モーリタニアの対外関係の歴史

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

植民地時代後期モーリタニアはフランス領西アフリカの他の領土(AfriqueOccidentaleFrançaise—AOF)とほとんど接触していませんでした。1958年の独立住民投票の時点で、AOFの大評議会におけるモーリタニアの代表は中立のままでしたが、他のすべてのAOFメンバーは、アフリカ民主連合(アフリカ民主連合-RDA)とアフリカ民主連合(PartiduRégroupementAfricain)に分かれていました。 -PRA)。モーリタニアが独立し、モロッコになるまでその安全を脅かし、モーリタニアはAOFの領土内の政治的、労働的、または文化的運動に参加しなかった。国家としてのモーリタニアの存在が問題になったときだけ、それは国際的な認識と支援を求めました。[1]

1960年代を通じて、モーリタニアの主な外交政策の目的は、モロッコの民族統一主義に直面してその独立を維持することでし(モロッコは1969年にようやくモーリタニアの独立を認めました。)そのために、ダダ政府はフランスとの緊密な関係を維持することを主張しましたアフリカでは、アラブ連盟のすべての州(チュニジアを除く)とカサブランカグループのアフリカのメンバー(ガーナギニアマリ)がモロッコの無差別主義者の主張を支持したため、モーリタニアはより保守的なフランコフォン諸国との関係を確立しました。[1]

モーリタニアは1960年にフランスが後援して国連への加盟を申請しましたが、その加盟はアラブ連盟を支持したソビエト連邦によって拒否されました。ほとんどの場合、黒人アフリカと西側はモーリタニアの入国を支持し、ソビエト連邦はモンゴルの入国に対する賛成票と引き換えに1961年に反対を取り下げましたモーリタニアの入国を阻止するための最後の努力として、モロッコはこの問題を総会に持ち込み、総会はモーリタニアの申請を68から13の投票で支持し、棄権は20でした。モーリタニアは1961年10月27日に国連に承認されました。マリ、ギニア、およびほとんどのアラブ諸国は、討論でモロッコを支持しました。[1]

1962年1月、モーリタニアは、アルジェリア共和国暫定政府に承認を拡大し、フランスが支援する共通サハラ諸国組織の会議への出席を拒否することにより、以前は保守的だった親フランスの立場から離れました。これらの暫定的な独立の表明は、より進歩的なアフリカの隣国とのモーリタニアの信頼性を高め、北アフリカのアラブとサハラ以南の黒人アフリカの間の架け橋としてのモーリタニアの役割を強調しました。その後、モーリタニアとマリは、1963年2月にケイズ条約に調印し、和解を達成しました。モーリタニアがモロッコとの紛争でアルジェリアを支援したことで、アルジェリアとの関係は改善しました。当時アラブ連合共和国として知られていたエジプト(UAR)とアラブ世界の認められた指導者もアルジェリアを支持し、1964年10月21日、UARは正式にモーリタニアに承認を拡大しました。その行動は、ダダがさらに大胆な外交政策に着手することを奨励しました。[1]

1963年にモーリタニアがOAUに加盟し、モロッコは抗議して辞任しました。1964年、ダダは、最近結成されたアフリカ・マダガス経済協力連合(Union Africaine et MalagachedeCoopérationEconomique—UAMCE)の初代大統領になりましたその後、組織がOAU憲章に反して政治組織にアップグレードされたとき、モーリタニアは技術委員会を除くすべてから撤退しました。[1]

1970年代初頭まで、モーリタニアはマグリブとサハラ以南のアフリカの間の架け橋の役割を果たし続けました。モーリタニアはまた、東欧およびアフリカの過激な国家との関係を開きながら、不整合へのコミットメントを維持しました。アラブ連盟とOAUの立場を支持して、モーリタニアはイスラエル南アフリカ、またはポルトガルとの関係を求めませんでしたモーリタニアは1969年にようやくモロッコと外交関係を樹立しました。モーリタニアが開発援助の多くに依存し続けたフランスとの緊密な関係は、1980年代後半までモーリタニアの外交政策の基礎であり続けました。[1]

1976年のスペイン領サハラからのスペイン撤退とモーリタニアとモロッコによる後者の分割と併合は、8年間の紛争とSADRのポリサリオ戦線ゲリラとの戦いを開始し、モーリタニアの軍事的後退と停滞した外交をもたらしました。併合されると、モーリタニアの元同盟国であるアルジェリアは、SADRを支持してダダ政府との関係を断ち切りました。1976年から1979年にかけて、ポリサリオゲリラはモーリタニアへの圧力を強め、フデリック、ズエラット、ビルモグレイン、ヌアクショットに対してコマンド攻撃開始まし戦闘の経済的および政治的コストの結果として、ダダの後継者はモーリタニアを紛争から解放しようとしました。それにもかかわらず、ポリサリオ戦線はモーリタニアの防衛に侵入し、しばしば免責されて、戦闘機を西サハラに潜入させた。1979年8月10日、モーリタニアはポリサリオ戦線とのアルジェ合意に署名し、サハラウィー人の自己決定権を認め、西サハラに対するいかなる主張も放棄しました。その後、モロッコとの関係は再び悪化し、1981年にモーリタニアがヌアクショットでのクーデターの試みを支持したとしてモロッコを非難したときにようやく崩壊した。逆に、ポリサリオ戦線やアルジェリアとの関係は改善しました。1983年12月、アルジェリア、チュニジア、モーリタニアは平和友好条約に署名しました。翌年、ハイダラは外交的承認とSADRへの支援を拡大しました。これは最終的に彼の政府の崩壊につながった行動です。タヤ大統領はSADRとの関係を維持しましたが、リンクはせいぜい正しく、タヤのより手ごわい隣人をなだめる試みにすぎませんでした。[1]

1980年代半ばのモーリタニアの主要な外交政策の目的は、独自の領土保全を確保することでした。外交と言い換えれば、これは西サハラ紛争において厳格な中立政策を追求し、モロッコとアルジェリアとの関係を改善し、フランスからの支援の保証を求めることはモーリタニアの北部の隣人との関係が深刻に悪化することを意味します。その分野でのタヤの努力は、さまざまな結果をもたらしました。タヤは、モーリタニアは西サハラをめぐる紛争において中立を維持すると主張したが、戦闘員自身がモーリタニアの領土を侵略し続けたため、モーリタニアはより大きな関与の脅威に直面した。モロッコ人が西サハラで非常に効果的な砂壁(犬走り)のネットワークの背後でモーリタニア国境から数キロ以内に南下するにつれて、モーリタニア軍はポリサリオ戦線を追跡する設備の整ったモロッコ軍と対峙する立場に置かれました。またはポリサリオコマンドーチームがモーリタニアの領土から犬走りに侵入し、おそらく攻撃します。どちらの場合でも、モーリタニアはおそらく敗者でしょう。[1]

タヤはまた、貿易相手国を確保したり、新しい投資家を見つけたりするために、他国との関係を改善しようと努めてきました。モーリタニアの主な恩人は、サウジアラビアクウェート、フランスです。ドナーのリストには、日本イラクイタリア、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)、ルーマニア米国ペルシャ湾岸諸国、中国も含まれます。[1]

参照

  1. ^ a b c d e f g h i Handloff、RobertE.「外交政策」。モーリタニア:国別調査Robert E. Handloff、編集者)。米国議会図書館 連邦調査部(1988年6月)。この記事には、パブリックドメインにあるこのソースからのテキストが組み込まれています。