モーリタニアの人権

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

モーリタニアの人権は、フリーダムハウス米国国務省アムネスティインターナショナルなどの国際的なオブザーバーによれば、一般的に貧しいと見なされています。

2012年7月の推定人口は340万人で、[1] モーリタニアは高度に中央集権化されたイスラム共和国であり、宗教の自由に関する法的規定はありません

フランス植民地支配から来たモーリタニアは、北のアラビア語を話す部族連合と南の座りがちな黒人集団の間で民族的に分けられ、その多くは伝統的に結束したコミュニティまたは奴隷化された個人でした。モーリタニア政府には、国境内でこれらのトゥクロール族とソニンケ族を差別してきた歴史があります。そのような例の1つは、1987年に政府が南部人を投獄し、他の人を軍隊から追い出し、モーリタニア・セネガル国境戦争を引き起こしたときに発生しました。

アムネスティは、モーリタニアの法制度が、法的手続き、公正な裁判、または人道的な投獄を完全に無視して機能していると非難している。アムネスティはまた、何十年にもわたって制度化された継続的な拷問の使用についてモーリタニア政府を非難している。[2] [3]

モーリタニアの憲法によると、国際法が公式官報に掲載されるとすぐに、国際法が国内のモーリタニア法に優先します。[4]

人の誠実さを尊重する

恣意的または違法な生命の剥奪

2011年9月27日、マガマのデモ参加者に憲兵が発砲し、1人が死亡、8人が負傷したと伝えられている。デモ参加者は、市民権を評価する当局者間の民族的バランスの欠如が原因で、アフロモーリタニア人を差別すると信じている全国有権者登録キャンペーンに抗議していた。デモ参加者は、より多くのアフロ・モーリタニアの代表と公平な市民権検証手順を要求しました。9月27日、Mohamed Ould Boilil内務大臣は報告を公に確認し、政府は平和の妨害を許可しないと宣言した。[5] 2011年末までに死亡の調査は報告されていません。[6] :ページ:2 

消失

2011年に政治的動機による失踪の報告はなかった。[6] :ページ:2 

拷問およびその他の残酷な、非人道的な、または品位を傷つける扱いまたは罰

モーリタニアの憲法および制定法はこれらの慣行を禁止しており、政府の人権・人道的行動および市民社会との関係に関する委員会によれば、2011年中に拷問の記録された事件はなかった。自白を引き出すために被拘禁者を拷問した。伝えられるところによると、2011年以前の拷問方法には、蹴る、殴打する、電気ショック、タバコの火傷、髪の毛を抜く、性的暴力、腕による停止、痛みを伴う姿勢でのシャックル、睡眠と食物の剥奪が含まれていました。アムネスティ・インターナショナルに説明された1人の囚人彼が「ジャガーの位置」でどのように拷問されたか。それは、被拘禁者の手と足を結びつけ、鉄の棒から彼を吊るし、この位置にいる間に彼を殴り、拷問することから成っていた。[6] :ページ:2  [3] :ページ:1–2 

刑務所と拘置所の状態

2011年の刑務所の状況は厳しく、拘留施設を管理する政府の能力は依然として不十分でした。警察の拘留センター、全国のいくつかの刑務所、憲兵隊および軍事施設での拷問、殴打、虐待の信頼できる報告があった。11月28日に新しい刑務所施設がアレグに開設され、ヌアジブに別の刑務所施設が完成に近づきました。しかし、政府はこの年の間に既存の施設の刑務所の状態を改善するための十分な資金を割り当てることができず、過密状態、受刑者間の暴力、刑務所での不十分な医療が続いた。多くの囚人は、一度に数ヶ月または数年の間、非常に混雑した独房を離れることも、新鮮な空気を吸うこともできませんでした。石鹸や洗剤などの衛生的な製品が不足しており、刑務所の管理者が廃棄物を適切に処理できないため、衛生状態は悪かった。栄養失調はより深刻な問題であり、刑務所人口の脆弱なメンバー、特に外国人の受刑者、家族の支援を受けていない囚人、未治療の病気に苦しむ個人に影響を及ぼしました。政府は非人道的な状況の申し立てにしっかりと対応しなかった。[6] :ページ:2–3 

深刻な過密状態と流水の不足が2011年の病気の蔓延の一因となった。健康上の問題を抱えた囚人はほとんどまたはまったく治療を受けておらず、医薬品は依然として不十分であった。[6] :ページ:3 

伝えられるところによると、2011年の警察署の収容エリアも過密で、不衛生で、換気が不十分でした。[6] :ページ:3 

2011年には、刑務所レベルのオンブズマンはいませんでした。規制により、施設内の受刑者は、管理職との取引において彼らを代表する番号の1つを選択することができ、受刑者は2011年中にそうすることがありました。[6] :ページ:3 

2011年の刑務所管理局によると、女性の刑務所は混雑が少なく、したがって男性の刑務所よりも快適である。一方、男性の警備員は、性的暴力の犠牲者になる危険性のある女性の受刑者の監視に参加した。[6] :ページ:3 

2011年の非政府組織(NGO)は、過密状態と裁判前の長期拘留を非難し続けた。裁判前の多数の拘留者は、刑務所の過密状態を悪化させた。[6] :ページ:3–4 被拘禁者は、有罪判決を受け、しばしば危険な囚人と一緒に収容されることが多かった。法務省の統計によると、10月19日の時点で、刑務所の人口は合計1,695人であり、そのうち861人が有罪判決を受け、834人が無罪判決を受けた被拘禁者であった。5月23日、当局は、刑務所の安全を改善し、違法行為を妨害するために、裁判を待っていると報告された13〜14人のテロ容疑者をヌアクショット中央刑務所から非公開の場所に移動させた。[6] :ページ:4 

治安が悪く、危険な囚人が危険性の低い囚人と独房を共有しているため、2011年の囚人は暴力的な気候に住んでいました。[6] :ページ:4 

拘留中の54人の子供のうち、34人は、ベイラの少年院が構造的損傷を受けた後、2011年末にヌアクショット中央刑務所の隔離された中庭にいた。法律に抵触する若者の「受け入れと挿入」のために、17人が拘置所に拘留されていた。センターの目標は、子供と若者の社会的再統合を促進することです。この年、当局はこのセンターから30人の子供を解放し、その後の活動を監視した。[6] :ページ:4 

18歳未満の女性と女性の未成年者は、2011年に男性と男性の未成年者とは別の場所に一緒に収容された。伝えられるところによると、男性と女性の両方の警備員を雇用した女性の刑務所で性的暴力が発生した。女性囚人の子供は母親と一緒に留まるか、法務省によって家族の一時的な監護権に置かれた。[6] :ページ:4 

囚人は2011年に訪問者にアクセスできた。[6] :ページ:4 政府は、NGO、外交官、および国際人権オブザーバーによる刑務所訪問を許可した。赤十字国際委員会は、その標準的なモダリティに従って、刑務所にアクセスし、テロ容疑者への訪問を含む複数の刑務所訪問を実施しました。[6] :pages:4–5 警察が家族や友人に被拘禁者の場所と状態を適時に知らせず、十分な食糧を受け取れないという報告があった。[6] :ページ:5 

2011年には、男性がイスラム教徒の祈りの義務を個別に遵守する権利を拒否されたという報告はなかったが、刑務所当局は、受刑者がイマームに定期的にアクセスできないことを確認した。[6] :ページ:4 

恣意的拘禁

モーリタニアの憲法と制定法は恣意的逮捕と拘留を禁止しているが、2011年の当局はこれらの禁止を遵守しなかった。場合によっては、当局は抗議者やジャーナリストを恣意的に逮捕し、拘留した。[6] :ページ:5 

人権およびその他のオブザーバーは、2011年に裁判前拘留の法的制限を超えたとして政府を非難した。治安部隊は、座り込み、行進、または集会に従事するデモ参加者を逮捕し、規制で許可されている期間より長く拘留した。9月29日、メディアは、国の登録イニシアチブに対するヌアクショットでの激しい抗議の後、治安部隊が令状なしに個人の住居に入り、約20人を逮捕したと報じた。[6] :ページ:5 

法律により、未成年者は、裁判を待つ間、6か月を超えて拘留することはできません。それにもかかわらず、2011年には、未成年者を含む多数の個人が、司法の不備のために裁判前に長期間拘留されたままであったという報告があった。[6] :ページ:6 

警察と治安機関の役割

内務省傘下の国家警察は、都市部の法執行と秩序の維持に責任を負っています。同じく内務省の下にある州兵は、政府施設の治安支援としての平時の役割に合わせて、限られた警察機能を果たしています。州兵はまた、暴動などの大規模な混乱の際に市民の秩序を回復するよう地方当局から要請される可能性があります。国防省傘下の準軍事組織である憲兵隊は、大都市圏内外の市民秩序を維持し、地方で法執行サービスを提供する責任があります。2011年10月11日、新しい警察部隊である交通安全総局が内務省の下で活動を開始した。[6] :ページ:6 

警察は2011年に十分な給料、訓練、装備を備えていませんでした。汚職と不処罰は深刻な問題でした。[6] :ページ:6 

政府は、2011年に治安当局に責任を負わせたり、虐待の罪で起訴したりすることはめったにありませんでした。倫理警察は、内務部門として、また治安部隊の虐待を調査するメカニズムとして機能しています。実際には、この部隊は治安部隊の虐待を公に検討していませんでした。[6] :ページ:6 

拘禁中の逮捕手続きと治療

憲法上の保障措置の適用は、2011年もケースごとに大きく異なりました。[6] :ページ:6 

法律は正式に認可された逮捕状を要求しているが、2011年には一般的に使用されていなかった。[6] :ページ:6 

法律は、ほとんどの場合、裁判所は逮捕から48時間以内に人の拘留の合法性を検討することを要求しています。警察はさらに48時間の期間を延長することができ、検察官または裁判所は国家安全保障事件で最大15日間人を拘留することができます。当局は一般に、国家安全保障事件でテロ容疑者を正式に手配または釈放するための2週間の期限を尊重した。[6] :ページ:6–7 

検察官が起訴を提出した後にのみ、容疑者は弁護士に連絡する権利があります。法律により、貧しい被告は州の費用で弁護士を雇う権利がありますが、実際には2011年には弁護士が提供されませんでした。[6] :ページ:7 

2011年には保釈制度がありましたが、裁判官が弁護士の保釈請求を恣意的に拒否したり、過度に高い保釈額を設定したりすることがありました。[6] :ページ:7 

裁判前の拘留

2011年、弁護士は、拘留者の長期の投獄と法廷審問の組織化の遅れを強調したが、平均拘禁期間または裁判前手続きの期間に関する統計は入手できなかった。[6] :ページ:7 

恩赦

2011年、モハメド・オールド・アブデル・アジズ大統領は、「ジーナ​​」または結婚以外の性的関係で有罪判決を受けた8人の女性を含む269人の囚人を赦免した。人権活動家や麻薬密売に関連する個人も釈放された。[6] :ページ:7 

公正な公判の否認

モーリタニアの憲法と制定法は独立した司法機関を規定していますが、2011年には実際には独立していませんでした。行政機関は、裁判官を任命および解任する能力を通じて、司法機関に対して引き続き大きな影響力を行使しました。政府は一般的に裁判所の命令を尊重しました。[6] :ページ:7 

教育と訓練が不十分な裁判官は、2011年に、司法の公平性を制限する社会的、財政的、および部族の圧力に敏感でした。5月15日、3人の少年は、別の未成年者の死亡における彼らの役割について、国内法および批准された国際条約に違反して死刑を宣告された。オブザーバーは、裁判所が部族的および社会的要因の影響を受けていることを示唆した。12月12日、刑期は懲役12年に短縮され、合計120万ウギア(4,130米ドル)の罰金が科せられました。[6] :ページ:7 

2011年には、国際移住機関世界銀行などの国際的なドナーが、司法の専門性を高めることを目的として、検察官や裁判官のトレーニングに資金を提供しました。[6] :ページ:8 

裁判手順

シャリーアは、法律と法的手続きの基礎となる法的原則を提供します。[6] :ページ:8 

法律は適正手続きを規定しています。被告は無実であると推定されます。彼らには、公の裁判を受ける権利があり、裁判中に立ち会う権利があります。陪審員は使用されません。すべての被告は、裁判所またはその支払い能力に関係なく、訴訟手続き中に弁護士による代理人を務める法的権利を有します。裁判所は、支払う能力のない被告を代表する弁護士を無料で任命する必要がありますが、2011年中にこの措置がとられることはめったにありませんでした。被告には上訴する権利があります。被告は、証人と対峙または質問し、民事および刑事事件の両方で証人と証拠を提示することができます。法律により、被告は政府が保有する証拠にアクセスできますが、2011年のアクセスは実際には困難でした。これらの権利は少数派にまで拡大されました。前述の権利は一般的に男性で実際に観察されたが、女性にも同様に拡大されなかった。[6] :ページ:8 

2011年の裁判所は、すべての場合において女性を平等に扱ったわけではありません。弁護士はまた、場合によっては、女性の不平等な扱いは、女性のカーストや国籍などの考慮事項に基づいていると報告した。[6] :ページ:8 

特別法廷では、18歳未満の人が関与する事件を審理します。法廷に出廷した子供は、成人よりも寛大な判決を受け、少年の事件では酌量すべき事情がより考慮されました。試される子供の最低年齢は12歳です。犯罪で有罪判決を受けた12歳から18歳までの子供は、未成年者の拘置所に刑を宣告されます。[6] :ページ:8 

政治犯と被拘禁者

2011年には、政治犯または被拘禁者の報告はなかった。[6] :ページ:8 

民事司法手続きと救済

人権侵害の苦情は行政裁判所の管轄内にあります。個人または組織は、国際地方裁判所に決定を上訴することができます。非政府組織の代表者は、2011年に裁判所と協力したと述べたが、裁判所は実際には公平ではなかった。控訴裁判所の社会的会議室および最高裁判所を通じて、行政上および司法上の救済策があります。[6] :ページ:8–9 

プライバシー、家族、家、または通信への恣意的な干渉

モーリタニアの憲法はそのような行動を禁止しており、政府は一般的に2011年にこれらの禁止を実際に尊重しました。[6] :ページ:9 

市民の自由の尊重

言論の自由と

言論の自由の状況と

モーリタニアの憲法は言論の自由を規定しており、2011年の政府は一般的にこの権利を実際に尊重していました。個人は公的または私的に政府を批判する可能性があります。2つの日刊紙とすべての放送メディアは政府所有でしたが、いくつかの独立した日刊紙が活発であり、一般的に制限のあるさまざまな見解を表明していました。[6] :ページ:9  新聞は政府からの圧力が比較的少ない。[7]

一部のジャーナリストは、軍事力、汚職、シャリーアの適用など、デリケートと見なされるトピックを取り上げる際に自己検閲を実施しました。抗議や奴隷制などのトピックの報道に関連して、2011年に警察がジャーナリストを拘留し尋問したという報告があった。一部の野党指導者は、公式メディアへの効果的なアクセスがないと主張した。[6] :ページ:9 

2011年も、ほとんどの市民にとって独立したメディアが主要な情報源であり、政府のメディアがそれに続きました。政府メディアは主に公式ニュースに焦点を合わせたが、年間を通じて野党の活動と見解をある程度報道した。政府所有のテレビモーリタニアは、野党活動をカバーする番組を時折放送している。9月と10月の国家政治対話の間、政府メディアは反対派と親政府の声明のバランスの取れた報道を維持した。[6] :ページ:9–10 

報道の自由を拡大するための行動

2011年10月5日、立法府は2006年の報道の自由法の改正案を採択し、国家元首や公認大使を含む個人の誹謗中傷および名誉毀損に対する懲役刑を廃止しました。これらの違反に対する罰金は引き続き有効です。一部のジャーナリストは、法の「弾力的な」適用に反対し続けた。彼らは、ジャーナリストの報道にペナルティを課すために大まかに解釈される可能性があると主張している。[6] :ページ:10 

政府による放送メディアの51年間の独占の終了を知らせるため、2011年9月18日、High Press and Audiovisual Authority(HAPA)は、非政府機関が所有する5つの新しいラジオ局と5つの新しいテレビチャンネルの申請を開始しました。HAPAは、ラジオ局で17件、テレビチャンネルで9件の申し込みを受け取りました。11月20日、HAPAは、2つの独立したテレビ局と5つの独立したラジオ局が放送の許可を受けたと発表しました。野党の一部のメンバーは、発行された許可は政府の利益に有利であると主張した。[6] :ページ:10 

インターネットの自由

OpenNet Initiative (ONI)は、モーリタニアを政治分野での選択的インターネットフィルタリングに従事していると分類し、2009年には社会、セキュリティ/紛争、インターネットツール分野でのフィルタリングの証拠を発見しませんでした。[8] [9]個別のONIはありません。モーリタニアの国別プロファイルですが、中東および北アフリカのONI地域概要に含まれています。[10]

インターネットへのアクセスに関する政府の制限や、政府が2010年に電子メールまたはインターネットチャットルームを監視したという報告はありませんでした。個人およびグループは、電子メールを含むインターネットを介して平和的な意見の表明に従事できました。児童ポルノを禁止する法律があり、2か月から1年の懲役と、16万から30万ウギア(550ドルから1,034ドル)の罰金が科せられます。[11]

インターネットアクセスは全国の都市部で利用可能であり、ホームアクセスは裕福な人々の間で一般的であり、インターネットカフェは残りの人々にサービスを提供しています。2009年の国際電気通信連合の統計によると、国の住民の約2.28パーセントがインターネットを使用していました。[11]

2009年3月16日から3月19日の間、および2009年6月25日に、ニュースWebサイトTaqadoumyがブロックされました。[10] [12]2010年2月26日、TaqadoumyのディレクターであるHanevy Ould Dehahは、イスラムに対する犯罪で有罪判決を受け、課せられたすべての罰金と法的費用を支払ったにもかかわらず、2009年12月から拘留された後大統領恩赦を受けました。サールがアジズ将軍から選挙資金で家を購入したという記事を発表したことで大統領候補イブラヒマ・サールの名誉毀損の罪で2009年6月に最初に逮捕されたデハ。Dehahは、2009年8月に懲役6か月の刑を言い渡され、イスラム教と品位に反する行為を行ったとして30,000ウギア($ 111)の罰金を科されました。判決判事は、性的自由の増加を求めるタカドゥミのサイトで行われた女性読者のコメントに基づいて、個人が反イスラム的で下品な見解を表現できるスペースを作成したとしてデハを非難した。[11]

学問の自由と文化的イベント

2011年には、学問の自由や文化的イベントに関する政府の制限はありませんでした。[6] :ページ:10 

平和的集会と結社の自由

集会の自由

モーリタニアの憲法は集会の自由を規定しています。[13]法律は、主催者が大規模な会議または集会を開催する許可を地元の知事(ハキム)に申請することを要求している。当局は一般的に2011年に許可を与えましたが、政治的基準の適用を示唆する状況で許可を拒否する場合もありました。[6] :ページ:10–11 

2011年の治安部隊は、2月25日の青年[14]、政治的、社会的、経済的改革を求めるグループ、および登録運動に抗議していた「私の国籍に触れないでください」運動によって組織された無許可のデモを強制的に解散させました。アムネスティ・インターナショナルによると、8月4日、当局は10歳の少女の奴隷化の疑いに対する抗議に参加したとして4人の反奴隷制活動家を逮捕した。4人の男性は「無許可の集会」と「反乱」の罪で起訴され、ヌアクショット裁判所から執行猶予付きの6か月の刑が言い渡された。警察が拘留した別の参加者は、警察が彼を蹴って殴ったと主張した。[6] :ページ:11 

結社の自由

モーリタニアの憲法は結社の自由を規定しており[15]、政府は2011年にこの権利を一般的に尊重した。[6] :ページ:11 

すべての政党および地方の非政府組織(NGO)は、内務省に登録する必要があります。政府は、2011年中に地元のNGOが政府が後援する市民社会プラットフォームに参加することを奨励した。プラットフォームのメンバーである約300のNGOは政府の資金を受け取っていない。[6] :ページ:11 

2011年には約78の認定政党とNGOがあり、それらは一般に公然と機能し、公の声明を発表し、独自のリーダーシップを選択しました。政府は一般的に、認められていない政党やNGOの機能を妨げなかった。[6] :ページ:11 

信教の自由

モーリタニアの憲法、制定法、および政策は、宗教の自由を制限しています。1991年の憲法は、この国をイスラム共和国と定義し、イスラム教をその市民と国家の唯一の宗教として認めています。[16] :ページ:1 

このスタンスのため、すべての非イスラム教徒は国の市民になることを禁じられています。イスラム教から改宗した人は市民権を失います。刑法第306条は背教を禁止している。犯罪で有罪となったイスラム教徒には3日以内に悔い改める機会が与えられ、その人が悔い改めない場合、その人は死刑を宣告され、その人の財産は財務省によって没収されると述べられています。[16] :ページ:1–2 

政府と市民は、イスラム教が国内のさまざまな民族グループを統合するための不可欠なまとまりのある要素であると考えています。ファトワの制定と伝達、宗教的過激主義との戦い、イスラム研究の研究の促進、巡礼とウムラの組織化、モスクの監視を任務とする内閣レベルのイスラム問題と伝統教育省があります。6人のイマームで構成されるイスラム高等評議会は、イスラム教の教訓への法律の適合について政府に助言している。[16] :ページ:2 

2011年には、宗教の自由の乱用の報告はありませんでした。過激な過激主義を削減するために、政府はイスラム教の節度に焦点を当てたさまざまな円卓会議で独立した宗教団体と協力しました。[16] :ページ:3 

2011年には、宗教的所属、信念、または慣習に基づく社会的虐待または差別の報告はなかった。しかし、キリスト教徒の間で活動している国際機関は、キリスト教徒の集会に参加した人々は家族や隣人に追放されたと報告しました。[16] :ページ:4 

政府は、非イスラム教の宗教資料の印刷および配布を禁止していますが、これらの資料の所持は合法です。非イスラム教徒による改宗を禁止する特定の法的な禁止事項はありませんが、実際には、政府は「イスラム教は国民と国家の宗教である」と述べている憲法第5条の広範な解釈を通じてそのような活動を禁止しています。非イスラム教徒が国内の少数のキリスト教教会でのみ礼拝を行うことを制限する非公式の政府要件があります。政府は、個人の家であっても、宗教団体が会う前に公式の許可を受けることを要求している。実際には、当局は2011年にこの要件を常に施行したわけではありません。[16] :ページ:2 

政府は宗教団体を登録していません。ただし、宗教団体に所属する人道主義および開発NGOを含む非政府組織(NGO)は、内務省に登録する必要があります。NGOは、イスラム教以外の宗教を改宗またはその他の方法で宣伝することを控えることに同意する必要があります。[16] :ページ:2 

ブロガーのMohamedCheikhOuld Mkhaitirは、背教で2014年に逮捕され、その後死刑を宣告されました。最高裁判所が彼の判決を支持し、事件を下級裁判所に送り返したため、彼は死刑囚監房にとどまっている。[17]

移動の自由、国内避難民、難民の保護、無国籍者

モーリタニアの憲法と制定法は、国内での移動、海外旅行、移民、および本国送還の自由を規定しています。政府は一般的に2011年にこれらの権利を尊重したが、例外もあった。[6] :ページ:12 

政府は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際移住機関、およびその他の人道組織と協力して、国内避難民、難民、帰還難民、亡命希望者、無国籍者、および他の関係者。実際には、政府によって提供されたリソースは不十分でした。[6] :ページ:12 

2011年に身分証明書を持っていない人は、一部の地域で自由に旅行することができませんでした。テロの脅威が増大しているとの説明に応えて、政府は憲兵隊、警察、または税関当局が旅行者の書類をチェックする移動式の障害物を設置しました。これらの障害は、当局が賄賂を要求する機会をしばしば提供しました。[6] :ページ:12 

2010年とは異なり、当局は2011年に一部の野党メンバーの海外旅行を制限しなかった。[6] :ページ:12 

難民の保護

モーリタニアの法律は庇護または難民の地位の付与を規定しており、政府は難民を保護するためのシステムを確立しています。難民のための全国諮問委員会(CNCR)は、難民の地位を決定するための全国機関です。国連難民高等弁務官事務所は、その任務の下で難民の地位の決定を行い、承認のためにCNCRに事件を提示します。[6] :ページ:12 

2011年、政府は、人種、宗教、国籍、特定の社会集団のメンバーシップ、または政治的意見のために難民の生命または自由が脅かされる国への難民の追放または帰還に対する保護を提供しました。政府はこの年の間に約500人の難民を保護した。[6] :ページ:13 

移動の自由に関する西アフリカ諸国経済共同体との合意に基づき、政府は2011年に西アフリカの移民が国内に留まることを許可し、カナリア諸島に不法に到達しようとしていることが判明した者のみを国外追放した。内務省の統計によると、この年の間に2,001人の移民が出身国に返還された。[6] :ページ:13 

モーリタニアの法律は、難民に雇用市場と医療や教育を含む基本的なサービスへのアクセスを提供しています。UNHCRは、2011年を通じて、収入を生み出す活動で難民を支援しました。[6] :ページ:13 

セネガルとの公式の複数年の本国送還協定の下で、その国からの何千人もの難民がモーリタニアに戻ってきました。難民の歓迎と再統合のための国家機関(ANAIR)は、帰国した難民の再統合を監督し、管理と身元確認のサポートを提供し、第三国定住地域の社会的および経済的発展に貢献する責任があります。非効率的な衛生、健康、教育インフラ、および土地紛争のために、帰還者のコミュニティへの再統合は困難でした。当初、アフロモーリタニアの帰還者の大多数は身分証明書と出生証明書を取得できませんでしたが、ANAIRによると、すべての帰還者は2011年5月6日に開始された新しい全国登録データベースに含まれるか含まれる予定です。[ 6] :ページ:13–14 

政治的権利の尊重

モーリタニアの憲法は市民に平和的に政府を変える権利を与えており、国は2009年の大統領選挙で軍事政権からの平和的な移行を達成し、同じ年に上院の議席の3分の1の間接選挙が行われました。しかし、政府は、野党との合意に達することができなかったため、市議会議員、国会議員、および上院議席の3分の1の予定された選挙を無期限に延期した。[6] :ページ:14 

選挙と政治参加

モーリタニアは、ダカール合意続いて2009年に憲法上の統治に戻り[18] 、その結果、シディ・オールド・シェイク・アブダラヒ大統領が辞任することに合意し、国民統一暫定政府が結成された。[6] :ページ:14 

2009年に行われた選挙では、元最高評議会のリーダーであるモハメド・オールド・アブデル・アジズ将軍が投票の53%を獲得しました。一部の野党グループは選挙が不正であると主張し、調査を要求したが、憲法評議会は選挙を承認した。[6] :ページ:14 

同じく2009年に上院の議席の3分の1を占めるための地方議会による選挙は、共和国のための連合に大きな勝利をもたらしました。野党と無所属の候補者は、多数党の候補者に投票するよう市議会議員に、そして独立した候補者に撤退するように強い圧力をかけていると彼らが特徴づけたものを非難した。当局はこれらの苦情を調査し​​ませんでした。[6] :ページ:14 

上院議席のさらに3分の1の間接選挙は、当初2011年4月24日に予定されていましたが、政府と野党連立が選挙法の書き換えを求める野党の要求に同意できなかったため、2回延期されました。与党連立は解散し、メディアを規制する法律が改正された。野党連立は、その要求が満たされるまで選挙に参加しないことを示した。過半数および野党は、政治的行き詰まりを解決するために9月17日から10月19日まで全国対話を行ったが、2011年末までに上院、国会、または地方選挙の日程は確立されていなかった。 2012年5月までの議会選挙の延期は合法です。[6]:ページ:15 

2011年には、国会に18人、56議席の上院に6人の女性がいた。27人の内閣には、3人の女性、3人のクロデメキン、5人のアフロモーリタニア人が含まれていた。法律は、女性が立法候補者リストの候補者の少なくとも20パーセントを占めることを要求しています。2011年に実際に観察されました。[6] :ページ:15 

公式の腐敗と政府の透明性

法律は公務員の汚職に対して刑事罰を規定しているが、2011年の当局は法を効果的に施行せず、公務員はしばしば不処罰で汚職行為に従事した。汚職行為は政府のあらゆるレベルで存在すると広く信じられており、世界銀行の世界ガバナンス指標は汚職が深刻な問題であることを反映しています。[6] :ページ:15 モーリタニアは、トランスペアレンシーインターナショナルによって報告された2011年の腐敗認識指数で183か国中143位にランクされました[19]

2011年には、政府当局者が頻繁に権力を行使して、無許可の免税、土地の特別付与、政府プロジェクトへの入札中の優遇措置などの恩恵を受けたという報告がありました。汚職は、政府調達、銀行ローン、漁業免許の分配、土地の分配、および税金の支払いで最も蔓延していました。[6] :ページ:15 

内務省の経済犯罪旅団と監察官室は、2011年に汚職の調査を担当しました。1月16日、司法評議会は、汚職に対する法的努力を強化するために、経済犯罪を担当する特別室である経済金融犯罪刑事課を設立しました。この年の間に、この機関は7つの調査を完了し、その結果、数人の政府職員が解雇された。[6] :ページ:15 

2011年の警察では、汚職と不処罰も深刻な問題であり、政府が治安当局に責任を負わせたり、虐待の罪で起訴したりすることはめったにありませんでした。警察は、ヌアクショットの夜間の障害物や都市間の検問所で定期的に賄賂を要求しました。警察がヌアクショットや他の町の障害物で数時間または一晩恣意的に個人を拘留したという多くの報告があった。これらの報告によると、警察は身分証明書や車両登録を求めずに、また車両を捜索することなく、運転手または乗客を拘束した。司法の腐敗も問題でした。[6] :ページ:16 

2011年、政府は大統領を含む高官が職務の開始時と終了時に個人資産の申告を行うという要件を施行しました。伝えられるところによると、高官は内部手続きを通じて資産を開示しているが、その情報は一般に公開されていない。[6] :ページ:16 

法律は政府情報への公的アクセスを規定しており、政府は2011年中に市民および外国メディアを含む非市民へのそのようなアクセスを許可した。[6] :ページ:16 

人権侵害の疑いに関する国際的および非政府的調査に関する政府の態度

いくつかの国内および国際的な人権団体は、2011年に政府の制限なしに運営され、人権事件に関する調査結果を調査および公表しました。政府関係者は幾分協力的であり、彼らの見解に敏感でした。[6] :ページ:16–17 

独立したオンブズマン組織である全国人権委員会には、政府と市民社会の代表者が含まれています。2011年には、人権を積極的に監視し、違反を是正するための政府の行動を提唱しました。[6] :ページ:17 

差別、社会的虐待、人身売買

モーリタニアの憲法および制定法は、人種、出身国、性別、または社会的地位に関係なく、すべての市民に平等を規定しておらず、人種的または民族的宣伝を禁止しています。しかし、2011年の政府は、人種や部族の所属、社会的地位、政治的つながりに基づいて個人を支持することがよくありました。[6] :ページ:17 

女性

非政府組織(NGO)によると、2011年の報告されたレイプと報告されていないレイプの両方の発生率は引き続き高く、レイプは深刻な問題と見なされていた。配偶者によるレイプを含むレイプは違法です。刑法によると、独身男性であるレイプ犯は強制労働と鞭打ちの罰に直面した。既婚のレイプ犯は死刑の対象となる可能性があります。実際には、レイプ事件が裁判にかけられることはめったにありません。伝えられるところによると、裕福なレイプ容疑者は起訴を回避したか、起訴された場合は刑務所を回避した。被害者の家族は通常、金銭的補償についてレイプ犯と合意に達した。レイプの逮捕、起訴、有罪判決に関する全国統計は入手できなかった。人権活動家と弁護士は、レイプ被害者が汚名を着せられ、迫害され、さらには投獄されたと報告した。レイプは姦淫の概念と結びついているので、裁判官は被害者にレイプの責任を負わせることができます。2011年には、レイプの有罪判決はありませんでした。[6] :ページ:17 

家庭内暴力は2011年に深刻な問題と見なされました。配偶者による虐待と家庭内暴力は違法ですが、政府は法律を効果的に施行せず、ほとんどの事件は報告されませんでした。家庭内暴力に対する特別な罰則はなく、有罪判決は非常にまれでした。起訴、有罪判決、および家庭内暴力の判決に関する信頼できる政府の統計は入手できなかった。2010年、女性家族長協会(AFCF)は、1,753人の家庭内暴力の犠牲者に法的支援を提供しました。警察と司法当局が家庭内暴力事件に介入することもありましたが、女性が法的な救済を求めることはめったになく、代わりに家族、NGO、コミュニティリーダーに家庭内紛争の解決を任せました。多くの家庭内暴力事件は、世俗的なシステムの外でシャリーアの下で伝統的な裁判官によって処理されます。[6] :ページ:17–18 

女性に対する伝統的な虐待の形態は2011年に減少したように見えた。これらの1つは、ホワイトムーアの部族グループ間でのみ行われる結婚前の思春期の少女の強制給餌(強制給餌)である。過度の体重に関連する健康上のリスクを含む、問題に対する政府、メディア、および市民社会の関心の高まりは、女性の肥満の伝統的な奨励の著しい低下につながりました。文化的基準に準拠するための過食は主に農村地域で行われていましたが、多くの都市部の女性は、体重を増やしたり食欲を増進したりするために錠剤を服用することで健康を危険にさらしていました。[6] :ページ:18 

セクシャルハラスメントを禁止する法律はありません。女性のNGOは、2011年に、それが職場で一般的な問題であると報告しました。[6] :ページ:18 

2011年に政府は、個人とカップルが子供の数、間隔、タイミングを自由かつ責任を持って決定し、差別、暴力、強制から解放されるための情報と手段を得る権利を認めました。生殖の問題はデリケートなトピックであり、一部の女性グループの焦点でした。政府の保健センターは、未婚の女性に避妊へのアクセスを提供せず、夫の同意がある場合にのみ既婚の女性に提供しました。避妊は、それを買う余裕のある人々のために民間の保健センターで利用可能でした。[6] :ページ:18 

女性は財産と子供の監護権に対する法的権利を持っており、これらの権利は2011年に、より教育を受け都市化された人口のメンバーの間で認められました。しかし、女性の法的権利は男性のそれと比較して制限されていました。離婚した女性は、再婚した場合、子供の監護権を失う可能性があります。地元の伝統では、女性の最初の結婚には親の同意が必要です。個人身分法に従い、男性は最大4人の女性と結婚できますが、再婚する前に、既存の配偶者の同意を得る必要があります。政府の意識向上プログラムは、夫が次の妻と結婚した場合に結婚が終了することを規定する結婚時に女性が契約上の合意を得るように奨励した。この慣習はムーア社会では一般的でした。それにもかかわらず、確固たる契約を結ばなかった女性は無防備なままでした。さらに、婚前契約の有効性と確立する権利は必ずしも尊重されていませんでした。一夫多妻制はムーア人の間では引き続き珍しいものでしたが、人気が高まっていました。それは他の民族グループの間で一般的でした。特にムーアの人々の間では、アレンジされた結婚はますますまれになりました。異なるカーストのメンバー間の結婚に対する文化的抵抗は持続し、NGOは、強力な個人が司法制度を利用して、社会的地位以下で結婚した家族のメンバーを脅迫し迫害したと報告した。特にムーアの人々の間では、アレンジされた結婚はますますまれになりました。異なるカーストのメンバー間の結婚に対する文化的抵抗は持続し、NGOは、強力な個人が司法制度を利用して、社会的地位以下で結婚した家族のメンバーを脅迫し迫害したと報告した。特にムーアの人々の間では、アレンジされた結婚はますますまれになりました。異なるカーストのメンバー間の結婚に対する文化的抵抗は持続し、NGOは、強力な個人が司法制度を利用して、社会的地位以下で結婚した家族のメンバーを脅迫し迫害したと報告した。[6] :ページ:19 

女性は2011年も依然として法的な差別に直面しており、法律上未成年者と見なされていました。モーリタニアで適用されたシャリーアによれば、2人の女性の証言は1人の男性の証言と同等である必要がありました。裁判所は、殺害された女性の家族に対して、男性の家族の半分の補償しか与えていませんでした。プロパティ分布の式は、ケースごとに大きく異なります。人権弁護士は、裁判官が白人女性、女性の奴隷または他の低位の女性、および外国人女性に関する事件を異なって扱ったと報告した。個人身分法は、世俗法とシャリーアに基づく家族法を一貫して適用するための枠組みを提供しますが、一律に採用されているわけではありません。[6] :ページ:19 

シャリーアが特に取り上げていない地域では、2011年に女性は法的な差別に直面しなかった。法律は、男性と女性が同一労働同一賃金を受け取るべきであると規定しています。公務員と州の鉱業会社の2つの最大の雇用主はこの法律を遵守しましたが、民間部門のほとんどの雇用主は実際にはそれを適用しませんでした。現代の賃金部門では、女性は3か月の産休を含む家族手当も受けました。[6] :ページ:20 

子供

法律は子供たちの福祉のために特別な規定を設けており、2011年には捨てられた子供たちの世話をする政府のプログラムがありました。しかし、不十分な資金提供はこれらのプログラムの有効性を妨げました。[6] :ページ:20 

出生登録

法律により、市民権は通常、父親に由来します。市民権は、次の2つの条件の下で母親から得ることができます。(1)母親が市民であり、父親の国籍が不明である場合。または(2)子供がモーリタニアで市民の母親に生まれ、過半数に達する1年前に父親の国籍を拒否した場合。海外で市民に生まれた子供は、過半数に達する1年前に市民権を取得できます。帰化した市民となった親の未成年の子供も市民権の対象となります。[6] :ページ:20 

2011年のほとんどの国では、政府は一般的に出生をすぐに登録しましたが、南部では、多くの市民が出生証明書や国民身分証明書を持っていないと報告しました。さらに、一部の奴隷は出生証明書を持っていませんでした。未登録の出生数に関する公式データはありませんでした。[6] :ページ:20 

教育

法律はすべての子供に6年間の通学を義務付けていますが、2011年には法律は効果的に施行されませんでした。多くの子供、特に女の子は6年間学校に通っていませんでした。奴隷カーストの家族の子供たちはしばしば教育を受けていませんでした。[6] :ページ:20 

公教育は大学レベルまで授業料無料でした。2011年には、すべての社会的および民族的グループの少年と少女および学生を含むクラスが完全に統合されました。公立学校に加えて、性別や民族に関係なく、ほとんどすべての子供たちが5歳から7歳までのQur'anic学校に通い、少なくともアラビア語の読み書きの基本的なスキルを習得しました[6] :ページ:21 

児童虐待

児童虐待が報告されたが、2011年のその有病率を示すデータは入手できなかった。[6] :ページ:21 

児童労働

米国労働省児童労働または強制労働によって生産された商品の最新版で報告されているように、児童労働の事例は依然として農業および牛の群れで観察されています。

子供の結婚

法定結婚年齢は18歳ですが、法律が施行されることはめったになく、子供の結婚の報告が広まりました。結婚以外の合意に基づくセックスは違法であるため、「weli」(家庭教師)は、18歳未満の少女の結婚の許可を求める地方自治体に訴訟を提起することができます。実際には、当局は頻繁にこの許可を与えました。[6] :ページ:21 

有害な伝統的慣習

女性性器切除(FGM)は、2011年にすべての民族グループによって実施され、若い女の子に対して行われ、多くの場合、生後7日目に、ほとんどの場合6か月前に行われました。児童保護刑法は、女性の子供の性器を損傷する行為または試みは、懲役および120,000〜300,000ウギア(US $ 410〜 $ 1,034)の罰金によって罰せられると述べています。FGMに関する最新の統計では、主に都市居住者の診療の減少により、発生率が2001年の71%から2007年には65%に減少したことが示されています。最も厳しい形態の切除である炎症は行われなかった[6] :ページ:21 

政府と国際的な非政府組織は2011年も引き続き、病院での診療を根絶し、助産師がFGMを診療することを思いとどまらせ、住民を教育することに焦点を当てた反FGMの取り組みを調整しました。政府、国連人口基金国連児童基金、および全国イマーム協会は、FGMの深刻な健康リスクを強調し、その慣行は宗教的要件であるという広範な信念を正すために、他の市民社会メンバーに加わった。公立病院と認可された開業医はFGMの実施を禁じられており、いくつかの政府機関は他の機関がFGMを実行するのを防ぐために働いた。何人かの女性の権利の専門家によると、これらの努力は一般の態度を変えているように見えた。[6] :ページ:21 

子どもの性的搾取

モーリタニアの法律は、子供との成人の性的関係を禁じており、6か月から2年の懲役と、120,000から180,000のウギア(410ドルから620ドル)の罰金が科せられます。児童ポルノの所持も違法であり、懲役2か月から1年の罰則と、16万から30万ウギア(550ドルから1,034ドル)の罰金が科せられます。子どもの商業的性的搾取は違法であり、有罪判決には2年から5年の懲役と、20万から200万ウギア(690ドルから6,900ドル)の罰金が科せられます。場合によっては、中東の男性は、中東の若いモーリタニアの少女と女性を人身売買し搾取する手段として「一時的な結婚」を契約しました。[6] :ページ:22 

追放された子供たち

社会問題、子供、家族省は、ダルナイムとエルミナの若者挿入センターを通じてヌアクショットの推定1,200人のストリートチルドレンのうち900人を監視しましたが、2011年のストリートチルドレンに対する政府の支援は限られていました。この年、地元の非政府組織であるモーリタニアのInfancy and Developmentは、主に貧困とかつての遊牧民の家族の都市化の結果として路上に住んでいたヌアクショットとヌアジブの760人の子供たちを監視しました。[6] :ページ:22 

国際的な子供の誘拐

モーリタニアは、国際的な子の奪取の民事面に関する1980年のハーグ条約の締約国ではありません。[6] :ページ:22 

反ユダヤ主義

非常に少数の駐在員がユダヤ教を実践しました。2011年には反ユダヤ主義行為の報告はありませんでした。[6] :ページ:22 

人身売買

モーリタニアは、強制労働や性的人身売買の状況にさらされている女性、男性、子供たちの出発国、通過国、目的国です。伝統的な奴隷カーストの大人と子供は、先祖代々の主従関係に根ざした奴隷制関連の慣習にさらされています。奴隷の総数に関する信頼できるデータは存在しませんが、尊敬されているモーリタニアの非政府組織(NGO)の推定によれば、奴隷制は地方と都市の両方の環境で人口の最大20パーセントに影響を与える可能性があります。奴隷制の家族によって何世代にもわたって開催されてきた奴隷制の対象となる人々は、家畜飼育者や家事使用人として無給で働くことを余儀なくされています。[20] :ページ:243  [21]

「タリベ」と呼ばれるコーランの学校で勉強するモーリタニアおよび他の西アフリカ諸国からの何人かの少年は、その後、「マラブー」として知られる腐敗した宗教教師による強制的な物乞いにさらされます。[20] :ページ:243–4 

モーリタニアの少女だけでなく、マリ、セネガル、ガンビア、およびその他の西アフリカ諸国の少女も国内奴隷にされています。モーリタニアの女性と少女は、同じ目的でその国で売春を強要されるか、中東の国々に移送されます。中東諸国の男性は、モーリタニアの若い女の子と女性を性的に搾取する手段として、法的に契約された「一時的な結婚」を使用しています。[20] :ページ:244 

政府は人身売買撲滅のための最低基準を完全には遵守していませんが、そうするよう努力しています。政府は、ある種の人身売買が国の問題であることを認めています。政府は、その歴史上初めて、2011年11月に、2007年の奴隷制禁止法に基づいて奴隷主人を起訴し処罰することに成功しました。2011年の初めに、議会は奴隷制とあらゆる形態の搾取を犯罪とする憲法の規定を承認し、それらを人道に対する罪と同一視しました。8月、政府はまた、個人世帯での家事労働者の雇用を管理する労働法を強化するための新しい法律を制定した。これらの努力にもかかわらず、2011年の調査と起訴は最小限にとどまり、被害者への保護サービスは不十分でした。[20]:ページ:244 

遺伝的奴隷制を除くすべての形態の人身売買は、モーリタニアの2003年の人身売買禁止法により禁止されており、違反に対する5年から10年の懲役が規定されています。これらの罰則は十分に厳しく、レイプに規定されているものを上回っています。[20] :ページ:244 

遺伝的奴隷制を含む奴隷制は、2007年9月に制定された法律2007-048によって禁止されています。この法律は奴隷制を定義し、違反に対して5年から10年の懲役という十分に厳しい罰則を規定しています。法の有効性は、訴追を行う前に奴隷が法的な苦情を申し立てるという要件と、奴隷に代わってNGOが苦情を申し立てることを禁止することによって損なわれたままです。多くの奴隷は読み書きができず、刑事または民事上の苦情の申し立てに関連する事務処理を完了することができません。2011年の政府は、被害者が奴隷制に関する苦情を申し立てるのを支援するプログラムを支援していませんでした。[20] :ページ:244 

障害者

モーリタニアの法律は、教育、雇用、またはその他の州のサービスの提供における身体障害者に対する差別を禁じています。2011年には、障害者に対する政府の差別に関する報告はなかった。しかし、障害者は一般的に建物、情報、通信にアクセスできず、そのようなアクセスを提供する政府のプログラムはありませんでした。政府は、障害のある人にいくらかのリハビリテーションやその他の支援を提供したが、障害のある人の雇用、教育、または公共のアクセシビリティの優先を義務付けなかった。[6] :ページ:23 

国民的、人種的、および民族的マイノリティ

少数民族2011年に政府の差別に直面した。投票に必要な国民識別カードの一貫性のない発行は、南部の少数民族グループの多くのメンバーの権利を事実上奪った。人種的および文化的緊張と差別は、ムーア人とアフロモーリタニア人の間の地理的および文化的格差からも生じました。ムーア人は多くの民族言語学の部族と氏族のグループに分けられ、肌の色で2つを区別することはしばしば困難でしたが、さらにホワイトムーアまたはブラックムーアとして区別されます。ホワイトムーアの部族と氏族。その多くは、何世紀にもわたってベルベル人と結婚した後、浅黒い肌をしています。サハラ以南のアフリカのグループは、政府と企業の地位を支配していました。ブラックムーア人(ハラティンまたは解放奴隷とも呼ばれる)は、ホワイトムーア人よりも政治的および経済的に弱いままでした。ハルプラール族(最大の非ムーア人グループ)、ウォロフ族、ソニンケ族を含むアフロモーリタニアの民族グループは、南部と都市部に集中しています。アフロモーリタニア人は政府と軍隊で過小評価されていました。[6] :ページ:23 

モーリタニアの憲法では、アラビア語を公用語として指定、アラビア語、プラール語、ソニンケ語ウォロフ語を国の公用語として指定しています。政府は、以前の「アラブ化」の取り組みとは対照的に、学校制度内でフランス語とアラビア語のバイリンガリズムを引き続き奨励しました。指導言語としては、アフロモーリタニアの国語もアラビア語ハッサニア語の方言も使用されていませんでした。[6] :ページ:23 

2011年の民族間の対立は、政治的分裂と緊張の一因となった。一部の政党は、容易に識別できる民族基盤を持っている傾向がありましたが、政党連合は、中レベルから高レベルの公的および民間部門の仕事で過小評価され続けました。[6] :ページ:23–4 

2011年には、元奴隷、アフロモーリタニア人、ムーア人の間の土地紛争に関する多数の報告がありました。人権活動家と報道によると、地方当局はムーア人が元奴隷とアフロモーリタニア人によって占められていた土地を収用すること、または水と牧草地へのアクセスを妨害することを許可した。[6] :ページ:24 

2011年、人権非政府組織(NGO)は、奴隷または元奴隷とその主人との間の相続紛争の多数の事例を報告した。伝統的に、スレーブマスターはスレーブの所有物を継承していました。[6] :ページ:24 

2009年に開始されたモーリタニア政府の奴隷制の影響を根絶するプログラムは、2011年も継続されました。その目標は、アサバブラクナゴルゴルホズエッシャルギの各地域の44,750人の元奴隷の貧困を減らし、水へのアクセスを改善することでした。健康、教育、そして収入を生み出す機会。しかし、元人権委員のOuld Daddehが、政府の査察での汚職の発見で、コーディネーターや財務責任者を含む上級レベルのスタッフとともに逮捕された後、2011年にプログラムの活動は縮小されました。NGOは、コミッショナーが政治的な理由で逮捕されたと主張した。[6] :ページ:24 

政府はまた、2011年も、民主的価値と元奴隷を含む社会から取り残された人々の権利を促進することを目的とした紛争予防に関する国連との共同プログラムを継続した。NGO SOS Esclavesによると、これらのプログラムは、奴隷制自体の実践ではなく、貧困と奴隷制の影響との戦いに焦点を合わせていました。[6] :ページ:24 

性的指向と性同一性に基づく社会的虐待、差別、暴力行為

シャリーアの下では、モーリタニアで適用されているように、男性間の合意に基づく同性の性行為は、4人の個人が目撃した場合、死刑に処せられ、女性間のそのような行為は、懲役3か月から2年、および5,000から60,000のウギア( 17ドルから207ドル)罰金。この年、刑事訴追はありませんでした。社会的暴力、社会的差別、または性的指向に基づく体系的な政府の差別の証拠はありませんでした。性的指向や性同一性の権利を擁護する組織はありませんでしたが、そのようなグループの運営に法的な障害はありませんでした。[6] :ページ:24–5 

その他の社会的暴力または差別

HIV / AIDS患者に対する政府の差別の証拠はありませんでしたが、一部の地域では、この病気に関連する社会的タブーと信念により、感染者は孤立または排除に直面しました。[6] :ページ:25 

労働者の権利

結社の自由と団体交渉の権利

モーリタニアの法律は、労働者が選択した独立した組合を結成して加入することを認めており、ストライキを実施し団体交渉を行う権利を提供していますが、ストライキを呼び出すには長く複雑な手続きに従う必要があります。労働者と組合は2011年に数回のストライキを組織した。国際労働オブザーバーは、当局も多数のストライキを抑圧したと報告した。政府は、違法または政治的動機によるストライキと見なすために組合を解散させることができるが、この年の間に組合を解散させなかった。労働者は、ストライキに対して少なくとも10営業日の事前通知を提供しなければなりません。労働者は座り込みをしたり、非打撃労働者が職場に入るのを阻止したりすることは許可されていません。[6] :ページ:25–6 

法的に認められるためには、組合は検察官の許可を得なければならず、検察官は、労働組合が法律を遵守していないと省が信じる場合、内務省の要請により労働組合を暫定的に停止することができる。[6] :ページ:25 

法律は反組合差別を禁じています。法律の下では、軍隊と警察のメンバーを除くすべての労働者は、2011年に自由に組合に加入し、地方および全国レベルで組合を設立した。2011年には、産業労働者と商業労働者のほぼ90パーセントが組合に加入していました。しかし、労働者の25パーセントだけが定期的に支払われる地位に雇用されていました。大多数はインフォーマルセクター、主に自給農業と畜産で働いていました。[6] :ページ:25 

組合は2011年に労働者を組織する権利を行使した。しかし、政府の長は、公務員省が交渉に合意した後、交渉をどのように行うかを決定する。[6] :ページ:26 

反組合差別は違法であるが、国の人権団体および組合は、当局が非常に裕福な市民が所有する一部の民間企業における反組合慣行の疑いを積極的に調査しなかったと報告した。[6] :ページ:26 

強制労働の禁止

法律は、子供を含む強制労働を禁止しています。法律は奴隷制の慣行を犯罪とし、報告された事件に対して行動を起こさない政府職員に罰則を課しています。法律には、強制労働の恩恵を受けるために契約したこと、および組織犯罪ネットワークの一部として強制労働を悪用したことに対する刑事罰も含まれています。2011年には大幅な進歩が見られましたが、奴隷制禁止法を施行するための政府の取り組みは、問題の規模と比較すると不十分であると広く認識されていました。[6] :ページ:26 

2011年に強制児童労働の報告があった。[6] :ページ:26 

奴隷制のような慣行は、典型的には先祖の主従関係から流れ、大人と子供の両方を巻き込み、2011年も続いた。元奴隷とその子孫は、市場性のあるスキルの欠如、貧困、そして永続的な部分の一部で依存状態にとどまることを余儀なくされた干ばつ。このような慣行は、主に教育レベルが一般的に低いか、物々交換経済が依然として普及している地域、およびヌアクショットを含む都市部で発生しました。、奴隷制のような国内サービスが存在した場所。この慣行は一般的に、労働者が家畜を飼育し、畑を手入れし、その他の肉体労働を行う必要がある場合に発生しました。一部の元奴隷と奴隷の子孫は、お金、宿泊、食事、医療の組み合わせと引き換えに、古い主人のために働くように強制されました。これらの従順な状況にある個人は虐待に対して脆弱でした。子供を持つ女性は特に困難に直面し、奴隷状態にとどまり、家事を遂行し、畑を手入れし、または報酬なしで動物を放牧することを余儀なくされる可能性があります。[6] :ページ:26 

伝えられるところによると、元奴隷の中には、彼らが伝統的に耕作していた土地へのアクセスを維持するために、2011年も元主人や他の人のために報酬なしで働き続けたという。法律は、かつての奴隷を含む土地を持たない人々への土地の分配を規定しているが、当局はごく少数の場合にそれを施行している。非政府組織のオブザーバーは、深く埋め込まれた心理的および部族の絆が、何世代にもわたって奴隷であった多くの個人にとって、元の主人または部族との絆を断ち切ることも困難にしたと示唆した。一部の人々は、奴隷の地位が神聖に叙階されたと信じており、その絆が破られた場合の宗教的罰を恐れたため、元の主人とのつながりを続けました。[6] :ページ:27 

2011年には、幼い子供、多くの場合女の子が無給の家事使用人として留置されていた都市部でも強制労働が発生した。一部の個人は、奴隷または主人として自己識別し、さまざまな程度の妥当性で、奴隷制が廃止されたことに気付いていないと主張しました。人権団体は、奴隷のような関係にある人は、活動家との関係を否定するように主人に説得されたと報告した。[6] :ページ:27 

2011年、男性、女性、子供が人身売買され、家事労働、悪意のある宗教教師への路上での物乞い、家事使用人または牧夫としての奴隷のような関係にさらされました。法律は奴隷制の慣行を犯罪とし、報告された事件に対して行動を起こさない政府職員に罰則を課しています。[6] :ページ:27 

2011年4月13日、政府は奴隷制反対法に基づく最初の訴訟を試みた。被告は同じ日に無罪となった。11月20日、奴隷制の若者2人の場合、奴隷制の最初の有罪判決が得られました。船長は2年の禁固刑を言い渡され、彼の家族は執行猶予付きの刑を言い渡されました。彼らはまた、135万ウギア(4,655米ドル)の罰金を支払うように命じられた。2人の若者の母親は、執行猶予付きの1年の刑を言い渡されました。[6] :ページ:27 

政府はまた、児童搾取のより少ない容疑で奴隷所有者とされる者を起訴し、2011年1月16日、裁判所は彼女を有罪とし、懲役刑を言い渡した。しかし、3月、ヌアクショット控訴裁判所は彼女を無罪とした。[6] :ページ:28 

児童労働の禁止と最低雇用年齢

法律は、労働大臣が地域の事情により例外を認めない限り、非農業部門では14歳未満、農業部門では13歳未満の子供を雇用することはできないと規定しています。しかし、インフォーマルセクターでの児童労働は、特に貧しい都心部では重大な問題でした。法律は、14歳から16歳までの雇用された子供は最低賃金の70%を受け取り、17歳から18歳までの子供は最低賃金の90%を受け取るべきであると述べています。[22]

法務省はユニセフと協力して、アラブ首長国連邦でラクダ騎手として働くために派遣されたモーリタニアの子供たちを本国に送還するために働きました。同省は、プログラムの下で12人の若者の本国送還を正式に手配し、本国送還された若者に加えて、以前はラクダ騎手として働いていた追加の若者に家族カウンセリングを提供した。[22]

田舎の幼い子供たちは、家族を養うために、放牧、耕作、漁業、その他の労働に一般的に雇用されていました。都市部の幼児は、ロバのカートを運転し、水や建築資材を配達することがよくありました。一部のマラブーはタリベに不十分な食料と避難所を提供し、1日12時間以上物乞いを強いました。長年の伝統に従い、多くの子供たちが小規模産業やインフォーマルセクターで見習いを務めました。SOS‑Esclavesを含む一部のNGOの報告によると、裕福な家庭での7歳の少女の家事労働は、多くの場合無給であり、問​​題が拡大していると強く述べています。現代の産業部門には児童労働はありませんでした。[22]

いくつかの政府機関は、労働省を含む児童労働法を施行する責任があります。正義; 女性、子供、家族の問題。食料安全保障と社会保護委員会。違反を司法当局に照会する権限を持つ労働監督官がいたが、8人の地域検査官と30人の検査官/管理者は、既存の児童労働やその他の労働法を施行するために必要な輸送や事務機器などの基本的なリソースを欠いていた。[22]

許容できる作業条件

強制されなかった成人の全国的に義務付けられた最低月給は77ドル(21,000ウギア)であり、これは労働者と家族にまともな生活水準を提供しなかった。[22]

標準的な合法的な非農業労働週は、残業時間数に応じて段階的に支払われる残業代を支払わずに、40時間または6日を超えることはできませんでした。国内およびその他の特定の労働者は、週に56時間働くことができます。従業員は、週に少なくとも1回24時間の休憩をとる必要があります。労働省の労働局は労働法の執行に責任を負っているが、実際には不十分な資金が執行の有効性を制限していた。[22]

政府は安全衛生基準を設定し、労働省はこれらの基準を実施する責任がありましたが、一貫性がありませんでした。原則として、労働者は雇用を失うリスクを冒すことなく危険な状態から身を引くことができましたが、実際にはできませんでした。[22]

モーリタニアのフリーダムハウスの評価

次のグラフは、フリーダムハウスが毎年発行しているFreedom intheWorldレポートにおける1972年以降のモーリタニアの評価を示しています。1の評価は「無料」です。7、「無料ではない」。[23] 1

国際人権条約

国際人権条約に対するモーリタニアの姿勢は次のとおりです。

も参照してください

メモ

1. ^「年」は、「対象年」を意味することに注意してください。したがって、2008年の情報は、2009年に発行されたレポートなどからのものです。
2. ^ 1月1日現在。
3. ^ 1982年のレポートは1981年と1982年の前半をカバーし、次の1984年のレポートは1982年の後半と1983年の全体をカバーします。簡単にするために、これら2つの異常な「1年半」のレポート補間により3年間のレポートに分割されました。

参照

  1. ^ モーリタニア、ワールドファクトブック、米国中央情報局
  2. ^ 「モーリタニア:国家の中心での拷問」、アムネスティインターナショナル、2008年12月3日
  3. ^ a b 「モーリタニア:国連普遍的定期審査へのアムネスティ・インターナショナルの提出」、UPRワーキンググループの第9回会期、2010年11月から12月
  4. ^ 「経済的、社会的および文化的権利に関する委員会はモーリタニアの報告を検討する」、DisplayNews、人権高等弁務官事務所、2012年11月16日
  5. ^ 「国勢調査計画に対するモーリタニアの1人の死者の抗議」、ロイター、 AlertNetに転載、2011年9月27日
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am ao ap aq ar as at au av aw _ ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do 2011人権慣行に関する国別報告書:モーリタニア、民主主義局、人権労働局、米国国務省
  7. ^ 「CountriesattheCrossroads 2011:Mauritania」、Cedric Jourde著、オタワ大学政治学部准教授、Freedom House発行、3ページ
  8. ^ OpenNetイニシアチブ「要約されたグローバルインターネットフィルタリングデータスプレッドシート」、2012年10月29日、OpenNetイニシアチブは、トロント大学のMunk School ofGlobalAffairsにあるCitizenLabの共同パートナーシップです。ハーバード大学のバークマンインターネット&ソサエティセンター。とSecDevグループ、オタワ
  9. ^ 法的な懸念により、 OpenNetイニシアチブは児童ポルノのフィルタリングをチェックせず、それらの分類は技術的なフィルタリングに焦点を合わせているため、他のタイプの検閲は含まれていません。
  10. ^ a b 「ONI地域の概要:中東および北アフリカ」、OpenNetイニシアチブ、2009年8月
  11. ^ a b c 人権慣行に関する国別報告書:モーリタニア2010、民主主義、人権、労働局、米国国務省、2011年4月8日
  12. ^ 人権慣行に関する国別報告書:モーリタニア2009、民主主義、人権、労働局、米国国務省、2010年3月11日
  13. ^ 集会の自由に関して、モーリタニア憲法の第10条は、次のように規定しています。ラロイ」
  14. ^ 「警察は政府に対するモーリタニアの若者の集会を解散させる」、ラジオ・ネーデルランド・ワールドワイド:アフリカ、2011年4月25日
  15. ^ 結社の自由に関して、モーリタニア憲法の第10条は、次のように規定しています。 syndicale de leur choix」は、「laliberténepeutêtrelimitéequeparlaloi」の対象となります。
  16. ^ a b c d e f g 2011年の国際宗教の自由報告書:モーリタニア、民主主義、人権および労働局、米国国務省
  17. ^ 「元々死刑判決を受けたブロガーは、モーリタニアの最高裁判所に出廷する」GlobalVoicesAdvocacy2017-01-29 2017年4月9日取得
  18. ^ 「モーリタニア選挙速報、第2号:2011年7月16日から7月31日」、国立民主国際問題研究所
  19. ^ 「腐敗認識指数2011」、トランスペアレンシーインターナショナル
  20. ^ a b c d e f 人身売買報告書2012:モーリタニア、人身取引監視および対策部、米国国務省
  21. ^ モーリタニア、2013年最悪の形態の児童労働に関する調査結果
  22. ^ a b c d efg モーリタニア _ 人権慣行に関する国別報告書-2007年
  23. ^ フリーダムハウス(2012)。「国の評価とステータス、FIW 1973-2012」(XLS)2012年8月22日取得
  24. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:1。ジェノサイドの犯罪の防止と処罰に関する条約。パリ、1948年12月9日」2012年10月20日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  25. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:2。あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約。ニューヨーク、1966年3月7日」2011年2月11日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  26. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:3。経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約。ニューヨーク、1966年12月16日」2012年9月17日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  27. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:4。市民的および政治的権利に関する国際規約。ニューヨーク、1966年12月16日」2010年9月1日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  28. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:5。市民的および政治的権利に関する国際規約の任意議定書。ニューヨーク、1966年12月16日」2012年8月29日取得
  29. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:6。戦争犯罪および人道に対する罪に対する法定時効の適用不可に関する条約。ニューヨーク、1968年11月26日」2012年8月29日取得
  30. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:7。アパルトヘイトの犯罪の抑制と処罰に関する国際条約。ニューヨーク、1973年11月30日」2012年7月18日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  31. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:8。女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約。ニューヨーク、1979年12月18日」2012年8月23日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  32. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:9。拷問およびその他の残酷で非人道的または品位を傷つける扱いまたは罰に対する条約。ニューヨーク、1984年12月10日」2010年11月8日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  33. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:11。児童の権利条約。ニューヨーク、1989年11月20日」2014年2月11日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  34. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:12。死刑の廃止を目的とした市民的および政治的権利に関する国際規約の第2選択議定書。ニューヨーク、1989年12月15日」2012年10月20日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  35. ^ 国連「国連条約集:第4章:人権:13。すべての移民労働者とその家族の権利の保護に関する国際条約。ニューヨーク、1990年12月18日」2012年8月25日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  36. ^ 国連「国連条約コレクション:第IV章:人権:8b。女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約の選択議定書。ニューヨーク、1999年10月6日」2012年8月29日取得
  37. ^ 国連「国連条約集:第4章:人権:11b。武力紛争への子どもの関与に関する子どもの権利に関する条約の任意議定書。ニューヨーク、2000年5月25日」2012年8月29日取得
  38. ^ 国連「国連条約コレクション:第IV章:人権:11c。児童の販売、児童買春および児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の任意議定書。ニューヨーク、2000年5月25日」2012年8月29日取得
  39. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:15。障害者の権利に関する条約。ニューヨーク、2006年12月13日」2012年8月19日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  40. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:15a。障害者の権利に関する条約の任意議定書。ニューヨーク、2006年12月13日」2016年1月13日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  41. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:16。強制失踪からすべての人を保護するための国際条約。ニューヨーク、2006年12月20日」2012年8月29日取得
  42. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:3a。経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約の任意議定書。ニューヨーク、2008年12月10日」2012年8月29日取得
  43. ^ 国連「国連条約コレクション:第4章:人権:11d。通信手続きに関する児童の権利条約の任意議定書。ニューヨーク、2011年12月19日。ニューヨーク、2008年12月10日」2012年8月25日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月29日取得
  44. ^ ミネソタ大学人権図書館、人権および人民の権利に関するアフリカ憲章に署名、承認/遵守した国のリスト(2005年1月7日現在)
  45. ^ アフリカ連合、アフリカ連合における女性の権利に関する人権および人権に関するアフリカ憲章の議定書に署名、承認/遵守した国のリスト、最終更新日2010年7月22日 2013年9月14日ウェイバックマシンでアーカイブ
  46. ^ アフリカ連合の子どもの権利と福祉に関するアフリカ憲章に署名、承認/遵守した国のリスト、最終更新日2010年3月1日 2013年9月9日ウェイバックマシンでアーカイブ
  47. ^ 腐敗の防止と闘いに関するアフリカ連合条約に署名、承認/遵守した国のリスト、アフリカ連合、最終更新日2010年8月6日 2014年2月21日ウェイバックマシンでアーカイブ
  48. ^ 「アフリカ連合の民主主義、選挙および統治に関するアフリカ憲章に署名、批准/遵守した国のリスト、最終更新日は2009年12月8日」2012年9月2日にオリジナルからアーカイブされました2012年11月12日取得
  49. ^ アフリカ連合、アフリカの内部避難民の保護と支援のためのアフリカ連合条約(カンパラ条約)に署名、批准/遵守した国のリスト、最終更新日2010年8月6日 2013年9月9日ウェイバックマシンでアーカイブ
  50. ^ 「アフリカ連合のアフリカ青年憲章に署名、批准/遵守した国のリスト、最終更新日は2010年8月6日」(PDF)2012年8月29日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2012年11月12日取得
  51. ^ 国際私法に関するハーグ会議「ステータステーブル:国際的な子供の誘拐の市民的側面に関する1980年10月25日の条約」2012年11月13日取得

外部リンク