ISO/TC 211 地理情報/地理学

ISO/TC 211は、 ISO内に形成された標準技術委員会であり、デジタル地理情報(地理情報システムで使用されるものなど) および地理学の分野を対象としていますISO-19101から始まる番号範囲で番号が付けられた一連の国際規格および技術仕様の作成を担当しています委員会の議長は 1994 年から 2016 年まででした。Olaf Østensen ; 2017年から2018年の間:クリスティーナ・ワストレム。そして2019年からアグネタ・グレン・エングバーグ。

スコープ

ISO/TC 211 は、デジタル地理情報の分野における標準化に関係しています。[1]この作業は、地球に対する位置に直接的または間接的に関連付けられているオブジェクトまたは現象に関する情報の構造化された一連の基準を確立することを目的としています。

ISO/TC 211 技術委員会内のプロジェクト仕様分野には、以下が含まれます。

ISO/TC 211 の作業は、Open Geospatial Consortiumの取り組みと密接に関連しています。ISO/TC 211 は、多くの場合、両方の組織によって採用される同一またはほぼ同一の規格をもたらす他の組織との多数の連携を持っています。[2]

ワーキンググループ

ISO/TC211 内の作業は、それぞれが特定の焦点を持つワーキング グループで行われます。現在アクティブなワーキング グループは次のとおりです。

  • ワーキング グループ 1 - フレームワークと参照モデル[3]
  • ワーキング グループ 4 - 地理空間サービス[4]
  • ワーキング グループ 6 - 画像[5]
  • ワーキング グループ 7 - 情報コミュニティ[6]
  • ワーキング グループ 9 - 情報管理[7]
  • ワーキング グループ 10 - ユビキタス パブリック アクセス[8]

解散したワーキンググループもいくつかあります: [9]

  • ワーキング グループ 2 - 地理空間データ モデルと演算子
  • ワーキング グループ 3 - 地理空間データの管理
  • ワーキング グループ 5 - プロファイルと機能標準
  • ワーキング グループ 8 - 位置情報サービス

以前はこれらのワーキング グループの一部であった標準の改訂は、グループの解散後、TC の下で直接行われています。

公開された規格

ISO/TC 211 委員会による標準のリスト: [10]

ISO 6709:2008座標による地理的位置の標準表現

ISO 19101:2002地理情報 -- 参照モデル

ISO/DIS 19101-1 「地理情報 -- 参照モデル - パート 1: 基本」[11]

ISO/TS 19101-2:2008 「地理情報 -- 参照モデル -- パート 2: 画像」

ISO/TS 19103:2005地理情報 -- 概念スキーマ言語

ISO/TS 19104:2016地理情報 -- 用語

ISO 19105:2000地理情報 -- 適合性とテスト

ISO 19106:2004地理情報 -- プロファイル

ISO 19107:2003地理情報 -- 空間スキーマ

ISO 19108:2002地理情報 -- 時間スキーマ

ISO/CD 19109地理情報 -- アプリケーション スキーマの規則

ISO 19109:2005地理情報 -- アプリケーション スキーマの規則

ISO 19110:2005地理情報 -- フィーチャ カタログの方法論

ISO 19111:2007地理情報 --座標による空間参照

ISO 19111-2:2009地理情報 -- 座標による空間参照 -- パート 2: パラメータ値の拡張

ISO 19112:2003地理情報 -- 地理識別子による空間参照

ISO 19113:2002地理情報 -- 品質原則

ISO 19114:2003地理情報 -- 品質評価手順

ISO 19115:2003地理情報 -- メタデータ

ISO/DIS 19115-1地理情報 -- メタデータ -- パート 1: 基礎

ISO 19115-2:2009地理情報 -- メタデータ -- パート 2: 画像とグリッド データの拡張

ISO 19116:2004地理情報 -- 測位サービス

ISO 19117:2005地理情報 -- 描写

ISO 19118:2011地理情報 -- エンコーディング

ISO 19119:2011地理情報 -- サービス

ISO/TR 19120:2001地理情報 -- 機能標準

ISO/TR 19121:2000地理情報 -- 画像とグリッド データ

ISO/TR 19122:2004地理情報/ジオマティクス -- 担当者の資格と認証

ISO 19123:2005地理情報 -- カバレッジ ジオメトリと関数のスキーマ

ISO 19125-1:2004地理情報 -- シンプルな機能へのアクセス -- パート 1: 共通アーキテクチャ

ISO 19125-2:2004地理情報 -- シンプルな機能へのアクセス -- パート 2: SQL オプション

ISO 19126:2009地理情報 -- 地物の概念辞書とレジスタ

ISO/TS 19127:2005地理情報 -- 測地コードとパラメータ

ISO 19128:2005地理情報 -- Web マップ サーバー インターフェイス

ISO/TS 19129:2009地理情報 -- 画像、グリッド、カバレッジ データ フレームワーク

ISO/TS 19130:2010地理情報 -ジオポジショニング用の画像センサー モデル

ISO/DTS 19130-2地理情報 -- ジオポジショニング用の画像センサー モデル-- パート 2: SAR、InSAR、Lidar、およびソナー

ISO 19131:2007地理情報 -- データ製品の仕様

ISO 19132:2007地理情報 -- ロケーションベースのサービス -- 参照モデル

ISO 19133:2005地理情報 -- ロケーションベースのサービス -- 追跡とナビゲーション

ISO 19134:2007地理情報 -- ロケーションベースのサービス -- マルチモーダル ルーティングおよびナビゲーション

ISO 19135:2005地理情報 -- 品目登録の手順

ISO/TS 19135-2:2012地理情報 - アイテム登録の手順 - パート 2: XML スキーマの実装

ISO 19136:2007地理情報 -- 地理マークアップ言語 (GML)

ISO 19137:2007地理情報 -- 空間スキーマのコア プロファイル

ISO/TS 19138:2006地理情報 -- データ品質対策

ISO/TS 19139:2007地理情報 -- メタデータ -- XML スキーマの実装

ISO/DTS 19139-2 Geographic Information -- Metadata -- XML Schema Implementation -- Part 2: Extensions for imagery and gridded data

ISO 19141:2008地理情報 -- 移動フィーチャのスキーマ

ISO 19142:2010地理情報 -- Web フィーチャ サービス

ISO 19143:2010地理情報 -- フィルタ エンコーディング

ISO 19144-1:2009地理情報 -- 分類システム -- パート 1: 分類システムの構造

ISO 19144-2:2012地理情報 - 分類システム -- パート 2: 土地被覆メタ言語 (LCML)

ISO/DIS 19145地理情報 -- 地理的位置の表現のレジストリ

ISO 19146:2010地理情報 -- クロスドメイン語彙

ISO/CD 19147地理情報 -- ロケーションベースのサービス -- 転送ノード

ISO 19148:2012地理情報 -- 線形参照

ISO 19149:2011地理情報 -- 地理情報の権利表現言語 -- GeoREL

ISO/PRF TS 19150-1地理情報 --オントロジー-- パート 1: フレームワーク

ISO/CD 19150-2地理情報 --オントロジー-- パート 2: Web オントロジー言語 (OWL) でオントロジーを開発するための規則

ISO/FDIS 19152地理情報 -- 土地管理ドメイン モデル (LADM)

ISO/DIS 19153地理空間デジタル著作権管理参照モデル (GeoDRM RM)

ISO/WD 19154地理情報 -- ユビキタス パブリック アクセス -- 参照モデル

ISO 19155:2012地理情報 -- 場所識別子 (PI) アーキテクチャ

ISO 19156:2011地理情報 -- 観察と測定

ISO/DIS 19157 地理情報 --データ品質

ISO/TS 19158:2012地理情報 - データ供給の品質保証

ISO/DTS 19159-1地理情報 -- リモート センシング画像センサーおよびデータのキャリブレーションと検証 -- パート 1: 光学センサー

ISO/WD 19160-1 アドレッシング-- パート 1: 概念モデル

参考文献

  1. ^ 「ISO/TC 211 地理情報/ジオマティクス スコープ」 . ISO/TC211 2012 年11 月 9 日閲覧
  2. ^ "ISO/TC 211 外部連絡先" . ISO/TC 211 2012 年11 月 9 日閲覧
  3. ^ 「ワーキング グループ 1 - フレームワークと参照モデル」 . ISO/TC 211 2012 年11 月 9 日閲覧
  4. ^ 「ワーキング グループ 4 - 地理空間サービス」 . ISO/TC 211 2012 年11 月 9 日閲覧
  5. ^ 「ワーキング グループ 6 - 画像」 . ISO/TC 211 2012 年11 月 9 日閲覧
  6. ^ 「ワーキング グループ 7 - 情報コミュニティ」 . ISO/TC 211 2012 年11 月 9 日閲覧
  7. ^ 「ワーキング グループ 9 - 情報管理」 . ISO/TC 211 2012 年11 月 9 日閲覧
  8. ^ "ワーキング グループ 10 - ユビキタスなパブリック アクセス" . ISO/TC 211 2012 年11 月 9 日閲覧
  9. ^ 「作業終了 - 解散したグループ」 . ISO/TC 211 2012 年11 月 9 日閲覧
  10. ^ "ISO/TC 211 作業プログラム" . ISO/TC 211 2012 年11 月 22 日閲覧
  11. ^ "ISO 19101-1:2014 地理情報 -- 参照モデル -- パート 1: 基礎" . ISO . 2019年8月27日閲覧

さらに読む

外部リンク

0.057564973831177