住民

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
Cornelius Krieghoff 1852)による住民
冬のドレスを着た住人、FAホプキンス(1858)

住民(フランス語:  [abitɑ̃]は、フランス人入植者であり、現在のカナダのケベック州であるセントローレンス川湾岸の2つの海岸に沿って土地を耕作したフランス出身の住民でした。この用語は、17世紀から20世紀初頭にかけて、より近代的な農業従事者(農民)または生産者のアグリコール(農業生産者)を支持してこの単語の使用が減少するまで、住民自身およびフランス系カナダ人社会の他のクラスによって使用されました。

ヌーベルフランスの住民は、土地の状態によって主に定義され、一定期間内に開墾されない限り、土地は没収される可能性があると述べました。[1]この状態は、土地がセニョールによって売られることを妨げ、代わりに、その土地が農民の農民、住民にサブグラントされることにつながりました。[1]居住者が多くの権利証書を与えられたとき、彼はさまざまな年会費と制限を受け入れることに同意しなければなりませんでした。家賃はこれらの中で最も重要であり、お金、農産物、または労働で設定することができます。この家賃が設定されると、インフレや時間の関係で変更することはできませんでした。[2]居住者は、彼が望むように彼の土地を開発することは本質的に自由であり、彼の支配者に対するわずかな義務しかありませんでした。

同様に、セニョールは彼の住人に対して多くの責任を負いませんでした。セニョールはテナントのために製粉所を建設する義務があり、そこで彼らはそこで穀物を挽いて、14個ごとに1袋の小麦粉をセニョールに提供する必要がありました。住民による強制労働の日数であり、漁業、木材、一般的な牧草地に対する権利を主張する可能性があります。[3]

フランス統治の終わりにセニョールの要求はより重要になりましたが、彼らは住民だけに課せられた家賃と料金から十分な資源を得ることができず、真に裕福になることも、彼らのテナントを貧困に置くこともできませんでした。[4]住民は自由な個人でした。セニョールは単に「その領土内での生産活動に対する特定の限定された権利の束」を所有していました。セニョールと居住者の関係は、両方の当事者が所有権の属性をそれらの間で分割した土地の所有者であった関係でした。[5]

経済と税金

ほとんどの住民は、市場で販売するために作物を栽培するのではなく、食料や衣類に対する自分の家庭のニーズを満たす作物を栽培しました。ケベックに存在した市場が小さかったため、荘園の農民はこの自給農業のアプローチを採用しました。ヌーベルフランスには、そしてケベックの初期の歴史においてさえ、常に非常に多くの農民がいました。1851年には、ケベックの住民の約70%が農民であったと推定されています。米国東部では、これらの数値は大幅に異なっていました。最も初期の国勢調査です。このトピックに関するデータは、1870年にマサチューセッツ州の住民の13%とニューヨーク州の住民の25%だけが農民であったことを示しています。現時点では、農業部門は依然としてケベックの労働人口の半分以上を占めています。これらの対照的な数字は、ケベックの農民が平均的なニューヨークの農民が利用できる市場の3分の1の大きさの国内市場にサービスを提供したことを意味しました。[6]ヌーベルフランスのこの小さな市場は、住民がほとんど余剰富を持っていなかったことを意味しました。余剰収入がないにもかかわらず、住民は依然として、セニョールから受け取った土地に対してさまざまな年会費を支払わなければなりませんでした。

セニョールから土地の無料区画を受け取ることに伴う特定の責任または「義務」がありました。第一に、住民は土地で耕作し、生活することが期待されていました。1年以内に土地が耕作されなかった場合、セニョールは「集会の自由」を持っていました。これは、所有権を意味します。第二に、住民がセニョールに支払わなければならなかったいくつかの会費がありました。1つは、2〜6ソルの範囲の「cens」でした。それはかなりわずかな金額だったので、この請求はほとんど象徴的でした。家賃は通常、「アルパン」ごとに年率20ゾルに設定されていました。「土地の、そしてかなりの費用は通常、村の共有フィールドでの家畜の放牧、木材の収穫などの料金に向けて、住民によってセニョールに毎年支払われます。セニョールはまた、住民が土地を売却した場合、「lodsetventes」を受け取りました。これは販売価格の12分の1に相当します。住民のもう1つの義務は、セニョール工場で小麦を挽き、小麦の地面の14分の1の料金を支払うことでした。さらに、一部の住民は、「コルベ」と呼ばれる、播種、収穫、または干し草の季節に1〜4日間の義務的な作業を完了する責任がありました[7]住民は、そもそも土地を与えたことでセニョールに返済するというこれらの義務をすべて果たすことが期待されていました。

家族生活

住民はより良い生活を見つけ、より良い農業の機会を得るためにヌーベルフランスに行きました。彼らはまた、彼らが最終的に彼らの子供たちに引き継ぐであろうより大きな土地所有権を持つことができるように、ヌーベルフランスに引っ越しました。

女性の場合、成人期のほとんどは妻であり、子育てに費やされていました。結婚はヌーベルフランスの女性にとって不可欠であり、未亡人はしばしば再婚しました。男性の人口が非常に多いため、女性はしばしばパートナーを選ぶことができ、親の取りジブ結婚はめったにありませんでした。[8]一部の女性は、人口を増やすためにフランス国王から支払われました。彼らはFillesduRoiと呼ばれていました。

教会は住民の生活において重要な役割を果たしました。植民地でのすべての出生、結婚、死を記録したのは小教区でした。住民生活におけるこれらの重要な出来事は、宗教的伝統と見なされ、儀式によって特徴づけられました。[9]それにもかかわらず、小教区はかなりの人口のある地域でのみ開発されました。住民は地元の教会と礼拝堂を提供しましたこれらは一般的に集会の場や公民館として使用され、非常食店は教会の屋根裏部屋に保管されることがよくありました。[10]住民はまた、日曜日のミサを礼拝の時間としてだけでなく、共同の集まりや社交の時間としても見ていました。[要出典]

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b Coleman 1937、p。134
  2. ^ グリア1997、p。37
  3. ^ グリア1997、p。38
  4. ^ グリア1997、p。39
  5. ^ グリア1997、p。40
  6. ^ マッカラム1980、p。38
  7. ^ 「住人:国勢調査官の義務」カナダ文明博物館2012年2月25日取得
  8. ^ グリア1997、p。64
  9. ^ グリア1997、p。11
  10. ^ グリア1997、p。35
ソース

外部リンク