ヒューストン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ヒューストン、テキサス州
ヒューストン市
ニックネーム: 
スペースシティ(公式)、もっと...
Location within and around Harris County
ハリス郡内およびその周辺の場所
Houston is located in Texas
Houston
ヒューストン
テキサス内の場所
Houston is located in the United States
Houston
ヒューストン
米国内の場所
Houston is located in North America
Houston
ヒューストン
北米内の場所
座標:29°45′46″ N 95°22′59″ W / 29.76278°N 95.38306°W / 29.76278; -95.38306座標29°45′46″ N 95°22′59″ W  / 29.76278°N 95.38306°W / 29.76278; -95.38306
アメリカ
テキサス
ハリスフォートベンドモンゴメリー
法人化1837年6月5日
にちなんで名付けられましたサムヒューストン
政府
 • タイプ強力な市長-評議会
 • 体ヒューストン市議会
 • 市長シルベスターターナーD
領域
 • 671.67平方マイル(1,739.62 km 2
 • 土地640.44平方マイル(1,658.73 km 2
 • 水31.23平方マイル(80.89 km 2
標高
80フィート(32 m)
人口
 2020[2]
 • 2,304,580
 •ランク米国で4位テキサスで
1位
 • 密度3,598.43 /平方マイル(1,389.36 / km 2
 • メトロ7,122,240(5日
住民の呼称ヒューストン
タイムゾーンUTC-6CST
 •夏(DSTUTC-5CDT
郵便番号
770xx、772xx(私書箱
市外局番713、281、832、346
FIPSコード48-35000 [4]
GNIS機能ID1380948 [5]
主要空港ジョージブッシュインターコンチネンタル空港(IAH)、ウィリアムP.ホビー空港(HOU)
州間高速道路I-10 (TX).svg I-45 (TX).svg I-69 (TX).svg I-610 (TX).svg
米国のルートUS 59.svg US 90.svg US 290.svg
州道Texas 3.svg Texas Spur 5.svg Texas 6.svg Texas Beltway 8.svg Texas 35.svg Texas 99.svg Texas 146.svg Texas 225.svg Texas 249.svg Texas Spur 261.svg Texas 288.svg Texas Spur 330.svg Texas Spur 527.svg
高速輸送ヒューストンメトロ
Webサイトwww .houstontx .gov

ヒューストン/ ˈhjuːstən / audio speaker iconlisten ; HEW - stən)は、テキサス最も人口多い都市、 米国で4番目に人口の多い都市、米国南部で最も人口の多い都市、そして6番目の都市です。 -北米で最も人口が多く、2020年の人口は2,304,580人です。[2]テキサス州南東部、ガルベストン湾メキシコ湾の近く位置しハリス郡グレーターヒューストン大都市圏の主要都市。これは、米国で5番目に人口の多い大都市統計地域であり、テキサス州で2番目に人口の多い地域です(ダラスフォートワースの方が大きい)。ヒューストンは、テキサストライアングルとして知られるより大きなメガリージョンの南東のアンカーです[6]

総面積637.4平方マイル(1,651 km 2)で構成される[7]ヒューストンは、米国で9番目に広大な都市です市郡を含む)。総面積で米国最大の都市であり、その政府は郡、小教区、または自治区と統合されていません。主にハリス郡にありますが、都市のごく一部はフォートベンド郡とモンゴメリー郡に広がり、シュガーランドウッドランズなどのグレーターヒューストンの他の主要なコミュニティに隣接しています。

ヒューストン市は、1836年8月30日に土地投資家によって設立され[8] 、バッファローバイユーホワイトオークバイユー(現在はアレンズランディングとして知られている地点)の合流点にあり、1837年6月5日に都市として組み込まれました。[9 ] [10]この都市の名前は、テキサス共和国の大統領であり、アレンズランディングの東25マイル(40 km)のサンジャシントの戦いでメキシコからのテキサスの独立を勝ち取った元将軍サムヒューストンにちなんで名付けられました。[10]一時的に首都を務めた後1830年代後半にテキサス共和国で生まれたヒューストンは、19世紀の残りの期間、着実に地域貿易の中心地に成長しました。[11]

20世紀の到来は、急成長する港と鉄道産業、壊滅的な1900年のハリケーンに続くテキサスの主要港としてのガルベストンの衰退、その後のヒューストンシップチャネルの建設など、ヒューストンの急速な成長を促進する経済的要因の収束をもたらしました。とテキサス石油ブーム[11] 20世紀半ば、ヒューストンの経済は多様化し、世界最大の医療および研究機関が集中するテキサス医療センターと、ミッションコントロールセンターの本拠地であるNASAジョンソン宇宙センターが設置されました。

19世紀後半以降、ヒューストンの経済は、エネルギー、製造、航空、輸送の分野で幅広い産業基盤を築いてきました。ヘルスケアセクターと油田設備の構築をリードするヒューストンには、ニューヨーク市に次ぐ、米国の自治体の中で2番目に多いフォーチュン500本社があります[12] [13]ヒューストン港は、処理された国際的な水上輸送トン数で米国で第1位にランクされ、処理された総貨物トン数で第2位にランクされています[14]

「バイユーシティ」、「スペースシティ」、「Hタウン」、「713」の愛称で呼ばれるヒューストンは、文化、医学、研究に強みを持つグローバルな都市になりました。この都市には、さまざまな民族的および宗教的背景を持つ人口と、大きく成長している国際社会があります。ヒューストンはテキサスで最も多様な大都市圏であり、米国で最も人種的および民族的に多様な大都市として説明されています[15]多くの文化施設や展示物があり、博物館には年間700万人以上の訪問者が訪れます。地区ミュージアムディストリクトには、19の美術館、ギャラリー、コミュニティスペースがあります。シアターディストリクト、およびすべての主要な舞台芸術の年間居住企業を提供しています。[16]

歴史

カランカワ(kərang′kəwä ′、-wô′、-wə)とアタカパ(əˈtɑːkəpə)の先住民が最初の既知の入植者が到着する前に少なくとも2、000年間住んでいた土地を占めるヒューストン地域。[17] [18] [19]これらの部族は今日ほとんど存在していません。これはおそらく外国の病気と、18世紀と19世紀のさまざまな入植者グループとの競争が原因でした。[20]しかしながら、1830年代に定住するまで、土地はほとんど無人のままでした。[21]

20世紀への早期解決

アレン兄弟(オーガスタスチャップマンジョンカービー)は、バッファローバイユーとガルベストン湾の町の遺跡を探索しました。歴史家のデイビッド・マコームによれば、「1836年8月26日、兄弟はTFLパロットの妻であり、下位リーグの南半分であるジョン・オースティンの未亡人であるエリザベスE.パロットから購入した[2,214エーカー(896ヘクタール)。 )トラクト]亡くなった夫から彼女に与えられた。彼らは合計5,000ドルを支払ったが、現金でこのうち1,000ドルしか支払わなかった。残りはメモで構成されていた。」[22]

アレン兄弟は、ちょうど4日後、テレグラフとテキサスレジスターでヒューストンの最初の広告を掲載し、サムヒューストン大統領に敬意を表して名目上の町に名前を付けました。[10]彼らはテキサス共和国議会にロビー活動を行い、ヒューストンを臨時首都に指定し、新政府に州議会議事堂を提供することに同意した。[23] 1837年の初めに町には約12人が住んでいたが、その数は5月に初めてヒューストンでテキサス議会が開かれるまでに約1,500人に増えた。[10]テキサス共和国は、ジェームズS.ホルマンが初代市長になったため、1837年6月5日にヒューストンの法人化を認めた。[10]同じ年に、ヒューストンはハリスバーグ郡(現在のハリス郡)の郡庁舎になりました。[24]

1839年、テキサス共和国は首都をオースティンに移転しましたその年、黄熱病の流行により住民8人に1人の命が奪われたため、町はさらに後退しましたが、商業の中心地として存続し、湾岸の港であるガルベストンと共生しました。内陸国の農民は、バッファロー・バイユーを使ってガルベストンとメキシコ湾にアクセスするために、自分たちの農産物をヒューストンに持ち込みました。ヒューストンの商人は、ステープルを農民に販売し、農民の農産物をガルベストンに出荷することで利益を得ました。[10]

テキサスの奴隷化された人々の大多数は、古い奴隷州からの所有者と一緒に来ました。しかし、かなりの数が国内の奴隷貿易を通じてもたらされました。ニューオーリンズはディープサウスでのこの貿易の中心でしたが、奴隷商人はヒューストンにいました。南北戦争の前は、何千人もの奴隷の黒人が街の近くに住んでいました市の近くの彼らの多くは砂糖と綿のプランテーションに取り組んでいましたが[25]、市の境界にいる人々のほとんどは国内と職人の仕事をしていました。[26]

1840年、コミュニティは、バッファローバイユーに新しく作成された港での輸送と航海を促進するために、商工会議所を設立しました。[27]

ヒューストン、c。1873年

1860年までに、ヒューストンは綿花の輸出のための商業および鉄道のハブとして浮上していました。[24]テキサス内陸からの鉄道の支線はヒューストンに収束し、そこでガルベストンとボーモントの港への線路に出会った南北戦争中、ヒューストンはジョン・マグルーダー将軍の本部を務めました。ジョン・マグルーダー将軍は、この都市をガルベストンの戦いの組織拠点として使用しました[28]内戦後、ヒューストンのビジネスマンは、市がダウンタウンと近くのガルベストン港との間でより多くの商取引を受け入れることができるように、市のバイユーの広範なシステムを拡大する取り組みを開始した。1890年までに、ヒューストンはテキサスの鉄道の中心地になりました。[29]

1900年、ガルベストンが壊滅的なハリケーンに襲われた後、ヒューストンを実行可能な深海港にする取り組みが加速されました。[30]翌年、ボーモント近くのスピンドルトップ油田での石油の発見はテキサス石油産業の発展を促した。[31] 1902年、セオドア・ルーズベルト大統領はヒューストン・シップ・チャンネルの100万ドルの改善プロジェクトを承認した。1910年までに、この都市の人口は78,800人に達し、10年前のほぼ2倍になりました。アフリカ系アメリカ人は、ヒューストンの住民のほぼ3分の1である23,929人を数え、都市の人口の大部分を形成しました。[32]

ウッドロウウィルソン大統領は、掘削が始まってから7年後の、1914年にヒューストンの深海港を開設しました。1930年までに、ヒューストンはテキサスで最も人口の多い都市になり、ハリス郡は最も人口の多い郡になりました。[33] 1940年、米国国勢調査局はヒューストンの人口を77.5%が白人、22.4%が黒人であると報告した。[34]

第二次世界大戦から20世紀後半まで

第二次世界大戦が始まると、港のトン数は減少し、海運活動は中断されました。しかし、戦争は都市に経済的利益をもたらしました。戦時中の防衛産業による石油および合成ゴム製品の需要のために、石油化学精製所および製造工場が航路に沿って建設されました。[35] 第一次世界大戦中に最初に建設されたエリントン・フィールドは、爆撃機と航海士のための高度な訓練センターとして活性化されました。[36]ブラウン造船会社は、1942年に米海軍向けの船を建造するために設立されました第二次世界大戦中。防衛の仕事のブームのために、何千人もの新しい労働者が都市に移住し、黒人と白人の両方が高給の仕事を求めて競争しました。ルーズベルト大統領は防衛産業の請負業者を無差別にする方針を確立し、白人からの抵抗と時折の暴力に発展した社会的緊張の高まりがないわけではないが、黒人は特に造船においていくつかの機会を得た。防衛産業に参入した黒人の経済的利益は、戦後も続いた。[37]

1945年、MDアンダーソン財団はテキサス医療センターを設立しました。戦後、ヒューストンの経済は主に港湾主導型に戻りました。1948年、市はその規模を2倍以上に増やし、いくつかの非法人地域を併合しました。ヒューストン本土は地域全体に広がり始めました。[10] [38] 1950年、エアコンの利用可能性は、多くの企業が北部よりも賃金が低いヒューストンに移転するきっかけとなりました。これは経済ブームをもたらし、都市の経済をエネルギー部門に向けて重要な転換をもたらしました。[39] [40]

第二次世界大戦中の拡大した造船産業の生産の増加は、ヒューストンの成長に拍車をかけました[41]。1961年にNASAの「有人宇宙船センター」(1973年にリンドンB.ジョンソン宇宙センターに改名)が設立されました。これは、市の航空宇宙産業の発展のための刺激でした。世界八番目の不思議の愛称で呼ばれるアストロドーム[42]は、1965年に世界初の屋内ドーム型スポーツスタジアムとしてオープンしました。

1970年代後半、ラストベルト州の人々が多数テキサスに移住したため、ヒューストンは人口ブームに見舞われました。[43]アラブの石油禁輸の結果として生み出された、石油産業における多くの雇用機会のために新しい居住者がやってきた専門職の増加に伴い、ヒューストンは多くの大学教育を受けた人々の目的地になりました。最近では、北部地域から の逆大移動にアフリカ系アメリカ人が含まれています。

1997年、ヒューストン市民はリーP.ブラウンを市の最初のアフリカ系アメリカ人市長に選出しました。[44]

21世紀初頭

ヒューストンは21世紀まで成長を続けており、人口は2000年から2019年にかけて17%増加しています。[45]

石油とガスはヒューストンの経済成長を後押しし続けており、フィリップス66コノコフィリップスオクシデンタルペトロリアムハリバートンエクソンモービルなどの主要な石油会社がヒューストン地域に本社を置いています。2001年、売上高1,000億ドルのヒューストン企業であるエンロンコーポレーションは、2001年に会社を破産させた会計スキャンダルに巻き込まれました。 [46]ヘルスケアは、ヒューストンの主要産業として台頭してきました。テキサス医療センターは現在、世界最大の医療施設であり、106,000人の従業員を擁しています

21世紀の最初の10年間に、3つの新しいスポーツスタジアムがダウンタウンにオープンしました。2000年、ヒューストンアストロズは、古いユニオンステーションに隣接するダウンタウンに、新しい野球場であるミニッツメイドパークをオープンしました。ヒューストンテキサンズは、1996年に市を去ったヒューストンオイラーズに代わるNFL拡張チームとして2002年に結成されました。NRGスタジアムは同じ年にオープンしました。2003年、ヒューストンロケッツの本拠地としてトヨタセンターがオープンしました。2005年、ヒューストンダイナモサッカーチームが結成されました。2017年ヒューストンアストロズが最初の優勝を果たしましたワールドシリーズ

洪水はヒューストン地域で繰り返し発生する問題であり、洪水が発生しやすい地域での住宅やその他の構造物の無秩序な建設を許可するゾーニング法の欠如によって悪化しています。[47] 2001年6月、トロピカルストームアリソンはヒューストンの一部に最大40インチ(1,000 mm)の雨を降らせ、当時史上最悪の洪水と数十億ドルの被害をもたらし、テキサスで20人が死亡した。 。[48] 2005年8月、ヒューストンはハリケーンカトリーナから避難したニューオーリンズからの15万人以上の避難所となった[49] 1か月後、ハリケーンリタがメキシコ湾岸に接近したとき、約250万人のヒューストン地域の住民が避難した。、ヒューストン地域への被害はほとんどありません。これは、米国の歴史の中で最大の都市避難でした。[50] [51] 2015年5月、メモリアルデーフラッドと呼ばれる期間中に12インチの雨が10時間で降った後、7人が死亡した。2016年4月、17インチの雨が降った嵐の最中に8人が亡くなりました。[52]最悪の事態は、ハリケーンハービーが16年前に熱帯低気圧アリソンが行ったように、テキサス南東部で停滞した2017年8月下旬に発生し、ヒューストン地域で深刻な洪水を引き起こし、一部の地域では50インチ(1,300 mm)を超える雨が降った。 。[53]降雨量は地域のいくつかの地域で50インチを超え、降雨量の全国記録を破りました。ヒューストン地域の被害は最大1,250億米ドルと推定され[ 54 ]米国史上最悪の自然災害の1つと見なされ[55]、死者数は70人を超えました。

地理

ヒューストンの衛星画像、2020年

ヒューストンはオースティンの東165マイル( 266 km)、ルイジアナ州の国境の西88マイル(142 km) 、ダラスの南250マイル(400 km)にあります[58]この都市の総面積は637.4平方マイル(1,651 km 2)です。[7]これは、599.59平方マイル(1,552.9 km 2)以上の土地と22.3平方マイル(58 km 2)の水で構成されています。[59]ヒューストンの大部分は湾岸平野にあり、その植生は西湾沿岸草原に分類され、さらに北に行くと亜熱帯のジャングルに移行します。ビッグシキット

街の多くは森林地帯、沼地、または沼地に建てられており、すべてが今でも周辺地域に見られます。[60]平坦な地形と大規模なグリーンフィールドの開発が組み合わさって、洪水を悪化させています。[61]ダウンタウンは海抜約50フィート(15 m)であり、[62]ヒューストン北西部の最高点は、標高が約150フィート(46 m)です。[63]市はかつてその必要性を地下水に依存していたが、地盤沈下により市はヒューストン湖、コンロー湖、リビングストン湖などの地下水源に目を向けざるを得なかった[10] [64]市は、1日あたり1億5000万米ガロン(570 Ml)の地下水に加えて、1日あたり12.0億米ガロン(4.5 Gl)の水に対する地表水利権を所有しています。[65]

ヒューストンには、大規模な排水システムからの水を受け入れる4つの主要なバイユーが街を通過しています。バッファローバイユーは、ダウンタウンとヒューストンシップチャンネルを通り、3つの支流があります。ホワイトオークバイユーは、ダウンタウンの北西にあるヒューストンハイツコミュニティを通り、ダウンタウンに向かって流れています。テキサス医療センターに沿って走るブレイズバイユー。[66]ヒューストンの南とヒューストンのダウンタウンを走るシムズ・バイユー。船の航路はガルベストンを過ぎてメキシコ湾に続きます。[35]

地質学

ヒューストン中心部の航空写真、ダウンタウンとその周辺地域を示す、2018年3月

ヒューストンは、大規模な排水システムが構築されている平坦な湿地帯です。隣接する大草原の土地は、洪水が発生しやすい都市に流れ込みます。[67]ヒューストンの地表を支えているのは、未固結の粘土、粘土頁岩、および深さ数マイルまでの不十分にセメントで固められた砂です。この地域の地質は、ロッキー山脈の侵食によって形成された河川堆積物から発展しましたこれらの堆積物は、腐敗している有機海洋物質に堆積した一連の砂と粘土で構成されており、時間の経過とともに石油と天然ガスに変化します。堆積物の層の下には、岩塩の水が堆積した層があります、岩塩。多孔質層は時間とともに圧縮され、上向きに押し上げられた。塩が上に押し上げられると、塩は周囲の堆積物を岩塩ドーム層に引きずり込み、周囲の多孔質砂から浸透した石油やガスを閉じ込めることがよくありました。厚く、豊かで、時には黒い表面の土壌は、都市が成長し続ける郊外の郊外での稲作に適しています。[68] [69]

ヒューストン地域には150を超える活断層(推定300の活断層)があり、全長は最大310マイル(500 km)であり、[70] [71] [72]ロングポイント・ユーレカハイツ断層系を含む街の中心を走っています。ヒューストンでは歴史的に記録された重要な地震は発生していませんが、研究者はそのような地震が過去に発生した可能性や将来発生する可能性を軽視していません。ヒューストンの南東のいくつかの地域の土地は、水が何年もの間地面から汲み出されてきたために沈んでいます。これは、断層に沿った滑りに関連している可能性があります。ただし、滑りは遅く、地震とは見なされません。この場合、静止断層は地震波を発生させるのに十分なほど突然滑ります。[73]これらの断層はまた、「断層クリープと呼ばれる[64]で滑らかな速度で移動する傾向があり、地震のリスクをさらに低減します。

街並み

ヒューストンのスーパーネイバーフッド

ヒューストン市は1837年に設立され、その後まもなく1840年に区制を採用した。 [74]ヒューストンの元々の6区は、現代の地理的に指向した11のヒューストン市議会地区の先祖である。 1905年に区制を放棄し、委員会政府、そして後には既存の市長議会政府を支持しました。

2016年ミッドタウン西部のBagby通りとMcGowen通りの交差点

ヒューストンの場所は、通常、州間高速道路610ループの内側または外側に分類されます「インナーループ」は、ダウンタウン、第二次世界大戦前の住宅街、路面電車の郊外、新しい高密度のアパートやタウンハウスの開発を含む、97平方マイル(250 km 2 )のエリアを網羅しています。[75]ループの外側では、都市の類型はより郊外にありますが、アップタウン、ウェストチェースエナジーコリドーなどの多くの主要なビジネス地区は都市の中心部のかなり外側にあります。州間高速道路610に加えて、2つの追加のループ高速道路が街を取り囲んでいます。ベルトウェイ8、ダウンタウンから半径約10マイル(16 km)、州道99号線(グランドパークウェイ)、半径25マイル(40 km)。2015年には州間高速道路610ループ内に約47万人が住み、州間高速道路610とベルトウェイ8の間には165万人、ベルトウェイ8外のハリス郡内には225万人が住んでいた。[76]

ヒューストンは、正式なゾーニング規制のない米国最大の都市ですが、都市の土地利用規制と法的条項が同様の役割を果たしているため、他のサンベルト都市と同様に発展しました。[77] [78]規制には、一戸建て住宅の必須のロットサイズと、テナントと顧客が駐車場を利用できるという要件が含まれています。そのような制限は、さまざまな結果をもたらしました。都市の密度が低く、都市のスプロール現象があり、これらの政策に歩行者への配慮がないことを非難する人もいれば、手頃な価格の住宅を提供することで都市の土地利用パターンを評価している人もますヒューストンを免れる2008年の不動産危機の最悪の影響。[要出典]市は2008年に42,697の建築許可を発行し、2009年の最も健康的な住宅市場のリストで第1位にランクされました。[79] 2019年、住宅販売は300億ドルの新記録に達しました。[80]

1948年、1962年、および1993年の国民投票では、有権者は、住宅用と商業用の別々の土地利用地区を設立する取り組みを拒否しました。その結果、都市の雇用の中心としての単一の中央ビジネス地区ではなく、アップタウンテキサスメディカルセンターミッドタウングリーンウェイプラザメモリアルシティエナジーを含むダウンタウンに加えて、複数の地区とスカイラインが都市全体に成長しましたコリドーウェストチェースグリーンズポイント[81]

アーキテクチャ

ヒューストンは、北米で5番目に高いスカイライン(ニューヨーク市、シカゴトロントマイアミに次ぐ)であり、2015年には世界で36番目に高いスカイラインでした。 [82]トンネルとスカイウォークの7マイル(11 km)システムがダウンタウンを結びますショップやレストランを含む建物。歩行者が建物間を歩いているときに夏の暑さや雨を避けることができます。1960年代、ヒューストンのダウンタウンは中層のオフィス構造のコレクションで構成されていました。ダウンタウンは、1970年にエネルギー産業主導のブームの入り口にありました。1970年代を通じて、不動産開発業者のジェラルドD.ハインズによって一連の超高層ビルが建設されました。—ヒューストンで最も高い超高層ビルである75階建て、高さ1,002フィート(305 m)のJPモルガンチェースタワー(旧テキサスコマースタワー)は1982年に完成しました。これはテキサスで最も高い建造物であり、米国で19番目に高い建物です。州であり、最高の建築的特徴に基づいて、以前は世界で85番目に高い超高層ビルでした。1983年に、71階建て、992フィート(302 m)の高さのウェルズファーゴプラザ(旧アライドバンクプラザ)が完成し、ヒューストンとテキサスで2番目に高い建物になりました。最高の建築的特徴に基づいて、それは米国で21番目に高いです。2007年、ダウンタウンには4,300万平方フィート(4,000,000 m 2)を超えるオフィススペースがありました。[83]

ポストオークブールバードとウェストハイマーロードを中心とするアップタウン地区は、1970年代から1980年代初頭にかけて、州間高速道路610西部に沿って中層のオフィスビル、ホテル、小売店の開発が行われたときに活況を呈しました。アップタウンは、エッジシティの最も顕著な例の1つになりましたアップタウンで最も高い建物は、64階建て、高さ901フィート(275 m)で、フィリップジョンソンジョンバーギーが設計したランドマークのウィリアムズタワー(1999年まではトランスコタワーとして知られていました)です。建設当時、それは中央ビジネス地区の外で世界で最も高い超高層ビルであると信じられていました。新しい20階建てのスカンスカビル[84]とBBVAコンパスプラザ[85]30年後にアップタウンに建てられた最新のオフィスビルです。アップタウン地区には、著名な建築家IM PeiCésarPelliPhilipJohnsonによって設計された建物もあります。1990年代後半から2000年代初頭にかけて、中層および高層の住宅タワー建設のミニブームが発生し、高さは30階以上になりました。[86] [87] [88] 2000年以来、ヒューストンでは30を超える超高層ビルが開発されてきました。総じて、72の高層タワーが市内にあり、合計で約8,300ユニットになります。[89] 2002年、アップタウンには2,300万平方フィート(2,100,000 m 2)以上のオフィススペースがあり、1,600万平方フィート(1,500,000 m 2 )のオフィススペースがありました。クラスAのオフィススペース[90]

気候

ヒューストンの気候は、米国南部に典型的な湿潤亜熱帯気候(ケッペンの気候区分システムCfa )に分類されます。テキサス北部の多くの地域と同様に、竜巻街道にいない間は、春のスーパーセルの雷雨が竜巻をこの地域にもたらすことがあります。[91]卓越風は一年のほとんどの間南と南東からであり、近くのメキシコ湾とガルベストン湾から熱と湿気をもたらします。[92]

夏の間、気温は6月から9月までの大部分の日を含め、年間平均106。5日で90°F(32°C)以上に達します。さらに、年間平均4。6日が100°F(37.8°C)に達するか、それを超えます。[93]ヒューストンの特徴的な亜熱帯湿度は、しばしば体感温度を高くし、夏の朝の平均相対湿度は90%を超えます。[94] エアコンはヒューストンに遍在している。1981年には、室内冷却用の電力への年間支出は6億ドル(2020年には17.1億ドルに相当)を超え、1990年代後半までに、ヒューストンの住宅の約90%が空調システムを備えていました。[95] [96]ヒューストンで記録された記録的な最高気温は、2000年9月4日と2011年8月27日のブッシュインターコンチネンタル空港で109°F(43°C)です。[93]

ヒューストンの冬は穏やかで、時折寒い時期があります。1月のジョージブッシュインターコンチネンタル空港の通常の平均気温は53°F(12°C)で、年間平均13日で、最低気温は32°F(0°C)以下で、12月の間に平均して発生します。 3日と2月20日、286日の成長期を考慮に入れます。[93]ヒューストンでの21世紀の雪のイベントには、2004年12月24日の嵐が含まれ、メトロエリアの一部に1インチ(3 cm)の雪が積もりました[97]。これにより、0.7インチ(2 cm)の降雪が発生しました。[98] [99]2008年12月10日と2009年12月4日の両方で少なくとも1インチ(2.5 cm)の降雪は、市の記録された歴史の中で2年連続で測定可能な降雪が発生したのは初めてのことでした。全体として、ヒューストンは1895年から2018年の間に38回の測定可能な降雪を経験しました。1895年2月14日と15日、ヒューストンは20インチ(51 cm)の雪を受け取りました。これは、記録上の1つの嵐からの最大の降雪です。[100]ヒューストンで公式に記録された最低気温は1930年1月18日に5°F(-15°C)でした。[93]ヒューストンが最後に一桁の気温を見たのは1989年12月23日でした。気温は7°に下がりました。ブッシュ空港でF(-14°C)。これまでに記録された中で最も寒い気温を示しています。前日、ジョージブッシュインターコンチネンタル空港で1.7インチの雪が降った。[101]

ヒューストンは一般に、1981年から2010年までの記録に基づいて、年間平均約49.8インチ(1,260 mm)の十分な降雨量を受け取ります。都市の多くの地域では、平坦な地形のために局地的な洪水のリスクが高くなっています[ 102 ]草原の土壌[103]と不十分なインフラストラクチャ。[102] 2010年代半ば、グレーターヒューストンは2015年(「メモリアルデー」)、[104] 2016年(「税の日」)、[105]、2017年(ハリケーンハービー)に連続した大規模な洪水イベントを経験しました。[106]全体として、ヒューストンでは、米国の他のどの地域よりも多くの死傷者と洪水による財産の損失がありました。[107]降雨の大部分は、メキシコ湾からの水分が都市全体に広範囲に蒸発する4月から10月(テキサス南東部の雨季)の間に発生します。[104] [107]

ヒューストンはオゾンレベルが過剰であり、米国で最もオゾン汚染されている都市の1つとして日常的にランク付けされています。[108]対流圏オゾン、またはスモッグはヒューストンの主要な大気汚染問題であり、アメリカ肺協会は、ロサンゼルスなどの主要都市に続いて、2017年に「オゾンによる最も汚染された都市」で首都圏のオゾンレベルを12番目に評価していますフェニックスニューヨーク市デンバー[109]航路沿いの産業は、都市の大気汚染の主な原因です。[110]ランキングは、ピークベースの基準に基づいており、1年の最悪の日に厳密に焦点を当てています。卓越風が湾からのきれいな海洋空気を確保するため、ヒューストンの平均オゾンレベルは国の他のほとんどの地域で見られるものよりも低くなっています。[111]ヒューストン地域での過剰な人為的排出は、都市全体の大気中の二酸化炭素の持続的な増加につながりました。このような増加は、しばしば「CO2アーバンドーム」と見なされ、強い排出量と停滞した大気条件の組み合わせによって引き起こされます。さらに、ヒューストンは、このようなCO2ドームを衛星で検出できる市民が1,000万人未満の唯一の大都市圏です。[112]

ヒューストン(インターコンチネンタル空港)の気候データ、1991年から2020年の法線、[a] 1888年から現在の極端な[b]
Month Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec Year
Record high °F (°C) 84
(29)
91
(33)
96
(36)
95
(35)
99
(37)
107
(42)
105
(41)
109
(43)
109
(43)
99
(37)
89
(32)
85
(29)
109
(43)
Mean maximum °F (°C) 78.9
(26.1)
81.2
(27.3)
85.4
(29.7)
88.6
(31.4)
93.8
(34.3)
97.8
(36.6)
99.1
(37.3)
101.2
(38.4)
97.3
(36.3)
92.2
(33.4)
84.9
(29.4)
80.7
(27.1)
102.1
(38.9)
Average high °F (°C) 63.8
(17.7)
67.8
(19.9)
74.0
(23.3)
80.1
(26.7)
86.9
(30.5)
92.3
(33.5)
94.5
(34.7)
94.9
(34.9)
90.4
(32.4)
82.8
(28.2)
72.6
(22.6)
65.3
(18.5)
80.5
(26.9)
Average low °F (°C) 43.7
(6.5)
47.6
(8.7)
53.6
(12.0)
59.8
(15.4)
67.8
(19.9)
73.7
(23.2)
75.7
(24.3)
75.4
(24.1)
70.6
(21.4)
60.9
(16.1)
51.5
(10.8)
45.6
(7.6)
60.5
(15.8)
Mean minimum °F (°C) 27.5
(−2.5)
31.6
(−0.2)
35.0
(1.7)
43.4
(6.3)
53.8
(12.1)
66.5
(19.2)
70.5
(21.4)
70.0
(21.1)
58.3
(14.6)
44.1
(6.7)
34.2
(1.2)
30.0
(−1.1)
26
(−3)
Record low °F (°C) 5
(−15)
6
(−14)
21
(−6)
31
(−1)
42
(6)
52
(11)
62
(17)
54
(12)
45
(7)
29
(−2)
19
(−7)
7
(−14)
5
(−15)
Average precipitation inches (mm) 3.76
(96)
2.97
(75)
3.47
(88)
3.95
(100)
5.01
(127)
6.00
(152)
3.77
(96)
4.84
(123)
4.71
(120)
5.46
(139)
3.87
(98)
4.03
(102)
51.84
(1,317)
Average precipitation days (≥ 0.01 in) 10.0 8.8 8.8 7.3 8.6 10.0 9.1 8.5 8.4 7.7 7.6 9.6 104.4
Average relative humidity (%) 74.7 73.4 72.7 73.1 75.0 74.6 74.4 75.1 76.8 75.4 76.0 75.5 74.7
Average dew point °F (°C) 41.5
(5.3)
44.2
(6.8)
51.3
(10.7)
57.7
(14.3)
65.1
(18.4)
70.3
(21.3)
72.1
(22.3)
72.0
(22.2)
68.5
(20.3)
59.5
(15.3)
51.4
(10.8)
44.8
(7.1)
58.2
(14.6)
Mean monthly sunshine hours 143.4 155.0 192.5 209.8 249.2 281.3 293.9 270.5 236.5 228.8 168.3 148.7 2,577.9
Percent possible sunshine 44 50 52 54 59 67 68 66 64 64 53 47 58
Source: NOAA (relative humidity and dew point 1969–1990, sun 1961–1990)[93][114][115]
ヒューストン(ウィリアムP.ホビー空港)の気候データ、1991年から2020年の法線、極端な1941年から現在
Month Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec Year
Record high °F (°C) 85
(29)
87
(31)
96
(36)
94
(34)
100
(38)
105
(41)
104
(40)
106
(41)
108
(42)
96
(36)
90
(32)
84
(29)
108
(42)
Average high °F (°C) 63.8
(17.7)
67.6
(19.8)
73.4
(23.0)
79.3
(26.3)
85.9
(29.9)
91.0
(32.8)
92.9
(33.8)
93.5
(34.2)
89.3
(31.8)
82.1
(27.8)
72.6
(22.6)
65.7
(18.7)
79.8
(26.6)
Daily mean °F (°C) 55.0
(12.8)
58.9
(14.9)
64.7
(18.2)
70.6
(21.4)
77.6
(25.3)
83.0
(28.3)
84.8
(29.3)
85.1
(29.5)
81.1
(27.3)
73.0
(22.8)
63.3
(17.4)
56.9
(13.8)
71.2
(21.8)
Average low °F (°C) 46.1
(7.8)
50.1
(10.1)
55.9
(13.3)
61.8
(16.6)
69.3
(20.7)
74.9
(23.8)
76.6
(24.8)
76.7
(24.8)
72.9
(22.7)
63.9
(17.7)
54.0
(12.2)
48.0
(8.9)
62.5
(16.9)
Record low °F (°C) 10
(−12)
14
(−10)
22
(−6)
36
(2)
44
(7)
56
(13)
64
(18)
66
(19)
50
(10)
33
(1)
25
(−4)
9
(−13)
9
(−13)
Average precipitation inches (mm) 4.09
(104)
2.85
(72)
3.28
(83)
4.08
(104)
5.42
(138)
6.09
(155)
4.59
(117)
5.44
(138)
5.76
(146)
5.78
(147)
3.90
(99)
4.34
(110)
55.62
(1,413)
Average precipitation days (≥ 0.01 in) 9.2 9.0 8.0 7.1 7.3 9.9 9.1 9.8 9.1 7.6 8.5 9.1 103.7
Source: NOAA[93]

洪水

2017年8月のハリケーンハービー中の浸水した駐車場

ヒューストンは雨季であり、湾岸に近いため、大雨による洪水が発生しやすくなっています。最も注目すべき洪水イベントには、2001年のトロピカルストームアリソンと2017年のハリケーンハービー、2019年の最新のトロピカルストームイメルダと2020年のトロピカルストームベータが含まれます。ハリケーンハービーに応えて、ヒューストンのシルベスターターナー市長は開発者に500年の洪水平野から2フィート上に上げることで、洪水の影響を受けにくい家を建てますハリケーンハービーは数十万の家屋に被害を与え、数兆ガロンの水を都市に投棄しました。[116]場所によっては、これが立っている水の足につながり、通りをふさぎ、家を浸水させた。ヒューストン市議会は、2018年に9–7の投票でこの規制を可決しました。これらの氾濫原開発規則がずっと実施されていたとしたら、100年および500年の氾濫原の住宅の84%が被害を免れたと推定されています。[疑わしい ] [116]

これらの規制をテストした最近の事例では、氾濫原と氾濫原の貯水池として長い間機能していた古いゴルフコースであるブリックハウスガレーの近くで、開発の強化に向けた心の変化が発表されました。[117]全国的な開発者、メリテイジホームズ、土地を購入し、500年の氾濫原を900の新しい住宅に開発することを計画しました。彼らの計画は3億6000万ドルの収入をもたらし、都市の人口と税収を押し上げるでしょう。新しい氾濫原の規制を満たすために、開発者は、500年の氾濫原の2フィート上、100年の基本氾濫原の標高の5〜6フィートに相当する最下階を高くし、雨水流出を遊水地。ハリケーンハービーの前に、市は特に危険からそれらを取り除くためにこの地域の家で1,070万ドルを購入しました。氾濫原内に新しい通りや一戸建て住宅を開発することに加えて、水路と呼ばれる流れる洪水水流が開発地域を流れます。これは、将来の洪水イベントで遭遇する最も危険な場所です。[118]テキサス州法の下では、ハリス郡は、他のより田舎のテキサス郡と同様に、ゾーニング条例などの土地利用規制を介して建設する場所と建設しない場所を開発者に指示することはできず、代わりに、細分化の承認と建設中に施行するための一般的な氾濫原規制のみを課すことができます承認を許可します。[118]

人口統計

歴史的人口
国勢調査 ポップ。 %±
1850年2,396
1860年4,845102.2%
1870年9,38293.6%
1880年16,51376.0%
1890年27,55766.9%
1900年44,63362.0%
1910年78,80076.6%
1920年138,27675.5%
1930年292,352111.4%
1940年384,51431.5%
1950年596,16355.0%
1960年938,21957.4%
1970年1,232,80231.4%
1980年1,595,13829.4%
1990年1,630,5532.2%
20001,953,63119.8%
2010年2,099,4517.5%
20202,304,5809.8%
米国国勢調査
2010–2020 [2]
ヒューストンの民族分布の地図、2010年米国国勢調査。各ドットは25人です:アジア人ヒスパニックまたはその他(黄色)

2020年の米国国勢調査では、ヒューストンの人口は2,304,280人であると判断されました。[2] 2017年の国勢調査による推定人口は2,312,717人で、2018年には2,325,502人でした。[2] 2017年には推定60万人の文書化されていない移民がヒューストン地域に居住し[119]、市の大都市人口のほぼ9%を占めていました。[120] 2010年の米国国勢調査では、ヒューストンの人口は2,100,263人でした。[121]

2019 American Community Surveyによると、ヒューストンの年齢分布は15歳未満で482,402人でした。15〜19歳の144,196人。20〜34歳の594,477人。35〜54歳の591,561人。55〜74歳の402,804人。75歳以上の101,357人。市の年齢の中央値は33.4歳でした。[122] 2014-2018年の国勢調査の推定では、ヒューストンの年齢分布は15歳未満で486,083人でした。15〜19歳の147,710人。20〜34歳の603,586人。35〜59歳の726,877人。60歳以上の357,834人。[123]年齢の中央値は33.1で、2017年の32.9から上昇し、2014年の33.5から低下した。街の若さは、アフリカ系アメリカ人の新しい大移動、ヒスパニック系とラテン系アメリカ人、およびアジア系移民のテキサスへの流入に起因していました。[124] [125] [126]女性100人ごとに対して男性は98.5人でした。[123]

2019年には987,158戸の住宅があり、876,504世帯がありました。[122] [127]ヒューストン人の推定42.3%が住宅を所有しており、1世帯あたりの平均人数は2.65人である。[128]住宅ローンを使用した場合の月額所有者コストの中央値は、1,646ドルであり、住宅ローンを使用しない場合は536ドルでした。2015年から2019年までのヒューストンの総家賃の中央値は1,041ドルでした。2019年の世帯収入の中央値は52,338ドルで、ヒューストン市民の20.1%が貧困線以下で生活していました。

人種と民族

人種構成 2019 [129] 2010 [130] 2000 [131] 1990 [34] 1970 [34]
ヒスパニックまたはラテンアメリカ人(あらゆる人種の) 45.0% 43.8% 37.4% 27.6% 11.3%[132]
黒人またはアフリカ系アメリカ人 22.6% 23.7% 25.3% 28.1% 25.7%
白人(非ヒスパニック系) 24.4% 25.6%[133] 30.8%[134] 40.6% 62.4%[132]
アジア人 6.8% 6.0% 5.3% 4.1% 0.4%

ヒューストンはマジョリティマイノリティの都市です。シンクタンクであるライス大学キンダーアーバンリサーチインスティテュートは、グレーターヒューストンを「国内で最も民族的および文化的に多様な大都市圏の1つ」と評しています。[135]歴史的にヒスパニック系、ラテンアメリカ系、アジア系移民の大波に支えられてきたヒューストンの多様性は、比較的低い生活費、強力な雇用市場、そして難民の第三国定住のハブとしての役割に起因している[136] [137]ヒューストンは、都市の確立された影響力のある黒人またはアフリカ系アメリカ人のコミュニティのために、黒人およびアフリカ系アメリカ人に人気のある目的地として長い間知られています。ヒューストンは、アトランタに続く次のブラックメッカとしても知られています。[138]ヒューストン地域には、ミシシッピ川の西にある最大のアフリカ系アメリカ人コミュニティがあります。[139] [140] [141]2012年のキンダーインスティテュートのレポートによると、米国の4つの主要な人種グループ(非ヒスパニック系白人、非ヒスパニック系黒人、ヒスパニック系またはラテン系、およびアジア系)間の人口分布の均一性に基づいて、グレーターヒューストンが最も民族的でしたニューヨーク市に先駆けて、米国の多様な大都市圏[142]

2019年、米国国勢調査局によると、非ヒスパニック系白人はヒューストン本土の人口の23.3%、ヒスパニック系およびラテン系アメリカ人は45.8%、黒人またはアフリカ系アメリカ人は22.4%、アジア系アメリカ人は6.5%を占めていました。[122] 2018年には、非ヒスパニック系白人が人口の20.7%、ヒスパニック系またはラテンアメリカ人が44.9%、黒人またはアフリカ系アメリカ人が30.3%、アジア系アメリカ人が8.2%を占めました。[123]市内で最大のヒスパニックまたはラテンアメリカの民族グループは、2018年にメキシコ系アメリカ人(31.6%)、プエルトリコ人(0.8%)、およびキューバ系アメリカ人(0.8%)でした。 [123]

ヒューストンは、非ヒスパニック系白人よりもマイノリティの割合が高くなっています。2010年には、白人(ヒスパニック系白人を含む)がヒューストン市の人口の57.6%を占めました。全人口の24.6%は非ヒスパニック系白人でした。[143]黒人またはアフリカ系アメリカ人はヒューストンの人口の22.5%を占め、アメリカ人インディアンは人口の0.3%を占め、アジア人は6.9%を占めました(ベトナム人1.7% 、中国人1.3% 、インド人1.3%、パキスタン人0.9% 、フィリピン人0.4%)、0.3%韓国人、0.1%日本人)および太平洋諸島民0.1%を占めています。他の人種の個人が市の人口の15.69%を占めていました。[130] 2つ以上の人種の個人が都市の2.1%を占めていた。[143]

2000年の米国の国勢調査では、都市の人種構成は49.3%白人、25.3%黒人またはアフリカ系アメリカ人、5.3%アジア人、0.7%アメリカ人インド人、0.1%太平洋諸島民、16.5%他の人種、3.1% 2つ以上のレース。さらに、2000年にはヒスパニック系白人がヒューストンの人口の37.4%を占め、非ヒスパニック系白人が30.8%を占めていました。[144]ヒューストンの非ヒスパニック系白人の割合は、1970年の62.4%から大幅に減少しました。[34]

性的指向と性同一性

モントローズのLGBTバナー

ヒューストンには、米国で最大のLGBTコミュニティプライドパレードの1つがあります。[145] [146] [147] 2018年、市はLGBTの親しみやすさで100点満点中70点を獲得しました。[148]ヒューストン・クロニクルのジョーダン・ブルームは、地域の伝統的に保守的な文化のいくつかのために、2016年にLGBTの受容と差別のレベルが変化したと述べた。[149]

1970年代以前は、街のゲイバーはヒューストンのダウンタウンと現在のヒューストンのミッドタウンに広がっていました。LGBTヒューストンの人々は、ゲイバーが閉店した後、社交の場が必要でした。彼らはモントローズにある24時間営業のレストランArtWrenに行き始めました。LGBTコミュニティのメンバーは、アートレンをひいきにしながらモントローズに出会った後、近所としてモントローズに惹かれ、近所をジェントリフィケーションし、地元の住民の資産の維持を支援し始めました。モントローズ内では、新しいゲイバーがオープンし始めました。[150] 1985年までに、近隣の味と政治はLGBTコミュニティの影響を強く受け、1990年には、ヒルによれば、モントローズの住民の19%がLGBTと特定された。ポール・ブルサード1991年にモントローズで殺害された。[151]

アメリカ合衆国で同性結婚が合法化される前、テキサス史上初の同性結婚と見なされていたビリー・エルトとアントニオ・モリーナの結婚は、1972年10月5日に行われた。[152]ヒューストンは最初の公然とレズビアンの市長を選出した。 [152] [153]在職中、彼女は、特に都市の性的指向と性的アイデンティティに基づく差別禁止の適用範囲を改善することを目的としたヒューストン同性婚条例を承認した。住宅や職業など、差別禁止政策が存在しなかった分野で。[154]

宗教

宗教(2014)
キリスト教徒
73%
カトリック
19%
プロテスタント
50%
他のクリスチャン
4%
無所属
20%
ユダヤ人
2%
イスラム教徒
1%
ヒンズー教
1%
仏教徒
1%
その他の信仰
1%

ヒューストンとその大都市圏は、米国の人口の割合で3番目に宗教的でキリスト教的な地域であり、テキサス州ではダラスフォートワースメトロプレックスに次いで2番目です。[155] [156]歴史的に、ヒューストンはプロテスタントのキリスト教の中心地であり、バイブルベルトの一部でした[157]東方および東方正教会のキリスト教を含む他のキリスト教グループ、および非キリスト教の宗教は、移民が主に西ヨーロッパ(当時は西方キリスト教によって支配されていた)からのものであったため、都市の歴史の多くで成長しなかった連邦移民法の割当によって支持されています)。1965年の移民および国籍法により、割り当てが削除され、他の宗教の成長が可能になりました。[158]

ピュー研究所による2014年の調査によると、ヒューストン地域の人口の73%がキリスト教徒であり、その約50%がプロテスタントの所属を主張し、約19%がローマカトリックの所属を主張しました。全国的に、回答者の約71%がキリスト教徒であると特定しました。ヒューストン地域の住民の約20%は、全国の約23%と比較して、宗教的提携を主張していません。[159]同じ研究によると、他の宗教(ユダヤ教仏教イスラム教ヒンドゥー教を含む)と同一視する地域住民は、地域人口の約7%を占めています。[159]2020年に、公共宗教研究所は40%がプロテスタントで、29%がカトリックであると推定しました。全体として、キリスト教は人口の72%を占めていました。[160]

ジョエル・オスティーン牧師が率いるヒューストンのレイクウッド教会は、米国で最大の教会です。メガチャーチは、2010年には週に44,800人の参加者があり、2000年の週に11,000人から増加しました。[161] 2005年以来、旧コンパックセンターのスポーツスタジアムを占領しています。2010年9月、Outreach Magazineは、米国で最大の100のキリスト教教会のリストを公開しました。リストには、レイクウッド、セカンドバプテスト教会ヒューストン、ウッドランズ教会、壁のない教会、ファーストバプテスト教会が含まれていました。 [161]リストによると、ヒューストンとダラスはメガチャーチで2番目に人気のある都市として結ばれていました。[161]

テキサスで最大のカトリック管轄であり、米国で5番目に大きい、ガルベストン-ヒューストンのローマカトリック大司教区は1847年に設立されました。[ 162 ]ガルベストン-ヒューストンのローマカトリック大司教区は、その境界内に約170万人のカトリック教徒を擁しています。[162]他の著名なカトリック管轄区域には、東方典礼カトリックルーシ カトリック教会ウクライナギリシャカトリック教会、およびその大聖堂もヒューストンにある聖ペテロの議長の個人的な儀式が含まれます。[163]

ヒューストンには、さまざまな東方および東方正教会があります。東ヨーロッパ中東、エチオピア、インド、およびその他の地域からの移民が、ヒューストンの東方および東方正教会の人口に加わっています。2011年現在、州全体で32,000人が正教会に積極的に参加しています。[164] 2013年、春の近くの聖ヨナ正教会の牧師であるジョン・ホワイトフォード神父は、ヒューストンには約6,000〜9,000人の東方正教会のキリスト教徒がいたと述べた。[165]東方および東方正教会の最も著名な管轄区域は、アメリカのギリシャ正教会[166]北アメリカのアンティオキア正教会です。[167]アレクサンドリアのコプト正教会[168]およびエチオピア正教会のテワヘド教会[169]

2001年に47,000人と推定されたヒューストンのユダヤ人コミュニティは、1800年代から市内に存在しています。ヒューストンのユダヤ人は、米国、イスラエル、メキシコ、ロシア、およびその他の場所から生まれました。2016年の時点で、40を超えるシナゴーグがグレーターヒューストンにありました。[158]最大のシナゴーグは保守派のユダヤ人の神殿であるコングリゲーション・ベス・イェシュルンと、改革派のユダヤ人の会衆であるベス・イスラエルとエマヌ・エルです。Berman Jewish DataBankによる2016年の調査によると、この地域には51,000人のユダヤ人が住んでおり、2001年から4,000人増加しています。[170]

ヒューストンには大きくて多様なイスラム教徒のコミュニティがあります。2012年の時点で、テキサス州と米国南部で最大です。[171]イスラム教徒は、ヒューストンの人口の1.2%を占めていると推定されています。[171] 2016年現在、ヒューストン地域のイスラム教徒には、南アジア人中東人アフリカ人トルコ人インドネシア人、およびラテン系イスラム教徒の改宗者の増加する人口が含まれていました。2000年には、41を超えるモスクと店先の宗教センターがあり、最大のものは、グレーターヒューストンイスラム協会のアルヌールモスク(光のモスク)でした[172]ヒンズー教徒、シーク教徒、そして仏教徒のコミュニティは、ユダヤ教とイスラム教の後に宗教人口統計の成長分野を形成しています。首都圏で最大のヒンドゥー寺院の1つは、スワミナラヤンサンプラダヤ宗派に所属するBAPSシュリスワミナラヤンマンディールヒューストンです。無宗教のコミュニティのうち、16%は特に何も実践しておらず、3%は不可知論者であり、2%は無神論者でした。[155]

経済

ヒューストンを拠点とするフォーチュン500企業[173]
ランク 会社名
27 フィリップス66
56 シスコ
93 コノコフィリップス
98 プレーンズGPホールディングス
101 エンタープライズ製品パートナー
129 ベーカーヒューズ
142 ハリバートン
148 オクシデンタルペトロリアム
186 EOGリソース
207 廃棄物管理
242 キンダー・モルガン
260 CenterPoint Energy
261 Quantaサービス
264 グループ1オートモーティブ
319 カルパイン
329 Cheniere Energy
365 Targaリソース
374 NOV Inc.
391 ウェストレイクケミカル
465 アパッチ株式会社
496 クラウンキャッスル
501 KBR
石油業界の企業
ヒューストン製品ツリーマップ、2020

ヒューストンは、そのエネルギー産業、特に石油と天然ガス、および生物医学研究と航空学で世界的に認められています。再生可能エネルギー源(風力と太陽光)も市内の経済基盤を拡大しており[174] [175] 、市政府は年間1 TWhの電力の90%を主に風力から購入し、一部は太陽光から購入しています。[176] [177]市と地域は、テクノロジーの中心地としても成長しています。[178]グレーターヒューストン内の主要なテクノロジーおよびソフトウェア会社には、Crown CastleKBRCyber​​softHouston Wire&Cable、およびHostGatorが含まれます。2020年に発表されましたヒューレットパッカードエンタープライズは、グローバル本社をカリフォルニアからグレーターヒューストンエリアに移転します。[179]ヒューストンシップチャンネルは、ヒューストンの経済基盤の大部分でもあります。

これらの強みにより、ヒューストンは、グローバリゼーションおよび世界都市研究グループおよびネットワークとグローバル経営コンサルティング会社ATカーニーによってグローバル都市として指定されています。[13]米国商務省の国際貿易局が発表したデータによると、ヒューストン地域は米国の輸出市場のトップであり、2013年にはニューヨーク市を上回っています。2012年、ヒューストン-ウッドランズ-シュガーランド地域は、1,103億ドルの商品輸出を記録しました。[180]石油製品、化学薬品、石油およびガス抽出装置は、昨年の大都市圏の輸出の約3分の2を占めました。輸出先の上位3つは、メキシコカナダ、およびブラジル[181]

ヒューストンエリアは、油田設備を構築するための主要な中心地です。[182]石油化学コンプレックスとしての成功の多くは、その忙しい船の航路であるヒューストン港によるものです。[183]​​米国では、この港は国際商取引で1位、世界最大の港の中で16位にランクされています。[184]ほとんどの場所とは異なり、居住者の多くがエネルギー産業で雇用されているため、石油とガソリンの高価格はヒューストンの経済にとって有益です。[185]ヒューストンは、多数の石油、ガス、および製品パイプラインの始点または終点です。[186]

2016年のヒューストン-ウッドランズ-シュガーランドメトロエリアの国内総生産(GDP)は4,780億ドルで、米国の大都市圏の中で6番目に大きく、イランコロンビア、または米国よりも大きいです。アラブ首長国連邦のGDP。[187]米国以外の27か国だけが、ヒューストンの地域の国内総生産(GAP)を超える国内総生産を持っています。[188] 2010年、鉱業(ヒューストンでの石油とガスの探査と生産でほぼ完全に構成されている)は、エネルギー価格の高騰と世界的な石油生産能力の余剰の減少に対応して、ヒューストンのGAPの26.3%を占めました。エンジニアリングサービス、ヘルスサービス、および製造。[189]

ヒューストン大学システムがヒューストン地域の経済に与える年間の影響は、大企業の影響と同じです。ヒューストン地域に毎年11億ドルの新規資金が集まり、合計で31.3億ドルの経済的利益があり、24,000人の地元の雇用が生み出されています。[190] [191]これは、ヒューストンとテキサス全体の労働力に入る、UHシステムが毎年生み出す12,500人の新卒者に加えてです。これらの学位取得者はヒューストンにとどまる傾向があります。5年経った今でも、卒業生の80.5%がこの地域に住み、働いています。[191]

2006年、ヒューストン大都市圏は、フォーブスの「ビジネスとキャリアに最適な場所」のカテゴリで、テキサス州で1位、米国で3位にランクされました。[192] 91の外国政府が、ヒューストンの大都市圏に領事館を設立しました。これは、米国で3番目に高い地域です。[193] 40の外国政府がここに貿易および商業事務所を維持しており、23のアクティブな外国商工会議所および業界団体があります。[194] 13カ国を代表する25の外国銀行がヒューストンで活動し、国際社会に財政援助を提供している。[195]

2008年、ヒューストンはキップリンガーズパーソナルファイナンスの「2008年のベストシティ」リストでトップランクを獲得しました。このリストでは、都市を地域経済、雇用機会、妥当な生活費、生活の質でランク付けしています。[196]フォーブスによると、この都市は過去15年間で地域の技術革新が最も高く増加したことで4位にランクされました。[197]同じ年に、この都市はフォーチュン500の年間本社リストで2位にランクされ、[198]フォーブス誌の「大学卒業生に最適な都市」で1位、[ 199]「家を買う」。[200]フォーブスによると、2010年には、この都市はショッピングに最適な都市と評価されました[201]

2012年、この都市はフォーブスによって給与の価値で1位にランクされ、2013年5月下旬に、ヒューストンは雇用創出においてアメリカのトップ都市として特定されました。[202] [203]

2013年、ヒューストンは、前の景気後退で失われたすべての雇用を取り戻した最初の主要都市であるだけでなく、墜落後も、米国統計局によって雇用創出の第1位の米国都市として特定されました。失われた1つごとに2つのジョブが追加されました。Greater HoustonPartnershipのエコノミスト兼研究担当副社長のPatrickJankowskiは、ヒューストンの成功は、この地域の不動産およびエネルギー産業が歴史的な過ちから学ぶ能力に起因すると考えています。さらに、ヤンコウスキーは、2008年から2010年の間に「100社以上の外資系企業がヒューストンに移転、拡大、または新規事業を開始した」と述べ、この外部事業への開放は、内需が問題のある時期に雇用創出を後押しした。[203]また、2013年には、ヒューストンはフォーブスの「ビジネスとキャリアに最適な場所」のリストに再び登場しました。[204]

文化

2012年にヒューストンのダウンタウン水族館の噴水

アメリカ南部に位置するヒューストンは、大きく成長している国際社会を持つ多様な都市です。[205]グレーターヒューストン大都市圏には、米国外で生まれた推定110万人(21.4%)の住民が住んでおり、この地域の外国生まれの人口の3分の2近くが米国とメキシコの国境の南から来ています。 [ 206 ]さらに、外国生まれの居住者の5人に1人以上がアジア出身です。[206]この都市には、92か国を代表する、国内で3番目に大きな領事館が集まっています。[207]

多くの毎年恒例のイベントは、ヒューストンの多様な文化を祝います。最大かつ最も長く開催されているのは、毎年恒例のヒューストン家畜ショーとロデオで、3月上旬から下旬まで20日間にわたって開催され、世界最大の毎年恒例の家畜ショーとロデオです。[208]もう1つの大きなお祝いは、6月末に開催される毎年恒例の夜間ヒューストンゲイプライドパレードです。[209]その他の注目すべき毎年恒例のイベントには、ヒューストンギリシャフェスティバル[210] アートカーパレードヒューストンモーターショー、ヒューストン国際フェスティバル[211]バイユーシティアートフェスティバルがあります。、これは米国のトップ5の芸術祭の1つと見なされています。[212] [213]

ヒューストンは、その多様な料理とレストランの文化で高く評価されています。いくつかの主要な出版物は、一貫してヒューストンを「アメリカの最高の食品都市」の1つに挙げています。[214] [215] [216] [217] [218]ヒューストンは、NASAのリンドンB.ジョンソン宇宙センターの場所であるため、1967年に「スペースシティ」の正式なニックネームを受け取りました地元の人がよく使う他のニックネームには、「バイユー市」、「クラッチ市」、「クラッシュ市」、「マグノリア市」、「H-Town」、「南の料理の首都」などがあります。[219] [220] [221]

芸術と演劇

ダウンタウンヒューストンシアターディストリクトには、9つの主要な舞台芸術組織と6つのパフォーマンスホールがあります。これは、米国のダウンタウンエリアで2番目に大きな劇場席の集中です。[222] [223] [224]

ヒューストンは、オペラ(ヒューストングランドオペラ)、バレエ(ヒューストンバレエ)、音楽(ヒューストン交響楽団)、劇場(アレーシアターシアター)など、すべての主要な舞台芸術分野に常設の専門家が常駐する数少ない米国の都市の1つです。星空の下で)。[16] [225]ヒューストンには、フォークアーティストアートグループ、さまざまな小さな進歩的な芸術団体もあります。[226]

ヒューストンは、さまざまな興味のために多くのツアーブロードウェイのアクト、コンサート、ショー、展示会を魅了しています。[227]劇場地区の施設には、ヒューストン交響楽団と舞台芸術ホビーセンターの本拠地であるジョーンズホールと舞台芸術ホビーセンターがあります。

ミュージアムディストリクト文化施設や展示品には、年間700万人以上の訪問者が訪れます。[228] [229]注目すべき施設には、美術館ヒューストン自然科学博物館ヒューストン現代美術館、ステーション現代美術館ホロコースト博物館ヒューストン、ヒューストン子供博物館ヒューストン動物園などがあります。 。[230] [231] [232]

博物館地区の近くには、メニルコレクションロスコチャペル、ムーディー芸術センター、ビザンチンフレスコチャペル博物館があります。

バイユーベンドは、アメリカで最も有名な装飾美術、絵画、家具のコレクションの1つを収容する、美術館の14エーカー(5.7ヘクタール)の施設です。バイユーベンドは、ヒューストンの慈善家イマホッグのかつての家です。[233]

国立葬儀史博物館は、ヒューストンのジョージブッシュインターコンチネンタル空港の近くにあります。博物館には、1980年代に教皇ヨハネパウロ2世が使用したオリジナルのパパモビルが、数多くの霊柩車、防腐処理の展示、有名な葬儀に関する情報とともに収容されています。

ヒューストン各地の会場では、定期的に地元やツアーのロック、ブルース、カントリー、ダブステップ、テハノのミュージカルアクトが開催されます。ヒューストンはその音楽シーンで広く知られることはありませんでしたが[234] ヒューストンのヒップホップは、全国的に影響力のある重要な独立した音楽シーンになりました。ヒューストンは、街のDJスクリューによって開拓された、ヒップホップのチョップドアンドスクリューリミックステクニックの発祥の地ですこの地域の他の注目すべきヒップホップアーティストには、Slim ThugPaul WallMike JonesBun BGeto BoysTrae tha TruthKirko BangzZ-Roサウスパークメキシカントラビススコットミーガンジースタリオン[235]

ビヨンセノウルズとガールグループのデスティニーズチャイルドはヒューストンで生まれました。

観光とレクリエーション

シアターディストリクト、ヒューストンのダウンタウンの中心部にある17ブロックのエリアで、バイユープレイスのエンターテイメント複合施設、レストラン、映画、広場、公園があります。バイユープレイスは、フルサービスのレストラン、バー、ライブミュージック、ビリヤード、サンダンスシネマを含む大きな多層ビルです。バイユーミュージックセンターでは、ライブコンサート、舞台劇、スタンダップコメディを上演しています。 スペースセンターヒューストンは、NASAのリンドンB.ジョンソン宇宙センターの公式ビジターセンターです。宇宙センターには、月の石、シャトルシミュレーター、NASAの有人宇宙飛行プログラムの歴史に関するプレゼンテーションなど、多くのインタラクティブな展示があります。その他の観光名所には、ガレリア(テキサス州最大のショッピングモール、アップタウン地区)、オールドマーケットスクエア、ダウンタウン水族館サムヒューストンレースパーク

ヒューストンの現在のチャイナタウンマハトマガンジー地区は、ヒューストンの多文化構造を反映した2つの主要な民族の飛び地です。どちらのエリアにも、レストラン、パン屋、民族衣装のブティック、専門店があります。

ヒューストンには、ヘルマンパークテリーハーシーパークレイクヒューストンパークメモリアルパークトランキリティパークセスクィセンテニアルパークディスカバリーグリーンバッファローバイユーパークサムヒューストンパークを含む337の公園があります。ヘルマン公園内には、ヒューストン動物園ヒューストン自然科学博物館があります。サムヒューストンパークには、元々1823年から1905年の間に建てられた復元および再建された家があります。[236]ハーマンブラウンパークに市内初の植物園を開くことが提案されました。[237]

米国で最も人口の多い10の都市の中で、ヒューストンは公園と緑地の総面積が最も多く、56,405エーカー(228 km 2)です。[238]市には、ヒューストン樹木園および自然センターを含む、市によって管理されている合計19,600エーカー(79 km 2 )を超える200を超える追加の緑地もありますLee and Joe Jamail Skateparkは、ヒューストン市が所有および運営する公共スケートパークであり、30,000フィート2(2,800 m 2)の地下施設で構成されるテキサス最大のスケートパークの1つです。

街のアップタウン地区にあるジェラルドD.ハインズウォーターウォールパークは、人気のある観光名所として、また結婚式やさまざまなお祝いに利用できます。ウォークスコアによる2011年の調査では、ヒューストンは米国の50大都市の中で23番目に歩きやすい都市にランク付けされました。[239]

スポーツ

ヒューストンには、ナショナルホッケーリーグナショナルラクロスリーグを除くすべての主要なプロリーグのスポーツチームがあります。ヒューストンアストロズは、1962年に結成されたメジャーリーグベースボール の拡張チームであり(1965年までは「Colt.45s」として知られていました) 、 2017年にワールドシリーズで優勝し、 2005年2019年、2021年のワールドシリーズに登場しました。両方の現代リーグでペナントを獲得したのはMLBチームだけです。[240]ヒューストン・ロケッツは、1971年 以来、市内に拠点を置く全米バスケットボール協会のフランチャイズです。彼らは2つのNBAチャンピオンシップで優勝しました。1つは1994年、もう1つは1995年に、スタープレーヤーのアキームオラジュウォンオーティスソープクライドドレクスラーバーノンマックスウェルケニースミスの下で優勝しました。[241]ヒューストン・テキサンズは、2002年に結成されたナショナルフットボールリーグ のエクスパンションチームです。ヒューストンダイナモは、 2006年からヒューストンに拠点を置き、 2006年2つのMLSカップタイトルを獲得したメジャーリーグサッカー のフランチャイズです2007ヒューストンダッシュチームは、ナショナルウィメンズサッカーリーグでプレーします。[242]彼らは2020NWSLチャレンジカップで優勝しました。ヒューストンセイバーキャッツは、メジャーリーグラグビーでプレーするラグビーチームです[243]

ミニッツメイドパーク(アストロズの本拠地)とトヨタセンター(ロケットの本拠地)は、ヒューストンのダウンタウンにあります。ヒューストンには、NFL初の天然芝を備えた格納式の屋根のスタジアムであるNRGスタジアム(テキサンズの本拠地)があります。[244]ミニッツメイドパークは、格納式の屋根のスタジアムでもあります。トヨタセンターには、 2013年のNBAオールスターゲームの開催に合わせて建設された、米国最大の屋内競技場のスクリーンもあります[245] PNCスタジアムは、イーストダウンタウンにあるヒューストンダイナモ、テキサスサザンタイガースフットボールチーム、およびヒューストンダッシュのためのサッカー専用スタジアムです。アベバスタジアムSaberCats) is in south Houston. In addition, NRG Astrodome was the first indoor stadium in the world, built in 1965.[246] Other sports facilities include Hofheinz Pavilion (Houston Cougars basketball), Rice Stadium (Rice Owls football), and NRG Arena. TDECU Stadium is where the University of Houston's Cougars football team plays.[247]

Houston has hosted several major sports events: the 1968, 1986 and 2004 Major League Baseball All-Star Games; the 1989, 2006 and 2013 NBA All-Star Games; Super Bowl VIII, Super Bowl XXXVIII, and Super Bowl LI, as well as hosting the 1981, 1986, 1994 and 1995 NBA Finals, winning the latter two, and hosting the 2005 World Series, 2017 World Series and 2019 World Series. The city won its first baseball championship during the 2017 event. NRG Stadium hosted Super Bowl LI on February 5, 2017.[248]

The city has hosted several major professional and college sporting events, including the annual Houston Open golf tournament. Houston hosts the annual Houston College Classic baseball tournament every February, and the Texas Kickoff and Bowl in September and December, respectively.[249]

The Grand Prix of Houston, an annual auto race on the IndyCar Series circuit was held on a 1.7-mile temporary street circuit in NRG Park. The October 2013 event was held using a tweaked version of the 2006–2007 course.[250] The event had a 5-year race contract through 2017 with IndyCar.[251] In motorcycling, the Astrodome hosted an AMA Supercross Championship round from 1974 to 2003 and the NRG Stadium since 2003.

Houston is also one of the first cities in the world to have a major eSports team represent it, in the form of the Houston Outlaws. The Outlaws play in the Overwatch League and are one of two Texan teams, the other being the Dallas Fuel. Houston is also one of eight cities to have an XFL team, the Houston Roughnecks.

Government

Harris County Family Law Center

The city of Houston has a strong mayoral form of municipal government.[252] Houston is a home rule city and all municipal elections in Texas are nonpartisan.[252][253] The city's elected officials are the mayor, city controller and 16 members of the Houston City Council.[254] The current mayor of Houston is Sylvester Turner, a Democrat elected on a nonpartisan ballot. Houston's mayor serves as the city's chief administrator, executive officer, and official representative, and is responsible for the general management of the city and for seeing all laws and ordinances are enforced.[255]

The original city council line-up of 14 members (nine district-based and five at-large positions) was based on a U.S. Justice Department mandate which took effect in 1979.[256] At-large council members represent the entire city.[254] Under the city charter, once the population in the city limits exceeded 2.1 million residents, two additional districts were to be added.[257] The city of Houston's official 2010 census count was 600 shy of the required number; however, as the city was expected to grow beyond 2.1 million shortly thereafter, the two additional districts were added for, and the positions filled during, the August 2011 elections.

The city controller is elected independently of the mayor and council. The controller's duties are to certify available funds prior to committing such funds and processing disbursements. The city's fiscal year begins on July 1 and ends on June 30. Chris Brown is the city controller, serving his first term as of January 2016.

As the result of a 2015 referendum in Houston, a mayor is elected for a four-year term and can be elected to as many as two consecutive terms.[258] The term limits were spearheaded in 1991 by conservative political activist Clymer Wright.[259] During 1991–2015, the city controller and city council members were subjected to a two-year, three-term limitation–the 2015 referendum amended term limits to two four-year terms. As of 2017 some councilmembers who served two terms and won a final term will have served eight years in office, whereas a freshman councilmember who won a position in 2013 can serve up to two additional terms under the previous term limit law–a select few will have at least 10 years of incumbency once their term expires.

Houston is considered to be a politically divided city whose balance of power often sways between Republicans and Democrats. Much of the city's wealthier areas vote Republican while the city's working-class and minority areas vote Democratic. According to the 2005 Houston Area Survey, 68 percent of non-Hispanic whites in Harris County are declared or favor Republicans while 89 percent of non-Hispanic blacks in the area are declared or favor Democrats. About 62 percent of Hispanics (of any race) in the area are declared or favor Democrats.[260] The city has often been known to be the most politically diverse city in Texas, a state known for being generally conservative.[260] As a result, the city is often a contested area in statewide elections.[260] In 2009, Houston became the first U.S. city with a population over 1 million citizens to elect a gay mayor, by electing Annise Parker.[261]

Texas has banned sanctuary cities,[262] but Houston Mayor Sylvester Turner said Houston will not assist ICE agents with immigration raids.[263]

Crime

Houston Police Department headquarters

Houston had 303 homicides in 2015 and 302 homicides in 2016. Officials predicted there would be 323 homicides in 2016. Instead, there was no increase in Houston's homicide rate between 2015 and 2016.[264][discuss]

Houston's murder rate ranked 46th of U.S. cities with a population over 250,000 in 2005 (per capita rate of 16.3 murders per 100,000 population).[265] In 2010, the city's murder rate (per capita rate of 11.8 murders per 100,000 population) was ranked sixth among U.S. cities with a population of over 750,000 (behind New York City, Chicago, Detroit, Dallas, and Philadelphia) according to the Federal Bureau of Investigation.[266]

Murders fell by 37 percent from January to June 2011, compared with the same period in 2010. Houston's total crime rate including violent and nonviolent crimes decreased by 11 percent.[267] The FBI's Uniform Crime Report (UCR) indicates a downward trend of violent crime in Houston over the ten- and twenty-year periods ending in 2016, which is consistent with national trends. This trend toward lower rates of violent crime in Houston includes the murder rate, though it had seen a four-year uptick that lasted through 2015. Houston's violent crime rate was 8.6% percent higher in 2016 than the previous year. However, from 2006 to 2016, violent crime was still down 12 percent in Houston.[268]

Houston is a significant hub for trafficking of cocaine, cannabis, heroin, MDMA, and methamphetamine due to its size and proximity to major illegal drug exporting nations.[269] Houston is one of the country's largest hubs for human trafficking.[270]

In the early 1970s, Houston, Pasadena and several coastal towns were the site of the Houston mass murders, which at the time were the deadliest case of serial killing in American history.[271][272]

In 1853, the first execution in Houston took place in public at Founder's Cemetery in the Fourth Ward; initially, the cemetery was the execution site, but post-1868 executions took place in the jail facilities.[273]

Education

The first Hattie Mae White Administration Building; it has been sold and demolished

Nineteen school districts exist within the city of Houston. The Houston Independent School District (HISD) is the seventh-largest school district in the United States and the largest in Texas.[274] HISD has over 100 campuses that serve as magnet or vanguard schools—specializing in such disciplines as health professions, visual and performing arts, and the sciences. There are also many charter schools that are run separately from school districts. In addition, some public school districts also have their own charter schools.

The Houston area encompasses more than 300 private schools,[275][276][277] many of which are accredited by Texas Private School Accreditation Commission recognized agencies. The Greater Houston metropolitan area's independent schools offer education from a variety of different religious as well as secular viewpoints.[278] The Greater Houston area's Catholic schools are operated by the Roman Catholic Archdiocese of Galveston-Houston.

Colleges and universities

Houston has four state universities. The University of Houston (UH) is a research university and the flagship institution of the University of Houston System.[279][280][281] The third-largest university in Texas, the University of Houston has nearly 44,000 students on its 667-acre (270-hectare) campus in the Third Ward.[282] The University of Houston–Clear Lake and the University of Houston–Downtown are stand-alone universities within the University of Houston System; they are not branch campuses of the University of Houston. Slightly west of the University of Houston is Texas Southern University (TSU), one of the largest historically black universities in the United States with approximately 10,000 students. Texas Southern University is the first state university in Houston, founded in 1927.[283]

Several private institutions of higher learning are within the city. Rice University, the most selective university in Texas and one of the most selective in the United States,[284] is a private, secular institution with a high level of research activity.[285] Founded in 1912, Rice's historic, heavily wooded 300-acre (120-hectare) campus, adjacent to Hermann Park and the Texas Medical Center, hosts approximately 4,000 undergraduate and 3,000 post-graduate students. To the north in Neartown, the University of St. Thomas, founded in 1947, is Houston's only Catholic university. St. Thomas provides a liberal arts curriculum for roughly 3,000 students at its historic 19-block campus along Montrose Boulevard. In southwest Houston, Houston Baptist University (HBU), founded in 1960, offers bachelor's and graduate degrees at its Sharpstown campus. The school is affiliated with the Baptist General Convention of Texas and has a student population of approximately 3,000.

Three community college districts have campuses in and around Houston. The Houston Community College System (HCC) serves most of Houston proper; its main campus and headquarters are in Midtown. Suburban northern and western parts of the metropolitan area are served by various campuses of the Lone Star College System, while the southeastern portion of Houston is served by San Jacinto College, and a northeastern portion is served by Lee College.[286] The Houston Community College and Lone Star College systems are among the 10 largest institutions of higher learning in the United States.

Houston also hosts a number of graduate schools in law and healthcare. The University of Houston Law Center and Thurgood Marshall School of Law at Texas Southern University are public, ABA-accredited law schools, while the South Texas College of Law, in Downtown, serves as a private, independent alternative. The Texas Medical Center is home to a high density of health professions schools, including two medical schools: McGovern Medical School, part of The University of Texas Health Science Center at Houston, and Baylor College of Medicine, a highly selective private institution. Prairie View A&M University's nursing school is in the Texas Medical Center. Additionally, both Texas Southern University and the University of Houston have pharmacy schools, and the University of Houston hosts a medical school and a college of optometry.

Media

The current Houston Chronicle headquarters, formerly the Houston Post headquarters

The primary network-affiliated television stations are KPRC-TV (NBC), KHOU (CBS), KTRK-TV (ABC), KRIV (Fox), KIAH (The CW), KTXH (MyNetworkTV), KXLN-DT (Univision), KFTH-DT (UniMás), and KTMD-TV (Telemundo). KTRK-TV, KRIV, KTXH, KXLN-DT, KFTH-DT, and KTMD-TV operate as owned-and-operated stations of their networks.[292]

The Houston–The Woodlands–Sugar Land metropolitan area is served by one public television station and one public radio station. KUHT (Houston Public Media) is a PBS member station and is the first public television station in the United States. Houston Public Radio is listener-funded and comprises one NPR member station, KUHF (News 88.7). The University of Houston System owns and holds broadcasting licenses to KUHT and KUHF. The stations broadcast from the Melcher Center for Public Broadcasting on the campus of the University of Houston.

Houston and its metropolitan area are served by the Houston Chronicle, its only major daily newspaper with wide distribution. Hearst Communications, which owns and operates the Houston Chronicle, bought the assets of the Houston Post—its long-time rival and main competition—when Houston Post ceased operations in 1995. The Houston Post was owned by the family of former Lieutenant Governor Bill Hobby of Houston. The only other major publication to serve the city is the Houston Press—which was a free alternative weekly newspaper before the destruction caused by Hurricane Harvey resulted in the publication switching to an online-only format on November 2, 2017.[293] Other notable publications include Houston Forward Times, OutSmart, and La Voz de Houston. Houston Forward Times is one of the largest black-owned newspapers in the metropolitan area and owned by Forward Times Publishing Company.[294] OutSmart is an LGBT magazine in Houston and was ranked "Best Local Magazine" by the Houston Press in 2008.[295] La Voz de Houston is the Houston Chronicle's Spanish-language newspaper and the largest in the area.

Infrastructure

Healthcare

Houston is the seat of the Texas Medical Center, which describes itself as containing the world's largest concentration of research and healthcare institutions.[296] All 49 member institutions of the Texas Medical Center are non-profit organizations. They provide patient and preventive care, research, education, and local, national, and international community well-being. Employing more than 73,600 people, institutions at the medical center include 13 hospitals and two specialty institutions, two medical schools, four nursing schools, and schools of dentistry, public health, pharmacy, and virtually all health-related careers. It is where one of the first—and still the largest—air emergency service, Life Flight, was created, and an inter-institutional transplant program was developed.[citation needed] Around 2007, more heart surgeries were performed at the Texas Medical Center than anywhere else in the world.[297]

Some of the academic and research health institutions at the center include MD Anderson Cancer Center, Baylor College of Medicine, UT Health Science Center, Memorial Hermann Hospital, Houston Methodist Hospital, Texas Children's Hospital, and University of Houston College of Pharmacy.

In the 2000s, the Baylor College of Medicine was annually considered within the top ten medical schools in the nation; likewise, the MD Anderson Cancer Center had been consistently ranked as one of the top two U.S. hospitals specializing in cancer care by U.S. News & World Report since 1990.[298][299] The Menninger Clinic, a psychiatric treatment center, is affiliated with Baylor College of Medicine and the Houston Methodist Hospital System.[300] With hospital locations nationwide and headquarters in Houston, the Triumph Healthcare hospital system was the third largest long term acute care provider nationally in 2005.[301]

Harris Health System (formerly Harris County Hospital District), the hospital district for Harris County, operates public hospitals (Ben Taub General Hospital and Lyndon B. Johnson Hospital) and public clinics. The City of Houston Health Department also operates four clinics.[302] As of 2011 the dental centers of Harris Health System take patients of ages 16 and up with patients under that age referred to the City of Houston's dental clinics.[303] Montgomery County Hospital District (MCHD) serves as the hospital district for Houstonians living in Montgomery County. Fort Bend County, in which a portion of Houston resides, does not have a hospital district. OakBend Medical Center serves as the county's charity hospital which the county contracts with.[304]

Transportation

Houston is considered an automobile-dependent city, with an estimated 77.2% of commuters driving alone to work in 2016,[305] up from 71.7% in 1990[306] and 75.6% in 2009.[307] In 2016, another 11.4% of Houstonians carpooled to work, while 3.6% used public transit, 2.1% walked, and 0.5% bicycled.[305] A commuting study estimated the median length of commute in the region was 12.2 miles (19.6 km) in 2012.[308] According to the 2013 American Community Survey, the average work commute in Houston (city) takes 26.3 minutes.[309] A 1999 Murdoch University study found Houston had both the lengthiest commute and lowest urban density of 13 large American cities surveyed,[310] and a 2017 Arcadis study ranked Houston 22nd out of 23 American cities in transportation sustainability.[311] Harris County is one of the largest consumers of gasoline in the United States, ranking second (behind Los Angeles County) in 2013.[312]

Despite the region's high rate of automobile usage, attitudes towards transportation among Houstonians indicate a growing preference for walkability. A 2017 study by the Rice University Kinder Institute for Urban Research found 56% of Harris County residents have a preference for dense housing in a mixed-use, walkable setting as opposed to single-family housing in a low-density area.[313] A plurality of survey respondents also indicated traffic congestion was the most significant problem facing the metropolitan area.[313] In addition, many households in the city of Houston have no car. In 2015, 8.3 percent of Houston households lacked a car, which was virtually unchanged in 2016 (8.1 percent). The national average was 8.7 percent in 2016. Houston averaged 1.59 cars per household in 2016, compared to a national average of 1.8.[314]

Roadways

The Interstate 10/U.S. Route 90 and Interstate 45 stack interchange northwest of Downtown Houston

The eight-county Greater Houston metropolitan area contains over 25,000 miles (40,000 km) of roadway, of which 10%, or approximately 2,500 miles (4,000 km), is limited-access highway.[315] The Houston region's extensive freeway system handles over 40% of the regional daily vehicle miles traveled (VMT).[315] Arterial roads handle an additional 40% of daily VMT, while toll roads, of which Greater Houston has 180 miles (290 km), handle nearly 10%.[315]

Greater Houston possesses a hub-and-spoke limited-access highway system, in which a number of freeways radiate outward from Downtown, with ring roads providing connections between these radial highways at intermediate distances from the city center. The city is crossed by three Interstate highways, Interstate 10, Interstate 45, and Interstate 69 (commonly known as U.S. Route 59), as well as a number of other United States routes and state highways. Major freeways in Greater Houston are often referred to by either the cardinal direction or geographic location they travel towards. Highways that follow the cardinal convention include U.S. Route 290 (Northwest Freeway), Interstate 45 north of Downtown (North Freeway), Interstate 10 east of Downtown (East Freeway), Texas State Highway 288 (South Freeway), and Interstate 69 south of Downtown (Southwest Freeway). Highways that follow the location convention include Interstate 10 west of Downtown (Katy Freeway), Interstate 69 north of Downtown (Eastex Freeway), Interstate 45 south of Downtown (Gulf Freeway), and Texas State Highway 225 (La Porte or Pasadena Freeway).

Three loop freeways provide north–south and east–west connectivity between Greater Houston's radial highways. The innermost loop is Interstate 610, commonly known as the Inner Loop, which encircles Downtown, the Texas Medical Center, Greenway Plaza, the cities of West University Place and Southside Place, and many core neighborhoods. The 88-mile (142 km) State Highway Beltway 8, often referred to as the Beltway, forms the middle loop at a radius of roughly 10 miles (16 km). A third, 180-mile (290 km) loop with a radius of approximately 25 miles (40 km), State Highway 99 (the Grand Parkway), is currently under construction, with six of eleven segments completed as of 2018.[316] Completed segments D through G provide a continuous 70.4-mile (113.3 km) limited-access tollway connection between Sugar Land, Katy, Cypress, Spring, and Porter.[316]

A system of toll roads, operated by the Harris County Toll Road Authority (HCTRA) and Fort Bend County Toll Road Authority (FBCTRA), provides additional options for regional commuters. The Sam Houston Tollway, which encompasses the mainlanes of Beltway 8 (as opposed to the frontage roads, which are untolled), is the longest tollway in the system, covering the entirety of the Beltway with the exception of a free section between Interstate 45 and Interstate 69 near George Bush Intercontinental Airport. The region is serviced by four spoke tollways: a set of managed lanes on the Katy Freeway; the Hardy Toll Road, which parallels Interstate 45 north of Downtown up to Spring; the Westpark Tollway, which services Houston's western suburbs out to Fulshear; and Fort Bend Parkway, which connects to Sienna Plantation. Westpark Tollway and Fort Bend Parkway are operated conjunctly with the Fort Bend County Toll Road Authority.

Greater Houston's freeway system is monitored by Houston TranStar, a partnership of four government agencies which is responsible for providing transportation and emergency management services to the region.[317]

Greater Houston's arterial road network is established at the municipal level, with the City of Houston exercising planning control over both its incorporated area and extraterritorial jurisdiction (ETJ). Therefore, Houston exercises transportation planning authority over a 2,000-square-mile (5,200 km2) area over five counties, many times larger than its corporate area.[318] The Major Thoroughfare and Freeway Plan, updated annually, establishes the city's street hierarchy, identifies roadways in need of widening, and proposes new roadways in unserved areas. Arterial roads are organized into four categories, in decreasing order of intensity: major thoroughfares, transit corridor streets, collector streets, and local streets.[318] Roadway classification affects anticipated traffic volumes, roadway design, and right of way breadth. Ultimately, the system is designed to ferry traffic from neighborhood streets to major thoroughfares, which connect into the limited-access highway system.[318] Notable arterial roads in the region include Westheimer Road, Memorial Drive, Texas State Highway 6, Farm to Market Road 1960, Bellaire Boulevard, and Telephone Road.

Transit

METRORail light rail

The Metropolitan Transit Authority of Harris County (METRO) provides public transportation in the form of buses, light rail, high-occupancy vehicle (HOV) lanes, and paratransit to fifteen municipalities throughout the Greater Houston area and parts of unincorporated Harris County. METRO's service area covers 1,303 square miles (3,370 km2) containing a population of 3.6 million.[319]

METRO's local bus network services approximately 275,000 riders daily with a fleet of over 1,200 buses.[319] The agency's 75 local routes contain nearly 8,900 stops and saw nearly 67 million boardings during the 2016 fiscal year.[319] A park and ride system provides commuter bus service from 34 transit centers scattered throughout the region's suburban areas; these express buses operate independently of the local bus network and utilize the region's extensive system of HOV lanes.[320] Downtown and the Texas Medical Center have the highest rates of transit use in the region, largely due to the park and ride system, with nearly 60% of commuters in each district utilizing public transit to get to work.[320]

METRO began light rail service in 2004 with the opening of the 8-mile (13 km) north-south Red Line connecting Downtown, Midtown, the Museum District, the Texas Medical Center, and NRG Park. In the early 2010s, two additional lines—the Green Line, servicing the East End, and the Purple Line, servicing the Third Ward—opened, and the Red Line was extended northward to Northline, bringing the total length of the system to 22.7 miles (36.5 km). Two light rail lines outlined in a five-line system approved by voters in a 2003 referendum have yet to be constructed.[321] The Uptown Line, which runs along Post Oak Boulevard in Uptown,[322] was under construction as a bus rapid transit line—the city's first—while the University Line has been postponed indefinitely.[323] The light rail system saw approximately 16.8 million boardings in fiscal year 2016.[319]

Amtrak's thrice-weekly Los Angeles–New Orleans Sunset Limited serves Houston at a station northwest of Downtown. There were 14,891 boardings and alightings in FY2008,[324] 20,327 in FY2012,[325] and 20,205 in FY2018.[326] A daily Amtrak Thruway Motorcoach connects Houston with Amtrak's Chicago–San Antonio Texas Eagle at Longview.[327]

Cycling

Houston has the largest number of bike commuters in Texas with over 160 miles of dedicated bikeways.[328] The city is currently in the process of expanding its on and off street bikeway network.[when?][329] In 2015, Downtown Houston added a cycle track on Lamar Street, running from Sam Houston Park to Discovery Green.[330] Houston City Council approved the Houston Bike Plan in March 2017, at that time entering the plan into the Houston Code of Ordinances.[331] In August 2017, Houston City Council approved spending for construction of 13 additional miles of bike trails.[332]

Houston's bicycle sharing system started service with nineteen stations in May 2012. Houston Bcycle (also known as B-Cycle), a local non-profit, runs the subscription program, supplying bicycles and docking stations, while partnering with other companies to maintain the system.[333] The network expanded to 29 stations and 225 bicycles in 2014, registering over 43,000 checkouts of equipment during the first half of the same year.[334] In 2017, Bcycle logged over 142,000 check outs while expanding to 56 docking stations.[335]

Airports

Newest part of Terminal C, used exclusively by United Airlines, at George Bush Intercontinental Airport

The Houston Airport System, a branch of the municipal government, oversees the operation of three major public airports in the city. Two of these airports, George Bush Intercontinental Airport and William P. Hobby Airport, offer commercial aviation service to a variety of domestic and international destinations and served 55 million passengers in 2016. The third, Ellington Airport, is home to the Ellington Field Joint Reserve Base. The Federal Aviation Administration and the state of Texas selected the Houston Airport System as "Airport of the Year" in 2005, largely due to the implementation of a $3.1 billion airport improvement program for both major airports in Houston.[336]

George Bush Intercontinental Airport (IAH), 23 miles (37 km) north of Downtown Houston between Interstates 45 and 69, is the eighth busiest commercial airport in the United States (by total passengers and aircraft movements) and forty-third busiest globally.[337][338] The five-terminal, five-runway, 11,000-acre (4,500-hectare) airport served 40 million passengers in 2016, including 10 million international travelers.[337] In 2006, the United States Department of Transportation named IAH the fastest-growing of the top ten airports in the United States.[339] The Houston Air Route Traffic Control Center is at Bush Intercontinental.

Houston was the headquarters of Continental Airlines until its 2010 merger with United Airlines with headquarters in Chicago; regulatory approval for the merger was granted in October of that year. Bush Intercontinental is currently United Airlines' second largest hub, behind O'Hare International Airport.[340] United Airlines' share of the Houston Airport System's commercial aviation market was nearly 60% in 2017 with 16 million enplaned passengers.[341] In early 2007, Bush Intercontinental Airport was named a model "port of entry" for international travelers by U.S. Customs and Border Protection.[342]

William P. Hobby Airport (HOU), known as Houston International Airport until 1967, operates primarily short- to medium-haul domestic and international flights to 60 destinations.[337] The four-runway, 1,304-acre (528-hectare) facility is approximately 7 miles (11 km) southeast of Downtown Houston. In 2015, Southwest Airlines launched service from a new international terminal at Hobby to several destinations in Mexico, Central America, and the Caribbean. These were the first international flights flown from Hobby since the opening of Bush Intercontinental in 1969.[343] Houston's aviation history is showcased in the 1940 Air Terminal Museum in the old terminal building on the west side of the airport. In 2009, Hobby Airport was recognized with two awards for being one of the top five performing airports globally and for customer service by Airports Council International.[344]

Houston's third municipal airport is Ellington Airport, used by the military, government (including NASA) and general aviation sectors.[345]

Notable people

International relations

The Mayor's Office of Trade and International Affairs (MOTIA) is the city's liaison to Houston's sister cities and to the national governing organization, Sister Cities International. Through their official city-to-city relationships, these volunteer associations promote people-to-people diplomacy and encourage citizens to develop mutual trust and understanding through commercial, cultural, educational, and humanitarian exchanges.[346][347]

See also

Notes

  1. ^ Mean monthly maxima and minima (i.e. the highest and lowest temperature readings during an entire month or year) calculated based on data at said location from 1991 to 2020.
  2. ^ Official records for Houston were kept at the Weather Bureau in downtown from July 1888 to May 1969, and at Intercontinental since June 1969.[113]

References

  1. ^ "2021 U.S. Gazetteer Files". United States Census Bureau. Retrieved September 28, 2021.
  2. ^ a b c d e "QuickFacts: Houston city, Texas". United States Census Bureau. Retrieved August 19, 2021.
  3. ^ "2020 Population and Housing State Data". United States Census Bureau. Retrieved August 22, 2021.
  4. ^ "U.S. Census website". United States Census Bureau. Retrieved January 31, 2008.
  5. ^ "US Board on Geographic Names". United States Geological Survey. October 25, 2007. Archived from the original on February 4, 2012. Retrieved January 31, 2008.
  6. ^ "The Texas Triangle Megaregion Nears 21 Million Residents". Texas News Express. October 6, 2020. Retrieved November 2, 2020.
  7. ^ a b "Houston Texas Geography Profile". data.census.gov. Retrieved May 8, 2019.
  8. ^ "Facts and Figures". www.houstontx.gov. Archived from the original on February 21, 2019. Retrieved February 21, 2019.
  9. ^ Kleiner, D.J: Allen's Landing from the Handbook of Texas Online (February 3, 2005). Retrieved 2007-06-10.
  10. ^ a b c d e f g h McComb, David G. (January 19, 2008). "Houston, Texas". Handbook of Texas Online. Archived from the original on April 12, 2011. Retrieved June 1, 2008.
  11. ^ a b Gray, Lisa (May 19, 2016). "Promise – and a few fibs – launched this city's destiny". Houston Chronicle. Archived from the original on July 4, 2018. Retrieved July 3, 2018.
  12. ^ Fortune 500 2010: Cities Archived August 24, 2011, at the Wayback Machine Accessed May 25, 2011
  13. ^ a b "A.T. Kearney Global Cities Index 2019" (PDF). A.T. Kearney. Archived (PDF) from the original on September 28, 2011. Retrieved July 25, 2015.
  14. ^ "2010 Port Industry Statistics, American Association of Port Authorities" (PDF). Archived (PDF) from the original on January 17, 2013. Retrieved November 2, 2012.
  15. ^ "Houston Surpasses New York and Los Angeles as the 'Most Diverse in Nation'". Huffington Post. March 5, 2012. Archived from the original on July 9, 2018. Retrieved April 12, 2018.
  16. ^ a b ""Museums and Cultural Arts" (PDF). Archived from the original (PDF) on July 11, 2010. (31.8 KB)", Greater Houston Partnership. Retrieved on March 21, 2009.
  17. ^ LIPSCOMB, CAROL A. (June 15, 2010). "KARANKAWA INDIANS". tshaonline.org. Retrieved July 29, 2020.
  18. ^ COUSER, DOROTHY (June 9, 2010). "ATAKAPA INDIANS". tshaonline.org. Retrieved July 29, 2020.
  19. ^ Layman, George J. (December 31, 2019). "Karankawas were among the First Texas Indians Encountered by Europeans". HistoryNet. Retrieved July 29, 2020.
  20. ^ "Houston's Native American Heritage Runs Deep". Houston Family Magazine. October 31, 2013. Retrieved July 29, 2020.
  21. ^ "AUSTIN, JOHN". tshaonline.org. June 9, 2010. Retrieved July 29, 2020.
  22. ^ McComb, David G. (1981). Houston: A History (2nd ed.). Austin: University of Texas Press. p. 11.
  23. ^ Williams, Amelia W. (August 24, 2016). "Allen, Augustus Chapman". Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. Archived from the original on April 12, 2018. Retrieved April 12, 2018.
  24. ^ a b Looscan, Adele B. (1914). "Harris County, 1822–1845". Southwestern Historical Quarterly. 19: 37–64. Archived from the original on March 27, 2016. Retrieved March 18, 2016.
  25. ^ "Blood and Sugar". Texas Monthly. December 21, 2016. Retrieved July 29, 2020.
  26. ^ "Texas History" (PDF).{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  27. ^ Perry, John (Summer 2006). "Born on the Bayou: city's murky start". City Savvy (Online ed.). City of Houston. Archived from the original on December 18, 2011.
  28. ^ Cotham, Edward T. (2004). Sabine Pass: The Confederacy's Thermopylae. Austin: University of Texas Press. ISBN 978-0-292-70594-4.
  29. ^ "Houston Was the Railroad Center of Texas | RBH". Resurgence Behavioral Health. December 13, 2021. Retrieved January 16, 2022.
  30. ^ J.H.W. Stele to Sayers, September 11–12, 1900 Archived November 17, 2010, at the Wayback Machine. Texas State Library & Archives Commission, Retrieved on August 31, 2007
  31. ^ Olien, Diana Davids; Olien, Roger M. (2002). Oil in Texas: The Gusher Age, 1895–1945. Austin: University of Texas Press. ISBN 978-0-292-76056-1.
  32. ^ "Marvin Hurley, 1910–1920, Houston History". Archived from the original on April 19, 2008. Retrieved April 6, 2008.
  33. ^ Gibson, Campbell (June 1998). "Population of the 100 Largest Cities and Other Urban Places in the United States: 1790 to 1990". U.S. Census Bureau. Archived from the original on October 5, 2018.
  34. ^ a b c d "Texas – Race and Hispanic Origin for Selected Cities and Other Places: Earliest Census to 1990". U.S. Census Bureau. Archived from the original on August 12, 2012. Retrieved April 21, 2012.
  35. ^ a b "Houston Ship Channel". TSHA Handbook of Texas. June 15, 2010. Archived from the original on February 1, 2015. Retrieved May 5, 2015.
  36. ^ Carlson, Erik (February 1999). "Ellington Field: A Short History, 1917–1963" (PDF). National Aeronautics and Space Administration. Archived (PDF) from the original on November 2, 2006. Retrieved February 18, 2007.
  37. ^ Collins, William J. (March 2001). "Race, Roosevelt, and Wartime Production: Fair Employment in World War II Labor Markets". The American Economic Review. American Economic Association. 91 (1): 272–286. doi:10.1257/aer.91.1.272. JSTOR 2677909.
  38. ^ Streetman, Ashley. "Houston Timeline". Houston Institute for Culture. Archived from the original on December 8, 2006. Retrieved February 6, 2007.
  39. ^ "How Air Conditioning Changed America" Archived December 13, 2006, at the Wayback Machine, The Old House Web, Retrieved on April 4, 2007
  40. ^ "A Short History" Archived February 16, 2007, at the Wayback Machine, Houston Geological Auxiliary, Retrieved on April 4, 2007
  41. ^ "Shipbuilding". TSHA Handbook of Texas. Archived from the original on May 6, 2011. Retrieved February 18, 2007.
  42. ^ Barks, Joseph V. (November 2001). "Powering the (New and Improved) "Eighth Wonder of the World"". Electrical Apparatus.
  43. ^ "Polish-Texans". Texas Almanac 2004–2005. Archived from the original on July 3, 2018. Retrieved July 3, 2018.
  44. ^ "Lee P. Brown – Biography". TheHistoryMakers.com. Archived from the original on November 10, 2016. Retrieved January 22, 2007.
  45. ^ Houston, Texas Population History 1900 - 2019
  46. ^ Frontain, Michael (February 9, 2017). "Enron Corporation". Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. Archived from the original on October 9, 2018. Retrieved April 28, 2018.
  47. ^ Davis, Aaron; Gillum, Jack; Tran, Andrew. "How Houston's 'Wild West' growth may have contributed to devastating flooding". Washington Post. Archived from the original on March 27, 2018. Retrieved September 10, 2018. Growth that is virtually unchecked, including in flood-prone areas, has diminished the land's already-limited natural ability to absorb water, according to environmentalists and experts in land use and natural disasters. ... Since 2010, at least 7,000 residential buildings have been constructed in Harris County on properties that sit mostly on land the federal government has designated as a 100-year flood plain, according to a Washington Post review of areas at the greatest risk of flooding.
  48. ^ Ward, Christina (June 18, 2001). "Allison's Death Toll Hits 43". RedCross.org. Archived from the original on December 4, 2006. Retrieved January 1, 2007.
  49. ^ "Katrina's Human Legacy". Houston Chronicle. August 27, 2006. Archived from the original on September 15, 2012. Retrieved August 29, 2007.
  50. ^ Flakus, Greg (September 25, 2005). "Recovery Beginning in Areas Affected by Hurricane Rita". Voice of America News. Archived from the original on January 10, 2007. Retrieved January 10, 2007.
  51. ^ 8th Congressional District of Texas 2007 Appropriations Project Requests Archived January 7, 2007, at the Wayback Machine. Congressman Kevin Brady, 8th District of Texas. Retrieved on January 10, 2007.
  52. ^ Boburg, Shawn (September 25, 2005). "Houston's 'Wild West' growth". Archived from the original on March 27, 2018. Retrieved January 16, 2022.
  53. ^ "Texas flood disaster: Harvey has unloaded 9 trillion gallons of water". The Washington Post. August 27, 2017. Archived from the original on August 27, 2017. Retrieved August 27, 2017.
  54. ^ Mooney, Chris (January 8, 2018). "Hurricane Harvey was year's costliest U.S. disaster at $125 billion in damages". Texas Tribune. Archived from the original on January 9, 2018. Retrieved January 30, 2018.
  55. ^ ""Harvey certain to be one of the most expensive natural disasters ever". August 30, 2017. Archived from the original on August 30, 2017. Retrieved August 30, 2017. (31.8 KB)", CNN News. Retrieved on August 25, 2017.
  56. ^ Lomax, John Nova. "This Is Texas Archived May 1, 2015, at the Wayback Machine." Texas Monthly. February 2013. Retrieved on April 30, 2013. "No, the rightful standard-bearer of our state—the city with the greatest number of people, of cultural happenings, of medical facilities, of gangbuster enterprises—is located 165 miles to the east of Texas's pink-granite dome." – The first part is discussing Houston. The "pink granite dome" is the Texas State Capitol in Austin.
  57. ^ "Distance from Houston, TX, USA to Walter Umphrey State Park, Martin Luther King Junior Drive, Port Arthur, TX, USA". Archived from the original on December 3, 2018. Retrieved December 2, 2018.
  58. ^ Martin, Roland. " Football power in Texas has shifted to Houston Archived March 14, 2016, at the Wayback Machine." CNN. January 6, 2012. Retrieved on January 7, 2012.
  59. ^ Houston (city) QuickFacts from the US Census Bureau Archived February 20, 2010, at the Wayback Machine. U.S. Census Bureau. Retrieved on February 28, 2009.
  60. ^ "The trouble with living in a swamp: Houston floods explained". HoustonChronicle.com. May 31, 2016. Retrieved July 30, 2020.
  61. ^ Flood Forecasting for the Buffalo Bayou Using CRWR-PrePro and HEC-HMS Archived February 4, 2007, at the Wayback Machine. Center for Research in Water Resources, The University of Texas at Austin Retrieved on January 10, 2007.
  62. ^ Downtown Houston, Texas. TopoQuest.com Retrieved on July 5, 2008.
  63. ^ "Topographic map Houston". topographic-map.com. Retrieved May 8, 2019.
  64. ^ a b "Houston-Galveston, Texas Managing Coastal Subsidence" (PDF). Archived (PDF) from the original on January 13, 2007. Retrieved January 12, 2007. (5.89 MB). United States Geological Survey. Retrieved on January 11, 2007.
  65. ^ "Drinking Water Operations". Publicworks.houstontx.gov. Archived from the original on October 14, 2013. Retrieved October 12, 2013.
  66. ^ "2009 Professional Awards". asla.org. Archived from the original on September 23, 2015. Retrieved September 15, 2015.
  67. ^ Baddour, Dylan (May 31, 2016). "The trouble with living in a swamp: Houston floods explained". Houston Chronicle. Archived from the original on August 29, 2017. Retrieved August 31, 2017.
  68. ^ Harris County Archived December 3, 2017, at the Wayback Machine. Handbook of Texas Online. Retrieved on January 10, 2007.
  69. ^ Rice Culture Archived December 3, 2017, at the Wayback Machine. Handbook of Texas Online. Retrieved on January 10, 2007.
  70. ^ Engelkemeir, R. "Mapping Active Faults in the Houston Area using LIDAR Data, #50034 (2006)". Online Journal for E&P Geoscientists. Retrieved July 10, 2010.
  71. ^ Earl R. Verbeek, Karl W. Ratzlaff, Uel S. Clanton. "Faults in Parts of North-Central and Western Houston Metropolitan Area, Texas Archived September 9, 2006, at the Wayback Machine", United States Geological Survey, September 16, 2005. Retrieved on December 14, 2006.
  72. ^ Sachin D. Shah and Jennifer Lanning-Rush. Principal Faults in the Houston, Texas, Metropolitan Area Archived October 25, 2011, at the Wayback Machine, U.S. Geological Survey. Retrieved on February 23, 2012.
  73. ^ Texas Earthquakes, University of Texas Institute for Geophysics, July 2001. Retrieved on August 29, 2007.
  74. ^ Chapman, Betty Trapp (Fall 2010). "A System of Government Where Business Ruled" (PDF). Houston History Magazine. 8: 29–33. Archived (PDF) from the original on October 26, 2017. Retrieved March 19, 2018.
  75. ^ "Houston's Loop 610: Population". City of Houston. City of Houston Planning and Development Department. 2013. Archived from the original on May 15, 2016. Retrieved March 19, 2018.
  76. ^ "Harris County Budget Management: Population Study" (PDF). Harris County, Texas. January 2015. Archived from the original (PDF) on April 11, 2015. Retrieved March 19, 2018.
  77. ^ Reinhold, Robert (August 17, 1986). "FOCUS: Houston; A Fresh Approach To Zoning". The New York Times. Archived from the original on April 2, 2009. Retrieved March 27, 2009.
  78. ^ "Zoning Without Zoning". planetizen.com. Archived from the original on October 16, 2008. Retrieved March 27, 2009.
  79. ^ "The Healthiest Housing Markets for 2009 – Local Markets, Construction, Home Prices". Builder Magazine. February 27, 2009. Archived from the original on February 22, 2009. Retrieved March 4, 2009.
  80. ^ Lescalleet, Cynthia. "2019 Was A Record Year for Houston's Housing Market". Forbes. Retrieved October 15, 2020.
  81. ^ Hlavaty, Craig (October 23, 2018). "How many skylines do you think Houston has?". Houston Chronicle. Retrieved October 21, 2020.
  82. ^ "The World's Best Skylines". tudl0867.home.xs4all.nl. Archived from the original on March 7, 2018. Retrieved October 21, 2018.
  83. ^ Fast Facts, Downtown Houston Archived December 5, 2009, at the Wayback Machine. Houstondowntown.com 2006. Retrieved on January 10, 2007.
  84. ^ "Reports". February 8, 2017. Archived from the original on February 28, 2014. Retrieved February 24, 2014.
  85. ^ "BBVA Compass Plaza opens new building on Post Oak". Prime Property. June 13, 2013. Archived from the original on September 12, 2015. Retrieved September 15, 2015.
  86. ^ Residential Real Estate. Uptown-houston.com Retrieved on January 11, 2007. Archived February 1, 2015, at the Wayback Machine
  87. ^ Sarnoff, Nancy (December 14, 2001). "Genesis Laying Down Plans for Newest Uptown Condo Highrise". Houston Business Journal. Archived from the original on March 11, 2008. Retrieved February 7, 2007.
  88. ^ Apte, Angela (October 26, 2001). "Rising Land Costs Boost Houston's Mid-Rise Market". Houston Business Journal. Archived from the original on May 26, 2007. Retrieved January 11, 2007.
  89. ^ "Living the High Life. Earthbound Houstonians consider something uplifting". HoustoniaMag.com. HoustoniaMag. Archived from the original on September 10, 2014. Retrieved September 10, 2014.
  90. ^ Commercial Real Estate. Uptown-houston.com Retrieved on January 10, 2007. Archived February 1, 2015, at the Wayback Machine
  91. ^ "Hammered by heavy rain and huge hail Thursday night, Houston braces for more downpours, flooding". The Washington Post. Archived from the original on June 29, 2019. Retrieved June 29, 2019.
  92. ^ "Weather Stats". Greater Houston Convention and Visitors Bureau. Archived from the original on December 30, 2008. Retrieved October 11, 2008.
  93. ^ a b c d e f "NowData - NOAA Online Weather Data". National Oceanic and Atmospheric Administration. Retrieved May 31, 2021.
  94. ^ "Average Relative Humidity (%)", National Climatic Data Center. Retrieved on February 23, 2012.
  95. ^ Rimer, Sara (July 2, 1998). "Houston Journal; Broiling on the Outside, But, Really, It's No Sweat". The New York Times. ISSN 0362-4331. Archived from the original on March 19, 2018. Retrieved March 18, 2018.
  96. ^ Times, John M. Crewdson and Special To the New York. "Houston's Lifeline: Tons of Cool Air". Archived from the original on March 19, 2018. Retrieved March 18, 2018.
  97. ^ National Weather Service Forecast Office, Houston/Galveston, Texas."Public Information Statement". Archived from the original on December 12, 2006. Retrieved December 1, 2006. Retrieved on December 1, 2006.
  98. ^ Shayanian, Sara (December 8, 2017). "Texas hit with snow as winter weather system aims for Northeast Archived December 8, 2017, at the Wayback Machine". United Press International.
  99. ^ Matthews, Blake (December 8, 2017). "Record snow blankets Houston and Texas Archived December 13, 2017, at the Wayback Machine". KHOU-TV.
  100. ^ "Snow in Houston: It Happens More Than You Think". KTRK-TV. December 8, 2017. Archived from the original on January 27, 2018. Retrieved March 22, 2018.
  101. ^ KPRC
  102. ^ a b Schaper, David (August 31, 2017). "3 Reasons Houston Was A 'Sitting Duck' For Harvey Flooding". NPR. Archived from the original on March 27, 2018. Retrieved March 26, 2018.
  103. ^ Boburg, Shawn; Reinhard, Beth (August 29, 2017). "How Houston's 'Wild West' growth may have contributed to devastating flooding". Washington Post. Archived from the original on March 27, 2018. Retrieved March 26, 2018.
  104. ^ a b Ramirez, Fernando (May 26, 2017). "Remembering Houston's Memorial Day Flood, one of America's costliest floods". Houston Chronicle. Archived from the original on March 27, 2018. Retrieved March 26, 2018.
  105. ^ Perera, John Henry (April 17, 2017). "Revisiting Houston's Tax Day Floods one year later". Houston Chronicle. Archived from the original on March 27, 2018. Retrieved March 26, 2018.
  106. ^ "Hurricane Harvey makes landfall in Texas". The Guardian. Archived from the original on August 26, 2017. Retrieved August 26, 2017.
  107. ^ a b Dart, Tom (June 16, 2017). "Houston fears climate change will cause catastrophic flooding: 'It's not if, it's when'". The Guardian. Archived from the original on March 10, 2018. Retrieved March 20, 2018.
  108. ^ "State of the Air 2005, National and Regional Analysis Archived April 28, 2012, at the Wayback Machine", American Lung Association, page 26, March 25, 2005. Retrieved on February 17, 2006.
  109. ^ "How healthy is the air you breathe?". Archived from the original on July 28, 2017. Retrieved July 24, 2017.
  110. ^ "Summary of the Issues Archived February 10, 2006, at the Wayback Machine", Citizens League for Environmental Action Now, August 1, 2004. Retrieved on February 17, 2006.
  111. ^ Czader, Beata (May 20, 2016). "The paradox of peak-based ozone air pollution standards". The Conversation. Archived from the original on October 31, 2017. Retrieved November 13, 2017.
  112. ^ Labzovskii, Lev; Jeong, Su-Jong; Parazoo, Nicholas C. (2019). "Working towards confident spaceborne monitoring of carbon emissions from cities using Orbiting Carbon Observatory-2". Remote Sensing of Environment. 233. 111359. Bibcode:2019RSEnv.233k1359L. doi:10.1016/j.rse.2019.111359. S2CID 202176909.
  113. ^ ThreadEx
  114. ^ "Station Name: TX HOUSTON INTERCONT AP". U.S. Climate Normals 2020: U.S. Monthly Climate Normals (1991-2020). National Oceanic & Atmospheric Administration. Retrieved May 31, 2021.
  115. ^ "WMO Climate Normals for HOUSTON/INTERCONTINENTAL, TX 1961–1990". National Oceanic and Atmospheric Administration. Retrieved July 18, 2020.
  116. ^ a b Cardenas, Cat; Formby, Brandon (April 4, 2018). "Houston council approves changes to floodplain regulations in effort to reduce flood damage". The Texas Tribune. Archived from the original on June 9, 2019. Retrieved January 27, 2020.
  117. ^ "And the Waters Will Prevail". August 30, 2018. Archived from the original on November 6, 2019. Retrieved November 18, 2019.
  118. ^ a b "What's in Houston's worst flood zones? Development worth $13.5 billion". December 6, 2017. Archived from the original on February 3, 2019. Retrieved November 18, 2019.
  119. ^ Najarro, Ilena; Deam, Jenny (December 27, 2017). "Fearing deportation, undocumented immigrants in Houston are avoiding hospitals and clinics". Houston Chronicle. Archived from the original on May 29, 2018. Retrieved May 28, 2018.
  120. ^ Sacchetti, Maria (August 28, 2017). "For Houston's many undocumented immigrants, storm is just the latest challenge". The Washington Post. ISSN 0190-8286. Archived from the original on May 29, 2018. Retrieved May 28, 2018.
  121. ^ "Profile of General Population and Housing Characteristics: 2010". U.S. Census Bureau. Archived from the original on February 13, 2020. Retrieved May 1, 2019.
  122. ^ a b c "2019 ACS Demographic and Housing Estimates". data.census.gov. Retrieved April 5, 2021.
  123. ^ a b c d "2018 ACS Demographic and Housing Estimates". data.census.gov. Retrieved January 26, 2020.
  124. ^ William H. Frey (May 2004). "The New Great Migration: Black Americans' Return to the South, 1965-to the present Archived April 28, 2008, at the Wayback Machine". Brookings Institution. brookings.edu. Retrieved July 10, 2017.
  125. ^ Kever, Jeannie (May 26, 2011). "Texans are 3 1/2 years younger than average Americans". Houston Chronicle. Archived from the original on May 29, 2018. Retrieved May 28, 2018.
  126. ^ Yard, Michelle (September 23, 2014). "Demographics show the changing face of Houston". Houston Chronicle. Archived from the original on May 29, 2018. Retrieved May 28, 2018.
  127. ^ "ACS 2019 Selected Social Characteristics". data.census.gov. Retrieved July 30, 2020.
  128. ^ "U.S. Census Bureau QuickFacts: Houston city, Texas 2018-2019". www.census.gov. Retrieved July 30, 2020.
  129. ^ "Houston, Texas Population: Census Bureau Quick Facts". Census Reporter. Retrieved June 24, 2021.
  130. ^ a b "Houston, Texas Population: Census 2010 and 2000 Interactive Map, Demographics, Statistics, Quick Facts". Census Reporter. Archived from the original on May 30, 2018. Retrieved May 29, 2018.
  131. ^ "Houston (city), Texas". State & County QuickFacts. U.S. Census Bureau. Archived from the original on February 20, 2010.
  132. ^ a b From 15% sample
  133. ^ "Houston City Census 2010, Summary File 1" (PDF). p. 21.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  134. ^ "Houston city, Texas – DP-1. Profile of General Demographic Characteristics: 2000". census.gov. Archived from the original on February 12, 2020. Retrieved July 10, 2009.
  135. ^ Klineberg, Stephen (April 2018). "The 2018 Kinder Houston Area Survey" (PDF). Rice University Kinder Institute for Urban Research. Archived (PDF) from the original on April 28, 2018. Retrieved May 28, 2018.
  136. ^ Mejia, Brittny (May 9, 2017). "How Houston has become the most diverse place in America". Los Angeles Times. ISSN 0458-3035. Archived from the original on May 27, 2018. Retrieved May 28, 2018.
  137. ^ Hu, Elise (July 1, 2013). "In Houston, America's Diverse Future Has Already Arrived". NPR. Archived from the original on May 29, 2018. Retrieved May 28, 2018.
  138. ^ "Join Us in Houston, America’s Next Great Black Business Mecca". Black Enterprise. December 8, 2016. Retrieved July 8, 2021.
  139. ^ "Meet 'Black Girl Magic,' The 19 African-American Women Elected As Judges In Texas". NPR.org.
  140. ^ Graves, Earl G., Sr. (December 8, 2016). "Join us in Houston, America's Next Great Black Business Mecca". Black Enterprise. Archived from the original on August 20, 2019. Retrieved September 6, 2019.
  141. ^ Haley, John H. (Summer 1993). "Reviewed Work: Black Dixie: Afro-Texan History and Culture in Houston by Howard Beeth, Cary D. Wintz". The Georgia Historical Quarterly. 77 (2): 412–413. JSTOR 40582726. CITED: p. 412.
  142. ^ Rahman, Fauzeya (September 23, 2016). "Sylvester Turner mostly right; Houston is 'most diverse'". Politifact. Archived from the original on May 29, 2018. Retrieved May 28, 2018.
  143. ^ a b "U.S. Census Bureau QuickFacts: Houston city, Texas 2010". www.census.gov. Retrieved July 30, 2020.
  144. ^ "Houston city, Texas – DP-1. Profile of General Demographic Characteristics: 2000". census.gov. Archived from the original on February 12, 2020. Retrieved July 10, 2009.
  145. ^ "Same Sex Couples Statistics by The Williams Institute". williamsinstitute.law.ucla.edu. Retrieved July 30, 2020.
  146. ^ "The World's Biggest Pride Parades". The Active Times. Retrieved July 29, 2020.
  147. ^ "Houston LGBTQ Community & Culture". My Gay Houston. Retrieved July 30, 2020.
  148. ^ Martin, Florian (October 12, 2018). "Houston Lags Behind Other Major Texas Cities in LGBT-Friendliness". Houston Public Media. Retrieved July 29, 2020.
  149. ^ Blum, Jordan (January 18, 2016). "In energy sector, coming out 'can put you at risk'". HoustonChronicle.com. Retrieved July 29, 2020.
  150. ^ Oaklander, Mandy (May 18, 2011). "The Mayor of Montrose". Houston Press. Retrieved July 29, 2020.
  151. ^ "Anatomy Of A Gay Murder". October 2, 2006. Archived from the original on October 2, 2006. Retrieved July 29, 2020.
  152. ^ a b "Houston's LGBT History". My Gay Houston. Retrieved July 29, 2020.
  153. ^ Bustillo, Miguel (December 13, 2009). "Houston Election May Prove Historic". The Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. Retrieved July 29, 2020.
  154. ^ "Equal rights law opponents deliver signatures seeking repeal". HoustonChronicle.com. July 4, 2014. Retrieved July 30, 2020.
  155. ^ a b "Religion in America: U.S. Religious Data, Demographics and Statistics". Pew Research Center's Religion & Public Life Project. Retrieved July 29, 2020.
  156. ^ "Dallas Has the Most Christians". D Magazine. July 29, 2015. Retrieved July 29, 2020.
  157. ^ Jeynes, William H. (November 24, 2009). A Call for Character Education and Prayer in the Schools. ABC-CLIO. ISBN 978-0313351044. Archived from the original on May 27, 2016. Retrieved February 21, 2019.
  158. ^ a b Barned-Smith, St John (October 22, 2016). "Temples of the gods: Houston's religious diversity reflects community". Houston Chronicle. Archived from the original on September 9, 2018. Retrieved February 21, 2019.
  159. ^ a b Lipka, Michael (July 29, 2015). "Major U.S. metropolitan areas differ in their religious profiles". Pew Research Center. Archived from the original on April 8, 2018. Retrieved April 8, 2018.
  160. ^ "PRRI – American Values Atlas". Public Religion Research Institute. Retrieved August 11, 2021.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  161. ^ a b c Shellnutt, Kate (March 21, 2011). "Megachurches getting bigger; Lakewood quadruples in size since 2000". Believe It or Not. Houston Chronicle. Archived from the original on February 21, 2019. Retrieved February 21, 2019.
  162. ^ a b "Archdiocese of Galveston-Houston statistics". Archdiocese of Galveston-Houston. Archived from the original on May 1, 2019.
  163. ^ "Parish Directory Map". Archeparchy of Pittsburgh. March 17, 2011. Retrieved July 29, 2020.
  164. ^ Kever, Jeannie (January 9, 2011). "New converts flocking to ancient church in Houston". Houston Chronicle. Archived from the original on February 21, 2019.
  165. ^ Chitwood, Ken (July 23, 2013). "Orthodox Christians part of diverse fabric of Houston faith". Sacred Duty. Houston Chronicle. Archived from the original on February 21, 2019.
  166. ^ "Parishes - Greek Orthodox Archdiocese of America". www.goarch.org. Retrieved July 29, 2020.
  167. ^ "Antiochian Orthodox Christian Archdiocese". ww1.antiochian.org. Retrieved July 29, 2020.
  168. ^ Turner, Allan (October 12, 2015). "Coptic pope in Houston on first U.S. visit". HoustonChronicle.com. Retrieved July 29, 2020.
  169. ^ "Ethiopian believers find strength in Orthodox church". Houston Chronicle. February 15, 2003. Retrieved July 29, 2020.
  170. ^ "Jewish Data Bank 2016 Houston Study". www.jewishdatabank.org. Retrieved October 21, 2020.
  171. ^ a b Shellnutt, Kate (March 8, 2012). "U.S. sees rise of Islamic centers". Houston Chronicle. Archived from the original on February 21, 2019. Retrieved February 21, 2019.
  172. ^ Chafetz, Janet Saltzman; Ebaugh, Helen Rose (October 18, 2000). Religion and the New Immigrants: Continuities and Adaptations in Immigrant Congregations. AltaMira Press. p. 193. ISBN 978-0759117129.
  173. ^ "Fortune 500". Fortune.
  174. ^ "Energy". Greater Houston Partnership. Archived from the original on March 30, 2019. Retrieved November 15, 2019.
  175. ^ "Alternative Energy in the Houston Region". Greater Houston Convention and Visitors Bureau. Archived from the original on April 12, 2009. Retrieved April 20, 2009.
  176. ^ "Houston Ranks No. 1 in America in Renewable Energy Use — No, Really". PaperCity Magazine. July 3, 2019. Archived from the original on March 9, 2021.
  177. ^ "National Top 100" (PDF). EPA. April 26, 2021.
  178. ^ "Houston Is A Tech City, Just Different Than Austin, Dallas". Bisnow. Retrieved December 2, 2020.
  179. ^ KTRK (December 1, 2020). "Tech giant HP Enterprise moving headquarters from California to Spring, Texas". ABC13 Houston. Retrieved December 2, 2020.
  180. ^ Houston surpasses New York as top U.S. export market – Houston Business Journal Archived August 3, 2013, at the Wayback Machine. Bizjournals.com. Retrieved on July 21, 2013.
  181. ^ Houston Passes New York to Become Nation's Top Exporting Metro Area Archived July 16, 2013, at the Wayback Machine. App1.kuhf.org (July 12, 2013). Retrieved on July 21, 2013.
  182. ^ ""Energy Industry Overview" (PDF). Archived from the original (PDF) on April 22, 2010. (24.8 KB)", Greater Houston Partnership. Retrieved on March 21, 2009.
  183. ^ ""Port of Houston Firsts" (PDF). Archived from the original (PDF) on June 14, 2007. (18.2 KB)", The Port of Houston Authority, May 15, 2007. Retrieved on May 27, 2007.
  184. ^ "Port Rankings". www.aapa-ports.org. American Association of Port Authorities. Retrieved December 20, 2019.
  185. ^ Bustillo, Miguel (December 28, 2006). "Houston is Feeling Energized". Los Angeles Times. Archived from the original on June 21, 2008. Retrieved February 6, 2007.
  186. ^ "United States Pipelines map – Crude Oil (petroleum) pipelines – Natural Gas pipelines – Products pipelines". Archived from the original on February 11, 2014. Retrieved April 1, 2014.
  187. ^ "Regional Economic Accounts GDP & Personal Income". U.S. Bureau of Economic Analysis (BEA). Archived from the original on September 16, 2018.
  188. ^ "Report for selected countries and subjects: Gross domestic product, current prices (USD)". World Economic Outlook Database, September 2018. International Monetary Fund. Archived from the original on September 16, 2018. Retrieved September 16, 2018.
  189. ^ ""Gross Area Product by Industry" (PDF). Archived from the original (PDF) on July 11, 2010. (28.3 KB)", Greater Houston Partnership. Retrieved on March 21, 2009.
  190. ^ TRESAUGUE, Matthew (May 17, 2006). "Study suggests UH degrees are crucial economic factor". Houston Chronicle. Archived from the original on August 15, 2012. Retrieved May 31, 2011.
  191. ^ a b "The Economic Impact of Higher Education on Houston: A Case Study of the University of Houston System" (PDF). University of Houston System. Archived from the original (PDF) on July 20, 2011. Retrieved May 14, 2011.
  192. ^ Badenhausen, Kurt. "2006 Best Places for Business and Careers Archived July 29, 2017, at the Wayback Machine", Forbes, May 4, 2006. Retrieved on December 15, 2006.
  193. ^ "Houston Facts & Figures". Visit Houston. Houston First Corporation. Archived from the original on November 20, 2018. Retrieved November 1, 2018.
  194. ^ ""Houston Foreign Consulate Representation" (PDF). Archived from the original (PDF) on July 11, 2010. (30.2 KB)", Greater Houston Partnership. Retrieved on March 21, 2009.
  195. ^ "International Banks in the Houston Area" (PDF). Greater Houston Partnership. Archived from the original (PDF) on July 12, 2010. Retrieved March 21, 2009.
  196. ^ Clark, Jane Bennett (July 1, 2008). "2008 Best Cities, Houston, Texas". Kiplinger.com. Archived from the original on June 23, 2008. Retrieved June 21, 2008.
  197. ^ Pentland, William (March 10, 2008). "Top 10 Up-And-Coming Tech Cities". Forbes. Archived from the original on June 19, 2008. Retrieved June 21, 2008.
  198. ^ "Fortune 500 2008: Cities". CNN. Archived from the original on April 26, 2008. Retrieved April 22, 2008.
  199. ^ Egan, Andrew (June 28, 2008). "Best Cities For Recent College Grads". Forbes. Archived from the original on June 30, 2008. Retrieved June 29, 2008.
  200. ^ Desmond, Maurna (July 14, 2008). "Best Cities To Buy A Home". Forbes.com. Archived from the original on March 2, 2009. Retrieved March 4, 2009.
  201. ^ Goldwert, Lindsay (December 14, 2010). "Houston is top U.S. shopping city, per Forbes; New York comes in 23rd due to sales tax, retail space". Daily News. New York. Archived from the original on May 13, 2012. Retrieved February 23, 2012.
  202. ^ "Forbes ranks Houston No. 1 for paycheck worth". Houston Business Journal. Bizjournals.com. July 10, 2012. Archived from the original on November 9, 2013. Retrieved October 12, 2013.
  203. ^ a b Thompson, Derek (May 28, 2013). "Houston Is Unstoppable: Why Texas' Juggernaut Is America's #1 Job Creator". The Atlantic. The Atlantic Monthly Group. Archived from the original on May 31, 2013. Retrieved May 29, 2013.
  204. ^ "Best Places For Business and Careers – Forbes". Forbes. Archived from the original on August 8, 2013. Retrieved January 18, 2014.
  205. ^ "Components of Population Change" (PDF). houston.org. Archived from the original (PDF) on July 11, 2010. Retrieved March 21, 2009.
  206. ^ a b "Foreign Born Population" (PDF). houston.org. Archived from the original (PDF) on July 11, 2010. Retrieved March 21, 2009.
  207. ^ "International Representation in Houston" (PDF). houston.org. Archived from the original (PDF) on July 11, 2010. Retrieved March 21, 2009.
  208. ^ "About the Houston Livestock Show and Rodeo" (PDF). hlsr.com. Archived from the original (PDF) on January 26, 2009. Retrieved September 28, 2009.
  209. ^ "Houston Pride Parade". PrideHouston.com. Archived from the original on July 30, 2012. Retrieved May 15, 2012.
  210. ^ The Original Greek Festival, Houston, Texas Archived August 24, 2007, at the Wayback Machine. 2006. Retrieved on January 10, 2007. Warning: Automatic sound file.
  211. ^ The Houston International Festival Archived July 25, 2010, at the Wayback Machine. 2007. Retrieved on January 10, 2007.
  212. ^ "The 2004 Top 25 Fairs & Festivals". AmericanStyle Magazine. Archived from the original on April 13, 2007. Retrieved April 26, 2007.
  213. ^ "AmericanStyle Magazine Readers Name 2005 Top 10 Art Fairs and Festivals" (PDF). AmericanStyle Magazine. October 25, 2005. Archived (PDF) from the original on August 7, 2007. Retrieved April 28, 2007.
  214. ^ "Houston Is the New Capital of Southern Cool". GQ. August 23, 2018. Archived from the original on May 27, 2019. Retrieved June 4, 2019.
  215. ^ "The 10 Hottest Foodie Cities in America – and Everything to Eat When You Get There". People.com. Archived from the original on May 27, 2019. Retrieved June 4, 2019.
  216. ^ "THE SEARCH FOR AMERICA'S BEST FOOD CITIES: Houston". The Washington Post. Archived from the original on June 4, 2019. Retrieved May 27, 2019.
  217. ^ Draper, Robert (April 7, 2016). "Houston's Culinary Bragging Rights". The New York Times. Archived from the original on June 3, 2019. Retrieved June 4, 2019.
  218. ^ "Houston Leads Nation In Dining Out". January 9, 2018. Archived from the original on July 28, 2019. Retrieved July 28, 2019.
  219. ^ "HOUSTON: THE CULINARY CAPITAL OF THE SOUTH". Archived from the original on August 14, 2019. Retrieved September 1, 2019.
  220. ^ "Ford Fusion". November 18, 2015. Archived from the original on September 1, 2019. Retrieved September 1, 2019.
  221. ^ Draper, Robert (April 7, 2016). "Houston's Culinary Bragging Rights". The New York Times. Archived from the original on May 27, 2019. Retrieved May 27, 2019.
  222. ^ Ramsey, Cody. "In a state of big, Houston is at the top Archived June 28, 2014, at the Wayback Machine", Texas Monthly, September 2002. Retrieved February 16, 2014.
  223. ^ "Houston Arts and Museums". City of Houston eGovernment Center. Archived from the original on May 15, 2011. Retrieved February 7, 2007.
  224. ^ "About Houston Theater District", Houston Theater District. Retrieved on December 16, 2006. Archived at the Internet Archive Wayback Machine.
  225. ^ "Performing Arts Venues", Houston Theater District. Retrieved on December 16, 2006. Archived at the Internet Archive Wayback Machine.
  226. ^ "A Brief History of the Art Car Museum Archived September 28, 2007, at the Wayback Machine", ArtCar Museum of Houston. Retrieved on December 16, 2006.
  227. ^ 2006 fall edition of International Quilt Festival attracts 53,546 to Houston. Quilts., Inc. Press release published November 30, 2006. Retrieved on January 12, 2007.
  228. ^ Houston Museum District Archived February 11, 2007, at the Wayback Machine. Greater Houston Convention and Visitors Bureau. Retrieved on February 18, 2007.
  229. ^ van Ryzin, Jeanne Claire (April 1, 2006). "Central Austin has the makings of a museum district". Austin360.com. Archived from the original on May 2, 2007. Retrieved May 22, 2007.
  230. ^ Houston Museum District Day Archived November 29, 2006, at the Wayback Machine. Texas Monthly. 2006. Retrieved on January 10, 2007.
  231. ^ Home Page Archived January 12, 2007, at the Wayback Machine. Contemporary Arts Museum Houston. Retrieved on January 10, 2007.
  232. ^ Houston Museum District Archived February 11, 2007, at the Wayback Machine. Greater Houston Convention and Visitors Bureau. Retrieved on January 10, 2007.
  233. ^ "Bayou Bend Collections and Gardens, Houston, Texas". Archived from the original on April 24, 2008. Retrieved March 23, 2008.
  234. ^ Lomax, John Nova (February 1, 2007). "Nobody Gets Out of Here Alive – The Houston Rock Scene and the Cultural Cringe". The Houston Press.
  235. ^ Frere-Jones, Sasha (November 14, 2005). "A Place in the Sun – Houston Hip-Hop Takes Over". The New Yorker. Archived from the original on August 16, 2007. Retrieved February 6, 2007.
  236. ^ The Heritage Society: Walk into Houston's Past Archived June 10, 2007, at the Wayback Machine. The Heritage Society. Retrieved on January 10, 2007.
  237. ^ Huber, Kathy. "Houston botanic garden slowly becoming reality Archived May 11, 2012, at the Wayback Machine." Houston Chronicle. Monday October 30, 2006. Retrieved on November 14, 2011.
  238. ^ Continental Magazine, March 2008. p.67.
  239. ^ "2011 City and Neighborhood Rankings". Walk Score. 2011. Archived from the original on August 6, 2012. Retrieved August 28, 2011.
  240. ^ "Houston Astros: Historical Moments". sportsecyclopedia.com. October 18, 2013. Archived from the original on March 31, 2014. Retrieved December 12, 2013.
  241. ^ "Houston Rockets: History". sportsecyclopedia.com. May 2, 2013. Archived from the original on July 2, 2012. Retrieved December 12, 2013.
  242. ^ "Houston Dash first expansion team in NWSL". AP. December 12, 2013. Archived from the original on December 22, 2015. Retrieved December 11, 2015.
  243. ^ "All eyes on Houston: New plans to bring rugby franchise, stadium to the Bayou City". abc13.com. March 23, 2017. Archived from the original on March 24, 2017. Retrieved March 23, 2017.
  244. ^ "Reliant Stadium". UniSystems LLC. March 28, 2012. Archived from the original on December 13, 2013. Retrieved December 12, 2013.
  245. ^ "The Start of Something Big: Toyota Center upgrades to Include New Concourse HD TVs, Wi-Fi and Concessions Systems". NBA. March 28, 2012. Archived from the original on December 12, 2013. Retrieved June 28, 2013.
  246. ^ "Discover: The Astrodome". National Trust for Historic Preservation. March 28, 2013. Archived from the original on November 27, 2013. Retrieved December 12, 2013.
  247. ^ "Houston Unveils New Football Stadium Renderings". University of Houston Cougars. March 28, 2013. Archived from the original on November 14, 2013. Retrieved December 12, 2013.
  248. ^ "Houston to Host Super Bowl LI in 2017" (PDF). Houston Super Bowl LI Committee. March 28, 2013. Archived from the original (PDF) on December 16, 2013. Retrieved December 12, 2013.
  249. ^ "2014 Houston College Classic". MLB.com. March 28, 2014. Archived from the original on January 14, 2014. Retrieved December 12, 2013.
  250. ^ Lewandowski, Dave (March 28, 2012). "Houston, we have liftoff for October 2013 event". IndyCar Series. IndyCar. Archived from the original on April 1, 2012. Retrieved March 28, 2012.
  251. ^ "IndyCar's coming to town: Houston race slated for 2013 – Houston Chronicle". Chron.com. March 28, 2012. Archived from the original on November 17, 2012. Retrieved June 28, 2013.
  252. ^ a b "Office of the Controller, City of Houston". Summary of Significant Accounting Policies. Archived from the original on February 12, 2019. Retrieved March 27, 2009.
  253. ^ Dye, Thomas R. "Local Government in Texas: Cities, Towns, Counties, and Special Districts". Politics in America, Sixth Edition. Archived from the original on May 6, 2009. Retrieved March 27, 2009.
  254. ^ a b "City Council". City of Houston eGovernment Center. Archived from the original on April 2, 2009. Retrieved March 27, 2009.
  255. ^ "Mayor's Office". City of Houston eGovernment Center. Archived from the original on March 27, 2009. Retrieved March 27, 2009.
  256. ^ "Strong Currents of Change". TIME Magazine. November 19, 1979. Archived from the original on May 5, 2009. Retrieved March 27, 2009.
  257. ^ Stiles, Matt (August 10, 2006). "City Council may grow by two seats, Houston Chronicle". Houston Chronicle. Archived from the original on July 12, 2010. Retrieved March 27, 2009.
  258. ^ Houston voters lengthen term limits for city officials "[1] Archived December 1, 2015, at WebCite. Retrieved on January 10, 2015.
  259. ^ "Aimee Buras, "Clymer Wright, force for Houston term limits, found dead," January 25, 2011". Houston Chronicle. January 25, 2011. Archived from the original on January 29, 2011. Retrieved January 29, 2011.
  260. ^ a b c Klineberg, Stephen. Houston Area Survey 1982–2005, Page 40.
  261. ^ Jr, James C. McKinley (December 12, 2009). "Houston Is Largest City to Elect Openly Gay Mayor". The New York Times. ISSN 0362-4331. Archived from the original on April 12, 2012. Retrieved September 6, 2019.
  262. ^ Shoichet, Catherine E. (May 9, 2019). "Florida is about to ban sanctuary cities. At least 11 other states have, too". CNN. Archived from the original on June 16, 2019. Retrieved September 5, 2019.
  263. ^ "U.S. Cities Prepare For Planned ICE Raids". NPR. July 13, 2019. Archived from the original on September 5, 2019. Retrieved September 5, 2019.
  264. ^ Turner, Ashlynn (January 4, 2017). "Houston homicide rate changes little in 2016". Archived from the original on June 14, 2017. Retrieved May 17, 2017.
  265. ^ ""Murder Rate in 2005" (PDF). Archived from the original (PDF) on November 28, 2006. (30.4 KB)," Morgan Quitno. Retrieved on November 29, 2006.
  266. ^ FBI Uniform 2010 (prov.) Crime Report Table 4 "[2] Archived October 31, 2011, at the Wayback Machine. Retrieved on July 6, 2011.
  267. ^ Lee, Renee C. "New FBI stats suggest crime's in decline in Houston", Houston Chronicle, July 26, 2011, p. B2. Retrieved July 26, 2006.
  268. ^ Blakinger, Keri (September 25, 2017). "FBI report: Houston's murder rate down, violent crime increases". Houston Chronicle. Archived from the original on November 11, 2017. Retrieved November 11, 2017.
  269. ^ "Distribution – Houston High Intensity Drug Trafficking Area Drug Market Analysis 2009 Archived July 25, 2009, at the Wayback Machine." U.S. Department of Justice. Retrieved on August 11, 2009.
  270. ^ "Sex Trafficking: Groups Expose Houston's Dark Secret". cbn.com. Archived from the original on September 23, 2015. Retrieved September 15, 2015.
  271. ^ "CRIME: The Houston Horrors". TIME Magazine. August 20, 1973. Archived from the original on September 24, 2010. Retrieved May 2, 2010.
  272. ^ "Residents of Houston Curbing Murder Talk". Beaver County Times. August 16, 1973. Retrieved May 2, 2010 – via Google News Archive.
  273. ^ Pando, Patricia. "Two Worlds a Mile Apart: A Brief History of the Fourth Ward" (PDF). Houston History Magazine. pp. 37–41. Archived (PDF) from the original on September 6, 2015. Retrieved August 10, 2019.
  274. ^ "Houston ISD automates lunch Archived May 30, 2012, at the Wayback Machine", eSchool News online, February 21, 2006. Retrieved on December 16, 2006.
  275. ^ Private Schools Archived January 27, 2007, at the Wayback Machine. Houston-Texas-Online. 2004. Retrieved on January 10, 2007.
  276. ^ Houston Private Schools Archived January 10, 2007, at the Wayback Machine. HoustonAreaWeb.com. Retrieved on January 10, 2007.
  277. ^ School Art Participation. Houston Livestock Show and Rodeo. Retrieved on January 10, 2007. Archived at the Internet Archive Wayback Machine.
  278. ^ About HAIS Archived March 28, 2007, at the Wayback Machine. Houston Area independent schools. 2007. Retrieved on March 27, 2007.
  279. ^ Bonnin, Richard. "Carnegie Foundation Gives University of Houston its Highest Classification for Research Success, Elevating UH to Tier One Status". University of Houston. Archived from the original on August 15, 2012. Retrieved February 8, 2011.
  280. ^ "UH achieves Tier One status in research". Houston Business Journal. January 21, 2011. Archived from the original on August 15, 2012. Retrieved July 6, 2011.
  281. ^ "UH takes big step up to Tier One status". Houston Chronicle. January 18, 2011. Archived from the original on August 15, 2012. Retrieved July 6, 2011.
  282. ^ Khator, Renu (October 4, 2011). "State of the University: Fall 2011" (PDF). University of Houston. Archived from the original (PDF) on October 27, 2011. Retrieved October 5, 2011.
  283. ^ "Histories of TSU and UH marked by segregation". Chron.com. August 21, 2016. Archived from the original on October 21, 2017. Retrieved February 3, 2018.
  284. ^ Ramirez, Fernando (April 19, 2017). "Rice tops the list of 25 hardest colleges to get into in Texas". Houston Chronicle. Archived from the original on March 27, 2018. Retrieved March 26, 2018.
  285. ^ "Rice University, Best Colleges 2009". U.S. News & World Report. Archived from the original on February 16, 2009. Retrieved March 27, 2009.
  286. ^ "About Lee College Archived April 29, 2013, at the Wayback Machine." Lee College. Retrieved on May 6, 2013.
  287. ^ "Largest HBCU In The Nation: Top 10 Black Colleges By Enrollment". hbculifestyle.com. Retrieved August 17, 2021.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  288. ^ "4 Texas Southern University graduates turned black history trailblazers". ABC13.com. March 12, 2020. Retrieved August 17, 2021.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  289. ^ "Finish UHD Strong". University of Houston Downtown. Retrieved August 17, 2021.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  290. ^ "University of Houston". University of Houston System. Retrieved August 17, 2021.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  291. ^ "What They're Saying About Rice". Rice University. Retrieved August 17, 2021.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  292. ^ "Telemundo Station Group, part of the NBCUniversal Owned Television Stations division".[dead link]
  293. ^ "Houston Press Shutters Its Print Operation". Houston Press. Archived from the original on March 13, 2018. Retrieved March 21, 2018.
  294. ^ Allen, Carol M. "What Came Before" (Chapter 1). In: Allen, Carol M. (editor). Ending Racial Preferences: The Michigan Story (Lexington Studies in Political Communication). Lexington Books, February 5, 2009. ISBN 0739138294, 9780739138298, p. 23.
  295. ^ "Best Local Magazine: OutSmart | Best of Houston® 2008: Your Key to the City". Houston Press. Retrieved July 29, 2020.
  296. ^ "Texas Medical Center – Largest Medical Center (Video HD (English))". Texas Medical Center. Archived from the original on June 23, 2010. Retrieved March 28, 2009.
  297. ^ "Texas Medical Center". www.visithoustontexas.com. Archived from the original on February 8, 2007. Retrieved February 6, 2007.
  298. ^ "Institutional Profile". www.mdanderson.org. Archived from the original on March 3, 2009. Retrieved February 21, 2007.
  299. ^ "Rice and Baylor College of Medicine extend MOU". Rice University, News & Media. Archived from the original on January 18, 2012. Retrieved October 11, 2009.
  300. ^ "Quick Facts About The Menninger Clinic". menningerclinic.com, The Menninger Clinic. Retrieved March 27, 2009.
  301. ^ "TA Associates – News". Ta.com. September 1, 2005. Archived from the original on October 11, 2011. Retrieved November 4, 2011.
  302. ^ "Health Centers". City of Houston. Retrieved April 9, 2021.
  303. ^ "HCHD Dental Program". Harris County Hospital District. October 11, 2011. Archived from the original on October 11, 2011. Retrieved April 6, 2021.
  304. ^ Knipp, Bethany (November 2, 2016). "Fort Bend County lacks hospital district". Community Impact Newspaper. Retrieved October 18, 2021. Despite being the fastest-growing county in the state, Fort Bend County [...] Harris and Montgomery counties have hospital districts, which provide a medical home
  305. ^ a b "2016 American Community Survey, 1-year estimates: Commuting Characteristics by Sex". American Fact Finder. U.S. Census Bureau. Retrieved October 31, 2017.
  306. ^ "Census and You" (PDF). US Census Bureau. January 1996. p. 12. Archived (PDF) from the original on December 15, 2006. Retrieved February 19, 2007.
  307. ^ Freemark, Yonah (October 13, 2010). "Transit Mode Share Trends Looking Steady; Rail Appears to Encourage Non-Automobile Commutes". Transport Politic. Archived from the original on January 16, 2018. Retrieved October 31, 2017.
  308. ^ Kneebone, Elizabeth; Holmes, Natalie (March 2015). "The growing distance between people and jobs in metropolitan America" (PDF). Brookings Institution. Archived (PDF) from the original on May 16, 2018. Retrieved March 19, 2018.
  309. ^ Sivak, Michael (May 2015). "Commuting to Work in the Largest 30 U.S. Cities" (PDF). University of Michigan. Archived (PDF) from the original on April 12, 2019. Retrieved March 19, 2018.
  310. ^ Kenworthy, Jeffery R. (1999). "Patterns of automobile dependence in cities: an international overview of key physical and economic dimensions with some implications for urban policy" (PDF). Transportation Research Part A. 33: 691–723. Archived (PDF) from the original on August 9, 2017. Retrieved March 19, 2018 – via Massachusetts Institute of Technology.
  311. ^ Para, Jen (October 30, 2017). "Study: Houston among cities with poor sustainable transit systems". www.bizjournals.com. Archived from the original on May 1, 2018. Retrieved March 19, 2018.
  312. ^ Kasperkevic, Jana (September 28, 2012). "Four Texas counties rank among nation's top ten for gasoline consumption". Houston Chronicle. Archived from the original on March 20, 2018. Retrieved March 19, 2018.
  313. ^ a b Klineberg, Stephen L. (May 2017). "The Kinder Houston Area Survey: Thirty-Six Years of Measuring Responses to a Changing America" (PDF). Kinder Institute for Urban Research, Rice University. Archived from the original (PDF) on October 13, 2017. Retrieved March 19, 2018.
  314. ^ "Car Ownership in U.S. Cities Data and Map". Governing. Archived from the original on May 11, 2018. Retrieved May 4, 2018.
  315. ^ a b c "2040 Regional Transportation Plan" (PDF). Houston-Galveston Area Council (HGAC). March 30, 2016. Archived (PDF) from the original on September 8, 2017. Retrieved March 19, 2018.
  316. ^ a b "SH 99 / Grand Parkway Project". Texas Department of Transportation. 2018. Archived from the original on March 4, 2018. Retrieved March 20, 2018.
  317. ^ About Houston TranStar Archived January 26, 2012, at WebCite. Houston TranStar. 2008. Retrieved on February 17, 2008.
  318. ^ a b c "Major Thoroughfare and Freeway Plan Policy Statement" (PDF). City of Houston. March 2015. Archived (PDF) from the original on March 21, 2018. Retrieved March 20, 2018.
  319. ^ a b c d "Gulf Coast Regionally Coordinated Transportation Plan – 2016 Transportation Resource Inventory Update" (PDF). Houston–Galveston Area Council. 2016. p. 62. Archived (PDF) from the original on March 21, 2018. Retrieved March 20, 2018.
  320. ^ a b "2040 Regional Transportation Plan (RTP)" (PDF). Houston–Galveston Area Council. March 2016. Archived (PDF) from the original on September 8, 2017. Retrieved March 20, 2018.
  321. ^ Smalley, George F. (October 5, 2012). "Vote against Metro referendum could mean more rail". Houston Chronicle. Archived from the original on March 21, 2018. Retrieved March 20, 2018.
  322. ^ "Metro's Silver Line starts, first of many bus rapid transit planned in region in lieu of rail". HoustonChronicle.com. August 23, 2020. Retrieved October 21, 2020.
  323. ^ Begley, Dug (May 24, 2016). "Federal funding pulled for light rail line construction along Richmond Avenue". Houston Chronicle. Archived from the original on March 21, 2018. Retrieved March 20, 2018.
  324. ^ "Amtrak Fact Sheet, Fiscal Year 2008, State of Texas" (PDF). amtrak.com, Amtrak. Archived from the original (PDF) on February 27, 2009. Retrieved March 28, 2009.
  325. ^ "Amtrak ridership up in Houston area, Brookings Institution reports". Houston Business Journal. Archived from the original on November 11, 2013. Retrieved November 2, 2013.
  326. ^ "State of Texas Fact Sheet FY2018" (PDF). National Passenger Railroad Corporation (Amtrak). June 2019.
  327. ^ "Texas Eagle Thruway Motorcoach Schedules".
  328. ^ "Home". Houstonbikeways.org. Archived from the original on July 25, 2013. Retrieved June 28, 2013.
  329. ^ "New Shared Lane Designation". Houstonbikeways.org. Archived from the original on July 25, 2013. Retrieved June 28, 2013.
  330. ^ "Lamar Cycle Track Page". City of Houston. Archived from the original on November 24, 2016. Retrieved May 4, 2018.
  331. ^ "Houston Bikeways Program". City of Houston. Archived from the original on April 13, 2018. Retrieved May 4, 2018.
  332. ^ Elliot, Rebecca (August 23, 2017). "Hike and bike trail extensions coming to four bayous". Houston Chronicle. Archived from the original on May 5, 2018. Retrieved May 4, 2018.
  333. ^ Turner, Allan (May 2, 2012). "Houston saddles up for downtown bike share program". Houston Chronicle. Archived from the original on April 17, 2018. Retrieved May 4, 2018.
  334. ^ Begley, Dug. "Houston bikesharing program enjoys robust growth". Houston Chronicle. Archived from the original on August 26, 2014. Retrieved August 24, 2014.
  335. ^ "Houston Bike Share names new executive director". Houston Chronicle. March 27, 2018. Archived from the original on May 5, 2018. Retrieved May 4, 2018.
  336. ^ "FAA selects the HAS as 2005 Airport of the Year" (Press release). Houston Airport System. March 24, 2006. Archived from the original on September 28, 2007. Retrieved December 16, 2006.
  337. ^ a b c "Fact Sheets". Houston Airport System. 2017. Archived from the original on March 25, 2018. Retrieved March 25, 2018.
  338. ^ "George Bush Intercontinental Airport Fact Sheet" (PDF). Houston Airport System. March 1, 2018. Archived (PDF) from the original on March 25, 2018. Retrieved March 25, 2018.
  339. ^ "2005 Total Airline System Passenger Traffic Up 4.6% From 2004" (Press release). Bureau of Transportation Statistics. April 27, 2006. Archived from the original on September 22, 2006. Retrieved December 16, 2006.
  340. ^ Carey, Susan (August 30, 2017). "United Continental Planning Houston Flight Resumption". The Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. Archived from the original on March 25, 2018. Retrieved March 25, 2018.
  341. ^ "Houston Airport System Statistical Report: 2017 Fiscal Year Summary" (PDF). Houston Airport System. City of Houston. 2017. Archived (PDF) from the original on March 2, 2018. Retrieved March 25, 2018.
  342. ^ Hensel Jr., Bill (April 5, 2007). "Airport designated 'model port of entry'". Houston Chronicle. Archived from the original on July 12, 2010. Retrieved June 21, 2008.
  343. ^ "Southwest launches new international service at Houston Hobby Airport today". Dallas Morning News. October 15, 2015. Archived from the original on December 19, 2015. Retrieved December 18, 2015.
  344. ^ "William P. Hobby Airport Rated Among Top Five Performing Airports Worldwide". Houston Airport System. March 10, 2009. Archived from the original on March 14, 2009. Retrieved March 28, 2009.
  345. ^ "About Ellington Airport". Houston Airport System. Archived from the original on March 2, 2007. Retrieved March 28, 2009.
  346. ^ "Sister Cities". houstontx.gov. Archived from the original on September 19, 2017. Retrieved February 15, 2014.
  347. ^ "Our Sister Cities Associations". www.sistercitieshouston.org. Archived from the original on August 7, 2016. Retrieved July 14, 2016.
  348. ^ "Grampian–Houston". Archived from the original on August 20, 2016. Retrieved September 9, 2017.
  349. ^ "Houston City Council unanimously approves Sister City Agreement between Houston, Texas and Basrah, Iraq". iraqiembassy.us. Archived from the original on September 6, 2015. Retrieved September 15, 2015.

Further reading

External links

0.27380800247192