iOS

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

iOS
黒のサンフランシスコのネオグロテスクなサンセリフフォントの「iOS」という言葉。
2017年以降Appleが使用している商用ロゴ
スクリーンショット
IOS 15 Homescreen.png
iPhone 12Pro実行されているiOS15
デベロッパーアップル社。
で書かれているCC ++Objective-CSwiftアセンブリ言語
OSファミリーUnixライク、 DarwinBSD)、macOSに基づく
動作状態電流
ソースモデルクローズドオープンソースコンポーネント
初回リリース2007年6月29日; 14年前 (2007-06-29
最新のリリース15.3.1 [1](19D52)[2](2022年2月10日; 16日前[±] (2022-02-10
最新のプレビュー15.4ベータ4 [3](19E5235a)[4](2022年2月22日; 4日前[±] (2022-02-22)
マーケティングターゲットスマートフォンタブレットコンピューターポータブルメディアプレーヤー
で利用可能40言語[5] [6] [7] [8]
更新方法OTA iOS 5以降)Finder(macOS Catalina以降)[9]またはiTunes(WindowsおよびmacOS pre-Catalina)
プラットフォーム
カーネルタイプハイブリッドXNU
デフォルトの
ユーザーインターフェイス
Cocoa TouchマルチタッチGUI
ライセンスオープンソースコンポーネントを除く独自のソフトウェア
前任者ニュートンOS
公式ウェブサイトapple.com/ios/
サポート状況
サポートされています
シリーズの記事
iOSのバージョン履歴

iOS(以前のiPhone OS)は、AppleInc 。がハードウェア専用に作成および開発したモバイルオペレーティングシステムです。これは、 iPhoneiPodTouchを含む同社のモバイルデバイスの多くに電力を供給するオペレーティングシステムです。この用語には、2019年にバージョン13でiPadOSという名前が導入されるまでiPadで実行されていたバージョンも含まれていました。これは、 Androidに次いで世界で2番目に広くインストールされているモバイルオペレーティングシステムです。これは、Appleが製造した他の3つのオペレーティングシステム(iPadOS、tvOSwatchOS )の基盤です。これはプロプライエタリソフトウェアですが、一部はApple Public SourceLicenseおよびその他のライセンスに基づくオープンソースです。[10]

2007年に第1世代iPhone向けに発表されたiOSは、iPod Touch(2007年9月)やiPad(導入:2010年1月、発売日:2010年4月)などの他のAppleデバイスをサポートするように拡張されました。 App Storeには210万を超えるiOSアプリケーションが含まれており、そのうち100万はiPad用です。[11]これらのモバイルアプリは、合計で1,300億回以上ダウンロードされています。

iOSのメジャーバージョンは毎年リリースされます。現在の安定バージョンであるiOS15は、2021年9月20日に一般公開されました。[12]

歴史

Myriad Pro Semiboldフォントを使用した最初のiOSロゴタイプ(2010–2013)
Myriad Pro Lightフォントを使用した2番目のiOSロゴタイプ(2013–2017)
サンフランシスコのセミボールドフォントを使用した3番目のiOSロゴタイプ(2017年から現在)

2005年にスティーブジョブズがiPhoneの計画を始めたとき、彼は「エンジニアリングの壮大な偉業となるMacを縮小するか、iPodを拡大する」かを選択しました。Jobsは前者のアプローチを支持しましたが、ScottForstallTonyFadellがそれぞれ率いるMacintoshチームとiPodチームを内部競争で競い合い、ForstallはiPhoneOSを作成して勝利しました。この決定により、サードパーティ開発者向けのプラットフォームとしてのiPhoneの成功が可能になりました。有名なデスクトップオペレーティングシステムを基盤として使用することで、多くのサードパーティMac開発者が最小限の再トレーニングでiPhone用のソフトウェアを作成できるようになりました。Forstallは、プログラマーがiPhoneアプリを作成するためのソフトウェア開発キット、およびiTunes内のAppStore [13] [14]

オペレーティングシステムは、2007年1月9日のMacworld Conference&ExpoでiPhoneとともに発表され、その年の6月にリリースされました。[15] [16] [17] 1月の発表時に、SteveJobsは次のように主張しました。「iPhoneはOSXを実行し、「デスクトップクラスのアプリケーション」を実行します[18] [19]が、iPhoneのリリース時、オペレーティングシステムは「iPhoneOS」に名前が変更されました。[20]当初、サードパーティのネイティブアプリケーションはサポートされていませんでした。Jobsの推論は、開発者がSafariWebブラウザーを介して「iPhone上のネイティブアプリのように動作する」Webアプリケーションを構築できるというものでした。[21] [22]2007年10月、Appleは、ネイティブソフトウェア開発キット(SDK)が開発中であり、「2月に開発者の手に渡る」予定であると発表しました。[23] [24] [25] 2008年3月6日、Appleはプレスイベントを開催し、iPhoneSDKを発表しました。[26] [27]

iPhone(第1世代)、iOSを実行する最初の商用リリースデバイス(2007)

iOS App Store2008年7月10日にオープンし、最初の500個のアプリケーションが利用可能になりました。[28]これは2008年9月に3,000、 [29] 2009年1月に15,000、[30] 2009年6月に50,000、[31] 2009年11月に100,000、[32] [33] 2010年8月に250,000、[34]に急速に増加しました。 [35] 2012年7月に65万、[36] 2013年10月に100万、[37] [38] 2016年6月に200万、[39] [40] [41]、2017年1月に220万。[42] [43 ] 2016年3月の時点で、100万のアプリがネイティブと互換性がありますiPadタブレットコンピューター。[44]これらのアプリは、合計で1,300億回以上ダウンロードされています。[39]アプリインテリジェンス企業のSensorTowerは、AppStoreが2020年までに500万のアプリに到達すると推定しています。[45]

2007年9月、AppleはiPhoneフォームファクターに基づいて再設計されたiPodであるiPodTouchを発表しました。[46] 2010年1月27日、Appleは待望のメディアタブレットであるiPadを発表しました。これは、iPhoneやiPod Touchよりも大きな画面を備え、Webブラウジング、メディア消費、読み取り用に設計され、マルチタッチ操作を提供します。新聞、電子書籍、写真、ビデオ、音楽、ワードプロセッシングドキュメント、ビデオゲーム、および9.7インチ画面を使用するほとんどの既存のiPhoneアプリを含むマルチメディアフォーマットを使用します。[47] [48] [49] Webブラウジング用のモバイルバージョンのSafari、およびAppStoreへのアクセスも含まれています。iTunesライブラリ、iBookstore、連絡先、およびメモ。コンテンツは、 Wi-Fiおよびオプションの3Gサービスを介してダウンロードするか、ユーザーのコンピューターを介して同期できます。[50] AT&Tは当初、iPad用の3Gワイヤレスアクセスを提供する唯一の米国プロバイダーでした。[51]

2010年6月、AppleはiPhoneOSのブランドを「iOS」に変更しました。商標「IOS」は、ルータで使用されているオペレーティングシステムであるIOSに対して、10年以上にわたってシスコによって使用されてきました。訴訟の可能性を回避するために、AppleはCiscoから「IOS」商標のライセンスを取得しました。[52]

Apple Watch スマートウォッチ、2014年9月9日にTim Cookによって発表され、健康とフィットネスを追跡する製品として紹介されました。[53] [54] 2015年4月24日にリリースされました。[55] [56] [57] IOSに基づくオペレーティングシステムとして watchOSを使用します。

2016年11月22日、元々「IMG_0942.MP4」という名前の5秒間のビデオファイルが、ますます多くのデバイスでiOSのクラッシュを開始し、ユーザーに再起動を強制しました。ソーシャルメディアチャネルやメッセージングサービスを通じて大きな人気を博しました。[58] [59]

2016年10月、アップルはナポリ大学フェデリコ2世の新しいキャンパス内のナポリ 最初のiOSデベロッパーアカデミーを開設しました。[60] [61]このコースは完全に無料で、 Appleエコシステムプラットフォーム用のアプリケーションの作成と管理に関する特定の技術スキルを習得することを目的としています。[62]アカデミーには経営管理(デジタル機会に焦点を当てた事業計画と事業管理)の問題もあり、グラフィカルインターフェイスの設計に専念する道があります学生は、設計から実装、セキュリティ、トラブルシューティング、データストレージ、クラウドの使用に至るまで、アプリのライフサイクル全体に関する詳細なトレーニングエクスペリエンスである「エンタープライズトラック」に参加する機会があります。[63] [64] 2020年の時点で、アカデミーは世界中から約1,000人の学生を卒業し、400のアプリのアイデアに取り組み、すでにiOS AppStoreで約50のアプリを公開しています2018〜2019年度には、30か国以上からの学生が到着しました。これらのうち35は、毎年6月上旬にカリフォルニアで開催されるApple DeveloperConferenceであるWorldwideDeveloperConferenceに参加するために選ばれました。[65] [66]

Appleの当時のCEOであるSteveJobsがiPadを紹介します。

2019年6月3日、 iOS foriPadのブランドバージョンであるiPadOSが2019WWDCで発表されました。2019年9月25日に発売されました。[67]

特徴

インターフェース

iOSユーザーインターフェイスは、スワイプタップピンチリバースピンチなどのマルチタッチジェスチャを使用したダイレクトマニピュレーションに基づいていますインターフェイス制御要素には、スライダー、スイッチ、およびボタンが含まれます。[68]内部加速度計は、デバイスの揺れ(1つの一般的な結果はundoコマンド)または3次元での回転(1つの一般的な結果はポートレートモードとランドスケープモードの切り替え)に応答するために一部のアプリケーションで使用されます。§アクセシビリティ説明されているさまざまなアクセシビリティ機能により、視覚および聴覚障害のあるユーザーがiOSを適切に使用できるようになります。[69]

iOSデバイスは、パーソナルコンピュータにあるデスクトップと同様に、iOSデバイスの主要なナビゲーションと情報の「ハブ」であるホーム画面で起動します。iOSのホーム画面は通常、アプリのアイコンとウィジェットで構成されています。アプリアイコンは関連するアプリを起動しますが、ウィジェットは天気予報、ユーザーのメール受信ボックス、ニュースティッカーなどのライブの自動更新コンテンツをホーム画面に直接表示します。[70]

画面の上部にはステータスバーがあり、デバイスとその接続に関する情報が表示されます。ステータスバー自体には、コントロールセンター通知センターの2つの要素が含まれています新しいiPhoneでは、コントロールセンターをノッチの右上から「プルダウン」できるため、さまざまなトグルにアクセスして、設定を開かなくてもデバイスをより迅速に管理できます。明るさ、音量、無線接続、音楽プレーヤーなどを管理することが可能です。[71]

代わりに、左上から下にスクロールすると通知センターが開きます。これは、最新バージョンのiOSではロック画面と非常によく似ています。通知を時系列で表示し、アプリケーションごとにグループ化します。一部のアプリの通知から、たとえばアプリから直接メッセージに返信することで、直接対話することができます。通知は2つのモードで送信されます。ロック画面に表示され、警告バナーとアプリバッジアイコンを伴う独特の音で通知される重要な通知と、通知センターに表示されるセカンダリモードです。ロック画面には表示されません。また、警告バナー、バッジアイコン、または音で示されることもありません。[72] [73]

アプリからの通知をロック画面、通知センター、バナー、または3つすべてに表示できるかどうかを選択できます。バナーを一時的なものにするか永続的なものにするか。サウンドをアクティブまたは非アクティブにします。アプリごとにグループ化するかどうか、およびロック時にプレビューを表示するかどうかを選択します。不要なアプリの通知をオフにすることができます。古い通知は、数日後に自動的に削除されます。

ホーム画面は複数のページで構成されている場合があり、その間でユーザーは前後にスワイプできます。これを行う方法の1つは、各ページに表示される「ドット」を押したまま、左または右にスワイプすることです。

最後のページの右側にあるアプリライブラリには、デバイスにインストールされているアプリが一覧表示され、分類されています。各カテゴリ内のアプリは、使用頻度に基づいて配置されています。提案されたアプリのカテゴリに加えて、「最近」のカテゴリには、最近インストールされたアプリと、最近アクセスされたアプリクリップが一覧表示されます。ユーザーは、必要なアプリを検索したり、アルファベット順に閲覧したりできます。

iOSは、 Apple PayHomeKitHealthKitResearchKitなどの他のプログラミングフレームワークやテクノロジーともシームレスに統合されます

iOSでは、メインページのボタンは通常右上にあります。アプリケーションに戻るには、ほとんどの場合、「戻る」ボタンがあります。

あなたは4つの異なる方法で戻ることができます、それは文脈によって異なります。

  1. ディスプレイの左上にある「戻る」ボタンを押します
  2. 画面の左端から右にスワイプします(ジェスチャー)
  3. 画面右上の「完了」アクションを押します
  4. 画面コンテンツを下にスクロールします

ページタイトルは実際には常に存在し、非常に目立ちますが、ユーザーが下にスクロールすると縮小します。

下部のタブバーに含めることができないナビゲーションの目的地は、次のようになります。一般的な[その他]タブに移動するか、他の目的地の左上または右上にアクションとして表示されます。

モーダルビューは、前の画面をのぞき見させて背景に後退させながら、前景にスワイプすることで表示される単一画面のアクティビティです。下にスクロールするか、上部の[戻る]をタップすると、無視できます。

フルスクリーンビューは、画面全体を占める写真やビデオなどのメディアコンテンツです。下にスクロールすると消えます。

iOSでは、重要なページアクションが下部のツールバーに表示されることがあります。

アクションメニューは、任意のボタンを使用するか、任意のアクションを実行しようとすることでアクティブにできます。下から上にスクロールします。

ホームボタン付きの以前のiPhoneでは、ホームボタン電源ボタンを同時に押すことスクリーンショットを作成できます。ボタンを押し続ける必要があるAndroidOSと比較すると、iOSでは短く押すだけで十分です。[74]物理的なホームボタンがない最近のiPhoneでは、代わりに音量小ボタンと電源ボタンを使用してスクリーンショットがキャプチャされます。[75]

カメラアプリケーションは、 iOS 7より前のスキューモーフィズムのクローズカメラシャッターアニメーションを使用していました。それ以降、単純な短いブラックアウト効果を使用しています。[76]長期にわたる注目すべき追加には、HDR写真と、通常の写真と高ダイナミックレンジ写真の両方を同時に保存するオプションが含まれます。前者は、移動するオブジェクトからのゴースト効果を防ぎます(iPhone 5iOS 6以降)、自動HDR調整(iOS 7.1)、 "有効になっている場合は各写真に短いビデオがバンドルされた「ライブ写真」(iPhone 6siOS 9)、およびデジタルズームショートカット(iPhone 7 PlusiOS 10)。[77] [78][79]ビデオ解像度やフレームレートなどの一部のカメラ設定は、カメラインターフェース自体では調整できませんが、システム設定に外部委託されています。[80]

「コンテキストメニュー」と呼ばれるiOS13の新機能は、アイテムを長押ししたときに関連するアクションを表示します。コンテキストメニューを表示すると、背景がぼやけます。[81]

いくつかのオプションから選択するには、選択コントロールを使用します。セレクターは、下部に固定されているか、コンテンツに沿って表示されます(日付セレクターと呼ばれます)。日付セレクターは、他の選択コントロールの外観を引き継ぎますが、日、月、およびオプションで年の列があります。

アラートは画面の中央に表示されますが、画面の下から上にスクロールするアラート(「アクションパネル」と呼ばれます)もあります。破壊的なアクション(要素の削除など)は赤で表示されます。

iOSの公式フォントはSanFranciscoです小さなテキストを読みやすくするように設計されており、サードパーティのアプリを含むオペレーティングシステム全体で使用されます。[81]

アイコンのサイズは、画面が大きいiPhoneの場合は180x180pxで、通常はiPhone 11ProやiPhone8 Plusを含む6インチを超えるモデルですディスプレイが小さいiPhoneの場合は120x120pxです。[82]

アプリケーション

iOSデバイスには、メール、マップ、テレビ、音楽、FaceTime、ウォレット、ヘルスなど、Appleが開発した アプリがプリインストールされています。

アプリケーション(「アプリ」)は、 iOSにインストールできるアプリケーションソフトウェアの最も一般的な形式です。これらは、 App Storeデジタルストアの公式カタログからダウンロードされます。このカタログでは、アプリがユーザーに提供される前にセキュリティチェックが行われます。2017年6月、Appleはガイドラインを更新して、アプリ開発者がカスタムプロンプトを使用して、ユーザーにアプリのレビューを残すように促すことができなくなるように指定しました。[83] [84] IOSアプリケーションは、非公式な方法で、ソフトウェアディストリビューターから提供されたIPAファイルから直接インストールすることもできます。これらはiOSソフトウェア開発キット(SDK)を使用して記述されており、多くの場合、 Xcodeと組み合わされています、 SwiftObjective-Cなどの公式にサポートされているプログラミング言語を使用します他の企業も、それぞれのプログラミング言語を使用してネイティブiOSアプリを開発できるツールを作成しています。

iOS用のアプリケーションは、ほとんどがプログラミングフレームワークであるUIKitのコンポーネントを使用して構築されています。これにより、アプリケーションはOSと一貫したルックアンドフィールを持ちながら、カスタマイズを提供できます。

要素はiOSの更新とともに自動的に更新され、新しいインターフェイスルールが自動的に含まれます。UIKit要素は非常に適応性が高いため、開発者はどのiOSデバイスでも同じように見える単一のアプリを設計できます。iOSインターフェースの定義に加えて、UIKitはアプリケーションの機能を定義します。

当初、Appleは開発者にSDKをリリースするつもりはありませんでした。なぜなら、開発者はiOS用にサードパーティのアプリを開発することを望まず、代わりにWebアプリを構築するからです。しかし、このテクノロジーが一般的に使用されることはなく、Appleの意見が変わったため、2007年10月に開発者向けのSDKが発表され、最終的に2008年3月6日にリリースされました。

SDKには、オーディオミキサーやiPhoneシミュレーターなどの包括的な開発ツールセット[85]が含まれています。Macユーザー向けの無料ダウンロードです。Microsoft WindowsPCでは使用できませんアプリケーションをテストし、テクニカルサポートを受け、App Storeを通じてアプリケーションを配布するには、開発者はApple DeveloperProgramに登録する必要があります。

何年にもわたって、Apple Storeアプリは、50,000、 [86] 100,000、[87] 250,000、[88] 500,000、[89] 100万、[90] 、200万のアプリを含む複数の主要なマイルストーンを超えました。[91] 10億番目のアプリケーションは2009年4月24日にインストールされました。[92]

ホーム画面

SpringBoardによってレンダリングされたホーム画面には、アプリケーションアイコンと、ユーザーが最も頻繁に使用するアプリを固定できるドックが下部に表示されます。ユーザーがデバイスのロックを解除するか、別のアプリで物理的な「ホーム」ボタンを押すと、ホーム画面が表示されます。[93] iPhone3GS(またはそれ以降)のiOS 4より前は、画面の背景はジェイルブレイクによってのみカスタマイズできました。、ただし、すぐに変更できるようになりました。画面の上部には、時間、電池残量、信号強度などのデータを表示するステータスバーがあります。画面の残りの部分は、現在のアプリケーション専用です。パスコードが設定され、ユーザーがデバイスの電源を入れた場合、ホーム画面へのアクセスを許可する前に、ロック画面でパスコードを入力する必要があります。[94]

iPhone OS 3では、Spotlightが導入され、ユーザーはメディア、アプリ、メール、連絡先、メッセージ、リマインダー、カレンダーイベント、および同様のコンテンツを検索できるようになりました。iOS 7以降では、Spotlightにアクセスするには、ホーム画面の任意の場所をプルダウンします(通知センターとコントロールセンターを開く上端と下端を除く)。[95] [96] iOS 9では、Spotlightにアクセスする方法が2つあります。iOS 7および8と同様に、ホーム画面をプルダウンするとSpotlightが表示されます。ただし、iOS 3〜6の場合と同じようにアクセスすることもできます。これにより、Spotlightに、アプリの提案、連絡先の提案、ニュースなどのSiriの提案が提供されます。[97] iOS 10では、Spotlightは現在専用の「Today」パネルの上部にあります。[98]

iOS 3.2以降、ユーザーはホーム画面の背景画像を設定できます。この機能は、第3世代のデバイス(iPhone 3GS、第3世代のiPod touch(iOS 4.0以降)、およびすべてのiPadモデル(iOS 3.2以降))以降でのみ使用できます。

iOS 7では、ホーム画面に視差効果が導入されました。これは、デバイスの動きに応じてデバイスの壁紙とアイコンをシフトし、3D効果とフローティングアイコンの錯覚を作成します。この効果は、メールとSafariのタブビューにも表示されます。[99]

研究者は、ユーザーがアプリケーションの使用頻度と関連性に基づいて、また使いやすさと美学の理由から、ホーム画面上のアイコンを整理していることを発見しました。[100]

システムフォント

iOSは元々Helveticaをシステムフォントとして使用していました。AppleはiPhone4とそのRetinaディスプレイ専用にHelveticaNeueに切り替え、iOS4の古いiPhoneデバイスのシステムフォントとしてHelveticaを保持しました。[101] iOS 7で、AppleはシステムフォントをHelvetica NeueLightに変更すると発表しました。 、低解像度のモバイル画面用の薄くて薄いフォントの不適切な使用に対する批判を引き起こした決定。Appleは最終的に代わりにHelveticaNeueを選びました。[102] [103] iOS 7のリリースでは、設定を介してテキストを拡大縮小したり、他の形式のテキストアクセシビリティの変更を適用したりする機能も導入されました。[104] [105]iOS 9で、AppleはフォントをSan Franciscoに変更しました。これは、製品ラインナップ全体で最大限の読みやすさとフォントの一貫性を目的としたAppleが設計したフォントです。[106] [107]

フォルダー

iOS 4では、アプリケーションを別のアプリケーションの上にドラッグすることで作成できるフォルダーが導入されました。それ以降、同じ手順を使用して、フォルダーにさらにアイテムを追加できます。フォルダのタイトルは、内部のアプリケーションのカテゴリによって自動的に選択されますが、名前はユーザーが編集することもできます。[108]フォルダー内のアプリが通知バッジを受け取ると、通知の個々の数が合計され、合計数がフォルダー自体に通知バッジとして表示されます。[108]元々、iPhoneのフォルダーには最大12個のアプリを含めることができましたが、iPadのフォルダーには20個のアプリを含めることができました。[109]新しいiPhoneハードウェアでの表示サイズの増加に伴い、iOS 7はホーム画面のレイアウトに似たページでフォルダーを更新し、フォルダー機能の大幅な拡張を可能にしました。フォルダの各ページには最大9つのアプリを含めることができ、合計で15ページにすることができ、1つのフォルダに合計135のアプリを含めることができます。[110] iOS 9では、AppleはiPadハードウェアのフォルダーサイズを更新し、1ページあたり16個のアプリを許可し、最大15ページのままにして、合計を240個のアプリに増やしました。[111]

通知センター

iOS 5より前は、通知はモーダルウィンドウで配信され、却下された後は表示できませんでした。iOS 5では、Appleは通知センターを導入しました。これによりユーザーは通知の履歴を表示できます。ユーザーは通知をタップして、対応するアプリを開くか、クリアすることができます。[112]通知は、画面の上部に短時間表示されるバナーで配信されるようになりました。ユーザーが受信した通知をタップすると、通知を送信したアプリケーションが開きます。ユーザーは、アプリケーションの通知設定を調整することにより、モーダルアラートウィンドウで通知を表示することもできます。iOS 8で導入されたウィジェットは、サードパーティによって定義された通知センターからアクセスできるようになりました。

アプリが閉じているときに通知を送信すると、アイコンに赤いバッジが表示されます。このバッジは、アプリが送信した通知の数を一目でユーザーに通知します。アプリを開くとバッジがクリアされます。

アクセシビリティ

iOSは、視覚および聴覚障害のあるユーザーを支援するさまざまなユーザー補助機能を提供します。1つの主要な機能であるVoiceOverは、コンテキストボタン、アイコン、リンク、その他のユーザーインターフェイス要素など、画面上の音声読み取り情報を提供し、ユーザーがジェスチャーでオペレーティングシステムをナビゲートできるようにします。デフォルトのコントロールを備え、UIKitフレームワークで開発されたアプリにはVoiceOver機能が組み込まれています。[113] 1つの例として、iPhoneをかざして写真を撮り、VoiceOverで写真の風景を説明します。[114] 2013年のiOS7のリリースで導入された「MadeforiPhone」プログラムの一環として、Appleは使用するテクノロジーを開発しましたBluetoothと、互換性のあるサードパーティ製機器をiPhoneやiPadに接続して、ユーザーの耳に直接オーディオをストリーミングできるようにする特別なテクノロジープロトコル。Made for iPhone製品で利用できる追加のカスタマイズには、さまざまな環境向けのバッテリー追跡と調整可能なサウンド設定が含まれます。[115] [116] Appleは、2016年のiOS 10のリリースに向けてアクセシビリティにさらに取り組み、VoiceOverに新しい発音エディターを追加し、デバイスのカメラを介してオブジェクトを拡大する拡大鏡設定を追加し、聴覚障害者が電話をかけるためのソフトウェアTTYサポートを追加しましたiPhoneからの呼び出し、およびサードパーティの開発者が適切なアクセシビリティ機能をアプリに組み込むためのチュートリアルとガイドラインを提供します。[117]

2012年、TheAtlanticのLiatKornowskiは、「iPhoneは点字の発明以来、最も革新的な開発の1つであることが判明しました」と述べ、[118]、2016年、TechCrunchのStevenAquinoはAppleを「 AppleのグローバルアクセシビリティポリシーおよびイニシアチブのシニアマネージャーであるSarahHerrlingerは、「支援技術」と述べ、「アクセシビリティは基本的な人権と見なしています。当社の製品のコアに組み込むことで、機会とアクセスが可能になる包括的な世界のビジョンをサポートします。情報はバリアフリーであり、障害を持つ個人が目標を達成できるようにします。」[119]

批判は、インターネット接続(WiFiまたはiTunes経由)と最初のアクティベーション時に機能するSIMカードの両方に依存するiOSを対象としています。[120]この制限はiOS12で緩和され、iOS12は不要になりました。[121]

マルチタスク

iOS用マルチタスクは、 iOS4のリリースとともに2010年6月に最初にリリースされました[122] [123]特定のデバイス(iPhone 4iPhone 3GS、およびiPod Touch第3世代)のみがマルチタスクを実行できました。[124] iPadはその11月のiOS4.2.1までマルチタスクを取得しませんでした。[125]

iOSでのマルチタスクの実装は、バックグラウンドで実行できる作業を限られた機能セットに制限し、アプリケーション開発者がそれを明示的にサポートする必要があるというアプローチで批判されています。[124] [126]

iOS 4より前は、マルチタスクはAppleがデバイスに組み込んだアプリケーションの選択に限定されていました。ただし、ユーザーは非公式にマルチタスクを実行するためにデバイスを「ジェイルブレイク」することができます。[127] iOS 4以降、第3世代以降のiOSデバイスでは、7つのバックグラウンドAPIを介してマルチタスクがサポートされています:[128]

  1. バックグラウンドオーディオ–アプリケーションは、オーディオまたはビデオコンテンツを再生している限り、バックグラウンドで実行され続けます[129]
  2. Voice over IP –通話が進行中でない場合、アプリケーションは一時停止されます[129]
  3. バックグラウンドロケーション–アプリケーションにロケーション変更が通知されます[129]
  4. プッシュ通知
  5. ローカル通知–アプリケーションは、ローカル通知が所定の時間に配信されるようにスケジュールします[129]
  6. タスクの完了–アプリケーションは、特定のタスクを完了するためにシステムに追加の時間を要求します[129]
  7. アプリの高速切り替え–アプリケーションはコードを実行せず、いつでもメモリから削除できます[129]

iOS 5では、3つの新しいバックグラウンドAPIが導入されました。

  1. ニューススタンド–アプリケーションはバックグラウンドでコンテンツをダウンロードしてユーザーが利用できるようにすることができます[129]
  2. 外部アクセサリ–アプリケーションは外部アクセサリと通信し、定期的にデータを共有します[129]
  3. Bluetoothアクセサリ–アプリケーションはBluetoothアクセサリと通信し、定期的にデータを共有します[129]

iOS 7では、Appleは新しいマルチタスク機能を導入し、すべてのアプリにバックグラウンド更新を実行する機能を提供しました。この機能は、ユーザーの最も頻繁に使用するアプリを更新することを好み、デバイスのバッテリー寿命を著しく低下させることなく、セルラーネットワークを介してWi-Fiネットワークを使用することを好みます。

アプリケーションの切り替え

iOS4.0からiOS6.xでは、ホームボタンをダブルクリックするとアプリケーションスイッチャーがアクティブになります。スクロール可能なドックスタイルのインターフェイスが下から表示され、画面のコンテンツが上に移動します。アイコンを選択すると、アプリケーションに切り替わります。左端には、音楽コントロール、回転ロック、iOS4.2以降ではボリュームコントローラーとして機能するアイコンがあります。

iOS 7の導入により、ホームボタンをダブルクリックするとアプリケーションスイッチャーもアクティブになります。ただし、以前のバージョンとは異なり、開いているアプリケーションのスクリーンショットがアイコンの上に表示され、水平スクロールにより以前のアプリを参照できます。WebOSが複数のカードを処理した場合と同様に、アプリケーションを上にドラッグして閉じることができます。[130]

iOS 9の導入により、アプリケーションスイッチャーは視覚的に大幅に変更されました。iOS 7で導入されたカードのメタファーを保持しながら、アプリケーションアイコンは小さくなり、スクリーンショットの上に表示され(「最近のお気に入りの連絡先」が削除されたため、大きくなりました)、各アプリケーションの「カード」は他のアプリケーションの「カード」と重なります。 、ユーザーがスクロールするとロロデックス効果が形成されます。これで、ホーム画面がアプリケーションスイッチャーの左端に表示される代わりに、右端に表示されます。[131] iOS 11では、アプリケーションスイッチャーが大幅に再設計されています。iPadでは、コントロールセンターとアプリスイッチャーを組み合わせています。iPadのアプリスイッチャーには、下から上にスワイプしてアクセスすることもできます。iPhoneでは、 RAMにアプリがない場合、アプリスイッチャーにアクセスできません

タスクの終了

iOS4.0からiOS6.xでは、アプリケーションスイッチャーでアイコンを短く押し続けると、アイコンが「ジグル」(ホーム画面と同様)になり、ユーザーは、の隅に表示される赤いマイナスの円をタップして、アプリケーションを強制的に終了できます。アプリのアイコン。[132]マルチタスクからのアプリケーションのクリアは、iOS4.0からiOS6の最後のバージョンである6.1.6まで同じままでした。

iOS 7以降、プロセスはより速く、より簡単になりました。iOS 7では、アイコンを押したままにして閉じるのではなく、画面から上にスワイプするだけでアイコンを閉じます。iOS 6.1.6までのバージョンの1つと比較して、一度に最大3つのアプリをクリアできます。[133]

タスクの完了

タスクの完了により、アプリは一時停止された後も特定のタスクを続行できます。[134] [135] iOS 4.0以降、アプリはバックグラウンドでタスクを完了するために最大10分を要求できます。[136]ただし、これはバックグラウンドのアップロードとダウンロードには適用されません(たとえば、ユーザーが1つのアプリケーションでダウンロードを開始した場合、アプリケーションから切り替えても終了しません)。

Siri

Siri(/ ˈsɪəri / iOSに統合されたインテリジェントなパーソナルアシスタントです。アシスタントは、音声クエリと自然言語のユーザーインターフェイスを使用して、一連のインターネットサービスに要求を委任することにより、質問に回答し、推奨事項を作成し、アクションを実行します。このソフトウェアは、ユーザーの個々の言語の使用法、検索、および好みに適応し、継続して使用します。返される結果は個別化されます。

もともとは2010年2月にiOS用のアプリとしてリリースされましたが[137]、2か月後にAppleに買収され[138] [139] [140] 、 2011年10月のリリースでiPhone4Sに統合されました。 [141] [142 ]その時、別のアプリもiOS AppStoreから削除されまし[143]

Siriは、電話操作の実行、基本情報の確認、イベントとリマインダーのスケジュール設定、デバイス設定の処理、インターネットの検索、エリアのナビゲート、エンターテインメントに関する情報の検索など、幅広いユーザーコマンドをサポートし、iOS統合アプリを利用できます。[144] 2016年のiOS10のリリースにより、Appleは、サードパーティのメッセージングアプリ、支払い、ライドシェアリング、インターネット通話アプリなど、Siriへの限定的なサードパーティアクセスを開始しました。[145] [146] iOS 11のリリースに伴い、AppleはSiriの声をより明確で人間の声に更新し、フォローアップの質問と言語の翻訳、および追加のサードパーティのアクションをサポートするようになりました。[147] [148]

ゲームセンター

Game Centerは、Appleがリリースしたオンライン マルチプレイヤー「ソーシャルゲームネットワーク」[149]です。[150]これにより、ユーザーは「友達をゲームに招待し、マッチメイキングを通じてマルチプレイヤーゲームを開始し、成果を追跡し、リーダーボードでハイスコアを比較する」ことができますiOS 5以降では、プロフィール写真のサポートが追加されています。[149]

Game Centerは、2010年4月8日にAppleが主催したiOS4プレビューイベント中に発表されました。プレビューは8月に登録済みのApple開発者にリリースされました。[149] 2010年9月8日にリリースされ、 iPhone 4、iPhone 3GS、およびiPodTouchの第2世代から第4世代にiOS4.1が搭載されました。[151] Game Centerは、iOS4.2.1を搭載したiPadで公開デビューしました。[152] iPhone 3GオリジナルのiPhone、および第1世代のiPod Touchはサポートされていません(後者の2つのデバイスはiOS 4を入手しなかったため、Game Centerを備えていませんでした)。[153]ただし、GameCenterはiPhone3Gでハッキングを介して非公式に利用できます。[154]

ハードウェア

iOSの主なハードウェアプラットフォームはARMアーキテクチャARMv7ARMv8-AARMv8.2-AARMv8.3-A)です。iOS 7より前のiOSリリースは、 32ビットARMプロセッサ(ARMv6およびARMv7-Aアーキテクチャ)を搭載したiOSデバイスでのみ実行できます。2013年、Appleが64ビットへの切り替えを発表した後、 iOS 7は完全な64ビットサポート(ネイティブ64ビットカーネル、ライブラリ、ドライバー、およびすべての組み込みアプリケーションを含む)でリリースされました[155]。 ARMv8-AppleA7導入されたAプロセッサチップ。[156] 64ビットのサポートもAppStoreのすべてのアプリに適用されまし2015年2月の期限でAppStoreに提出されたすべての新しいアプリ、および2015年6月1日の期限でAppStoreに提出されたすべてのアプリの更新。[157] iOS 11は、32ビットARMプロセッサを搭載したすべてのiOSデバイスのサポートを終了します32ビットアプリケーションと同様に[158] [159] iOSを64ビットのみにします。[160]

サポートされているロケール

iOSは多くのロケールをサポートしています。

iOSバージョン別のロケールのリスト
言語 英語名 1.0 1.1.2 2.0 2.1 2.2 3.0 3.1 4 5 6 7 8 9 10歳以上
英語(米国) 英語(米国) はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
英語(カナダ) 英語(カナダ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 注2 はい はい
英語(英国) 英語(英国) 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
英語(アイルランド) 英語(アイルランド) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
英語(シンガポール) 英語(シンガポール) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
英語(南アフリカ) 英語(南アフリカ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
英語(オーストラリア) 英語(オーストラリア) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい
英語(ニュージーランド) 英語(ニュージーランド) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
英語(インド) 英語(インド) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい
简体中文 中国語(簡体字 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
繁體中文(台灣) 中国語、繁体字(台湾) 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
繁體中文(香港) 中国語、繁体字(香港) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい
繁體中文(澳門) 中国語、繁体字(マカオ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
日本語 日本 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
エスパニョール(エスパーニャ) スペイン語(スペイン語) 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
スペイン語(ラテンアメリカ) スペイン語(ラテンアメリカ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 注2 はい はい
スペイン語(メキシコ) スペイン語(メキシコ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい
エスパニョール(アルゼンチン) スペイン語(アルゼンチン) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
エスパニョール(ボリビア) スペイン語(ボリビア) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(チリ) スペイン語(チリ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
エスパニョール(コロンビア) スペイン語(コロンビア) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(コスタリカ) スペイン語(コスタリカ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(エクアドル) スペイン語(エクアドル) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(エルサルバドル) スペイン語(エルサルバドル) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(EE。UU。) スペイン語(米国) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(グアテマラ) スペイン語(グアテマラ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(ホンジュラス) スペイン語(ホンジュラス) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(ニカラグア) スペイン語(ニカラグア) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
エスパニョール(パナマ) スペイン語(パナマ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(パラグアイ) スペイン語(パラグアイ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
エスパニョール(ペルー) スペイン語(ペルー) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
エスパニョール(プエルトリコ) スペイン語(プエルトリコ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(ドミニカ共和国) スペイン語(ドミニカ共和国) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(ウルグアイ) スペイン語(ウルグアイ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
スペイン語(ベネズエラ) スペイン語(ベネズエラ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
フランセ(フランス) フランス語(フランス) 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
フランス語(スイス) フランス語(スイス) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 注2 はい はい
フランス語(ベルギー) フランス語(ベルギー) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
フランス語(カナダ) フランス語(カナダ) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい
ドイツ語(ドイツ語) ドイツ語(ドイツ) 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
Deutsch(オーストリア) ドイツ語(オーストリア) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 注2 はい はい
Deutsch(Schweiz) ドイツ語(スイス) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 注2 はい はい
Русский ロシア 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ポルトガル語(ブラジル) ポルトガル語(ブラジル) 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ポルトガル語(ポルトガル語) ポルトガル語(ポルトガル語) 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
イタリア語(イタリア) イタリア語(イタリア) 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
イタリア語(スイス) イタリア語(スイス) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい
한국어 韓国語 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
Türkçe トルコ語 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
オランダ(オランダ) オランダ語(オランダ) 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
オランダ(ベルギー) オランダ語(ベルギー) 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい
アラビア語 アラビア語 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ภาษาไทย タイ語 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
Svenska スウェーデンの 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ダンスク デンマーク語 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
TiếngViệt ベトナム語 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい
Norskbokmål ノルウェーのブークモール 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ポルスキー 研磨 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
スオミ フィンランド語 番号 注1 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
インドネシア語 インドネシア語 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ヘブライ語 ヘブライ語 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
Ελληνικά ギリシャ語 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
Română ルーマニア語 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
マジャール ハンガリー語 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい
Čeština チェコ語 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
カタロニア語 カタロニア語 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい
スロバキア語 スロバキア 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
Українська ウクライナ語 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
Hrvatski クロアチア語 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
バハサマレー語 マレー語 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
हिन्दी ヒンディー語 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい

ノート

  1. 発売時のiPodTouchは、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、オランダ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、デンマーク語、フィンランド語、ノルウェー語、スウェーデン語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語、ロシア語、ポーランド語をサポートしていました。ただし、これらの言語のほとんどは、iPhone2.0までiPhoneで使用できませんでした。
  2. iOS 8以降、ユーザーはデバイスで使用する複数のロケールを追加できます。1つの言語がサポートされていない場合は、代わりに次の言語が使用されます。リストの一番上にある言語が主要な言語です。
  3. これらのリージョンはiOS8に存在しますが、システム言語の汎用リージョンにフォールバックします。この問題は、デフォルトのリージョンが追加されたiOS9以降で解決されています。
    • de-AT、de-CH: de
    • en-CA、en-US: en
    • es-ES: es
    • es-419: es-MX
    • fr-CH: fr
  4. iOS 9以降では、ロケール処理プロセスが改善され、複数のリージョンを持つリージョンにデフォルトのリージョンが適用されるようになりました。地域が国/地域の設定と同じである場合、または言語に1つの地域のみが追加されている場合、地域はロケール名に表示されません。
    • ドイツ語:ドイツ語(ドイツ)
    • 英語:英語(米国)
    • スペイン語:スペイン語(スペイン語)
    • フランス語:フランス語(フランス)
    • イタリア語:イタリア語(イタリア)
    • オランダ語:オランダ語(オランダ)
    • ポルトガル語:ポルトガル語(ブラジル)
    • 中国語、繁体字:中国語、繁体字(台湾)
  5. オランダ語(ベルギー)は、iOS 10で修正される前に、iOS 9でフラマン語として表示されていました。これにより、他のロケールとの整合性が高まります。
  6. iOS10とmacOSSierraは、iOSとmacOSでサポートされている言語に新しいロケールが追加された最後のバージョンでした。
    • 英語(米国):米国、カナダ
    • 英語(英国):英国、アイルランド、シンガポール、南アフリカ
    • 英語(オーストラリア):オーストラリア、ニュージーランド
    • 英語(インド):インド
    • 中国語、簡体字:中国本土
    • 中国語、繁体字(台湾):台湾
    • 中国語、繁体字(香港):香港、マカオ
    • 日本語:日本
    • スペイン語(スペイン):スペイン
    • スペイン語(ラテンアメリカ):ラテンアメリカ、アルゼンチン、ボリビア、チリ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドール、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ペルー、プエルトリコ、ウルグアイ、米国、ベネズエラ
    • フランス語(フランス):フランス、ベルギー、スイス
    • フランス語(カナダ):カナダ
    • ドイツ語:ドイツ、オーストリア、スイス
    • ロシア語:ロシア
    • ポルトガル語(ブラジル):ブラジル
    • ポルトガル語(ポルトガル語):ポルトガル
    • イタリア語:イタリア、スイス
    • 韓国語:韓国
    • トルコ語:トルコ
    • オランダ語:オランダ、ベルギー
    • アラビア語:サウジアラビア
    • タイ語:タイ
    • スウェーデン語:スウェーデン
    • デンマーク:デンマーク
    • ベトナム語:ベトナム
    • ノルウェーのブークモール:ノルウェー
    • ポーランド語:ポーランド
    • フィンランド語:フィンランド
    • インドネシア語:インドネシア
    • ヘブライ語:イスラエル
    • ギリシャ語:ギリシャ
    • ルーマニア語:ルーマニア
    • ハンガリー語:ハンガリー
    • チェコ語:チェコ
    • カタロニア語:スペイン
    • スロバキア:スロバキア
    • ウクライナ語:ウクライナ
    • クロアチア語:クロアチア
    • マレー語:マレーシア
    • ヒンディー語:インド
  7. 各シミュレーターの.GlobalPreferences.plistファイルのAppleLanguages部分を編集することにより、iOSシミュレーターにカスタムロケールを追加することができます。

発達

iOS SDK(ソフトウェア開発キット)を使用すると、iOSでモバイルアプリを開発できます。

2007年に発表される前にiPhoneを開発していたが、Appleの当時のCEOである Steve Jobsは、サードパーティの開発者にiOS用のネイティブアプリを作成させるつもりはなく、代わりにSafariWebブラウザ用のWebアプリケーションを作成するように指示した。[161]しかし、開発者からの反発により、会社は再考を促し[161]、ジョブズは2007年10月に、Appleが2008年2月までに開発者向けのソフトウェア開発キットを利用できるようにすることを発表しました。[162] [163] SDKは3月にリリースされました。 2008年6月。[164] [165]

SDKは、 Macパーソナルコンピューターのユーザー向けに無料でダウンロードできます。[166] Microsoft WindowsPCでは使用できません[166] SDKには、開発者がハードウェアやソフトウェアの属性など、iOSデバイスのさまざまな機能やサービスにアクセスできるようにするセットが含まれています。[167]また、開発中にコンピューター上のデバイスのルックアンドフィールを模倣するためのiPhoneシミュレーターも含まれています。[167] SDKの新しいバージョンは、iOSの新しいバージョンに付随しています。[168] [169]アプリケーションをテストし、テクニカルサポートを受け、App Storeを通じてアプリを配布するには、開発者はApple DeveloperProgramに登録する必要があります。[166]

Xcodeと組み合わせることで、iOS SDKは、開発者がSwiftObjective-Cなどの公式にサポートされているプログラミング言語を使用してiOSアプリを作成するのに役立ちます[170]他の企業も、それぞれのプログラミング言語を使用してネイティブiOSアプリを開発できるツールを作成しています。[171] [172]

更新スケジュール

2022年1月11日にAppStoreによって測定されたプラットフォームの使用量[173]

  iOS 15(63.00%)
  iOS 14(30.00%)
  iOS 13以前(7.00%)

Appleは、iOSオペレーティングシステムのメジャーアップデートをiTunesを介して毎年提供しており、iOS5以降は無線でも提供しています。[174]デバイスは、mesu.apple.comのXMLベースのPLISTファイルで更新を確認します。更新は、暗号化されていないプレーンなZIPファイルで配信されます。最近のすべてのiOSデバイスでは、iOSは定期的にアップデートの可用性をチェックし、アップデートが利用可能な場合は、自動インストールを許可するようにユーザーに促します。

最新の安定バージョンは、2021年9月20日にリリースされたiOS 15です。これは、 iPhone 6S以降、および第7世代iPodTouchで使用できます。[175] iOS 15のリリースに加えて、iPadOS15がリリースされました。Appleは2020年6月22日の毎年恒例のWWDC基調講演でiOS15とiPadOS15をデビューさせました。[176] iPadOS15はiOS14と同じデバイスで利用できます。サポートされるデバイスはiPadAir 2以降、iPad第5世代以降、iPadです。 mini4以降およびiPadProのすべてのバージョン[177]このアップデートでは、再設計された通知、より有益な天気アプリ、フォーカスモード、SharePlay、ライブテキストなどの新機能が導入されました。[178]

もともと、iPodTouchユーザーはシステムソフトウェアのアップデートにお金を払わなければなりませんでした。これは、iPhoneやApple TVのような「サブスクリプションデバイス」ではないと指定された会計規則によるものであり、デバイスの改善には支払いが必要でした。[179] [180]アップグレードにお金を払う必要があるため、iPodTouchの所有者はアップデートを避けていた。[181]しかし、2009年9月、会計規則の変更が暫定承認を獲得し、Appleの収益と株価に影響を与え、iPodTouchのアップデートを無料で配信できるようになりました。[182] [183]

Appleは、iOSがサポートするデバイスのアップデートのサイクルを何年にもわたって大幅に延長してきました。iPhone(第1世代)iPhone 3Gは2つのiOSアップデートしか受けていませんでしたが、それ以降のモデルは5年、6年、7年のサポートがありました。[184] [185]

XNUカーネル

iOSカーネルはDarwinのXNUカーネルですiPhone OS3.1.3までの元のiPhoneOS(1.0)は、Darwin9.0.0d1を使用していました。iOS4はDarwin10に基づいていました。iOS5はDarwin11に基づいていました。iOS6はDarwin13に基づいていました。iOS7とiOS8はDarwin14に基づいています。iOS9はDarwin15に基づいています。iOS10はDarwin16に基づいています。 .iOS11はDarwin17に基づいています。iOS12はDarwin18に基づいています。iOS13はDarwin19に基づいています。[186]

iOS 6では、カーネルはOS X Mountain Lionと同様に、ASLRの対象となります。これにより、カーネルコードの場所を知ることができないため、エクスプロイトの可能性がより複雑になります。

XNUはBSDカーネルに基づいているため、オープンソースです。[187]ソースは元のBSDパーツの3節[188] BSDライセンスの下にあり、パーツはApple Public SourceLicenseの下でAppleによって追加されています。[189] iOSに含まれているバージョンは利用できません。macOSで使用されているバージョンのみが利用可能です。

iOSには、実際に存在している場合でも、ファイルシステムにカーネル拡張機能(kexts)がありません。カーネルキャッシュを解凍して、kext(すべて__PRELINK_TEXTセクションにパックされている)とそのplist(__ PRELINK_INFOセクションにある)とともに正しいカーネルを表示できます。

カーネルキャッシュは、サードパーティのツールを使用して直接解凍することもできます(復号化されている場合)。iOS 10ベータ版とデフォルトのプレーンテキストカーネルキャッシュの出現により、これらのツールは、lzssdecを解凍して適用し、カーネルキャッシュをフルサイズに解凍した後にのみ使用できます。

Cydia代替ソフトウェアによって提供されるkextstatは、 iOS4およびMacOS X Snow Leopardkmod_get_info(...)で非推奨のAPIであるに基づいているため、iOSでは機能しません生のXMLデータをダンプできる他の代替ソフトウェアもあります。

開発中のデバイスでは、カーネルは常に静的にリンクされたキャッシュとして/System/Library/Caches/com.apple.kernelcaches/kernelcacheに保存され、起動時に解凍されて実行されます。

当初、iOSのカーネルバージョンは通常、対応するバージョンのmacOSよりも高くなっています。時間の経過とともに、iOSとmacOSのカーネルは近づいてきました。iOSが新しい機能(ASLRカーネル、デフォルトのフリーザー、さまざまなセキュリティ強化機能など)を導入し、最初に組み込まれ、その後macOSに導入されたことを考えると、これは驚くべきことではありません。AppleはiOSカーネルとmacOSカーネルを徐々に統合しているようです。各バージョンのビルド日は、プロセッサによってわずかに異なります。これは、ビルドがシーケンシャルであるためです。

iOS 13.6に更新されたDarwinカーネルの最新バージョンは2020年7月27日付けの19.6.0ですが、 iOS14ベータ4の場合は2020年7月27日付けの20.0.0です。

カーネルビルド
iOS Version Kernel Build Notes
1A420 Darwin Kernel Version 9.0.0d1: Thu Mar 8 01:38:53 PST 2007; root:xnu-933.0.0.144.obj~1/DEVELOPMENT_ARM_S5L8900XRB
1.0 Darwin Kernel Version 9.0.0d1: Tue May 22 21:15:55 PDT 2007; root:xnu-933.0.0.178.obj~3/RELEASE_ARM_S5L8900XRB
1.0.1 Darwin Kernel Version 9.0.0d1: Fri Jun 22 00:38:56 PDT 2007; root:xnu-933.0.1.178.obj~1/RELEASE_ARM_S5L8900XRB
1.0.2
1.1 Darwin Kernel Version 9.0.0d1: Thu Sep 6 23:26:45 PDT 2007; root:xnu-933.0.0.203.obj~6/RELEASE_ARM_S5L8900XRB iPod touch only
1.1.1 Darwin Kernel Version 9.0.0d1: Wed Sep 19 00:08:42 PDT 2007; root:xnu-933.0.203~21/RELEASE_ARM_S5L8900XRB First kernel that was 8900 encrypted
1.1.2 Darwin Kernel Version 9.0.0d1: Wed Oct 10 00:07:49 PDT 2007; root:xnu-933.0.204~7/RELEASE_ARM_S5L8900XRB
1.1.3 Darwin Kernel Version 9.0.0d1: Wed Dec 12 00:16:00 PST 2007; root:xnu-933.0.211~2/RELEASE_ARM_S5L8900XRB
1.1.4
1.1.5 iPod touch only
1.2 beta ?
2.0 beta 2 Darwin Kernel Version 9.3.1: Wed Mar 19 22:40:09 PDT 2008; root:xnu-1228.6.34~1/RELEASE_ARM_S5L8900X
2.0 beta 3 Darwin Kernel Version 9.3.1: Tue Apr 1 21:58:46 PDT 2008; root:xnu-1228.6.39~6/RELEASE_ARM_S5L8900X
2.0 beta 4 Darwin Kernel Version 9.3.1: Tue Apr 15 21:09:34 PDT 2008; root:xnu-1228.6.49~1/RELEASE_ARM_S5L8900X
2.0 beta 5 ?
2.0 beta 6 ?
2.0 beta 7 ?
2.0 GM Darwin Kernel Version 9.3.1: Sun Jun 15 21:37:01 PDT 2008; root:xnu-1228.6.76~45/RELEASE_ARM_S5L8900X
2.0
2.0.1
2.0.2
2.1 beta ?
2.1 beta 2 ?
2.1 beta 3 ?
2.1 beta 4 ?
2.1 Darwin Kernel Version 9.4.1: Sun Aug 10 21:25:25 PDT 2008; root:xnu-1228.7.27~12/RELEASE_ARM_S5L8720X
2.1.1
2.2 beta ?
2.2 beta 2 ?
2.2 Darwin Kernel Version 9.4.1: Sat Nov 1 19:13:13 PDT 2008; root:xnu-1228.7.36~2/RELEASE_ARM_S5L8720X
2.2.1 Darwin Kernel Version 9.4.1: Mon Dec 8 21:02:57 PST 2008; root:xnu-1228.7.37~4/RELEASE_ARM_S5L8720X
3.0 beta Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Mon Mar 9 22:51:44 PDT 2009; root:xnu-1357.2.65~12/RELEASE_ARM_S5L8900X
3.0 beta 2 Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Wed Mar 25 21:56:57 PDT 2009; root:xnu-1357.2.71~2/RELEASE_ARM_S5L8900X
3.0 beta 3 Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Fri Apr 10 15:52:33 PDT 2009; root:xnu-1357.2.78~8/RELEASE_ARM_S5L8900X
3.0 beta 4 Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Wed Apr 22 21:48:01 PDT 2009; root:xnu-1357.2.83~2/RELEASE_ARM_S5L8900X
3.0 beta 5 Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Wed Apr 29 22:05:19 PDT 2009; root:xnu-1357.2.86~1/RELEASE_ARM_S5L8900X
3.0 GM ?
3.0 Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Wed May 13 22:16:49 PDT 2009; root:xnu-1357.2.89~4/RELEASE_ARM_S5L8920X
3.0.1
3.1 beta Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Wed Jun 24 21:55:27 PDT 2009; root:xnu-1357.5.22~7/RELEASE_ARM_S5L8720X
3.1 beta 2 Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Wed Jul 8 21:57:20 PDT 2009; root:xnu-1357.5.23~8/RELEASE_ARM_S5L8920X
3.1 beta 3 Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Wed Jul 22 21:39:52 PDT 2009; root:xnu-1357.5.24~13/RELEASE_ARM_S5L8920X
3.1 Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Fri Aug 14 13:23:32 PDT 2009; root:xnu-1357.5.30~2/RELEASE_ARM_S5L8920X
3.1.2 Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Fri Sep 25 23:35:35 PDT 2009; root:xnu-1357.5.30~3/RELEASE_ARM_S5L8920X
3.1.3 Darwin Kernel Version 10.0.0d3: Fri Dec 18 01:34:28 PST 2009; root:xnu-1357.5.30~6/RELEASE_ARM_S5L8920X Last release for iPhone (1st generation) and iPod touch (1st generation)
3.2 Darwin Kernel Version 10.3.1: Mon Mar 15 23:15:33 PDT 2010; root:xnu-1504.2.27~18/RELEASE_ARM_S5L8930X iPad only
3.2.1 Darwin Kernel Version 10.3.1: Fri May 28 16:46:17 PDT 2010; root:xnu-1504.2.50~4/RELEASE_ARM_S5L8930X
3.2.2 Darwin Kernel Version 10.3.1: Wed Aug 4 19:08:04 PDT 2010; root:xnu-1504.2.60~1/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.0 beta Darwin Kernel Version 10.3.1: Sat Apr 3 03:06:07 PDT 2010; root:xnu-1504.51.1~2/RELEASE_ARM_S5L8920X
4.0 beta 2 Darwin Kernel Version 10.3.1: Wed Apr 14 23:43:59 PDT 2010; root:xnu-1504.50.51~3/RELEASE_ARM_S5L8920X
4.0 beta 3 Darwin Kernel Version 10.3.1: Wed Apr 28 20:47:20 PDT 2010; root:xnu-1504.50.61~1/RELEASE_ARM_S5L8920X
4.0 beta 4 Darwin Kernel Version 10.3.1: Tue May 11 22:12:23 PDT 2010; root:xnu-1504.50.69~2/RELEASE_ARM_S5L8920X
4.0 GM ?
4.0 Darwin Kernel Version 10.3.1: Wed May 26 22:28:33 PDT 2010; root:xnu-1504.50.73~2/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.0.1
4.0.2 Darwin Kernel Version 10.3.1: Wed Aug 4 18:46:06 PDT 2010; root:xnu-1504.50.80~1/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.1 beta Darwin Kernel Version 10.3.1: Mon Jul 5 20:15:12 PDT 2010; root:xnu-1504.55.27~4/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.1 beta 2 Darwin Kernel Version 10.3.1: Tue Jul 20 21:31:09 PDT 2010; root:xnu-1504.55.32~9/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.1 beta 3 Darwin Kernel Version 10.3.1: Wed Jul 28 01:26:23 PDT 2010; root:xnu-1504.55.33~3/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.1 Darwin Kernel Version 10.3.1: Wed Aug 4 22:35:51 PDT 2010; root:xnu-1504.55.33~10/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.2 beta Darwin Kernel Version 10.3.1: Tue Sep 7 23:33:25 PDT 2010; root:xnu-1504.58.18~2/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.2 beta 2 Darwin Kernel Version 10.4.0: Thu Sep 23 20:56:24 PDT 2010; root:xnu-1504.58.21~5/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.2 beta 3 Darwin Kernel Version 10.4.0: Tue Oct 5 21:42:47 PDT 2010; root:xnu-1504.58.25~18/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.2 GM Darwin Kernel Version 10.4.0: Wed Oct 20 20:14:45 PDT 2010; root:xnu-1504.58.28~3/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.2.1 GM
4.2.1 Darwin Kernel Version 10.4.0: Wed Oct 20 20:14:45 PDT 2010; root:xnu-1504.58.28~3/RELEASE_ARM_S5L8930X Last release for iPhone 3G and iPod touch (2nd generation)
4.2.5 Darwin Kernel Version 10.4.0: Thu Dec 30 19:38:02 PST 2010; root:xnu-1504.62~11/RELEASE_ARM_S5L8930X iPhone 4 only.
4.2.6
4.2.7
4.2.8
4.2.9 Darwin Kernel Version 10.4.0: Fri Jul 8 18:32:26 PDT 2011; root:xnu-1504.63~1/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.2.10
4.3 beta Darwin Kernel Version 11.0.0: Tue Jan 4 21:36:31 PST 2011; root:xnu-1735.24~10/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.3 beta 2 Darwin Kernel Version 11.0.0: Mon Jan 10 22:08:15 PST 2011; root:xnu-1735.30~2/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.3 beta 3 Darwin Kernel Version 11.0.0: Fri Jan 28 13:55:49 PST 2011; root:xnu-1735.39.80~1/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.3 GM ?
4.3 Darwin Kernel Version 11.0.0: Thu Feb 10 21:46:56 PST 2011; root:xnu-1735.46~2/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.3.1
4.3.2 Darwin Kernel Version 11.0.0: Wed Mar 30 18:51:10 PDT 2011; root:xnu-1735.46~10/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.3.3
4.3.4 Darwin Kernel Version 11.0.0: Sat Jul 9 00:59:43 PDT 2011; root:xnu-1735.47~1/RELEASE_ARM_S5L8930X
4.3.5
5.0 beta Darwin Kernel Version 11.0.0: Mon May 30 20:28:35 PDT 2011; root:xnu-1878.2.52~1/RELEASE_ARM_S5L8940X
5.0 beta 2 Darwin Kernel Version 11.0.0: Sun Jun 19 18:59:56 PDT 2011; root:xnu-1878.3.20~3/RELEASE_ARM_S5L8940X
5.0 beta 3 Darwin Kernel Version 11.0.0: Thu Jun 30 23:23:57 PDT 2011; root:xnu-1878.4.10~2/RELEASE_ARM_S5L8940X
5.0 beta 4 Darwin Kernel Version 11.0.0: Sun Jul 17 19:21:53 PDT 2011; root:xnu-1878.4.20~4/RELEASE_ARM_S5L8940X
5.0 beta 5 Darwin Kernel Version 11.0.0: Tue Aug 2 22:31:30 PDT 2011; root:xnu-1878.4.80~1/RELEASE_ARM_S5L8930X
5.0 beta 6 Darwin Kernel Version 11.0.0: Sun Aug 14 19:04:49 PDT 2011; root:xnu-1878.4.31~5/RELEASE_ARM_S5L8930X
5.0 beta 7 Darwin Kernel Version 11.0.0: Thu Aug 25 20:47:50 PDT 2011; root:xnu-1878.4.38~2/RELEASE_ARM_S5L8930X
5.0 GM Darwin Kernel Version 11.0.0: Thu Sep 15 23:34:16 PDT 2011; root:xnu-1878.4.43~2/RELEASE_ARM_S5L8930X
5.0
5.0.1 beta Darwin Kernel Version 11.0.0: Wed Oct 19 19:05:07 PDT 2011; root:xnu-1878.4.45~1/RELEASE_ARM_S5L8930X
5.0.1 beta 2 Darwin Kernel Version 11.0.0: Tue Nov 1 20:34:16 PDT 2011; root:xnu-1878.4.46~1/RELEASE_ARM_S5L8940X
5.0.1
5.1 beta Darwin Kernel Version 11.0.0: Sun Nov 13 19:10:13 PST 2011; root:xnu-1878.10.61~7/RELEASE_ARM_S5L8930X
5.1 beta 2 Darwin Kernel Version 11.0.0: Sun Dec 4 18:57:33 PST 2011; root:xnu-1878.10.68~2/RELEASE_ARM_S5L8930X
5.1 beta 3 Darwin Kernel Version 11.0.0: Mon Jan 2 18:46:01 PST 2012; root:xnu-1878.10.74~3/RELEASE_ARM_S5L8930X
5.1 Darwin Kernel Version 11.0.0: Wed Feb 1 23:18:07 PST 2012; root:xnu-1878.11.8~1/RELEASE_ARM_S5L8945X
5.1.1 Darwin Kernel Version 11.0.0: Sun Apr 8 21:51:26 PDT 2012; root:xnu-1878.11.10~1/RELEASE_ARM_S5L8930X Last release for iPad (1st generation)
6.0 beta Darwin Kernel Version 13.0.0: Wed May 30 19:23:03 PDT 2012; root:xnu-2107.1.78~18/RELEASE_ARM_S5L8930X
6.0 beta 2 Darwin Kernel Version 13.0.0: Sun Jun 17 19:47:47 PDT 2012; root:xnu-2107.1.61~3/RELEASE_ARM_S5L8930X
6.0 beta 3 Darwin Kernel Version 13.0.0: Sun Jul 8 20:15:17 PDT 2012; root:xnu-2107.2.9~3/RELEASE_ARM_S5L8930X
6.0 beta 4 Darwin Kernel Version 13.0.0: Sun Jul 29 20:15:28 PDT 2012; root:xnu-2107.2.26~4/RELEASE_ARM_S5L8930X
6.0 GM Darwin Kernel Version 13.0.0: Sun Aug 19 00:27:34 PDT 2012; root:xnu-2107.2.33~4/RELEASE_ARM_S5L8930X
6.0
6.0.1 Darwin Kernel Version 13.0.0: Wed Oct 10 23:32:19 PDT 2012; root:xnu-2107.2.34~2/RELEASE_ARM_S5L8950X
6.0.2 iPhone 5 only.
6.1 beta Darwin Kernel Version 13.0.0: Sun Oct 21 19:28:43 PDT 2012; root:xnu-2107.7.51~17/RELEASE_ARM_S5L8930X
6.1 beta 2 Darwin Kernel Version 13.0.0: Sun Nov 4 19:02:54 PST 2012; root:xnu-2107.7.53~2/RELEASE_ARM_S5L8930X
6.1 beta 3 Darwin Kernel Version 13.0.0: Mon Nov 26 21:17:13 PST 2012; root:xnu-2107.7.53~27/RELEASE_ARM_S5L8930X
6.1 beta 4 Darwin Kernel Version 13.0.0: Sun Dec 9 19:22:45 PST 2012; root:xnu-2107.7.55~6/RELEASE_ARM_S5L8930X
6.1 beta 5 Darwin Kernel Version 13.0.0: Sun Dec 16 20:01:39 PST 2012; root:xnu-2107.7.55~11/RELEASE_ARM_S5L8950X
6.1
6.1.1 beta
6.1.1 iPhone 4s only
6.1.2
6.1.3 beta 2 Darwin Kernel Version 13.0.0: Wed Feb 13 21:35:42 PST 2013; root:xnu-2107.7.55.2.2~1/RELEASE_ARM_S5L8920X
6.1.3
6.1.4 iPhone 5 only.
6.1.5 iPod touch (4th generation) only.
6.1.6 iPod touch (4th generation) and iPhone 3GS only.
7.0 beta Darwin Kernel Version 14.0.0: Wed May 29 23:53:59 PDT 2013; root:xnu-2423.1.1.1.2~1/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.0 beta 2 Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Jun 17 00:51:51 PDT 2013; root:xnu-2423.1.28~7/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.0 beta 3 Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Jul 1 04:25:28 PDT 2013; root:xnu-2423.1.40~11/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.0 beta 4 Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Jul 22 02:12:11 PDT 2013; root:xnu-2423.1.55~8/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.0 beta 5 Darwin Kernel Version 14.0.0: Sun Aug 4 22:40:14 PDT 2013; root:xnu-2423.1.70~6/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.0 beta 6
7.0 GM Darwin Kernel Version 14.0.0: Tue Aug 13 21:39:05 PDT 2013; root:xnu-2423.1.73~3/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.0
7.0.1 Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Sep 9 20:56:02 PDT 2013; root:xnu-2423.1.74~2/RELEASE_ARM64_S5L8960X iPhone 5c and 5s only
7.0.2
7.0.3 Darwin Kernel Version 14.0.0: Fri Sep 27 23:08:32 PDT 2013; root:xnu-2423.3.12~1/RELEASE_ARM64_S5L8960X
7.0.4
7.0.5 iPhone 5c and iPhone 5s only.
7.0.6
7.1 beta Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Nov 11 04:18:01 PST 2013; root:xnu-2423.10.33~9/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.1 beta 2 Darwin Kernel Version 14.0.0: Tue Dec 10 21:25:34 PST 2013; root:xnu-2423.10.38.1.1~1/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.1 beta 3 Darwin Kernel Version 14.0.0: Thu Jan 2 01:55:45 PST 2014; root:xnu-2423.10.45~5/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.1 beta 4 Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Jan 13 03:33:00 PST 2014; root:xnu-2423.10.49.0.1~3/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.1 beta 5 Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Jan 27 23:55:13 PST 2014; root:xnu-2423.10.58~2/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.1 GM Darwin Kernel Version 14.0.0: Fri Feb 21 19:41:10 PST 2014; root:xnu-2423.10.67~1/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.1
7.1.1 Darwin Kernel Version 14.0.0: Fri Mar 28 21:22:10 PDT 2014; root:xnu-2423.10.70~1/RELEASE_ARM_S5L8930X
7.1.2 Darwin Kernel Version 14.0.0: Thu May 15 23:17:54 PDT 2014; root:xnu-2423.10.71~1/RELEASE_ARM64_S5L8960X Last release for iPhone 4
8.0 beta Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon May 26 22:09:06 PDT 2014; root:xnu-2729.0.0.0.9~2/RELEASE_ARM_S5L8942X
8.0 beta 2 Darwin Kernel Version 14.0.0: Sat Jun 14 16:36:40 PDT 2014; root:xnu-2775.0.0.1.1~3/RELEASE_ARM64_S5L8960X
8.0 beta 3 Darwin Kernel Version 14.0.0: Wed Jul 2 18:51:34 PDT 2014; root:xnu-2783.1.21~19/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.0 beta 4 Darwin Kernel Version 14.0.0: Wed Jul 16 21:55:26 PDT 2014; root:xnu-2783.1.40.0.3~2/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.0 beta 5 Darwin Kernel Version 14.0.0: Wed Jul 30 23:04:17 PDT 2014; root:xnu-2783.1.62~20/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.0 GM Darwin Kernel Version 14.0.0: Tue Aug 19 15:09:47 PDT 2014; root:xnu-2783.1.72~8/RELEASE_ARM64_S5L8960X
8.0
8.0.1 Darwin Kernel Version 14.0.0: Thu Sep 18 21:52:21 PDT 2014; root:xnu-2783.1.72~23/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.0.2
8.1 beta Darwin Kernel Version 14.0.0: Sat Sep 27 18:49:49 PDT 2014; root:xnu-2783.3.12~18/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.1 beta 2 Darwin Kernel Version 14.0.0: Fri Oct 3 21:52:09 PDT 2014; root:xnu-2783.3.13~2/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.1 Darwin Kernel Version 14.0.0: Fri Oct 7 00:04:37 PDT 2014; root:xnu-2783.3.13~4/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.1.1 beta Darwin Kernel Version 14.0.0: Sun Nov 2 20:21:29 PDT 2014; root:xnu-2783.3.21~1/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.1.1 Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Nov 3 22:54:30 PDT 2014; root:xnu-2783.3.22~1/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.1.2
8.1.3 Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Jan 2 21:29:20 PST 2015; root:xnu-2783.3.26~3/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.2 beta ?
8.2 beta 2 ?
8.2 beta 3 Darwin Kernel Version 14.0.0: Sun Dec 14 20:59:15 PST 2014; root:xnu-2783.5.29.0.1~1/RELEASE_ARM_S5L8940X
8.2 beta 4 Darwin Kernel Version 14.0.0: Tue Jan 6 21:02:10 PST 2015; root:xnu-2783.5.32~9/RELEASE_ARM_S5L8940X
8.2 beta 5 Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Jan 26 22:16:17 PST 2015; root:xnu-2783.5.37~11/RELEASE_ARM_S5L8940X
8.2 Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Feb 9 22:07:57 PST 2015; root:xnu-2783.5.38~5/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.3 beta ?
8.3 beta 2 ?
8.3 beta 3 Darwin Kernel Version 14.0.0: Mon Mar 4 20:55:58 PST 2015; root:xnu-2784.20.25~26/RELEASE_ARM64_S5L8960X
8.3 beta 4 Darwin Kernel Version 14.0.0: Thu Mar 19 00:16:36 PST 2015; root:xnu-2784.20.31~1/RELEASE_ARM64_S5L8960X
8.3 Darwin Kernel Version 14.0.0: Sun Mar 29 19:44:04 PDT 2015; root:xnu-2784.20.34~2/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.4 beta Darwin Kernel Version 14.0.0: Wed Apr 8 21:26:37 PDT 2015; root:xnu-2784.30.1~29/RELEASE_ARM64_T7000
8.4 beta 2 Darwin Kernel Version 14.0.0: Wed Apr 21 21:49:05 PDT 2015; root:xnu-2784.30.2~9/RELEASE_ARM64_S5L8960X
8.4 beta 3 Darwin Kernel Version 14.0.0: Tue May 5 23:09:22 PDT 2015; root:xnu-2784.30.5~7/RELEASE_ARM64_S5L8960X
8.4 beta 4 Darwin Kernel Version 14.0.0: Tue Wed 3 23:19:49 PDT 2015; root:xnu-2784.30.7~13/RELEASE_ARM64_S5L8960X
8.4 Darwin Kernel Version 14.0.0: Wed Jun 24 00:50:15 PDT 2015; root:xnu-2784.30.7~30/RELEASE_ARM64_S5L8960X
8.4.1 beta Darwin Kernel Version 14.0.0: Thu Jul 9 21:54:11 PDT 2015; root:xnu-2784.40.6~1/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.4.1 beta 2 Darwin Kernel Version 14.0.0: Tue Jul 28 16:34:51 PDT 2015; root:xnu-2784.40.6~15/RELEASE_ARM_S5L8950X
8.4.1 Darwin Kernel Version 14.0.0: Wed Aug 5 19:24:44 PDT 2015; root:xnu-2784.40.6~18/RELEASE_ARM_S5L8950X
9.0 beta Darwin Kernel Version 15.0.0: Fri May 29 22:14:48 PDT 2015; root:xnu-3216.0.0.1.15~2/RELEASE_ARM64_S5L8960X
9.0 beta 2 Darwin Kernel Version 15.0.0: Mon Jun 15 21:51:54 PDT 2015; root:xnu-3247.1.6.1.1~2/RELEASE_ARM64_S5L8960X
9.0 beta 4 Darwin Kernel Version 15.0.0: Sat Jul 11 20:01:45 PDT 2015; root:xnu-3247.1.56~13\/RELEASE_ARM64_T7001
9.0 beta 5 Darwin Kernel Version 15.0.0: Mon Aug 3 19:58:41 PDT 2015; root:xnu-3247.1.88.1.1~1\/RELEASE_ARM64_T7001
9.0 GM Darwin Kernel Version 15.0.0: Thu Aug 6 22:27:22 PDT 2015; root:xnu-3248.1.2~3\/RELEASE_ARM_S5L8940X
9.0 Darwin Kernel Version 15.0.0: Thu Aug 20 13:11:13 PDT 2015; root:xnu-3248.1.3~1\/RELEASE_ARM_S5L8950X
9.0.1
9.0.2
9.1 beta Darwin Kernel Version 15.0.0: Sat Aug 29 17:41:04 PDT 2015; root:xnu-3248.10.27~10\/RELEASE_ARM_S5L8940X
9.1 beta 2 Darwin Kernel Version 15.0.0: Mon Sep 14 01:24:55 PDT 2015; root:xnu-3248.10.38~3\/RELEASE_ARM64_S5L8960X
9.1 beta 3 Darwin Kernel Version 15.0.0: Fri Sep 25 17:14:21 PDT 2015; root:xnu-3248.10.41~11\/RELEASE_ARM64_S5L8960X
9.1 beta 4 Darwin Kernel Version 15.0.0: Fri Oct 2 14:07:07 PDT 2015; root:xnu-3248.10.42~4\/RELEASE_ARM64_S5L8960X
9.1 beta 5
9.1
9.2 beta Darwin Kernel Version 15.0.0: Sun Oct 18 23:34:30 PDT 2015; root:xnu-3248.20.33.0.1~7\/RELEASE_ARM64_S8000
9.2 beta 2 Darwin Kernel Version 15.0.0: Sun Oct 25 21:50:56 PDT 2015; root:xnu-3248.20.39~8\/RELEASE_ARM64_S8000
9.2 beta 3 Darwin Kernel Version 15.0.0: Fri Nov 6 22:12:13 PST 2015; root:xnu-3248.21.1~2\/RELEASE_ARM64_S5L8960X
9.2 beta 4 Darwin Kernel Version 15.0.0: Fri Nov 13 16:08:07 PST 2015; root:xnu-3248.21.2~1\/RELEASE_ARM64_S5L8960X
9.2
9.2.1 beta Darwin Kernel Version 15.0.0: Wed Dec 9 22:19:38 PST 2015; root:xnu-3248.31.3~2\/RELEASE_ARM64_S5L8960X
9.2.1 beta 2
9.2.1
9.3 beta Darwin Kernel Version 15.4.0: Tue Jan 5 21:24:25 PST 2016; root:xnu-3248.40.155.1.1~3\/RELEASE_ARM64_S5L8960X
9.3 beta 1.1
9.3 beta 2 Darwin Kernel Version 15.4.0: Tue Jan 19 00:18:39 PST 2016; root:xnu-3248.40.166.0.1~10\/RELEASE_ARM64_S8000
9.3 beta 3 Darwin Kernel Version 15.4.0: Sun Jan 31 22:48:58 PST 2016; root:xnu-3248.40.173.0.1~13\/RELEASE_ARM64_S8000
9.3 beta 4 Darwin Kernel Version 15.4.0: Sun Feb 14 23:17:56 PST 2016; root:xnu-3248.41.3~16\/RELEASE_ARM64_S8000
9.3 beta 5 Darwin Kernel Version 15.4.0: Sun Feb 22 01:48:23 PST 2016; root:xnu-3248.41.4~36\/RELEASE_ARM64_S8000
9.3 beta 6
9.3 beta 7 Darwin Kernel Version 15.4.0: Fri Feb 19 13:54:52 PST 2016; root:xnu-3248.41.4~28\/RELEASE_ARM64_S8000
9.3
9.3.1
9.3.2 beta Darwin Kernel Version 15.5.0: Thu Mar 31 17:49:02 PDT 2016; root:xnu-3248.50.18~19\/RELEASE_ARM64_S8000
9.3.2 beta 2 Darwin Kernel Version 15.5.0: Tue Apr 5 15:12:03 PDT 2016; root:xnu-3248.50.20~12\/RELEASE_ARM64_S8000
9.3.2 beta 3 Darwin Kernel Version 15.5.0: Mon Apr 18 16:44:07 PDT 2016; root:xnu-3248.50.21~4\/RELEASE_ARM64_S8000
9.3.2 beta 4
9.3.2
9.3.3 beta Darwin Kernel Version 15.6.0: Tue May 17 19:53:27 PDT 2016; root:xnu-3248.60.3~3\/RELEASE_ARM64_S5L8960X
9.3.3 beta 2 Darwin Kernel Version 15.6.0: Tue May 31 19:52:45 PDT 2016; root:xnu-3248.60.4~1\/RELEASE_ARM64_S8000
9.3.3 beta 3 Darwin Kernel Version 15.6.0: Thu Jun 16 18:08:00 PDT 2016; root:xnu-3248.60.8~1/RELEASE_ARM_S5L8950X
9.3.3 beta 4 Darwin Kernel Version 15.6.0: Mon Jun 20 20:10:21 PDT 2016; root:xnu-3248.60.9~1/RELEASE_ARM_S5L8950X
9.3.3 beta 5
9.3.3
9.3.4
9.3.5 Darwin Kernel Version 15.6.0: Fri Aug 19 10:37:56 PDT 2016; root:xnu-3248.61.1~1\/RELEASE_ARM64_S5L8960X Last release for iPad 2 (Wi-Fi)
9.3.6 Last release for iPad 2 (Wi-Fi + Cellular)
10.0 beta Darwin Kernel Version 16.0.0: Wed May 25 21:19:24 PDT 2016; root:xnu-3705.0.0.2.3~1\/RELEASE_ARM64_S8000
10.0 beta 2 Darwin Kernel Version 16.0.0: Tue Jun 28 21:38:14 PDT 2016; root:xnu-3757~291\/RELEASE_ARM64_S8000
10.0 beta 3 Darwin Kernel Version 16.0.0: Sat Jul 9 23:57:18 PDT 2016; root:xnu-3777.0.0.0.1~28\/RELEASE_ARM64_S8000
10.0 beta 4 Darwin Kernel Version 16.0.0: Wed Jul 27 19:44:34 PDT 2016; root:xnu-3789.1.4.2.1~1\/RELEASE_ARM64_S8000
10.0 beta 5 Darwin Kernel Version 16.0.0: Fri Aug 5 22:15:30 PDT 2016; root:xnu-3789.1.24~11\/RELEASE_ARM64_S8000
10.0 beta 6 Darwin Kernel Version 16.0.0: Wed Aug 10 21:55:58 PDT 2016; root:xnu-3789.2.2~4\/RELEASE_ARM64_S8000
10.0 beta 7
10.0 beta 8
10.0 Darwin Kernel Version 16.0.0: Wed Aug 10 22:33:10 PDT 2016; root:xnu-3789.2.2~3\/RELEASE_ARM64_T8010
10.0.1 GM Darwin Kernel Version 16.0.0: Sun Aug 28 20:36:54 PDT 2016; root:xnu-3789.2.4~3\/RELEASE_ARM64_S8000
10.0.1
10.0.2
10.1 beta Darwin Kernel Version 16.1.0: Fri Sep 16 03:53:22 PDT 2016; root:xnu-3789.20.46~54\/RELEASE_ARM64_S8000
10.1 beta 2 Darwin Kernel Version 16.1.0: Thu Sep 29 21:56:12 PDT 2016; root:xnu-3789.22.3~1\/RELEASE_ARM64_S8000
10.1 beta 3
10.1 beta 4
10.1
10.1.1
10.2 beta Darwin Kernel Version 16.3.0: Sun Oct 23 20:18:32 PDT 2016; root:xnu-3789.30.76~6\/RELEASE_ARM64_S8000
10.2 beta 2 Darwin Kernel Version 16.3.0: Tue Nov 1 22:23:11 PDT 2016; root:xnu-3789.30.86~54\/RELEASE_ARM64_S8000
10.2 beta 3 Darwin Kernel Version 16.3.0: Mon Nov 7 22:58:42 PST 2016; root:xnu-3789.30.92~36\/RELEASE_ARM64_S8000
10.2 beta 4 Darwin Kernel Version 16.3.0: Mon Nov 7 19:32:10 PST 2016; root:xnu-3789.30.92~29\/RELEASE_ARM64_S8000
10.2 beta 5 Darwin Kernel Version 16.3.0: Tue Nov 29 21:40:09 PST 2016; root:xnu-3789.32.1~4\/RELEASE_ARM64_S8000
10.2 beta 6
10.2 beta 7
10.2
10.2.1 beta Darwin Kernel Version 16.3.0: Thu Dec 1 19:49:21 PST 2016; root:xnu-3789.42.1~1\/RELEASE_ARM64_S8000
10.2.1 beta 2 Darwin Kernel Version 16.3.0: Thu Dec 15 22:41:46 PST 2016; root:xnu-3789.42.2~1\/RELEASE_ARM64_S8000
10.2.1 beta 3
10.2.1 beta 4
10.2.1
10.3 beta Darwin Kernel Version 16.5.0: Mon Jan 16 21:43:53 PST 2017; root:xnu-3789.50.189~28\/RELEASE_ARM64_T8010
10.3 beta 2 Kernel Version 16.5.0: Tue Jan 31 21:09:24 PST 2017; root:xnu-3789.50.195.1.1~2/RELEASE_ARM_S5L8950X
10.3 beta 3 Darwin Kernel Version 16.5.0: Fri Feb 10 22:11:20 PST 2017; root:xnu-3789.50.208~47/RELEASE_ARM_S5L8950X
10.3 beta 4 Darwin Kernel Version 16.5.0: Thu Feb 23 23:48:09 PST 2017; root:xnu-3789.52.2~9\/RELEASE_ARM64_S8000
10.3 beta 5
10.3 beta 6
10.3 beta 7
10.3 Darwin Kernel Version 16.5.0: Thu Feb 23 23:22:54 PST 2017; root:xnu-3789.52.2~7\/RELEASE_ARM64_S8000
10.3.1
10.3.2 beta Darwin Kernel Version 16.6.0: Mon Mar 20 22:28:31 PDT 2017; root:xnu-3789.60.12~10\/RELEASE_ARM64_S8000
10.3.2 beta 2 Darwin Kernel Version 16.6.0: Tue Apr 4 21:19:08 PDT 2017; root:xnu-3789.60.15~13\/RELEASE_ARM64_S8000
10.3.2 beta 3 Darwin Kernel Version 16.6.0: Tue Apr 11 22:03:42 PDT 2017; root:xnu-3789.60.20~11\/RELEASE_ARM64_S8000
10.3.2 beta 4 Darwin Kernel Version 16.6.0: Mon Apr 17 20:33:39 PDT 2017; root:xnu-3789.60.24~25/RELEASE_ARM64_S8000
10.3.2 beta 5
10.3.2 Darwin Kernel Version 16.6.0: Mon Apr 17 17:33:34 PDT 2017; root:xnu-3789.60.24~24/RELEASE_ARM_S8000
10.3.3 beta Darwin Kernel Version 16.7.0: Mon May 8 21:45:24 PDT 2017; root:xnu-3789.70.9~13/RELEASE_ARM64_T7000
10.3.3 beta 2 Darwin Kernel Version 16.7.0: Wed May 24 22:28:55 PDT 2017; root:xnu-3789.70.11~6/RELEASE_ARM64_S5L8960X
10.3.3 beta 3 Darwin Kernel Version 16.7.0: Tue Jun 6 21:56:23 PDT 2017; root:xnu-3789.70.15~6/RELEASE_ARM64_T8010
10.3.3 beta 4 Darwin Kernel Version 16.7.0: Thu Jun 15 22:48:15 PDT 2017; root:xnu-3789.70.16~6/RELEASE_ARM64_S8000
10.3.3 beta 5 Darwin Kernel Version 16.7.0: Thu Jun 15 22:48:16 PDT 2017; root:xnu-3789.70.16~6/RELEASE_ARM64_T8010
10.3.3 beta 6 Darwin Kernel Version 16.7.0: Thu Jun 15 18:33:36 PDT 2017; root:xnu-3789.70.16~4/RELEASE_ARM64_S8000
10.3.3
10.3.4 Darwin Kernel Version 16.7.0: Wed Jul 26 11:08:56 PDT 2017; root:xnu-3789.70.16~21/RELEASE_ARM_S5L8950X Last release for all 32-bit iDevices (iPad (4th generation), iPhone 5, etc.)
11.0 beta Darwin Kernel Version 17.0.0: Sat May 27 21:47:07 PDT 2017; root:xnu-4397.0.0.2.4~1/RELEASE_ARM64_S8000
11.0 beta 2 Darwin Kernel Version 17.0.0: Tue Jun 13 21:19:50 PDT 2017; root:xnu-4481.0.0.2.1~1/RELEASE_ARM64_S8000
11.0 beta 3 Darwin Kernel Version 17.0.0: Thu Jun 29 22:31:39 PDT 2017; root:xnu-4532.0.0.0.1~30/RELEASE_ARM64_T7000
11.0 beta 4 Darwin Kernel Version 17.0.0: Thu Jul 20 19:49:59 PDT 2017; root:xnu-4556.0.0.2.5~1/RELEASE_ARM64_S5L8960X
11.0 beta 5 Darwin Kernel Version 17.0.0: Tue Aug 1 21:11:37 PDT 2017; root:xnu-4570.1.24.2.3~1/RELEASE_ARM64_T8010
11.0 beta 6 Darwin Kernel Version 17.0.0: Wed Aug 9 22:41:48 PDT 2017; root:xnu-4570.2.3~8/RELEASE_ARM64_T8010
11.0 beta 7 Darwin Kernel Version 17.0.0: Fri Aug 18 20:14:27 PDT 2017; root:xnu-4570.2.5~84/RELEASE_ARM64_T8010
11.0 beta 8
11.0 beta 9
11.0 beta 10
11.0 GM Darwin Kernel Version 17.0.0: Fri Sep 1 14:59:17 PDT 2017; root:xnu-4570.2.5~167/RELEASE_ARM64_S8000
11.0
11.0.1
11.0.2
11.0.3
11.1 beta Darwin Kernel Version 17.2.0: Sun Sep 17 22:21:07 PDT 2017; root:xnu-4570.20.55~10/RELEASE_ARM64_T8015
11.1 beta 2 Darwin Kernel Version 17.2.0: Sat Sep 30 23:14:15 PDT 2017; root:xnu-4570.20.62~9/RELEASE_ARM64_T8015
11.1 beta 3
11.1 beta 4 Darwin Kernel Version 17.2.0: Fri Sep 29 18:14:51 PDT 2017; root:xnu-4570.20.62~4/RELEASE_ARM64_T8015
11.1 beta 5
11.1
11.1.1
11.1.2
11.2 beta Darwin Kernel Version 17.3.0: Wed Oct 25 19:27:20 PDT 2017; root:xnu-4570.30.79~22/RELEASE_ARM64_T8015
11.2 beta 2 Darwin Kernel Version 17.3.0: Sun Oct 29 17:18:38 PDT 2017; root:xnu-4570.30.85~18/RELEASE_ARM64_T8015
11.2 beta 3 Darwin Kernel Version 17.3.0: Mon Nov 6 22:29:20 PST 2017; root:xnu-4570.32.1~2/RELEASE_ARM64_T8015
11.2 beta 4
11.2 beta 5
11.2 beta 6 Darwin Kernel Version 17.3.0: Mon Nov 6 21:19:16 PST 2017; root:xnu-4570.32.1~1/RELEASE_ARM64_T8015
11.2
11.2.1
11.2.2
11.2.5 beta Darwin Kernel Version 17.4.0: Sat Dec 2 21:26:33 PST 2017; root:xnu-4570.40.6~8/RELEASE_ARM64_T8015
11.2.5 beta 2 Darwin Kernel Version 17.4.0: Wed Dec 13 22:51:57 PST 2017; root:xnu-4570.40.9~7/RELEASE_ARM64_T8015
11.2.5 beta 3
11.2.5 beta 4
11.2.5 beta 5
11.2.5 beta 6
11.2.5 beta 7 Darwin Kernel Version 17.4.0: Fri Dec 8 19:35:51 PST 2017; root:xnu-4570.40.9~1/RELEASE_ARM64_T8015
11.2.5
11.2.6
11.3 beta Darwin Kernel Version 17.5.0: Sat Jan 13 00:03:04 PST 2018; root:xnu-4570.50.243~9/RELEASE_ARM64_T8015
11.3 beta 2 Darwin Kernel Version 17.5.0: Fri Jan 26 22:56:33 PST 2018; root:xnu-4570.50.257~6/RELEASE_ARM64_T8015
11.3 beta 3 Darwin Kernel Version 17.5.0: Sat Feb 10 17:01:35 PST 2018; root:xnu-4570.50.279~9/RELEASE_ARM64_T8015
11.3 beta 4 Darwin Kernel Version 17.5.0: Sat Feb 24 20:24:10 PST 2018; root:xnu-4570.50.294~5/RELEASE_ARM64_T8015
11.3 beta 5 Darwin Kernel Version 17.5.0: Tue Mar 6 20:47:58 PST 2018; root:xnu-4570.52.2~3/RELEASE_ARM64_T8015
11.3 beta 6
11.3 Darwin Kernel Version 17.5.0: Tue Mar 13 21:32:11 PDT 2018; root:xnu-4570.52.2~8/RELEASE_ARM64_T8010
11.3.1
11.4 beta Darwin Kernel Version 17.5.0: Sun Mar 25 20:49:19 PDT 2018; root:xnu-4570.60.10.0.1~16/RELEASE_ARM64_T8015
11.4 beta 2 Darwin Kernel Version 17.6.0: Thu Apr 5 22:33:56 PDT 2018; root:xnu-4570.60.16~9/RELEASE_ARM64_T8015
11.4 beta 3 Darwin Kernel Version 17.6.0: Sun Apr 22 03:29:53 PDT 2018; root:xnu-4570.60.19~25/RELEASE_ARM64_T8015
11.4 beta 4 Darwin Kernel Version 17.6.0: Tue May 1 16:16:12 PDT 2018; root:xnu-4570.60.21~7/RELEASE_ARM64_T8015
11.4 beta 5
11.4 beta 6
11.4 Darwin Kernel Version 17.6.0: Mon Apr 30 18:48:32 PDT 2018; root:xnu-4570.60.21~3/RELEASE_ARM64_T8015
11.4.1 beta Darwin Kernel Version 17.7.0: Mon May 21 19:02:13 PDT 2018; root:xnu-4570.70.14~16/RELEASE_ARM64_T8015
11.4.1 beta 2 Darwin Kernel Version 17.7.0: Sun Jun 3 20:38:12 PDT 2018; root:xnu-4570.70.19~13/RELEASE_ARM64_T8015
11.4.1 beta 3 Darwin Kernel Version 17.7.0: Tue Jun 12 20:37:30 PDT 2018; root:xnu-4570.70.24~9/RELEASE_ARM64_T8015
11.4.1 beta 4
11.4.1 beta 5
11.4.1 Darwin Kernel Version 17.7.0: Mon Jun 11 19:06:27 PDT 2018; root:xnu-4570.70.24~3/RELEASE_ARM64_T8015
12.0 beta Darwin Kernel Version 18.0.0: Fri May 25 21:25:37 PDT 2018; root:xnu-4903.200.199.12.3~1/RELEASE_ARM64_T8015
12.0 beta 2 Darwin Kernel Version 18.0.0: Wed Jun 13 21:04:46 PDT 2018; root:xnu-4903.200.249.22.3~1/RELEASE_ARM64_T8015
12.0 beta 3 Darwin Kernel Version 18.0.0: Tue Jun 26 21:06:03 PDT 2018; root:xnu-4903.200.274.32.3~1/RELEASE_ARM64_T8015
12.0 beta 4 Darwin Kernel Version 18.0.0: Mon Jul 9 21:17:19 PDT 2018; root:xnu-4903.200.304.42.1~1/RELEASE_ARM64_T8015
12.0 beta 5 Darwin Kernel Version 18.0.0: Wed Jul 25 22:51:45 PDT 2018; root:xnu-4903.200.327.52.1~1/RELEASE_ARM64_T8015
12.0 beta 6 Darwin Kernel Version 18.0.0: Wed Aug 1 21:11:01 PDT 2018; root:xnu-4903.200.342.62.3~1/RELEASE_ARM64_T8015
12.0 beta 7 Darwin Kernel Version 18.0.0: Sun Aug 5 21:44:00 PDT 2018; root:xnu-4903.200.354~11/RELEASE_ARM64_T8015
12.0 beta 8 Darwin Kernel Version 18.0.0: Fri Aug 10 21:57:57 PDT 2018; root:xnu-4903.202.1~2/RELEASE_ARM64_T8015
12.0 beta 9 Darwin Kernel Version 18.0.0: Wed Aug 15 21:51:15 PDT 2018; root:xnu-4903.202.2~2/RELEASE_ARM64_T8015
12.0 beta 10
12.0 beta 11
12.0 beta 12
12.0 GM Darwin Kernel Version 18.0.0: Tue Aug 14 22:07:16 PDT 2018; root:xnu-4903.202.2~1/RELEASE_ARM64_T8015
12.0
12.0.1
12.1 beta Darwin Kernel Version 18.2.0: Mon Sep 10 22:05:56 PDT 2018; root:xnu-4903.220.42~21/RELEASE_ARM64_T8015
12.1 beta 2 Darwin Kernel Version 18.2.0: Sun Sep 23 20:16:38 PDT 2018; root:xnu-4903.220.48~40/RELEASE_ARM64_T8015
12.1 beta 3 Darwin Kernel Version 18.2.0: Wed Oct 3 02:49:20 PDT 2018; root:xnu-4903.222.1~7/RELEASE_ARM64_T8015
12.1 beta 4 Darwin Kernel Version 18.2.0: Tue Oct 9 18:52:50 PDT 2018; root:xnu-4903.222.4~3/RELEASE_ARM64_T8015
12.1 beta 5 Darwin Kernel Version 18.2.0: Tue Oct 16 22:15:34 PDT 2018; root:xnu-4903.222.5~3/RELEASE_ARM64_T8015
12.1 Darwin Kernel Version 18.2.0: Tue Oct 16 21:02:33 PDT 2018; root:xnu-4903.222.5~1/RELEASE_ARM64_T8015
12.1.1 beta Darwin Kernel Version 18.2.0: Thu Oct 25 21:36:46 PDT 2018; root:xnu-4903.230.15~8/RELEASE_ARM64_T8015
12.1.1 beta 2 Darwin Kernel Version 18.2.0: Sat Nov 3 03:45:48 PDT 2018; root:xnu-4903.232.1~3/RELEASE_ARM64_T8015
12.1.1 beta 3 Darwin Kernel Version 18.2.0: Mon Nov 12 21:07:36 PST 2018; root:xnu-4903.232.2~2/RELEASE_ARM64_T8020
12.1.1 Darwin Kernel Version 18.2.0: Mon Nov 12 20:32:01 PST 2018; root:xnu-4903.232.2~1/RELEASE_ARM64_T8020
12.1.2 beta Darwin Kernel Version 18.2.0: Sun Dec 2 20:53:08 PST 2018; root:xnu-4903.240.8~8/RELEASE_ARM64_T8015
12.1.2 Darwin Kernel Version 18.2.0: Mon Nov 12 20:32:01 PST 2018; root:xnu-4903.232.2~1/RELEASE_ARM64_T8020
12.1.3 beta 2 Darwin Kernel Version 18.2.0: Sun Dec 16 20:44:43 PST 2018; root:xnu-4903.240.10~8/RELEASE_ARM64_T8020
12.1.3 beta 3 Darwin Kernel Version 18.2.0: Wed Dec 19 22:27:19 PST 2018; root:xnu-4903.242.2~2/RELEASE_ARM64_T8020
12.1.3 beta 4
12.1.3 Darwin Kernel Version 18.2.0: Wed Dec 19 20:28:53 PST 2018; root:xnu-4903.242.2~1/RELEASE_ARM64_T8020
12.1.4
12.2 beta Darwin Kernel Version 18.5.0: Sun Jan 13 21:01:59 PST 2019; root:xnu-4903.250.305~10/RELEASE_ARM64_T8020
12.2 beta 2 Darwin Kernel Version 18.5.0: Wed Jan 30 19:26:26 PST 2019; root:xnu-4903.250.319~58/RELEASE_ARM64_T8020
12.2 beta 3 Darwin Kernel Version 18.5.0: Sun Feb 10 20:48:56 PST 2019; root:xnu-4903.250.336.0.1~10/RELEASE_ARM64_T8020
12.2 beta 4 Darwin Kernel Version 18.5.0: Sun Feb 24 21:50:15 PST 2019; root:xnu-4903.250.349~13/RELEASE_ARM64_T8020
12.2 beta 5 Darwin Kernel Version 18.5.0: Tue Mar 5 21:34:09 PST 2019; root:xnu-4903.252.2~2/RELEASE_ARM64_T8020
12.2 beta 6
12.2 Darwin Kernel Version 18.5.0: Tue Mar 5 19:52:18 PST 2019; root:xnu-4903.252.2~1/RELEASE_ARM64_T8020
12.3 beta Darwin Kernel Version 18.6.0: Mon Mar 18 23:03:29 PDT 2019; root:xnu-4903.260.65.100.1~2/RELEASE_ARM64_T8015
12.3 beta 2 Darwin Kernel Version 18.6.0: Mon Apr 1 21:12:58 PDT 2019; root:xnu-4903.260.74.100.1~1/RELEASE_ARM64_T8020
12.3 beta 3 Darwin Kernel Version 18.6.0: Thu Apr 18 19:45:13 PDT 2019; root:xnu-4903.260.85.0.2~1/RELEASE_ARM64_T8020
12.3 beta 4 Darwin Kernel Version 18.6.0: Thu Apr 25 23:57:27 PDT 2019; root:xnu-4903.262.2~3/RELEASE_ARM64_T8015
12.3 beta 5
12.3 beta 6
12.3 Darwin Kernel Version 18.6.0: Thu Apr 25 22:14:10 PDT 2019; root:xnu-4903.262.2~2/RELEASE_ARM64_T8020
12.3.1 (12F203)
12.3.1 (12F8202) Darwin Kernel Version 18.6.0: Thu May 9 15:45:33 PDT 2019; root:xnu-4903.262.2~4/RELEASE_ARM64_T8010
12.3.2 Darwin Kernel Version 18.6.0: Thu Apr 25 22:14:08 PDT 2019; root:xnu-4903.262.2~2/RELEASE_ARM64_T8015
12.4 beta Darwin Kernel Version 18.6.0: Tue May 7 23:38:12 PDT 2019; root:xnu-4903.270.19.100.1~3/RELEASE_ARM64_T8020
12.4 beta 2
12.4 beta 3 Darwin Kernel Version 18.7.0: Tue May 21 01:53:36 PDT 2019; root:xnu-4903.270.29~10/RELEASE_ARM64_T8020
12.4 beta 4 Darwin Kernel Version 18.7.0: Wed Jun 5 21:04:51 PDT 2019; root:xnu-4903.270.37~24/RELEASE_ARM64_T8020
12.4 beta 5 Darwin Kernel Version 18.7.0: Fri Jun 14 21:12:14 PDT 2019; root:xnu-4903.270.38~24/RELEASE_ARM64_T8020
12.4 beta 6 Darwin Kernel Version 18.7.0: Tue Jun 25 22:53:57 PDT 2019; root:xnu-4903.270.47~11/RELEASE_ARM64_T8020
12.4 beta 7
12.4 Darwin Kernel Version 18.7.0: Fri Jun 21 22:24:16 PDT 2019; root:xnu-4903.270.47~7/RELEASE_ARM64_T8015
12.4.1 Darwin Kernel Version 18.7.0: Mon Aug 19 22:24:08 PDT 2019; root:xnu-4903.272.1~1/RELEASE_ARM64_T8020
12.4.2 Darwin Kernel Version 18.7.0: Mon Aug 19 22:24:08 PDT 2019; root:xnu-4903.272.1~1/RELEASE_ARM64_T7000
12.4.3
12.4.4
12.4.5
12.4.6
12.4.7
12.4.8 Last release for iPhone 5S, iPhone 6, iPad Air, iPad mini 2, and iPad mini 3
13.0 beta Darwin Kernel Version 19.0.0: Tue May 21 03:52:25 PDT 2019; root:xnu-6041.0.0.112.1~1/RELEASE_ARM64_T8020
13.0 beta 2 Darwin Kernel Version 19.0.0: Sun Jun 9 18:57:16 PDT 2019; root:xnu-6110.0.0.120.8~3/RELEASE_ARM64_T8020
13.0 beta 3 Darwin Kernel Version 19.0.0: Thu Jun 27 20:08:29 PDT 2019; root:xnu-6153.0.13.132.4~1/RELEASE_ARM64_T8020
13.0 beta 4 Darwin Kernel Version 19.0.0: Tue Jul 9 00:52:55 PDT 2019; root:xnu-6153.0.59.0.2~63/RELEASE_ARM64_T8020
13.0 beta 5 Darwin Kernel Version 19.0.0: Sun Jul 21 19:17:20 PDT 2019; root:xnu-6153.0.98.0.2~30/RELEASE_ARM64_T8020
13.0 beta 6 Darwin Kernel Version 19.0.0: Tue Jul 30 23:56:43 PDT 2019; root:xnu-6153.0.103.8~3/RELEASE_ARM64_T8020
13.0 beta 7 Darwin Kernel Version 19.0.0: Fri Aug 9 23:13:23 PDT 2019; root:xnu-6153.0.103.11~2/RELEASE_ARM64_T8020
13.0 beta 8 Darwin Kernel Version 19.0.0: Thu Aug 15 21:21:27 PDT 2019; root:xnu-6153.0.103.12~3/RELEASE_ARM64_T8020
13.0 GM Darwin Kernel Version 19.0.0: Mon Aug 12 20:19:35 PDT 2019; root:xnu-6153.0.103.12~1/RELEASE_ARM64_T8015
13.0
13.1 beta Darwin Kernel Version 19.0.0: Sun Aug 18 23:18:25 PDT 2019; root:xnu-6153.0.166~14/RELEASE_ARM64_T8015
13.1 beta 2 Darwin Kernel Version 19.0.0: Thu Aug 29 23:02:07 PDT 2019; root:xnu-6153.2.2~5/RELEASE_ARM64_T8020
13.1 beta 3 Darwin Kernel Version 19.0.0: Fri Sep 6 09:12:32 PDT 2019; root:xnu-6153.2.3~7/RELEASE_ARM64_T8015
13.1 beta 4
13.1 Darwin Kernel Version 19.0.0: Tue Sep 3 21:52:14 PDT 2019; root:xnu-6153.2.3~2/RELEASE_ARM64_T8030
13.1.1
13.1.2
13.1.3
13.2 beta Darwin Kernel Version 19.0.0: Sun Sep 22 21:45:32 PDT 2019; root:xnu-6153.40.121.0.1~23/RELEASE_ARM64_T8020
13.2 beta 2 Darwin Kernel Version 19.0.0: Thu Oct 3 23:49:24 PDT 2019; root:xnu-6153.40.150.100.1~1/RELEASE_ARM64_T8030
13.2 beta 3 Darwin Kernel Version 19.0.0: Fri Oct 11 02:14:05 PDT 2019; root:xnu-6153.42.1~3/RELEASE_ARM64_T8010
13.2 beta 4
13.2 Darwin Kernel Version 19.0.0: Wed Oct 9 22:42:11 PDT 2019; root:xnu-6153.42.1~1/RELEASE_ARM64_T8030
13.2.2
13.2.3
13.3 beta Darwin Kernel Version 19.2.0: Thu Oct 31 02:33:36 PDT 2019; root:xnu-6153.60.58.0.1~22/RELEASE_ARM64_T8010
13.3 beta 2 Darwin Kernel Version 19.2.0: Wed Nov 6 02:29:57 PST 2019; root:xnu-6153.60.66~54/RELEASE_ARM64_T8030
13.3 beta 3 Darwin Kernel Version 19.2.0: Tue Nov 12 22:06:16 PST 2019; root:xnu-6153.60.66~63/RELEASE_ARM64_T8030
13.3 beta 4
13.3 Darwin Kernel Version 19.2.0: Mon Nov 4 17:44:49 PST 2019; root:xnu-6153.60.66~39/RELEASE_ARM64_T8010
13.3.1 beta Darwin Kernel Version 19.3.0: Sun Dec 8 21:03:13 PST 2019; root:xnu-6153.80.8.0.1~13/RELEASE_ARM64_T8010
13.3.1 beta 2 Darwin Kernel Version 19.3.0: Thu Jan 9 22:14:53 PST 2020; root:xnu-6153.82.3~2/RELEASE_ARM64_T8010
13.3.1 beta 3
13.3.1 Darwin Kernel Version 19.3.0: Thu Jan 9 21:10:55 PST 2020; root:xnu-6153.82.3~1/RELEASE_ARM64_T8010
13.4 beta Darwin Kernel Version 19.4.0: Wed Jan 29 20:44:26 PST 2020; root:xnu-6153.100.178.100.2~4/RELEASE_ARM64_T8010
13.4 beta 2 Darwin Kernel Version 19.4.0: Tue Feb 11 21:22:30 PST 2020; root:xnu-6153.100.196~52/RELEASE_ARM64_T8010
13.4 beta 3 Darwin Kernel Version 19.4.0: Thu Feb 20 00:09:27 PST 2020; root:xnu-6153.102.2~1/RELEASE_ARM64_T8010
13.4 beta 4 Darwin Kernel Version 19.4.0: Wed Feb 26 00:59:07 PST 2020; root:xnu-6153.102.3~5/RELEASE_ARM64_T8010
13.4 beta 5 Darwin Kernel Version 19.4.0: Wed Feb 26 00:59:07 PST 2020; root:xnu-6153.102.3~5/RELEASE_ARM64_T8010
13.4 beta 6 Darwin Kernel Version 19.4.0: Mon Feb 24 22:04:12 PST 2020; root:xnu-6153.102.3~1/RELEASE_ARM64_T8010
13.4
13.4.1
13.4.5 beta Darwin Kernel Version 19.5.0: Tue Mar 24 15:35:36 PDT 2020; root:xnu-6153.120.15~29/RELEASE_ARM64_T8010
13.4.5 beta 2 Darwin Kernel Version 19.5.0: Sun Apr 5 22:05:12 PDT 2020; root:xnu-6153.120.27~19/RELEASE_ARM64_T8027
13.5 beta 3 Darwin Kernel Version 19.5.0: Sun Apr 19 23:40:03 PDT 2020; root:xnu-6153.120.31~15/RELEASE_ARM64_T8010
13.5 beta 4 Darwin Kernel Version 19.5.0: Wed Apr 29 21:33:50 PDT 2020; root:xnu-6153.122.1~2/RELEASE_ARM64_T8027
13.5 GM Darwin Kernel Version 19.5.0: Tue Apr 28 22:25:26 PDT 2020; root:xnu-6153.122.1~1/RELEASE_ARM64_T8010
13.5
13.5.1 Darwin Kernel Version 19.5.0: Tue May 26 20:56:04 PDT 2020; root:xnu-6153.122.2~1/RELEASE_ARM64_S8000
13.5.5 beta Darwin Kernel Version 19.6.0: Sun May 17 23:49:11 PDT 2020; root:xnu-6153.140.21~11/RELEASE_ARM64_T8010
13.6 beta 2 Darwin Kernel Version 19.6.0: Tue Jun 2 23:09:45 PDT 2020; root:xnu-6153.140.27.0.1~17/RELEASE_ARM64_T8010
13.6 beta 3 Darwin Kernel Version 19.6.0: Sun Jun 21 23:18:41 PDT 2020; root:xnu-6153.142.1~3/RELEASE_ARM64_T8010
13.6 GM Darwin Kernel Version 19.6.0: Sat Jun 27 04:36:25 PDT 2020; root:xnu-6153.142.1~4/RELEASE_ARM64_T8030
13.6
13.6.1
13.7 beta Darwin Kernel Version 19.6.0: Sat Jul 11 00:58:54 PDT 2020; root:xnu-6153.142.1~8/RELEASE_ARM64_T8010
14.0 beta Darwin Kernel Version 20.0.0: Thu Jun 11 21:44:34 PDT 2020; root:xnu-7090.0.0.112.4~2/RELEASE_ARM64_T8010
14.0 beta 2 Darwin Kernel Version 20.0.0: Tue Jun 30 22:45:10 PDT 2020; root:xnu-7147.0.0.122.1~2/RELEASE_ARM64_T8015
14.0 beta 3 Darwin Kernel Version 20.0.0: Mon Jul 13 22:51:19 PDT 2020; root:xnu-7168.0.0.132.1~1/RELEASE_ARM64_T8030
14.0 beta 4 Darwin Kernel Version 20.0.0: Mon Jul 27 02:44:58 PDT 2020; root:xnu-7195.0.8.0.1~21/RELEASE_ARM64_T8015
14.0 beta 5 Darwin Kernel Version 20.0.0: Wed Aug 12 22:56:55 PDT 2020; root:xnu-7195.0.33~64/RELEASE_ARM64_T8010
14.0 beta 6 Darwin Kernel Version 20.0.0: Mon Aug 17 09:09:19 PDT 2020; root:xnu-7195.0.41~15/RELEASE_ARM64_S8000
14.0 beta 7 Darwin Kernel Version 20.0.0: Wed Aug 26 23:29:06 PDT 2020; root:xnu-7195.0.46~3/RELEASE_ARM64_T8015
14.0 beta 8
14.0 GM Darwin Kernel Version 20.0.0: Fri Aug 28 23:05:58 PDT 2020; root:xnu-7195.0.46~9/RELEASE_ARM64_S8000
14.0
14.0.1
14.1 GM Darwin Kernel Version 20.0.0: Wed Sep 30 03:24:26 PDT 2020; root:xnu-7195.0.46~41/RELEASE_ARM64_T8101
14.1
14.2 beta Darwin Kernel Version 20.1.0: Fri Sep 11 19:19:05 PDT 2020; root:xnu-7195.40.84.172.1~2/RELEASE_ARM64_T8015
14.2 beta 2 Darwin Kernel Version 20.1.0: Mon Sep 21 00:08:44 PDT 2020; root:xnu-7195.40.113.0.2~22/RELEASE_ARM64_T8015
14.2 beta 3 Darwin Kernel Version 20.1.0: Wed Oct 7 00:36:56 PDT 2020; root:xnu-7195.40.141~32/RELEASE_ARM64_T8015
14.2 beta 4 Darwin Kernel Version 20.1.0: Tue Oct 13 09:52:10 PDT 2020; root:xnu-7195.40.143~17/RELEASE_ARM64_T8015
14.2 RC Darwin Kernel Version 20.1.0: Thu Oct 22 12:48:34 PDT 2020; root:xnu-7195.42.1~1/RELEASE_ARM64_T8101

カーネルイメージ

カーネルイメージベースは、ブートローダー(iBoot)によってランダム化されます。これは、ランダムデータを作成し、そのデータのSHA-1ハッシュを実行してから、カーネルスライドにSHA-1ハッシュのバイトを使用することによって行われます。スライドは次の式で計算されます。

base = 0x01000000 +(slide_byte * 0x00200000)

スライドが0の場合、代わりに0x21000000の静的オフセットが使用されます。

調整されたベースは、オフセットのブート引数構造でカーネルに渡されます0x04。これは、gBootArgs-> virtBaseと同等です。

カーネルマップ

カーネルマップは、すべてのタイプ(、、など)のカーネル割り当てに使用され、kalloc()すべてのカーネル空間( - )kernel_memory_allocate()にまたがりますカーネルベースのマップは、などのサブマップです0x800000000xFFFEFFFFkernel_mapzone_mapipc_kernel_map

戦略は、のベースをランダム化することkernel_mapです。kmem_init()ランダムな9ビット値が生成され、その直後にkernel_map、がページサイズで乗算されます。結果の値は、初期kernel_map割り当てのサイズとして使用されます。将来のkernel_map(およびサブマップ)割り当ては、ランダムな量だけ進められます。割り当ては、最初のガベージコレクション後にサイレントに削除され、再利用されます。kmapoffこの動作は、 " "ブートパラメータ で上書きできます。

攻撃

Kext_request()アプリケーションがカーネルモジュールに関する情報を要求できるようにし、アクティブ操作とパッシブ操作に分けます。アクティブな操作(ロード、アンロード、開始、停止など)には、ルートアクセスが必要です。iOSは、カーネル拡張機能をロードする機能を削除します。パッシブ操作は元々(iOS 6より前は)制限がなく、特権のないユーザーがカーネルモジュールのベースアドレスを照会できるようにしていました。iOS6はうっかりしていくつかの制限を取り除いた。ロードアドレス要求のみが許可されていません。そのため、攻撃者はkKextRequestPredicateGetLoadedロードアドレスとmach-oヘッダーダンプを取得するために使用できます。ロードアドレスとmach-oセグメントヘッダーはASLRスライドを非表示にするために隠されていますが、mach-oセクションヘッダーは隠されていません。これにより、ロードされたカーネルセクションの仮想アドレスが明らかになります。

この情報漏えいはiOS6.0.1で解消されました。

バージョンコードネーム

内部的には、iOSはコードネームで各バージョンを識別します。コードネームは、通常、プロジェクトの機密性を維持するために内部でのみ使用されます。たとえば、iOS14のコードネームAzulです。

脱獄

最初のリリース以来、iOSは、Appleで許可されていない機能の追加を中心としたさまざまなハッキングの対象となってきました。[190] AppleのネイティブiOSApp Storeが2008年にデビューする前は、脱獄の主な動機は、AppStoreのネイティブアプリケーションをインストールするためのAppleの購入メカニズムをバイパスすることでした。[191] Appleは、これらのツールを破壊するために特別に設計されたiOSソフトウェアアップデート( SIMロック解除を実行するアプリケーションを除く)をリリースしないと主張しましたただし、その後のiOSアップデートごとに、以前にパッチが適用されていないジェイルブレイクエクスプロイトにパッチが適用されます。[192]

デバイスが起動すると、最初にApple独自のカーネルが読み込まれるため、ジェイルブレイクされたデバイスを悪用し、起動するたびにカーネルにパッチを適用する必要があります。

脱獄にはさまざまな種類があります。アンテザードジェイルブレイクは、ユーザーがデバイスの電源をオフにしてからオンに戻すことができるほど強力なエクスプロイトを使用し、デバイスは完全に起動します。カーネルは、コンピューターの助けを借りずにパッチが適用されます。再起動するたびにジェイルブレイクされます。

ただし、一部の脱獄はつながれています。テザージェイルブレイクは、シングルブート中にデバイスを一時的にジェイルブレイクすることしかできません。ユーザーがデバイスの電源をオフにしてから、ジェイルブレイクツールを使用せずに再起動すると、デバイスはパッチが適用されたカーネルを実行しなくなり、リカバリモードなどの部分的に開始された状態でスタックする可能性があります。デバイスを完全に起動し、パッチを適用したカーネルを使用するには、電源を入れるたびに(ツールの「ブートテザー」機能を使用して)コンピューターで「再ジェイルブレイク」する必要があります。デバイス上のファイルへのすべての変更(インストールされたパッケージファイルや編集されたシステムファイルなど)は、デバイスがジェイルブレイクされた場合にのみ機能する変更(インストールされたパッケージファイルなど)を含め、再起動間も保持されます。

最近では、セミテザーとセミアンテザーの2つのソリューションが作成されます

セミテザーソリューションは、デバイスがそれ自体で起動できるが、パッチが適用されたカーネルがなくなるため、変更されたコードを実行できないソリューションです。ただし、ストックiOSと同様に、通常の機能には引き続き使用できます。パッチが適用されたカーネルで開始するには、ユーザーはジェイルブレイクツールを使用してデバイスを起動する必要があります。

セミアンテザードジェイルブレイクは、デバイスを単独で起動する機能を提供します。最初の起動時に、デバイスはパッチが適用されたカーネルを実行しません。ただし、カーネルパッチを適用するためにコンピューターからツールを実行する必要はなく、ユーザーはデバイスで実行されているアプリ(通常はCydia Impactorを使用してサイドロード)を使用してデバイスを再ジェイルブレイクできます。iOS 9.2-9.3.3の脱獄の場合、Safariベースのエクスプロイトが利用可能でした。これは、Webサイトを使用して脱獄できることを意味します。

詳細:各iOSデバイスには、信頼できる/署名されたコードのみがロードされていることを確認しようとするブートチェーンがあります。テザージェイルブレイクを備えたデバイスは、ジェイルブレイクツールを使用して起動できます。これは、ツールがUSBを介してエクスプロイトを実行し、その「信頼の鎖」の一部をバイパスし、pwned(署名チェックなし)iBSSiBEC、またはiBootを使用して、起動プロセスを終了します。

AppleのネイティブiOSApp Storeと、それに伴うサードパーティアプリケーションの登場以来、脱獄の一般的な動機は変化しました。[193]ファイルシステムへのアクセスの取得、カスタムデバイステーマのインストール、SpringBoardの変更など、さまざまな理由で人々が脱獄します。追加の動機は、海賊版アプリのインストールを可能にする可能性があることです。一部のデバイスでは、ジェイルブレイクにより、AndroidやLinuxカーネルなどの代替オペレーティングシステムをインストールすることもできます。主に、iOSの制限により、ユーザーはデバイスをジェイルブレイクします。使用する方法に応じて、脱獄の影響は永続的または一時的である可能性があります。[194]

2010年、Electronic Frontier Foundation (EFF)は、米国著作権局に、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づく著作権保護システムの回避に関する一般的な禁止の免除を許可するよう説得することに成功しました。この免除により、合法的に入手したアプリケーションをiPhoneに追加できるようにすることを唯一の目的として、iPhoneの脱獄が許可されます。[195]この免除は、AppleとiPhoneの所有者との間の契約関係には影響しません。たとえば、脱獄によりiPhoneの保証が無効になります。ただし、これは、ジェイルブレイクされたデバイスを修理する必要がある場合に修理するかどうかに関するAppleの裁量にのみ基づいています。同時に、著作権局は、iPhoneのロック解除をDMCAの迂回防止禁止から免除しました。[196] iPhoneのロックを解除すると、特定の電話モデルが動作するように設計されたものと同じGSMまたはCDMAテクノロジーを使用する任意のワイヤレスキャリアでiPhoneを使用できるようになります。[197]

ロックを解除する

当初、米国のほとんどのワイヤレスキャリアは、iPhoneの所有者が他のキャリアで使用するためにロックを解除することを許可していませんでした。ただし、AT&Tは、契約要件を満たしたiPhone所有者がiPhoneのロックを解除することを許可しました。[198]デバイスのロックを解除する手順は、Appleから入手できます[199]が、最終的には、デバイスのロックを解除することを許可するのは通信事業者の単独の裁量です。[200]これにより、他のネットワークでキャリアソースのiPhoneを使用できるようになります。iOSとiPhoneの最新バージョンは、電話が最初に購入された場所に関係なく、複数のキャリアでLTEを完全にサポートしています。[201] SIMロックの制限を解除するプログラムがありますが、Appleはサポートしておらず、ほとんどの場合、永続的なロック解除(ソフトロック解除)ではありません。[202]

ソフトウェアロック解除は、ベースバンドが任意のGSMキャリアのSIMカードを受け入れるようにiPhoneを変更するプロセスです。これは脱獄とはまったく異なります。iPhoneを脱獄してもロックは解除されません。ただし、現在公開されているすべての非公式ソフトウェアのロックを解除するには、脱獄が必要です。

ソフトウェアのロック解除の合法性は国によって異なります。たとえば、米国では、非公式のソフトウェアロック解除に対してDMCAの免除がありますが、免除は2013年1月26日より前に購入したデバイスに限定されます(したがって、新しいデバイスのソフトウェアロック解除は法的な灰色の領域にあります)。[203]

デジタル著作権管理

iOSの閉鎖的で独占的な性質は、特に電子フロンティア財団コンピューターエンジニアで活動家のブリュースターケール、インターネット法の専門家であるジョナサンジットレインiPadの紹介イベントに抗議して「 DefectivebyDesign」キャンペーンでiPadをターゲットにしました。[204] [205] [206] [207]競合他社のMicrosoftは、PRのスポークスマンを通じて、Appleがそのプラットフォームを管理していることを批判した。[208]

問題となっているのは、iOSの設計、つまり購入したメディアをAppleのプラットフォームにロックすることを目的としたデジタル著作権管理(DRM)、開発モデル(iOS用に開発されたアプリを配布するための年間サブスクリプションが必要)、アプリの集中承認プロセスによって課せられる制限です。 、およびプラットフォーム自体のAppleによる一般的な制御とロックダウン。特に問題となっているのは、Appleがアプリをリモートで無効にしたり削除したりできる機能です。

技術コミュニティの一部は、ロックダウンされたiOSがAppleのコンピューティングへのアプローチの成長傾向を表していることに懸念を表明しています。[209] [210]Facebook開発者のジョー・ヒューイットは、Appleによるハードウェアの制御を「恐ろしい前例」として抗議したが、iOSのアプリのサンドボックス化を称賛した。[211]

セキュリティとプライバシー

iOSは、ハードウェアとソフトウェアの両方で多くのセキュリティ機能を利用しています。以下は、最も顕著な機能の要約です。

セキュアブート

iOSを完全に起動する前に、ブートROMから実行される低レベルのコードがありますそのタスクは、実行する前に、低レベルブートローダーがAppleルート CA公開によって署名されていることを確認することです。このプロセスは、悪意のあるソフトウェアやその他の方法で許可されていないソフトウェアをiOSデバイスで実行できないようにするためのものです。低レベルのブートローダーはタスクを終了した後、 iBootと呼ばれる高レベルのブートローダーを実行しますすべてがうまくいけば、iBootはiOSカーネルと残りのオペレーティングシステムのロードに進みます。[212]

安全なエンクレーブ

Secure Enclaveは、A7の一部であるiOSデバイスに搭載されているコプロセッサーであり、データ保護、Touch IDFaceIDに使用される新しいチップです。Secure Enclaveの目的は、キーや、アプリケーションプロセッサ(AP)で処理できないほど機密性の高い生体認証などの他の情報を処理することです。APがアクセスできないように、ハードウェアフィルターで分離されています。RAMをAPと共有しますが、RAMのその部分(TZ0として知られています)は暗号化されています。セキュアエンクレーブ自体は、アップル特許出願20130308838に記載されているように、セキュアエンクレーブプロセッサ(SEP)と呼ばれるフラッシュ可能な4 MBAKFプロセッサコアです使用されるテクノロジーは、 ARMのTrustZone / SecurCoreに似ています。ただし、Apple KFコア全般、特にSEP専用のコードが含まれています。また、保存されているユーザーデータを保護するA9以降のチップでUIDキーを生成する役割も果たします。[213]

完全に安全であることを保証するために、独自の安全なブートプロセスがあります。このコプロセッサーの一部として、ハードウェア乱数ジェネレーターも含まれています。各デバイスのセキュアエンクレーブには、作成時に付与される一意のIDがあり、変更することはできません。この識別子は、システムのこの部分のメモリ暗号化する一時キーを作成するために使用されます。Secure Enclaveには、ブルートフォース攻撃を防ぐためのアンチリプレイカウンターも含まれています[212]

SEPは、IODeviceTree:/ arm-io / sepの下のデバイスツリーにあり、AppleSEPManagerドライバーによって管理されます。[214]

2020年に、SEPのセキュリティ上の欠陥が発見され、iPhoneなどのAppleデバイスに関する懸念が生じました。[215]

FaceID

Face IDは、iPhoneモデルXXSXS MaxXR11、11 Pro11 Pro Max12、12 Mini12 Pro12 Pro Max、および13、13ノッチに埋め込まれているフェイススキャナーですMini13 Pro、および13 Pro Maxデバイスのロックを解除したり、購入したり、アプリケーションにログインしたりするために使用できます。以下に説明するように、Face IDを使用すると、顔データはセキュアエンクレーブの暗号化されたメモリに一時的にのみ保存されます。デバイスのメインプロセッサまたはシステムの他の部分が、FaceIDセンサーから取得した生データにアクセスする方法はありません。[212]

パスコード

iOSデバイスには、デバイスのロック解除、システム設定の変更、およびデバイスのコンテンツの暗号化に使用されるパスコードを含めることができます。最近まで、これらは通常4桁の数字でした。ただし、Touch IDを使用して指紋でデバイスのロックを解除することが普及したため、iOSでは6桁のパスコードがデフォルトになり、4に戻すか、英数字のパスコードを使用するかを選択できます。[212]

タッチID

Touch IDは、ホームボタンに埋め込まれている指紋スキャナーであり、デバイスのロック解除、購入、アプリケーションへのログインなどの機能に使用できます。Touch IDを使用すると、前述のように、指紋データがセキュアエンクレーブの暗号化されたメモリに一時的にのみ保存されます。デバイスのメインプロセッサまたはシステムの他の部分が、TouchIDセンサーから取得した生の指紋データにアクセスする方法はありません。[212]

アドレス空間配置のランダム化

アドレス空間配置のランダム化(ASLR)は、バッファオーバーフローなどのメモリ破損攻撃を防ぐための低レベルの手法ですこれには、システムを破壊してエクスプロイトを作成する方法を予測することをより困難にするために、メモリ内のランダムに選択された場所にデータを配置することが含まれます。ASLRを使用すると、動作が偶発的であるか悪意のあるものであるかに関係なく、アプリのバグがメモリをサイレントに上書きするよりもアプリをクラッシュさせる可能性が高くなります。[216]

実行不可能なメモリ

iOSは、ARMアーキテクチャExecute Never(XN)機能を利用します。これにより、メモリの一部を実行不可としてマークし、ASLRと連携して、return-to-libc攻撃を含むバッファオーバーフロー攻撃を防ぐことができます。[212]

暗号化

上記のように、iOSでの暗号化の1つの使用法は、SecureEnclaveのメモリです。iOSデバイスでパスコードを使用すると、デバイスのコンテンツが暗号化されます。これは、フラッシュストレージとRAMの間に直接配置されるため、非常に効率的なハードウェアAES256実装を使用して行われます。[212]

iOSは、特定のハードウェアと組み合わせて、 「消去可能なストレージ」内のすべてのキーを消去することにより、すべてのコンテンツと設定を消去するときに暗号シュレッダーを使用します。これにより、デバイス上のすべてのユーザーデータに暗号でアクセスできなくなります。[217]

キーホルダー

iOSキーチェーンは、同じ個人または組織によって作成されたアプリ間で共有できるログイン情報のデータベースです。[212]このサービスは、Webアプリケーションのパスワードを保存するためによく使用されます。[218]

アプリのセキュリティ

App Storeを通じて配布されるようなサードパーティのアプリケーションは、Appleが発行した証明書でコード署名されている必要があります。原則として、これは、上記のセキュアブートプロセスからユーザーがデバイスにインストールしたアプリケーションのアクションまで、信頼の鎖を継続します。アプリケーションもサンドボックス化されています。つまり、個々のホームディレクトリ内のデータのみを変更できます。明示的に許可されていない限り。たとえば、デバイスに他のユーザーがインストールしたアプリケーションが所有するデータにアクセスすることはできません。iOSには、カメラ、連絡先、バックグラウンドアプリの更新、セルラーデータ、他のデータやサービスへのアクセスなど、さまざまな権限にアクセスするアプリの機能を制御するオプションを備えた非常に広範なプライバシーコントロールのセットが含まれています。サードパーティのアプリケーションを含むiOSのコードのほとんどは、 root権限を持たない「モバイル」ユーザーとして実行されますこれにより、システムファイルやその他のiOSシステムリソースが非表示のままになり、ユーザーがインストールしたアプリケーションにアクセスできなくなります。[212]

AppStoreはバイパスします

企業は、エンタープライズ開発者証明書をAppleに申請できます。これらは、iOSがアプリを直接インストールするようにアプリに署名するために使用できます(「サイドローディング」と呼ばれることもあります)。アプリをAppStore経由で配布する必要はありません。[219]付与される条件は、アプリを従業員に直接配布したい企業にのみ使用されることを明確にしています。[219]

2019年1月から2月頃、多くのソフトウェア開発者がエンタープライズ開発者証明書を悪用してソフトウェアを非従業員に直接配布し、それによってAppStoreをバイパスしていたことが明らかになりました。Facebookは、Appleのエンタープライズ開発者証明書を悪用して、未成年のユーザーにアプリケーションを配布し、Facebookがデバイス上のすべてのプライベートデータにアクセスできるようにしていることが判明しました。[220] [221] [222] Googleは、Appleのエンタープライズ開発者証明書を悪用して、アプリを成人に配布し、サードパーティに属する暗号化されていないデータを含むデバイスからデータを収集していました。[223] [219] TutuApp、Panda Helper、AppValley、およびTweakBoxはすべて、企業の開発者証明書を悪用して、海賊版ソフトウェアを提供するアプリを配布しています。[224]

ネットワークセキュリティー

iOSは、開発者向けに低レベルAPIと高レベルAPIの両方でTLSをサポートしています。デフォルトでは、App TransportSecurityフレームワークではサーバーが少なくともTLS1.2を使用する必要があります。ただし、開発者はこのフレームワークを自由にオーバーライドして、ネットワークを介した独自の通信方法を利用できます。Wi-Fiが有効になっている場合、iOSはランダム化されたMACアドレスを使用するため、ワイヤレストラフィックを盗聴する人がデバイスを追跡することはできません。[212]

二要素認証

2要素認証はiOSのオプションであり、許可されていない人がApple IDとパスワードの組み合わせを知っていても、アカウントにアクセスできないようにします。これは、Apple IDとパスワードだけでなく、信頼できることがすでにわかっているiDeviceまたは携帯電話番号に送信される確認コードも要求することで機能します。[212]許可されていないユーザーが別のユーザーのAppleIDを使用してサインインしようとすると、Apple IDの所有者は、認識されていないデバイスへのアクセスを拒否することを許可する通知を受け取ります。[225]

受信

市場占有率

iOSは、 Androidに次ぐ世界で2番目に人気のあるモバイルオペレーティングシステムです。近年のiPadの売り上げもAndroidに遅れをとっていますが、Webでの使用(すべての使用のプロキシ)では、iPad(iOSを使用)が依然として最も人気があります。[226]

2012年半ばまでに、4億1,000万台のデバイスがアクティブ化されました。[227] WWDC 2014で、Tim Cookは、2014年6月までに8億台のデバイスが販売されたと述べました。[228]

2015年1月のAppleの四半期決算発表で、同社は2007年以来10億台以上のiOSデバイスを販売したと発表しました。[229] [230]

2011年後半までに、iOSはスマートフォンとタブレットの市場シェアの60%を占めました。[231] 2014年末までに、iOSはスマートフォン市場の14.8%[232]、タブレットおよびツーインワン市場の27.6%を占めました。[233] 2015年2月、StatCounterは、iOSが世界中のスマートフォンの23.18%とタブレットの66.25%で使用されたと報告しました。これは、売上ではなくインターネットの使用量で測定されます。[234]

2015年の第3四半期に、Strategy Analyticsの調査によると、世界のスマートフォン市場でのiOSの採用は過去最低の12.1%でした。これは、中国とアフリカでのパフォーマンスの低迷によるものです。Androidが市場の87.5%を占め、残りはWindowsPhoneとBlackBerryが占めています。[235] [236]

デバイス

Apple Watch SEApple Watch Series 7Apple Watch Series 6Apple Watch Series 5Apple Watch Series 4Apple Watch Series 3Apple Watch Series 2Apple Watch Series 1Apple WatchApple TVApple TVApple TVApple TVApple TViPad Mini (6th generation)iPad Mini (5th generation)iPad Mini 4iPad Mini 3iPad Mini 2iPad Mini (1st generation)iPad ProiPad ProiPad ProiPad ProiPad ProiPad ProiPad ProiPad ProiPad ProiPad ProiPad Air (2020)iPad Air (2019)iPad Air 2iPad AiriPad (9th generation)iPad (8th generation)iPad (7th generation)iPad (6th generation)iPad (5th generation)iPad (4th generation)iPad (4th generation)iPad (3rd generation)iPad (2nd generation)iPad (1st generation)iPod Touch (7th generation)iPod Touch (6th generation)iPod Touch (5th generation)iPod Touch (4th generation)iPod Touch#ModelsiPod Touch#ModelsiPod Touch#ModelsiPhone SE (2nd)iPhone SE (1st)iPhone 5CiPhone 11iPhone 13 ProiPhone 13iPhone 12 ProiPhone 12 ProiPhone 12iPhone 12iPhone 11 ProiPhone 11iPhone XRiPhone XSiPhone XiPhone 8iPhone 7iPhone 6SiPhone 6iPhone 6iPhone 5SiPhone 5iPhone 4SiPhone 4iPhone 3GSiPhone 3GiPhone (1st generation)
出典:Apple Newsroom Archive、[237] Mactracker AppleInc。モデルデータベース[238]

も参照してください

参考文献

  1. ^ クローバー、ジュリ(2022年2月10日)。「AppleはiOS15.3.1とiPadOS15.3.1をセキュリティアップデートとバグ修正でリリースします」MacRumors 2022年2月10日取得
  2. ^ 「iOS15.3.1(19D52)-リリース-AppleDeveloper」AppleDeveloperApple Inc. 2022年2月10日2022年2月10日取得
  3. ^ クローバー、ジュリ(2022年2月22日)。「AppleはiOS15.4とiPadOS15.4の第4ベータを開発者にシードします」MacRumors2022年2月22日取得
  4. ^ 「iOS15.4ベータ4(19E5235a)-リリース-AppleDeveloper」AppleDeveloperApple Inc. 2022年2月22日2022年2月22日取得
  5. ^ 「Apple– iPad Pro –仕様」りんご。2019年1月4日にオリジナルからアーカイブされました2019年1月4日取得
  6. ^ 「Apple– iPad mini 4 –仕様」りんご。2015年10月24日にオリジナルからアーカイブされました2015年10月24日取得
  7. ^ 「Apple– iPad Air 2 –技術仕様」りんご。2015年10月26日にオリジナルからアーカイブされました2015年10月24日取得
  8. ^ 「Apple– iPhone XS –技術仕様」りんご。2019年1月4日にオリジナルからアーカイブされました2019年1月4日取得
  9. ^ ティムブルックス(2019年10月17日)。「macOSCatalinaのiTunes機能はどこにありますか?」ハウツーオタク
  10. ^ 「Appleオープンソース」2020年9月25日取得
  11. ^ 「AppStoreの爆発的な成長のグラフ化」ライフワイヤー2018年10月15日取得
  12. ^ 「iOS15プレビュー」アップル2021年8月20日取得
  13. ^ サタリアーノ、アダム; バロウズ、ピーター; ストーン、ブラッド(2011年10月14日)。「スコット・フォーストール、アップルの魔術師の見習い」ブルームバーグビジネスウィークブルームバーグLPは2017年4月7日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  14. ^ キム、アーノルド(2011年10月12日)。「スコット・フォーストールの個性、iOSの起源、そして失われたiPhone4プロトタイプ」MacRumors2017年4月2日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  15. ^ トーマス、オーウェン(2007年1月9日)。「アップル:こんにちは、iPhone」CNNマネーCNN2017年4月2日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  16. ^ Eadicicco、リサ(2017年1月9日)。「スティーブジョブズが10年前の今日最初のiPhoneを発表するのを見てください」時間2017年4月2日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  17. ^ Honan、Mathew(2007年1月9日)。「AppleがiPhoneを発表」MacworldInternational DataGroup2017年1月26日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  18. ^ ブロック、ライアン(2007年1月9日)。「LivefromMacworld 2007:SteveJobs基調講演」EngadgetAOL2017年3月24日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  19. ^ ライト、マイク(2015年9月9日)。「注釈付きの元のiPhoneの発表:スティーブ・ジョブズの天才が天才と出会う」次のWeb2017年4月1日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  20. ^ 「iOS:視覚的な歴史」ザ・ヴァージVoxMedia2013年9月16日。2017年4月12日のオリジナルからアーカイブ2017年4月1日取得
  21. ^ Gonsalves、Antone(2007年10月11日)。「AppleがiPhoneWebAppsディレクトリを起動」InformationWeekUBMplc2017年2月20日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  22. ^ 「iPhoneに対するジョブズの当初のビジョン:サードパーティのネイティブアプリはありません」9to5Mac2011年10月21日。2017年4月1日のオリジナルからアーカイブ2017年4月1日取得
  23. ^ フレッチャー、ニック(2007年10月17日)。「Apple:「2月にiPhoneSDKを開発者の手に渡す予定です」" 。Engadget。AOL2017年4月2日にオリジナルからアーカイブ 20174月1日取得。。
  24. ^ Eran Dilger、Daniel(2017年3月7日)。「AppleのiOSSDKの9年間で、600億ドル、140万のジョブが生成されました」AppleInsider2017年4月2日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  25. ^ Elmer-DeWitt、Philip(2007年10月17日)。「スティーブジョブズ:アップルは2月にサードパーティのアプリにiPhoneを開きます」フォーチュン2017年4月2日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  26. ^ ブロック、ライアン(2008年3月6日)。「AppleのiPhoneSDK記者会見からのライブ」EngadgetAOL2017年1月27日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  27. ^ ダルリンプル、ジム; スネル、ジェイソン(2008年2月27日)。「Apple:iPhone SDK、来週のエンタープライズ発表」MacworldInternational DataGroup2017年4月2日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  28. ^ リッカー、トーマス(2008年7月10日)。「ジョブ:500のiPhoneアプリケーションで起動するApp Store、25%無料」EngadgetAOL2017年3月30日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  29. ^ 「AppStoreは世界中でトップ1億をダウンロードします」アップルプレス情報Apple Inc. 2008年9月9日。2017年4月1日のオリジナルからアーカイブ2017年4月1日取得
  30. ^ Myslewski、Rik(2009年1月16日)。「iPhoneAppStoreは5億回のダウンロードを超えています」レジスターシチュエーションパブリッシング。2017年5月5日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  31. ^ ジーグラー、MG(2009年6月8日)。「iPhoneエコシステムの状態:4000万台のデバイスと50,000台のアプリ」TechCrunchAOL2009年6月10日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  32. ^ モレン、ダン(2009年11月4日)。「AppStoreは正式に100,000アプリマークを通過します」MacworldInternational DataGroup2017年3月30日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  33. ^ フロマー、ダン(2009年11月4日)。「iPhoneAppStoreは100,000個のアプリを通過します」ビジネスインサイダーアクセルシュプリンガーSE2017年3月30日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  34. ^ ブライアン、マット(2010年8月28日)。「AppleのAppStoreは現在250,000のアプリを備えています」次のWeb2017年3月29日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  35. ^ Elmer-DeWitt、Philip(2010年8月28日)。「AppleAppStore:250,000とカウント」フォーチュン2017年3月30日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  36. ^ ジョーダン、クルック(2012年7月24日)。「AppleAppStoreは650,000のアプリをヒット:250,000はiPad用に設計され、55億ドルが開発者に支払われました」TechCrunchAOL2017年3月30日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  37. ^ イングラハム、ネイサン(2013年10月22日)。「AppleはAppStoreで100万のアプリを発表し、iTunesラジオで10億曲以上が再生されました」ザ・ヴァージVoxMedia2017年5月12日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  38. ^ Fiegerman、Seth(2013年10月22日)。「AppleのAppStoreは100万のアプリを上回っています」Mashable2017年3月30日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  39. ^ a b ゴルソン、ジョーダン(2016年6月13日)。「AppleのAppStoreには現在200万を超えるアプリがあります」ザ・ヴァージVoxMedia2017年2月10日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  40. ^ ベック、ケレン(2016年6月13日)。「AppleのAppStoreには現在200万を超えるアプリがあります」Mashable2017年3月30日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  41. ^ カーソン、エリン(2016年6月13日)。「Appleの数:200万のアプリ、1500万のAppleMusicサブスクライバー」CNETCBSインタラクティブ2017年3月30日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  42. ^ Goode、Lauren(2017年1月5日)。「AppleのAppStoreは、これまでで最も成功した月の売上でした」ザ・ヴァージVoxMedia2017年1月28日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  43. ^ Dignan、Larry(2017年1月5日)。「AppleのAppStore 2016の収益は280億ドルを超え、開発者は純額で200億ドルを超えています」ZDNetCBSインタラクティブ2017年3月30日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  44. ^ Kastrenakes、Jacob(2016年3月21日)。「現在、100万のiPadアプリがあります」ザ・ヴァージVoxMedia2017年3月30日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  45. ^ ペレス、サラ(2016年8月10日)。「AppStoreは2020年までに500万のアプリに到達し、ゲームが先導します」TechCrunchAOL2017年3月30日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月29日取得
  46. ^ Bangeman、Eric(2007年9月17日)。「iPodとiPhoneの出会い:iPodtouchのレビュー」ArsTechnica2016年6月18日にオリジナルからアーカイブされました2017年6月21日取得
  47. ^ ローズ、マイケル(2013年1月27日)。「2010年1月27日:AppleはiPadを発表しました」EngadgetAOL 2017年4月18日取得
  48. ^ フォアズマン、クリス(2010年1月27日)。「AppleがiPadを発表」ArsTechnica2017年4月18日取得
  49. ^ 「AppleはiPadを起動します」アップルプレス情報Apple Inc. 2010年1月27日2017年4月18日取得
  50. ^ 「今日のアップルタブレットメディアイベント:「私たちの最新の作品を見に来てください」" 。MacRumors2010年1月27日。 2020年9月4日取得
  51. ^ トニーブラッドリー(2010年1月29日)。「iPadおよびiPhone用のAT&T強化ネットワーク」PCワールド2010年2月1日にオリジナルからアーカイブされました2010年1月29日取得
  52. ^ Tartakoff、Joseph(2010年6月7日)。「AppleはCiscoのおかげでiPhoneのような商標争いを避け、FaceTimeの取引」payedContent2011年5月11日にオリジナルからアーカイブされました2011年2月2日取得
  53. ^ ガルン、ナット(2014年9月9日)。「Appleが2014年9月の基調講演で発表したすべて」次のWeb 2017年3月23日取得
  54. ^ Savov、Vlad(2014年9月9日)。「AppleWatchが発表:来年初めに349ドルで入手可能」ザ・ヴァージ2017年3月23日取得
  55. ^ Machkovech、Sam(2015年3月9日)。「AppleWatchは349ドルから始まり、4月24日に発売される」ArsTechnica2017年3月23日取得
  56. ^ ギブス、サミュエル; ハーン、アレックス(2015年3月9日)。「AppleWatch:4月24日から349ドルから17,000ドルで入手可能」ガーディアン2017年3月23日取得
  57. ^ Kastrenakes、Jacob(2015年3月9日)。「AppleWatchのリリース日は4月24日で、価格は349ドルから10,000ドル以上です」ザ・ヴァージ2017年3月23日取得
  58. ^ Cipriani、Jason(2016年11月22日)。「Android4.2の開発者向けオプションメニューを復元する」CNET 2021年6月13日取得
  59. ^ ウォーレン、トム(2016年11月22日)。「この5秒のビデオはiPhoneをクラッシュさせます」ザ・ヴァージ
  60. ^ Juli Clover(2016年10月5日)。「アップルの最初のiOS開発者アカデミーがナポリ大学で10月6日にオープンします」MacRumors2016年12月23日にオリジナルからアーカイブされました2016年12月22日取得
  61. ^ Mike Wuerthele(2016年10月5日)。「木曜日にイタリアのナポリで開かれるApple初のヨーロッパiOS開発者アカデミー」AppleInsider。2016年12月21日にオリジナルからアーカイブされました2016年12月22日取得
  62. ^ 「Chièentrato、chièscappatoecosac'èdentroallaiOSDeveloper Academy diNapoli」有線(イタリア語)。2016年10月7日2020年8月12日取得
  63. ^ 「DopoApplein arrivo a Napoli altri bigdell'hi-tech」Il Sole 24 ORE(イタリア語)。2019年10月18日2020年8月12日取得
  64. ^ 「iOSDeveloperAcademyapriràaNapoli| InAteneo」ナポリ大学フェデリコ2世2020年8月12日取得
  65. ^ 「開発者アカデミー|UniversitàFedericoII」ナポリ大学フェデリコ2世2020年8月12日取得
  66. ^ 「AppleDeveloperAcademy di Napoli、al via le nuoveiscrizioni」lastampa.it(イタリア語)。2019年5月15日2020年8月12日取得
  67. ^ 「AppleはiPadOSを発表し、iPadに特別な機能を追加しました」AppleInsider2020年8月11日取得
  68. ^ 「インターフェースエッセンシャル– iOS –ヒューマンインターフェースガイドライン–アップルデベロッパ」developer.apple.com 2020年8月11日取得
  69. ^ 「適応性とレイアウト–ビジュアルデザイン– iOS –ヒューマンインターフェイスガイドライン–アップルデベロッパ」developer.apple.com 2020年8月11日取得
  70. ^ 「ウィジェット–システム機能– iOS –ヒューマンインターフェイスガイドライン–アップルデベロッパ」developer.apple.com 2020年8月11日取得
  71. ^ 「iPhoneおよびiPodtouchのコントロールセンターにアクセスしてカスタマイズする」Appleサポート2020年8月11日取得
  72. ^ 「iPhone、iPad、およびiPodtouchで通知を使用する」Appleサポート2020年8月11日取得
  73. ^ 「通知を見つけて準備ができたら応答する方法」iMore2018年12月2日2021年3月3日取得
  74. ^ アレックス、アンソン(2012年10月4日)。「iPhone5およびiOS6でスクリーンショットを撮る方法[ビデオ]」AnsonAlex.com
  75. ^ 「iPhoneX以降のモデルでスクリーンショットを撮る方法」デジタルトレンド2020年12月1日。
  76. ^ 「機能的なアニメーションがユーザーエクスペリエンスの向上にどのように役立つか」スマッシングマガジン2017年1月11日2021年8月19日取得[画像:shutter-animation-in-apple-ios-6-camera-app.png] iOS6カメラアプリのシャッター画像
  77. ^ 「AppleiPhone5カメラレビュー」DPReview2012年10月9日2021年8月19日取得
  78. ^ Cipriani、Jason(2014年3月10日)。「iOS7.1で自動HDRを有効にする方法」CNET 2021年8月19日取得
  79. ^ 「カメラテスト:iPhone7とiPhone7Plusのズーム」iMore2016年9月21日2021年8月19日取得
  80. ^ 「iPhoneまたはiPadでHDまたは4Kビデオを録画する」Appleサポート
  81. ^ a b 「コンテキストメニュー–コントロール– iOS –ヒューマンインターフェイスガイドライン–AppleDeveloper」developer.apple.com 2020年8月11日取得
  82. ^ 「技術的なQ&A QA1686:iPhone、iPadおよびAppleWatchのアプリアイコン」developer.apple.com 2020年8月11日取得
  83. ^ Kastrenakes、Jacob(2017年6月9日)。「Appleは、アプリが独自のレビュープロンプトであなたを困らせることをもう許しません」ザ・ヴァージVoxMedia 2017年6月14日取得
  84. ^ メイヨー、ベンジャミン(2017年6月9日)。「AppStoreでは、開発者が公式APIを使用してアプリの評価をリクエストする必要があり、カスタムプロンプトは許可されていません」9to5Mac 2017年6月14日取得
  85. ^ キム、アーノルド(2008年3月6日)。「AppleがiPhoneSDK、Demos Spore、InstantMessagingをリリース」MacRumors2017年6月11日取得
  86. ^ ジーグラー、MG(2009年6月8日)。「iPhoneエコシステムの状態:4000万台のデバイスと50,000台のアプリ」TechCrunchAOL 2017年3月29日取得
  87. ^ 「AppleはAppStoreで利用可能な100,000以上のアプリを発表しました」MacRumors2009年11月4日2017年3月29日取得
  88. ^ ブライアン、マット(2010年8月28日)。「AppleのAppStoreは現在250,000のアプリを備えています」次のWeb 2017年3月29日取得
  89. ^ Grothaus、Michael(2011年10月4日)。「AppStoreからダウンロードされた180億以上のアプリ」EngadgetAOL 2017年3月31日取得
  90. ^ イングラハム、ネイサン(2013年10月22日)。「AppleはAppStoreで100万のアプリを発表し、iTunesラジオで10億曲以上が再生されました」ザ・ヴァージVoxMedia 2017年3月31日取得
  91. ^ ゴルソン、ジョーダン(2016年6月13日)。「AppleのAppStoreには現在200万を超えるアプリがあります」ザ・ヴァージVoxMedia 2017年3月31日取得
  92. ^ 「Appleの革新的なAppStoreはわずか9か月でトップ10億をダウンロードします」アップルプレス情報Apple Inc. 2009年4月24日2017年3月29日取得
  93. ^ 「ホームボタン–アップル」help.apple.com 2015年5月24日取得
  94. ^ 「iOSパスコードについて–Appleサポート」support.apple.com2015年4月28日にオリジナルからアーカイブされました2015年5月24日取得
  95. ^ 「AppleのiOS7は、すべてのアプリページへの迅速なSpotlight検索アクセスをもたらします」AppleInsider2013年6月10日。2013年10月7日のオリジナルからアーカイブ2013年9月18日取得
  96. ^ 「iOS7を搭載したiPadで検索」2013年10月21日。2015年1月13日のオリジナルからアーカイブ2014年3月1日取得
  97. ^ 「iOS9の新しいプロアクティブなSpotlightの実践」2015年9月16日2020年9月25日取得
  98. ^ Seifert、Dan(2016年9月13日)。「iOS10はあなたのロック画面を気に入るはずです」ザ・ヴァージVoxMedia2017年2月10日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月1日取得
  99. ^ Apple、iDBアプリをダウンロードについて| お問い合わせ| 開示| プライバシー| Unsubscribe2020©iDownloadBlogcom-このウェブサイトは提携していません(2013年6月28日)。「iOS7の視差効果の詳細」iDownloadBlog.com 2020年8月14日取得 {{cite web}}|first=一般名があります(ヘルプ
  100. ^ MatthiasBöhmer、AntonioKrüger。2013年5月12日にWaybackMachineでアーカイブされたスマートフォンユーザーによるアイコン配置に関する研究 計算機システムにおけるヒューマンファクターに関するSIGCHI会議(CHI '13)の議事録。ACM、ニューヨーク、ニューヨーク、米国、2137〜2146。
  101. ^ グルーバー、ジョン(2010年6月29日)。「4」大胆な火の玉2017年10月9日にオリジナルからアーカイブされました2017年10月15日取得
  102. ^ スティンソン、エリザベス(2015年6月9日)。「Appleが世界で最も愛されている書体を放棄した理由」有線2015年6月13日にオリジナルからアーカイブされました2017年10月15日取得
  103. ^ Koetsier、ジョン(2013年7月9日)。「Appleの「fontgate」は、iOS7ベータ3のより厚いHelveticaNeueで終わります」VentureBeat2017年10月15日にオリジナルからアーカイブされました2017年10月15日取得
  104. ^ グアリーノ、サラ(2013年9月21日)。「iOS7ハウツー:iPadとiPhoneでテキストを読みやすく/大きくする」9to5Mac2016年7月31日にオリジナルからアーカイブされました2017年10月15日取得
  105. ^ Kazmucha、Allyson(2013年11月20日)。「ダイナミックタイプを使用したiOS7のiPhoneおよびiPadでフォントサイズを拡大または縮小する方法」iMore2017年5月8日にオリジナルからアーカイブされました2017年10月15日取得
  106. ^ 奇妙な、アダリオ(2015年9月17日)。「すべてがAppleの新しいiOS9フォント、SanFranciscoを歓迎します」Mashable2017年12月21日にオリジナルからアーカイブされました2017年10月15日取得
  107. ^ 「AppleはiOS9でサンフランシスコ向けのHelveticaをドロップします」AppleInsider2015年9月16日。2017年3月6日のオリジナルからアーカイブ2017年10月15日取得
  108. ^ a b Frakes、Dan(2010年6月21日)。「iOS4フォルダーを実際に使用する」MacworldInternational DataGroup2017年11月1日にオリジナルからアーカイブされました2017年10月15日取得
  109. ^ フリードマン、レックス(2011年6月20日)。「iOSフォルダを作成して整理する方法」MacworldInternational DataGroup2017年10月15日にオリジナルからアーカイブされました2017年10月15日取得
  110. ^ Costello、Sam(2017年3月20日)。「iPhoneにはいくつのアプリとフォルダがありますか?」ライフワイヤードットダッシュ2017年8月6日にオリジナルからアーカイブされました2017年10月15日取得
  111. ^ ミラー、チャンス(2015年7月8日)。「iOS9では、iPadのフォルダごとに105個のアプリを保存できます」9to5Mac2017年10月15日にオリジナルからアーカイブされました2017年10月15日取得
  112. ^ 「iPhone4S–通知センターの最新情報を常に把握してください」Apple Inc. 2012年2月14日のオリジナルからアーカイブ。
  113. ^ Tanasychuk、マイク(2016年9月15日)。