現職

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

現職者は、通常は選挙に関連して、現在の役職または役職の所有者ですたとえば、大統領選挙では、現職者は、再選を求めるかどうかにかかわらず、選挙前に大統領の職に就いたか行動した人です。状況によっては、その役職または役職の選挙時に現職者がいない場合があります(たとえば、新しい選挙区が作成された場合)。その場合、役職または役職は空席または空席と見なされます。米国では、現職者のいない選挙は、オープンシートまたはオープンコンテストと呼ばれます。

語源

「現職」という言葉はラテン語の動詞incumbereに由来し、文字通り「寄りかかるか横たわる」という意味で、現在分詞の現職は「エンカンバーの変種に寄りかかる[1]が、エンカンバーはルートカンバー由来する[ 1]。 2]最も適切に定義されている:「妨害的または不便に占有すること。動きや行動の自由を妨げるものでいっぱいになるのをブロックする。負担し、荷を積む。」[3]

現職の利点

一般に、現職者は選挙での挑戦者よりも政治的に有利です。選挙のタイミングが憲法または法律によって決定される場合を除いて、現職者は選挙の日付を決定する権利を有する場合があります。

ほとんどの政治事務所では、現職者は以前の事務所での仕事のために、多くの場合、より多くの名前を認識しています。現職者はまた、選挙資金や、現職者の再選キャンペーンを後押しするために間接的に使用できる 政府のリソース(フランク特権など)に簡単にアクセスできます。

米国では、現職者が再選を求めていない選挙(特に立法府の小選挙区制)は、しばしば空席と呼ばれます。現職の優位性がないため、これらは選挙で最も激しく争われている人種の1つであることがよくあります。要出典また、米国大統領の任期が4年に2回に制限されている場合のように、任期が限定されている場合は公開コンテストが作成され、現職者は再コンテストを禁止されています。

新規参入者がオープンオフィスを埋めようとするとき、有権者は候補者の資格、政治問題に関する立場、および個人的な特徴を比較的簡単な方法で比較対照する傾向があります。一方、現職者を取り上げた選挙は、Guy Molyneuxが言うように、「基本的には現職者の国民投票」です。[4]有権者は、最初に現職者の記録に取り組みます。彼らが現職者を「解雇」することを決定した場合にのみ、彼らは各挑戦者が容認できる選択肢であるかどうかを評価し始めます。

British Journal of Political Scienceの2017年の調査によると、現職の優位性は、有権者が現職のイデオロギーを個別に評価するのに対し、挑戦者は党のイデオロギーを共有していると想定しているという事実に由来するとしています。[5]これは、政治的二極化が進むにつれて、現職の優位性がより重要になることを意味します。[5] Journal of Politicsの2017年の調査によると、現職者は、オフサイクル選挙よりもオンサイクル選挙の方が「はるかに大きなアドバンテージ」を持っています。[6]

ビジネスでの使用

事業運営と競争に関して、現職のサプライヤーは通常、現在顧客のニーズを提供しているサプライヤーであり、したがって、競合するビジネスと比較して、この役割を維持したり、新しい契約に合意したりすることに関して有利な立場にあります。[7]

2年生の急増

米国と英国の政治アナリストは、2年生の急増(英国ではそのようには知られていない)の存在に注目しました。この急増では、第1期の代表者が最初の選挙で投票数が増加します。この現象は、第1期の代表者に最大10%のアドバンテージをもたらすと言われており、これにより現職のアドバンテージが高まります。

アンチインカンバンシー

ただし、現職要因自体が現職の崩壊につながるシナリオが存在します。一般に反現職要因として知られているこの種の状況は、現職者が在職中に職務にふさわしくないことを証明し、挑戦者がこれを有権者に示すときに発生します。有権者が挑戦者に変化の必要性を確信しているという理由だけで、反現職要因は、業績評価指標にもかかわらず、多くの連続した任期で在職している現職者を倒す責任もあります。また、非常に強力な事務所の所有者は、政治的に無力であり、再選のための十分な国民の信頼を得ることができないという大きな圧力にさらされていると主張されています。これは、たとえば、フランス大統領[8]収入の損失という負の経済的ショックを経験した有権者は、そのようなショックを経験していない有権者よりも現職の候補者に投票する可能性が低くなります。[9]

世論調査員のニック・パナガキスは、1989年に現職の規則と呼んだものを作り出しました。選挙の終わりに向けて未決定であると主張する有権者は、おそらく挑戦者に投票することになるでしょう。[10]

フランスでは、この現象は、 1956年のフランス立法選挙でのプジャド運動のスローガンであるキャッチフレーズ「Sortezlessortants」(出て行く[代表者]を出してください!)で知られています。

も参照してください

参考文献

  1. ^ OED(1989)、p。834
  2. ^ OED(1989)、p。218
  3. ^ OED(1989)、p。124
  4. ^ Guy Molyneux、 The Big Five-Oh The American Prospect、2004年10月1日。
  5. ^ a b Peskowitz、Zachary(2017-05-01)。「イデオロギーのシグナリングと現職の利点」ブリティッシュジャーナルオブポリティカルサイエンス49(2):467–490。土井10.1017 / S0007123416000557ISSN0007-1234 _ S2CID157292602 _
  6. ^ de Benedictis-Kessner、ジャスティン(2017-12-07)。「オフサイクルと不在:選挙のタイミングと現職の利点」。政治学ジャーナル80:119–132。土井10.1086 / 694396ISSN0022-3816_ S2CID222440248_  
  7. ^ Chen、J.、 Incumbent Investopedia、2021年1月27日更新、2021年3月20日アクセス
  8. ^ ロバートトムズ(2017年5月2日)。「フランスの大統領職は働くには力が強すぎる」ポーリングレポート2017年12月3日取得
  9. ^ マルガリット、ヨタム(2019-05-11)。「経済ショックへの政治的対応」政治学の年次レビュー22(1):277–295。土井10.1146 / annurev-polisci-050517-110713ISSN1094-2939_ 
  10. ^ Nick Panagakis(1989年2月27日)。「現職のルール」ポーリングレポート2016年2月5日取得

ソース

参考文献