神聖ローマ帝国

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

神聖ローマ帝国
Sacrum Imperium Romanum   ラテン語
HeiligesRömischesReich   ドイツ語
800/962 [a] –1806
神聖ローマ帝国のクォータニオンイーグル
Quaterionenadler David de Negker.svg
The change of territory of the Holy Roman Empire superimposed on present-day state borders
現在の州境に重ねられた神聖ローマ帝国の領土の変化
資本単一/固定資本なし[1]
共通言語ドイツ語中世ラテン語(行政/典礼/儀式)
さまざまな[c]
宗教
カトリック(800-1806)
ルター(1555-1806)
カルビン主義(1648-1806)

詳細をご覧ください
政府連邦 封建的 選挙 君主制
天皇 
•800〜814
シャルルマーニュ[a]
•962〜973
オットー1世
•1792〜1806
フランソワ2世
立法府帝国議会
歴史的時代中世から近世
800年12月25日
• 東フランク王国の オットー1世はローマ皇帝に戴冠しました
962年2月2日
1033年2月2日
1555年9月25日
1648年10月24日
1805年12月2日
1806年8月6日
領域
1050 [d]1,000,000 km 2(390,000平方マイル)
人口
•1700 [3]
25,000,000
•1800 [3]
29,000,000
通貨複数:ターラーギルダーグロシュReichsthaler
前任者
成功
東フランク王国
イタリア王国
カロリング帝国
ライン同盟
オーストリア帝国
プロイセン王国

神聖ローマ帝国ラテン語仙骨Romanum(フォロロマーノ)帝国;ドイツ語HeiligesRömischesライヒは)に地域の多民族複雑だった西部中部南部の ヨーロッパ中に開発した中世初期、そのまで継続1806年に解散時のナポレオン戦争[4]

帝国はに結合して作成された個人の労働組合として帝国タイトルの冠イタリア王国フランククラウン、特に東フランク王国の王国ドイツの後半王国)だけでなく、他の小さい地域のタイトル。やがて、これらの王国はで参加されるだろうブルゴーニュの王国ボヘミアの王国。 15世紀の終わりまでに、帝国は理論上、イタリア、ドイツ、ブルゴーニュの3つの主要なブロックで構成されていました。その後、領土的にはドイツ王国とボヘミアのみが残り、ブルゴーニュの領土はフランスに敗れました。。イタリアの領土は正式には帝国の一部でしたが、帝国改造ではその領土は無視され、事実上独立した多数の領土組織に分裂しました[5] [6] [7] [8]特にイタリアの地位は、16世紀から18世紀にかけて変化しました。ピエモンテ-サボイのようないくつかの領土はますます独立しましたが、他の領土は支配的な貴族の家が絶滅したために依存度が高まり、これらの領土はしばしばハプスブルク家とその分家の支配下に置かれました1678年にフランシュコンテを失ったことを除けば、帝国の外縁は、スイスとオランダ北部の排除を認めたヴェストファーレン条約と、アルザスをめぐるフランスの保護区から、帝国の解散まで目立った変化はありませんでした。 1815年のナポレオン戦争の終結時に、主な例外はイタリアの州を除いて、神聖ローマ帝国のほとんどがドイツ連邦に含まれていました

800年12月25日、教皇レオ3世は、フランク王国の王 シャルルマーニュ皇帝として戴冠させ、476年に古代西ローマ帝国崩壊してから3世紀以上経った後、西ヨーロッパ称号を復活させました。理論と外交では、皇帝は原始と見なされていました。インターパレスは、ヨーロッパ中の他のカトリック君主の間で同等の中で最初と見なされています。[9]この称号は、カロリング朝の家族で888年まで、そして896年から899年まで続き、その後、最後のイタリアの主張者であるベレンガー1世が死ぬまで、一連の内戦でイタリアの支配者によって争われました。、924年。この称号は962年に再び復活し、ドイツ国王オットー1世が皇帝に戴冠し、シャルルマーニュの後継者としての地位を確立し[10]、8世紀以上にわたって帝国の存続を開始しました。[11] [12] [e]カール大帝の戴冠式を帝国の起源と呼ぶ歴史家もいれば、[13] [14]、オットー1世の戴冠式をその始まりとして好む歴史家もいます。[15] [16]しかしながら、学者は一般に、帝国を構成する制度と原則の進化を関連付け、帝国の称号と役割の段階的な仮定を説明することに同意します。[6] [13]

正確な用語「神聖ローマ帝国」は13世紀まで使用されませんでした。それ以前は、帝国はさまざまにユニバーサムレグナム(地域の王国ではなく「王国全体」)、インペリウムクリスティアヌム(「クリスチャン帝国」)と呼ばれていました。、またはRomanum(フォロロマーノ)の帝国(「ローマ帝国」)、[17]が、天皇の正統性は常にの概念に休んtranslatio imperii[F]を、彼は古代の皇帝から継承された最高権力開催することをローマ[6]神聖ローマ皇帝王朝の役職は、伝統的に、ほとんどがドイツの選帝侯を通じて選択的でした。、帝国の最高位の貴族;教皇戴冠式の伝統は16世紀に廃止されましたが、彼らは仲間の1人をローマ王」として教皇によって皇帝に戴冠するように選出しました。

比較的集中王国で西に形成されたとして、帝国は政治的統一の度合いを達成したことがないフランスで構成される分散型、限ら選挙君主制に代わりに進化し、サブユニットの数百王国公国duchies王子司教帝国自由都市、そして最終的に帝国騎士のような帝国の即時性を享受する個人でさえ[7] [18]皇帝の力は限られていたが、帝国のさまざまな王子、領主、司教、都市は皇帝に忠誠を誓った家臣は、領土内で事実上の独立を与える特権も持っていました。フランツ2世皇帝は、1806年8月6日ナポレオン1世皇帝が前月にライン同盟を創設した後、帝国を解散させました

名前

神聖ローマ帝国の象徴である、個々の州の紋章付きの双頭の鷲(1510年からの絵画)

帝国は、ローマカトリック教会によって、中世および近世におけるローマ帝国の唯一の法的な後継者であると見なされていました。シャルルマーニュ以来、この領域は単にローマ帝国と呼ばれていました[19]用語の仙骨中世ローマ帝国に関連して(「聖別」の意味で、「神聖」)は下の1157年に始めて使用されたフリードリヒ1世バルバロッサ(「神聖帝国」)という用語は、フレデリックの野望を反映するために追加されましたイタリアとパパシーを支配する[20]「神聖ローマ帝国」の形式は、1254年以降に証明されています。[21]

以下の法令では、ケルンの国会を1512年に、名前は次のように変更されたドイツ国民の神聖ローマ帝国ドイツ語HeiligesRömischesライヒドイチェ国ラテン語仙骨インペリウムRomanum(フォロロマーノ)NationisGermanicæ、)[19]最初に使用されるフォーム1474年の文書。[20]神聖ローマ帝国15世紀後半までに南と西のイタリアとブルゴーニュの領土のほとんどを失ったこともあり[22] [完全な引用が必要]、また強調するために新しいタイトルが採用された。ドイツ帝国の新たな重要性帝国改造による帝国の支配において[23]

18世紀の終わりまでに、「ドイツ国家の神聖ローマ帝国」という用語は公式に使用されなくなりました。その指定に関する伝統的な見方に反して、ヘルマン・ワイザートは、多くの教科書の主張にもかかわらず、「ドイツ国家の神聖ローマ帝国」という名前は決して公式の地位を持たず、文書は30であったと指摘する帝国の名声に関する研究で主張しました国の接尾辞を含めるのと同じくらい省略します。[24]

その名前の有名な評価の中で、政治哲学者ヴォルテールは、「神聖ローマ帝国と呼ばれ、今でもそれ自体を神聖ローマ帝国と呼んでいるこの体は、決して神聖でも、ローマでも、帝国でもなかった」と皮肉を込めて述べた。[25]

現代では、帝国はしばしば非公式にドイツ帝国ドイツ帝国)またはローマ-ドイツ帝国レーミッシュ-ドイツ帝国と呼ばれていました[26]ドイツ帝国の終わりまで解散した後、それはしばしば「旧帝国」(das alte Reichと呼ばれました1923年以降、20世紀初頭のドイツの民族主義者とナチスの宣伝は、聖ローマ帝国を第一帝国帝国を意味する帝国)として、ドイツ帝国を第二帝国として、将来のドイツ民族主義国家またはナチスドイツを第三帝国として特定しました。ライヒ[27]

歴史

中世初期

カロリング朝時代

ローマでのパワーガリアは、 5世紀の間に減少し、地元のゲルマン部族がコントロールを仮定しました。[28] 5世紀後半から6世紀初頭にかけて、メロヴィング朝クローヴィス1世とその後継者の下でフランク族を統合し、他の部族に覇権を拡大して、ガリア北部とライン川中流域を支配した[29] [完全な要出典] [30]しかし、8世紀半ばまでに、メロヴィング朝は船首像になり、チャールズ・マルテルが率いるカロリング朝事実上なりました。定規。[31] [完全な引用が必要] 751年、マーテルの息子ペピンはフランク王になり、後に教皇の制裁を受けた。[32] [33]カロリング朝は、パパシーとの緊密な同盟を維持するだろう。[34] [完全な引用が必要]

768年、ペピンの息子シャルルマーニュはフランク王になり、領土の大規模な拡大を始めました。彼は最終的に、現在のフランス、ドイツ、北イタリア、ネーデルラントなどの領土を統合し、フランク王国と教皇の土地を結びつけました。[35] [36]

ビザンチン支配の費用についての対立はイタリア国内で長い間続いていましたが、教皇グレゴリウス2世が一連の​​帝国異端の最新のものと見なしたレオーン3世皇帝偶像破壊によって、726年に政治的崩壊本格的に始まりました。[37] 797年、東ローマ皇帝コンスタンティヌス6世は、皇后と宣言した母親のアイリーンによって王位から外されたラテン教会は男性のローマ皇帝のみをキリスト教世界の長と見なしていたため、教皇レオ3世は、コンスタンディヌーポリ総主教との協議を除いて、尊厳の新しい候補者を探しました[38] [39]

ロンバードに対する教皇の所有物の擁護におけるシャルルマーニュの教会への優れた奉仕は、彼を理想的な候補者にしました。 800年のクリスマスの日に、教皇レオ3世はシャルルマーニュ皇帝を戴冠させ、3世紀以上ぶりに西洋での称号を復活させました。[38] [39]これは、衰退するビザンチン帝国からカロリング朝の フランシアの新しい力に向かって向きを変える教皇の象徴として見ることができます。シャルルマーニュは、帝国の復活(「ローマ帝国の更新」)という公式を採用しました。 802年に、アイリーンはニケフォロス1世によって倒され、追放されました。それ以降、2人のローマ皇帝がいました。

シャルルマーニュが814年に亡くなった後、大英帝国王冠は息子のルートヴィヒ1世に渡されました。 840年にルイが亡くなると、それは彼の共同支配者であった息子のロテアに渡されました。この時点によってシャルルマーニュの領土は、いくつかの地域(分割したCFヴェルダン条約プラムの条約メルセン条約リブモント条約)、そして天皇のタイトルはカロリングによって争われた後の九世紀にわたって支配者西フランシア東フランシア最初の西洋の王(と、シャルル2世)、その後、東部(カール3世)、一時的に帝国を再会し、賞を獲得した。[40]

888年にカール3世が亡くなった後、カロリング帝国は崩壊し、回復することはありませんでした。プリュムのレギーノによれば、領域の一部は「キクイタダキを吐き出し」、各部分は「自分の腸から」キクイタダキを選出しました。[40]カール3世の死後、教皇によって戴冠された皇帝はイタリアの領土のみを支配した。[要出典]最後のそのような皇帝は、924年に亡くなったイタリアのベレンガー1世でした

神聖ローマ帝国の形成

900年頃、東フランク王国に自治部族大公フランケンバイエルンシュヴァーベンザクセンロタリンギア)が再出現しました。カロリング朝の王ルイ・ザ・チャイルドが911年に問題なく亡くなった、東フランク王国は西フランク王国のカロリング朝の支配者に領土を引き継ぐことを求めず、代わりに公爵の1人であるコンラート1世をレックスフランコルムオリエンタリウムとして選出しました[41]彼の死の床で、コンラッドは彼の主なライバルに冠をもたらしたハインリヒ1世の国会で王に選出されたザクセンの(R。919から36)、フリッツラー919に。[42]ヘンリーは襲撃したマジャル人との休戦に達し、933年にリヤド戦いで彼らに対して最初の勝利を収めた[43]

ヘンリーは936年に亡くなりましたが、彼の子孫であるリウドルフィング(またはオットー朝)王朝は、およそ1世紀の間東王国を支配し続けました。ハインリヒ1世の死後、息子で指定された後継者であるオットー[44]、936年アーヘンの王に選出された[45]。彼は弟といくつかの公爵からの一連の反乱を克服した。その後、国王は何とか公爵の任命を管理し、しばしば行政業務で司教を雇いました。[46]

951年、オットーはイタリアの未亡人の女王であるアデレードの助けを借りて、敵を打ち負かし、結婚し、イタリアを支配しました。[47] 955年、オットーはレヒフェルト戦いでマジャル人決定的な勝利を収めた[48]により、962、オットーはクラウニングた皇帝ヨハネス12世[48]このようにイタリアと教皇のものとドイツの王国の業務を絡み合わ。皇帝としてのオットーの戴冠式は、ドイツの王をシャルルマーニュ帝国の後継者としてマークしました。これは、帝権移譲論の概念を通じて、彼らを古代ローマの後継者と見なしました。

王国には恒久的な首都がありませんでした。[49]王は、各王が特定の場所を好んだが、事件を解任するために住居(皇帝居城と呼ばれる)の間を移動したオットーの場合、これはマクデブルクの街でしたキングシップは引き続き選挙によって移管されましたが、キングスはしばしば自分の息子が生涯にわたって選出されることを保証し、家族のために王冠を維持できるようにしました。これは、12世紀のザーリアー朝の終わりの後にのみ変化しました。

オットー朝時代の神聖ローマ帝国
972年から1032年までの神聖ローマ帝国

963年、オットーは現在の教皇ヨハネス12世を証言し、新しい教皇として教皇レオ8世を選びました(ただし、ヨハネス12世とレオ8世はどちらも、ヨハネス12世が亡くなる964年まで教皇庁を主張していました)。これはまた、特にオットーの息子オットー2世(r。967–83)が指定皇帝ロマノラムを採用した、コンスタンティノープル東皇帝との対立を新たにしました。それでも、オットー2世は、ビザンチンの王女テオファヌと結婚したときに、東との結婚関係を築きました[50]彼らの息子、オットー3世、わずか3歳で王位に就き、994年に成年になるまで権力闘争と一連の摂政にさらされました。それまで、彼はドイツに留まり、証言録取された公爵クレセンティウス2世がローマを統治していました。そしてイタリアの一部、表面上は彼の代わりに。

996年、オットー3世は彼のいとこであるグレゴリー5世を最初のドイツ教皇に任命しました[51]外国の教皇と外国の教皇の将校は、クレセンティウス2世に率いられて反乱を起こしたローマの貴族に疑いを持って見られた。オットー3世の元指導者である対立教皇ヨハネス16世は、神聖ローマ皇帝ローマを占領するまで、ローマを一時的に拘束しました。[52]

オットーは1002年に若くして亡くなり、ドイツに焦点を当てたいとこのヘンリー2世に引き継がれました。[53]

ヘンリー2世は1024年に亡くなりサリアン王朝の最初のコンラート2世は公爵と貴族の間でいくつかの議論が行われた後にのみ王に選出されました。このグループは最終的に選挙人団に発展しました

神聖ローマ帝国は最終的に4つの王国で構成されるようになりました。王国は:

中世盛期

叙任論争

キングスはしばしば行政業務で司教を雇い、誰が教会の役職に任命されるかを決定することがよくありました。[54]クリュニー改革をきっかけに、この関与はパパシーによってますます不適切であると見なされた。改革志向の教皇グレゴリウス7世は、そのような慣行に反対することを決意し、ローマ王であり神聖ローマ皇帝であるヘンリー4世(r。1056–1106)叙任論争につながりました[54]

ヘンリー4世は教皇の干渉を否定し、司教たちに教皇を破門するよう説得しました。教皇は、彼の尊号「教皇グレゴリウス7世」ではなく、生まれた名前「ヒルデブランド」で有名に破門されました。[55]次に、教皇は王を破門し、彼が証言録取されたと宣言し、ヘンリーに対する忠誠の誓いを解散した。[11] [55]王は政治的支​​援がほとんどないことに気づき、1077年に有名なカノッサへの散歩を強いられた[56]。それによって彼は屈辱を犠牲にして破門の解除を達成した。その間、ドイツの王子たちは別の王、スワビアのルドルフを選出しまし[57]

ヘンリーはなんとかルドルフを打ち負かしましたが、その後、さらに多くの蜂起、破門、さらには息子たちの反乱に直面しました。彼の死後、彼の次男であるヘンリー5世は、1122年のワームのコンコルダートで教皇と司教たちと合意に達しました[58]帝国の政治的権力は維持されたが、紛争は、特に教会に関して、統治者の権力の限界を示し、それは彼が以前に享受していた仙骨の地位の王を奪った。教皇とドイツの王子たちは、帝国の政治システムの主要なプレーヤーとして浮上していました。

東方植民

東方植民の結果として、中央ヨーロッパの人口の少ない地域(つまり、現在のポーランドとチェコ共和国の人口の少ない国境地域)は、かなりの数のドイツ語話者を受け入れました。シレジアは、地元のピアスト公爵がポーランド王領からの自治を求めた結果、神聖ローマ帝国の一部になりました[59]後半12世紀から、 ポメラニア公国は下にあった宗主権神聖ローマ帝国の[60]との征服ドイツ騎士団は、その領域は、ドイツ語を話す製。[61]

ホーエンシュタウフェン王朝

ホーエンシュタウフェンが統治した神聖ローマ帝国とシチリア王国。帝国の帝国および直接所有されているホーエンシュタウフェンの土地は明るい黄色で示されています。

ザーリアー朝が1125年にヘンリー5世の死で終わったとき、王子たちは近親者を選ぶのではなく、適度に強力であるがすでに古いザクセン公爵であるロテアを選ぶことを選びました。彼が1137年に亡くなったとき、王子たちは再び王権をチェックすることを目指しました。したがって、彼らはロセアの好意的な相続人である彼の義理の息子であるウェルフ家の誇り高きヘンリーを選びませんでしたが、ホーエンシュタウフェン家のコンラート3世ヘンリー4世皇帝の孫、したがってヘンリー5世皇帝の甥を選びました。 2つの家の間の1世紀の争い。コンラッドはヴェルフ家を所有から追い出しましたが、1152年に亡くなった後、甥のフリードリヒ1世「バルバロッサ」彼を成功し、彼の従兄弟復元、Welfsと平和を作ったヘンリーライオンを彼に-持ち物-減少にもかかわらず。

ホーエンシュタウフェンの支配者たちは、フレデリックが公爵よりも信頼できることを望んでいた、以前は自由ではなかった軍人である省庁土地をますます貸し出していまし当初は主に戦争サービスに使用されていましたが、この新しいクラスの人々は後の騎士の基礎を形成し、帝国の力のもう1つの基礎となりました。ロンカリアでのさらに重要な憲法上の動きは、帝国全体のための新しい平和メカニズム、ラントフリーデンの設立であり、最初の帝国のものは、1103年マインツのアンリ4世の下で発行されました[62] [63]

これは、多くの公爵と他の人々との間の私的な確執を廃止し、皇帝の部下を管轄の法制度と犯罪行為の公的訴追に結び付ける試みでした。これは、現代の「法の支配」の概念の前身です。当時のもう一つの新しい概念は、天皇と地元の公爵による新しい都市の体系的な設立でした。これらは部分的に人口の爆発の結果でした。彼らはまた、戦略的な場所に経済力を集中させた。これ以前は、都市は古いローマの財団または古い司教区の形でしか存在していませんでした。 12世紀に設立された都市には、おそらく後の多くの都市の経済モデルであるフライブルクミュンヘンが含まれます。

フリードリヒ1世は、1155年に皇帝に戴冠しました。彼は、(現在は強化された)教皇から独立した皇帝の力を正当化するために、帝国の「ローマらしさ」を強調しました。1158年におけるRoncagliaの分野で帝国のアセンブリへの参照で帝国権利を埋め立てユスティニアヌスIさんローマ法大全叙任権論争以来、帝国の権利はレガリアと呼ばれていましたが、ロンカリアで初めて列挙されました。この包括的なリストには、公道、関税、コイニング、懲罰的費用の徴収、およびオフィス所有者の着席と着席解除が含まれていましたこれらの権利は現在、ローマ法に明確に根ざしています。、広範囲にわたる憲法上の行為。

フレデリックの政策は主にイタリアに向けられ、そこで彼はますます裕福で自由奔放な北部の都市、特にミラノと衝突した。彼はまた、教皇アレクサンデル3世(1159–81)に対して少数派によって選出された候補者を支援することにより、パパシーとの別の対立に巻き込まれました。フレデリックは、1177年に最終的にアレクサンダーと和平を結ぶ前に、一連の対立教皇を支持しました。ドイツでは、皇帝は、ライバルの王子や都市(特にミュンヘンリューベックの場合)からの苦情からハインリヒ3世を繰り返し保護していました。)。ヘンリーはフレデリックの政策をあまり支持しなかったし、イタリア戦争中の危機的な状況で、ヘンリーは皇帝の軍事的支援の嘆願を拒否した。ドイツに戻った後、憤慨したフレデリックは公爵に対して訴訟を起こし、その結果、公の禁止とヘンリーのすべての領土の没収が行われました。 1190年、フレデリックは第3回十字軍に参加し、アルメニアのキリキア王国で亡くなりました[64]

ホーエンシュタウフェン時代、ドイツの王子たちは、西スラヴ人が住んでいない、またはまばらに住んでいた土地の、成功した平和な東方への定住促進しました帝国西部のドイツ語を話す農民、商人、職人、キリスト教徒とユダヤ教徒の両方がこれらの地域に移住しました。これらの土地の段階的なゲルマン化は複雑な現象であり、19世紀のナショナリズムの偏った用語で解釈されるべきではありません。東方への入植は帝国の影響力を拡大し、ポメラニアシレジアを含み、地元の、まだほとんどスラブ人の支配者とドイツ人の配偶者との結婚も同様でした。 NSドイツ騎士団はに招待されたプロイセン公爵によってマゾフシェのコンラートChristianizeにプロイセン1226にドイツ騎士団の修道院の状態ドイツ語Deutschordensstaatと、その後のドイツの後継状態)プロイセンは神聖ローマ帝国の一部ことはありませんでした。

フリードリヒバルバロッサの後継者であるヘンリー6世の下で、ホーエンシュタウフェン王朝は頂点に達しました。ヘンリーはノルマン王国のシチリア王国を自分の領土に加え、イギリス王リチャード1世を捕虜にし、1197年に亡くなったときに世襲君主制を確立することを目指しました。息子として、フレデリック2世はすでに王に選出されていましたが、まだ小さな子供でした。シチリア島に住むドイツの王子たちは、大人の王を選出することを選択しました。その結果、フレデリックバルバロッサの末息子であるスワビアのフィリップと、王冠を争ったライオンの息子であるブランズウィックのオットーが二重に選出されました。オットーは、フィリップが1208年に私的な争いで殺害された後、シチリア島を主張し始めるまでしばらくの間勝ちました。[明確化が必要]

Reichssturmfahne、軍事バナー13日と早い14世紀の間に

帝国とシチリアの連合によってもたらされる脅威を恐れていた教皇インノケンティウス3世は、ドイツに行進してオットーを破ったフリードリヒ2世によって支持されました。勝利後、フレデリックは2つの領域を分離するという約束に基づいて行動しませんでした。彼はドイツに行進する前に息子のヘンリーをシチリアの王にしたが、それでも彼は彼自身のために本当の政治的権力を留保した。これは、フレデリックが1220年に皇帝に戴冠した後も続きました。フレデリックの権力の集中を恐れて、教皇はついに彼を破門しました。もう一つの論点は、フレデリックが約束したが繰り返し延期した十字軍でした。現在、破門されたものの、フレデリックは1228年に第6回十字軍率いて、交渉とエルサレム王国の一時的な回復に終わっ

彼の帝国の主張にもかかわらず、フレデリックの支配は帝国の中央支配の崩壊への主要なターニングポイントでした。シチリア島で現代、中央集権国家を確立することに集中している間、彼はドイツからほとんど欠席したとドイツの世俗と教会王子に遠大な権限を発行:1220年にConfoederatio兼principibus ecclesiasticisフレデリックは数あきらめたレガリアのに賛成司教、その中には関税、造語、要塞があります。 1232 favorem principumでStatutum主にこれらの特権を世俗的な領域に拡張しました。これらの特権の多くは以前から存在していましたが、フレデリックがイタリアに集中している間、ドイツの王子がアルプスの北で秩序を維持できるようにするために、今では世界的に、そしてかつてないほど付与されました。1232年の文書は、ドイツの公爵が彼らの土地の所有者であるドミニテラと呼ばれたのは初めてであり、用語も著しく変化しました。

ボヘミア王国

神聖ローマ皇帝カール4世の治世以来のボヘミア王冠の土地

ボヘミアの王国は中における重要な地域大国だった中世1212年、オタカル1世(1198年以来「王」の称号を持つ)は皇帝フリードリヒ2世からシチリアの金印勅書(正式な勅令)を抽出し、オタカル1とその子孫の王位を確認し、ボヘミア公国が誕生しました。王国へ。ボヘミアの王たちは、帝国評議会への参加を除いて、神聖ローマ帝国に対する将来のすべての義務を免除されます。チャールズ4世プラハを神聖ローマ皇帝の座に設定しまし

空位期間

1250年におけるフリードリヒ2世の死後、ドイツの王国は、彼の息子の間で分割されたコンラッドIV(1254年に死亡)と対立王はオランダのウィリアムは(1256年に死亡しました)。コンラッドの死後、空位期間が続きました。その間、王は普遍的な認識を得ることができず、王子は彼らの持ち株を統合し、支配者としてさらに独立することができました。 1257年以降、王冠はグエルフ党に支持されたコーンウォールのリチャードと、ホーエンシュタウフェン党に認められたがドイツの地に足を踏み入れたことのないカスティーリャのアルフォンソ10世との間で争われた。 1273年にリチャードが亡くなった後、ドイツのルドルフ1世、マイナーな親ホーエンシュタウフェンカウントが選出されました。彼はハプスブルク家の中で最初に王位を獲得しましたが、皇帝に戴冠することはありませんでした。 1291年にルドルフが亡くなった後、アドルフアルバートはさらに2人の弱い王であり、皇帝に戴冠することはありませんでした。

アルバートは1308年に暗殺されました。ほぼすぐに、フランスのフィリップ4世は、次のローマ王に選出されるために、弟のシャルルオブヴァロワへの支援を積極的に求め始めましたフィリップは、彼がフランスの教皇クレメンス5世(1309年にアヴィニョンに設立された)の支援を受け ており、帝国をフランスの王家の軌道に乗せるという彼の見通しは良好であると考えました。彼はドイツの選挙人に賄賂を贈ることを期待してフランスのお金を惜しみなく広めた。シャルル・オブ・ヴァロワは、フランスの支持者であるケルン大司教ヘンリーの支援を受けていましたが、多くの人はフランスの権力の拡大を見たがりませんでした。ルドルフ、宮中伯

代わりに、ルクセンブルク家のヘンリー7世は、1308年11月27日にフランクフルトで6票で選出されました。彼の経歴を考えると、彼はフィリップ王の家臣でしたが、ヘンリーは少数の国の絆に縛られていました。選挙人の間の妥協候補者、何十年も王冠をかぶった皇帝なしで生きてきた、そしてチャールズとルドルフの両方に不満を持っていた偉大な領土の権力者。ケルンの兄弟であるトリーア大司教のボールドウィンは、いくつかの実質的な譲歩と引き換えに、ヘンリーを含む多くの選挙人に勝利しました。ヘンリー7世は、1309年1月6日にアーヘンで王に戴冠し、1312年6月29日にローマで教皇クレメンス5世によって皇帝に選ばれ、空位時代が終わりました。

政治構造の変化

帝国の構造を描いたSchedelscheWeltchronikのイラスト:神聖ローマ皇帝が座っています。彼の右側には3人のecclesiasticsがいます。彼の左側には4人の世俗的な選挙人がいます。

13世紀の間に、土地の管理方法の一般的な構造変化により、中世後期を特徴付ける貴族の封建制犠牲にして、政治権力がブルジョアジーの台頭にシフトする準備が整いました都市の台頭と新しい市民階級の出現は、封建制の社会的、法的、経済的秩序を侵食しました。[65]個人的な義務の代わりに、お金はますます農業の経済的価値を表す一般的な手段になりました。[要出典]

農民はますます彼らの家主に敬意を表することを要求されました。 「財産」の概念は、より古い形態の管轄に取って代わり始めましたが、それらはまだ非常に結びついていました。 (帝国のレベルではない)領土では、権力はますます束ねられるようになりました。土地を所有する人は誰でも管轄権を持ち、そこから他の権力が派生しました。しかし、当時のその管轄区域には法律が含まれていませんでした。法律は15世紀に入るまで事実上存在していませんでした。裁判所の慣行は、伝統的な慣習または慣習として説明されている規則に大きく依存していました。

この間、領土は近代国家の前身へと変貌し始めました。このプロセスは、様々な土地間で大きく変動し、古いゲルマン民族の土地とほぼ同一であったものを地域で最も先進的だっ例えば、バイエルン州。帝国の特権によって設立されたそれらの散在する領土では、それはより遅かった。

12世紀、ハンザ同盟は、帝国内および北ヨーロッパと中央ヨーロッパ中の町や都市の商人ギルド商業的かつ防御的な同盟としての地位を確立しました。それはで海洋貿易を支配バルト海北海および接続された航行川に沿って。各加盟都市は、その主権の法制度を保持しており、帝国自由都市を除いて、限られた程度の政治的自治しか持っていませんでした。 14世紀後半までに、強力なリーグは必要に応じて軍事的手段でその利益を強化しました。これは戦争で最高潮に達しまし1361年から1370年までデンマークの主権王国と。リーグは1450年以降衰退した。[g] [66] [67]

中世後期

ホーエンシュタウフェン後の領土の台頭

王を選出するのが困難だったため、最終的には選帝侯の固定大学クルフュルステンが出現しました。その構成と手順は1356年金印勅書記載されており、1806年まで有効でした。皇帝と王国の間の二重性(Kaiser und Reich)、これはもはや同一とは見なされませんでした。ゴールデンブルはまた、神聖ローマ皇帝の選挙制度を定めました。皇帝は現在、7人の選挙人全員の同意ではなく、過半数によって選出されることになっていた。選挙人にとって、その称号は遺伝的になり、彼らはコインを鋳造し、管轄権を行使する権利を与えられました。また、息子たちがドイツ語ラテン語イタリア語チェコなどの帝国言語を学ぶことをお勧めしました[h] [2]

皇帝からの権力のシフトは、ホーエンシュタウフェン後の王たちが権力を維持しようとした方法でも明らかにされています。以前は、帝国の力(および財政)は、帝国自身の土地、いわゆるライヒスグート大きく依存していました。これは、常に当時の王に属し、多くの帝国都市が含まれていました。13世紀以降、ライヒスグートの関連性は薄れましたが、その一部は1806年の帝国の終焉まで残っていました。代わりに、ライヒスグートはますます地元の公爵にポーンされ、時には帝国のために資金を調達しましたが、より頻繁に忠実な義務に報いるか、公爵に対する支配を確立する試みとして。Reichsgutの直接ガバナンス もはや王または公爵のどちらのニーズにも一致しませんでした。

ドイツのルドルフ1世から始まる王たちは、権力を支えるためにそれぞれの王朝の土地にますます依存するようになりました。ほとんどが散在していて管理が難しいライヒスグートとは対照的に、これらの領域は比較的コンパクトであり、したがって制御が容易でした。 1282年、ルドルフ1世はオーストリアとシュタイアーマルクを自分の息子たちに貸しました。 1312年、ルクセンブルク家のヘンリー7世は、フリードリヒ2世以来の最初の神聖ローマ皇帝として戴冠しました。彼の後にすべての王と皇帝は自分の家族(の土地に頼っHausmacht):ルイIVヴィッテルスバッハ(王1314年、皇帝1328年から1347年)は、バイエルン州の彼の土地に依存していました。ヘンリー7世の孫であるルクセンブルグのチャールズ4世は、ボヘミアの自分の土地から力を引き出しました。したがって、国王は自分の土地でもそのような利益から利益を得たので、領土の力を強化することはますます国王自身の利益になりました。

帝国改造

1356年の金印勅書が署名されたときの神聖ローマ帝国

帝国の「憲法」は、15世紀の初めにまだ大部分が不安定なままでした。いくつかの手続きや制度は、たとえば1356年金印勅書によって修正されましたが、王、選挙人、および他の公爵が帝国でどのように協力するかについての規則は、それぞれの王の人格に大きく依存していました。したがって、ルクセンブルグのジギスムント(1410年、皇帝1433–1437)とハプスブルクのフリードリヒ3世(1440年、皇帝1452–1493)が帝国の古い中核地を無視し、ほとんどが自分たちの土地に住んでいたことは、やや損害を与えることがわかりました。王の存在なしで、ホフタグの古い制度、領域の主要な男性の集会は悪化しました。 NS当時、帝国の立法機関としての帝国議会は存在していませんでした。公爵はしばしばお互いに対して確執を行いました–確執は、多くの場合、地元の戦争にエスカレートしました。

同時に、カトリック教会はそれ自身の危機を経験し、帝国に広範囲にわたる影響を及ぼしました。数人の教皇の主張者(2人の対立教皇と「正当な」教皇)の間の対立は、コンスタンツ公会議(1414–1418)のみ終わった1419年以降、パパシーはそのエネルギーの多くをフス派の抑圧に向けました教会と帝国を主要な機関として、すべてのキリスト教徒を単一の政治的実体に統合するという中世の考えは衰退し始めました。

これらの劇的な変化により、15世紀には帝国自体について多くの議論が起こりました。過去の規則はもはや時代の構造を適切に説明しておらず、以前のラント平和令の強化が緊急に必要でした。古い奨学金はこの時期を完全な無秩序とほぼ無秩序の時期として提示しましたが、新しい研究は15世紀のドイツの土地をより前向きな見方で再評価しました。ラント平和令は、国王によって課された問題であるだけでなく(国王が不在の場合は消滅する可能性があります)、地域のリーグや同盟(「協会」とも呼ばれます)によって支持されました。[68]

王子、貴族および/または都市は、紛争を解決するための方法(臨時の裁判所および仲裁)および無法者および確執の宣言者を打ち負かすための共同軍事措置を規定する集団条約を遵守することによって平和を維持するために協力しました。それにもかかわらず、帝国の地所の一部のメンバー(特にマインツの大司教であるベルトルト・フォン・ヘンネベルク)は、(おそらく)帝国の歴史の初期の世紀に存在していたように、平和と正義を規制するためのより中央集権的で制度化されたアプローチを求めました。この間に、ラテン語の動詞re-formareの本来の意味で、失われていた以前の形を取り戻すための「改革」の概念が出現しました

ときフレデリックIIIは、資金調達のために公爵を必要として1486年にハンガリーとの戦いを(後で、同時に彼の息子を持っていたマクシミリアンI)選出された王を、彼は朝廷への参加のための統一公爵からの需要に直面していました。選挙人と他の公爵の集会は、初めて帝国議会(ドイツ国会議事堂と呼ばれるようになりました(後に帝国自由都市が参加する予定です)。フレデリックは拒否したものの、彼の多くの融和の息子はようやく招集1495年にワームで国会を、ここでは1493で彼の父の死の後、王と4つの法案に合意した公爵、一般に呼ばれるReichsreform(インペリアル改革):崩壊する帝国に何らかの構造を与えるための一連の法的行為。

たとえば、この法律により、帝国クライスエステートライヒスカンマーゲリヒト(帝国商工会議所裁判所)誕生しました。これらの機関は、ある程度、1806年の帝国の終焉まで存続します。新しい規制が普遍的になるまでにはさらに数十年かかりました。受け入れ、そして新しい裁判所が効果的に機能し始めること。帝国クライスは1512年に完成しました。国王はまた、彼自身の宮廷であるライヒスカンマーゲリヒトがライヒスカンマーゲリヒトと並行して活動し続けることを確認しましたまた、1512年に、帝国はその新しい称号、HeiligesRömischesReichDeutscherNation(「ドイツ国家の神聖ローマ帝国」)を受け取りました

改革とルネッサンス

16世紀の神聖ローマ帝国
WaldseemüllerよるCartaitineraria europae 、1520年(皇帝カール5世に捧げられた

1516年、将来の神聖ローマ皇帝カール5世の祖父であるアラゴンのフェルナンド2世が亡くなりました。[69](1)アラゴンにおける王朝継承の伝統の組み合わせにより、女性の支配を優先することなく母方の相続を認めた。 (2)チャールズの母親であるカスティーリャのジョアンナの狂気。 (3)残りの祖父、マクシミリアン1世が王室の称号を取得することを主張したチャールズは、母親と協力して、スペイン発展した組合であるカスティーリャとアラゴンで統治を開始しました。これにより、現在のスペインのすべての領域が、1つの初期のスペインの王冠の下で1人の君主によって統一されることが初めて保証されました。

創設地域は、個別のガバナンスコードと法律を保持していました。 1519年、すでにスペインでカルロス1世として君臨していたチャールズは、カール5世として皇帝の称号を獲得しました。これらの別々の相続の間のバランス(および不均衡)は彼の治世の要素を定義し、スペインとドイツの王冠の間の同君連合が短命であることを確実にするでしょう。後者は、チャールズの兄弟フェルディナンドの人でハプスブルク家のよりジュニアの支部に行くことになり、一方、シニア支部はスペインで支配し続け、チャールズの息子であるスペインのフィリップ2世のブルゴーニュ継承を支配しました

スペインとドイツの遺産間の対立に加えて、宗教の対立は、チャールズ5世の治世中の緊張のもう1つの原因となります。神聖ローマ帝国でのチャールズの治世が始まる前の1517年、マルティンルターは後に知られるようになるものを立ち上げました。改革。当時、多くの地元の公爵は、それを皇帝カール5世の覇権に反対するチャンスと見なしていました。 -帝国はその後、致命的な北、東、および主要都市の多くは、宗教的なラインに沿って分割になったストラスブールフランクフルト、そしてニュルンベルクになってきて-プロテスタントの南部と西部地域が大きくままカトリック

バロック時代

現在の州境に重なった1600年頃の神聖ローマ帝国

チャールズ5世は、彼の治世の大部分の間、ドイツでフランスとプロテスタントの王子と戦い続けました。息子のフィリップがイギリスのメアリー女王と結婚した後、フランスはハプスブルク家の領土に完全に囲まれるように見えましたが、結婚によって子供が生まれなかったとき、この希望は根拠がないことがわかりました。 1555年、パウルス4世が教皇に選出され、フランスの側についた。そこで疲れ果てたチャールズはついに世界のキリスト教帝国への希望をあきらめた。彼は退位し、彼の領土をフィリップとオーストリアのフェルディナンドの間で分割しました。アウクスブルクの和議は、ドイツでの戦争を終えたとの存在受け入れられたプロテスタントの形でルターをしながら、カルヴァン主義まだ認識されていませんでした。アナバプテストアルミニウス、その他のマイナーなプロテスタントコミュニティも禁止されていました。

三十年戦争前夜の神聖ローマ帝国の宗教
ヴェストファーレン平和後の帝国、1648年

ドイツは今後60年間は比較的平和を享受するでしょう。東部戦線では、トルコ人は脅威として大きく迫り続けましたが、戦争はプロテスタントの王子とのさらなる妥協を意味するため、皇帝はそれを避けようとしました。西部では、ラインラントはますますフランスの影響下に置かれました。スペインに対するオランダの反乱が勃発した後、帝国は中立のままであり、事実上、1581年にオランダが帝国を離れることを許可し、1648年に分離が認められました。副作用はケルン戦争であり、ライン川上流の大部分を荒廃させました。

フェルディナンドが1564年に亡くなった後、息子のマクシミリアン2世が皇帝になり、父親と同様にプロテスタントの存在とそれとの時折の妥協の必要性を受け入れました。マクシミリアンは1576年にルドルフ2世に引き継がれました。ルドルフ2世キリスト教よりも古典的なギリシャ哲学を好み、ボヘミアで孤立した存在でした。カトリック教会がオーストリアとハンガリーの支配を強制的に再主張したとき、彼は行動することを恐れるようになり、プロテスタントの王子たちはこれに腹を立てました。

1612年のルドルフの死の時までに帝国の権力は急激に悪化した。ボヘミアンが皇帝に反抗したとき、即座の結果は三十年戦争(1618–48)として知られる一連の紛争であり、それは帝国を荒廃させた。フランスやスウェーデンを含む外国の勢力は、紛争に介入し、帝国の勢力と戦う人々を強化しましたが、彼ら自身のためにかなりの領土を占領しました。長い紛争は帝国を出血させたので、帝国はその力を回復することはありませんでした。

帝国の実際の終わりはいくつかのステップで来ました。ヴェストファーレンの平和三十年戦争を終えた1648年では、地域にほぼ完全に独立性を与えました。カルヴァン主義は現在許可されていましたが、アナバプテストアルミニウス、その他のプロテスタントのコミュニティは依然として支援を欠いており、帝国の終焉まで迫害され続けていました。スイス連邦すでに1499年に準独立性を確立していた、だけでなく、北部オランダは、帝国を残しました。ハプスブルク皇帝はオーストリアと他の場所で、自分の財産を統合に焦点を当てました。

第二次ウィーン包囲(1683年)では、ポーランド王ヤン3世ソビエスキーが率いる神聖ローマ帝国の軍隊が、トルコの大軍を決定的に打ち負かし、オスマン帝国西部の前進を阻止し、最終的にはヨーロッパでオスマン帝国を解体しました。 。軍隊はポーランド・リトアニア連邦の3分の1の部隊であり、神聖ローマ帝国の3分の2の部隊でした。

現代

プロイセンとオーストリア

ルイ14世の台頭までに、ハプスブルク家は主に、帝国内に領土を所有していたプロイセンの台頭に対抗するために、彼らの遺伝的土地に依存していました18世紀を通じて、ハプスブルクはスペイン継承戦争(1701–1714)、ポーランド継承戦争(1733–1735)、オーストリア継承戦争(1740– 1748)。オーストリアプロイセンのドイツの二元論、1740年以降の帝国の歴史を支配しました。

フランス革命戦争と最終解散

フランス革命前夜の帝国、1789年

1792年以降、革命的なフランスは断続的に帝国のさまざまな部分と戦争をしていました。

ドイツmediatizationは、一連のだったmediatizationssecularizationsの時代の後半に、1795年と1814年の間に発生したフランス革命とその後、ナポレオンの時代。 「メディア化」は、ある帝国の土地を別の帝国の土地併合するプロセスであり、しばしば併合されたいくつかの権利を残しました。たとえば、帝国騎士団の領地は1806年に正式に仲介され、1803年にいわゆるリッターシュトゥルムで事実上偉大な領邦に押収さました。。 「世俗化」とは、司教修道院長などの教会統治者の一時的な権力の廃止と、世俗化された領土の世俗化された領土への併合でした。

帝国は最後の神聖ローマ皇帝1806年8月6日、上で溶解したフランシスII(1804年から、オーストリアの皇帝フランツI)は下のフランス人によって軍事的敗北以下、退位ナポレオンアウステルリッツ(参照プレスブルク条約を)。ナポレオンはに帝国の多くを再編成ライン同盟フランスの衛星。フランシスハプスブルク・ロレーヌ家はとして君臨し続け、帝国の終焉を生き延びたオーストリアの皇帝ハンガリーの王で1918年にハプスブルク帝国の最後の解散まで、第一次世界大戦の余波

ナポレオン戦争の終結後、1815年にライン同盟のナポレオン連合が新しい組合であるドイツ連邦取って代わられました。それは1866年にプロイセンが北ドイツ連邦を設立するまで続きました。北ドイツ連邦ドイツ帝国の前身であり、1871年にプロイセンの指導の下でオーストリアとスイス以外のドイツ語圏を統一しました。この州は近代ドイツに発展しまし

今日まで、君主としての地位を保ってきた神聖ローマ帝国の唯一の王侯加盟国は、大公国ありルクセンブルクリヒテンシュタイン公国ドイツ国内の州としてまだ存在している唯一の帝国自由都市は、ハンブルクブレーメンです。神聖ローマ帝国の他のすべての歴史的な加盟国は解散したか、共和党の政府システムを採用しました。

機関

神聖ローマ帝国は中央集権国家で国民国家でもありませんでした。代わりに、それは[i] 公爵伯爵司教大修道院長、および総称して王子として知られる他の支配者によって統治される数十、最終的には数百の個々の実体に分割されまし。天皇が直接統治した地域もありました。天皇が単に法令を発行し、帝国を自律的に統治することは決してできませんでした。彼の権力は、さまざまな地元の指導者によって厳しく制限されていました。

中世盛期以降、神聖ローマ帝国を取るのに苦労した地元地域の諸侯と不安共存によって示されたパワーを離れてから。フランスイギリスなどの他の中世の王国よりもはるかに、皇帝は彼らが正式に所有していた土地をあまり支配することができませんでした。代わりに、証言録取の脅威から自分の立場を確保するために、皇帝は貴族と司教の両方の地元の支配者にますます多くの自治権を与えることを余儀なくされました。このプロセスは11世紀に叙任論争で始まり、1648年のヴェストファーレン条約で多かれ少なかれ終了しました。何人かの皇帝は彼らの権威のこの着実な希薄化を逆転させようとしましたが、教皇庁と帝国の王子の両方によって妨害されました

帝国団地

帝国議会に代表される領土の数はかなり多く、ヴェストファーレン条約の時点で約300に上りましたこれらのKleinstaaten(「小さな州」)の多くは、数平方マイル以下をカバーし、および/またはいくつかの非隣接部分を含んでいたため、帝国はしばしばFlickenteppich(「パッチワークカーペット」)と呼ばれていましたエンティティが考えられたReichsstand(帝国エステート)であれば、によると封建法、それは神聖ローマ皇帝自身を除いて、それ以上何の権限がありませんでした。帝国の地所は次のとおりです。

  • 王子、大公、公爵、伯爵などの遺伝性の貴族が統治する領土。
  • 大司教、司教、または修道院長などの教会の高官によって世俗的な権威が保持されていた地域。そのような教会論者または教会論者は教会の王子でした司教の一般的なケースでは、この一時的な領域(司教領と呼ばれる)はしばしば彼のしばしばより大きな教会の教区と重なり、司教に民事と教会の両方の力を与えました。例としては、ケルントリーアマインツの王子大司教があります。
  • 皇帝の管轄下にあった帝国自由都市帝国村
  • 帝国騎士団帝国伯爵の散在する地所は、すぐに皇帝の支配下にありますが、帝国議会では代表されていません。

合計1,500の帝国の地所が計算されました。[70] 1792年Reichsständeのリストについては、帝国議会の参加者リスト(1792)を参照してください

後の帝国の最も強力な領主はオーストリアのハプスブルクであり、17世紀前半に帝国内の240,000 km 2(93,000平方マイル)の土地を支配しました。主に現代のオーストリアとチェコでした。同時に、ザクセン、バイエルン、ブランデンブルクの選挙人が支配していた土地(プロイセンの買収前)はすべて40,000 km 2(15,000平方マイル)近くでした。ブランズウィック-リューネブルク公爵(ハノーバーの後の選帝侯)は、同じサイズの周りに領土を持っていました。これらはドイツの領域の中で最大のものでした。プファルツ選帝侯20,000キロ大幅に少ないだった2(7700平方マイル)、およびマインツ、ケルンの教会の有権者、そしてトリアーは約7000キロで、非常に小さかった2(2,700平方マイル)。それらよりもわずかに大きく、およそ7,000〜10,000 km 2(2,700〜3,900平方マイル)で、ヴュルテンベルク公爵夫人、ヘッセンカッセル大地、メクレンブルクシュヴェリーン公爵夫人でした。それらはザルツブルクとミュンスターの王子司教区によって大まかにサイズが一致していました。他の王子司教区を含む他のドイツ領土の大部分は5,000km 2(1,900平方マイル)未満であり、最小のものは帝国騎士の領土でした。 1790年頃、騎士団は350家族で構成され、合計で5,000 km 2(1,900平方マイル)しか支配していませんでした。[71]イタリア帝国はより中央集権化されており、そのほとんどはc。1600年はサヴォイ(サヴォイ、ピエモンテ、ニース、アオスタ)、トスカーナ大公国(トスカーナ、バールッカ)、ジェノヴァ共和国(リグーリア、コリスカ)、モデナレッジョ公国、パルマピアチェンツァ公国(エミリア)に分割されました。 、およびミラノのスペイン公国(ロンバルディアの大部分)。それぞれ50万人から150万人の人々がいます。[72]低国は完全に支配下にある、また、ドイツよりコヒーレントであったスペイン語、オランダの一部としてブルゴーニュサークル少なくとも名目上、。

三十年戦争後の帝国の領土シェア[73] [j]
ルーラー 1648年 1714年 1748年 1792年
オーストリアのハプスブルク家 225,390 km 2(32.8%) 251,185 km 2(36.5%) 213,785 km 2(31.1%) 215,875 km 2(31.4%)
Brandenburg Hohenzollerns 70,469 km 2(10.2%) 77,702 km 2(11.3%) 124,122 km 2(18.1%) 131,822 km 2(19.2%)
他の世俗的な選帝侯[k] 89,333 km 2(13.1%) 122,823 km 2(17.9%) 123,153 km 2(17.9%) 121,988 km 2 (17.7%)
他のドイツの支配者 302,146 km 2(44.0%) 235,628 km 2(34.3%) 226,278 km 2(32.9%) 217,653 km 2(31.7%)
合計 687,338 687,338 687,338 687,338

ローマ王

将来の皇帝は最初にローマ王に選出されなければなりませんでした(ラテン語:Rex Romanorum ;ドイツ語:römischerKönig)。ドイツの王は9世紀から選出されていました。その時点で、彼らは最も重要な5つの種族(の指導者が選ばれたサリ族ロレーヌRipuarianフランクスフランコニアサクソン人バイエルン、およびスエビ族)。神聖ローマ帝国では、王国の主要な公爵と司教がローマ王を選出しました。

1356年には、皇帝チャールズIVは発行され、ゴールデン・ブル限られ、有権者を:7にボヘミア王ライン川のカウントプファルツザクセン公ブランデンブルク辺境伯の、との大司教ケルンマインツ、およびトリアーを。中に三十年戦争バイエルンの公爵は、第八選挙のように投票する権利、および与えられたブランズウィック-リューネブルク公爵を(口語的には、ハノーバー)は9番目の有権者を与えられました。さらに、ナポレオン戦争の結果、いくつかの選挙人が再割り当てされましたが、これらの新しい選挙人は帝国が解散する前に投票することはありませんでした。選挙の候補者は、選挙人の投票を確保するために、選挙人に土地またはお金の譲歩を提供することが期待されます。

選出された後、ローマ王は理論的には教皇によって戴冠された後にのみ「皇帝」の称号を主張することができました。多くの場合、王が他の任務に追われている間、これには数年かかりました。しばしば、彼は最初に反抗的な北イタリアでの紛争を解決しなければならなかったか、教皇自身と喧嘩していました。その後、皇帝は教皇戴冠式を完全に廃止し、スタイリングの皇帝エレクトに満足しました。教皇によって戴冠された最後の皇帝は、1530年チャールズ5世でした。

天皇は男性で高貴な血でなければなりませんでした。彼がカトリックであることを要求する法律はありませんでしたが、選挙人の大多数がこの信仰を固守したため、プロテスタントは選出されませんでした。彼がドイツ人でなければならないかどうか、そしてどの程度まで、選挙人、憲法の現代の専門家、そして一般市民の間で争われた。中世の間、一部の王と皇帝はドイツ出身ではありませんでしたが、ルネサンス以来、ドイツの遺産は、帝国の職に就く資格を得るために候補者にとって不可欠であると見なされていました。[74]

帝国議会(ライヒスタッグ

帝国議会(Reichstag、またはReichsversammlung)は、そのメンバーが決定するよりも交渉することがより重要である中央フォーラムのようなものであると想定したため、今日理解されているような立法機関ではありませんでした。[75]国会は、理論的には皇帝自身よりも優れていた。それは3つのクラスに分けられました。最初のクラスである選挙人評議会は、選挙人、またはローマ王に投票できる王子で構成されていました。 2番目のクラス、王子評議会、他の王子で構成されていました。王子評議会は2つの「ベンチ」に分けられました。1つは世俗的な支配者のためのもので、もう1つは教会の支配者のためのものです。上位の王子は個別に投票し、下位の王子は地理的に「大学」にグループ化されました。各大学は1票を投じました。

3番目のクラスは帝国都市評議会で、スワビアラインの2つの大学に分かれていました帝国都市評議会は他の評議会と完全に同等ではありませんでした。新しい領土の承認など、いくつかの問題に投票することはできませんでした。国会での自由都市の代表は、中世後期から一般的になりました。それにもかかわらず、彼らの参加を正式にのみなど下旬1648として認められたヴェストファーレンの平和終わる三十年戦争を

帝国裁判所

:帝国は、2つの裁判所だったReichshofrat(としても英語で知られているAulic協議会)キング/皇帝の宮廷で、そしてReichskammergerichtで確立、(インペリアル・商工コート)インペリアル改革マクシミリアンI.ザ・Reichskammergerichtによって1495年の帝国顧問官は、旧帝国で最も高い2つの司法機関でした。帝国商工会議所の裁判所の構成は、神聖ローマ皇帝と帝国の対象国の両方によって決定されました。この法廷の中で、天皇は首席判事、常に高貴な貴族、数人の部門長裁判官、および他の何人かの裁判官を任命しました。[76]

帝国顧問官は、帝国顧問官の法廷との同意と独占的に、国家の多くの司法紛争を支持しました。州の帝国商工会議所裁判所は、公の平和の侵害、恣意的な差し押さえまたは投獄の事件、国庫に関係する嘆願、天皇の法令または帝国議会によって可決された法律の違反、帝国の直接の入居者間の財産に関する紛争またはさまざまな統治者の主題であり、最終的には帝国の直接の入居者に対して訴訟を起こします。ただし、刑事告発と帝国顧問に渡された帝国議会に関連する問題は例外です

帝国クライス

1512年に円に分割されたことを示す帝国の地図

帝国改造の一環として、1500年に6つの帝国クライスが設立されました。 1512年には、さらに4つが設立されました。これらは、防衛、帝国課税、造幣の監督、平和維持機能、および公安を目的とした、帝国のさまざまな州のほとんど(すべてではありません)の地域グループでした。各サークルには、Kreistag( "Circle Diet")と呼ばれる独自の議会と、サークルの業務を調整する1人以上の取締役がいました。 1512年以降でも、すべての帝国領土が帝国クライスに含まれているわけではありません。ボヘミア王冠土地は除外され、スイス、イタリア北部の帝国領地、帝国騎士の土地も除外されました。、およびイェファー領主のような特定の他の小さな領域

陸軍

神聖ローマ帝国軍隊(ドイツのReichsarmeeReichsheerまたはReichsarmatur ;ラテン語のexercitus imperii)は1422年に創設され、ナポレオン戦争の結果として帝国の前でさえ終わりました。天皇帝国軍カイザーリッヒ軍と混同してはいけません

反対の見た目にもかかわらず、神聖ローマ帝国軍は、常に帝国のために戦う準備ができていた常備軍構成していませんでした危険があったとき、帝国の軍事作戦またはReichsheerfahrtを実施するために、帝国の軍隊はそれを構成する要素の中から召集された[77]実際には、帝国軍はしばしば天皇への忠誠よりも強い地元の忠誠を持っていました。

行政の中心

その歴史の前半を通して、神聖ローマ帝国は旅行裁判所によって統治されていましたキングスと多数の間で見学皇帝Kaiserpfalzes(帝国宮殿)は、通常、数週間または数ヶ月、家具現地の法的事項、法令及び投与のための居住します。ほとんどの統治者は、1つまたは複数のお気に入りの皇居の場所を維持し、そこで開発を進め、ほとんどの時間を費やしました。シャルルマーニュ(794年のアーヘン)、フレデリック2世(パレルモ1220–1254)、ヴィッテルスバッハー(ミュンヘン1328–1347および1744– 1745)、ハプスブルク家(プラハ1355–1437および1576–1611;およびウィーン1438–1576、1611–1740および1745–1806)。[10] [78][1]

皇帝としてのこのような行為は、最終的には、14世紀中に終了ハプスブルク王朝が選んだウィーンプラハヴィッテルスバッハ家の支配者が選んだミュンヘンを自分の恒久住宅として。ただし、これらのサイトは、特定のソブリンの個人の住居としてのみ機能しました。都市の数は公式の地位、保有インペリアル団地がで召喚うインペリアルダイエット本会議帝国のを。[79] [49]

帝国議会国会に様々居住)パーダーボルンノルトラインヴェストファーレン州にインゲルハイム・アム・ラインDiedenhofen(今チオンヴィル)、アーヘンワームForchheimのトレーブールフリッツラーラヴェンナクヴェトリンブルクドルトムントヴェローナミンデンマインツフランクフルト・アム・マイン午前メルセブルクゴスラーヴュルツブルクバンベルクシュヴェービッシュ・ハルアウグスブルクニュルンベルクQuierzy・シュル・オワーズシュパイヤーゲルンハウゼンエアフルトエゲル(今ヘプ)、エスリンゲンリンダウフライブルクケルンコンスタンツトリアーそれに恒久的に移動される前レーゲンスブルク[80]

15世紀まで、選出された皇帝はラヴェンナボローニャランスのいくつかの例外を除いて、ローマの教皇によって戴冠、油そそがれました1508年(マクシミリアン1世皇帝)以来、フランクフルト・アム・マイン、アウグスブルクレンスケルンレーゲンスブルク神聖ローマ皇帝選挙が行われまし[81] [82]

1497年12月ウィーンに帝国顧問官Reichshofrat)が設立されまし[83]

1495年にライヒスカンマーゲリヒトが設立され、ワームズアウグスブルクニュルンベルクレーゲンスブルクシュパイアーエスリンゲンさまざまな場所に居住し、その後恒久的にウェッツラーに移されました[84]

外交

ハプスブルク王家は、その利益を代表する独自の外交官を持っていました。1648年頃に始まった神聖ローマ帝国のより大きな公国も同じことをしました。HREには独自の外務省がなかったため、帝国議会はこれらの外交官を管理できませんでした。時折国会は彼らを批判した。[85]

レーゲンスブルクが国会の開催地として機能したとき、フランス、そして1700年代後半、ロシアには外交代表がいました。[85]デンマーク、イギリス、スウェーデンはドイツに土地を所有していたため、国会自体に代表を置いていた。[86]オランダはレーゲンスブルクにも使節を置いていた。レーゲンスブルクは、国会の代表者に連絡をとることができる場所であったため、使節が出会った場所でした。[87]

人口統計

人口

神聖ローマ帝国の全体的な人口は非常にあいまいで、大きく異なります。シャルルマーニュ帝国には2000万人もの人々がいた可能性があります。[88]後の帝国の政治的断片化を考えると、そのような数字をまとめることができる中央機関はありませんでした。それにもかかわらず、三十年戦争の人口災害は、17世紀初頭の帝国の人口が18世紀初頭の人口と同様であったことを意味したと考えられています。ある推定によれば、帝国は1750年まで人口の1618レベルを超えなかった。[89]

17世紀初頭、選挙人団は彼らの支配下で次の数の帝国の主題を保持しました:[90]

  • ハプスブルク帝国:535万人(ボヘミア王冠領地の300万人を含む)[91] [完全な引用が必要]
  • ザクセン選帝侯:1,200,000
  • バイエルン公国(後のバイエルン選帝侯):800,000
  • プファルツ選帝侯:600,000
  • ブランデンブルク辺境領:350,000
  • マインツ、トリーア、ケルンの選挙人:合計300〜400,000人[92]

選挙人ではありませんが、スペインのハプスブルク家は、オーストリアのハプスブルク家に次いで帝国内で2番目に多くの主題を持ち、17世紀初頭にはブルゴーニュサークルとミラノ公国で300万人を超えました[l] [m]

ピーターウィルソンは1700年に帝国の人口を2500万人と推定し、そのうち500万人はイタリア帝国に住んでいました。1800年までに、彼は帝国の人口を2,900万人(イタリアを除く)と推定し、さらに1,260万人が帝国外のオーストリア人とプロイセン人によって所有されています。[3]

18世紀の最初の10年間のオーストリア戦争アーカイブの過度に現代的な見積もりによると、ボヘミアとスペイン領ネーデルラントを含む帝国の人口は2,800万人近くで、内訳は次のとおりです。[93]

  • 総面積の14%、人口の12%を占める65の教会の州。
  • 土地の80%と人口の80%を占める45の王朝公国。
  • 土地の3%と人口の3.5%を占める60の王朝の郡と領主。
  • 土地の1パーセントと人口の3.5パーセントを持つ60の帝国の町。
  • 帝国騎士の領土は数百にのぼり、土地の2%、人口の1%を占めています。

ドイツの人口統計学の歴史家は、伝統的に、1871年または1914年のドイツのフロンティア内の推定人口に基づいて神聖ローマ帝国の人口の推定に取り組んできました。最近の推定では、時代遅れの基準は使用されていませんが、推測に基づいています。 1870年のドイツのフロンティアに基づくある推定では、人口は1600年頃に約1500万から1700万人でしたが、1650年頃には1000万から1300万人に減少しました(三十年戦争後)。近世帝国の人口の推定に取り組んでいる他の歴史家は、人口が1650年までに2000万人から約1600万から1700万人に減少したことを示唆している。[94]

1800年の信頼できる見積もりでは、帝国の2700万から2800万人の住民(この時点で、イタリアの残りのネーデルラントと1797年のカンポフォルニオ条約でラインの左岸をすでに失っています)の全体的な内訳は次のとおりです。 :[95]

  • 900万人のオーストリア人(シレジア、ボヘミア、モラビアを含む)。
  • 400万人のプロイセンの被験者。
  • 残りの帝国の人口は1400万から1500万人。

正式には帝国の一部であったイタリアの州についても、数多くの見積もりがあります。

人口別のイタリア帝国の州、17世紀初頭[72]
人口
ミラノ公国(スペイン語) 1,350,000
ピエモンテ-サボイ 1,200,000 [n]
ジェノヴァ共和国 650,000
トスカーナ大公国 649,000
パルマ公国-ピアチェンツァ 250,000
モデナレッジョ公爵夫人 250,000
ゲルツ伯家とグラディスカ郡(オーストリア) 130,000 [96] [完全な引用が必要]
ルッカ共和国 110,000
合計 NS。4,600,000
18世紀後半の人口別のイタリア帝国の州[97]
人口
ピエモンテ-サボイ 2,400,000 [o]
ミラノ公国(オーストリア) 1,100,000 [p]
トスカーナ大公国 1,000,000
ジェノヴァ共和国 500,000
パルマ公国-ピアチェンツァ 500,000
モデナレッジョ公爵夫人 350,000
ルッカ共和国 100,000
合計 NS。6,000,000

最大の都市

年ごとの帝国の最大の都市または町:

宗教

アウグスブルク平和の表紙。神聖ローマ帝国のドイツ語圏の2つの共存する宗教的自白(ローマカトリックルーテル主義の法的根拠を築きました。

カトリックは1555年まで帝国の単一の国教を構成していました。神聖ローマ皇帝は常にカトリックでした。

ルターは、正式に認められたアウクスブルクの平和1555年の、およびカルビンファーレンの平和これら二つのみ公認構成1648のプロテスタントのような種々の他のプロテスタントの自白しながら、宗派をAnabaptismアルミニウス主義など、帝国内不正共存しました。アナバプテストは、メノナイトシュヴァルツェナウ兄弟フッター派アーミッシュ、および他の複数のグループを含むさまざまな宗派でやって来ました

アウグスブルクの平和に続いて、領土の公式の宗教は、支配者の宗教が彼の主題のそれを決定したという原則のcuius regio、eiusreligioによって決定されました。ヴェストファーレン条約は、領土の公式の宗教は「通常の年」と見なされていた1624年1月1日の宗教であると規定することにより、その原則を廃止しました。今後、統治者の別の信仰への改宗は、彼の主題の改宗を伴わなかった。[105]

さらに、カトリックの支配者のすべてのプロテスタントの主題、およびその逆は、彼らがその日に享受していた権利が保証されていました。領土の国教の信者は公の崇拝の権利を享受していましたが、他の信者は私的な崇拝の権利を認められていました(尖塔や鐘のない礼拝堂で)。理論的には、宗教を理由に、商業、貿易、工芸、または公共の埋葬に対して差別されたり、排除されたりすることはありませんでした。初めて、帝国のキリスト教教会間の分裂の永続的な性質が多かれ少なかれ想定されました。[105]

ユダヤ人の少数派は、神聖ローマ帝国に存在していました。[要出典]

も参照してください

参考文献

注意事項

  1. ^ a b c 一部の歴史家は、神聖ローマ帝国の始まりを800と呼び、フランク王国の王 シャルルマーニュの戴冠は最初の神聖ローマ皇帝と見なされています。他の人は、962年オットー1世戴冠式として始まりを参照します。
  2. ^ 1663年以降、「永遠の食事」の議席であったレーゲンスブルクは、フランス、イギリス、オランダ、ロシア、スウェーデン、デンマークなど、帝国に出資するいくつかのヨーロッパの大国から、帝国の非公式の首都と見なされるようになりました。帝国で唯一、主要および中規模のドイツのすべての州の代表者が集まり、ロビー活動などのために連絡を取ることができたので、そこに多かれ少なかれ常任の使節を置いた。ハプスブルク皇帝自身も同じようにレーゲンスブルクを使用した。 ( Härter2011、pp。122–123、132)
  3. ^ ドイツ語低ドイツ語イタリア語チェコ語ポーランド語オランダ語フランス語フリジア語ロマンシュ語スロベニア語ソルビア語イディッシュ語、その他の言語。よると、 1356年のゴールデン・ブルの息子王子-選挙人は、の言語を学習することを推奨したドイツラテン語イタリア語チェコ語を [2]
  4. ^ ドイツの「ローマ」帝国:封建制のため、皇帝が支配する領域を定義することは困難であり、測定することははるかに困難です。これは、約1.0mmで、1050年の周りにピークに推定されている2 Taagepera 1997 p。494
  5. ^ シャルルマーニュと彼の後継者は称号の皇帝のバリエーションを引き受けましたが、983年のオットー2世までローマ皇帝と呼ばれることはありませんでした「帝国の性質」ブリタニカ百科事典オンライン取得した15年2月2014
  6. ^ 「ルールの移転」
  7. ^ 1229年の商人への特権の付与の翻訳:「中世のソースブック:ノヴゴロドでドイツの商人に付与された特権、1229」Fordham.edu 2020年4月13日取得
  8. ^ Quapropter statuimus、ut illustrium principum、puta regis Boemie、comitis palatini Reni、ducis Saxonie et marchionis Brandemburgensislectorum filii vel heredes et successores、cum verisimiliter Theutonicum ydioma sibi naturaliter inditum scire presumantur et 、Italica ac Sclavica lingwis instruantur、ita quod infra quartum decimum etatis annum present in talibus iuxta datam sibi a Deo graciameruditi Zeumer 1908
  9. ^ 帝国の領土の「王」と名乗ることを許可された唯一の王子は、ボヘミア王でした(1556年以降、通常は皇帝自身)。他の何人かの王子は彼らが帝国の外で支配した王国のおかげで王でした
  10. ^ 与えられた地域を見ると、ウィルソンの数字には、ドイツ語とチェコ語を話す帝国の部分のみが含まれているため、フランス語(オーストリア領ネーデルラントフランシュコンテなど)とイタリア語(トスカーナピエモンテサボイなど)の部分は除外されています。これは、選挙人と、「他のドイツの支配者」の領土は、帝国の規定の合計につながりますどのように、とライヒの面積が与えられた687338キロから変更されませんどのように明らかである2 1648年からに(265383平方マイル)の合計1792年、ブルゴーニュサークルの多くのフランス領がこの時期に失われたにもかかわらず。この数字には、ホーエンツォレルンのプロイセン領土など、帝国の外にある土地(ドイツの土地を含む)も含まれていません。
  11. ^ 1648年:ザクセン、バイエルン、およびプファルツ選帝侯。後日:ザクセン、バイエルン、プファルツ選帝侯、ハノーバー。
  12. ^ ミラノ公国に与えられた135万人の人口。スミス1920、19ページ)
  13. ^ 現代のベルギーとオランダの国境内の地域にそれぞれ160万人と150万人の人口が与えられ、約1600人。ブルゴーニュサークルでのスペインの保有物には、フランシュコンテ、ルクセンブルグ、およびその他の小さな領土も含まれていました。アバコフ2015
  14. ^ スミスは、「イタリアのサヴォイ」について800,000の数字を示していますが、それがサヴォイア伯国全体を指しているのか、ピエモンテとアオスタ渓谷のイタリア領を指しているのか(したがって、サヴォイ本土とニース領を除く)については明確にされていません。)。しかし、 Hanlon 2014、p。87は、17世紀初頭のピエモンテの人口を70万人、サボイの人口を40万人としていますが、アオスタやニースの数は示されていません。スミスによる「イタリアのサボイ」の使用は、実際にはピエモンテとアオスタのみを指していることを示しています。
  15. ^ 帝国の一部ではなかったサルデーニャ島の50万人の住民を除く。
  16. ^ 出典では「オーストリアのロンバルディア」と呼ばれています。かつての公国の大部分は、18世紀初頭にヴェネツィア共和国によって併合されていました。

引用

  1. ^ B 「あなたは首都一度知っていたことはありません七ドイツの都市」ローカル2016年8月18日。2019年6月20日のオリジナルからアーカイブ2019年6月20日取得
  2. ^ B Žůrek2014
  3. ^ a b c Wilson 2016、p。496。
  4. ^ 「神聖ローマ帝国」ブリタニカ百科事典オンライン取得した15年2月2014
  5. ^ ブライス1899年、p。183。
  6. ^ a b c Whaley 2012a、17〜21ページ。
  7. ^ a b Johnson 1996、p。23。
  8. ^ 「14世紀と15世紀のイタリア」ブリタニカ百科事典オンライン2020年12月18日取得
  9. ^ Breverton 2014、p。104。
  10. ^ a b Cantor 1993、pp.212–215。
  11. ^ a b ガスコイン、バンバー。「神聖ローマ帝国の歴史」HistoryWorld
  12. ^ Davies 1996、pp。316–317。
  13. ^ a b ブライス1899年、2–3ページ。
  14. ^ Heer 1967、pp。1–8。
  15. ^ Davies 1996、pp。317、1246。
  16. ^ Kleinhenz 2004、p。810。
  17. ^ ガリプザノフ2008
  18. ^ 「神聖ローマ帝国」Heraldica.org
  19. ^ a b Wilson 1999、p。2.2。
  20. ^ a b Whaley 2011、p。17
  21. ^ Moraw 1999、col。2025〜 2028年。
  22. ^ Whaley 2011、pp。19–20
  23. ^ Schulze 1998、pp。52–55。
  24. ^ Wilson 2006、p。719。
  25. ^ ヴォルテール1773、p。338。
  26. ^ Jorio&Braun2016
  27. ^ Lauryssens 1999、p。102。
  28. ^ Innes 2000、pp。167–170。
  29. ^ ブライス(1913)、p。35。
  30. ^ Davies 1996、pp。232、234。
  31. ^ ブライス(1913)、pp。35–36、38。
  32. ^ McKitterick 2018、pp。48–50。
  33. ^ 「フランス:歴史、地図、旗、首都、および事実」ブリタニカ百科事典オンライン
  34. ^ ブライス(1913)、38〜42ページ。
  35. ^ Johnson 1996、p。22。
  36. ^ Kohn 2006、pp。113–114。
  37. ^ Duffy 1997、pp。62–63。
  38. ^ a b ブライス、44、50〜52ページ
  39. ^ a b McKitterick 2018、p。70。
  40. ^ a b コリンズ2014、p。131。
  41. ^ テイラー&ハンセン-テイラー1894、p。117。
  42. ^ テイラー&ハンセン-テイラー1894、p。118。
  43. ^ テイラー&ハンセン-テイラー1894、p。121。
  44. ^ Hoyt&Chodorow 1976、p。197。
  45. ^ Magill 1998、p。706。
  46. ^ Cantor 1993、pp.212–213。
  47. ^ Cantor 1993、pp。214–15。
  48. ^ a b Magill 1998, p. 707.
  49. ^ a b Brockmann 2006, p. 15.
  50. ^ Magill 1998, p. 708.
  51. ^ McBrien 2000, p. 138.
  52. ^ Sladen 1914.
  53. ^ Cantor 1993, pp. 215–17.
  54. ^ a b Barraclough 1984, pp. 101–134.
  55. ^ a b Barraclough 1984, p. 109.
  56. ^ Barraclough 1984, pp. 122–124.
  57. ^ Barraclough 1984, p. 123.
  58. ^ Barraclough 1984, pp. 123–134.
  59. ^ Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Silesia" . Encyclopædia Britannica. 25 (11th ed.). Cambridge University Press.
  60. ^ Herrmann 1970, p. 530.
  61. ^ Haffner 2019, pp. 6–10.
  62. ^ Smail & Gibson 2009.
  63. ^ Arnold 1995, p. 398.
  64. ^ Hunyadi & Laszlovszky 2001, p. 129.
  65. ^ Rothstein 1995, pp. 9-.
  66. ^ Szepesi 2015.
  67. ^ Rothbard 2009.
  68. ^ Hardy 2018.
  69. ^ Mullett 2010, p. 81.
  70. ^ Gumpelzhaimer 1796.
  71. ^ Whaley 2012b, p. 188.
  72. ^ a b Smith 1920, p. 19.
  73. ^ Wilson 2004, p. 307.
  74. ^ Hirschi 2005, pp. 393–399.
  75. ^ Malettke 2001, p. 22.
  76. ^ "Society for Imperial Chamber Court Research, Wetzlar". Museum and Research Center for the Imperial Chamber Court (Reichskammergericht). Retrieved 7 September 2021.
  77. ^ Corvisier & Childs 1994, p. 306.
  78. ^ Ehlers et al. 2016, pp. 31-.
  79. ^ Gagliardo 1980, pp. 22–23.
  80. ^ Schindling 1986, p. 64.
  81. ^ Erbe 2000, pp. 19–30.
  82. ^ Angermeier 1984.
  83. ^ Hochedlinger, Mata & Winkelbauer 2019.
  84. ^ Barker 1911, p. 341.
  85. ^ a b Wilson 1999, p. 70.
  86. ^ Wilson 1999, p. 69.
  87. ^ Härter 2011, pp. 122–123, 132.
  88. ^ Fried 2016, p. 56.
  89. ^ Parker 2008, p. 1058.
  90. ^ Wilson 2009, pp. 18–23.
  91. ^ Wilson, p. 788
  92. ^ Wilson 2009, p. 17.
  93. ^ Benecke 1974, p. 162.
  94. ^ Whaley 2012a, p. 633.
  95. ^ Whaley 2012b, p. 351.
  96. ^ Wilson, p. 788
  97. ^ de Las Cases 1824, p. 197.
  98. ^ Puga, Diego; Trefler, Daniel, "International trade and institutional change: A death in Venice" (PDF), Venice Seminar MIT, archived from the original (PDF) on 3 September 2015
  99. ^ Tellier 2009, p. 290.
  100. ^ Claus 1997.
  101. ^ Kurian 2010, p. 587.
  102. ^ Legauy 1995, p. 104.
  103. ^ a b Flood 2011, p. 118.
  104. ^ Cipolla 1981.
  105. ^ a b Whaley 2012a, pp. 624–625.

Sources


Further reading

  • Arnold, Benjamin, Princes and Territories in Medieval Germany. (Cambridge University Press, 1991)
  • Bryce, James (1864). The Holy Roman Empire. Macmillan. very old scholarly survey
  • Coy, Jason Philip et al. The Holy Roman Empire, Reconsidered, (Berghahn Books, 2010)
  • Donaldson, George. Germany: A Complete History (Gotham Books, New York, 1985)
  • Evans, R.J.W., and Peter H. Wilson, eds. The Holy Roman Empire 1495–1806 (2011); specialized topical essays by scholars
  • Hahn, Hans Joachim. German thought and culture: From the Holy Roman Empire to the present day (Manchester UP, 1995).
  • Renna, Thomas (2015). "The Holy Roman Empire was Neither Holy, Nor Roman, Nor an Empire". Michigan Academician. 42 (1): 60–75. doi:10.7245/0026-2005-42.1.60. ISSN 0026-2005. deals with Voltaire's statement
  • Scribner, Bob. Germany: A New Social and Economic History, Vol. 1: 1450–1630 (1995)
  • Treasure, Geoffrey. The Making of Modern Europe, 1648–1780 (3rd ed. 2003). pp. 374–426.
  • Voltaire; Balechou, Jean-Joseph (1756). Essay sur l'histoire générale, et sur les moeurs et l'esprit des nations, depuis Charlemagne jusqu'à nos jours. Cramer.
  • Zophy, Jonathan W., ed. The Holy Roman Empire: A Dictionary Handbook (Greenwood Press, 1980)

In German

  • Heinz Angermeier. Das Alte Reich in der deutschen Geschichte. Studien über Kontinuitäten und Zäsuren, München 1991
  • Karl Otmar Freiherr von Aretin. Das Alte Reich 1648–1806. 4 vols. Stuttgart, 1993–2000
  • Peter Claus Hartmann. Kulturgeschichte des Heiligen Römischen Reiches 1648 bis 1806. Wien, 2001
  • Georg Schmidt. Geschichte des Alten Reiches. München, 1999
  • Deutsche Reichstagsakten

External links

Maps