ら自身の幸福への関心があると主張されました。

バイオテクノロジーの分野での発展は、動物の道徳的地位に関する議論の範囲をさらに広げました。トランスジェニック雄牛ハーマンとGenePharmingのラクトフェリンプロジェクトに関する論争の後、現代のバイオテクノロジーはほとんど遺伝子工学の同義語になりました。ブル・ハーマンに関する議論では、動物の本質的価値への懸念がそれ自体で問題になりました。多くの人は、動物の福祉への関心だけでなく、本質的な価値にもっと多くのことがあると感じました。それ以来、本質的価値とは、動物の福祉だけでなく、社会が動物(または自然)自体に対してとる道徳的態度も指します。一部の人にとって、このスタンスは犯罪の原則、したがって人間中心主義または擬人との闘いには役立たないしかし、動物を「それ自身の存在の中心」として尊重しているため、 動物の本質的な価値の認識は動物福祉を超えていると主張する人もいます。

本質的価値という用語の分析

動物の道徳的地位に関連する内在的価値に関する議論で多くの混乱を引き起こす原因は、内在的価値に関連する意味と含意の多様性です大まかに言えば、この議論には、本質的価値を定義する4つの主要な立場があります。次のような意味で、動物の本質的価値の意味に固執することができます。 [4]

最初の行動学的解釈のうち、道徳的に中立であるため)倫理理論には役に立たないと言うことができます。4番目の、態度的または直感的な解釈のうち、それは感性や興味を区別せず、保護する価値のあるあらゆる種類の(自然、文化、または抽象)エンティティ(種、文化、言語、歴史的建造物を含む)に使用できると言えます。サイトなど)。動物の本質的価値をめぐる議論の中心的な問題は、実用主義者とデントロジストの間で残っています。

も参照してください

参照

  1. ^ テイラー(1996)「資本の形態と本質的価値」、ケモスフェア(1996)Vol。33、No。9、1801〜1811ページ。https://www.academia.edu/25475674/FORMS_OF_CAPITAL_AND_INTRINSIC_VALUES
  2. ^ コックバニング、Tj。(2006)。「Empirischonderzoeknaarmorele oordeelsvorming bij genetische modificatie van dieren」 、 NVBE Nieuwsbrief、13、3、10–12。
  3. ^ ニュージーランド議会(1991)資源管理法 http://www.legislation.govt.nz/act/public/1991/0069/latest/whole.html#DLM230267
  4. ^ van der Tuuk、エドワード。「本質的価値と人間中心主義との闘い」、Dol、Marceletal。動物の本質的価値の認識、APS、Van Gorcum、Assen、1999年、第2章、29〜37ページ。ISBN  90-232-3469-3

外部リンク