ギニア

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標11°N10 °W / 11°N 10°W / 11; -10

ギニア共和国
RépubliquedeGuinée   フランス語
モットー:   勤労、正義、連帯」フランス語
「勤労、正義、連帯」
国歌: リベルテ  フランス語
自由
Guinea in dark green
ダークグリーンのギニー
Location of Guinea (dark blue) – in Africa (light blue & dark grey) – in the African Union (light blue)
ギニアの場所(紺色)

アフリカ (水色と濃い灰色)
アフリカ連合 (水色)

資本
そして最大の都市
コナクリ9°31'N13 °42'W
 / 9.517°N 13.700°W / 9.517; -13.700
公用語フランス語

民族グループ
[1]
住民の呼称ギニア
政府 軍事政権下の単一臨時政府[2]
ママディ・ドゥンボウヤ
立法府国民議会
独立 
1891年以来フランス領ギニアの植民地でした
•フランスから
1958年10月2日
•共和国
1958年10月2日
•現在の憲法
1958年10月2日
•第2共和国記念日
1984年4月3日
2021年9月5日
領域
• 合計
245,857 km 2(94,926平方マイル)(77番目
• 水 (%)
無視できる
人口
•2018年の見積もり
12,414,293 [3] [4]77
•2014年の国勢調査
11,523,261 [5]
• 密度
40.9 / km 2(105.9 / sq mi)(164番目
GDP  PPP2020年の見積もり
• 合計
26.451億ドル[6]
• 一人あたり
2,390ドル[6]
GDP  (名目)2020年の見積もり
• 合計
91億8300万ドル[6]
• 一人あたり
818ドル[6]
ジニ (2012)33.7 [7]
HDI  (2019)Increase 0.477 [8]
 ・ 178位
通貨ギニアフランGNF
タイムゾーンUTC GMT
運転側
市外局番+224
ISO3166コードおやすみなさい
インターネットTLD。おやすみなさい
前任者
フランス領ギニア

ギニアは/ ɡ ɪ N I / 聞くAbout this sound)、正式にギニア共和国(フランス語:レピュブリックデGuinéeは)、沿岸国である西アフリカ。ギニアは国境を接し、大西洋を西に、ギニアビサウ北西へ、セネガル北部へ、マリ北東にコートジボアールの南東にあり、シエラレオネリベリア南へ。以前はフランス領ギニアとして知られていました(フランス語:Guinéefrançaise)、現代の国はギニアビサウ赤道ギニアなど名を冠した地域の他の地域と区別するために、首都コナクリちなんでギニアコナクリと呼ばれることもあります。[9] [10] [11] [12]ギニアの人口は1240万人、面積は245,857平方キロメートル(94,926平方マイル)です。[13]

ギニアは1958年にフランスからの独立を達成しました。[14]それは軍事クーデターの長い歴史があります。[15] [16] [17] 2010年、数十年にわたる権威主義的支配の後、ギニアは最初の民主的 選挙を実施した[17] [18] [19]ギニアは引き続き複数政党制の選挙を実施したが、民族紛争、広範な汚職、軍および警察による虐待に直面し続けた。[19] [20] ギニアの人権は依然として物議を醸している問題です。 2011年、米国政府は、治安部隊による拷問と女性と子どもの虐待(女性性器切除を含む)を主張した。)進行中の人権問題でした。[21] 2021年、軍の派閥がアルファ・コンデ大統領を倒し、憲法を一時停止した。[15] [16] [17]

ギニアは主にイスラム国であり、イスラム教徒が人口の85パーセントを占めています。[9] [22] [23]ギニアの人々は24の民族グループに属しています。 :国は4つの地域に分けられ海事ギニア、低地大西洋岸にフータ・ジャロンや中東ニューギニア高地、アッパーギニア北東部のサバンナ地域、およびフォレスGuinée熱帯林の地域。ギニアの公用語であるフランス語は、学校、政府行政、メディアの主要なコミュニケーション言語ですが、24以上の先住民言語も話されています。最大のものは断然ですスースープラーマニンカはそれぞれ海事ギニア、フータジャロン、上部ギニアで優勢ですが、ギニアの森林ギニアは民族言語的に多様です。

ギニアの経済は、農業と鉱物生産に大きく依存しています。[24]ボーキサイトの世界第2位の生産国であり、ダイヤモンドと金の豊富な鉱床があります。[25]この国は2014年のエボラ出血熱の発生の中核でした

名前

ギニアはギニア地域にちなんで名付けられましたギニアは、ギニア沿いにあるアフリカ地域の伝統的な名前ですそれは森林に覆われた熱帯地域通って北に伸びサヘルで終わります。英語の用語のギニアから直接来るポルトガルGuinéが生息地を参照するために15世紀半ばに登場し、Guineus、南の黒いアフリカの人々の総称セネガル川「黄褐色のとは対照的に、 「その上のゼナガベルベル人、彼らはアゼネグまたはムーア人と呼ん

歴史

現在ギニアになっている土地は、1890年代にフランスが植民地化し、フランス領西アフリカの一部になるまで、一連のアフリカ帝国に属していましたギニアは、独立から10月まで、1958年2上のフランスからの独立を宣言した大統領選挙2010年、ギニアは数に支配された独裁的支配者。[26] [27] [28]

ギニアの西アフリカの帝国と王国

現在のギニアは、西アフリカの主要な帝国の周辺にありました。最も初期のガーナ帝国は貿易で成長しましたが、アルモラヴィッドの繰り返しの侵入の後に最終的には崩壊しました。イスラム教が北アフリカの商人を経由してこの地域に最初に到着したのはこの時期でした。

Sosso帝国(13世紀への12日は)簡単には、結果の空隙に栄えたが、マリ帝国は時に目立つようになったSoundiata慶太がSosso定規敗北SoumangourouKantéKirinaの戦いをCに、。 1235ザ・マリ帝国を支配されたことにより、マンサ(皇帝)、最も注目すべきビーイングKankouムーサ有名になった、メッカ巡礼1324にメッカへはまもなく彼の治世の後、マリ帝国は衰退し始め、最終的には取って代わられた家臣の中の状態15世紀。

これらの中で最も成功したのはソンガイ帝国であり、1460年頃からその権力を拡大し、最終的には領土と富の両方でマリ帝国を上回りました。1582年アスキア・ダーウド死去した後、内戦が相次ぐまで繁栄し続けました。弱体化した帝国は、わずか3年後のトンディビ戦いでモロッコからの侵略者に転落しましたしかし、モロッコ人は王国を効果的に支配することができないことが判明し、それは多くの小さな王国に分裂しました。

サモリ・トゥーレは、1882年から1898年にトゥーレが占領されるまで西アフリカでのフランス植民地支配に抵抗した現在のギニアのイスラム国家であるサモリ帝国の創設者でした

西アフリカの主要な帝国が崩壊した後、現在のギニアにはさまざまな王国が存在していました。フラニ族のイスラム教徒は中央ギニアのフータジャロン移住し、1727年から1896年にかけて、憲法と代替の統治者とともにイスラム国家を樹立しました。WassoulouまたはWassulu帝国は短命(1878年から1898年)、率いるだったサモリ・トゥーレ、主にMalinké今、上ギニアと南西部であるものの面積マリ(Wassoulou)。フランス軍に征服される前コートジボワールに移動しました。

植民地時代

ヨーロッパの貿易商は17世紀以降、岬の貿易をめぐって競争し、それ以前に侵入しました。[29] [30]奴隷は他の場所で働くために輸出された。トレーダーは地域の奴隷制を利用しました。

ギニアの植民地時代は、19世紀半ばにフランス軍がこの地域に侵入したことから始まりました。フランスの支配は、1898年にサモリ・トゥーレの軍隊ヴァスル州のマンサ(または皇帝)、そしてマリンケ家系の指導者が敗北したことで保証されました

フランスは、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、ギニアの現在の境界について、英国のシエラレオネ、ポルトガルのギニア植民地(現在のギニアビサウ)、リベリア交渉しましたフランスの下で、国ダカールに住む総督によって管理されたフランス領西アフリカにギニア領土を形成しました副知事はギニアを含む個々の植民地を管理しました。

独立(1958)

アーメド・セク・トゥーレ大統領は共産主義国の支援を受け、1961年にユーゴスラビアを訪問しまし

1958年、フランス第四共和政は、政情不安と植民地、特にインドシナアルジェリアへの対応の失敗により崩壊しまし。第五共和政の創設はフランス国民によって支持され、フランスのシャルル・ド・ゴール大統領は1958年8月8日、フランスの植民地は新しいフランス共同体におけるより多くの自治か、レファレンダムにおける即時の独立かという厳しい選択を与えられるべきであると明言しました。1958年9月28日に開催される予定です。他の植民地は前者を選びましたが、ギニアは、そのアハメド・セコウ・トゥーレの指導の下ギニア民主党-アフリカ民主党集会(PDG)は、1957年の領土選挙で60議席のうち56議席を獲得し、圧倒的に独立に投票しました。フランス人はすぐに撤退し、1958年10月2日、ギニアはセク・トゥーレを大統領として、主権と独立した共和国を宣言しました。

独立への投票に応えて、ギニアのフランス人入植者はギニアとの関係を断ち切るのに非常に劇的でした。ワシントンポスト紙は、フランス人がギニアへの貢献であると考えていたものをすべて取り壊すのがいかに残酷であるかを観察しました。彼らは、ギニア人に任せるのではなく、電球のネジを外し、首都コナクリで下水パイプラインの計画を削除し、さらには薬を燃やした。」[31]

ポストコロニアルルール(1958–2008)

その後、ギニアはすぐにソビエト連邦連携し、社会主義政策を採用しました。しかし、ギニアが中国の社会主義モデルに移行したため、この同盟は短命でした。それにもかかわらず、国は米国などの資本主義からの投資を受け続けました。 1960年までに、トゥーレはPDGを国内で唯一の合法政党と宣言し、次の24年間、政府とPDGは1つでした。トゥーレは、大統領としての7年間の任期4回に反対することなく再選され、5年ごとに、有権者に国会のPDG候補者の単一リストが提示されました。国内でのハイブリッドアフリカ社会主義パンアフリカ主義の提唱 海外では、トゥーレはすぐに二極化するリーダーになり、彼の政府は異議を唱えず、数千人を投獄し、マスコミを窒息させました。

1960年代を通じて、ギニア政府は土地を国有化し、フランスが任命した伝統的な首長を権力から排除し、フランス政府およびフランス企業との関係を緊張させてきました。トゥーレ政権は、インフラの援助と開発をソビエト連邦と中国に依存していましたが、その多くは、政治集会を開​​催するための大規模なスタジアムの建設など、経済目的ではなく政治目的で使用されていました。その間、国の道路、鉄道および他のインフラストラクチャーは衰退し、経済は停滞しました。

ポルトガルの襲撃に対する1970年の軍事的勝利を記念する記念碑。ポルトガルの襲撃によって達成されなかった主な目的は、アーメド・セク・トゥーレの捕獲でした

1970年11月22日、隣接するポルトガル領ギニアのポルトガル軍が緑海作戦を上演しました。これは、数百人の追放されたギニアの反対勢力によるコナクリへの襲撃です。彼らの目標の中で、ポルトガル軍は、ギニアの基地からポルトガル領ギニア内で攻撃を行った独立運動および反政府勢力グループであるPAIGCの支援により、セク・トゥーレを殺害または捕獲したいと考えていました。[32]激しい戦闘の後、ポルトガルの支援を受けた軍隊は撤退し、コナクリのPAIGCによって拘束されていた数十人のポルトガル人捕虜を解放しましたが、トゥーレを追放することはありませんでした。襲撃後の数年間で、トゥーレ政府によって大規模な粛清が行われ、少なくとも5万人(ギニアの全人口の1パーセント)が殺されました。数え切れないほどの人々が投獄され、拷問に直面しました。多くの場合、外国人の場合、ギニア人の配偶者を逮捕し、子供たちを国の監護権に置いた後、彼らは国を離れることを余儀なくされました。

1977年、経済の衰退、大量殺戮、息苦しい政治的雰囲気、すべての民間経済取引の禁止により、コナクリのマディーナ市場で働く女性が始めた一連の反政府暴動である市場女性の反乱が起こりました。これにより、トゥーレは大きな改革を行うようになりました。トゥーレはソビエト連邦の支援から米国の支援へと動揺した。 1970年代後半から1980年代初頭にかけて、いくつかの経済改革が見られましたが、トゥーレによる州の集中管理は維持されました。フランスとの関係さえ改善しました。ヴァレリージスカードデスタンがフランス大統領に選出された後、貿易は増加し、両国は外交訪問を交換しました。

セク・トゥーレは、米国での心臓手術の後、1984年3月26日に亡くなり、新しい選挙が行われるまで暫定大統領を務めるルイス・ランサナ・ベアボギ首相に代わりましたPDGは、1984年4月3日に新しいリーダーを選出する予定でした。憲法の下では、その人物が大統領の唯一の候補者でした。しかし、その会議の数時間前に、ランサナ・コンテ大佐ディアラ・トラオレは無血のクーデターで権力を掌握しました。コンテが大統領に就任し、12月までトラオレが首相を務めた。

1979年、ワシントンDCのホワイトハウスの外でアハメド・セク・トゥーレを迎えるジミー・カーター米国大統領

コンテはすぐに前政権の人権に関する記録を非難し、250人の政治犯を釈放し、さらに約20万人が亡命から戻ることを奨励した。彼はまた、社会主義からの転換を明確にした。これは貧困を緩和するのにほとんど効果がなく、国は民主主義に向かって動く兆候をすぐには示しませんでした。

1992年、コンテは文民統治への復帰を発表し、1993年に大統領選挙が行われ、1995年に議会選挙が行われました(彼の党である統一進歩党は114議席中71議席を獲得しました)。民主主義、コンテの権力に対する握りは堅固なままでした。 2001年9月、野党党首のアルファコンデは、8か月後に赦免されたものの、国家の安全を危険にさらしたとして投獄されました。その後、彼はフランスで亡命期間を過ごしました。

2001年、コンテは大統領任期を延長するための国民投票を組織して勝利し、2003年には、野党によって選挙がボイコットされた後、彼は3期目を開始しました。 2005年1月、コンテは暗殺未遂の疑いを乗り越え、コナクリの首都で珍しい公の場に姿を現しました。彼の反対派は彼が「疲れた独裁者」であると主張し[33]、その出発は避けられなかったが、彼の支持者は彼が反体制派との戦いに勝っていると信じていた。ギニアは依然として非常に現実的な問題に直面しており、外交政策よれば失敗国家になる危険がありました[34]

2000年、反政府勢力がリベリアシエラレオネの国境を越えたため、ギニアは西アフリカの他の地域を長い間荒廃させてきた不安定さに巻き込まれましたしばらくの間、国は内戦に向かっていたようでした。[35]コンテは、ギニアの天然資源を切望したことで近隣の指導者を非難したが、これらの主張は激しく否定された。[36] 2003年、ギニアは反政府勢力と戦うために隣人と計画することに合意した。2007年には、政府に対する大規模な抗議があり、その結果、新しい首相が任命された。[37]

最近の歴史

コンテは2008年12月23日に死ぬまで権力を維持した。[38]彼の死から数時間後、ムサ・ダディス・カマラクーデター支配権を握り軍事政権の長であると宣言した[39]クーデターに対する抗議は激しくなり、2009年9月28日、カマラの大統領への試みに抗議するために集まった人々を攻撃するように軍事政権が兵士に命じたとき、157人が殺された。[40]兵士たちはレイプ、肉刑、殺人の大暴れを続け、それにより多くの外国政府は新しい政権への支持を撤回した。[41]

2009年12月3日、9月の暴動をめぐる論争の最中に補佐官がカマラを射殺した。カマラは医療のためにモロッコに行きました。[41] [42]副大統領(および国防相)のセクバ・コナテ、カマラの不在下でレバノンから国を運営するために戻ってきた[43] 2010年1月13日と14日ワガドゥグー会合した後ブルキナファソ大統領のカマラ、コナテ、ブレーズコンパオレは6か月以内にギニアを文民支配に戻すことを約束する12の原則の正式な声明を発表した。[44]

大統領選挙は6月27日に行われ[45] [46]、不正選挙の疑いで2回目の選挙が11月7日に行われた。[47]投票率は高く、選挙は比較的スムーズに進んだ。[48] 野党のギニア人民連合(RGP)のリーダーであるアルファ・コンデが選挙に勝利し、治安部門の改革と鉱業契約の見直しを約束した。[49]

2013年2月下旬、抗議者が2013年5月の選挙の透明性について懸念を表明するために街頭に出た後、ギニア政治的暴力が勃発しました。デモは、選挙の準備における透明性の欠如に抗議して、選挙プロセスから辞任するという野党連合の決定によって促進された。[50]抗議行動中に9人が死亡し、約220人が負傷した。死傷者の多くは、抗議者に実弾を使用した治安部隊によって引き起こされました。[51] [52]

政治的暴力はまた、フラニ族コンデ大統領の支持の拠点であるマリンケ族との間の民族間の衝突を引き起こした前者は主に反対派を支持した。[53]

2013年3月26日、野党は5月12日の選挙で、政府との交渉を取りやめました。野党は、政府は彼らを尊重しておらず、彼らが同意した約束を守っていないと述べた。[54]

2014年3月25日、世界保健機関は、ギニアの保健省がギニアでのエボラウイルス病の発生報告しと発表しまし。この最初の発生は、59人の死亡を含む合計86件の症例でした。 5月28日までに、281例が発生し、186人が死亡した。[55]最初の症例は、メリアンドゥーの村に住んでいた2歳の少年エミール・ウアモウノであったと考えられている。彼は2013年12月2日に病気になり、12月6日に亡くなりました。[56] [57] 2014年9月18日、エボラ教育医療チームの8人のメンバーヴォメの町の村人によって殺害された[58]2015年11月1日の時点で、ギニアでは3,810人の症例と2,536人の死亡がありました。[59]

2019-2020ギニア抗議は最初の憲法変更に対して2019年10月14日に勃発したアルファ・コンデの支配に対するギニア流血抗議と質量市民の不安のシリーズでした。800人以上が激しい衝突で殺されました。[60]

2020年のギニア大統領選挙、アルファ・コンデの3期目の選挙は、彼を詐欺で非難した野党によって異議を唱えられました。コンデは、2020年3月からの憲法上の国民投票により、2期の制限にもかかわらず彼が走ることができたと主張した[61]

2021年のクーデター

2021年9月5日、明らかなクーデターで、ママディドゥンボウヤ中佐が国営テレビの支配権を掌握し、アルファコンデ大統領の政府が解散し、国境が閉鎖されたと宣言しました。大統領官邸の近く。[62]同じ夜までに、プットシストはすべてのコナクリと国の軍隊に対する支配を宣言し、ギニア・マティンによれば、軍は9月6日までに州政権を完全に支配し、市民政権をその軍の対応者に置き換え始めた。[63] [64]

国連欧州連合アフリカ連合、およびECOWAS(ギニアのメンバーシップを一時停止)、すぐにクーデターを非難し、社長コンデの無条件釈放を求めました。同様の反応は、近隣諸国や西側諸国(米国を含む)、[65] [66] [67]、そして中国(コンデ大統領とのつながりによって促進され、アルミニウム鉱石の半分をギニアに依存している)からも寄せられた[67]

政府と政治

ギニアの元大統領、アルファ・コンデ

ギニアは共和国です。大統領は国民によって直接選出され、国家元首および政府長です。一院制の国会は国の立法機関であり、そのメンバーは国民によって直接選出されます。司法部門は、国内で最高かつ最終的な控訴裁判所であるギニア最高裁判所が率いる[68]

ギニアはを含む多くの国際機関のメンバーであるアフリカ連合フランス語圏コミュニティのための庁アフリカ開発銀行西アフリカ諸国経済共同体世界銀行イスラム開発銀行IMF、国連。

政治文化

アルファコンデ前大統領は、ギニアで2番目に大きな民族グループであるマリンケから支持を得ました[69]ギニアの反対は、人口の約33.4パーセントを占めるフラニ[70]によって支持された[71]

行政機関

ギニア大統領は通常、5年間の一般投票によって選出されます。勝利した候補者は、大統領に選出されるために投じられた投票の過半数を受け取らなければなりません。大統領は、彼によって任命された25人の文民大臣の評議会支援を受けてギニアを統治します。政府は、8つの地域、33の都道府県、100を超える支庁、および多くの地区(コナクリやその他の大都市や村ではコミューン、または内部の四分の一として知られています)を通じて国を管理しています。地区レベルの指導者が選出されます。大統領は、高度に中央集権化された行政の他のすべてのレベルに職員を任命します。

立法府

ギニアの国会、国の立法機関は、それは12月の軍事クーデター後に溶解したとき、2008年から2013年には満たしていませんでした。選挙は2007年以来何度も延期されてきました。2012年4月、コンデ大統領は選挙が「透明で民主的」であることを保証する必要性を理由に無期限に延期されました。[72]

2013ギニア立法選挙が9月24日、2013年に開催された[73]大統領のアルファ・コンデのパーティー、ギニアの人々のラリー(RPG)は、獲得した複数の座席のギニアの国会の114議席のうち53で、 。野党は合計53議席を獲得し、野党指導者は公式結果を不正であると非難した。

外交

2021年のクーデター以前

国際機関

ギニアは、国連総会、アフリカ連合、および西アフリカ地域の経済および政治ブロックであるECOWASのメンバーです

アメリカ合衆国
2017年9月28日にロシアのウラジーミルプチン大統領とアルファコンデ大統領

According to a February 2009 U.S. Department of State statement, Guinea's foreign relations, including those with its West African neighbours, had improved steadily since 1985.[74] The Department's October 2018 statement indicated that -- although "the U.S. condemned" Guinea's "2008 military coup d’etat," -- the U.S. had "close relations" with Guinea before the coup, and after "Guinea’s presidential elections in 2010, the United States re-established strong diplomatic relations with the government." The statement indicated support for the "legislative elections in 2013 and a second presidential election in 2015," as signs of "democratic reform."[75]

しかし、米国国務省による2021年3月の報告は、ギニアの政府、治安部隊、および企業による広範な人権侵害を爆破しました。報告書は、最近の全国選挙に対する広範な国際的批判を引用し、「アルファ・コンデ大統領の再選(論争の的となった結果にもかかわらず)...憲法を改正し、彼が第3期に立候補することを許可した論争の的となった3月の国民投票に続いて」をもたらした。[76]

2021年のクーデター後

国際機関

国連は速やかにクーデターを非難し、ギニアの最強の同盟国のいくつかはまた、クーデターを非難しました。アフリカ連合と西アフリカの地域圏(ECOWAS)、両方の絶滅危惧制裁-一部のアナリストは、ギニアが西アフリカ通貨同盟のメンバーではない、と内陸国ではないので、脅威は限られた効果があると期待していても。[77]

ECOWASはギニアのメンバーシップを即座に停止し、状況の「憲法上の」解決を試みるためにコナクリに使節を派遣する一方で、コンデ大統領の無条件の釈放を要求した。[65] [66]

中国

他国の内政に特徴のない反応を示した中国(アルミニウム鉱石の半分をギニアに依存し、追放されたコンデ大統領とのつながりによって促進された)は、クーデターに公然と反対した。[67]

アメリカ合衆国

2021年9月5日のクーデターの直後、米国国務省はクーデターを非難し、「暴力と憲法外の措置はギニアの平和、安定、繁栄の見通しを損なうだけであり、米国とギニアの他の国際的パートナーが国を支援する...」コンデ大統領の政権復帰を明確に求めていないが、米国は「懸念に持続的かつ透明に対処し、平和的かつ民主的な前進を可能にするための国家対話」を求めた。ギニア...」[78] [77]

ミリタリー

ギニアの軍隊は、陸軍、海軍、空軍、準軍組織の国家憲兵隊、共和国防衛隊の5つの支部に分かれており、その首長は、国防大臣に従属する統合参謀本部議長に直属しています。さらに、政権の治安部隊には、国家警察(SûretéNationale)が含まれます。内部のセキュリティを担当する憲兵隊は、数千の強さを持っています。

約15,000人の要員を擁する軍隊は、軍隊の中で群を抜いて最大の支部であり、主に国境の保護、管理地域の安全保障、ギニアの国益の擁護に責任を負っています。

空軍要員は合計約700人です。その装備には、ロシアが提供するいくつかの戦闘機と輸送機が含まれています。

海軍には約900人の要員がおり、いくつかの小型巡視艇とはしけを運用しています。

人権

ギニアでは同性愛は違法です[79]同性関係は強いタブーと見なされており、首相は2010年に、性的指向を正当な人権とは見なしていないと宣言した。[21]

チューレーン大学の准教授であるアナスタシア・ゲージとゲント大学の准教授であるロナン・ファン・ロッセムによると、ギニアは女性の割礼率が世界で最も高い国の1つです[80]ギニアでの女性の割礼は、2009年の時点で98%以上の女性に行われていた[81]ギニアでは、ほとんどすべての文化、宗教、民族が女性の割礼を行っています。[81] 2005年の人口統計および健康調査は、女性の96%が手術を受けたと報告した。その開業医の起訴は存在しません。[21]

都道府県

ギニア共和国は、赤道の北約10度にある西アフリカの245,857平方キロメートル(94,926平方マイル)をカバーしています。ギニアは、人間、地理、気候の特徴が異なる4つの自然地域に分かれています。

  • 沿岸ギニアLaGuinéeMaritime)は国の18%をカバーしています。
  • 中部ギニアLaMoyenne-Guinée)は国の20%をカバーしています。
  • 上部ギニアLaHaute-Guinée)は国の38%をカバーしています。
  • 森林ギニアGuinéeフォレス)は、国の23%をカバーし、森林や山岳地帯でもあります。
ギニア中央部のフータジャロン高原

ギニアは8つの行政区域に分かれており、33の都道府県に細分されています。コナクリはギニアの首都であり、最大の都市であり、経済の中心地です。ンゼレコレに位置して、フォレスGuinée南部のギニア領域は、第二の都市です。

人口10万人を超える国内の他の主要都市には、カンカンキンディアラベゲケドゥボケマモウキシドゥグがあります。

  • 人口1,667,864人の首都コナクリは経済特区にランクされています。
領域 資本 人口
(2014年国勢調査)
コナクリ地域 コナクリ 1,667,864
ヌゼレコーレ地方 ヌゼレコーレ 1,663,582
キンディア地域 キンディア 1,986,329
ボケ地方 ボケ 1,559,185
ラベ地方 ラベ 1,081,445
マムー地域 マモウ 995,717
カンカン地域 カンカン 742,733
ファラナ地域 ファラナ 632,117

地理

Guinea shares a border with Guinea-Bissau to the north-west, Senegal to the north, Mali to the north-east, Ivory Coast to the east, Sierra Leone to the south-west and Liberia to the south. The nation forms a crescent as it curves from its southeast region to the north and west, to its northwest border with Guinea-Bissau and southwestern coast on the Atlantic Ocean. The sources of the Niger River, the Gambia River, and the Senegal Riverすべてギニアハイランドにあります。[82] [83] [84]

245,857 km 2(94,926平方マイル)のギニアは、おおよそイギリスと同じ大きさです。海岸線は320km(200マイル)あり、国境は3,400 km(2,100マイル)あります。それは主に緯度から13°N、経度から15°Wの間にあり、15°の西に小さな領域があります。

ケッペンの気候区分のギニア地図

ギニアは4つの主要な地域に分けられます。海事ギニアは、ローワーギニアまたはバッセコテ低地としても知られ、主にスー民族グループが住んでいます。フラニ族が住む、国の真ん中をほぼ南北に走る、より涼しい山岳地帯のフータジャロン。北東にあるサヘルのオートギニア、マリンケが住んでます。南東部の森林に覆われたジャングル地域には、いくつかの民族グループがあります。ギニアの山々は、ニジェール川、ガンビア川、セネガル川のほか、シエラレオネとコートジボワールの範囲の西側の海に流れる多数の川の源です。

The highest point in Guinea is Mount Nimba at 1,752 m (5,748 ft). Although the Guinean and Ivorian sides of the Nimba Massif are a UNESCO Strict Nature Reserve, the portion of the so-called Guinean Backbone continues into Liberia, where it has been mined for decades; the damage is quite evident in the Nzérékoré Region at 7°32′17″N 8°29′50″W / 7.53806°N 8.49722°W / 7.53806; -8.49722.

ギニアにはギニアの山地林西ギニアの低地林ギニアの森林-サバンナモザイク西スーダンのサバンナギニアのマングローブの5つのエコリージョンがあります[85] 2019年の森林景観保全指数の平均スコアは4.9 / 10で、172か国中114位にランクされています。[86]

野生生物

ギニアの野生生物は、生息地が多種多様であるため、非常に多様です。国の南部は西アフリカ ギニアの森林生物多様性ホットスポット内にあり、北東部は乾燥したサバンナの森が特徴です。残念ながら、大型動物の個体数の減少は、公園や保護区の無人の遠方の部分に制限されています。

分類法

ギニアで見つかった種は次のとおりです。

経済

ギニア東部カンカン州ニアンダンコロニジェール川のマリンケ漁師の女性

農業

ギニア人の大多数は、国の約75%を雇用している農業部門で働いています。米は小川と川の間の氾濫域で栽培されています。しかし、コメの現地生産は国を養うのに十分ではないので、コメはアジアから輸入されています。ギニア農業部門は、コーヒー豆、パイナップル、桃、ネクタリン、マンゴー、オレンジ、バナナ、ジャガイモ、トマト、キュウリ、コショウ、および他の多くの種類の農産物を栽培しています。ギニアは、リンゴとナシの新興地域生産者の1つです。ブドウやザクロのプランテーションはたくさんあり、近年、垂直水耕栽培システムに基づいたイチゴのプランテーションが開発されています。[87]

天然資源

ギニアには、世界で知られているボーキサイト埋蔵量の25%以上を含む、豊富な天然資源があります。ギニアには、ダイヤモンド、金、その他の金属もあります。この国は水力発電の大きな可能性を秘めています。現在、ボーキサイトとアルミナが唯一の主要な輸出品です。その他の産業には、ビール、ジュース、清涼飲料、タバコの加工工場が含まれます。農業は国の労働力の80%を雇用しています。フランスの統治下で、独立当初、ギニアはバナナパイナップル、コーヒー、ピーナッツ、パーム油の主要な輸出国でした。ギニアは、農業および漁業部門で成長する可能性がかなりあります。土壌、水、および気候条件は、大規模な灌漑農業および農業産業に機会を提供します。

マイニング

ギニアの輸出の比例代表、2019年

ギニアは250億トン(メートルトン)以上のボーキサイトを所有しており、おそらく世界の埋蔵量の最大半分を占めています。さらに、ギニアの豊富な鉱物には、40億トンを超える高品位の鉄鉱石、大量のダイヤモンドと金の鉱床、および不確定な量のウランが含まれています。投資と商業活動の可能性はこれらすべての分野に存在しますが、ギニアの不十分に開発されたインフラストラクチャと横行する腐敗は、大規模な投資プロジェクトへの障害を提示し続けています。[88]

Joint venture bauxite mining and alumina operations in north-west Guinea historically provide about 80% of Guinea's Foreign exchange reserves. Bauxite is refined into alumina, which is later smelted into aluminium. The Compagnie des Bauxites de Guinea [fr] (CBG), which exports about 14 million tonnes of high-grade bauxite annually, is the main player in the bauxite industry. CBG is a joint venture, 49% owned by the Guinean government and 51% by an international consortium known as Halco Mining Inc., itself a joint venture controlled by aluminium producer Alcoa (AA), global miner Rio Tinto Group and Dadco Investments.[89] CBGは、2038年まで、ギニア北西部のボーキサイトの埋蔵量と資源に対する独占的権利を持っている。 [90] 2008年、不十分な電気サービスに腹を立てた抗議者は、CBGが使用する線路を封鎖した。ギニアは、国際石油会社との契約に但し書きを含めることが多く、パートナーは近隣のコミュニティのために発電する必要があります。 [91]

The Compagnie des Bauxites de Kindia (CBK), a joint venture between the government of Guinea and RUSAL, produces some 2.5 million tonnes annually, nearly all of which is exported to Russia and Eastern Europe. Dian Dian, a Guinean/Ukrainian joint bauxite venture, has a projected production rate of 1,000,000 t (1,102,311 short tons; 984,207 long tons) per year, but is not expected to begin operation for several years. The Alumina Compagnie de Guinée旧フリギアコンソーシアムを買収した(ACG)は、2004年にアルミナ精製所の原料として約240万トンを生産しました。製油所は約750,000トンのアルミナを輸出しています。Global AluminaとAlcoa-Alcanはどちらも、ギニア政府との間で、年間約400万トンの生産能力を持つ大規模なアルミナ精製所を建設するための条約に署名しました。

ギニアでは、未成年の子供が家族を養うため肉体労働従事しているのを見るのは非常に一般的です。

Simandou鉱山は最大の1つを表し鉄鉱石のギニアで、世界で埋蔵。[92] 2010年3月、英オーストラリア企業のリオティントグループとその筆頭株主である中国アルミニウムコーポレーション(チャイナルコ)は、リオティントの鉄鉱石プロジェクトを開発するための予備合意に署名した。[93] 2017年、英国の不正防止規制当局である重大不正捜査局(SFO)は、ギニアでのリオティントの事業および鉱業慣行に関する公式調査を開始しました。[94]

ダイヤモンドや金も大規模に採掘され、輸出されています。ダイヤモンドの大部分は職人によって採掘されてます。ギニアで最大の金採掘事業は、政府とガーナのアシャンティゴールドフィールズとの合弁事業です。ギニア政府(50%)とオーストラリア、イギリス、スイスのコンソーシアムとの共同ダイヤモンド採掘ベンチャーであるAREDORは、1984年に生産を開始し、90%の宝石品質のダイヤモンドを採掘しました。生産は1993年から1996年まで停止し、カナダのFirst CityMiningがコンソーシアムの国際的な部分を購入しました。SociétéMinièredeDinguiraye(SMD)は、マリ国境近くのレロに大規模な金採掘施設も持っています。

オイル

2006年、ギニアヒューストンのHyperdynamics Corporationと生産共有契約締結、大規模なオフショア地域を探索しました。最近、Dana Petroleum PLC(英国、アバディーンと提携しました。最初の井戸であるSabu-1は、2011年10月に約700メートルの水域で掘削を開始する予定でした。 Sabu-1は、白亜紀後期の含む4方向背斜の見通しを対象としており、合計3,600メートルの深さまで掘削されると予想されていました。[95]

2012年に試掘が完了した後、Sabu-1井戸は商業的に実行可能であるとは見なされませんでした。[96] 2012年11月、ハイパーダイナミクスの子会社であるSCSは、譲歩の40%をTullow Oil売却することで合意し、ギニア沖合地域の所有権を37%Hyperdynamics、40%Tullow Oil、23%DanaPetroleumに引き上げました。[97]ハイパーダイナミクスは、現在の合意の下で、2016年9月まで、次に選択されたサイトであるファタラセノマニアン タービダイトファンの見通しの掘削を開始する必要があります[98] [99]

科学技術

観光

キンディアの「VoiledelaMariée」(花嫁のベール)の滝

その多様な地理のために、ギニアはいくつかの興味深い観光地を提示します。トップアトラクションの中には、主にバッセギニア(下部ギニア)とモイエンヌギニア(中部ギニア)地域にある滝があります。キンディアのカクリマ山の麓にあるスンバ滝、ドゥブレカのボイルドゥラマリエ(花嫁のベール)、ピタ県のココウラ川の高さ約80 m(260フィート)のキンコン滝、カンバダガ滝同じ川で梅雨の時期に100m(330フィート)に達することができます。ダラバのディタンとミティの滝、ラベ地方のフェトレの滝と石の橋は、最も有名な水関連の観光地の1つです。 。

交通インフラ

空気

コナクリ国際空港は国内最大の空港であり、アフリカの他の都市やヨーロッパへのフライトがあります。

国内航空サービスは断続的です。

鉄道

1904年から1910年の間に建設された鉄道は、かつてクルサを経由してコナクリとカンカン結んでいましたが、1995年に運行を停止し[100]、2007年までに完全に解体され、ほとんどのレールが盗まれたり、スクラップとして売却されました。かつては鉄鉱石開発マスタープランの一環として旅客線のリハビリを計画していたが、2010年に着工が発表されたものの、汚職容疑でマスタープラン全体が一時停止された。カリアの鉱山までの古いルートと平行して、105kmの鉱物鉄道として再建されました[101]もありのボーキサイト鉱山のリンク状態、ランミネラル鉄道SangarédiをのポートにKamsar(137 km)と、ロシアのアルミニウム生産者RusAlFria(143 km)の鉱山まで運営している1960年代の狭軌路線

シマンドウブロック1および2で鉄鉱石採掘を再開する計画の一環として、新しい開発コンソーシアムは2019年に、大西洋岸のマタコングへの新しい大型標準軌鉄道の建設に資金を提供することを約束しました。深海港の開発に200億ドル。[102] 650 kmのルートは、2019年10月の実現可能性調査で代替案と見なされた、リベリアブキャナン港に向かう代替案よりもはるかに長い[103]しかしながら、マタコングルートは完全にギニア内にあり、ルート沿いの市民のための農業開発回廊に結びついている。

There is some river traffic on the Niger and Milo rivers.

Road Transport

Most vehicles in Guinea are more than 20 years old, and cabs are any four-door vehicle which the owner has designated as being for hire. Locals, nearly entirely without vehicles of their own, rely upon these taxis (which charge per seat) and small buses to take them around town and across the country. The major roads of Guinea are the following:

  • N1 connects Conakry, Coyah, Kindia, Mamou, Dabola, Kouroussa, and Kankan.
  • N2 connects Mamou, Faranah, Kissidougou, Guékédou, Macenta, Nzérékoré, and Lola.
  • N4 connects Coyah, Forécariah, and, Farmoreya.
  • N5 connects Mamou, Dalaba, Pita, and Labé.
  • N6 connects Kissidougou, Kankan, and Siguiri.
  • N20 connects Kamsar, Kolaboui, and Boké.

Horses and donkeys pull carts, primarily to transport construction materials.

Demography

Population in Guinea[3][4]
Year Million
1950 3.0
2000 8.8
2018 12.4

The population of Guinea is estimated at 12.4 million. Conakry, the capital and largest city, is the hub of Guinea's economy, commerce, education, and culture. In 2014, the total fertility rate (TFR) of Guinea was estimated at 4.93 children born per woman.[104]

Urbanization

 
Largest cities or towns in Guinea
According to the 2014 Census[105]
Rank Name Region Pop.
Conakry
Conakry
Nzérékoré
Nzérékoré
1 Conakry Conakry 1,660,973
2 ヌゼレコーレ ヌゼレコーレ 195,027
3 カンカン カンカン 190,722
4 マネア キンディア 167,354
5 ドゥブレカ キンディア 157,017
6 キンディア キンディア 138,695
7 シギリ カンカン 127,492
8 キシドゥグ ファラナ 99,931
9 ラベ ラベ 92,654
10 カンサー ボケ 83,428

言語

ギニアの女性

ギニアの公用語はフランス語です。フラニ語は2018年に人口の33.9%が第一言語または母国語として話され、続いてマンディンゴが29.4%でした。3番目に話されている母国語はSusuで、2018年に人口の21.2%が第一言語として話しています。キッシ族クペレ族など、ギニアの母国語としてギニアで話されている他の言語は、2018年に人口の16%に達しました[1]

Ethnic groups

The population of Guinea comprises about 24 ethnic groups. The Mandinka, also known as Mandingo or Malinké, comprise 29.4%[106] of the population and are mostly found in eastern Guinea concentrated around the Kankan and Kissidougou prefectures.[13]

The Fulas or Fulani,[70] comprise 33.4%[106] of the population and are mostly found in the Futa Djallon region.

The Soussou, comprising 21.2% of the population, are predominantly in western areas around the capital Conakry, Forécariah, and Kindia. Smaller ethnic groups make up the remaining 16%[106] of the population, including Kpelle, Kissi, Zialo, Toma and others.[13] Approximately 10,000 non-Africans live in Guinea, predominantly Lebanese, French, and other Europeans.[107]

Religion

Guinea religious sects[108]
Religion Percent
Islam
85%
Christianity
8%
Traditional African religion
7%
コナクリグランドモスクはサウジアラビアのファハド王からの資金提供を受けて、アーメドセクトゥーレの下に建てられました

ギニアの人口は約85%がイスラム教徒で8%がキリスト教徒であり、7%が土着宗教を守っています。[108]イスラム教徒とキリスト教徒の両方の人口の多くは、先住民族のアフリカの信念も彼らの見通しに取り入れています。[108]

ギニアのイスラム教徒の大多数はスーフィズムの影響を受けた、法学マリキ派のスンニ派イスラム教固執しています。[109]ギニアにシーア派のコミュニティもあります。

キリスト教のグループには、ローマカトリック英国国教会バプテストセブンスデーアドベンチスト福音派のグループが含まれます。エホバの証人は国内で活動しており、政府によって承認されています。小さなバハイ教のコミュニティがあります。駐在員コミュニティには、少数のヒンズー教徒仏教徒、および伝統的な中国の宗教団体があります。[110]

2013年7月ヌゼレコーレ市で3日間の民族宗教的戦闘があった[69] [111]キリスト教徒またはアニミストであるクペレ族と、イスラム教徒であり、より大きなマリンケ民族グループに近いコニアンケ族との間の戦闘、少なくとも54人が死亡した。[111]死者には、なたで殺され、生きたまま火刑に処された人々が含まれていた。[111]ギニア軍が夜間外出禁止令を課した後、暴力は終わり、コンデ大統領はテレビで冷静さを訴えた。[111]

教育

ギニアコナクリの女子学生

ギニアの識字率は世界で最も低いものの1つです。2010年には、成人の41%のみが識字率が高いと推定されました(男性の52%、女性の30%)。[112] 初等教育は6年間義務教育であるが[113]、ほとんどの子供はそれほど長く出席せず、多くの子供はまったく学校に通っていない。1999年の小学校の出席率は40%でした。子供、特に女の子は、家事や農業で両親を支援するために、または結婚するために学校に通わない[114]。ギニアは世界で最も高い子供の結婚率の1つである[115]

健康

エボラ

In 2014, an outbreak of the Ebola virus occurred in Guinea. In response, the health ministry banned the sale and consumption of bats, thought to be carriers of the disease. Despite this measure, the virus eventually spread from rural areas to Conakry,[116] and by late June 2014 had spread to neighbouring countries - Sierra Leone and Liberia. In early August 2014 Guinea closed its borders to Sierra Leone and Liberia to help contain the spread of the virus, as more new cases of the disease were being reported in those countries than in Guinea.

The outbreak began in early December in a village called Meliandou, southeastern Guinea, not far from the borders with both Liberia and Sierra Leone. The first known case involved a two-year-old child who died, after fever and vomiting and passing black stool, on 6 December. The child's mother died a week later, then a sister and a grandmother, all with symptoms that included fever, vomiting, and diarrhoea. Then, by way of care-giving visits or attendance at funerals, the outbreak spread to other villages.

Unsafe burials remained one of the primary sources of the transmission of the disease. The World Health Organization (WHO) reported that the inability to engage with local communities hindered the ability of health workers to trace the origins and strains of the virus.[117]

WHOは2016年3月29日に国際懸念の公衆衛生緊急事態(PHEIC)を終了しましたが、[118] 3月30日に発表されたエボラ状況報告は過去2週間でさらに5例を確認し、ウイルス配列は1例を11月に関連付けました。 2014年の発生。[119]

エボラ出血熱の流行は、ギニアの他の病気の治療に影響を及ぼしました。感染の恐れと医療制度への不信により、国民の医療訪問は減少し、エボラ出血熱の発生により、日常的な医療とHIV / AIDS治療を提供する制度の能力が低下した。[120]

エボラ出血熱は2021年1月から2月にギニアで再出現した。[121]

母子医療

The 2010 maternal mortality rate per 100,000 births for Guinea is 680. This is compared with 859.9 in 2008 and 964.7 in 1990. The under 5 mortality rate, per 1,000 births is 146 and the neonatal mortality as a percentage of under 5's mortality is 29. In Guinea the number of midwives per 1,000 live births is 1 and the lifetime risk of death for pregnant women is 1 in 26.[122] Guinea has the second highest prevalence of female genital mutilation in the world.[123][124]

HIV/AIDS

An estimated 170,000 adults and children were infected at the end of 2004.[125][126] Surveillance surveys conducted in 2001 and 2002 show higher rates of HIV in urban areas than in rural areas. Prevalence was highest in Conakry (5%) and in the cities of the Forest Guinea region (7%) bordering Côte d'Ivoire, Liberia, and Sierra Leone.[127]

HIV is spread primarily through multiple-partner heterosexual intercourse. Men and women are at nearly equal risk for HIV, with young people aged 15 to 24 most vulnerable. Surveillance figures from 2001 to 2002 show high rates among commercial sex workers (42%), active military personnel (6.6%), truck drivers and bush taxi drivers (7.3%), miners (4.7%), and adults with tuberculosis (8.6%).[127]

Several factors are fueling the HIV/AIDS epidemic in Guinea. They include unprotected sex, multiple sexual partners, illiteracy, endemic poverty, unstable borders, refugee migration, lack of civic responsibility, and scarce medical care and public services.[127]

Malnutrition

Malnutrition is a serious problem for Guinea. A 2012 study reported high chronic malnutrition rates, with levels ranging from 34% to 40% by region, as well as acute malnutrition rates above 10% in Upper Guinea's mining zones. The survey showed that 139,200 children suffer from acute malnutrition, 609,696 from chronic malnutrition and further 1,592,892 suffer from anemia. Degradation of care practices, limited access to medical services, inadequate hygiene practices and a lack of food diversity explain these levels.[128]

Malaria

Malaria is prevalent in Guinea. It is transmitted year-round, with peak transmission from July through October.[129] Malaria is one of the top causes of disability in Guinea.[130]

COVID-19パンデミック

COVID-19の最初の症例は、2020年3月13日にギニアで報告されました[131] 2020年末までに、確認された症例の総数は13,722であった。このうち、13,141人が回復し、500人が活動し、81人が死亡しました。[132]

文化

ギニアディンギラエ県の野菜売り場

スポーツ

サッカーは国の中で最も人気のあるスポーツであるギニア [133]と一緒にバスケットボール[134]

Football operations are run by the Guinean Football Federation.[135] The association administers the national football team, as well as the national league.[133] It was founded in 1960 and affiliated with FIFA since 1962[136] and with the Confederation of African Football since 1963.[137]

The Guinea national football team, nicknamed Syli nationale (National Elephants), have played international football since 1962.[133] Their first opponent was East Germany.[133] They have yet to reach World Cup finals, but they were runners-up to Morocco in the Africa Cup of Nations in 1976.[133]

Guinée Championnat National is the top division of Guinean football. Since it was established in 1965, three teams have dominated in winning the Guinée Coupe Nationale.[138] Horoya AC leads with 16 titles and is the current (2017–2018) champion. Hafia FC (known as Conakry II in 1960s) is second with 15 titles having dominated in 1960s and 70s, but the last coming in 1985. Third with 13 is AS Kaloum Star, known as Conakry I in the 1960s. All three teams are based in the capital, Conakry. No other team has more than five titles.

The 1970s were a golden decade for Guinean football. Hafia FC won the African Cup of Champions Clubs three times, in 1972, 1975 and 1977, while Horoya AC won the 1978 African Cup Winners' Cup.[139]

Polygamy

Polygamy is generally prohibited by law in Guinea, but there are exceptions.[140] UNICEF reports that 53.4% of Guinean women aged 15–49 are in polygamous marriages.[141]

Music

他の西アフリカ諸国と同様に、ギニアには豊かな音楽の伝統があります。グループBembeyaJazzは、ギニアの独立後の1960年代に人気を博しました。

料理

ギニア料理は地域によって異なり、最も一般的な主食は米です。キャッサバも広く消費されています。[142]のパート西アフリカ料理、ギニアの食品が含まジョロフライスソース・アラシッド、およびtapalapaパンを農村部では、食べ物は大きな皿から食べられ、家の外で手で食べられます。[143]

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b 「ワールドファクトブック–中央情報局」Cia.gov 2020年12月26日取得
  2. ^ アルファコンデ大統領は軍隊に捕らえられました。詳細については、 2021年ギニアクーデターを参照してください。
  3. ^ a b " "世界人口の見通し–人口区分" "Population.un.org国連経済社会局、人口課2019年11月9日取得
  4. ^ a b " "全体の総人口 "–世界人口の見通し:2019年改訂" (xslx)Population.un.org(Webサイトから取得したカスタムデータ)。国連経済社会局、人口課2019年11月9日取得
  5. ^ "Etat et Structure de la Population Recensement General de la Population et de l'habitation 2014" (PDF). Direction Nationale de la Statistique de Guinée. Archived from the original (PDF) on 24 November 2019. Retrieved 27 March 2020.
  6. ^ a b c d "Guinea". International Monetary Fund. Retrieved 18 April 2012.
  7. ^ "GINI index (World Bank estimate)". World Bank. Archived from the original on 10 January 2019. Retrieved 10 January 2019.
  8. ^ Human Development Report 2020 The Next Frontier: Human Development and the Anthropocene (PDF). United Nations Development Programme. 15 December 2020. pp. 343–346. ISBN 978-92-1-126442-5. Retrieved 16 December 2020.
  9. ^ a b "Archived copy". Archived from the original on 5 February 2009. Retrieved 11 February 2009.CS1 maint: archived copy as title (link)
  10. ^ "Music Videos of Guinea Conakry". Archived from the original on 21 February 2007. Retrieved 12 April 2018.CS1 maint: bot: original URL status unknown (link)
  11. ^ 「ガーナの英国国教会主教区」Netministries.org2009年1月7日にオリジナルからアーカイブされました2017年7月23日取得
  12. ^ 「アーカイブされたコピー」2011年5月11日にオリジナルからアーカイブされまし取得した11年2月2009年CS1 maint: archived copy as title (link)
  13. ^ a b c 「NationsOnline:ギニア–ギニア共和国–西アフリカ」ネーションズオンライン。2003年5月3日にオリジナルからアーカイブされました取得した25年8月2014
  14. ^ 西アフリカの経済圏は、軍事クーデタードイチェ・ヴェレ(2021年9月8日)の後にギニアを一時停止します
  15. ^ a b Nicholas Bariyo&Benoit Faucon、鉱物が豊富なギニアの軍事派閥ステージクーデターウォールストリートジャーナル(2021年9月5日)。
  16. ^ a b クリスタ・ラーソン、説明者:ギニアのクーデターで歴史が繰り返されるのはなぜですか?、AP通信(2021年9月7日)。
  17. ^ a b c Danielle Paquett ワシントンポストのギニア起こっているクーデターについて私たちが知っていることは次のとおりです(2021年9月6日)。
  18. ^ AbdourahmaneDialloとAdamNossiter、ギニアが最初の民主大統領選挙投票、ニューヨークタイムズ(2010年11月7日)。
  19. ^ a b ギニア世界の自由フリーダムハウス、2021年。
  20. ^ ギニアのコンデ大統領、サリオ・サンブは、ロイター(2020年12月15日)の第3期中に汚職に取り組むことを誓う
  21. ^ a b c 民主主義、人権および労働局(2012)。「2011年の人権慣行に関する国別報告書:ギニア」アメリカ合衆国国務省取得した27年8月2012
  22. ^ "Religion in Guinea". Visual Geography. Archived from the original on 14 September 2013. Retrieved 23 July 2017.
  23. ^ "The Pan African Bank". Ecobank. Archived from the original on 19 March 2012. Retrieved 23 July 2017.
  24. ^ "Guinea Conakry: Major Imports, Exports, Industries & Business Opportunities in Guinea Conakry, Africa". Archived from the original on 5 November 2010. Retrieved 15 October 2014.
  25. ^ "Guinea Conakry Support – Guinee Conakry Trade and Support. (GCTS)". Archived from the original on 5 January 2015. Retrieved 15 October 2014.
  26. ^ Zounmenou, David (2 January 2009). "Guinea: Hopes for Reform Dashed Again". allAfrica.com. Archived from the original on 11 January 2009. Retrieved 27 December 2009.
  27. ^ "UN Human Development Report 2009". Hdrstats.undp.org. Archived from the original on 13 April 2010. Retrieved 28 March 2010.
  28. ^ Ross, Will (2 October 2008). "Africa | Guineans mark '50 years of poverty'". BBC News. Archived from the original on 10 June 2010. Retrieved 28 March 2010.
  29. ^ "John Lovell". in The History of Parliament: the House of Commons 1558-1603, ed. P.W. Hasler, 1981. History of Parliament Online website Retrieved 25 September 2021.
  30. ^ "America and West Indies: October 1653." Calendar of State Papers Colonial, America and West Indies: Volume 1, 1574-1660. Ed. W Noel Sainsbury. London: Her Majesty's Stationery Office, 1860. 409-410. British History Online website Retrieved 25 September 2021.
  31. ^ The Washington Post
  32. ^ "Mr Sekou Touré, who gave the PAIGC unstinting support during its war against the Portuguese,..."Black revolt Archived 8 March 2009 at the Wayback Machine, The Economist (22 November 1980)
  33. ^ 「ようこそギニアフォーラム:追い詰められた、ランサナコンテ将軍は希望することしかできない」2007年6月16日にオリジナルからアーカイブされまし2017年7月23日取得
  34. ^ 「失敗国家リスト2008」平和基金会。2008年6月26日にオリジナルからアーカイブされました検索された27年6月2008年
  35. ^ 「ギニアの南北戦争の恐れ」BBCニュース2000年10月23日。2004年6月19日のオリジナルからアーカイブ2010年4月2日取得
  36. ^ "Guinea head blames neighbours". BBC News. 6 January 2001. Retrieved 2 April 2010.
  37. ^ "Austrian Study Centre for Peace and Conflict Resolution (ASPR) | Peace Castle Austria" (PDF). ASPR. Archived from the original (PDF) on 15 June 2007. Retrieved 9 September 2013.
  38. ^ McGreal, Chris (23 December 2008). "Lansana Conté profile: Death of an African 'Big Man'". The Guardian. London. Archived from the original on 5 September 2013. Retrieved 23 December 2009.
  39. ^ Walker, Peter (23 December 2008). "Army steps in after Guinea president Lansana Conté dies". The Guardian. London. Archived from the original on 26 August 2009. Retrieved 23 December 2009.
  40. ^ "Guinea massacre toll put at 157". London: BBC. 29 September 2009. Archived from the original on 2 October 2009. Retrieved 23 December 2009.
  41. ^ a b MacFarquhar, Neil (21 December 2009). "U.N. Panel Calls for Court in Guinea Massacre". The New York Times. Archived from the original on 11 May 2011. Retrieved 23 December 2009.
  42. ^ "Guinean soldiers look for ruler's dangerous rival". malaysianews.net. 5 December 2009. Archived from the original on 23 July 2011. Retrieved 23 December 2009.
  43. ^ Guinea's presidential guard explains assassination motive Archived 10 September 2013 at the Wayback Machine. Xinhua News Agency. 16 December 2009.
  44. ^ "Signature, à Ouagadougou, d'un accord de sortie de crise. (French)". Le Monde. 17 January 2010.
  45. ^ afrol News – Election date for Guinea proposed Archived 29 July 2014 at the Wayback Machine. Afrol.com. Retrieved 28 June 2011.
  46. ^ Guinea to hold presidential elections in six months _English_Xinhua Archived 10 September 2013 at the Wayback Machine. News.xinhuanet.com (16 January 2010). Retrieved 28 June 2011.
  47. ^ "Guinea sets date for presidential run-off vote". BBC News. 9 August 2010. Archived from the original on 27 November 2018. Retrieved 21 July 2018.
  48. ^ "Guinea sees big turnout in presidential run-off poll", BBC (7 November 2010) Archived 31 October 2018 at the Wayback Machine. BBC.co.uk (7 November 2010). Retrieved 28 June 2011.
  49. ^ Conde declared victorious in Guinea – Africa | IOL News Archived 19 September 2014 at the Wayback Machine. IOL.co.za (16 November 2010). Retrieved 28 June 2011.
  50. ^ "Guinea opposition pulls out of legislative elections process". Reuters. 24 February 2013. Archived from the original on 23 November 2015. Retrieved 1 July 2017.
  51. ^ "Security forces break up Guinea opposition funeral march". Reuters. 8 March 2013. Archived from the original on 24 April 2013. Retrieved 19 March 2013.
  52. ^ Daniel Flynn (5 March 2013). "Two more killed in Guinea as protests spread". Reuters. Archived from the original on 23 November 2015. Retrieved 1 July 2017.
  53. ^ "Ethnic Clashes Erupt in Guinea Capital". Voice of America. Reuters. 1 March 2013. Archived from the original on 31 December 2013. Retrieved 19 March 2013.
  54. ^ Bate Felix (26 March 2013). "Guinea election talks fail, opposition threatens protests". Reuters. Archived from the original on 24 September 2015. Retrieved 1 July 2017.
  55. ^ "Previous Updates: 2014 West Africa Outbreak". Centers for Disease Control and Prevention. Archived from the original on 24 September 2015. Retrieved 23 November 2015.
  56. ^ "Ebola: Patient zero was a toddler in Guinea - CNN". CNN. 28 October 2014. Archived from the original on 7 October 2015. Retrieved 23 November 2015.
  57. ^ 「エボラ患者ゼロ:ギニアのエミールOuamounoが最初に病気にかかった」インターナショナルビジネスタイムズ2014年10月28日。2015年11月17日のオリジナルからアーカイブ取得した23年11月2015
  58. ^ 「ギニアエボラ教育チームの殺害で行われた逮捕」ウォールストリートジャーナル2014年9月19日取得した23年11月2015[永久リンク切れ]
  59. ^ "Ebola Situation Report – 4 November 2015". World Health Organization. Archived from the original on 1 December 2015. Retrieved 23 November 2015.
  60. ^ "Timeline: A year of bloody protests in Guinea". Al Jazeera. 14 October 2020.
  61. ^ "Guinea elections: Alpha Condé wins third term amid violent protests". BBC News. 24 October 2020. Retrieved 23 July 2021.
  62. ^ "Army colonel on Guinean TV says govt dissolved, borders shut". AP NEWS. 5 September 2021. Retrieved 5 September 2021.
  63. ^ ICI.Radio-Canada.ca, Zone International-. "Coup d'État en Guinée, le président Alpha Condé capturé par les putschistes". Radio-Canada.ca (in French). Retrieved 7 September 2021.
  64. ^ Guineematin (6 September 2021). "Changement de pouvoir en Guinée : Lamine Keïta remplace Mohamed Gharé au gouvernorat de N'Zérékoré". Guinée Matin - Les Nouvelles de la Guinée profonde (in French). Retrieved 7 September 2021.
  65. ^ a b West African leaders due in Guinea as post-coup calm pervades Conakry," September 9, 2021, Reuters News Service, retrieved September 9, 2021
  66. ^ a b "West African leaders suspend Guinea from Ecowas following coup," September 9, 2021, BBC News, retrieved September 9, 2021
  67. ^ a b c "China Is OK With Interfering in Guinea’s Internal Affairs,", September 8, 2021, Foreign Policy retrieved September 9, 2021
  68. ^ Samb, Saliou (16 November 2013). "Guinea's Supreme Court rejects election challenges". Reuters. Archived from the original on 24 September 2015. Retrieved 23 July 2017.
  69. ^ a b ""Guinea's Conde appeals for calm after 11 killed in ethnic clashes", Reuters, 16 July 2013". Reuters. 17 July 2013. Archived from the original on 6 October 2014. Retrieved 15 October 2014.
  70. ^ a b In French: Peul. In Fula: Fulɓe.
  71. ^ "Guinea". 23 September 2021.
  72. ^ RNW Africa Desk (28 April 2012). "Guinea president postpones parliamentary elections indefinitely". Radio Netherlands Worldwide. Archived from the original on 30 April 2012. Retrieved 22 August 2012.
  73. ^ "Guinea election body sets legislative polls for September 24". Reuters. 9 July 2013. Archived from the original on 10 July 2013. Retrieved 7 August 2013.
  74. ^ Background Note: Guinea, US Department of State, February 2009
  75. ^ "U.S. Relations With Guinea," October 30, 2018, United States Department of State, retrieved September 6, 2021
  76. ^ 2020 Country Reports on Human Rights Practices: Guinea," March 30, 2021, Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor, U.S. Department of State, retrieved September 9, 2021
  77. ^ a b "Guinea coup leader bars foreign travel for government officials," Reuters News Service, retrieved September 6, 2021
  78. ^ "On the Military Seizure of Power in Guinea,", September 5, 2021, United States Department of State, retrieved September 6, 2021
  79. ^ "Here are the 10 countries where homosexuality may be punished by death". The Washington Post. 16 June 2016. Archived from the original on 11 November 2016. Retrieved 21 May 2017.
  80. ^ Van Rossem, R; Gage, AJ (2009). "The effects of female genital mutilation on the onset of sexual activity and marriage in Guinea". Arch Sex Behav. 38 (2): 178–85. doi:10.1007/s10508-007-9237-5. PMID 17943434. S2CID 40103661.
  81. ^ a b Rossem, R. V.; Gage, A. J. (2009). "The effects of female genital mutilation on the onset of sexual activity and marriage in Guinea". Archives of Sexual Behavior. 38 (2): 178–185. doi:10.1007/s10508-007-9237-5. PMID 17943434. S2CID 40103661.
  82. ^ "The Senegal River basin". Fao.org. Archived from the original on 19 October 2012. Retrieved 23 July 2017.
  83. ^ "The Niger River basin". Fao.org. Archived from the original on 21 July 2017. Retrieved 23 July 2017.
  84. ^ "The West Coast". Fao.org. Archived from the original on 11 October 2012. Retrieved 23 July 2017.
  85. ^ Dinerstein, Eric; Olson, David; Joshi, Anup; Vynne, Carly; Burgess, Neil D.; Wikramanayake, Eric; Hahn, Nathan; Palminteri, Suzanne; Hedao, Prashant; Noss, Reed; Hansen, Matt; Locke, Harvey; Ellis, Erle C; Jones, Benjamin; Barber, Charles Victor; Hayes, Randy; Kormos, Cyril; Martin, Vance; Crist, Eileen; Sechrest, Wes; Price, Lori; Baillie, Jonathan E. M.; Weeden, Don; Suckling, Kierán; Davis, Crystal; Sizer, Nigel; Moore, Rebecca; Thau, David; Birch, Tanya; Potapov, Peter; Turubanova, Svetlana; Tyukavina, Alexandra; de Souza, Nadia; Pintea, Lilian; Brito, José C.; Llewellyn, Othman A.; Miller, Anthony G.; Patzelt, Annette; Ghazanfar, Shahina A.; Timberlake, Jonathan; Klöser, Heinz; Shennan-Farpón, Yara; Kindt, Roeland; Lillesø, Jens-Peter Barnekow; van Breugel, Paulo; Graudal, Lars; Voge, Maianna; Al-Shammari, Khalaf F.; Saleem, Muhammad (2017). "An Ecoregion-Based Approach to Protecting Half the Terrestrial Realm". BioScience. 67 (6): 534–545. doi:10.1093/biosci/bix014. ISSN 0006-3568. PMC 5451287. PMID 28608869.
  86. ^ Grantham, H. S.; Duncan, A.; Evans, T. D.; Jones, K. R.; Beyer, H. L.; Schuster, R.; Walston, J.; Ray, J. C.; Robinson, J. G.; Callow, M.; Clements, T.; Costa, H. M.; DeGemmis, A.; Elsen, P. R.; Ervin, J.; Franco, P.; Goldman, E.; Goetz, S.; Hansen, A.; Hofsvang, E.; Jantz, P.; Jupiter, S.; Kang, A.; Langhammer, P.; Laurance, W. F.; Lieberman, S.; Linkie, M.; Malhi, Y.; Maxwell, S.; Mendez, M.; Mittermeier, R.; Murray, N. J.; Possingham, H.; Radachowsky, J.; Saatchi, S.; Samper, C.; Silverman, J.; Shapiro, A.; Strassburg, B.; Stevens, T.; Stokes, E.; Taylor, R.; Tear, T.; Tizard, R.; Venter, O.; Visconti, P.; Wang, S.; Watson, J. E. M. (2020). "Anthropogenic modification of forests means only 40% of remaining forests have high ecosystem integrity - Supplementary Material". Nature Communications. 11 (1): 5978. doi:10.1038/s41467-020-19493-3. ISSN 2041-1723. PMC 7723057. PMID 33293507.
  87. ^ Madiou, Sow (2020). "Impact on agricultural productivity in Guinea of R&D Investment, Foreign Aid and Climate Change". North American Academic Research. 3: 86–106. doi:10.5281/zenodo.3611652.
  88. ^ 'How a diamond tycoon lost his shine in 'difficult places' A bribery case goes beyond a mine in Guinea' Article by Rachel Millard in The Sunday Times 25 August 2019. Report on huge corruption in Guinea and the trial of diamond mogul Beny Steinmetz in Switzerland, alleging millions of dollars paid in bribes to Madamie Toure, wife of the late Lansana Conte.
  89. ^ "Guinea bauxite miner CBG plans $1 bln expansion to meet demand". Reuters. Archived from the original on 10 October 2017. Retrieved 23 July 2017.
  90. ^ "Archived copy". Archived from the original on 18 July 2012. Retrieved 31 May 2015.CS1 maint: archived copy as title (link)
  91. ^ Saliou Samb; Daniel Magnowski (1 November 2008). "One dead in Guinea protest, mine trains stop". Minesandcommunities.org. Reuters. Archived from the original on 19 October 2014. Retrieved 24 August 2013.
  92. ^ "Faits et chiffres" [Facts and Numbers]. riotintosimandou.com. 2013.
  93. ^ "Rio Tinto, Chinalco, agree to develop Guinea iron ore field". AFP. 19 March 2010.
  94. ^ Staff; Reuters (25 July 2017). "SFO says it is investigating Rio Tinto over Guinea operations". The Guardian. ISSN 0261-3077.
  95. ^ "Hyperdynamics Corporation – Jasper Explorer Drill Ship En Route to Hyperdynamics' First Exploration Drilling Site Offshore Guinea". Investors.hyperdynamics.com. Archived from the original on 14 September 2011. Retrieved 23 July 2017.
  96. ^ "Hyperdynamics completes drilling at Sabu-1 well offshore Guinea-Conakry". Offshore-technology.com. Archived from the original on 3 February 2015. Retrieved 3 February 2015.
  97. ^ "Tullow Oil Agrees Farm-in to Guinea Concession". Tullowoil.com. Archived from the original on 3 February 2015. Retrieved 3 February 2015.
  98. ^ Hyperdynamics. "Overview of the Guinea Project". Hyperdynamics.com. Archived from the original on 3 February 2015. Retrieved 3 February 2015.
  99. ^ Thomas Adolff; Charlotte Elliott (21 January 2014). "Tullow Oil". Equity Research. Credit Suisse. p. 15. Archived from the original on 17 October 2016. Retrieved 24 August 2016.
  100. ^ Amadou Timbo Barry (14 May 2015). "Kankan : Le chemin de fer Conakry-Niger à quand sa réhabilitation ?". Guinee News. Archived from the original on 15 September 2016.
  101. ^ Georges Pilot's history of railways in West Africa (in French)
  102. ^ Africa Confidential December 2019
  103. ^ SP Global report, November 2019
  104. ^ "The World Factbook". Archived from the original on 28 October 2009. Retrieved 15 October 2014.
  105. ^ "Cities and Regions". Citypopulation.de. Retrieved 23 July 2021.
  106. ^ a b c "The World Factbook – Central Intelligence Agency". Cia.gov. Retrieved 12 April 2018.
  107. ^ "Guinea". State.gov. 22 November 2016. Retrieved 23 July 2017.
  108. ^ a b c "Guinea 2012 International Religious Freedom Report", US State Department, Bureau of Democracy, Human Rights and Labor.
  109. ^ Harrow, Kenneth (1983). "A Sufi Interpretation of 'Le Regard du Roi'". Research in African Literatures. 14 (2): 135–164. JSTOR 3818383.
  110. ^ International Religious Freedom Report 2008: Guinea . United States Bureau of Democracy, Human Rights and Labor (29 December 2008). This article incorporates text from this source, which is in the public domain.
  111. ^ a b c d ""Guinean troops deployed after deadly ethnic clashes", BBC Africa, 17 July 2013". BBC News. 17 July 2013. Archived from the original on 17 October 2014. Retrieved 15 October 2014.
  112. ^ "The World Factbook". Archived from the original on 24 November 2016. Retrieved 15 October 2014.
  113. ^ Bureau of Democracy, Human Rights and Labor. "Country Reports on Human Rights Practices for 2015: Guinea". United States Department of State. Retrieved 19 November 2016.
  114. ^ Bureau of International Labor Affairs (ILAB) – U.S. Department of Labor Archived 5 December 2008 at the Wayback Machine. Dol.gov. Retrieved 28 June 2011.
  115. ^ According to the WHO:"The 10 countries with the highest rates of child marriage are: Niger, 75%; Chad and Central African Republic, 68%; India, 66%; Guinea, 63%; Mozambique, 56%; Mali, 55%; Burkina Faso and South Sudan, 52%; and Malawi, 50%."[1] Archived 24 April 2015 at the Wayback Machine
  116. ^ "Ebola: Guinea outbreak reaches capital Conakry". BBC. 28 March 2014. Archived from the original on 30 March 2014. Retrieved 30 March 2014.
  117. ^ "Ebola Situation Report – 4 March 2015 | Ebola". apps.who.int. Archived from the original on 1 March 2017. Retrieved 14 February 2017.
  118. ^ "Ebola is no longer a public health emergency". World Health Organization. Archived from the original on 31 March 2016. Retrieved 14 February 2017.
  119. ^ "Ebola Situation Report – 30 March 2016 | Ebola". apps.who.int. Archived from the original on 13 June 2016. Retrieved 14 February 2017.
  120. ^ [2][dead link]
  121. ^ "Guinea declares Ebola epidemic: First deaths since 2016". Africa. BBC News. BBC. 14 February 2021. Retrieved 15 February 2021. Guinea has officially declared that it is dealing with an Ebola epidemic after the deaths of at least three people from the virus.
    They - and four others - fell ill with diarrhoea, vomiting and bleeding after attending the burial of a nurse. [...] A nurse who worked a health centre in Goueké, near the south-eastern city of Nzérékoré, died on 28 January and her funeral was held four days later.
  122. ^ "The State of the World's Midwifery". United Nations Population Fund. Archived from the original on 25 December 2011. Retrieved 25 August 2011.
  123. ^ "WHO – Female genital mutilation and other harmful practices". Archived from the original on 12 October 2014. Retrieved 15 October 2014.
  124. ^ "Female Genital Mutilation/Cutting: A statistical overview and exploration of the dynamics of change – UNICEF DATA" (PDF). Unicef.org. 22 July 2013. Archived (PDF) from the original on 5 April 2015. Retrieved 23 July 2017.
  125. ^ "Status of HIV/AIDS in Guinea, 2005" (PDF). World Health Organisation. 2005. Archived (PDF) from the original on 5 August 2009. Retrieved 30 September 2007.
  126. ^ "Epidemiological Fact Sheets: HIV/AIDS and Sexually Transmitted Infections, December 2006" (PDF). World Health Organisation. December 2006. Archived from the original (PDF) on 25 October 2007. Retrieved 30 September 2007.
  127. ^ a b c "Health Profile: Guinea" Archived 13 November 2008 at the Wayback Machine. USAID (March 2005). Public Domain This article incorporates text from this source, which is in the public domain.
  128. ^ "Enquête nationale nutrition-santé, basée sur la méthodologie SMART, 2011–2012" (PDF). World Food Programme. 2012. Retrieved 12 May 2014.[permanent dead link]
  129. ^ "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on 26 August 2014. Retrieved 24 August 2014.CS1 maint: archived copy as title (link)
  130. ^ "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on 26 August 2014. Retrieved 24 August 2014.CS1 maint: archived copy as title (link)
  131. ^ "EU employee tests positive for coronavirus in Guinea's first case". Reuters. 13 March 2020.
  132. ^ "COVID-19 and W/Africa: 1,994 new cases, 31 new deaths in 24 hours". APA. 31 December 2020. Retrieved 2 January 2021.
  133. ^ a b c d e Falola, Toyin; Jean-Jacques, Daniel (14 December 2015). Africa: An Encyclopedia of Culture and Society [3 volumes]: An Encyclopedia of Culture and Society. ABC-CLIO. pp. 568–569. ISBN 9781598846669. Retrieved 5 November 2016.
  134. ^ Guinea, Post Report. United States Department of State. 1985. p. 9. Retrieved 8 September 2021.
  135. ^ "At a glance: Guinea - Football boosts girls' education". UNICEF. Archived from the original on 24 December 2018. Retrieved 3 December 2013.
  136. ^ "Associations: Guinea". FIFA. Archived from the original on 10 October 2018. Retrieved 24 December 2018.
  137. ^ "Member Associations: Fédération Guinéenne de Football (FGF)". Confederation of African Football. Archived from the original on 2 July 2018. Retrieved 24 December 2018.
  138. ^ "Guinea: List of champions". Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. Archived from the original on 27 February 2015. Retrieved 24 December 2018.
  139. ^ Kuhn, Gabriel (15 March 2011). Soccer vs. the State: Tackling Football and Radical Politics. PM Press. p. 33. ISBN 9781604865240.
  140. ^ Articles 315-319 Archived 21 May 2013 at the Wayback Machine, Civil Code of the Republic of Guinea (Code Civil de la Republique de Guinee)
  141. ^ "Early Marriage A Harmful Traditional Practice – A Statistical Exploration" Archived 28 August 2014 at the Wayback Machine UNICEF, 2005, p. 38.
  142. ^ "Recipes & Cookbooks". Friends of Guinea. Archived from the original on 3 February 2014. Retrieved 23 July 2017.
  143. ^ "Eating in the Embassy: Guinean Embassy Brings West African Food To Washington". WAMU. Archived from the original on 1 February 2014. Retrieved 23 July 2017.

Further reading

  • Davidson, Basil. "Guinea, Past and Present" (subscription required). History Today (June 1959) vol. 9, no. 6. pp. 392–398. Covers 1800 to 1959.

External links