人間開発指数

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

人間開発指数のカテゴリーを表す世界地図(2019年のデータに基づく、2020年に公開)。
  0.800〜1.000(非常に高い)
  0.700〜0.799(高)
  0.550〜0.699(中)
  0.350〜0.549(低)
  データは利用できません
0.050刻みの人間開発指数カテゴリー別の国の世界地図(2019年のデータに基づく、2020年に公開)。
  ≥0.900
  0.850〜0.899
  0.800〜0.849
  0.750〜0.799
  0.700〜0.749
  0.650〜0.699
  0.600〜0.649
  0.550〜0.599
  0.500〜0.549
  0.450〜0.499
  0.400〜0.449
  ≤0.399
  データは利用できません

人間開発指数HDIは)の統計複合インデックスで平均寿命教育(教育システムに入ると学校教育の完成と予想される就学年の平均年)、および人当たりの所得ごとに4つの階層にランク国に使用されている指標、人間開発。国寿命長く教育レベルが高く、一人当たりの国民総所得GNI(PPP)が高いほど、HDIのスコアが高くなります。パキスタンの経済学者マブーブルハックによって開発されましたさらに、国連開発計画(UNDP)の人間開発報告書事務所によって国の発展を測定するために使用されました[1] [2] [3]

2010年の人間開発報告書では、不平等調整済み人間開発指数(IHDI)が導入されました単純なHDIは引き続き有用ですが、「IHDIは人間開発の実際のレベル(不平等を説明する)であり、HDIは「潜在的な」人間開発(またはHDIの最大レベル)の指標と見なすことができます。不平等がなければ達成できるだろう」と語った。[4]

このインデックスは、マブーブル・ハックによって開発された人間開発アプローチに基づいておりアマルティア・センの人間能力に関する研究に基づいており、多くの場合、人々が人生で望ましいことを「できる」か「できる」かという観点から組み立てられています。例としては、次のようなものがあります。行うこと:仕事、教育、投票、コミュニティ生活への参加。選択の自由が中心です。(宗教的な断食のときのように)空腹になることを選択する人は、食べ物を買う余裕がないため、または国が飢饉にあるために空腹である人とはまったく異なります。[5]

この指数は、一人当たり純資産の商品の相対的な品質など、いくつかの要因を考慮していませんこの状況は、G7加盟国など、一部の先進国のランキングを下げる傾向があります。[6]

起源

HDIの起源は、国連開発計画(UNDP)の人間開発報告書事務所が作成する年次人間開発報告書に記載されています。これらは1990年にパキスタンの経済学者Mahbubul Haqによって考案され、立ち上げられ、「開発経済学の焦点を国民経済計算から人を中心とした政策に移す」という明確な目的を持っていましたHaqは、経済の進歩だけでなく人間の幸福の改善によっても開発を評価できること、そして評価すべきであることを一般市民、学者、政治家に納得させるには、人間開発の単純な複合尺度が必要であると信じていました

人間開発指数の背後にある基本原則。[5]

寸法と計算

新しい方法(2010 HDI以降)

2010年11月4日に公開された(そして2011年6月10日に更新された)2010年人間開発報告書は、次の3つの側面を組み合わせてHDIを計算しました。[7] [8]

2010年の人間開発報告書で、UNDPはHDIを計算する新しい方法の使用を開始しました。次の3つのインデックスが使用されます。

1.1。 平均余命指数(LEI)

LEIは、出生時の平均余命が85の場合は1、出生時の平均余命が20の場合は0です。

2.教育指数(EI)[9]

2.1平均就学年数指数(MYSI) [10]
15は、2025年のこの指標の予測最大値です。
2.2予想される就学年数指数(EYSI) [11]
18は、ほとんどの国で修士号を取得することに相当します。

3.所得指数(II)

IIは、1人あたりのGNIが75,000ドルの場合は1、1人あたりのGNIが100ドルの場合は0です。

最後に、HDIは、前の3つの正規化されたインデックスの幾何平均です。

LE:平均余命
MYS:平均就学年数(つまり、25歳以上の人が正式な教育に費やした
年数EYS:予想される就学年数(つまり、18歳未満の子供たちの予想される総就学年数)
GNIpc :一人当たりの購買力平価での国民総所得

古い方法(2010年以前のHDI)

HDIは、2009年のレポートで最後に使用された3つの次元を組み合わせました。

1975年から2004年までのHDIトレンド
  OECD
  ヨーロッパ(OECDにはない)、およびCIS

この方法論は、2011年の報告までUNDPによって使用されていました。

HDIを定義する公式は、国連開発計画(UNDPによって公布されています。[12]一般に、生の変数を変換するには、0と1の間の単位のないインデックス(異なるインデックスを一緒に追加できるようにする)には、次のが使用されます。

どこ ある最低と最高値変数 それぞれ達成することができます。

人間開発指数(HDI)を有する均一に重み付けされた和表す1 / 3以下の因子の指標の各々によって寄与を:

  • 平均余命指数=
  • 教育指数=
    • 成人識字指数(ALI)=
    • 総就学率(GEI)=
  • GDP =

2019人間開発指数(2020レポート)

国連開発計画による人間開発報告書2020は、2020年12月15日にリリースされ、2019年に収集されたデータに基づいてHDI値を計算します。[13]リストには、人間開発非常に高い国と地域が含まれています

  • 増加 =増加します。
  • 安定しました =安定しています。
  • 下降 =減少します。

不平等調整済みHDI(2020レポート)

不平等調整人間開発指数(IHDI)[16] "は、人々に不平等がない場合はHDIに等しいが、不平等が拡大するにつれてHDIよりも小さくなる。この意味で、IHDIは人間開発の実際のレベルである(この不平等)、HDIは、不平等がなかった場合に達成できる「潜在的な」人間開発(またはHDIの最大レベル)の指標と見なすことができます。不平等による潜在的な人間開発の「損失」が示されています。 HDIとIHDIの差によって、パーセンテージで表すことができます。」このリストには、人間開発が非常に高い国と地域が含まれています

過去の上位国

以下のリストは、人間開発指数の各年の上位の国を示しています。ノルウェーは16回、カナダは8回、日本アイスランドは2上位にランクされています。

各オリジナルHDIで

年は、インデックスの統計が導出された期間を表します。括弧内はレポートが発行された年です。

地理的範囲

HDIは地理的範囲を拡大しました。国連アジア太平洋経済社会委員会のDavidHastingsは、HDIを地理的に230以上の経済に拡大するレポートを発表しましたが、2009年のUNDP HDIは、182の経済と対象範囲を列挙しています。 2010年のHDIは169カ国に減少しました。[21] [22]

国/地域固有のHDIリスト

批評

人間開発指数は、技術開発や人間文明への貢献への配慮の欠如、国家の業績とランキングのみに焦点を当てている、グローバルな視点からの開発への注意の欠如、の測定誤差など、多くの理由で批判されています。基礎となる統計、および「低」、「中」、「高」または「非常に高」の人間開発国の分類における深刻な誤分類につながる可能性のあるUNDPの公式の変更について。[23]

データエラーの原因

経済学者のヘンドリック・ウルフ、ハワード・チョン、マクシミリアン・オーフハンマーHDIの構築に使用される基礎となる健康、教育、所得の統計におけるデータエラーの観点からHDIについて話し合います。彼らは、(i)データの更新、(ii)式の改訂、(iii)国の開発状況を分類するためのしきい値に起因する、データエラーの3つの原因を特定し、すべての国の11%、21%、34%が解釈できると結論付けました。データエラーの3つの原因がそれぞれ原因で、現在開発ビンで誤って分類されています。著者らは、国連は国を開発ビンに分類する慣行を中止すべきであると示唆しています。カットオフ値は恣意的であり、公的統計を報告する際の戦略的行動にインセンティブを与える可能性があり、政治家、投資家、慈善団体のドナーを誤解させる可能性があるためです。そして、HDI全体を使用する一般の人々。[23]

2010年、UNDPは批判に対応し、しきい値を更新して、国を低、中、高の人間開発国に分類しました。2011年1月初旬のエコノミストコメントで、人間開発報告書は、Wolffについて論じている雑誌[25]の2011年1月6日の記事に回答しました[24]論文。人間開発報告書は、HDIの計算に使用される方法の体系的な改訂に着手し、新しい方法論はWolff etalによる批判に直接対処していると述べています公式やデータの改訂が行われるたびに、人間開発カテゴリを継続的に更新するためのシステムを生成するという点で。

2013年、SalvatoreMonniとAlessandroSpaventaは、GDPとHDIの議論において、これらは両方とも、社会福祉の定量化の基礎となるさまざまなベンチマークを優先する外部指標であることを忘れがちであると強調しました。より大きな問題は、政策の焦点を、競合するパラダイム間の戦いから、人口から直接幸福に関する情報を引き出すためのメカニズムに移すことが可能かどうかです。[26]

も参照してください

インデックス

その他

注意事項

  1. ^ 2013年以降
  2. ^ 2012年以降

参考文献

  1. ^ A.スタントン、エリザベス(2007年2月)。「人間開発指数:歴史」PERIワーキングペーパー:14–15。2019年2月28日にオリジナルからアーカイブされまし2019年2月28日取得
  2. ^ 「人間開発指数」エコノミックタイムズ2017年12月1日にオリジナルからアーカイブされました2017年11月29日取得
  3. ^ 「人間開発の概念」UNDP。2010 2012年4月15日のオリジナルからアーカイブ検索された29年7月2011
  4. ^ 人間開発指数、「複合指数— HDI以降」、2021年1月16日取得。
  5. ^ B 「人間開発とは何か」UNDP。2017 2017年10月27日のオリジナルからアーカイブ2017年10月27日取得...エコノミストMahbubUlHaqによって開発された人間開発アプローチ... '
  6. ^ クーリエ欧州共同体の委員会。1994年。
  7. ^ 「人間開発報告書2010」UNDP。2010年11月4日。2015年12月22日のオリジナルからアーカイブ取得した15年12月2015
  8. ^ 「テクニカルノート」(PDF)UNDP。2013 2015年6月16日のオリジナルからアーカイブ(PDF)取得した15年12月2015
  9. ^ 「人間開発指数(HDI)の新しい計算方法」インド研究チャネル2011年6月1日。2017年11月10日のオリジナルからアーカイブ2017年11月19日取得
  10. ^ (成人の)平均就学年数(年)は、理論期間に基づいて就学年数に変換された人口の学歴レベルに基づいて、生涯で25歳以上の人々が受けた平均教育年数の計算です。出席した教育の各レベルの。出典:バロー、RJ ;リー、J.-W。 (2010)。「世界の学歴の新しいデータセット、1950年から2010年」NBERワーキングペーパーNo.15902土井10.3386 / w159022011年8月7日にオリジナルからアーカイブされました。検索された29年7月2011
  11. ^ (ESYIは、子供が学校または大学に通うと予想される年数の計算であり、繰り返しに費やされた年数を含みます。これは、初等、中等、高等教育以外の年齢別の就学率の合計です。高等教育および高等教育であり、年齢別の就学率の一般的なパターンが子供の生涯を通じて同じであると仮定して計算されます。予想される就学年数は18年に制限されています(出典:ユネスコ統計研究所(2010)。教育指標。3月。モントリオール。)
  12. ^ 「UNDPサイトでの定義、計算機など」2007年12月20日にオリジナルからアーカイブされまし2020年5月26日取得
  13. ^ 人間開発報告書2020次のフロンティア:人間開発と人新世(PDF)国連開発計画。2020年12月15日。pp.343–350。ISBN  978-92-1-126442-52020年12月17日取得
  14. ^ a b c d 人間開発報告書2020次のフロンティア:人間開発と人新世(PDF)国連開発計画。2020年12月15日。pp。343–346。ISBN  978-92-1-126442-52020年12月15日取得
  15. ^ 人間開発報告書。複合指数—HDI以降。国連開発計画。取得日:2020年12月22日。
  16. ^ a b 人間開発報告書2020次のフロンティア:人間開発と人新世(PDF)国連開発計画。2020年12月15日。pp。351–355。ISBN  978-92-1-126442-52020年12月17日取得
  17. ^ 「不平等調整済みHDI(IHDI)」hdr.undp.orgUNDP 2020年12月15日取得
  18. ^ a b "人間開発報告書2020–"人間開発の指標と指標" "HDRO(人間開発報告書事務局)
  19. ^ 「不平等調整済みHDI(IHDI)」hdr.undp.orgUNDP 2020年12月15日取得
  20. ^ ヘイスティングス、デビッドA.(2009)。「人間開発指数のギャップを埋める」国連アジア太平洋経済社会委員会、ワーキングペーパーWP / 09/022011年4月30日にオリジナルからアーカイブされました2009年12月1日取得
  21. ^ ヘイスティングス、デビッドA.(2011)。「232カ国の「古典的な」人間開発指数」HumanSecurityIndex.org2011年5月3日にオリジナルからアーカイブされました検索された9年3月2011 データにリンクされた情報メモ
  22. ^ a b ウルフ、ヘンドリック; チョン、ハワード; Auffhammer、Maximilian(2011)。「データエラーの分類、検出、および結果:人間開発指数からの証拠」経済ジャーナル121(553):843–870。土井10.1111 /j.1468-0297.2010.02408.xhdl1813/71597S2CID 18069132 
  23. ^ 「UNDP人間開発報告書事務所のコメント」エコノミスト2011年1月。2011年2月11日のオリジナルからアーカイブ取り出さ年1月12 2011
  24. ^ 「エコノミスト(2011年1月8日号の60〜61ページ)」2011年1月6日。2011年1月13日のオリジナルからアーカイブ取り出さ年1月12 2011
  25. ^ Monni、Salvatore; スパヴェンタ、アレッサンドロ(2013)。「GDPとHDIを超えて:焦点をパラダイムから政治に移す」。開発56(2):227–231。土井10.1057 /dev.2013.30S2CID 84722678 

外部リンク