ヒラリー・クリントン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ヒラリー・クリントン
Clinton speaking at an event in Des Moines, Iowa, during her 2016 presidential campaign
2016年のクリントン
第67回アメリカ合衆国国務長官
2009年
1月21日〜2013年2月1日
大統領バラック・オバマ
前任者コンドリーザライス
成功ジョン・ケリー
ニューヨークのアメリカ合衆国上院
議員
2001年
1月3日から2009年1月21日まで
前任者ダニエル・パトリック・モイニハン
成功カーステン・ギリブランド
アメリカ合衆国のファーストレディ
1993
年1月20日から2001年1月20日まで
前任者バーバラブッシュ
成功ローラブッシュ
アーカンソー州のファーストレディ
1983
年1月11日から1992年12月12日まで
1979
年1月9日〜1981年1月19日
個人情報
生まれ
ヒラリー・ダイアン・ロダム

(1947-10-26) 1947年10月26日(74歳)米国イリノイ
シカゴ
政治団体民主主義(1968年–現在)

その他の政党
共和党(1968年以前)
配偶者たち)
m。1975  _
子供達チェルシークリントン
両親)
住居
教育ウェルズリー大学BA
イェール大学JD
優等生と賞のリスト
サイン
Webサイト公式ウェブサイト

ヒラリー・ダイアン・クリントン旧姓 ロダム; 1947年10月26日生まれ)は、米国の政治家、外交官、弁護士、作家、および公の講演者であり、2009年から2013年まで第67回 米国国務長官を務め、ニューヨークから米国上院議員を務めました。 2001年から2009年まで、そして1993年から2001年まで、ビル・クリントン大統領の妻として米国のファーストレディとして。民主党の党員あり、2016年の大統領選挙で党の大統領候補に選ばれた。、米国の主要政党による大統領指名を勝ち取った最初の女性になりました。クリントンは選挙で人気投票に勝ち、彼女を最初の女性にした。しかし、彼女は選挙人団の投票を失い、それによって大統領選挙を失った。

シカゴ郊外のパークリッジで育ったロダムは、1969年にウェルズリー大学を卒業し、1973年にイェールロースクールで法学博士号を取得しました。議会の法律顧問を務めた後、アーカンソーに移り、1975年に将来の大統領ビルクリントンと結婚しました。二人はエール大学で会った。1977年、クリントンはアーカンソーの子供と家族のための支持者を共同設立しました。彼女は1978年にリーガルサービスコーポレーションの最初の女性会長に任命され、翌年にはリトルロックのローズ法律事務所で最初の女性パートナーになりました。全国法ジャーナル彼女をアメリカで最も影響力のある100人の弁護士の1人として2回挙げました。クリントンは1979年から1981年まで、そして1983年から1992年までアーカンソー州のファーストレディでした。米国のファーストレディとして、クリントンは医療制度改革を提唱しました。1994年、彼女の主要なイニシアチブであるクリントン医療計画は、議会からの承認を得ることができませんでした。1997年と1999年に、クリントンは州の児童医療保険プログラム養子縁組と安全な家族法、および里親独立法の創設を提唱する上で主導的な役割を果たしましたクリントンは1995年の国連女性会議でジェンダー平等を提唱した彼女の結婚関係は、ルインスキースキャンダルの間に公の監視下に置かれ、それにより彼女は結婚へのコミットメントを再確認する声明を発表しました。

2000年、クリントンはニューヨークから最初の女性上院議員に選出され、同時に選出された役職に就いた最初のファーストレディになり、次に上院で奉仕した最初の元ファーストレディになりました。彼女は2006年に再選され、2003年から2007年まで上院民主党運営・アウトリーチ委員会の議長を務めました。上院在任中、クリントンは9月11日の同時多発テロで健康を害したファーストレスポンダーの医療給付を提唱しました。[1]彼女は、2002年のイラク戦争を承認する決議を支持したが、2007年の米軍の急増に反対した。2008年、クリントンは大統領に立候補した。しかし、民主党予備選挙で最終的に勝者となったバラク・オバマに敗れたクリントンは、2009年から2013年までのオバマ政権の最初の任期で米国国務長官でした。彼女の在職期間中に、クリントンは4年ごとの外交と開発レビューを設立しました。彼女はリビアへの軍事介入を提唱することでアラブの春に対応したが、 2012年のベンガジ攻撃を防止または適切に対応できなかったとして共和党から厳しく批判されたクリントンは、イランに対する外交的孤立と国際的制裁の体制を組織するのを助けました 核開発計画を縮小することを強制するために; この努力は、最終的に2015年に多国籍のJCPOA核合意につながりました。国務長官時代の彼女のプライベート電子メールサーバーの使用は、徹底的な精査の対象でした。クリントンに対して起訴されることはありませんでしたが、電子メールの論争は2016年の大統領選挙で最も取り上げられた唯一のトピックでした。

クリントンは2016年に2度目の大統領選挙を行いました。民主党の指名を勝ち取った後、彼女はバージニア州上院議員のティム・ケインランニングメイトとして総選挙に出馬したクリントンは、複数の人気投票に勝ったにもかかわらず、選挙人団で共和党の反対派ドナルド・トランプに大統領選挙を失った。彼女は亡くなった後、3回目の回想録「何が起きたのか」を書き、進歩的な政治グループのための資金調達を専門とする政治活動組織であるOnwardTogetherを立ち上げました。2020年1月以来、彼女北アイルランドのベルファストにあるクイーンズ大学ベルファスト

初期の人生と教育

若いころ

Museum display case containing photographs, papers, shoes, doll, and other early childhood artifacts of Hillary Rodham's early life
ウィリアム・J・クリントン大統領センターで展示されたヒラリー・ロダムの初期の人生の記念碑

ヒラリー・ダイアン・ロダム[2]は、1947年10月26日、イリノイ州シカゴのエッジウォーター医療センターで生まれました。[3] [4]彼女はシカゴに最初に住んでいた合同メソジスト派の家族で育ちました。彼女が3歳のとき、彼女の家族はシカゴ郊外のパークリッジに引っ越しました。彼女の父、ヒュー・ロダムイギリス人ウェールズ人の子孫であり[ 6]、彼が設立した小さいながらも成功した織物事業を経営していた。[7]彼女の母親、ドロシー・ハウエルは、オランダ語、英語、フランス系カナダ人ケベック出身)、スコットランド人、ウェールズ人の子孫。[6] [8] [9]彼女には、ヒュートニーという2人の弟がいました[10]

マイン南高校の1965年鑑のロダム

子供の頃、ロダムはパークリッジで通った公立学校の教師の間でお気に入りの生徒でした。[11]彼女は水泳とソフトボールに参加し、ブラウニーガールスカウトとして多数のバッジを獲得しました。[11]彼女は、宇宙開発競争中の米国の努力に触発され、 1961年頃にNASAに手紙を送り、宇宙飛行士になるために何ができるかを尋ねるという話をよくしました[12] [13] [14]。その女性はプログラムに受け入れられていませんでした。[15]彼女はメイン東高校に通い、そこで彼女は生徒会と学校新聞であり、全米優等生協会に選ばれました。[3] [16]彼女は、3年生の学級副大統領に選出されたが、2人の少年に対して、4年生の学級委員長の選挙に敗れた。選出された大統領」。[17]彼女の4年生の間、彼女と他の学生は当時の新しいメイン南高校に転校した。そこで彼女は国立メリットファイナリストであり、「成功する可能性が最も高い」と投票されました。彼女は1965年にクラスの上位5パーセントで卒業しました。[18]

ロダムの母親は、彼女に独立したプロとしてのキャリアを望んでいました。[9]そうでなければ伝統主義者であった彼女の父親は、娘の能力と機会が性別によって制限されるべきではないと感じていた。[19]彼女は政治的に保守的な家庭で育ち、 [9] 1960年の米国大統領選挙が非常に近かった後、13歳でシカゴのサウスサイドを訪問 するのを手伝った彼女は共和党候補のリチャード・ニクソンに対する不正選挙の証拠(空き地であった住所を示す投票リストのエントリなど)を見[20]、後に共和党候補の選挙運動に志願した。1964年の選挙でのバリーゴールドウォーター[21]

ロダムの初期の政治的発展は、主に彼女をゴールドウォーターの保守派の良識に紹介した高校の歴史教師(彼女の父親のような熱烈な反共産主義者)と彼女のメソジスト青年大臣(彼女の母親のように、社会正義)、彼女が会い、その後簡単に会った、公民権指導者マーティンルーサーキングジュニアは、シカゴのオーケストラホールでの1962年のスピーチで。[22]

ウェルズリー大学時代

1968年にウェルズリー大学の学長を選挙運動するロダム(中央)、後に彼女が勝利した選挙

1965年、ロダムはウェルズリー大学に入学し、そこで政治学を専攻しました[23] [24]彼女の最初の年の間、彼女はウェルズリーの若い共和党員の大統領でした。[25] [26]この「ロックフェラー・リパブリカン」志向のグループのリーダーとして、[27]彼女は、ニューヨーク市長の穏健な共和党員ジョン・リンゼイ米国上院へのマサチューセッツ州司法長官エドワード・ブルックの選挙を支持した。[28]彼女は後にこの位置から降りた。2003年に、クリントンは、 公民権運動ベトナム戦争は彼女の大学時代の初めに変化していました。[25]当時の彼女の青年大臣への手紙の中で、彼女は自分自身を「心は保守的で心はリベラル」だと述べた。[29]政治システムに対する急進的な行動を提唱した1960年代の派閥とは対照的に、彼女はその中で変化のために働くことを求めた。[30] [31]

彼女の3年生まで、ロダムは民主党のユージーン・マッカーシーの反戦大統領指名キャンペーンの支持者になりました。[32] 1968年初頭、彼女はウェルズリー大学政府協会の会長に選出され、1969年初頭までその地位にあった。[30] [33]マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの暗殺後、ロダムは2日間の学生ストライキを組織した。ウェルズリーの黒人学生と協力して、より多くの黒人学生と教員を採用しました。[32]彼女の学生政府の役割において、彼女はウェルズリーが他の大学に共通する学生の混乱に巻き込まれないようにする役割を果たした。[30][34]彼女の仲間の学生の多くは、彼女がいつか米国の最初の女性大統領になるかもしれないと思った。[30]

彼女の変化する政治的見解をよりよく理解するのを助けるために、アラン・シェクター教授はロダムをハウス共和党会議のインターンに割り当て、彼女は「ワシントンのウェルズリー」サマープログラムに参加しました。[32]ロダムは、ニューヨーク州の共和党代表であるチャールズ・グッデルから、ネルソン・ロックフェラー知事の共和党指名のための遅刻キャンペーンを支援するよう招待された。[32]ロダムは、マイアミビーチで開催された1968年の共和党全国大会に出席した。しかし、彼女はリチャード・ニクソンのキャンペーンがロックフェラーを描写した方法と、彼女が大会の「ベールに包まれた」人種差別主義者のメッセージとして認識したことに腹を立て、共和党を永久に去った。[32] ロダムは、シェクター教授の下で、過激なコミュニティオーガナイザーであるソウルアリンスキーの戦術に対する批評である彼女の上級論文を書いた。[35]数年後、彼女がファーストレディであった間、彼女の論文へのアクセスはホワイトハウスの要請により制限され、それはいくつかの憶測の対象となった。論文は後でリリースされました。[35]

1969年に、彼女は文学士号を取得して[36]、政治学の学部を優等で卒業しました。[35]何人かの先輩が大学の管理者に開始時に学生の講演者を許可するように要求した後、彼女はウェルズリー大学の歴史の中でこのイベントで講演する最初の学生になりました。彼女の演説は、卒業式の講演者であるエドワード・ブルック上院議員の演説に従った。[33] [37]スピーチの後、彼女は7分間続くスタンディングオベーションを受けた。[30] [38] [39]彼女はライフ誌に掲載された記事[40] [41]に取り上げられました。ブルック上院議員を批判した彼女の演説の一部に対する反応のため。[37]彼女はまた、Irv Kupcinetの全国的にシンジケートされたテレビのトークショーや、イリノイ州とニューイングランドの新聞にも出演した。[42]彼女は、翌年、ワシントンDCで開催された女性有権者連盟の50周年記念大会で講演するよう求められた。[43]その夏、彼女はアラスカを横切って働き、マウントマッキンリー国立公園で皿を洗い、バルディーズの水産加工缶詰工場で鮭を痩せさせた(彼女は不健康な状態について不平を言ったときに彼女を解雇し、一晩シャットダウンした)。[44]

イェールロースクールと大学院研究

その後、ロダムはイェールロースクールに入学し、イェールローレビューオブローアンドソーシャルアクションの編集委員を務めました[45] 2年目、彼女はエールチャイルドスタディセンターで働き[46]幼児期の脳の発達に関する新しい研究について学び、独創的な研究、子どもの最善の利益を超えて(1973)の研究助手として働いた。 [47] [48]彼女はまた、エール-ニューヘブン病院児童虐待の事件を引き受け[47]、貧しい人々に無料の法的助言を提供するためにニューヘブン法務サービスで志願した。[46]1970年の夏、彼女はマリアンライトエデルマンのワシントン研究プロジェクトで働くための助成金を授与され、そこで彼女はウォルターモンデール上院議員の渡り労働小委員会に配属されましたそこで彼女は、教育、健康、住居など、さまざまな移民労働者の問題を調査しました。[49]エデルマンは後に重要なメンターになりました。[50]ロダムは、コネチカット米国上院議員候補ジョセフ・ダフィーの1970年のキャンペーンに取り組むために政治顧問のアン・ウェクスラーによって採用された。ロダムは後にウェクスラーに政治での最初の仕事を提供したことを認めた。[51]

1971年の春、彼女は法学部の学生であるビル・クリントンとの交際を始めました。夏の間、彼女はカリフォルニア州オークランドのTreuhaft、Walker、Burnsteinの法律事務所でインターンを務めました同社は、憲法上の権利市民の自由過激な目的を支持していることでよく知られていました(4つのパートナーのうち2つは、現在または以前の共産党員でした)。[52]ロダムは、子供の監護権およびその他の事件に取り組んだ。[a]クリントンは当初の夏の計画をキャンセルし、カリフォルニアで彼女と一緒に暮らすようになりました。[56]夫婦は同棲を続けた彼らがロースクールに戻ったとき、ニューヘブンで。[53]翌年の夏、ロダムとクリントンはテキサスで1972年の民主党大統領候補 ジョージ・マクガヴァンの不成功を訴えた。彼女は1973年にエール大学から法学博士号を取得し[ 36]、クリントンと一緒にいるためにさらに1年間滞在した。[58]彼は卒業後、最初に彼女にプロポーズしたが、彼女は自分の将来を彼に結びつけたいかどうか確信が持てず、断った。[58]

ロダムは、エールチャイルドスタディセンターで子供と医学に関する大学院研究の1年を始めました。[59] 1973年後半、彼女の最初の学術論文「法の下の子供たち」がハーバード教育レビューに掲載された。[60]新しい子どもの権利運動について議論し、記事は「子どもの市民」は「無力な個人」であると述べ[61] 、子どもは出生から法定年齢に達するまで等しく無能であると見なされるべきではなく、裁判所は能力を推定すべきであると主張した。他に証拠がある場合を除いて、ケースバイケースで。[62]この記事は現場で頻繁に引用されるようになりました。[63]

アーカンソー州の結婚、家族、法的なキャリア、最初のレディシップ

東海岸からアーカンソーへ

大学院での研究中、ロダムはマサチューセッツ州ケンブリッジに新しく設立されたエーデルマンの子供防衛基金のスタッフ弁護士であり[ 64 ] カーネギー子供評議会のコンサルタントとして働いていました。[65] 1974年、彼女はワシントンDCの弾劾調査スタッフのメンバーであり、ウォーターゲート事件の際に下院司法委員会に助言した。[66]ジョン・ドア主任顧問とバーナード・W・ナスバウム上級委員の指導の下[47]ロダムは、弾劾の調査手順とその歴史的根拠および基準を支援した。[66]委員会の仕事は、1974年8月のリチャードニクソン大統領の辞任で最高潮に達した。 [66]

その時までに、ロダムは明るい政治的未来を持った人物と見なされていました。民主的な政治組織者でコンサルタントのベッツィ・ライトは、ロダムのキャリアを導くために、昨年テキサスからワシントンに引っ越しました。[67]ライトは、ロダムが将来の上院議員または大統領になる可能性があると考えた。[68]その間、ボーイフレンドのビル・クリントンはロダムに彼と結婚するよう繰り返し頼んだが、彼女は非難し続けた。[69]コロンビア特別区の バー試験[70]に失敗し、アーカンソー試験に合格した後、ロダムは重要な決定を下しました。彼女が後で書いたように、「私は頭ではなく心に従うことを選びました」。[71]したがって、彼女は、キャリアの見通しが明るいワシントンにとどまるのではなく、クリントンを追ってアーカンソーに向かった。その後、彼は法律を教え、故郷の州の米国下院の議席に立候補していました。1974年8月、ロダムはアーカンソー州フェイエットビルに移り、アーカンソー大学フェイエットビル校の法学部2人しかいない女性教員の1人になりました[72] [73]

アーカンソー初期

大学では、ロダムは刑法の授業を教えていました。彼女は彼女の成績に厳しい厳しい教師と見なされていました。[74]ロダムは学校の新しい法的援助クリニックの最初のディレクターになり、そこで彼女は地元の弁護士会からの支援を確保し、連邦政府の資金を得た。[75]裁判所に任命された弁護士として、ロダムは12歳の少女をレイプしたとして告発された男性の弁護人として行動することを要求された任務からの解放を求める彼女の要求が失敗した後、ロダムは効果的な防御を使用し、より少ない罪で有罪を認めるようにクライアントに助言した。彼女はその裁判を「ひどい事件」と呼んだ。[76]フェイエットビルにいる間、ロダムと他の何人かの女性は、市内で最初のレイプ危機センターを設立しました。[75]

1974年、ビルクリントンは、現職の共和党員ジョンポールハンマーシュミットに直面して、アーカンソー州議会のレースに敗れた。[77]ロダムとビル・クリントンは1975年の夏にフェイエットビルの家を購入し、彼女は彼と結婚することに同意した。[78]結婚式は、1975年10月11日、居間でのメソジスト式典で行われた。[79]アーカンザス・ガゼットでの結婚についての話は、彼女がヒラリー・ロダムという名前を保持することに決めたことを示した。[79] [80]彼女の動機は3つあった。彼女は夫婦の職業生活を別々に保ち、明らかな利害の対立を避けたいと思っていました、そして彼女が当時の友人に言ったように、「それは私がまだ私であることを示しました」。[81]この決定は、より伝統的な母親の両方を動揺させました。[82]

1976年、ロダムは一時的にインディアナポリスに移り、ジミー・カーターの大統領選挙運動のインディアナ州キャンペーン主催者として働きました[83] [84] 1976年11月、ビル・クリントンがアーカンソー州の司法長官に選出され、夫婦は州都リトルロックに引っ越した。[77] 1977年2月、ロダムはアーカンソーの政治的および経済的影響力の要塞である由緒あるローズ法律事務所に加わった。[85]彼女はプロボノで働いている間、特許侵害と知的財産法[45]を専門としていました子どもの擁護; [86]彼女はめったに法廷で訴訟を起こさなかった。[87]

ロダムは子供の法律と家族政策への関心を維持し、1977年に「子どもの政策:放棄と怠慢」 [88] 1979年に「子どもの権利:法的展望」という学術論文を発表した。法的能力は彼らの年齢やその他の状況に依存し、深刻な医療権の場合には、司法介入が必要となる場合がありました。アメリカ法曹協会議長は後に、「彼女の記事は、根本的に新しいからではなく、それが無茶苦茶なものを作るのを助けたからという理由で重要だった」と述べた。[62]歴史家のギャリー・ウィルズ後に彼女を「過去20年間で最も重要な学者活動家の一人」と表現するでしょう。[90]保守派は、彼女の理論は伝統的な親の権威を奪い、[91]は子供たちが両親に対して軽薄な訴訟を起こすことを可能にし、[62]そして例示された批判法学は暴走するだろうと述べた。[92]

A small, one-story brick-faced house with a small yard in front. This house is located in Little Rock, Arkansas. Hillary Rodham and Bill Clinton lived in this house when he was Arkansas Attorney General from 1977 to 1979.
ヒラリーとビルは、アーカンソー州司法長官(1977〜 1979年)である間、リトルロックヒルクレスト地区にあるこの家に住んでいました。[93]

1977年、ロダムはアーカンソー州の子供と家族のための擁護者を共同設立しました。これは、子供防衛基金との州レベルの同盟です。[45] [94]その年の後半、ジミー・カーター大統領(インディアナ州のフィールドオペレーションの1976年キャンペーンディレクターを務めていた)[95]は、彼女をリーガルサービスコーポレーションの取締役会に任命した[96]彼女は1978年から1981年の終わりまでその役職に就いた。[97] 1978年半ばから1980年半ばまで、[b]彼女はその理事会の議長であり、最初の女性がその職に就いた。[98]彼女が議長を務めていた間、企業への資金は9千万ドルから3億ドルに拡大されました。その後、彼女は資金を削減し、組織の性質を変えるというロナルド・レーガン大統領の試みとうまく戦いました。[86]

夫が1978年11月にアーカンソー州知事に選出された後、ロダムは1979年1月にその州のファーストレディになりました。彼女はその称号を12年間(1979〜81年、1983〜92年)保持していました。クリントンは同じ年に妻を地方保健諮問委員会の委員長に任命し[99]、そこで彼女は医師の費用に影響を与えることなくアーカンソーの最貧地域の医療施設を拡張するための連邦資金を確保した。[100]

1979年、ロダムはローズ法律事務所の完全なパートナーとなった最初の女性になりました。[101] 1978年から彼らがホワイトハウスに入るまで、彼女は夫よりも高い給料を持っていた。[102] 1978年と1979年の間、彼らの収入を補うことを目指している間、ロダムは牛の先物契約の取引に従事しました[103]彼女が10か月後に取引をやめたとき、最初の1,000ドルの投資はほぼ100,000ドルを生み出しました。[104]この時、夫婦はジムスーザン・マクドゥガルと共にホワイトウォーター・デベロップメント・コーポレーションの不動産ベンチャーへの不運な投資を始めた[103]これらは両方とも1990年代の論争の対象

1980年2月27日、ロダムは夫婦の一人っ子、チェルシーと名付けた娘を出産しました。1980年11月、ビル・クリントンは再選の入札で敗北しました[105]

アーカンソー後期

The Reagans and the Clintons walking a red carpet during the 1987 Dinner Honoring the Nation's Governors
ビルとヒラリー・クリントン、ロナルド大統領とナンシー・レーガン大統領夫人

退任から2年後、ビル・クリントンは1982年の選挙で勝利した後、アーカンソー州知事としての職に戻りました。ヒラリーは夫の選挙運動中に、「ヒラリー・クリントン」または「ミセス・ビル・クリントン」という名前を使って説得し始めました。アーカンソー州の有権者の懸念。彼女はまた、彼のためにフルタイムでキャンペーンを行うためにローズ・ローを休職しました。アーカンソー州のファーストレディとしての2回目の任務中に、彼女はヒラリー・ロダム・クリントンを自分の名前として使用することを強調した[c]彼女は、1983年にアーカンソー教育基準委員会の委員長に任命され、州の裁判所が認可した公教育システムの改革を目指しました。[112] [113]クリントン知事の最も重要なイニシアチブの1つで、彼女はアーカンソー教育協会との長期にわたる、しかし最終的には成功した戦いを戦い、カリキュラムと教室の規模に関する必須の教師テストと州の基準を確立しました。[99] [112]それは、非常に目に見える公共政策の取り組みの政治への彼女の紹介となった。[80] [112] 1985年、彼女はアーカンソー州の就学前青少年向け家庭教育プログラムを導入しました。これは、親が就学前の準備と識字能力において子供と一緒に働くのを支援するプログラムです。[114]彼女は、1983年にアーカンソーウーマンオブザイヤーに、1984年にアーカンソーマザーオブザイヤーに選ばれました。[115] [116]

クリントンは、アーカンソー州のファーストレディである間、ローズ法律事務所で法務を続けました。彼女は他のパートナーよりも収入が少なかった。請求した時間は少なかった[117]が、そこでの最終年にはまだ20万ドル以上を稼いだ。[118]彼女がクライアントを連れてきたので、会社は彼女を「レインメーカー」と見なしました。これは、彼女が貸した名声と会社の取締役会のつながりのおかげもあります。彼女はまた、州の裁判官の任命にも非常に影響力がありました。[118]1986年の知事再選キャンペーンでのビル・クリントンの共和党の反対者は、ローズ・ローが州の事業を行ったため、クリントンを利害の対立で非難した。クリントンズは、彼女の利益が計算される前に州の料金が会社によって阻止されたと言って、告発に対抗した。[119]

1982年から1988年まで、クリントンは、さまざまな新左翼の利害関係者グループに資金を提供した新世界財団[120]の理事会に、時には議長として参加していました[121] 1987年から1991年まで、彼女は米国法曹協会の女性専門職委員会の最初の議長であり、法曹における性差別に対処し、それと戦うための措置を採用するよう協会を誘導するために設立された。[122]彼女は、1988年と1991年に、アメリカで最も影響力のある100人の弁護士の1人としてNational LawJournalによって2度指名されました。 [123] ビル・クリントンが1990年に知事に再び立候補しないことを考えたとき、ヒラリー・クリントンは立候補することを検討しました。しかし、私的な世論調査は不利であり、最終的に彼は走り、最後に再選された。[124]

Formal color portrait of Clinton, 1992
1992年のクリントン

クリントンは、児童防衛基金[3] [125]の理事長であり、アーカンソー児童病院の法務サービス(1988–92)[126]の理事でもありました。また、非営利団体での役職に加えて、TCBY(1985–92)、[127] Wal-Mart Stores(1986–92)[128]およびLafarge(1990–92)の企業取締役会のポジション。[129] TCBYとWal-Martはアーカンソーを拠点とする企業であり、RoseLawのクライアントでもありました。[118] [130]クリントンはウォルマートの取締役会の最初の女性メンバーであり、サム・ウォルトン会長への圧力に続いて追加されたそれに女性を指名する。[130]そこに着くと、彼女はウォルマートがより環境に優しい慣行を採用することを首尾よく推進した。彼女は、より多くの女性を会社の経営陣に加えるというキャンペーンにほとんど失敗し、会社の有名な反労働組合の慣行について沈黙していました。[128] [130] [131]ダン・カウフマンによれば、これに対する認識は後に組織化された労働に対する彼女の信頼の喪失の要因となり、2016年の選挙で彼女の喪失に貢献した。ドナルドトランプ[132] [133]

1992年のビル・クリントン大統領選挙

クリントンは、夫が1992年の民主党大統領候補に指名されたとき、初めて国民の注目を集めました。ニューハンプシャー州の予備選挙の前にタブロイド紙の出版物は、ビル・クリントンがジェニファー・フラワーズとの婚外関係に関与したという主張を印刷していました。[134]それに応じて、クリントンは60分に一緒に現れ、ビルは事件を否定したが、「私の結婚に苦痛を与えた」ことを認めた。[135]この共同出演は、彼のキャンペーンを救ったと信じられていた。[136]キャンペーン中、ヒラリーはタミー・ワイネットについて文化的に軽蔑的な発言をした彼女の古典的な歌「スタンド・バイ・ユア・マン」で説明されている結婚の見通し。[d]キャンペーンの後半で、彼女は、家にいてクッキーを焼いたりお茶を飲んだりする女性のようになることを選択できたが、代わりに自分のキャリアを追求したいとコメントした。[e]この発言は、特に専業主婦である、または擁護されている人々から広く批判された。振り返ってみると、彼女は彼らがよく考えられていなかったことを認めました。ビルは、彼を選出する際に、彼の妻が担うであろう顕著な役割に言及して、国は「1つの価格で2つを得る」と述べた。[142]ダニエル・ヴァッテンバーグの1992年8月から始まるアメリカン・スペクテイター記事「リトルロックのレディ・マクベス」、ヒラリー自身の過去のイデオロギー的および倫理的記録は保守派からの攻撃を受けました。[91]主要な出版物の他の少なくとも20の記事も、彼女とマクベス夫人の比較を描いた。[143]

アメリカ合衆国のファーストレディ(1993–2001)

1993年1月にビル・クリントンが大統領に就任したとき、ヒラリー・ロダム・クリントンがファーストレディになりました。彼女の報道官は、彼女が彼女の名前のその形を使用するであろうことを繰り返した。[c]彼女は、ホワイトハウスに入るまで、大学院の学位と彼女自身のプロとしてのキャリアを持ったこの役割の最初の人でした[144]彼女はまた、イーストウィングの通常のファーストレディのオフィスに加えて、ホワイトハウスのウェストウィングにオフィスを持った最初の人物でもあった。[59] [145]彼女は、新政権への任命を審査する最も内側のサークルの一部でした。彼女の選択は、少なくとも11のトップレベルのポジションと、さらに数十の下位レベルのポジションを満たしました。[146]エレノア・ルーズベルトの後、クリントンはアメリカの歴史の中で最も公然と権限を与えられた大統領の妻と見なされた。[147] [148]

一部の批評家は、ファーストレディが公共政策の問題で中心的な役割を果たすことは不適切であると述べました。支持者は、政策におけるクリントンの役割は他のホワイトハウス顧問のそれと変わらず、有権者は彼女が夫の大統領職で積極的な役割を果たすことをよく知っていたと指摘した。[149]ビル・クリントンの「1つの価格で2つ」というキャンペーンの約束により、反対派はクリントンを「共同大統領」と嘲笑するように言及したり、アーカンソーのラベル「ビラリー」を使用したりした。[99] [150] [151]ファーストレディの役割についての相反する考えの圧力は、ヒラリー・クリントンを同じく政治的に活動的なエレノア・ルーズベルトとの「架空の議論」に送るのに十分でした。[f]彼女がワシントンに来た時から、ヒラリーはまた、保守的なワシントンの人物の多くの妻をフィーチャーしフェローシップの祈りのグループに避難所を見つけました。[155] [156] 1993年4月の父親の死によって部分的に引き起こされた彼女は、メソジストの教え、リベラルな宗教政治哲学、およびティックーン編集者のマイケル・ラーナーの「意味の政治」の統合を公に見つけようとしました。アメリカの「魂の眠っている病気」として見られました。それは「20世紀の人間であるということの意味を再定義し、新しい千年紀に移行することによって社会を再形成する」という意欲につながるでしょう。[157] [158]

ヘルスケアおよびその他の政策イニシアチブ

Photograph of Clinton making a presentation sitting at a table in front of a microphone
クリントンが彼女の健康管理計画を発表、1993年9月
ヒラリークリントンは、 GWU病院での1993年の医療計画について話します。

1993年1月、クリントン大統領は、アーカンソー州の教育改革の取り組みを主導した成功を再現することを期待して、ヒラリーを国民医療改革のタスクフォースの議長に任命しました。[159]北米自由貿易協定(NAFTA)のメリットについて確信が持てなかった彼女は、医療制度改革の通過をより優先するよう個人的に促した。[160] [161]タスクフォースの勧告は、クリントン医療計画として知られるようになった。これは、雇用主が個々の健康維持機構を通じて従業員に健康保険を提供することを要求する包括的な提案でした。その反対派はすぐにその計画を「ヒラリーケア」として非難し、議会の一部の民主党員からの反対にさえ直面した。[162]提案された計画に反対する一部の抗議者は猛威を振るい、計画への支持を集めるための1994年7月のバスツアー中に、クリントンは時々防弾チョッキを着ていた。[162]

下院または上院のいずれかでのフロア投票に対する十分な支持を集めることができなかったため(民主党が両方の議院を支配したが)、提案は1994年9月に放棄されしかし、他の多くの要因を引用しました。ファーストレディの承認率は、最初の1年間は一般的に50%の範囲でしたが、1994年4月には44%に、1994年9月には35%に低下しました。[164]

共和党は、クリントン医療計画を1994年の中間選挙の主要なキャンペーン問題にした。[165]彼らは下院選挙で54議席、上院選挙で8議席の純増を見て、両方の支配権を獲得した。多くのアナリストや世論調査員は、特に無党派の有権者の間で、この計画が民主党の敗北の主要な要因であることに気づきました。[166]ホワイトハウスはその後、政策形成におけるクリントンの役割を軽視しようとした。[167]国民皆保険の反対者は、他の人による同様の計画の蔑称的なラベルとして「ヒラリーケア」を使い続けるだろう[168]

Clinton reads a book to an African-American grade-schooler in Maryland during Read Across America Day in 1998
1998年メリーランド州のアメリカ全土の日を読む

上院議員のテッド・ケネディオリン・ハッチとともに、クリントンは1997年に州の児童医療保険プログラムの通過を後押しした力でした。この連邦法案は、両親が健康保険を提供できなかった子供たちに州の支援を与えました。彼女は、プログラムが法制化された後、プログラムに子供を登録するためにアウトリーチ活動を実施しました。[169]彼女は小児疾患に対する全国的な免疫を促進し、メディケアによって提供された報道で、乳がんスクリーニングのためにマンモグラムを取得するように年配の女性に奨励した。[170]彼女は、前立腺がんと小児喘息の研究資金を増やすことに成功した。国立衛生研究所彼女は、湾岸戦争症候群として知られるようになった湾岸戦争の退役軍人に影響を与えた病気の報告を調査するために働きました[59]

福祉改革の制定は、ビル・クリントン政権の主要な目標でした。しかし、この問題に関する最初の2つの法案が、福祉を離れる人々に対する保護を欠いている共和党が管理する議会からのものであったとき、ヒラリーは彼に法案を拒否するように促しました。[171] [172] 3番目のバージョンは、1996年の総選挙キャンペーン中に登場し、保護の一部を回復したが、他の分野での利益の範囲を縮小した。彼女の元メンターであるエデルマンを含む批評家は、大統領に再び拒否権を行使するように彼女に促した。[171]しかし彼女は、利用可能な最良の政治的妥協案として、1996年の福祉改革法となった法案を支持することを決定した。[171] [172]これは、ヒラリーが後に「悲しくて痛い」と呼んだエデルマンとの亀裂を引き起こしました。[172]

クリントンは、司法長官の ジャネット・レノとともに司法省に女性に対する暴力に関する事務所を設立するのを手伝いました[59] 1997年に、彼女は養子縁組と安全な家族法を開始し、羊飼いにした。それは彼女がファーストレディとしての彼女の最大の業績と見なした。[59] [173] 1999年、彼女は里親制度の成立に尽力し、里親制度から高齢化した10代の若者の連邦資金を2倍にした[173] アメリカ合衆国のファーストレディとして、クリントンはさまざまなホワイトハウス会議の主催者でした。これらには、チャイルドケア(1997)、[174]幼児の発達と学習(1997)、[175]および子供と青年(2000)に関するものが含まれていました。[176]彼女はまた、史上初のティーンエイジャーに関するホワイトハウス会議(2000)[177]と、史上初の慈善活動に関するホワイトハウス会議(1999)を主催した。[178]

クリントンはこの時期に79か国を旅行し、[179]パット・ニクソンが以前に保持していた最も旅行者の多いファーストレディの記録を破りました[180]彼女は、セキュリティクリアランスを保持したり、国家安全保障会議の会議に出席したりしなかったが、その目的を達成するために米国の外交において役割を果たした。[181] 1995年3月の南アジアへの5か国旅行は、米国国務省の要請により、夫なしで、インドとパキスタンとの関係を改善しようとした。[182]クリントンは出会った女性の窮状に悩まされたが、訪れた国の人々から温かい反応を見つけ、アメリカの報道機関とのより良い関係を築いた。[183]​​この旅行は彼女にとって変革の経験であり、外交における彼女の最終的なキャリアを予言した。[184]

クリントンは1995年9月に北京で「人権は女性の権利であり、女性の権利は人権である」というスピーチを行った(20:19)

北京で開催された第4回世界女性会議の前の19959月の演説で、クリントンは世界中の女性と中華人民共和国自体を虐待する慣行に強く反対した。彼女は、「女性の権利を人権とは別に議論することはもはや受け入れられない」と宣言した。[185] 180カ国以上からの代表団は彼女の言うことを聞いた:「この会議から反響するメッセージが1つあるなら、人権は女性の権利であり、女性の権利は人権であるということを一度にしましょう。」[186]そうすることで、彼女は発言を和らげるという内政と中国の圧力の両方に抵抗した。[179] [186]スピーチは女性のエンパワーメントの重要な瞬間となり、数年後、世界中の女性がクリントンのキーフレーズを語りました。[187] 1990年代後半、彼女はタリバンによるアフガニスタンの女性​​の扱いに反対して発言した最も著名な国際的人物の1人であった。[188] [189]彼女は、米国が後援する国際的なイニシアチブであるVital Voicesの作成を支援し、自国の政治プロセスへの女性の参加を奨励しました。[190]それとクリントン自身の訪問は、女性が北アイルランドの和平交渉で自分たちの意見を聞くように促した[191]1997年、クリントンは北アイルランドに戻り、1995年にベルファストを訪れたときに出会ったコミュニティ運動家に敬意を表して、アルスター大学でジョイス・マッカータンの最初の講義を行いました。 [192] [193]

ホワイトウォーターおよびその他の調査

クリントンは、米国独立検察庁、米国議会の委員会、および報道機関によるいくつかの調査の対象でした。

ホワイトウォーターの論争は、1992年の大統領選挙[194]の間、そしてファーストレディとしての彼女の時代を通して、ニューヨークタイムズのレポートに掲載されたことからメディアの注目を集めました。Clintonsは、1970年代後半にWhitewater DevelopmentCorporationへの投資を失いました。同時に、その投資のパートナーであるジムとスーザン・マクドゥガルは、ローズ法律事務所の法的サービスを保持する貯蓄貸付機関であるマディソン保証を運営していました[195]。ホワイトウォーターの損失を不適切に助成している可能性があります。マディソン保証は後に失敗し、ローズでのクリントンの仕事は、夫が任命した州の規制当局の前に、銀行を代表することへの利害の対立の可能性について精査されました。[194]彼女は銀行のために最小限の仕事をしたと言った。[196]独立検察官のロバート・フィスクケネス・スターは、クリントンの法定請求記録を召喚した。彼女は彼らがどこにいるのかわからないと言った。[197] [198] 2年間の調査の後、記録はファーストレディのホワイトハウスの本の部屋で発見され、1996年の初めに捜査官に届けられた。[198]記録の出現の遅れは、それらがどのように表面化したか、そしてそれらがどこにあったかに関する強い関心と別の調査を引き起こしました。[198]クリントンのスタッフは、アーカンソー州知事公邸からの移転以来、ホワイトハウスの保管場所が絶えず変化していることが問題の原因であると考えた。[199] 1996年1月26日、クリントンは連邦大陪審の前で証言するよう召喚された米国大統領の最初の配偶者となった。[197]いくつかの独立カウンセルが調査した後、2000年に最終報告書が発行され、いずれかのクリントンが刑事上の不正行為に関与したという証拠が不十分であると述べられた。[200]

Chelsea, Bill, and Hillary Clinton take an inauguration day walk down Pennsylvania Avenue in Washington, D.C., on January 20, 1997, when Bill started a second term as president.
就任式の日はペンシルバニアアベニューを歩き、ビルの2期目の大統領就任を開始します。1997年1月20日

1993年5月のホワイトハウストラベルオフィスの従業員の解雇の精査、「トラベルゲート」として知られるようになった行動は、ホワイトハウスがスタッフを友人に置き換える口実としてトラベルオフィスの運営で監査された財務上の不正を使用したという告発から始まりましたアーカンソーから。[201] 2年前のホワイトハウスのメモの1996年の発見は、クリントンが発砲を調整したかどうか、そして発砲における彼女の役割について彼女が調査員にした声明が真実であったかどうかに焦点を当てた調査につながった。[202] [203]2000年の最終的な独立検察官の報告書は、彼女が解雇に関与し、「事実上虚偽の」陳述を行ったが、陳述が虚偽であること、または彼女の行動が解雇につながることを知っていたという証拠が不十分であり、彼女を起訴すると結論付けた。 。[204]

1994年3月の新聞報道によると、クリントンは1978年から79年にかけて牛の先物取引から目覚ましい利益を上げていました。[205]マスコミは、クリントンが利害の対立に関与し、賄賂を偽装したと主張した。何人かの個人が彼女の取引記録を分析しましたが、正式な調査は行われず、彼女は不正行為で起訴されることはありませんでした。[206]

「トラベルゲート」調査の結果は、1996年6月にホワイトハウスが元共和党ホワイトハウスの従業員に関する何百ものFBIバックグラウンドレポートに不適切にアクセスしたことを発見したことでした。[207]クリントンがこれらのファイルを要求し、ホワイトハウスのセキュリティオフィスを率いる資格のない個人を雇うことを勧めたという告発がなされた。[208] 2000年の最終的な独立検察官の報告書は、クリントンが問題に何らかの役割を果たしたか、または不正行為を示したという実質的または信頼できる証拠を発見しなかった。[207]

2001年の初めに、ホワイトハウスに送られた贈り物をめぐって論争が起こりました。家具がホワイトハウスの所有物なのか、クリントンの私物なのかという質問がありました。ビル・クリントンが在職していた最後の年に、これらの贈り物はクリントンの私邸に送られました。[209] [210]

村のリリースとツアーが必要です

1996年に、クリントンは「村中みんなで:そして子供たちが私たちに教える他の教訓」という本の中でアメリカの子供たちのためのビジョンを提示しました。1996年1月、彼女は10都市の本ツアーに参加し、本を宣伝するために多数のテレビ出演を行いました[211]が、ホワイトウォータートラベルゲートの論争への関与についての質問に頻繁に見舞われました。[212] [213]この本は、その年のニューヨークタイムズのベストセラーリスト に18週間を費やし、そのうち3週間はナンバーワンでした。[214] 2000年までに、ハードカバーで450,000部、ペーパーバックでさらに200,000部を販売しました。[215]

クリントンは、本のオーディオ録音で1997年に最優秀音声ワードアルバムのグラミー賞を受賞しました。[216]

ルインスキースキャンダルへの対応

1998年、大統領が22歳のホワイトハウスのインターンであるモニカ・ルインスキーと婚外交渉を行っていたことが調査で明らかになったとき、クリントンの私的な懸念は多くの憶測の対象となりました。[217]ルインスキーのスキャンダルを取り巻く出来事は、最終的に衆議院による大統領の弾劾につながった。彼は後に上院に無罪となった。彼女の夫に対する申し立てが最初に公表されたとき、ヒラリー・クリントンは、申し立ては「広大な右翼の陰謀」の一部であると述べました。[218] [219]彼女は、ルインスキーの告発を、ビルの政敵による長く組織化された一連の共同告発の最新のものとして特徴づけた。[g]夫による不正行為ではなく。彼女は後に、夫が何の事件も起こらなかったという最初の主張に惑わされたと述べた。[221]クリントン大統領とルインスキーとの出会いの証拠が議論の余地がなくなった後、彼女は彼らの結婚へのコミットメントを再確認する公式声明を発表した。個人的には、彼女は彼に激怒していると報告されており、結婚生活を続けたいかどうか確信が持てませんでした。[222]ホワイトハウスの住居のスタッフは、この期間中、夫婦間の顕著なレベルの緊張に気づいた。[223]

世論の反応はさまざまでした。女性たちは、公表された私的な事柄において、彼女の強さと落ち着きをさまざまに賞賛しました。彼らは彼女の夫の鈍感な行動の犠牲者として彼女に同情し、彼女が彼女の夫の無分別を可能にするものであると批判した。彼らはまた、彼女自身の政治的影響力を維持または促進する方法として、彼女が失敗した結婚生活に冷笑的にとどまっていると非難した。[224]啓示を受けて、彼女の公的承認率は、これまでで最高の約70パーセントにまで上昇した。[224]2003年の回想録で、彼女は結婚を続けるという彼女の決定を「何十年も続いた愛」に帰し、「誰も私をよく理解しておらず、ビルのように私を笑わせることはできません。彼は今でも私が今まで出会った中で最も興味深く、活気に満ち、そして完全に生きている人です。」[225]

ルインスキースキャンダルを取り巻く問題は、ビルクリントンにかなりの法案を残しました。2014年、ヒラリーは彼女とビルがホワイトハウスを去ったと言った。声明は文字通り正確だったかもしれないが、辞任後に有給の演説をする元大統領の潜在的に莫大な収益力を無視した。カップルはまた銀行からのローンを確保する能力を持っているでしょう。[226]

2018年10月、ヒラリーはCBSニュースサンデーモーニングのインタビューで、ビルは辞任しない権利があり、ルインスキーは「大人だった」ため、ビルのルインスキーとの関係は権力の乱用にはならなかったと述べました。[227] [228]

その他の書籍とイニシアチブ

クリントンがファーストレディのときに出版した他の本には、Dear Socks、Dear Buddy:Kids'Letters to the First Pets(1998)、An Invitation to the White House:At Home with History(2000)などがあります。2001年に、彼女は子供向けの本Beatrice'sGoatに後書きを書きました[229]

彼女はSaveAmerica 's Treasuresの創設者であり、歴史的な品物や遺跡を保存および復元するために、連邦資金と民間の寄付を一致させる全国的な取り組みです。[230]これには、「星条旗」に影響を与えた旗と、オハイオ州カントンのファーストレディ国定史跡が含まれていました[59]彼女はまた、1995年から2000年まで「TalkingItOver」というタイトルの週刊シンジケート新聞コラムを発行した。 [231] [232]それは彼女の経験と、世界中を旅したときに出会った女性、子供、家族の経験に焦点を当てた。[3]

伝統的な義務

彼女はホワイトハウスミレニアムカウンシル[233]の責任者であり、ミレニアムイブニング[234]を主催し、未来学について議論した一連の講義を行いました。その1つがホワイトハウスからの最初のライブ同時ウェブキャストになりました。[59]クリントンはまた、ジャクリーン・ケネディ・ガーデンにある最初のホワイトハウス彫刻庭園を作成しました。この庭園には、美術館から貸与された現代アメリカの大規模な芸術作品が展示されていました。[235]

ホワイトハウスでは、クリントンは、陶器やガラス製品などの現代アメリカの職人の寄贈された手工芸品を、州の部屋の回転展示に置いた彼女はブルールームの修復を監督し、ジェームズモンローの時代に歴史的に本物であり[ 236 ]マップルームは第二次世界大戦中にどのように見えたかを監督しました[237]アーカンソーのインテリアデコレーターであるカキホッカースミスと8年間にわたって協力し、彼女は建物の周りの大規模な民間資金による改装作業を監督し、しばしば建物を明るく見せようとしました。[238]これらには条約室の変更が含まれていましたそして19世紀の外観を持つ大統領の研究。[237]全体的に、改装はさまざまな通知をもたらし、リンカーンの居間のビクトリア朝の家具が最も批判された。[238]クリントンは、中国の高官を訪問するための州の夕食、21世紀の変わり目の大晦日のお祝い、11月のホワイトハウスの200周年を祝う州の夕食を含む多くの大規模なイベントをホワイトハウスで主催した。 2000年。[59]

米国上院(2001–2009)

2000年米国上院選挙

ニューヨークでの2000年の米国上院選挙の結果。クリントンは青で郡を勝ち取った。

ニューヨークの長年上院議員であったダニエル・パトリック・モイニハンが1998年11月に引退を発表したとき、ニューヨークのチャールズ・ランゲル議員を含むいくつかの著名な民主党員がクリントンに2000年の上院選挙で彼の空席に立候補するよう促した[239]彼女が走ることを決心すると、クリントンは1999年9月にニューヨーク市の北にあるニューヨーク州チャパクアの15オールドハウスレーンに家を購入した。 [240]彼女はアメリカ合衆国大統領の最初の妻になった。選出された役職の候補になること。[241]当初、クリントンはルドルフ・ジュリアーニと対峙すると予想されていた—ニューヨーク市長—選挙での共和党の反対者として。ジュリアーニは、前立腺癌と診断された後、2000年5月にレースから撤退し、彼の結婚の失敗に関連する問題が公表されました。その後、クリントンは、ニューヨークの第2議会地区を代表する米国下院の共和党員であるリックラツィオと対峙した。キャンペーンを通じて、反対派はクリントンがカーペットバッガーであると非難しました。彼女はニューヨーク州に住んだことも、2000年の上院選挙の前に州の政治に参加したこともなかったからです。[242]

ビルデブラシオはクリントンのキャンペーンマネージャーでした。彼女は、小グループの設定の「リスニングツアー」で、州内の62の郡すべてを訪問することにより、米国上院へのドライブを開始しました。[243]彼女は、伝統的に共和党のニューヨーク州北部地域でかなりの時間を費やしたクリントンは、これらの地域の経済状況を改善することを誓い、任期中に州に20万人の雇用を提供することを約束しました。彼女の計画には、雇用創出に報いるため、特にハイテクセクターでの事業投資を奨励するための税額控除が含まれていました。彼女は大学の授業料と介護のための個人減税を求めた。[244]

コンテストは国民の注目を集めました。9月の討論中に、ラツィオは、資金調達契約に署名させようとしてクリントンの個人的なスペースに侵入したように見えたとき、大失敗しました。[245]彼らのキャンペーンは、ジュリアーニの最初の努力とともに、合計9000万ドルの記録を費やしました。[246]クリントンは2000年11月7日に選挙に勝利し、ラツィオの43パーセントに55パーセントの票を投じた。[245]彼女は2001年1月3日に米国上院議員として宣誓し、ジョージW.ブッシュは、2000年の大統領選挙に勝利した後、大統領に就任するまでまだ17日離れていたため、1月3日から20日まで同時に開催されました。ファーストレディと上院議員の称号–米国史上初。[247]

出版社のサイモン&シュスターは、2003年にリビングヒストリーとしてリリースされた自伝のために、2000年12月にクリントンに800万ドルの記録的な前払い金を支払いました[248]

第一期

Clinton being sworn in as U.S. Senator by Vice President Al Gore in 2000. Her husband Bill and daughter Chelsea are looking on.
ビルとチェルシーが見守る中、旧上院議場のアル・ゴア副大統領による米国上院議員としてのヒラリー・ロダム・クリントンの誓いの再現
米国上院議員としての公式写真

ビル・クリントンの大統領任期は、彼女が宣誓してから17日後まで終わらなかったため、上院に入ると、クリントンは上院議員とファーストレディを同時に務める最初でこれまでのところ唯一のファーストレディになりました。クリントンは、任期を開始したとき、低い知名度を維持し、両党の上院議員との関係を築きました。[249]彼女は上院の祈りの朝食の定期的な参加者になることによって、宗教的に傾倒した上院議員との同盟を築いた。[155] [250]彼女は5つの上院委員会に出席した:予算委員会(2001–02)、[251] 武装サービス委員会(2003–09)、[252] 環境公共事業委員会(2001–09)、健康、教育、労働および年金に関する委員会(2001–09)[251]および高齢化に関する特別委員会[253] 彼女はまた、ヨーロッパの安全と協力に関する委員会[254](2001–09)のメンバーでもあった。[255]

9月11日の同時多発テロの後、クリントンはニューヨーク市の復興努力と彼女の州の治安改善のための資金を得ようとしました。ニューヨークの上級上院議員であるチャックシューマーと協力して、彼女は世界貿易センターサイトの再開発のために210億ドルの資金を確保することに尽力しました。[256]彼女はその後、9.11のファーストレスポンダーが直面した健康問題の調査において主導的な役割を果たした。[257]クリントンは、2001年10月に米国愛国者法に投票した。2005年に法が更新されると、彼女は市民の自由に関する米国愛国者法再承認会議報告に懸念を表明した。[258]2006年3月、彼女は、大多数の支持を得た2005年の米国愛国者法の改善および再承認法に賛成票を投じました。[259]

クリントン大統領は、2001年のアフガニスタンでの米軍の行動を強く支持し、タリバン政権下で苦しんでいるアフガニスタンの女性​​の生活を改善しながら、テロと戦うチャンスであると述べた。[260]クリントンは、2002年10月のイラク戦争決議に賛成票を投じ、ジョージW.ブッシュ大統領がイラクに対して軍事力を行使することを承認した。[261]

イラク戦争が始まった後、クリントンはイラクとアフガニスタンに駐留しているアメリカ軍を訪問するために旅行をしました。2005年2月のイラク訪問で、クリントン大統領は、反乱が以前に行われた民主的選挙を混乱させることに失敗し、国の一部がうまく機能していると述べた。[262]戦争の展開が正規軍と予備軍を枯渇させていることを観察し、彼女は緊張を和らげるために正規米軍の規模を80,000人の兵士で増やすための法律を共同導入した。[263] 2005年後半、クリントン大統領は、イラクからの即時撤退は間違いであるが、「仕事が完了するまで」とどまるというブッシュの誓約も、イラク人に「世話をしないようにとの自由な誘い」を与えたため、誤った方向に進んだと述べた。彼ら自身"。彼女の姿勢は、迅速な撤退を支持する民主党の人々の間で欲求不満を引き起こした。[265]クリントンは、予備軍の健康上の利益の維持と改善を支持し、いくつかの軍事基地、特にニューヨークの基地の閉鎖に反対するロビー活動を行った。[266] [267]彼女は、上院軍事委員会での地位を利用して、多くの高官と緊密な関係を築いた。[267] 2014年と2015年までに、クリントンはイラク戦争決議で完全に逆転し、彼女は「それを間違えた」と述べ、支持の投票は「間違い」だった。[268]

クリントン大統領は、ブッシュ大統領の2つの主要な減税パッケージ、2001年の経済成長および税救済和解法と2003年の雇用および成長税救済和解法に反対票を投じました。[269]サイモン&シュスターが生活史を発表:[248]この本はノンフィクション作品の最初の週の販売記録を打ち立て、[270]出版後の最初の月に100万部以上を売り続けた[271]そして12の外国語に翻訳されました。[272]クリントンの本のオーディオ録音は、彼女にグラミー賞の最優秀スポークンワードアルバムのノミネートを獲得した。[273]

クリントンは、2005年のジョン・ロバーツ米国最高裁判所長官の確認と、2006年のサミュエル・アリート米国最高裁判所への確認に反対し、後者を議事妨害した。[274] [275]

2005年、クリントンは連邦取引委員会に、物議を醸しているビデオゲーム「グランドセフトオート:サンアンドレアス」で隠されたセックスシーンがどのように現れたかを調査するよう求めました[276]上院議員のジョー・リーバーマンエヴァン・バイとともに、彼女はビデオゲームで見つかった不適切なコンテンツから子供を保護することを目的とした家族向け娯楽保護法を導入しました。2004年と2006年に、クリントンは同性結婚を禁止しようとした連邦婚姻改正案に反対票を投じました。[269] [277]

アメリカの保守主義に匹敵する「進歩的なインフラ」の確立を目指して、クリントンは会話の中で形成的な役割を果たし、2003年に元クリントン政権の首席補佐官ジョン・ポデスタアメリカ進歩センターを設立し、市民の責任を分担しました。 2003年に設立され2004年に創設されたクリントン政権の元敵対者であるデビッドブロックメディアマターズフォーアメリカに助言したワシントンの倫理戦争室毎日の政治的メッセージを処理します。[279]

2006年再選キャンペーン

2004年11月、クリントンは2番目の上院の任期を求めると発表しました。彼女は、反戦活動家のジョナサン・タシーニからの反対をめぐって民主党の指名を簡単に勝ち取った[280]共和党の指名の初期の最有力候補であるウェストチェスター郡 地区の弁護士、 ジェニー・ピロは、キャンペーンのパフォーマンスが数か月続いた後、コンテストから撤退した。[281]総選挙でのクリントンの最終的な反対者は、共和党候補のジョン・スペンサー、元ヨンカーズ市長だった。クリントンは2006年11月7日に選挙に勝利し、スペンサーの31%への投票の67%[282]で、ニューヨークの62の郡のうち4つを除くすべてを支持しました。[283]彼女の選挙運動は彼女の再選に3600万ドルを費やし、2006年の選挙で上院の他のどの候補者よりも多かった。一部の民主党員は彼女を一方的なコンテストに多額の支出をしたと批判し、一部の支持者は彼女が2008年の大統領選挙の可能性のためにそれ以上の資金を残さないことを懸念し。彼女の大統領選挙に向けて。[285]

2期目

Clinton listens as the Chief of Naval Operations, Admiral Michael Mullen, responds to a question during his 2007 confirmation hearing with the Senate Armed Services Committee. She is in the background, sitting behind a desk with a placard bearing the words "MRS CLINTON", and is wearing a blue suit. A man wearing a black suit sits behind Clinton, taking notes.
クリントンは海軍作戦部長のマイケル・マレン提督が上院軍事委員会との2007年の確認聴聞会で質問に答えるのを聞いています。

クリントンは、軍事的および国内の政治的理由の両方で、2007年のイラク戦争部隊の急増に反対した(翌年までに、彼女は急増が成功したことを個人的に認めていた)。[h]その年の3月、彼女はブッシュ大統領が期限までにイラクから軍隊を撤退させることを要求する戦争支出法案に賛成票を投じた。それはほぼ完全に党の路線に沿って通過した[287]が、その後ブッシュによって拒否された。5月、撤退期限を削除したが、イラク政府の進捗ベンチマークに資金を結び付けた妥協戦争資金法案は、80-14の投票で上院を通過し、ブッシュによって署名されました。クリントンはそれに反対票を投じた人の一人でした。[288]彼女はデヴィッド・ペトレイアス将軍に返答したの2007年9月のイラク情勢に関する議会への報告書は、「あなたが私たちに提供する報告書は、不信の停止を積極的に要求していると思います」と述べています。[289]

2007年3月、米国の弁護士論争の解雇に応えて、クリントンは司法長官アルベルト・ゴンザレスに辞任を求めた。[290] 2007年の包括的移民改革法として知られる注目を集め、熱く議論されている移民改革法案に関して、クリントンは法案を支持するために数票を投じたが、最終的にはクローチャーを獲得できなかった。[291]

2007年から2008年の金融危機が2008年9月の流動性危機でピークに達したとき、クリントンは米国の金融システムの提案された救済を支持し、不良資産買取プログラムを作成した7000億ドルの法律に賛成しました。アメリカ人の利益。上院74–25を通過しました。[292]

2007年、クリントンとバージニアの上院議員のジムウェッブは、イラクの兵士に発行された防弾チョッキが適切であるかどうかの調査を求めました。[293]

2008年大統領選挙

クリントンは少なくとも2003年の初めから米国大統領の潜在的な立候補の準備をしていた。[294] 2007年1月20日、彼女は自分のWebサイトを通じて、2008年の米国大統領選挙のための大統領調査委員会の設立を発表した。私は参加していて、勝つために参加しています。」[295]大統領に主要政党から指名された女性はなく、大統領に立候補したファーストレディもいなかった。ビル・クリントンが1993年に大統領に就任したとき、白紙委任信託設立された; 2007年4月、ヒラリーが大統領選挙に参加したとき、クリントンは倫理的対立や政治的恥ずかしさの可能性を回避するために白紙委任信託を清算しました。その後の開示声明は、夫婦の価値が現在5000万ドル以上であることを明らかにしました。[296]彼らは2000年以来1億ドル以上を稼いでおり、そのほとんどはビルの本、講演会、その他の活動からのものです。[297]

Photograph of Clinton speaking at a lectern to the College Democrats
2007年CDA全国大会でのクリントン

2007年上半期を通じて、クリントン大統領は選挙の世論調査で民主党大統領候補の指名を争う候補者を率いました。イリノイ州の上院議員バラクオバマとノースカロライナ州の元上院議員ジョンエドワーズは彼女の最強の競争相手でした。[261]彼女のキャンペーンに対する最大の脅威は、オバマが最初から反対していたイラク戦争への彼女の過去の支援であった。[261]クリントンとオバマはどちらも早期の資金調達の記録を打ち立て、四半期ごとに資金のリードを交換した。[298] 10月末、クリントンはオバマ、エドワーズ、および彼女の他の敵に対する彼女の討論のパフォーマンスでうまくいかなかった。[299] [300]オバマの変化のメッセージは、クリントンの経験のメッセージよりも民主党の有権者と共鳴し始めました。[301]

Clinton speaking at a college rally as part of her 2008 presidential campaign, with a crowd behind her looking on. She is speaking at Augsburg College in Minneapolis, two days before "Super Tuesday", the day in 2008 when the largest number of simultaneous state-level elections was held. She is wearing a black suit. There are blue banners with the word "Hillary" on them, hung around the room, as well as a large white-on-burgundy banner with the words "Augsburg College".

2008年の最初の投票で、彼女は1月 3日のアイオワ民主党員集会でオバマとエドワーズに次ぐ3位になりました。[302]オバマは、ニューハンプシャー州の予備選挙での彼の勝利を予測するすべての世論調査で、次の数日で全国世論調査で地位を獲得した[303]クリントンは1月8日にそこで驚きの勝利を収め、オバマをわずかに破った。[304]代議員選出の目的で、女性がアメリカの主要政党の大統領予備選挙で勝利したのはこれが初めてだった。[305]クリントンのニューハンプシャー復帰の説明はさまざまでしたが、選挙の前日に有権者の質問に答えている間に彼女の目が涙で溢れ、彼女の声が壊れた後、彼女がより共感的に、特に女性に見られることに集中することがよくありました。[306]

コンテストの性質は、次の数日で崩壊しました。ビル・クリントンと他の代理人によるいくつかの発言[307]と、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアとリンドン・B・ジョンソンに関するヒラリー・クリントンによる発言[i]は、偶然または故意に、オバマを人種志向の候補者として制限していると多くの人に認識されました。またはそうでなければ彼のキャンペーンの人種差別後の重要性と成果を否定します。[308]ヒラリーとオバマの両方がこの問題を軽視しようとしたにもかかわらず、結果として民主党の投票はより二極化し、クリントンはアフリカ系アメリカ人の間で彼女の支持の多くを失った。[307] [309]サウスカロライナ州の予備選挙で、1月26日にオバマに2対1の差で敗れた。[309]エドワーズが間もなく中退し、2月 5日のスーパーチューズデー22州を対象とした激しい2人のコンテストを設定しました。ビル・クリントンは、サウスカロライナ方面作戦の後半に、人種的影響の認識について批判を集める声明を発表しました。彼の役割は、キャンペーン内外の支持者の波が前大統領を「止める必要がある」と彼女に与えるほどの損害を与えたと見なされました。 。[310]サウスカロライナ方面作戦はクリントンに永続的な損害を与え、民主党の確立の間で彼女の支持を侵食し、テッド・ケネディによるオバマの貴重な支持につながった。[311]

Chart of 50 states, showing state-by-state popular votes in the Democratic primaries and caucuses, shaded by percentage won. Popular vote winners and delegate winners differed in New Hampshire, Nevada, Missouri, Texas, and Guam.
民主党予備選挙と党員集会での州ごとの人気投票。勝った割合で陰影が付けられています。オバマは紫、クリントンは緑です。(人気投票の勝者と代表の勝者は、ニューハンプシャー、ネバダ、ミズーリ、テキサス、グアムで異なりました。)

スーパーチューズデーでは、クリントンがカリフォルニアニューヨークニュージャージーマサチューセッツなどの最大の州を獲得し、オバマはさらに多くの州を獲得しました。[312]彼らは人気投票の合計をほぼ均等に分割しました。[313]しかし、オバマは、民主主義の比例配分規則のより良い活用のために、人気投票の彼のシェアのためにより多くの公約された代表を獲得していました。[314]

クリントンキャンペーンはスーパーチューズデーまでに指名を勝ち取ることに期待しており、長期にわたる努力のために財政的およびロジスティック的に準備ができていませんでした。クリントンが彼女のキャンペーンにお金を貸し始めたので、インターネット資金調達に遅れをとった。[301] [315]キャンペーンスタッフ内で絶え間ない混乱があり、彼女はいくつかのトップレベルの人事異動を行った。[315] [316]オバマは、多くの場合大きな差で、全国で次の11の2月のコンテストに勝ち、クリントンに対して重要な公約の代表を率いた。[314] [315] 3月4日、クリントンは他の場所の中でもとりわけオハイオで勝利することにより、一連の損失を打ち破った[315]。夫の大統領職の主要な遺産であるNAFTAに対する彼女の批判は、貿易協定が不人気だった州で助けになりました。[317]キャンペーンを通じて、オバマは党員集会を支配したが、クリントンキャンペーンはほとんど無視され、準備に失敗した。[301] [314]オバマは、アフリカ系アメリカ人以下、大学教育を受けた、またはより裕福な有権者が多く代表された予備選挙でうまくいった。クリントンは、ヒスパニック以上の、大学教育を受けていない、または労働者階級の白人有権者が優勢だった予備選挙でうまくいきました。[318] [319]代議員の後ろで、指名を勝ち取るというクリントンの最大の希望は、コミットされていない、党が任命したスーパーデリゲートを説得することでした。[320]

Clinton speaking on behalf of Barack Obama before a convention audience during the second night of the 2008 Democratic National Convention in Denver. Multiple audience members in the foreground wave white flags with the word "Hillary" written in marker.
クリントンは、 2008年民主党全国大会の第2夜に、以前のライバルであるバラクオバマを代表して講演します。

2008年6月3日の最終予備選挙に続いて、オバマは推定候補者になるのに十分な代議員を獲得しました。[321] 6月7日の支持者の前での演説で、クリントンはキャンペーンを終了し、オバマを支持した。[322]キャンペーンの終わりまでに、クリントンはオバマの1,763に1,640の誓約された代表を獲得した。クリンチの時点で、クリントンはオバマの395に286のスーパーデリゲートを持っていた[ 324]。オバマが勝者として認められると、それらの数は438に対して256に拡大した。[323]クリントンとオバマは、指名プロセス[j]の間に、それぞれ1,700万票以上を獲得し、どちらも以前の記録を破りました。[325]クリントンはすべての州の党員集会または党員集会で走った最初の女性であり、彼女は非常に大きな差で、シャーリー・チザム議員の1972年の得票数のほとんどを上回り、代議員は女性が勝ちました。[305]クリントンは、 2008年民主党全国大会でオバマを支持する情熱的な演説を行い、 2008年秋にオバマのために頻繁に選挙運動を行った。 ; 彼女は外部のベンダーに数百万ドルを借りており、自分で貸した1300万ドルを帳消しにしました。債務は最終的に2013年の初めまでに完済された。[327]

Hillary Clinton dressed in a black suit seen in her official secretary of state portrait in 2009
州の肖像画の公式秘書、2009年

国務長官(2009–2013)

推薦と確認

Hillary Clinton taking oath as Secretary of State on January 21, 2009. She is on the left side of the image, facing toward the right. The oath is being administered by Associate Judge Kathryn Oberly, who is standing directly in front of Hillary (on the right side of the photo) and facing toward the left. Bill Clinton, who is standing on both women's side in the background of the image, is holding a Bible.
DC上訴裁判所のキャスリン・オバリー副裁判官は、夫のビル・クリントンが聖書を保持しているときに、ヒラリー・ロダム・クリントンに国務長官の就任宣誓を行います。

2008年11月中旬、オバマ大統領とクリントン大統領は、彼女が国務長官を務める可能性について話し合った。[328]彼女は当初はかなり気が進まなかったが、11月20日にオバマにその地位を受け入れると言った。[329] [330] 12月1日、オバマ大統領は、クリントンが国務長官の候補者になることを正式に発表した。[331] [332]クリントンは上院を去りたくないと言ったが、新しい地位は「困難で刺激的な冒険」を表した。[332]指名の一環として、そして利益相反の懸念を和らげるために、ビル・クリントンは、ウィリアム・J・クリントン財団ク​​リントン・グローバル・イニシアチブのための彼の継続的な活動と資金調達の取り組みに関するいくつかの条件と制限を受け入れることに同意しました。[333]

任命にはサクスベの修正が必要であり、 2008年12月に可決され、法に署名した。[334]オバマ大統領就任の1週間前の2009年1月13日に上院外交委員会が始まる前の確認聴聞会。2日後、委員会はクリントンを承認するために16対1で投票しました。[335]この時までに、彼女の公的承認率は65パーセントに達し、ルインスキースキャンダル以来の最高点となった。[336] 2009年1月21日、クリントンは上院で94–2の投票で確認された。[337]クリントンは国務長官の就任宣誓を行い、その日遅くに上院を辞任した[338]彼女は、米国内閣のメンバーになった最初の元ファーストレディになりました[339]

在職期間前半

Obama whispering to Clinton at a summit meeting, with multiple soldiers in uniform standing behind them and heads of state sitting behind and in front of them. They are in the 21st NATO summit, which was held in April 2009.
2009年4月の第21回NATOサミットでのクリントンとオバマ

クリントンは、国務長官として数十人の世界の指導者に電話をかけ、米国の外交政策が方向を変えることを示して、彼女の最初の日々を過ごしました:「私たちは修理するために多くの損害を被ります」。[340]彼女は国務省の世界経済問題における拡大された役割を提唱し、特に国防総省が外交使節団を実施したイラクにおいて、米国の外交的プレゼンスを高める必要性を挙げた。[341]クリントンは、国務省の海外での外交使節団の特定の目的を確立する、彼女の部門改革の中で最も野心的な、 4年ごとの外交および開発レビューを発表した。同様のプロセスをモデルにしています彼女が上院軍事委員会での彼女の時代から精通していた国防総省で[342]そのような最初のレビューは、2010年後半に発行された。それは、国際的な課題に対応し、危機を和らげる費用効果の高い方法として、「文民の力」を通じて主導する米国を求めた。[343]それはまた、世界中の女性に力を与えるという目標を制度化しようとした。[186]クリントンが在職中ずっと提唱した原因は、よりクリーンで環境に配慮した食品の調理を促進し、女性への煙の危険を減らすために、発展途上国で調理用ストーブを採用したことでした。[329]

Hillary Clinton standing with Russian Foreign Minister Sergey Lavrov. Both of them are holding a "reset button". They are in a room with a window to the left and an American flag behind them
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相とクリントンが2009年3月に「リセットボタン」を握る

アフガニスタンでの戦争に関する2009年の内部討論で、クリントンは最大の「アフガニスタンの急増」に関する軍の勧告を支持し、40,000人の軍隊を勧告し、撤退の公的な期限はありませんでした。彼女はジョー・バイデン副大統領の反対に勝ったが、最終的にはオバマの妥協案を支持し、さらに3万人の軍隊を派遣し、急増を最終的な撤退の予定に結び付けた[267] [344] 2009年3月、クリントンはロシアのセルゲイ・ラブロフ外相に、新大統領のドミトリー・メドヴェージェフの下で米国との関係を再構築しようとする試みを象徴するリセットボタン」を提示した。[345] [ 346]写真撮影はロシア語への誤訳で記憶されていました。ロシアのリセットとして知られるようになったこの政策は、メドベージェフの在任中、いくつかの分野での協力の改善につながりました。[345]しかしながら、ウラジーミル・プーチンが2012年にその地位に戻った後、関係はかなり悪化するだろう。 [347] 2009年10月、スイスへの旅行で、クリントンの介入は土壇場での障害を克服し、歴史的なトルコ人の署名を救った。 –外交関係を確立し、2つの長く敵対的な国の間の境界を開いたアルメニアの合意。[348] [349]パキスタンでは、パキスタンの米国のイメージを修復するために、学生、トークショーの主催者、部族の長老たちと非常に率直な話し合いを行った[184] [k] 2010年以降、彼女は外交的孤立と国際的制裁の組織化を支援した。その国の核開発計画の削減を強制するための努力におけるイランに対する体制; これは最終的に、2015年に合意された多国籍共同包括的行動計画につながるでしょう。 [329] [351] [352]

クリントンとオバマは権力闘争なしで良好な協力関係を築きました。彼女は政権内のチームプレーヤーであり、外からの擁護者であり、彼女も彼女の夫も大統領を上演しないように注意した。[353] [354]クリントンは、国防長官が同様の戦略的見通しを共有していたため、国防長官と同盟を結んだ。[355]オバマとクリントンはどちらも、主に非イデオロギー的で実用的な演習として外交政策に取り組んだ。[329]彼女は毎週彼と会ったが、彼女の前任者の何人かが彼らの大統領と持っていたような密接な、毎日の関係を持っていなかった。[354]さらに、政策決定の特定の重要な分野は、ホワイトハウスまたは国防総省内に保持されていた。[356] [357]それにもかかわらず、大統領は彼女の行動に信頼を置いていた。[329]

Clinton greeting U.S. military personnel at Andersen Air Force Base in Guam. The personnel are wearing uniforms and standing side by side.
2010年10月グアムのアンダーセン空軍基地でのサービスメンバーへの挨拶

2010年1月に準備されたスピーチで、クリントンは鉄のカーテンと無料および無料のインターネットとの類似点を描きました。[358]中国当局はそれに否定的に反応した。アメリカの高官がインターネットをアメリカの外交政策の重要な要素として明確に定義したのは初めてのことで、このスピーチは注目を集めました。[359]

2010年7月、彼女は韓国を訪問し、そこで彼女とシェリルミルズは、最低賃金の引き上げ計画に対する同社の深い懸念にもかかわらず、ハイチに投資するように大手アパレル下請け業者であるSAE-Aを説得するために働きました。2010年の夏、韓国企業は米国国務省と契約を結び、カラコル工業団地に主要なテナントがいることを確認しました。[360]これは、熱帯低気圧の季節が島に10億ドルの損害を与えた後、2009年にハイチへの国連特別特使と名付けられた彼女の夫によって開始された「より良いビルドバック」プログラムの一部でした。[361] 2011年1月、クリントンはミシェル・マテリの選挙への道を開くのを助けるためにハイチに旅行した[362]

在職期間の後半

2011年のエジプトの抗議は、オバマ政権にとってこれまでで最も困難な外交政策の危機をもたらしました。[363]クリントンの世論の反応は、ホスニー・ムバラク政権が「安定している」という初期の評価から、「民主的な参加型政府への秩序ある移行」が必要であるというスタンス、そして抗議者。[364] [365]オバマは、開発への舞台裏の対応において、クリントンの助言、組織および個人的なつながりに依存するようになった。[363]アラブの春として抗議行動はこの地域全体に広がり、クリントンは米国の対応の最前線に立っており、時には矛盾していると認識し、一部の政権を支持し、他の政権に対して抗議者を支援した。[366]

Hillary Clinton speaks at a London meeting to discuss NATO military intervention in Libya on March 29, 2011. She is standing behind a blue podium with a sign that has the words "THE LONDON CONFERENCE ON LIBYA" printed in white-on-blue text in capital letters.
2011年3月29日、リビアでのNATO軍事介入について話し合うロンドン会議

リビア内戦が起こったとき、軍事介入を支持するクリントンのシフトは、彼女を国連スーザンライス大使 と国家安全保障会議の人物サマンサパワーと一致させました。これは、ゲーツ国防長官、安全保障顧問のトーマス・E・ドニロン、テロ対策顧問のジョン・ブレナンによる2011年のリビアへの軍事介入の支持とアラブと国連の承認を得るための内部行政の反対を克服するための重要なターニングポイントでした[366] [367] [368]クリントン長官は、政権が議会の承認を必要としないことを議会に証言した政権が戦争権限決議に違反しているという両党の一部のメンバーからの反対にもかかわらず、リビアへの軍事介入に対して国務省の法律顧問は、決議の無許可戦争の60日間の制限が可決されたとき、同じ点を主張した(オバマ政権内の法的な議論で勝った見解)。[369]クリントンは後に米国の同盟国と彼女が「召集力」と呼んだものを使用して、リビアの反政府勢力が最終的にカダフィ政権を打倒したときの団結を促進した。[367]リビア内戦の余波により、国は失敗国家になりました[370]介入の知恵とその後に起こったことの解釈はかなりの議論の対象になるでしょう。[371] [372] [373]

2011年4月、米国の特殊部隊にオサマ・ビンラーディンに対するパキスタンへの襲撃を命じるかどうかについての大統領の最も内側の顧問サークルの内部審議で、クリントンは、ビンラーディンを取得することの重要性がリスクを上回ったと言って賛成した。パキスタンとの米国の関係に。[374] [375]ビンラーディンの死 をもたらした5月2日の任務の完了に続いて、クリントンは死んだアルカイダの指導者の写真を公開しないという政権の決定において重要な役割を果たした。[376]2011年のイラクに関する内部協議の中で、クリントンは、そこに最大10,000〜20,000人の米軍の残余部隊を維持することを主張した。(改訂された米イラク地位協定の交渉が失敗した後、それらはすべて撤回された。)[267] [377]

Clinton standing with Aung San Suu Kyi. The two women are discussing something during Clinton's 2011 visit to Burma.
2011年12月のミャンマー訪問中にノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチーとクリントン

クリントン大統領は2011年12月の国連人権理事会での演説で、「ゲイの権利は人権である」と述べ、米国は海外のゲイの権利とゲイの人々の法的保護を支持すると述べた。[378]同じ時期に、彼女はオバマに直接訴え、1955年以来初めて米国国務長官がビルマを訪問した。彼女はビルマの指導者や野党指導者のアウンサンスーチーと会い、 2011年のビルマ民主主義改革を支援するため[379] [380]彼女はまた、21世紀は「アメリカの太平洋世紀」になるだろうと述べた[381]。オバマ政権の「アジアへのピボット」の一部であった宣言[382]

シリア内戦中クリントンとオバマ政権は当初、シリアのバシャール・アル・アサド大統領に人気のあるデモを改革に参加させるよう説得しようとしました。2011年8月に政府の暴力が高まったとされると、彼らは彼に大統領職を辞任するよう求めた。[383]政権は、シリアで活動しているアサド政府と人道主義グループに反対するいわゆる反政府勢力に非致死的支援を提供することでいくつかの国に加わった。[384]2012年半ば、クリントンはCIA長官のデビッドペトレイアスと、シリアの反政府勢力の精査されたグループを武装させ訓練することによって反対派をさらに強化する計画を立てました。この提案は、反政府勢力の間に隠された過激派が他の標的に武器を向ける可能性があることを恐れて、紛争に巻き込まれることを躊躇したホワイトハウス当局者によって拒否されました。[379] [385]

2012年12月、クリントンは右横行静脈洞の血栓治療のために数日間入院しました[386]彼女の医師は、ヨーロッパへの旅行中に獲得したウイルス性腸疾患による重度の脱水症の結果として、彼女が気を失い、ほぼ3週間前に転倒したときに受けた脳震盪の追跡検査中に血栓を発見した。[386] [387]即時の神経学的損傷を引き起こさなかった血餅は、抗凝固薬で治療され、彼女の医師は彼女が完全に回復したと述べた。[387] [388] [l]

全体的なテーマ

President Barack Obama and Vice President Joe Biden, along with members of the national security team, receive an update on Operation Neptune's Spear, a mission against Osama bin Laden, in one of the conference rooms of the Situation Room of the White House, on May 1, 2011. They are watching live feed from drones operating over the bin Laden complex.
クリントンは、国家安全保障チームのメンバーとともに、2011年5月1日にホワイトハウスシチュエーションルームでネプチューンスピア作戦の最新情報を受け取ります。部屋の全員が、オサマビンラーディン複合施設で活動しているドローンからのライブフィードを見ています。

クリントン氏は在任中(そしてそれを締めくくる最後のスピーチで言及された)、「スマートパワー」を米国のリーダーシップと価値観を主張するための戦略と見なしていました。さまざまな脅威、弱体化した中央政府、ますます重要になる非政府組織の世界では、スマートパワーは、グローバル経済、開発援助、技術、創造性、人権擁護において、軍事ハードパワーと外交および米国のソフトパワー能力を組み合わせました。[367] [393]このように、彼女はスマートパワーアプローチを系統的に実施した最初の国務長官になりました。[394]軍事力の使用をめぐる議論では、彼女は一般的に、よりタカ派の一人でした。行政の声。[267] [355] [377] 2011年8月、彼女はリビアで進行中の多国籍軍事介入とシリア内戦に対する最初の米国の対応を、行動中のスマートパワーの例として歓迎した。[395]

クリントンは、国務省によるFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの使用を大幅に拡大し、メッセージを発信し、政府に対して外国の市民に力を与えるのを支援しました。[367] そして中東の混乱の中で、クリントンは特に彼女の在職期間の中心的なテーマの1つである世界中の女性と女児のエンパワーメントと福祉を前進させる機会を見た。[186]さらに、「ヒラリー教義」として知られるようになった定式化において、彼女は、女性に対する暴力のレベルと州内のジェンダーの不平等との関連性と不安定性のために、女性の権利を米国の安全保障上の利益にとって重要であると見なした。そしてその州の国際安全保障への挑戦。[353] [396]その結果、世界中の女性がより多くの機会を見つけ、場合によっては彼女の行動と可視性の結果としてより安全に感じる傾向がありました。[397]

クリントンは在任中に112か国を訪問し、最も広く旅行された国務長官になりました[ 398] [m]タイムは「クリントンの忍耐力は伝説的です」と書いています。)[367]トーゴ東ティモール、彼女は、仮想時代において、対面訪問がこれまで以上に重要であると信じていました。[401] 2011年3月には早くも、オバマが2012年に再選された場合、国務長官として2期目を務めることには関心がないことを示した。[368] 2012年12月、その再選に続いて、オバマはジョン・ケリー上院議員を指名した。クリントンの後継者になること。[ 387]国務長官としての彼女の最後の日は、2013年2月1日でしそして、彼女が具体的ではないと思ったが、より永続的な効果があると彼女が考えた目標に焦点を合わせていることを強調した。[403]彼女はまた、国務長官としての在任中に、外国政府からクリントン財団への数百万ドルの寄付を受け入れたことで批判されてきた。[404]

ベンガジ攻撃とその後の公聴会

Obama and Clinton at a somber occasion, honoring the Benghazi attack victims at the Transfer of Remains Ceremony, held at Andrews Air Force Base on September 14, 2012. Soldiers are standing behind Obama and Clinton, and everyone is standing on a large wooden floor with their left hands to their side and their right hands on their upper chests.
オバマとクリントンは、2012年9月14日にアンドリュース空軍基地で開催された遺骨移転式典でベンガジ攻撃の犠牲者を称えます

2012年9月11日、リビアのベンガジでの米国外交使節団が攻撃され、その結果、米国大使J.クリストファースティーブンスと他の3人のアメリカ人が死亡しました。攻撃、米国領事館の安全をめぐる質問、そしてその後に起こったことについての行政当局によるさまざまな説明は、米国で政治的に論争の的になりました[405] 10月15日、クリントンは安全の失効の問題に責任を負いました。説明は、そのような出来事の後の戦争混乱の避けられない霧によるものでした。[405] [406]

12月19日、トーマスR.ピカリングマイケルマレンが率いるパネルがこの問題に関する報告書を発表しました。警備員の増員と安全性の向上の要求を無視し、セキュリティ手順を悪化するセキュリティ環境に適応させなかったことについて、ワシントン州の州務省当局者は非常に批判的でした。[407]それはその批判を外交保安局と国務省近東局に集中させた。その結果、国務省の次官補レベル以下の4人の職員が彼らのポストから削除されました。[408]クリントンは、報告書の結論を受け入れ、提案された勧告を実施するための変更が進行中であると述べた。[407]

クリントンは、ベンガジの攻撃に関して、2013年1月23日に2つの議会外交委員会に証言をしました。彼女は事件に対応して自分の行動を擁護し、正式な責任を引き受けながら、領事館の安全保障に関する事前の具体的な話し合いには直接的な役割はなかったと述べた。[409]議会の共和党員はいくつかの点で彼女に挑戦し、彼女はそれに応えた。特に、クリントン大統領は、攻撃後に政権が不正確な「論点」を出したかどうかについて絶え間なく質問した後、「敬意を表して、4人のアメリカ人が亡くなったのは事実だ。ある夜、アメリカ人を殺そうと決心した男たちのせいでしたか?この時点でどのような違いがありますか?何が起こったのかを理解し、できる限りのことをするのが私たちの仕事ですそれが二度と起こらないようにするために、上院議員。」[409] [410] 2014年11月、ハウスインテリジェンス委員会攻撃に対する政権の対応に不正はなかったと結論付けた報告書を発行した。[411]

ベンガジのハウスセレクト委員会は2014年5月に設立され、2012年の攻撃に関連して2年間の調査を実施しました。[412]その行動は、しばしば国内政治のプリズムを通して見られた。[412] [413]これは特に2015年9月に当てはまり、下院の多数派リーダーであるケビン・マッカーシーがベンガジの公聴会でクリントンの世論調査数を減らし、それによって共和党の以前の調査に関する論点と矛盾した。[412] [414] 2015年10月22日、クリントンは委員会の前で終日および夜間のセッションで証言した。[415] [416]公聴会には、委員会メンバーとクリントンの間、および委員会メンバー自身の間での多くの熱心な交流が含まれていました。[415]クリントンは、メディアが冷静で動揺しない態度と委員会からの長く曲がりくねった繰り返しの質問の列として認識したため、聴聞会からほとんど無傷で出現していると広く見られていた。[417]委員会は、2016年6月に、党派の方針に沿った競合する最終報告書を発行した。[412]共和党の報告は、攻撃に関するいくつかの新しい詳細を提供したが、クリントンによる責任の新しい証拠はなかった。[413]

メールの論争

2015年3月10日に国連本部でメディアとの電子メール論争に対処するクリントン

2015年3月、国務省の検査官が、クリントンが在職中に公務を行う際に、連邦政府のサーバーで維持されている電子メールアカウントではなく、非政府の個人的に維持されているサーバーで個人の電子メールアカウントを排他的に使用していたことを明らかにしたときに論争が起こりました。国務長官。一部の専門家、当局者、下院議員、および政敵は、彼女のプライベートメッセージングシステムソフトウェアとプライベートサーバーの使用は、国務省のプロトコルと手順、および記録保持要件を管理する連邦法と規制に違反していると主張しました。[418]論争は、クリントンの2016年大統領選挙キャンペーンとベンガジのハウスセレクト委員会によって開催された公聴会を背景に発生しました。[419] [420]

2015年7月15日に発表された共同声明の中で、国務省の監察官と諜報機関の監察官は、電子メールのレビューにより、送信時に分類された情報が見つかり、検査時に分類されたままであると述べました。分類されていない個人システムを介して送信されるべきではありませんでした。」彼らはまた、この機密情報が安全な政府のコンピュータシステムの外部に保存されるべきではなかったことを明確に述べました。クリントン氏は、数か月にわたって、自宅に設置したプライベートサーバーに機密情報を保管していないと述べていました。[421]クリントンがセキュリティクリアランスを取得する一環として署名した秘密保持契約で繰り返し述べられている政府の方針では、機密情報は、そのようにマークされていなくても機密情報と見なすことができます。[422]問題の電子メールの一部がいわゆる「機密扱い」のカテゴリに分類されたという申し立てが提起された後、機密情報がクリントンサーバーでどのように処理されたかに関してFBI調査が開始されました。[423] ニューヨークタイムズは2016年2月に、クリントンのサーバーに保存された約2,100通の電子メールが国務省によって遡及的に分類されたとマークされたと報告しました。[424]さらに、インテリジェンスコミュニティの監察官は議会に、一部の電子メールには「発信時に国務省の機密情報が含まれていた」と述べています。[425] 2016年5月、国務省の監察官は、国務長官の間にプライベート電子メールサーバーを使用したことを批判し、許可を要求しなかったため、要求した場合は受信しなかったと述べた。[426]

クリントン氏は、個人サーバーから送信時に機密情報である電子メールを送受信しなかったと主張しました。2016年2月4日のバーニーサンダースとの民主的な討論で、クリントン氏は「私は分類された資料を送受信したことは一度もない。彼らはそれを遡及的に分類している」と述べた。2016年7月2日、クリントンは次のように述べています。[427] [428]

2016年7月5日、FBIは調査を終了しました。声明の中で、FBIのジェームズ・コミー長官は次のように述べています。

52の電子メールチェーンのうち110の電子メールは、送信または受信時に機密情報が含まれていると所有機関によって決定されています。これらのチェーンのうち8つには、送信時にトップシークレットであった情報が含まれていました。当時、36のチェーンには秘密情報が含まれていました。そして8つには、分類の最低レベルである機密情報が含まれていました。それらとは別に、約2,000通の追加の電子メールが機密情報として「アップ分類」されました。それらの情報は、電子メールが送信された時点では分類されていませんでした。[424] [429]

30,000通のうち、3通の電子メールが分類済みとしてマークされていることがわかりましたが、分類されたヘッダーがなく、Comeyによって「部分マーキング」と呼ばれる括弧内に小さな「c」のみがマークされていました。彼はまた、クリントンが3つの分類されたマーキングが何を意味するかを理解するのに十分な「技術的に洗練されていない」可能性があると述べた。[429]調査によると、クリントンは米国外で彼女の個人的な電子メールを広範囲に使用し、洗練された敵の領域で仕事関連の電子メールを送受信していました。コミーは、「敵対的な行為者がクリントン長官の個人的な電子メールアカウントにアクセスした可能性がある」ことを認めた。彼は、「クリントン長官または彼女の同僚が機密情報の取り扱いを管理する法律に違反することを意図したという明確な証拠は見つかりませんでしたが、非常に機密性の高い機密情報の取り扱いに非常に不注意だったという証拠があります」と付け加えました。それにもかかわらず、コミーは、「合理的な検察官はいない」と主張した。[424] 2016年7月6日、6月27日にビルクリントンと個人的に会った米国司法長官ロレッタリンチ[430] [431]は、クリントンによるプライベート電子メールサーバーの使用の調査が刑事告発なしに終了することを確認した。[432]

2016年10月28日、コミーは議会に、FBIが新たに発見されたクリントンの電子メールの調査を開始したことを通知しました。法執行当局は、クリントンの補佐官フーマ・アベディンの夫であるアンソニー・ウィーナーからノースカロライナ州の15歳の少女への違法なテキストメッセージを調査しているときに、ワイナーが所有するラップトップコンピューターでクリントンのプライベートサーバーに関連する電子メールを発見したと述べた。11月6日、コミーは議会に、FBIが7月に到達した結論を変更していないことを通知しました。[433]この通知は、 2016年の大統領選挙での彼女の敗北の要因としてクリントンによって後に引用された[434]電子メールの論争は、2016年の大統領選挙中に他のどのトピックよりも多くのメディア報道を受けました。[435] [436] [437]

2019年9月、国務省は、クリントンが提出した33,000通の電子メールに対する内部レビューを終了しました。2016年に開始された調査では、セキュリティ手順の違反が588件見つかり、クリントンが個人の電子メールサーバーを使用すると、国務省の情報が危険にさらされるリスクが高まることがわかりました。[438] 91件の場合、機密情報を送信した責任は38人に起因する可能性があるが、レビューでは「機密情報の体系的で意図的な誤った取り扱いの説得力のある証拠はなかった」と結論付けた。[439] [440]

クリントン財団、難しい選択、そしてスピーチ

Clinton standing behind lectern wearing a charcoal-colored suit, smiling and looking to her right
2014年9月のクリントン

クリントンが国務省を去ったとき、彼女は30年ぶりに私生活に戻りました。[441]彼女と娘は、2013年にビル・ヒラリー&チェルシー・クリントン財団の指名メンバーとして夫に加わった。 [442]そこで彼女は、Too Small to Failと呼ばれるイニシアチブや6億ドルのイニシアチブなど、幼児期の開発努力に焦点を当てた。ジュリア・ギラード元オーストラリア首相が率いる世界中の中等学校への女子の入学を奨励する[442] [443]

2014年に、クリントンは国務長官としての彼女の時間に焦点を当てた2番目の回想録HardChoicesを発行しました。2015年7月現在、約28万部を売り上げています。[444]

クリントンはまた、1995年の北京会議以降の世界中の女性と少女の進歩に関するデータを収集および研究するためのビル&メリンダゲイツ財団とのパートナーシップである「天井なし:完全参加プロジェクト」を主導しました。[445]その2015年3月の報告書は、「歴史上、女性が生まれるのにこれほど良い時期はありませんでした...このデータは、私たちがまだどこまで行かなければならないかを示しています」と述べています。[446]財団は、国務長官時代にやめた外国政府からの新しい寄付を受け入れ始めた。[n]しかし、クリントン財団は外国政府からの寄付をやめたにもかかわらず、政府と関係のある外国人からの多額の寄付を続けました。[449]

彼女は別の巻の回想録に取り組み始め、有料のスピーキングサーキットに出演しました。[450]そこで彼女は婚約ごとに200,000〜225,000ドルを受け取り、ウォール街の会社の前や商談会にしばしば登場しました。[450] [451]彼女はまた、財団を代表していくつかの無給のスピーチをしました。[450] 2015年3月までの15か月間、クリントンはスピーチから1,100万ドル以上を稼いだ。[452] 2007年から2014年の全期間で、クリントンはほぼ1億4,100万ドルを稼ぎ、約5,600万ドルの連邦税と州税を支払い、約1,500万ドルを慈善団体に寄付しました。[453] 2015年現在、彼女は自分自身で3,000万ドル以上、または夫と一緒に4,500万ドルから5,300万ドルの価値があると推定されました。[454]

クリントンは、2015年4月に大統領選挙運動を開始したときに、財団の理事会を辞任しました。財団は、西側6カ国からの新たな外国政府からの寄付のみを受け入れると述べた。[n]

2016年大統領選挙

Photograph of Clinton in a light blue suit, holding a microphone and speaking in front of Elizabeth Warren who is seated behind her
2016年10月、ニューハンプシャー州マンチェスターでマサチューセッツ州上院議員エリザベスウォーレン(着席)とともに大統領選挙運動を行うクリントン

2015年4月12日、クリントンは2016年の選挙で大統領に立候補することを正式に発表しました。[455]彼女は、大規模なドナーネットワーク、経験豊富な工作員、 Ready for Hillary and Priorities USA Actionの政治行動委員会、その他のインフラストラクチャなど、すでに待機中のキャンペーンを実施していました。[456]彼女のキャンペーンの前に、クリントンは2012年5月のNDTVでのインタビューで、彼女は再び大統領に就任しないと主張したが、後に彼女の2014年の自伝HardChoicesに彼女が決定しなかったと書いた。[457] [458]キャンペーンの本部は、ニューヨーク市の行政区に設立されブルックリン[459]彼女のキャンペーンは、中産階級の収入を増やし、普遍的な幼稚園を設立し、大学をより手頃な価格にし、手頃な価格のケア法を改善することに焦点を当てた。[460] [461]当初、民主党の指名を勝ち取るための法外なお気に入りと考えられていた[455]クリントンは、バーモント州の民主社会主義上院議員バーニー・サンダースからの予想外に強い挑戦に直面した。企業の影響とアメリカの政治の裕福な人々に対する彼の長年の姿勢は、アメリカの所得格差の影響に悩まされている不満のある市民に共鳴した。クリントンのウォール街の絆とは対照的です。[451] [461]

予備選挙シーズンの最初のコンテストで、クリントンは2月1日に開催されたアイオワ民主党の党員集会で人気が高まっているサンダース[462] [463]をわずかに 勝ち取りました。これは、女性が最初に勝利したものです。[462] 2月9日にニューハンプシャーで開催された最初の予備選挙で、彼女はサンダースにかなりの差で敗れた。サンダースは2月20日のネバダ州の党員集会である次のコンテストでますます脅威となったが[ 465]、クリントンはカジノ労働者の間での最終日のキャンペーンに助けられて5パーセントポイントの勝利を収めた。[466]クリントンはそれに続き、サウスカロライナ州の予備選挙で偏った勝利を収めた。[465]これらの2つの勝利は彼女のキャンペーンを安定させ、彼女の2008年の努力を害した経営陣の混乱の回避を示した。[465]

3月1日のスーパーチューズデーに、クリントンは11のコンテストのうち7つに勝ちました。これには、サウスカロライナ州のように、アフリカ系アメリカ人の有権者による南部での一連の支配的な勝利が含まれます。彼女は、サンダースをめぐる誓約された代表団に大きなリードを開いた。[467]彼女は、プライマリーシーズン中、その後のコンテストでこの代表者のリードを維持し、全体を通して一貫したパターンを維持しました。サンダースは、党員集会を開催した、または無党派に適格性が認められた、より若く、より白人で、より田舎で、よりリベラルな有権者や州の間でより良い成績を収めました。クリントンは、高齢、黒人、ヒスパニック系の有権者集団の間、および予備選挙を実施した州、または資格が登録された民主党員に制限されていた州で、より良い成績を収めました。[468] [469] [470]

2016年6月5日までに、彼女はメディアが彼女を推定上の候補者と見なすのに十分な誓約された代表者と支持的なスーパー代表者を獲得しました。[471] 6月7日、予備選挙の最終メジャーラウンドでほとんどの州を獲得した後、クリントンはブルックリンで勝利集会を開き、アメリカの主要政党の推定候補者の地位を主張した最初の女性となった。[472]キャンペーンの終わりまでに、クリントンはサンダースの1,832人に2,219人の誓約された代表を獲得した。サンダースの47人と比較して推定594人のスーパーデリゲートである。[473]サンダースの1300万人とは対照的に、彼女は指名プロセス中にほぼ1700万票を獲得した。[474]

Clinton standing at a podium speaking and looking to her right; Bernie Sanders is standing behind her.
クリントン、2016年7月、ニューハンプシャーでバーニーサンダース上院議員の支持を受け入れる

クリントンは、2016年7月26日にフィラデルフィアで開催された2016年民主党全国大会で正式に指名され、米国の主要政党から大統領に指名された最初の女性になりました。[475]副大統領のランニングメイトであるティム・ケイン上院議員の彼女の選択は、翌日の大会で指名された。[476]総選挙での彼女の反対者には、共和党のドナルド・トランプ、リバタリアンの ゲーリー・ジョンソン緑の党のジル・スタインが含まれていた大会の頃、ウィキリークスは電子メールをリリースしましたそれは、DNCとクリントンキャンペーンがクリントンに有利にプライマリーを傾けたことを示唆しました。

クリントンは、2016年のほとんどを通じてトランプをめぐる全国世論調査で大きなリードを握っていました。7月初旬、FBIが彼女の電子メールの調査を終了した後、トランプとクリントンは主要な世論調査で拘束されました[477] [478] FBIのジェームズ・コミー長官は、クリントンが機密扱いの政府資料の取り扱いに「非常に不注意」だったと結論付けた。[479] 7月下旬、共和党全国大会での3〜4パーセントポイントの大会バウンスに続いて、トランプは主要な世論調査でクリントンに対して最初のリードを獲得した。これは、 2004年以降の大会での平均的な跳ね返りと一致していました、歴史的な基準ではローサイドに向かっていたが。[480] [481] [482]民主党全国大会でのクリントンの7パーセントポイントの大会の跳ね返りに続いて、彼女は8月の初めに全国世論調査で重要なリードを取り戻した。[483] [484] 2016年の秋、クリントンとティム・ケインはストロング・トゥギャザーを出版し、米国に対する彼らのビジョンを概説した。[485]

Photograph of Clinton delivering her concession speech
クリントンが譲歩演説をする

クリントンは2016年11月8日の大統領選挙でドナルドトランプに敗れた。[486] 11月9日の早朝までに、トランプは279の選挙人団の予想票を獲得し、270が勝つ必要があった。メディア筋は彼に勝者を宣言した。[487]その後、クリントンはトランプに電話をかけて、彼の勝利を認め、祝福した。すると、トランプは彼の勝利のスピーチをした。[488]翌朝、クリントンは彼女の喪失の痛みを認める公の譲歩演説を行ったが、彼女の支持者に次の大統領としてトランプを受け入れるように求めた。 「」[489]クリントンはトランプの306に対してわずか232の選挙人票を獲得して選挙に敗れたが、彼女は280万票以上、つまり有権者ベースの2.1%で人気投票に勝った。[490] [491]彼女は、米国史上5番目の大統領候補であり、人気投票に勝ったが、選挙に敗れた。[o] [492] [ 493]彼女は就任しなかった候補者の中で最も多くの票を獲得し、歴史上3番目に多くの票を獲得しました。負けた候補者。アンドリュージャクソンは10.4%で人気投票に勝ちましたが、ジョンクインシーアダムスに敗れました)。[496]

2016年12月19日、選挙人が正式に投票したとき、クリントンは不誠実な選挙人のために最初の232票のうち5票を失い、代わりにコリンパウエルに3票、フェイススポッテッドイーグルに1票ハワイに1票が投じられました。バーニーサンダースのキャスト。[497]

2016年以降の選挙活動

Photograph of Bill and Hillary Clinton attending Donald Trump's inauguration
ドナルド・トランプの就任式でのクリントン

元大統領と元ファーストレディとしてのそれぞれの役割で、ビルとヒラリー・クリントンは娘のチェルシーと一緒にドナルド・トランプの就任式に出席しました。就任式の朝、クリントンはツイッターアカウントに「私は今日、私たちの民主主義とその永続的な価値観を称えるためにここにいます。私は私たちの国とその未来を信じ続けることをやめません」と書いています。[498]

2017年10月、クリントンはスウォンジー大学から名誉博士号を授与されました。スウォンジー大学の法学部は、彼女に敬意を表してヒラリーロダムクリントン法科大学院に改名されました。[ 499] 2018年10月、ヒラリーとビルクリントンは、2018年11月から20195月までの間に米国とカナダのさまざまな都市で13都市を話すツアーの計画を発表しました。 2018年10月10日クイーンズ大学ベルファストで、北アイルランドベルファストのウィトラホールでのブレクジットの影響についてスピーチした後[501] 2018年6月、ダブリンのトリニティカレッジは彼女に名誉博士号(LLD)を授与しました。[502] 2021年9月、彼女はオックスフォード大学から大陸法の名誉博士号を授与された[503]

パイプ爆弾を含むパッケージは、2018年10月24日にワシントンDCのクリントンの家に送られました。それはシークレットサービスによって傍受されました。同様のパッケージが他の数人の民主党指導者とCNNに送られました。[504] [505]

政治的行動

クリントンは、2017年3月17日にペンシルベニア州スクラントンで聖パトリックの日の演説を行いました。その中で、大統領選挙で敗北した後、チャッパクア周辺の森を散歩しているのが見られたという報告をほのめかしています[506] [507 ]クリントンは、「森」から出て、再び政治的に活動する準備ができていることを示した。[506]しかし、翌月、彼女は再び公職に就くことはないと確認した。[508]彼女は2019年3月にコメントを繰り返し、2020年には大統領に立候補しないと述べた[509]

2017年5月、クリントンはOnward Togetherの設立を発表しました。これは、彼女が書いた新しい政治行動委員会が「前回の選挙で6600万票近くを獲得した進歩的なビジョンを推進することに専念している」というものです。[510] 2017年、彼女は共和党が手ごろな価格の医療法を廃止し、それを「悲惨な法案」[511]および「恥ずべき失敗」と呼んだアメリカの医療法に置き換える計画に反対して何度も発言した。共和党による政策と道徳」。[512]カン・シェイクン化学攻撃に応えて、クリントンは米国がバシャール・アル・アサドを排除すべきだと述べたの飛行場は、それによって「彼がそれらを使って無実の人々を爆撃し、サリンガスを彼らに落とすことができないようにする」。[513]

2020年4月28日、クリントンは2020年の選挙[514]で、民主党の推定候補者である元副大統領のジョー・バイデンを大統領に推薦し、8月の2020年民主党全国大会で演説しました[515] 2020年10月28日、クリントンはニューヨーク州の2020年民主党選挙人団に所属していると発表した。[516]バイデンとカマラ・ハリスがニューヨーク州を獲得し、それによって民主党の選挙人団を選出した後、クリントンと彼女の夫は2020年の米国選挙人団のメンバーを務め、バイデンとハリスに対する州の選挙人団の最初の票を投じた。[517] [518]

トランプ大統領へのコメント

2017年5月2日、クリントン氏は、重要な交渉を進める際にトランプ氏がTwitterを使用することは「機能しない」と述べた。「金正恩は、アメリカ人に彼らの地位と地位を高めるために交渉に来てもらうことに常に興味を持っています」。北朝鮮との交渉は、「中国、日本、ロシア、韓国に、ある種の現実的な交渉のテーブルに最終的に彼らを連れて行くような体制に圧力をかけるためのより広範な戦略的枠組みなしに行われるべきではない」変化の見通し。」[519] 5月26日に母校のウェルズリー大学で卒業式のスピーチを行っている間、クリントンはトランプ大統領の2018年の予算案は国内プログラムの資金不足の「短所」であると主張した。[520]6月1日、トランプ大統領がパリ協定からの米国の撤退を発表したとき、クリントンはそれが「歴史的な間違い」であるとツイートした。[521]

2019年9月29日、CBSニュースサンデーモーニングとのインタビューで、クリントンはトランプを世界でのこの国の地位に対する「脅威」と表現しました。選挙に勝ったにもかかわらず、「非嫡出大統領」。そして「腐敗した人間の竜巻」。[522]

バイデン政権時代の政治についてのコメント

クリントンと彼女の夫は、ジョー・バイデンの就任後、アーリントン国立墓地にある未知の兵士の墓で花輪を捧げる式典に出席します

2021年3月、クリントンは、議決権法を可決するために必要であることが判明した場合、上院議事妨害を廃止することを米国上院に支持することを表明しました。クリントンは上院議事妨害を「別のジムクロウ遺物」と呼んだ。[523]

執筆のキャリア

回想録を宣伝するクリントンの本ツアーのイベントで起こったことのコピー

クリントンの3番目の回想録「何が起きたのか」は、2016年の選挙での彼女の敗北を説明するもので、2017年9月12日にリリースされました。[525] 何が起こったのかは、最初の週に300,000部を売り、[526] [527]彼女の2003年の回想録、Living Historyよりも少ないが、彼女の前の回想録、2014年のHardChoicesの最初の週の売り上げの3倍である。[526] [528]サイモン&シュスターは、2010年以降、 WhatHappenedが最初の週にノンフィクションの電子書籍よりも多くの電子書籍を販売したと発表しました。 [526]2017年12月10日の時点で、この本は448,947部のハードカバーを販売していました。[529]

2017年2月、彼女の1996年の本「It TakesaVillage」を絵本として制作する取り組みが進行中であることが発表されました[530] コールデコット賞を2度受賞したマーラ・フレイジーがイラストレーターとして発表された。[530]クリントンは、2016年の大統領選挙キャンペーン中にフレイジーと協力して取り組んできた[531]結果は、 WhatHappenedと同じ日に公開されました[532] [531]この本は就学前の子供を対象としていますが、いくつかのメッセージは大人によく理解されている可能性があります。[531]

2019年10月、クリントンが娘のチェルシーと共同執筆した本、 The Book of Gutsy Women:Favorite Stories of Courage andResilienceが出版されました。[533] 2021年2月、クリントンは彼女がルイーズ・ペニーと彼女の最初のフィクション本を共同執筆していると発表しました政治ミステリースリラーであるこの本は、State of Terrorというタイトルで、2021年10月にリリースされました。[534]

クリントンはまた、2016年の選挙で敗北して以来、時折論説を書いています。2018年9月、The Atlanticは、クリントンが書いた「アメリカの民主主義は危機に瀕している」というタイトルの記事を発表しました。[535] 2019年4月、ワシントンポストは、ミューラー報告に応えて議会が「慎重で、公正で、恐れを知らない」ことを求めるクリントンの論説を発表した[536] 2020年11月/ 12月号で、ForeignAffairsはClintonによる「ANationalSecurityReckoning」というタイトルの作品を発表しました。[537] 2021年1月11日、アメリカ合衆国議会議事堂の1月6日の襲撃に続いて、「トランプは弾劾されるべきである。しかし、それだけではアメリカから白人至上主義を取り除くことはできない」と題されたクリントンの論説。ワシントンポストに掲載されました[538] 2021年7月、民主主義ドケットは、2020年の大統領選挙後の投票を制限するための共和党の努力についてクリントンが論説を発表した[539] [540]

メディアベンチャー

クリントンは、 2020年3月にHuluで公開されドキュメンタリー映画ヒラリーでナネット・バーンスタイン監督と協力しました。[541]

2020年9月29日、クリントンはiHeartRadioと共同でYou and MeBothというタイトルのインタビューポッドキャストを開始しました。[542]

クリントンは、米国での女性参政権のための戦いについてのドラマシリーズ女性の時間」の製作総指揮者になる予定です同名のエレーヌ・ワイスの本に基づいたシリーズは、CWで放映されます。[543]

クイーンズ大学ベルファストの首相

2020年1月2日、クリントンがクイーンズ大学ベルファストの首相に就任することが発表されましたクリントンは、大学の11番目で最初の女性首相になり、前任者のトーマスJ.モランの死後2018年以来空席であった地位を占めました彼女はその地位に就いたことについてコメントし、「大学はその研究と影響力で国際的に波を起こしている。私は大使であり、その卓越性に対する評判を高める手助けをすることを誇りに思う」と述べた。女王の親首相であるスティーブン・プレンター氏は、クリントン氏の任命は、「インスピレーションを与えるロールモデル」として行動できる「女王の信じられないほどの擁護者になる」と語った。[544] [545]しかし、彼女の就任式は何人かの学生によって抗議されました。[546]

政治的立場

Photograph of Secretary of State Clinton meeting with King Abdullah of Saudi Arabia. She is seated on the left, he is on the right. Their interpreters are in the background.
サウジアラビアのアブドラ王とクリントンクリントンは、中東における米国の影響力の維持をサポートしています。

彼女の上院の投票を使用して、いくつかの組織は、政治的スペクトルにおけるクリントンの位置を科学的に測定しようとしました。ナショナルジャーナル2004年のロールコール投票の調査では、クリントンは当時の上院と比較して、政治的スペクトルで30の評価を割り当てられ、 1の評価が最もリベラルで、100の評価が最も保守的でした。[547] ナショナルジャーナルその後のランキングでは、彼女は2006年に32番目にリベラルな上院議員になり、2007年には16番目にリベラルな上院議員になりましスタンフォード大学の川彼女は6番目から8番目にリベラルな上院議員である可能性が高いことがわかりました。[549] マイケル・バロンリチャード・E・コーエンが編集したアルマナック・オブ・アメリカン・ポリティクスは、経済、社会、外国の3つの分野で、2003年から2006年までの彼女の投票をリベラルまたは保守的と評価し、最高評価は100でした。4年間の平均で、評価は次のとおりです。経済的= 75リベラル、23保守的。ソーシャル= 83リベラル、6コンサバティブ; 外国人= 66リベラル、30保守的。合計平均= 75リベラル、20保守的。[p]ファイブサーティエイトの政治的イデオロギーの尺度によると、「クリントンは上院での彼女の時代に最もリベラルなメンバーの一人でした」。[550]

組織はまた、2015年に選択的政治に再参入した後、クリントンのより最近の評価を提供しようとしました。1990年代から現在までの彼女の表明された立場に基づいて、On theIssuesは彼女を2次元グリッド上の「左リベラル」地域に配置します。社会的および経済的イデオロギー、ゼロのスケールで80の社会的スコアは、100のより制限の少ない政府のスタンスであり、ゼロのスケールで10の経済的スコアは、100のより制限の少ない政府のスタンスです。[551] キャンペーンの貢献、投票、スピーチのデータ集約を行うクラウドパックは、10L(最もリベラル)から10C(最も保守的)までの1次元の左右スケールで6.5Lの評価を彼女に与えます。[552]

2016年3月、クリントンは詳細な経済計画を策定しました。これは、ニューヨークタイムズが「楽観的」かつ「広範囲」と呼んだものです。クリントンは、包括的資本主義に基づく経済哲学に基づいて、海外に仕事を移す企業の減税やその他の利益を取り消す「クローバック」を提案しました。株価を上げて株主に報いるために短期的な利益に焦点を合わせるのではなく、従業員、地域社会、環境と利益を共有する企業にインセンティブを提供する。団体交渉権の増加。そして、本社をアメリカから移転して海外でより低い税率を支払う企業に「出口税」を課します。[553]クリントンは現在、環太平洋パートナーシップに反対している(TPP)、以前は貿易協定の「ゴールドスタンダード」[554]として説明しましたが。彼女は米国輸出入銀行を支持し、「どんな貿易協定も雇用を生み出し、賃金を上げ、繁栄を高め、私たちの安全を守る必要がある」と主張しています。[555] [556]上院議員(2001〜 2009年)として、彼女の貿易に関する記録はまちまちでした。彼女はいくつかの貿易協定に賛成票を投じましたが、他の協定には賛成しませんでした。[555]

最高裁判所のシチズンズ・ユナイテッドの決定に続く無制限の選挙献金の風潮を考慮して、クリントンは、政治における「責任のないお金」を制限するための憲法改正を求めた。[557] 2016年7月、彼女は2010年のシチズンズユナイテッドの決定を覆す結果となる米国の憲法改正を導入することを「約束」した。[558] [559] 2015年12月7日、クリントンはニューヨークタイムズでウォール街の財務活動を規制するための詳細な計画を発表しました。[560]

Clinton's 2016 presidential campaign logo, a large blue letter "H" with a red arrow facing right, overlaying the horizontal bar of the "H". The head of the arrow is also overlaid over the right vertical bar of the "H", with two small blue triangles poking out where the bar of the "H" is not covered by the arrow.
2016年大統領選挙のロゴ

クリントンは気候変動に関する科学的コンセンサスを受け入れ、キャップアンドトレードを支持し[561] 、キーストーンXLパイプラインに反対しました[562]彼女は、男性と同じ仕事をするために女性が支払われる金額の現在の不足に対処するために、「同一労働同一賃金」を支持した。[563]クリントンは家族の問題に明確に焦点を合わせており、普遍的な幼稚園をサポートしています。[557]これらのプログラムは、「公正な株式追加料金」を含む、富裕層への増税を提案することによって資金提供されるでしょう。[564]クリントンは、医療保険制度改革[565]を支持し、「公的オプション」を追加したであろう「これは民間保険会社と競争し、「50歳または55歳以上」の人々がメディケアに加入できるようにしました。[566] [567]

LGBTの権利については、彼女は同性結婚の権利を支持しています。これは、彼女の政治的キャリアを通じて変化した立場です。[557] 2000年、彼女はそのような結婚に完全に反対した。2006年、彼女は同性結婚を許可するという州の決定を支持するとだけ述べたが、同性結婚を許可するように憲法を連邦政府が改正することに反対した。2007年に大統領に立候補している間、彼女は再び同性結婚への反対を繰り返したが、シビルユニオンへの支持を表明した。[568] [569] 2013年は、クリントンが同性結婚に対する国民の権利への支持を表明したのは初めてのことでした。[570] 2000年に、彼女はLGBTプライドパレードで行進した米国大統領の最初の配偶者でした。[571] 2016年、彼女はLGBT新聞(フィラデルフィアゲイニュース)の論説を書いた最初の主要政党の大統領候補でした。[572]

クリントンは、文書化されていない移民が市民権への道を持てるようにすることを「[i]その中心は家族の問題」であると主張し[573]、オバマの親の説明責任のための延期された行動(DAPA)プログラムへの支持を表明した。文書化されていない移民は、米国で合法的に働くために国外追放と許可の延期を取得します。[574] [575]しかし、2014年に、クリントンは、国境を越えた同伴者のいない子供は「送り返されるべきである」と述べた。[576]彼女は、イスラム教徒の米国への入国を一時的に禁止するというトランプの呼びかけに反対し、批判した。[577]

Common Core [578]の支持を表明し、「Common Coreをめぐって起こっている本当に不幸な議論は、Common Coreが超党派の努力として始まったので、非常に苦痛です。それは実際には無党派でした。政治化されていませんでした。 。アイオワには、非常に長い間、コアカリキュラムに基づくテストシステムがありました。[アイオワと言えば]その価値がわかり、それが教育システム全体の編成に役立つ理由を理解できます。残念ながら、多くの州が避難しています。それがなかったので、コアの価値を理解していません。この意味では、共通コアです。」[579]

外交に関して、クリントンは2002年10月にイラクに対する軍事力の使用の承認に賛成票を投じた[580]。彼女は後に「後悔した」票を投じた。[581]彼女は、2012年にシリアの反政府勢力の戦闘機を武装させることを支持し、シリアのバシャールアルアサド大統領の解任を求めた。[582]彼女は、1999年のユーゴスラビアのNATO爆撃と、2011年の元リビア指導者ムアンマルカダフィを追放するためのリビアへのNATO主導の軍事介入を支持した。 [583] [584]クリントンは、中東におけるアメリカの影響力を維持することに賛成している[577]彼女は言ったアメリカイスラエル公共問題委員会は、「イスラエルの安全と生存に関して、アメリカは決して中立になることはできない」と語った。[585]クリントンは、 2006年のレバノン戦争2014年のイスラエルとガザの紛争の間に自分自身を守るイスラエルの権利に対する支持を表明した[586] [587] 2017年のインタビューで、シリアでの毒ガス攻撃の後、クリントンはバシャールアルアサドに対してより積極的な行動を支持したと述べた。私たちは彼の飛行場を持っていなければならず、それでも彼が無実の人々を爆撃し、サリンガスを彼らに落とすためにそれらを使用することができないようにするべきです。」[588]

2000年、クリントンは選挙人団の廃止を提唱しました。[589]彼女はそれを廃止する法案を共同で後援することを約束し、その結果、大統領が直接選挙された。[590] [591] 2020年にジョー・バイデンの選挙人団の選挙人として投票したとき、彼女は選挙人団に対する彼女の立場を繰り返した。[592]

宗教的見解

クリントンは生涯メソジストであり、生涯を通じて合同メソジスト教会の会衆の一員でした。キャンペーン中はめったにありませんが、彼女は何度かキリスト教の信仰について公に話し合っています。[593] [594]神とヒラリー・クリントンの著者であるポール・ケンゴール教授:精神的な生活は、クリントンの政治的立場は彼女の信仰に根ざしていると示唆している。彼女はしばしばジョン・ウェスレーに起因する格言を表現します:「あなたができるすべての方法で、あなたができるすべての手段で、あなたができるすべての善を行いなさい」。[593]

文化的および政治的イメージ

A three-story, red brick building in Arkansas. The Rose Law Firm is located inside this building. Clinton worked at Rose Law Firm for fifteen years.
クリントンはローズ法律事務所で15年間働いていました。彼女のプロとしてのキャリアと政治的関与は、ファーストレディとしての彼女に対する世論の反応の舞台を設定しました。

クリントンについては、100冊以上の本や学術作品が書かれています。ニューヨークオブザーバーによる2006年の調査では、RegneryPublishingやその他の保守的な出版社によって発表された「反クリントン文学」の「仮想コテージ産業」が見つかりました。いくつかのタイトルには、マダム・ヒラリー:ホワイトハウスへの暗い道ヒラリーの計画:ホワイトハウスを取るための次のクリントンの冷酷な議題の内部彼女を止めることができますか?:ヒラリー・クリントンは、米国の次の大統領になります...クリントンを称賛する本はほとんど売れなかった[595](彼女の回想録と彼女の夫の回想録を除いて)。彼女が2000年に上院に立候補したとき、Save OurSenateやヒラリー・ロダム・クリントンを阻止する緊急委員会などのいくつかの資金調達グループが彼女に反対するために立ち上がった。[596]ドン・ヴァン・ナッタは、共和党と保守派のグループが、彼女を、テッド・ケネディと同等の資金調達の手紙で言及する信頼できる「ブギーマン」と見なし、ニュート・ギングリッチに言及する民主的およびリベラリズムの訴えに相当することを発見した。[597]

クリントンはまた、幅広い視点でメディアや大衆文化で取り上げられてきました。1995年、ニューヨークタイムズの作家トッドS.パーダムクリントンをロールシャッハテストとして特徴づけまし。私たちの社会における女性の進化について」[599]彼女は、ファーストレディとしての彼女の時代から始まって、サタデーナイトライブで多くの風刺的な印象の対象となっています。彼女は、2008年と2015年に、ドッペルゲンガーと対決するために、ショーにゲスト出演しました。[600] [601] ジョナサン・マンは、バイラルになった「ヒラリー・シミー・ソング」を含む彼女についての曲を書いた。[602] [603] [604] [605]

Hillary Clinton dressed in a black suit and a green shirt, sitting in a café. She is smiling, and a red teacup is situated in front of her. The foreground is distorted due to the presence of various small objects.
2015年4月のクリントン

彼女はしばしば人気のあるメディアで二極化した人物として説明されてきましたが、そうではないと主張する人もいます。[606] 2008年の大統領選挙の初期段階で、タイム誌の表紙には、「彼女を愛する」、「彼女を憎む」というラベルの付いた2つのチェックボックスが付いた彼女の大きな写真が掲載されていました。[607] マザージョーンズは、彼女のプロフィールに「ハーピー、ヒーロー、異端者:ヒラリー」というタイトルを付けました。[608] 2008年1月のニューハンプシャー州予備選挙に向けたクリントンの「窒息した瞬間」と関連する事件の後、ニューヨークタイムズニューズウィークの両方が、キャンペーンにおけるジェンダーの役割についての議論が国の政治的言説に移ったことを発見した。ニューズ ウィークの編集者ジョン・ミーチャムは、ニューハンプシャーの出来事を次のように述べて、クリントンとアメリカ国民との関係を要約した。 ...彼女は、アメリカの政治で最も認識されているが、最も理解されていない人物の1人です。」[610]

彼女が国務長官になると、クリントンのイメージはアメリカ国民の間で劇的に改善され、尊敬される世界の人物の1人になったようです。[353] [611]しかし、彼女が辞任し、党派政治の文脈で再び見られるようになった後、彼女の好意度は低下した。[612] 2015年9月までに、2016年の大統領選挙が進行中であり、国務省での個人的な電子メールの使用に関する継続的な報告に悩まされていたため、彼女の評価はこれまでで最も低いレベルにまで落ち込みました。[613] 2016年3月、彼女は次のように認めた。「あなたが気づかなかったとしても、私は自然な政治家ではない」。[614]

選挙の歴史

2000年上院選挙

2000 United States Senate election in New York
Party Candidate Votes % ±%
Democratic Hillary Clinton 3,747,310 55.3
Republican Rick Lazio 2,915,730 43.0

2006 Senate election

2006 United States Senate election in New York
Party Candidate Votes % ±%
Democratic Hillary Clinton 3,008,428 67.0 +11.7
Republican John Spencer 1,392,189 31.0 −12.0

2008 presidential election

2008 Democratic Party presidential primaries
Party Candidate Votes %
Democratic Barack Obama 17,584,692 (popular votes)
2,272.5 delegates
(33 states)
47.3% of popular vote
Democratic Hillary Clinton 17,857,501 (popular votes)
1,978 delegates
(23 states)
48.0% of popular vote

2016 presidential election

2016 Democratic Party presidential primaries
Party Candidate Votes %
Democratic Hillary Clinton 16,914,722 (popular votes)
2,842 delegates
(34 states)
55.2% of popular vote
Democratic Bernie Sanders 13,206,428 (popular votes)
1,865 delegates
(23 states)
43.1% of popular vote
2016 United States presidential election
Party Candidate Votes %
Republican Donald Trump 62,984,828 (popular votes)
304 electors
(30 states + ME−02)
46.1% (popular vote)
56.5% (electoral vote)
Democratic Hillary Clinton 65,853,514 (popular votes)
227 electors
(20 states + DC)
48.2% (popular vote)
42.2% (electoral vote)

Books and recordings

External video
video icon Booknotes interview with Clinton about It Takes a Village, March 3, 1996 (57:44), C-SPAN

Ancestry

See also

Notes

  1. ^ Research by The New York Sun in 2007 found it unclear exactly which cases beyond child custody ones Rodham worked on at the Treuhaft firm.[53] Anti-Clinton writers such as Barbara Olson would later charge Hillary Clinton with never repudiating Treuhaft's ideology, and for retaining social and political ties with his wife and fellow communist Jessica Mitford.[54] Further Sun research revealed that Mitford and Hillary Clinton were not close, and had a falling-out over a 1980 Arkansas prisoner case.[55]
  2. ^ For the start date, see Brock 1996, p. 96. Secondary sources give inconsistent dates as to when her time as chair ended. Primary sources indicate that between about April 1980 and September 1980, Rodham was replaced as chair by F. William McCalpin. See Departments of State, Justice, and Commerce, the Judiciary, and Related Agencies Appropriations for 1981, "House Committee on Appropriations, Subcommittee on Departments of State, Justice, Commerce, the Judiciary, and Related Agencies Appropriations", U.S. House of Representatives, 1980. Rodham is still chair after having given birth "a few weeks ago"; Chelsea Clinton was born on February 27, 1980.
  3. ^ a b As of 1993, she had not legally changed her name from Hillary Rodham.[107] Bill Clinton's advisers thought her use of her maiden name to be one of the reasons for his 1980 gubernatorial re-election loss. During the following winter, Vernon Jordan suggested to Hillary Rodham that she start using the name Clinton, and she began to do so publicly with her husband's February 1982 campaign announcement to regain that office. She later wrote, "I learned the hard way that some voters in Arkansas were seriously offended by the fact that I kept my maiden name."[108] Once he was elected again, she made a point of using "Hillary Rodham Clinton" in work she did as First Lady of the state.[80] Once she became first lady of the United States in 1993, she publicly stated that she wanted to be known as "Hillary Rodham Clinton".[107] She has authored all her books under that name. She continued to use that name on her website and elsewhere once she was a U.S. senator.[109] When she ran for president during 2007–08, she used the name "Hillary Clinton" or just "Hillary" in campaign materials.[109] She used "Hillary Rodham Clinton" again in official materials as secretary of state.[110] As of the 2015 launch of her second presidential campaign, she again switched to using "Hillary Clinton" in campaign materials;[110] in November 2015 both the Associated Press and The New York Times noted that they would no longer use "Rodham" in referring to Clinton, with the Times stating that "the Clinton campaign confirmed ... that Mrs. Clinton prefers to be simply, 'Hillary Clinton'".[111]
  4. ^ Clinton said in the joint 60 Minutes interview, "I'm not sitting here as some little woman 'standing by my man' like Tammy Wynette. I'm sitting here because I love him and I respect him, and I honor what he's been through and what we've been through together." The seemingly sneering reference to country music provoked immediate criticism that Clinton was culturally tone-deaf, and Tammy Wynette herself did not like the remark because "Stand by Your Man" is not written in the first person.[137] Wynette added that Clinton had "offended every true country music fan and every person who has 'made it on their own' with no one to take them to a White House."[138] A few days later, on Primetime Live, Hillary Clinton apologized to Wynette. Clinton would later write that she had been careless in her choice of words and that "the fallout from my reference to Tammy Wynette was instant—as it deserved to be—and brutal."[139] The two women later resolved their differences, with Wynette appearing at a Clinton fundraiser.
  5. ^ Less than two months after the Tammy Wynette remarks, Clinton was facing questions about whether she could have avoided possible conflicts of interest between her governor husband and work given to the Rose Law Firm when she remarked, "I've done the best I can to lead my life ... You know, I suppose I could have stayed home and baked cookies and had teas, but what I decided to do was fulfill my profession, which I entered before my husband was in public life."[140] The "cookies and teas" part of this statement prompted even more culture-based criticism of Clinton's apparent distaste for women who had chosen to be homemakers; the remark became a recurring campaign liability.[141] Clinton subsequently offered up some cookie recipes as a way of making amends and would later write of her chagrin: "Besides, I've done quite a lot of cookie baking in my life, and tea-pouring too!"[140]
  6. ^ The Eleanor Roosevelt "discussions" were first reported in 1996 by The Washington Post writer Bob Woodward; they had begun from the start of Hillary Clinton's time as first lady.[152] Following the Democrats' loss of congressional control in the 1994 elections, Clinton had engaged the services of Human Potential Movement proponent Jean Houston. Houston encouraged Clinton to pursue the Roosevelt connection, and while no psychic techniques were used with Clinton, critics and comics immediately suggested that Clinton was holding séances with Eleanor Roosevelt. The White House stated that this was merely a brainstorming exercise, and a private poll later indicated that most of the public believed these were indeed just imaginary conversations, with the remainder believing that communication with the dead was actually possible.[153] In her 2003 autobiography, Clinton titled an entire chapter "Conversations with Eleanor", and stated that holding "imaginary conversations [is] actually a useful mental exercise to help analyze problems, provided you choose the right person to visualize. Eleanor Roosevelt was ideal."[154]
  7. ^ Clinton was referring to the Arkansas Project and its funder Richard Mellon Scaife, Kenneth Starr's connections to Scaife, Regnery Publishing and its connections to Lucianne Goldberg and Linda Tripp, Jerry Falwell, and others.[220]
  8. ^ General Jack Keane, one of the architects of the surge, later related that he tried to convince Clinton of its merits at the time, but that she felt it would not succeed and that U.S. casualties would be too high. Keane said that sometime during 2008 she told him, "You were right, this really did work".[267] In 2014, Secretary of Defense Gates related that after Clinton had left the Senate and become Secretary of State, she told President Obama that her opposition to the 2007 Iraq surge had been political, due to her facing a strong challenge from the anti-Iraq War Obama in the upcoming Democratic presidential primary. Gates also quotes Clinton as saying, "The Iraq surge worked."[286] Clinton responded that Gates had misinterpreted her remark regarding the reason for her opposition.[267]
  9. ^ When asked for her reaction to an Obama remark about the possibility that his campaign represented false hope, Clinton responded: "I would point to the fact that Dr. King's dream began to be realized when President Johnson passed the Civil Rights Act of 1964, when he was able to get through Congress something that President Kennedy was hopeful to do, the President before had not even tried, but it took a president to get it done. That dream became a reality, the power of that dream became real in people's lives because we had a president who said we are going to do it, and actually got it accomplished."[308]
  10. ^ "2008 Democratic Popular Vote". RealClearPolitics. Retrieved July 8, 2008. The popular vote count for a nomination process is unofficial, and meaningless in determining the nominee. It is difficult to come up with precise totals due to some caucus states not reporting popular vote totals and thus having to be estimated. It is also difficult to compare Clinton and Obama's totals, due to only her name having been on the ballot in the Michigan primary.[320]
  11. ^ These efforts were not immediately rewarded, largely due to the unpopularity of drone attacks in Pakistan and other U.S. anti-terrorism actions. Polls in Pakistan and other Muslim countries showed approval of the U.S. declined among its citizens between 2009 and 2012. Confidence that Clinton was doing the right thing in world affairs was also low. The confidence ratings for Clinton were high in most European countries and generally mixed in the BRIC countries.[350]
  12. ^ While generally experiencing good health in her life, Clinton had previously had a potentially serious blood clot behind her knee (a deep vein thrombosis) while first lady in 1998, for which she had required anticoagulant treatment.[389] An elbow fracture and subsequent painful recuperation had caused Clinton to miss two foreign trips as Secretary of State in 2009.[390] It was also disclosed in 2015 that she had a second deep vein thrombosis in 2009.[391] The 2012 concussion and clot episode caused Clinton to postpone her congressional testimony on the Benghazi attack and to miss any foreign trips planned for the rest of her tenure.[387] After returning to public activity, she wore special glasses for two months, with a Fresnel lens for the left eye to compensate for double vision, a lingering effect of the concussion.[388][392] She remained on anticoagulant medication as a precaution.[388]
  13. ^ Clinton's 112 countries visited broke Madeleine Albright's previous mark of 96.[399] Clinton's sum of 956,733 air miles traveled, however, fell short of Condoleezza Rice's record for mileage.[398] That total, 1,059,207, was bolstered late in her tenure by repeated trips to the Middle East.[400]
  14. ^ a b During Clinton's tenure there were several cases where foreign governments continued making donations to the Clinton Foundation at the same level they had before Clinton became secretary of state, which was permissible under the agreement forged before she took office. There was one instance of a new donation, $500,000 from Algeria for earthquake relief in Haiti, that was outside the bounds of the continuation provision and should have received a special State Department ethics review but did not.[447] The foundation's new stance as of April 2015 and Clinton's presidential candidacy was to accept foreign governmental donations only from Australia, Canada, Germany, the Netherlands, Norway and the United Kingdom.[448]
  15. ^ The others were: Andrew Jackson who lost to John Quincy Adams; Samuel Tilden who lost by one electoral vote to Rutherford B Hayes; Grover Cleveland who lost to Benjamin Harrison; and Al Gore who lost to George W Bush.
  16. ^ See Barone, Michael; Cohen, Richard E. (2008). The Almanac of American Politics. National Journal. p. 1126. And 2006 edition of same, 1152. The scores for individual years are [highest rating 100, format: liberal, (conservative)]: 2003: Economic = 90 (7), Social = 85 (0), Foreign = 79 (14). Average = 85 (7). 2004: Economic = 63 (36), Social = 82 (0), Foreign = 58 (41). Average = 68 (26). 2005: Economic = 84 (15), Social = 83 (10), Foreign = 66 (29). Average = 78 (18). 2006: Economic = 63 (35), Social = 80 (14), Foreign = 62 (35). Average = 68 (28).

References

Citations

  1. ^ McAfee, Tierney (September 9, 2016). "How Hillary Clinton and Donald Trump Responded to the 9/11 Attacks". People. Archived from the original on November 5, 2016. Retrieved August 21, 2019.
  2. ^ "Hillary Clinton Bio". CNN. Retrieved July 19, 2019. Name: Hillary Diane Rodham Clinton
    Secter, Bob; Trice, Dawn Turner (November 27, 2017). "Clinton: Most famous. Least known?". Chicago Tribune. Retrieved July 19, 2019. What You May Not Know About ... Hillary Diane Rodham Clinton
  3. ^ a b c d "Hillary Rodham Clinton". obamawhitehouse.archives.gov. The White House. December 31, 2014. Retrieved August 22, 2019.
  4. ^ O'Laughlin, Dania (Summer 2003). "Edgewater Hospital 1929–2001". Edgewater Historical Society. Retrieved August 22, 2019.
  5. ^ Bernstein 2007, pp. 18, 34.
  6. ^ a b c Roberts, Gary Boyd. "Notes on the Ancestry of Senator Hillary Rodham Clinton". New England Historic Genealogical Society. Archived from the original on December 3, 2010. Retrieved November 10, 2012.
  7. ^ Bernstein 2007, pp. 17–18.
  8. ^ Smolenyak, Megan (April–May 2015). "Hillary Clinton's Celtic Roots". Irish America.
  9. ^ a b c Brock 1996, p. 4. Her father was an outspoken Republican, while her mother kept quiet but was "basically a Democrat." See also Bernstein 2007, p. 16.
  10. ^ Gerth & Van Natta 2007, p. 14.
  11. ^ a b Bernstein 2007, p. 29; Morris 1996, p. 113.
  12. ^ TheWomensMuseum (May 21, 2009). "Stories from the Top at The Women's Museum: Question 1 – Hillary Clinton wanting to be an astronaut, answering What was the first thing you wanted to be when you grew up? ...at The Women's Museum in Dallas, Tx "Stories from the Top" Women's History Month event, March 27, 2009" – via YouTube.
  13. ^ "Hillary Clinton wanting to be an astronaut, speech for Reclaiming Our Commitment to Science & Innovation at the Carnegie Institute of Washington, on Capitol Hill in Washington, DC". October 4, 2007. Archived from the original on November 14, 2021 – via YouTube.
  14. ^ "Barbara Walters interview, 2001, in Park Ridge (the Chicago suburb where she grew up)". July 25, 2010. Archived from the original on November 14, 2021 – via YouTube.
  15. ^ Clinton's story was thoroughly investigated by Fact Checker Michelle Ye Hee Lee in the Washington Post. Quote:
    "After receiving more information from the National Air and Space Museum, specifically a March 1962 letter with a similar tone and message as the Miss Kelly letter Archived October 22, 2016, at the Wayback Machine and Clinton's account, we decided the claim met the "reasonable person" standard. We award Clinton the rare Geppetto Checkmark [Statements and claims that contain "the truth, the whole truth, and nothing but the truth"]."
    Full report: Lee, Michelle Ye Hee (November 30, 2015). "Hillary Clinton's often-told story that NASA rejected her childhood dream of becoming an astronaut". The Washington Post.
    Neither Clinton nor NASA has produced a copy of the actual response that she states she received.
  16. ^ Bernstein 2007, pp. 30–31.
  17. ^ Bernstein 2007, p. 30; Gerth & Van Natta 2007, pp. 21–22.
  18. ^ Bernstein 2007, pp. 30–31; Maraniss 1995, p. 255.
  19. ^ Bernstein 2007, p. 13.
  20. ^ Gerth & Van Natta 2007, p. 19.
  21. ^ Middendorf, J. William (2006). Glorious Disaster: Barry Goldwater's Presidential Campaign And the Origins of the Conservative Movement. Basic Books. ISBN 978-0-465-04573-0. p. 266.
  22. ^ Troy 2006, p. 15; Gerth and Van Natta 2007, pp. 18–21; Bernstein 2007, pp. 34–36. The teacher, Paul Carlson, and the minister, Donald Jones, came into conflict in Park Ridge; Clinton would later see that as "an early indication of the cultural, political and religious fault lines that developed across America in the [next] forty years". (Clinton 2003, p. 23) Several dates have been published for the King speech she witnessed, but April 15, 1962, is the most likely, see Dobbs, Michael (December 31, 2007). "Hillary and Martin Luther King Jr". The Washington Post.
  23. ^ Levenson, Michael (March 4, 2007). "A student's words, a candidate's struggle". Boston Globe. Retrieved August 22, 2019.
  24. ^ Clinton, Hillary Rodham (May 29, 1992). "Hillary Rodham Clinton Remarks to Wellesley College Class of 1992". Wellesley College. Retrieved August 22, 2019.
  25. ^ a b Clinton 2003, p. 31.
  26. ^ "Wellesley College Republicans: History and Purpose". Wellesley College. May 16, 2007. Archived from the original on September 3, 2006. Retrieved June 2, 2007. Gives organization's prior name.
  27. ^ Milton, Joyce (1999). The First Partner: Hillary Rodham Clinton. William Morrow and Company. ISBN 978-0-688-15501-8. pp. 27–28.
  28. ^ Brock 1996, pp. 12–13.
  29. ^ Bernstein 2007, p. 50. Bernstein states she believed this combination was possible and that no equation better describes the adult Hillary Clinton.
  30. ^ a b c d e Kenney, Charles (January 12, 1993). "Hillary: The Wellesley Years: The woman who will live in the White House was a sharp-witted activist in the class of '69". Boston Globe. Retrieved August 22, 2019.
  31. ^ Bernstein 2007, pp. 42–46; Troy 2006, pp. 18–19.
  32. ^ a b c d e Leibovich, Mark (September 7, 2007). "In Turmoil of '68, Clinton Found a New Voice". The New York Times. Retrieved August 22, 2019.
  33. ^ a b Rodham, Hillary (May 31, 1969). "Hillary D. Rodham's 1969 Student Commencement Speech". Wellesley College. Retrieved August 22, 2019.
  34. ^ Bernstein 2007, pp. 53–54.
  35. ^ a b c Dedman, Bill (May 9, 2007). "Reading Hillary Rodham's hidden thesis". MSNBC.
  36. ^ a b Cooper, Helene. "Hillary Rodham Clinton". The New York Times. Archived from the original on April 28, 2008. Retrieved April 13, 2008.
  37. ^ a b Gerth & Van Natta 2007, pp. 34–36.
  38. ^ "Brooke Speech Challenged by Graduate". Fitchburg Sentinel. June 2, 1969.
  39. ^ "Brooke Speech Draws Reply". Nevada State Journal. June 2, 1969.
  40. ^ "The Class of '69". Life. June 20, 1969. pp. 28–33. Archived from the original on December 25, 2014. The article features Rodham and two student commencement speakers from other schools, with photos and excerpts from their speeches.
  41. ^ Cosgrove, Ben (February 15, 2014). "Hillary Clinton: Photos of the Future First Lady as a Wellesley Grad". Time. Archived from the original on November 15, 2014. Retrieved August 16, 2016.
  42. ^ Bernstein 2007, p. 70.
  43. ^ Clinton, What Happened, p. 198.
  44. ^ Morris 1996, p. 139; Bernstein 2007, p. 105. Clinton would later write, and repeat on the Late Show with David Letterman, that sliming fish was the best preparation she would ever have for living in Washington. Clinton 2003, pp. 42–43.
  45. ^ a b c "Hillary Diane Rodham Clinton (1947–)". Encyclopedia of Arkansas History & Culture. Central Arkansas Library System. May 16, 2019. Retrieved August 22, 2019.
  46. ^ a b Gerth & Van Natta 2007, pp. 42–43.
  47. ^ a b c Bernstein 2007, p. 75.
  48. ^ The authors of Beyond the Best Interests of the Child were Center director Al Solnit, Yale Law professor Joe Goldstein, and Anna Freud.
  49. ^ Morris 1996, pp. 142–43.
  50. ^ Bernstein 2007, pp. 71–74.
  51. ^ Weil, Martin (August 8, 2009). "Anne Wexler, Political Adviser and Lobbyist, Dies at 79". The Washington Post. Retrieved August 22, 2019.
  52. ^ Bernstein 2007, pp. 82–83.
  53. ^ a b Gerstein, Josh (November 26, 2007). "Hillary Clinton's Radical Summer". The New York Sun.
  54. ^ Olson 1999, pp. 56–57.
  55. ^ Gerstein, Josh (November 27, 2007). "Hillary Clinton's Left Hook". The New York Sun.
  56. ^ Gerstein, Josh (November 26, 2007). "The Clintons' Berkeley Summer of Love". The New York Sun.
  57. ^ Gerth & Van Natta 2007, pp. 48–49.
  58. ^ a b Bernstein 2007, p. 89.
  59. ^ a b c d e f g h i "First Lady Biography: Hillary Clinton". National First Ladies' Library. Retrieved August 22, 2006.
  60. ^ Rodham, Hillary (1973). "Children Under the Law". Harvard Educational Review. 43 (4): 487–514. doi:10.17763/haer.43.4.e14676283875773k.
  61. ^ Troy 2006, p. 21.
  62. ^ a b c Lewin, Tamar (August 24, 1992). "Legal Scholars See Distortion in Attacks on Hillary Clinton". The New York Times.
  63. ^ Lindsey, Duncan; Sarri, Rosemary C. (1992). "What Hillary Rodham Clinton really said about children's rights and child policy" (PDF). Children and Youth Services Review. 14 (6): 473–83. doi:10.1016/0190-7409(92)90001-C. hdl:2027.42/30351.
  64. ^ Bernstein 2007, pp. 91–92.
  65. ^ Brock 1996, p. 42.
  66. ^ a b c Bernstein 2007, pp. 94–96, 101–03.
  67. ^ Bernstein 2007, p. 62.
  68. ^ Maraniss 1995, p. 277.
  69. ^ Bernstein 2007, pp. 90, 120.
  70. ^ Bernstein 2007, p. 92; Allen and Parnes 2014, p. 149. Taking an out-of-date bar study class may have been a factor. Two-thirds (551 of 817) of the candidates passed. Rodham did not tell even close friends of the failure until revealing it thirty years later in her autobiography.
  71. ^ Clinton 2003, p. 69.
  72. ^ Bernstein 2007, p. 92.
  73. ^ Clinton 2003, p. 70. Source for number of female faculty members.
  74. ^ Maraniss 1995, p. 328.
  75. ^ a b Bernstein 2007, pp. 126–27.
  76. ^ Contorno, Steve (July 17, 2014). "Did Hillary Clinton ask to be 'relieved' from representing an accused rapist in 1970s?". PolitiFact.
  77. ^ a b Gerth & Van Natta 2007, p. 57.
  78. ^ Bernstein 2007, p. 120.
  79. ^ a b Maraniss 1995, pp. 121–22.
  80. ^ a b c Kruse, Michael (April 14, 2015). "The long, hot summer Hillary Clinton became a politician". Politico.
  81. ^ Bernstein 2007, p. 157.
  82. ^ Clinton 2003, pp. 91–92.
  83. ^ Groppe, Maureen (October 7, 2015). "'Indianoplace'? That's what Hillary Clinton called us". indystar.com. Indy Star. Retrieved December 29, 2017.
  84. ^ Sheinin, Aaron Gould (August 30, 2016). "Jimmy Carter makes fund raising plea for Hillary Clinton". ajc.com. AJC. Archived from the original on December 30, 2017. Retrieved December 29, 2017.
  85. ^ Bernstein 2007, pp. 128, 103. The firm was called Rose, Nash, Williamson, Carroll, Clay & Giroir, but it simplified its name to Rose Law Firm in 1980.
  86. ^ a b Bernstein 2007, p. 133.
  87. ^ Bernstein 2007, pp. 131–32.
  88. ^ Rodham, Hillary; Steiner, Gilbert Y. (June 1977). "Children's Policies: Abandonment and Neglect". Yale Law Journal. 68 (7): 1522–31. doi:10.2307/795794. JSTOR 795794.
  89. ^ Rodham, Hillary (1979). "Children's Rights: A Legal Perspective". In Patricia A. Vardin; Ilene N. Brody (eds.). Children's Rights: Contemporary Perspectives. New York: Teachers College Press. pp. 21–36.
  90. ^ Wills, Garry (March 5, 1992). "H.R. Clinton's Case". The New York Review of Books.
  91. ^ a b Wattenberg, Daniel (August 1992). "The Lady Macbeth of Little Rock". The American Spectator. Archived from the original on March 16, 2016. Retrieved March 15, 2016.
  92. ^ Olson 1999, p. 57.
  93. ^ Clinton, Bill (2004). My Life. Knopf Publishing Group. p. 244.
  94. ^ Bernstein 2007, p. 154.
  95. ^ Bernstein 2007, p. 125.
  96. ^ "Jimmy Carter: Nominations Submitted to the Senate, Week Ending Friday, December 16, 1977". American Presidency Project. Retrieved September 3, 2007.
  97. ^ "Ronald Reagan: Recess Appointment of Three Members of the Board of Directors of the Legal Services Corporation". American Presidency Project. January 22, 1982. Retrieved September 3, 2007.
  98. ^ Morris 1996, p. 225.
  99. ^ a b c Kelly, Michael (January 20, 1993). "The First Couple: A Union of Mind and Ambition". The New York Times.
  100. ^ Bernstein 2007, p. 147.
  101. ^ Gerth & Van Natta 2007, p. 60.
  102. ^ Bernstein 2007, p. 130.
  103. ^ a b Gerth & Van Natta 2007, pp. 66–67.
  104. ^ Gerth & Van Natta 2007, pp. 73–76.
  105. ^ Bernstein 2007, pp. 159–160.
  106. ^ Bernstein 2007, p. 166.
  107. ^ a b Kelly, Michael (February 14, 1993). "Again: It's Hillary Rodham Clinton. Got That?". The New York Times.
  108. ^ Clinton 2003, pp. 91–93; Morris 1996, p. 282.
  109. ^ a b Williams, Joseph (February 26, 2007). "Name changes define Clinton's various career stages". Boston Globe.
  110. ^ a b Elving, Ron (April 13, 2015). "'Hillary Clinton' Is Back, But Will There Be A Return of the Rodham?". NPR.
  111. ^ Easton, Lauren (November 30, 2015). "Updating AP style on Hillary Clinton". Associated Press.; Chozick, Amy (November 30, 2015). "Times Drops 'Rodham' in Referring to Hillary Clinton". The New York Times.
  112. ^ a b c Bernstein 2007, pp. 170–75. Bernstein states that "the political battle for education reform ... would be her greatest accomplishment in public life until she was elected to the U.S. Senate."
  113. ^ "Hillary Clinton Guides Movement to Change Public Education in Arkansas". Old State House Museum. Spring 1993. Archived from the original on April 16, 2014. Retrieved April 16, 2014.
  114. ^ Kearney, Janis F. (2006). Conversations: William Jefferson Clinton, from Hope to Harlem. Writing Our World Press. ISBN 978-0-9762058-1-4. p. 295.
  115. ^ Morris 1996, p. 330.
  116. ^ Brock 1996, pp. 176–77.
  117. ^ Gerth & Van Natta 2007, p. 63.
  118. ^ a b c Labaton, Stephen (February 26, 1994). "Rose Law Firm, Arkansas Power, Slips as It Steps Onto a Bigger Stage". The New York Times.
  119. ^ Gerth & Van Natta 2007, pp. 80–81.
  120. ^ "Limbaugh Responds to FAIR". FAIR. June 28, 1994. Retrieved May 9, 2008.
  121. ^ Troy 2006, p. 29.
  122. ^ Gerth & Van Natta 2007, pp. 82–84.
  123. ^ Gerth & Van Natta 2007, pp. 87–88.
  124. ^ Bernstein 2007, pp. 187–89; Gerth & Van Natta 2007, p. 85.
  125. ^ "Board of Directors Emeritus". Children's Defense Fund. Archived from the original on October 12, 2006. Retrieved May 31, 2007.
  126. ^ "Hon. Hillary Rodham Clinton". FindLaw. Retrieved May 31, 2007.
  127. ^ "Hillary Rodham Clinton". The Washington Post. Archived from the original on June 12, 2007. Retrieved May 30, 2007. Bio entry.
  128. ^ a b Harkavy, Ward (May 24, 2000). "Wal-Mart's First Lady". The Village Voice.
  129. ^ Picard, Ken (May 4, 2005). "Vermonters to Hillary: Don't Tread on Us". Seven Days.
  130. ^ a b c Barbaro, Michael (May 20, 2007). "As a Director, Clinton Moved Wal-Mart Board, but Only So Far". The New York Times.
  131. ^ Ross, Brian; Sauer, Maddy; Schwartz, Rhonda (January 31, 2008). "Clinton Remained Silent As Wal-Mart Fought Unions". ABC News.
  132. ^ Davies, Dave (July 17, 2018). "How Dark Money, Gerrymandering And Democratic Complacency Altered Wisconsin Politics". NPR.org. Retrieved August 10, 2019.
  133. ^ Bump, Philip (November 10, 2016). "Donald Trump got Reagan-like support from union households". Washington Post. Retrieved August 10, 2019.
  134. ^ "Clintons to Rebut Rumors on '60 Minutes'". The New York Times. January 25, 1992. Archived from the original on April 1, 2010.
  135. ^ "In 1992, Clinton Conceded Marital 'Wrongdoing'". The Washington Post. January 26, 1992.
  136. ^ Troy 2006, pp. 39–42; Gerth and Van Natta 2007, pp. 94–96.
  137. ^ "2000: Hillary Clinton is first First Lady in Senate". BBC News. November 7, 2000.
  138. ^ Troy 2006, p. 42.
  139. ^ Clinton 2003, p. 108.
  140. ^ a b Clinton 2003, p. 109.
  141. ^ Bernstein 2007, pp. 205–06.
  142. ^ Burns 2008, p. 140.
  143. ^ Toner, Robin (September 24, 1992). "Backlash for Hillary Clinton Puts Negative Image to Rout". The New York Times.
  144. ^ "Hillary Rodham Clinton". PBS. Archived from the original on December 28, 2014. Retrieved December 2, 2014. Clinton had the first postgraduate degree through regular study and scholarly work. Eleanor Roosevelt had previously been awarded a postgraduate honorary degree. Clinton's successor Laura Bush became the second first lady with a postgraduate degree.
  145. ^ Troy 2006, p. 71.
  146. ^ Troy 2006, p. 68.
  147. ^ Troy 2006, p. xii.
  148. ^ Rajghatta, Chidanand (January–February 2004). "First Lady President?". Verve. Archived from the original on July 1, 2004.
  149. ^ Peart, Karen N. "The First Lady: Homemaker or Policy-Maker?". Scholastic Press. Retrieved August 22, 2006.
  150. ^ Greenberg, Paul (July 15, 1999). "Israel's new friend: Hillary, born-again Zionist". Jewish World Review.
  151. ^ Zimmer, Benjamin (November 1, 2005). "A perilous portmanteau?". Language Log. Retrieved August 22, 2006.
  152. ^ Clines, Francis X. (June 25, 1996). "Mrs. Clinton Calls Sessions Intellectual, Not Spiritual". The New York Times.
  153. ^ Wheen, Francis (July 26, 2000). "Never mind the pollsters". The Guardian. London.
  154. ^ Clinton 2003, pp. 258–59.
  155. ^ a b Joyce, Kathryn; Sharlet, Jeff (September–October 2007). "Hillary's Prayer: Hillary Clinton's Religion and Politics". Mother Jones.
  156. ^ Bernstein 2007, pp. 313–14.
  157. ^ Kelly, Michael (May 23, 1993). "Saint Hillary". The New York Times Magazine.
  158. ^ Painton, Priscilla (May 31, 1993). "The Politics of What?". Time.
  159. ^ Bernstein 2007, pp. 170–75.
  160. ^ Smith, Sally Bedell (2007). For Love of Politics: Inside the Clinton White House. Random House. p. 117. ISBN 978-1-4000-6324-6.
  161. ^ Gergen, David (2000). Eyewitness to Power: The Essence of Leadership Nixon to Clinton. Simon & Schuster. p. 280. ISBN 9780684826639.
  162. ^ a b Bernstein 2007, pp. 287–89, 400–02; Gerth & Van Natta 2007, pp. 139–40.
  163. ^ Bernstein 2007, pp. 287–89, 400–02.
  164. ^ Bernstein 2007, pp. 240, 380, 530. The Whitewater investigations were also a factor in her declining rating.
  165. ^ "A Detailed Timeline of the Healthcare Debate portrayed in 'The System'". PBS. May 1996. Archived from the original on October 29, 2007. Retrieved September 25, 2007.
  166. ^ Carney, James (December 12, 1994). "The Once and Future Hillary". Time.
  167. ^ Burns 2008, p. 141.
  168. ^ Klein, Joe (December 4, 2005). "The Republican Who Thinks Big on Health Care". Time.
  169. ^ Jackson, Brooks (March 18, 2008). "Giving Hillary Credit for SCHIP". FactCheck.org.
  170. ^ Clinton, Hillary Rodham (May 1, 1995). "Remarks by First Lady Hillary Rodham Clinton at Medicare Mammography Awareness Campaign Kick-off". The White House. Archived from the original on October 2, 2006. Retrieved March 23, 2007.
  171. ^ a b c Bernstein 2007, pp. 461–65.
  172. ^ a b c Goodman, Peter S. (April 11, 2008). "From Welfare Shift in '96, a Reminder for Clinton". The New York Times.
  173. ^ a b Sengupta, Somini (October 29, 2000). "Campaigns Soft-Pedal on Children and the Poor". The New York Times.
  174. ^ Clinton, Hillary Rodham (October 23, 1997). Clinton, Hillary Rodham: Address to the White House Conference on Child Care. Encyclopædia Britannica. Retrieved September 25, 2007.
  175. ^ Clinton, Hillary Rodham (April 17, 1997). "Remarks by the President and the First Lady at White House Conference on Early Child Development and Learning". The White House. Archived from the original on September 22, 2003. Retrieved April 11, 2014.
  176. ^ "White House Conference on Children and Adolescents". American Psychological Association. April 26, 2000. Archived from the original on June 27, 2001.
  177. ^ "White House convenes conference on teen-agers". CNN. May 2, 2000. Archived from the original on January 6, 2007.
  178. ^ Clinton, Hillary Rodham (October 27, 1999). "Talking It Over". Creators Syndicate. Retrieved September 25, 2007.
  179. ^ a b Healy, Patrick (December 26, 2007). "The Résumé Factor: Those 8 Years as First Lady". The New York Times.
  180. ^ "First Lady Biography: Pat Nixon". National First Ladies' Library. Retrieved October 18, 2007.
  181. ^ Healy, Patrick (December 26, 2007). "The Résumé Factor: Those 2 Terms as First Lady". The New York Times.
  182. ^ Bernstein 2007, pp. 419–21.
  183. ^ Bernstein 2007, pp. 419–21; Gerth & Van Natta 2007, pp. 149–51.
  184. ^ a b Klein, Joe (November 5, 2009). "The State of Hillary: A Mixed Record on the Job". Time.
  185. ^ Tyler, Patrick (September 6, 1995). "Hillary Clinton, In China, Details Abuse of Women". The New York Times.
  186. ^ a b c d Lemmon, Gayle Tzemach (March 6, 2011). "The Hillary Doctrine". Newsweek.
  187. ^ Hudson and Leidl 2015, pp. 7–8.
  188. ^ Rashid, Ahmed (2002). Taliban: Islam, Oil and the New Great Game in Central Asia. I.B. Tauris. ISBN 978-1-86064-830-4. pp. 70, 182.
  189. ^ "Feminist Majority Joins European Parliament's Call to End Gender Apartheid in Afghanistan". Feminist Majority. Spring 1998. Archived from the original on August 30, 2007. Retrieved September 26, 2007.
  190. ^ Hudson and Leidl 2015, pp. 25–26.
  191. ^ Dobbs, Michael (January 10, 2008). "Clinton and Northern Ireland". The Washington Post.
  192. ^ "Joyce McCartan". A Century Of Women. Retrieved July 4, 2020.
  193. ^ Lynn, Brendan (2009). "McCartan, Joyce". In McGuire, James; Quinn, James (eds.). Dictionary of Irish Biography. Cambridge: Cambridge University Press.
  194. ^ a b Gerth, Jeff (March 8, 1992). "Clintons Joined S.& L. Operator in an Ozark Real-Estate Venture". The New York Times.
  195. ^ Gerth & Van Natta 2007, pp. 72–73.
  196. ^ "Whitewater started as 'sweetheart' deal". CNN. May 6, 1996.
  197. ^ a b "Once Upon a Time in Arkansas: Rose Law Firm Billing Records". Frontline. October 7, 1997.
  198. ^ a b c Gerth & Van Natta 2007, pp. 158–60.
  199. ^ Bernstein 2007, pp. 441–42.
  200. ^ "Statement by Independent Counsel on Conclusions in Whitewater Investigation". The New York Times. September 21, 2000.
  201. ^ Bernstein 2007, pp. 327–28.
  202. ^ Bernstein 2007, pp. 439–44.
  203. ^ Johnson, David (January 5, 1996). "Memo Places Hillary Clinton at Core of Travel Office Case". The New York Times.
  204. ^ Hughes, Jane (June 23, 2000). "Hillary escapes 'Travelgate' charges". BBC News.
  205. ^ Gerth, Jeff; et al. (March 18, 1994). "Top Arkansas Lawyer Helped Hillary Clinton Turn Big Profit". The New York Times.
  206. ^ Rosett, Claudia (October 26, 2000). "Hillary's Bull Market". The Wall Street Journal. Archived from the original on December 8, 2000.
  207. ^ a b "Independent counsel: No evidence to warrant prosecution against first lady in 'filegate'". CNN. July 28, 2000. Archived from the original on January 24, 2003.
  208. ^ "'Filegate' Depositions Sought From White House Aides". CNN. April 1, 1998.
  209. ^ "Clintons Began Taking White House Property a Year Ago". Los Angeles Times. February 10, 2001.
  210. ^ Lardner, George Jr (February 6, 2001). "Clintons Say They'll Return Disputed Gifts". The Washington Post.
  211. ^ Brozan, Nadine (January 17, 1996). "Chronicle". The New York Times. Retrieved July 28, 2007. “It takes a village to raise a child”
  212. ^ Carvajal, Doreen (January 14, 1996). "On Book Tour, Mrs. Clinton Defends Herself". The New York Times. Retrieved July 28, 2007.
  213. ^ Purdum, Todd S. (January 17, 1996). "With Resolve, First Lady Lays Out Defense". The New York Times. Retrieved July 28, 2007.
  214. ^ See results of this New York Times archive search. On list January 28 through May 26, 1996. At number one February 4, 11 and 18.
  215. ^ Roberts, Roxanne (October 4, 2000). "White House Welcome". The Washington Post.
  216. ^ a b Bernstein 2007, p. 446.
  217. ^ Troy 2006, pp. 176–77.
  218. ^ Troy 2006, p. 183.
  219. ^ Grant, Philippe R. (2003). Knight, Peter (ed.). Conspiracy Theories in American History: An Encyclopedia. ABC-CLIO. p. 177. ISBN 978-1576078129. Concerned by the many conspiracy theories involving her husband, [she] claimed ... there was a 'vast right-wing conspiracy' to undermine their credibility.
  220. ^ Kirn, Walter (February 9, 1998). "Persecuted or Paranoid? A look at the motley characters behind Hillary Clinton's 'vast right-wing conspiracy'". Time.
  221. ^ Troy 2006, p. 187.
  222. ^ Bernstein 2007, pp. 512, 517–18, 521.
  223. ^ Brower 2015, pp. 141–49.
  224. ^ a b Gerth & Van Natta 2007, p. 195.
  225. ^ Clinton 2003, p. 75.
  226. ^ Greenberg, Jon (June 10, 2014). "Hillary Clinton says she and Bill were 'dead broke'". PolitiFact. Retrieved June 26, 2021.
  227. ^ "Was Bill Clinton's Lewinsky affair an 'abuse of power'?". BBC News. October 15, 2018. Retrieved June 26, 2021.
  228. ^ Cummings, William (October 15, 2018). "Hillary Clinton denies Bill's affair with Monica Lewinsky was an 'abuse of power'". USA Today. Retrieved June 26, 2021.
  229. ^ a b Apuzzo, Matt (November 16, 2005). "Read a Book, Buy a Goat". The Day.
  230. ^ "Save America's Treasures – About Us". Save America's Treasures. Archived from the original on December 28, 2007. Retrieved March 23, 2007.
  231. ^ Massie, Christopher (April 21, 2015). "R. Kelly, Big Bird, And 28 Other Highlights From Hillary Clinton's First Lady Columns". BuzzFeed.
  232. ^ "Hillary Rodham Clinton – Talking It Over". Creators Syndicate. Retrieved August 24, 2007.
  233. ^ "Clinton toasts 2000 at White House VIP dinner". CNN. December 31, 1999.
  234. ^ "Millennium Evenings". White House Millennium Council. Archived from the original on May 13, 2008. Retrieved June 20, 2008.
  235. ^ "Remarks By First Lady Hillary Rodham Clinton at The Sculpture Garden Reception". The White House. January 5, 1996. Archived from the original on April 8, 2007. Retrieved March 23, 2007.
  236. ^ Graff, Henry Franklin (2002). The Presidents: A Reference History. Simon & Schuster. ISBN 978-0-684-31226-2. p. liii.
  237. ^ a b Lindsay, Rae (2001). The Presidents' First Ladies. Gilmour House. pp. 248–49. ISBN 978-0-9653753-3-7.
  238. ^ a b Brower 2015, pp. 50–55.
  239. ^ Bernstein 2007, p. 530.
  240. ^ Nagourney, Adam (September 3, 1999). "With Some Help, Clintons Purchase a White House". The New York Times.
  241. ^ Gerth & Van Natta 2007, p. 204.
  242. ^ Gerth & Van Natta 2007, pp. 200, 204.
  243. ^ Gerth & Van Natta 2007, p. 210.
  244. ^ "Hillary Rodham Clinton scores historic win in New York". CNN. November 8, 2000. Archived from the original on January 15, 2016.
  245. ^ a b Gerth & Van Natta 2007, pp. 212–13.
  246. ^ Levy, Clifford J. (December 13, 2000). "Lazio Sets Spending Mark for a Losing Senate Bid". The New York Times.
  247. ^ Bernstein 2007, p. 6.
  248. ^ a b c Bernstein 2007, p. 544.
  249. ^ Chaddock, Gail Russell (March 10, 2003). "Clinton's quiet path to power". The Christian Science Monitor.
  250. ^ Bernstein 2007, p. 548.
  251. ^ a b "Senate Temporary Committee Chairs". University of Michigan Documents Center. May 24, 2001. Archived from the original on July 7, 2007. Retrieved May 30, 2007.
  252. ^ Gerth, Jeff; Van Natta, Don Jr. (May 29, 2007). "Hillary's War". The New York Times Magazine.
  253. ^ "Committees". Official U.S. Senate website. Archived from the original on October 11, 2007.
  254. ^ "About the Commission: Commissioners". Commission on Security and Cooperation in Europe. Archived from the original on January 3, 2009. Retrieved September 29, 2007.
  255. ^ "Senate, House appoint Helsinki commissioners". The Ukrainian Weekly. May 20, 2001.
  256. ^ Bernstein 2007, p. 548; Gerth & Van Natta 2007, pp. 231–32.
  257. ^ Gerth & Van Natta 2007, pp. 238–39.
  258. ^ "Statement of Senator Hillary Rodham Clinton on the USA Patriot Act Reauthorization Conference Report". Official U.S. Senate website. December 16, 2005. Archived from the original on February 14, 2008.
  259. ^ "U.S. Senate Roll Call Votes 109th Congress – 2nd Session ... On the Conference Report (H.R. 3199 Conference Report)". United States Senate. March 2, 2006. Retrieved April 24, 2008.
  260. ^ Clinton, Hillary (November 24, 2001). "New Hope For Afghanistan's Women". Time.
  261. ^ a b c Balz and Johnson 2009, pp. 74, 76–77.
  262. ^ "Clinton says insurgency is failing". USA Today. Associated Press. February 19, 2005.
  263. ^ Lyman, Peter (July 14, 2005). "Clinton among senators urging larger-sized army". poststandard.newspaperarchive.com. Retrieved August 11, 2019.
  264. ^ Fitzgerald, Jim (November 21, 2005). "Hillary Clinton says immediate withdrawal from Iraq would be 'a big mistake'". U-T San Diego. Associated Press. Archived from the original on November 22, 2015. Retrieved September 14, 2014.
  265. ^ Heilemann and Halperin 2010, pp. 34, 39.
  266. ^ Meadows, Susannah (December 12, 2005). "Hillary's Military Offensive". Newsweek.
  267. ^ a b c d e f g Landler, Mark (April 24, 2016). "H is for Hawk". The New York Times Magazine. pp. 28–35.
  268. ^ Lerner, Adam (May 19, 2015). "Hillary Clinton says her Iraq war vote was a 'mistake'". Politico.
  269. ^ a b "Senator Hillary Rodham Clinton – Voting Record". Project Vote Smart. Retrieved April 14, 2008.
  270. ^ a b Donahue, Deirdre (June 17, 2003). "Clinton memoir tops Best-Selling Books list". USA Today.
  271. ^ a b "Clinton's Book Sales Top 1 Million". Associated Press. July 9, 2003. Archived from the original on May 11, 2011.
  272. ^ a b "Hillary Rodham Clinton". William J. Clinton Presidential Center. Archived from the original on July 8, 2009. Retrieved May 9, 2009.
  273. ^ a b "Gorbachev and Clinton win Grammy". BBC News. February 9, 2004.
  274. ^ Lewis, Neil A. (May 28, 2008). "Stark Contrasts Between McCain and Obama in Judicial Wars". The New York Times.
  275. ^ "Anti-Alito filibuster soundly defeated". CNN. January 30, 2006.
  276. ^ "Clinton wades into GTA sex storm". BBC News. July 14, 2005.
  277. ^ "Gay marriage ban defeated in Senate vote". NBC News. Associated Press. June 7, 2006.
  278. ^ Gerth & Van Natta 2007, pp. 267–69, 313, 401.
  279. ^ Gerth & Van Natta 2007, pp. 267–69.
  280. ^ "Hillary Clinton presidential campaign, 2016/Senator". ballotpedia.org. Retrieved August 11, 2019.
  281. ^ Hirschkorn, Phil (December 21, 2005). "Sen. Clinton's GOP challenger quits race". CNN.
  282. ^ "New York State Board of Elections, General Election Results" (PDF). New York State. December 14, 2006. Archived from the original (PDF) on August 22, 2012. Retrieved December 16, 2006.
  283. ^ "Is America Ready?". Newsweek. December 25, 2006.
  284. ^ Kornblut, Anne; Zeleny, Jeff (November 21, 2006). "Clinton Won Easily, but Bankroll Shows the Toll". The New York Times. p. A1.
  285. ^ Balz and Johnson 2009, p. 91.
  286. ^ Weigel, David (January 10, 2014). "Hillary Told the President That Her Opposition to the Surge in Iraq Had Been Political". Slate.
  287. ^ "Bush Repeats Veto Threat on Spending Bill That Includes Iraq Withdrawal Timetable". Fox News Channel. March 28, 2007. Archived from the original on December 27, 2014. Retrieved September 14, 2014.
  288. ^ "House, Senate pass war funding bill". CNN. May 25, 2007.
  289. ^ Lake, Eli (September 12, 2007). "Clinton Spars With Petraeus on Credibility". The New York Sun.
  290. ^ "Hillary Clinton Calls for Gonzales' Resignation". ABC News. March 13, 2007.
  291. ^ "On the Cloture Motion (Motion to Invoke Cloture on the Motion to Proceed to Consider S.1639)". United States Senate. June 26, 2007. Retrieved April 22, 2008.
  292. ^ "Senate Passes Economic Rescue Package". NY1 News. October 2, 2008. Archived from the original on April 1, 2016.
  293. ^ O' Shea, Jennifer (December 3, 2008). "10 things you didn't know about Hillary Clinton's senate career". US News. Retrieved July 25, 2016.
  294. ^ Bernstein 2007, pp. 550–52.
  295. ^ Gerth & Van Natta 2007, p. 5.
  296. ^ Middleton, Tim (September 4, 2007). "Hillary Clinton: Midas touch at work". MSNBC. Archived from the original on January 29, 2008.
  297. ^ "Clintons' earnings exceed $100m". BBC News. April 5, 2008.
  298. ^ "Clinton outpaces Obama in fundraising for third quarter". CNN. October 2, 2007.
  299. ^ Balz and Johnson 2009, pp. 95–99.
  300. ^ Heilemann and Halperin 2010, pp. 145–49.
  301. ^ a b c Tumulty, Karen (May 8, 2008). "The Five Mistakes Clinton Made". Time.
  302. ^ Kornblut 2009, p. 57.
  303. ^ "New Hampshire Democratic Primary". RealClearPolitics. January 8, 2008. Retrieved January 9, 2008.
  304. ^ Heilemann and Halperin 2010, pp. 186–90.
  305. ^ a b "Firsts for Women in U.S. Politics". Center for American Women and Politics. Archived from the original on December 16, 2014. Retrieved August 18, 2014. Also "The 2008 Presidential Campaign of Senator Hillary Rodham Clinton" from them. See Shirley Chisholm#1972 presidential campaign for the previous marks for best performance by a major-party woman presidential candidate.
  306. ^ Decker, Cathleen; Barabak, Mark Z. (January 10, 2008). "Clinton had voters' sympathy – and a message they liked". Los Angeles Times.
  307. ^ a b Ververs, Vaughn (January 26, 2008). "Analysis: Bill Clinton's Lost Legacy". CBS News.
  308. ^ a b Hulse, Carl; Healy, Patrick (January 11, 2008). "Bill Clinton Tries to Tamp Down 'Fairy-Tale' Remark About Obama". The New York Times.
  309. ^ a b Balz and Johnson 2009, pp. 163–66.
  310. ^ Crowley, Candy (January 28, 2008). "Clinton campaign advisers: Bill Clinton 'needs to stop'". CNN.
  311. ^ Balz and Johnson 2009, pp. 156, 173–78.
  312. ^ Balz and Johnson 2009, pp. 188–89.
  313. ^ Heilemann and Halperin 2010, p. 223.
  314. ^ a b c Sizemore, Justin M. (June 5, 2008). "How Obama Did It". Center for Politics at the University of Virginia.
  315. ^ a b c d Baker, Peter; Rutenberg, Jim (June 8, 2008). "The Long Road to a Clinton Exit". The New York Times.
  316. ^ Balz and Johnson 2009, pp. 148–54, 190–92.
  317. ^ Balz and Johnson 2009, p. 196.
  318. ^ Phillips, Matt (March 18, 2008). "Pennsylvania Pitch: Can Obama Connect With Lower-Income Whites?". The Wall Street Journal.
  319. ^ Seelye, Katherine Q. (April 22, 2008). "In Clinton vs. Obama, Age Is a Great Predictor". The New York Times.
  320. ^ a b Balz and Johnson 2009, pp. 216–17.
  321. ^ Heilemann and Halperin 2010, p. 258.
  322. ^ Allen and Parnes 2014, pp. 25, 30.
  323. ^ a b "Election Center 2008: Delegate Scorecard". CNN. June 4, 2008. Retrieved July 6, 2008.
  324. ^ Kleefeld, Eric (June 4, 2008). "The Final Math". Talking Points Memo. Archived from the original on July 1, 2008.
  325. ^ Cillizza, Chris (June 1, 2008). "Clinton Puts Up Popular Vote Ad". The Washington Post.
  326. ^ Bumiller, Elisabeth (November 22, 2008). "Clinton-Obama Détente: From Top Rival to Top Aide". The New York Times.
  327. ^ Yoon, Robert (January 22, 2013). "Hillary Clinton's campaign debt finally paid off". CNN.
  328. ^ Allen and Parnes 2014, pp. 48–52.
  329. ^ a b c d e Myers, Steven Lee (July 1, 2012). "Last Tour of the Rock-Star Diplomat". The New York Times Magazine. pp. 18–23, 49.
  330. ^ Allen and Parnes 2014, pp. 58–60.
  331. ^ Schor, Elana (December 1, 2008). "As it happened: Obama nominates Hillary Clinton for secretary of state". The Guardian.
  332. ^ a b "Obama Confirms Hillary in Top Job". Sky News. December 1, 2008. Archived from the original on September 27, 2012.
  333. ^ Allen and Parnes 2014, p. 81.
  334. ^ Falcone, Michael (December 19, 2008). "Bush Approves Bill Reducing Secretary of State's Pay". The New York Times.
  335. ^ "Senate panel backs Clinton as secretary of state". NBC News. Associated Press. January 15, 2009. Archived from the original on April 9, 2014.
  336. ^ Jones, Jeffrey M. (January 13, 2009). "As Senate Hearings Begin, Hillary Clinton's Image Soars". Gallup Organization.
  337. ^ Phillips, Kate (January 21, 2009). "Senate Confirms Clinton as Secretary of State". The New York Times.
  338. ^ Tumulty, Brian (January 21, 2009). "Clinton sworn in at State Dept. and then resigns Senate". The Journal News. Archived from the original on February 1, 2009.
  339. ^ Rudin, Ken (December 1, 2008). "Obama Brings Hillary to Cabinet, GOP to Ariz. State House". NPR.
  340. ^ Richter, Paul (January 28, 2009). "World breathes sigh of relief, Hillary Clinton says". Los Angeles Times.
  341. ^ Landler, Mark; Cooper, Helene (December 22, 2008). "Clinton Moves to Widen Role of State Dept". The New York Times.
  342. ^ Allen and Parnes 2014, pp. 150–51.
  343. ^ LaFranchi, Howard (December 15, 2010). "Hillary Clinton's vision for foreign policy on a tight budget". The Christian Science Monitor.
  344. ^ Allen and Parnes 2014, pp. 122–24.
  345. ^ a b Baker, Peter (March 23, 2014). "3 Presidents and a Riddle Named Putin".