ヘルプ:テキスト エディタのサポート

フリー百科事典ウィキペディアより
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Web ブラウザーの標準テキスト エリアではなく、本格的なテキスト エディターを使用してウィキペディアの記事を編集すると便利なことがよくあります。テキスト エディターは、記事 (特に長い記事)の作成と編集に非常に役立つ機能を提供します。たとえば、スペル チェック、検索と置換、マクロ構文の強調表示、アルファベット順の並べ替えなどです。また、将来のオフライン編集のために、記事のローカル バックアップ コピーをすばやく簡単に保存する方法も提供します。ウィキペディアのwikEd ([設定] > [ガジェット] > [編集]) は、これらの機能の一部をサポートしており、一部のブラウザーはスペル チェックをサポートしています。いずれにせよ、Wikipedia VisualEditorを選択できますユーザー設定で視覚的な編集を行います

このページには、ウィキペディアの記事を編集するためにいくつかの外部およびブラウザー内のテキスト エディターを適応させるためのヒントが含まれています。

テキストエディタで記事を開く方法

手動方法

外部GUIテキスト エディタで「手動」で編集する方法は、コピー アンド ペーストを使用することです。一部のテキスト エディターは、さまざまな特殊文字(漢字、非ラテン文字、数学記号など)をサポートしていないか、サポートするように設定されていない可能性があります。これらの文字は通常、四角形として表示される文字に置き換えられます。編集したページを保存する前に、エディタが特殊文字を壊していないことをプレビューで確認してください。ワード プロセッサも使用でき、特殊文字を誤って処理する可能性が低くなります。

  1. 記事またはセクションのウィキペディア編集ウィンドウをブラウザーで通常どおりに開きます (ページまたはセクションの [編集] タブをクリックするか、キーボード ショートカット ⇧ Shift+ Alt+を使用しますE) 。
  2. ブラウザーのテキスト領域のコンテンツ全体を選択し ( +または+と同様)、それを (クリップボードに + ) コピーしてから外部エディター ウィンドウに貼り付け ( + ) ます。CtrlA⌘ CmdACtrlCCtrlV
  3. 編集を実行し、テキスト エディターの内容をコピーします。
  4. ブラウザのテキスト領域のコンテンツを選択して上書きし、編集したテキストを貼り付けます
  5. 保存する前に、編集したページをプレビューして確認します。

一部のブラウザー/エディター ソフトウェアの組み合わせには、より効率的な方法があります。

クロムとファイアフォックス

  • GhostText (この Web サイト、または Firefox の場合は [ツール] > [アドオン] で追加) は、サポートされている外部エディター (トライアルウェアの Sublime Text 、またはオープン ソースの Atom 、VS Code 、または Vim のみ) で、Chrome または Firefox Wikipediaウィンドウから テキストボックス開きます。 )、編集中にブラウザーと外部テキストの同期を維持します。

Mozilla および Mozilla Firefox

Mozilla Web ブラウザーを使用している場合は、Wikipedia 編集領域を含むテキスト領域を編集するための外部エディターを構成することができます。これにより、ブラウザーとエディターの間で記事のテキストをコピーして貼り付ける必要がなくなります。いくつかの解決策があります:

  • それはすべてテキストです!、ノンブロッキング編集と UTF-8 エンコードをサポートします。 注:編集ボックスで構文の強調表示必要な場合、このアドオンはPreferences  → Beta featuresの強調表示と互換性がない可能性がありますが、 Preferences  → Gadgetsの強調表示では機能し( Vim 内での強調表示については、以下を参照してください。)注: Firefox 57+ での動作を停止しました。
  • VimperatorPentadactylには、外部テキスト編集を可能にする挿入モードのショートカットがあります (デフォルトはCtrl +iです)。注: Firefox 57 以降では動作しなくなりました。
  • ゴーストテキスト. Chrome と Firefox (Quantum を含む) の両方の拡張機能で、エディターに入力したすべての内容が Web ブラウザーに即座に表示されます。エディター プラグインを別途インストールする必要があります。
  • textern It's all Text の 別の Firefox Quantum 互換代替アドオンに加えて、サーバーを別途インストールする必要があります。Linuxのみをサポートします
  • MozEx. 公式パッケージ[ dead link ]は、UTF-8でエンコードされたドキュメントの編集をサポートしておらず、 Mozilla Firefoxに正しくインストールされませんしかし、開発版[デッドリンク]にはこれらの問題はありません。簡単なMozEx チュートリアルが利用可能です。
  • ViewSourceWithは、テキスト編集と同様の機能を提供します。
  • TextArea Sputnikは、ノンブロッキング編集と外部エディターでのさまざまなエンコーディングをサポートします。(行っている編集とは関係のない編集テキスト ボックスに疑問符が表示される場合があります (たとえば、下部にあるUnicode 書記素やその他のグリフ)。ただし、編集によって文字が破壊されることはありません。)
  • withExEditorは、外部エディターでのノンブロッキング編集をサポートしています。これを書いている時点では、他の外部エディター プラグイン (It's All Text、ViewSourceWith) がマルチプロセス (別名 e10s) Firefox をサポートしていないのに対し、withExEditor はサポートしているのが一般的です。

これらすべてのソリューションでは、編集が完了したら、エディターで保存する必要があります。次に、ブラウザーのテキスト領域をクリックすると更新されます。次に、[プレビュー] をクリックします。プレビュー後に編集を続けたい場合は、ブラウザで [戻る] をクリックしてから、エディタで作業してください。または、最初に編集を開始する前に [プレビュー] を押してから、エディターで作業し、保存、プレビュー、さらに編集、保存、プレビューなどを行うことができます。途中で [戻る] を押す必要はありません。

Pale MoonWaterfoxなどの特定の Firefox フォークは、従来のアドオンをサポートしています。Firefox 57 以降、すべてのアドオンを実行するには、WebExtensions API に基づいている必要があります。

It's All Text を使用してください。外部エディタを呼び出す

それはすべてのテキストです!Firefox 拡張機能がインストールされ、テキスト領域の右下隅に小さな青い編集ボタンが表示されます。ボタンをクリックするだけで、テキスト領域の内容がエディターで開きます。

ただし、 It's All Textを使用する前に! 、[設定] ダイアログ ボックスでエディターへのパスを指定する必要があります。It's All Text!を使用すると、環境設定ダイアログが自動的に開きます。初めてですが、次のように手動で開くことができます: テキスト領域を右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。「It's All Text」→「設定」を選択します。

エディターでファイル名に加えて他のコマンド ライン オプションが必要な場合は、シェル スクリプト (Linux および macOS では .sh ファイル、Windows では .bat) を使用してエディターを呼び出し、エディターを呼び出す代わりにそのスクリプトへのパスを指定します。直接。さらに、エディターがファイル タイプ固有の構成を使用している場合は、[設定] ダイアログで wiki ファイル タイプのファイル名拡張子を追加できます。

上記が完了したら、テキスト領域の右下隅にある [編集] ボタンをクリックして、エディター内の任意のテキスト領域を編集できます。または、テキスト領域を右クリックすることもできます。[It's All Text] メニューから、編集に使用するファイル拡張子を選択できます。次に青い編集ボタンを使用すると、拡張機能は前回使用したものになります。

編集後、エディターからファイルを保存するだけです。コンテンツは、Firefox のテキスト領域に自動的にコピーされます。これを示すために、テキスト領域が一時的に黄色に変わります。

編集用に一時ファイルが作成され、最後に削除されます。したがって、後で編集するためにテキスト ファイルを保存したい場合は、ファイル名を変更したり、ファイルを別のディレクトリに保存したりできます。

Vim または別のコンソール エディターを使用する

一部のマクロはVimでは動作しますが、何らかの理由でgVim では動作しません(たとえば、テキスト段落をフォーマットするマクロ)。または、gVim を使用する代わりに、以前のように X ターミナル内で Vim を使用したいだけです。X ターミナル ウィンドウ内で Vim を起動するには、シェル スクリプト (以下を参照) を記述して X ターミナルを起動し、vimその X ターミナルまたは通常は好みのエディター内でコマンドを実行します。このスクリプトのファイル名が であり、スクリプトのパスが次のようになるように wiki.edit.vimスクリプトをディレクトリに配置するとします。上記のパスを [ It's All Text ] の [Preferences] ボックス (の代わりに) に入力します。それはうまくいくはずです。は、ルートからホーム ディレクトリへの完全なパスです(/home_dir/bin//home_dir/bin/wiki.edit.vim/usr/bin/gvim/home_dir//) ディレクトリ; ~/の代わりに (チルダ) を使用しないでください/home_dir/うまくいきません。スクリプトのリストをwiki.edit.vim以下に示します。

#!/ビン/sh

exec xterm -e ${ VISUAL :=vim }  " $@ "

ファイルを実行可能にすることを忘れないでください$ chmod +x wiki.edit.vim

macOS での Vim の使用

It's All Text を Mac 上の Vim とうまく連携させるには、Macvimをインストールする必要があります。MacVim をインストールすると、mvim というスクリプトも追加されます。MacVim.app ファイルではなく、このスクリプトを使用するように It's All Text に指示する必要があります。保存するのに適した場所は、MacVim.app ファイル (デフォルトではアプリケーション) と同じフォルダーです。

リンクス

Lynxでは、テキスト領域の内容を外部エディタで編集できます。カーソルがテキスト領域にある場合、+— または+を入力して、テキスト エディタを起動できます。さらに、Lynx は、外部エディターを呼び出すために、ユーザー定義可能なキー バインド (通常はバインドされていません) を受け入れます。一部のパッケージャーは、Lynx の構成ファイルでユーザー定義可能なバインディングを割り当てる場合があります。 CtrlXECtrlEE

ラップしないでください

外部エディタでファイルを保存し、それを終了して Lynx に戻った後、キーを押して、Lynx の質問 "表示領域に合わせて行を折り返す? (n)" に "いいえ" と答えます。「はい」と答えると、Lynx は通常のキャリッジ リターンで行を折り返すことになり、ドキュメント構造が壊れます。記事のプレビューを使用することを強くお勧めします。 N

行と段落の区切り

Lynx には、行の長さに対するハード リミットが組み込まれています。バージョン 2.8.3 では、次の行を見つけますLYGlobalDefs.h

#定義 MAX_LINE 1024

これは、より長い長さ (8192 など) に変更して再コンパイルできます。Lynx を再コンパイルできない場合の回避策を次に示します。

Lynx は 1023 文字よりも長い行を分割する傾向があります: これが起こると、多くの参照データを含む大きなパラグラフは簡単に分割され、そのように保存された記事はせいぜいわずかに一貫性のない外観になるかもしれません。最悪の場合、複雑な記事は構造を失う可能性があります。

文字の長さの制限は、行に設定された最大バッファ長に依存し、デフォルト サイズは 1023 文字です。この動作は、カーソルを制限を超えたテキスト領域の行に移動したときに観察できます。これにより、Lynx は次のアラートを発行します。

記事のテキストのパラグラフがそれほど長くない場合でも、複数の参照とそれに関連する膨大な量のコードとデータが含まれている可能性があるため、記事のコードの実際のパラグラフははるかに長くなります。 1023 文字の制限を超えています。テキスト行がその制限を超え、テキスト ファイルが Lynx テキストエリアに送り返されると、Lynx は次のエラー メッセージを表示します:「警告! 非常に長い行が折り返されています!」このような場合、そのような問題が軽減されるまで記事のコンテンツを保存しないことをお勧めします。

したがって、記事の編集者は、長い行の文字の長さに従うように注意し、(通常) 可能な場合は、(通常は) 可能な場合は、(HTML<BR>タグではなく) キャリッジ リターンを使用して戦略的な改行を挿入する必要があります: vi や VIM などの高度なテキスト エディターでは、通常、これにより、カーソルが行末にあるときに行の長さを測定できるようになります。

参照を含むアーティクル コードの長い段落では、パラメーター値自体が壊れていない限り、単一の改行を参照コード内に挿入できます。

URL は通常長いため、記事の版を比較する場合は、URL を新しい行に配置すると便利です。URL の先頭または末尾に追加された、テキスト的に非破壊的なコードが比較列のビューポートの外側にある可能性があり、これが変更の発見を妨げる可能性があるためです。記事にしました。

段落行が制限に近いか、数文字だけ超えている場合、記事の編集者はコードまたはテキストを最適化することを選択できます。

  • 余分なスペースを削除することにより:
    • 大量のテンプレート データ (参照など) のベスト プラクティスは、前のパラメーター値の最後の文字と次のパラメーターの名前のマーカー パイプのみを分離することです。
    • 文末ピリオドの後のプレーン テキストでは、一部の記事作成者は 1 つではなく 2 つのスペースを追加しますが、ブラウザーはこれを無視します。
  • テンプレートデータをより短い形式にリファクタリングすることにより、次のdate=26 February 2011ように置き換えることができますdate=2011-02-26—独自の日付設定を持つユーザーは、ログイン時に好みの形式で日付を表示する必要があります。
  • 中のテキストの性質に影響を与えずに行を言い換える。
  • 上記は、段落行に壊れやすいコードが含まれていない場合でも適用されます。

行段落が依然として 1023 文字の制限を超えているが、参照コード (または改行で機能する他のウィキコード) が含まれていない場合、ユーザーは読みやすくするためにその段落を論理的に 2 つに分割することを検討する必要があります。

エンコーディング

アクセント付き文字や国際文字が正しく表示されない場合は、Unicode をサポートする端末プログラム ( uxtermなど) を使用し、Lynx オプションで想定および表示文字セットを UTF-8 以上に設定してください。

それにもかかわらず、非標準のラテン語、キリル語、またはその他の非ラテン語を含む特殊文字を含む記事のコンテンツは、UTF-8&#xXX;形式の Lynx テキストエリアに表示され、その形式でテキスト エディターに送信されてから戻されます。

これらの UTF-8 グリフ表現は 1 文字としてではなく、6 文字 (ö = &#xF6;) として扱われ、1023 文字行の制限に追加されることに注意してください。

このような動作は、ラテン語以外のテキストの編集や、大量のアクセント付き文字を特徴とする言語で書かれたラテン語のテキストでさえ、編集の妨げになります。
詳しくは#特殊文字の取り扱い を参照してください。

Windows の Lynx

上記の手順に加えて、Windows 固有の複雑な点があります。

ウィキメディアの安全なサーバーを使用したい場合は、SSL をサポートするバージョンの Lynx を入手してください。あなたが既に持っているかどうかを調べるには、[オプション] に移動し、User-Agent ヘッダーに が含まれているかどうかを確認しますOpenSSL

utf-8これはウィキペディアで使用されるデフォルトの文字セットでもあるため、想定される文字セットは である必要があります。のように、表示文字セットは異なる場合がありcp850ますが、編集可能なテキストは常に になりますutf-8

Windows では、Lucida Console がより多くの文字をサポートするため、表示フォントは「ラスター フォント」ではなく Lucida Console にする必要があります。表示フォントはウィンドウ プロパティで変更できます。Windows XP では、Lynx ウィンドウ アイコン (タイトルの左側) をクリックし、[プロパティ] を選択して [フォント] タブに切り替えます。通常、このタブにはラスター フォントと Lucida コンソールのみが表示されます。

Lynx 構成ファイル

Lynx の構成ファイルは単純なテキスト ファイルであり、Unix の改行をサポートする任意のテキスト エディターから編集できます。Windows 9x では、これらの古い Windows バージョンのメモ帳は Unix ライン フィードをサポートしていないため、 このための組み込みテキスト エディタはワードパッドです。

lynx.cfgLynx の設定ファイルです。Windows のグローバル構成ファイルは、Lynx 実行可能ファイルがインストールされている場所に関係なく、常に同じフォルダーにあります。典型的な場所はC:\Program Files\Lynx. Lynx がそのフォルダにインストールされている場合、Windows Vista 以降では、通常、ファイルを編集するために管理者アクセスが必要です (ユーザー アカウント制御による)。

lynx.rc[オプション] ページから保存された、ユーザーごとの Lynx ユーザー デフォルト ファイルです。その中の設定は、グローバル構成ファイルよりも優先されます。Windows Vista では、ユーザーごとのユーザー デフォルト ファイルは. ファイルがディレクトリにある場合、ディスク クリーンアップなどの自動クリーンアップ ツールを使用する際には注意が必要です。 C:\Users\Username\AppData\Local\temp\lynx.rctemp

Lynx オプション ファイルの構文は、グローバル (lynx.cfg) 構成ファイルとユーザーごと (lynx.rc) 構成ファイルで異なります。

lynx.cfg広範囲です。多くの場合、ほぼすべてのオプションが、各オプションの説明コメントとともに配置されます。そうでない場合は、lynx.isc.org/lynx2.8.7/lynx2-8-7/lynx.cfgに公式のオンライン バージョンがあります— Lynx のバージョンが異なる場合は、それに応じて URL の数字を変更してください。一部のオプションはバージョン固有の場合があります。

オプションを見つける最良の方法は、テキスト エディターの検索機能を使用することです。

アクティブに使用されていない場合、オプションはハッシュでコメントアウトされ、#デフォルト設定は on です。オプションを使用するには、その前のハッシュ文字を削除します。構成ファイルに特定のオプションが含まれていない場合がありますが、ユーザーが追加できます。

再考するデフォルト

次のオプションは、Windows 用にコンパイルされた Lynx バイナリのデフォルトとしてよく見られ、ウィキペディアで使用されている書式設定規則を満たしていない可能性があります。これらのオプションは [オプション] ページから編集できますlynx.cfgが、通常は [オプション] ページでは指定されません。変更を行う前に、ファイルのバックアップ コピーを作成し、名前を に変更しますlynx.cfg.old

折りたたまれた <BR> タグ

次の例のように、 COLLAPSE_BR_TAGS:オプションを に設定する必要があります。FALSE

COLLAPSE_BR_TAGS:FALSE

<BR>その理由は、特に従来の段落区切りが許可されていない場所で、 一部の編集者が意図的に複数のタグを使用しているためです。

両端揃えのテキスト

ジャスティフィケーションが使用されていないため、グラフィカル ブラウザではこれが表示されません。このために、設定

正当化:偽
番号付きリンク

ウィキペディアの記事では、リンクされたコンテンツが表で示されていることが非常に多いため、リンクの前または横の括弧内の数字はわかりにくい場合があります。次のオプションを設定します。

DEFAULT_KEYPAD_MODE:LINKS_ARE_NOT_NUMBERED
NUMBER_LINKS_ON_LEFT:FALSE
編集

Windows で Lynx 以外のエディタを呼び出すための典型的なキーの組み合わせは Ctrl+x+e であり、Unices や他の場所のような Ctrl+E+e ではありません。これは構成ファイルで変更できます。好みや好みに応じて、内部エディターと外部エディターの両方を使用できます。上記の理由から、Windows のメモ帳は使用しないでください。そして、Windows XP になって初めて、ワードパッドが完全な Unicode をサポートするようになりました (いくつかの条件付きで)。
mediawiki 構文を使用するように構成された Vim の例:

SYSTEM_EDITOR:C:\Progra~1\Vim\vim73\vim.exe -c "setf mediawiki"

二重引用符に注意してください^

色の問題

Vim のようなウィンドウ内エディターを使用し、Lynx に戻った後、Lynx が使用するすべてのカラー テーマが操作不能になる (リンクとボタンが強調表示されなくなる) ため、ベスト プラクティスは、オプション (セクション 外観) に色を表示しないことです。設定を保存します。

外部エディタ機能

MediaWiki バージョン 1.5 から 1.21 では、このソフトウェアにより、任意の外部ツールを使用して任意のリソースを編集できました。詳細については、 Manual:外部エディタを参照してください。これは、バージョン 1.22 のリリース時に削除されました。

その他のブラウザ

コンカラー

Conkerorは、フォーカスされたテキスト ボックスで+を押すことにより、外部エディタを使用してテキスト ボックスを編集できます。この機能の設定の詳細については、Conkeror Web サイト の外部編集ページを参照してください。Ctrli

dwb

dwbでは、カーソルがテキスト領域にあるときに+を入力することにより、外部エディターでテキスト領域を編集できます。このキーバインディングは、オプションの下のページで変更でき、エディターはページで定義されます。 Ctrledwb:keysopen_editordwb:settings

elinks

テキストのみのブラウザーelinksには、テキスト領域を編集する機能も用意されています。キーの組み合わせ+は、 Vimなどの外部エディターを呼び出しますこれにより、構文の強調表示、編集機能、スペル修正、およびローカル コピーの保存も使用できます。 CtrlT

ルアキット

Luakitは、フォーカスされたテキスト ボックスで+を押すことにより、外部エディターを使用してテキスト ボックスを編集できます。外部エディタ機能は、およびLua モジュールによって強化されています。ユーザー構成はファイルを編集することによって行われ、キー割り当てはおよび関数で変更されます。 Ctrleeditoropen_editoruserconf.luaadd_bindsremove_binds

ニクスト

Nyxtは、現在の入力フィールドで外部エディターを開くことができます。デフォルトのキーマップはC-c '、CUA キーバインディングを使用する場合です。エディター パスは、external-editor-programブラウザー スロットを構成することで変更できます。このedit-with-external-editorコマンドは、エディターを開くために使用されます。

quitebrowser

qutebrowserは、 +を入力するか、コマンドを使用して、選択したテキスト領域で外部エディターを開くことができますセクションで定義されたエディタを使用して、コマンドを使用して設定を変更できますinまたは withコマンド を使用して、キーバインディングを変更できます。Ctrle:open-editor:seteditor.commandconfig.bind()config.py:bind

ヴィーブ

Viebは、挿入モードで+を入力することにより、フォーカスされた入力フィールドで外部エディターを開くことができます。アクションのマッピングを変更するには、アクションでコマンドを使用します。エディターを変更するには、コマンドを使用します。 Ctrliimapaction.editWithVimset vimcommand=

バイブ

vimbは、入力モードで入力するか、フォーム フィールドで+を;e押すと、ヒント付きのフォーム領域で外部エディターを開くことができます。エディタは設定を変更することで定義され、キー マッピングを変更するには を使用してマッピングを変更します。マッピング コマンドにはさまざまなキー マッピング モードがあることに注意してください。 Ctrlt:set editor-command:map

可能性が高い

vimprobableは、挿入モードで+を入力することにより、外部エディターでテキスト ボックスを開くことができます。ユーザー構成は、ファイルを編集することによって行われます。キー バインドを変更するには、関数で コマンドを使用します。別のエディターを定義するには、コマンドを使用してURI スキーマを変更します。 Ctrltvimprobablercmapopeneditorhandlervimprobableedit

w3m

w3mは、デフォルトでテキスト領域用の外部エディターを開きます。外部エディターを変更するには、 を押しoて [オプション] 画面を開き、[エディター] フィールドを変更します。Editor フィールドを空白のままにすると、w3m は$EDITOR環境変数を使用します。

ウェブマック

webmacsは、選択したテキスト フィールドで+を押すことにより、外部エディタを使用してテキスト フィールドを編集できます外部エディターの構成は、ディレクトリーにある編集と変数の変更によって行われます。および関数、それぞれコマンドをキーマップに定義および定義解除します。 Ctrlx e__init__.py~/.webmacs/initexternal-editor-commanddefine_key()undefine_key()

ソンブレロ

xombreroは、挿入モードで+を押すか、コマンドを入力することにより、選択したテキスト要素を外部エディターで編集できますファイルを編集することで設定を変更できます。キー バインドを変更するには、コマンドのエントリを作成しますエディタは、設定のエントリを作成することによって定義されます。 Ctrli:editelementxombrero.confkeybindingeditelementexternal_editor

コマンドライン ツール

記事をダウンロードし、お気に入りのテキスト エディターを使用して編集し、編集した記事を Wikipedia (または任意の MediaWiki サーバー) にアップロードできるコマンド ラインツールもあります。これにより、Web ブラウザーが不要になります。これらは(少なくとも):

  • CPANから入手できるPerlプログラムmvsMeta:WWW::Mediawiki::Clientに詳しい情報があります。残念ながら、mvs はローカル ファイルの名前を wiki リモート サーバーのページのタイトルとして使用します。たとえば、ロシア語、日本語、またはアラビア語の UTF-8 のタイトル ページが必要な場合、そのようなファイルをアップロードすることはできません。端末とシェルが UTF-8 に正しく設定されていても、Mediawiki::Client と Perl ライブラリは、UTF-8 文字の管理が完全に機能するには十分ではないようです。ただし、Debian バグ レポートを参照してください。
  • mw:Manual:Pywikibotは、ウィキペディアで無数のことを行うための広範なライブラリとユーティリティのセットです。また、ウィキペディアのページを編集するのと同じくらい簡単なこともできます。UTF-8 でのタイトルの誤った送信を回避する方法がいくつかあります。たとえば、ファイル自体にタイトルの名前を組み込んだり、のコマンド ライン ツールを使用したりできます。ローカル ファイル名は、単純な ASCII で記述できます。pagefromfile.py ( mw:Manual:Pywikibotから)を使用して、ローカルで「foo.wiki」という名前のファイルの例を次に示します。
{{-start-}}'''Dемография''', или наука о народонаселении, изучает численность, состав, размещение and движение населения.
{{-止まる-}}

{{-start-}}'''人口学'''はヒトの人口の科学的研究をいい、主としてその大きさ、構造、そしてその成長発展を研究対象とする。
{{-止まる-}}

{{-start-}}'''人口統計学''' は、主に人口の規模、構造、発達に関する科学的研究です。
{{-止まる-}}

{{-start-}}'''''.
{{-止まる-}}

上記の例では、1 回の送信で 4 つのページをアップロードするコマンド ライン (「開始」マークアップと「停止」マークアップによって、Демография、人口学、人口学、および الديمغرافية の 4 つの異なるページが連続して駆動されます) は次のとおりです。

  python pagefromfile.py -file:foo.wiki

ウィキペディアの編集用に特定のエディターをセットアップする方法

原子

Atomが構文の強調表示をサポートするには、2 つのパッケージの少なくとも 1 つが必要です。Command-, -を使用してパッケージをインストールます:

  • 言語メディアウィキ
  • 言語マークダウン

GNU Emacs

MediaWiki 構文の編集に使用できる Emacs メジャー モードの実装がいくつかあります。

行の書式設定

longlines.elは、デフォルトの GNU Emacs ディストリビューションの一部になりました。以下の情報は参照用に保持されます。

ウィキペディアの記事では改行を使用しませんこのため、次のいずれかをインストールすることをお勧めします。

アクセス方法

wikipediafs.elは、仮想ウィキペディア ファイルシステムを使用する場合、前述のメジャー モードのいずれかと一緒に使用できます

j編集

jEdit (Java をサポートする OS) 用のプラグインは http://www.djini.de/software/mwjed/ にありますウィキペディア マークアップの構文強調表示の提供とは別に、Jakarta Projectの HttpClient コンポーネントを使用して、ウィキペディア Web サイトと直接通信できます。 (2012 年 3 月 20 日現在、利用できません。)

ケイト/KWrite

Kate (KDE フレームワークのテキスト エディター) は、デフォルトで MediaWiki 構文の強調表示をサポートしています。を選択しTools → Highlighting → Markup → Mediawikiます。デフォルトのマークアップのすべてを認識します。

  • HTML タグとエンティティ
  • ウィキ制御文字
  • テンプレート
  • 変数
  • キーワード
  • リンク
  • セクションのタイトル
  • テーブル
  • <nowiki>...</nowiki>セクション
  • ウィキタグ

強調Settings → Configure Kate → Fonts & Colors → Highlighting Text Styles表示は、ドロップダウン メニューで [Markup/MediaWiki] を選択して構成できます。

ハイライト インポート ツールもありますSettings → Configure Kate → Fonts & Colors → Highlighting Text Styles → Highlight: → Import button

ケイトは行を動的に折り返します。

gedit

geditは、デフォルトでUbuntu Linuxにバンドルされている、クロスプラットフォームのフリー ソフトウェア テキスト エディターです。GPLライセンスの MediaWiki 構文ハイライト モードがデフォルトで gedit 3.10 以降に同梱されてます

古いバージョンの場合は、https://github.com/jpfleury/gedit-mediawiki/archive/master.zipからダウンロードして解凍し、言語ファイルを正しいフォルダーにコピーするか、GNU で次を実行できます。 /Linux シェル:

  • gedit 2.x の場合:
wget --output-document = master.zip https://github.com/jpfleury/gedit-mediawiki/archive/master.zip
master.zip を解凍します。
mkdir -p ~/.local/share/gtksourceview-2.0/language-specs/
cp gedit-mediawiki-master/mediawiki.lang ~/.local/share/gtksourceview-2.0/language-specs/
  • gedit 3.x の場合:
wget --output-document = master.zip https://github.com/jpfleury/gedit-mediawiki/archive/master.zip
master.zip を解凍します。
mkdir -p ~/.local/share/gtksourceview-3.0/language-specs/
cp gedit-mediawiki-master/mediawiki.lang ~/.local/share/gtksourceview-3.0/language-specs/

MediaWiki 構文ハイライト モードを選択するには、gedit メニューの[表示] > [ハイライト モード] > [その他] に移動し、[ MediaWiki ]を選択します

メモタブ

NoteTab (Windows) テキスト エディター Clip Library プラグインには、wiki マークアップを自動化する機能がいくつか含まれています。

SubEtha編集

SubEthaEdit (macOS) でも構文強調表示モードを使用できます。モード バンドルをダウンロードしたら、(システム全体) または(ユーザー固有) にドロップします。最後の 2 つのディレクトリを手動で作成する必要がある場合があります。このモードは、拡張子が .wiki または .Wikipedia のファイルに対して自動的に選択されます。 /Library/Application Support/SubEthaEdit/Modes/~/Library/Application Support/SubEthaEdit/Modes/

テキストメイト

「MediaWiki」バンドルは、TextMateバンドル サブバージョン リポジトリで利用できます。このバンドルをロードする方法については、追加のバンドルのインストールに関するTextMate マニュアル ページを参照するか、バンドルをダウンロードしてインストールするこのシェル スクリプトを参照してください。[1] . バンドルは、構文の強調表示、コード補完、およびその他のアクションを実行します。

Sublime Text 2 ユーザーの場合、Sublime Text 2 は TextMate バンドルをサポートしているため、このバンドルも有効にできることに注意してください。

崇高なテキスト

Mediawikerは、MediaWiki ページの編集を可能にする Sublime Text パッケージです。

プラグインとその構成の詳細については、mediawiker wikiを参照してください。

ウィキペディアの場合、httpsを true に設定して、パッケージのグローバルまたはユーザー構成に挿入する必要があります。英語版ウィキペディアの設定例は次のとおりです。

    "mediawiki_site" :  { 
        "English wikipedia" :  { 
            "host" :  "en.wikipedia.org" , 
            "path" :  "/w/" , 
            "pagepath" :  "/wiki/" , 
            "username" :  "your_username" , 
            "password" :  "your_password" , 
            "domain" :  "" , 
            "https" :  true , 
            "force_login" :  true 
        }, 
    },

ヴェディト

VEDIT用のWiki ツールには、構文の強調表示、キーボード構成、ユーザー メニューとツール メニュー、および Wiki タグの挿入と編集、および Wiki テーブルの列の追加/削除/コピー/貼り付けなどのより複雑な操作のためのいくつかのマクロが含まれています。インストール手順と、 It's All Text の構成手順が含まれています。ヴェディット用。

ヴィム

以下のスクリプトの改善に貢献してください。または、誰かが mediawiki.vim Syntax & FileType プラグインのアップロードを要求している場合は、 vim-devel リストを確認してください。そうでない場合は、リクエストするか、ここにない理由を投稿してください。2017 年 3 月現在、 Vim ソース管理ツリーの「syntax/」ディレクトリにはありません。)

以下のスクリプトはvim.org スクリプト コレクションにも投稿されており、このサイトのコミュニティの投稿から取得した新しいバージョンで時折更新されます (2011 年 11 月 17 日以降は更新されません)。これらは彼の vim.org アカウントからアップロードされたものであるため、それらが古くなった場合は定期的に新しいコピーをアップロードする ようmvcに遠慮なく思い出してください。

$HOME/.vim/syntax/mediawiki.vim

ウィキペディアで使用されている MediaWiki マークアップ (基本的には構文の強調表示)Vim~/.vim/syntax/mediawiki.vimでサポートするには、次の行を " " または " vimfiles\syntax\mediawiki.vim" に保存します。上記のディレクトリのいずれかが存在しない場合は、それらを作成できます (Unix/Linux コマンドは ですmkdir)。

簡単にダウンロードできる raw mediawiki.vim ファイルが GitHub にあります:
https://raw.githubusercontent.com/chikamichi/mediawiki.vim/master/syntax/mediawiki.vim

Windows で Vim を使用する場合、Vim 自体で mediawiki.vim を作成して保存することをお勧めします。そうしないと、ファイルが破損する可能性があります。

ファイルmediawiki.vim
" mediawiki.vim (formerly named Wikipedia.vim)
"
" Vim syntax file
" Language: MediaWiki, http://www.mediawiki.org/
" Maintainer: This syntax file needs a maintainer in order to ship
"     with Vim. Please contact [[User:Unforgettableid]] if you want
"     to volunteer.
" Home: http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Text_editor_support#Vim
" Last Change: 2011 Sep 19
" Credits: [[User:Aepd87]], [[User:Danny373]], [[User:Ingo Karkat]], et al.
"
" Published on Wikipedia in 2003-04 and declared authorless.
"
" Based on the HTML syntax file. Probably too closely based, in fact.
" There may well be name collisions everywhere, but ignorance is bliss,
" so they say.
"
" To do: plug-in support for downloading and uploading to the server.

if !exists("main_syntax")
  if version < 600
    syntax clear
  elseif exists("b:current_syntax")
    finish
  endif
  let main_syntax = "mediawiki"
endif

syntax case ignore
if v:version >= 700
  syntax spell toplevel
endif

" Mark illegal characters
sy match htmlError "[<>&]"

" Tags
sy region  htmlString   contained start=+"+                        end=+"+ contains=htmlSpecialChar,@htmlPreproc
sy region  htmlString   contained start=+'+                        end=+'+ contains=htmlSpecialChar,@htmlPreproc
sy match   htmlValue    contained "=[\t ]*[^'" \t>][^ \t>]*"hs=s+1         contains=@htmlPreproc
sy region  htmlEndTag             start=+</+                       end=+>+ contains=htmlTagN,htmlTagError
sy region  htmlTag                start=+<[^/]+                    end=+>+ contains=htmlTagN,htmlString,htmlArg,htmlValue,htmlTagError,htmlEvent,htmlCssDefinition,@htmlPreproc,@htmlArgCluster
sy match   htmlTagN     contained +<\s*[-a-zA-Z0-9]\++hs=s+1               contains=htmlTagName,htmlSpecialTagName,@htmlTagNameCluster
sy match   htmlTagN     contained +</\s*[-a-zA-Z0-9]\++hs=s+2              contains=htmlTagName,htmlSpecialTagName,@htmlTagNameCluster
sy match   htmlTagError contained "[^>]<"ms=s+1

" Allowed HTML tag names
sy keyword htmlTagName contained big blockquote br caption center cite code
sy keyword htmlTagName contained dd del div dl dt font hr ins li
sy keyword htmlTagName contained ol p pre rb rp rt ruby s small span strike sub
sy keyword htmlTagName contained sup table td th tr tt ul var
sy match   htmlTagName contained "\<\(b\|i\|u\|h[1-6]\|em\|strong\)\>"
" Allowed Wiki tag names
sy keyword htmlTagName contained math nowiki references source syntaxhighlight

" Allowed arg names
sy keyword htmlArg contained align lang dir width height nowrap bgcolor clear
sy keyword htmlArg contained noshade cite datetime size face color type start
sy keyword htmlArg contained value compact summary border frame rules
sy keyword htmlArg contained cellspacing cellpadding valign char charoff
sy keyword htmlArg contained colgroup col span abbr axis headers scope rowspan
sy keyword htmlArg contained colspan id class name style title

" Special characters
sy match htmlSpecialChar "&#\=[0-9A-Za-z]\{1,8};"

" Comments
sy region htmlComment                start=+<!+                end=+>+     contains=htmlCommentPart,htmlCommentError
sy match  htmlCommentError contained "[^><!]"
sy region htmlCommentPart  contained start=+--+                end=+--\s*+ contains=@htmlPreProc
sy region htmlComment                start=+<!DOCTYPE+ keepend end=+>+

if !exists("html_no_rendering")
  sy cluster htmlTop contains=@Spell,htmlTag,htmlEndTag,htmlSpecialChar,htmlPreProc,htmlComment,htmlLink,@htmlPreproc

  sy region htmlBold                          start="<b\>"      end="</b>"me=e-4      contains=@htmlTop,htmlBoldUnderline,htmlBoldItalic
  sy region htmlBold                          start="<strong\>" end="</strong>"me=e-9 contains=@htmlTop,htmlBoldUnderline,htmlBoldItalic
  sy region htmlBoldUnderline       contained start="<u\>"      end="</u>"me=e-4      contains=@htmlTop,htmlBoldUnderlineItalic
  sy region htmlBoldItalic          contained start="<i\>"      end="</i>"me=e-4      contains=@htmlTop,htmlBoldItalicUnderline
  sy region htmlBoldItalic          contained start="<em\>"     end="</em>"me=e-5     contains=@htmlTop,htmlBoldItalicUnderline
  sy region htmlBoldUnderlineItalic contained start="<i\>"      end="</i>"me=e-4      contains=@htmlTop
  sy region htmlBoldUnderlineItalic contained start="<em\>"     end="</em>"me=e-5     contains=@htmlTop
  sy region htmlBoldItalicUnderline contained start="<u\>"      end="</u>"me=e-4      contains=@htmlTop,htmlBoldUnderlineItalic

  sy region htmlUnderline                     start="<u\>"      end="</u>"me=e-4      contains=@htmlTop,htmlUnderlineBold,htmlUnderlineItalic
  sy region htmlUnderlineBold       contained start="<b\>"      end="</b>"me=e-4      contains=@htmlTop,htmlUnderlineBoldItalic
  sy region htmlUnderlineBold       contained start="<strong\>" end="</strong>"me=e-9 contains=@htmlTop,htmlUnderlineBoldItalic
  sy region htmlUnderlineItalic     contained start="<i\>"      end="</i>"me=e-4      contains=@htmlTop,htmlUnderlineItalicBold
  sy region htmlUnderlineItalic     contained start="<em\>"     end="</em>"me=e-5     contains=@htmlTop,htmlUnderlineItalicBold
  sy region htmlUnderlineItalicBold contained start="<b\>"      end="</b>"me=e-4      contains=@htmlTop
  sy region htmlUnderlineItalicBold contained start="<strong\>" end="</strong>"me=e-9 contains=@htmlTop
  sy region htmlUnderlineBoldItalic contained start="<i\>"      end="</i>"me=e-4      contains=@htmlTop
  sy region htmlUnderlineBoldItalic contained start="<em\>"     end="</em>"me=e-5     contains=@htmlTop

  sy region htmlItalic                        start="<i\>"      end="</i>"me=e-4      contains=@htmlTop,htmlItalicBold,htmlItalicUnderline
  sy region htmlItalic                        start="<em\>"     end="</em>"me=e-5     contains=@htmlTop
  sy region htmlItalicBold          contained start="<b\>"      end="</b>"me=e-4      contains=@htmlTop,htmlItalicBoldUnderline
  sy region htmlItalicBold          contained start="<strong\>" end="</strong>"me=e-9 contains=@htmlTop,htmlItalicBoldUnderline
  sy region htmlItalicBoldUnderline contained start="<u\>"      end="</u>"me=e-4      contains=@htmlTop
  sy region htmlItalicUnderline     contained start="<u\>"      end="</u>"me=e-4      contains=@htmlTop,htmlItalicUnderlineBold
  sy region htmlItalicUnderlineBold contained start="<b\>"      end="</b>"me=e-4      contains=@htmlTop
  sy region htmlItalicUnderlineBold contained start="<strong\>" end="</strong>"me=e-9 contains=@htmlTop

  sy region htmlH1    start="<h1\>"    end="</h1>"me=e-5    contains=@htmlTop
  sy region htmlH2    start="<h2\>"    end="</h2>"me=e-5    contains=@htmlTop
  sy region htmlH3    start="<h3\>"    end="</h3>"me=e-5    contains=@htmlTop
  sy region htmlH4    start="<h4\>"    end="</h4>"me=e-5    contains=@htmlTop
  sy region htmlH5    start="<h5\>"    end="</h5>"me=e-5    contains=@htmlTop
  sy region htmlH6    start="<h6\>"    end="</h6>"me=e-5    contains=@htmlTop
endif


" No htmlTop and wikiPre inside HTML preformatted areas, because
" MediaWiki renders everything in there literally (HTML tags and
" entities, too): <pre> tags work as the combination of <nowiki> and
" the standard HTML <pre> tag: the content will preformatted, and it
" will not be parsed, but shown as in the wikitext source.
"
" With wikiPre, indented lines would be rendered differently from
" unindented lines.
sy match htmlPreTag       /<pre\>[^>]*>/         contains=htmlTag
sy match htmlPreEndTag    /<\/pre>/       contains=htmlEndTag
sy match wikiNowikiTag    /<nowiki>/      contains=htmlTag
sy match wikiNowikiEndTag /<\/nowiki>/    contains=htmlEndTag
sy match wikiSourceTag    /<source\s\+[^>]\+>/ contains=htmlTag
sy match wikiSourceEndTag /<\/source>/    contains=htmlEndTag
sy match wikiSyntaxHLTag    /<syntaxhighlight\s\+[^>]\+>/ contains=htmlTag
sy match wikiSyntaxHLEndTag /<\/syntaxhighlight>/    contains=htmlEndTag

" Note: Cannot use 'start="<pre>"rs=e', so still have the <pre> tag
" highlighted correctly via separate sy-match. Unfortunately, this will
" also highlight <pre> tags inside the preformatted region.
sy region htmlPre    start="<pre\>[^>]*>"                 end="<\/pre>"me=e-6    contains=htmlPreTag
sy region wikiNowiki start="<nowiki>"              end="<\/nowiki>"me=e-9 contains=wikiNowikiTag
sy region wikiSource start="<source\s\+[^>]\+>"         keepend end="<\/source>"me=e-9 contains=wikiSourceTag
sy region wikiSyntaxHL start="<syntaxhighlight\s\+[^>]\+>" keepend end="<\/syntaxhighlight>"me=e-18 contains=wikiSyntaxHLTag

sy include @TeX syntax/tex.vim
unlet b:current_syntax
sy region wikiTeX matchgroup=htmlTag start="<math>" end="<\/math>"  contains=@texMathZoneGroup,wikiNowiki,wikiNowikiEndTag
sy region wikiRef matchgroup=htmlTag start="<ref>"  end="<\/ref>"   contains=wikiNowiki,wikiNowikiEndTag

sy cluster wikiText contains=wikiLink,wikiTemplate,wikiNowiki,wikiNowikiEndTag,wikiItalic,wikiBold,wikiBoldAndItalic

" Tables
sy cluster wikiTableFormat contains=wikiTemplate,htmlString,htmlArg,htmlValue
sy region wikiTable matchgroup=wikiTableSeparator start="{|" end="|}" contains=wikiTableHeaderLine,wikiTableCaptionLine,wikiTableNewRow,wikiTableHeadingCell,wikiTableNormalCell,@wikiText
sy match  wikiTableSeparator /^!/ contained
sy match  wikiTableSeparator /^|/ contained
sy match  wikiTableSeparator /^|[+-]/ contained
sy match  wikiTableSeparator /||/ contained
sy match  wikiTableSeparator /!!/ contained
sy match  wikiTableFormatEnd /[!|]/ contained
sy match  wikiTableHeadingCell /\(^!\|!!\)\([^!|]*|\)\?.*/ contains=wikiTableSeparator,@wikiText,wikiTableHeadingFormat
" Require at least one '=' in the format, to avoid spurious matches (e.g.
" the | in [[foo|bar]] might be taken as the final |, indicating the beginning
" of the cell). The same is done for wikiTableNormalFormat below.
sy match  wikiTableHeadingFormat /\%(^!\|!!\)[^!|]\+=[^!|]\+\([!|]\)\(\1\)\@!/me=e-1 contains=@wikiTableFormat,wikiTableSeparator nextgroup=wikiTableFormatEnd
sy match  wikiTableNormalCell /\(^|\|||\)\([^|]*|\)\?.*/ contains=wikiTableSeparator,@wikiText,wikiTableNormalFormat
sy match  wikiTableNormalFormat /\(^|\|||\)[^|]\+=[^|]\+||\@!/me=e-1 contains=@wikiTableFormat,wikiTableSeparator nextgroup=wikiTableFormatEnd
sy match  wikiTableHeaderLine /\(^{|\)\@<=.*$/ contained contains=@wikiTableFormat
sy match  wikiTableCaptionLine /^|+.*$/ contained contains=wikiTableSeparator,@wikiText
sy match  wikiTableNewRow /^|-.*$/ contained contains=wikiTableSeparator,@wikiTableFormat

sy cluster wikiTop contains=@Spell,wikiLink,wikiNowiki,wikiNowikiEndTag

sy region wikiItalic        start=+'\@<!'''\@!+ end=+''+    oneline contains=@wikiTop,wikiItalicBold
sy region wikiBold          start=+'''+         end=+'''+   oneline contains=@wikiTop,wikiBoldItalic
sy region wikiBoldAndItalic start=+'''''+       end=+'''''+ oneline contains=@wikiTop

sy region wikiBoldItalic contained start=+'\@<!'''\@!+ end=+''+  oneline contains=@wikiTop
sy region wikiItalicBold contained start=+'''+         end=+'''+ oneline contains=@wikiTop

sy region wikiH1 start="^="      end="="      oneline contains=@wikiTop
sy region wikiH2 start="^=="     end="=="     oneline contains=@wikiTop
sy region wikiH3 start="^==="    end="==="    oneline contains=@wikiTop
sy region wikiH4 start="^===="   end="===="   oneline contains=@wikiTop
sy region wikiH5 start="^====="  end="====="  oneline contains=@wikiTop
sy region wikiH6 start="^======" end="======" oneline contains=@wikiTop

sy region wikiLink start="\[\[" end="\]\]\(s\|'s\|es\|ing\|\)" oneline contains=wikiLink,wikiNowiki,wikiNowikiEndTag

sy region wikiLink start="https\?://" end="\W*\_s"me=s-1 oneline
sy region wikiLink start="\[http:"   end="\]" oneline contains=wikiNowiki,wikiNowikiEndTag
sy region wikiLink start="\[https:"  end="\]" oneline contains=wikiNowiki,wikiNowikiEndTag
sy region wikiLink start="\[ftp:"    end="\]" oneline contains=wikiNowiki,wikiNowikiEndTag
sy region wikiLink start="\[gopher:" end="\]" oneline contains=wikiNowiki,wikiNowikiEndTag
sy region wikiLink start="\[news:"   end="\]" oneline contains=wikiNowiki,wikiNowikiEndTag
sy region wikiLink start="\[mailto:" end="\]" oneline contains=wikiNowiki,wikiNowikiEndTag

sy match  wikiTemplateName /{{\s*\w\+/hs=s+2 contained
sy region wikiTemplate start="{{" end="}}" keepend extend contains=wikiNowiki,wikiNowikiEndTag,wikiTemplateName,wikiTemplateParam,wikiTemplate,wikiLink
sy region wikiTemplateParam start="{{{\s*\d" end="}}}" extend contains=wikiTemplateName

sy match wikiParaFormatChar /^[\:|\*|;|#]\+/
sy match wikiParaFormatChar /^-----*/
sy match wikiPre            /^\ .*$/         contains=wikiNowiki,wikiNowikiEndTag


" HTML highlighting

if version < 508
  command! -nargs=+ HtmlHiLink hi link     <args>
else
  command! -nargs=+ HtmlHiLink hi def link <args>
endif

if version >= 508 || !exists("did_html_syn_inits")
  HtmlHiLink htmlTag            Function
  HtmlHiLink htmlEndTag         Identifier
  HtmlHiLink htmlArg            Type
  HtmlHiLink htmlTagName        htmlStatement
  HtmlHiLink htmlSpecialTagName Exception
  HtmlHiLink htmlValue          String
  HtmlHiLink htmlSpecialChar    Special

  if !exists("html_no_rendering")
    HtmlHiLink htmlTitle Title
    HtmlHiLink htmlH1    htmlTitle
    HtmlHiLink htmlH2    htmlTitle
    HtmlHiLink htmlH3    htmlTitle
    HtmlHiLink htmlH4    htmlTitle
    HtmlHiLink htmlH5    htmlTitle
    HtmlHiLink htmlH6    htmlTitle

    HtmlHiLink htmlPreProc          PreProc
    HtmlHiLink htmlHead             htmlPreProc
    HtmlHiLink htmlPreProcAttrName  htmlPreProc
    HtmlHiLink htmlPreStmt          htmlPreProc

    HtmlHiLink htmlSpecial          Special
    HtmlHiLink htmlCssDefinition    htmlSpecial
    HtmlHiLink htmlEvent            htmlSpecial
    HtmlHiLink htmlSpecialChar      htmlSpecial

    HtmlHiLink htmlComment          Comment
    HtmlHiLink htmlCommentPart      htmlComment
    HtmlHiLink htmlCssStyleComment  htmlComment

    HtmlHiLink htmlString           String
    HtmlHiLink htmlPreAttr          htmlString
    HtmlHiLink htmlValue            htmlString

    HtmlHiLink htmlError            Error
    HtmlHiLink htmlBadArg           htmlError
    HtmlHiLink htmlBadTag           htmlError
    HtmlHiLink htmlCommentError     htmlError
    HtmlHiLink htmlPreError         htmlError
    HtmlHiLink htmlPreProcAttrError htmlError
    HtmlHiLink htmlTagError         htmlError

    HtmlHiLink htmlStatement        Statement

    HtmlHiLink htmlConstant         Constant

    HtmlHiLink htmlBoldItalicUnderline htmlBoldUnderlineItalic
    HtmlHiLink htmlUnderlineItalicBold htmlBoldUnderlineItalic
    HtmlHiLink htmlUnderlineBoldItalic htmlBoldUnderlineItalic
    HtmlHiLink htmlItalicBoldUnderline htmlBoldUnderlineItalic
    HtmlHiLink htmlItalicUnderlineBold htmlBoldUnderlineItalic

    HtmlHiLink htmlItalicBold          htmlBoldItalic
    HtmlHiLink htmlItalicUnderline     htmlUnderlineItalic
    HtmlHiLink htmlUnderlineBold       htmlBoldUnderline

    HtmlHiLink htmlLink Underlined

    if !exists("html_my_rendering")
      hi def htmlBold                term=bold                  cterm=bold                  gui=bold
      hi def htmlBoldUnderline       term=bold,underline        cterm=bold,underline        gui=bold,underline
      hi def htmlBoldItalic          term=bold,italic           cterm=bold,italic           gui=bold,italic
      hi def htmlBoldUnderlineItalic term=bold,italic,underline cterm=bold,italic,underline gui=bold,italic,underline
      hi def htmlUnderline           term=underline             cterm=underline             gui=underline
      hi def htmlUnderlineItalic     term=italic,underline      cterm=italic,underline      gui=italic,underline
      hi def htmlItalic              term=italic                cterm=italic                gui=italic
    endif

  endif " !exists("html_no_rendering")

  if version < 508
    let did_html_syn_inits = 1
  endif

endif " version >= 508 || !exists("did_html_syn_inits")

" Wiki highlighting

HtmlHiLink wikiItalic        htmlItalic
HtmlHiLink wikiBold          htmlBold
HtmlHiLink wikiBoldItalic    htmlBoldItalic
HtmlHiLink wikiItalicBold    htmlBoldItalic
HtmlHiLink wikiBoldAndItalic htmlBoldItalic

HtmlHiLink wikiH1 htmlTitle
HtmlHiLink wikiH2 htmlTitle
HtmlHiLink wikiH3 htmlTitle
HtmlHiLink wikiH4 htmlTitle
HtmlHiLink wikiH5 htmlTitle
HtmlHiLink wikiH6 htmlTitle

HtmlHiLink wikiLink           htmlLink
HtmlHiLink wikiTemplate       htmlSpecial
HtmlHiLink wikiTemplateParam  htmlSpecial
HtmlHiLink wikiTemplateName   Type
HtmlHiLink wikiParaFormatChar htmlSpecial
HtmlHiLink wikiPre            htmlConstant
HtmlHiLink wikiRef            htmlComment

HtmlHiLink htmlPre            wikiPre
HtmlHiLink wikiSource         wikiPre
HtmlHiLink wikiSyntaxHL       wikiPre

HtmlHiLink wikiTableSeparator Statement
HtmlHiLink wikiTableFormatEnd wikiTableSeparator
HtmlHiLink wikiTableHeadingCell htmlBold


let b:current_syntax = "mediawiki"

delcommand HtmlHiLink

if main_syntax == "mediawiki"
  unlet main_syntax
endif

" vim: set et sts=2 sw=2:

$HOME/.vim/ftdetect/mediawiki.vim

基本的なファイルタイプの検出

" .wiki " で終わるファイルを自動検出するには、次の行を " .vim/ftdetect/mediawiki.vim" または " vimfiles\ftdetect\mediawiki.vim" に追加します (存在しない場合はファイルを作成します)。

簡単にダウンロードできる raw mediawiki.vim ファイルが GitHub にあります:
https://raw.githubusercontent.com/chikamichi/mediawiki.vim/master/ftdetect/mediawiki.vim

ファイル:$HOME/.vim/ftdetect/mediawiki.vim

if has ( "autocmd" ) 
  au  BufRead , BufNewFile *.mw              set
   filetype  = mediawiki au  BufRead , BufNewFile *.wiki            set  filetype = mediawiki au  BufRead , BufNewFile
   *.mediawiki       set filetype = mediawiki au BufRead , BufNewFile
   *.wikipedia.org* set filetype = mediawiki
   au BufRead ,    BufNewFile *.wikibooks.org* set  filetype = mediawiki au  BufRead , BufNewFile
   *.wikimedia.org* set
 filetype = mediawiki endif 

または、コマンド " :setf mediawiki" は現在のファイルの構文を一時的に設定します。

Mozex Firefox 拡張機能の修正

Mozex Firefox 拡張機能を使用する場合Mozexは「 .wiki 」ではなく「 .txt 」で終わる一時ファイルを作成するため、上記の自動検出はそのプラグインと組み合わせて機能しません。1 つの解決策は、Mozexに次の引数を指定して vim を起動させることです。

-c "setf mediawiki"

完全なエディター コマンドは、次のようになります。

gnome-terminal -e "vim -c 'setf mediawiki' $1"
改行なしで MediaWiki の行に合わせる

ウィキペディアの記事では、多くの場合、各段落の最後に改行しかありません。これは、デフォルトでは Vim が他のテキスト エディターとして処理しない状況です。~/.vim/ftplugin/mediawiki.vim次の行を " " または " "に保存しvimfiles\ftplugin\mediawiki.vimて、メモ帳で使い慣れているようにします。

ファイル:$HOME/.vim/ftplugin/mediawiki.vim

"多くの MediaWiki ウィキは、段落の最後でのみ改行を好む
" (テキスト プロセッサのように) ため、行が長く折り返されます。
setlocal 折り返し 改行
setlocal  textwidth = 0

" 自動ラップはまったくありません。
setlocal  formatoptions -= t  formatoptions -= c  formatoptions -= a  formatoptions += l

" ナビゲーションを長い折り返し行に合わせやすくします。
noremap  < buffer >  k gk
 noremap  < buffer >  j gj
 noremap  < buffer >  < Up > gk
 noremap  < buffer >  < Down > gj
 noremap  < buffer >  0 g0
 noremap  < buffer > ^ g ^
 noremap  <バッファ> $ g $
noremap  <バッファ> D dg $
 noremap  <バッファ> C cg $
 noremap  <バッファ> A g $ a

inoremap  <バッファ>  <アップ>  < C - O > gk
 inoremap  <バッファ>  <ダウン>  < C - O > gj
追加ギミック

~/.vim/ftplugin/mediawiki.vimそれに加えて、次の行を " " または " "に保存して、vimfiles\ftplugin\mediawiki.vimさらにギミックを追加することもできfiletype plugin onます( vimrc.

ファイル:$HOME/.vim/ftplugin/mediawiki.vim

" utf-8 は、まだグローバルに設定されていない場合は設定する必要があり
ます setlocal  fileencoding = utf -8 
setlocal  matchpairs +=< : >

" リスト、インデントされたテキスト、表をコメント行として扱い、
" <CR> を押すか "o" を使用すると、次の行に同じフォーマットを続けます (つまり、コメント リーダーを挿入します) 。 
setlocal comments = n :# , n : * , n :\: , s:{\ |, m :\ |, ex :\ | }
 setlocal formatoptions += roq
  

" HTML タグ ($VIM/ftplugin/html.vim から直接取得) に一致
( " loaded_matchit " ) let b :match_ignorecase = 0 let b : match_skip = 's:Comment' let b :match_words = '<:>, ' .
     
      
      
    \ '<\@<=[ou]l\>[^>]*\%(>\|$\):<\@<=li\>:<\@<=/[ou]l>,' .
    \ '<\@<=dl\>[^>]*\%(>\|$\):<\@<=d[td]\>:<\@<=/dl>,' .
    \ '<\@<=\([^/][^ \t>]*\)[^>]*\%(>\|$\):<\@<=/\1>' 
endif

" その他の便利なマッピング
" 新しいヘッダーを開始するときに、一致する = を自動的に挿入します。
inoremap  <バッファ>  <サイレント>  =  < C - R >=( getline ( '.' )== '' \ | \ | getline ( '.' )=~ '^=\+$' ) ? "==\<Lt>Left>" : "=" < CR >

" ==sections== 
setlocal  foldexpr = getline ( v :lnum )=~ '^\\(=\\+\\)[^=]\\+\\1\\(\\s*に基づいて折りたたみを有効にする<!--.*-->\\)\\=\\s*$' ?\" > \". ( len ( matchstr ( getline ( v :lnum ), '^=\\+' )) - 1 ) :\" = \"
 setlocal  fdm = expr
GVim 構文メニュー

Syntax メニューにオプション Wiki File:$HOME/.vim/synmenu.vim を追加します。

50_ 150 . 450 & Syntax .WXYZ.Wiki : cal SetSyn ( "mediawiki" )< CR >

vim-mediawiki-editor

vim-mediawiki-editorは、vim から記事を直接コピーしたり、サーバー上の変更バージョンと私たちのバージョンとの差分を表示したりできます。

メモ帳++

Notepad++は、 Microsoft Windowsの無料のテキストおよびソース コード エディターです。ユーザーは独自の構文強調表示スキームを作成できます。ユーザーは、mediawiki マークアップ スキームを使用して新しいスキームをカスタマイズするか、ウィキペディア ユーザーMjolnirPantsによって提供される既存のバージョンをインストールできます。

Notepad++ はプラグインをサポートしています。http://www.cab.i24.cc/projects/wikieditor/でダウンロードできる 32 ビット バージョン用の 2009 mediaWiki プラグインがあります

LibreOfficeライター

前の方法を使用すると、ウィキペディアの編集ページをより効率的に処理できます。LibreOffice (LO) Writerをこの目的に使用できます。しかし、LO Writer を使用して、書式設定されたドキュメントをウィキペディアの編集形式に変換することもできます。これには、LO ライター ヘルプ > MediaWiki 形式で説明されているスタイルやその他の LO 機能を使用する必要があります。たとえば、見出しを "==" のペアで囲む場合は、見出し 2 スタイルを使用する必要があります。これは、少なくとも、適切な 32 ビットまたは 64 ビットのJava ランタイム環境(JRE) が存在し、LO で有効になっている Windows 10 の LO 5 でサポートされています。手順は、[ファイル] > [エクスポート] > [MediaWiki (.txt)] です。Help:WordToWikiを参照してください

ブラウザー内エディター

ウィックエド

wikEdは、拡張されたテキスト処理機能を Wikipedia やその他の MediaWiki 編集ページに追加するフル機能のブラウザー内テキスト エディターです (2009 年 10 月現在、wikEd はFirefoxSeaMonkeySafariおよびGoogle Chromeで動作しますが、 Internet ExplorerOperaでは動作しません) 。 .

機能は次のとおりです。

  • 強力な検索と置換 (正規表現を含む)
  • ウィキコードの構文強調表示
  • 全画面編集モード
  • プレビューを編集し、リロードせずに同じページで変更を表示
  • MS-Word および Web ページのインポート (表を含む)
  • よくある間違いをワンクリックで修正

wikEd は、 Preferences::Gadgetsで簡単に有効にできます (wikEd がガジェットとしてインストールされていない wiki インストールでは、小さなコード スニペットをcommon.jsページに貼り付けるか、 Greasemonkeyユーザー スクリプトとしてローカルで実行できます)。詳細なインストール手順については、wikEd ホームページを参照してください。

クイックウィキエディター

このFirefoxアドオンを使用すると、ページを離れたり再読み込みしたりすることなく wiki 記事を少し編集することができるため、記事を読む流れはほとんど妨げられません。addons.mozilla.orgで入手できます

サーフィンキーズ

Surfingkeysは、 JavaScript を使用してカスタマイズできるVimのようなキーボード ショートカットを提供する Chrome および Firefox の拡張機能です。機能のリストの中には、 Aceを搭載した Vim エディターがあります

Vim エディターに入るには、 を押してヒント文字を使用し、入力ボックスを選択します。または、テキスト ボックスが挿入モードまたはマウス クリックで選択されている場合は、+でエディターが開きます。および要素の場合テキストを保存します。ページの編集などの要素の場合、+テキストを保存します。いずれの場合も、書かれたテキストを保存する、変更を保存せずにエディターを終了します。 ICtrliinputselect↵ EntertextareaCtrl↵ Enter:wEsc:q

わさび

wasaviは Chrome、Firefox、Opera の拡張機能で、ページ内のテキストエリアを Vim のようなエディターに変更します。ほとんどすべての Vim/ex コマンドがサポートされています。wasavi を起動するには、 +を押してエディターを起動します。 Ctrl↵ Enter

特殊文字の扱い

ウィキペディアのテキストはUTF-8文字セットを使用してエンコードされているため、英語以外の多くの文字や特殊記号を使用できます。このような文字は、英語以外のバージョンの記事へのインターウィキ リンクを使用しているため、予期しない記事にも表示される場合があります。したがって、これらの文字を壊したり、疑問符に置き換えたりしないエディターを使用することが非常に重要です。エディターのドキュメントを調べて、Unicode または UTF-8 がサポートされていることを確認し、必要に応じて有効にしてください。必ずしも特別なエディターは必要ありません。たとえば、最近のバージョンのメモ帳Microsoft Wordは Unicode をサポートしています。Windowsおよび_他のオペレーティング システム(「テキスト エディターの比較」も参照)。

エディターが UTF-8 をサポートしていない場合、Web ブラウザーからコピーして貼り付けると、文字が壊れる可能性があります。たとえば、Windows クリップボードから貼り付けると、文字はエディターで使用されている文字セットに自動的に変換され、この文字セットに含まれていない文字は疑問符に置き換えられます。上記のヘルパー アプリケーションまたはブラウザ プラグインのいずれかを使用することで、これを回避できます。たとえば、すべてテキストです。文字を台無しにしません。

新しいエディターを使用して特殊文字を含む記事を編集する場合は、[変更を表示] ボタン ([プレビューを表示] の横) を使用して、編集によってどのような変更が行われるかを正確に確認することをお勧めします。変更するつもりのない特殊文字を含む領域が赤色で強調表示されている場合、外国のフォントがインストールされていないために両方のバージョンが同じように見える場合でも、それらが破損していることを意味します。

BabelPadは、Unicode を処理するための特別なサポートを備えた Windows 用の無料のエディターであり、記事で使用されているいくつかの類似した文字のどれを使用しているかを判断する必要がある場合、または編集が難しい Unicode 制御コードを処理する必要がある場合に理想的です (多方向の文章)。

ウィキペディアのビジュアルエディターを有効にする

VisualEditor のテキスト書式設定メニュー
VisualEditorを有効にするには:
ログインし、 [ベータ版のビジュアル エディターを一時的に無効にする] のチェックを外し、必要に応じて [編集モード] を [両方のエディター タブを表示する] に変更して、設定を保存します。

こちらもご覧ください