国際化とローカリゼーション

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
主に中国語(繁体字)にローカライズされたTDEソフトウェアプログラムのスクリーンショット

では、コンピューティング国際化と地域化アメリカ)や国際化と地域化BRE)、しばしば略さI18NL10N、[1]は適応の手段であるコンピュータソフトウェアを異なる言語、地域の特殊性とターゲットロケールの技術的要件に。[2]国際化とは、ソフトウェアアプリケーションを設計するプロセスであり、エンジニアリングを変更することなく、さまざまな言語や地域に適応させることができます。ローカリゼーションは、テキストを翻訳してロケールを追加することにより、特定の地域または言語に国際化されたソフトウェアを適応させるプロセスです。-特定のコンポーネント。ローカリゼーション(ロケールごとに複数回実行される可能性があります)は、国際化によって提供されるインフラストラクチャまたは柔軟性を使用します(理想的には、ローカリゼーションの前に1回だけ実行されるか、進行中の開発の不可欠な部分として実行されます)。[3]

ネーミング

用語が頻繁に略記さヌメロニムの I18N18最初間の文字の数を表し、I及び最後のNワードに国際化、で造語使用ディジタルイクイップメントコーポレーション1970または1980で)[4] [5]そして、L10Nのためのローカライズの単語の長さに起因します、。[1] [6]一部の作家は、後者の頭字語を大文字にして、2つを区別しやすくしています。[7]

IBMOracleなどの一部の企業では、国際化とローカリゼーションの組み合わせにグローバリゼーションg11nという用語を使用しています[8]

マイクロソフトは、国際化を世界への準備とローカリゼーションの組み合わせとして定義しています。World-readinessは開発者のタスクであり、製品を複数のスクリプトとカルチャで使用し(グローバリゼーション)、ユーザーインターフェイスリソースをローカライズ可能な形式(ローカライズ可能、略してL12y)で分離できるようにします[9] [10]

Hewlett-PackardHP-UXは、ローカライズ可能なソフトウェアを作成するために、「NationalLanguageSupport」または「NativeLanguageSupport」(NLS)と呼ばれるシステムを作成しました。[2]

スコープ

国際化とローカリゼーションのプロセス
LISA Webサイトのチャートに基づく

フロンティアのないソフトウェアによると、製品を国際化する際に考慮すべき設計の側面は、「データエンコーディング、データとドキュメント、ソフトウェアの構築、ハードウェアデバイスのサポート、ユーザーの操作」です。一方、完全に国際化された製品をゼロから作成する際に考慮すべき重要な設計領域は、「ユーザーインタラクション、アルゴリズム設計とデータ形式、ソフトウェアサービス、ドキュメント」です。[2]

翻訳は通常、言語ローカリゼーションの中で最も時間のかかるコンポーネントです[2]これには以下が含まれる場合があります。

  • 映画、ビデオ、オーディオの場合、吹き替えまたは字幕を使用することが多い、話し言葉や音楽の歌詞の翻訳
  • 印刷物、デジタルメディアのテキスト翻訳(エラーメッセージやドキュメントを含む可能性があります)
  • 翻訳や一般的なアイコンを含むようにテキストを含む画像やロゴを変更する可能性がある[2]
  • 翻訳の長さが異なり、文字サイズが異なると(たとえば、ラテンアルファベット漢字の)、ある言語でうまく機能するレイアウトが他の言語ではうまく機能しない可能性があります[2]。
  • 方言登録簿または多様性の違いの考慮[2]
  • 次のような表記規則:

標準ロケールデータ

コンピュータプログラムはコンテンツを動的に生成できるため、コンピュータソフトウェアは、単語やフレーズの直接的な翻訳を超えた違いに遭遇する可能性があります。これらの違いは、翻訳の準備として国際化プロセスで考慮する必要がある場合があります。これらの違いの多くは非常に規則的であるため、言語間の変換は簡単に自動化できます。共通ロケールデータリポジトリによってUnicodeには、このような違いのコレクションを提供します。そのデータは、大手で使用されているオペレーティング・システムを含む、Microsoft WindowsのMacOSのDebianの、およびなどの大手インターネット企業やプロジェクトによってグーグルウィキメディア財団このような違いの例は次のとおりです。

  • 異なるの異なる「スクリプト」書き込みシステムは、異なる使用した文字の文字、syllograms、表語文字、または記号の異なるセットを- 。最新のシステムは、Unicode標準を使用して、1文字のエンコーディングで多くの異なる言語を表現しています
  • 書き方は、ほとんどのヨーロッパ言語では左から右、ヘブライ語とアラビア語では右から左、または牛耕式スクリプトでは両方、オプションで一部のアジア言語では垂直です。[2]
  • コンテキストに応じて文字の形が変わる言語向けの複雑なテキストレイアウト
  • 大文字と小文字の区別は、一部のスクリプトには存在し、他のスクリプトには存在しません
  • 言語や書記体系が異なれば、テキストの並べ替え規則も異なります。
  • 言語が異なれば、数字システムも異なります西アラビア数字を使用しない場合は、サポートが必要になる場合があります。
  • 言語が異なれば、複数形の規則も異なり、数値コンテンツを動的に表示するプログラムが複雑になる可能性があります。[11]属格など、他の文法規則も異なる場合があります
  • 言語が異なれば、句読点も異なります(たとえば、英語のように二重引用符( "")を使用してテキストを引用したり、フランス語のようにギユメ(«»)を使用したりします)。
  • キーボードショートカットは、ローカライズされているキーボードレイアウト上にあるボタンのみを使用できますショートカットが特定の言語の単語に対応している場合(たとえば、Ctrl-sは英語で「保存」を表します)、変更が必要になる場合があります。[12]

全国大会

国が異なれば、以下のバリエーションを含むさまざまな経済的慣習があります。

特に、米国とヨーロッパはこれらのケースのほとんどで異なります。他の領域は、しばしばこれらの1つに従います。

オンラインマップ、天気予報、決済サービスプロバイダーなど、特定のサードパーティサービスは、同じ通信事業者から世界中で利用できないか、まったく利用できない場合があります。

タイムゾーンは世界中で異なります。製品が元々単一のタイムゾーンの人々とのみ対話した場合は、これを考慮に入れる必要があります。国際化の場合、UTCは内部で使用されることが多く、表示のためにローカルタイムゾーンに変換されます。

国が異なれば、法的要件も異なります。たとえば、次のようになります。

ローカリゼーションでは、次のような文化の違いも考慮に入れる場合があります。

ソフトウェアを国際化するためのビジネスプロセス

製品国際化するためには、製品が予想されるさまざまな市場を検討することが重要です。[2]番地のフィールド長、住所の一意の形式、郵便番号がない国に対応するために郵便番号フィールドをオプションにする機能、または州がない国の州フィールドなどの詳細、および概要現地の法律に準拠した新規登録フローの例は、国際化を複雑なプロジェクトにする例のほんの一部です。[7] [16]より広範なアプローチでは、たとえばビジネスプロセスロジックの適応や個々の文化的(行動的)側面の包含に関する文化的要因が考慮されます。[2] [17]

すでに1990年代に、のような企業ブルが使用され、機械翻訳Systranがをすべての翻訳活性のために、大規模に):人間の翻訳者は、事前に編集する(入力機械可読を作る)して処理後編集[2]

エンジニアリング

既存のソフトウェアのリエンジニアリングまたは新しい国際化ソフトウェアの設計の両方において、国際化の最初のステップは、ロケールに依存する可能性のある各部分(コード、テキスト、データ)を個別のモジュールに分割することです。[2]各モジュールは、標準ライブラリ/依存関係に依存するか、ロケールごとに必要に応じて個別に置き換えることができます。

現在の一般的な方法は、アプリケーションが、必要に応じてプログラムの実行中にロードされるリソース文字列にテキストを配置することです。[2]リソースファイルに保存されているこれらの文字列は、比較的簡単に翻訳できます。多くの場合、プログラムは、選択したロケールデータに応じてリソースライブラリを参照するように構築されています。

翻訳可能および翻訳された文字列のストレージは、文字列がメッセージと呼ばれるため、メッセージカタログ[2]と呼ばれることもあります。カタログは通常、特定のローカリゼーション形式のファイルのセットと、その形式を処理するための標準ライブラリで構成されています。これを支援する1つのソフトウェアライブラリとフォーマットはgettextです。

したがって、アプリケーションが複数の言語をサポートするようにするには、実行時に関連する言語リソースファイルを選択するようにアプリケーションを設計します。データ入力の検証やその他のロケールに依存する多くのデータ型を管理するために必要なコードも、さまざまなロケール要件をサポートする必要があります。最新の開発システムとオペレーティングシステムには、これらのタイプを国際的にサポートするための高度なライブラリが含まれています。上記の標準ロケールデータも参照してください

多くのローカリゼーションの問題(書き込み方向、テキストの並べ替えなど)では、テキストの翻訳よりもソフトウェアに大幅な変更を加える必要があります。たとえば、OpenOffice.orgはコンパイルスイッチでこれを実現します。

プロセス

グローバリゼーションの方法には、計画後、国際化、ローカリゼーション、品質保証の3つの実装ステップが含まれます。[2]

ある程度(たとえば品質保証のために)、開発チームには、プロセスの基本/中央段階を処理し、他のすべてを可能にする人が含まれます。[2]そのような人は通常、外国語と文化を理解し、ある程度の技術的背景を持っています。専門のテクニカルライターは、ローカリゼーション要素を展開およびテストするためのエンジニアリングリソースと組み合わせて、潜在的に複雑な概念に対して文化的に適切な構文を構築する必要があります。

適切に国際化されると、ソフトウェアはローカリゼーションのためにより分散化されたモデルに依存できます。無料のオープンソースソフトウェアは通常、エンドユーザーとボランティアによる自己ローカリゼーションに依存し、チームで編成されることもあります。[18] KDE3のプロジェクト、例えば、100以上の言語に翻訳されています。[19] 270の言語でのMediaWiki、そのうち100は2016年の時点でほぼ完成しています。[20]

既存のテキストを他の言語に翻訳する場合、製品の存続期間を通じてテキストの並列バージョンを維持することは困難です。[21]たとえば、ユーザーに表示されるメッセージが変更された場合、翻訳されたすべてのバージョンを変更する必要があります。

商業上の考慮事項

商業環境では、ローカリゼーションのメリットは、より多くの市場にアクセスできることです。1980年代初頭、Lotus 1-2-3はプログラムコードとテキストを分離するのに2年かかり、MicrosoftMultiplanを超えてヨーロッパで市場をリードしなくなりました[2] MicroProは、西ドイツ市場でオーストリアの翻訳者を使用することで、WordStarのドキュメントが「本来あるべきトーンを持っていない」ことを発見したと幹部は語った。[22]

ただし、エンジニアリングをはるかに超えるかなりのコストがかかります。さらに、事業運営は、完全に異なる通貨、規制環境、税制で販売されることが多い、複数の個別のローカライズされた製品の生産、保管、および流通を管理するように適応する必要があります。

最後に、販売、マーケティング、および技術サポートも、ローカライズされた製品の顧客をサポートするために、新しい言語での独自の運用を促進する必要があります。特に比較的少数の言語人口の場合、ローカライズされた製品を提供することは経済的に実行可能ではないかもしれません。多数の言語が特定の製品のローカリゼーションを正当化でき、製品の内部構造がすでにローカリゼーションを許可している場合でも、特定のソフトウェア開発者または発行者は、複数のロケールでの操作に関連する補助機能を管理するためのサイズと洗練度に欠ける場合があります。

も参照してください

参考文献

  1. ^ B 「国際対ローカライズ」World WideWebコンソーシアム
  2. ^ bはCのDのE 、F 、G 、H 、I 、J 、KとLのM 、N 、O 、PのQ パトリックAVホール。マーティン・A・オールド編 (1996)。フロンティアのないソフトウェア:マルチプラットフォーム、マルチカルチャー、マルチナショナルアプローチRay Hudson、Costas Spyropoulos、Timo Honkela etalによる貢献とリーダーシップ。ワイリー。ISBN 978-0-471-96974-7
  3. ^ バートエセリンク(2003)。ローカリゼーションの進化(PDF)ローカリゼーションのガイド。多言語コンピューティングとテクノロジー。2012年9月7日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし一言で言えば、ローカリゼーションは、言語とテクノロジーを組み合わせて、文化や言語の壁を越えることができる製品を生み出すことを中心に展開していますそれ以上でもそれ以下でもありません。
  4. ^ 「W3C専門用語の用語集」World WideWebコンソーシアム2008年10月13日取得
  5. ^ 「略語I18nの起源」
  6. ^ 「GNUgettextユーティリティ:概念」GNUプロジェクト2019年9月18日にオリジナルからアーカイブされまし2019年10月29日取得プログラムでの母国語のサポートについて説明するときは、常に2つの長い単語が表示されます。これらの単語は正確な意味を持っており、このドキュメントで一度だけ説明する価値があります。言葉は国際化とローカリゼーションです。これらの長い単語を何度も書くことにうんざりしている多くの人々は、代わりにi18nとl10nを書く習慣を取り、各単語の最初と最後の文字を引用し、中間の文字の実行を単にそのような文字の数を示す数字に置き換えましたがある。
  7. ^ a b alan(2011-03-29)。「国際化(i18n)、ローカリゼーション(L10n)、グローバリゼーション(g11n)とは」2015年4月2日にオリジナルからアーカイブされましL10nの大文字のLは、i18nの小文字のiと区別するのに役立ちます。
  8. ^ 「IBMグローバリゼーション」2016年3月17日のアーカイブ2016年3月31日に。
  9. ^ 「グローバリゼーションのステップバイステップ」2015年4月12日にオリジナルからアーカイブされまし
  10. ^ 「グローバリゼーションのステップバイステップ:国際化を理解する」2015年5月26日にオリジナルからアーカイブされまし
  11. ^ 「GNUgettextユーティリティ:複数形」
  12. ^ languagetranslationsservices.wordpress.com アーカイブで2015年4月3日、ウェイバックマシン
  13. ^ Haider、M。(2016年5月17日)。「パキスタンは、物議を醸しているインドの「地図法案」に懸念を表明している夜明けパキスタンヘラルドパブリケーション(Pvt。)Ltd 2018年5月9日取得
  14. ^ ハムダニ、YL(2016年5月18日)。「地図を変更しても、カシミールがあなたの一部であるという意味ではありません、インド」エクスプレストリビューンブログエクスプレストリビューンニュースネットワーク2018年5月9日取得
  15. ^ マドラッドクーリエ(2017年7月24日)。「地理空間情報規制法案の概要」マドラスクーリエVipra HoldingsLtd 2018年5月9日取得
  16. ^ 「国際住所フォーマット」Microsoft DeveloperNetworkMicrosoft 2013年12月10日取得
  17. ^ Pawlowski、JM(2008):文化プロファイル:グローバルな学習と知識の共有の促進。手順 ICCE 2008、台湾、2008年11月。 ドラフトバージョン
  18. ^ Reina、Laura Arjona; Robles、Gregorio; González-Barahona、JesúsM。(2013-06-25)。ペトリニャ、エティエル; Succi、Giancarlo; Ioini、Nabil El; シリッティ、アルベルト(編)。自由ソフトウェアにおけるローカリゼーションの予備分析:翻訳がどのように実行されるか情報通信技術におけるIFIPの進歩。シュプリンガーベルリンハイデルベルク。pp。153–167。土井10.1007 / 978-3-642-38928-3_11ISBN 978-3-642-38927-6
  19. ^ 現在のリストについては、 KDE.orgを参照してください
  20. ^ 「翻訳:グループ統計–translatewiki.net」
  21. ^ 「ゲームを20の言語に翻訳し、地獄に行くのを避ける方法」
  22. ^ Schrage、Michael(1985-02-17)。「IBMがヨーロッパのコンピューター市場で優位に立つ」ワシントンポストISSN 0190から8286まで2018829日取得 

さらに読む

  • .NET国際化:建物グローバルWindowsとWebアプリケーションの開発者ガイド、ガイ・スミス・フェリエ、アディソン・ウェズリープロフェッショナル、8月7日2006年 ISBN 0-321-34138-4 
  • ローカリゼーションの実用ガイド、Bert Esselink、John Benjamins Publishing、[2000]。 ISBN 1-58811-006-0 
  • リディアアッシュウェブテストコンパニオン:効率的かつ効果的なテストへのインサイダーガイド、ワイリー、5月2日、2003年 ISBN 0-471-43021-8 
  • 国境のないビジネス:グローバルマーケティングへの戦略的ガイド、ドナルドA.デパルマ、グロバビスタプレス[2004]。ISBN 978-0-9765169-0-3 

外部リンク