インスタンス(コンピューターサイエンス)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

コンピュータシステムでは、あるモデルに基づいて新しいコンテキストが作成されるたびに、そのモデルがインスタンス化されたと言われます。実際には、このインスタンスは通常、他のインスタンスと共通のデータ構造を持っていますが、インスタンスに格納されている値は別個のものです。あるインスタンスの値を変更しても、他のインスタンスの値に干渉することはありません。コンピューティングインスタンスは、 CPUGPU仮想マシンなどのコードを実行できるソフトウェアまたはハードウェアにすることができます[要出典]

コンピュータグラフィックス

コンピュータグラフィックスでは、シーン内のさまざまな場所に複数回描画するために、ポリゴンモデルをインスタンス化できます。これは、各インスタンスを表示するために必要な作業が重複するため、 レンダリングのパフォーマンスを向上させるために使用できる手法です。

オブジェクト指向プログラミング

オブジェクト指向プログラミング(OOP)では、インスタンスは任意のオブジェクトの具体的な発生であり、通常コンピュータープログラムの実行時に存在します。正式には、「インスタンス」は「オブジェクト」と同義です。これらはそれぞれ特定の値(実現)であり、これらはインスタンスオブジェクトと呼ばれる場合があります。「インスタンス」は、オブジェクトの明確なアイデンティティを強調します。インスタンスの作成はインスタンス化と呼ばれます。

オブジェクトはさまざまな方法で変更できます。そのオブジェクトの実現された各バリエーションは、そのクラスのインスタンスです。つまり、変数ではなく指定されたを持つ特定のクラスのメンバーですプログラミング以外のコンテキストでは、「犬」をタイプと見なし、特定の犬をそのクラスのインスタンスと見なすことができます。[1]

クラスベースプログラミングでは、オブジェクトはコンストラクタと呼ばれるサブルーチンによってクラスから作成され、デストラクタによって破棄されます。オブジェクトはクラスのインスタンスであり、クラスインスタンスまたはクラスオブジェクトと呼ばれる場合があります。その場合、インスタンス化は構築とも呼ばれます。すべてのクラスをインスタンス化 できるわけではありません。抽象クラスをインスタンス化することはできませんが、インスタンス化できるクラスは具象クラスと呼ばれますプロトタイプベースのプログラミングでは、インスタンス化は代わりにプロトタイプインスタンスをコピー(複製)することによって行われます。

オペレーティングシステム

POSIX指向オペレーティングシステムのコンテキストでは、「(プログラム)インスタンス」という用語は通常、そのプログラムからインスタンス化された実行プロセスを指します( fork()exec( )などのシステムコール介して)。つまり、OSで実行されている各プロセスは、インスタンス化されたプログラムのインスタンスです。[2]

参考文献

  1. ^ 「インスタンスとは何ですか?–WhatIs.comからの定義」Whatis.techtarget.com 2014年2月9日取得
  2. ^ バッハ、モーリスJ.(1986)。UNIXオペレーティングシステムの設計プレンティスホール。pp。10、24。ISBN _ 0-13-201799-72010年3月15日にオリジナルからアーカイブされまし