ハーブ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ディオスコリデスの薬物誌ビザンチウム、15世紀の写本、その時までにテキストは約1500年間流通していました

ハーブは、通常、その薬効に関する情報で、植物の名前と説明を含む本ですトニック料理毒性幻覚芳香族、または魔法の力、そして伝説それらに関連付けられています。[1] [2] ハーブは、それが説明する植物を分類することもあり、[3]ハーブ抽出物チンキ剤、またはポーションのレシピを提供することもあり、ミネラルや動物用医薬品を含むこともあります。植物から得られたものに加えて。ハーブは、植物の識別を支援するためにしばしば説明されました[4]

ハーブはで生成された第1文献の中にあった古代エジプト、中国、インド、およびヨーロッパ[5]によって蓄積された日の医療知恵として薬草薬剤師医師[6] ハーブはまた、中国とヨーロッパの両方で印刷された最初の本の1つでした。西ヨーロッパでは、活字の導入後2世紀の間、ハーブが繁栄しました(c。1470–1670)。[7]

17世紀後半、現代の化学毒物学薬理学の台頭により、古典的なハーブの薬効が低下しました。植物学の研究と植物の識別のためのリファレンスマニュアルとしてハーブはフローラスに取って代わられました –科学的に正確な植物の説明、分類、およびイラストで、特定の地域で成長していることがわかった植物の体系的な説明。[8]のHerbalsは控えめで復活見てきた西洋世界を通り、20世紀最後の数十年以来、本草学など(および関連分野ホメオパシーアロマテラピー)は代替医療の人気のある形になりました[9]

歴史

単語はハーブから派生している中世ラテン リベルのherbalis(「ハーブの本」):[2]それは時々単語とは対照的に使用されているflorilegium花の論文がある、[10]その美しさと楽しさというに重点を置きましたそれらの有用性に対するハーブの強調よりも。[11]印刷されたハーブに見られる情報の多くは、伝統医学と、執筆の発明以前のハーブの知識から生じたものです[12]

印刷が登場する前は、ハーブは原稿として作成されていました。これは、巻物やルーズシートとして保管したり、コーデックスに綴じたりすることができました[13] 初期の手書きのハーブは、しばしば絵画や絵で描かれていました。他の写本のように、ハーブはプロの筆記者または読者自身のいずれかによって手で繰り返しコピーすることによって「出版」されました。コピーを作成する過程で、写字家はコンテンツを翻訳、拡張、適合、または並べ替えることがよくありました。元のハーブのほとんどが失われました。多くは(コピーの...)後のコピーとしてのみ生き残っており、他のテキストからの参照を通じてのみ知られているものもあります。[14] [15]

As printing became available, it was promptly used to publish herbals, the first printed matter being known as incunabula. In Europe, the first printed herbal with woodcut (xylograph) illustrations, the Puch der Natur of Konrad of Megenberg, appeared in 1475.[16] Metal-engraved plates were first used in about 1580.[17] As woodcuts and metal engravings could be reproduced indefinitely they were traded among printers: there was therefore a large increase in the number of illustrations together with an improvement in quality and detail but a tendency for repetition.[18]

世界で最も重要な記録と最初の印刷物のいくつかの例として、研究者は、ハーブを見つけるなど、世界で最も有名な図書館点在バチカン図書館ローマ、ボドリアン図書館オックスフォード、王立図書館ウィンザーで、大英図書館でロンドンと主要な大陸図書館。

中国、インド、メキシコ

中国の神農ペンツァオチン

中国は、数千年前にさかのぼる伝統的な漢方薬で有名です。[19] [20]伝説によると、中国の薬草医学の創始者である神農皇帝神農は、紀元前2700年頃に神農本草または神農本草経を後のすべての中国の薬草の先駆者として作曲しました[21]それはコピーとして存続しますc。西暦500年で、約365のハーブについて説明しています。[22]高品質のハーブとモノグラフ特に植物上には1250 CEまでの期間に製造した:Zhenlei bencao 1600まで12版通過した1108年に唐Shenweiによって書かれました、。ライチのモノグラフ1059および1178でハンYanzhiによってWenzhhouのオレンジ上のいずれかで蔡襄によって[23] 1406年に明代の王子朱シャオ(朱橚)発行Jiuhuang Bencaoは用ハーブ図示飢饉食品高品質の木版画と414種の植物の説明が含まれており、そのうち276種が初めて説明されました。この本は、ヨーロッパで最初に印刷された本より69年前のものです。何度も転載されました。[24]他のハーブは、Bencao Fahuiを徐龍によって1450年にBencao Gangmu 1590に李時珍の[25]

インドのスシュルタ・サムヒタ

アーユルヴェーダとして知られるインドの伝統的な漢方薬は、おそらく紀元前2千年紀にさかのぼり、その起源は聖なるヒンドゥー教の ヴェーダ、特にアタルヴァヴェーダにまでさかのぼります[26]教えの本物の編集物の1つは、外科医Sushrutaによるもので、SushrutaSamhitaと呼ばれる論文で入手できます。これには、184の章と、1120の病気、700の薬用植物、鉱物源からの64の製剤、および動物源に基づく57の製剤の説明が含まれています。[27]アーユルヴェーダの他の初期の作品には、チャラカに起因するチャラカ・サンヒタが含まれますしかし、この伝統はほとんど口頭です。スシュルタの作品を含む最も初期の生き残った書物は、西暦4世紀のバウアー写本です。[28]

Hernandez – RerumMedicarumとアステカ

Anは、1552年にメキシコで発表されたハーブ示しLibellusデMedicinalibus Indorumハービス(「インドの薬草の本」)、で書かれているアステカ Nauhuatlのネイティブ医師によって言語マルティン・クルス。これはおそらくアステカの医学の非常に初期の説明ですが、ヨーロッパのイラストに似た正式なイラストは、アーティストが先住民の描画スタイルではなく、スペインの巨匠の伝統に従っていることを示唆しています。[29] 1570年、フランシスコエルナンデス(1514〜1580年頃)がスペインから派遣され、ニュースペイン(現在のメキシコ)の天然資源を研究しました。ここで彼は、アステカ人によって設立された広大な植物園を含む先住民の情報源を利用して、cを記録しました。彼の1200の植物Rerum Medicarum 1615のニコラス・モナーズドスLibros(1569)は、タバコの最初の公表イラストが含まれています。[30]

エジプト、メソポタミア、ギリシャ、ローマ

テオプラストスのc。371 –c。西暦前287年、Orto botanico di Palermo

紀元前2000年頃までに、古代エジプトの医療パピルスには、植物に基づく処方箋が含まれ、薬と癒しのための魔法の薬草師の組み合わせに言及していました。[31]

パピルスエーベルス

生き残った古代のハーブの中で最も完全で広範囲にわたるエーベルス・パピルスのページ

古代エジプトのパピルスエーベルスは、最も初期に知られているハーブの1つです。それは紀元前1550年にさかのぼり、現在は失われている情報源に基づいており、さらに500年から2000年前にさかのぼります。[4]最も初期のシュメールのハーブは、紀元前7世紀の写本として紀元前2500年頃にさかのぼります。紀元前668年から626年の日付の刻まれたアッシリアの錠剤には約250の植物薬が記載されています。錠剤にはサフランクミンターメリックゴマなど今日でも使用されている薬草の名前が含まれています[31]

古代ギリシャ人はエジプトとメソポタミアから彼らの薬の知識の多くを集めました。[31] 「医学の父」(ヒポクラテスの名を冠した誓いで有名)であるヒポクラテス(紀元前460年から377年)は、約400種類の薬を使用し、そのほとんどが植物由来でした。しかし、最初のギリシャのハーブは、紀元前4世紀にカリスタスのディオクルによって書かれました。ただし、書かれた記録に記載されていることを除いて、これについては何も残っていません。それはだったアリストテレスの弟子テオフラストス彼の中(371から287 BCE)ヒストリアプランタラム、(より良いとして知られている植物へのお問い合わせ)とデCausisプランタラム植物の原因について)現代の植物科学に関連する注意深く批判的な観察の科学的方法を確立しました。主にアリストテレスのメモに基づいて、彼の調査の第9巻は、その日のハーバリストと薬剤師の推奨を含む薬草とその使用法を具体的に扱っており、彼の植物の説明にはしばしばそれらの自然生息地と地理的分布が含まれていました。[32]アレクサンドリア学派の設立に伴いc。西暦前330年の薬が繁栄し、この時期に書かれた薬草には、医師のヘロフィロスマンティアスカリストスのアンドレアス、アポロニウスマイス、ニカンドロスが含まれていました[32]リゾマティストの作品(リゾマティは当時の医師であり、テオプラストスが迷信を唱えた)クラテロス(紀元前110年)は、紀元前1世紀に図解されたハーブの伝統を始めたため特に注目に値します。[33] [34]

ディオスコリデス–薬物誌

シンプルな薬のアラビア語ブック(C。1334)ディオスコリデスからデ本草イギリスの博物館

デ本草(C 40-90 CE;。ギリシャ、Περίύληςιατρικής「ペリhules iatrikes」、「医療材料に」)のPedaniosディオスコリデス、ローマ軍で医者は、約65 CEで生産されました。これは、この主題に関する唯一の最大の古典的権威であり、これまでに書かれた中で最も影響力のあるハーブであり[35]ルネッサンスまでの次の1000年間、東洋と西洋の両方のハーブと薬局方のモデルとして機能しました[36]それは、約500の薬用植物を含む、当時の蓄積されたハーブの知識の多くを集めました。オリジナルは失われましたがウィーン写本として知られているビザンチンのコピーが豪華に描かれています約512CEからの日付が残っています。[37]

プリニウス–自然史

プリニウス長老(西暦23〜79年)の百科事典的自然史(西暦77〜79年頃)は、約2000の巻物に含まれる情報を統合したものであり、神話や民間伝承が含まれています。約200の現存するコピーがあります。これは37冊の本で構成されており、そのうち16冊(本12〜27)は樹木、植物、医薬品に捧げられており、そのうち7冊は薬用植物について説明しています。中世の草本では、De Materia MedicaとともにGalen(131–201 CE)のDe Simplicibusがより詳細であるにもかかわらず、古典的なテキストの中で最も頻繁に言及されているのはPlinyの作品です[38]中世に広くコピーされたギリシャ語の作品の別のラテン語訳は、おそらく原文に示されているが、アプレイウス:いくつかの言語で与えられた特定の植物の別名も含まれていました。それは西暦約400年にさかのぼり、生き残ったコピーは西暦約600年にさかのぼります。[39]

中世とアラブ世界

600年から1200年までのヨーロッパ中世の600年の間に、ハーブの伝承の伝統は修道院に落ちました僧侶の多くは本や写本を作り、薬用庭園と病人の両方の世話をすることに長けていましたが、この時代の書物は単に古典時代のものを模倣したものです。[40]

一方、アラブ世界では、900年までにギリシャの偉大なハーブが翻訳され、ビザンチウム、ダマスカス、カイロ、バグダッドなどの東地中海のビザンチン帝国の学習センターにコピーが保管され、植物学および薬理学の伝承と組み合わされました。オリエント。[41]では、中世イスラム世界イスラム教徒の植物学者イスラム教徒の医師が漢方薬の知識に大きな貢献をしました。この時期に関連するのは、彼のオペラメディシナリアで彼のMesue Maior(Masawaiyh、777–857)を含みます。、ギリシア、ペルシア、アラブ人、インド人、およびバビロニアの知識を合成し、この作業は、医療の百科事典で補完したアヴィセンナ(イブンシナ、980から1037)。[42]アヴィセンナの医学典範は、東と西の両方で何世紀にもわたって使用されていた。[43]この期間中、イスラム科学は西洋では無視されていた古典的な植物学の知識を保護し、イスラム教の薬局は繁栄した。[44]

アルベルトゥスマグナス– De Vegetabilibus

アルベルトゥスマグナスc。1193-1280、の作者・デ・Vegetabilibus

In the thirteenth century, scientific inquiry was returning and this was manifest through the production of encyclopaedias; those noted for their plant content included a seven volume treatise by Albertus Magnus (c. 1193–1280) a Suabian educated at the University of Padua and tutor to St Thomas Aquinas. It was called De Vegetabilibus (c. 1256 AD) and even though based on original observations and plant descriptions it bore a close resemblance to the earlier Greek, Roman and Arabic herbals.[45] Other accounts of the period include De Proprietatibus Rerum (c. 1230–1240) of English Franciscan friar Bartholomaeus Anglicus and a group of herbals called Tractatus de Herbisスペインのサレルノの東西文化センターにあるマテウスプラテリウスによって1280年から1300年の間に書かれ、苦痛を感じました。イラストは、真の植物画の細部を示しています。[46]

西ヨーロッパ

エリザベスブラックウェル好奇心旺盛なハーブ(1737)からのイラスト

おそらく最もよく知られているハーブは、1470年から1670年の間にヨーロッパで生産されました。[47]ドイツでの印刷機の活字からの印刷の発明c。1440年はハーブ主義への大きな刺激でした。新しいハーブは、より一般的な魅力があり、多くの場合、ゴシックスクリプトと、説明されている植物により近い木版画のイラストが追加されて、より詳細になりました。

Three important herbals, all appearing before 1500, were printed in Mainz, Germany. Two of these were by Peter Schoeffer, his Latin Herbarius in 1484, followed by an updated and enlarged German version in 1485, these being followed in 1491 by the Hortus Sanitatis printed by Jacob Meyderbach.[48] Other early printed herbals include the Kreuterbuch of Hieronymus Tragus from Germany in 1539 and, in England, the New Herball of William Turner in 1551 were arranged, like the classical herbals, either alphabetically, according to their medicinal properties, or as "herbs, shrubs, trees".[49]など、後のハーブの植物の配置CruydboeckDodoensとジョン・ジェラルドのHerball 1597のは、より多くの彼らの物理的類似性に関係となり、これは科学的なの始まり予告分類を。 1640年までに、約3800の植物を含むハーブが印刷されました。これは、当時知られているほぼすべての植物です。[50]

In the Modern Age and Renaissance, European herbals diversified and innovated, and came to rely more on direct observation than being mere adaptations of traditional models. Typical examples from the period are the fully illustrated De Historia Stirpium Commentarii Insignes by Leonhart Fuchs (1542, with over 400 plants), the astrologically themed Complete Herbal by Nicholas Culpeper (1653), and the Curious Herbal by Elizabeth Blackwell (1737).

Anglo-Saxon herbals

アングロサクソンの植物の知識と園芸技術(庭はwyrtzerd、文字通り、ハーブヤードと呼ばれていました)は大陸のそれを超えているようです。[51]アングロサクソン人の植物に関する私たちの限られた知識は、主に次のような写本から得られます:ボールドリーチブックラクヌンガ[52]禿げたリーチブック(禿げたのはおそらくイギリスのアルフレッド大王の友人だった)は、西暦900年から950年頃に書記のシルドによって丹念に制作された。これは、ギリシャ語のテキストから派生したものではなく土語(ネイティブ)言語で書かれてます。[53]サクソン時代の最も古い図解されたハーブは、ラテン語の翻訳です。Herbarius Apulei Platoniciは、中世の最も人気のある医療作品の1つで、5世紀にさかのぼります。このサクソン語の翻訳は西暦1000年から1050年頃に作成され、大英図書館に保管されています。[54]別の土語のハーブは、コンラート・フォン・メゲンベルク(1309–1374)によるBuch der naturまたは「BookofNature 」で、これまでに作られた最初の2つの植物の木版画が含まれています。それはまた、その種の最初の作品でもあります。[16] [41]

アングロノルマンハーブ

12世紀から13世紀初頭にかけて、ノルマン征服の影響下で、英国で生産されたハーブは、フランスとドイツの影響を受けずに、シチリアと近東の影響を受けて減少しました。これは、ビザンチンの影響を受けたロマネスク様式の額入りイラストを通して明らかになりました土語のアングロサクソン人のハーブは、Macers Herbal、De Viribus Herbarum(主にPlinyから派生)を含むラテン語のハーブに置き換えられ、英語の翻訳は約1373年に完了しました。[55]

15世紀のインキュナブラ

The earliest printed books and broadsheets are known as incunabula. The first printed herbal appeared in 1469, a version of Pliny's Historia Naturalis; it was published nine years before Dioscorides De Materia Medica was set in type.[35] Important incunabula include the encyclopaedic De Proprietatibus Rerum of Franciscan friar Bartholomew Anglicus (c. 1203–1272) which, as a manuscript, had first appeared between 1248 and 1260 in at least six languages and after being first printed in 1470 ran to 25 editions.[56] Assyrian physician Mesue (926–1016) wrote the popular De Simplicibus, Grabadin and Liber Medicinarum Particularum the first of his printings being in 1471. These were followed, in Italy, by the Herbarium of Apuleius Platonicus and three German works published in Mainz, the Latin Herbarius (1484), the first herbal published in Germany, German Herbarius (1485), the latter evolving into the Ortus Sanitatis (1491). To these can be added Macer’s De Virtutibus Herbarum, based on Pliny's work; the 1477 edition is one of the first printed and illustrated herbals.[57]

Fifteenth-century manuscripts

In medieval times, medicinal herbs were generally referred to by the apothecaries (physicians or doctors) as "simples" or "officinals". Before 1542, the works principally used by apothecaries were the treatises on simples by Avicenna and Serapion’s Liber De Simplici Medicina. The De Synonymis and other publications of Simon Januensis, the Liber Servitoris of Bulchasim Ben Aberazerim, which described the preparations made from plants, animals and minerals, provided a model for the chemical treatment of modern pharmacopoeias. There was also the Antidotarium Nicolai of Nicolaus de Salerno, which contained Galenical compounds arranged in alphabetical order.[58]

Spain and Portugal – de Orta, Monardes, Hernandez

The Spaniards and Portuguese were explorers, the Portuguese to India (Vasco da Gama) and Goa where physician Garcia de Orta (1490–1570) based his work Coloquios dos Simples (1563). The first botanical knowledge of the New World came from Spaniard Nicolas Monardes (1493–1588) who published Dos Libros between 1569 and 1571.[59] The work of Hernandez on the herbal medicine of the Aztecs has already been discussed.

Germany – Bock, Brunfels and Fuchs

Aハンズ・ウェイディッツのから手彩色木版画オットー・ブルンフェルスHerbarum Vivae Eicones

Otto Brunfels (c. 1489–1534), Leonhart Fuchs (1501–1566) and Hieronymus Bock (1498–1554) were known as the "German fathers of botany"[60] although this title belies the fact that they trod in the steps of the scientifically feted Hildegard of Bingen whose writings on herbalism were Physica and Causae et Curae (together known as Liber subtilatum) of 1150. The original manuscript is no longer in existence but a copy was printed in 1533.[61] Another major herbalist was Valerius Cordus (1515–1544).[62]

1530年、ブルンフェルスのHerbarum Vivae Eiconesには、ハンスヴァイディッツの称賛された植物学的に正確なオリジナルの木版画のカラーイラストと、科学に新しい47種の説明が含まれていました。ボックは、生まれ故郷のドイツの植物を説明するために着手し、森や野原で見つけた植物を説明する1539年のニュークロイテルブッフ制作しましたが、イラストはありませんでした。これは、365の木版画を含む1546年の第2版によって補足されました。ボックはおそらく彼のハーブに植物分類を採用した最初の人であり、生態学と植物群落の詳細もカバーしていました。この中で、彼は他のドイツのハーブとは異なり、薬用ではなく植物学的な特徴に重点を置き、現代のフローラを予見していましたFuchsのDeHistoria Stirpium(1542、1843年にドイツ語版)は、植物の細部に再び細心の注意を払った509の高品質の木版画を含む後の出版物でした。これには、16世紀にドイツに導入された科学に新しい多くの植物が含まれていました。[63]フックスの作品は、ルネサンス期の中で最も達成されたものの1つと見なされている。[64]

ネーデルラント–ドドエン、ローベル、クルシウス

The Flemish printer Christopher Plantin established a reputation publishing the works of Dutch herbalists Rembert Dodoens and Carolus Clusius and developing a vast library of illustrations.[65] Translations of early Greco-Roman texts published in German by Bock in 1546 as Kreuterbuch were subsequently translated into Dutch as Pemptades by Dodoens (1517–1585) who was a Belgian botanist of world renown. This was an elaboration of his first publication Cruydeboeck (1554).[66] Matthias de Lobel (1538–1616) published his Stirpium Adversaria Nova(1570–1571)とイラストの大規模な編集[67]、クルシウス(1526–1609)のマグナムオーパスは1601年のRariorum Plantarum Historiaで、スペインとハンガリーの植物相を編集したもので、科学に新しい600以上の植物が含まれていました。[68]

イタリア– Mattioli、Calzolari、Alpino

初期のイタリアの写本ハーブ、c。図示の1500植物であるAppolinarisChamomeleonSliatriceo水仙

In Italy, two herbals were beginning to include botanical descriptions. Notable herbalists included Pietro Andrea Mattioli (1501–1577), physician to the Italian aristocracy and his Commentarii (1544), which included many newly described species, and his more traditional herbal Epistolarum Medicinalium Libri Quinque (1561). Sometimes, the local flora was described as in the publication Viaggio di Monte Baldo (1566) of Francisco Calzolari. Prospero Alpini (1553–1617) published in 1592 the highly popular account of overseas plants De Plantis Aegypti and he also established a botanical garden in Padua in 1542, which together with those at Pisa and Florence, rank among the world’s first.[69]

England – Turner, Gerard, Parkinson, Culpeper

The first true herbal printed in Britain was Richard Banckes' Herball of 1525[70] which, although popular in its day, was unillustrated and soon eclipsed by the most famous of the early printed herbals, Peter Treveris's Grete Herball of 1526 (derived in turn from the derivative French Grand Herbier).[71]

アグネスアーバーハーブに転載された彼の作品TheatrumBotanicum(1640)からのパーキンソンの彫刻

William Turner (?1508–7 to 1568) was an English naturalist, botanist, and theologian who studied at Cambridge University and eventually became known as the “father of English botany." His 1538 publication Libellus de re Herbaria Novus was the first essay on scientific botany in English. His three-part A New Herball of 1551–1562–1568, with woodcut illustrations taken from Fuchs, was noted for its original contributions and extensive medicinal content; it was also more accessible to readers, being written in vernacular English. Turner described over 200 species native to England.[72] and his work had a strong influence on later eminent botanists such as John Ray and Jean Bauhin.

John Gerard (1545–1612) is the most famous of all the English herbalists.[73] His Herball of 1597 is, like most herbals, largely derivative. It appears to be a reformulation of Hieronymus Bock's Kreuterbuch subsequently translated into Dutch as Pemptades by Rembert Dodoens (1517–1585), and thence into English by Carolus Clusius, (1526–1609) then re-worked by Henry Lyte in 1578 as A Nievve Herball. This became the basis of Gerard's Herball or General Historie of Plantes.[74]1597年に1800枚の木版画で登場しました(オリジナルは16枚のみ)。主に派生的ですが、ジェラールの人気は、イギリスのエリザベス朝の植物や場所の彼の喚起と、この作品に対する庭園とガーデニングの明確な影響に起因する可能性があります。[75] 彼は1596年に、彼の庭で育つ1033本の植物のリストであるカタログ出版した。[76]

John Parkinson (1567–1650) was apothecary to James I and a founding member of the Worshipful Society of Apothecaries. He was an enthusiastic and skilful gardener, his garden in Long Acre being stocked with rarities. He maintained an active correspondence with important English and Continental botanists, herbalists and plantsmen importing new and unusual plants from overseas, in particular the Levant and Virginia. Parkinson is celebrated for his two monumental works, the first Paradisi in Sole Paradisus Terrestris in 1629: this was essentially a gardening book, a florilegium for which Charles I awarded him the title Botanicus Regius Primarius – Royal Botanist. The second was his Theatrum Botanicum of 1640, the largest herbal ever produced in the English language. It lacked the quality illustrations of Gerard's works, but was a massive and informative compendium including about 3800 plants (twice the number of Gerard's first edition Herball), over 1750 pages and over 2,700 woodcuts.[77] This was effectively the last and culminating herbal of its kind and, although it included more plants of no discernible economic or medicinal use than ever before, they were nevertheless arranged according to their properties rather than their natural affinities.[78]

Nicholas Culpeper (1616–1654) was an English botanist, herbalist, physician, apothecary and astrologer from London's East End.[79] His published books were A Physicall Directory[80] (1649), which was a pseudoscientific pharmacopoeia. The English Physitian[81] (1652) and the Complete Herbal[82] (1653), contain a rich store of pharmaceutical and herbal knowledge. His works lacked scientific credibility because of their use of astrologyしかし、彼は病気、植物、占星術の予後を単純な統合システムに統合し、今日まで人気があります。[73]

レガシー

中国の薬局方の裏表紙(1930年)

ハーブの遺産は、医学だけでなく、植物学や園芸にも及びます。漢方薬は今でも世界の多くの地域で実践されていますが、ここで説明する伝統的な壮大な薬草は、ヨーロッパのルネッサンス、現代医学の台頭、合成薬や工業薬の使用で終わりました。ハーブの薬効成分はいくつかの方法で開発されました。第一に、植物の伝承についての議論が減り、医療内容が増えるにつれて、公式の薬局方が出現しました。最初の英国薬局方は1864年に英語で出版されましたが、医療専門家と化学者および薬剤師の両方にそのような一般的な不満を与えたため、一般医療評議会は1867年に新しい修正版を発表しました。 、料理用ハーブとハーブガーデンに関する本があります、薬用で有用な植物。最後に、特定の植物に関する簡単な薬用情報に対する永続的な欲求は、過去のハーブを反映した現代のハーブをもたらしました。モード・グリーブのモダン・ハーバルは、1931年に最初に出版されましたが、その後多くの版が出版されました。[83]

イラストデルフィニウムperegrinumフローラGraecaによってジョン・シブソープフェルディナンド・バウアー(1806年から1840年)

ハーブの魔法と神秘的な側面も生き続けています。ハーブはしばしば植物の伝承を説明し、迷信的または精神的な側面を示しました。たとえば、空想的な特徴の教義があり、体の一部の外観に類似性があるという信念が、治療薬として使用される植物の外観に影響を与えました。カルペパーの占星術は、現代の人智学バイオダイナミック農法)に見ることができホメオパシーアロマテラピー、その他の新時代の医学などの代替医療アプローチは、ハーブや伝統医学とのつながりを示しています。[73]

ハーブに記載されている植物が特別なハーブガーデン(薬用植物園)で育てられたことを忘れることがあります。そのようなハーブガーデンは、例えば、修道院内で世話をされている病人を治療するために使用されるシンプルなものや役人を供給した中世の修道院の庭の一部でした。初期の薬用植物園は、修道院大学植物標本館など学習機関とも関連がありました18世紀のシステムガーデン(植物の分類システムを実証したガーデン)と現代につながる伝統を確立したのは、14世紀から16世紀のこの中世の庭園であり、薬局医師が参加しました。植物園。印刷、木版画、金属彫刻の出現により、コミュニケーション手段が改善されました。ハーブは、植物の説明、分類、および図解を開拓することにより、現代の植物科学の基盤を整えました。[84]ディオスコリデスのような古代人の時代から、1629年のパーキンソン病まで、ハーブの範囲は本質的に同じままでした。[85]

ハーブの最大の遺産は植物学です。 17世紀まで、植物学と医学は同じものでしたが、薬効よりも植物に徐々に重点が置かれていました。 17世紀から18世紀にかけて、植物の説明と分類により、植物は人間ではなく相互に関連付けられるようになりました。これは、テオプラストス以来の非人間中心主義の植物科学の最初の垣間見ることであり、二名法の新しいシステムと相まって、特定の地域で成長する植物を詳細に説明するフローラス呼ばれる「科学的なハーブ」をもたらしました。これらの本はしばしば植物標本によって裏付けられました, collections of dried plants that verified the plant descriptions given in the Floras. In this way modern botany, especially plant taxonomy, was born out of medicine. As herbal historian Agnes Arber remarks – "Sibthorp's monumental Flora Graeca is, indeed, the direct descendant in modern science of the De Materia Medica of Dioscorides."[86]

See also

References

  1. ^ Singer, p. 95.
  2. ^ a b Arber, p. 14.
  3. ^ Leyel, in Grieve. p. xiii.
  4. ^ a b アンダーソン、p。2.2。
  5. ^ スチュアート、1〜26ページ。
  6. ^ スチュアート、7–8、13ページ。
  7. ^ Arber、1984を参照してください
  8. ^ モートン、115〜164ページ。
  9. ^ Andrews、1982、pp。277–296を参照してください。
  10. ^ ジャクソン、p。102。
  11. ^ ブラント&ラファエル、p。10.10。
  12. ^ スチュアート、7〜13ページ。
  13. ^ ブラント&ラファエル、p。5.5。
  14. ^ アーバー、pp。271–285。
  15. ^ Rohde、pp。189–235。
  16. ^ a b ブラント&ラファエル、p。113。
  17. ^ ブラント&ラファエル、p。172。
  18. ^ リード、p。62。
  19. ^ Tang、W。&Eisenbrand、1992を参照してください。
  20. ^ Unschuld、1985を参照してください。
  21. ^ キー、9〜10ページ。
  22. ^ Hong-Yen Hsu、1980を参照してください。
  23. ^ リードpp。50–51。
  24. ^ 読む、74〜76ページ。
  25. ^ ウッドランド、p。373。
  26. ^ Wujastyk、2003を参照してください。
  27. ^ Dwivedi et al。、2007を参照してください。
  28. ^ Kutumbian、pp。XXXII-XXXIII。
  29. ^ モートン、p。14.14。
  30. ^ アーバー、p。109。
  31. ^ a b c スチュアート、p。15。
  32. ^ a b スチュアート、p。17.17。
  33. ^ 歌手、p。100。
  34. ^ ティルトマン、ジョンH.(1967年夏)。「ヴォイニッチ手稿:「世界で最も神秘的な写本」。XII(3)。NSAテクニカルジャーナル。 Cite journal requires |journal= (help)
  35. ^ a b アンダーソン、p。3.3。
  36. ^ 歌手、p。101
  37. ^ アーバー、1〜12ページ。
  38. ^ アンダーソン、17〜18ページ。
  39. ^ 歌手、p。104。
  40. ^ モートン、p。86。
  41. ^ a b スチュアート、p。19。
  42. ^ Greene、pp。433–443。
  43. ^ モートン、p。92。
  44. ^ モートン、p。82。
  45. ^ アーバー、p。12.12。
  46. ^ Pavord、p。111
  47. ^ アーバー、p。11.11。
  48. ^ ラファエル、p。249。
  49. ^ スチュアート、p。21。
  50. ^ スチュアート、p。22。
  51. ^ Rohde、p。89。
  52. ^ アンダーソン、p。23。
  53. ^ Rohde、pp。5–7。
  54. ^ Rohde、9〜10ページ。
  55. ^ Rohde、p。42。
  56. ^ アンダーソン、59〜60ページ。
  57. ^ ブラント&ラファエル、p。114。
  58. ^ チザム、ヒュー、編 (1911)。「薬局方」 ブリタニカ百科事典21(第11版)。ケンブリッジ大学出版局。NS。353。
  59. ^ アーバー、104〜108ページ。
  60. ^ アンダーソン、p。51。
  61. ^ アンダーソン、51〜58ページ。
  62. ^ Sprague、TA(1939)。「ヴァレリウスコーダスのハーブ」。ロンドンのリンネ協会のジャーナルロンドンのリンネ協会。LII(341)。
  63. ^ アンダーソン、pp。121–147。
  64. ^ 歌手、p。112。
  65. ^ ラファエル、p。250。
  66. ^ アンダーソン、173〜180ページ。
  67. ^ アーバー、90〜92ページ。
  68. ^ アーバー、84〜88ページ。
  69. ^ アーバー、92〜101ページ。
  70. ^ アーバー、p。41。
  71. ^ Rohde、65〜67ページ。
  72. ^ アンダーソン、p。152。
  73. ^ a b c ラファエル、p。251。
  74. ^ Blunt&Raphael、pp。164–166。
  75. ^ Rohde、p。98。
  76. ^ リード、p。70。
  77. ^ アンダーソン、p。227。
  78. ^ アンダーソン、230、234ページ。
  79. ^ デイビス、ディランウォーレン(2005年1月)。「ニコラス・カルペパー:人々の薬草師」Astrologycollege.com 2010-07-14を取得しました
  80. ^ カルペパー、ニコラス(1649)。「物理ディレクトリ」2010年7月15取得
  81. ^ カルペパー、ニコラス(1652)。「英国の医師」2010年7月22日にオリジナルからアーカイブされました2010年7月15取得
  82. ^ カルペパー、ニコラス(1653)。「完全なハーブ」2010年7月15取得
  83. ^ アーバー、p。268。
  84. ^ アーバー、146〜246ページ。
  85. ^ ラファエル、p。248。
  86. ^ アーバー、p。270。

参考文献

  • アーバー、アグネス1986年。ハーブ、その起源と進化、植物学の歴史の章1470–1670。ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 0-521-33879-4(1912年に最初に公開されました)。 
  • アンダーソン、フランクJ.ハーブの図解された歴史。ニューヨーク:コロンビア大学プレス。ISBN 0-231-04002-4 
  • Andrews、Theodora 1982.ハーブ、漢方薬、「天然」食品、および型破りな医療に関する参考文献リトルトン、コロラド州:図書館アンリミテッド社ISBN 0-87287-288-2 
  • ブラント、ウィルフリッド&ラファエル、サンドラ1980年。イラスト入りハーブ。ロンドン:フランシスリンカーン。ISBN 0-906459-02-8 
  • カルペパー、ニコラス1995年。カルペパーの完全なハーブ:古代の病気の自然療法の本(ワーズワースコレクションリファレンスライブラリ)Contemporary PublishingCompany。ISBN 1-85326-345-1 
  • Dwivedi、Girish&Dwivedi、Shridhar 2007.医学の歴史:Sushruta –臨床医– Teacher parExcellence国立情報センター(インド政府)
  • グリーン、エドワードL. 1981植物史のランドマーク:パート1ed。1909年版からのEgerton、Frank N. スタンフォード:スタンフォード大学プレス。ISBN 0-8047-1075-9 
  • グリーブ、モード1984年。現代のハーブ。イギリス、ハーモンズワース:ペンギンブックス。ISBN 0-486-22798-7(1931年に最初に公開)。 
  • ヘンリー、ブランシュ1975年1800年以前の英国の植物学および園芸文学。第1巻から第3巻オックスフォード:オックスフォード大学出版局。ISBN 0-19-211548-0 
  • Hong-Yen Hsu 1980.オリエンタルマテリアメディカ:正確なガイドカリフォルニア州ロングビーチ:オリエンタルヒーリングアーツインスティテュート。ISBN 0-941942-22-8 
  • ジャクソン、ベンジャミンD.1900 植物学用語集ロンドン:Duckworth&Co。
  • Kutumbian、P。2005。古代インド医学。オリエントロングマン。ISBN 81-250-1521-3 
  • キー、ジョンD.1976。中国のハーブ、それらの植物学、化学、および薬力学。バーモント州ラトランド:チャールズE.タトルカンパニー。ISBN 0-8048-1179-2 
  • モレロン、レジス&ラッシュド、ロシュディ1996年。アラビア科学の歴史の百科事典。3ラウトレッジISBN 0-415-12410-7 
  • モートン、アランG. 1981年。植物科学の歴史:古代から現在までの植物学の発展の説明ロンドン:アカデミックプレス。ISBN 0-12-508382-3 
  • Pavord、Anna2005。名前の命名。ブルームズベリー:ロンドンISBN 0-7475-7952-0 
  • ラファエル、サンドラ1986年。ハーブグードでは、パトリック&ランカスター、マイケル。「オックスフォード・コンパニオン・トゥ・ガーデンズ」オックスフォード:オックスフォード大学出版局。ISBN 0-19-866123-1pp。249–252。 
  • リード、ハワードS.1942 植物科学の短い歴史ニューヨーク:ロナルドプレス。
  • ローデ、エレノールシンクレア1974年。オールドイングリッシュハーブロンドン:ミネルバプレス。ISBN 0-85636-003-1 
  • 歌手、チャールズ1923年。ハーブ。エディンバラレビュー 237:95–112。
  • スチュアート、マルコム(編)1979年。ハーブとハーブ主義。ロンドン:Orbis PublishingLimited。ISBN 0-85613-067-2 
  • Tang、W。&Eisenbrand、G.1992 植物由来の中国薬ニューヨーク:Springer-Verlag。ISBN 0-354-01930-9 
  • Toresella、Sergio 1996. Gli erbari deglialchimisti。ではアルテfarmaceutica電子piante medicinali - erbari、VASI、sturmenti電子TESTIダラraccolte liguri、リアナSoginata(編)。ピサ:PaciniEditore。
  • Unschuld、Paul U. 1985.中国の医学:アイデアの歴史カリフォルニア:カリフォルニア大学出版。ISBN 0-520-05023-1 
  • ウッドランド、デニスW.1991。現代の植物系統学ニュージャージー:プレンティスホール。ISBN 0-205-12182-9 
  • Wujastyk、Dominik2003。アーユルヴェーダのルーツ:Sanskrit MedicalWritingsからの抜粋ロンドン:ペンギンクラシックス。ISBN 0-14-044824-1 

外部リンク