ヘルプ:セクション

ページは、セクション見出し構文を使用してセクションに分割できますし、分割する必要があります。セクション見出しが 3 つ以上あるページごとに、目次 (TOC) が自動的に生成されます。このページでは、これらの要素の構文について説明します。セクションに名前を付ける方法、またはセクションを使用して記事を構成する方法については、「レイアウトガイド」を参照してください。

セクションの作成と番号付け

  • WP:セクション番号付け
  • WP:セクションレベル

セクションは、以下のように見出しを作成することで作成されます。

== セクション == 
=== サブセクション === 
==== サブサブセクション ====

これらは、前後の等号の数に基づいて「レベル」と呼ばれることもあります。つまり、2 つの等号がある上の上部の「セクション」は「レベル 2」の見出し、サブセクションは「レベル 3」の見出し、そして「サブサブセクション」は「レベル 4」です。

  • WP:レベルセクション

「レベル 1」の見出し (各側に等号を 1 つだけ、つまり=Heading= )は使用しないでくださいこれにより、ページの上部にページ タイトルと同じ大きさのセクション見出しが表示されます。最大レベル数は 6 です。

セクション (サブセクションを含む) の見出し名は、ページ内で一意である必要があります。ページ上で同じ見出しを複数回使用すると、問題が発生します。

  • [[記事名#セクション見出し]]の形式のセクションへの内部リンク(ウィキリンク) は、その名前を持つページ上の最初のセクションにのみリンクされ、リンクの意図されたターゲットではない可能性があります。詳細については、記事のセクションへのリンクを参照してください。
  • 重複した名前のセクションを編集すると、編集履歴や概要がどのセクションを編集したかが曖昧になります。
  • セクションの編集後にページを保存すると、エディターのブラウザが間違ったセクションに移動する場合があります。

番号付け

目次ではセクションに番号が付けられています ( Vector 2022では適用されません)。

並べ替え順序

(付録とフッター) セクションの順序については、Wikipedia:Manual of Style/Layout § 記事要素の順序 を参照してください。

後続セクション

ウィキテキストのセクションとサブセクションの階層は主に見出しのレベルによって決定されるため、新しい見出しのないテキストは自動的に前のセクションまたはサブセクションの一部とみなされます。これは、末尾のテキストが親セクションに属していることを示す直接的な方法がないことを意味します。この区別が重要な場合は、テキストの順序を変更するか、単に別のサブセクションを追加することが一般的なアプローチです。

目次 (TOC)

  • H:TOC
  • WP:目次
デフォルトの Vector 2022 スキンで表示された目次の例

目次を非表示にする

少なくとも 4 つの見出しがある各ページでは、記事のwikitextにマジック ワード(単語の両側に 2 つのアンダースコアが付いている) が追加されていない限り、セクション見出しから目次 (TOC)が自動的に生成されます。(a) 見出しが 4 つ未満であるか、(b) 1 画面に収まらない記事では使用しないでください。 [1] __NOTOC____NOTOC__

{{ Compact ToC }}などの特定のテンプレートを使用すると、通常の目次機能 が置き換えられます。

目次の位置付け

__FORCETOC__または(単語の両側に 2 つのアンダースコアを付ける) のいずれかがウィキテキストに配置されている場合__TOC__、ページの見出しが 4 つ未満であっても目次が生成されます。

を使用すると、__FORCETOC__最初のセクション見出しの直前に目次が配置されます。を使用すると、__TOC__このコードと同じ位置に目次が配置されます。

ほとんどの記事には、「リード セクション」と呼ばれる目次の前に紹介文があります。通常、セクション見出しは目次の直後に続く必要がありますが、 を使用すると、__TOC__目次を正しく配置するためだけに (つまり、低すぎないように) 意味のない見出しを強制的に挿入する必要がなくなります。ただし、目次と最初の見出しの間にテキストが存在すると、アクセシビリティに問題が発生します。

目次のフローティング

場合によっては、記事のレイアウトにとって有益な場合、またはデフォルトの目次が他の要素の邪魔になる場合には、 または を使用して目次を右または左にフローティングできます。デフォルトの TOC をフローティング TOC に変更する前に、次のガイドラインを考慮してください。 {{TOC right}}{{TOC left}}

  1. 目次をフローティングする場合は、最初のセクション見出しの前、テキストのリード セクションの終わりに配置する必要があります。スクリーン リーダーのユーザーは、目次と最初の見出しの間にテキストが存在することを期待していないため、目次の上にテキストがないことは混乱を招きます。リードセクションの要素に関する情報の最後の行を参照してください
  2. 目次をフローティングする場合、ユーザーが目次を非表示にした場合にページ レイアウトが損なわれるかどうかを確認します。
  3. 長いリストでは非常に長い目次が作成される場合があります。フローティングかどうかに関係なく、TOC は必要以上に長くしてはなりません。フローティング TOC ではなく、ネストされたサブセクションを非表示にすることで、TOC の長さを短縮するために使用できます。{{TOC limit}}
  4. デフォルトの目次は、最初の見出しの前、ただし紹介文の後に配置されます。導入概要が長く、一般的なユーザーが目次の先頭を表示するために下にスクロールする必要がある場合は、目次をフローティングにして、記事の先頭近くに表示されるようにすることができます。ただし、フローティング目次は、ほとんどの場合、少なくとも記事テキストの最初の段落に続く必要があります。
  5. 幅の広い目次をフローティングすると、解像度の低いユーザーにとって読みやすいテキストの狭い列が生成されます。目次の幅がユーザーに表示される画面の 30% (左側の Wikipedia ナビゲーション バーのサイズの約 2 倍) を超える場合、フローティングには適していません。 (パーセンテージは一般的なユーザー設定を想定しています。)テキストがフローティング目次と画像の間に閉じ込められている場合、特定のテキスト ポイントでフローティングをキャンセルできます「 中断の強制 」を参照してください。
  6. 目次が他のフローティング画像またはボックスのほぼ近くに配置されている場合、フローテキスト列が平均的なユーザーの表示画面幅の 30% より狭くならない限り、フローティングすることができます。
  7. 左にフローティングされた目次は、箇条書きリストまたは番号付きリストに影響を与える可能性があります。

テンプレート:TOC の権利は2005 年 7 月初旬に削除が提案されましたが、この件については合意が得られませんでした。これに関する議論と投票のアーカイブは、Wikipedia:Templates for deletion/TOCrightでご覧いただけます。 Manual of Style のディスカッションはここにあります。

目次のページ幅を制限する

酌量すべき事情により、目次の幅をページのパーセンテージとして調整することが必要になる場合があります。例えば:{{TOC left|width=30%}}

目次のコンテンツの深さを制限する

  • H:リミットトック

デフォルトでは、目次にはレベルに関係なく、ページ内のすべての見出しが含まれます。記事またはプロジェクト ページに非常に多くのサブセクションがある場合、目次から下位レベルのサブセクションを非表示にすることが適切な場合があります。を使用して表示する最下位セクションの制限を指定できます。ここで、は表示される最下位セクションのヘッダーの両側で使用される記号の数です(たとえば、すべての見出しを表示するが非表示にします)およびその下のすべての見出し)。パラメータは、または同じ方法 で指定することもできます。{{TOC limit|n}}n=3===sub-sections=======sub-sub-sections====limit=n{{TOC left}}{{TOC right}}

デフォルトの目次を置き換える

  • WP:交換トク

自動生成された目次は、長いリストの記事用語集など、すべての種類の記事で最大限に適切または有用であるわけではないため、多数の代替テンプレートが存在します。これを使用するには、必要な場所に (多くのリスト スタイルにカスタマイズできる)などの置換目次テンプレートを配置します。正しい機能を保証するために記事の先頭に 置くことをお勧めしますが、多くの場合、置換用の目次テンプレートを追加するだけで通常の目次が抑制されます。{{Compact TOC}}__NOTOC__

横型目次

テンプレート {{水平目次}} は、目次を垂直リストではなく水平リストにレイアウトします。これは、短いエントリが多数ある目次で実用的です。長い目次をスクロールせずに表示できるため、行にセクション見出しが含まれる表に適しています。

例:国別の大麻の合法性– 簡潔だが機能的な A-Z の横型目次を使用します。
例:米国の管轄区域による大麻の合法性– 2 つの TOC を使用します。短くて垂直なものと、長くて水平なものです。

セクションのリンク

各セクションの HTML コードには、セクションのタイトルを保持する「id」属性があります。これにより、セクションに直接リンクできるようになります。これらのセクション アンカーは、MediaWiki がページの目次を生成するときに自動的に使用されるため、目次内のセクション見出しをクリックすると、そのセクションにジャンプします。また、セクション アンカーは、ページ内の 1 つのセクションに手動で直接リンクできます。

たとえば、このセクションの冒頭で生成される HTML コードは次のとおりです。

< span  class = "mw - headline"  id = " Section_linking" >セクションリンク</span>

このセクションへのリンク (セクションのリンク) は次のようになります。

[[Help:Section#Section linking|Section linking]]

(注意: セクションのリンクは、最初の文字 ( Help:Link ) も含めて大文字と小文字が区別されます。)

同じページ内のセクションにリンクするには を使用でき[[#section name|displayed text]]、別のページのセクションにリンクするには を使用できます[[page name#section name|displayed text]]

アンカーはセクションの深さを無視します。サブセクションやサブサブセクションなどへのリンクは、[[#subsection name]]and[[#sub-subsection name]]など になります。

重複するセクション名にはアンダースコアと数字が追加されます。たとえば、「Example」という名前の 3 つのセクションの場合、(セクションリンク用の) 名前は「Example」、「Example_2」、および「Example_3」になります。ただし、セクション "Example_2" または "Example_3" (以下を参照) を編集すると、混乱を招くことに、編集概要のセクション "Example" に到達します。

セクションの見出しに空白スペースがある場合、目次内のリンクが機能しなくなります。同様の効果については、NS:0 を参照してください。

セクション見出しのないアンカー ターゲットを作成するには、{{アンカー}} テンプレートまたはspan: を使用できます<span id="anchor_name"></span>

セクションへのリンクを「#」やカスタム テキストではなくセクション記号(「§」) でフォーマットするには、{{ Section link }} (または {{ slink }}) を使用します。たとえば、はFoo#Barリンクと同等ですが、Foo § Barという形式になります。 {{Section link|Foo|Bar}}

ノート:

  • セクション見出しの内部リンクによってセクションのリンクが複雑になることはありません。ただし、ヘッダーをクリックしてセクションを編集するように環境設定を設定している編集者は、次のリンクをクリックできません。
    • #デモ
    • ヘルプ:セクション#デモ http://a
    • http://meta.wikimedia.org/wiki/Help:Section#Demo_http:.2F.2Fa
  • パイプのトリックはセクション リンクでは機能しません。
    • [[#section| ]]->
    • [[page#section| ]]->
    • [[namespace:page#section| ]]->

ページ内の任意の位置へのリンクについては、「セクションのリンク (アンカー)」を参照してください。

セクションのリンクとリダイレクト

リダイレクト ページのセクションを指定するリンクは、リダイレクトのターゲットのそのセクションへのリンクに対応します。

ページのセクションへのリダイレクトも機能します。たとえば、リダイレクト ページのセクション リンクとリダイレクトを試してください。

複雑なのは、ページの名前変更とは異なり、セクションの名前を変更しても古いセクション名からのリダイレクトが作成されないことです。したがって、古いセクション名への受信リンクを修正する必要があります。この問題は、アンカーテンプレートを使用して古い名前に手動アンカー リンクを追加することで解決できます

ただし、古い名前へのリンクを保持したくない場合は、それらを追跡して修正する必要があります。セクションごとに「ここにリンクする内容」機能はありません。リストでは、あるセクションへのリンクと別のセクションへのリンクと、ページ全体へのリンクが区別されません。次の考えられる回避策は、セクションに対して作成した受信リンクを「将来も保証」するのに役立ちますが、名前変更中にセクションへの単純なリンクを追跡するのには役に立ちません。

  • セクションに直接リンクする代わりに、そのセクションにリダイレクトするページにリンクします。セクションの名前を変更する場合は、リダイレクト先を変更するだけです。この方法では、リダイレクト ページのWhat links hereを使用して、セクションにリンクしているページを識別できます。
  • セクションにリンクする場合は、手動アンカーを使用してください。これにより、セクション名が安定していることに依存する必要がなくなります。
  • セクションにリンクしているページをリストするセクションの先頭にあるウィキテキストにコメントを追加します。
  • セクションを別のページ/テンプレートとして作成し、そのセクションを親ページにトランスクルージョンするか、その親ページから単にリンクします。セクションにリンクする代わりに、別のページにリンクできます。

リダイレクト コマンドの後に category タグを追加することで、リダイレクト ページを分類できます。リダイレクトのターゲットがセクションである場合、これにはセクションを分類する効果がある程度あります。リダイレクトを通じて、カテゴリー ページがセクションにリンクします。ただし、明示的なリンクが張られていない限り、このセクションはカテゴリにリンクしません。カテゴリ ページでは、リダイレクトは class redirect-in-category で表示されるため、たとえば斜体で表示できます。これはMediaWiki:Common.cssで定義できますWP:リダイレクトの分類も参照してください

セクション編集

  • WP:編集リンク
  • WP:セクション編集

セクションは、見出しの横に「[編集]」というラベルが付いた特別な編集リンクをクリックするか、セクション見出しを右クリックすることで個別に編集できます。

セクションの挿入は、その前後のセクションを編集することで実行できます。編集者は見出しを削除することで、あるセクションを前のセクションとマージできます。

最後にセクションを追加する

「トーク」名前空間からページを移動すると、ページの最後に新しいセクションを作成するために使用される「新しいセクション」、「+」、または「トピックの追加」というラベルの付いた特別なリンクが表示されます。[2]マジックワード でページからリンクを削除したり__NONEWSECTIONLINK__、 でリンクを追加したりできます__NEWSECTIONLINK__

このようなアクションの URL は次のようになります。

https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Wikipedia:サンドボックス&action=edit§ion=new。

この場合、「件名:」というタイトルのテキスト ボックスが表示され、そこに入力した内容が新しいセクションの見出しの名前になります。編集概要用の入力ボックスはありません。自動的に作成されます。

編集概要内のセクションへのリンク「コメントの投稿」機能も参照してください

最初のセクションの前の編集

デフォルトでは、ページのリードセクションを編集するリンクがないため、ページ全体を編集する必要があります。リード セクションの編集は、 [設定]  → [ガジェット]  → [外観] → [ページのリード セクションに [編集] リンクを追加]で有効にできます。別のセクションで「[編集]」をクリックして、URL を手動で に変更することもできますsection=nsection=0

セクション編集リンクの削除

アーカイブなどのセクション編集リンクは、マジック ワード を使用して削除できます__NOEDITSECTION__。一部のテンプレートでは自動的に追加されます。

プレビュー

セクション編集時のプレビューは、ページ全体の対応する部分と常に同じように表示されるわけではありません。たとえば、ページ全体で前のセクションの画像が該当するセクションに割り込んでいる場合などです。また、<ref> は通常非表示になります。 #解決策の脚注の編集を参照してください。

編集ページには、ページ全体で使用されているテンプレート、つまり他のセクションで使用されているテンプレートのリストが表示されます。

サブセクション

サブセクションは、編集されたセクションの一部に含まれます。セクションの番号付けは編集される部分に相対的なものであるため、相対的な最上位レベルには常に番号 1 だけがあり、相対的なサブセクションにはすべて 1.1.、1.2 など 1 で始まる番号が付けられます。たとえば、サブセクション 3.2 を編集する場合、サブサブセクション 3.2.4 には 1.4 という番号が付けられます。ただし、見出し形式は絶対レベルに準じます。

脚注の編集

コード <references /> を含むセクションに表示された脚注を編集するには、それを参照している脚注マークのあるセクションを編集します (ヘルプ:脚注を参照)。セクションをプレビューすると、脚注のプレビューが表示されます。

パーサー関数内のセクション

条件付きで (パーサー関数を使用して) セクションを含むテンプレートをトランスクルードすると、このセクションと後続のセクションの「編集」リンクによって間違ったセクションが編集されるか、セクションが存在しないというエラー メッセージが表示されます (ページ (目次を含む) は正しくありますが)と表示され、目次が正しくリンクされます)。これは、「編集」リンクのターゲットでは、条件付きで組み込まれたテンプレートのコンテンツがページ自体の一部とみなされ、展開後にセクションがカウントされるためです。

したがって、含まれるテンプレートのセクションの「編集」リンクはテンプレートではなくページ自体にリンクし、含まれるテンプレートの後の「編集」リンクは正しいページにリンクしますが、セクション番号が間違っています。

より一般的には、条件セクションはこのような複雑さをもたらします。

この問題は、条件付きの名前を使用してテンプレートをトランスクルージョンする場合には発生しません (これにはさらに利点があります)。何も生成しないようにテンプレートをトランスクルージョンするには、 m:Template:void  (バックリンク編集)を使用します。

含まれているテンプレートのセクションを編集する

編集機能は、含まれているテンプレートのセクションに適用することもできます。このセクション「ヘルプ:含まれているテンプレートのセクションの編集」は一例です。

セクション編集の目的では、セクションの範囲は呼び出しページ自体のヘッダーによって制御されます。テンプレートにセクションがある場合でも、テンプレート タグの前、テンプレート タグ、およびテンプレート タグの後の部分で構成される場合があります。

システムに従ったセクションの範囲が、レンダリングされたページが示すものと異なる場合、混乱を招く傾向があります。これを回避するには:

  • テンプレートにヘッダーがある場合は、最初のヘッダーの前にテキストを置かないでください。
  • 呼び出しページで、それ自体にセクションがあるテンプレートの後に新しいセクションを開始します

通常はテンプレートの内容をセクションに分割する必要がなく、テンプレートが 1 つのセクションのみである場合でも、必要に応じてテンプレートをセクション ヘッダーで開始すると便利な場合があります。セクションを編集するための編集機能を使用すると、特別に編集リンクを設定しなくても、テンプレートを含むページからテンプレートを編集できます。このテンプレートは一例であり、セクションに分割する必要はありませんが、上部にヘッダーがあります。

このソリューションの欠点の 1 つは、テンプレートを含むページ内のセクション レベルを変更できないことです。これは、異なるページで意図した階層と競合する可能性があるにもかかわらず、テンプレートで使用するセクション レベルが、テンプレートを含むすべてのページに表示されるものと同じになることを意味します。

テンプレートに表示されるパラメータ値、たとえば「{{{1}}}」は、パラメータを保持したい場合、レンダリングされたページであっても、テンプレートを編集するのではなく、テンプレート呼び出しを編集することによって編集されることに注意してください。また、その編集リンクにはそれが自動的に表示されません。説明テキストや追加の編集リンクが役立つ場合があります。この場合、「{{{1}}}」を編集するには、テンプレートを呼び出すページのテンプレート タグを編集する必要があります。セクション編集を使用する場合、関連するセクション編集リンクは、テンプレート自体のヘッダーの前に表示されるヘッダーにあります。

テンプレート内の __NOEDITSECTION__ タグは、そのテンプレート、そのテンプレートが含まれるページ、および同じページに含まれる他のテンプレートの両方に影響します。

{{偽の見出し}} は、目次や編集リンクを表示せずに見出しを表示する必要があるテンプレートやヘルプ ページで使用できます。

セクション vs 個別ページ vs トランスクルージョン

個別のページの利点:

  1. ここのリンクの機能
  2. 個別の編集履歴
  3. ページごとにいくつかのテンプレート制限が適用されます
  4. 名前変更時の自動リダイレクト
  5. 1 つの小さなページを読み込むほうが、 1 つの大きなページを読み込むよりも高速です。しかし、読者は 1 つのセクションだけを使用したいと思うのでしょうか、それともトピックの多くのセクションを閲覧したいと思う可能性が高いでしょうか? – 結合ページの利点を参照
  6. 個別にカテゴリに分類できます (ただし、以下も参照)
  7. Semantic MediaWiki : 個別の注釈が付いています

セクションを含む 1 つのページを組み合わせる利点:

  1. 複数の分割されたページをロードするよりも、結合された 1 つのページをロードする方が高速で便利です。
  2. ローカル検索機能を使用して 1 つの大きなページまたはそのウィキテキスト内を検索する方が高速であり、サイト検索エンジンや Web 検索エンジンを使用して複数のページを検索するよりも利点があります。
  3. 目次は便利なナビゲーションを提供します。
  4. 独立して編集される可能性が高い複数の定義がある場合と比較して、概念の編集上の一貫性が高まる可能性が高い
  5. ナビゲーション テンプレートやインフォボックスなど、各セクションに関連する項目の重複が回避されます。

別の方法は、テンプレート機能を使用して他のページのページを構成することです(トランスクルージョンによる複合ドキュメントの作成)。これにより、結合されたレンダリングされたページ内では簡単に検索できますが、結合されたウィキテキスト内では検索できません。欠点としては、各ページにタイトルを付ける必要があることです。展開前のインクルード サイズ制限については、これは 1 つの大きなページと比較した場合でも不利です。展開前のインクルード サイズは、コンポーネントの展開前のインクルード サイズの合計とコンポーネントのウィキテキストのサイズの合計です。

セクションのトランスクルージョン

  • ヘルプ:トランセクション

ラベル付きセクションのトランスクルージョン

テンプレートスタイルのセクショントランスクルージョン

テンプレート スタイルのセクション トランスクルージョン (TST) は、セクションをトランスクルージョンする古い方法です。

セクションマーキング

次のマークアップを使用してテキスト内のセクションをマークします。

<のみインクルード>{{ #ifeq :{{{ transcludesection |}}}|第1章|
コンテンツ
}}</のみ含める>

セクションのトランスクルージョン

テンプレート呼び出しを使用してセクションを除外します。たとえば、chapter1というページから というセクションをトランスクルードするには、次のようにしますpageX

{{:pageX|transcludesection=chapter1}}

ターゲット ページはセクションの場所を定義します。

画像の配置

上記のデモのセクション

デモ http://example.com

このセクションは #セクションリンク からリンクされています。

こちらも参照

スタイルのマニュアル

脚注

  1. ^ 小さな画面のモバイル プラットフォームは、 の影響を受けない代替ナビゲーション スキームを使用します__NOTOC__。 PC 上で記事を表示する場合、記事が 1 つの画面に収まるかどうかは、画面サイズと表示設定によって異なります。
  2. ^ Vectorスキンでは、ドロップダウン メニューの下のリンクを非表示にすることができますが、英語版 Wikipedia のデフォルトの Vector の外観には当てはまりません。
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=ヘルプ:セクション&oldid=1194575476#Section_linking」から取得