統合山岳開発国際センター

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

統合山岳開発国際センター
ICIMOD Logo.png
ICIMODロゴ
形成1983年12月5日
本部ネパール、ラリトプル
メンバーシップ
8加盟国
局長
ペマ・ギャムツォ博士[1]
Webサイトwww .icimod .org

統合山岳開発国際センター(ICIMOD)は、ヒンドゥークシュヒマラヤの8つの地域加盟国にサービスを提供する地域の政府間学習および知識共有センターです。[2] ICIMODは、ヒンドゥークシュヒマラヤ地域の8つの地域加盟国(RMC)(アフガニスタンバングラデシュブータン中国インドミャンマーネパールパキスタン)と世界の山岳コミュニティにサービスを提供しています。

1983年に設立されたICIMODは、ネパールのラリトプールに拠点を置き、地域の加盟国、パートナー機関、ドナーのパートナーシップを結集して、拡張されたヒマラヤ地域の人々と環境のより良い未来を確保しています。

ビジョン

ヒンドゥークシュヒマラヤ の男性、女性、子供たちは、健康的な環境で健康を増進することを楽しんでいます。

ミッション

知識と地域協力を通じて、改善された公平な生活のための持続可能で回復力のある山岳開発を可能にすること。

歴史

ইস্কিমডএরএকটিপ্রধানভবন
ICIMODの本館

山岳地帯の生態学的に健全な開発を促進するための機関を設立するという考えは、1974年12月にドイツのミュンヘンで開催された山岳環境開発に関する国際ワークショップで議論されましたが、それはわずか5年後の1979年の国連教育科学文化機関でした。科学文化機関(ユネスコ)人間と生物圏計画の枠組みの下でのカトマンズでの地域会議では、センターを設立するための具体的な取り組みが行われた。ネパール政府は新しい機関を主催することを申し出、スイス政府、ドイツ連邦共和国、ユネスコは創設スポンサーとして行動することに合意しました。ネパール陛下政府とユネスコは、1981年9月にパリにセンターを設立するための法的根拠を提供する協定に署名しました。センターは、1983年12月5日にネパールのラリトプールに本部を置いて最終的に設立され、発足し、同年にネパールの議会法によって合法化されました。[3]

ICIMODでの地球観測科学

ICIMODのMODIS衛星受信ステーション
ICIMODのMODIS衛星受信ステーション

ICIMODに焦点を当てた作業エリアは、広大なエリアであるヒンドゥークシュヒマラヤリージョン(HKH)リージョンです。ICIMODは、地球観測科学とアプリケーションを積極的に使用して、HKH地域の環境管理、災害リスクの軽減、および回復力の強化を行っています。数人のICIMOD研究者が、地球観測科学のさまざまなトピックの研究に携わっています。

さまざまなリモートセンシング作業の中で、地域土地被覆監視システム(RLCMS)[4]は、2000年から2018年までの調和した土地被覆データを備えた一連の30m解像度の年間土地被覆マップを提供するため最も注目に値します。これらの地域の土地被覆マップは非常に一貫性があり、明示的なユーザー定義の目的を果たすように設計されています。それに加えて、ICIMODは、ネパールのバングラデシュのコシ川流域の洪水氾濫の迅速なマッピング[5] 、土壌侵食および堆積物の収量[6]の空間分布、および地域のより多くのマッピング活動に関与しています。

参照

  1. ^ 「ペマギャムツォ」ICIMOD 2019年2月4日取得
  2. ^ 「地域情報」ICIMOD 2019年2月4日取得
  3. ^ 「統合された山の開発のための国際センター(ICIMOD)」中国環境健康資源ハブ。2011年8月13日にオリジナルからアーカイブされました2013年8月8日取得
  4. ^ Uddin、Kabir; マティン、ミールA .; カナル、ニシャンタ; マハルジャン、サジャナ; Bajracharya、Birendra; テネソン、カリス; Poortinga、Ate; Quyen、Nguyen Hanh; Aryal、Raja Ram(2021)、Bajracharya、Birendra; タパ、ラジェッシュバハドゥール; Matin、Mir A.(eds。)、「ヒンドゥークシュヒマラヤの地域土地被覆モニタリングシステム」地球観測科学とヒンドゥークシュヒマラヤ地域のリスク低減と回復力の強化のための応用、チャム:Springer International Publishing、pp。103–125 、doi10.1007 / 978-3-030-73569-2_6ISBN 978-3-030-73568-5S2CID  238902124 、 2021年11月10日取得
  5. ^ Uddin、Kabir; マティン、ミールA .; Meyer、Franz J.(2019年1月)。「Multi-TemporalSentinel-1SAR画像を使用した運用洪水マッピング:バングラデシュの事例研究」リモートセンシング11(13):1581。Bibcode2019RemS...11.1581U土井10.3390/rs11131581
  6. ^ Uddin、Kabir; アブドゥル・マティン、ミール; マハルジャン、サジャナ(2018年12月)。「土地被覆変化の評価とネパールの土壌侵食リスクの変化に対するその影響」持続可能性10(12):4715 . doi10.3390/su10124715

外部リンク

座標27.646412°N85.323542°E27°38′47″N 85°19′25″E /  / 27.646412; 85.323542