ヘルプ:トークページのアーカイブ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

トークページが大きくなりすぎた場合は、定期的に古いディスカッションをアーカイブするのが通例です。かさばるトークページは、ナビゲートするのが難しいか、時代遅れの議論を含んでいるか、または遅いインターネット接続またはコンピュータを持っているユーザーにとって負担になるかもしれません。トークページの冒頭に、すべての編集者にアーカイブを通知する通知が表示されます。

以前のバージョンがページ履歴に表示される可能性があるため、通常の記事はアーカイブされませんアーカイブの実践は、トークページや掲示板に特有のものであり、多くの場合、非常に長く膨らみます。自分のユーザートークページのアーカイブはオプションです。一部のユーザーは、履歴が将来参照できるように保持されているため、単にページを空白にしますが、これはベストプラクティスとは見なされません(検索とリンクがより困難になるため)。この特定のケースでは、「パーマリンク」を使用すると、スレッドの編成や表示を制御できなくても、特定の時点でのトークページのアーカイブビューを簡単に表示できます。

トークページのガイドラインでは、トークページが75 KB(または75,000バイト)を超えた場合、または複数の解決済みまたは古いディスカッションがある場合にアーカイブすることを推奨しています。ただし、いつアーカイブするか、およびトークページに最適な長さは、それぞれの場合に適合させる必要がある主観的な決定です。たとえば、進行中のディスカッションとそれらが参照する近くのセクションは、通常、そのままにしておく必要があります。

同じ問題が繰り返し提起されるのを避けるために、古い議論をトークページに残しておくことが役立つ場合があります。ただし、この状況は、テンプレートを使用することでより適切に対処できます。 {{FAQ}}

技術概要

トークページをアーカイブするための推奨される方法は、古いセクションを一連のサブページにコピーし、元のページからセクションを削除することです。これは、手動で実行することもボットによって自動的実行することもできます。

アーカイブページに名前を付ける一般的な方法は2つあります。最も一般的で最も簡単なのは、順番に番号が付けられたアーカイブです。アーカイブページには次のような名前を付ける必要があります。トークページの名前を取り、「/Archive #」を追加します。ここで、「#」はアーカイブの番号です。アーカイブという単語には大文字のAがあり、数字の前にスペースがあり、先行ゼロがないことに注意してください。{{アーカイブリスト}}のようなテンプレートは、この命名規則に基づいてアーカイブページを自動的に検索します。

例えば:

  • Talk:Earthの20番目のアーカイブは名前が付けられますTalk:Earth/Archive 20
  • ユーザートークの最初のアーカイブ:例は名前が付けられますUser talk:Example/Archive 1

アーカイブページに名前を付ける2番目の一般的な方法は、年と月です。この方法では、アーカイブページには通常、などの名前Talk:YourPage/Archives/2013/Juneが付けられTalk:YourPage/Archives/2013/Julyます。この名前付け方法では、より複雑なものもあります。この命名スキームを使用する場合、一部のナビゲーションテンプレートはアーカイブが複数形であることに依存している ため、サブページは使用し/Archives/ないでください。/Archive/

:独自のユーザートークページをアーカイブするときは、正しい名前空間(コロン()の前の部分)を使用することを忘れないでください。User talk:「 」ではなく「」で始まる必要がありTalk:ます。

既存のアーカイブされたトークページはありますか?

ここでのほとんどの方法は、アーカイブされたトークページがすでに存在するかどうかを確認し、アーカイブする新しいセクションを最新のアーカイブ、または既存のアーカイブの上に番号順に並べられた新しいアーカイブに配置することに依存しています。トークページの下にサブページが存在するかどうかを確認するための検索があります(アーカイブされたページは通常、既存のトークページのサブページに配置されます)。検索バーに次のように入力します。

Special:PrefixIndex/Talk:Pagename

例えば

Special:PrefixIndex/Help talk:Archiving a talk pageこのヘルプページとそのすべてのアーカイブのトークページが表示されます。

手動アーカイブ

カットアンドペースト手順

  1. トークページを編集し、アーカイブしたい資料をコンピューターのクリップボードにコピーします。
  2. に新しいアーカイブページを作成しますTalk:Example page/Archive N。ここで、Nはアーカイブが存在しない最小の番号です。(目的のタイトルを検索して検索結果の赤いリンクをクリックするか、URLバーを編集して目的の場所をポイントし、[作成]ボタンをクリックしてページを作成できます。)
    • または、トピックアーカイブを作成したい場合もあります。その場合、アーカイブにはトピックに応じた名前を付ける必要があります。たとえばTalk:Example page/Place of birth debate
  3. クリップボードの内容をこのアーカイブに貼り付け、コードの先頭に追加します(またはアーカイブ間のナビゲーションを有効にします)。新しいアーカイブを公開します。{{Talk archive}}{{Automatic archive navigator}}
  4. 新しいアーカイブの名前を記載した編集概要を使用して、メイントークページからコピーした資料を削除します。
  5. メイントークページにアーカイブボックスがまだ存在しない場合は、ウィキプロジェクトタグの下に行を追加して公開します。(メイントークページにすでに行が含まれている場合、これは必要ありません。このテンプレートには、標準的な方法で名前が付けられている場合、アーカイブのリストが自動的に含まれるためです。){{Archives}}{{Talk header}}

手順の詳細については、/手動アーカイブを参照してください。

半自動のカットアンドペースト手順

OneClickArchiverArchyMcArchfaceは、上記の手動手順を簡素化するために設計されたユーザースクリプトです。これらのスクリプトを使用すると、テキストを手動でコピーして貼り付ける代わりに、アーカイブするセクションを確認し、選択したセクションをアーカイブするページを指定するだけで済みます。

その他の手動手順

他の手動手順は、かつて上記のカットアンドペースト手順と同等の代替手段と見なされていました。時間が経つにつれて、両方の方法は使用されなくなり、通常は使用されません。ページ移動手順を使用した場合、それらのページはユーザーリクエストによる迅速な削除の対象にはなりません

自動アーカイブ

ClueBotIIIおよび小文字のsigmabotIIIは、セクションが指定された期間コメントを受け取らなかったときにセクションをサブページに移動することにより、任意のディスカッションページ(名前空間に「トーク」があるページ)のアーカイブを自動的に作成できます。どちらのボットも、セクションを単純な連続番号のアーカイブ(たとえば、、、YourPage/Archive 1... YourPage/Archive 2)にアーカイブしたり、日付に従ってアーカイブ(たとえばYourPage/Archives/2013/June、、 ...)したりできますYourPage/Archives/2013/July

これらのボットの設定の詳細な手順については、ClueBotIIIページ小文字のsigmabotIIIページを参照してください。archiveheaderこれらのページでは、、などの使用される各パラメーターについて説明していますminthreadsleft。以下の例も使用できます。ここにあるすべての例は、このページを表示しているときにコピーして、機能する構成にするために変更を加えることなく、ターゲットページの編集ボックスに貼り付けることができるようにすることを目的としています。

ボットの選択

現在自動アーカイブに使用されている2つのボットであるClueBotIII小文字のsigmabotIIIは、動作が似ていますが、実装する機能と使用上の制限に関していくつかの違いがあります。

小文字のシグマボットIII ClueBot III
で使用されているトークページの数 30,000 9,000
アーカイブのインデックス? 追加のボットが必要 はい
アーカイブ時にディスカッションへのリンクを自動的に修復しますか? 番号 はい
最初のアーカイブ前の初期遅延 24時間未満(通常、毎日 00:00 UTCに実行を開始します) 数日まで(
制限事項 署名のないセクションはアーカイブされません 数千のオーダーのページ数でリンクされているページには適していません(パフォーマンス上の理由から)

以下は、記事のトークページまたはユーザーのトークページの自動アーカイブを設定するための構成例です。これらの構成テンプレートは目に見える出力を生成しないため、通常、アーカイブを検索およびナビゲートするためのリンクを読者に提供するなどのテンプレートも含める必要があります。これらのテンプレートは、パラメータを使用して構成し、自動アーカイブが行われていることを読者に通知するメッセージを含めることもできます。例:{{Archives}}botage{{Archives|age=90|bot=ClueBot III}}

連番のアーカイブ

連番のアーカイブ
小文字のシグマボットIII ClueBot III
{{ユーザー:MiszaBot / config
| algo = old(90d)
| archive = {{SUBST:FULLPAGENAME}} / Archive%(counter)d
| カウンター= 1
| maxarchivesize = 75K
| archiveheader = {{自動アーカイブナビゲーター}}
| minthreadsleft = 5
| minthreadstoarchive = 2
}}
{{ユーザー:ClueBotIII / ArchiveThis
| 年齢= 2160
| archiveprefix = {{SUBST:FULLPAGENAME}} /アーカイブ
| numberstart = 1
| maxarchsize = 75000
| header = {{自動アーカイブナビゲーター}}
| minkeepthreads = 5
| minarchthreads = 2
| format = %% i
}}

上記の両方の例では、現在のアーカイブページが75,000バイトを超えるTalkPage/Archive 1、必要に応じてアーカイブページが作成されます。TalkPage/Archive 290日(2,160時間)より古い日付のセクションのみがアーカイブされますが、最後の投稿が追加された期間に関係なく、最新の投稿の5つのセクションがトークページに保持されます。ページのアーカイブがすでに存在する場合は、counter / numberstartパラメーターをシリーズ内の次のアーカイブ番号に設定します。

警告:テンプレートがトークページに保存されると、システム変数{{SUBST:FULLPAGENAME}}はトークページ名に置き換えられます。ただし、ページ名()に表示される可能性のある句読文字の一部"&'は、ボットによって認識されないHTML文字コードに置き換えられます(これらの文字やその他の文字の詳細については、mediawikiwiki:Manual:PAGENAMEEエンコーディングを参照してください)。たとえば、'に置き換えられます'(したがって、ボットが機能する場合は、'に置き換える必要があります')。

年月別のアーカイブ

年/月ごとのアーカイブ
小文字のシグマボットIII ClueBot III

注:この構成では、小文字のsigmabot IIIは、各スレッドの最終日付に基づいてスレッドをアーカイブに入れます。これは、185スレッドのアーカイブタスクを54 YYYY /月ベースのアーカイブに分割する例です

注:ClueBot IIIを実行するたびに、スレッドはYYYY / Month of(NOW-age)である単一のアーカイブに配置されます。バックログを使用してアーカイブを開始する場合、これにより、古いスレッドがすべて含まれる単一のファイルageになります。ClueBotIIIは毎日実行されているようには見えません。したがって、アーカイブがしばらく実行されている場合でも、一部のスレッドは、最後に編集されたときより1か月遅れてアーカイブに保存される可能性があります。

{{ユーザー:MiszaBot / config
| algo = old(90d)
| archive = {{SUBST:FULLPAGENAME}} / Archives /%(year)d /%(monthname)s
| minthreadsleft = 4
| minthreadstoarchive = 2
}}
{{ユーザー:ClueBotIII / ArchiveThis
| 年齢= 2160
| archiveprefix = {{SUBST:FULLPAGENAME}} / Archives /
| minkeepthreads = 4
| minarchthreads = 2
| format = Y / F
}}
YourPage/Archives/June上記の両方の例では、必要に応じて、などの名前のアーカイブページが作成YourPage/Archives/Julyされます。90日(2,160時間)より古い日付のセクションのみがアーカイブされます。
システム変数FULLPAGENAMEについては、上記の警告を参照してください。

ボットと構成の詳細

小文字のsigmabotIIIの構成テンプレートは、元のボットであるMiszaBot IMiszaBot II、およびMiszaBot IIIがアクティブでなくなったとしても、 {{ User:MiszaBot / config }}という名前のままです。

スレッドをアーカイブするのに最適な年齢は、トークページのアクティビティによって異なります。記事のトークページをアーカイブする目的は、議論を妨げることではなく、古くなった議論を取り除くことであるべきです。記事のトークページのスレッドは、非常に忙しいトークページを除いて、通常30日以内にアーカイブされるべきではありません。

maxarchivesize/パラメーターmaxarchsize、新しいアーカイブが開始される前に、各アーカイブの拡張を許可するサイズを決定します。この値を通常のトークページよりも大きく保つと、アーカイブをより簡単に閲覧できますが、ページの読み込み時間が長くなります。一部のデバイスでアクセシビリティの問題が発生する可能性があるため、個々のアーカイブは512kBを超えないようにする必要があります。スレッドの大規模なバッチはパラメータを「オーバーシュート」する可能性があるためmaxarch[ive]size、パラメータは常に最大許容アーカイブサイズよりも低く設定する必要があります。

カテゴリ:アーカイブパラメータがサブページではないページ

自動アーカイブ命令の設定方法の制限の1つは、ページの移動によって機能が簡単に機能しなくなることです。いくつかの理由で、ボットは通常、サブページにのみアーカイブします。つまり、アーカイブは、問題のトークページの1つ以上のサブページとして存在する必要があります。

ページの名前が変更(移動)され、ユーザーがボットの指示も更新するのを忘れた場合、これは(ボットの指示が手動で更新されるまで)それ以上のアーカイブが行われないことを意味します。アーカイブが中断されたケースの特定を容易にするために、アーカイブパラメータがサブページではないCategory:Pagesが作成されました。

トークページが適切にアーカイブされていない場合は、このカテゴリを確認することをお勧めします。ページが含まれている場合、これは指定されたアーカイブページが正しくないことを示しています。

テンプレート

アーカイブページの場合

テンプレートは、アーカイブであることを示すテンプレートを各アーカイブページの上部に配置する必要があります。最も単純なそのようなテンプレートは{{トークアーカイブ}}です。ページが連番のアーカイブを使用している場合は、代わりに{{自動アーカイブナビゲーター}}を使用して、前後のアーカイブへのナビゲーションリンクを追加できます()。

ClueBotIIIと小文字のsigmabotIIIは、作成したアーカイブページに{{Talkarchive}}を自動的に配置します。headerこれらは、およびarchiveheaderパラメーターをそれぞれ使用して、他のテンプレートを使用するように構成できます。たとえば(ClueBot IIIの場合)、。 |header={{Automatic archive navigator}}

トークページ用

トークページに配置して、ページのアーカイブを編集者が表示およびアクセスできるようにするためのテンプレートは多数あります。これらは大きく「ボックス」(通常、目次の右側に浮かんでいるように見えます)とバナーに分けることができます。どちらか一方を使用するページもあれば、両方を使用するページもあります。アーカイブ専用のテンプレートは、通常、他のすべてのトークテンプレートの後、適切なディスカッションの前に 最後に配置する必要があります。

リンクボックスをアーカイブする

定期的にアーカイブされるトークページでは、「アーカイブボックス」テンプレートがあると便利です。一般的な使用法は、アーカイブボックスを他のヘッダーテンプレートの下、最初のセクション見出しの前に配置して、ボックスが目次の右側に表示されるようにすることです。ページにすでに手動アーカイブボックスがある場合は、新しいアーカイブページへのリンクを追加します。アーカイブボックスがまだない場合は、設定することをお勧めします。

最も一般的なアーカイブボックステンプレートは{{アーカイブ}}です。かなりの数のオプションがあります。このautoオプションにより、ボックスはアーカイブページリストを自動的に検索します。auto=yesまたはauto=shortリンクが「」として表示されている場合1, 2, 3auto=longリンクが「」として表示されている場合Archive 1, Archive 2, Archive 3アーカイブが標準の命名スキーム(/ Archive#)に準拠していない場合、または日付ラベルが必要な場合は、以下の例2に示すように、最初の名前のないパラメーターに手動リストを入力できます。検索フィールドの表示、ボックスの折りたたみ/展開の許可、ボックスの折りたたみ/展開の開始などのオプションもあります。これらの多くは例4に示され、すべてはTemplate:Archive / docで詳細に説明されています。 。

例1

検索バー付きの自動生成されたアーカイブリストを含むボックスの場合。{{アーカイブ}}は、追加のパラメータなしで使用できます。

例2

手動アーカイブリストと検索バーのあるボックスの場合{{アーカイブ| アーカイブのリスト}}を使用できます。右側のボックスのコードは次のとおりです。
{{Archives|
*[[Help_talk:Archiving_a_talk_page/Archive_1|2003-2006]]
*[[Help_talk:Archiving_a_talk_page/Archive_2|2006-2007]]
*[[Help_talk:Archiving_a_talk_page/Archive_3|2007-2009]]
*[[Help_talk:Archiving_a_talk_page/Archive_4|2008-2014]]
*[[Help_talk:Archiving_a_talk_page/Archive_5|2014-2019]]}}

例3

自動リストと手動リストの両方を備えたボックスの場合{{アーカイブ| アーカイブのリスト}}を使用できます。以下のテンプレートトークの例:古い{{アーカイブボックス}}テンプレートのアーカイブが表示されているアーカイブでは、次のコードを使用しています。 {{Archives|auto=long|'''Archive box archives''':<br>[[Template talk:Archive box/Archive 1|Archive 1]], [[Template talk:Archive box/Archive 1|Archive 1]]}}

例4

このテンプレートは、多くのパラメーターを示しています。それらのほとんどは非常に自明です。
{{archives | auto = short | search = no | root = Help talk:Archiving a talk page | collapsible = yes | collapsed = yes | style = background-color:#FFAAAA; width:140px | title = These are the archives! | image = File:Crystal Clear app file-manager.png | image-size = 60px | bot = Lowercase sigmabot III | age = 1 | units = year }}

年/月のアーカイブ用の自動アーカイブボックス

年/月のアーカイブの自動アーカイブボックスはもう少し複雑です。

最も一般的な方法は、{{月ごとのアーカイブ}}テンプレートを使用して、既存のアーカイブへのリンクを生成することです。1年以内の既存のアーカイブ月ごとにライブリンクを作成します。これは通常、次のようなもので使用されます。

{{アーカイブボックス| search = yes | collapsible = yes |
bot = ClueBot III |年齢= 90 |
title = [[ヘルプ:トークページのアーカイブ|アーカイブ]] <!-
->([[{{#titleparts:{{TALKPAGENAME}} | 1}} /アーカイブインデックス|インデックス]])|
{{Nowrap | '' '2004' '':{{月ごとのアーカイブ| 2004}}}}
{{Nowrap | '' '2005' '':{{月ごとのアーカイブ| 2005}}}}
{{Nowrap | '' '2006' '':{{月ごとのアーカイブ| 2006}}}}
{{Nowrap | '' '2007' '':{{月ごとのアーカイブ| 2007}}}}
{{Nowrap | '' '2008' '':{{月ごとのアーカイブ| 2008}}}}
{{Nowrap | '' '2009' '':{{月ごとのアーカイブ| 2009}}}}
{{Nowrap | '' '2010' '':{{月ごとのアーカイブ| 2010}}}}
{{Nowrap | '' '2011' '':{{月ごとのアーカイブ| 2011}}}}
{{Nowrap | '' '2012' '':{{月ごとのアーカイブ| 2012}}}}
{{Nowrap | '' '2013' '':{{月ごとのアーカイブ| 2013}}}}
{{Nowrap | '' '2014' '':{{月ごとのアーカイブ| 2014}}}}
{{Nowrap | '' '2015' '':{{月ごとのアーカイブ| 2015}}}}
'' '2016' '':{{月ごとのアーカイブ| 2016}}
}}

上記のコードは、右上にアーカイブボックスを生成します。このページのアーカイブファイルがないため、この例にはリンクである月の名前がありません。もちろん、不要な年の行を削除することもできます。

{{月ごとのアーカイブ}}テンプレートのデフォルトでは、アーカイブページ名は、などの形式YourPage/Archives/2013/JuneになっていますYourPage/Archives/2013/July。ただし、{{ごとのアーカイブ}}では、アーカイブにさまざまな命名規則を指定できます。アーカイブには、パラメータを使用して任意のプレフィックスを付けることができarchprefixます(たとえばarchprefix=Archive/、アーカイブの代わりに)s/)。月は次の4つの形式にすることができます。A)デフォルトでは1月、2月、3月などを使用します。B)abbrev3=yes月は、1月、2月、3月などです。C)numbers=yes月は1、2、3、... 12です。D)numbers0=yes月は01、02、03、... 12です。

ClueBot IIIを使用している場合は、アーカイブボックスを作成するための追加オプションがいくつかあります。これらには、archiveboxまたはindexパラメータの使用が含まれます。詳細については、ClueBotIIIのページを参照してください。

アーカイブリンクバナー

アーカイブリンクを右または左に浮かぶボックスに入れる代わりに、{{トークヘッダー}}のようなバナーのリンクを好む人もいます。通常の順次アーカイブに加えて、年次およびアルファベットのアーカイブが自動的に検出されます。|archive_age=デフォルトでは検索ボックスが含まれており、ページがボットによってアーカイブされている場合は、日数 で指定することで自動アーカイブ通知を含めることができます。

{{トークヘッダー}}

アーカイブリンクは、上のバナーの下部に一列に表示されます。実際の例については、Talk:ProximaCentauriを参照してください。

アーカイブの索引付け

アーカイブインデックスを使用すると、特定のトピックに関する古いディスカッションを簡単に見つけることができます。特に、アーカイブが多数あるページや、アーカイブのサイズが大きい場合はそうです。アーカイブインデックスが存在する場合、通常はページに保存されますTalk:YourPage/Archive index手動でインデックスを生成することは可能ですが、/Archive indexページは通常自動的に生成されます。インデックスを自動的に作成するボットには、 LegobotClueBotIIIの2つがあります。

Legobot(以前のHBC Archive Indexerbot)は、一連のアーカイブに基づいてアーカイブインデックスページを作成できます。アーカイブのインデックス作成の設定方法の詳細については、ボットの手順を参照してください。Legobotで生成されたアーカイブインデックスは、最も一般的に利用可能なタイプのインデックスです。Legobotアーカイブを設定するには、Talk:YourPage/Archive indexページを作成し、インデックスページの上にを配置する必要があります。
<!-- Legobot can blank this -->
以下は、アーカイブしているページに配置できる番号付きアーカイブで機能するLegobot構成です。

Legobot構成の例
番号付きアーカイブ アーカイブ/年/月
{{ユーザー:HBCアーカイブインデクサーボット/オプトイン
| target = /アーカイブインデックス
| mask = /アーカイブ<#>
| Leading_zeros = 0
| indexhere = yes
}}
{{ユーザー:HBCアーカイブインデクサーボット/オプトイン
| target = /アーカイブインデックス
| mask = / Archives / <year> / <month>
| indexhere = yes
}}

ClueBot IIIは、アーカイブ時にアーカイブインデックスを自動的に作成します。ClueBot IIIは、作成したアーカイブインデックスをユーザースペースの一意のページに保存します。アーカイブしているページのアーカイブインデックスは、そのページに次のテキストを配置することで、ページにトランスクルージョンできます。Talk:YourPage/Archive index
{{User:ClueBot III/Master Detailed Indices/{{NAMESPACE}}: {{BASEPAGENAME}}}}

アーカイブ検索

複数のアーカイブがある場合は、オプションの検索パラメータプレフィックスを使用して一度にすべてを簡単に検索できます。たとえば、Linuxの記事にセキュリティセクションを追加することについての議論を始めたいとしましょう。トピックを表示する前に、次の検索を実行できますこれにより、 Talk名前空間 にあるLinux記事のすべてのサブページが検索されます。security prefix:Talk:Linux/

テンプレート{{アーカイブ}}、{{アーカイブボックス}}、および{{トークヘッダー}}には、検索を自動化するためのトークページ上の便利な検索ボックスを提供するパラメータがあります。{{アーカイブの検索search=yesなどの独立した検索テンプレートも同様です。}}。ページをアーカイブするときは、過去のディスカッションへのアクセスを簡素化するために、そのようなテンプレートを残りのトークページに配置することをお勧めします。

継続的な議論

スレッドが現在の作業に関連している場合や終了していない場合など、スレッドが時期尚早にアーカイブされている場合は、アーカイブからトークページにコピーして戻し、アーカイブから削除して、アーカイブを解除します。効果的に閉じられたスレッドをアーカイブ解除しないでください。代わりに、新しいディスカッションを開始し、アーカイブされた以前のディスカッションにリンクします。

サンプルページ

ウィキペディアの実際のディスカッションページを次に示します。ここでは、コードを調べて、アーカイブページがどのように作成されたかを確認できます。

  • トーク:念力には、検索フィールドを備えたシンプルなアーカイブボックスがあります。
  • トーク:イエスには、番号付きのアーカイブとトピックのアーカイブが混在しています。また、最近アーカイブされたディスカッションの要約も含まれています。
  • トーク:メインページには多くの番号付きアーカイブがあります。アーカイブは別のサブページに一覧表示され、トランスクルージョンされます。

も参照してください