食料農業植物遺伝資源に関する国際条約

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

植物条約
食料農業植物遺伝資源に関する国際条約
署名2001年
位置ローマ[1]
効果的2004年6月29日
締約国2020年2月1日現在、147の締約国(146の州、1つの組織)
預託機関国連事務総長
言語アラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語

食糧農業植物遺伝資源に関する国際条約[ 2]ITPGRFA国際種子条約または 植物条約[3]とも呼ばれる)は、食糧を保証することを目的とした生物多様性条約と調和した包括的な国際協定です。世界の食料農業植物遺伝資源(PGRFA)の保全、交換、持続可能な利用による安全保障、その利用から生じる公正かつ公平な利益の共有、および農民の権利の認識2001年にマドリードで署名され、2004年6月29日に発効しました。

主な機能

参加国

2020年2月の時点で、植物条約には147の締約国(146の加盟国と1つの政府間組織欧州連合)があります。[4]

農民の権利

条約は、国内法に従い、以下の農民の権利を認めています。a)食糧および農業のための植物遺伝資源に関連する伝統的知識の保護。b)食糧および農業のための植物遺伝資源の利用から生じる利益の共有に公平に参加する権利。c)食糧および農業のための植物遺伝資源の保存および持続可能な利用に関連する事項について、国レベルでの意思決定に参加する権利。条約は、植物の生殖質交換を促進し、標準物質移動合意書(SMTA) を通じて利益を共有するために、アクセスと利益の共有の多国間システムを確立しています。

しかし、農民の権利プロジェクトのレジーン・アンダーセン[5]、とりわけ国連食糧権利特別報告者であるオリビエ・デ・シュッター[6]が主張するように、農民の権利の解釈と実現は弱く、すべての国で同じではありません。農場で保存された種子を保存、使用、交換、販売するためにPGRFAを保存し、持続可能な方法で使用する農民の権利の実現に一貫した強力な国際的焦点がなければ、作物の遺伝的多様性と関連する農業生物多様性が損なわれます。[7]たとえば、インドでは、2001年の植物品種保護および農民の権利(PPV&FR)法に農民の権利の解釈が含まれており、農民は、農場で生産した種子をいつものように保存および販売する権利を制限されています。保護された品種の遺伝子が含まれている場合。、[8] [9]

2019年、農民や農村地域で働く他の人々の権利に関する国連宣言の採択により、植物条約に含まれる農民の権利が再確認されました。

多国間システム

条約は、食料安全保障と相互依存に不可欠ないくつかの最も重要な食料と飼料作物のリストのために、条約を批准する国々の間で、アクセスと利益の共有の多国間システム(MLS)を実施しました属と種は条約の付属書1に記載されています。

この条約は、国連食糧農業機関(FAO)の食糧農業遺伝資源委員会(CGRFA)によって交渉され、2006年以降、FAOの支援の下に独自の統治機関があります。統治体は、第19条に定められた条約の最高機関である。すべての締約国の代表者で構成され、その基本的な機能は、条約の実施に関する政策ガイダンスの提供を含む、条約の完全な実施を促進することである。統治体は、その手続規則に従って、その議長および副議長を選出します。それらを総称して「局」と呼びます。

この条約は、現在および将来の食料安全保障に不可欠な植物遺伝資源をすべての農民とパブリックドメインで利用できるようにするための責任あるグローバルガバナンスの一例であると考える人もいます。「植物遺伝資源へのアクセス、それらの利用と農民の実現から生じる利益の共有」と題された世界の食糧および農業のための植物遺伝資源の状態に関する第2回報告書(SoWPGR-2)の第7章[10]権利」は主に国際条約に捧げられています。

統治体

  • 統治体は2006年6月にマドリードで初めて会合した。[11]閣僚部門があり、閣僚宣言が採択され、報告書に含まれた。[12]
  • 統治体の第2回会合は、2007年10月/ 11月にローマで開催された。[13]この会合は、農民の権利、財政規則の実施について議論した。資金調達戦略、グローバル作物多様性トラストとの関係。他の問題の中でもとりわけ、アクセスと利益共有のための多国間システム(MLS)の実施。[14]
  • 統治体の第3回会合は、2009年6月にチュニスで開催された。[15]この会合は、前回の会合の未完の事業を継続し、とりわけ、資金調達戦略、コンプライアンス、持続可能な利用、農民の権利の実施、 Global Crop Diversity TrustおよびCGRFAとの関係、アクセスおよび利益共有のための多国間システム(MLS)の実装。[16]
  • 理事会の第4回会合は、2011年3月にインドネシアのバリで開催された。[17]理事会の会合に先立ち、閣僚は、条約の実施をさらに強化することに従事することを約束する条約に関するバリ宣言[18]を採択した。農業の生物多様性の侵食、食糧不安、極度の貧困、気候変動の影響などの課題に対応します。そして、MLS、PGRFAの持続可能な利用、農民の権利に関連する活動に優先順位を付け、より多くの資金を動員するよう、当事者と関連する利害関係者に呼びかけます。「コンプライアント」メカニズムと財務規則の追加により、これらの問題は理事会会議で最も交渉時間を費やしました。条約とCGRFA、CBDの名古屋議定書との関係Global CropDiversityTrustとBioversityInternationalも決議に含まれていました。
  • 2013年9月にオマーンのマスカットで第5回理事会が開催された。[19]会期の前に、2日間の地域協議が行われた。5回目のセッションの達成:
    • 農民の権利(FR)に関する決議。これは、農民の権利を実施するという政府のコミットメントを更新したものです。
    • 農民の権利への影響を報告するためのUPOVWIPOへのコード化された呼びかけ。
    • 農民の権利の実施状況に関するGB6の報告書を作成するという農民組織による申し出を温かく受け入れる。
    • 農民の権利を実現するための取り組みに関連した、食糧および農業のための植物遺伝資源の持続可能な利用を改善するために設計された行動。
    • たとえば、ネイティブの特性に関する特許によるシステムの略奪を防ぐために、多国間アクセスおよび利益共有メカニズム(MLS)をレビューおよび変更するというコミットメント。
    • Global CropDiversityTrustおよび農場での保護を支援するための利益共有基金に対するノルウェーからの重要な新しい自発的な財政的貢献。
    • NGOと農民組織の区別を受け入れ、農民の社会運動の代表者を交渉に含める必要性。
    • 世界食料安全保障委員会を含む他の国連フォーラム内の農民の権利に関連する関連する議論について報告するよう事務局長に要請する。NGO(例:CENESTA)や国際農民運動であるLa Via Campesinaを含む市民社会は、セッション全体を通して活発に活動しました。[20]


附属書1でカバーされている作物のリスト

何世紀にもわたって文化の一部であった食品でさえ、しばしば世界の反対側の地域に固有のものです。この世界的な分散は、農民や農業コミュニティが常に隣人と、または貿易を通じて種子や遺伝物質を共有してきた寛大さを示しています。人々が新しい土地を探して冒険したとき、彼らの種は彼らのディアスポラの一部でした。その結果、私たちは今、国境内の固有の作物だけで生き残ることができるという点で、1つの国が自給自足であると見なすことができない世界に住んでいます。条約は、食用作物とその遺伝物質の継続的な公開交換を促進します。[21]

条約の多国間システムに含まれる植物遺伝物質のリストは、主要な食用作物と飼料で構成されています。飼料はまた、マメ科牧草と草飼料に分けられます。それらは、食料安全保障と国の相互依存の基準を考慮して選ばれました。[22]


歴史、交渉、発効

条約は7年間交渉中でした。以前の自主協定である食糧農業のための植物遺伝資源に関する国際事業(IU)は、1983年に採択されました。しかし、IUは、人類の共同遺産である遺伝資源の原則に依存していました。[ 23]生物多様性条約(CBD)(1993)は、遺伝資源を各国政府の管轄と主権の下にもたらしました。しかし、CBDは農業遺伝資源の特別で独特な性質を認識しました。それらは国際的であり、国や大陸を越えており、それらの保存と持続可能な使用には独特の解決策が必要であり、食料安全保障にとって国際的に重要でした。その後、IUはCBDと調和させるために再交渉され、条約に改名されました。シード条約の交渉と呼ばれる条約を達成するための長いプロセスの説明は、WaybackMachineにあります

条約は2001年11月3日のFAO会議(第31回決議3/2001 [24])で承認され、116票と2棄権(米国と日本)がありました。その第25条に従い、2002年11月4日まで、FAOのすべてのメンバー、国連のいずれかの加盟国、または国際原子力機関によって署名のために開かれました。これは、すべてのメンバーによる批准、承認、または承認(第26条)の対象となりました。

食料農業植物遺伝資源に関する国際条約は、採択から1年後に加盟が可能になり、署名が締め切られました(第27条)。つまり、2002年11月4日です。77か国と欧州連合がその日までに条約に署名しました。

第28条に従い、少なくとも20の批准書、受諾書、承認書、または加盟書が加盟国によって寄託されていることを条件として、第40条の批准書、受諾書、承認書、または加盟書が寄託されてから90日目に条約が発効した。 FAOの。2004年3月31日に条約が発効するために必要な数の文書(40)に達した日、13の文書(欧州連合を含む)がFAOの事務局長に寄託されました。発効は2004年6月29日でした。

議論と批評

植物の遺伝資源は、持続可能な農業食料安全保障に不可欠です。FAOは、歴史を通じて人間が食物に約10,000種を使用したと推定しています。しかし、約120の栽培種だけが、必要な食料の約90%を提供し、4つの種(トウモロコシ、小麦、米、ジャガイモ)は、世界の人口に人間の食餌エネルギーの約60%を提供します。農業生物多様性の重要な部分を形成する、何千年にもわたって農民によって開発されたこれらの作物の無数の品種のうち、75%以上が過去100年間で失われました。

企業の経済的利益が、生計の保護、食料安全保障の促進、地域社会の管理下にある生物多様性に富んだ農業、および農民の権利の実施を妨げる可能性があることを恐れる人もいます。

批評家は、中心的な問題の多くは未解決であるか、解釈の余地があると述べています。提起されたポイントのいくつかは次のとおりです。

  • 条約の規則の範囲内で、MLSの遺伝資源に対して知的財産権がどの程度許可されるか:食品および農業のための遺伝資源へのオープンアクセスを目的とした合意は、制限的な財産権を許可すべきではないと主張する人もいます。 d「受領者は、多国間システムから受け取った形で、食品および農業用の植物遺伝資源、またはそれらの遺伝的部分または構成要素への容易なアクセスを制限する知的財産またはその他の権利を主張してはならない」。
  • 農民と地域社会が種子を自由に使用、交換、販売、繁殖することをどの程度許可され、農民の権利の原則が尊重されることを保証するために各国政府がどのような執行手順を使用するか。
  • 第三者受益者の下での紛争解決のメカニズムとFAOの役割。
  • 条約によって資金提供された11のプロジェクトの最初のグループは、2009年6月にチュニスで開催された第3回理事会で発表されました。プロジェクトは、地域のバランスを含む理事会によって確立された基準に従って資金提供されました。ラテンアメリカから5、アフリカから5そして1つはアジアから。プロジェクトのランク付けは、局の7つの地域代表によって指名された専門家グループによって行われ、最終承認は、理事会に代わって局によって行われました。
  • すべての亜種と品種を含むアブラナ科(アブラナ科)全体がMLSに含まれていますが、条約に含まれる食用作物と飼料およびそれらの近縁種の総数は非常に限られています。大豆、サトウキビ、アブラヤシ、落花生は、付録1のリストにない重要な作物の1つです。

条約は2004年6月29日に発効し、その時点で国による54以上の批准がありました。条約が法律になる際に作成された記事は、国際シード条約が法律になる-2004年6月29日に掲載されています。発効から、以前に署名した国は条約を批准することができますが、発効前に条約に署名しなかった国も条約に加盟することができます。批准書はFAOの事務局長に寄託されなければなりません。

さらに読む

  • ムーア、G .; Witold、T.(2003)。食料農業植物遺伝資源に関する国際条約の説明ガイド。世界自然保護連合(IUCN)。IUCN環境政策および法律文書番号57.2005 (PDF)213ページ
  • Fowler、C.、Moore、G.およびHawtin、G.(2003)。食料農業植物遺伝資源に関する国際条約:CGIARの未来のための入門書SGRP(システム全体の遺伝資源プログラム)、IPGRI(現在は国際生物多様性センター)。ローマ、イタリア。2007年12月4日にオリジナルからアーカイブされました。{{cite book}}:CS1 maint:複数の名前:著者リスト(リンク36ページ
  • クーペ、S .; Lewins、R.(2008)。種子条約の交渉 (PDF)Practical Action Publishing、ラグビー、英国。2012年2月7日にオリジナル (PDF)からアーカイブされました2007年11月23日取得59ページ
  • IT PGRFA事務局(2011)。食料農業植物遺伝資源に関する国際条約の紹介:モジュール1 (PDF)IT PGRFA事務局、FAO、ローマ、イタリア。155ページ

も参照してください

外部リンク

参照

  1. ^ 「国連条約リポジトリ」
  2. ^ [1] [永久デッドリンク]
  3. ^ 「GolayC。(2017)、Research Brief:The Right to Seeds and Intellectual Property Rights」(PDF)
  4. ^ 「ニュース|食糧および農業のための植物遺伝資源に関する国際条約|国連食糧農業機関」
  5. ^ 「農民の権利のウェブサイト」
  6. ^ 「シードポリシーと食糧の権利」(PDF)www.srfood.org 2020年7月12日取得
  7. ^ 「アーカイブされたコピー」2010年4月19日にオリジナルからアーカイブされました2010年5月4日取得{{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク
  8. ^ 「アーカイブされたコピー」2010年7月6日にオリジナルからアーカイブされました2010年5月4日取得{{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク
  9. ^ 「アーカイブされたコピー」(PDF)2011年7月26日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2011年3月23日取得 {{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク
  10. ^ 「データ」(PDF)www.fao.org 2020年7月12日取得
  11. ^ 「食糧農業のための植物遺伝資源に関する国際条約|国連食糧農業機関」www.fao.org
  12. ^ GB-1 / 06 / REPORT、食料農業植物遺伝資源に関する国際条約の理事会の最初のセッションの報告。ftp://ftp.fao.org/ag/agp/planttreaty/gb1/gb1repe.pdf [永久的なデッドリンク]
  13. ^ 「食糧農業のための植物遺伝資源に関する国際条約|国連食糧農業機関」
  14. ^ GB-2 / 07 / REPORT、食料農業植物遺伝資源に関する国際条約の理事会の第2回会合の報告。ftp://ftp.fao.org/ag/agp/planttreaty/gb2/gb2repe.pdf [永久的なデッドリンク]
  15. ^ 「食糧農業のための植物遺伝資源に関する国際条約|国連食糧農業機関」
  16. ^ GB-3 / 09 / REPORT、食料農業植物遺伝資源に関する国際条約の理事会の第3回会合の報告。ftp://ftp.fao.org/ag/agp/planttreaty/gb3/gb3repe.pdf [永久的なデッドリンク]
  17. ^ 「アーカイブされたコピー」2011年2月22日にオリジナルからアーカイブされました2011年3月22日取得{{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク
  18. ^ [2] [永久デッドリンク]
  19. ^ 「食糧農業のための植物遺伝資源に関する国際条約|国連食糧農業機関」
  20. ^ GB5の結果のCSO要約http://www.ukabc.org/gb5.htm
  21. ^ [3]
  22. ^ Ximena Flores Palacios、1998年。植物遺伝資源の分野における国の相互依存の推定への貢献。食品および農業のための遺伝資源に関する委員会、背景研究論文番号。7、Rev.1、FAO。ftp://ftp.fao.org/ag/agp/planttreaty/gb1/bsp/bsp7e.pdf [永続的なデッドリンク]
  23. ^ Shawn N. Sullivan、2004年。植物遺伝資源と法:過去、現在、そして未来。植物生理学2004年5月vol。135号 1 10–15。http://www.plantphysiol.org/content/135/1/10.full#sec-2
  24. ^ 「Fao–C2001/レポート」