アイデンティティクレンジング

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

身分証明書のクレンジングとは、「追い出された人が戻るのを困難または不可能にするために、個人の身分証明書パスポート、およびその他のそのような文書を没収すること」と定義されています。[1]

コソボ戦争

追放されたコソボのアルバニア人は、パスポート土地の所有権、自動車のナンバープレート身分証明書、その他の文書を含む身分証明書と財産文書を体系的に剥奪されました。[2]アルバニア人を州から追放するという方針に関連して、ユーゴスラビア軍は追放された人々の身元を示すすべての文書を没収するだろう。

人権のための医師団の報告によると、調査の回答者の60%近くが、ユーゴスラビア軍が個人識別文書を削除または破壊しているのを観察しました。[3] ヒューマン・ライツ・ウォッチは、「身分証明書のクレンジング」の一般的な慣行も文書化しました。アルバニアに追放された難民は、身分証明書を頻繁に剥奪され、車両からナンバープレートを取り除くことを余儀なくされました。[4]この犯罪行為は、政府が彼らの帰還を阻止しようとしていたことを示唆している。[4]

所有者から関連文書を没収することに加えて、「クレンジング」を完了するために、政府機関によって維持されている実際の出生記録(およびその他のアーカイブ)を破棄する努力も行われました[5](この後者の戦術は時々 「アーカイブクレンジング」と呼ばれています[6])。

この慣行は世界的に非難され、ユーゴスラビアFRのNATO爆撃とその後の国家主義政府の崩壊によりコソボの状況が安定した後、ハーグで開催された戦争犯罪裁判でその証拠がもたらされました。「アイデンティティの浄化」による困難にもかかわらず、UNMIK欧州安全保障協力機構は2002年10月の地方選挙まで130万人の有権者を登録しました。[7]

も参照してください

参照

  1. ^ クーパー、フィリップJ .; バルガス、クローディアマリア(2008年11月5日)。危機的状況における持続可能な開発:戦争、テロリズム、および市民障害の課題ロウマン&リトルフィールド。ISBN 9780742531338–Googleブックス経由。
  2. ^ クビー、マイケル; ゴーバー、パトリシア; ハーナー、ジョン(2001年9月11日)。動作中の人間の地理ワイリー。ISBN 9780471400936–Googleブックス経由。
  3. ^ コソボの民族浄化:ウェイバックマシンで2011年5月22日にアーカイブされた会計
  4. ^ a b Abrahams、Fred(2001年11月5日)。命令の下で:コソボの戦争犯罪ヒューマン・ライツ・ウォッチ。ISBN 9781564322647–Googleブックス経由。
  5. ^ 人権慣行-2002年 2006年9月23日、ウェイバックマシンでアーカイブ
  6. ^ Knuth、Rebecca; 英語、ジョン(2003年11月5日)。Libricide:20世紀におけるレジームが後援する本と図書館の破壊グリーンウッド出版グループ。ISBN 9780275980887–Googleブックス経由。
  7. ^ 「人権慣行に関する国別報告書:米国下院外交委員会および米国上院外交委員会に提出された報告書は、国務省のセクション116(d)および502B(b)に従って改正された1961年の外国援助法」合衆国政府印刷局。2003年11月5日–Googleブックス経由。