インターフェイスメッセージプロセッサ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ARPANETファーストルーター2.jpg

Interface Message ProcessorIMP)は、1960年代後半から1989年にかけて参加者ネットワークをARPANETに相互接続するために使用されたパケット交換 ノードでした。これは、今日ルーターとして知られているゲートウェイの第1世代でした。[1] [2] [3] IMPは、専用のインターフェースとソフトウェアを備えた頑丈なHoneywellDDP -516ミニコンピューターでした。[4] 後年、IMPは、通信トラフィックの3分の2を約半分のコストで処理できる非耐久性のHoneywell316から作成されました。 [5] IMPには、 BBNレポート1822で定義されている特別なビットシリアルインターフェイスです。IMPソフトウェアとIMPで実行されるARPAネットワーク通信プロトコルはRFC1 [6]で議論されており、インターネット技術特別調査委員会(IETF) によって発行された一連の標準化文書の最初のもの

歴史

IMPチーム(左から右):Truett Thatch、Bill Bartell(Honeywell)、Dave Walden、Jim Geisman、Robert Kahn、Frank Heart、Ben Barker、Marty Thorpe、Will Crowther、Severo Ornstein写真なし:Bernie Cosell

「インターフェースコンピュータ」の概念は、1966年にドナルドデイビスによってイギリスのNPLネットワークのために最初に提案されました。[7]同じアイデアは、国防総省の国防高等研究計画局(ARPA)の主任研究者会議で、1967年の初めに独自に開発され、全国の相互接続マシンについて議論しました。ARPANETの実装を主導したLarryRobertsは、最初にホストコンピュータのネットワークを提案しました。ウェス・クラークは、「各ホストコンピュータと伝送線路のネットワークの間に小さなコンピュータ」を挿入することを提案しました[8]。つまり、IMPを別のコンピュータにします。

IMPは、1969年にマサチューセッツを拠点とする会社Bolt Beranek and Newman(BBN)によって構築されました。BBNは4つのIMPを構築する契約を結んでおり、最初は労働者の日までにUCLAで期限が到来しました。その後、残りの3つは1か月間隔で配信され、合計12か月でネットワーク全体が完成しました。マサチューセッツ州上院議員のエドワード・ケネディは、この百万ドルの契約に署名したBBNの業績を知ったとき、「異教徒間のメッセージ処理者」の建設を請け負った会社を祝福する電文を送りました。[8]

IMPに取り組んでいるチームは、自分たちを「IMPGuys」と呼んでいました。[8]

  • チームリーダー:フランクハート[9]
  • ソフトウェア:Willy CrowtherDave Walden、Bernie Cosell、Paul Wexelblat
  • ハードウェア:Severo Ornstein、Ben Barker
  • 全体的なシステム設計に関する理論と上記とのコラボレーション:Bob Kahn
  • その他:ハーレイライジング
  • 後でIMPチームに追加されました:Marty Thrope(ハードウェア)、Jim Geisman、Truett Thach(インストール)、Bill Bertell(ハネウェル)

BBNは、1969年2月に変更されたHoneywellDDP-516のプログラミング作業を開始しました。完成したコードは6000語の長さで、Honeywell516アセンブリ言語で書かれていました。IMPソフトウェアは、主にPDP-1で作成され、IMPコードが記述および編集されてから、Honeywellで実行されました。

BBNは、IMPを単に「ストアアンドフォワード」のみを行う「メッセンジャー」として設計しました。[8] BBNは、ホストからIMPへの仕様のみを設計し、ホストサイトに個々のホストからホストへのインターフェイスを構築するように任せました。IMPには、受信を確認せずにエラーのあるパケットを破棄するエラー制御メカニズムがありました。ソースIMPは、確認応答の受信を受信しないと、その後、重複したパケットを再送信します。ARPAの提案依頼書の要件に基づいて、IMPは24ビットのチェックサムを使用しましたエラー訂正用。BBNは、ソフトウェア計算を使用するよりも高速なオプションであったため、IMPハードウェアにチェックサムを計算させることを選択しました。IMPは当初、サイトごとに1台のホストコンピューターに接続されると考えられていましたが、ホストサイトの研究者と学生の主張により、各IMPは最終的に複数のホストコンピューターに接続するように設計されました。

最初のIMPは、1969年8月30日にUCLAのLeonard Kleinrockのグループに配信されました。これは、SDSSigma-7ホストコンピューターを使用していました。スタンフォード研究所(SRI)のダグラスエンゲルバートのグループは、1969年10月1日に2番目のIMPを受け取りました。これはSDS-940ホストに接続されていました。3番目のIMPは、1969年11月1日にカリフォルニア大学サンタバーバラ校に設置されました。4番目の最後のIMPは、1969年12月にユタ大学に設置されました。2つのシステム(UCLAとSRI)間の最初の通信テストは10月に行われました。 1969年29日、 SRIマシンへのログインが試みられたが、最初の2文字しか送信できなかった。「g」文字を受信すると、SRIマシンがクラッシュしました。[10]数分後、バグが修正され、ログインの試行が正常に完了しました。

BBNは、通信回路の性能をテストするプログラムを開発しました。Heartが提出したレポートによると、UCSB-SRI回線での27時間のアクティビティに基づく、1969年後半の予備テストでは、「エラーが20,000個あたり約1パケット」であることがわかりました。その後のテストでは、「この数の100%の変動が明らかになりました。これは、エラーが検出されなかった非常に長い期間(数時間程度)が多かったためと思われます。」[11]

TIPと呼ばれるIMPの変形が存在し、端末とコンピューターをネットワークに接続しました。これは、516の新しいバージョンであるHoneywell 316に基づいていました。その後、一部のHoneywellベースのIMPがマルチプロセッシングBBN Pluribus IMPに置き換えられましたが、最終的にBBNはHoneywellマシンのマイクロプログラムクローンを開発しました。

IMPは、DARPAが1989年にARPANETを廃止するまで、ARPANETの中心でした。ほとんどのIMPは、分解、ジャンク、またはMILNETに転送されました。いくつかは美術館の工芸品になりました。クラインロックは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でIMPナンバーワンを公開しました。[8] ARPANETの最後のIMPは、メリーランド大学のものでした。

Kleinrock Internet Heritage Site andArchiveのオープニングで撮影された最初のIMPのフロントパネル

BBNレポート1822

BBNレポート1822は、ホストコンピュータをIMPに接続する方法を指定します。この接続とプロトコルは、一般にレポート番号である 1822と呼ばれます。

1822プロトコルの初期バージョンは1969年に開発されました。これは、OSIモデルより10年前のものであるため、1822はOSIレイヤーにきれいにマッピングされません。ただし、1822プロトコルには、物理​​層データリンク層、およびネットワーク層が組み込まれていると言っても過言ではありませんホストシステムに表示されるインターフェイスは、ネットワーク層アドレスを物理層デバイスに直接渡します。

データを送信するために、ホストはネットワーク上の別のホストの数値アドレス(インターネット上のIPアドレスと同様)とデ​​ータフィールドを含むメッセージを作成し、1822インターフェイスを介してIMPにメッセージを送信します。IMPは、インターネットルーターによって最終的に採用されたプロトコルを使用して、メッセージを宛先ホストにルーティングします。メッセージは合計8159ビットの長さを格納でき、そのうち最初の96ビットはヘッダー(「リーダー」)用に予約されていました。[12]

インターネットを介して送信されるパケットは信頼できないと見なされますが、1822メッセージはアドレス指定された宛先に確実に送信されることが保証されています。メッセージを配信できなかった場合、IMPは、配信が失敗したことを示すメッセージを発信元ホストに送信しました。ただし、実際には、ホストがメッセージの損失の報告を見逃す可能性がある、またはIMPが実際に受信したときにメッセージが失われたと報告する可能性がある(まれな)条件がありました。

1822Lなどの1822プロトコルの新しいバージョンは、RFC802およびその後継で説明されています。

も参照してください

参考文献

  1. ^ IMP-インターフェイスメッセージプロセッサ、LivingInternetアクセス2007年6月22日。
  2. ^ ARPANETの取り組みを振り返ると、34年後、Dave Walden、2007年6月22日にアクセス。
  3. ^ ARPANETの技術的歴史-ウェイバックマシンで2012年9月10日にアーカイブされたテクニカルツアー 、THINKプロトコルチーム、2007年6月22日アクセス。
  4. ^ ハート、FE; カーン、RE; Ornstein、SM; クロウザー、WR; Walden、DC(1970)、「ARPAコンピュータネットワーク用のインターフェイスメッセージプロセッサ」1970年5月5〜7日の議事録、Spring Joint Computer Conference:551〜567、doi10.1145 / 1476936.1477021S2CID  9647377 、2009年に取得- 07-19
  5. ^ Ornstein、SM; ハート、FE; クロウザー、WR; ライジング、香港; ラッセル、SB; Michel、A。(1971)、「ARPAコンピュータネットワークのターミナルIMP」1971年11月16〜18日の議事録、秋の合同コンピュータ会議:243〜254、doi10.1145 / 1478873.1478906S2CID 17369153 
  6. ^ RFC1.txt
  7. ^ ロバーツ、ローレンスG.博士(1995年5月)。「ARPANET&コンピュータネットワーク」2016年3月24日にオリジナルからアーカイブされました2016年4月13日取得その後、1966年6月、デイビスは2番目の内部論文「デジタル通信ネットワークの提案」を作成しました。この論文では、ユーザーが送信したいメッセージの小さなサブ部分であるパケットという単語を作成し、「ユーザー機器とパケットネットワークの間に位置する「インターフェースコンピュータ」。
  8. ^ a b c d e Hafner、K。; リヨン、M。(1996)、ウィザードが遅くまで起きている場所ニューヨーク市サイモン&シュスターISBN 0-684-83267-4
  9. ^ ケイティ・ハフナー(2018-06-25)。「インターネットの前にコンピューターをリンクしたフランク・ハート、89歳で死去」ニューヨークタイムズISSN0362-4331 _ 2020年4月3日取得 
  10. ^ ハンブリング、デビッド(2005)、兵器級ニューヨーク市キャロル&グラフISBN 0-7867-1769-6
  11. ^ Heart、FE(1970)、「ARPAコンピュータネットワーク用のインターフェイスメッセージプロセッサ」(PDF)Quarterly Technical Report No. 4:7 、2013年3月5日取得
  12. ^ BBNレポート1822、ホストとIMPの相互接続の仕様

さらに読む

外部リンク