国際標準書誌記述

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

国際標準書誌記述ISBD )は、国際図書館連盟(IFLA)によって作成された一連の規則であり、特に書誌または図書館目録で使用するために、標準の人間が読める形式で書誌記述を作成します。 。ISBDの暫定統合版は、2007年に発行され、統合版は2011年に発行され、モノグラフ、古いモノグラフ出版物、地図作成資料、雑誌およびその他の継続的なリソース、電子リソース、非書籍資料、および印刷物用の以前の個別のISBDに取って代わりました。音楽。IFLAのISBDレビューグループは、ISBDの維持に責任があります。

ISBDの本来の目的の1つは、国際的に記録を交換するために使用できる標準形式の書誌記述を提供することでした。これは、IFLAのUniversalBibliographicControlプログラムをサポートします。

ISBDレコードの構造

ISBDは、9つの記述領域を定義しています。エリア7を除く各エリアは、構造化された分類を持つ複数の要素で構成されています。特定のリソースに適用されない要素と領域は、説明から省略されています。標準化された句読点(コロン、セミコロン、スラッシュ、ダッシュ、コンマ、およびピリオド)は、要素と領域を識別して区切るために使用されます。要素の順序と標準化された句読点により、説明の言語がわからない場合でも、書誌レコードの解釈が容易になります。

  • 0:コンテンツフォームとメディアタイプ領域
  • 1:責任領域のタイトルとステートメント。
    • 1.1適切なタイトル
    • 1.2パラレルタイトル
    • 1.3その他のタイトル情報
    • 1.4責任の声明
  • 2:エディションエリア
  • 3:リソース固有の領域の材料またはタイプ(たとえば、地図の縮尺または定期刊行物の番号付け)
  • 4:出版、制作、配布など、エリア
  • 5:資料説明エリア(例:本のページ数や1冊として発行されたCDの数)
  • 6:シリーズエリア
  • 7:ノートエリア
  • 8:リソース識別子と可用性領域の条件(例:ISBNISSN

典型的なISBDレコードは次のようになります。

テキスト:仲介されていない
研究論文、論文、論文の執筆者のためのマニュアル:学生と研究者のためのシカゴスタイル/ Kate L. Turabian; ウェインC.ブース、グレゴリーG.コロンブ、ジョセフM.ウィリアムズ、シカゴプレス大学の編集スタッフによって改訂されました。—第7版。—シカゴ:シカゴプレス大学、2007年。— xviii、466ページ:イラスト; 23cm。—(執筆、編集、出版に関するシカゴのガイド)。—書誌参照(409〜435ページ)と索引が含まれています。ISBN  978-0-226-82336-2(布:アルク紙):USD35.00。ISBN 978-0-226-82337-9(pbk .: alk。paper):USD17.00  

も参照してください

参照

外部リンク