イヌエンティウス

イマヌエンティウスは、ジュリアス・シーザーの『デ・ベロ・ガリコ』の一部の写本で、紀元前 54 年のシーザーの 2 回目の遠征前に統治していた、当時の英国南東部の主要国家であるトリノヴァンテスの王として名前が挙げられています。異表記には、InianuvetitiusInianuvetitiusImannuetitiusなどがあります。他の写本にはこの王の名前は記載されていません。

イマヌエンティウスは将軍カッシヴェラウヌスに殺され、息子のマンドゥブラキウスはガリアのカエサルの保護のもとに逃亡した。その後、カッシヴェラウヌスはローマ軍に対するイギリス軍の防衛を率いたが、トリノヴァンテスは要塞の場所をカエサルに裏切り、カエサルはそこで彼を包囲し始めた。カッシヴェラウヌスの降伏条件の一部として、マンドゥブラキウスがトリノヴァンテスの王に任命され、カッシヴェラウヌスはマンドゥブラキウスに対して戦争をしないことを約束した。

ジョン・コッホは、イマヌエンティウスの名前の元の形式は * Mannuētiosだったのではないかと示唆しています。彼はまた、ウェールズ神話の人物マナウィダンが初期の * Mannuētiagnos (「マヌエティオスの息子」) に由来する可能性があると示唆しています。

参考文献

外部リンク

  • トリノバンテス(Roman-Britain.co.uk)
  • 英国のロマンズでのトリノバンテス
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=イマヌ​​エンティウス&oldid=1146990361」から取得