ヘルプ:概要の編集

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

編集の要約は、ある簡単なのの説明編集Wikipediaのページへ。要約は、(a)編集を開いて内容を確認する時間を節約し、(b)編集の理由を提供し、(c)差分ページと変更のリストで編集に関する情報を提供することにより、他の編集者を支援します(ページ履歴ウォッチリストなど)。

ウィキペディアコミュニティは、編集者が意味のある編集の要約を提供することを強く推奨しています。要約を追加するには、[編集]ページの下部にある[要約編集]ボックスにテキスト入力フィールドを入力します。ボックスは次のようになります。

要約の編集 (変更について簡単に説明してください)

 

これはマイナーな編集です このページを見る

変更を公開することにより、利用規約に同意し、CC BY-SA3.0ライセンスおよびGFDLに基づく貢献を取り消すことなく解放することに同意したことになりますあなたは、ハイパーリンクまたはURLがクリエイティブコモンズライセンスの下で十分な帰属であることに同意します。

変更を公開する ショープレビュー 変更を表示 キャンセル

常に編集の概要を提供する

特に他の編集者のアクションを元戻す(元に戻す)場合や既存のテキストを削除する場合は、すべての編集について要約を提供することをお勧めします。そうしないと、編集の動機が疑問視される可能性があります。適切な状況では、意味のある要約は非常に短い場合があります(たとえば、「ce」および「rvv」)。重要なことは、意味のある情報を提供することです。

正確な要約は、他の寄稿者が編集をレビューするかどうかを決定し、レビューすることを選択した場合に変更を理解するのに役立ちます。編集の概要がない編集は、編集の目的が明確でない可能性があるため、誤って元に戻される可能性が高くなります。編集者は、編集の要約が欠落しているか混乱しているために、他の点では優れた編集を元に戻さないでください。優れた編集者は単に忘れているかもしれませんし、混乱する編集の要約はオートフィルの事故の結果であるかもしれません。 (編集の概要自体がプライバシーまたはその他のポリシーに違反している場合は、修正を参照してくださいただし、現実的には、主要な編集(たとえば、大量の記事テキストの追加または削除、または大幅な書き直し)に編集の要約がない場合、忙しい編集者の中には誠意を持って元に戻すことができない場合があります。適切に評価せずに変更します。編集サマリーを提供すると、そのようなエラーを防ぐのに役立ちます。

要約はマイナーな変更(つまり、スペルや文法の修正など、一般的に挑戦できない変更を意味しますにとってはそれほど重要ではありませんが、「固定スペル」のような簡単なメモはそれでも役立ちます。

誤って編集概要を空白のままにしないように、登録済みの編集者は、ユーザー設定の[編集]タブで[空白の編集概要を入力するときにプロンプ​​トを表示する]を選択できます

編集概要の書き方

  • 要約します。たとえ短時間であっても、変更を要約します。短い要約でさえ、要約がないよりはましです。
  • 説明します。変更した理由が他の編集者にわからないと思われる場合は、変更の理由を説明してください。正当と思われるウィキペディアのポリシーまたはガイドラインを引用すると、変更が説明に組み込まれる場合があります。
  • 略語略語は注意して使用する必要があります。彼らは新しい貢献者を混乱させる可能性があります。一般的に使用されるいくつかの略語の説明については、この編集要約の凡例を参照してください
  • 重要な情報を展開します。要約のみを表示する読者は、全体像を把握できない場合があります。誤解を防ぐ:編集で要約ボックスに収まらないほど多くの説明が必要な場合は、記事のトークページコメントを投稿して詳細情報を提供し、編集の要約に「トークを見る」または「ディスカッションページを見る」を含めます。
  • トークページトークページを編集するときは、コメントの要点を編集概要に反映することを検討してください。これにより、ユーザーは最近の変更、ページ履歴、およびユーザーの投稿(以下を参照)を非常に効率的に確認できます。

要約の編集で避けるべきこと

  • 誤解を招くような要約は避けてくださいある変更について言及するが、別の変更について言及しないことは、他の変更がより重要であると考える人にとって誤解を招く可能性があります。「andmisc」のようなものを追加できます。他の変更をカバーするため。
  • 曖昧さを避けてください編集の要約は簡潔な場合がありますが、それでも具体的である必要があります。「変更を加えました」と同様の編集サマリーを提供することは、サマリーをまったく提供しないことと機能的に同等です。
  • 長い要約は避けてください編集の要約は、すべての詳細を説明したり、「真実」についてのエッセイを書いたり、他の編集者との長々とした議論をしたりするためのものではありません。ディスカッションには、トークページを使用する必要があります。
  • 不適切な要約は避けてください編集内容を説明する必要がありますが、他の人の作業を編集したり元に戻したりするときに過度に批判的または過酷になることはありません。これは非市民的であると認識され、恨みや対立を引き起こす可能性があります関連するポリシー、ガイドライン、または優れた執筆の原則を引用して、変更した内容を説明しますが、個人的な攻撃として遭遇する可能性のある方法で他の人をターゲットにしないでください
  • 非難を避けてください。詮索好きなコメント、編集者に関する個人的な意見、およびその他の積極的な編集の要約は、ウィキペディアの礼儀正しさのポリシーの明示的な編集の要約の「禁止事項」です

紛争における編集要約の使用

編集サマリーを適切に使用することは、コンテンツの紛争を解決するために重要です。編集の要約は、特に物議を醸す可能性がある場合は、編集の性質を正確かつ簡潔に要約する必要があります。編集に以前の変更元に戻すことが含まれる場合は、編集の概要で元に戻す( "rv")としてマークする必要があります。

要約の編集を使用して、コンテンツに関する討論や交渉を続けることは避けてください。これは、議論を続ける唯一の方法が他の編集者を元に戻すことである雰囲気を作り出します!これが起こっていることに気付いた場合は、トークページのセクションを開始し、そこにコメントを配置してください。これにより、議論や討論が記事ページ自体から遠ざけられます。例えば:

ユーザーによる編集を元に戻しました:例、理論的根拠についてはトークを参照してください

他のウィキペディアスペースと同様に、編集の要約で他のユーザーの意見を表明しないください

修正

ページを公開した後は、編集の概要を変更することはできません。特に、コンテンツに関する激しい論争に巻き込まれている場合は、注意してください。後悔するようなことは書かないでください。

編集の概要で重要な省略やエラーを行った場合は、ダミーの編集(目に見える効果のないページの変更)を行い、ダミーの編集の概要にさらに情報を追加することで、これを修正できます

特定の種類の有害なコンテンツを含む編集サマリーの極端な場合、サマリーは要求に応じて削除できます。管理者はリビジョンの削除を使用して、パブリックビューから削除できます。このような編集の概要は、管理者に引き続き表示されます。さらに限定された状況では、編集全体が監視され、監視権限を持つ少数のユーザーにのみ編集とその編集の概要が表示される場合があります。

サマリーのプロパティと機能を編集する

  • 500文字に制限されています要約の編集ボックスには、約500文字の1行を含めることができます。さらに入力または貼り付けを試みると、最初の500のみが表示され、残りは破棄されます。たとえば、すでに495文字を含むサマリーに10個の新しい文字を(最後またはその間に)追加しようとすると、最初の5個の新しい文字が挿入され、最後の5個が無視される場合があります。
  • プレビューを表示します。[プレビューを表示]ボタンは、リンクの確認を容易にするために編集サマリーのプレビューも提供します。
  • 保存後に変更することはできませんページを公開した後は、編集の概要を変更することはできません(バグ10105および13937を参照)。
  • 検索には表示されません。組み込みの検索機能は編集サマリーを検索できず、外部の検索エンジンによってインデックスが作成されません。
  • Wikilinksは常にレンダリングされます。他のウィキテキストコーディングは無視されます。要約を編集するタグで囲まれている場合でもパイプリンクインターウィキリンクなどの内部リンクがレンダリングされ<nowiki>...</nowiki>ます。したがって、スペースを節約したい場合を除いて、プレビューからテキストをコピーするよりも、編集サマリーボックスでウィキテキストをコピーする方が望ましい場合があります。他のウィキテキストコーディングは解釈されません。 URLはクリック可能なリンクを生成しませんが、とwikilink特別:差分/クリック可能にすることができ差分を、そして特別:パーマリンク/作ることができる永久的なリンクを~~~~効果がないため、編集サマリーに署名しないでください
  • あなたはでき言及あなたの編集の要約でユーザーを(または「ピング」)。ユーザー「Exampleについて言及するには、編集サマリーの任意の場所に[[User:Example]]と入力する必要があります。

編集の概要が表示される場所

編集の概要は、次の場所に黒い斜体で表示されます。

編集の概要のソーステキストは、en.wikipedia.org / w / api.php?action = query&prop = Revisions&rvprop = comment&revids = idで確認できますここで、idはリビジョン番号です。たとえば、[1]diff=845523983URLで言うので、revids = 845523983は編集サマリーソースを示しています。リンクは、主にプログラムを対象としたmw:API:Revisionsを使用しています。

ノート

  1. ^ 強化されたウォッチリストを使用して、各ページの最後の変更だけでなく、監視されたページの最近のすべての変更を確認します。

セクション編集

[新しいセクション]ボタンを使用してディスカッションページに新しいセクションを追加すると、セクションのタイトルが編集の概要として使用されます。既存のセクションを編集する場合、セクションタイトルは編集サマリーの先頭に挿入され、/ *および* /マークで囲まれます(例:/ *外部リンク* /)。編集の詳細は、このテキストの後に追加する必要があります。

このような編集の概要を表示すると、セクション名が青色で表示され、その横に小さな矢印が表示されます→外部リンク矢印またはセクション名をクリックしてセクションを表示します(セクションが存在しない場合は、リンクをクリックするとページの上部に移動します)。

セクションの「編集リンクをクリックして既存のセクションの前後に新しいセクションを作成する場合は、混乱を避けるために/ *マークと* /マークの間のテキストを削除します(または新しいセクションタイトルに変更します)。[1]

:ユーザーによる編集サマリーの使用状況を追跡するツール(XToolsなど)は、自動追加された部分をサマリーとは見なしません。それは/ *と* /内の任意の部分です。編集ボックスにそのような自動要約が含まれているかどうかに関係なく、実際の編集要約を提供することをお勧めします。

  1. ^ / * * /構文を使用して、複数のセクションへのリンクを手動で含めることができます。これは、複数のセクションを一度に編集する場合に役立つことがあります。編集の概要:
    / * Foo * / test / * Bar * / test
    次のようにレンダリングする必要があります。
    →Fooテスト→Barテスト
    この編集を 参照してください

自動要約

特定の状況では、編集が要約なしで公開されると、自動要約が生成されます。これは、セクションを編集するときに追加される要約とは少し異なります。これは、保存する前にユーザーが変更できるためです。

リダイレクトを作成するときの自動要約を除いて、通常は言う必要があるすべてを示しますが、これらは適切な編集要約の代わりにはなりません。上記の場合でも、常に意味のある要約を残す必要があります。ただし、これらは、編集の要約の重要性を認識していない経験の浅いユーザーが行った編集のコンテキストを提供したり、破壊行為を発見したりするのに役立ちます。

[新しいセクション]タブを使用してトークページで新しいスレッドを開始すると、[件名/見出し]フィールドに入力したテキストが、ディスカッショントピックの見出しと、その編集の編集概要の両方になります。

タグ

タグ(つまり、編集タグ)は、ソフトウェアが履歴最近の変更、その他の特別なページの特定の編集の横に自動的に配置する短いメッセージですこれらは編集フィルターによって実装され、破壊行為のパトローラーやその他のページウォッチャーを支援します。手動で追加または削除することはできません。

経験豊富なユーザーへの注意

  • 編集の概要を提供せずにコンテンツを削除する警告編集者向けの標準テンプレートがあります:{{ Uw-delete1 }}(誠意を持っていることを前提としています)および{{ Uw-delete2 }}(そうではありません)。{{ Uw-editsummary }}は、他の種類の編集の編集概要を提供していないユーザーに通知するために使用できます。{{ Summary2 }}は、教えるよりも思い出させる必要がある経験豊富なユーザーに適しています。これらはTwinkleから入手できます
  • 編集者が管理のために実行する場合、編集者のRfAページには、過去に編集の要約を提供した頻度に関する統計が含まれます。
  • ユーザーの編集概要の使用状況は、このツールで確認できます

登録ユーザーであり、編集の概要を常に残すというコミットメントを示したい場合は、他のユーザーにそうすることの重要性を思い出させます。次のユーザーボックスのいずれかを使用できます。

ウィキテキスト ユーザーボックス 使用場所
{{User edit summary}}
WTF?このユーザーは常に
編集の概要を残します。
リンクされたページ
{{User:Idell/editsummary}}
鉛筆編集icon.jpg
このユーザーの読解力はあまり良くありません。編集の概要を残してください
リンクされたページ
{{User leaves edit summaries}}
あなたは何をした?このユーザーは、投稿に編集の要約を含めており、誰もがこれらも使用する必要があると考えています。
リンクされたページ
{{User:Marek69/edit summary template}}
WikEdロゴ39x40animated.gif
このユーザーは、要約の編集を使用します
リンクされたページ
{{User:Ritchie333/Userbox ES}}
アクセサリ-text-editor.svg
このユーザーの読解力はあまり良くありません。編集の概要を残してください
リンクされたページ
{{User:Sdrqaz/userbox/macbeth}} リンクされたページ

500文字の制限

500文字の制限は概算です。実際の制限は500Unicodeコードポイントです。ほとんどの文字は1つのコードポイントを占有しますが、発音区別符号絵文字などの一部の文字は、複数のコードポイントで構成されている場合があります。500コードポイントの制限には、セクションタイトルマーカー(および関連する/*  */)と、存在する可能性のあるwikiマークアップが含まれます。

JavaScriptを有効にしているエディターの場合、サマリーのコードポイントの長さを監視し、500コードポイントを超えるサマリーの入力を防ぐスクリプトがページに含まれています(「ソースの編集」とビジュアルエディターの両方)。テキスト入力フィールドの右端にカウントが表示され、未使用のコードポイントの数が示されます。 JavaScriptが無効になっている場合、このセーフガードは機能せず、唯一の保護はブラウザの500文字の制限です。これは、複数のコードポイントで表される文字の結果として500コードポイントの制限を超える可能性があります。

ボット、外部ツール(WP:AWBなど)、またはユーザースクリプトやガジェットを使用して編集を行う場合、この制限のオーバーフローを防ぐのはツールまたはスクリプトの責任です。編集サマリーに500を超えるコードポイントが入力されている状況では、ページが公開されるときにサマリーが500コードポイントに切り捨てられます。

も参照してください

外部リンク