入出力完了ポート

入出力完了ポート( IOCP ) は、 Windows NTバージョン 3.5 以降、[1] AIX [2]、およびSolaris 10 以降で複数の非同期入出力操作を同時に実行するためのAPIです。 [3]入出力完了ポート オブジェクトが作成され、多数のソケットまたはファイル ハンドルに関連付けられます。オブジェクトに対して I/O サービスが要求されると、I/O 完了ポートのキューに入れられたメッセージによって完了が示されます。 I/O サービスを要求しているプロセスには、I/O サービスの完了は通知されませんが、代わりに I/O 完了ポートのメッセージ キューをチェックして、その I/O 要求のステータスを確認します。 I/O 完了ポートは、複数のスレッドとその同時実行性を管理します。

こちらも参照

参考文献

  1. ^ Windows I/O 完了ポート
  2. ^ AIX 5 および 6 での IOCP の構成
  3. ^ 「Solaris 10 I/O 完了ポート」. 2011 年 7 月 19 日のオリジナルからアーカイブ2008 年 7 月 20 日に取得{{cite web}}: CS1 メイン: ボット: 元の URL 状況不明 (リンク)

外部リンク

  • Wayback Machineの記事「Inside I/O Completion Ports」(2010 年 11 月 1 日アーカイブ)、Mark Russinovichによる。
  • IOCPSOCK - Windows NT/2K/XP/Vista 上で実行するTcl言語用のチャネル ドライバーの IOCP 実装
  • US6223207B1 - 入出力完了ポートキューのデータ構造とその使用方法


「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Input/output_completion_port&oldid=1031081668」から取得