間作

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

間作は、2つ以上の作物を近接して栽培することを含む二毛作の実践です言い換えれば、間作とは、同じ畑で2つ以上の作物を同時に栽培することです。間作の最も一般的な目標は、単一の作物では利用できない資源や生態学的プロセスを利用することで、特定の土地でより多くの収穫量を生み出すことです。[要出典]

メソッド

2つの作物の空間的および時間的重複の程度は多少異なる場合がありますが、間作になるためには、両方の要件を満たす必要があります。多数のタイプの間作が確認されており、そのすべてが時間的および空間的混合をある程度変化させます。[1] [2]これらは、より重要なタイプのいくつかです。

  • 混合間作は、その名前が示すように、構成作物が利用可能なスペースで完全に混合される最も基本的な形式です。
  • 行のトリミングには、交互の行に配置されたコンポーネントのトリミングが含まれます。バリエーションには、作物が木の列の間に成長する路地作付けと、ある作物の複数の列またはストリップが別の作物の複数の列と交互になる帯状作付けが含まれます。これの新しいバージョンは、太陽光発電モジュールの列を農作物と間作することです。この方法はアグリボルタイクスと呼ばれます。[3]
  • 時間的間作では、成長の早い作物と成長の遅い作物を播種する方法を使用します。これにより、成長の遅い作物が成熟し始める前に、成長の速い作物が収穫されます。
  • リレー作付けでは、さらに一時的な分離が見られます。リレー作付けでは、最初の作物の成長中、多くの場合、生殖発達または結実の開始近くで2番目の作物が播種され、最初の作物が収穫されて、 2番目。

輪作は関連していますが、間作ではありません。さまざまな種類の作物が、単一の季節ではなく、一連の成長期に栽培されるためです。

潜在的なメリット

リソースの分割

土壌気候、作物、品種を考慮して、慎重な計画が必要です物理的な空間、栄養素、または日光を求めて作物が互いに競合しないようにすることが特に重要です。間作戦略の例は、根の深い作物をの浅い作物で植えたり、背の高い作物を短い作物で植えて部分的な日陰を必要とすることです。焼畑農業の生態学的破壊に代わるものとして、インガの路地作付けが提案されています。[4]

作物を注意深く選択すると、他の農学的利益も達成されます。

相利共生

2つの作物を近接して植えることは、2つの植物が相互作用して、植物の適応度(したがって収量)の一方または両方を向上させる場合に特に有益です。たとえば、風や大雨で転倒しやすい植物(宿泊しやすい植物)は、コンパニオンプランツによって構造的なサポートを与えられる場合があります。[5] 黒コショウなどのつる植物も、構造的サポートの恩恵を受けることができます。いくつかの植物は、雑草を抑制したり、栄養素を提供したりするために使用されます。[6]繊細な植物や光に敏感な植物には、日陰や保護を与えることができます。さもなければ、無駄なスペースを利用することができます。例としては、ココナッツが上層、バナナが中層、そしてパイナップル生姜、または脚の長い飼料薬用または芳香植物が最下層を占めます。

互換性のある植物の間作も生物多様性を促進する可能性がある、McDaniel etal。2014年およびLorietal。2017年、マメ科植物の間作を見つけて土壌の多様性を高め[7] 、または単一作物環境には存在しないさまざまな昆虫土壌生物に生息地を提供することによって。これらの有機体は、窒素固定などを通じて作物に貴重な栄養素を提供する可能性があります[要出典]

害虫管理

作物の多様性を高めることが害虫管理の改善に役立つ可能性があるいくつかの方法があります。たとえば、そのような慣行は、捕食者の生物多様性を高めることによって、作物の害虫の発生を制限する可能性があります。[8]さらに、作物の均質性を低下させると、作物を介した害虫の生物 学的分散に対する障壁が高まる可能性があります。

間作によって害虫を防除する方法はいくつかあります。

  • トラップ作付けこれには、生産作物と比較して害虫にとってより魅力的な作物を近くに植えることが含まれます。害虫は、生産作物ではなく、この作物を対象とします。
  • 忌避剤間作、特定の害虫に対して忌避効果がある間作を使用することができます。このシステムでは、害虫を寄せ付けないようにするために、忌避作物が生産作物の臭いをマスキングしていました。
  • プッシュプルクロッピング、これはトラップクロッピングと忌避剤間作の混合物です。誘引作物は害虫を誘引し、忌避作物は害虫を撃退するためにも使用されます。[9]


制限事項

農業における害虫被害を減らすための間作は、さまざまな成功を収めて展開されてきました。たとえば、多くのトラップ作物は、小規模な温室、庭、野外実験で焦点作物から害虫をうまくそらすことができましたが[10]、これらの植物のごく一部だけが、より大きな商業規模で害虫の被害を減らすことが示されています。[10] [11]さらに、間作による作物の多様性の増加は、必ずしも作物害虫の捕食者の存在を増加させるわけではありません。文献の系統的レビューでは、2008年に調査した研究で、害虫の捕食者は、53%の研究で作物多様化戦略の下で増加する傾向があり、作物多様化は32%の研究でのみ収量の増加につながりました。[12]報告されているトラップ作付けの失敗の一般的な説明は、魅力的なトラップ植物は、昆虫が主作物に戻らない場合にのみ近くの植物を保護するというものです。2006年の100のトラップ作付け例のレビューでは、商業規模で成功したと分類されたトラップ作物は10のみであり[11] 、すべての成功したケースで、トラップ作付けは、トラップ作物からの昆虫の拡散を特に制限する管理手法で補完されました。主な作物に。[11]

ギャラリー

も参照してください

参考文献

  1. ^ Andrews、DJ、AHKassam。1976年。世界の食糧供給の増加における二毛作の重要性。RI Papendick、A。Sanchez、GB Triplett(Eds。)、 Multiple Croppingの1〜10ページ。ASA特別刊行物27.ウィスコンシン州マディソン、アメリカ農学協会。
  2. ^ Lithourgidis、AS; ドルダス、カリフォルニア; ダマラス、カリフォルニア; Vlachostergios、DN(2011)。「年間間作:持続可能な農業のための代替経路」 (PDF)作物科学のオーストラリアジャーナル5(4):396–410。
  3. ^ Dinesh、Harshavardhan; ピアス、ジョシュアM.(2016-02-01)。「農業システムの可能性」再生可能で持続可能なエネルギーのレビュー54:299–308。土井10.1016 /j.rser.2015.10.024
  4. ^ エルカン、ダニエル。焼畑農業は、世界の熱帯雨林にとって大きな脅威となっています 。ガーディアン2004年4月21日
  5. ^ Trenbath、BR1976。二毛作コミュニティにおける植物の相互作用。RI Papendick、A。Sanchez、GB Triplett(編)、 Multiple Croppingの129〜169ページ。ASA特別刊行物27.ウィスコンシン州マディソン、アメリカ農学協会。
  6. ^ マウント・プレザント、ジェーン(2006)。「スリーシスターズマウンドシステムの背後にある科学:北東部の先住民の農業システムの農業評価」。スタラーでは、ジョンE。; Tykot、Robert H。; ベンツ、ブルースF.(編)。トウモロコシの歴史:先史時代、言語学、生物地理学、家畜化、およびトウモロコシの進化への学際的アプローチアムステルダム:アカデミックプレス。pp。529–537。ISBN 978-1-5987-4496-5
  7. ^ サリーム、ムハンマド; 胡傑; ジュセット、アレクサンドル(2019-11-02)。「その部分の合計以上のもの:植物の成長と土壌の健康の推進力としての微生物叢の生物多様性」。生態学、進化学、および分類学の年次レビュー年次レビュー50(1):145–168。土井10.1146 / annurev-ecolsys-110617-062605ISSN1543-592X_ 
  8. ^ ミゲルエンジェルアルティエリ; クラライネスニコールズ(2004)。農業生態系における生物多様性と害虫管理、第2版心理学プレス。ISBN 9781560229230
  9. ^ 「植物による害虫の防除:間作の力-UVM食品飼料」UVMフードフィード2014-01-09 2016年12月1日取得
  10. ^ a b シェルトン、アム; Badenes-Perez、Fr(2005-12-06)。「害虫管理におけるトラップ作付けの概念と応用」。昆虫学の年次レビュー51(1):285–308。土井10.1146 /annurev.ento.51.110104.150959ISSN0066-4170_ PMID16332213_  
  11. ^ a b c Holden、Matthew H。; Ellner、Stephen P。; Lee、Doo-Hyung; Nyrop、Jan P。; サンダーソン、ジョンP.(2012-06-01)。「効果的なトラップ作付戦略の設計:誘引、保持および植物の空間分布の影響」応用生態学ジャーナル49(3):715–722。土井10.1111 /j.1365-2664.2012.02137.xISSN1365-2664_ 
  12. ^ Poveda、Katja; ゴメス、マリア・イザベル; マルティネス、エリアナ(2008-12-01)。「多様化の実践:害虫の規制と生産に対するそれらの影響」RevistaColombianadeEntomología34(2):131–144。
  13. ^ 家庭菜園による栄養の改善、家庭菜園技術リーフレット13:多層作付け、 FAO、2001年

外部リンク