人間が読める形式

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ISBN、人間が読み取れるデータと機械が読み取れるデータの両方を示すEAN-13バーコードとして表されます

人間可読媒体または人間が読める形式は、任意の符号化されたデータまたは情報自然にすることができる読み取ることにより、人間

計算人間可読データは、多くの場合、符号化され、ASCIIまたはUnicodeのテキストではなくとしてバイナリデータ。ほとんどの場合、人間が読める形式の表現に代わるものは、主に電子、機械、光学デバイス、またはコンピューターによる読み取り用に設計された、機械が読める形式またはデータの媒体です。たとえば、Universal Product Code(UPC)バーコードは、人間にとっては非常に読みにくいものですが、適切な機器を使用すれば非常に効果的で信頼性が高く、数字の文字列は非常に効果的で信頼性があります。ラベルに一般的に付随するのは、人間が読める形式のバーコード情報です。どのタイプのデータエンコーディングも適切にプログラムされたコンピュータで解析できるため、通常、ストレージスペースを節約するために、テキストエンコーディングではなくバイナリエンコーディングを使用することを決定します。バイナリ形式でデータをエンコードすると、通常、必要なストレージのバイト数が少なくなり、形式の解析や変換が不要になるため、アクセス(入力と出力)の効率が向上します

Extensible Markup Language(XML)などの標準化された高度に構造化されたマークアップ言語の出現、データストレージのコストの削減、およびより高速で安価なデータ通信ネットワークにより、人間の可読性と機械の可読性の間の妥協点がより一般的になりました。過去よりも。これにより、人道的なマークアップ言語、人間がはるかに読みやすい最新の構成ファイル形式が実現しました。さらに、これらの構造化された表現は、送信または保存のために非常に効果的に圧縮できます

人間が読めるプロトコルは、デバッグのコストを大幅に削減します。[1]

さまざまな組織が、人間が読み取れるデータと機械が読み取れるデータの定義と、それらがそれぞれのアプリケーション分野(万国郵便連合など)でどのように適用されるかを標準化しています[2]

多くの場合、人間が読める形式という用語は、短い名前や文字列を表すためにも使用されます。これらは、Uniform Resource Locator文字列など、長くて複雑な構文表記よりも理解しやすく、覚えやすいものです。[3]

時折、「人間が読める」は、任意の整数を長い一連の英語の単語にエンコードする方法を説明するために使用されます。10進数または他のコンパクトなバイナリからテキストへのエンコーディングシステムと比較して、英語の単語は人間が読み、覚え、入力するのが簡単です。[4]

も参照してください

参考文献

  1. ^ RFC 3339:「インターネット上の日付と時刻:タイムスタンプ」。セクション「5.2。人間の読みやすさ」。2002年。
  2. ^ 「郵便物、ラベルおよびフォームのデータのOCRおよび人間が読める表現」万国郵便連合。2007年7月16日にオリジナルからアーカイブされまし
  3. ^ 「人間が読めるURL」クローン財団。2010-03-05にオリジナルからアーカイブされまし2009年10月1日取得
  4. ^ RFC1751「人間が読み取れる128ビットキーの規則」